「研究所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 研究所とは

2020-05-30

anond:20200530190433

み●かコミュ社員ってめんどくさい

研究所ドコモデータの陰に隠れてるからか、良くも悪くも話題に登らない

で、どうなるかというと、

こんな感じのホルホル臭いの書いたりする。

たまに炎上した時には社員がうじゃうじゃ湧いてきてヒステリック否定コメント書く。

叩かれ慣れてないんやろうな、FとかNとか見習えやw

anond:20200530183306

うそう。

国公立大学教員や公設研究所職員公務員だし

公立小中高校教員公務員だし、

公立病院の医師看護師公務員だし、

公立児童養護施設職員公務員だ。

公務員という敵を叩けば日本は復活するという連中で日本はめちゃくちゃになってしまった。次の産業の種を作る国公立大学や公設研究所職員公務員だということも含めてな。

anond:20200530172625

研究資金という意味ではたしかにそうかも知れんけど、国立大学の窮乏はもはや教育自体が危ないとかいう粋だからなあ

まあそういう話ではなくて、中央研究所の類がありうる分野は昔ですら一部だった気がするし、

そういうのに縁がない分野の人の視点からすると企業研究所の閉鎖は思い当たらない可能性があると思う。

それは「研究世界」じゃなくて「研究者の世界」な気はするが。

anond:20200530172211

大企業が次々と中央研究所閉鎖をしたのを知らん?

私大研究資金は結局科研費などの国からお金だよりだし。だって企業実用に近い研究しか金ださんから

大企業が次々と中央研究所閉鎖をしたのはバブル崩壊後の不景気を長引かせたから長期的な研究に金を出せなくなったから。それでもあまり実用から遠すぎるのは企業中央研究所ではできない。

実用から遠い基礎・萌芽研究は国の金でしかできない。

anond:20200530171834

研究世界だとむしろ今は私大企業研究所のほうが「恵まれてる」事例のほうが多いからなあ

どっちかというと国立側の食ってる割が多い感じ。

まあそもそも今の時代だと公務員である大学教員ってほとんど居ないと思うが。文科省管轄外のあれこれだけなんじゃないのかもしかしたら。

anond:20200530171158

大学教員対応する同業種?の「民間」ってなんだろ

民間企業の研究所とかはあるんだろうけど一部の分野とかに限られてるものだし

そもそもそういう系って規制緩和後の派遣とかの話題とかとは種類の違う世界な気がする

anond:20200530170626

公務員を敵だとして叩くことを政策にしている奴がいるから。

政府が非効率だ!という思想の亜種。

そんな政策を30年続けてきたら、公務員の一部は大学教員や公設研究所職員だったので、日本産業ボロボロになりましたとさ。

武漢ウイルス研究所があって

黄色人種の死亡率が低くて

白人黒人ばっかり死にまくって

アメリカで大流行している

新型ウイルス

陰謀論は大抵怪しいと思ってるけど

それにしても

符牒が揃いすぎてない

2020-05-28

コロナ禍による実験動物の大量処分記憶

タイトルそのまんま。

もう何週間か前の話だが、忘れないように書き残す。


自分とある生命科学系の研究所所属しており、実験動物としてマウスを飼っている。

コロナ禍で彼等を大量処分することになった。まさか動物感染したとかそんな話じゃない。研究所飼育管理の方々がいつ今回のウイルス感染するかわからない。出勤日を減らさざるを得ない。

我々も状況は同様だ。陽性となればしばらくは軟禁だ。周囲が罹っても軟禁だ。

今までの飼育規模の継続人的資源の面でのリスクが高い。それから、より根本的に、コロナ禍で出来もしない実験のために動物を飼っておくべきではない。

から本当のギリギリまで減らす。



何匹も何匹も何匹もマウス処分する。

たくさんの遺体が目の前に折り重なる。

抜けた毛が手袋に付く。

遺体の山から流れる失禁した尿を洗い流す。

小さいビニール袋に1袋につき20匹ほど入れ、ずっしりとしてまだ柔らかくぐにゃっとした感触がするそれらを飼育室の外に持ち出して、腐らないよう冷凍庫に入れる。

個体情報を記帳する。

飼育ケージ総数が減る。



実験を行う者として、実験動物処分日常だ。実験動物に相対する時は、感情よりも真っ先に、実験動物を扱う際の倫理とされる行動規範脳内に浮かぶ自分は有言無言にそう訓練されてきた。今度の事でも感情の激しい揺れはない。実験できないならば速やかに処分することこそが実験動物の適切な扱いだ。

ただ、現実に巡った思考を忘れてしまうことは、明らかに動物に対して真摯ではないと思う。

普段見ることのない大きさの遺体の山を見たときの、最初は見た目からの印象の強さ。処分しながらずっと、昔に読んだ No.6 (あさのあつこ著) というSF小説を思い出していた。児童向けの顔をして、非常にシビアかつ強い物語だったことをよく覚えている。その小説の中に、人々がうず高く積み重なって死にゆくシーンがある。主人公たちは積み重なった人々を這い上って目的場所へ向かう。そのシーンを思い出した。

マウスには逃れる術などない、と思う。


あと、これだけ処分できたというかすかな達成感、管理が楽になる、飼育費用が減るというかすかなポジティブ感情

これも同様に現実に巡った思考、覚えておくべきもの

規模縮小の状況の中でマウスを増やさないため、自分を駆り立てるために必要だった思考。と言ったら美化し過ぎだ。その側面もあるが、自然に巡った思考だ。


普段実験動物について家で思い出すことはない。ただ今回だけは例外だった。

コロナ禍がペットを飼うきっかけになったとか、保護動物がもらわれていったとか、そういうニュースを読むことがある。でも、人間に寄り添って暮らしてくれている動物達の中で、我々の実験動物はそちら側ではなかった。


今年は実験動物慰霊祭があるのかわからない。無くとも、その時期にはしっかり手を合わせようと思う。

最後に、いつか実験動物必要なくなる日を心から願う。

2020-05-27

そういやトランプウイルス武漢研究所から漏れ証拠があるって言ってたの結局どうなったの

anond:20200527061604

日本IT企業は電電ファミリーNTTデータNEC富士通沖電気)が強大なのが本当に不幸。

コネのある上層部仕事をとってくるのでエンジニア下請け扱い。

労働組合が強いので、院卒エンジニア高卒工員が基本的に同じ年功賃金テーブル処遇される。

一流ってったって、強いのは天下り役員

研究所採用博士若いうちは勝ち組と思うかもしれないが、社長には絶対になれない。

anond:20200526174557

み●かコミュ社員ってめんどくさい

研究所ドコモデータの陰に隠れてるからか、良くも悪くも話題に登らない

で、どうなるかというと、

こんな感じのホルホル臭いの書いたりする。

たまに炎上した時には社員がうじゃうじゃ湧いてきてヒステリック否定コメント書く。

叩かれ慣れてないんやろうな、FとかNとか見習えやw

2020-05-26

もう、研究所研究開発部門ですらコミュ力至上主義になってしまった

志望理由は、安定してそうだから、金持ってる部署から給料が高そう、などなど

2020-05-22

慰安婦被害者の証言「挺対協が汚い金を受け取るなと言った」

日本軍慰安婦被害者日本側の基金を受け取らないように勧めた事実はない」という韓国挺身隊問題対策協議会挺対協)の釈明と相反する被害者証言が出てきたことが確認された。

韓国挺身隊研究所研究員出身のキム・ジョンラン氏が2004年に書いた博士論文日本軍『慰安婦運動の展開と問題認識に対する研究挺対協活動を中心に」によると、1990年代日本政府次元の「国家賠償」ではない、市民が集めたアジア平和国民基金支給しようとした当時の状況が詳細に出ている。

論文によると、挺対協は1997年1月に被害者7人が日本国民基金受領することにした事実が明らかになると、「ごく少数のおばあさんの行動は他の多くのおばあさんにさら屈辱的だ」としてさびしさを示した。

実際に活動家らと国民基金受領した被害者の間の葛藤を見せる証言もある。論文引用した証言集で被害者のソク・ボクスンさんは「私たちは年を取ってどんどん死んでいく。どからであれくれるお金を受け取って使って死にたい。多数がこうだ…。おばあさんたちの要求は無理でもなく、そこでこんどはまた挺対協で(国民基金を)与えるなと日本に噂を言いふらしたんだ」と話した。

ソクさんはまた「何であれ何千万ウォンもくれるならそのままおばあさんたちがもらえるよう放っておけばいいのに…おばあさんたちはみんな死にかかっているじゃないか。ところが募金を受け取るな、それを受け取れば汚い金だ、売女だ、こうした耳障りなことばかり言う」と吐露した。

論文によると挺対協は「日本被害者の間で信頼回復が先行しないため」「国民基金日本軍慰安婦犯罪に対する免罪符日本政府に与えるもののため」「被害者名誉尊厳をもう一度踏みにじるもの」という理由国民基金受領に反対した。当時挺対協声明で「日本国民基金を受け取った7人のおばあさんの行動は正しくなかったと評価されるほかない」と言及することもした。

論文著者であるキム氏は中央日報電話取材に、「論文は具体的な資料に基づいて作成した。当時論文内容に挺対協が反発したり異議を提起したりはしていない」と話した。

これに先立ち日本性奴隷問題解決のための正義記憶連帯のハン・グクヨム運営委員長は20日にソウルの旧日本大使館前で開かれた1440回目の水曜集会で、「日本政府が1994年8月に発表した国民基金挺対協が受け取れないようにしたという批判を受けている。被害者に受け取るなと勧めたというのは一抹の真実もない歪曲だ」との立場を明らかにした。

ハン委員長は2015年の韓日慰安婦合意後に被害者日本政府出資金設立した「和解・癒やし財団」の支援金を受け取らせないようにしたという疑惑に対しても否定した。彼は「この合意によって韓国政府国連など国際社会慰安婦関連発言を中断し、撤去危険に直面した平和少女像を守ろうと若い学生たちが寒い冬の道路で夜を明かした。その時の不正義な状況と挫折感を私たちはみんな忘れることはできない。その渦中におばあさんに支援金を受け取るなという原則に外れたことを挺対協がどうしてするだろうか」と話した。

正義連と尹美香ユン・ミヒャン)前代表をめぐる後援金流用をはじめとする議論は7日に李容洙(イ・ヨンス)さんの記者会見で始まった。李さんは正義連に向け「水曜集会をなくさなければならない。ひとつも役に立たない。参加した学生たちが出した義援金はどこに使ったかもわからない」と批判した。

結局のところ、これこそが「慰安婦問題の真の解決法」だったわけだ。

2020-05-20

anond:20200520120935

日本スマホが売れないのは、単純にソフトウェアクオリティが低いからだと思うぞ。

日本メーカーでは理系の一番頭のいいのは研究所にいって、二番手クラスが開発にまわるんだけど、本社エンジニアのメインの仕事下請け予算納期管理

自分で手を動かそうとすると、上司もっと効率のいい仕事しろと怒られる。

下請け多重下請けに出すから現実コードを書くのは末端の低学歴エンジニア

営業もワンショット千万何億っていう法人顧客ばかり大事にする。

リテール営業量販店とか代理店とか野蛮な人と付き合わなければならないし店舗応援もあるからから低学歴社員が行く。

SIerを全廃しない限り、日本IT技術の復活はあり得ない。

2020-05-14

コロナ精神的な戦争・・・そして教師でもある

コロナは形を変えた戦争

からメリットもあるんです

1.いやおうなしに一致団結する

2.大きな目的をみんなで共有できる

3.離れていても、精神的につながることができる(←重要!)

4.行動が、他人のためになるかが問われる(←重要!)

他人はどうでもいいや、自分だけ楽しけりゃいいや、

という精神があれば、すぐにウイルスとなって他人感染してしま

それはいくつかのニュースでみなさんごぞんじの通りである

これはものすごい「便利なフィルタ作用ではないだろうか・・・

おもっていること、精神がすぐに具現化するというわけである・・・

から、もちろん感染者には回復・追悼を祈りたいけれども、コロナ意味があって発生したものだと思う

そこにとてつもない人智を超えた力を感じる

しかコロナは100%中国責任である

武漢研究所の衛生管理をしっかりしとけばよかった

野生動物を食う習慣をなくせばよかった

感染源がいずれの場合だったとしても、うたがいなく中国責任である

しかしこれによって中国を「政治的に」糾弾するのは意味がないと考える

なぜなら、もし冒頭で述べた、「精神状態ウイルスとなって発生した」と仮定するなら、

もはや国家の枠をこえたレベルでの「人類への問いかけ」だからである

自分たちだけよければいい」「金と暴力ですべては解決する」

人間のために自然破壊してもいい」「動物の命はどうでもいい」

もしこうした精神がどこかにあって、凝縮されて、ウイルスという形で現れたのであれば、

中国だけでなく、我々人類全員が常に反省しないといけない点だからである

さいわい、今は技術によってリモートで何でも発信できる時代である

ちょっとしたあなたポジティブな発信が、誰かの精神にはたらきかけ、

その誰かが連鎖的にあなた精神リレーしていき、とてつもないパワーになるかもしれない

問われているのは、あなたのその瞬間の、1秒とかの精神である

精神時代」の到来・・・それがコロナが教えてくれたことだと思う

2020-05-13

anond:20200512211800

小林製薬ってなんなん?

研究所(薬理)もってなさそう。

製品企画室(アイデア課)が主体っぽい。

社員全員、一日一企画の提出必須!的な。

2020-05-08

anond:20200508113227

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0229kaiken.html 2月の安倍ちゃん

 PC検査については、国立感染症研究所における対応に加え、先月来、全国にある地方衛生研究所民間検査機関大学に対して試薬などの検査キットを積極的提供し、その能力構築に努めてまいりました。その結果、現時点で、全国で1日当たり4,000件を超える検査能力があります現在も、地方にある民間検査機関大学試薬などを提供し、一層の検査能力の拡大に努めてまいります

メモ新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策(R2.2.13)

新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応

令和2年2月13日

新型コロナウイルス感染症対策本部本部長:安倍晋三専門家会議招集は2月16日)



2.緊急対応

(2)国内感染対策の強化

病原体等の迅速な検査体制の強化等

国立感染症研究所において、判定を速やかに行う多量検体検査システムの緊急整備を行い、検査可能検体数を大幅に増加させる(*1)とともに、地方衛生研究所における次世代シークエンサー(*2)及びリアルタイムPCR装置(*3)の整備を支援することで、検査体制を拡充し、全国に83ある地方衛生研究所の概ね全てでリアルタイムPCR検査実施可能とすることを目指す。また、大学民間検査機関への外部委託活用するとともに、検査試薬が不足することのないよう所要の予算を確保する。

(*1 現在国立感染症研究所においては、1回(6時間程度)に200程度の検体の検査可能であるが、これを 800 程度に増加させる。)

(*2 次世代シークエンサーDNA構成する核酸配列を、同時並行で高速・大量に読み取る解析装置。)

(*3 リアルタイムPCR装置PCR 検査において、DNA断片の増幅とその検出を同時に行う装置。迅速性に優れる。)

感染症指定医機関等の治療体制機能の強化(略)

検査キット、抗ウイルス薬、ワクチン等の研究開発の促進(略)

マスク医薬品等の迅速かつ円滑な供給体制の確保(略)

 *

(参考)本対応策の所要額

今年度予算を着実に執行するとともに、これに加え、第一弾として予備費103億円を講じることにより、総額153億円の対応策を実行する。あわせて、日本政策金融公庫等に緊急貸付・保証枠として 5,000億円を確保する。

2.国内感染対策の強化:65億円

検査体制医療体制の強化:30.6億円

帰国者接触外来接触相談センターの設置:5.1億円

検査キット、抗ウイルス薬・ワクチン等の研究開発:10.0億円

国際的ワクチン研究開発等支援事業10.7億円

マスク生産設備導入補助:4.5億円 等

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/kinkyutaiou_corona.pdf

2020-05-07

anond:20200507164732

大企業新卒研修なんてどこもこんなもんやろ。

こういう会社は例え技術採用だとしても技術力ある(と自称する)やつが新卒で入るような会社ではない。

ジョブマッチ採用研究所など細かく配属先まで決まってるとかなら、この限りではない(場合もある)。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん