「趣旨」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 趣旨とは

2018-07-15

お金持ちになるゲーム」は実在する

正式名称は「貿易ゲーム」。

技術(ハサミやコンパス)」を持つ先進国と「資源(紙)」を持つ途上国など複数の国に別れて遊ぶことで現実世界貿易経済理解を深めることが目的

tweet主は「お金をつくる」と言っていたが正しくは「製品をつくる」。

各国は規格を定められた製品をつくる。「世界銀行」役はそれらを審査し買い取る。

本来貿易ゲームルールtweet されたものよりかなり複雑。

10年の歳月記憶が風化したのか、それとも先生アレンジして単純化したのかもしれない。

詳しく知りたい人はこちらをどうぞ:

tweet主の話にあった「出稼ぎ労働」や「属国化」は自発的に起こり得る展開として最初から想定されている

他にも面白い事例がたくさん載っている。例えば

はてブではCくんの実在が疑われているようだけれども、素直に読むとCくんはゲーム経験なのだとおもう。

というのもCくんの口にした「長方形暴落」「世界銀行の存在」はオリジナル貿易ゲーム存在する重要要素だから

ゲームが始まると何も知らない参加者は作りやす長方形ばかりつくっていく。そのうち市場長方形が過剰になり暴落する → 長方形しか作れない後進国が大打撃を受ける。というのが基本的シナリオ。ちなみに長方形とは現実における第一次産業のことである

また貿易ゲームでは情報格差も扱っている。例えば「シールを貼ると価値が数十倍になる」という情報先進国のみに知らされている。先進国後進国を騙してシールを買い叩いて行く様が見られる。

先にあげたリンクの事例を読んで行くとC君の行動はとりたてて異常ではないということがわかると思う。まあとにかく面白いからさっきのリンク先読んでみてよ。

余談だけど今回色々読んだ中ではこのブコメがすごいなと思った:

razik 検証乙/元ネタブコメでも書いたけど、勝利条件は「自分のチームの所持金が1位になること」なので『世界連合を作って全員同じチームになることで全員勝利した』回があったと講師に教えられたのが今でもすごいと思う。

全員が一位。国の境なく協力できるから最も効率的生産できる。このゲーム趣旨からみると最高の解答だろうなと思った。

追記

Windfola 唯一の消費材である紙が無限供給価格変動がない時点で根本的にゲーム性が異なるよね。まあCがそこら辺逆手に取った可能性はあるとは思うけど。

紙(資源)は有限。道具を持っているが紙1枚の先進国と、紙は8枚あるけれども道具はない後進国

資源は限られているのでこの増田のような戦略は取れない。

交渉なく進めると資源のない先進国は複雑で価値の高い製品を少量生産し、後進国価値が低いが道具がなくても作れる長方形大量生産して生き延びようとする。

そして長方形市場に溢れて大暴落。この段階になって道具を借りようと交渉すると後進国先進国搾取されてしまう。

みたいなかんじですかね。

2018-07-12

kawangoって話盛るよな

ひろゆきが「川上さんは正直に話し過ぎて言わなくていいことまで言う。だから表に出ない方がいいんじゃ」みたいな趣旨のことをどこかで言ってたんだけど、

おれは少し違うと思った。

正確にいえば「正直な意見に、人が喜びそうなネタウソ)を混ぜて話す人」だと思う。

おれは幼少の頃から自己肯定感が低く、「おれの話なんてつまらない」と常に感じながら生きてきた。そんな性格からか友だちも少ない。

ただ稀に人から注目されることもある。

そのときに、まさにkawangoになる。

やたら自分本音さらけ出して、しかも話を盛る

怖いのだ。「この人の話つまんない」と思われるのが。

そんなわけで、kawangoを見てると自分を見てるようで胸が痛くなる。

2018-07-09

anond:20180708025853

たぶん「クーポンで得した」みたいなことを素直に喜べる子が可愛いという趣旨なんだろうけど、私もあんたみたいな人と結婚なんかしたくないし、「安い」「クーポンで値引きになる」みたいな理由で余計な買い物をする女なんて、家計を任せたらろくなことがないと思うよ。ま、人の好みだからこっちがつべこべ言うこっちゃないけど。

2018-07-08

まれて初めて浮気をした

今の相手が3人目の彼氏だが、私は今まで浮気というものをした事がなかった。

せいぜい、6年ほど付き合っていた初めての彼氏浮気を知った時に、私もやり返してやろうと思ってうまいコーヒーを出す喫茶店共通の知人男性お茶したらそれがばれて彼氏に殴られた事があるぐらいだ。

大学出会った今の彼氏と付き合っている時も、浮気なんて考えた事はなかった。

今の彼氏半同棲していた時、部屋にいると彼はずっとゲームしていて、外食に行けばスマホをひたすらいじっててその様子を近くの席から見てた老夫婦最近若いもんはとか言われたりしても、正直ゲームの音はちょっと耳障りだったけどずっと一緒にいるんだからそりゃそうなるよねって感じで、毎日好き好き言ってくれるし私は彼にくっつければ満足だったのであまり気にしていなかった。

しかし、学年がひとつ上であった彼が大学卒業して遠距離になり、私が会いに行くという関係になってもその態度は変わらなかった。

ちょっと前、借りた映画ラブホテルで視ようとしたら設置されていたレコーダーが壊れてて視られなかった時、する事がなくなった彼氏スマホでの淫夢実況を一人で視始めた。

おまんこ壊れちゃ^~~~う!!!!!」という、彼のスマホから発せられるガバ穴ダディのおぞましい声などが何十分もホテルの一室に響いた。

さすがに不愉快になったので、彼に背を向けてベッドで寝始めると怒っているのかと尋ねてきたため、一緒にいる時にそういうの視るのはやめてほしいと伝えると、「なんで怒ってんの?」「構わないからすねてんでしょ(笑)」と茶化して、イヤホンに切り替えてまた動画を視出した。

最後に会った時(私が彼の住む地に所用があってそのついでに会った)、食事をしている時も彼はひたすらスマホ食事ながらスマホ。私も対抗してひたすらスマホをしたが、彼は「ツイッター(見てるの)?」と聞いてきただけで全く効いていなかった。

こんな事なら一人でくるまラーメンの辛ネギラーメン(名称合ってるかな)を食べに行った方が100倍ましだったと思いつつ、多めにお金を出して、もう帰ろうと言った。

駅に向かうとなぜか彼がついてきたけど、もう面倒くさいから別れの挨拶もせず改札に入ろうとすると彼が「あれ?」と言ったので振り向いた。へらへらしていた。

帰って何日かすると彼から「好き♡」とLINEがきた。

なんか、風船がしぼむか爆発するかのように`好き`という気持ちが消えて、`無`になっている事にその時初めて気づいた。その時がいつだったのかは分からない。

そういうわけで「私も好きだよ♡」とはもう返せないから、なんて返事すればいいのか分からず何日かは数えてないけどずっと無視してしまっている。

そんな時に、所属ゼミの何人かとゼミ終わりの夜軽く飯をくいにいった。

最近酒の飲み過ぎで内臓が疲れてるのかほとんど食事ができなくなっているので、私だけビールを飲んでいた。つまんなかったので、食べ終わったらみんなでサイゼ行って500ml500YENのワインを飲もうと主張した。しかし、後輩くん一人と私を残してみんな帰ってしまった(あとで分かったけど、あいつらは後輩くんの気持ちを知っていたそうなのでもしかすると気を使ったのかもしれない)

食事の時ツイッターの話になって、後輩くんがツイッターをやっていると知り教えてもらったので、変なツイートを見つけて尋問をしようと思い、サイゼで後輩くんとまずいワインを飲みながらくだらん話をしつつツイートを漁りまくっていた。

すると、ゼミに好きな子がいるという情報を手に入れたので、ゼミに好きな子いるの?だれ?増本さん?増井さん?やっぱり増本さんでしょ!とか問いただしたけど、「言えないです……」との事だった。

きな子情報を精査すべく、私はさらツイートを遡りまくった。

その結果、`好きな子`は私だと判明した。

私のこと好きなの?と聞くと、認めた。

彼氏がいる事も知ってると。夏の合宿の時告白するつもりだったのに……とか言いながら机に突っ伏す後輩くんを見てると愛おしくなって、頭を撫でた。

なんで好きなのー?とか他人事のように盛り上がったりしているうちに、だいぶ遅い時間になっていた。大学から比較的遠いとこに住む後輩くんは多分もう電車で帰れないだろう。なので、私の部屋に来させることに決めた。

それから私の部屋で後輩くんとベロチューするまでの記憶サイゼワインの力で忘却しているが、私が我慢できなくなってえっち(普段えっちなんて絶対言わないけど)に誘った。大事にしたいから駄目とか言われて断られたが、何度もお願いすると折れてくれた。

毎週顔を合わせて、子供扱いしてからかったりしてた後輩とセックスちゃうという背徳感でめちゃくちゃ気持ちよかったけど、浮気の罪悪感はそこに含まれていなかった。

初めて付き合った彼氏に別れを告げた時、ストーカー警察沙汰になるほど縋ってきたけど、男性もしくはあの個体交際相手への気持ちが`無`にならなくても浮気してしまうんだろうか。`無`にならなくてもこんな感じで罪悪感なくセックスしてたのかなと思った。

彼氏の友人からも「(彼氏)と話し合いだけでもしてあげてくれないか」という趣旨の連絡が来てるし、そろそろ彼氏と話をしないといけない。

しかし、嫌に思っていた事をうまく伝えようとする努力すら面倒なのに、(後輩くんと付き合うかどうかは別として)関係を解消するためのやり取りはもっと面倒だろうな。

シャワー浴びるの面倒くさ。明日出かけるのも面倒くさいな。でも後輩くんには早くまた会いたい気がする。

2018-07-07

はてなーって結局ただマウント取りたいだけだよね

この記事ブコメ、一人を除いて全員が江川さんとまとめ記事趣旨に乗っかって「シンソーカイメー」とか揶揄して馬鹿にしたコメントばっかりだけど

江川紹子氏「真相解明されていないと言ってる人は裁判記録読め。あと『精神鑑定受けないまま執行された』というのはデマ

https://togetter.com/li/1244367

オウム真理教被害者の会」を立ち上げて30年間オウムと関わり続け、自らもVXガスで襲撃された永岡弘行さんや

事件で夫を亡くし「地下鉄サリン事件被害者の会代表を務めてきた高橋シズヱさんを含め多くの被害者関係者

真相解明の機会が失われ残念」と言っているよね

更に

江川さんが「裁判記録を読め」と言っているのを受けて真相解明を求める人たちをまるで

裁判記録すら読んでない人たちがファッションで声を上げてるだけみたいに馬鹿にしたコメントが並んでるけど

新聞社メディアオウム事件担当記者は当然それくらい読んでるだろうし、他の文化人だって読んでいないかなんて分からないよね

それを「この件で江川さん以上に信頼出来る人はいない!」「江川さんが言うなら正しい!」とか言って

絶対自分では裁判記録も読んでいないであろう、はてなー江川さん以外の関係者ジャーナリストバカにするのはどうなの?

[] 増田文学賞 2018前期 「コメント賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

[] 増田文学賞 2018前期 「ユーモア賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

[] 増田文学賞 2018前期 「演出賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

2018年7月7日募集の開始

[] 増田文学賞 2018前期 「社会批評賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

[] 増田文学賞 2018前期 「SFファンタジー賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

2018年7月7日募集の開始

[] 増田文学賞 2018前期 「生活賞」部門投票所

この記事について

賞の趣旨

投票期間・投票方法

質問について

更新履歴

[] 増田文学賞 2018前期 投票の呼びかけ

エントリー増田文学賞2018前期の投票に関する総合案内用のエントリーです。投票は以下にリンクを張った各部門の投票エントリーブコメにて行ってください。また、文学賞全体に関する質問意見は本エントリーに、各部門に関する質問意見部門別投票エントリーはてブ増田で行ってください。

趣旨

はてな匿名ダイアリー(以下、増田)の匿名性と日記というフォーマットによって生まれた「名乗るほどではない、あるいは名乗ることはできないが誰かに話したい感情体験、発想をウェブ上で共有し、称え合う文化」を守り、増田ますますの発展に寄与する

賞の方針

選考対象

投票選考期間

(注:以上期間はすべて日本標準時とする)

投票について

投票方法

集計および結果発表方法

文学賞運営者は、各部門ごとに投票を集計し、投票されたエントリーのうち投票数上位5件を「ノミネート」、最多票を得たエントリーを「受賞エントリー」として投票所上で発表する。

部門(6部門)

大賞の選出

コメント賞を除く全部門投票を総計し、最も多くの票を得た記事を大賞とする。大賞の発表は別記事にて行う。

その他

質問・回答

この賞に対する質問・回答を記述します(随時更新)。

履歴

2018-07-06

LINEが原因で小学校保護者会が真っ二つに割れた話

原因は「連絡網LINEグループトーク趣旨に合わない雑談を続ける」ことだった。

グループトーク内で複数保護者から再三の"お願い"にも関わらず、言われた直後は雑談を止めるものの数日(酷いときは数時間)後に雑談を再開するというモラルの無さだった。

趣旨に合わない無関係雑談による通知に嫌気が差し、通知を切ると稀にその間に趣旨通りの大切な連絡情報があるが、それも雑談で流れてしまい追うのに高い労力を支払わず得なくなっていた。

再三のお願いにも関わらず趣旨関係の無い雑談が止まらないので、定例のPTA会議でついに議題へ挙がる。

雑談容認派は「保護者同士のコミュニケーションは大切」「保護者同士で仲良く話すのが何が悪いのか」「連絡網なのに通知を切るのは良くない」などと主張。

しか議論を始めると驚いたことに保護者の約半数が雑談容認派で、残り半数が雑談否定派だった。

雑談否定派は保護者同士のコミュニケーション否定しているわけでなく、大切な連絡を得るのに障害が起きていることに対して、趣旨通りに連絡網グループトークを使おうという派閥だ。

雑談容認派も(多くの保護者雑談に参加するので)これには驚いたらしく、落としどころとして「雑談グループトーク」を設けることで決着を付けることとなった。

しかし、雑談グループトーク運用開始から1ヶ月2ヶ月と経つと、少しずつ連絡網グループトーク雑談をはじめる保護者がチラホラと現れる。

それどころか雑談グループトークへ連絡情報記載する雑談グループトーク趣旨ですら全く理解していない保護者も現れる始末。あの会議はなんだったのか。

3ヶ月目に入ると当然ながら定例のPTA会議で議題に挙がった。雑談否定派の怒りは爆発寸前だった。

雑談容認派に「なぜ雑談グループトークを使わないのか?」と問うと「雑談に参加する保護者が明らかに減ったから」と返ってきた。

この雑談に参加する保護者が減った理由だが、単純に内心は雑談否定していたけど保護者同士の付き合いで仕方なく雑談に参加していた保護者が居たからだった。

雑談グループトークの通知を当然ながら雑談否定派は切って居るので、雑談したい雑談容認派は保護者全員が見ていて反応がある連絡網グループトーク雑談を始めてしまっていたようだった。

そんな雑談容認派の話に雑談否定派が更に怒るが、こちらもいい大人なので事前に雑談否定派同士で話し合っていた「連絡網ツールLINEからDiscordへの移行」を提案した。

Discordならばチャンネルによって用途を分けることが可能であり、ふいに雑談をはじめられても雑談チャンネルキックできる利点があった。

しかしながら雑談容認派は「LINE以外は面倒くさい」「使ったことないから嫌だ」と言い始め、雑談容認派のワガママへの怒りは最高潮にのぼる。

結果として雑談否定派はLINEでの連絡を完全にシャットアウトDiscordへ移行するということとなり、保護者会が真っ二つになってしまった。

この中で一番可哀想なのはどちらにも付けないPTA会長さんで本当に申し訳なく思ってる。ちなみにPTA会長さんはPTA会議の中では言ってないが雑談否定である

保護者間のモラルの差とかITリテラシーの差とかどうにかならないものか。無駄に疲れる。

----------

追記(2018/07/06/16:02)

ブコメノートを使えば良いという意見が見られましたが、そもそもLINE採用していた理由が連絡や議論の省力化です。

ノートでは結論を羅列することに優れていても、結論までの経緯は記載しにくいのです。

そして更に言ってしまえば「雑談雑談グループトークでと書いてあるノートを読まない保護者が居る」ので解決にはならないと考えています

----------

追記(2018/07/06/16:17)

メールの件ですが、当初はメールだったのです。

しかし「PTA会議に参加しにくい保護者意見をどうするか?」「メールでは会話がしにくい」「メールよりもLINEの方が楽」という意見複数保護者から寄せられ、LINEになったという経緯がございます

当初は「LINEであればPTA会議へ参加しにくい保護者意見議論しあえる」という趣旨が素晴らしいと感じて私も賛同していました。

anond:20180705225710

あなたが「差出人不明手紙から受けているそれは、ただの「脅迫」なので、法に従い粛々と警察被害を訴えればよい。

警察は嫌いだ、訴えたくない、訴えないという選択をするのはあなた自由だが、そこで警察に訴えるという手段放棄してしまうと、現時点で法による救済は難しい。次に「法による救済」が受けられるのは、「実害」が生じたときということになる。それがWeb上でのテロなのか現実のそれなのかは分からないが。ただ、「差出人不明手紙」は、リターンを期待していない時点でそもそも脅迫」以上の意図はないものと思う。黙殺するというのも一つの手段ではある。(差出人が不明なら、そもそも郵便物の受け取り拒否自体意味がないので)

ただ、あなたの言う「リンチ煽動されることの恐怖」、すなわち

それでも、第三者を巻き込んだ運動や行動(手紙の件は私には脅迫しか思えなかったが)によって社会が良くなるのならば、という思想は反面で危険はらんでいるように感じる。

他人から何かを剥奪する時、それがたとえ社会的に真っ当な仕打ちと思える処分でも、本来その権限を持たぬ者たちによって軽重が左右されることには本能的な恐怖がある。

…というのは、何もわざわざ丁寧に書く必要もない全く当然の話である問題は、あなたはそれを「保守速報糾弾する人々」について述べているのだが、そもそもそれは保守速報をはじめとした悪質なヘイトサイトがやったこであるという点だ。あなた書き込みには、奇妙にその視点が抜け落ちているように感じる。彼らが散々、特定出自思想の持ち主への攻撃扇動し、彼らから社会安全剥奪してきた、しかもそれをエンターテイメントや金儲けとしてやっていた、という状況は、まさしく不当な「危険」であり「恐怖」であるヘイトサイト問題視される理由は、まさにそこにある。あなたの関わったサイトは、これまで何万人という人間に、あなたの感じた恐怖や不安を味わわせてきた(かのサイトはそういう恐怖と不安をまき散らしてきた)ということを、あなたは今更認識できたのだろうか? あるいは、まだそれを認識できていないのだろうか、と、あなた書き込みをみて私は少し疑ってしまう。

弁護士への不当な大量懲戒請求を行った人が、自身への訴えを起こされて初めて「不当な圧力だ、言論弾圧だ」と騒ぎ始めた。もちろんこの件が、弁護士への懲戒請求制度趣旨からいって、懲戒請求を行いたい人がそれをためらうような前例になってはならない、というのは当然のことだ。それ自体は正しい。ただ、成り行きからはどうしても「殴り返される覚悟もなく気軽に人を殴った人が、反撃を受けて『暴力だ』と騒いでいる」ように見えて仕方がない。たしかに、殴り返す行為暴力であるし、それ自体は主張として成り立つだろう。ただ、正しい主張ではあっても、それを主張するのに適切な時と場所、状況というのはあると思うのだ。

あなた被害には同情するし、社会的に見ても脅迫は不当である。それは個別な不当行為だ。ただ、その脅迫の不当性を広げてヘイトサイトへの攻撃全般言及するなら、その同じ批判ヘイトサイト自体にも向けない限り、バランスを欠いた意見とみなされるだろう。別に最初からそんな仕事受けなければ云々」とは言わない。私が問題にし批判しているのは、それを振り返っている「いま現在」のあなた立ち位置バランス喪失、それだけだ。

2018-07-04

セックスレスけが欠点彼氏と最終的に別れた話」について

セックスレスけが欠点彼氏と最終的に別れた話

http://mogusu.hatenablog.com/entry/2018/01/22/015005

これは結構よくあるけど、なかなか可視化されにくい話だなと思う。

うちはセックスレス離婚した。

付き合った当時からセックス最後までいたしたしたことが一度もない。要は、男側が挿入して出すところまで、または女性側が満足するというのが一度もなかった。

相手は「うちは問題ない」「むしろスキンシップ大好き」と思っていたようで、問題意識の共有ができていたのか実際のところよくわからない。こちらが、このままでは不満という趣旨のことを言っても、そうだねとかそんな返事だけ。結局、問い詰める私に対して耐えられなくなった相手から、最終的にはそこまで言うなら別れようみたいに離婚話に発展した。もしかすると、ペッティングやらスキンシップセックスに含む、というか、それがセックスのものだと思っていたような感じがある。変な言い方だけど、私は最後までしたかった。ただし「最後までしたこともある」と主張してきたのでよくわからない。記憶の書き換えか浮気か、そもそもの「最後まで」の定義が何なのか不明。ペッティング=セックスなら、セックスしてることになるので、相手の主張は筋が通ってる。

なんでそんな相手と付き合ってたか結婚するまで解決できなかったかというと、まさに「セックス判断してはいけない」「相手はいい人だし」「(女である自分から話すのは恥ずかしい」と結婚前は思ってたからだ。この手のジェンダーステレオタイプは早めに捨て去ることをお勧めする。というか、結婚したら、性生活はアウトソースしづらいので、もっとちゃんと考えておけばよかった。

当時は「セックスレス離婚」というのがショックで、うまく消化できず、本当に親しい人以外には「価値観の違い」ということで説明していた。しばらく他人相談できずにいたが、同じような問題で悩んでる人や、パートナーと別れた経験がある人は30歳以上には非常に多いということに気づき最近ではむしろ積極的に話すようにしている。

その中で気づいたのは、「セックスについて、腹を割って異性のパートナーと話せる人は意外と少ない」ということだ(この辺は、同性パートナーカップルたちは、割とオープンに共有してるというか、相手にばれるてるので、うらやましい感じがある)。

なんでもあけすけに話すことは、異性に対する幻想を打ち砕き、時には幻滅したりするのかも、と思うものの、ちゃんと腹をわって自分のしたいこと、してほしいこと、いやなことを私は話せなかった。その程度の関係しか、私は元夫と築けなかったというのは、私の至らないところなのだと思う。

お金セックス老いについて話すのは厳しい。けど、この部分について話せない相手とは、長期的なパートナーシップを築くのは難しいと思った。

2018-07-02

女性エンジニア発言についての私的見解、を読んで思ったこと 続

はじめに

この記事「女性エンジニア」発言についての私的見解、を読んで思ったことの続きです。

どうすれば問題を防ぐことができるのか?

公の場で、性別人種出自などについて、不必要言及しないことです。そして、世の中には多様な人間がいて、その人達自分と異なる価値観や考え方、コンテキストを持っていることを常に忘れないことです。差別とみなされる対象は、性別人種のような、生来属性だけでなく、文化宗教学歴など、精神的や社会的属性全てが含まれます特定属性を持った集団についての言及は、必要がない限りしないように気をつけるべきです。もちろん、プレゼンの内容的に言及必要があれば、躊躇する必要はありません。

この部分には激しく同意する。つまり、私が思うY氏の悪かったところは、本筋と関係ないところでセンシティブ話題を持ってきているところだ。そしてそれを拾われ炎上してしまったわけだ。Y氏のプレゼンは「女性エンジニアが少ない」という課題から出発するのだが、これが本当に必要だったかと言われれば、私は微妙だと思う。これは完全な推測だが、どう考えてもソリューションに対してロジック部分が後付けなので、「女性エンジニア」をテーマに扱うことは不必要だったように思える。 まさに不必要言及をしてしまい、不必要炎上したわけである

参考リンク

「それ差別ですよ」といわれたときに謝る方法

このリンク先で言っていることは少し反論があるが、本題ではないので書かない。

おわりに

私の「Y氏はそもそも差別発言をしていない」というのは、私がY氏の記事好意的に読みすぎなのかもしれない。しかし私から言わせてもらえば、記事に直接的に書かれてないことを拡大解釈して差別発言とみなすのは、悪意的に読みすぎているように見える。

最後に少し攻撃的なことを書く。卑怯な言い分だが先に謝っておく。

記事は「今後こういう炎上が起きないために、発表者側はこういった点を意識し注意してほしい」といった趣旨記事構成である。確かにY氏の発表には問題はあった。しか炎上させた側には反省すべき点はないのか。

「こういう解釈たらここが差別的。よって炎上すべき」という理論が今後も成り立つなら、今回の件の教訓は、「触らぬ神に祟りなし」「沈黙は金」「臭いものに蓋をする」の考え方を増長しないか。これは差別問題解消に役立っていると言えるのか。

また、元記事筆者は元記事バイアスの話をしているが、元記事筆者自身バイアスはなかったのか。

全てと書いていないのに「全ての女性エンジニア」、「全ての男性エンジニア」と解釈した点や、「男性女性がいるとやる気があがる」を「女性男性のやる気を上げるために存在する」と解釈した点などで思ったのだが、元記事筆者は「これは差別的な発言をしている記事だ」というバイアスなしで、Y氏の記事を読むことができたのか。

これは元記事筆者だけに言いたいことではない。例えばTwitterのTLに炎上していると話題記事が回ってきたとき、そしてタイトルが『「女性エンジニア少ない問題」を解決するために、機械学習男性エンジニア女性に変換する』という、いかにも炎上しそうなワードが入った記事が回ってきたとき、「炎上してるのだから炎上発言があったに違いない」というバイアス抜きで記事を読んだ人が、どれだけいたのか。

あるいは本当にY氏の記事を読んでから批判した人がどれだけいたのか。

以上。

anond:20180702115641

これは反応に迷うよなあー。

まず最初に断っておくと、自殺は良くないことだよ。

現状の法律では良かれと思って手伝った人まで幇助罪に問われるし(某評論家のケースとか)、

何らかの違法性プロセスのどこかで発生することが多い。

          

それに電車自動車事故飛び降り縊死、どんな手段をとっても物凄く辛い目に遭う人が出るからね。

お家で首を吊ると、大島てる掲載されて大家さんが凄く困ったり、公有地でも捜索隊や警察の手を煩わせる。

飛び降りも巻き添えを食らう人が出てしまう。

自動車の前に飛び込むと、運転手の残りの人生を終わらせるが、電車事故場合でも、人生のかかった商取引に向かえなくなる会社員

親の死に目に会えなくなる人、色んな人にとって取り返しのつかない遅延を発生させるからね。

とにかく、他人への迷惑を考えると、自殺だけは思いとどまるべき。

元増田死ぬ瞬間、どんな手段であっても激痛が走ると思うしね。

          

以上の前提を考慮した上で言うが、私は「死」自体自己決定権の一部だし、むしろ個人意思に沿って選んでいいと思う。

欧米人権先進諸国とは違い、今の日本は遅れていて、安楽死制度が整っていない。

自殺ダメだが、そうではなく、医療的に痛みを伴わず公共機関不動産への支障を及ぼさず、

法律上も問題のない安楽死制度ができれば私はそれを尊重する。

進路指導転職面談カウンセリングの場で安楽死という選択肢が出ることすら自由主義社会の一環だと思う。

うーん、この成績だと、希望の進路は難しいかな、、、かといって就職斡旋も難しいし、、、君の第一志望が安楽死ということなら、しょうがない、推薦状書くよ」

あなた境遇では確かに奥さんの希望お仕事との間で整合性がとれないし、希望するのであれば確かに安楽死もあり」

人生絶頂での安楽死家族負担結婚考慮しての安楽死難病苦痛から逃れるための安楽死、色々なありかたがあると思う。

      

脱線してしまった、、、。

以上のように安楽死制度があればいいのだが、不幸にも本国には存在しない。

子供が欲しいという奥さんの希望尊重しつつ、元増田がとれる選択肢としては、、、。

          

1.自死遺児の講演会に参加して、どうするか決める

親が自殺によって亡くなった遺児の団体というもの存在する。

時折、講演会のようなイベントを開催して当事者体験談を話すことがある。

講演会趣旨からは逸脱するのだが、元増田は一度聞きに行くことを勧める。

そこで元遺児の話を聞き、「これは、、、親が自殺したら、子供経済的にも世の偏見からしても不憫だな、、、」と感じるなら、子を作らずに死ぬしかない。

でも、ご自身年収とも相談して、十分な遺産貯金)や保険金・遺族年金さえあればどうにかなりそうかな?って感じたら、奥さんの希望を叶えてとりあえず子供は作り、そのあと死んでもどうにかなるだろう。

          

2.奥さんといったん離婚して、妊娠出産の後に再婚する

子供にとって「父親自殺した」というレッテルからも逃れる方法として、いったん離婚するという選択肢がある。

ただし、元増田のことを奥さんが好きだ、という面にも配慮する必要がある。

いったん離婚して、しばらく子供が生まれても嫡出推定元増田に及ばないだけの時間、奥さんに我慢してもらう。

法律上はとりあえず離婚して、ちょっと時間を置いて、その間に奥さんが妊娠出産して、

まれ子供父親元増田だと法的に推定されないだけの期間が経過してから、もう一回奥さんと再婚する。

その後に死ぬ

そうすれば元増田の死は、子供からすれば父親でもない単なる母親のツレの死ということで処理され、不利益はかなり軽減される。

問題妊娠のための精子をどこから出すかということ。

精子提供が得られれば良いが、不妊医学認定などが条件として課される場合は厳しい。

別のセックスパートナーを奥さんに見つけてもらうという選択肢もあるが、

もしその男性が子供父親として法的に認定されたら男性にも迷惑がかかるし、そもそも奥さんは元増田以外の性交相手を探すことに抵抗を感じるかもしれない。

だとすると、いったん離婚して嫡出推定無効になった期間に、元増田精子提供するしかない。

          

以上のように、

子供が生まれたら自殺しか選択肢存在しない

・奥さんは元増田が好き

・奥さんは子供が欲しい

この三条件を同時に満たす選択肢は意外にトリッキーもの存在する。

元増田希望は一個しか叶えられないにも関わらず、奥さんの希望は二つも叶えるのだから、奥さんにはなんとか妥協して欲しいところだよな。

お前らが機能していない理由

 日本社会が死んでるから全力で復活させるという趣旨は分かるが、

まだ生きている人がいるかもしれないのに、それをよく確認せず

自分勝手判断で始めたから、じつはまだ生きていた人に殺された。

そんだけ。

anond:20180702105830

時間がないのでシンプルに。

1.呼び方の話

おっしゃる趣旨理解したが、周りが全員「低能先生」と呼ぶ中、少数の人間が妙に慮った呼び方をしていると、逆に馬鹿にしているようにもなりそう。難しい。

2.許しを得た

これについては邪推しすぎのようですまない。これはああい荒らしのような人間に対する応対の仕方の考え方によるんだろうけども、僕としてはああいうのに理性的対応するとつけあがるので、常に厳しく対応すべきと考える次第。

短い文さえ読めない奴がどうやって長い文を読むのか

「私はよく佐藤と間違われますが、私の隣の席にいるのが佐藤です」を「『私』は佐藤である」と誤読する人がどうやって文脈理解するの?


「私の父は昔から暴力を振るっていた。昨日、とうとう私の子供に手を上げた。私は父を殺した」から

「私は父を殺した」という文を抜き出して「『私』が殺したのは誰ですか?」と聞いた時に

「母」と答えた人がいたとして、その人が正しく答えを導けないのは前の文が無いせいなの?


文脈を重視してる人に限って

「短い文から、短い文の内容だけで読み取れる情報を適切に判断できなければ、より長い文も読めない」

という文脈を読み取れてないのはなんで?

「短い文を読めるようになれればそれでいい」なんて誰も言ってないし

「長い文を読めるようにまず短い文を正確に読み取れるようになろう」という趣旨理解できないの?


…と、思っているけど理解できない人になんで理解できないんだって聞いても無駄だろうから増田に捨てておく

2018-07-01

今の自カプ界隈について思うところ

とある女性向け同人界隈で自分体験したことについて思うところを残したいと思いこの場を選びました。

まず整理するため起こった事柄記載します。

事の発端は自カプ人口を増やす目的で作られた企画アカウントでした。

BIOを見ると、自カプの人口を増やし、特にR18作品を増やすことを目的とすると記載されていましたが、(※1)

最初スタートした企画はこのR18に特化したものではなく、誰でも気軽に参加出来るTwitter上でのタグ企画でした。

その中のひとつ投稿されたあるツイートがプチ炎上し、その事を発端として他カプと衝突が発生しました。(※2)

続く企画でワンドロが行われ、R18作品が何のクッションもなくダイレクトに描かれた作品投稿され、それがそのままRTされました。(※3)

1についての是非は趣味嗜好の問題と思うので私個人意見はさておき、この時点で思うところがある人も当然いるとは思いました。

2について、該当のツイート他者攻撃する内容ではありませんでしたが、ひと目見て修正したほうがいい問題が含まれていて、それは一言伝えれば修正可能な内容でした。

現実には指摘は行われず称賛の言葉と共に拡散されていきました。

3は完全にアウトだと思います

補足として、該当のジャンルは決してメジャーではない作品ですがそれなりの知名度があり、カプとしての規模も大きくもなく小さくもなくと言った規模です。

以下遠巻きにこの一連の出来事を見た感想です。

企画を歓迎し参加して楽しんでいる人たちにとっては神のような企画です。

元々界隈にいる作家の方々が自分作品RTしてくれたり、初投稿でも暖かく歓迎してくれるムードがある事などが理由と考えます

それなりに時間の経ったジャンルなので、後から入って来るハードルを下げようと言うのも企画趣旨と読み取りました。

結果その趣旨通り、新しくアカウントを作ったり、作品投稿し始めた方がたくさんいる模様なので、企画大成功とだと思っています

これは本当に素晴らしいことだと思います

しかし、当然ながらそれがすべてでもありません。

特に前述の問題点が問題視されることなく、ただ盛り上がればそれでいい雰囲気に眉をひそめる人々が存在しています

Twitter性質上もあり、そういう意見を持つ人は特に声を上げることなく黙ったり、去っていくことが多いので注意深く見ていないと気が付かない流れです。

他にも様々な理由でこういった企画に乗り切れない人々と、お祭りを楽しむ人々の間に壁が出来てしまったように思えます

この現状の行末がどこに向かうのか、今の時点では数の多いほうが大勢を決するように思えます

それがこのカプについて良いことなのかがわかりません。

個人的には、小さいジャンルの中での諍いや囲い込みにプラスはないように思えます

理由は村化が進むからです。

界隈が仲が良いことは素晴らしいことと思います

一方で仲が良くなくても結束力を高めることは出来て、それが同人活動においては快適な距離感ではないかと思うからです。

最後に極個人感想です。

私は、推しの二人の可能性や良さを、より多くの人に知ってもらいたいし、一緒に色々なかたちで楽しみたいと思ってここまで来ました。

自カプでない人でも、あの二人って良いよね、と自然に無理なく思ってもらえるような存在であって欲しいと願って来ました。

その伸びしろを狭めるムーブメントには乗れないなと思いました。

それが主流だとするなら、私はカプから対象外になった存在になるのだろうと思います

特に存在感のない自分ドロップアウトしたところで大した影響がないことが皮肉ながら救いです。

カプにとって適切でないファンになったとしても、二人のことはずっと好きで、これから作品ファンでいたいと思っているので

大好きな作家さんが同じ立場でないことを祈ります

はてブ集団リンチ性を批判する増田ビビってブクマされにくいか

その手の趣旨増田を集めたブログを誰か立ち上げればいいか

そうすれば、ブクマが集まらなくてもそのブログ自体は注目されるでしょ

2018-06-29

Hagexさんの言動は「正当な批判」か「いじめ」か問題

Hagexさんの件で、「殺人は許せないのは前提においた上で、彼やその取り巻きが日頃やっていた行為は『いじめ』であり、正当化されない」という意見と、『いや、叩くべき相手を叩いていたのであって、正当な批判だ。」という意見割れています

実際どうだったのでしょうか?

ほとんどのHagexさんのエントリは、うかつな差別意識をのぞかせた企業を叩いたりと、「正当な批判」と言えるものである一方で、よくよくエントリを見ると、その中には「イジメ」と言われても仕方のない面がありました。

印象論である割れるので、Hagexさんがやっていたように引用ベースで『ウォッチ』していきます

イケダハヤトさんに対しての発言

1.イケダハヤトさんに『魔太郎』とあだ名をつけて揶揄していた

魔太郎界のサンドバッグ王子ことイケダハヤトさんがとりあげて、局地的に盛り上がっております(出展)

魔太郎のような外観ですが、凄腕AV監督(はめ撮り系)のような声をしていました。(出展)

ちなみにネット界の風雲児!カリス魔太郎プロフェッショナルブロガーで有名なイケダハヤトさんがよく「The Startup」の中の人について褒めているので、その点からも大変興味深い。(出展)

Hagexさんの過去エントリを見ると、イケダハヤトさんを何度も「魔太郎」と呼んでいました。これは彼の容姿をさした「あだ名」です。

魔太郎』にたとえて、人の容姿公衆の前であざけるのは、控えめにいっても、ルッキズムであり「いじめ」としか形容できない侮辱行為です。加えていうなら、彼の言動批判する際に「魔太郎界のサンドバッグ王子」のように過度に侮蔑的表現を使う必要ってあるんでしょうか?

しかも、上記記事は、イケダハヤトさんについて「Adsenseマネタイズ出来ないのはプロブロガーはいえない!」とか、「イケダハヤトがThe Startupを擁護している!」と言及している文脈なので、「悪いことをした奴を叩く際に、ふと出てしまった暴言」ですらありません。

2.Hagexさんのポリシー矛盾するのでは?

Hagexさんは生前ネットウォッチについて、こんなポリシーを述べていました。

さて、不肖Hagexが、ネットでの論争・喧嘩炎上時に「一番気をつけること」をお伝えします。それは、「本人の努力ではどうにもならない部分を攻撃揶揄嘲笑理由にしない」ことです。もっと簡潔に言うなら「差別要素を入れるな」なんですが、「差別」と言われても具体的ではないので、イメージしにくいですね(出展)

Hagexさんらしい素晴らしいポリシーですね。どうやら、イケダハヤトさんにはどうやら適用されなかったようですが。

容姿揶揄するのはルッキズムであり、直球ど真ん中の「差別」だと思うのですが、Hagexさんの中での「差別」の定義は違ったのかもしれませんね。

少なくとも「魔太郎」とよぶのは「正当な批判」とは程遠い侮辱であり、生まれつきの容姿揶揄したものであり、「イジメ」では?と考えます

イケダハヤトさんはサラリーマン馬鹿にしていたり褒められた人ではないかもしれませんが、だからといって「魔太郎」とあだ名をつけて「いじる」のは正当化されないと思います

梅木さんに対して

1.梅木さんのPairsプロフィール晒し上げる

田端信太郎さんが梅木雄平さんの出会い系プロフを晒して大げんか

梅木さんのPairsプロフィール(非公開)がZOZO田端さんに晒された件について、晒されたプロフィールと一緒に再度まとめています。梅木さんはこのプロフィールを晒された事について、強く抗議をしていました。しかし、Hagexさんの記事で更に再拡散される形になりました。

この件に関しては、梅木さんはただ真面目に婚活をしていただけです。Pairsのプロフィールは極めてプライベートな事案のはず。Hagexさんの記事を見ればわかりますが、梅木さん本人も「これはイジメだ。嫌だ。本当にやめてほしい」と嫌がり、強く抗議していました。

梅木さんが本当に嫌がっているのに、ブログで改めて晒し上げる『正当な事由』というのは、いったいどこにあったのでしょうか?そもそも、これってどんな部分が「正当な批判」なんですかね?

この記事は、本人が嫌がっているPairsのプロフィールを「こんな痛いプロフィール書いてるぜ、こいつ。しかも、いじったらマジギレしてやんのwww」と晒し上げる『イジメ』以外の何者でもないと思います

2.裏の取れていないの「パパ活疑惑」をとりあげる

大晦日の梅木祭り 出会い系アプリで梅木雄平さんがパパ活を行なっていた?

この記事では、梅木さんの写真をつかったユーザーパパ活サイト相手を値切ろうとしていたのでは?という趣旨を述べています

パパ活をしていた」というのは、本人の社会的信用を著しく毀損するものであり、本人との確定がとれていない以上とりあげるべきものではないですよね。梅木さんのように毀誉褒貶のある人なら、『騙り』の可能性もありますから

誰かの社会的評判を下げるような未確定情報を流す人を諌めるのがHagexさんだったと思いますが、梅木さんは適用除外だったのでしょう。

この記事には「こいつパパ活してるぜー」以外の何の示唆もなく、梅木さんの評価をさげる目的記事であり、「正当な批判」とは程遠いものだと思います

ただ、梅木さんの記事については、当時から批判的なはてなユーザーもいたので、それははてなの良いところだと思います

「正当な批判」か「いじめ」「ネットリンチ」か?

つらつら書いていくと、「加害者正当化」「殺される理由にはならない」と論点をズラす人が出そうなので、改めて「正当な批判orいじめ問題論点を絞りますね。

  1. イケダハヤトさんの容姿を「魔太郎」とからかうこと
  2. 本人が「イジメだ。本当にやめてほしい」と抗議しているにも関わらず、梅木さんのPairsプロフィール晒し上げ、再拡散すること
  3. 梅木さんの裏の取れていない「パパ活疑惑」をまとめて拡散すること

これって「正当な批判」なんでしょうかね。私には「いじめ」「ネットリンチ」としか思えないのですが。

『どんなことをしていたにせよ、殺される理由にはなりえないし、殺害正当化されない』という前提と、「Hagexさんのネットウォッチ作法の一部に問題はあった」と議論するのは両立します。

増田で故人の粗をまとめるのは良くない行為でしょうね。だけど、悪かった部分を指摘する意見すらも、声の大きい人達によって論点をすりかえられ、「彼の批判は正当なものだった」とされるのは違和感があります

さすがに正当化できないのでは?

梅木さんも、イケダハヤトさんも、サラリーマン馬鹿にしていたり褒められた人達ではないとは思いますが、だからといってイケダハヤトさんの容姿を「魔太郎」とからかうことは「正当な批判」なのでしょうか?

真面目に婚活しているだけの梅木さんのPairsプロフィール晒し上げることに、いったい何の社会的意義があるのでしょうか?

そこはさ、認めなきゃはじまらないと思うんだ。え、マジで認めないの?認めようよ、そこは。

醜悪リンチしてたよね、悪辣イジメをしていたよね。Hagexも、俺も、お前らも。

anond:20180629075724

私に対する反論は誠実だと思った。その上でもとの反論がなぜ不誠実かなのかを再度説明させてもらう。

あなた反論の一番の問題は、タイトルの「図解で見る」で頭がクラクラしたとか(この程度の不適切言葉の使い方はネット上に山のようにあるだろ?)、相手謙遜で詳しくないと書いていることな些細なことを先に取り上げて、馬鹿であるというレッテルをはったあとで、本質への反論を書いているところだ。そのうえで「単語意味の把握が甘い人は、言葉使用する単語の選定がおかしく、総じて展開する論理破綻していることが多い。」と書いて印象操作している(少なくともそう見える)。

本質的な反論を先に書くか、そうわかるように書くべきだろう。

で今回の本質的な問題ネットリンチがあったか否か、それに対してはてなが適切な対応をとっていたか、という点だろう。

先の私の説明は非常に悪かったが、元記事の指摘は、はてなHagex氏の構造いじめに見えるということだろう。

「「暴言を浴び、通報し、通報したということをブログで報告した」だけ」だからいじめでないといっているが、それをまとめて匿名集団コメントをつける行為いじめだと言っているんだよ。

現に俺も低脳先生というおかしなやつがいるんだと思っていたからな。コメントこそしなかったが、いじめの渦の端の方にはいただろう。

また「なぜなら、このブログ記事を基点にネットリンチが起こる可能性があるからです。」とあり、この考えはなるほどと思ったが、一定意味のある主張と、それに対して匿名でのコメント区別されるべきだと思う。

たとえば実名であっても在特会桜井を起点にヘイト行為が起こっているし、匿名ネットサービスは注意しないと起点はなんであれそういうリンチが起こりやすくなるという指摘のはてな批判が元記事趣旨であろう。

そういう意味あなた些細な間違いに囚われ、本質的な意図を誤解しているように感じる。

anond:20180629075724

私に対する反論は誠実だと思った。その上でもとの反論がなぜ不誠実かなのかを再度説明させてもらう。

あなた反論の一番の問題は、タイトルの「図解で見る」で頭がクラクラしたとか(この程度の不適切言葉の使い方はネット上に山のようにあるだろ?)、相手謙遜で詳しくないと書いていることな些細なことを先に取り上げて、馬鹿であるというレッテルをはったあとで、本質への反論を書いているところだ。そのうえで「単語意味の把握が甘い人は、言葉使用する単語の選定がおかしく、総じて展開する論理破綻していることが多い。」と書いて印象操作している(少なくともそう見える)。

本質的な反論を先に書くか、そうわかるように書くべきだろう。

で今回の本質的な問題ネットリンチがあったか否か、それに対してはてなが適切な対応をとっていたか、という点だろう。

先の私の説明は非常に悪かったが、元記事の指摘は、はてなHagex氏の構造いじめに見えるということだろう。

「「暴言を浴び、通報し、通報したということをブログで報告した」だけ」だからいじめでないといっているが、それをまとめて匿名集団コメントをつける行為いじめだと言っているんだよ。

現に俺も低脳先生というおかしなやつがいるんだと思っていたからな。コメントこそしなかったが、いじめの渦の端の方にはいただろう。

また「なぜなら、このブログ記事を基点にネットリンチが起こる可能性があるからです。」とあり、この考えはなるほどと思ったが、一定意味のある主張と、それに対して匿名でのコメント区別されるべきだと思う。

たとえば実名であっても在特会桜井を起点にヘイト行為が起こっているし、匿名ネットサービスは注意しないと起点はなんであれそういうリンチが起こりやすくなるという指摘のはてな批判が元記事趣旨であろう。

そういう意味あなた些細な間違いに囚われ、本質的な意図を誤解しているように感じる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん