「経営」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 経営とは

2018-09-22

大学での学問企業で役に立たない理由

先に言っておくが、主語デカ案件だ。

お前の業界だけだろって言われるとも思う。

大学と、企業根本的に方向が違う。

大学から企業に入ると、企業はモノづくりを放棄してるように感じる。

半分は当たりで、半分は誤解だ。

その理由大学勉強する学問と、企業活用する学問の違いにあると思う。

組み合わせ最適化

失望する理由の一つは、企業では、物事理由など考えないことがある。

意外かもしれないが、特に上流工程ほど原因の追究はしない。

研究目的とする大学と、開発、製造販売目的とする企業の違いだ。

たとえば、企業では、企画であれ、開発であれ、生産管理であり、経理であり、持っているカードを組み合わせて、最良な組み合わせを探す、それが目的だ。

それだけといっていい。

例えば、家庭で、カレーを作るとする。

肉は牛肉豚肉鶏肉か?

玉ねぎはそのまま煮るか、普通に炒めるか、飴色まで炒めるか?

ジャガイモは入れるべきか、入れないべきか?

ルーハウスのものか、SBのものか、グリコのものか?

これだけで、3×3×2×3=54通りの選択肢がある。

それを、企業活動現場で摺る場合、数百、数千、数万の組み合わせから、最良を探す、そういうことになる。

いちいち、カレーのおいしさの秘密を考えることはしないのだ。

もちろん、商品コンセプトはあるだろう。

一度方向性を決めたら、そこから先は一本道、仮説の検証などは行わない。

所詮は、手持ちのカード勝負するしかないし、手持ちのカードの組み合わせを試すだけで、精いっぱいなのだ

この、組み合わせ最適化については、ほとんどの学部で触れることはない。

学生がこれを読んでるかはわからないが、学生が考える組み合わせ最適化とは、違う学問体系で企業での開発は行われている。

最適化する条件を決めて、そして下流リリース、放りっぱなしとなることが多い。

これについては問題だと思う。

ただ、現状で最適な仕様を決定していても、現実として問題は起きる。

ラボでは理論通りの性能を発揮しても、量産してもそうなるとは限らない。

100万台に1台とんでもない欠陥が発生しないとは限らない。

もちろん、そうならないように設計していても、想定できなかったか想定外なのだから

法令規制、規格

当たり前だが、法令順守は重要だ。

法令だけでなく、技術的な要件であっても、国際規格国内規格、ガイドライン、といった規格や規制がある。

それに擦り合わせることは非常に重要であるが、時にそれに固執しすぎるところがある。

これらは宗教経典のようなところがある。

非常に分かりにくく、A4で数枚ほどの短い文章に対して、分厚い解説書やQ&A集が出版されている。

それらに精通している人が強い発言権を有し、誰も理解していないことをいいことに、拡大解釈がまかり通る。

技術的な議論であったはずが、「そんなこと聖書のどこに書いてあるのか?」という律法学者宗教論争に変わってしまう。

もちろん、上司であったり、経営層がその規格や規制が制定された時代背景や、理論の背景を理解していれば、部下も宗教論争をしないだろうが、そんな上司は滅多にいない。

そしてみな、科学技術を学ぶより、まるで法律家のように解釈論を学ぶようになる。

プレゼンテーション

上記に述べたように、企業活動本質は、組み合わせ最適化であり、各種規制へのすり合わせだ。

そこには、「なぜなら」も「それゆえに」もない。

現実世界物事ほとんどが、理由がないように、理由はあっても説明できるほど単純ではないのと同じで、白黒はっきり断じることはできない。

ところが、日常業務はそうであっても、意思決定には稟議がいる。

その場合、「こうである、だからこうする、なぜならば、すなわち」と理路整然と単純化して並べなければならない。

中長期計画に沿って各部門が計画を立て、それぞれの所属員が各部門の目標に沿って計画を立て、その結果を報告する、建前ではそうなってる。

実際のところは、「あらゆる選択肢の組み合わせのうち最良はこれです」以上のことは言えないのだが、そこは目をつぶり小説執筆しなければいけない。

その頭の切り替えが、大学卒業してすぐは出来ない。

リーマンブラザーズ、13兆8000億円を返済

連邦破産法適用申請から1週間後。リーマン投資銀行としての活動をすぐに止めたわけではなく、顧客メディアに向けた調査リポートなどの配信は細々と続けていた。

メモを書いたのは、ベテラン政治アナリストのキム・ウォレス氏。周囲の同僚はリストラ転職先探しでリポート執筆どころではなかったに違いない。そんな状況で最後まで声をあげ続けたウォレス氏の胸の内にあったのは、アナリストとしての使命感だったろうか。

後日談がある。リーマン北米事業を承継した英バークレイズアナリストを続けていたウォレス氏は09年、オバマ大統領(当時)によって立法府担当財務次官補に抜てきされる。危機象徴であるリーマンOB政府要職に就き、「反ウォール街」の急先鋒(せんぽう)だった米議会との間で景気対策作りの調整役を務める。こんな展開は日本では考えにくい。

 人材が官民を行き来する回転ドア社会米国危機(失敗)を知る人にこそ危機対応を任せるという、あの国らしい考え方のおかげで、ウォレス氏は新しい働き場を得た。

年月がたっても、世間から称賛されなくても、地道に本分を果たし続ける人たちがいる。今年8月。リーマン破綻後に清算会社債権者に返済したお金の累計が当初計画の約2倍にあたる1246億ドル(約13兆8000億円)に達したというニュースが流れた。清算会社には現在も80人近い従業員がおり、保有資産の売却などを通じて返済資金の捻出を続けていくという。


ちょっといい話だなー。

まぁその当時の経営陣持ち株は売るわストックオプション行使するわで最悪だったけどね。

anond:20180922112349

いやだからまた銀行貸しはがしをしないとは誰も思ってないでしょ。

企業が溜め込んでいるのは、日本銀行というか金融庁をまったく信用してないからで、それは企業のせいではないし、仮に今よりも法人税率が高くても溜め込む企業は多いと思うよ。

そもそもバブル崩壊を生き延びた企業ほとんどが、無借金経営を良しとしていたとか投資を抑える企業文化のところなんだから、税率云々の問題でもないんだよね。

anond:20180922110923

そのまえに、累進課税低減、法人税減税で、企業バンバン預金で溜め込んだ、貨幣流通速度=金の回転速度を落としたのが原因だ。

失われた30年で、金持ち自由放題やらせたらうまくいくよ+キャッシュフロー経営だよ!と言うことで、金の回転速度を落としまくった。

貨幣流通速度 推移 で調べてみ。凄いよ。逆に、累進課税には、溜め込みがちなやつの金をとって回すという意味もあったのだと感じた。

anond:20180921153115

仕事なしで給料払う分マイナス仕事ありで給料含めたコスト払う分マイナス

そうじゃない、そうじゃないんだ。

そもそも論で話すなら最低入札額で入れる自体が間違ってるんだ。

採算がそもそも取れない事を認識して確実に契約を取るなら最低額もありだが、

最低入札で手に入れて且つ配備する従業員の人数を減らし賃金を減らすと最低限の業務すらできなくなる事も多いし

下手をすると給料不払い状況が出てくる場合もある。

後先考えずに最低入札を行った会社は、これになりやすい。というか、なってきたんだ。

ヤバイ時は2ヶ月~3ヶ月の不払いもある。それが役所にバレて違反として契約が破棄される場合もある。というか、これもあった。

そんな状況を作るのなら、最低入札を行うという事が逆にリスクだと考えないといかんのよ。

それが理解できていない業者が今も多々ある。

から

仕事ありで給料含めたコスト払う分マイナス

利益だけじゃないマイナスリスクを背負う事自体会社経営判断として悪い例なんだよ。

しかも、だ。

仮に最低額で契約が取れても、従業員給料だけでなく制服などは自社で作製する必要があるし、この他にも雑費がかかる。

それらを引いた上で残った金が社員一人分の給与にも満たないときたら、もう経営者がおかしいとしか思えない。

本来競争入札なら、社員一人分の給与プラスαの利益は出るもんなのに、役所の定めた最低入札額にほいほいつられて契約とれたー♪なんて喜んでいるのは無知阿呆だ。

そこまでやって取った契約のせいで赤字が酷くなるなんて気づく会社も少なくはない。

最低入札なんてのは、金が余ってる会社がやるもんだ。

役所というたいしたブランドでもないものに実績をあげるなら落札できんでもいいかな程度にしないと損をする。

実際にあんブランドの為に…と底辺になっていく業者を何社も見てきた。

そのくらいリスクがあるんだよ。

2018-09-21

くやしい

今日、決戦の日だった。

ウンヶ月前から来たる交渉日に向けて、頭ネジ切れる位プラン練って、

これなら奴らのハシゴ外して、いまの経営陣を一掃

できるはずだったのに。

今日の決戦でボス交渉した結果は、全要求事項が真逆

負けた…。今までやってきた事が水泡に帰した。

クソが。やってらんねーよ。

anond:20180921210143

そういう社会を小さい地域でいいから壊そう

徹底的にプロから子供教育させる特需的な地域や塾を作ろう

格安というか寄付経営マジで都会な教育を受けさせることができる塾を作ろう

入塾できるのは世帯年収が低い人のみ

anond:20180921152335

仕事なしで給料払う分マイナス仕事ありで給料含めたコスト払う分マイナス

会社経営判断としては当然後者だろ

これは入札制度そもそも論でやるべきこと

他の部分や仕事補填できない経営陣がクンとかあるだろうが

別の話なので知らん

2018-09-20

anond:20180920131937

そんなわざわざ実験してデータとって検証してなんてやってる間にもクレームバンバンきて視聴者が離れてスポンサーがとれなくなって経営が傾いていくくらいなら、

クレーム件数に応じて先手を打って自主規制していくのは経営者としては合理的判断と思うがな。営利団体で金を稼ぐのが目的なんだから

で、そんな理不尽な状況がいいと思ってるの?

クレーム正当性保証されてないのにさ。



モザイクって実際にはセックスしてないって建前だからじゃなかったっけ?

セックスするために女性派遣するのが売春防止法に引っかかるって立て付けだったような。すまんあやふやあんまり覚えてない。

これはまぁわかる。

表現の自由と他の法の競合だな。

anond:20180920130139

そんなわざわざ実験してデータとって検証してなんてやってる間にもクレームバンバンきて視聴者が離れてスポンサーがとれなくなって経営が傾いていくくらいなら、クレーム件数に応じて先手を打って自主規制していくのは経営者としては合理的判断と思うがな。営利団体で金を稼ぐのが目的なんだから

モザイクって実際にはセックスしてないって建前だからじゃなかったっけ?セックスするために女性派遣するのが売春防止法に引っかかるって立て付けだったような。すまんあやふやあんまり覚えてない。

正しい努力を教えてくれた恩師

私にも似たような経験があって驚いたので増田に書く。今の私の目線では、勉強の楽しさが分からないってのは言い換えたら、正しい考え方を身に付けてはいないという事になる。しかし、私が高校生の時、私はこの正しい考え方も努力の仕方もしらなかった。およそ本を読む事すらない両親から勉強の楽しさの様なものを教えてもらえることもなく。高校くらいは出ておけという親父の言葉に従い、地元でも殆ど底辺工業高校に進学して卒業後は大工の親父に弟子入りするつもりでいた。

そんな私が大きく変わる切っ掛けを得たのは高校生の時だった。全く分からなくなっていた数学で再び赤点を取り、進学は出来ないと決まりかけた時、そんならいっそ退学して親父と仕事しようかと考えて担任であり、数学教師でもあるノザセンに話をしに行った。

勉強はそんなにつまらいか?」と聞くノザセンに、私は「何が面白いのか分からない。職人になる方が面白い」と断言した。

するとノザセンは少し考えて

気持ちは分かった。だけど、最後に1週間だけ俺と一緒に勉強しないか?もしもその1週間で何も面白くないと思ったら、お前が無事に中退出来るように両親とも学校とも話を付けてやるよ。」

と答えた。高校だけは出ておけ、と言っていた親父に中退を申し出る事に臆病になっていた私は、ノザセンのこの申し出を有難く受ける事にした。たったの1週間で恐怖そのものの親父の怒りを回避できるのなら安いものだったから。


忘れもしない。一緒に勉強を始めた最初の日、ノザセンはいきなりこんな問題を解けと言って来た。

「Q、円周率が3.05以上であることを証明しろ。」ノザセンは、1時間やるよと言った。当時の私には分かるはずもなく、ノザセンの見ている前で、適当に考える振りをして1時間後に「全く分からない」とギブアップした。

答えを教えると言って、ノザセンは正方形を黒板に書いて言った。「正方形の外周の長さは分かるか?」、「同じ辺が4つあるだけなんだから、流石に俺でも分かる。馬鹿にすんな」と私は怒った。次にノザセンは正方形の内側に円を描いて「円は正方形よりは小さい。なら正方形の一つの辺の長さを1としたら4よりは小さい事は分かるな?」と言った、私は「馬鹿にすんな」と再び怒鳴った。意にも介さずノザセンは円の内側に六角形を描いて言った。「この六角形は円よりは小さい。六角形の外周は計算できるか?」、私に分かるはずがなく黙った。そこから、辛うじて記憶の片隅にあった三角関数を用いて、ノザセンは六角形の外周を計算して見せてくれた。「六角形の外周の長さは3だ。つまり、さっきの正方形と合わせたら、円周率は3より大きく4より小さいと分かった。そしたら、六角形をもっと分割して円に近づけていけば、3.05以上になると証明できるだろう?」

その過程を黒板で見て私にすら分かる平明な説明に感動し思わず「すげぇええ!そうなってんだ!」と声に出した私にノザセンは言った。

「実はこれ、今年の東京大学入試問題なんだ」と。

ノザセン、いや野崎先生が教えてくれたのは、こういう事だった。

問題を出された時に、その問題はどのような知識を持っていて使える事を問うているのか?を考える訓練をしてなければ、勉強なんて面白くもないし出来るようにもならない。逆に言うと東京大学問題だって基本的知識の組み合わせで解けるようにしか出来ていない。勉強と言うのは、自分が今持っている道具が、どんな風に使えるのか?道具の本質を知るという事なんだ。大工が鉋の使い方を極めるように、当たり前の知識本質を知る事が勉強で、自分が手に入れた知識を組み合わせて、家を建てるように現実対処する術を手に入れてない人間が、社会に出ても役には立たない。高校と言うのは、その基本を身に付ける場所だ。


驚いてしまった私は他にも色んな難しい問題が解ける過程を教えてもらって、その考え方の基本を学んだ。それを後から復習して似たような問題宿題を考えてみては野崎先生と答え合わせをするのが楽しかった私は、その時から数学が好きになった。勉強の仕方が分かった私は勉強する事が面白くなってしまい、人が変わったように勉強をするようになって成績はグングンと伸びていった。特に数学物理は得意で、その内に偏差値も60を優に超えるようにもなり野崎先生の勧めで大学進学を決めた。その時の親父の驚いた顔や苦笑いを覚えている。「俺の跡を継いで大工になるんじゃねーのかよ」と笑ってる親父も、勘違いでなければ嬉しそうだったように思う。

そんな教師底辺高校にいた理由を後から知った。それなりの不祥事があったのだけれど、私の先生に対する敬意は一切変わらない。そんな不祥事がなければ私の様な底辺学生先生出会う事もなかったのだから、変な話だが対象となった元教え子は感謝しているくらいだ。しかし、本来なら私の様な学生が受けられる教育ではなかったという事で、その事は社会問題として考えられてしかるべきなのかもしれない。

その後、私は大学を出てから大手ゼネコン経験を積み、昨年から親父の工務店経営する立場実家に戻った。あの時、高校野崎先生がいなければ、今の私はいなかったと思う。高校すら出られないバカ息子と怒られ、親父と喧嘩して家を出ていたかもしれない。野崎先生から教えてもらったのは単に勉強の仕方や面白さではなく、問題解決全般につうじる秘訣だったと今では思っている。自分が持っている道具を正しく理解していれば、なんとかなるんだと言う確信が今も私を支えてくれている。努力と言うのは、単にのし上がりたいって欲でするものではなく、自分理解する為にするものなんだと学べたことは私の財産だ。


https://anond.hatelabo.jp/20180920011754

ラノベを一切扱わない本屋を作ればいいんじゃないだろうか

で、ラノベを視界に入れたくない人はそこにだけ通えばいい

ラノベゾーニング強化に賛同する人も多いみたいだし、クラウドファンティングとかで資金集めればすぐいけるんじゃね

からやらなくても個人経営の小さな本屋とか、小規模チェーンの書店を買収すれば良さそうだし

そこが儲かる様になれば、大手追従するでしょ

コンビニエロ本とかもそうだけど、口ごちゃごちゃ言うより札束で顔ひっぱたく方が手っ取り早いよね

2018-09-19

バイト代が振り込まれなかったらどうすれば良い?

ざっくり言うとフリーターに大胆にいじめられてバイトを辞めた。

出てる分のシフトちゃんと消化して、店長に辞める(翌月以降のシフトを出さない)旨を連絡した。

店長からの「○○ちゃんのその辞め方はちょっと…」という返信を既読無視して今に至ってる。

個人経営の店で契約書や契約期間は何も無かったので最低限の義理は尽くしたと自分では思ってる。

で、本題なのだが毎月給料日20日で、だいたい17,18日には毎月給料が振り込まれてた。

でも、今月は今日(19日)になっても振り込まれてないんだよな。

店長逆恨み?されて、明日になってもバイト代が振り込まれなかったらどうすれば良いんだろう。

ざっと対処調べたけど労働した証拠(タイムカード写真など)が無くて割と詰んでるんだよな。

anond:20180919230459

無論、それらも持たざる者に対しては大きなアドバンテージになるだろう。

だが、それらにもまして重要なのは社会の仕組みを見極め、なりふり構わず自分の所に金を引っ張ってくる力だ。

これがないと、仮に世紀の大発明をしたとしても特別ボーナスが少し出るだけ。会社は儲かり、重役達はまるでみずから開発したかのような顔をして苦労話に自伝人生論、果ては経営論や教育論や社会論や国家論をぶってテレビ講演会選挙に引っ張りダコだ。もちろん役員報酬もたんまりハウハ。彼らが札束を目方にかけて自分の取り分を量っているあいだ、君はささやか庶民幸せを噛み締めることになるだろう。

G社にいたので語ってみる

退職エントリ話題になったので、ちょっと感想解説を書いてみる

自分がいたのはほぼ創業期、10人以下でやってたシード期。プロダクトのプロトタイプを作って、投資家に見せてお金を勝ち取る時期。

社名もまだG社ではなくV社でした。

今の状況はあまり知らないので、関わっていた当時の様子から類推したりするので、不正確なところはあります

これを書くと、誰なのかは中の人にはほぼ分かってしまうけど、やめちゃった今でも応援してます的な立場で書きます

スタートアップとは

そもそもスタートアップ企業に勤めたことのある人間はてなにどれくらいいるのでしょうか? スタートアップってどういうものなのか分かっていますか?

スタートアップとは、

「今まで世の中にないものを、どうすれば価値が認められるようになるか仮説検証を繰り返し、急激に成長を狙う集団

だと私の中では思っています。急激に成長するためには、今まで誰も作ったことのないプロダクトを開発し、投資家からじゃぶじゃぶ廃課金してもらい、お金が尽きる前にプロダクトを世に出す必要があります

労働環境について

初期のスタートアップは、労働基準法?なにそれ?状態だと思います。当時も、何日も家に帰らず開発に明け暮れるメンバーがいました。

それも当然かと思います投資家に言われた課題を期日までにクリアし、企業として生き延びるために、「できませんでした」ではすみません

スタートアップとは、「急激な成長」or「死」なのですから

それ以上に、みんな熱狂的に働いていたと思います。「○億の投資が決まった!」「ラブプラスの箕星先生キャラデザ担当してくれる!」といったスゴイ話が飛んできてスタートアップとしての成長を喜び合ったり、「キャラクターと一緒に暮らす」というビジョンを実現したい、一発当てたいなどなど、普通企業にいては経験できないことがたくさんありました。

最初期のシード期は仕方のないことかもしれませんが、そこを生き延び、ベンチャーキャピタルから投資を受け、プロダクトを製造するまでに至ったら、企業として労働環境を整えて従業員を増やしていかなくてはいけません。以前は長時間労働状態化しているメンバーもいましたが、会社が大きくなるにつれてそういう働き方は改善していくべきという考えをもっていました。当時でも、労働者労働時間管理はきちんとしていましたし、スタートアップとはいえ働き方を改善していってると思うのですが、この人はそれに反して長時間労働をしていました。

退職エントリの人は、今だに600時間という過労死しそうなラインで働いており、正社員として雇い続けられないというのは、G社の方針が正しいと思えました。

ここから想像なのですが、雇用された労働者ではない経営側のコアメンバーがまだ長時間労働をしており、その企業文化に影響されて一生懸命働いてしまったのではないでしょうか? 働けとは言われていないが、他の人も働いてるし、楽しくて夢中で働きすぎたことが考えられます

当時の僕は、IT企業に勤めながら、プライベートしかも無給でお手伝いしていた立場でした。プロダクトが圧倒的に面白く、ビジョン共感できたし、お金にも困っておらず、スタートアップ経験を積みたかったので、こういう立場でした。

他のメンバーもやはり、ビジョンに深く共感し、プロダクトを作り上げたいという強い思いを持ったメンバーばかりでした。

ガチ天才高校生プログラマーやフリーランスの人もいました。毎日生きるか死ぬかのギリギリ感と、すごいプロダクトを作ってやる!というやる気で、高揚感がすごかったです。ビジョンプロダクト、スタートアップという特性上、とても熱狂的な集団だったと思います

自分終電12時ごろ帰るのですが、他のメンバーは帰る様子もなく、いつも自分最初に帰る感じでしたが、

自分だけ早く帰ることに若干の罪悪感はありました。

こうした環境フルタイムで働いていたら、自分も同じような働き方になっていたかもしれません。

能力査定について

この人がどれくらい能力があったのかは全然からないのですが、会社としては能力があるかどうかはドライ判断していたと思います

そもそもスタートアップは優秀な人じゃないと入れません。そしてビジョン共感していて、若くて体力があり、長時間労働できる人。

もともとWEBサイトアプリは、とても優秀なスーパー高校生担当してましたが、彼と比べられるとよっぽど優秀な人じゃない限り切られてしまうんじゃないかなぁと思いました。

まとめ

個人的憶測としては、そこそこの能力の人がコアメンバー労働環境に影響されて長時間労働してしまい、業務委託になった結果切られてしまったのかなぁと。

ビジョン共感していても能力がないとスタートアップではやっていけない、厳しい環境が背景にありそうです。

やりがい搾取」という言葉が出てきそうですが、それだけスタートアップとは麻薬のように刺激的で熱狂してしまものなのです。

最初期に関わっていたメンバーは、この経験を元に会社を立ち上げている人が何人かいますスタートアップ普通の人にはおすすめしませんが、好きを仕事にしたい人、起業したい人にとってはい場所だと思います(ただし優秀であること)

anond:20180919221026

スタバに関して言えば、経営アメリカ本社に戻ったので(今まではアフタヌーンティ経営

その方針だろう

コメダ地方ごとにフランチャイジーがいて

関東フランチャイジー方針で電源付きの完全分煙になってる

地方はもともとのコメダに電源がないのもあるし

個人フランチャイズが増えてるそうなので

電源付けたくないんじゃないの

※あとから調べたところ、

関東だと1店舗あたりが狭いので電源があっても長居しづらい

地方だと1店舗広いので、長居する人はものすごく長居できる

さらには地方だと、メイン顧客が50代上なので

コンセントなしが集客に影響しづらい

 

 

ちなみにサンクスは逆で、東京はイートインないし電源もないけど

関西より下だとイートインやカフェ付いてたり

電源ついてたりする(しかファミマになり絶滅した)

[][]2018年9月18日火曜日の増減

サイト\日付2018-09-122018-09-132018-09-142018-09-152018-09-162018-09-172018-09-18合計説明
Nature ttps://www.nature.com/311320116019457イギリス 科学学術
Science Magazine ttp://science.sciencemag.org/001-85-308-11601480アメリカ 科学学術
Cell Press ttps://www.cell.com/03000032142アメリカ 生物学学術
Physical Review Letters ttps://journals.aps.org/0000010397アメリカ 物理学学術
Applied Physics Letters ttps://apl.aip.org/0000000231アメリカ 物理学学術
Wiley Online Library ttps://onlinelibrary.wiley.com32200013762アメリカ 科学学術
The Lancet ttps://www.thelancet.com/10020002240イギリス 医学学術
ScienceDirect ttps://www.sciencedirect.com/33211008656オランダ 学術誌、エルゼビア傘下
PLOS ttp://journals.plos.org/1000011909アメリカ オープンアクセス科学学術
arXiv ttps://arxiv.org/131713265924979アメリカ オープンアクセス科学学術
MDPI ttp://www.mdpi.com/0000000168スイス オープンアクセス学術
IEEE Spectrum ttps://spectrum.ieee.org/00010011717アメリカ 科学雑誌
Scientific American ttps://www.scientificamerican.00000001851アメリカ 科学雑誌
Popular Mechanics ttps://www.popularmechanics.co0001000433アメリカ 科学技術雑誌
Ars Technica ttps://arstechnica.com/717602212663アメリカ テクノロジーニュースサイト
Smithsonian.com ttps://www.smithsonianmag.com/0000001473アメリカ 歴史科学芸術雑誌
NewScientist ttps://www.newscientist.com/00000003964イギリス 科学雑誌
MIT Technology Review ttps://www.technologyreview.co00100103373アメリカ テクノロジーニュースサイト
Stanford SOCIAL INNOVATION Review ttps://ssir.org/000000027アメリカ 社会科学雑誌
EurekAlert! ttps://www.eurekalert.org/081704011637アメリカ 科学ニュースサイト
PHYS.ORG ttps://phys.org/00000001611イギリス 科学ニュースサイト
Science Daily ttps://www.sciencedaily.com/00000003146アメリカ 科学ニュースサイト
National Geographic ttps://news.nationalgeographic00000008542アメリカ 地理歴史科学雑誌
The National Interest ttp://nationalinterest.org/0010000285アメリカ 国際関係雑誌
Entrepreneur ttps://www.entrepreneur.com00000101374アメリカ 経営ニュースサイト
Harvard Business Review ttps://hbr.org/03200241901アメリカ 経営雑誌
treehugger ttps://www.treehugger.com/00000001306アメリカ 環境ニュースブログ
Quantamagazine ttps://www.quantamagazine.org/-1000000279アメリカ オンライン科学雑誌
ESPN ttp://www.espn.com/0000000261アメリカ スポーツ放送局
WIRED ttps://www.wired.com/110001315038アメリカ テクノロジー文化雑誌
PC Magazine ttps://www.pcmag.com/0000000946アメリカ コンピュータ雑誌
The Verge ttps://www.theverge.com/42699071016827アメリカ テクノロジーニュースサイト
FiveThirtyEight ttps://fivethirtyeight.com/0000100536アメリカ ABC傘下のスポーツ政治ブログ
Defense News ttps://www.defensenews.com/0000000355アメリカ 軍事ニュースサイト
People ttps://people.com/1000000222アメリカ 芸能ニュース雑誌
Vogue ttps://www.vogue.com/0000000343アメリカ ファッション雑誌
billboard ttps://www.billboard.com/00000002362アメリカ 音楽雑誌
TED ttps://www.ted.com/244343825444アメリカ カンファレンス
Colossal ttp://www.thisiscolossal.com/1120-1003717アメリカ 芸術文化ニュースブログ
Artsy ttps://www.artsy.net/11100001397アメリカ 芸術ニュースオークション
DP Review ttps://www.dpreview.com/00110011038イギリス/アメリカ 写真ニュースサイト
Gizmodo ttps://gizmodo.com/010100029059アメリカ テクノロジーニュースサイト
CNET ttps://www.cnet.com/01000402473アメリカ テクノロジーニュースサイト
ZDNet ttps://www.zdnet.com/00030034412アメリカ テクノロジーニュースサイトCNET傘下
TechCrunch ttps://techcrunch.com/1222487251256355アメリカ テクノロジーニュースサイト
Phoronix ttps://www.phoronix.com/106121469261アメリカ ソフトウェアニュースサイト
LWN ttps://lwn.net/631611-15075アメリカ ソフトウェアニュースサイト
Project Gutenberg ttps://www.gutenberg.org/00000001807アメリカ 電子図書館
Krebs on Security ttps://krebsonsecurity.com/0000001882アメリカ サイバーセキュリティブログ
Threatpost ttps://threatpost.com/63310042212アメリカ サイバーセキュリティニュースサイト
The Hacker News ttps://thehackernews.com/04100012068アメリカ サイバーセキュリティニュースサイト
Hacker News ttps://news.ycombinator.com/112201628994アメリカ ニュースアグリゲータ
Kickstarter ttps://www.kickstarter.com/142323213123アメリカ クラウドファンディング
Khan Academy ttps://www.khanacademy.org/0010001351アメリカ オンライン教育
Jane's 360 ttp://www.janes.com/0000000351イギリス 軍事ニュース雑誌
NME ttps://www.nme.com/10000003070イギリス 音楽雑誌
FACT ttp://www.factmag.com/00000002024イギリス 音楽ニュースサイト
World Nulcear News ttp://www.world-nuclear-news.o000000080イギリス 原子力ニュースサイト
The Register ttps://www.theregister.co.uk/61100016780イギリス テクノロジーニュースサイト
Marie Claire ttps://www.marieclaire.com/000000064フランス/イギリス ファッション雑誌
La Gazzetta dello Sport ttps://www.gazzetta.it/0000000255イタリア スポーツ新聞

2018-09-18

奴隷じゃないのよ社員

なんかこう、今の弊社を見ていると、いつか衰退するだろうなと思う。

社員を大切にしていない、というのが節々に見てとれて。

奴隷じゃないのよ社員は。

馬車馬のように働かせて、給料は余り上げずにコスト圧縮して、目先の利益としては良い感じ、とでも思ってるのかもしれないが

経営層のおじさん達は分かってるのかなぁ、これから益々人口が減っていったときに、今のまま社員をないがしろにしていたら、優秀な若い子はもう弊社を選んではくれないよ。

現に選ばれてないよ。中堅までの若い社員は愛想を尽かしてどんどん転職してる。

昔とは違って、若い人達にとっては、ホワイト社員を大切にする企業が「イケてる企業で、ブラック社員社畜として扱う企業は「ダサい」んだよ。

身を削って成果を上げてきたおじさん達が価値観アップデートできないでいる間に、弊社はどんどんダサくなって、衰退してゆく。

自分は今中堅社員だけど、大切にして貰えないのに疲れたから、今より条件良く迎えてくれるところに転職するよ。

曲がりなりにも育ててもらったから、行く末が良くなるように祈りたいけど。

さよなら。元気でね。

金にならない知識無駄

経済金融投資経営会計ビジネス語学

これら以外は無駄。実利実益を伴わない知識は完全に無駄

IT部門の苦悩(14):日本企業の「トヨタシンドローム」がIT有効活用を阻む

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/japan.zdnet.com/article/35125411/

・筆者はトヨタ現場主義理解してない

・筆者はトヨタIT管理に何も触れずに戦犯扱い

これ系のコメが多いけど、記事全文を読んだ私の感想とはあまりに違いすぎて驚いた

この記事の要点をまとめると

金も知恵も出さずに、一流企業並の結果だけ求める三流経営者と、現場信仰の強い組風土が、IT導入を失敗させる原因」となる

そのダメっぷりを摘示しながら、彼らのベンチマークになっている存在、という文脈トヨタの名が登場する

組織的な基盤の違いを鑑みずに、トヨタ猿真似を強いる三流中小企業ダメっぷりについて述べた記事であって

トヨタ現場主義も、トヨタIT管理批判対象には実はなってない

さて、ここで当該記事から引用させていただく

"経営立場からは、限界突破しろということなのだろう。トヨタ自動車は、世界でも最高峰の強力な企業集団である。そして、実は膨大な費用ITに使って、物量でも圧倒できる存在でもある。一人ひとりの強さの裏打ちは、組織全体としての強さと両輪であるしかし、トヨタ自動車に感化された経営者には、こうした強い組織や巨大な調達力を持っている企業と同じことを、そばにおいて考える人結構多い。日本最高、世界トップクラス企業と同じような考え方や仕事のやり方を、普通日本企業においても実現しろと指示が飛ぶことがあるのだ"(原文まま)

これだけはっきりと「トヨタ自体批判してない」「その猿真似をする経営者の身の丈に合わない導入戦略稚拙さ」を嘆いていることが書かれてあるのに

なぜか「的外れトヨタ批判」と怒るブクマカが多数となったのだ

一体どこをどう読んだら、そうした思考に至れるのか、私にはさっぱり分からない

頭の良い人いましたら解説してください

2018-09-16

日本子供を作ったら負けだと思ってる

働いたら負けとかドヤ顔で言っていた小坊主脳裏に浮かんだ人も多いかもしれないが、あんギャグ漫画みたいな顔はしていない。

こんな超少子高齢化社会子供なんて作ってみろ。その子供がどんな時代を生きなきゃいけなくなる?

今生まれ子供社会に出るころには、増税に次ぐ増税と、高齢化が進みすぎてそんな爺さん婆さんを雇わないといけない企業技術力も完全に時代遅れとなりかつ国際社会からも取り残された日本企業がどれだけ生き残っているかからないが、そんな国内仕事もあるかどうかわかったものじゃない。

外資もどんどん撤退するだろうな。日本経済は壊滅的、それでいて保証も完全にない。死ぬまで将来に怯えて働かないといけないのだ。仕事があればだが。

目先の経済政策ばかりやっていたツケを払うときがくるのだ。経済連とか、安倍がアホでチョロいからって調子にのってんじゃねーぞ。まじで死んでほしいわ。

日本政治家は腐敗しきっている。癒着私服を肥やし議員年金さえ守れればあいつらは国がどうなろうが知ったことではない。あいつらの仕事増税ボタン連打するだけ、国民の将来保証を削るボタンも連打だ。そして自分たちにはノーダメな仕組みを政界には持ち続けるだろう。

日本は、この数十年無能な爺さんとその糞汚い仲間たちによって無残にも破壊されつくされてしまった。そして世襲制というバカ息子を社長に置くかのような典型的家族ダメ経営政治で事もあろうにアホの塊のような安倍首相になってしまった。そしてやつは日本にとどめを刺した。

あいつは馬鹿から素で出まかせを言っているのか意図的捏造しまくっているのか、もう何を信じていいかはわからないが、国会での答弁を聞く限り馬鹿丸出しであることははっきりわかる。信号無視話法とかなんとか言われてたな。知恵遅れなだけじゃないかと本気で思ったが知恵遅れが1国の首相をやるっていうのはもう、そんな差別ゼロの国なんだっけ、日本ってと冷静に考えた。今どきタトゥーガー、ハーフガー、国籍ガーっていっているような未開な民族だぜ?

あれで外交ができるというプロパガンダをよくまあ成功させたものだ。プーチントランプ中国だって実は安倍が大好きだ。だって超楽勝じゃん。安倍なんか中学生にすら論破されそうなのに、外交なんてできるわけないだろ。さら意図的政策高齢化悪化している国だ、ほっとけば勝手に自滅するわけだ。そりゃ安倍は手強いなんてヨイショしておいて、安倍に長く首相をしてもらったほうが日本を敵視する国には都合がいい。

安倍は1つ重要なことを理解している。あいつらは失敗したとは絶対言わない。それだけでアホな国民の3割は支持してくれる。やつらは知っている国民一定数犬以下の能無し無条件自民信者がいることを。虐待されど虐待されどそれでもご主人を信じる健気な犬が3割はいるのだ、この日本に。

日本政治家にとって、最高のイージーモードだ。失敗したとさえ口にしなければ気づかないアホだらけなのだから

度重なる増税、度重なる年金受給年の引き上げ、更に安倍生涯現役社会などといって人生100年時代を見据えって、アホなことを言っている。死ぬまで働けって言っているんだ。今の糞気持ち悪い延命行為や、超過剰医療病院を老人で溢れさせるような(憩いの場として)行為是正する気がないってことだ。つまり少子高齢化は止まるどころか益々悪化する。税金は今以上に子どもたちに、未来に使われなくなるだろう。すべて無益な老人への医療費に消えていくんだ。

国が意図的政策によって老人で溢れかえり、インフラの維持すらできなくなるのは、10年後か、20年後か。

自分の将来すら心配なのに、益々状況が悪化する国で子供を作れるはずがない。未来がなさすぎる。

この時代子供を作らないことは子供未来を考える大人として当然の責任なのだ

でもオタクってさ、いざアニメーター漫画家給与が高くなったとして

市場供給されるのが高付加価値アニメ漫画ばかりになり

アニメ漫画の全体的な供給量が減り、

一部の雑誌メディア寡占化(アメコミマーベルやDCみたいに)したり、

全体的にコンテンツの値段が吊り上がったり、内容が富裕層(リベラルグロバリスト)

向けになると困るでしょ?

 

君らの好きな漫画アニメって要はジャンクフードな訳だよ

薄利多売で色んなメーカー、種類がある

内容もリベラル多様性を含んだフレンチ料理的小難しさより

直ぐに食って「うまい!」って叫べるような庶民的率直さが欲しい

懐石料理アップグレードするより、新商品を食べて新しい刺激を常に求めたい

 

そういうのを否定してアニメーターや漫画家の賃金を上げたいとホントに思うか?

結局、角川やら集英社やら経営を叩いてるのはポーズだけで

本音製作者には生かさず殺さずの現状であって欲しいっつう結論に至るよね?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん