「アイデンティティ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アイデンティティとは

2018-08-19

anond:20180819192642

こういうの言っちゃ本当に悪いと自分でも思うんだけどさ、アイデンティティがどうのこうのみたいに深刻に考えるからかえってよくない気がするんだよね

みんな性というものもっと無関心になった方が生きやすいんじゃないかと思う

そうすればストレートの奴も含めて、圧力をかけたりかけられたりといったことも減るだろう

anond:20180819110324

何か語れるものがあってアイデンティティがあって、ってそんな素敵な人生歩んでるやつ35年生きてて見たことないんだけどどこに行ったらいるの?それなりに難しい試験を受かっていわゆるエリートど真ん中歩んで来たけど怠惰クズしかいなかったわ

自分の育成失敗した感がすごい

ふだんはダラダラフラフラと生きているが、ふと、自分のものすごい育成失敗しちゃった感に気付いてしま死にたい気持ちになっている。

自分より若い中高生とか大学入りたての人が、

小さい頃からの夢とかを持ち続けていたり、目標を定めて邁進していたり、

何か語れるもの(いやみな感じではなくて、アイデンティティのようなもの)をちゃんと持っていたり、

とにかく健全人間性うまいこと獲得してきて今ここに彼/彼女存在しているんだろうなぁと思うとつらい。

人と比べてもしょうがないのはわかっている。

でも、自分はうまく成長できなくて、だからいつまでも人間性が未熟なままなのだという気持ちが拭いきれない。

そして、それを環境のせいにして、

こいつらがこんなに健康的で思いやりのある立派な人間になっているのは恵まれ環境にいたからだよなーと思ってしまう。

こんな風に考えて卑屈になるのも嫌だ。

教育実習に行った。

先生になろうかなと思ったのは、僕みたいなねじくれた子供を増やさないためだった。

僕は今都会の大学に通っているが、ド田舎出身で、母校の生徒たちは素朴でとても可愛く、新鮮だった。

たまたまいいクラスに当たったのかもしれないが、あるいは僕に見えていなかったのかもしれないが、

中学校特有陰湿雰囲気がいっさいなく、快活な子もおとなしい子もいたが、クラス全体が仲がよかった。ウェイな感じもない。

羨ましかった。僕もこのクラス中学時代を送りたかったと思うほどに。

教育実習に行った人は、だいたい「生徒が可愛い先生になりたい!!!」と熱く燃えて帰ってくる。

僕も半分はそうなった。

だけど、帰ってきてからずっと気持ちが沈んでいて、教員採用試験は受けなかった。

僕は、自分が救いたいのは子供たちではなく、小さい頃の僕自身だと気付いてしまった。

そして、担当した生徒たちの精神的育成が順調に成功しているのを見て焼け付くように羨ましくて、もうだめだった。


こんな風に感じてしまうのは、僕が精神的に未熟だからだ。そしてこれからもそのままなんだろうと思った。

僕は、いろいろなことを経験してきて知識も増えて、ちゃんとした大人になれたつもりでいた。

から子供の頃の僕自身に会う機会がもしあれば、支えになって導くことができるだろうと考えていた。

でも今はその自信がない。

中学校の帰り道、誰にも会わないようにトイレで人の足音がなくなるのを待って、

家まで倍以上の時間がかかる誰にも会わない道をわざわざ選んで、

こんなに空が青くてきれいで、川は澄んでいてさらさら流れていて、草いきれが風にのってやってきているのに、

どうしてこんなことしているんだろうな と泣きながら帰っている僕の背中に、

何の言葉もかけられずに立ち尽くしていることしかできないだろう。

本当の自分なんてない いや、ないかどうかも分からない そもそも本当の定義が分からない それでもなぜか本当の自分を求めがちだけれども

でも自分を方向づけることはできる ちょうどボールを転がしてやるように 方向を変えることもできる ボールになったかのように でも方向を変えたのは本当の自分かというとそれは違うだろう その決断バタフライエフェクトのように何かの影響により起きたものだろうし、完全に個人個人意思で何かを決めるなんてありえない

現代だと、これ以上分割できないもの存在する、何かを定義して議論を進めたい、という西洋風の理性的な考え方になびいてしまうのだ

でもそうじゃなくてアイデンティティ個人(individual)は幻想だ 最小単位と思われていた原子が今や最小単位ではないのだしこれから粒子も分解されるかもしれない 議論は進めても際限がない 丁度人権論が泥沼化するように

2018-08-16

anond:20180816111613

養分を与えにいってるやつは嫌ヨ嫌よも好きの内を体現してるやつだから絶対やめないよ。

はあちゅうの敵であることにアイデンティティを感じている」から敵対することが本人のメリットになってる。

本当に嫌いならゴキブリと同じように触るどころか見聞きしたくないのにね。

2018-08-15

anond:20180815233510

で、在日の人って(とはいえいろいろいると思うが)、アイデンティティ日本人でも朝鮮韓国人でもなくて「在日」なんだそうだ。

日本軍将校にもなった朝鮮韓国人などにとっちゃあ、戦争で負けたうえに、手のひら返して従米西洋かぶれで、バブル期には現をぬかして社会や国や共同体を自ら壊してきた日本人のことは、彼らから下に見られても然るべきかもな、とも思わなくもない。

で、そんな彼らが日本人以上に天皇に想いを寄せることも不思議ではないかな。

2018-08-14

久しぶりに映画をまとめて観た

記憶自分アイデンティティとか、メタファーを使った復讐とか、色々深いなあと思ったけど、

そういうのが疲れるからアクションばっかり観ていたことを忘れていたわ。

普段から考えることが多いのに映画まで面倒見れるかという気持ちです。

元増田は「子供及び子育て無罪原理主義者」に対する理解が乏しい

増田イラつくのは尤もだが、はてブ相手じゃそのイラつきと主張は一切受け入れられはしないだろう。

はてな論壇を牛耳ってるのは「子供及び子育て無罪原理主義者」共だからな。

父親が除外されているところがポイント。これがはてなミサンドリー蔓延理由でもあるのだがこれは別記)

原理主義者は子供母親無罪という絶対不変の結論があるので、

その結論から遡ってこいつらは増田に対して何とか反論してやろう・噛み付いてやろうと思ってるから

増田ウンザリするような誤読詭弁揚げ足取り論理すり替えが当たり前のように頻発する。

屁理屈をこねくりまわすことができる分、頭が悪いということはないんだよ。

悪いのは性根とかタチだな。

増田は「異常な騒ぎ方をする子供には、親なり病気なりの原因があるのではないか」という疑問が立脚点なのだが、

そもそも子供及び子育て無罪原理主義者」はその立脚点自体が受け入れられない。

から議論自体を拒絶したいのだ、そのためにアラ探しするしか他にないんだよ。

それは原理主義者にとって最も指摘してほしくないポイントからにほかならない。

実際居るんだよ。

異常な子供も。

異常な母親も。

(異常な父親原理主義者共は平気でバッシングするから除外)

ただ異常な子供母親存在認知してしまうと、

原理主義者にとって非常に不利なんだよね。

原理」を主張できなくなっちゃうから

子育てをする母親とその子供は完全無欠に正しい」という原理を主張したいのが連中のアイデンティティなのだから

どうするかというと、

「異常な子供母親存在をなかったことにする」しかなくなる。


増田批判的な連中の物言いをよくよくつぶさに精査していくと、

「異常な子供・異常な母親存在自体に巧妙に言及しないようになっていることが分かる。

ある意味芸術的なので、だから原理主義者が頭が悪いとか国語の点数が低いという批判は当たらない。

しろ原理主義を貫くための屁理屈力に費やす頭の良さは一級品だろう。



anond:20180813145826

2018-08-10

コンビ名が一般名詞っぽい芸人

思いついたやつだけGoogle

てきとに目測で判断

誰かもっと精密にやってくれ

コンビトップ検索結果すべて(一ページ目)画像動画(一ページ目)
ダウンタウン芸人9割芸人芸人芸人
ハイヒール芸人Wikipedia以外は靴
ネプチューン芸人ほぼ名倉本芸人、たまにアニメ絵芸人
チュートリアル一般名詞半々芸人芸人
アメリカザリガニ芸人ザリガニ強いほぼザリガニたまにザリガニ
ハリセンボン芸人ほぼ芸人魚8対芸人2くらい魚と半々
たんぽぽ店の地図芸人Wikipediaくらい芸人は4割位
オセロリバーシリバーシ芸人Wikipediaすらないリバーシリバーシ
磁石マグネットWikipediaすら出てこないほぼマグネットほぼマグネット
アジアン芸人ほぼ芸人芸人ハーブが多い
天津天津ほぼチャイナ天津夜景天津爆発事故
流れ星芸人半々ほぼ星芸人
ピースPiece翻訳、次が芸人タバコとか平和とかピースサインの素材米津玄師ピースサインに負けてるぞ
サバンナ一般名詞芸人率5割位ほぼ雄大景色7割芸人
ペナルティ芸人サッカーペナルティSEO話が多い芸人サッカー用品とコントサッカー用品・SEO
オードリー芸人芸人たまにヘップバーンっぽい女芸人オードリーって一般名詞じゃないな
キングコング芸人映画とかも多いほぼゴリゴリ映画やったばっかだから、というかこれも固有名詞だった
フルーツポンチクックパッドスイーツが多いスイーツスイーツ
かまいたち芸人妖怪も出てくるほぼ芸人芸人
麒麟芸人神獣やビール会社も強いほぼ神獣ほぼビールCM
鬼ヶ島桃太郎が強すぎる鬼ヶ島イメージ画像が多い
カンニング芸人6割芸人半々カンニング方法動画がたくさんあって闇深
アンタッチャブル芸人映画と半々映画芸人半々くらいたまに映画映画が強いのか、アンタッチャブルアンタッチャブルになってるからなのか
和牛芸人芸人芸人たまに肉
ライス芸人最後食べログ白米レシピと半々
とろサーモン芸人芸人芸人芸人
ニューヨーク
レギュラーregularの翻訳ほぼ芸人芸人時々服(レギュラーサイズ)あるあるは強いがドラムとかも出てくる
アイデンティティ単語意味同名のゲーム攻略が多いほぼ芸人ほぼ芸人


結構「お前が検索したいのは芸人か?一般名詞か?」と泉の精みたいなことを右で聞いてくる

なんかシークレットで検索しても履歴とかバレてんのかなみたいなことよくわかんないしめんどくさくなってきた

あと一般名詞がなにかわかんなくなってきた 千鳥とか芸人しか出てこないけどどうだっけ?

くりぃむとかU-turnとかダイノジも考えたけど表記ブレがあると普通に分かたれて検索されるので面白くなくてやめた

バカルディは酒しか出てこない アルファルファはほぼ植物 海砂利水魚くりぃむ

食べ物は意外に強くない 動物は強い 神話とか昔話も強い

帰国子女おすすめです

みんな大体日本に帰ってきて、いい大学、いい企業行ってます

いい大学帰国子女なら優良企業への入社も楽勝です。

知人の半分以上は、平均年収1000以上の企業か、その職種採用です。

デメリットは、アニメ感情移入できない。

導入の部分で、「知らんがな」ってなってまいます

なんか和の精神がないとかなんとか言ってる人がおますけど、

それアイデンティティにしてるって、どういう人生歩んできてるんでしょうね。

2018-08-09

無職としての学問

 特に文系において、大学研究を取り巻く環境が厳しいので、少し愚痴を書かせていただきたくお邪魔します。

* * *

 研究生活が実生活、ことに家庭生活に対し極度の不安定性を与えることは、今日に始まったことではない。

 例えばかの有名なマックス・ウェーバーによる1919年の講演の中では、「大学に職を奉ずるもの生活はすべて僥倖支配下にある」と語られており、「精神的に打撃を受けることなくこうした境遇に堪ええたためしは極めて少ない」とまで言われている。

 このような状況は、100年の時と洋の東西とを超えた今日日本においても、同様である。むしろ人口減少と学問に対する軽蔑——それはおそらく、ウェーバーが講演の中で強調した、学問がなんの「救い」も「啓示」ももたらさないということを、多くの人々が正しく認識たからに他ならないが——に直面している極東島国の方が、研究生活を取り巻く環境過酷であるといえるだろう。

 博士号を取ったとしても多くの人々には就職先がなく、あっても有期雇用で、しか低賃金であり、長期的な研究生活の途を描くことは全く不可能である

 日本より恵まれ研究環境を有する国、例えば博士課程から給与が出るアメリカや、高等教育がほぼ無償であるフランスの例を持ち出すことは簡単であるしかし、研究生活はその研究者が根ざしている言語文化、あるいは人的ネットワークにある程度は依存せざるをえない。また、他国研究環境は、一部だけを切り出せば外面的には羨望の的になりえるが、実際は、給与と引き換えに研究テーマ選択制限されたり、あるいは無償で得られる研究環境には限りがあったりするのである

 当然のことながら、研究者における研究成果はそれぞれのおかれた研究生活の諸条件に左右されるのであり、それは資本的な制約を大きく受ける理工学系のみならず、人文系についてもそうなのである

 ハンナ・アーレントのように、生地での生活を根こそぎ奪われ、新天地で大きな研究成果を挙げる例もないわけではない。大学官職への道を閉ざされてから活躍したカール・マルクスそもそも学歴のなかったピエールプルードンなども、偉大な思想家としてのちに崇められる存在であるしかしながら、すべての人が偉大な人、指導者のような人、あるいは預言者になることを目指して研究に励んでいるわけではない。実態はむしろ逆であり、陽が当たらない部屋で日がな一日、誰も読まないような古雑誌の1ページをどう解釈するかについて考え、その謎を解けた時に無常の喜びを感じる、そういう人が研究生活に入るのである。そのような、全くつまらないことこそ重要研究成果なのであり、むしろ大きな社会的反響を呼び起こす御宣託が科学的な研究成果とは全く呼べないようなものであることは、ウェーバーの指摘するところであり、歴史が度々証明してくれたところでもある。いずれにせよ、研究生活とは社会的名声や富と全く関係がないどころか、資本主義社会ではしばしばそれらは相反するものとなるのである

 尤も研究者も所詮人間であるからして、研究のものの「客観性」や科学位置付けとは無関係に、それぞれの求める研究生活上のあり方というのは存在する。名声や富を求めて研究に取り組む人もいるのかもしれない。しかしそれは明らかに悪手だ。羽生名人でも挽回できないぐらいの悪手だと思う。

* * *

 さて、反面、家庭生活はまさに「経済」の必要に駆られるところのものであり、十分な収入、定住可能な住居、そして可能な限り多くの家事労働自動化が進んだとはいえなお労働集約的だ)が投入されて、初めて成り立つものである

 収入がないなどもっての外であり、亡命収監失踪放浪なども、家庭生活とは相容れないものである

 歴史を顧みれば、自死発狂、子捨て、虐殺に至るまで研究に身を置いた人々の末路は様々であるが、なんとかしてそのような事態は避けたいと誰しもが願うところであろう。

 できれば平穏無事に、昭和時代理想とされたライフスタイル、すなわち夫婦円満子供と共にマイホームに住み、安定した立場で働き定年後は年金生活という人生を歩みたいところである(これは皮肉である)。

 しか今日の若き研究者は、子供はおろか結婚もままならず、マイホームマイカーも持たず、年金制度破綻を前に怯えながら年老いるのである

 もしあなた結婚したとすれば、それはパートナーの全く寛大な心によるものか、パートナー無知蒙昧で完全に誤った選択をしたかのいずれかであろう。

 さら子供がいるとすれば、当然あなた研究生活放棄するか、あるいはなんらかの安定した不労所得に拠って研究生活と家庭生活の両立を試みねばなるまい。(あるいは、あなたが非常に体制時代に順応的な研究をなしていたとすれば、すでに十分な収入に恵まれいるかもしれない。これこそウェーバーの言った「僥倖である。そういう人には心から祝福を送ろう。願わくば同じような僥倖が数多の迷える研究者たちにあらんことを。)

 多くの研究者たちにとって、結婚出産研究生活首にかけられた縄である

 女性研究者の研究生活性別役割分業的発想や家庭生活に対する支援パートナーから十分に得られないなどの理由によりすぐに縛り首になってしまうが、男性研究者の研究生活も同様に性別役割分業的発想や金銭支援パートナーから十分に得られないことですぐにギロチンにかけられてしまう。

 いずれにしろ他者にとって金にならず有用性のわからない行為としての研究は、家庭生活に直面すると挫折する公算が大きいのである

 だからといって、家庭生活を全く否定してしまうことも困難である穂積陳重来日本の身分法学者は、日本国民の位置付けを次の三つの身分のいずれかあるいは複数に属するもの定義した。すなわち、夫婦、親子、親族である

 しかし、親が死に、結婚もせず、親族との紐帯も弱いとなれば、その人は社会的にも法律的にも、全く孤立した存在となってしまう。

 その人は十分な社会保障の対象にならないことはもちろん、社会生活上の様々な面で制約や不利益を受けることとなる。

 実際上の問題として、社会的要請として家庭生活に入ることを我々は求められており、多くの人はその生活が全く不幸であり耐え難く絶望的なものだと感じていたとしてもなお、家庭生活に甘んじているのである

 当然、研究をしていなければ家庭生活が楽になるとは全く言うことができない。しかし、少なくとも研究生活が家庭生活と激しく対立することであることは自明であることのように思われる。

 あるいは「家庭」という理想像の崩壊高齢者二人世帯や単身世帯シングルマザーの増加、生涯独身者の増加などによって、家庭生活という名付け自体空虚ものになっているという批判があるかもしれない。

 しかし反面で、なお結婚出産経験する人は半数を占めており、「家庭」に代わるほど普遍化された結婚出産を前提とした私的領域生活モデルはいまだに存在しないわけだから、やはり家庭生活という呼称を用い、特に若い研究者たちにとってはそれを重視せざるを得ない現状もあるのだ。

* * *

 収入、定住、家事労働を求める家庭生活は、無収入、度々の転職と転居をもたらし、にもかかわらず時間の余裕を求める研究生活とは、完全かつ深刻に対立する。

 では、この間の解決はどのようにしてもたらされるのか。非研究であるパートナーの忍耐によってであろうか。あるいは研究生活の適度な抑制によってであろうか。

 前者はこれまでの男性研究者がしばしば採用した方法であり、女性人権がない時代であればよかったが、21世紀にもなってこの方法採用しようと思っている人がいるなら、その人は妻を見つけることができないであろう。

 後者方法は、実際には採用し得ないものであり、つまりそれは相撲レスラー炭水化物摂取を控えるとか、プログラマーが1日3時間しかモニターを見ないようにするとかいう話であって、研究生活を「適度に抑制する」などということは単に研究生活否定しかない。

 研究者はその人をして全的に研究に没頭せしめなければ、素晴らしい「霊感」を得られないものである。そうでなければ、特に人文学研究においては、それは単なるジャーナリズムに陥るであろう。

 そして、これもウェーバーと同じく声を大にして言いたいところであるが、そのような素晴らしい「霊感」、今日言葉であれば「イノベーション」などというものは、研究のみならず仕事や様々な形の労働の中でも、それに没頭し専心していなければつかむことの能わざるものであり、行政府が旗をふって労働時間の長短や職業訓練の有無をいくら弁じ扇動しようとも、生まれてこないものなのである

 家事労働ワークライフバランス長時間労働問題は、まさにこの没頭の可能性にあるのであり、特に家事労働時間を細切れにしてしまうために人をして何かに没頭させることを妨げること大であるワークライフバランスも、結局その目的とすることが明らかでないか低賃金かつやることのない中途半端余暇をもたらすだけである長時間労働改善しても、人々が自ら欲するところのものに取り組めるような労働時間の設定でなければ、それが長かろうが短かろうが、人々の不満は変わらない。いくら労働時間が短いとしても過労死は起こりうるし、長く労働していても過労死しない場合があるのは、この理由によるのである

 とにかく、家庭生活の求めるもの根本的に否定しなければ、研究生活は成り立たないのである

* * *

 では、解決方法は何か。家庭生活問題点は、それが夫婦という二者で成立するように想定されていることである。それゆえ、収入と定住を男性が支え、家事労働女性が支えるという構図が出来上がった。

 しかしこの想定は噴飯ものであり、シングルマザーは全て一人でやらざるを得ず、あるいは逆に親族から支援収入不安が軽減されたり、実家を譲り受ければ定住も可能というように、家庭生活の諸条件の実現は夫婦という関係性の外部で決まっていることが多い。

 もし家庭生活に関与してから研究生活継続するためには、家庭生活を成立するためのリソースを外部から調達することが最も望ましい。(逆にいえば、外部からリソース調達できなければ、ついにここで研究生活のお墓を立てるしかない。自分研究というアイデンティティよ、さようなら、と。)

 ただ、ここには二つの問題がある。一つは、リソース調達である大川周明のように徳川家から調達したり、大杉栄のように政治家からぶんどってくることができれば最高だし、あるいは明治時代のように女中を置いたりできれば最高だが、なかなかそういうわけにはいかない。もう一つは、その調達個人能力に帰せられることで、研究能力とは別にそれに取り組む環境規定されてしまうということである

 この二つの問題解決するためには、若い研究者同士で研究生活を支えるための生活ネットワークを構築するしかない。あるところには金がある人もいるだろう、あるところには手が余っている人もいるに違いない。

 どうせ研究生活に勤しんでいる人以外に若い研究者に対して同情を寄せてくれる人はいないのである

 アカデメイアリュケイオンがどうだったかはわからないが、古今東西大学に併設されている寮や大学街(カレッジ)では生活上でも学術上でも研究者のコミュニティ形成されていたはずだ。修道院のようなものである

 いま、若い研究者は官僚主義的な大学制度によって互いに分断され、地方に散住し、有能なもの国外へ出て行ってしまっている。もう最後タイミングである

 いま我々若い研究者が団結して助け合わなければ、この国の研究はすぐになくなる。もし研究のなくなり方が緩やかであれば、日本語で達成された学術的成果を、多少なりとも国際的に、人類のために遺す時間猶予が生まれるかもしれない。あるいは、国外から救いの手が差し伸べられるやもしれぬ。「タコツボ」を脱しなければならない。近くで助け合って生活し、なんなら雑誌なども出して(いまであればブログでいいのかもしれないが)、特に文系では消え掛かっている研究の灯火を、なんとか引き継いでいかねばならぬ。ならぬと思う。

いや、それとももう、研究生活を諦めるべきなのか。

2018-08-08

ご報告

【ご報告】

・A社落ちました(多分社風的に合わなかったような気がします)

・B社は結果待ちですが、最終面接雰囲気が全く合わなかったためステイしようと思います

違和感が拭えない人事ローテーションを受けて、この一ヶ月間転職活動を全速力で走り抜けましたが結果的には現状維持ということになります

とても疲れました。我ながら私らしい結末ですが、現状他に採りようのある方法もないので仕方がありません。正直やりがいもなく、面白くもない仕事をして、面白くない時間を延々と過ごすことが、人生の浪費と言わずしてなんと言えばよいのか疑問です。しかしながら、今はそれが私の歩む道なのです。

思えば何をしても根本的には満足を得られない人生を過ごしてきました。これは誰の責任というわけでもなく、私の特性上そうなってしまものです。考えれば考えるほどに辛く、しかし考えることをせずにはいられない。楽観的に、刹那的に生きることを善しとできない性分は、常に私を苦しめ続けますしかし、そんな自分が嫌いなわけではないのでさらにややこしい。一種病気のようなものであるのには違いなく、多分40歳ぐらいになれば落ち着くと思うのですが、それはそれで先が長くて思いやられます

人は何者かになりたいと思いつつも、結局何者にもなれず死んでいくことがほとんどです。私は何を求め、何になりたいのでしょうか。答えは藪の中であります誰も知らないし、誰にもわからないのです。一つだけわかっているのは、そうは言っても新しい日は自動的にやってきてしまうということ。来るなと願っても来てしまうこと。私は乗り越えなければなりません。乗り越えて生きていかなければなりません。その意味では、どちらに転ぼうが結局のところ変わらないのです。

志望した会社業界に落ちたことがショックということではなく、何も変わらない、変えられないということに無力感を持っています。私にできることはそもそも多くありません。おそらく力を発揮できる環境も限られているでしょう。客観的に見れば私の大嫌いな今の環境が、私にとっては適した環境なのです。それは現職における私の評価が異様に高かったこからも推察されます。その事実にも私は苦しまずにはいられません。

大変にご心配をおかけいたしました。今は励ましも何も必要ではありません。私は今日ちゃん会社に行きます。もはやそれだけが、今の私のアイデンティティなのです。

中学生くらいから「何者にもなれない恐怖」に追われ続けてきて、「自分しかできないもの」を探し続けてきた。でもも疲れた。この先良くなる展望がない。

「まだ若いんだから何でもできる」って大人は言うけどさ、じゃあ逆にさ、今まで20年間何も成し遂げてこなかったかったのに、これから何かできると思う?

自分が勝てる場所を見つけろ」って言われるから色々試してみたけど、結局分かったのは自分には何も向いてないってことだよ。もういいよ、ありもしない希望を追いかけるのに疲れたし、別に悔いはそんなに無いからさっさとこんなゲームから降ろさせてほしい。頑張れる人や能力がある人たちはどうぞこれから世界を良くしていってください。何もない自分にはこの世界は生きづらい。

別に何者にもなれなくても生きてていいじゃん」って言われるけど、生きてることと死んでることにあんまり差がないのに、こんなにコスパ悪い人生ってやつをわざわざ「代替可能なこと」だけをやってく意味ある?

って言ってるのに自殺はできないのよね。ははっ、なんで生きてるんだろうね。何してるんだろうね。

追記

別に結婚して、家族ができて、親になってしまえば強制的に「何者」にはなれるんだけど、自分アイデンティティのために家族作るのは申し訳ないし、コスパ悪すぎるからできないのよね。

2018-08-06

増え続ける女性老害

最近アホ杉田の話から芋づる式に女老害が目立つようになってきたなと思う。

いや前々からいたけど杉田のせいで可視化されるようになったというか。

老害で一番面倒なのが40後半~50代くらいのいわゆる「バブル期にイケイ()だったオンナ」たち。

その時期って女の大学進学率が上がってそれなりに社会的地位も得られる層が出てきた反面、田舎とかだとまだ古い価値観で家庭を持って子供を持つことが女の幸せテンプレだったという頃だったわけで。

メディアとか政治世界でイケイ()してる連中って、そういう時期に他の玉の輿願望を持った女を見下しながら着々と学歴を高くして、男尊女卑社会をお得意のコミュニケーション能力のし上がっていった連中というわけだ。

それが今の時代になってそういう自分アイデンティティになってた高学歴+権力者男性へのコミュ力必要なく、いわゆる凡庸な女でも出世したり高学歴になれたりするようになった。

そしたらいきなり「男女平等なんてありえない」「女性は旧来の価値観幸せ」みたいな団塊世代オッサンでも軽々しく口にしないようになったことを言い出す。

平たく言えば名誉男性地位を維持するための保身的行動なんだろうが、非常にみっともない。

ってか女の敵は女ってまさにこういうバブリーイケイケな女老害だと思う。

2018-08-02

anond:20180802180137

男が上方婚すると、威張れないのに威張りたいか

最後に唯一残った女に対して威張れる要素である「女より肉体的な力が強い」を駆使してDVに走るケースが多いとのこと。

でなければアイデンティティ崩壊して鬱になる。

男のプライドって生来的なものなのか、社会的ものなのか、どっちなんだろうね。

2018-08-01

まあ実際ジェンダーアイデンティティなんて言ったらシュバってくるような輩もブスの女が女扱いされないのには普通に冷たいだろうしなあ

2018-07-30

anond:20180730095813

でもメンヘラ傾向なのを見ると性的アイデンティティ確立してないという心の病で生きづらいってことなんじゃねえのって気もするが

きらら漫画というフィリップ・K・ディックディストピア考察する

あの世界はおそらくユートピアに見せかけたディストピアである

 

なぜならきらら作品において金髪碧眼欧米人日本人以外は登場しない

黒人東南アジア中国韓国などの有色人種は出てこないからだ

これらが意味するものは至極明解

枢軸国が勝った世界である

 

ナチスドイツ有色人種に対する敵愾心は明らかであり

現代において当たり前に散見する欧米黒人有色人種

本国に戻されるか、おそらくガス室送りになった

からこそきらら作品における「外人」像は白人なのだ

 

きらら世界においての有色人種

学業に就く権利を与えられず、

児童の頃から劣悪な条件下で働いており

作中の学校マイノリティを見ないことの理由になる

ただし、同盟国で名誉白人日本ジェノサイドから除外

 

ちなみにきらら系には百合同性愛的傾向を持つマイノリティキャラが多い

一見同性愛嫌いのナチス矛盾するようだが

それが認められているのにはエルンスト・レームの存在が欠かせない

 

正史では彼は突撃隊を統率する同性愛者であり

ヒトラーの数少ない親友の一人であったが

「長いナイフの夜」で粛清された

同性愛がある程度認められているということは

おそらく、彼が粛正されていない世界なのだろう

 

日本中国朝鮮東南アジアインド併合を進め

民族としてのアイデンティティ日本にすべてのみ込まれ

反逆するモノはことごとく処刑された

 

ナチスと言えば優生学が有名である

きんモザに見受けられるような「金髪、碧眼、色白」という純粋アーリア人の形質を保持するため

優生学的な選別が執り行われた

形質を受け継がず、かつ美形ではないもの

やはり処分対象になる(故に障碍者白人以外の風貌きららキャラはいない)

ペドフィリア近親相姦などの行為

形質の保持のため進んで行われる

 

その結果、遺伝子プール多様性を失い、病気がちになり

人類平均寿命は大きく下がった

故にきらら作品には大人が異常に少ないのだ

男の平均寿命も極端に短いと考えれば、

「男がいない」という表現解釈可能

 

よくある、「風を引いただけなのにクラスメイトが看病してくれる」

という大げさな萌えアニメ表現

遺伝子の異常により、極端にまでに人間が病弱になったと捉えれば

その深刻性がお分かりいただけるであろう

 

ドイツ基準の法に準拠する日伊や二等市民である連合国においても

アーリア風の人間以外は迫害対象になった

 

それゆえ、きんモザアリスと金剛は金髪碧眼色白なのである

(ただし、日本は仲間の同盟国としてある程度ルックス自由は認められており

迫害を逃れた赤毛英国人などが散見する)

 

きらら作品女の子がこぞって男に媚びるような

自立した女性像ではないのも

ナチス政権戦時下女性権利を抑圧した歴史

世界に伝播したからだろう

 

ヒトラー英国女性社会進出に渋い顔をして

じり貧になっても女を銃後の生産に動員するのを躊躇った

また、戦前フランスファッションでは

ジェンダーレス恰好流行っていたが

侵略したと同時にそれを禁止したのも有名な話だ

 

よってきらら作品枢軸国が勝った

〝やさしくない〟世界なのである

ウェルカムボード

結婚式ウェルカムボードの作製を頼まれて、「あなたの絵のテイストボードを使って欲しい」と言われ、作ったら、「男性には受けない絵柄なので〇〇さんのテイストで書いてほしい」、と言われ、

「それなら〇〇さんに頼めば」と言ったら「長年の友人であるあなたに書いて欲しい」と言われ、号泣しながら、にても似つかない〇〇さんの絵柄に似せて描いたことを思い出してイライラしてる。

絵描きにとって絵柄はアイデンティティから「〇〇さんに似せて欲しい」とか気軽に言うな。仕事ならいい。でもこの場合無償で引き受けている。

今思い出してもイライラする。

眠れない。

2018-07-29

anond:20180727120258

くるみちゃんもそうだけど、脱ぎたがり設定のとときんとか自分の胸のことを前向きに捉えてる雫ちゃんとかもコラの対象にされてたのはキャラクター理解できてなさすぎる

アイデンティティを無くして胸のない悩みもない個性もない女の子にしてそれを可愛い可愛いというのはその人たちが何よりキャラクターのことを胸とか見た目でしか見てないしそのキャラクターらしい「ちゃんとした」格好をさせてあげられてないんじゃないか

2018-07-28

anond:20180728183823

LGBTガチガチアイデンティティになってるような人ばっかりじゃなくて、そういうノリの人もいるとは勝手に思ってる

でも実際どうだかは知らない

LGBTロリショタ

ネット上で議論沸騰している生産性とは、関係がない話で恐縮だけど。

話をややこしくするな、と言われるかも知れないとは思いつつ、性的

マイノリティという時に、自身根本的なアイデンティティとして捉

えられるLGBTと、自身性癖としてのロリショタ何となく別のも

のとして受け止められているように感じる。

本当は、性癖アイデンティティの一部を構成するものだと思うのだ

けど、多分それは本質ではないとされるのだろう。

はいえ、LGBTの人にも恐らく一定割合ロリショタの人はい

と推測した場合いか多様性を主張する人であっても、やはりロリ

ショタの部分を認める人はいないのだろうと思う。

多様性は、他者権利を侵さな範囲で認められるとすべきであろうし。

2018-07-27

映画ドラマ男性役を宝塚男役女性が全てやってしまったら

男優

男の役くらい男にやらせ

職業機会を奪われた

アイデンティティ搾取

結局は作り物見世物で現実差別矮小化される

そう思うだろう。

トランス役をシスが演じるのもそういうこと。

2018-07-26

なんで年寄り長生きしたがるの?

長生きすればするほど、嗅覚も味覚も視覚も鈍って肉体も頭脳も古びて周りに迷惑かけるのは明白なのに、なんで長生きしたがるの?

俺らは早く終わりたい派じゃん?

アイツらやっぱり変わってるわ。

追記

俺みたいなヤツほど生に執着すると書かれたがそんなもんなのか?現実に酷く満足していたり、成し遂げたい何かがあればそうなのかもな。今のところないけど。宝くじでも当たったらどっちに転んでもスッキリ死ねそうな気はする。

追記3

自分現代の老人だったら長生きしたくなるかもしれない。じゃあ実際そんな老後が過ごせるのかって考えたら不安しかない。悲観的なのかもな。

追記4(ブコメしゅごい…)

俺は別に年寄りに死んで欲しいわけではない、ということを最後に言いたい。明らかに衰えてるのに100まで生きたいと言い切れる根拠を知りたかった。たくさんの反応ありがとうございます。あと、今日ってプレミアムフライデーなんだぜ〜!飲み行くぞ〜!

anond:20180726002239

ずっとキリン一番絞りが好きだったんだけど

この前キリンラガー飲んだらめちゃめちゃ美味くてアイデンティティ崩壊した

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん