「家族」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家族とは

2018-10-20

anond:20181020213225

家族構成・親との関係大事

本人の魅力の次くらいに大事

義理のご両親の介護してた知り合いいたけど(アラサー

すっご明るくて可愛くていいい人だったけど、めっちゃ疲れてて。可哀そうだった。

だって、ご主人がぜんぜん見ないんだって親のこと。

anond:20181020213809

20代後半でもなくて??10女子話題かみ合います

それなりには合います

欠けたところのある女の子の方が噛み合いやすい印象でしょうか

割れ鍋に綴じ蓋ってね

家族構成や親との関係は?

お察しください

anond:20181020213626

20代後半でもなくて??10女子話題かみ合います

家族構成や親との関係は?

anond:20181020212128

ヤラレちゃんには僕もお世話になったのだけど、上回生と違って自分は同い年でなんだかんだ仲も良かったから、僕しか知らないんじゃないか、と思われることも聞かせてもらった。

それは、家族のこととか。そこそこいいとこのお嬢様なのは確かなのだけど、兄弟障害者がいて、親から余計に期待を被せられたとか。

家に居たくなくて近くの大学受験では手を抜いたとか。

やっぱり根っからの寂しがり屋なのかな、と思うことはあったけど、まあ大学時代なんて色々悩みがあって当然だし、やっぱり単にだらしなかっただけかもしれない。

ああ、それ多分誰にもでも話してるよ

そして半分ぐらいの男は(これ、俺にしか話してないな…)と思う感じだろ

大学時代京都とヤラレちゃんの思い出

京都に住んでた大学時代の時のこと。

当時そこそこチャラいインカレサークルには陰で男達からヤラレちゃんと呼ばれる女の子がいた。

まあ、わかる通り都合よく扱われてたわけだ。

顔は美人だったし、ぱっと見ではそうは思えない真面目でいいとこ風の女の子だったけど、靴とか、バッグの中身とか、よく見るとだらしないのがわかる、という感じだった。

そして、幸か不幸か大学近くで一人暮らしをしていた。

ヤラレちゃんには僕もお世話になったのだけど、上回生と違って自分は同い年でなんだかんだ仲も良かったから、僕しか知らないんじゃないか、と思われることも聞かせてもらった。

それは、家族のこととか。そこそこいいとこのお嬢様なのは確かなのだけど、兄弟障害者がいて、親から余計に期待を被せられたとか。

家に居たくなくて近くの大学受験では手を抜いたとか。

やっぱり根っからの寂しがり屋なのかな、と思うことはあったけど、まあ大学時代なんて色々悩みがあって当然だし、やっぱり単にだらしなかっただけかもしれない。

僕も似た者同士だったのかもしれない。どうにも、割り切れずにダラダラと一緒にいてしまい、結局ちゃんとした彼女がいた期間は短かった。

しかし、先にしてしまうとダメだな。もし、しなかったら、鴨川飛び石の上で2人でお酒を飲んだとか、ムーンウォークで飲んだ後吐いてた背中をさすってもらったとか、そういう事がもっと輝いてたかもしれない。そういえば、お酒に関する思い出ばかりだ。もう少し、京都らしいことすれば良かったかもしれないな、と今なら思う。

当時は、僕も純情なところがあって、ヤラレちゃんとマトモなデートなんて、と思っていた。それは向こうも同じだったかもしれない。

怠惰時間を誰かと共有することは、もう大人になってしまった僕には出来ない。大学卒業した後の20代って本当に早いんだね。

柔らかい感触を確かめるような、そんな日々はもう戻ってこない。

もう少し、別な出会い方をしたかったな。

毎年、京都の秋は寂しさとは無縁の賑やかさだけど、哀愁を帯びた生活匂いがどこかに漂っている。

長い歴史の中で、何度も何度も積み重なっては解けていく人間関係のほんの些末でしかないのだけど。就活を経て自然と疎遠になってしまった程度の関係だったけど、彼女の中で、そんなに悪い思い出でなければいいな、と思う。

初めてBL小説を買って読んだ話

腐女子です。

BL二次創作小説漫画毎日楽しく読んでます

家族には内緒腐女子をやっておりますので、同人誌コミックスなど現物を家に置くことはできないため、

商業BLはこれまで漫画小説ともに読んだことがありませんでした。

しかし、電子書籍アプリインストールしてみますと、誰にもバレずにBL小説漫画ガンガン読めるのです。

秘めていた欲望を解き放つようにBL商業漫画を買いあさります

いままで読んできたBL二次漫画落書きベースのものが多かったのですが、

商業漫画少年雑誌一般雑誌に載っているような完成した漫画で、まずそのクオリティの違いに感動しました。

そして気になった性癖商業BL小説を買ってみました。

まずはじめてに覚えた感想は「これ、pixivで読んだ」でした。

エロ描写心理描写、背景描写二次商業比較すると、

意外と二次素人が書いた小説の方が印象的でした。(好きなCPが絡み合っているという理由もあるかもしれません)

私のジャンルは元商業作家二次に流れていることも多く、

プロ二次の垣根はそんなに大きいものではないと感じました。

学校の生徒を殺すつもりだった。家族が悲しむと思って家族から殺した」

「そんなことしちゃいけないよ!」

「すいません、学校の生徒から殺すべきでしたね」

夜中に耽る妄想と同じ思考回路家族を殺した少年メディアに取り沙汰されていた。

俺はそれが倒錯していると知っていたけど、オンリーワン個性とも思っていた。

何だか、どこにでも同種はいるのだな。この思考回路の唯一性は上書きされて、また同じような妄想に耽る時にはそれが連想されて汚されるのだ。

そう考えると、殺意が消えていく。

あの少年は、俺の業を持ち去ってくれたのかもしれない。

これからの季節、外は寒い暖かい布団に包まり

右手中指女の子下半身の縦の線に置くのが好きです。最近キスよりお尻より先に手が出ちゃってて、まあそんなことするときキスするからいいんでしょうけどね。

女の子はおちんちんを触り気味の勢いで、ネルフゲンドウの「ユイに会いたい」に振り回されてばかり。Qでカヲルが言う「世界の修復」とは碇家の家族の修復だろうな。両親仲良く、子は親離れし少女を助くと。

では、ユイがコアに取り込まれなかった世界線では、トライダーG7みたいな感じ?

anond:20181020154603

今見てみたら、トップコメ

家族や親が同意しなければ行えない手術を勝手にされたように話すが親も家族もその方が良いと判断してたのに国のせいにするのはどうかと思う

と言っているのであって、強制しょうがないとは言っていないようですが

なんか改変してますよね、あなた

anond:20181020134403

警察も片っ端から逮捕するのは仕事量が膨大だからやらないだろう

注意して家族に引き取ってもらうとかが実際のところではないか

実際逮捕されるのはヤクザミカジメ料払わないキャバクラの前に糞尿撒き散らすとかの悪質な場合だろうね

千田氏の問題提起説明してみる

はじめに

 キズナアイNHKウェブサイトにおいてノーベル賞解説記事に登場しておりましたが、そのことをきっかけに、千田有紀氏などが指摘をし、さまざまな方面から千田議論に対する批判が寄せられ、さらには社会学のものに対する批判もされているところです(これらをキズナアイ論争と呼びます)。

 ですが、そのざまざまな批判を読んでいると、「これって実はコミュニケーション不足で、伝わっていないんじゃない?」と思うことが多くなりました。いろいろあって社会学を学んだ人間として、それはちょっと悲しいなという思いがあったので、千田氏の問題提起ちょっと分かりやすくお伝えできればと思います

筆者の立場

 筆者は、社会学修士号を得ています。今は大学から離れているのですが、離れてそう長くはありません。専門は千田とも重なる領域家族ジェンダー)もありますが、教育メディアでした。

本稿のスタンス

 あくまで、千田問題提起がどのようなものに基づいて行われているのかを解説するもので、その意見妥当性とかは議論しません。私個人としては、千田立場に立てば理解でき一理ある議論ではあるが、だからといって、それは多くの人の理解を得る話法ではないし、その背景事情を一切踏まえていないのは、学術的に一定ポジションにある人のする作法としては疑問を感じているというところです。また、千田学術的貢献はいろいろな批判があるようですが、私は一定程度は評価しています

 なお、アカデミック作法は基本呼び捨てですので、ここでも、基本千田として書かせていただきます

千田氏の問題提起について

 キズナアイ論争のはじまりは、千田投稿記事です。https://news.yahoo.co.jp/byline/sendayuki/20181003-00099158/]

 ちなみに、現在10月13日)、追記もなされており、社会学者にはそれなりに分かる文章にはなっているのですが、一般の人はなおのこと分かりづらいことになっています。後に公表された、『「表現の自由」はどのように守られるべきなのか? 再びキズナアイ騒動に寄せて』記事による補足を踏まえて、まず、千田議論の要点をまとめてみましょう。

 (1) キズナアイNHK解説記事において「相づち」をする役割となっている

 (2) 「相づち」をする役割は、従来から女性が担ってきた役割である

 (3) 従ってキズナアイ解説記事における役割は、従来の女性が担ってきた役割を担っていることになる

 (4) そのことは、理系と呼ばれる分野で活躍する女性などに対して、好ましい状況を生むようなものになっていないのではないか

というところに整理できるかと思います

 社会学特にジェンダーフェミニズムを学んだ人だと、この4つの間を頭の中でこうかな?と繋ぐわけですが、普通の人はフェミニズムを体系立って勉強するわけでもないと思うので、「はて?」となるわけです。更にいえば、一つ一つの要点が「え?!」という感じになるかと思います

 千田議論理解するためには、とりあえず(1)は正しいものとして引き受けておいてください。そこが正しくないとなると、そもそも議論の前提が崩れてしまい、議論そもそも成立しなくなってしまうので、ご理解ください。

千田議論理解するための知識

千田議論理解するためには、いくつかの知識必要となります。一つは、千田の専門でもあるフェミニズム、もう一つは会話分析というものです。順に簡単に紹介しておきましょう。

社会学とは

 社会学は、社会対象とした学問です。といえば、早いのですがそれではよく分かりませんよね。社会学は、社会がどのように成り立っているのか、つまり社会の秩序はどのような形で形成されているのかを探求する学問です。例えば、古典的社会学特に日本戦後社会学では「農村」が特に注目されました。農村における人々のネットワークや、家族の在り方、そういうものに関心を持っているのが社会学です。

フェミニズムってそもそも

 フェミニズムを正確に定義することは困難ですが、フェミニズムを雑にまとめると、「女性地位を向上させようとする取り組みであったりそれを支える理論」というような言い方ができると思います歴史的には大きく2つのターニングポイントがあったとされています。それが「第1波フェミニズム」と「第2波フェミニズム」です。

 第1波フェミニズムは、1900年代ごろ、19世紀から20世紀へ移りゆくタイミングに起こりました。西欧諸国で主に婦人参政権を獲得する運動が中心に展開され、1920年代にはイギリスアメリカで実現をすることとなります。(ちなみに、日本はというと戦後婦人参政権が認められるようになるのですが、新婦協会青鞜社運動は同時代運動です。)

 第2波フェミニズムは、1960年代頃、社会運動が盛んになった時期に、女性らしさへの問い直しが運動として行われます代表例ではキリスト教社会では長らくタブーとされていた中絶合法化が挙げられます。また、この時代には女性が自らの自由に性を語るということが積極的になされるようになります

 いずれにせよ、その理論根底には、女性男性と同等の状況にないという認識に立っているということがあります

 第1波フェミニズムで焦点化されたのは、法律社会制度というものでした。第2波フェミニズムはというと、法的制度平等であっても、職場ではお茶くみに甘んじてしまっているし、男性と同じように性を語ることはできないというような、日常性差別特に焦点を当てていくようになるわけです。

 現代は第2波フェミニズムの延長線上にあります。#Metoo運動を始めとして、第3波フェミニズムがやってきているというような主張も時折みるのですが、第2波フェミニズムより後のフェミニズム運動について、多くの社会学者が納得しているような分類はまだ確立していないのが現状です。

マルクス主義フェミニズム

 上野千鶴子理論などを理解する上で重要キーワードが、マルクス主義フェミニズムです。そういう立場だと、だから上野千鶴子はそういう立場なのね、と理解できます千田議論もとりあえず、マルクス主義フェミニズム解釈すると、理解がしやすくなると思いますので、こちらを説明します。

 (フェミニズムにはさまざまな立場があります。ラディカル・フェミニズムリベラルフェミニズム等です。フェミニズム一枚岩ではないと、理解しておくと良いでしょう。)

 マルクス主義フェミニズムとは、先ほど、フェミニズム女性男性と同等の状況にないという認識に立っていると説明しましたが、そのような社会状況を生み出しているのは、今日資本主義社会システムなのであるといいます。で、これを理解するためには家父長制というキーワード理解しないといけないのですが、本題より長い解説になるので、そこら辺は上野千鶴子の『家父長制と資本制』をとりあえず参照してください。

上野理論を厳密に言うと、上野は、従前のマルクス主義フェミニズム教条的であるということで、それを乗り越える必要があると、主張をしています。)

 シンプルにいってしまますと、そのシステム資本制)の成立と密接に性差別を生む家父長制制度が続くため、性差別再生産(半分マルクス主義用語ではありますが)されていくということになります

会話分析

 会話分析というのは読んで字のごとく、会話を分析するというものです。まずは、社会学会話分析がなぜ重要になってくるのかをエスノメソドロジーというワードを使って説明したいと思いますそもそも社会学社会秩序はいかにして可能かを明らかにする学問です。そこで出てくる問いの一つにこの社会生活を営む人びとがやっていることを、研究者はどのように理解できるのかという問題です。

 この問題に答えたのが、ガーフィンゲルという人です。ガーフィンゲルエスノメソドロジーという手法提唱しました。エスノメソドロジーというのは、日常生活している人々が言動をどのように理解し、成立させているのかを、日常生活している人々の視点に立って記述するという手法です。

 エスノメソドロジーは、私たちの当たり前が、いかに「うまいこと」成立しているのかを見せてくれます。例えば次のような実験は非常に有名です。

A(被験者)「おはよう! 調子はどう?」

B(実験者)「調子ってなんだい?」

A     「いや、元気かどうかってことだよ。」

B     「元気かどうかって? どういうこと?」

こんな調子で話されると、本当に調子おかしくなりそうですが、こういう実験します。ここで浮かび上がってくるのは「調子」という言葉が、体調や近況を意味しており、それをお互い分かっているという「期待」をもって、Aは会話をしているということです。このような形で、秩序が形成されており、それらは記述可能な形で示すことができるとするというのがエスノメソドロジーです。

 会話分析の多くはこのエスノメソドロジーの考え方を踏まえて行われます。つまり、先ほどの会話のスクリプトのようなものを読んで、そのなかで、AとBはどのような「期待」をそれぞれ持っており、そこにどのような秩序があるのか? ということを考えているわけです。

千田議論を振り返ろう

 冒頭で、千田議論を強引に4点にまとめました。ここまでの道具を用意すればある程度説明ができます。それぞれの項目ごとにみていきましょう。

(1) キズナアイが「相づち」をする役割となっている件について

 そもそも実在人物は「先生役」とNHKサイトでも記載がありますように、ここで想定されているのは「先生」と「生徒」というコミュニケーションです。したがって「生徒役」となるキズナアイ基本的に「相づち」をする役割に当然のことながらなるでしょう。そもそも「生徒」の方が詳しいというのなら、「先生」が「生徒」の役割を担うことになるはずですし、「先生」と「生徒」という形で双方「期待」をもっていることは分かります別にこれが、男子生徒であろうと、まあこういう会話になるだろうなという感じではありますよね。

(2) 「相づち」をする役割は、従来から女性が担ってきた役割である

 これは、先ほどのフェミニズム議論が役に立ちますお茶くみとかの補助業務に当たっていたということは、先の説明でもしましたが、今日でも、「相づち」をする役割は、女性となっていることが多いです。例えば、新春の、一体誰がみるのかよく分からない県知事が語る!みたいな番組がありますが、あのとき大抵女性アナウンサーが話を聞いたりしていないでしょうか。このとき女性アナウンサーは、多くは男性である知事に対して、その発言がしやすいようさまざまな配慮をしながら、質問を重ねていきます

 そこでは、主役はあくま知事です。アナウンサーが主役となって、知事いじめていくというような内容になっていないでしょう。これが、でも、田原総一朗との対談だったらどうでしょう。一気に様相が変わってきますよね。また、地元財界知事の対談だったらどうでしょう。そこに「相づち」はあっても、「相づち」をする役割知事の対談者は決して担っていないと思います。会話の主体になっているわけですね。地元財界の人が女性でも、この場合だと「相づち」の役割はまあしないかと。

 ここでポイントになるのは、知事一方的に語るというような形式を取る時には、女性アナウンサーがその役割を担うことになり、他方、双方共にしゃべる場合には、女性活躍機会が途端に減ってしまうというということです。これは、私たちイメージレベルでも大体共通しているのではないでしょうか。(もちろん、個別具体で違う話も多く、徹子の部屋黒柳徹子をどう評価するかは難しいところですが。)

 もちろん、これは、女性知事と同等の立場役割を担っている機会が開かれていないから、そのようにならざるを得ないという側面も当然ありますが、男性アナウンサーがそうそうなっていないということは、一つこのことを証明するものであるとも言えます

(「相づち」をする役割も高度な役割であるということは決して忘れないでください。)

(3) 従来の女性が担ってきた役割キズナアイ

 ここで、議論はもどってきて、キズナアイは「生徒」役ではありますが、「先生」の発言を引き出すという意味で「相づち」をするということで、記事トップにも出てくる主役のはずが、補助的な業務を担わされていることになります。このときキズナアイ女性と見なすと、これまで女性が置かれていた立場女性積極的に前に出られる環境制度上はなっているにもかかわらず、結局はそうはなっていないという状況と重なる部分はあるでしょう。

 再び、徹子の部屋黒柳徹子イメージすると良いかも知れません。徹子の部屋における黒柳徹子は独特の立ち位置で、徹子の部屋を見て黒柳徹子は単に「相づち」をうつ役割だけではない、ということが理解できるでしょう。なんなら、黒柳徹子の方が目立っていたりします。対談の形式が、黒柳徹子お客様を招いて話をしてもらうというホストであるためであり、従属的関係になっていないというところに、このキズナアイ対談と徹子の部屋の決定的違いがあるのだろうと思います

 そうして比べてみると、キズナアイ女性役割再生産するということになったというわけです。これは、性別役割分業を進めていくものであり、女性にとって活躍の機会が減ってしまうというのがフェミニストたちの主張と結びつけて考えることが可能なのです。

(4) 活躍する女性への影響

 この時、女性は従たる役割を担わされるわけで、その期待が持たれます。そうなると、女性は、主たる役割を担える存在なのにもかかわらず、その期待から、従たる役割を担い続けなければならない、そういった状況にはまってしまうのです。そして、そうした悪循環から脱却しなければならない、というのがフェミニズム基本的な主張です。

 このような女性観で考えられると、女性にとって好ましい立場ではないという千田の主張はそう的外れものではないということは理解できるでしょう。

千田氏の議論の失敗

 千田議論をするという状況を作り出したことでは成功していると評価できますが、その議論の中で、自らの論理妥当性を提示し納得してもらえたかというとそうではないと思います。後の対応によるところも多いのですが、それは、実は最初きっかけともなった記事の一番最後文章であると私は考えます

なお10月3日、9時の時点で、スマートフォンから見ると、キズナアイバストショットしか見えない(パソコンでは、へそなどの下半身が見える)。

 この一文が最後にあることで、キズナアイの見た目(容姿)を問題にしたいのか、と思ってしまう人も多いと思います千田氏は、後の議論でも、キズナアイ役割に焦点を当てており、容姿問題にしていないといっているのですが、冒頭の太田氏の議論あいまって、多くの人が混乱したと推察します。そもそもキズナアイってあくまAIであって性別を超越した存在なはずなのに、性別二元論に回収されちゃうのって、なんだかなと。

 さらにいえば、表現問題に回収してしまったのがかなり難しい問題にしています表現問題にすると、結局妥当表現は何かということに行き着き、その線引きは複雑になってしまい、誰も理解できなくなるため、神々の審判でも仰がなければ、なんとも言えないと思います

 まあ、この発言が全てのオチかと思います

本人が個人的に自説を語るのは「自由」の範疇だが、それを公共空間に置いたらどんな意味もつのか、少しは配慮すべきだったのでは?

https://twitter.com/chitaponta/status/1051615591004438529]

一人称自分名前

京都済みの女子高生一人称自分名前

よくネットの人とか他県の人が「一人称自分名前の女地雷」的なことを言ってるのを見るとその度なおしたいなぁって思う。

でも普段の喋りで「私」とか「うち」とか言うと慣れないし気持ち悪くてなおせない。

そもそも小さい頃からずっとそれで生きてきたし周りも一人称名前の人とかあだ名の人ばっかだから地雷とかクソもないし何も問題にしてこなかったから今更無理だなって思う。うちのお兄ちゃん家族の前では自分のこと名前で呼ぶし。

でも私がいく大学他県の人が結構くるとこだからそこで地雷とか思われるのきついしなおしたい。

正直ちゃんとした場所とか目上の人とか初対面の人には気持ち悪くても私って使ってるから勘弁してって気持ちもある。

まだ学生のうちくらいはいいじゃん、っていう。

人生の勝ち負けとは何だろう

「死んだら負け」と発言する芸人さんの意見は正しいと思うのですが、ただ仕事をして飯食ってゲームして寝るだけの生活

しているくらいならある程度の所で人生見切りをつけて楽しむ方が幸せなのではないでしょうか。仕事に不満はなく、給料

不満はなく、ある程度の休みあるのですが、機械みたいに毎日同じ生活を送ってもいい人はいいのですが、僕はもったいない

ように思えてきたこの頃です。

そう思うきっかけがひきこもりライダー隼さんの生き方です。

参考

http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1538177260/

https://twitter.com/riveriomu1/

彼は仕事をしていながら旅をしていたのかは定かではありませんが、週休2日では出来ないような自由な旅をしていました。文

から見て楽しそうにしている所を見るとただ帰って飯を食べて寝て仕事の僕よりは充実した時間を過ごしていると思いました。

彼の行っていた旅は老体になってからでは体力的に難しく、厳しいと思うほど、彼の生き方が羨ましく思ってきます

結婚・家庭への憧れがあるのであれば、仕事を頑張り家族幸せになれるよう努力をするべきです。ただ、人生不安定要素は

持ち込みたくないものでそのような憧れもないです。彼氏彼女関係は金の引っ張り合いの綱引きをしているだけでしょ。

ただ、独りでだらだら機械みたいに過ごしているので負けなような気がします。そうすると彼の生き方はやりたいことをやりきっ

ているので勝ちなような気がします。

心を折られた人はどうすればいいのか

答がでないので増田で吐き出してる。

前にホームレスにまで墜ちた人が自助努力で立ち直った人の話が話題になってた。

https://anond.hatelabo.jp/20180922163757

この人は本当にすごいと思う。なぜならここまでどん底に堕ちても自力で立ち直れる精神を保っている人は稀だからだ。

元々のメンタルが強い方なのかもしれない、または文面になかっただけで精神的に頼れる親族恋人がいて、見守ってくれていたのかもしれない。

残念ながら大抵の人はこうはならない。心を徹底的にたたき折られて自力で立ち直ることが不可能になる。

僕の知っている限りここまで墜ちてダメになった人がたどるパターンは2つ。自分を責め続けて鬱状態になって自殺願望の塊になる。もしくは責任他者社会なすりつけてに被害妄想の塊になる。精神が荒廃した状態になる。

ここまで墜ちて心を折られた人は、もう自力で立ち直るのが不可能になる。親しい家族親族がいたら彼らに支えてもらって回復を試みることも可能であるが、そこまで墜ちる過程でそういった大切な人間関係自身暴言暴力でぶち壊した人も少なくなく、家族親族も誰も近づこうとしない。

こういった人が生活保護案件になると、「国の金で支えてもらっているのに感謝するどころか周りに悪態つきまくって刹那的に金を使い果たす生活しかできない」というネットでもフルボッコ案件ができあがる。心がある程度正常でないと将来に備えてお金管理して使うということができないのである。そしてそれを注意してくれる家族もいないのである

僕の周りにも後者のケースが一人いる。彼から直接聞いただけでも明らかに被害妄想の塊で、彼自身言動や行動で家族との絆を粉々にして、年老いた彼の両親は逃げるように他県に引っ越した。そして彼は現在住む場所もなく軽自動車の中で寝泊まりしてる。

からも何度か仕事を紹介したが、初めて数日で「俺をだました両親に落とし前つけるまで仕事なんてする気にならない」とバックレてもう紹介するのも無理になった。

なんとか彼が通えそうな病院施設への入居を勧めたら激怒されて、それっきり連絡も途絶えた。

何を話しても過去自身の失敗を認めることができず、結局他者や両親に責任なすりつける。

正直彼がどうやって立ち直ったらいいのか見当もつかない。生活保護でも受けたらいいんだろうが、そうしたら彼が大事にしてるあの軽自動車も手放すことになるので申請してないらしい。

あんなボロ車、売っても二束三文しかならないのに。

僕も彼の件があっていろいろな制度を調べたが、どれも当人自発的に動かないと使えないものばかり。

世の中の制度というのは「自分のことは自分解決できる大人」むけに設計されていて、彼のようないいおっさんなのに自分では何もできない人が使える制度は見当たらない。

精神病院などの強制入院人権侵害に引っかかるのでハードル高い。そりゃ俺や周りの人間素人判断で「精神案件だわ」って思っても、医者の診断なしで入院させることなんて無理筋だろう。だがこういった人間自分精神科に診察すら行ってくれない。心が壊れているのに自分が正常で回りがオカシイと思い込んでいる人間に何ができるのか。

高校時代あんなに活発で面白かったあいつが、あそこまで墜ちて、それをみて僕を含め彼の親族すら何もできないのが現状である。このままだと万引きなどの軽犯罪を犯して刑務所に入れられるのがベストシナリオなんじゃないかとすら思えてくる。

彼のように心が折れてしまった人はどうやって生きていけばいいのだろうか。答が出ない。

2018-10-19

親が離婚していた。

もう何年も前の話だけど、ある日実家にいる父と祖母とも電話をした。なんて事ない会話だったと思う。ただほんの少しだけ違和感というか、何も聞いてない?とだけ問われて知らなかった自分はうん、聞いてないよ。としか答えられず。

その数日後にラインが来て母が告げた。離婚しましたと。既に住居も移していて地元には居なくなり別の所で住んでいると、大分後になって知らされた。

私自身はもう30代で子供もいるし、何歳か離れた兄弟結婚したとのことなので今度は自分自由にやりたと思ったのだろうか。気が付けば母の独身時代は僅かなもの殆ど子育て家族数人分の家事だったり仕事と上げればキリがないけれども、20数年余り大変な時期を駆け抜けたに違いない。

当時の母は働きながらあまり体調が思わしくない祖母の送り迎えや雑用などをこなしつつ忙しい日々を送っていた。その内に限界を迎えたのだと思う。度々仕事との両立は大変だと愚痴を零していたし、もっと話を聞いてあげれば良かったのかな。今では誕生日用事などあれば連絡する距離感になっている。多分これでいいのだろう。

結婚して子供を産み、病気などで落ち着くまでに色々と苦労を掛けてしまった。これからは思いっきり好きなことをして生きていって欲しいと切に願うばかり。誕生日おめでとう。

言葉を避けたい

最近テレビラジオ、人の声のような言葉の刺激が耳に入ってくると、気分が不安定になる傾向があるようだ。

不安定にならないためには、音楽をかけておくとよいことが経験によってわかった。音楽は、基本的にどんなジャンルでも大丈夫なようだ。ただ、日本語歌詞のものは避けるようにしている。

音楽をかけて落ち着いた時間を過ごしていると、不意の言葉の刺激だけで気分が変わることがよくわかる。音楽がかかった部屋から少し離れて、家族と会話するだけで驚くほどの気分の変化・動揺が感じられる。

また、自分言葉を使わなくてはならなときのもやり辛さを感じている。うまく発声できないし、モゴモゴするし。言っていることが自分でも支離滅裂おかしいと思うし。会話にならないと自己嫌悪感もある。

自分書き言葉だけは何とか使えるが、それ以外の口頭表現とは接したくない。

意味もなく腹が痛いとき

古い思い出を遡る

日本海側の道をゆく

車に乗った家族の日

父が美食の思い出語り

酔いと闘う母とぼく

積丹目指して車は進む

涼しい風が吹いた夏

ぼくはトイレで1時間

ポンポンペインの秋の夜

2018-10-18

家族パワハラ受けてるらしい…

よく知らないけど「○○と一緒になるなら辞めたいな」とか口に出して言うお局的なのがいるらしい

その家族新卒

どうしたらいいのこれ

上に言っても今の所改善無いらしい

うーんこの

anond:20181018195943

なぜ6,500万?確かに高速代やガソリン代の心配はしなくて済むかも知れないが、どうせ金持ちになるなら、高級車が欲しいとかタワマンに住みたいとかなって、もっと生活費が高騰すると思う。

お金持ちになりたい人は世の中にたくさんいると思うけど、だいたいどのくらいの収入なら満足するんだろうね。ちなみに世帯収入1,000万超えの人はけっこう見かけるけど、飲み会で部下におごったり、多少人より旅行に行く頻度が高かったりするぐらいで、そんなに見てびっくりするほどの贅沢はしていない。

そこそこの給料がもらえる仕事夫婦二馬力だと額面の収入は多いけど、住宅ローンとか子ども教育費とかにお金がかかるなら、そんなに遊びに使えないのではないかと思う。

ちなみに自分年収は1,000万円にほど遠いけど、家賃があまりからず、扶養家族もいないので可処分所得は多いはず。が、あんまり贅沢できないな。何でだろう?

anond:20181018122720

時代による変化だと、煙草なんかもあるよね。

煙草を吸うのはかっこいい」って描写は、今見るとかなり違和感がある。

あと「貧乏家庭の小学生新聞配達家族を支える」とか「母親がいない家庭の家事小学生の娘に任されてる」ってのも昔は普通の事として描かれていたけど

今は「子供働かせるなんて虐待かよ、周りの大人が何とかしろよ」と思う。

anond:20181018123457

頭悪いな

マインドコントロールされてたから逃げ出さず自殺すんだよ

人をコントロールするなんて簡単

特に家族関係や友人と疎遠になってたらなおさら

anond:20181018095727

家だと(家族が気にするから)気にするけど

外食でひとり食べる時はそんな気にしない

anond:20181018080119

キモオタ「俺は家族もいないし実家もどうでもいい、だからこそ女児キモオタエロ絵を見せつけて平気なんだよ」

anond:20181017174949

その質問キモオタにすべきじゃん?

底辺ジャップ」って名前でおまえの顔写真ほぼわかるように実家家族周辺に公表していい?だってこれも表現の自由だよね?

これと同じだよ?っていう

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん