「現実的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現実的とは

2018-08-14

anond:20180814135609

けど結婚した時家事育児すらままならず男に助けを求めるのがまんさんだよね

みえはる事ばっか得意だから現実的仕事こなせない無能なのがまんさんだよね

2018-08-13

anond:20180813145826

そうだね、発達障害で異常なのかもね。

で、異常だったとして、どうすればいいという意見なの?社会で受け入れる以外に対処法ある?真面目な話。

発達障害者は、健常者からも5%ぐらい、20人に1人の確率で生まれてくるよ?

ダウン症みたいな遺伝子疾患と違って、発達障害妊娠中の検査では全く発見できないよ?育つまでわからないよ?

治療すれば治ると思ってるの?現在の所、対症療法の薬や訓練はあるけど、完治させる方法はないよ?成長に従って何割かは自然に治るけど、半数は一生治らないよ?

で、彼らの治療費誰が払うの?国?国はよっぽど重度の奴しか助けないよ?はっきり言って、ファミレスで騒ぐ程度の軽度で、まだ子供でほっといても治る可能性あるなら、医者に行っても薬も何も出されず、「様子見ましょうか」で終わりだよ?

子供は薬に敏感だし、副作用悪化したり後遺症残ったりする可能性あるよ?

そもそも発達障害医者にかかるのどれだけ大変だと思ってるの?東京大阪大都市圏しかいないよ、そんな医者。いても、基本はすでに予約がいっぱい、何ヶ月も予約取れない。当たり前だよね、発達障害者は体は元気だから力強いやつもいるし、患者によっては「あんたがあの時あの薬を出したから、俺の障害はかえって悪くなった」みたいに逆恨みするやつもいるよ。精神科医患者選ぶか、話聞くだけなら恨まれないこと多いから薬出さないか、どっちかになる。

というわけで、子供精神科医に連れてったとしても、ファミレスで騒ぐ程度なら「それだけじゃ発達障害かわかりません」「様子を見ましょう」が大半。

発達障害っぽい子供強制的医者にかからせる制度にする?それ、医者人件費財源どこ?医者にかからせたとして、薬出して治療する?

患者本人の選択なら副作用後遺症自己責任だけど、国が強制的に…ということであれば、後遺症起きた人は絶対後で薬害裁判起こすよ?

え、治療する気ない?発達障害者は国民じゃない、殺したり、国外追放してもいい事にする?

それ、憲法違反だよね。現実問題憲法変えないとできないよ。この国、70年かけて改憲できてないけど、あなた改憲頑張れる?

え、改憲なんかいらない?とにかくそういう制度にする?それ、クーデターだよね。あなた発達障害者のためにクーデター起こすの?

…と考えていくと、受け入れる以外に現実的な方法はない、と考えるのが普通だと思うけど、あなた普通じゃないんだね。普通思考をしてないよ?

かわいそう。普通に考えればいいだけなのに。

現実問題として飛行機新幹線

隣の席にギャン泣きするクソガキがいたらどうするのが良いの?

耐えられる気がしないんだけど

くれぐれも現実的な解法求む

「お前のような奴は公共交通機関を利用するな」といったクソのような寝言不要

anond:20180812100223

そんなに名前に拘るのであれば現実的な解は事実婚しかないと思う。法改正が「正しい」解決だけど今すぐは無理だろうからね。

いずれにせよ、自分でこうなることが分かってる道を進んで後から愚痴る神経は理解できない。

2018-08-12

https://anond.hatelabo.jp/20180812183113

 そんなもんどうでもいいんだよ。東大に入れたというだけで結果出す出せないに

かかわらず仲間意識があって、同朋は守るという思考がないと非現実的

そういうのがないから、今の東大卒はダメなんだよ

あの、真夏の熾烈な受験競争勝利し、東大生として選抜されたという仲間意識

俺らの知識で、東大に入れなかった雑魚どもを制圧するのだ、という性欲が枯渇

しているから、今の30代の東大卒は人生が終わっていると言っている

北朝鮮建国

北朝鮮建国について旧日本軍説があった。面白いとは思うけど、非現実的だと思った。

北朝鮮ソ連中国バックアップして作られた国。

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.youtube.com/watch?v=obqIOmasKNU

北朝鮮大日本帝国が立てた国らしいと陰謀論を語る人だった

ナチスの残党が南米に逃れたという話と同様に、旧日本軍の残党が北朝鮮に潜伏した、という考え方はあながち否定できないが、朝鮮人側の利益説明できないよね?

なぜネットで博識ぶってるお前らは算数が出来ないのか問題

エアコン電気代くらい自分計算できないで信じるだのあり得ないだの何故まいどまいど喧々囂々なるのか

エアコン一台の消費電力が100W〜1kWで定格が約500W

 1kWh27円とすれば24時間30日で2000円〜2万円、ふつう1万円以下(2万とかなるのはエアコンが部屋に合ってないということ)

 断熱や日当りを考慮すれば特にマンションの中層階中部屋なら5000円以下は十分現実的

以上……というだけの簡単算数で納得できない自称情強ども

本当に呆れてくる

お前らの知能は完全に並以下だよ

勘違いすんな

2018-08-11

エロマンガの非現実的酒池肉林淫乱放蕩精神薄弱ぶりに、こんなのありえないと失笑していたが

これはセックスというファンタジーロールプレイだと考えたら全てに納得した

できるとかできないじゃない、セックスというファンタジーなんだ

http://blogos.com/article/317015/

例えば次の一文を取ってもこの人がシステムというものを何も理解できていないことが分かる。

コンピュータは考え得る限りの状況をテストしてから製品となり、日時を扱うシステムなら「2100年に2月29日はあるか」という処理までチェックするものです。」

テスト実施には、時間費用人材などのリソース必要だ。

リソース無限にあるなら「考え得る限りの状況をテスト」することが可能だが、実際のリソースは有限だ。

極論すれば、1万年後、10万年後までのテストをするのか、考えてみるとよい。

また、テストには局面というものがある。

「日時を扱う」処理はライブラリにするのが普通だ。

ライブラリ単体テストでは、「2100年に2月29日はあるか」というテストを行うかもしれない。

しかし、結合テストシステムテストテスト局面が進むたびに、いちいち「2100年に2月29日はあるか」というテストを行うと、テストケースが爆発的に増えてしまい、これも現実的ではない。

「2100年に2月29日はあるか」というケースは、ライブラリ単位では保証されるかもしれないが、システム全体として保証されることはまずありえない。

anond:20180811121957

現実的不可能なことを過半数が賛成しているからという理由で断行するの?

お前らみたいなバカ集団自殺に付き合ってらんないってことなんだけど。

anond:20180810211812

戦争反対!と大きな声で言っていれば何かをやり遂げた気になる洗脳かな。戦争反対教かなと。

現実的に何ひとつ使えもしない思想で凝り固まって戦死するというのが最終目的みたいだけど。

いやそれは望まないというならどうすんの?

誰も考えてないならそうなるしかないじゃんね。

この日をきっかけに歴史再確認して何がやれるかやらなければならないかを考えましょうと。

それでもやっぱり戦争反対!と大きな声で言いましょう、

ということになるならもうういいかな。

戦争しちゃえば?

2018-08-10

anond:20180810084045

監視技術が発達した現代社会で法を犯してまで覚醒剤大麻を求める人がいるなんて非現実的だと思う

[]2018年8月9日木曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
006610813163.861.5
01536532123.241
02204259213.0127.5
031162256.539
04181986110.328
0513112086.266
06232842123.656
07294825166.454
08445256119.573
0992792886.261.5
1017117614103.067
112142022494.550
1213614551107.060
1311011805107.344.5
14507602152.057.5
151461391195.353.5
1613518505137.135
178412564149.636.5
18105898685.637
1979778898.640
209210431113.435
2110011871118.737.5
221321287897.637.5
2314420119139.739
1日2067235032113.748

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(210), 自分(186), 女(148), 男(127), 増田(126), 話(120), 今(93), 問題(93), 女性(90), 仕事(85), 人間(69), 前(67), あと(65), 結婚(65), 好き(65), 必要(61), 男性(61), ー(61), 婚(60), 相手(59), 普通(58), 意味(54), 関係(51), 痴漢(47), 金(47), 日本(46), 社会(46), 感じ(45), 気(45), 理由(45), しない(44), 気持ち(41), 理解(41), 他(40), 家事(39), 女性専用車両(39), 下方(38), 別(37), 最初(37), 絶対(36), 無理(36), 子供(36), 収入(36), レベル(36), 他人(36), 言葉(35), 車両(35), 可能性(34), 結局(34), 逆(34), 全部(33), 差別(33), 時間(33), 手(33), 頭(32), 今日(31), 周り(31), 人生(30), 結果(29), 馬鹿(29), 昔(29), ただ(29), 事実(28), 嫌(28), 会社(28), カジノ(28), 顔(27), サービス(27), 場合(26), 夫(26), 子(25), 全員(25), お金(25), ネット(25), じゃなくて(25), 心(24), 誰か(24), 目(24), 解決(24), 最近(23), 時代(23), 想像(23), 企業(23), キャラ(23), 生活(23), イベント(23), 専用(22), 程度(22), 反対(22), 完全(22), 状況(22), 情報(22), 声(21), 先(21), 世の中(21), 記事(21), 親(21), 大学(21), 自体(20), 判断(20), しよう(20), 内容(20), 一つ(20), 環境(20), 先生(20), 余裕(20), おっさん(20), 女子(20), 世界(20)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(126), 日本(46), 女性専用車両(39), 可能性(34), じゃなくて(25), アスペ(16), アメリカ(16), 東京(16), 個人的(15), IT(14), 男性専用車両(14), アスペルガー(13), 何度(13), …。(12), 元増田(12), いない(12), コミケ(12), プリパラ(11), LGBT(11), IQ(11), イケメン(11), なのか(11), 統計的(11), にも(11), かもしれん(11), 痴漢冤罪(11), なんだろう(11), マジで(10), 夫婦(10), ブログ(10), 精神的(10), 一般的(9), 1人(9), わからん(9), JK(9), 安倍総理(9), OK(9), 笑(9), 10年(8), 沖縄(8), ニート(8), 監視カメラ(8), -3(8), 定期的(8), なんの(8), ツイッター(8), 抱き枕カバー(7), 翁長知事(7), 上の(7), vtuber(7), 1週間(7), 普通に(7), エビデンス(7), いいんじゃない(7), キモ(7), 2人(7), アレ(7), 発達障害(7), スマホ(7), 裏口入学(7), 犯罪者(6), 関係性(6), 韓国(6), チンコ(6), post(6), あいつら(6), 1年(6), 論理的思考力(6), peek-a-boo(6), 長時間労働(6), 学生時代(6), 社会的(6), ブコメ(6), 1日(6), 脳内(6), トラバ(6), 被害者(6), お酒(6), love(6), 高収入(6), .s(6), 経営者(6), hatena(6), ???(6), ワイ(6), 結婚相手(6), 中国(6), スペック(5), 関西(5), 18禁(5), ぶっちゃけ(5), 価値観(5), 高さ(5), 一緒に(5), 抱き枕(5), 労働環境(5), 最終的(5), 分からん(5), 等(5), 婚活(5), ちえ(5), 優先順位(5), 3年(5), 根本的(5), メンヘラ(5), s(5), リアル(5), 自民党(5), バズ(5), Twitter(5), B(5), 3人(5), きれいな(5), 2週間(5), 5年(5), 現実的(5), ネタバレ(5), ネトウヨ(5), 労働者(5), 満員電車(5), 基本的(5), 昭和(5), ADHD(5), ワロタ(5)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

うんち (8), にゃーん😺 (2), 同意。 (2), ニコ生さんかわいそう (2), 関西以外でも「イキってんじゃねーぞ」(2)

頻出トラックバック先(簡易)

IQ100未満は死滅させるボタン /20180808164408(26), ■ /20180809140700(12), ■誰か、これを言葉表現してくれないか? /20180808163742(9), ■31素人童貞が、2ちゃんねる画像自動まとめサイト作ってみた。 /20180808191038(9), ■肩にあいてる服 /20180809145537(8), ■この帰省旦那自己中さを義両親に伝えたい /20180809124547(8), ■ダンナ家事しないと言う女は全員自業自得 /20180808192022(7), ■数学って本当に論理的思考力鍛えられる? /20180809175542(7), ■クーラーがなくて死にそう /20180809210619(7), ■ /20180809215345(6), ■一緒に旅行してる友人が浮気してるんだけど /20180809071327(6), ■私は普通にしているのだけれど、 /20180809011534(6), ■人と話したいか長距離バスに乗ったよ /20180809165711(6), ■なんで本をわざわざ印刷するの? /20180809193726(6), ■どうしても思い出せない用語を教えて【お礼追記】 /20180809162537(6), ■何でベーシックインカム否定され続けるの? /20180809183709(6), ■仏教って論理破綻してるよね /20180808205741(5), ■家族がクソむかつく /20180808230804(5), ■anond20180809095531 /20180809100121(4), ■今まで釣りとかやったことないんですが、よろしくお願いします! /20180808215940(4), ■anond20180809164722 /20180809165117(4), ■医師にもランク制が必要だよな /20180808082921(4), ■中古車ってなんでヒサシがついてないんだろ /20180809091054(4), ■anond20180809013525 /20180809014203(4), ■人が死んだときぐらい、罵声を止められないのか? /20180809003004(4), ■anond20180809223354 /20180809224321(4), ■医者増田を書いてわかったこと /20180809230040(4), ■「デレステミリシタの比較」に対する批判 /20180809201730(4), ■東京には台風すら避けていくなにかあるの? /20180808220015(4), ■ /20180809104909(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5485417(2598)

2018-08-09

医者増田を書いてわかったこ

東京医大の女子減点問題について、いち小児科医が思うこと

優秀な医者とそうでない医者の違い

を書いた増田です。すいません、この2つですが、書いたのは実は同じ増田です。


どのくらい反響があるかを前の増田の影響がない状態で見てみたかったので、2つめはあえて文体を変えて書いてみました。

ばれるかなと思ってドキドキしていたので、今のところ同一人物じゃないかという指摘がなくて良かったです。


今回、東京医大事件によって、医療界が抱えている大きな歪みが一般の人の前にも明るみに出たので、いい機会だと思って普段なんとなく考えていることを文章化してみました。

読み返してみると2つとも無駄に長いですね。

現代医者の性かもしれませんが、できるだけ状況を丁寧に説明して相手選択してもらうような考えが染みついてしまっているので、ぐずぐずまとまりのない文章になってしまいました。

まぁ、もともとまどろっこしい性格なのですが。

こんな長い文章なのに、多くの人に読んでブックマークしてもらってうれしかったです。

あんなにたくさんの増田がある中で拾われるなんて、増田ウォッチャーの方は本当にすごいですね。


たくさんいただいたブックマークコメントを読んで感じたのは、やはり医療現場の外にいる人に医療現場のことをわかってもらうのは難しいということです。

別にすべての人にわかって欲しくて書いた訳ではないですが、中にいる人間としては、そんなに単純な話ではないんですと思うコメントもたくさんありました。単純に私の伝える力がヘボいだけかもしれませんが。

その現場の中にいる人にしかからない空気感があるというのはどの分野でもある程度同じだとは思いますが、病院はどうしても病気の人と病気を治す人という特殊かつ閉じられた環境になってしまうので難しいです。

風通しを良くするために、他力本願で大変申し訳ないですが、こうすればいいという考えを持たれている、他の分野、特にはてなユーザーに多数いらっしゃるであろうITエンジニアの皆様におかれましては、ぜひ病院という環境に飛び込んで、自分の分野を活かした医療環境改善プラン提案していただきたいものです。

ニーズは非常に高いので、ビジネスチャンスはたくさん転がっていると思いますし、なにより実際に環境改善されれば現場人間に非常に喜ばれると思います

さらに、現場環境改善はそのまま患者さんに提供する医療の質の向上につながります

みんな大喜びです。

可能であれば医師から何か提案したいところなのですが、医師特にマネージメントに関わるような立場にある医師は、結局その技術で何ができるのかと言うことまでキャッチアップできていないことが多いので、そもそも活用法を思いつきません。「IT活用して何とかして」とか言われたらみんな困るでしょう。

医療者がAIも含めたITリテラシーを高めるのと合わせて、IT側もビジネスチャンスと考えて積極的医療に関わり、その高い技術力を活かしてもらいたいものです。


偉そうなこと言ってないでお前も何とかしろよと言われそうですが、卒後10年弱で中堅に入りかかった程度の小児科医としては、増田を書いて少しでも理解裾野を広げることと、自分の周りの環境を何とか良くする程度しかできることがないのがつらいところです。

早く偉くなって自分の影響力が及ぶ範囲を広げたい。


最後に、前2つの記事ではできるだけフラット立場で読んで欲しかったので、自分の考えをあまり書きませんでしたが、「結局増田解決法についてどう考えるの?」というコメントをいくつかいただいていましたので、自分の考えを書いておきます

前もって断っておきますが、例のごとく非常に長いです。すいません。


医学部入試について>

今回の事件に限らず医学部入試に黒い噂がつきものなのは大学医学部医学科に入学した人のほとんどが医者になるという現状が原因で、これが諸悪の根源です。

まり入試不正をなくすためには、ほぼ入学ゴールという現状を変えなければいけません。

すなわち、医学部入学者を増やして医師教育入り口である医学部入学の門戸を広げて、代わりに国家試験という出口で医師の数を調整する、という方法です。

大学医学部に入れたところで医師になれるかどうかはその後の自分次第なので、不正をしてまで入学するメリットは大幅に減ります

出口を国家試験にしてしまえば試験による不正基本的には起こらないはずです。(このご時世なので何があるかはわかりませんが)

現行のペーパーテストのみの国家試験をより実践的なものに変更する改革と合わせれば、現場に出る医師レベルもある程度保証できるはずです。

国家試験受験者の大多数が合格できる試験でなくなり、さらにより実践的なものになれば、各大学間で合格率に大きな差が出ることになると思いますし、大学間での競争活性化されて問題のある大学は淘汰されていく流れになるかもしれません。学生競争さらされてしっかり勉強するようになるでしょう。

さらに、医学教育の出口で医師の人数を調整することにより、入り口で調整している現在より速いスピード医師需要の増減に対応できるようになります


問題点としては、医師になる教育を受けたのに医師になれない人が多く発生することです。タイミングによっては、氷河期みたいな現象が起きてしまうかもしれません。

医学生にとっては、大学に入ってしまえばほぼ医者になれる現状に比べてかなり厳しい状況ですが、世の大学生や大学院生たちは、就職においてかなり熾烈な競争を行っているようですので、現状が甘やかされすぎです。

ただ、医師になれなかった学生の受け皿は必要です。医師に準ずる知識技術を持った非医療職というのはある程度の需要があるとは思いますが、どこまで一般企業などがそういった人材を、しか国家試験に落ちてしまった人材を欲してくれるかは疑問です。

医師みたいな資格を作って病院で働くというのも一つかもしれませんが、どういった制度設計にするかは十分な議論必要です。

とにかく、国家試験に落ちてしまってもすべて自己責任としてしまうのは今の日本ではちょっと受け入れ難いと思いますし、この辺りは検討余地が多数残っています

他の問題点としては、やはり大学負担が増えることでしょうか。

大学時代によく言われたことですが、医者を一人育てるのにはお金を含めた莫大なコストがかかっているそうです。

国公立大学言わずもがなで多大な税金が投入されていますし、私立大学でもある程度は学生授業料でまかなわれているものの、少なくない税金が投入されています

その税金を、医師教育として医者にならない(なれない)人のために払うべきなのかというのは議論が分かれるところだと思います

国公立大学でも学生負担を増やすのは一案だと思いますが、結局お金持ちしか医師になれなくなっては本末転倒ですし、アメリカのように借金してでも大学に入ったのはいものの、最終的に医者になれなかったのでは救いのかけらもありません。

つの時代お金の話は悩ましいものです。

また、お金だけでなく人的なコストも増大します。

現状では大学教員診療教育研究を一手に引き受けており、学会活動なども含めて多忙を極めています

ただでさえ手薄な教育なのに、これ以上にリソースを割けと言われると行き着く先は地獄です。

解決策は大学教員を増員して診療教育研究のうち得意な分野に専念させることですが、そんなことができるお金のある大学日本には存在しないでしょう。

やっぱり先立つものは金です。

国民の皆さんに納得していただいて増税するしかありません。


医師労働環境改善について>

最初増田に書いたように、医師労働環境改善女性だけの問題でなく、今後は男性医師にとっても重要問題となってきます

特別女性が働きやす環境を作る必要はなく、性別関係なく医師が働きやす環境を作れば、その結果として女性もあまり無理なく働ける環境になると私は考えています

そのためには、賢明なるはてなユーザー諸氏と同様に、医師の数を増やし、医師業務を他の職種移譲できるもの移譲し、病棟業務については複数主治医制にすることが基本的には必要だと思っています


この3つのうち根本的かつ最も強力な改善策は医師の増員だと思うのですが、いかんせん現在制度では増やそうと思ってもどうしても10年近いタイムラグが生じてしまます

軍隊みたいに予備役みたいな制度があればいいんですが、医師に関してそんなバッファーを用意できるほどこの世の中に余裕はありません。

増えた頃にはAI進歩によって劇的に医師業務スリム化されていて、既に多くの医師が用なしになっているという未来も想定しておかなければいけないことを考えると、現実的には、今から医師を増やすよりはAI進歩を待つ方が良いのではないか個人的には思います。非常に悩ましいところです。

また、医師を増員する場合は、増員した医師診療科と勤務先が偏ってしまうと増やす意味がないので、国家試験の成績など何らかの形でそれらを制限する仕組みが必須です。

しろ医師を増やさな場合でも、今後の医療においてこの仕組みは必須になってくる可能性が高いでしょう。

これから医師を目指す学生諸君にとってはこれも厳しい話ですが、医者が好きなように診療科と勤務地を選べる時代は終わったと諦めるしかありません。


医師の増員についての問題点は、やはり人件費です。

業務量の減少に合わせて個々の医師給与は減ることになると思いますが、総量規制で「人数を倍にしてやるから給料半分な」というのはさすがに厳しいですし、それなりの人件費の増加は免れないでしょう。

また、上にも書いたように医師を増やすことで大学の育成のコストも増加します。

やっぱり先立つものは金です。

私の給料が減ることについては生活に困らない程度までは我慢しますので、国民の皆さんにも納得していただいて、増税のうえ健康保険料の値上げと医療費の自己負担割合を上げさせてもらうしかありません。


医師業務を他の職種移譲することについては、現在も徐々に進んできていると思いますが、現在既に忙しく働いている医療者に業務移譲しても仕方ないので、やはり追加の人員を確保することが問題となります

医師を雇うよりは人件費は抑えられると思いますが、日本全体で考えれば結構人件費の増加になるでしょう。

また、処置にせよ事務仕事にせよ、医師負担を減らせる程度までの業務移譲するためには、相手にもそれ相応の医療知識技術必要です。

その教育や育成にも金銭的・人的コストがかかります。やはり先立つものは金ですね。

カネカネ言い過ぎて、賢明なるはてなユーザー諸氏に「医療現場問題は放っておこう」と思われないか心配になってきました。

とは言え、退院マリを書けるくらいの医療知識と高い事務能力を備えた人材がいれば、病院においては引く手数多だと思うので、そういった人材を育成して派遣する会社を作れば儲かりそうです。実はビジネスチャンスなのかもしれません。


複数主治医制についても基本的に賛成です。医師がある程度安心して病院を離れるためには必要制度だと思います

ただ、患者さん側の理解必須です。

主治医団のメンバーすべてが同様の能力を持っている訳ではないこと」、「チームのメンバーのうちA医師にはできることがB医師やC医師にはできないこともあること」、「緊急時を始めとして常に望む相手診療が受けられるわけではないこと」。

理性的はてなユーザーの皆様には理解しがたいことかもしれませんが、この当たり前とも思えることを納得して受け入れてもらうことすら難しいのが医療現場の現状です。

2つめの増田に書いたシチュエーションはほぼ実話で、同じようなことは重症度は違えど年に数回は起こります複数主治医制での別の主治医とではなく、当直医との間においてですが。

もちろん、実際の状況はあんなに単純ではないので、自分主治医側の場合もあれば当直医側のこともあります

私は小児科医なので、実際に起こっていると言うことは、あの場で急変しているのは子どもです。生後1ヶ月に満たない赤ちゃんのこともありますし、中学生のこともあります

いずれにせよ、急変した我が子を見て、このまま我が子が死んでしまうかもしれないと言う状況で「これも運だから仕方ない」と冷静でいられる人はいません。A医師を呼んで状況が改善する可能性があるのだったら「A先生を呼んで!」と言わない親は現実はいません。そんな親はみたことがありません。

別にそれが悪いと言っている訳ではありません。自分がその親の立場だったら言ってしまうと思います

ただ、その希望が常に叶えられるものではないことくらいは理解して受け入れてもらうのが、複数主治医制が根付くために必要な前提条件だと思っています

簡単そうに思えるかもしれませんが、現場においては本当に難しいことです。

患者さんやその家族が、多くのはてなユーザーの皆さんのように、正しさのためならC先生我慢するか、と思える方ばかりならいいのですが。

この前提条件が成り立たない状態複数主治医制を実施すると、前の増田に書いたようなことになって、優秀な医師病院を離れられない空気感ができあがりA医師疲弊するだけです。

また、複数主治医制を機能させるためには、どうしても1つの医療機関にそれなりの数の医師を集めなければいけません。

上にも書いたように、医師の増員にはどうしても時間がかかるので、さし当たっては医療機関の集約化を行うしかありません。

中規模の病院を中心に統廃合が行われた結果、中規模以上の医療機関へのアクセス悪化し、患者さん側にはご負担をおかけすることになると思います


医師労働環境改善のための患者さん側の理解という点では、医師時間外の仕事を増やさないように協力していただくことも重要です。

夜間・休日不要不急の受診を控える、平日の日中以外に病状説明求めない、この2点で小児科医の労働環境結構改善すると思います

子ども医療費の自己負担額は多くの自治体でただ同然なので、その受診人件費を含めてどれくらいのコストがかかっているか無頓着な方が少なからずおられます

金銭的・時間的にアクセスが容易だから夜間・休日でもとりあえず受診しておこうという姿勢は、上に書いたように医療費の高騰や医療機関の集約化を通してその容易なアクセス崩壊させ、結果的に自らの首を絞めます

もちろんどうしようか非常に迷った上で受診して、ひどく申し訳なさそうに診察室に入ってこられる保護者の方もたくさんいますし、小児科に関しては子どもことなので、もちろん心配であれば夜間でも日曜でも受診してもらったらいいのですけどね。


AIについて>

AIは将来的に医療の様々な分野において医師業務を助けてくれる存在になると思いますしかAIの素晴らしいところは、いったん開発してしまえば計算機電気さえ食べさせていれば文句を言わずに働いてくれるところです。もちろんメンテナンス必要ですが。

上に何度も書いたように、先立つものは金というこの世知辛い世の中において、人件費がネックにならないのは非常にありがたい存在です。

咽頭画像撮影して、その画像からインフルエンザかどうかを診断するAIを作っているベンチャー記事をどこかで読んだ気がしますが、そういった特定の疾患かどうかを診断するようなAIは実現が間近のようです。

一方で、多くの人がAI診療と言われて思い浮かべるような、患者情報インプットすることで自動的に診断や治療法などをアウトプットしてくれる夢のようなAIはまだまだ実現は遠そうです。

そういったAIを実現するための最大の課題は、我々医師が診察の現場において収集している情報のうち数値化や言語化が難しい情報を、どのように計算機 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

anond:20180809151124

女性専用車両女性だけかよ不公平じゃんって怒ってるんじゃなかったの?

男性専用車両を同数作られるなら増田はそれを使えば痴漢冤罪痴女からは逃れられるし公平では?

何か論旨が変わってきてるよ、自衛できるできないとかの話じゃなくて現実的な話で

自衛しても痴漢冤罪ふっかけられる男はいるかもしれない、痴女被害に遭う男もいるかもしれない

痴漢被害も同様に自衛してても逃れるのが難しいこともある、ってのは混雑具合知ってれば分かるよな

anond:20180809144603

からすると電車通勤/通学する限り男女とわず無関係な人って厳密にはいないと思うよ

いつ痴漢に遭うかもしれないし、痴女に遭うかもしれないし、痴漢冤罪ふっかけられるかもしれないしな

もしかして増田って男子校だったり女のきょうだいいなかったりする?

うちは姉と妹いたかスカートぶっかけられたりセーラー服の胸のとこ切られたりとかあったし

共学だからときどきクラス女子痴漢に遭って遅刻して来たりしたの見て知ってるだけだけど

痴漢は実際かなりの頻度でやらかしてるし痴漢から逃げられる車両必要だろうなと思ってる

増田はそれが不公平だって話だから、さしあたって公平にするためには鉄道会社にかけあって

男性専用車両も同数作らせるってのが現実的だし男の方にもベネフィットあるから言ってみた

増田商業施設トイレの数のこと言ったからそこから思いついただけだけどね

いいね増田、意外といいかも?男性専用車両

増田は使うだろうし他にも痴漢冤罪心配な人とか多いから喜ばれるかもしれん

anond:20180809115819

というかもう、

まずはじめに都市計画として、大規模な国際展示場が国際都市としてしっかり構えられるぐらいに

計画を行うべきであった、という段階であって、

現実的に今からどうこうできないのでは感があるよこれ。

anond:20180809101734

女性労働進出って言われてるけど、働いてる女のうち6割以上が年収300万以下。就業率が上がってもワープアばかりってことだし、男養うの無理だと思う。

一方で男性の3割は年収600万以上あり、女性場合、それくらい稼いでるのはせいぜい5%ぐらい。現実的結婚相手を養える年収ってここらへんのラインじゃないかなと思うけど。上位3割を狙うのはわりと現実的だけど、5%となると相当厳しいんじゃない?ちなみに、男性の上位5%って年収1000万円ぐらいのラインになる。そこを狙うのをお花畑婚活脳として馬鹿にするなら、女が男を養えってのも同じような妄言なっちゃう。

(参考:https://www.nenshuu.net/salary/contents/kaikyuu.php

20人に1人って、LGBTよりもマイノリティってことだよ。さらに増える兆しあんまりない。女性の昇進キャップとかガラス天井とか言うのがそのへんのラインじゃないかと思う。

一方、男性ワープアは下位20%強ぐらいいるんだけど、兼業主夫との共働き前提で彼らと結婚子どもを作るには、女性側の年収として400万円ぐらいはほしい。でも、年収が400万以上ある女性って15%ぐらい。もし、産休育休制度が完全に整っていたとしても現状ではワープア男性を女は救済できないんだよ。さらに、現実的には、その希少な年収400万以上の層には激務で残業代でそのレンジに届いてる独身子なし女性も多い。その層は出産すると復職できないから相当の確率ワープアに転落する。(ワープア男性家事育児をしっかりやり、家になかなか帰ってこない嫁を許容できるなら別だけど)

たぶん、年収600万以上ある女の割合が男と同等ぐらいまで増えたら下方婚も増えるよ。今だって、高年収の女の旦那自慢は、年収じゃなくて「子どもの面倒みが良い」とか「家事スキルがすごい」とか「性格が穏やかで癒し系」とかそんなばっかだし、高年収職業を維持するには、男性側が家庭生活コミットしてくれないと難しいので、必然的に「マイペース仕事してる穏やかな男性」というのが結婚相手として人気になってる。

まあ、そういう「下方婚」は、おそらく下方婚増田が望んでるような「弱者男性を志高い高年収女性が養う」というスタイルではないし、エマ・ワトソンと同じく「結局、イケメン金持ちじゃん」って言われるんだろうけど。

anond:20180809095319

現実的には(リアルワイとか)受託生活費+αを稼ぎつつ裏で自社サービスを作るとかになるんだが、割と受託自体がそこそこ儲かるので自社サービスええわとかなって最終的には派遣業or受託専門企業になるパターン殆どやで。

2018-08-08

anond:20180808224349

女性上方婚も下方婚も両方選択肢が選べるのに対して、男性女性に対して自分以上の経済力を求めることは現実的ではない。

男性側の生き方選択肢制限されている以上は、男性側を優遇することは正当性がある。

そのように反論されたらどうするの?

サマータイムがなぜダメ

書いたのは私じゃないけど本人が拡散希望してたので掲載

昨日、菅官房長官夏時間検討否定していて一安心していたのですが、まだ前向きなのではないかと思われる報道がありましたので、もう一回しつこくポストします。

安倍首相サマータイム検討を指示 自民党部会

https://www.fnn.jp/posts/00398120CX

IT業界の皆さん、自分意見議員官邸に伝えましょう】

夏時間を推進しようとしている議員ネット情報収集する人種ではないことは、SNS上での皮肉批判にもかかわらず、こうして事態が進行していることからあきらかです。FAXとかはがきじゃないとだめなのかもしれませんが、幸いWeb上にフォームがあるので、自民党首相官邸に今すぐ自分意見を伝えましょう。

首相官邸への意見

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

自民党への意見

https://www.jimin.jp/voice/

なぜ、限定的問題解決するために社会全体の構造を変更しようとするのでしょうか。私はこのような全体主義的な問題解決姿勢には大反対です。仮に開催を2時間前倒すことで猛暑オリンピック実施することに伴う様々な問題解決するとしても、変更が必要なのはオリンピックタイムテーブルであり、社会全体の時刻ではありません。

IT業界でない方向け:突然のサマータイム導入のヤバさ】

ざっくり言うと、私見では2000年問題と同じぐらいヤバく、準備期間が少ないという意味破滅的にヤバいです(=回避不能2000年問題)。

世界中夏時間と冬時間に2時間の差がある国はありません(間違っていたらご指摘ください)。ベストプラクティス存在しません。

・何を大げさな、単に時計を進めたり戻したりすればいいだけじゃないか、と思うかもしれませんが、現代コンピューター世界中の様々なサービス通信しています。そのため、時間を扱う際には内部的には一旦世界標準時で処理されるのが一般的で、内部時計を二時間進めたり戻したりすると様々な問題が起こりますロシア/マガダン時間はすでに東京よりも二時間進んでいるので、現実的にはユーザースマホPCの時刻自動設定を解除し、手動でマガダン時間に変更するしかないと思います

海外からオリンピックを観に来る旅行者にも「スマホ自動タイムゾーン設定を解除してロシア/マガダン時間に設定してください、マガダンスペルはM, a, g, a, d...」などと航空会社が案内する感じになるでしょう。日本に来るのになぜかロシア時間

・一方で、20世紀から稼働している古いシステムや、単純なシステムの中には、そもそも単一タイムゾーン以外で動作することを考慮していないプログラムもあり、このようなシステムについては、内部時計をずらして対応するしかありません。このようなシステムから見ると、突然タイムスリップした状況に見えます。進む方はまだいいのですが、戻る方の処理は大変複雑です(たとえば、切替日の深夜営業飲食店では、すでにタイムカード23:30で打刻した人のあとに、22:30の打刻が出現するような状況になる)。この影響範囲についてはまったく予想がつきません。いい加減に対応すると、時計を進めていないサービス現在時刻で同意できないために、通信ができないような事態が起こります

夏時間概念自体は新しいものではないので、ちゃん日本夏時間標準化され、各種OS対応することが前提であれば、工数をかけて設計実装を行えば、最新のOS上で新しく開発されるシステム理屈上は問題なく対応することができます

しかし、日本だけでなく世界中ですでに稼働している、時刻を表示する無数のプログラムについては、時刻表示必要な処理や時刻設定に必要選択肢を書き足す必要があります日本政府が公式ロシア/マガダン時間採用すると宣言しない限りは)。十分な準備期間を取らずに、変更が必要な箇所をすべて洗い出し、問題なく修正するのは大変むずかしいことです。また、上述のように、古いシステムではそもそも変更が不可能なこともあります

万が一いいかげんな実装適当設計が行われるシステムが混じっていると、そのシステム通信する際に2時間時間がずれて処理が行われるようなことが起こります。具体的には様々な表示時刻や予約時刻が2時間ずれたり、通信不通になるなどの問題が起こり得ます

この結果、

日本夏時間正式対応したシステム(最新の国産スマホ

日本夏時間正式対応していないので、ユーザーが時刻をロシアマガダン時間に手動設定することで当面正常動作するシステム(古いスマホPCなど)

日本夏時間にいい加減に対応して問題を起こすシステム

日本夏時間対応しないために、内部時計を進めたり戻したりして対応するシステム

日本夏時間対応せずに日本標準時間のまま動作し、ユーザーが時刻を頭の中で変換しなければいけないシステム

が混在することになり、社会的な混乱は必至です。

人間機械も「それ、どっちの13時?」みたいに迷い、間違えるという毎日がやってきます文房具屋のレシートには日本標準時が、コンビニレシートには日本夏時間が印字されているような感じになるでしょう。ツイッターフェイスブックなどのもともと複数タイムゾーン対応しているシステムや、JR航空会社など大きい会社はたぶんちゃん対応してくれますが、美容院の予約システムや小規模なネット予約システム対応できずに日本標準時のまま稼働し続け、勘違いが起こります

社会的に大きなメリットがあるのであれば、この大混乱のリスクを取ってでも前進するべきだと思いますが、本件については導入のメリットがあまり限定的であり、得られるメリットに比べてリスクが大きすぎると思います

とにかく2020年サマータイムはやめてください。死人が出ます。お願いします。

anond:20180808103817

いや、ある程度以上の年代の人や頭がIT向きでない人には8文字ぐらいが現実的だと思う。前の職場で「11111111」と「22222222」というパスワードの使い回しが推奨されており、セキュリティ的には最低だったと思うけど、交代制勤務でパソコンかに弱い人でも一人か二人だけで勤務することが多かったので、複雑なパスワードを設定して「パソコンが起動できない!」というリスクを避けるにはそれしかなかった。

パソコン維持管理を請け負っている業者も、こんなパスワードではダメだということは重々承知していたと思うけど、パスワードを忘れて大騒ぎされ、自分のところにやたらと電話がかかって来るのを怖れてか黙認していた。

IT専門家は英数字記号を取り混ぜて複雑なパスワードしろかいうけど、意味のある文字列なら覚えられても、そうでないパスワード押し付けられると、覚えられない人や入力ミスをする人が続出して、結局パスワードを書いた付箋をパソコンに貼られてしまうのが落ちだ。

年寄りなんか数字4桁の銀行暗証番号でも忘れるから手帳メモしたりするんだぞ。IT専門家機械に弱い一般人の間には果てしなく広くて深い溝があると思う。

優生保護法撤廃への私怨

アスペルガー症候群の彼を、殺そうとした私

https://twitter.com/nandemonaisouda/status/1026997591727169538?s=21

読んだ。

結論から言うと、絶対子供を作らないで欲しい。

尊大ASD人間子供を愛さない。

他人の嫌なところを受け入れないし、子供という不安定な生き物の面倒は見ない。

私の主観的意見を述べると、このような人間が親になるのは受け入れられない、去勢すべきだと思っている。

発達障害の末路の一つとして、我が家を紹介しようと思う。

ASDの診断を拒否している父、カサンドラ症候群の母、発達障害診断済の自分

発達の親を持った子供地獄である

今なら即離婚だろうが、自分の親の世代にそんなことは許されなかった。

父のASD気質については記事と同様なので、ひとつだけ紹介する。

幼少期、父に殴られて転倒し、床で顔を打って歯が折れた。

私は血まみれになったが、父は「じゃれただけ」と言ってヘラヘラしていた。

嘘ではないと思う。

他人に対する想像力が欠如したのがASDだ。

子供からといって加減はない。

「じゃれただけの」父の暴力で随分怪我をした。

成長とともに負傷は無くなった。


そして大人になってから、私への遺伝が発覚した。

思えば父の親戚一同、温和な母方と対照的に、記事に出てくるような典型的ASDばかりで、人間関係トラブルに事欠かない人たちだった。

父にも診断を求めたが、現状「俺を障害者扱いするな」「俺は困ってない」と言って診断拒否されている。

母と私は大いに困っているが、まあ父の知ったことではないだろう。

ASDとはこう言う生き物なので仕方がない、いきなり治ったら苦労しない。


発達障害の親の虐待リスクは、健常者と同様だろうか?

私はそうは思えない。

私が生まれた時、日本ではまだ「優生保護法」が現役だった。

あの時もっと発達障害が分かっていれば、父は合法的去勢され、私は生まれずに済んだ。

両親が私を産んだことも、優生保護法が父を看過したことも許せない。

私のこれまでの人生は発達にありがちな悲惨さを伴った平凡なものだ。

だが結果として30歳を過ぎて無職という現実がある。

障害者求人身体しか取らない。

大多数の健常者が悪いのではない、不況の中福祉リソースが足りないのだ。

現実的に福祉関係者でもない健常者が、精神障害者特に発達障害雇用するコストは凄まじい。

記事を見ればわかるだろう、発達障害にはしばしば加害性があるからだ。

社員が病むリスクやケツを拭くコストは、国の200万円ぽっちの補助金ではとても賄えない。

自分の親も60歳が見えてきた。

このまま、自分をぶん殴った発達を無職の発達が介護するのかと漠然と考えている。


発達障害子供を作らないべきだ。

交際関係なら被害者が1人で済む。

だが子供は?

発達障害家族性の割合は、40歳高齢出産ダウン症リスクよりも高い。

世に出てくる発達障害成功者ばかりだ。

だがその裏に無数の敗残者がいる。

疑う人は就労支援施設でも覗いてきたら良い。

コミュ障でなんの特技もなくただ不器用就労できず家族が養うしかない、人間の失敗作である

障害者の親がそんな手間のかかる子供を面倒見られるはずがない。

母は夫と子という障害者に挟まれ、体を壊し、彼女の健常者としての人生破綻した。

私は生まれるべきではなかった。

記事カップルにも絶対子供を作らないでほしい。

2018-08-07

anond:20180807205914

医学部教育による専門知識なければ、下働きさえできません、残念ながら現実的ではありません。

杉田水脈氏のアレって結局何がいいたいのかよくわからないよね

LGBTへの支援が云々っていう雑誌掲載記事そもそもご本人の主張がどこにあるかが文章を読んでも読み解きにくいのが問題じゃないかと思うんだ。

国民代弁者であるはずの政治家自分意見をわかりやすい形でアウトプットするという能力に欠けているという点で。

http://lastline.hatenablog.com/entry/20080411/1207907886 たとえ話は往々にして議論を混乱させる - 最終防衛ライン3

世の中にはたまに例え話を物事を分かりやす説明するためのすごい話術だと思ってる人がいるけど、個人的にはこちらの記事の通り、下手に持ち出しても話がそれるだけだと思ってる。

個人的にはあん相手に伝えるための誠意、工夫に欠けた文章雑誌掲載できるという点において、政治家としてはどうなのそれと思うけど、ご本人の主張の内容自体は(私が解釈した文意で正しければ)世間にも同じような考えの人は結構いるだろうなという意味でそこまでおかしくない意見だと思う。

どう解釈したのかと言うと「LGBTはいわゆる『普通の人』と比較して特別生活が難しいわけではない。生活が難しいという意味なら『普通の人』も同じくらい難しい。同じくらいの難しさしかないのに一部だけ特別支援をするというのは平等じゃなくて優遇。それはおかしい」ということと「(平等になるように努力すること自体は望ましいが)全てに平等にしようとすると際限がなくなり、結局対応しきれなくなる。現実的対応する範囲はある程度制限した方が逆に社会はうまく回る」というあたりを言いたいのかなと。

こう言い換えたら(本当にそう言いたかったのかは分からないけど)結構理解はできるんじゃないだろうか。

ただ、そうなると今度は別の疑問が出てくる。「LGBTが『普通の人』と比較して生活が難しいわけではないって本当なの?」という点と「LGBTへの対応の優先度合いを下げるのは正しいの?」というところ。

で、個人的には「いやLGBTは『普通の人』と比較して生きにくいと思うよ」「利権ヤクザがカネ欲しさに過剰に囃し立ててるところはあるだろうけどそれなりの優先度はあっていいと思うよ」と思うからその主張はちょっと前提のところが違うんじゃないかね、少しばかり乱暴なんじゃないかね、と思う。

あの生産性云々の話は、「ハンデを負った人への支援というのは納得がいくが、そもそもハンデのない人に支援をする必要はない」ということを言いたかったんじゃないかなとは思う。

でもあの言い方だとハンデどうこうじゃなくて「支援の結果が国力の増強に繋がるなら納得がいくが、国力と関係がないところへの支援必要ない」と読めてしまう。特に生産性なんて言葉を使ってるあたり。

そして最近ドラマで有名になったような気がするけど、憲法には生存権というものがあって、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」んです。

なので「それは本当に平等のための支援なのか、優遇するための支援になってしまっていないか」という本来話題が「国に貢献しない人間には税金を投入するなと言うのか、権利保障はどうした」みたいな話にずれていってるんじゃないかなーと。

なのでやっぱり自分意図を正しく伝えられない政治家ってどうなのというところにいきつくわけで。そういう意味では言い方が問題っていうのも分かる。

もしも杉田氏がガチで「国力に繋がらない支援不要だ」と思っててそれがうっかり例え話をした時に表面化してしまったって言うならそれはそれで問題ではある。けどそのあたりはあの文章からじゃあちょっとからないのでここは好意的解釈をしておくことにする。


その上で、LGBTなんてひとまとめに言ってもまず属性ごとで事情は違うし、同じ属性ですら個人個人意見は分かれるのだから、色々な意見があるということを前提として、私個人は前述の通りそもそも普通の人』と比較したら結構生き辛いと思うよ、言うほどの差別というのはなくてもシステム的に生活し辛いと思うよ、と思ってます

https://lgbt-life.com/topics/superally18/ 同性婚メリットと認められている国々まとめ|LGBTメディアRainbow Life

https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/42/ パートナーシップ制度同性カップル暮らしはどう変わった?」 - 記事 | NHK ハートネット

実際に軽くググってみた結果、こういう情報を見つけたけど、パートナーが同性だとやっぱり社会システムとしてのハンデは多いんじゃないかと。

それこそ将来的に子供を産んでくれることを前提とした税の控除とかについては、事実として子供が産めない以上同等の権利があっていいのかとかそういう議論はあってしかるべきかなとかは思うけど、財産の分与とか病院での面会、手術の同意書にサインできるかどうかなんて話はできてよくない?と思う。

手術の同意書なんて下手に遠方で疎遠の遺族探すより近場のパートナー同意して貰えるなら病院だってその方が嬉しい気がするんだけど実際どうなんですかね。

それで、同性カップルが同等のことができるように書類を揃えようとしたら10万以上かかるらしい。異性なら婚姻届け一枚提出するだけですむのに。

あとはやっぱり生活するのにどうしたってある程度の人間関係というのは避けられないわけで、公に認められるってそれだけでも安心感が違う、周囲の受け取り方が変わってくるというのはあるだろうなと。

LGBは障害ではない、と言うなら、逆になおさらのこと障害でもなんでもない普通人間なのに公的保証を彼らだけ受けられないというのは差別ではないのかね?という気分になります

同性カップルと異性カップルではどうしても身体構造問題でそれこそ子供が産めるかどうかとかの違いは出てくるわけで、だからこそ異性カップルと全く同じ保証を受けられるというのは逆に優遇ではないのかという意見は分かります個人的にもちょっとどうかなと思う部分はあるけど、同時に同性カップルでもこのあたりの権利別にあって何の問題もないじゃん、というところもあるので、そのあたりは改善余地がある、検討ができる部分だと思いますし、優遇にはならないんじゃないかな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん