「私たち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 私たちとは

2019-03-25

anond:20190325120943

オタク迫害ってむしろ男→男の方が多いと思うが、ある種類の男は強者男性には歯向かわないので何故か男に虐められた記憶は消去して「女に迫害された」って明後日の方向に責任転嫁してしまうから

多くの女はキモいと思ったらそもそも近付かない。近付いてこない=女に無視される=迫害されてるって何故そこまで他責的になれるのかイミフ

腐女子の主張は「棲み分けするから私たちのことは無視してほしい」だったが、数で強くなったように錯覚して女を囲んで叩きまくった

結果として女オタク根付いたゾーニング文化が、今巡り巡って男向けエロゾーニング問題に返ってきてるのは面白いけどな

anond:20190325122749

もちろん無関係とは言わないけどね。私たちはこの社会に生きる市民で、社会根付女性差別ホモフォビアに対して責任があるし、選挙でそういう行政を黙認する首長議員を選んできているわけだから

社会根付いてるのは男性差別と「弱者の選別」意識女性差別ではない。「女性」は選ばれた「弱者」であり、むしろ優遇されてる

anond:20190325104234

有害図書認定は男オタク関係ないやろ……

あれやってるのは行政の、もうオタクコンテンツなんて男女関係なく滅ぼしたろ! みたいな勢いの保守派のガミガミじじい&ばばあでしょ。

ウェブ上での腐女子叩きについては、男オタクとして申し訳ない、と思うし責任も感じるけれど、流石にそこの責任まで負えと言われても困る。

もちろん無関係とは言わないけどね。私たちはこの社会に生きる市民で、社会根付女性差別ホモフォビアに対して責任があるし、選挙でそういう行政を黙認する首長議員を選んできているわけだから

ただそれは男オタクだけの話じゃないので責任所在矮小化しないでくださいと思う。

ニコ動とかpixivとかでの腐女子差別は明白に男オタク責任だけど、行政のやることにまで男オタク責任持てと言われても……

めざましテレビが苦手

からあのテンション

私たち毎日キラキラしていますよ。

みなさんも頑張りましょうね。

文化祭生徒会の人たちがはしゃいでる感じ

それに乗っかれない人はお呼びじゃない

いないものとされる

もっとシンプルでいい

疲れるから 海外ニュースみたいに無機質でいい

じゃあ見んなよと言う意見は受け止めてます

2019-03-24

入管からSOS紙飛行機私たち人間です」

これ韓国戦争で負けたら逮捕されて長期受刑者になるんじゃないのか

ララが見た日本男女平等

仕事だけでなく家事育児を男に押し付けよう、そして女の私たち事務員一般職に就いて、男の総合職並の賃金を得ようとしている社会だったのだ。

好きだった女の子の話

失恋しました。

失恋といえるほどのものでもないのだけど、でもきっとこれは恋だったと思います。私は忘れっぽいたちなので、忘れないよう、書き残しておきます。長いし、重いです。

出会ったのは小学1年生のとき。初めて友だちになってくれたのが彼女でした。誰とでも仲良くなれるような優しい女の子彼女は誰とでも仲良くなれる人だけど、私は違った。人見知りで、自分勝手で、今考えるとどうしようもないような性格だったと思います小学から中学校にかけての様々な件で私の性格はひねくれにひねくれ、自分いちばん醜いとまで思うようになっていきます。それでも小学から中学校までの9年間、ずっと仲良くしてくれました。彼女のことが一番大切だと思いました。

転機は高校ときです。彼女特殊高校に、私は普通高校に進学しました。彼女学校と私の学校そもそもシステムが違うため、長期休みが合うことはほとんどありません。臆病者な私は、彼女に連絡することを恐れるようになりました。彼女のことがとても大切だから勉強部活を私みたいな存在邪魔するのは、私自身が許せない。アルバイトを始めたと聞きました。なおさら、連絡なんてできません。そうなると(もうわかると思いますが)、あとは疎遠になっていくだけです。月日が流れれば流れるだけ、彼女神聖化したまま、私の記憶の中の彼女はやさしくてかわいいの子のまま美化されていき、とうといものへと変わっていきますもっともっと大切になっていきます高校生の間にも、数回遊ぶことがありましたが、私の前では昔と変わらずとてもやさしくて、素敵な彼女のままでした。きっとさらにすきになっていたと思います

はたちになると、成人式があります。いろいろな場所に散らばっていた友人たちも地元に集まります私たち同窓会をすることになりました。久しぶりにみんなに、特に彼女に会えることが嬉しくて、人一倍かわいくなりたくて、一番お気に入りワンピースを着て、時間をかけて髪を巻いて、丁寧にメイクをしていきました。かわいいねって言ってくれて嬉しかった。あなたにそう言ってもらいたくてそうしたのだから。この同窓会ときに、今度遊ぼうね、と約束しました。彼女卒業後は就職のため地元を出て都会に行ってしまうらしいのです。とてもとても楽しみにして、大学でのテストもいつもより少し頑張れました。彼女はまだテストがあったようなので、終わったらまた連絡してねと言って、そのときは終わりました。その連絡が来ないまま、彼女が都会へ既に向かっていたことを数日前に知りました。

「いつ遊べそう?」「春休みわっちゃうね」「遊べなかったね〜」「もう都会のほうにいるって本当?」何を言っても傷つけてしまうような気がして、この文章を書いている今も、どうメッセージを送ればいいのかわかりません。高校友達と遊んでいるのならば邪魔したくはないなあ、引越しの準備が思うよりも大変で忙しいのかもしれないし…と思い込むことでなんとか今日まで生きてきました。「どうして知らせてくれなかったのかな」とも思ったけれど、たまにしか遊ばない友達に出発の日時を教えるわけがありません。この結末はただの自業自得です。大切にしたくて、私がいちばん醜いと考えている自分から遠ざけようとして疎遠になるなんて、自分もびっくりするくらいのブーメラン。なんて救えない。彼女にとって昔よく遊んだ程度のお友達になっていただけなんです。どうしようもない、始まってすらいない私の初恋はここで終わります

こんなこと、誰にも話せないから、ここに書きました。友達がずっと恋愛感情を持っていたなんて知ったら気持ち悪がられるに決まってる。なによりこんなことを書いている私が、私のことを一番気持ち悪いと思っているのだから。そう思われたくない。彼女に嫌われることは何より怖い。好きだと言うことも今後絶対にない。叶うこともない。だって彼女女の子で、私も女。彼女はたぶん異性のことを好きになる人です。それでも話せるだけで嬉しかったし、満たされていたし、じゅうぶん幸せだった。ずっとずっと仲良くしてくれてありがとうあなたは私の救いで、大げさかもしれないけれど、光でした。あなたは強い人だから、きっとお仕事もうまくいきますあなたがこれから幸せであるようにここから願っています

2019-03-23

『竿と玉持ったまま女に転生するチート使って無敵の最強弱者になって無双した件』

騎士さん「ば、バカな……こいつは男なのに……なぜ私たち女性しか使えない『聖剣カコウバーイ』を使えるのだ……」

MtF「俺は男でありながら女の魂を持ち女性特剣を手に入れた者、人呼んで≪海よりも深く天よりも高き境界を往来せし者(トランスジェンダー)≫……まあ、面倒だから竿と玉は残してて戸籍は男のままなんだけどね」

騎士さん「ふざけるな! 貴様男性器がある限り、いや、たとえ男性器を切除して国家貴様を女と認めたとしても(※1)、XY染色体を持って生まれた者は死ぬまで男なのだ! 貴様は『女装した男』、『女になりたい男』でしかないのに、この女性の聖域オチダインを汚さんとするただの野蛮な一匹のジャッポスだ、我が聖剣で処断してくれる!」

MtF「(息を吸う音)すぅ……『アタシがフォローしてる尊敬していたフェミ垢の@femaleknight19040308さんがトランスへの酷い暴言ツイートしてた!(※2) 同じマイノリティで仲間だって信じてたのに裏切られた! 傷ついた! 人口過半数を占めるシスヘテロ女性から圧倒的少数派であるトランス女性のアタシが差別された! 理屈がどうであれ少数派で弱者のアタシの方が被害者で正しい!』」

騎士さん「なにっ!? 私の女性特剣が全く通用しない!! ……これは、まさか『オキモチの聖盾』!?

MtF「何を驚いている? 聖盾が女性専用装備だとでも思っていたのか? それとも、この世に女性よりも弱い弱者がいるはずがないという想像力の欠如かな?」

騎士さん「なにが弱者だ! 貴様は男でマジョリティ強者! 男の分際で身の程知らずにも弱者を名乗った大魔法使いKKOと同じように徹底的に論破して自決に追い込んでやる!」

MtF「ふっ、KKOか……奴はいい年して女の一人も口説き落としたことの無い未熟者にすぎん。我ら弱者男性の中では最弱……いや、最強? ネットで女に煽られたぐらいで自裁した弱者男性の面汚しよ……まあいい、お前が男の俺とは『対話』できないというのであれば、『彼女』を呼ぶとしよう。出でよ、守護獣(♀)アライ!」

守護獣(♀)アライ「あんた、今までフェミニズムの何を勉強してきたんだい? 女性差別批判して女性権利擁護してきた口でトランス差別してトランス権利主張を馬鹿にするのかい? 生まれた時の性別で人のいるべき場所を決め付けるなんて、今のあんたたちツイフェミ日本会議保守オッサンどもそっくりだよ! 恥を知りな!」

騎士さん「グワーッ!! 同じ女性にまで批判されたー!! よりにもよって最も憎んでいる存在である日本オッサン同類扱いされたー!! ……ぅぐぐぐ、私は負けん! 男を擁護するこいつは名誉男性に違いない。おペニスよしよしプリンセススプリング=ウィンドちゃんと同じくたとえ未成年であっても最大の侮蔑を受けるべき人間のクズだ……断じて女性ではない。私は女性のために最後まで戦う。たとえ私が定義する『女性』が世界で私一人だけになったとしてもだ」

MtF「ほぅ、まだ立ち上がるか。ならば、更なる絶望を味わうといい。≪偽装太陽の車回す小鬼の群(ジャパニーズサラリーマンコスプレ)≫! ……さあ、今の俺の姿はお前の目にはどう見える?」

騎士さん「男だ……完全に男の社会人だ。女体持ちの私と違い、満員電車痴漢心配する必要など無い(そんなスーツの似合う体格の良い男が痴漢に遭って思わぬ快感に戸惑うシチュは相当に美味しい)、性被害を恐れてMtFによる女性更衣室やトイレ使用に反対している多くの女性気持ちなど理解できないし、理解する必要もない安穏とした人生を過ごせる男そのものだ……」

MtF「その通り、この格好をしている時、社会は俺を完全に男として扱う。この意味はわかるな?」

騎士「う、嘘だ……聖堂学院を優等で卒業し『聖騎士二級』の資格を持つ私がずっと大学非正規事務員警備員ダブルワークを強いられているというのに、こいつは男だというだけの理由大企業正規雇用され、同期の女子社員と比べて結婚出産退職するおそれの無い長く働いてくれる戦力として期待されて裁量責任やりがいのある仕事を与えられて、やがて結婚子供を持つ時もキャリアとの両立に悩むことなど無く、むしろ専業主婦の妻に支えられてますます仕事に打ち込む男盛りを迎え、無知新人女子社員立場の弱いテンプや取引先の女性を有り余る性欲のはけ口にしつつも家庭は壊さないようにせこく立ち回って……そうやって、私が憎みそして羨んできた父や兄や同期の男子や元恋人の男どもと同じように女性を踏みつけながら楽しく生きていけるだなんて、そいつ女装しただけで私たち女性と同じように弱者としても扱われるだなんて……」

MtF「そう、これこそがMtFチートの神髄……『女性特剣』と『男性特剣』の『二刀流』だ」

騎士さん「か、勝てない……こんな相手に勝てるはずがない……私が女性のために戦い女性権利の拡大に成功すればするほど何もしていないMtF女性としてその恩恵享受し、しかも男としての経済的・肉体的強者としての特権も手放さず、性的少数者として批判もされない無敵の存在であり続けるならば、これでは私たちフェミMtF奉仕する存在ではないか、この構造女性が家父長に奉仕する伝統家族制度と何が違うというのだ……私たち女体持ちはどうあっても男体持ちへの奉仕種族立場から逃れられないか……唯一選べるのはどの男に奉仕するかだけなのか……ならば、私は……」

MtF「ところで、俺の性自認女性だが、性的指向、要するに性欲の対象女性だったりする。肉体的には男だが、心はレズビアンってところだな」

騎士さん「素敵! 抱いて!」

こうして二人は主観的にはレズビアンカップルとして、客観的には社会から求められるジェンダーロールに則った理想的夫婦として、いつまでも幸せ暮らしましたとさ。

めでたしめでたし

(※1)

性別変更「手術が必要なのはおかしい」…最高裁特別抗告臼井さん「アイデンティティは心で決まる」 - 弁護士ドットコム

https://www.bengo4.com/c_23/n_7910/

(※2)

トランスジェンダーフェミニズム ツイッター惨状に対して研究者ができること - wezzy|ウェジー

https://wezz-y.com/archives/62688

アニメけものフレンズ』はあなたの何かを変えたのか?

けものフレンズ』は、斬新なポストアポカリプスものだった。ジャパリパークに広がる「やさしい世界」に、私たちは今よりも生きやす社会への夢を見いだしたのだ。

それでは、現在放送中の『けものフレンズ2(以下「2期」)』に対してどう対応するべきか。このツイートはそうした問題を明らかにする。

https://twitter.com/futo333/status/1107707300691603456?s=19

私は2期が面白いとは思わない。それでも、2期のよいところは褒め、悪いところは必要かつ「相当な」批判をする。それにも値しないと思えば目を背ける。そういう対応ができたはずだ。

あなたがもしこのツイートのようなコメントをされる方なら、

たつきを追い出した」

「みんなピリピリしている」

とお考えかもしれない。しかし、あなた不快感あなた報復正当化しない。余計なことを言うと、たつきへの攻撃あなたへの攻撃ではない。多くの炎上案件と同じようにあなた勝手被害感情を持ち、勝手自分正義だと思い、勝手誹謗中傷を繰り返しているだけだ。

もしサーバルちゃんあなたと同じ立場に置かれたとしたら、あなたと同じ侮蔑を投げかけるだろうか? あなたの中のジャパリパークに、今のあなたのような言動をするフレンズはいるだろうか?

あなたけものフレンズを愛していたかもしれない。しかし、ついぞ他者への寛容を身につけはしなかった。あなたは『けものフレンズ』を見ても何も変わらなかった。ただ、今も昔もイナゴのように飛び回っていたに過ぎなかったのだ。

彼氏誕生日台無しになった件

今日、二人で休みをとって

高速バスで片道二時間

お揃いのスニーカーを履いて

石段街をぐるっと歩いて、

露天風呂つきの広いお部屋で

最高の贅沢をする。

はずだった。

今、私は狭い家で

ポテトチップスを食べている。

描いていた旅行は中止。

『ご予約のお部屋がとれておらず…』

電話が入ったのは、昨日だった。

伊香保にある有名な旅館

まさかそんなことが起こるとは。

私たちが予約した部屋に

別の予約が被っており、

部屋を変えてほしいと懇願される。

露天風呂のない、眺望の良い部屋は

明らかにグレードダウンだ。

頭が真っ白になった。

もう、予約は明日に迫っている。

考えたい、と電話を切って仕事に戻る。

正直、考えられもしないのに。

被っている部屋で、どうして

私たちが諦めなければいけないのか。

若いからって馬鹿にしている。

誕生日なのに申し訳ないと言いながら、

特段サービス提示するわけでもない

旅館担当者

そんな宿に行きたいわけないだろ。

誕生日一年に一回なんだぞ。

怒りがふつふつと沸いてきて、

キャンセルしようと電話をかけた。

怒鳴り散らしたい気持ちだが、

その気力すらなくなっていた。

ただただ、涙。

『同行者に相談するので、

また明日電話しますので』

謝る声は電話から聞こえてくるが

その気持ちは、伝わってこない。

日が越えて、彼氏から電話があった。

気にしないで、と言うけれど

そんなこと言わせてしまう状況に

涙が止まらない。

どこにいくかも伏せていて、

完全サプライズの予定だった。

結局、彼は旅行の全貌を知らないまま

無駄になった連休を過ごしている。

代わりの場所も直前すぎて

どこも空いていない。

行く気力も、正直もうない。

なんでこうなったんだろう。

『次回ご予約の際は

最大限の努力をさせていただきますので』

あなたたちの最大限の努力

私は二度と、信じはしない。

いつもと変わらない土曜の12時。

高速バスチケット

ただの紙切れになった。

anond:20190323035012

花粉症アレルギーだが、

アレルギーってのは人間の生まれつき持っている体質の個性、ばらつきに対する世間医療解像度が上がってきたっていう意味だろ

花粉の他に化学物質過敏症とか、乳糖不耐とかいった

病気」も増えている(=発見されてきている)

 

http://harada-hifuka.sakura.ne.jp/column/2016/11/post-103.html

https://kotobank.jp/word/%E6%8A%97%E5%8E%9F-61966 

 

こう‐げん〔カウ‐〕【抗原】

生体内に入ると抗体をつくらせる原因となる物質。一度抗体ができると、次に侵入した同じ原因物質と特異的に反応する。異種のたんぱく質や多糖類・毒素・微生物などが抗原となりうる。

 

https://allergy72.jp/anaphylaxis/allergy.html

私たちの体には、ウイルス細菌などの異物が入ってきたときに体内に「抗体」がつくられ、これら外敵をやっつけようとする「免疫」というしくみがそなわっています

ところが、この免疫のしくみが、食べ物花粉など私たちの体に害を与えない物質に対しても「有害物質だ!」と過剰に反応して、攻撃をし過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き起こししまうのが「アレルギー」です。本来は体を守るはずの反応が、自分自身を傷つけてしまアレルギー反応に変わるのです。

リベラルがどうだとか保守がどうのこうのよりも致命的な問題

自民が一強な事も間抜け野党がこのまま終わるのも

したことだけど大したことじゃないんだよ

はとぽっぽ間抜け無能だと揶揄したって

当人は裕福に暮らし人生終えられる訳だし

 

野党私たち意見を汲み取ってくれないか

政権取れないってのも正しいけどお門違いで

彼らは彼らなりの偏狭主義を守って衰退してるだけで

そもそも私たち意見なんてものを反映させる義理政党としてはないだろう

だまくらかして票集めくらいはするだろうが

政党ってのは自分たち主義の元、集まるもんだろう

 

悪いのは全部若者なんだよ

ここでいう若者ってのは上の世代が全部悪いってのを常にほざいている全ての世代だけど

 

私たち意見とやらを政治に反映したいというのなら

自分たち政党作ってやらなきゃいけなかったのに

与党が悪い野党が悪い、前の世代が悪いと喚き続けて何十年なにもしてこなかったか

なんの力もない世代が続いている

失われた何十年政治バージョンってとこだ

 

根本的に老人に甘えてるよね、私たちにも振り向いて~って媚び売りつつ

なんでもかんでも世代が悪いって体のいい言い訳に使ったり

2019-03-22

一回ヤらせて

そいつは毎回、飲み会の後半あたりになると決まってこう言う。

増田っち、一回目ヤらせてよ。」

彼とは高校時代、2年生の1年間だけ同じクラスだった。

私は所謂スクールカーストでいうと中の下のあたりと自覚していたし、特別男子と仲が良い女子とは言えない方だった。

かといって男が苦手という訳ではないから、話しかけられれば話すし、仲良くなった人とはそれなりに話していた。

彼は割とお調子者で、クラスの中では男子の中心で騒いでいるような、そんなタイプ

正直、高校時代にそんなによく話をした記憶はない。

彼は、私が当時付き合っていた人と仲が良く、イジられやすかった彼氏をめちゃくちゃからかって、私までからかわれていた。

から私はむしろ彼のことが少し苦手だった。



卒業して、お酒が飲めるようになった頃から定期的に飲む仲になった。

きっかけは多分クラス会。

もう記憶曖昧だけれど。

向こうから連絡が来て、私の予定が合えば飲みに行くというのが定番の流れ。

大抵もうひとり、同じクラスにいた男の子も一緒。

飲んで話すのは毎回たわいも無い事で、たいして記憶にも残らないようなことばかり。

もう大人になった私たちは、それぞれに彼女彼氏がいて、貯金がどうだ、家賃がこうだ、残業がああだ、セックスレスがそうだ、この前のデートがどうだの。

そんな話をしてダラダラと過ごす時間が私は結構気に入っている。

ほとんどの話は記憶に残らないけれど、いつか聞いてすこしびっくりしたことがある。

彼は私を、クラスが一緒になる前から知っていたというのだ。

私は目立つ彼のことを認識していたけれど、中の下のグループで静かに学生生活を送っていた私をなぜ彼は知っていたのだろうと思う。

「乳でかくね?ってなってたからね。増田っち何カップなの?D?E?」

彼はそう言って笑っていた。

うるさいよと笑いながら、サイズを伝えた私も私だなと思う

そんな私も去年の春に結婚した。

ちょうど婚約した頃にいつものように飲みに誘われて、結婚することを伝えた。

彼にも大学生の頃から7年くらい付き合っている彼女がいた。

俺もそろそろかな、なんて話をして。

その日以降、1年ほど連絡がなかった。

珍しいな、とおもいながらも、既婚者の女というのはそう簡単に男と飲みに行くものでもないのだろうかと思ったりして。

そろそろ会いたいけれども私から連絡するのもなぁなんて考えていたら、ちょうど彼から連絡がきた。

いつものように飲んで、しょうもない話をして、高校時代恋人の噂話なんかもして。

そして彼も今年の6月入籍するらしい。

なんとなく、もうこの会は開かれなくなるのかなぁと、そんな気がした。

そして二軒目でまたいつものやりとりが始まった。

「じゃあ増田っち、とりあえず一回ヤらせてよ」

始まったよ、バカだなほんとに。と私は笑う

「え、まじでじゃあ、どうやったらヤってくれんの?」

出会うところからやり直しだわ

なんて。

もちろんその気は私には無いし、向こうもきっとただの冗談だろうと思う。

その日もいつもと同じ、タクシーに乗り込むまで定期的にその台詞が飛んでくる。

もうひとりの男友達

「お前、ほんと増田っちのこと好きだな。」

それを聞いて、酔っ払って足元もおぼつかない彼は、優しい顔で言った。

「そう。だいすき。おれね、増田っちのことだいすきなんだよね。」

一度も意識したことなんてなかったのに、深夜3時、タクシーの列に向かいながらそんなことを言われて、初めて一回ヤっといても良かったかも、なんて、思ってしまった。

本当にヤりたいのかどうかもわからないし、ヤりたかったらそのくらいさらっと言うだろうし、好きだよな、と言われて返す言葉なんてそれくらいしか無いのもわかるのに。

過剰なくらい、私と当時の彼氏からかっていたのも

同じクラスになるよりも先に私のことを知っていたことも

クラスから頻繁に飲みに誘ってくれることも

まさか、なんて思ってしまった。

チョロいね

ああ次に飲みに行くときは、きっと1次会で帰ってこよう。

次は無いのかもしれないけれど。

2019-03-21

追記ありセックスしたくないのはもうわかったか

※文末に追記しました。

ここのところセックスレス話題が人気だけど、私も何を隠そうセックスレスで悩んでいたことのある1人。

もちろん、悩むのはいつも拒否される側。

女性としての魅力がないの?私の体に飽きたの?もしかしてアソコが臭い?それとも口が臭い?体がたるんだから?年取ったからら?他に好きな人できたの?言えない性癖があるの?疲れてるってほんと?週末するってほんと?

どうして?ねぇどうして?

どうして、こんなに見苦しく懇願してもしてくれないの?

もう絞りすぎてカスのようになった勇気死ぬ気で振り絞って聞いてみても

「そんなことないよ」

って言葉しか返ってこない。

「私のこともう好きじゃないの?」

「そんなことないよ」

わたしはこの言葉地獄のようだと思っていた。毎日毎晩刃物で体をえぐられて、ちょっと大げさだけどそれくらい辛くて、それなのにパートナーは好きだよ大事に思ってるよってキスをしたりする。

おやすみキスをする人に何年も刺され続ける気持ちあなたにはわかるだろうか。

いっそ、刺すならばちゃん悪者として刺してほしい。

好きだよ、と言ってすぐに寝息を立てるパートナー。そのすぐ横で私は傷をえぐられて血まみれになって眠れぬ夜を過ごす。

これは地獄以外のなにものでもない。

どこにも行けないし、どうにもできなかった。キスをされて頭を撫でられて、その度に醜く期待して裏切られて。

ただただ血のような涙を流し続けるしかなかった。

どうか、どうかセックス拒否する人へ。

週末になったら、とか仕事が暇になったら、とか、お腹痛いとか眠いとか、もうそんな理由真実じゃないことはあなたパートナーは気がついているはず。

臭いとかブサイクからとか、下手だとか貧乳とか浮気してるでも風俗にハマってるでもなんでもいい。あーそっか、それなら仕方ないかと思える理由をあげてほしい。

それであなたから解放される決心ができる人もいると思うから

大好きだよ、大事に思ってるよ。僕たち仲良しだよね。何も不満はないよ。でもセックスはしない。

好きなのにどうして傷つけるの?どうしてどうしてどうしてどうして。

この地獄のような日々から抜け出すのに私は10年かかった。抜け出した今もふと、どうしては蘇る。

からどうか。

どうかほんの少しでも大事だと思うのなら解放してあげてほしい。

心を許したパートナー毎日何事もなかったような顔で私を少しずつ殺していく。これ以上の地獄を私は知らない。

※※※※ここから追記したよ!※※※※※

なんかすごい反応で驚いてます

そしていろんな意見があって面白いなぁって興味深く全部読んでます

どれも真実なんだろうなぁと思うと結構刺さる。辛辣だったり優しかったり、貴重なご意見ありがとうございます

さらっと書きましたが、レスだったのはもう過去お話です。思い出しつつ書いてみましたが、いやー改めて読み返すと私もひどかったなと。

誰が悪いとかどっちのせいとかじゃなくて、どうすれば良いのか知りたかった。なんなら全部私のせいで全然いからこの状況から助けて欲しいって切に思ってました。(セックスセックス書くのもあれなので、)たとえば、なんでそんなリンゴばっかり欲しがるの?と言われようとも、私は彼がくれるリンゴしか食べたくなかったし、彼がくれるリンゴに憧れていました。リンゴ存在を忘れる方法があるならどんな方法でも知りたかった。

世界にはリンゴが溢れているように見えたけど、どんなに追い詰められてもそれを食べないことが夫婦なのかなとも思ってた。

彼の目には私は異常者に見えていたんだと思います。現に、そんなにしたいの?頭おかしいんじゃないの?って言われたこともあるしね。

私は異常だと言われても、彼がくれるリンゴを2人で食べたかった。もしも彼がリンゴを持っていないのなら、梨ならどう?とか、ブドウは?みかんなら?的な話ができる、そんな関係でいたかった。他の人にもらうリンゴでも、自分で作ったリンゴでもダメな気がしていました。

それがきちんと彼に伝えられてたのか、伝わらなかったのか今となっては聞くすべもないのでわかりません。

2人で作ろうとしたものを2人で壊していった、みたいに時が経った今は感じてます。私も自分が満たされないことにとらわれて、彼がリンゴなんて食べたくないと感じている現実を認められずにいたのが何よりの証拠

あの文章読むと当時はたしかに私辛い辛い辛い辛いで被害者意識強すぎたけどね…

それもこれも全部ひっくるめて、相性だというのなら、私たちは違ったんだな、と思います

別れ際、彼は私に甘え過ぎていた、本当に申し訳ないと言っていました。チャンスがあれば全て自分努力するからどうか帰ってきて欲しい、とも。

悲しいことにその時はもう私自身が彼の持つリンゴを食べたいとは思えなくなっていて、何よりここまで来ないと努力しようと思えないアンド努力ってのもなんか違うんじゃないかと思ってしまってて。すれ違ってこじれて少しずつ確実に、10年間でこんなにグシャグシャにしてしまったんだなぁとぼんやり考えてたことを懐かしく思い出したりします。

「そんなことないよ」

その彼の優しい一言が、私にとってはどんな罵倒よりも辛かった。心が向き合えていないことを痛感してました。でもそれが彼の精一杯の優しさだったのかな。どこへ行くにも一緒で、家族として大事に思っててくれることもわかっていたから、私は彼が好きだったし、どこにも行けずに10年間リンゴを諦めきれずにいたのだと思います

…ということを書こうと思ってなんとなく書いてたのがコレです。

夫婦って難しいね。男女って難しいな。

今でも時々、ほんとうにどうしようもなかった?2人で生きていく方法はなかった?別れが最善の選択だった?本当に本当に?と考える時があります。ずっと一緒にいるもんだと思ってたよ、と泣いた彼の泣き顔を、今でもたまに夢に見る。きっとそれもいつか忘れてしまう日が来るんだろうな。

多くの意見があるように、セックス=愛 ではないのかもしれない。

それでも私は、愛しい人の肌に触れることでしか感じられない何かがあるような気がしています

みんなありがとう!すべてのカップルに幸あれ!

24時間保育園記事

女性記者が「深夜労働をしなければならない(私たちエリート女性のために社会もっと24時間保育園を増やすべき」って書いてたけど、記事中にある午後2時から15時間働く20代女性のことは何も考えてないのが笑える。長時間の深夜労働をこなさなければならない保育士女性はどうやって子供を作って育てるんだよ。妊娠したら続けられないような仕事を増やせって頭沸いてるんかな

韓国とか差別とか

日本語ペラペラ中国人友達カフェに行った。

私たちが住んでいるのはヨーロッパとある国で、周りで日本語理解する人は少ない。行ったカフェ日本人経営カフェだったからかアジア人も数人いたんだけれど、日本人だと思っていた。

話しているうちに、韓国の話になった。

中国って韓国だったんだよ」とか「孔子韓国人」「キ〇タクも韓国人」とか言って二人で笑ってた(中国でも韓国ファンタジーは有名らしい)

韓国人は良い人多いのに国は意味不明だよね」と言ったら「韓国韓国人も嫌い」と彼女は言っていた。今思うと、韓国人って中国人を下に見てる人がいるからかなと思う。

韓国関係ない話も色々してたんだけれど、男の人がカフェに入って来て、わたしたちの後ろのテーブルにいた人に話しかけた。

……韓国語で。

友達わたしは顔を見合わせた。

後ろのテーブルからはずっと日本語が聞こえてきていたから、てっきり日本人だと思い込んでいた。たぶん韓国人2人と日本人2人が座ってたんだと思うんだけれど、その人たちが連れだったのかどうかは分からない。

カフェにそこそこ長くいたのもあって私たちはそそくさとカフェから出る事にした。友達が「前、レストラン中国語で韓国悪口を言ってたら、韓国人が来て中国語で「ごめんなさい」と言った」という話をしていた。

なんかつらいな、と思う。まあ韓国の噂話をしてたのわたしだけれど……

仮にわたし韓国人だったら国から出られないと思うし、日本がそこら中で嘲笑されるような国だったらすごく悲しいと思う。

差別はよくないと思ってるけれど、ニュースとかを見ているうちに「この国イヤだな」という感情を持ってしまっていたし、なんか反省した。

今まで知り合った韓国人はみんなすごく温かくて優しい人たちで、でもニュースを見ていると韓国は「どうなってるの!?」としか思えないようなことばかりしているし、どうしてああなのか理解できない。

(まあギャップが激しいとは聞くけれど、実際深く関わったことがないので韓国人絡みで嫌な思いをしたことはない)

意味不明歴史教科書を笑うのも差別なのかなとか、少しもやもやする。何と言ったらいいのか分からないし、言い訳だけど。

カフェにいた韓国人が日本語理解してないことを願うばかり

別居とセックスレス

いくつもの原因が積み重なって、

いくつもの偶然が積み重なって、

思い切って別居した。

別居ってすごく大変で辛いことだらけのように思ってたけど、わりと楽しいことも多くて、当然だけど辛いことも多い。

一緒に住んでる時とは別のベクトルで忙しい。

でもトータルで考えればハッピーなんだろうな、というくらいには落ち着いたと思う。

別居して世界が変わったなんて大げさだけど、別居しないとわからないことがたくさんあったなと気がついたことは確かで。

当たり前のことだと言われそうだけど、半年前の自分とは変わったのを感じる。

まず一番は、家族がいないとさみしいかと思ったけどわりと平気なこと。

これが別居するとき一番心配だった。

子どものいない私たち仕事以外はべったりで、そのくせセックスレスだったりしたんだけど、ひとりぼっちになってしまうことがすごく不安で踏み切れなかったことが何度もある。

でも、1人になるのがさみしいと思う時点で、そばにいてくれる人なら誰でも良かったんだろーな。

やることがない週末を持て余すこともあるけど、2人でいてケンカしたりモヤモヤしてたことを考えるとずっとずっと心は平穏

さみしいかと言われたらさみしい。でも私はもっと強いさみしさを彼といて感じてたんだと知ることになった。

あの頃に比べたらまし。簡単に言うとそういうことなんだろうな。

次に、別居するのは簡単だけど、別居してしまうと離婚の重みを感じにくくなるということ。

あれほど離婚しかないと決意して飛び出したのに、不思議なもんだ。

目の前に相手がいないから、当然悩む時間も減るわけで。

あーこれからどうしよっかなって帰り道にふと思ったりもする。

でも彼の思いはわからないけれど、もう何ヶ月も連絡を取っていないと、いくら旦那でもその存在は軽くなっていく。

乱暴な言い方をしてしまうと、離婚しようがしまいが、私の苗字が変わるくらいで今の生活には変わりがないのだ。

2人でよく聴いていた歌や、彼が好きだったものを見るとふと思い出す。

あ、そうだ私結婚してたんだ、って。

あんなに毎日悩んでいたのに、忘れてしまう日が来るとは思わなかった。

彼と分かり合えないのなら生きている意味なんてないような気がしていたのにな。

いつかははっきりしなきゃいけないんだろうなぁと思いつつ、なんでも問題先延ばしにしてきた私たちは籍を入れたまま別々に生活をしている。

第3に、やっぱりセックスレスよくない、と再認識したこと

私たち夫婦にはセックスレスけが問題ではなく、その他にも問題はたくさんあったのだけど、別居当初の話し合いで彼はいくつもの解決策を提示してくれた。

その内容は、たぶん私がこれから先どんな手を使っても手に入らないような、私にとって都合の良い条件だった。

軽々しいことを言わない彼の性格から、本当にその条件を飲むつもりで提示したのだというのも想像できた。

今戻れば、私にとっては都合の良い楽な生活が待っている。

打算的だと言われようと、生活に疲れていた私には魅力的にも思えた。

でも、どうしても、

復縁想像した時に彼と抱き合う自分想像できなかった。

セックスレスで悩んでいたのに、だ。

望んでいたものが手に入る。

でもそれは私が望んでいたものではないような気がした。

失いたくないからセックスする?

さらどんな顔して抱かれればいいの?

どうしてもそう思ってしま自分がいた。

セックスしたい。

他の誰でもない、自分配偶者と。

それが叶わない苦しみと恨みで、きっと私は彼への愛情を食べつくししまったんだろうな。

彼がセックスしない理由はわからない。

本当のところ、彼にもわからないのかもしれない。

もう少し早くに2人で向き合っていれば。

何かが変わったのかもしれない。

ももうどうやっても、私が世界で一番抱かれたくないのが彼なのだ

セックスレスで悩みながらも、解決策が見つからないまま、一緒に住んでいるのだから、いつか解決する日が来るか、その前に欲求が枯れてしまうのかな、なんて考えていた、

最後最後に、こうしてセックスレスが目の前に立ち塞がる日がくるなんてな。

肌のふれあい大事自分が思うよりずっと。

そのほかにも、なんでも1人で解決しなきゃいけないとか、体調崩すと心細いとか、私はペーパードライバーなので遠出できないとか、別居してみて、あ、不便だな、とか、大事にしてくれてたんだな、と感じる瞬間がうんざりするほどあった。

できることなら彼と一緒に幸せになりたかった。

そう強く思う反面、今の私たちではもう一緒に幸せになれないんだなと実感する。

好きだからセックスたかった。

好きだからセックスできないことが辛かった。

一番抱かれたい人が、一番抱かれたくない人。

何度考えてみても揺るがないその思いを抱えて、まだ慣れないマンションのドアを開けて仕事へ行く。

泣きわめきもしないし、食欲もある。

たくさん笑えてるし、新しい環境にも慣れた。

夜眠りにつく前に真っ暗な部屋で、ずいぶん遠い場所に来てしまったのだな、とぼんやりと思ったりもする。

自分がいなくなった部屋で1人暮らす彼を思ったりもする。

それもきっと、いつか忘れてしまうのだろうな。

取り返しのつかないことが夫婦にはあるんだ。

その当たり前のような事実を私は知らなかった。

タイムマシンがあれば、私は絶対出会った頃の彼に会いに行く。

彼は嫌がるだろうが、私はあの頃の彼に抱かれたい。

から離婚してほしいって言っても、理解してもらえないんだろうな。

だめな19歳、だめな29歳

なんにも言い訳できない。わたし10歳上のお客さんと恋に落ちてしまった。しかも薬指に指輪をはめた。最初は苦手意識が強かった。顔がよくて背が高くて仕事もできる。人当たりもよくて奥さん悪口も言わない。完璧な男に偏見を抱いてしまわたしはどうせちやほやされてんだろ、ぐらいに思ってた。でも今となれば不思議記憶に残ってることが多かった。かなり酔っ払って店にきた日。わたしは席につかなかったけど、ソファーに体沈めてぼけーっとしてる姿みて、じゃあ店にくんなよとか思ったっけな。そのとき愛情の裏返しとかじゃなくてほんとに嫌だったのに気づいたらこんなよくわかんない関係なっちゃったな。あの頃が懐かしい。薄い記憶の中にいる、大嫌いだったあなたの影を見つけてはなぜかその頃に戻りたくなる。今はあなた会社の人と店に来るとき赤の他人のふりして話すけど、それももう飽きたしな。本当に他人だった私たちを思うと燃える奥さんが魚焼いてくれて食べた、とかそんな話ししたね。今じゃ、あってないものだとしてるからそんな話できないね。最低だ。こんな仕事してること、こんな関係持ってること、お父さんとお母さんに謝りたい。魚を焼いてくれるあなた可愛い奥さんにも。あとお店のマスターにも。ごめん。でも好きみたい。腹立つことも増えたけど好きみたい。向こうのことは全くわかんないけど。他にも女の子がいるのかもしれないけど。わたしはいないと信じてるよ。そもそも私のじゃないのにね。正確に言えばこれは恋じゃないとわかってる。ただの欲を満たすだけの手段だと。もうあとはこのまま朽ちていくだけなのに、あなたの人柄の良さがそうさせてくれない。ずるい。

2019-03-19

https://anond.hatelabo.jp/20190319214358

私たち夫婦はお互いの浮気公認しています!」とか言う人妻や、ポリアモリー実践している女性ことなんかは「なんて進歩的自由なんだ!」って言って称賛するくせに、男が同じことを言うと非難の嵐。結局、みんな発言者性別を見ていて、発言の中身は見ていないんだよね。

https://mstdn.jp/@MasudaKotatsu/101655607323377411

anond:20190318144728

しかフェミニズム指導者だって、「私たちは怒っていい」みたいに封印を解き放つスローガンを高らかに掲げてきたんだからな。

怒っていい対象とそうじゃない対象を分けろと、今更ブレーキをかけたところで遅い。

せめて最初から感情よりも論理に訴えるスローガンにすべきだった。

2019-03-18

アラサー女が高校時代にお付き合いした女の子との思い出を語る

私はアラサー女のBです。

私が最初に本気で好きになった人は女性でした。その女性Aについての話をしていきたい思います

Aと出会ったのは高校部活でした。

入部者のほとんどが中学から経験であるなかで、私とAは高校から始める初心者でした。私たち初心者同士で一緒に練習するうちに仲良くなっていきました。

入学して最初の夏、我が部活の1年女子の間ではキスするのがブーム(?)になっていました。それも練習場とか部室とかみんないる所でスキンシップの一貫みたいな感じで。(女子ってわりとスキンシップするものじゃないですか…キスはやりすぎだと思うけど)。私は別にされるのは構わない(どっちかというと嬉しい)んだけど小恥ずかしいので自分からキスするなんてできませんでした。

そのキスブームの頃、初心者むけの大会に向けてAと私は練習していました。その最中「Bからキスしたことないよね。もしお互い大会で勝てたらBからキスして」という約束しました。みんなとする遊びのキス認識だったので、いいよーしてあげるって普通に約束しました。

で、お互い大会で見事勝ちまして、約束を果たすことになりました。

さていつしようか、みんながいるところでするのは恥ずかしいから無理…。ということで部活が終わってから帰るまでに部室で着替えたりおしゃべりしたりする時間があるから、その間に二人でトイレに行くって抜け出して、誰もいない夜の校舎でキスしよう、ということになりました。

当日…無事抜け出してダッシュで校舎を上がっていって人気のない階段そばキスしました、約束通り私から自分からするのは初めてだったし恥ずかしいし緊張するしなんか笑えてきちゃうしで、お互いの歯が当たっちゃったり上手くできなかったです…。

下手でもとりあえずキスたから部室に戻ろうかって廊下を歩いていたら、「さっきはうまくできなかったら、やっぱりもう一回ちゃんとしたい」的なことをAに言われた気がします。そこで今度は空いてる教室に入って、二回目のキスしました。今度はちゃんと唇にできました。キスが終わり無言のまま抱きしめ合っていると段々と「女同士だけどキスしちゃった、これからどうなるんだろう……」と急に不安なのかなんなのかモヤモヤした気持ちになってきました。女同士でのキスって他の部活友達ともやってきたことだけれど、Aとのキスは明らかに遊びやおふざけではなくて、真剣ものだったから、こんな気持ちになったんでしょうね。

何事もなかったように部室に戻るのに成功し、そのままその日は帰宅帰宅後Aからメールが着ました。「ようやく今日できたね。すっごいドキドキした。今度はもうちょい真面目にしたいなぁ…。」と。Aはまたしたいと思ってるんだと知って嬉しいというよりもこれから私たち関係はどうなるんだろうってドキドキしてたと思います。そして、真面目に、とは…。こうして二人の秘密関係が始まりました。

2019-03-16

好きな作詞家作曲家夫婦がいた。

そのときわたしはまだローティーンで、

女優志願の友人とお小遣いをためては、お芝居を観にいったり、

名画座映画を観たりもしてた(昼間ね。お芝居もマチネがある)

今日査定だしたアイドル女性のVideoは、普通は私より年上の男性が欲しがるようなものかもしれない。

私がそれを持っているのは、

好きな作詞家作曲家のご夫婦プロデュースさなっていたからだ。もちろんCDも持っている。

なのでCDは売らない。

アイドル男の子にキャーキャーいう10代を送っていないけど

他にもこの作詞家作曲家のご夫婦プロデュースアイドル歌手のものはほぼ完ぺきに持っている。

言の葉の美しい迷路をたどり、このままさまよっていたいような、

小説映画の中のような物語のなかで、音楽が聞こえる。

私の10代はそんな風であった。

たいがいこの作詞家作曲家のご夫婦ファン層はもっと年長だ。

でも私と友人はそれに熱狂していた。とても楽しかった。

プロデュースされたアイドルなども、たいがい好きになって、応援もしていたなぁ。

みんな違ってていいんだ。私たちはそれを知っていた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん