「口説き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 口説きとは

2022-08-05

身長アスぺアラサー理解のある彼女ちゃんができるまで(追記あり

追記

こんなにバズる予定じゃなかった

この努力方向性は合ってるし言語化も腑に落ちるけど「[…]付き合うまでセックスはさせない女は、自己気質だったり[…]」が引っかかる。女への恋愛指南としては「付き合うまで突き合うな」が鉄則だったりするし。

流石に文脈を端折りすぎたので追記。要はホテル行きますか?と打診して部屋までついてきておいて、お互いのために付き合うまでしません!と断る人をさしています

打診しているときこちらの性欲ギンギンなのは否定しませんが、嫌なら嫌と断るべきですし、断れずについてきてしまった人のテンションくらいは慮れます

増田は服を脱がすタイミングとか、オーラルとか、ノンバーバルコミュニケーション全て含めてセックスだと思っているので、エロいこと全否定ではなくABCのここまではいいよと互いに歩み寄るコミュニケーションもできるのではないかな?と思うだけです。

特にパートナーとはいえ赤の他人マイルールを遵守させようとする姿勢は、ことある意思決定のたびに突きつけてきそうだなと予感させるに十分かと思います

互いにある程度の信頼関係があるうえで、ワンナイトをしてくれる女性は難しい文脈も汲み取ってくれる女の子が多い印象を持っている

ただセックスって互いの素を知るチャンスでもあると思っていて、オーガズムに達することが目的ではないと思います

尋常じゃないくらい床上手なんだけどこの子昔苦労したのかしら?あるいは彼氏さんのことめちゃくちゃ好きだったのかな、好きな人にこれだけ尽くせるって素敵だなとか。

あるいはおとなしい子かと思ったら結構感情が激しそうなので、不満を溜め込むタイプに見えるから定期的にガス抜き必要そうだな、とか。

色々想像妄想できるのは楽しいです。

逆に増田も若かりし頃今思えばセックス中の立ち回りを相手吟味されていたんだなと思う経験があり、なんて大人恋愛なんだと憧れて真似しています

ドがつくほどの偏見ですね


これは増田の好みですが、性的接触に頼らず素を開示しようとする姿勢が見えると大人女性だなと思いますし、体に頼らずコミュニケーションを取りたくなります

自分がどう思っているかをそれとなく伝えてくれたり、頑固だよとか、こう言う喧嘩したことあるよとか伝えてくれると信頼を感じます

増田のようなアスペ人は対人関係に怯えていますあなたと会話をすることは苦じゃありません、嬉しいです。を伝えてくれるだけで救われるちょろい存在です。


言葉の端々にまだ女見下してるフシあってクズいけどもっと酷い輩がネットには多いので進歩として許容する感じで褒める人も出るんだと思う。1年持たずに飽きて捨てるか捨てられた後で今のクズさを自覚するの繰り返し

同様に増田ことアスペは対人関係に怯えているので、今思えば防衛行動として妬みや見下しをすることで心を守っていたのかなと思います

正直増田も昔はドがつくほどの味噌だったのは否定しませんし、多くの人に指摘されている点は正しいです。クラッシャーしてきた人々への申し訳なさは一生残ります

ただきちんと自分が好きになれる人ができると、そういう防御衝動は減るもんだと思います。世の苦しんでいる人々はみんなパートナー作ろう。頑張って

本題

増田にも彼女ができた。

決して短くも楽しくもない努力の果てに孤独から脱却することができたので、色々思い出しながら書いていく。

増田関東在住の身長163センチ31歳のASD持ち

当然のごとく彼女いない歴=ほぼ年齢

地方貧乏家庭出身で単身上京、金も人脈もない0からスタート

彼女ができるまでの期間はおおよそ5年

彼女ができるまでに告白した人数多分20くらい、出会った数40くらい


彼女ちゃんは5歳年下の会社員

自分の身の上話を全て話した上で恋愛関係を続けられている

アプリ出会った

やったこ

ファッション改善服装髪型、眉)をしてカッコよくなることへの恐怖から脱却すること

恋愛関係抜きで女性交流する機会を設ける(趣味など)ことで女性解像度を上げること

マッチングアプリ街コンでいろんな女性出会うことで意中のタイプ言語化

意中のタイプに刺さる口説き戦略を組み立ててアプローチ


女に自分価値を認めさせられれば、どれだけのマイナスがあっても一定の理解はしてくれる。

価値を認めさせる手段として有効だったのがだいたいこの4つ

理解のある彼女ちゃん


増田はいわゆる加害性の塊である。とにかく彼女が欲しかったのでひたすらアタックし続けた。

既存コミュニティ破壊しまくったし、こちらに敵意がなければほぼ全ての知り合いの女に特攻した

自分モテないのはダサくて出会試行回数が少ないからだ=ファッションを磨いてアタックしまくればいつかは付き合えると思っていた

増田のようなアスペアタッカーではなかなか上手くいかないのはわかっていたけど、それでも孤独に耐えられるわけではないし、試行回数理論を信じるしかなかった。

でもちょっとくらいは、いつか理解のある彼女ちゃんが現れて救ってくれるんじゃないかと期待していた。


非モテほとんどが肌で感じていると思うけど、我々男のそば理解のある彼女ちゃん絶対100%確実に生えてこない

不細工とか金がないとかトーク面白くないとかそれらしい理由は色々思いつくと思うんだけど、

女は「女性解像度が低い人間愛情を持たない」のに対し、男は「ヤレる女に愛情を持つことがある」というのが増田の考え

うざい言い回しをすると女は心でセックスをし、男は体でセックスをする。


女の発達障害持ちは穴モテの果てに男が愛情を持ってくれることはある。男は女体さえあればセックスができるし、好きでもない女にも勃つ。

一方で女は、女をわかってない男を嫌悪対象としてそもそも近づいてこない。

AV女優深田えいみも言っているけど、女がセックスをするときには体の快楽よりも目線献身気持ちに興奮する。

女性解像度が低い非モテセックスができない(=互いに理解し合うコミュニケーションを取れない)と判断され、そもそもパーソナルスペースに入ってこない・

というのが理解のある彼女ちゃん存在しない仕組みなんじゃないかなと思っている

実際彼女ちゃんセックスをしていて思うのだが、セックスってただ肉欲をぶつけるだけじゃない

無言の中でお互いに何をしてほしいか探り合う献身コミュニケーションは確かにある。


そんなにカッコよくもセンス良くもないのに彼女が尽きない男を嫌というほど見てきたけど、そういう連中はとにかく女性のことをよく知っている。

ポジティブな方向だと、女の子にどういうことをすれば喜ぶかを常に考える。自分性格が刺さるタイプ女の子を絞って口説いている。一言で言うとキザを通す立ち回りでモテてる男。この立ち回りは自己肯定感が低い女の子には良く刺さるけど、容姿の整った女の子相手場合はある程度自分容姿も整っていないといけない印象がある。

ネガティヴな方向だと、ドロドロした人間関係を把握してコミュニティ解像度を上げる、それこそ男や女のタイプを即時に把握して会話のネタにできる力。相対的自分に力があるように見せる(マイナスを見せない)ような立ち回り。いわゆるノンバーバルが強いアルファ気質の男がよくやってる。自分価値をわかってる若い女の子モテ女の子はこのタイプ口説きにめっぽう弱い印象がある。一方で陰キャ寄りの子や真面目な子は恐怖して近寄りにくい気がする。

ともあれ、こうした自分の強みを理解して、うまく特攻の効く女性口説けている男は諸々見た目や金銭で劣っていてもそれなりに理解のある彼女ちゃんを持っている。


増田はこの見極めが重要であると気づくのに数年かかった。

だけど自分の素の性格が刺さる層、自分が本気になれる女性タイプを全く見極めていなかったので、いつも2、3回目のデートで見限られていた。

カッコよくなる恐怖から脱却する

とはいえ外見がかっこいいとプラスになるのは間違いない。

大事なのは天性の身長とか、顔面偏差値といった部分ではなくて、後天的努力の部分だと思っている。

カッコよくなろうとする男は得てして自信があるように見える。

ダサい格好から抜け出せないのは、自分がカッコよくなることに自信がないことがほとんどなんじゃないかなと思っている。


以前の増田含め多くの男性が気づいていないことだけど、女性は生きていく上で強制的に可愛くならなくてはならないという社会要請を受ける。

高校生や遅くとも大学生頃には化粧や服装をそれなりにしないと女社会から爪弾きにされる

我々男は髪の毛のセットなんてできなくても社会人になれるが、女性はある程度の化粧ができることが前提の社会に生きている。


これは経験則だけど、だから女性はカッコよくなろうとする男性共感やすいのではないかな。

よくいう清潔感なる意味不明ワードは、男性自分達と同様に垢抜ける努力をしてきているかどうか、その大変さや楽しさを共感できるかどうかをはかる言葉なんじゃないかなと思っている


なので非モテはとにかくカッコよくなろう。

youtuberの紹介する大学生っぽいファッションでいいからとにかくそれっぽい服を着てみて恥ずかしさをなくす。

例えば増田短足なので最初は黒スキニーが恥ずかしくて履けなかったけど、それに合う大きめのトップを着ることで意外とバランスが良くなることに気づき、恐怖を克服した。

そうするうちに自分って意外とかっこいい服が着れるな?と気づき出して、ちょっとずつ幅を広げていくことができた。

最近は革靴を手入れするのが趣味くらいになった


おすすめwear自分の体格と同じ人のファッションマネキン買いすること。大体の服はゾゾかユニクロで買える

自分と同じ体格の人をフォローしてその人を真似し続けるのが一番楽

大事なのはそれっぽいシルエットを作ることで、必ずしもオタクになる必要はない。もちろんブランドを覚え出すと面白くはなるけどね


髪の毛はちょっと高い美容院に行って相談する。増田は全く知識がなかったのでオリジナルシャンプーを売っているような大手美容院に行ってかっこいい髪型やセットの仕方をとにかく教えてもらった。

たいていの美容師さんはカッコよくなることを応援してくれるので、インスタでセルフセットの写真を送ればアドバイスしてくれたりする。

女性解像度を上げる

増田はとにかく自分コミュニティさえも破壊しまくってアタックをし続けたけど、自分がどういう女性が好きなのかという一番肝心な部分がなかった

正直女なんてヤれればいいと思ってたし、化粧をした女の顔なんて全部同じだと思っていた。

から自分でもやれそうな女の子自分が話しかけても楽しそうにしてくれる女の子にひたすらアタックして玉砕してきた。


増田は極端に女を遠ざけて生きてきたので、もっと軽いところから女性理解するべくリハビリをした。

具体的には人狼TRPG、アモマスに参加しまくった。

もちろんナンパはせずに、純粋ゲームを楽しむことに専念した。

この手のトークゲームルール女性コミュニケーション積極的に取ってくれる。

また終わった後に感想戦を通して仲良くなりやすいので、とにかく女性の知り合いを増やしてSNSなどでたくさん交流した。

ここで変な気を起こしてナンパをしては下の木阿弥である。この人は増田のことが好きなのかな?とよぎる瞬間があっても絶対に色恋はせずにゲーム友達距離感を守って修行した


この交流を通しておしゃれそうな女でも男で言うチー牛みたいなメンタルの人がいるとか、発達障害気味でコミュニケーションに難がある人がいることを知った。

女はみんな恋愛経験豊富で、男よりも高次なコミュニケーションをしていると勝手に思い込んでいたけど、意外と自分性別を反転させたような女の子もいるんだなと気づいたのであった。

どうしてかアスペアタッカー時代はとんでもないブスでも彼氏過去10人いたとかいう隠れモテ(姫?)にしか会ったことがなかったので、こんなに可愛いのに彼氏いない人もいるんだと驚いた。


女性が好む日常会話の温度感とかノリを知れたのも大きかった。ちょっとボケを挟むとか、馴れ馴れしいくらいのノリのほうが意外と受け入れてくれる(下心が見えてるとキモがられるけど)

それなりにSNS女性の知り合いができるようになると、日常コミュニティでも女性友達ができるようになってきた。

やっぱり女の子日常会話ができるのは大きい。些細な考え方とか、女性特有の視点理解を持っているだけで、今までと比べて格段に信用されやすくなった。

意中のタイプ特定口説き

ここまでくるのに数年かかった。並行して進めていたマッチングアプリワンナイト経験できるようになった。

ワンナイトは狙ってやったと言うよりも、流れで数回やった。この人は帰りたくないのかな?とか、めちゃくちゃ好感度が高い今押さないといけなさそうだと感じた時に誘った。

好んでナンパワンナイトをしたいとは思わないけど、人生経験としてやっておいて良かった気がする。

互いにある程度の信頼関係があるうえで、ワンナイトをしてくれる女性は難しい文脈も汲み取ってくれる女の子が多い印象を持っている

逆に思わせぶりな態度をとっておきながら付き合うまでセックスはさせない女は、自己気質だったり互いに譲り合うコミュニケーションが取れないことが多いので避けるようになった。


ただ肉体のセックスができても、長期関係にはなかなか結びつかない。

ここにきて、自分モテやすい体面を取り繕って素の自分を見せていないことに気づいた。ヤレそうな女にモテる男のよくやる立ち回りを見よう見まねで通すことだけは上手くなっていた。

なので一度自分が本気で好きになれる女性を厳選した。自分NGをどんどん出してそれに合わない女性いいねを送らないようにした。

ある程度写真が盛れていて、女性が好む文面やコミュニケーションが取れそうな雰囲気を出せていれば、いいねは返してくれるようになっていた。この時点で自分がほんの少しモテるようになったことを自覚した。

同時に電話を重視し始めた。相手から自分の素に減点要素がないか自分視点では話した時の雰囲気とか、相手気遣いが感じられるかどうか、価値観が賛同できるかを見るようにした。

結局女の子自分好意を持っている男性から好意を持たれることに弱い。自分レベルを上げてきたので、あとは自分が本気になれる子にアタックするだけだった。


電話はいい。お金がかからないというメリットももちろんあるんだけど、遅くても遠くてもコミュニケーションが取れるのが大きい。

正直電話だけでいいとさえ思っている。何度も電話して、最後告白をする手前で1、2回会うだけでいい。しっかりと信頼関係を構築できていればプロフに書かれた数字なんてそれほど重要じゃなくなってくる。逆に女の子の外見にしても、最初から好みじゃない女の子はいいねを送らないので可愛さが担保されている。

それに気づいた時、やっぱり男は見た目じゃなくて人間性の高さとか、女性解像度の高さの方が重要なんだなと思った。

電話で互いに知った仲になった後は驚くくらいスムーズだった。1回目のデートはとりあえず飲んで、後日デートをして、素の自分を隠さずともケラケラ笑い合って。いつまでもの子幸せにしたいという気持ちが強くなった。

そうこうあって彼女ができた。


恋愛って運命的に落ちるものではなくて、互いの価値観を擦り合わせていく作業だと気づいた。

そしてそういう擦り合わせを経た後であれば、そりゃ自分理解のある彼女はできる。

男の恋愛ってとても難儀だ。だけど、人間として一皮剥けたような気がする。

2022-07-31

1万人ナンパしたので引退する

はじめに

地方出身都内在住のアラサー男。

大学卒業してから仕事が楽しくて、気づけば休日デートする女性もいなかった。非モテになっていた。

そんな折、社内異動で1年間閑職に飛ばされることになった。

初めは趣味や友人付き合いに勤しんだが、少しすると、アラサー特有の旺盛な性欲に悩まされる時間が増えた。

適当自慰で済ませるのもアレだし、せっかくだからモテてみたいと思った。

いろいろ(アプリとか、相席とか、合コンとか)チャレンジした。

どれもそれなりに出会えたけど、どうしても課金ゲーの要素が強く、「モテる」を実感するには程遠かった。

そこでナンパに興味を持った。見知らぬ女性に声をかけるのは難易度が高そうで、やりがいもありそうだと予想した。

約束の1年が過ぎて、無事に元の部署に戻ることが決まった。引退する。

ナンパをしてきたこと、周囲の誰にも話さなかった。記録代わりに増田に書く。

スペック

アラサーリーマン理系ナンパ始める前の経験人数は一桁後半くらい。

身長は平均、細身。顔は中の下〜中の中。塩顔

元の自己評価は中の下だったが、スキンケアや身だしなみに気を使ってから褒められる機会が増えた。嬉しい。

ナンパの結果

1年間で1万人ほどナンパ声かけ)をした。

週3〜4回、仕事終わりに街(新宿池袋とか)に出て、多い日だと100人/日くらい声をかけた。

連絡先を交換して、後日デート。気が合えばイチャイチャする感じ。

経験人数は50〜60人増えた。お付き合いしたのは1人。

ナンパの始め方

適当にググって出てきた書籍を一通り読んで実践した。

零時レイさんとかゴッホさんの本、あとは藤沢数希さんのメルマガも。

正直どれも眉唾の内容だったが、ネタ半分で読んだ感じ。

ただ、一番役に立ったのは古い本。リーマンナンパマスターさんの『もう合コンに行くな』。シンプルに読み物としても面白かった。

ナンパの難関の9割は「どうやって声をかける勇気を振り絞るか」に帰着するので、

その勇気をくれるツールであれば何でも良いんじゃないかと思っている。

ナンパ講習とか有料noteは全く使ってない。調べた限り、8割くらい情報商材詐欺

今もTwitterで騙される人々を見かける。弱者男性ってナンパでも搾取されるんだなと思うと、悲しくなる。

かにTwitterオフ会(合流)は数回行ったけど、すぐ止めた。

「どうやって口説くか」とか意見交換したいのに、「女はクソ」みたいな話ばっかり出るのでつまらなかった。

ナンパは周りとつるまず、こそこそ隠れてやるのが一番だと思う。

しかたこ

知らない人と話すのはシンプル楽しい口説き落としたときももちろん楽しい

自分は今でもナンパ成功率は低くて、声をかけた女性の7〜8割には無視される。

でも、反応をくれたとき自分冗談で笑ってもらえたとき、素直に嬉しいなと思える。

あとシンプル女性のことが好きになった。共感できるようになった。

昔は非モテだったのでネットミソジニー投稿共感してたけど、

たくさんの女の子と話すうち、彼女たちにはそれぞれ個性的な魅力があって、男性には分からない苦しみを抱いているんだなって思った。

嫌だったこ

ナンパ基本的迷惑行為なので、その中で続けるのは正直きつかった。

自分場合、明確な合意を取るまで絶対関係を持たないなど、かなり気をつけていたけど、

周りを見れば犯罪スレスレ声かけをする男は多かった。

連れ出した女性に対して強引に関係を迫ったり、どう見ても未成年女の子に声をかけまくったり。

「貢がせ」として、口説いた女性たちに金銭をせびることを奨励する文化もある。最悪だ。

女の子から拒否され続けて精神を病んだ人や、

万能感に包まれて無茶なナンパをして、逮捕されてしまった人も居た。

まり長く続ける趣味ではないのだろうなと思う。

10年続けてる人も居たが、少し喋っただけでヤバさが伝わる感じだった。

ナンパで得たもの

ナンパは独特の高揚感と、普通に生きている限り到底得られないほどの経験人数を与えてくれた。

ただ、それが今後の人生に役立つわけではないと思う。むしろマイナスだ。

引退後は元の部署普段どおり仕事をしているし、プライベートが特段充実したわけでもない。

多くの女性関係を持つことで身についてしまったものもある。中途半端な万能感と、身分不相応な勇気だ。

仕事して、趣味に打ち込んで、友達付き合いをする中で出会った女性を「口説ける」ことなんて、

日常コミュニケーションにおいては害悪しかない。できるかぎり、周りを色眼鏡で見ないよう努める毎日だ。



新しいことに挑戦するのは楽しかった。

でも、ナンパはやっぱり迷惑行為自己満足にすぎない。

巷で言われるように、ナンパ人生が変わるとか、そんなことは期待しないほうが良いかな、と思う。

複数の女を同時に口説きながら風俗に入りまくったらモテ始めた

モテているというよりたくさん鉄砲を撃つといくつか中るだけと一見して見えるが

それ以外にも心の余裕ができるという部分も寄与しているように思う

そして恋人依存しないために私はヘルスデリバリーしてもらい続けるし

他の女とのデートはやめない

浮気者の屑になってみればわかるが浮気者の屑はモテるぞ

2022-07-18

anond:20220718102407

男って

自分が触りたいのを「女が触られたがってる」とかいうし

自分口説きたいのを「女が口説いて欲しがってる」とかいうし

自分の罪悪感を減らすための詭弁じゃん。アホなんちゃうかな。

2022-07-03

アトリエキャラについてオタク語り(黄昏編)

適当に書いたメモ

アーシャ

・初めて遊んだアトリエ主人公なのでとても思い入れが強い。

黄昏シリーズ第一作『アーシャのアトリエ』の主人公フルネームはアーシャ・アルトゥール。

アトリエキャラクター人気ランキング第4位。

公式肩書きは「黄昏の大地で一人、生きる少女」。人里離れたアトリエ祖父と妹と三人で住んでいたが祖父は死亡、妹は数年前に行方不明になって失意のあまり塞ぎこんでいたという重い境遇がある。最近アトリエ主人公は「家族死別して一人ぼっち」だとか「周囲の環境がクソ」だとかの何かしら不憫境遇を与えられがちだけど、その中の一人ぼっち部門に関しては堂々の一位を取れる不憫さ。マジで周囲に人がいない。

・そんな女の子がある日突然何の手がかりもないまま、「妹を救えるのは3年以内」という期限だけ与えられて黄昏世界彷徨うことになる。その心細さと合わせて、雰囲気がとてもよい。

アトリエといえば「世界を救わない」というキャッチコピーがあるが、このゲームではその意味ちょっと変わってくる。"黄昏"という現象世界の荒廃が進んでいるという、いわゆる終末もの世界観でゲームが進む。その中でアーシャは世界を救うためではなく、妹を救うためだけに行動する。

・実は過去文明が「黄昏からある方法世界を救うための機構」としてある装置を作っていた。アーシャは妹を救うためにその装置破壊するが、本当にその行動が正しかったのか悩み続けて"答え"を探すための旅に出る、というのがトゥルーエンド。とても好き。

・ただし続編ではその旅で無茶苦茶しすぎて指名手配というひどい扱いをされている。

ゲーム序盤ではゲーム全体の雰囲気がとても暗い。アトリエ定番の「たる」も言ってくれない。

・妹を救出するとアーシャも元気に「たるー!」と言うようになる。アトリエBGMも一気に明るいボーカルソングになる。その安堵感がとても好き。ただし世界は何も救われてないよ。

アトリエでは作品ごとに百合CPだったりノマカプだったりが推されるが、アーシャではCV.中田譲治ツンデレおじさんとの28歳差歳の差CP正規ルート。続々編の『シャリーのアトリエ』ではほとんど夫婦みたいになっている。

女性主人公はどれだけビジュアルがよくても作中では「ちんちくりん」とか「色気がない」みたいな扱いされることがよくあるが、アーシャは違う。作中でたびたび美人だとか綺麗だとか言われまくる、設定からして美人。恐らくこんな扱いを受けてるアトリエ主人公は他にいない。実際イラストを見ると本当に美人なので納得するしかない。なお、本人は一切自覚していないので、直接言われても自分のことだと思わないかお世辞だと認識する。

スピンオフ作品であるネルケ』ではかなり影が薄かった。本人がボケるキャラでもないし同シリーズ内の他の錬金術師との接点もあんまりないし。薬師という設定だけ拾って「薬が必要になったら何でも作ってくれる」みたいな便利キャラになっていた。

エスカ

黄昏第二作『エスカ&ロジーアトリエ』の主人公の一人。フルネームエスカ・メーリエ。

アトリエキャラクター人気ランキング第8位。

公式肩書きは「黄昏の空に夢を追い続ける少女」。錬金術士の母を亡くしている、リンゴ農家娘。ジーさん(後述)と一緒に地元役人として働く。

タイトル名が「エスカ&ロジーアトリエ」で、「エスカとロジー」→「エスカトロジー(終末論)」という言葉遊びになっている。

ゲームとしてはエスカ主人公とロジー主人公のどちらかを選択して始めることになる。正直ほとんど変わらないが。エスカルートを選ぶと「暗い過去を抱えたイケメン口説き倒す乙女ゲー」みたいな気持ちで遊ぶことができる。

・近年のアトリエの中でも特に恋愛要素が強い。他の作品では作中でCPが推されるといってもぼんやり出される程度なことが多いが、エスカとロジーの組み合わせに関しては作中公認カップルである。(ちなみに後のスピンオフ作品ネルケ』でもそのレベルで甘々なカップルが出てくる。)ただしエスカ主人公にした場合でもロジー主人公にした場合でもエンディングによっては別キャラとの恋愛要素を匂わせることができて、自由に脳を破壊することができる。

・『フィリスのアトリエ』でも登場する。何故か幼女の姿で。これはパラレルキャラとしての登場で、同じく登場するパラレルのロジーさんとここでもイチャイチャする。

役人なのでアイテム申請すれば自作せずとも補充してもらえる。これを悪用してお菓子を量産してもらっていた。

アトリエシリーズの中で唯一テレビアニメ化されている。正直なところ出来が悪い...というか題材が悪いと思うけど。ゲーム自体ストーリーそもそもかなり薄めなのでほとんど日常回だらけになっている。それを楽しむスピンオフくらいの気持ちで見よう。

黄昏シリーズ主人公の中では一番露出度の高い服装をしている。というかすごいおっぱい推しされる。アニメ温泉回とかすごかった。ゲーム内のスチルでは作中の時間経過に合わせてどんどん大きく描かれるという細かさ。

・正直キャラクターのものより担当声優イメージの方が強い。アトリエシリーズ定番としてクリア後のおまけコンテンツで、登場した声優によるボイスメッセージのコーナーがある。そのメッセージエスカ担当だけ異常に長い。他のキャラが1,2分で終わらせるところを10分とか15分とか平気で使う。『エスカ&ロジーアトリエ』『シャリーのアトリエ』『フィリスのアトリエ』『ネルケ』のそれぞれでめちゃくちゃに語るし、長すぎて前後編に分割されたりしてる。内容もなかなか脳みそふわふわトークで好き。

ジーさん

黄昏第二作『エスカ&ロジーアトリエ』の主人公の一人。フルネームロジックス・フィクサリオ。

アトリエキャラクター人気ランキング第5位。もちろん男性キャラクターとしてはトップ

公式肩書きは「見果てぬ夢黄昏の空に願う青年」。元は中央技術者だったが、やらかした結果地方役人としてエスカと一緒に働くことになった。

・空中に存在する遺跡未踏遺跡」に到達するため、かつて大事故により挫折した飛行船製造に再挑戦する。エスカのおかげで過去の傷と向き合うようになるという関係性が熱い。

トゥルーエンド到達のためにはエスカルートとロジールートを両方クリアする必要がある。ロジーは功績を認められた技術者として中央に戻り、エスカ錬金術士として地元を守る。二人の道が一旦分かれるが、数年後成長した姿で再会する。好き。

銀髪イケメン。近年のアトリエでは唯一の男主人公イケメン。「彼のカッコよさを超えられないからもう男主人公は出せない」とまでいわれる。

・杖ではなく剣を使って戦う。かっこいい。さらに手甲のような仕込み武器を身に着けていてそこからエネルギー的なもの放出することもできる。かっこいい。なんかライダーキック的な技も出す。かっこ...いいか

戦闘面ではエスカと合わせてアイテムを使うコンビネーション技「ダブルドロー」が最強。どんな敵もこれだけで倒せる。二人合わせて屈指の戦闘種族となっている。

過去事故により腕に大火傷の痕がある。それがうっかり見られてしまイベントスチルがあるのだが、どちらかというと「お着替えしてたらエスカが入ってきちゃったお色気シーン」みたいな印象の方が強い。ちなみにこれと対になる(1ルートでどちらかしか見れない)エスカイベントスチルもあるが、これはお着換えではなく「盗み食いをしてる瞬間をロジーに見られる」というシーンになる。なぜだ。

・先述した通りエスカとの恋愛要素を出してくるが、DX版でゲームとして遊ぶとちょっとチグハグな印象を受ける。これは『エスカとロジーアトリエ』の無印からPlus版で追加された要素があるため。ただの相棒的な扱いとがっつりカップル的な扱いが混在する。その辺の解釈表現がわりと作品ごとにふわふわ

個人的には恋愛感情よりもお兄ちゃんくらいの気分でロジーさんを慕うエスカ無意識にめちゃくちゃ距離が近いエスカにドキッとしちゃうジーさんくらいの距離感が一番熱いんですがどうでしょうあなたはどうですか?

・「新式錬金術」と呼ばれるエスカやアーシャとは異なる錬金術を扱う。錬金術を「理論化された科学」として扱うもの。これは黄昏世界ではむしろ主流の方式だが、錬金窯を用いた錬金ができない。じゃあ何するのかというと鍛冶場で武器を作る。というわけでこのゲームでは、アイテム作りはエスカ担当し、武器づくりはロジーさんが担当する。錬金術とか言ってただの鍛冶師になってるがそれでいいのか?それは錬金術なのか?

・『ソフィーのアトリエ』『フィリスのアトリエ』にもパラレルキャラとして登場する。本当にただの鍛冶師として。それでいいのか?

アニメ版『エスカ&ロジーアトリエ』にももちろん登場するが、めちゃくちゃ影が薄い。エスカウィルベルアトリエとか言われるくらい扱いが雑。イケメンお兄さんがターゲット層に合わなかったんだろうなあ。

DVD特典のイラストとして、なぜかシャリーの衣装(女装)を着せられたロジーさんのイラスト公式存在する。いや本当になんで?

シャリステラ

黄昏第三作『シャリーのアトリエ』の主人公の一人。フルネームシャリステラ。小さな部族出身なので苗字存在しない。

アトリエキャラクター人気ランキング28位。ロロナ以降のアトリエ主人公としては最も低い順位

公式肩書きは「使命を胸に黄昏の海へと赴く少女」。船の一族と呼ばれる部族の長の娘。水源が枯れた村を救うために砂漠を進む船に乗ってオアシスの街に来た。

黄昏の海=砂漠砂漠を駆ける不思議な船(兼アトリエ)を拠点冒険する。

愛称シャリー。同じくシャリーと呼ばれる名前きっかけに錬金術士・シャルロッテと仲良くなり、お互いをシャリーと呼び合うようになる。

・ある理由で仲違いするが、それぞれ別の事情がある別の人間なんだということを認識するようになり、それ以降は「ステラ」「ロッテ」と呼び合う。この関係性は好き。

武器は杖ではなく鈴。ひらひらした衣装を身にまとってくるくる回りながら鈴を振って戦う。とてもかわいい

ゲーム開始時にシャリステラ主人公にするかシャルロッテ主人公にするか選ぶ。この選択肢によって序盤はわりと変わる。後半はだいたい同じ。

シャリステラについて語ろうと思うとわりと愚痴が多くなる。作品として評価が低いシャリーのアトリエだが、特にその悪い部分の要因になりがち。

シャリステラルート最初に仲間になるキャラクターシャルロッテルート最初に仲間になるキャラクターが変わるが、シャリステラ陣営キャラクターが全体的に薄い。シャリステラのものも「村のために頑張ってる真面目な子」以上の印象が生まれなくてかなり薄い。せいぜい「お肉大好き」みたいな設定しか出てこない。それぞれのキャラデザがいい分描写が負けているのが惜しい。

・村の問題特に解決しないままストーリーが終わる。無印版に比べてPlus版ではストーリーが追加されてるのだが、それでもシャリステラ問題に関してはノータッチ。すっきりしない。

キャラデザはめちゃくちゃ好きだし「錬金術の船に守られた一族」って設定もワクワクする。もっといろいろ見せてほしかった。その辺はアトリエシリーズの悪いところ出てるなあと思う。

・通常戦闘BGMシャリステラシャルロッテのどちらを選んだかで変化する。さらにそれぞれストーリーの進行度によって三段階でアレンジが変化する。合計6曲あることになるが、その全てがクオリティが高い。シャリステラの曲は浅野さんが担当神秘的で爽やかな曲、シャルロッテの曲は柳川さんが担当で明るくて元気なイメージの曲となる。キャライメージに合っていて好き。

エスカ&ロジーアトリエアニメにも最後最後ちょっとだけ出てくる。シャルロッテと揃って「がんばって!」とだけ言う。何を頑張るんだ。

シャルロッテ

黄昏第三作『シャリーのアトリエ』の主人公の一人。フルネームシャルロッテエルミナス。

アトリエキャラクター人気ランキング24位。

公式肩書きは「大いなる野望を胸に黄昏海を駆ける少女」。街の掃除屋として使いっ走りをさせられているだけのポンコツ錬金術士だが、いつかビッグになりたいという夢を持つ。錬金術士の父親は亡くなっていて、病弱な母と二人で暮らしている。

愛称は「シャリー」「シャル」「ロッテ」といろいろ呼ばれる。

蛍光色の緑のショートヘアと女子高生みたいな現代的な服装で、シリーズを通してもかなり異質なデザインになっている。錬金術の道具を詰めたバッグを常に掛けていて、パイスラッシュになっている。この点はあらゆる一枚絵で強調される。スピンオフの『ネルケ』でもここだけは欠かせない。おっぱいも全シリーズキャラを通してかなり大きい方。

シャリステラ陣営キャラが薄いと先述したが、それに対してシャルロッテ陣営はなかなかキャラ描写も濃い。

シャルロッテは突然謎の歌を歌いだすアホの子でありつつ、年相応の悩みを抱えた女の子でもある。その二面性が魅力。特にシリアスが加速している『シャリーのアトリエ』において、服装あいまって等身大普通な女の子」を感じさせる彼女存在がとてもありがたく感じる。

ストーリー最初に、黄昏シリーズ皆勤賞の魔法使いウィルベル」と出会う。彼女のことを錬金術士と勘違いし、シャルロッテ弟子入りを申し込む。ウィルベルはちょうど不要になっていた箒を渡し、適当師匠ぶってあしらうようになる。ウィルベルウィルベルでちょうど魔法使いとしての行き詰まりを感じていて、だんだんシャルロッテ存在ウィルベルにとっての救いになっていく。シャルロッテウィルベルを励ます一枚絵の美しさは必見。あるエンディングではシャルロッテウィルベル正式弟子入りする。ウィルベルに居場所ができてよかった...という点だけでもシャルロッテ好き。

・将来に悩んでいたシャルロッテが、ストーリー終盤に見つけた目標が「空を飛ぶこと」なのが好き。ウィルベルの姿に憧れたんだね...。そのために錬金術の船の原理を調べ、過去主人公達の力も借りていく。全体的にシリアス黄昏シリーズの、特に終盤も終盤で普通女の子ちょっとした夢をかなえるために頑張る姿がよかった。「空を飛ぶ練習」と言って落ちるだけのアホなタスクが挟まるのも好き。

シャルロッテ武器は箒。これは便利屋として街の掃除に使っていたこから。最終的にはウィルベルからもらった箒を装備して、ブンブン振り回して戦う。動きが全体的にコミカルかわいい

・開始時点で18歳で、実はシャリステラよりシャルロッテの方が2歳年上。なおそれを感じさせることは特にない。

2022-06-29

合法に最速で童貞卒業する方法

1、銀行預金を引き出し駅までダッシュGoogleで最寄りのソープ検索飛び込み、待機最速の嬢で卒業(目安40分)

2、マッチングアプリ登録課金し即デートGoogleレストラン予約今日明日結婚(無理なら婚約)できる子として卒業(目安36時間

3、知り合いの女の子モテナそうな子から順に電話し今晩デート口説き落として最寄りのラブホ卒業(目安4時間)

  

40分を切る、最速方法あるかな

2022-06-15

anond:20220615061017

冗談っぽくだけど、イタリアでは息子が物心がついた時から父親女性口説き方のレクチャーすると聞いたことあるわ。

日本でも導入する?

anond:20220614193055

告白する → 告ハラ扱いされる

付き合う前に口説こうとする → セクハラストーカー扱いされる

しかないんかい!?!?!!!!?

まず人間としての信頼を蓄積しようよ

徹底して礼儀のある態度で、搾取をせず、相手大事しているもの大事にすれば、じわじわと蓄積されていくから、必ず。

告白するがハラスメントになるのは、不気味だからで、なぜ不気味になるかといえば「唐突から」だよ。

相手が何故自分告白たか理解できればそれはハラスメントにはならない。断りやす空気(断ったら気まずくなる懸念がない)があれば、ハラスメントにはならない。

どうしてそこまで考えられないの。全部「意味不明思考相手のせい」という思考停止になるの。

男女関係なくだよこれは。

付き合う前に口説くのだって性的ニュアンスがそこになければ口説きとは捉えられないんだよ。

女性が同性と友達として仲良くなるときに、きれいだねとか言う?言わないよ

・まず挨拶礼儀のある態度)

・してもらったら、してあげる。聞いてもらったら聞いてあげる。(搾取をせず)

相手の興味に寄り添う(最近見て面白かった本とか映画とか、食べて美味しかったお店の情報交換とかね。そこですかさず今度行こうよ!は同性同士でもウワ距離感ないな、ってなるんだよ、恋愛関係ないんだよ)

この基本だけでいいんだって。なんでそう極端に「自分絶対に誤解をされる」という思い込みを抱いてるの?

誤解を最小限に抑える方法学校の同性との人間関係などで学んでこなかったの?

2022-06-12

正直女の口説き方を覚えるより般若心経を暗記した方が捗るわ 現時点での自分の中の本能としてはそう出来てるの

たから見れば酸っぱい葡萄揶揄したくなるんだろうけど俺はこっちがいいのよ 何か悪いか

2022-05-30

ある一部上場企業の一採用担当者として

就職できない学生3分面接すれば充分に分かる。

一言で特徴を挙げると『真面目で大人しい』。

もちろんこれは良い意味では無い。


社会人として考え方が子どもっぽい

読書経験がなく柔軟な思考力が欠如している

スポーツ経験ゼロ

恋愛経験ゼロ

・声が小さい

このような要素が必ず、ある。


もちろん基礎学力必要だが、スポーツ経験恋愛経験というもの

仕事の出来不出来にかかわってくることが多い。

会社組織において仕事のできる人は基本的モテ男が多い。

告白口説きなどの一連の恋愛プロセスは、社会に出てから商談事などで要求される交渉力と似通っており、

大学卒業時点でもろくに恋愛経験がない童貞学生は、ハッキリ言って使えないと言っても差し支えない。


一方でそのような学生悪い意味お人よし」なケースが多く

毅然とした態度で接することができないおっとりしたのんびり屋が多い。

「ただ無害なだけで自分は優しいと思いこんでいる真面目系クズ」と呼ばれている様な人種である


まともな企業組織内ではいちはやく淘汰される対象だ。

この厳しいご時世、大人しい秀才よりも多少生意気で猛々しい学生をほしがる企業が多い。

スポーツ経験がある学生は、集団行動や人間関係面で長けている場合が多く、非常に有利。


大学時代を楽しめた学生の多くは希望の会社に就職している現実がある。

学生時代に築いた人脈は、確実に良質な肥料となる。

学生が思っているほど、ハッキリ言って学歴関係は無い。

学習歴、実力が問われる時代が到来している。

大人しく青白い秀才は、百害あって一利ない、排除すべき対象だ。


採用担当者として、この事を強く認識している。

2022-05-28

特殊性

俺の性的嗜好ロリコンより特殊で少数な気がする。

小さい頃から日本かわいいと言われる女優さんやアイドルにぐっとこなかった。

中学生くらいの時、ドラマ映画サンドラ・オーをみてはじめてなんつーか、ぐっときた。

そこから、似てる雰囲気女性が好きになるようになった。

最近だといちばん好きなのが、ハンニバルのヘティエンヌ・パーク。

似ている顔の女性はわりといるけど、見た目だけじゃだめなんだよな。

あいう顔の女性(目が細くて極東アジア人らしい顔でできれば眉毛が強そうなへの字)で、

それでいて、眉毛をくいっとあげたりひそめたり、顎をあげてこちらを挑戦的にみたりするような、

アメリカ人女性しぐさみたいな自信満々のあの感じがなくちゃならない。

これは、もう日本ではなかなか見つからない。

考えてみたんだが日本では上記の見た目の女性はブスとされているから、

なんとなく立ち居振舞いが自信なさげになってしまうのかもしれん。

英語勉強して、そういう女性口説きたい。

英語勉強がんばる。

2022-04-20

anond:20220420163416

うわー。それはあるわ。

友人という関係性を超えて、言い寄れる男らしさにキュンときてたわ。

実際には、そういう男らしさが自分には合わないみたい。

自分から口説きにいくわ!

2022-04-18

なんでこう多くの男性が「女は性的魅力目当ての男にだけならモテるのは簡単である」と思い込んでるんだろうね

こんだけSNSが普及し美容整形メイクの発達で一般人容姿ハードルも上がりまくってるんだから

「穴モテ」なんてそんな簡単に出来る訳ないでしょ

実際お前等の身近にいる男性は「穴」目当てでそこらの女を片っ端から口説きまくってるのか?そうじゃないでしょ

ナンパだってある程度可愛い子、スタイルの良い子しか狙わないし

一般人男性もっと草食だし何も魅力の無いブスに「穴」目当てでどんどん寄ってくるなんて事ねーよ

自分小学校中学校高校大学社会人普通ーーーーーーーーーーーーに生きてきた女だが、人生の中で一度たりとも「穴モテ」なんぞした事ねーわ

女性にとって「性的魅力目当てで男性モテるハードルは高いし簡単じゃないです

非モテ女性と同じな訳があるか

口説き方はどこで学ぶの?

当方年収以外はいわゆる弱者男性29歳。仕事はできないけど運よく仕事しなくてもお給料くれる会社に入れた。

それで困っていることがある。

運よく合コン女性ラインを交換できたのだが、そこから先がわからない。

どうあがいてもただの雑談になる。どうすればいい?あなたホテルに行きたいとか言えばいいのか?

知恵ある増田たちよ、助けて欲しい。

2022-04-14

anond:20220414141722

口説き方とかセックスは人によって大差ないやろ・・・

要は女が「こいつなら股開いてもいいかな?」と思うかどうかや。

2022-03-22

オプチャの管理人やってるけど

地域系のチャットルーム作ってあまり人も集めずに細々とやってる

たまにいるのが片っ端から女にメンションする男

返事があると可愛いねとか口説き始める

ノート簡単プロフィール書くようにしてるけど、そこにメッセージ書いて口説くやつもいた

何度もやり取りして気になった相手と会いたくなるのもわかるが、入ってきてすぐ片っ端から声かけて引っかかったやつと会おうとするやつって

直接会えたとしても顔が悪いからってそのまま帰ってまた別な女に声かけるのね

これは他の部屋で見た例で、さすがに自分のところでは2回目は強制退会

ネットのやり取りで付き合いたくなるのもわかるけど、顔も見ないで口説くなら顔がどうあれ付き合う覚悟口説けよとこの管理人は思ってる

2022-03-18

anond:20220318095220

気になる男がいても自分から告白せず、男が気持ちに気づいて告白してくれなければ恋が始まらない

確率的に、誰でもいいから数打って口説きまくってるクズ男に引っかかる

2022-03-10

小説カンパニー

トラブルこりすワロタ

最後最後にやほいのかほり

いやカプはないのやが口説き文句文体が俺をざわめかせた

ダンサートレーナーさんの関係構築、アチィぜ

トレーナーさん、どうしてもブルーピリオドのきねみさんのイメージで読んでた

青柳さん無自覚総愛され(元妻以外)だこれ…

みなみさんといい感じだったけど「世界押し出してやりたい」的な流れ、良ッ

2022-03-05

anond:20220304213201

増田がこれから人生を送る上で、必要になるであろう考えを書いていきます

・「自分だったらこう思う、こう行動する」を相手に当てはめているから、理解できない。

男と女思考回路は違います特に恋愛において、その非対称性は目立ちます
男は同時に何人にも妊娠させることができる。自分遺伝子をばらまきたい。セックスがゴール、結婚墓場女性に見せる誠意(≒かけるコスト)は、セックスまでが最大限。釣った魚に餌をあげていては、他の魚を釣る餌がなくなる。犬が電柱を見たら片足を上げる感覚
対して女は、一人ずつしか子供が産めない。優れた遺伝子が一つあればいい。セックススタート結婚がゴール。妊娠出産育児は男にとっては他人事、女にとっては自分子供の命がけ。
相手浮気に対する感情男と女では出どころが違う。男にとっては「あんだけコストを掛けた自分の女が、他の男に盗られるとは何事だ」。女にとっては「ヤリ捨てられたら、自分子供の命に関わるんですけど。自分子供が一生食べて困らないコストを、今すぐ渡してくれるなら話は別」。

ここまで対象的な思考回路を、単純に相手に当てはめてもうまくいきません。増田勘違い、異性に対するありがちが勘違いその男性にとっては、やろうと思えば増田口説き落とすことは簡単でしょう。連絡先を渡さない、セックスに持ち込む素振りすら見せないことでマナーを守っているつもりです。高2ちゃんに対してもそれは同じ。でもでも、その男性が魅力を振りまくことで引き起こす、女性ありがちな勘違いまでは想像できていなかった。

書いていたら長くなりそうになってきたのでまた今度。

2022-02-11

anond:20220211164758

そうだよな、安心したわ

俺は口説きたい女と飯食いに行くとき高田馬場の米とサーカスって呑み屋でゴキブリ平らげて男らしさアピールしてるわ

2022-02-04

今頃ジュラシック・パークを初めて見た

上映当時をリアルタイム経験したくせに、その頃は歌番組プロ野球といったメジャーものにノレなかった、
今で言うド陰キャコミュ障キモオタだった自分は、ハリウッド映画にも全く触れずに過ごした。

おかげですもごっつも、スーパージョッキー元気が出るテレビとかも、B'zもドリカムユーミンスルーしてたのだから筋金入りだ。

そんなキモオタ学生も、今やどこにでもいる冴えないおっさん、いやジジイだ。

そんなジジイTwitch推しが「見る」というだけでホイホイ見に行くんだから、まあその、なんだ、特に弁解はない。

さて、きっかけはともかく、同年代からは「は?今頃?」と言われそうなタイミングで、ジュラシック・パークを見た。

感想としては、結構想定外意味で「いい映画だわ」と余韻に浸る結果になった。

以下、一応ネタバレあり。

正直、今回ちゃんと見るまで「まあハリウッド映画だし終始大スペクタクルで迫ってくるんだろうなー」と思っていた。

でも実際は「そこまで騒がしくない」というか、きちんとSF小説原作リスペクトしたというのが納得できる、良作だった。

個人的小説ベースの名画というとスタンド・バイ・ミーくらいしか出てこないが、あれに通じるストーリーの「真面目さ」「細やかさ」が作品うまみになっているというか。

しかし同時に、声を出してしまうようなカメラワーク(Tレックスとかヴェロキラプトルとか)も随所に散りばめられ、最後まで飽きずに見れたのは、さすが名監督スピルバーグ演出と言っていい。

ちなみに作中のイケメン数学者が薀蓄と口説き披露するカオス理論は、確かに当時の流行りだったが、それが回り回って今のAIかに関係しているんだから、息の長い分野である

そして一番興味を引いたのが、当時のコンピュータ周りの描写

とはいえフィクションの中に出てくるITなんてリアリティ的な意味でロクなもんじゃないし、実際この映画も警備システムをはじめ、微妙な所があちこちにある。

その上で注目したのは、本作での事件の発端となったシステムエンジニア(兼プログラマ)のキャラ

ピザをクッチャクッチャさせてそうなデブというのは、家庭にあるパソコンオタクおもちゃしかなかった当時では、プログラマステレオタイプだったわけで。

何より、アメリカでもGAFA世界覇権を握るほど伸びてくるまでは、たとえハーバードを出ていてもSE仕事ブラック待遇というのは考えさせられた。

まあ日本じゃ、令和の今もそんな感じだし。

更に当時はWindows95すら出ていないので、業務用にプログラマが使う計算機のうち、フルGUIワークステーションといえばUNIXとなる。

なので本作でもMotifだかXViewだかをGUIにしたっぽいUNIXワークステーションを、例のデブも使っていたし。

あとUNIXといえば、金持ちじーさんの孫2人のうちパソコン趣味の姉がUNIXを使えるというのも、もし父親研究者なら納得である(macでもいいけど)。

と、急に年甲斐もなく甲高い声で早口になってしまって恐縮だが、ある意味話の核になることもあり、興味深く見入った次第。

2021-12-06

フェミニストNTRっていうジャンルを思いついた

韓国ネットスラングで、フェミニズム理解あるフリをしつつ内心は下心しかなくてフェミニストに聞こえのいい言葉並べて口説きまくってフェミニストハーレム作ってるような男を『クンニ男(穴吸男=ボパル)』っていうらしいんだけど、

「男らしさに執着しない」という信念があってひ弱な優男(愛妻家で妻の活動にも理解がある)と下降婚したフェミニストの妻が長身高収入イケメンフェミニスト男性(本心女性のことは性処理道具にしか思ってない)に口説き落とされて

主人公フェミ間男の子供を托卵されて育てるハメになっちゃうみたいなお話

結局男は男らしくないと苦しむんだよね、どんなに取り繕って理屈並べ立てたところで女は雌として男らしさを求めちゃうんだよね、

っていうジェンダー問題非モテ問題NTRジャンル好きの被虐欲求を合体させた胸糞特化の話

こういうの誰か作ってくれよ

2021-12-03

性欲がある限り女同士の友情はあり得ない

みたいなことを某所で書いたら全力で否定された。

彼らにとって女同士の友情はあり得るらしい。

「いや、でも女と仲良くなったらヤッちゃわね?」

って書いたら変態扱いされた。なんでだ。

ただ遊ぶだけの同性の友達がいる、のは普通らしい。

別に仲良くなったってヤろうとか思わないってさ。草食系か。

私は別に人より性欲が強かったりはしないけど、

それでも女とある程度仲良くなったら口説きモードなっちゃうけどな。

だってヤリてーじゃん。仲良くなったらヤレるじゃん。

別に割がヤリマンってわけじゃなく、経験人数はたった14人・・・

知りあって、趣味が合ったりしたらデートに誘って、そんで口説いてハメる。

だって仲良くなったらヤレるじゃん。ヤッたら気持ちいいじゃん。

それなのに同性と遊ぶだけの奴らがいるって、ちょっと信じられない。

いや、信じられないっていうか、もったいない、って思うな、私は。ヤレるのに。

2021-11-28

anond:20211126210227

普通に気持ち悪いわ。腐った精子溜め込んでないで口説き落としたくらいの男気見せろや。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん