「キャラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キャラとは

2017-07-27

語尾ベスト

作品名キャラは書かない

1位:~ってミサカはミサカは(ちなみにミサカはミサカはでググると「ミサカはミサカは うざい」が予測で出て来て悲しい)

2位:わっちの人

3位:電撃の人

4位:キメ顔の人

5位:ゲーセンにいる太鼓


殿堂入り:イカ

次点めがっさ


以上

スネ夫のび太友達だろうか

BSテレ朝チャンネルでよく、大山のぶ代さんが声をあてていた頃のドラえもんアニメ再放送されている。

先日たまたま休みだった日にテレビをつけたら、おそらく80〜90年代頃のドラえもん放送されていた。

最近ドラえもんアニメは見ていないため論から外すが、まるで20年以上もドラえもんアニメ漫画に触れてきたと言うのにその時突然、果たしてスネ夫のび太友達と言えるのだろうか?という疑問が湧いて出た。初めて湧いて出た。

私はずっと、そうと意識はしないまでも、ドラえもんの主要キャラクターの中でのび太しずかちゃんスネ夫ジャイアン友達同士だと思い込んできたことに気づいた。

しかし、よく考えてみれば、新しいビデオを入手した時に「このビデオは3人用なんだ」と言いのび太を仲間外れにし、別荘に旅行する時も運転手を含め車が4人乗りだからと言いのび太ハブにし、敢えて3人が楽しそうな写真のび太に送りつける。私が偶然見た再放送の話では、別荘に行くことは伝えてあったが、のび太が届いた写真を見て初めてしずかちゃんジャイアンも一緒に行っていることを知ったようなシーンがあった。こんな行為を、友達だと思っている相手執拗に繰り返すだろうか?

のび太勉強スポーツも出来ない、自宅で射撃あやとりを時々やって自分天才だと鼓舞するだけの冴えない小学生で、ドラえもん世界においても周りにいる人たちからいじめられ面白がられるという"キャラ"であることは理解出来る。

そしてのび太は、いじめられたり騙されたりしてもスネ夫ジャイアンが家に来たら玄関先で追い返したりしないし、時にはドラえもんの道具で遊ぶ時に誘ったりする。("優しいから"なのか?)

のび太にとってのスネ夫ジャイアンは、いつもいじめられバカにされる相手であるが、ドラえもん存在を盾にして見れば、自分ドラえもんの道具の利用によって優位に立てる(あるいは人の役に立てる)状況になった場合に、真っ先に優位に立ちたい相手なのではないかと思う。のび太自分ダメさをわかっているので、ドラえもんの道具を使用してスネ夫ジャイアンに勝つ、あるいは遊び場などを提供する権力の強いもの立場に立つ時が、最も自己肯定出来る瞬間なのではないだろうか。

変わってスネ夫であるが、私は彼がのび太友達だと思っているとは到底思えない。

彼のやり方は小学生高校生にかけての女同士の世界私自身幾度となく体験してきたものに非常に近い。

あいつはそういう"キャラ"だから、と言って相手をイジって面白がるふりをしてハブにする自分から遠ざける。一緒には遊びに行かないし新しいビデオも見せない。これは個人的体感で言えばのび太は確実に嫌われている。それもかなり、相当嫌われている。

スネ夫のび太に何か良い対応をする時、スネ夫目的は大体ドラえもんであるスネ夫ドラえもんだけにのび太の価値見出している。

のび太スネ夫関係はかなり複雑なものであるが、どちらかと言えばのび太側だった私の人生ソースに考えた場合のび太スネ夫友達だと思っているかもしれない。対してスネ夫はそうではないだろう。

ジャイアンは何も考えていないと思う。バカから

[]細野不二彦電波の城」(途中)

落ちぶれたタレント事務所アナウンサー志望の若い女がやってくる

その女はアナウンサーとしての実力はあるけど、すげー悪女幸運の持ち主

したたかさと真っ向勝負で周りを蹴落として成り上がっていく

悪女マンガ・・・でいいのかな

山崎紗也夏サイレーン思い出した

でもその女だけじゃなくてまわりの登場人物キャラ立っててドラマチック

gu-gu-ガンモの作者だってことは知ってたけど、子供向けギャグマンガだけじゃなくて、よくもまあこんなタイプの違うマンガかけるよなあ

すげえ漫画家をあげるときとかに名前あがりにくいけど地味にすごい人だと思う

あとなんとなーくだけど薄暮クロニクルも思い出したなあ

サスペンスというかミステリというか

なんとなくマンガ全体から感じる雰囲気が似てた

[]皆川フェード

キャラの顔のアップが透けて背景に重なるような漫画演出を指す。

漫画家皆川亮二が多用しているためこう呼ばれる。

貧乳キャラ巨乳に描く絵師

巨乳フェチなのか?なんらかの精神疾患でも持ってるのか?

絶対に許さない。

2017-07-26

みんなに届け

なんか不倫だの淫行だのなんだのなんだの言ってる人や世間は「君に届け」29巻(最新刊)を読め。ピン(高校教師主人公親友女子が好きになる)がとんでもなくいい男だぞ。そんでもってそれぞれのキャラモノローグも最高だぞ。

サラリーマン電車の中でスマホ見てたんだけど

ガラスに画面が映ってたからしばらく見てたんだけど、どうもゲームの画面なのね

フィールドっぽいところに頭身の小さいキャラが何人もいて、刀みたいな武器持って攻撃して、画面の下には名前とゲージっぽいのが映ってる感じ(小さいし遠いから詳しくはわからないけど多分そんな雰囲気

で戦ってるんだけど、その人の指が全く動いてなくてただ見てるだけなのよ

その後ひとしきりしたら画面にWINみたいな文字が出て、その時に画面を3回くらいタッチしてたんだけどその後バトルが始まったらまたずっとただ見てるだけだった

あれは一体何をしているんでしょうか

自分過去にやったのを見てるのか、上手い人のプレーを見てるのか、コマンド入力したらコンボ的なのが超続くゲームなのか

もし分かる人いたら教えて欲しい

男の娘」という呼称

の定着までには『はぴねす!』の渡良瀬準の影響が非常に大きくて、

渡良瀬準によって定着した」くらい言っていいように思うんですけど、

そのあたりの経緯をまとめてる人はいないんですかね。

(そういうキャラ類型元祖の話じゃなくてあくま呼称の話)

Wikipediaもそのあたりには触れていないですし。

俺の観測範囲内でそうだったというだけなのかな。

個人的に「男の娘」のイメージ準にゃん基準になっていて、

「常に自然体で女装しているキャラ、というか性別設定以外は全く美少女といって差し支えないキャラ

といった感じなんですけど、このあたりの認識正当性があるかを知りたい…

anond:20170521201159

ログインだけして、またレアキャラ出たらモチベ出ちゃうんだねーわかるよー

あんな、FGOに限らずどんなものにも当てはまるけど

プレイする理由なんてもん考え始めた時点で、やめるのをお勧めするよ。

そんな理由考えてまでやるほど大事もんじゃないよ。

大事なら続けりゃいいさ。

まあ文学少女観が何処から作られたのか知らないけど、確実にアイマスとかのイメージで出来上がってる事は確実で、それがひたすら気持ち悪い。

あのキャラ可愛いけど、何でそれと自分を重ねてアホだの言われなきゃいけねーんだクソが殺すぞ

知性がある振りをするなら、せめてお前の持ってる知識量で戦えよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170726144823

デスマは結局のところ俺TUEEハーレム物だから女子キャラキャラデザ声優が良ければ人気出そう。

物語は盾の勇者の方が好きだけど、どうだろうなー。

現実高学歴政治家現実エリート官僚現実天才学者現実ベストセラー作家現実の一流プログラマー、みんなボッコボコ馬鹿にされてるけど、それでもなお漫画に登場する天才キャラを「真の天才はこんなこと言わない!」と評する気持ちが分からない。

https://anond.hatelabo.jp/20170726123447

「そのキャラが知りうる情報だけだけだとそんな推理無理だよね」というのは天才ならざる増田判断なので実際のところどうなのか天才に聞いてみるしかない。

https://anond.hatelabo.jp/20170726122132

漫画頭脳派とかキレ者キャラ推理を見てると「そのキャラが知りうる情報だけだけだと、そんな推理無理だよね」みたいな状況でも作中では「相手作戦を見抜いて裏をかいた。すげー」みたいなことになってたりすることがある。

穴だらけの推理でも雰囲気ですごいことにするってのも横行してる。

https://anond.hatelabo.jp/20170726121912

真の問題は、作者に輪をかけて読者が馬鹿なことで、どんなに頭の良いキャラを作りあげても「こんなの現実離れしたご都合主義だよぉ〜」「周囲のキャラの頭を悪くして主人公ageするやつだよぉ〜」といった主観まみれの感想を垂れ流すことだ。でもそういう奴らは哲学用語とか引用して意味不明ポエムを書いたりすれば騙されてくれるぞ。

https://anond.hatelabo.jp/20170726121912

「作者が10時間くらいかけて考えたことを1秒で考えたことにする」

「作者が10時間くらいかけて調べたことを元から知っていたことにする」

「周囲の頭が良い人たちの行動をそのまま書く」

歴史上の偉人エピソードアレンジして使う」

このあたりがベストプラクティスっていうか普通にどの作家もやってる。

「作者より頭の良いキャラは書けない」という命題自体が偽。

高知キャラは作者の知能を超えられない問題

よく言われてるけど、そのキャラ以外のキャラを全員あほにするというのが今のところ最も正解に近いソリューションなのかな

それを極端化したのがなろうの転生モノ、ってところだろうか

ゴキブリはどこに行ってもゴキブリしかない

これは一個人愚痴しかないのですが、誰かに言えそうでもなく、それでも何処かにぼやきたくなった為ここに書かせていただきます

私は所謂世間で言う腐女子です。私自身の気持ち的に、元腐女子と言った方がいいかもしれません。

元々私自身が腐女子となったキッカケは高校部活の先輩のススメでした。

共通して好きだった作品を通して会話をしていて、誰が好きなの?と聞かれた時にこの人が好きです、と答えたところ腐向け作品を教えてもらったのです。

前々からBL存在は知っていましたが、さして興味も無く、手を出す機会もなかったので先輩のオススメを読んだのが二次創作BLに触れたキッカケでした。

読んだその時の感想としては絵も上手だし、好きなキャラが描かれている訳ですから単純な私は「ああ、これ凄く可愛いなぁ」と私は率直に思いました。

ただ今よく考えれば私の他人の顔色を窺ってばかりな性格も災いしてか、先輩が良いと言ったものから!と右にならえで賛同しただけだったのかもしれません。

それでもその先輩に「この前教えてもらったの、凄く良かったです」と感想を伝えた過去の私がいましたので、そこから腐女子としての生活が始まりました。

腐女子としての生活といっても何ら特別な事はありませんが、イベントに行く・参加する、漫画を買い漁る、ネット二次創作を見る、ツイッター交流する、などが主でした。

今振りかえっても、悪い思い出ではないです。寧ろ掛け替えのない思い出だと思います。楽しかったですし、とてもとても充実していました。

ツイッターで出来た特に交流が深い所謂価値観が近いフォロワーと、この作品面白いよ!と言い合ったり

この作品だったら「○○×△△」だよね、そうだよね!だなんて会話をして盛り上がったりというのはしょっちゅうの事でした。

ただ人間何が起こるか分からないもので、私はとある理由から一時ネットから退いたのです。

己の薄情さを自分自身ひしひしと感じましたが、それまでの関わり合いというのは一切シャットアウトしてただ一人殻に閉じこもるみたいな生活になってしまいました。

そんな生活に陥ってしまう程に自分としては精神的にもまいっていて、塞ぎ込んでいた所、とある作品出会いました。

こんな風に書けば大袈裟かもしれませんが、この作品のおかげでかつての「楽しい!」という気持ちも芽生えたし、新しいCDやグッズが出るから買いに行かないと!と当初は避けていた外出も行えるようになりました。

私としては純粋にこの作品がとても好きで、楽しくて、素敵だと思ったのです。ただ一人、その作品を見て読んで聴いて楽しんでいました。

そんな生活を続けていると気持ちも徐々に復活してきて、割愛しますが色々な機会もあったので、私はまたPixivであったり、ツイッターだったりそう言ったSNSサイトを閲覧したり、私自身も再び参加する様になりました。

ただとある日、その作品二次BL作品を見かけた時に私は今まで感じた事のない「嫌悪感」の様な物を感じたんです。

原作は勿論BLジャンルではないので○○と△△は付き合っていません。

友情関係の結びつきで○○は△△に「好き」とは言ったけどそれは別に恋愛感情ではなく、ブロマンスとして最高の感動シーンなはず。

それでも○○の△△に対しての感情を「恋愛感情」として置き換えた、そんな二次創作でした。

その事に対して私は嫌悪感を抱いたんだなと思いました。大好きな作品、その登場人物を歪められたと思ったんです。

そこまで思ってハッとしたのですが『私が今までやってきた事ってこれと同じじゃないか』と思いました。

私がとある作品大事なように、誰かにとってもそうである作品を今まで私は歪めて捉えてきたんだ。

それは原作者にも熱心なファンにも凄く失礼な事だったな、と本当に今更ながらに考えました。

考えれば当たり前の事なのだと思います。なんと自分は身勝手なんだろうと思いました。

今も昔も自分の楽しさ、自分の考えを押し通すように生きている、そう思いました。

ただ世の中に「腐媚び」という概念がある様に、そう明言されずとも明らかにそれを狙い澄ましたような演出があるのも確かだとは思いますが、それでも純粋作品を愛している人にとってはどうでしょうか。失礼に値するのではと思う訳です。

それでも一人一人に嗜好という物があるのですから二次BLを好んでしまう人が大勢いるのも仕方がないことです。

ですが今、ツイッターを覗いてみると「BL二次創作は当たり前」だと隠れず、何も見えないようにアカウントを非公開にもせず大多数からの閲覧が出来る状態で堂々と呟いている人が多いのが目に見て明らかです。

作品公式アカウントリプライカップリング名をツイートしてみたり、○○×△△は公式からツイートしてみたり。

自分の嗜好と合わなければ「地雷」だという言葉を使って他者殺傷物呼ばわりして跳ねのけてみたり、逆カプ(自分が好きなカップリング〔○○×△△〕とは逆の組合せ〔△△×○○〕)は潰れろと、自分過激派から~と前置きしていってみたり。

自分想像とそぐわない事が起これば「解釈違い」だと言ってみたり、ましてや公式に対して気に入らない事があれば「公式解釈違い」と騒ぎ立てる事も見かけた事があります

ましてやあるキャラ過去を知っているキャラが現れただけで「元カレ」だとお祭りの様に騒ぎたてたりするのは、個人的に「取り敢えずBLにしとけばいいや!」くらい、ちょっと軽率すぎなんじゃないだろうかとも思います

自分解釈を、自分の嗜好を何だと思っているのでしょうか。あなた公式なのですか。過激派から何言ってもいいですか?テロリストと一緒でしょう。と思うと、不信感ばかりが募ります

フォロワー数が多い人の発言鵜呑みして少数派の意見を摘み取っていくのも、つぶすのも、その発言がさも公式だと振舞う様にも首を傾げざるを得ませんでした。

ここまで来て、自分腐女子であった事に対して罪悪感を抱くようになりました。

マナーがいい方も、優しい方もいます。ちゃんとルールを守ってひっそりと楽しんでいる方もいます

それは当然の事でした。ただ自分自身、そんな勝手気持ちがムクムクと大きくなったのです。

誰に関係ある事でもないので、私はそっと「見たくない人は見なければいい(この意見も極端だと思いますが)」という意見の元、またツイッターPixiv等をパッタリ退会しました。

そんな中でも自分自身の汚い所で「私と同じ気持ち人間がいるんじゃないのか」と探してみたい気持ちになって、辿り着いたのがBLが嫌いな人達が書き込む掲示板でした。

そこの掲示板にもなかなか過激な事が書かれてありましたが概ね同意するような内容ばかりで頷く事も多かったのですが、書き込むルールという所に「元腐女子もここでは厳禁」と書かれてありました。

あぁここにいる人達からしてみれば、私も何ら嫌悪する対象と変わりがないんだなぁ、と思うと、そのページを閉じるしかする事がありませんでした。

それに私としては見る、見ないはさておき一次BL存在自体、何もおかしいとは思わないのです。

前にツイッターで「大豆は一度腐って納豆になったら、もう二度と大豆には戻れない」と書かれてありましたが、自分はそうでないつもりでも他者からしてみたら全くもってそうなんだと思いました。

腐女子俗称で「ゴキ腐リ」とありますが、やっぱりゴキブリはどこに現れようがゴキブリのままで、納豆納豆のままなんだと思いざるを得ません。

これが今まで通ってきた業だと思い、受け止めようと思ったのですが勝手ながら寂しいのも事実でした。

結果ここに甘えて、このような書き込みをしてしまう事を許していただければ幸いです。

随分と長々、自分勝手な事ばかり書きならべて申し訳ありませんでした。

追記

こういう場に書き込んだ以上矛盾した言い方ですが、こんなに人に見られるものなのだなと内心驚いています

この文章にて他の腐女子の方々を巻き込むように、ゴキブリと明記した事は配慮に欠ける発言だったと思います

一部界隈でそう呼ばれていた為、これを書いていた時はただ単純に自分を嘲る為に用いましたが他者の目に触れる以上大変不用意でした。

他の方の気持ち推し量らず、感情のまま書き並べて申し訳ありませんでした。

ただ同性愛差別をしていることにつながるのでは、という事に関しては同意しかます

ここまで書きたてておいて今更どう思われても仕方の無いことですが、ただ純粋作品の一キャラクター発言をそういう風には捉えてほしくなかったという一心だけでした。

そのキャラクターが同性に対して恋愛感情を抱いているようなニュアンスでの発言の上だったらこのような気持ちにもなっていません。

あと腐女子自体が嫌いになったわけでも「仲間にしないで!」といいたい訳でもないのです。

また、自分腐女子であったため腐女子マナーを例に挙げましたが、百合が好きな方であろうが、男女カプが好きな方であろうが人目に触れてはいけないものはいけないと思います

自分文章能力の低さや偏った思考を大変恥ずかしく思いますが、色々とコメントを頂いて自分を考え直すきっかけになりました。

このような稚拙で幼稚な塊のような文章を読んでいただき、またコメントを頂き、有難う御座いました。

仕事ストレスですぐにガチャを回す

別に今の仕事、忙しいとか疲れるってことはない

しろ他の人から見たらかなりぬるい環境だと思う

でも、俺にとってはすべてがストレス

雇われてる側なのに作業全般的自分がきめなくちゃいけない謎のシステム

自分以外周りが50越えおっさんだらけで話すこともない

ふわっとした仕様の決め方とクソみたいな打ち合わせ

毎回残業を頼んで雇った代金を浮かせようとするゴミ上司



もうストレス胃が痛い

こんななら地元コンビニバイトしてたころのほうがよっぽど楽だ


特に残業が続いたときは気づいたら帰宅後にitunesカードを手に持ってることがある

マジで覚えてない いつ買ったんだこれ?

そんで憂さ晴らしソシャゲガチャを回す

今のピックアップなんて欲しいキャラ一体もいないんだけど

SSRが出た演出だけで疲れが飛ぶ

最高


こんな生活、そんなにつづかない

漫画がつまらない(というか読めない)

俺が年食っただけなのか

最近ハヤリの漫画の良さがさっぱりわからない

 

やたら意識が高いと言うか、難しい専門的な題材や

社会問題テーマにしてて意欲らしきものは感じるのだけど

 

正直、その域に達してなくありませんか、と思う

 

セリフもごちゃごちゃして読みづらいし

絵もなんかCGで誤摩化してるだけで

肝心のキャラクター生気が抜けたような目をしているし

 

劇作品として読めるものになってないのに

生半可な知識理論武装した作者の身代わりみたいなキャラが出て来て

客観性を欠いた独りよがり演説みたいなものを延々ぶっている

 

はっきり言ってうんちく漫画としても

内容がさっぱり頭に入ってこなくて役に立たない

 

またこう言う捻った題材でなければ

一昔前ならニッチジャンル誌(ホラー誌やエロ雑誌)に載ってたような

普通の人はそこまでのものを求めてないような過激な内容で耳目を集めようとしたり

 

それもそんなに絵がうまくない

 

コンビニで売ってる漫画雑誌を時折手に取って眺めてみても

目が上滑りするばかりで全然内容に興味が持てない

 

難しい題材に挑戦するのは、恋愛ものとか人情ものとか

そういう普通の「キャラクター」が書けるようになってからで良いんじゃないですか

 

今の若者は、こんな人間味のないインクの塊で十分楽しめるって言うこと?

 

でも、そうじゃないから、漫画の売り上げも落ちてるんじゃないの?

2017-07-25

また水着ガチャは復刻かよ!!!

もういいよ!!!去年みたよ!!!!!!!!!!!

出すタイミング悪いよ!!!!!水着キャラが出てくる復刻シナリオ終わったばっかりじゃねーか!!!!!!

早く新水ガチャ出すかサプチケよこせ!!!!!!!!

メイドインアビス3話まで見た

今のところリョナ要素も無くて普通いいんじゃないの?

キャラキャスティングも好みじゃないからわりとどうでもいいけどさ

俺男勝りな眼鏡女嫌いなんだよね

君は最高のキーボードRealforce」を知っているか

 君は最高のキーボードRealforce」を知っているか東プレ製の、1枚2万円近くする超高級キーボードだ。このキーボードは、とんでもなく高くて、とんでもなく打ち心地がよくて、とんでもなく頑丈で、そしてとんでもなく愛おしい、最高のキーボードだ。

 俺とRealforce出会いは、中学2年の夏だった。パソコンオタクFPSをやっていた俺は、ゲームで強くなるために良い周辺機器を買おうと思った。ネット情報を調べているうちに目に止まったのがRealforceだった。そのキーボードは地味な見た目で、特別機能があるわけでも無ければ、デザインいいわけでもなかった。しかし打ちやすくて頑丈だという評判だった。価格は2万円。中学生にとっての2万円は、大人にとっての20万円に相当する。とんでもなく高価な代物だ。しかし、地味だけど上質な道具というものは、時に厨二心をくすぐる。俺は悩んだ末、貯めておいたお年玉をはたいて通販Realforceを購入した。選んだのは黒くてテンキーのない日本語配列のものだった。数日たってRealforceが家に届いた。始めて触る高級キーボードは、評判に違わない打ち心地だった。ザラつきのないなめらかな打ち心地。羽根のように軽いキー。指を動かすたびにコトコトと心地よい感触が伝わる。考えたことをそのまま文字にしてくれるような、体験したことのない感覚だった。今までキーボードを打つなんて面倒でしかなかったが、Realforceを買ってからキーボードもっと触っていたいと思うようになった。俺はタイピングゲームにのめり込むようになっていった。

 パソコンオタクだった俺は、パソコン勉強なら楽しいかなと深く考えず情報系の学科がある高校に進学した。高校偏差値べらぼうに低かった。俺自身顔面偏差値も低かったし、友達も少なかったし、スポーツも出来なかったから、自分に自信がまったくなかった。2年生になると、情報の授業でタイピングをやるようになった。コツコツとRealforceタイピング練習をしていた俺には、授業のタイピングは楽勝だった。周りの生徒が100文字打つ間に、俺は打ちづらい学校キーボードで500文字打った。しかし、俺はクラスで一番タイピングが早かったけど、それは周りのレベルが低いだけでタイピング界隈では決して早いとはいえないレベルだった。だからそんなことでは自信はつかなかった。ところが2年生の時、俺のタイピングを見た先生に、君はタイピングが早いかワープロ部に所属してタイピング大会に出ないか、と誘われた。部活なんて面倒くさかったが、大会に出るのは面白そうだと思って承諾した。次の日から俺は、パソコンオタクがひしめくワープロ部にRealforceを持って通うことになった。家に帰ってもやることはなかったし、友達も大していなかったから、俺は毎日放課後パソコン室に行って、2時間くらいタイピング練習をしてから家に帰る生活をした。Realforce文字を打つのは好きだったから、練習はあまり苦にはならなかった。高校3年生のある時、俺はタイピングの県大会に出た。初めての大会だった。紙に印刷された文章タイピングし、10分間で何文字打てるかを競う大会だった。キーボード規定はなかったから、当然自分Realforceを持ち込んだ。大会に出るといっても入賞する気なんて全然なかったが、なんと俺はその大会で優勝してしまった。ダントツ文字数だった。コツコツ努力し続けた結果、いつの間にか県で一番になっていたのだ。高校生だけの小規模な大会はいえ、県大会で優勝するという経験は、自分にとって圧倒的な自信に繋がった。この自信を与えてくれたのは、紛れもなくRealforceだった。タイピングが早いからって飯が食えるわけではない。でも、Realforceは、ちっぽけな自分に自信を与えてくれた。

 俺は高校卒業し、大学に進んだ。俺は情報系の学科がある大学を選んだ。大学では部に所属してタイピングをすることも、大会に出ることもなくなったけど、タイピング練習毎日続けた。大学生になっても、Realforceは常に俺の手元で活躍してくれた。その大学も去年の春に卒業した。パソコンオタク中学生が、今ではいっぱしの社会人だ。Realforceは、大したことない俺の青春の中で、常に手元にあった。

 そんなRealforceが、3日前に壊れた。おそらくもう寿命だったのだろう。基盤が壊れてしまったらしく、文字入力できない。かなりハード10年も使ったのだ。改めて見てみると、消えにくいと評判のキーの印字がすっかり薄くなっていた。これだけ使ったのだから大往生なのだろうが、壊れてしまったのだと悟った時、涙が出た。始めてRealforceを触って感動したときFPSで敵キャラを撃ち殺したときタイピングゲームで良いスコアを取れた時。掲示板相手論破したとき大会で優勝したとき徹夜大学レポートを書いたとき。今の会社エントリーシートを書いたとき増田仕事愚痴を書いたとき。最高の道具として、最高の相棒として、Realforceは俺に付き合い続けてくれた。Realforceが無い人生は、どんなものだっただろう。想像もつかない。

 昨日、新しいRealforceが届いた。見た目は相変わらず地味だった。見た目からは2万円もするキーボードだとはとても思えない。でも、俺はこのキーボードが最高の道具であることを知っている。黒くてテンキーが付いた英語配列の新しいRealforce文字を打ってみると、同じ打ち心地の製品のはずなのに、まだ違和感がある。でも、すぐに気にならなくなって、新しい俺の最高の相棒になってくれるだろう。(所要時間7秒)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん