「家族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家族とは

2019-02-21

「何ものにもなれなかった」と嘆く中高年に「真剣に何かになろうとしたか」「なにもせず何かになるのは図々しくないか」とオーバーキルする方法の勧めに賛否

https://togetter.com/li/1320994

これって家族のことを「うちの愚妻が」「バカ息子が」とかって言うのといっしょで、自分卑下して軽口いってるだけでほんとうに「何者にもなれなかった」なんて思ってないよ。

思ってるやつはそんなこと絶対に口にしないし、ふつう自殺してるっつーの。

たいていのやつは「自分はけっこううまくやってる」って思って適当に言われた仕事やって給料もらって飯くって満足しているよ。

ランチタイムオフィス街飲食店入ってみ? みんなもりもり飯食って同僚と笑い合ってるからさ。あいつらが「何者にもなれなかった」って本気で思ってるわけないし、「何者かになるために努力」なんてするわけないじゃん。

そういう「本気(まじ)」なやつを嘲笑って、ほどほどの調子仕事して給料かすめとっていくことしか考えてねえよ。だから平気で「何者にもなれなかった」なんて言えんだよ。舌だして笑ってるぜ、そいつ

美容院

年とるにつれて美容師さんとの会話がつらくなってきた。仕事休みも聞いてくるけど本当に興味があるわけじゃないならあまり聞かないでほしい。この年でバイト休み不定期なわりに最安メニュー新規限定クーポン休みの日は何してるかって?近所のイオンモールで金ないからぼーっとカップルやら家族を見ているよ。言いたくないんだけど何か言わないと居づらい。いいかげん辞めたい。

2019-02-20

ブス女ってマジ人生詰むと思うんだけどどういきてるの?

何だかんだ言って顔で決まるのに元気な子見てると勇気がわくよね。

家事をする料理うまいってそんな重要?

習慣とスキルなんだからすぐに覚えられるし、普通に家族に教わったでしょ?

かに最低限できない子っているけど、よほど生活環境荒れてなきゃあり得ないでしょ?

直すのだって一年二年で直るじゃん。だいたいの人が二年で直ること重要視するってばかじゃん。

バカな男って小手先に騙されるのかもしれないけどさ。

金銭感覚だって自分収入釣り合う人と友達付き合いすればいいいし、無理なら断ったらいいよね。

とか色々結婚条件あるけど、全部後天的に数年の努力でどうにでもなるでしょ?

友達チョコ交換した時に自称料理きな子手作りチョコだしてきた。

笑っちゃうよねw

手作りより工場製品の方がおいしいし、だいたいこれは溶かして型にいれただけじゃんw手作りしたいくらい仲良くしたい、ってメッセージなのはわかるから大げさに喜ぶけどさw

そもそもの子あんまりあれだけど、優しいし気遣いできる子でさ。家行くといつだってきちーんと掃除されてるよ。

私みたいに雑誌だしっぱとか電気消し忘れとかないからね。

ルンバスイッチ入れてスマホいじったりせず、自分掃除機かけるし。

でも男ってそういういい子を歯牙にもかけないじゃんw

愛嬌がいいかは男の前連れてったことないから知らないけど、少なくとも私らにはすごくいいよ。嫌いな人なんていない。

じゃぁモテてるかってそんなことない。

 

顔じゃんw

 

まぁそうだよねwまともに頑張ったらすぐなおるもん。

男もなんだかんだ知ってるから口ではどうこう言うけど、なおしようのない顔で選ぶんでしょ?

妥協した男に落ち着くとか意外と優良物件とか探すにしても、既にスタートライン遥か後ろじゃん。

 

でも、それでも強く生きる意思みたいなものって、勇気でるよね。

 

子供要らないのか、みっともないとこで妥協するのか、ひとりで生きるのか、死ぬのか知らないけどさ。

世間一般とか世の中の評価には従わないって強さを感じる。

真似できないよ。

FF氏の言う事は何も変わらないけど

ブラック企業上司に酷い目に遭わされてるEDおっさん」や「無職家族から穀潰し呼ばわりされてるEDおっさん」だから同情半分、嘲笑半分で見ていられたものが、

「まともっぽい?企業管理職やって部下をこき使ってるEDおっさん」になったせいで面白くなくなっただけだろう。言ってることはただの意識高そうなおっさんもの

anond:20190220165407

家族にはちゃん努力を始めたことを述べて協力をもとめるんやで。

作ってもらう晩飯とかも結構だいじやし。

同僚のババアがやっと辞めてくれる

自己退職じゃなく組織再編の憂き目だけど

アラフィフで勤続年数だけは無駄に長いけど、チームワークが皆無で実質1人部署でやってたけど、大して結果も残さず役職にも就かぬまま来月でサヨナ

年上って事と、変なプライドで年下は基本見下すくせに大して学もないし、何でも調べれば出来るし!とか言っても行動には起こさな

更年期なのか最近情緒不安定医者にも通ってるみたい。どうせなら鬱でも発症すれば良かったのに

最近仕事もなく、たまに会社来ては転職活動して、最近1社見つかったみたいだけど不満たらたら。その金額がお前の実力なんだよ、今更あがいても無駄

未婚の実家暮らし家族同居のアラフィフの大したスキルも経歴も無いババアを満額で雇う企業なんかあるか。口だけで何も無いんだよ。その癖、自分は何でも出来る天才だと思い込んでるし

どちらにせよ良かった。引き取ってくれた会社はご愁傷様です

同居ってこんなものかもしれないけれど

夫、私、子の三人家族

父は早くに他界し他の兄弟は全員遠方なため、実母と同居する事になった。

快く了承してくれた夫には感謝しかない。いつもありがとう

母親に対してデリカシーないなーと思う事は学生時代の時からあった。

けれど大人になって改めて一緒に生活してみるとなかなかな強敵

私は二人目不妊で、現在不妊治療中なんだけれどもひとりめの子出産した後に一度流産している。

流産確定後に泣いている私に言った言葉

「次は男の子が良かったわよね、あの流れた子がそうだったのかも」

それを言われて私はどうすれば良いのだ。

私の兄も姉もふたり以上(兄は三人)子どもがいるのだけれど

本当に悪気なく「ひとりっこは我儘になるからね」「やっぱり兄弟は作るべき」を兄たちから近況報告がある度に言う。

何だったら買い物中に小さな兄弟スーパーで一緒に歩いているのを見かけても言う。

職場の人と喧嘩して相手一人っ子だったら悪口ついでに言う。

「ひとりっこはこれだから我儘で困るわ」

「ひとりっこは自己中が多いでしょう?あれ何なのかしらね

もう二人目不妊が1年半ほど経過していて、

卵管形成術も人工授精もやって、体外や顕微はね……お金かかるしね……そのお金でひとりめの子貯金してあげたいよね……

夫婦間で話し合いつつも諦めきれずに基礎体温をつけ、排卵誘発剤を貰いに不妊外来へ行き、を繰り返しているのを知っている筈なのに。

作ってあげたいけれど出来ないんですよ。

あとそれ兄弟環境じゃなくて本人の性格なんじゃないの。母さん兄弟いるけどかなり自己中だと思うよ、言わないけど。

母の話を不快に思うのは私が二人目不妊という立場なのであって、世間話として処理すべきなんだろうなとある程度は流していたけれど。

流石に子の前で「ひとりっこは我儘」云々を言うのは止めて欲しい、という話をやんわりした。

逆ギレされた。

「そんなつもりで言ってんじゃない!」

どんなつもりで言ってたとしてもしんどいんだよ。

本音を言えば私ら夫婦の前で兄や姉の子(下の子)の話をされるのもしんどいんだよ。

共働きからひとりが風邪ひいたら大変だよね、上の子が貰ってきたら下の子にもうつちゃうよね。

とかそういう兄弟あるある話でさえ「え、でも望んで難なくできたんでしょ?うちらは欲しい欲しいと思って全然できないんですよ」って内心思ってる。

言わないけど。それは私の我儘だって理解してるから言わない。

そうだね、大変だよねって相槌打ってる。それが大人礼儀だし別に兄や姉と揉めたいわけでもないし。実際大変だろうし。

でも「ひとりっこはかわいそう」「我儘になる」とか言われたってどうしようもない事を言うのはやめて。

母にも兄弟がいるんだけど弟さんは子がおらず夫婦ふたり生活

面と向かって「孫は可愛いわよ」

反応が芳しくないと「あそこは子も孫もいないからわかんないのよ」

そりゃわからんだろうよ。

そういう話を食事中ずっとされるのが苦痛。ひとりでも子どもいて良かった。

これ、一人め不妊だったら苦しすぎて絶対に同居無理だったわ。

今日生理がきて、今月もだめだったわって話をした直後に

「そういえばね、姉の下の子がね、つかまり立ちを始めてねそりゃもう可愛くて」って話をされてさすがに今はしんどいからやめて、って言ったら大喧嘩に発展したのでここに吐き出しておく。

不登校でも大学に行きたかった

初めに言っておくと、これは田舎育ちのメンヘラ自己正当化のために吐き出した愚痴しかない。

1年以上前に書いたものだし当然フェイクも混ざっている。

貧乏遺伝する。

あの頃、私は誰にも理解されないと思っていたし誰にも理解されたくないと思っていた。今考えれば当たり前過ぎて馬鹿馬鹿しい話だが。

私が高校を変える前に同じような不登校気味の友人が2人いた。その子たちは私よりも早く高校を辞めていった。

どうにもならない現実に折り合いをつけるのは、特に学生のうちなど容易なことではないのだと思った。

私は通信制高校転入するまで進学する気でいた。授業はまともに受けていなくても成績はそこまで悪い方ではなかったはず。人並みかそれ以上に勉強をすれば、おそらく希望した大学に入れるだろうと考えていた。

しかしその進路は自分理想しかない。家の人間から大反対を受けてすぐに諦めることになった。

奨学金を借りる、学生ローンを組む、バイトをする。どれも私の進路を認めてくれるだけの力はなかったようだった。

中学から反対はされていた。それでも私は大学に行きたかった。小学生のころからの夢だったのだ。大学に行って一人暮らし、そうして専門的な勉強ができること。とてつもない贅沢だった。

興味のある分野の勉強ができたら、詳しい話が授業として一から聞けたら、ずっと憧れていたのだが現実に叶うことはなかった。

ずっと勉強の仕方がわからない子どもだった。しかし本を読むのが好きで、たぶん当時周りにいた友人たちの中で一番読んでいたと自負している。

興味のない勉強ができなくても、興味のある本を読んで内容を覚える、理解するのはできる。だからこそ私は大学に行けるものだと思っていたし、大学に行きたかった。

自分が興味のある分野について調べて理解して、それを自分の中で組み立ててアウトプットする。そんなことが許されるのは大学くらいだと思う。

一般的普通の家庭を維持するために生きていたら、社会人になってからそんな機会を持つのは難しいだろう。当然、中学高校などでも自分ひとりの意思で興味のある分野に絞って活動することは難しいと思う。

から大学というものは私にとって最大のチャンスであり最後のチャンスだった。

中学の時にはすでに半ば諦めていた夢だ。それでも、高校の頃ようよう今後のことをどうするか、となった時に私は当時の担任に涙ながらに「高認を受けてでも大学に行きたい」という話をした。当時の担任も「ここで終わるのはもったいない大学に行ける力はある」と返してくれた。

そこからなんだかんだと親を交えて話した気がする。正直そのあたりのことは記憶にない。いっぱいいっぱいだった。

結局その後私は高認を受けるという選択ではなく、通信制高校へ行くという選択をした。

通信制高校へは10月から通うことになった。決まった時はまだ1学期だった。なので10月までの期間は当時の高校を休学するという形を取った。

「もう学校に行かなくていい」そうなった時、私は糸が切れたようにほとんど寝たきりのような状態になった。ほんとうにこの辺りの記憶曖昧で、そんな状態だったのは3日だったような気もするし3ヶ月だったような気もする。

そしてここで、私の夢には死刑宣告が言い渡された。家族の中で唯一、進学に反対はしていなかった父親が「そんな状態では受かっても通えないだろう」と反対してきたのだ。父親は「お前が本当に進学したいと言うなら、借金してでも行かせてやろうと思っていた。しかし通えないならどうしようもない」と言う。

私は反論できなかった。そもそも進学に賛成でないことは薄々わかってはいたのだ。こうして私は最後命綱も失った。夢は死んだのだ。

大学へ行きたかったと今でも私は思う。何故物分かりの良い子どもなんてものを選んだのかと今でも葛藤する。

仕事学校も、辞めようと思えば辞められる。しか家族は辞められない。家庭の事情というしがらみから逃れるには、必死に逃げ続けるしかない。その選択をできる覚悟は私にはなかった。

こんなクソみたいな人間の、おそらく自分の頑張り次第で叶えられたであろう最後の夢を、この先何十年もかけて私は弔っていく。10年以上経っているはずの現在でも、大学へ行けなかったことが悔しくて悔しくて仕方がない。

2018.01.

面白かったと思ったアニメタイトルを忘れる(追記

所詮その程度だったということ?

完結しちゃったからどうでも良くなったのかもしれない。

今思い出せないアニメは、時が止まった世界家族で入り込んで

玉みたいなのを奪還(?)するやつ。

その世界で死んだ人が木みたいになって、殺人しようとすると出てきて殺されるやつ。

うーん、カバネリじゃぁ無いんだよな。主人公ショートカット巨乳だったことはやたら覚えてる。

追記

ブコメすごい!「刻々」だ!!

OPも格好良くて好きだったし、ED何だか少しエロチックだった気がする。

他にも面白かったアニメはあるんだけど、もう内容すらさっぱり覚えてないんだよね。

完結したから頭からデリートしたのかも。

Gacktの件

パパ活をしてブランド品を貰う女の子はいる。学生時代にいた。存在否定はしない。

けれど、そういう方法で手に入れる人よりも、自分で稼いで貯金したり彼氏家族からプレゼントで貰ったり宝くじ当てたり母のお下がりだったり、

そういう方法で手に入れているケースのほうが圧倒的だ。若い子が持つブランド品=パパ活している!はあまりにも想像力が欠けていておっさん臭い偏見だ。

要はほんの少数を汲み取ってクソデカ主語説教したカッコ悪い発言だった。

 

それからブランド品で身の丈に合う合わない論って結構不毛だと思う。

高飛車になって誰かを傷つけたりするわけでないのであれば、それは外部がとやかく言うことではない。

有名だけどCHANELのコラス社長は「本来CHANELを身につけるべきではない人がCHANELイメージを下げている問題をどう思うか」という質問

「その質問大好き。必ず聞かれる。ココ・シャネルはすべての女性のためにデザインをした。だからCHANELを身につけるべきではない人は存在しない。」と答えている。

口紅レディーススーツパンツスタイルなどを生み出したココ・シャネルの背景を踏まえた本当に好きな発言だ。

 

"経済的な"身の丈に合わずパパ活をすることに対する批判は最もだと思う。借金と同じくそこまでして買うものではないと思う。

けれど彼程の有名人なら女性を釣ろうとするおっさん批判して欲しいと期待してしまうのだが、その宛が外れて女性にだけ(的外れな)批判をしてしまったのも炎上の一端ではないかな。

彼のファンの大半が女性なので女性に対するお説教感覚で言ったのかな。彼の高飛車サディスティックキャラクター読み手側へのマウンティングモラルハラスメントを含んでいてちょっと不快に思う。

同じセレブキャラでも周囲を下げずに自分だけどんどん高めていこうとするローランドの方がずっと見ていてスッとする。

 

ここからは隙自語

 

24歳で200万のバッグを買った

就職してから実家住まいで浮いたお金が3年間で300万、

最初は使い道を考えておらず何かあった時のための保険程度に思っていた。

使うにはあっという間の額だが稼ぐとなると結構大変な額だ。その自覚は十分にあった。

ある日デパートハイブランドショーウィンドウに飾られていたそのバッグに目を奪われた。

普段遣いできるデザインではないが美しい装飾とオーラに圧倒されて10分くらいお店の前でウロウロしてたと思う。

平日だったけど店内に入る人もちらほらいてそのうち紛れながらフラッと入ってしまった

店員のお姉さんは私の様子を見ていたようで(ハイブランドなら余計に警戒されるよね)、あのバッグ見てみますか?と言ってくれた。

いやでもまだ買うとは…と微妙な顔をしていたのか「逆に、買わないなら今しか見れないのだから、記念のつもりで」と奥の応接間のようなところへ通してくれた。

お茶お菓子を出してくれてしばらく待ち、ようやくそのバッグを手にした時の記憶はかなり曖昧になっている程の衝撃だった。

私はハンドメイド同人誌を作っている。ほんの少しだけ物を作る側というもの体験しているので、造り手の思いや技術の高さをつい思い浮かべてしまう。

つなぎ目にも一切の妥協が無いそれは価格に見合うだけの物だと思った。

気づいたら男性店員さん?がデパート駐車場までデカ紙袋を持ち車を出すまで見届けてくれていた。

平日の昼間、デパートの隣の銀行で200万をおろし即購入した私を見て店員さんにどう思われていたんだろう、こりゃ親には言えんな…と1ヶ月くらい悶々としていたと思う。

一気に減った残高を見て唸ることもあったけどバッグを購入した後悔はなかった。部屋を綺麗にして一番良い場所推しフィギュアと並べて飾った。

お宝鑑定団に出てくる骨董品にハマる中高年の気持ちがわかった気がする。私の中ではバッグという名の芸術品を買っている感覚だった。

芸術品とは言えバッグなので、使われているところも見たいと思いこのバッグを持っているモデルさんの写真雑誌を集めたり、推しオリキャラに持たせた絵を描いたりして楽しんだ。

バッグを身に着けて出歩くことはまだ叶っていないが、バッグに似合いそうな色形の服を着るようになった。

あれが特殊な例なだけで、普段服装アースとかH&Mだとかハイブランドから縁遠い価格帯だけど、あのバッグを持つ自分想像しているうちに毛玉やほつれを放置しなくなった。

服を大切に扱うようになった。痩せたことで着れなかった服が着れるようになった。いつの間にかあのバッグに見合う人間になろうとしていた。

バッグを買ってから人生が変わったと思う。

セレブ道楽でもないのにこんなバッグを買おうとするのは馬鹿では?なんて考え方をするくらいだったけど人生何が有るかわからない。

anond:20190220094038

「やったねたえちゃん家族が増えるよ!」とか読んで喜んでそう

そして「過去のことは許してやれよ」とか言いそう

私に痴漢をしたおじさんを見つけた

数年前、高校生だった私は痴漢に遭い、犯人とともに鉄道警察のお世話になったことがある。

別室で取り調べを受けていた犯人お巡りさん一喝され、うなだれていた様子を監視カメラから見て、「何を今更」と怒りがこみ上げたのは今でも忘れられない。

後日調書を作っているとき犯人名前と年齢を知った。珍しい名字だった。

当時その名前を控えた手帳を見つけ、名前をググったらヒットした。




へー、中華料理人なんだね。


へー、コンクールで賞を受賞したんだね。


へー、あのホテルで働いているんだね。






年齢も、あのとき電車方面からビンゴあいつだ

職場を休むことになったし、家族にも連絡がいったはず」と人生がめちゃくちゃになったことを願ってたんだけど、確か当日か翌日には身柄拘束から自由になったらしいし、迷惑防止条例違反じゃダメだったか

人殺したわけじゃないけどさ、15歳の子供を痴漢したロリコンがのうのうと生きていることに腹が立つ。妄想するなら自由だけど、実行に移す時点で異常者じゃん。なんで生きてんの?

この歳になってわかるけど、37年も生きてた大人が早々に改めるのなんて絶対無理

良くて「前科者になったからもう後がない」が関の山

本当はこのホテルに「ロリコン 痴漢 チキン野郎」と怪文書でも送りつけたいくらいだが、こちらの名前を知っている可能性もゼロではない。ググられたら一発で居住地が知られる。


から増田に書いておく。


○○さん、あなたの小さなお嬢さんが同じ目にあったら、犯人にどう声をかけるのか、一言聞かせてもらえませんかね?

2019-02-19

何のために

何のために頑張れば良いのだろう

と、仕事中に考えてしま

仕事責任が重くなってくる歳

になって

仕事はできて当たり前

誰もほめてはくれない

終わりの見えない仕事

毎日毎日上司の顔色を

伺いながら、嫌気が差してくる

家族とか子供とかそういう存在

あれば違うのだろうな

子供のために頑張ろうとか

思えるのかな

けど俺にそんな相手もいないし、

家族を養っていく甲斐性がある

とも思えない

それとも趣味

いや違う、と思う

気は紛れるかもしれないが

何かの才能があるわけでもなし

若いころにあった万能感も消え失せて

ただただ陰鬱気持ちになってどうしたら

いかからなくって気持ちを書きなぐっている

運動瞑想野菜はためしてみようかな・・・

anond:20190219212743

地方なら超すごい、これで親の家持ち畑持ちなら、むしろ勝ち組 以外のなんなのか?

都内なら普通。むしろ家族構成によっては節約がいる

でもゆうて、明日仕事を辞めて、1週間ではほぼ絶対に決まらない額

1〜3カ月は腰を据える必要がある(ワイの場合は)

稼ぐのは大変なのに普通ってやっぱ東京ダメだわ

anond:20190219210723

引きこもり風呂に3年入ってない、部屋はゴキブリだらけ、歯は半分ない、当然働いたこともなし、家族年金暮らしの母のみ

家族を守るのがお父さんの役目だから

豪語するのであれば息子の送り迎えぐらいしろ

おいだきと俺

おいだきが好きだ。

(追い焚きと書くのは知っているが、家の風呂スイッチにはひらがな

おい

だき

と書いてあるのでひらがな統一する。ひらがなの方がなんだかマヌケでいい。)

俺が風呂に入るのは家族で2~3番目。入る瞬間、お湯は人肌程度に暖かく、冷えた身体によく馴染む。

そしてスマホ風呂に持ち込み、ゲームをしたりまとめサイトを読む。

風呂がぬるくなったと感じたらおいだきボタンを押す。

「おいだきをします」と女性の声が流れて、風呂がじりじりと熱くなる。

ゲームに熱中する俺。しか風呂ゆっくりと確実に温度を上げる。ふと気付くとアッツ!!!!!となり、俺は風呂から出る。身体から湯気が出る。皮膚は赤くなり、洗い場は寒いはずだがそれが心地よく感じる。

そして再びゲームを始める。しばらくすると気付く。寒い。俺は風呂に戻る。

再び全身浴。しばらくするとまたぬるく感じる。おいだき。熱い。出る。

最後にまたおいだきをする。おいおいおいだきくらい。めちゃめちゃ熱い。熱い。そして暖まった俺は風呂から出る。

一人暮らしをしていた頃は風呂においだき機能がなかった。そもそもガス代も水道代も高いと感じていたのでシャワーがメインだった。

それが実家に戻った今、存分においだきが出来る。おいだき天国

ここしばらく超贅沢な思いをしていたが、ある日姉に言われた。

「お前の後の風呂いつも熱すぎてキレながら入ってる」

東京ラーメン屋

家族4にんでいける、醤油系のおすすめラーメン屋ない?ようするに、テーブルがあるとこ。

ゲームは誰も拒まない

たとえ社会に拒まれても

クラスメイトに拒まれても

家族に拒まれても

ゲームは誰も拒まない

たとえ運動スポーツまるでダメでも

勉強お喋りまるでダメでも

ゲームは君を拒まない

さあ誰からも拒まれずに

部屋の明かりを暗くして

一人画面の前でゲームに打ち込もう

anond:20190214075006

わかる

代わりに400gの大きい鯖缶が298円で売ってて

グラムあたりは安いけど3人家族用やなって

独り身には辛いよね

ネタになりそうな文言ってどうやって考えるの?

「誰も消防車を呼んでいないのである!」とか

「やったね!たえちゃん 家族がふえるよ」とか…。

辛い状況下でのポジティブ(?)発言とかかな。

傾向があるならしりたい。

人との別れがつらい

気さくに話せる程度に仲良い人との

別れのイベントに対して、極端にダメージを受けるタイプでつらい。

特に面とお礼を言われて告げられるやつはショックすぎて仕事が手に付かない。

出会いと別れはあるものだし、

転職・転記・結婚引越、切っ掛けはいろいろあって、

別れはその人の門出だから祝福もするんだけど、

自分自身の寂しさが半端ない。きっと、なにかしらの嫉妬もある。

そもそも大人になるにつれて、出会いの数はどんどん減るし、

社会に出れば敵も出来る。

その中で、気さくな関係を気づけた人というのはとても貴重だし、支えになる。

それは、職場でも、行きつけの店でも、趣味でも、昔からの友人でも、恋人でも、家族でもよい。

おそらく、求められてることやたよられていることへの心地よさの反動なんだろうなぁ。。。

syamuという夢

syamuさんはどうしようもなくダメポンコツで対等な人間関係を築けなくて、本気でやってたYouTubeだってあの体たらくフリートークはつまらない上にとてつもなく冗長で、とにかくどこを見ても欠点しかないギリギリ健常者YouTuberなんだけど、人間の悪いところを全て持っているが故に、「これは自分だ」と思わせてしまうところがある。

そんな僕らの足りていないところを集めたような存在(30)が、大真面目に夢と希望を持って、両親と住む自宅の一室で、おふざけしながらパルムを食べたべする動画、というのがsyamu動画本質で、いくら罵倒しようと画面の中のsyamuさんは夢や希望を持ち続けたままで、それは自分を許せない僕らにとって救いなのである

syamuさんはとにかく強い。ニコニコ動画転載されて知的障害者だのなんだのと罵倒をぶつけられても動画として言い返す余裕があった。1ヶ月で10人以上のネカマに騙されても、難波で7時間待たされてもYouTubeを辞めない芯があった。家族への嫌がらせによりYouTubeチャンネルを削除したあとも、ワナビとしてTwitter助詞に絡みまくる強さがあった。

僕らはそんな彼のことをギリギリ健常者、縮めてギリ健と呼ぶが、それは僕らのすべての欠点を持った上で、僕らと同じ世界で強く生きているsyamuさんへの称賛であり、それは僕らの夢であり希望だった。

いくら僕らが自分自身の欠点象徴とも言えるsyamuさんに対して罵り、誹りの言葉を投げようが、syamuさんは折れず、希望を持ち続ける。そんな救いってあるだろうか。


syamuさんは昨年末に復活した。あのときかに持っていた夢や希望若さをなくした上で。

夢は終わった。

それは、現実になった。

現実になったsyamuさんが、これからどこへ行くのかを、僕は知らない。僕ばかりではない。そんなもの誰も知らない

anond:20190217202541

僕のことを「カイジに出てくる成金」と言う人もいた。だが、ちょっと待ってほしい。僕は良識ある大人として社会生活を営んでいる。安定した収入に、自然豊かな住環境に、性格の良い家族に恵まれて満足している、普通大人なんだ。

カイジに出てくる成金って、たしかにまあアレな人間として描かれてるけど

別に良識ある大人とか収入が安定してる普通の人とかの真逆存在ではないのではって思ってしま

そういう役目はむしろカイジたち底辺ギャンブラーの側ではないかと。

2019-02-18

国試終わったら死にたくなった

昨日は看護師国家試験だった。勉強から開放されたことだし今日はひたすらゴロゴロしようと思って、一日中ベッドの中にいた。ご飯適当で、倒れない程度には食べた。持病があるのに薬も飲み忘れた。スキンケアとかオシャレも、家事も、食事も、トイレに行くのも、セルフケアの全てが面倒くさくて億劫だった。

今日はベッドの中でゲームをひたすらやってた。久しぶりのゲーム、夢中になれた。だからといって最高に楽しかたかと言われるとそうではない。

私が、国試が終わってから幸せだと感じることは、「何もしなくていい」とう事だ。幸せだなぁと思う。

国試が終わったら読みたい小説もたくさんあったけど、今は全く読みたくない。とにかく頭を使いたくない。今日ゲームして、思いをこうして言葉にして、それが限界だ。勉強中はあんなに小説を読みたかったのに。

勉強から開放されたことで、自分の体にへばりついていた頑丈な殻が少しづボロボロと地面に落ちていくような感覚が、昨日からずっと続いている。殻が剥がれていく度に、殻の中から本来の私が出てきて、その出てきた部分はちょっと生き生きとした色をしている。

だけど体は動かない。動きたくない。疲れてるのかな。頭がぱんぱんで、弾けそう。頭を使うことはしたくない。エナジードリンクは元気の前借りと言うけれど、そんな感覚。飲んでないけど。頭のエネルギーを使い果たした結果、頭の中は疲れ果てて、錆びこけてしまった。もうだめ、動かない。

そして今日の夜、死にたいと思った。決して悲しい気持ちや苦しい気持ちはない。むしろ逆だ。なんか幸せ。だから、この幸せ気持ちのまま死んでしまいたい。そうすれば、もう辛い思いをしなくていいから。もう苦しい思いはしたくない。この幸せ気持ちのまま死にたい。親のお金暮らしているのに贅沢だなぁ。

この先、また1年前みたいに心身ボロボロにならないかが本当に心配だ。いや、今度はもっと酷いことになるかもしれない。辛い気持ちになるのはもう嫌なんだ。

未来幸せがあると思えない」と無意識レベルで、脳の髄と心に刻まれている。本当はそんなことない、というのが真実だとは分かっている。でもどうしてもそうとは思えない。

死にたいと思ってるけど、これはたぶん本当に死にたい訳ではないし、私は実際、死なずに生き続けると思う。死にたい気持ち現実逃避だ。

私は今の生活が嫌なんだろうなと思う。友達もいて家族もいて、普通に暮らしているのに何がそんなに嫌なのかは分からない。

でも私は時々、日々の生活の中でふとした瞬間に、急に電車に乗って遠いどこかへ行きたくなる。行先も決めずに、二度と引き返さず、遠いどこかへ行きたい。何もかも捨てて放浪の旅に出たくなる。

実際は絶対しないが。

ああ、思いを言葉にできたからか落ち着いてきた。ありがとうおやすみなさい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん