「唐突」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 唐突とは

2017-08-20

ポリコレってのは最初からポリコレ棒によって他人を殴って気持ちよくなる」以上でも以下でもないよ

違うと思うならそれはポリコレ幻想を持っているだけ。

ポリコレは今も昔も他人を殴って気持ちよくなるだけの道具でしか無い。

その道具を振り回したがっている人間誘導して世論自分の方へと引き寄せている人もいるが、それはポリコレの応用的な使い方であり、そのシステムの根幹にあるのは棒で人を叩くと気持ちよくなれる人達玩具としてのポリコレだ。

人を叩きながらそれを正義だと言い張るのがポリコレだ。

風俗説教たれながらチンコ弄ってるオッサンと同じレベル行為だ。

風俗説教おじの方が、然るべき場所で金払ってその時間を買って契約範囲内で行動してる分まだずっとマシだけどな。

唐突にやってきて自分たち気持ちよくなるだけ気持ちよくなったら棒と怪我人が散らばった惨状を放ったらかしにして次の場所イナゴしていくポリコレよりも風俗説教おじの方がずっとマシだけどな。

ポリコレなんて本当にどこまでも低俗なだけだよ。

そこを誤魔化しているかポリコレに関する議論はいだって何かがおかしくて違和感が残る代物になるんだ。

はてサは何回こういう腹話術やるんだろう

匿名ダイアリーで何回やった?

こういう

「ぼくは自民支持者ですが人生終わってるクズです」

わたし韓国嫌いですが人生終わってるクズです」

っていう不自然かつ唐突自分語りエントリ


自民党支持者や韓国を嫌う人が憎いのはよくわかったけど

そうやって脳内ネトウヨ」を育て続けて

藁人形どころか腹話術勝利宣言するの

キチガイ一直線すぎてやめた方がいいと思うし

目に入るとこっちが恥ずかしいから本当にもうやめて欲しい

https://anond.hatelabo.jp/20170820004725

2017-08-19

https://anond.hatelabo.jp/20170818145631

問題自体は明確で、上司セクハラをしたのが悪いのだから、そこを解決するべき。

できれば被害者が爆発する前に先に上司の方から被害者たちに謝って「もうしません」と誓ってもらうのが良いと思う。

増田の「嫌じゃない」がどういうレベル意味なのか分からないが、増田が嫌じゃないか

A.全員被害を受け続ければいい

という選択はあまりすべきではないと思う。はてブに既に出ている

B.2人きりの場合にはよしとする

上司と話をするか、

C.残念だと思いつつセクハラ拒否する

ようにするべきだと思う。どちらにしろ人前でセクハラを許容してる姿を見せないようにする、というのは大事だと思う。

あと、もし上司が人としてちゃんとしてる人なのであれば、「女の子たちが貴方のこういう行動に怒りを感じ始めていて、会社に訴えようとしています」という話を増田からしといた方がいい気がする。男は察しない生き物で、拒否されなければ迷惑だと思われてることに気付かないことがあるので。

あとは女子連合に付いて

D.唐突に断固拒否宣言する

というのもあるか。唐突であればあるほど上司が受けるダメージが大きく、女子連合が喜ぶパターン上司を好ましく思うならやるべきではないと思う。

女子連合に参加するかどうかは増田被害意識共感できてない点も含めて悩ましいところだけど、

・参加しないだけで何言われるか分かったモンじゃない

・もし次に生理的ダメなヤツから同様のセクハラを受けた場合、味方についてくれる人が誰もいないかも知れない

といったことを考えると、多少共感できなくても参加した方がいいと思う。

折を見て上司に状況を伝えてC(やんわり拒否)、女子連合には消極的参加、が良いのではないかと思う。

以上、提案

下女脳用。

上司の魅力を理解しない人たちに囲まれて大変そう。しか同調圧力って…。嫌かどうかとか個々の問題だし、巻き込むことないよね。

みんな大人なんだから、冷静に話し合っていいところに落ち着くといいね。巻き込まれ事故大変そうだけど、応援してる。

いい夢見た

さびさに気分のいい夢を見たので書く。淫夢じゃない。

街中の公共スペースみたいなところ。渋谷ビルにあるような大型テレビ映画が流され続けているスペースがあって、僕はそこでテーブルに座って映画を見ていた。

途中から見たんだけどスプラッター映画で、なにか異常な感染をした大量の人々が無目的かつアクロバティックにウロウロしている。ゾンビ映画という感じではなくて目的なく、感染した人同士も追いかけあって腕を折ったり首を締めたりしていた。ピエロスパイダーマンみたいな動きでビルの間を縫って、ほかの感染者を縛って得意げな顔をしていた。

そこで唐突に正面に座っている女の子からしかけられた。黒髪ショートカット、顔はややくっきりしていて、まあまあかわいい。その子のことはまったく知らないけど、その子は何度か僕を見かけていて、僕の愛称も会話の中から知っていたようだ。戸惑いながら会話をして映画に向き直ると、唐突にそれは終わっていて、「えっ、いまどうやって終わったの?」みたいな会話をした(あの状態からなにがどう収束したのかまったくわからない)。

次にはじまったのは女子高生カンフーをやる映画

僕とその子は気づいたら席を移動していて、カウンターで並んでいた。映画は見える場所ではあったけど、もうさっぱり関心がなくなっていた。その子はなにかを机に鉛筆で書き始めて、くっきりしてかっこいい字をしていた。縦読みして電話番号かなと思ったけど、なにか古い詩みたいなものを書き付けていただけで恥ずかしかった。

そこで目が覚めた。

2017-08-17

オッス!オラ小説家になるのが夢のどこにでもいる普通増田

でもここ15年で書いた小説未満の駄文は全部合わせて100行未満!

それなのにいつか小説家になれると思ったままなんだからオラワクワクすっぞ!

マジで唐突覚醒していきなり文庫本1冊分ぐらいならアッサリしあげてそのまま芥川賞GETとか思ってるのかねオレは。

流石にいい加減現実見ろよと思うんだけど、こんなくだらん妄想でも将来に対して何か明るいビジョンを持っておかないと人生が嫌になって電車ダイブかましそうだ。

俺を発狂させないためのストッパーになるからって事で、実現する気のない夢を見続けているのかも知れないな。

夢を実現させるのが目的ではなくて、夢を見ること自体目的となっているという歪な姿が俺の諦める理由はいくらでもあるのに諦めるとは到底思えないこの夢の正体なのか。

なんだそれ……

聞かせる奴によっては

アドラー心理学は本当だったんだ!」

とでもほざかれそうなレベルで滑稽な手段目的過程と結果の逆転現象が起きてやがんな。


はい

今更現実を見て現実的な夢(人生の目的目標)を探そうとした所で、何か見つかるとも思えないな。

日本百名山制覇?

山登り自体面白いとは思えないのでヤマノススメオタクにでもおまかせします。

軽く漫画練習してツイッターで白ハゲ漫画描いてチヤホヤされる?

承認欲求には飢えてますが飢えてるなりにグルメですのでそういう担がれ方はちょっとね。

グルメグルメツアー

今更頑張ってもそんなお金が稼げるとは思えませんね。

お金稼げるように頑張る?

頑張りたくない。

安くて美味いお菓子を沢山食べる?

ラーメンレビュワーみたいに体を壊すのがオチ

健康的な体づくり?

頑張りたくない。

小説家になるためにまずは本を沢山読む?

実は本はあまりきじゃない。

往年の名作ゲームの制覇?

ゲームも飽きてきた。

アニメドラマ映画ライブやその他もろもろ?

大体どれも飽きてきた。

恋?

恋愛物の過剰摂取でそれも飽きた。

友達100人

人付き合いにももちろん飽きてる。

この人生は本当に何がしたいのか。

多分もう何もしたくないんだ。

一度ゆっくり休みたいんだと思う。

小説家になってチヤホヤされたいってのも、人生をやりきって1人の人間分として十分な結果を出したと自分に言い聞かせたいんだと思う。

それと一度ゆっくりしてそのまま再起不能になっても問題ない程度の金を手っ取り早く手に入れたいのだろう。

人生に疲れてるんだ。

とにかく一度休みたいんだ。

今の世の中は俺たちが想像してる異常に競争社会なんだろうな。

いつだって結果を求められる。

休んでいる間すら、何か仕事の役に立つヒントは掴めたのかと問いただされたりする。

休み方にすら有意義であること、リフレッシュしきる事、休み明けからバリバリと働けることが求められる。

とにかく疲れる。

まらない。

どこまでも休まらない。

一度冬眠したい。


もしもこれが一人プレイゲームならとっくの昔に一度セーブして別の事をやっているだろう。

レベリング疲れたRPGや、クリア後のトロフィー集めにウンザリしたゲームからそっと距離を置くように、そこから離れて別の事をやりたい衝動でウズウズする。

もしこれが本ならば一度閉じて別の事をしているだろう。

ビデオだったら一度TVごと電源を落としているはずだ。

小説家を目指してると言っておいて実際は全く書いて無い奴らしいありきたりな表現だと自分でも思うけど、表現のしかたはともかく気持ち的には本当にコレなんだ。

一度人生から丸ごと離れたい。

寝ている間は人生のことを忘れられるはずなのに、夢の中でもふとそれが夢であることに気づいた途端に自分本体現実に有り、そのハードウェア上で動くソフトウエアとして夢が存在しているという事実に気づいてしまう。

眠っている時間は休んでいる時間であり、それはつまり、休んでいる時間にしっかり休んで仕事等で結果を出すための準備の時間として扱われてしまうのだ。

夢の中にいる間すら完全に現実からは切り離されていない。

現実バリバリ頑張るために必要クールダウンに過ぎない眠りの時間は、結局は現実の一部のままなのだ

夢から醒めて現実から帰ってきたとき、再び二度寝する事も出来ないわけじゃない。

仕事場に一度電話を入れたり、そもそも休日だったりすればいいだけだ。

でもそうじゃないんだ。

二度寝して三度寝して四度寝してトイレに行って少しお腹を満たして歯を磨いて五度寝して……それを百億回繰り返してもまだ百億一度寝が出来る状態を俺は求めてるんだ。

実際に百億回二度寝がしたい訳じゃない。

無限に休んでも何ら咎められる事がない、完全に人生時間が止まった休憩時間が欲しいんだ。

でもそんなのは手に入らない。

だけど金を沢山持ってセミリタイアをしてみせたのならそれに近いことは出来る。

でもただ金を持ってるだけじゃケツ吹く紙にしかならなくなった時に困る。

からそんな時でももう一度金を作れるような力が欲しい。

それと単に沢山金を手に入れるんじゃなくてしっかり人間社会に貢献したという形で金が欲しい。

そうじゃないと何だか納得できない。

納得できない状態で何もしなくて良くなると、自分のような弱い人間はきっと自分を苛め抜いて自滅するだろう。

から正当な理由で金を手に入れたい。

たとえ金の価値が何度暴落してもそのたびに何度でも金を手にするような力が欲しい。

そんな方法として、何か自分にも出来るような物として、自分小説家で億万長者という幼稚園レベルの夢を見たのだろう。

小説文章を書くだけだからもしも俺が超天才だったなら才能が覚醒さえすれば(どんな前提だ)、億万部だって楽勝に達成できる。

から俺は小説家になりたいと思ったのだろう。

意味不明だ。

冷静に考えると意味不明過ぎる。

だけど意味不明な物に根拠のない自信を持つと逆に理屈が通ってる気がしてくる。

スポーツや絵と違って才能の無さを証明するのも難しいという事が一役買っている面もある。

とにかく俺には夢が必要だったんだ。

滅茶苦茶でもいい。

いつか思いっきり休んでも問題ない日がやってくるという夢が。

その夢に向けて歩もうとする気力すら無いけど、その消えかけの気力を夢が支えているんだ。

何がどうなってそんな事になっているのかもう分からんけど、俺の心はいつの間にかそういう構造になっていたようだ。


最初に言ったけど本当にこんな奴どこにでもいると思う。

小説家で億万長者という夢は実に陳腐だ。

とにかく休みたいという願いを持ってる奴も沢山いるだろう。

だってこの世界は余りにも心が休まらなすぎる。

天国の話に人が惹かれるのは、そこで幸せになれることよりも、そこに行けばもう頑張らなくてよくなるからなのかも知れないな。

ただ単に頑張らなくてよくなりたいだけなら死ねばいいけど、死ねば頑張らなくてよくなった自分観測出来なくなる。

それだけじゃない。

死を感じれば本能自分に頑張れ頑張れと命令してくる。

それを無理に捻じ曲げれば自分の中から出てくる言葉自分いつまでも切りつけてくるようになる。

それじゃ結局辛いから頑張るしかなくなる。

そういったシステムから脱するには、肉体を捨てた上で観測者としての意識を残して、努力不要とする世界に行く必要がある。

なるほど天国ってのは本当に理想だ。

しかしたら俺は小説家なんて目指してないで(全く書いてないくせによく言う)、神にでも祈るべきなんだろうか。

でも流石に話がうますぎるな。

よく出来ていすぎるからリアリティがない。

ご都合主義臭いがしてならない。

小説家を目指してるせいで見え見えの作り話に見えちまうぜ。

やはり現実を見るしかないな。

現実を見て、小説家を目指す夢を追い続けよう。

2017-08-16

キモいからキモいと言ってるだけなのに唐突に「ポリコレがー」「フェミがー」という謎の藁人形を量産する人達の怖さよ

自分脳内他人脳内区別曖昧大人の多さ

誰にでもツーカー出来ると思いこんでる奴らが沢山いて目眩がする。

初めて行くコンビニでもレジで「セブン!」と注文すればマイルドセブンライトが出てくると思い込んでるような人種

伝えるべき情報の3割も伝えれば相手が残りの7割を脳内で補ってくれて当然だといつも考えてる人達

彼らは病気だ。

自分が知らないことは皆も知らないと思っているし、自分が昨日知ったことは皆も昨日知ったとすら考える。

他人他人で、自分自分

そういう感覚がまだ身についてないのだろう。

皆一緒でお手てつないで同調圧力しましょうねの世界純粋培養されすぎたんだろうか。

そういう連中は言葉の使い方が雑だ。

唐突に「ザギンでシースー」みたいな喋り方を始める。

何も面白くないのにニヤニヤと笑いながらそうやって喋る。

頭の悪い相手とわざわざ喧嘩してもしょうがいか愛想笑いで受け答えするけど、本心では馬鹿なの?死ぬの?と思っている。

自分他人自分区別がついてるから、思っているだけじゃこちらが本心では嫌がっている事は伝わらないと知っている。

からいつまでたっても奴らがそういう生き方をして他人迷惑をかけていくのを辞めないのも仕方ないと割り切ってる。

だって教えてないんだから

そういうの迷惑ですよってこちらが教えてないんだから仕方ない。

何で教えないのかと問われれば、わざわざ頭の悪い奴らと言い合いなんてするだけで損だからだ。

彼らは本当に可哀想な輩だ。

そうやって見捨てられ続けて歳だけ食った子供のまま太鼓腹だけが大きく育って心の有り様は幼稚園児のまま。

自分が言っていいものか悩むけど、誰か手を差し伸べて救ってやろうと考える人は周りに居なかったのだろうか。

そして、そういう救われずにここまで育った大人が沢山いることに、日本人の冷酷さを感じざるを得ない。

2017-08-15

彼女の家で漏らした。

まさか自分がやってしまうとは思わなかった。齢26にして漏らしてしまった。今日しか彼女の家で。

こんな内容はもちろん自分ブログに書けないので、脱糞にふさわしいこの場所で書き出したいと思う。不思議とつらい気持ちはなく、清々しい気分である

以下、うんこというのは忍びないので、ブラウニー統一させてもらう。


その日の東京は朝から薄べったい雲が空に延びていた。6時起床。思えばこの時から腸の状態が悪かった。

朝食を食べ、彼女仕事の身支度、僕は休みなのでだらだらしていた。この間もずっと腹痛があって、なんだか危ないなという予感はしていた。

事態が変わったのは、彼女が家を出る9時ごろ。突然、僕の腸が、というか、僕の中のブラウニーが主張し始める。


出たい。ここから出して欲しい。


唐突ブラウニーの訴えに僕は焦った。普通ならば即トイレに駆け込むところだが、僕と彼女はまだ付き合って間もない。

熟年夫婦のような間柄ではないから、ブラウニーしてくる、と言ってトイレに行くわけにはいかないのだ。しかも腹を壊している時のブラウニーだ。

きっと強烈なサウンドを伴うだろう。壁の薄いアパートでは、破裂音が伝わってしまう。

僕は、自分を取り繕うよりかは恥を曝け出すことを選ぶ人間であるため、この時も、今の状態を素直に彼女に伝えた。

恥をしのんで言う、ブラウニーを出したいんだけれど、君がいるから恥ずかしくてトイレに行けないんだ。

そう伝えると、彼女は「わかった!じゃもう家でるね!!」と言って身支度を早々に終わらせてくれた。

彼女が急いでバッグを持ち、玄関へ走る。靴を履こうとしている。

しかしもう限界である

本来なら玄関で見送るところ、この日は本当に限界だった。僕は「あかん!!」となぜか普段使うことのない関西弁叫びながらトイレへ滑り込んだ。

彼女はもう靴を履いて出るはずだ、ズボンを脱いで早くすっきりしよう、と思ったその刹那、「しまった靴下忘れた!」という声と共に、騒がしい足音が近づいてきた。

彼女が部屋に戻ってきたのだ。

ここで僕はパニックになってしまった。僕の計画では、彼女が家の外に出た瞬間にズボンを脱ぎ、ブラウニーを射出する予定だった。

その彼女があろうことか戻ってきたのだ。タイミングがずれた。

だがもう肛門限界である。出さなければ。この時の僕はパニックになっていた。

ズボンを脱ぎ→座って→ブラウニーを出すという、人生で数千数万と行ってきたルーチンワークが脆く崩れ去った。僕はなぜかズボンを脱がずに便器に座ってしまった。そして出した。ズボンの中にブラウニーが溢れ出す。

さっきまで体の一部であった半固体の物質が、行き場を求め、狭いズボンの中でせいいっぱいの伸びをした。



彼女の「行ってくるね!」という声と、走る音。

古いアパートのドアが閉まる、がちゃんという軽い金属音が鳴り響くと、部屋は静寂に包まれた。

僕はその間も、依然として便器に座って動けないでいた。遠くから蝉の声がする。世界がやけに静かだ。後に残るのはただただ悪臭だけである


冷静になった僕は、淡々と処理を行った。ズボンパンツ、そしてブラウニーのついた便座、我が愛しの臀部。

優れたスポーツ選手は"ゾーン"に入ることができるというが、あの時の僕はまさしくそ状態だった。

自分がすべきこと、すべきでないこと、洗うべきもの、捨てるべきものが、まるで一流の軍師のように、頭の中に整然と並べられ、滞りなく処理されていった。


一通り清掃を終えると、僕は最後に、ブラウニー付きのパンツ成城石井ビニール袋に入れ、コンビニゴミ箱に捨てにいくため外へ出た。

成城石井の袋は不透明のダークグレーだから、こういうときに役に立つ。いつ脱糞当事者になるか分からないこの現代では、重要ライフハックだ。

コンビニでは、心の中で何べんも謝罪をしながら、高い商品必要以上に買って、せめてもの罪滅ぼしにさせてもらった。本当にごめんなさい。


帰り道、どっさり買い込んだコンビニ袋の重さを感じながら、ゆったりと歩道を歩く。時刻はまだ9時半。

ふと、漏らしたことで、普通に用を足す時以上に、清々しく、爽やかな気分になっていることに気がついた。

平日の街は普段通りで、人が行き交い、車が走り、鳥が歌っている。

空はまだ曇っているが、気持ちのいい風が吹いていて、思ったよりも暑くない。

街路樹を揺らす風が、僕のおしりを撫でて、そして消えていった。

https://anond.hatelabo.jp/20170814032128

松原早耶、確かに初期の頃の特徴としてはぶりっこで愛の重いPラブ勢といった感じで後発の佐久間まゆと重い愛属性が被ってしまったという点はある。

(「そっくりな別キャラ」というのがアヒル口繋がりでたまに名前を間違えられたりする間中美里さんという可能性もあるがひとまず置いておく)

だけどここ最近彼女の描かれ方は明確に「Pに一途な女の子」とは別のもう一本の方向性が定まったように思う。

デレステ個人コミュに顕著だが、彼女自分の「ぶりっこ」(と、おそらく「ミーハー」も)というキャラが時に他人に嫌われやすいことを自覚している。

こうありたいと願う、自分可愛いと感じる自分の姿が世間に受け入れられないことに苦悩している。

そうして自分のあり方について悩んでいたところでPに早耶の「可愛くなりたい努力」を肯定され、ついていくことを決める。

今の松原早耶は、今のデレマス公式が描いていきたい松原早耶のストーリーは、

「周囲の反応に負けず、自分の好きなことを貫く心の強いアイドルになる」ことなんじゃないかと思っている。

(このテーマデレステのR特訓コミュに明確に表れているのでみんな見てくれ)

この方向性がはっきり提示されるようになったのはデレステ登場以降でつい最近だが、その基盤はだいぶ前から作られていたように思う。

自分がそれに気付いたのはアイドルバラエティ手作りライブプロジェクトの時で、ゲーム大好きアイドル三好紗南ちゃんとの会話を読んだ時だ。

ライブ衣装に肩パッドと大剣を装備したRPG勇者スタイル衣装を考案した紗南の提案を早耶は全く否定せず、ツッコミも入れず、「かっこいい」と受け入れた。

実現の難しい紗南のアイデアの良いところをたくさん見つけて、可能な部分はなるべく取り入れて衣装を作った。

その上紗南のゲームトークに乗っかり、おすすめゲームを聞き、一緒にゲームショップに行く約束も取り付けた。

その時、松原早耶は決して人の「好き」を否定しない子なのだ、そして他人の好きなことに興味を持って自分の好きなことをどんどん増やしていく子なのだと気が付いた。

そして、おそらく早耶が人の「好き」を最大限尊重するのは、自分の「好き」を否定される辛さを知っているからでもあるのだ。

一見ただのミーハーに見えがちな早耶の本質というのは、そういうものなのだと思う。

(そういった早耶の他人の好きなことを尊重し、尊敬し、好きの輪を広げていく姿は最新カードカラフルリフレッシュの「みんなの『好き』、早耶も好き!」というセリフ

カード登場時の劇場904話にとても良く表れているのでこれも見てくれ)

デレステモバマスとはパラレル世界なので、モバマス世界での早耶がPについていこうと思ったきっかけの出来事はわからない。

でもきっとプロデューサーや仲間のアイドル達やファンから承認を得た早耶は、アイドルになった当初よりも、自分のあり方に自信を持っているはずだ。

これから少しずつアイドルとしての自分確立させていくであろうデレステの早耶にも、仲間達とたくさん好きの輪を広げていくであろうモバマスの早耶にも注目してみてほしい。

元増田に限らず、早耶について「ぶりっこ」「愛が重い」「松浦亜弥」というくらいの認識しか持っていない人を結構見るので新たな視点提供になればと思って自分の思う松原早耶について書きました。

お上記の文章自分妄想勝手解釈がふんだんに含まれるため本職の松原早耶Pから批判・訂正・ツッコミをお待ちしています



(※アイバラで紗南に唐突に「…ありがとう、紗南ちゃん」とお礼を言うシーンについて、早耶はゲームに一途な紗南に少し引け目を感じていたのではないかという話もしたかったのだが

肝心のセリフスクショがどうしても発掘できず自分妄想による偽記憶可能性が捨てきれないのでやめておく)

2017-08-12

デレステミリシタ同時にイベント

live partyはランダムドロップ期待しつつぼちぼち。

ミリシタのほうは順位限定(50000位内)があるけどどうするか。正直ボーダーわからん限定衣装付とくれば荒れそうだけど。実プレイ人数がいまいちからない。デレステだとたぶん20万人台ぐらい(いつもじゃなくて、気まぐれに少しだけプレイするみたいな層も含む)かなあという感覚だけど。ミリシタは正直その辺がまだわからない。

ライブチケットがあるというのも一因だと思うけど、ライブ使用元気が最大元気に対して大きかったり、細かいところでバランス悪い印象がある。ただ中長期的に改善していったゲームもあるから現状様子見か。

あとこれは多分に個人的に受け付けない以上でも以下でもない案件だけど、ミリタコミュの3Dがやっぱりあわない。特に会話の中身に応じていろんなポーズというかリアクションするあれがなんか無理。もしかしてADVとかギャルゲーとかのせいで2D立ち絵自分最適化されちゃってるんだろうか。

それはさておき、デレステの追加一コマ真奈美さんがまさかの続きだった。菜帆さんの一コマは菜々さんのライフは1時間しか持たないのでやめてさしあげてっていう気分になった。そこから連想で奏さんの前の一コマに対する反撃からの流れでウサミンコーデな奏さんのカナミンデビューみたいな話を思いついたが誰か書いてないかな(要望

あと、唐突に来た追加衣装ですがL.M.B.Gだったので課金しようと思った時にはすでに

おじゃる丸スペシャル 忘れた森のヒナタ見てやったぞ

つまんねーな

そして教育的にも良くできてない

まずおじゃるでやっている事の意味がない

最後にエンマ大王が出てきて言わせたいことを言うだけのスピーカーしてた所だけは、おじゃるキャラの使い方としてマシだったけどそれもおじゃる丸のエンマだからこそって訳ではない

そもそも鍵開けて場面転換してからがあまりにも戦争教育テンプレ杓子定規すぎて作品全体がおじゃる丸でなくなってる

それまではおじゃる丸だったのに急に別の何かになった

その中ではエンマのセリフとおじゃるの「分からん」だけがかろうじて残ったおじゃるらしさ

他はおじゃる丸キャラの皮を被った別の何か

それでも教育番組として良く出来てるならおじゃるの皮被った別の何かでも評価するけどそうでもない

過ぎた事は無かったことには出来ないを伝えるにしてもあれじゃ「忘れてた方が幸せだった」で反論しきれちゃうと思うんだよな

思い出したくないけど思い出さなきゃいけなかったのが伝わらねえ

戦争に巻き込まれた者達の悲しみの描き方も駆け足気味かつノー伏線からいまいちさらんのよ

その中でも腹にBって書いてある鳥が覚醒後はイケメンとして描かれて終始カッコつけたまま終わってるのが特におかし

飛び方を知らないままのアホから英雄みたいになってんじゃねえか

悪の帝国を滅ぼした英雄の面だろアレじゃ

確かに当時の日本は間違ってたのかも知れないけどお前がキリっとばかりしてないで加害者自覚もっと誠実に向き合わないならストーリーが成立しないだろうがと

そこの悲しみがあるから「忘れたい」ってテーマに繋がるんじゃん

被害者加害者が一緒に忘れたいと思ってる話にしたかったんでしょ?

それならそこは全キャラそういう方向で足並み揃えようよ

それもこれもやっぱ後半が駆け足すぎるからなんだと思う

時間不足で急にガチガチ反戦教育始まってアンバランス

前半からガラりと空気変えて強いインパクトを与えたかったんだろうけど時間配分がね

もうちょい前半のうちにも後半への布石を撒きつつ動けたんじゃないかなって

教育要素を後半に押し付けたせいで色々と唐突なのは本当に勿体無い

最後まで娯楽番組しつつ教育番組しつつのバランスを維持するか、もう最初から教育のためにすべてを傾けるかのがバランスのが良かったんじゃないかなと思う

はいえね

増田ハードル上がってなくていきなり見て急にB29来たら「うおおおおおおお」だったかもね


現場からは以上でーす

一般の人が書いた風情のあるブログが読みたい

唐突ですが私の出身地北海道旭川という片田舎でして、その旭川に住む40代男性と思われる方が書いてるブログが私のお気に入りです。

サフラン放浪記

http://tarmericman.blog.fc2.com/

旭川のお店や行事歴史なんかを淡々レポートしています

故郷情報が知れるのと独特の文体が好きなのとで、登録したRSSリーダー更新があるとウキウキして読みに行ってます

このブログのように、有名人ではなく普通に暮らす一般の人が書くブログで皆さんのお気に入りがあったら教えてください。

いわゆるヲチ対象とかアルファブロガーとか収益目的としたブロガーが書くライフハックとか技術ブログとかそういうんじゃなくて、全く無名な人の生活の断片が垣間見れるようなものが良いです。

例で言うと以下ようなブログです。

チャリカフェ

http://ccc-cc.cc/

これは有名なブログですが、ふじこさんが書く撲滅苦愛も好きでした。ここ数年更新がなくて悲しいです。

撲滅苦愛

https://ameblo.jp/jyoutou/

よろしくお願いします。

2017-08-09

スラック(笑) 証跡(笑)

頑張りが正当に評価されなくてすごく辛いって言ってる奴から連絡が来て「(そっちから要望たらこっちから一瞬で結果が出てくる茶番をやるので)チャットに書いておいてください」って口頭で依頼したら元気よく返事だけが届いて宙に向かって熱となって消えていって、後で横から「何か唐突文書が増えてるんですがこれは何ですか」ってクエリが来て経緯説明要件の再伝達が発生した

2017-08-05

突然思い出した歌

若き日の夢の続き 遠く遥かな旅路

っていう出だしの歌を唐突に思い出した。

ぐぐってみたら子供の頃に見たNHKアニメ主題歌だった。

子供の頃、NHKアニメとか名作劇場は色々見たんだけど

覚えてる音楽って「冒険者たち」と「夢冒険」とこれだけだった。

多分30年くらい経ってるし、名作劇場が終わったあと全く聞いてなかったし、(冒険者たちと夢冒険しょっちゅう聞いてた)

あれから何百曲という音楽を聞いてきたのに未だに刷り込まれてるなんて、谷村新司すげぇなと改めて思った。


なおアニメの内容は小動物少女以外全く覚えていない。

2017-08-03

https://anond.hatelabo.jp/20170803160720

アフリカ系よりヒスパニックの方が多いんだが…

いきおいで「ヒスパニック」と書いてしまって

マンパワーとしてどうなんだ」と思ったけど

結構数いるのに名の知られた俳優監督ライター割合として少なくないかなと思ってそのままにした。

それにヒスパニックの国々は合衆国距離的に近いしメキシコとの移民問題とか結構根深いじゃん、

発言力を持たせるということから

もっとヒスパニック寄りの映画が出てきたほうがいいんじゃないかなと僕は思う

そもそもヒスパニックの人はあんまりホワイトウォッシュ問題に口挟んでない気もするが…

つか中国なら舞台にしたり俳優活躍している作品もそこそこあってヒットもしてるんじゃない?

ごめんどれ?

白人アフリカ系が中国行って何やらみたいのとか

資本中国インドが絡んでるから媚びて唐突アジア感出したようなのはなしで。

2017-08-02

無職のおれが語る、エロいい話

「ナニシテルノ〜?」

それは衝撃的な出会いだった。

高校1年、当時陸上部だった僕は、近所の公園スパイクにピンを入れていた。

土のグラウンド用のピンを、明日試合に備えてタータンのものに替えなくてはならない。家でやると土が落ちて部屋が汚れるので、公園でやっていた。正方形の小さな児童公園だった。

直前までジョギングをしていたので、ジャージ姿でベンチに座りながら黙々と作業していた。陽は落ちていて21時くらいだったと思う。公園には僕ひとり。

月明かりに照らされて、

アンリミテッドボーカルに似た女性がフラッフラの状態で近づいてきた。

https://youtu.be/qM5W7Xn7FiA

今にも彼女はぶっ倒れそうだった。

================================

暗くてよく顔が見えないが、外国人っぽい。

彼女はなぜか僕の隣に座り、「アツイネー」と言った。

外国人だという憶測はそこで確信に変わった。

当時の僕は『GENT』や『DICK』などの洋モノエロ本を好んで読んでいたので、

異文化交流にはまったく抵抗がなかった。英語の成績も良かったし、むしろウェルカムである

ただ、どう見ても彼女英語圏人間ではなかった。年齢は40歳は超えていそうな感じだ。50歳くらいかもしれない。

「あ、暑いっすね」

「ナニシテルノ〜?」

スパイクにピンを入れてました」

「ワカラナイ〜」

このように、会話はすこぶるはずんだ

================================

都会の夜はなんでもありだ。あらゆる事態を想定せねばならない。

まさに「No Limits」である

ふと、彼女が言った。

「アシ、マッサージシテ〜」

僕は黙って彼女の太ももを揉んだ。手の感触からデブだな」と思った。

「ハー、ツカレタネ」

どうやら満足しているようだ。

すると彼女が「ワタシモシテアゲル」と言った。

まずい、これはまずい。

男子校出身の僕はそれまで3年間一回も母親と妹以外の女性と喋ったことがない。

息子はすこぶる元気になっていた。しかジャージ姿なのでそれが非常にわかやすい。

ええい、ま、ままよ……。

僕はかまわず足を差し出した。

彼女タマに触れるくらいの勢いで、メンズエステなみの質の高いリンパマッサージを施してくれた。いや、触れるくらいどころか、完全にタマにも棒にも触れていた。そして、なぜか僕の手を取り自分の胸に当てた。

唐突だった。

「あ……」

微動だにしない僕を見て彼女

「ハズカシガリヤネ」と言い残し、フラッフラになりながら夜の公道へと消えていった。

================================

今だったら言える。

足をマッサージされた瞬間に

「ついでにチ◯ポ見てください」って。

今だったら臆することなくモノを出せる。ジャージから出しやすいし。

それから数ヶ月間、毎週土曜の夜21時にジャージ姿で公園に通っていた。

ババアでもいい。いっこうにかまわない。選べる身分ではない

期待しかなかった。でも、リベンジはできなかった。

今、もしリベンジできるなら、週1どころか毎晩だって通っているはずだ。だって無職だし。

================================

もしどこかにそういうスポットがあるなら、定点観測したい。

今の僕にできるのは時間を浪費することだけだ。

だって無職だもん。日曜の夜だって定点観測できる。

だって、月曜に欲されていない人間なんだもん。

さて、露出系の掲示板でも漁るか。

https://anond.hatelabo.jp/20170801120514

家族と会わないようになってから5年以上の月日がすぎた。

  

元々仲が悪いわけではなかった、仲の良い家族ではなかったが、最初は連絡をとりあっていた。

しかし家を出て少しずつ世間のことを知るにつれ、自分の家は何かおかしかったのではないか、それが気になりはじめると家族と接することが苦痛になり、帰省しても家族とはほとんど何も会話をしなくなっていた。帰省している間の一週間が苦痛でたまらず、それからは一度も帰省はしていない。顔もみていない。

  

日頃耳にはいるような、酷い暴力精神的な攻撃があったわけではない。

ご飯はたべさせてくれたし、学校にもいかせてくれたし、倫理的に何か問題があるわけじゃなかった。漫画を買うこともアニメをみることも許されていた。

しかし両親は私が中学生のころから毎日ケンカをしていた。

父親仕事から帰宅すれば瓶ビールを飲みながら野球を観る。嫌いなチームが勝っていると機嫌がわるくなり家族に当たった。そして母も不機嫌になり喧嘩をした。

毎日そんな漢字だったし、子供テレビをみたいといっても、バラエティ歌番組の類は、アホらしい、馬鹿らしいといってすぐにチャンネルを変えられ、見せてはもらえなかった。自室でテレビをみることやゲームをすることは許されていた(そういうところは子供に甘かったとおもう)ので、自室にこもって姉妹と遊んでいると、「なんで居間におらんのじゃ」と不機嫌になって怒鳴り散らした。

母は母で、そんな父親馬鹿にしていた。よく父親がいない時間に、私達子供に向けて、父親や父方の祖父母の愚痴をいっていた。その頃は母親の言うことが正しいと思い込んでいたので、ますます父親へ対する反感は強くなり、私は喋らなくなった。

しかし母は子供のこと馬鹿にしていた。

真面目に話をしようとしても、勝手に話の内容を想像して先回りしてゲラゲラと笑った。そのうちそれが嫌になって母に対して真面目に話をすることをやめた。(後日親戚から聞いた話だが、どうしてあの子帰省しても何も喋ってくれないの、と泣いていたらしい)

そんな感じだったから、父母は別々の部屋でねていたし、夫婦同じ寝室で寝るなんてドラマの中だけのことだとおもっていた。

友達の家へいくと、喧嘩をせず、まともに会話をして、子供の話も最後までちゃんときいてくれるお父さんお母さんが羨ましかった。

  

そんな思いは子供の頃からあったのに、家を出るまでは気づいていなかった。

中学生の頃、学校へいきたくない辛い時期があったが、そういうことは許されない考え方だったので父親から殴られた。母親からも叩かれた。

偶然平日休みだった父親は、母親が不在の内に私をビニールロープで後ろ手に縛った。床に転がして身動きできないようにした。母親が帰ってくる前に切ってくれたが、今思えば多分いかがわしいビデオかなにかに影響されて、一度やってみたかったんじゃないだろうか。(小学生の頃、私と姉妹と一緒に寝ている部屋で父親いかがわしいビデオをみていたことも思い出した、途中で起きて私が気づいてしまったが寝たフリをして必死に気づかないフリをした、そっち方面での父親に対する嫌な思い出はたくさんある)

縛られた話を何の気なしに友人に話したら驚かれ、そうしてはじめて、うちは普通じゃないのかもしれないと思い始めた。

そうやって考えるから嫌な思い出ばかり思い出してしまうのかもしれない。いい思い出だってたくさんあったはずだ、私が不機嫌にずっとだまって話さなかったせいで、両親は仲が悪くなってしまったんだろう、そういうこともわかっている。

  

ここ数年間は親から電話がかかってきても出ないようにした、毎年送っていたお中元お歳暮も送らなくなった。ただ、ずっと実家にのこっている姉妹だけはLINEで連絡を続けていた。

しかしその姉妹視野が非常にせまく、冗談の通じない性格で話すのがだんだんつらくなっていた。そのうち既読して放置するようになり、ある日「お前って都合のいいときだけ家族を利用している冷たい人間だよな」と怒りのLINEがきた。そう思うんだったらそれでいいよ、と返した。

それきり一年近く、家族とは連絡をとっていない。

  

ただどうしても、保証人や緊急連絡先では家族登録しなくてはならなくなる。先日親しい友人の名前かいておいたら、やはりここは家族でないと…と訂正をさせられた(それはそうだ)

今は結婚を考えている相手がいて、近々そちらの御両親に挨拶しにいくつもり。

しかしそうなると、私の両親にも挨拶を…となるだろう。それをどうしたらいいか悩んでいる、彼は事情をしっているが、彼のご家族は納得されないだろう。しかし親には会いたくない、そのためにお金もかけたくない、でも世間的にちゃんと話はするべきだ、でも……と、そういうことをずっと考えていたら、突然ふと書きたくなったのでここへきた。

どうしてこんなに世の中はめんどくさいのだろう。

  

思うままに書いた。まとまりもなく、終わりも唐突文章だが書捨てたい。

https://anond.hatelabo.jp/20170726215433

なんだか、投稿しても途中で切れてしまうので、追記部分だけをトラックバックでつなぐことにした。

追記

 すごい伸びていてびっくり。読んでいただいてありがとうございます

 はてブなどの反応を読ませてもらって、補足したいところとか言い訳したいところとかたくさんあるけれど、元々長いしキリがないので文章が飛躍してるところやタイポを中心にちょこちょこ直せるとこだけ直した。いらんとこだけ書き直したわりに、あんまり直ってないかもしれない。それ以外では、

 御用wikiについてもいっぱい指摘があったので追記したかったけど、本題とずれるわりにくっそ長くなったのでやめた。3.11以後の動き、の項の一段落目にアエラ表紙とか青プリン先生とかとあわせて含まれていると察してください。

 きくまこ先生否定ありきで見てる、みたいな意味合い感想もちょこちょこ見たのだけど、確かにたまたま何回も名前を出すことになってしまったけど、別にそんなわけではない。他のおかしニセ科学批判派含めた、ワンオブゼムとして批判対象になるべきだと思っている。個人的好き嫌いでいうのならば、きくまこ先生には同情するところも少しはあるし、感情レベルでむしろ一番不愉快なのは多層な批判層の(3)にあたるような人たちである。ただこの人たちは(2)と区別がつけにくかったり((2)だって大嫌いだが、不愉快度だと「通じるとこのある」分(3)のが高い)、ニセ科学批判者としても論客としてもいまいちなサイズの人が多かったりで、名前を挙げにくかったので特に具体名は挙げなかったのだ。「また人文系か」タグを振り回すのが好きだった某はてなブックマーカーあたりはここの例としてに限れば最適だったんだけど、ニセ科学批判とは関係ないし、ツイッターではさして存在感がないし。かといって、最近頭角()を現してきた大貫剛氏あたりを出すのも、さすがにかわいそうな気がするし。

 追記も長くてごめんなさい。

追記の追記

 ツイッター経由で、元記事について伊藤氏がこんなツイートをしているのを知った。

それですね。元増田のひとが、いわゆる左派をもう信じられなくなっているが、失われた信頼を想像的に回復するため、じぶんと近しい批判対象必要としたという見立て可能でしょう。

https://twitter.com/GoITO/status/890508057469362176

 「それ」というのは埋め込みツイートされている別の人のツイートのことだがそれはともかく、いやマジで何を言ってるの。

 俺がニセ科学批判者を批判するのは俺がもう左派が信じられなくなっているせい?どういうロジックよ。「ニセ科学批判への批判サヨクのせい」ですか。

 こんなん、10年くらい前なら「伊藤剛検証blog」とかブログが立った時に酷すぎる支離滅裂発言の例として取り上げられるレベル20年くらい前なら山本弘に著書の中で太字で突っ込まれた上に小見出しネタにされるレベルおかし物言いじゃないか伊藤氏にはトンデモ本シリーズで取り上げるべき著書がない、とかそういう話はここでは関係ない)。

 言葉を単純に置き換えればいいというものではないのかもしれないが、例えば、エア御用とか言ってた人が、「エア御用放射脳批判をしている人は、実際はもう放射能安全派を信じられなくなっているが、失われた信頼を想像的に回復するため、じぶんと近しい批判対象必要としているだけなのだ」とか言い出したら、それこそ伊藤氏含めたネット言論で袋叩きにされるんじゃないかね。

 俺が左派論客全面的に信じるなんてことは今も昔もあったことはない。そういう世代じゃないし。でもそんなのは左派相手に限らず当たり前の態度であるわけで、左派を「もう信じられなくなった?」と言われたらいやそんなことはありませんよ、と答えると思う。俺は別に家柄も収入もたいしたことな人間なので、左派不信になってトクする理由あんまりないし。それと左派おかし発言をする人について批判的なことを言ったり考えたりするのは別に矛盾しない。ニセ科学批判クラスタ批判してるからといって、ニセ科学批判の内容なんてもう信じられない、放射能のせいで鼻血が出る福島の子供やホメオパシー治療効果虐殺された江戸しぐさ伝道者も実在したんじゃないか、と主張したいわけではないのと同じである

 それは別に元の記事から読み取れることではないと思うので別に当てられなくてもいいんだけど、だからといって伊藤氏がどうやって上の推測にたどりついたのかはやっぱり謎である。どこかパラレルワールドには左派不信な「俺」がいて、伊藤氏と親しかったりするのだろうか。

 あと、そういう「推測」が成り立つのなら、伊藤氏が「みんな左派が信用できないんだ」と思い込みイデオロギーにとりつかれているのを勝手に俺に投影している、その傍証じゃないかという見方も出来るのではないか?と思えるのだが。少なくとも伊藤氏よりはロジックもアクロバティックじゃないと思うけど、どうなんだろうね。

2017-08-01

右の脛が突然痛みだした

寝てたら唐突

ぶつけたみたいな痛み

何これ怖いんだけど

唐突に疑問に思ったんだけど

先日NHKAI40代一人暮らし男性日本リスクとはじき出したって話題になってんなもん当たり前だろって言ってたんだけど、

あのAI担当ディレクターって40代ひとり暮らし就職氷河期世代って知らないで番組作ってたのかな。

https://anond.hatelabo.jp/20170801151243

ヤマカン叩くために唐突にそれまで興味なかった板垣を持ち上げ出すみたいなやつか

2017-07-31

海外ではLGBT自然にあるものとして描くのが流行っているそうで

(ドラマ)

それが広まると良い的なものを見た。確かに、深夜放送海外ドラマを見ていると唐突ゲイレズも出てくるのでびっくりする(突然キスしてるので)

日本映画普通にあるとして(多分映画はどこの国にもありそう)

日本の実写ドラマでは昔からホモソではなく)ゲイ普通に存在するよね。ただコミカルだったり差別にぶちあたったりする気がする。

ドラマの「ごめんね青春!」はみんな普通にトランスジェンダー男子を受け入れていたのが時代だったが、1話だけ親と葛藤する回があった)

レズ自然存在させるのはどうだったかな。あった気もする。ホラー作品だった気もするけど。昼ドラだった気もする。牡丹小沢真珠

男が好き→ウゲーみたいな流れは、スタッフの年齢層が上な印象。

でも海外でそういうの流行たか日本は遅れてるみたいな風潮は全然違うと感じる。

個人的にLGBTQを自然に、で連想したのは「カードキャプターさくら」。

昨今の萌えアニメの流れを作ったと言われることもあるけど、昨今「BL」「GL」があそこまで自然に登場してくる萌えアニメはなかなか無い。トランスジェンダーも居た。それは実況民が「これ絶対百合」と面白おかしく突っ込むようなものでは無く「はっきり百合薔薇)」なのだ

小狼が「おかしい?」と悩む描写が一瞬あった気もするが、誰一人差別をしないし、読者も視聴者もとても可愛い恋愛を見ているかのように感じる。そうなるように描いている。

CCさくらの知世ちゃんにおいては、北米版でレズ描写カットされ、ただのカメラオタクになってしまった(その他いろんなものカットされ最早別物になったり、一時放送休止になった)経緯を考えても

原作幼女向け雑誌の「なかよし」だし「国営放送」の「夕方アニメ」だったし、日本は一歩先に進んでいる。

あと記憶がおぼろげながら書くとすると「セーラームーン」「少女革命ウテナ」あたりも、とくに突っ込まれることもなくレズビアンが登場していたのではないか

ユーリonICE」もあったが、あれは女が極端に少ないのが戦略的女性排除に見える…と言ったら怒られるかもしれないが、これは完全に個人趣味嗜好の問題

それを含めても、性を馬鹿にせず自然にあるものとして描いていたのは、女性作者が多いかもしれない。

なので、見習うべきは日本女性作者の作品を変にねじまげずメディア展開させてきた姿勢なのではないか

なんとなく、そういう結論に達した。


妙なコメント結構ついたので追記

タイトル流行アメリカ海外ドラマに多いもの

他にも作品あると指摘されている人が居るが、代表的な、認知度の高い、メディアミックスアニメ化されている作品としてあげたまで。

この記事網羅できるわけもないことをご了承いただきたい。

小説を読めと言われたけど、小説ならいくらでもあるのは理解してます。それこそ御法度よりもっと遡ることになって時代史になるし現代感覚では無いので記事で言いたいことと変わるから書きません。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん