「証明」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 証明とは

2018-10-18

anond:20181018151034

フェミとかミサンドリー由来の問題じゃなくて「注目を集めたい(集めるとかまってもらえるので擬似的にチヤホヤ感が得られる)」ってのが、問題根本なんじゃないのかな。SNSで極端なことを言う人は、どうもそういう傾向が見られる。昔はこういうレベルの人は素人だったんだけど、いまでは大学教授()やら弁護士()やらでも似たメンタリティの人がいるようにみえるんだよねー。

ぶっちゃけそういうひとって本当の意味ではフェミでもミサンドリーですらないと思うんだよ。ホストクラブに通う程度のミサンドリーといいますか。

面倒くさいのは本人自身自分フェミニストだと信じ込んじゃってるケースが散見されること。自分の言った過激な男たたきがRTされまくって「ああ、こういう発言フェミなんだ!」と自己学習しちゃったようなパターン勉強不足って言えばそうなんだけど、そもそもその勉強をすべき対象フェミニズム思想ってのも、学問として筋が通ったものではなくて、怨念的なものを苗床に続いてきた社会運動にすぎないわけだから、正解を分離できるほどの理論背景がきちんと整備されてないんだよね。だから過激な男叩きをフェミニズム「ではない」と証明はできない(一人一派という姑息議論回避がそれを可能にした)。

なので、ああいうのは、俺個人は「ああチヤホヤされたい人が人前で公開オナニー始めたんだな」と思ってるよ。

キリギリス無しにアリとキリギリスという童話は成り立たない

以前よりは聞かなくなったが、遊んでるだけでお金を貰えるYouTuberなんてけしからんという言説

よく考えたら、そのYouTuberが居なくても社会が維持できるって事を、その人がYouTuberとして存在してる事自体がそれを証明してるので、そりゃ自分が居なくても社会が回るんだったら自分は好きな事をしても問題ないよなと思う(もちろんYouTuberとしての仕事のしんどさは考慮したうえで)

YouTuberになろうとする我が子に対して茨の道と諭すのならまだしも、関係ないYouTuber批判する人って仕事とられて食い扶持が減って困る人か、YouTuber自体嫉妬してる人以外に誰がいるんだ?

俺はドラゴン

ドラゴンじゃないという証明がなされない限り俺はドラゴンなのだ

2018-10-17

正直、巨乳キャラは好きだけど「乳袋」はクソ食らえと思っている。

キズナアイ問題ときも「乳袋」の話があって、乳袋肯定派のオタクには同意できねぇな…って思ってたんだけど、

ようやく言語化出来たと思うので増田に書く。

 

まず、自分巨乳キャラが大好きである

及川雫十時愛梨すーぱーそに子グラブルのドラフ・・・etc、源流を辿ればボンボンロボットポンコッツの女性キャラから巨乳好きになったのは間違いない。

(また、貧乳が嫌いなわけではない。貧乳貧乳巨乳につかれたときはいいと思う。結局は摂取比率の話なのだ。)

からといって乳袋だけは許容できない。むしろ乳袋こそ巨乳の持ち味を殺す最悪の服装だと断言できる。

 

まず、一つ。服はそのキャラを飾るをとてもとても大切な要素である。これは譲れない。個人的巨乳キャラは裸ではなく服装を着用しているからこそ映えるのである

例えば、十時愛梨私服は、まさに十時愛梨のものである。専用衣装でもないのに、あの組み合わせが十時愛梨を語る上で外せない。

話がそれたが、巨乳キャラの服とは一体どのようなものだろうか。

巨乳キャラ服装で一番大切な要素は「ぱっつんぱっつんである」ということだ。どのキャラも大きさを強調するかのように胸部に2つのテント…いや、山だ、山があらわれる。

自分はこの山が大好物なのだ

この山が示しているものはなにか。それは「この服装に拘束された巨乳いかに巨大なのかを物語る」事である

言ってしまえば、この乳袋ではない「山」は、強さの証明なのである

例をあげると、格闘漫画強者動物と戦う時、動物は必ず拘束されてでてくる。例えば、檻だったり、首輪だったり、全身の自由を奪うようなベルトを付けられたり。この拘束が多く、暴れまわってる獣ほど強いということを表すのである獰猛な虎と紹介された虎が首輪一本で闘技場に出てくるよりも、頑丈な檻に入れられて中で暴れまわって今にも檻を壊して出てくるんじゃ…って雰囲気を漂わせたほうが強い虎なのである

山というのはこの拘束なのである。大きいゆえに服に拘束されて力を拘束によって抑えられた状態。これが山なのである

 

逆に乳袋はどうだ。

拘束されていない。まるで大人しい、入るところに入ってストレスなく育てられた動物園の虎だ。下手したら乳袋という存在自体動物園の「虎(はなまるくん ♂ 2歳 甘えん坊でとってもやんちゃ!好物はりんご)」という看板である

まり乳袋に収まった巨乳には力だとか、獰猛さだとか、凶悪さ、暴力、圧、そういったものを一切感じない。

しろ、優しさとか、柔らかさとか、そういうのばかりが先行して、へなちょこである

 

そんなへなちょこ巨乳に俺は屈したりしない。

俺は大の大人なので誰にも屈しないが、山を作り出した暴力的な巨乳には屈するのである。ヘコヘコワンちゃんである

から乳袋はクソなのだ

anond:20181017135619

はい?ここでの論点性的消費の定義は?だろ。いつ俺が性的消費を批判に使ったのか今すぐ証明してくれよ笑

横だけど、お前が横からしゃしゃり出ておいて「いつ俺が性的消費を批判に使ったのか」てアホでしょ。

お前だけに向けて聞いてるんじゃないだろ相手は。

anond:20181017133250

果物定義は「食用となる果実」であって、果物とはバナナりんごオレンジなどである。と言ったりはしないだろアホか。

果物」は最初から複数のモノを内包する言葉として定義されてるだろアホか。

性的消費」にはそもそも定義存在しないのだから内包物の説明必要なのは当然。

「「性的消費」を理由表現批判する以上は聞かれて当然だろ」これなんか性的消費の定義は?という問と別だと認めてるのに後付して当然だ!とか脳みそにうじが湧いてるんだろうなぁ。そりゃ相手にされなくて当然っすわ。

後付けもなにも最初から並べて聞いてるだろ。

ある概念批判に使うものが「その概念が悪である証明を求められるのは当然だろ。



お前は定義もなく妥当性も証明されてない概念他人をぶん殴るのが正しい行いだと思っているのか?

から煙が出た、ぼふっと

から煙が出たのよ、ぼふっと。

朝飯食べて、さーて今朝は何があったかなとPCの前に座ってしばらく朝のネット巡回してたんだ。
そしたら、なんか鼻の奥がもぞもぞしてきて咳が出た。

で、突然、左の鼻の穴から粉っぽいけむりがぼふっと出てきたわけ、ぼふっと、軽く視界が曇って、顔の前に小さなキノコ雲ができた感じ。
安っぽいCG再現映像で、被害者の上体がのけぞって、顔の前に半透明の球がひろがっていくところを想像してほしい。
当然そんな現象予想もしてないから思いっきりむせたよもう。

ふつうさ、鼻から煙出ないじゃない? あ、もちろんタバコとか吸ってないし。
鼻とか口からなんか出たら液体とか粘液とか湿ってるもんだけど、なんか乾いた煙なわけ。

マンガ表現かよ? つかおれロボットだったの? なにこれ怖い。
もうまじで軽くパニック

数回けほけほしてたら、煙は収まって、鼻の奥の方が超ゴワゴワな感じ。
けむりの匂いというか感覚はなんかちょっと鉄っぽいというかちょいニガ。
キッチンダッシュしてとりあえずうがいしたら、なんかどろっとしたものがのどを下ってった。

鼻に違和感はあるけど痛みは無いのでちょっと冷静になった。
鼻水すすって、うがいしてを繰り返しながら、今日の体調と直前の状況を反芻。
つか、いまのナニ!?...

朝、起きて、顔洗って、歯磨いて、トイレ行って...
トースト焼いて、牛乳汲んで、常飲薬とサプリを用意して、
テレビ見ながら朝飯食べて、薬飲んで、PC使ってただだけだよな...

...ってところでピンときた。
粉っぽいけむりってつまり粉か!

そこまで思い至れば、原因は単純だった。
ようするに、牛乳で飲んだサプリカプセルがたぶん飲み込まれず、鼻の付け根から喉の入り口辺りにへばりついてたんだと思う。
で、それが唾液とか鼻水で時限爆弾のように溶けて粉が噴出。気道に入ってむせてけむりになった。

まぁ、100%絶対それが確かだという証明もできないけど、まぁほぼ間違いないだろう。
オチがなくてすまないが、薬やサプリメントのカプセルはたくさんの水でしっかり飲みくだそう、という話でした。

さて充電しないとな...。

ワールドトリガー感情描写が下手なだけ

anond:20181016205553

要はこれって、あの作者は感情を絵にするのが上手じゃないという単純な話だと思う。

感情表現っていっても、ワンピース僕のヒーローアカデミアみたいに泣き顔をドアップで見せろとか、感情優先で頭の悪い展開をやれってな話じゃないよ。

ワールドトリガーって意外に感情で動くシーンも多い。というか、ストーリーの楽しみってのは感情的なもので(数式や理屈だけで展開するもの物語とは言わない)、そこを異常に毛嫌いする方が変なんだけど。

増田の書いている三輪もそうだし、そもそもチカを守ろうとするメガネくんや借りを返すためにそこに着いていく木虎とか、戦略的な見せ場でありながら戦いそのものを楽しんでいたランバネイン、自滅するエネドラなど、感情で行動するシーンもキャラもそれなりにある。

なのにその印象が弱いのは、作者がそこを強調出来てないからなんだよね。(エネドラはかなり強調されていたと思うが、逆にエネドラくらいじゃないと印象的な感情描写をしないともいえる)

展開に感情起因のゴタゴタがなくてストレスを感じにくいのはいいんだけど、それと引き換えに肝心のクライマックスでも読者の感情を煽るような絵と演出になってないってのは、やっぱりちょっと弱い。

ドラゴンボールの有名な場面も「ギャルパンティおくれー!」「クリリンこのことかー!」「バカヤロー!」「バイバイみんな」、

ハンター×ハンターも「今すぐ君を壊したい」「余はこの瞬間のために生まれてきたのだ」など、全部感情的な瞬間。キャラ感情描写ってのは少年漫画では凄く重要なわけ。

漫画を書くならまずはキャラの表情を最低20種類は書けるようにしようという指南もある。

他のメジャー少年漫画と比べればすぐわかるけど、ワールドトリガーそもそも喜怒哀楽その他の表情がものすごく乏しい。顔だけじゃなくて、体も感情表現をしていなくて、ある種棒立ちと言える描き方が多い。

キャラ主体となる少年漫画としてはかなり異色の作画で、ただの新人なら真っ先に直されるところだ。そこが許されてるあたりが、この作品ストーリー構成非凡さの証明でもあるんだけど。

ピンチになってキャラがあせってる場面でも、非常に形式的な表情しか書かれていないので、「うわー大変だメガネくんどうなるんだ」と読者の感情をあおる力が弱い。人によっては、ただ答え合わせを読まされているような白けた気分にもなると思う。やはり読者はキャラと一緒にドキドキしたいのだ。

過去の回想で姉の助けを求める三輪も、涙を流してこそいるが、なんていうか物凄く曖昧な表情だ。これでは三輪が姉の死を悲しんでいることは理解できても、共感しない読者が出てもおかしくない。

印象的な場面として記憶に残らないので、三輪いくらネイバー憎悪をむき出しにしようとこのシーンが頭によぎらないのだ。こういう点が辛い。

感情描写が薄いところも含めて「それが味」といえなくもないけど、ネームはそのままに人物作画や表情を少し変えるだけで劇的にプラスになると思うので、これは欠点と言っていいと思う。面白いんだけどね。

√2が無理数であることの証明

が出来る人って国民の何%くらいいるんだろう。

母親だって未完成人間なんだよ

どうしてこう、母親ならできるはず。母親なんだからって風潮なのかなあ…。

子供産んだからってウルトラマンが変身するみたいにインスタントに強くなれるわけないじゃない。

そりゃあ欲しくて産んだんだよ?

産んだ以上責任があるよ。

当然愛しいし、なんとか人並みの生活をさせてやりたいって思って、こんなに中間層が崩れた現代でも頑張って頑張って自分ことなんか後回しにして家事して育児して仕事もしてるじゃない。

いくら子供からって言っていいことと悪いことがあるよ。

与えられたことよりも与えられなかった部分だけ数えて文句ばっかり言って。

推薦きたって私立高校に行かせてやれるだけの経済力なんてないんだよ。

公立の推薦取れなかったの自分のせいじゃないの?

私立公立ではどれだけ費用が違うか知ってる?

おまけに交通費だってかにならない辺鄙場所にあるのに。

だって逃げ出したいよ。

贅沢どころか体調悪くても病院なんかいけないし、髪だってもうずっとセルフカットして服なんて何年前に買ったかからないような古いのを着てる。

そうやって切り詰めて切り詰めて好きなことさせてきたんじゃない。

その好きなことに夢中になって勉強不足なのも公立から推薦貰えなかったのも自分の実力じゃないの?

どんなに望んでも叶わないことがあることや、どんなに努力しても得られるものがあるとは限らないって自分証明してみせたくせに母親のせいだけにしないでよ。

我が子が三年間頑張ってきた結果が私立の推薦だけで、後から始めた子が公立の推薦貰えたなんて話を聞いて、目頭が熱くなっても子供の前では「やってきたことは無駄にはならない」なんて嘘っぱちを言いながら励まさなきゃならない母親気持ちって考えたことある

職場セクハラパワハラ受けても精神安定剤飲みながら働き続ける母親気持ち考えたことある

どんなに頑張っても保険料税金は上がって手取りが減っていっても1日2食にしても我が子の栄養優先にしてきた母親気持ち考えたことある

何もかも放り出してもう人生やめたくなるよ。

母親だって万能なんかじゃないよ。

どこまで頑張ればいいの?

2018-10-16

anond:20181016230134

物理学御大層なことが提唱されてもリアルとはなんも関係ない 

福島原発科学無意味の全部を証明している 

物理学者は全員詐欺師

anond:20181016174511

別人だと証明する手段は無いが、別人なのだなぁ。

わりと声優好きなので、いいなと思ったのだ。

承認欲求の正体

愛の倒錯

オタクの愛はいつも孤独だ。

本来、愛とはその対象承認し合って確かめものであるのに対し、我々の対象とはアニメキャラクターという架空存在だ。

そのため、どれだけ綺麗な言葉を囁こうと、どれだけ素敵な贈り物をしようと、受取手が不在では滑稽な一人芝居でしかない。

その一人芝居で狂いきれるのであれば、孤独にも耐えられるのだろうが、それは難しい。

から何とか愛を出力し、第三者承認してもらうことで自らの愛を認めようと試みる。

その出力方法は、例えば「◯◯は俺の嫁!」とか言ってみたり、キャラの絵を描いたり、SSを書いたり、など実に様々だ。

しかし前述の通り、この表現の向かう先は愛の対象でなく全く無関係第三者で、対象と確かめあう愛とは異なった歪なものだ。

オタクが愛を確かめときにはこのような”手段としての表現”という倒錯に縋るしかないのだ。

この、愛を証明するために第三者を利用している状態こそ承認欲求の正体なのだ

2018-10-15

またはてフェミ勝利してしまった

正しさの証明がまた一つ積み上がったな

でも、今までフェミニストガーとか言ってた連中が定義を言え!とか喚いてるのも草なのよな

フェミの頭の悪さも面白いけど、叩いてる連中の頭の悪さも面白い

さんざんフェミガーと言ってきたのに、自分はその語の意味もわからず雑に口を開いてましたって証明だもんなぁ。

性的消費やゾーニングかにも当てはまる。

さんざん使ってきたあとに定義を聞くって、苦し紛れ自分の主張に都合よい手法を用いてるだけで、ガチ議論する気はなく、自分が勝ったように見えることだけに腐心してる人なんだなーっていう感じよね…

でも、そういう人にかぎってコミュニケーション大事です話し合いって大事ですと連呼するから誠実アピールも含めて「こう思われたい、どう思われるかコントロールしたい」という欲望が強いんやろなぁて思う

anond:20181014161919

2018-10-14

anond:20181014190805

強要があるって主張したいならまずあるって言ってる側が証明するのが筋だろ

勝手検証困難な状態を作り出して「検証困難だかただのお気持ちだけど事実ってことにしていいよね」が通るのはお気持ちフェミの中だけだぞ

anond:20181014121613

いつ何処で虚像だと証明されたの?

ここに書き込む有象無象のように「オタク犯罪予備軍」と決めてかかる奴がこんなにも多いというのに

anond:20181014121005

宮崎事件に端を発するオタク差別なんてただの虚像だったと証明されたのに

いつまでしがみつくんだろうねあいつら…

2018-10-13

anond:20181013175548

性別判断してないなら何も問題はない気がする

自分たちの主張に沿う層だけを仲間扱いするのは

しろ正常であることの証明

フェミ女に美人は「ほとんど」いない

主張は凡庸だが顔が綺麗なエマ・ワトソンという神輿

それを嬉ション漏らしながらかついでるフェミ自身証明してしまっているなあ

anond:20181013041154

あのさぁ・・・またループすんの?

査読には無論、再検証機能を持たせてない以上は、完全な証明ができないという問題がある。けど、完全に査読がない場合、いい論文も悪い論文再検証すべき対象になってしまうし、質の低い論文が質のいい論文を圧倒する量で出てくるのは明らかな事。レベルの高い査読があれば、事前に質の悪い論文は、低ランク会議雑誌しか発表が出来ず、誰かが研究を開始する時に、よりレベルの高い会議の先行研究があれば、質の低い研究再検証必要がない論文として捨てることが出来る。この差が、学問としての信頼度と発展の速さの差になると言ってるだけ。

繰り返されている批判キモはここね。

何度も言わせないで欲しい。査読効果的に論文理論系、実験系を問わない)の質をより分けられる理由

数学には、長い歴史の中で作られてきた絶対的に正しい定理がある、これは証明なしに何度でも使える道具。新たな証明問題を解く時には、その便利な定理を出発点に、新たなロジックを組み上げて問題を解くんだけど、定理が正しいからこそ数学勉強している人には、その後のロジックの正誤を判断できる訳。

研究もそれと同じで、十分に検証された既存の先行研究を出発点にして、新たなロジックを組み上げていった場合に、追加されたロジックの尤もらしさを判断する事は出来る。そして、そのロジックの結果として得られたデータは、数学的な手法正当性評価しているので、数学的な知識を共有する科学者の間では、その数字でいいのかどうか?は容易に判断できる。だから査読の段階で、明らかに間違っていたり、正しくても程度の低いロジックと結果で構成されている良くない研究成果については判定ができる。数学理論物理などの理論系の科学は、この段階でほぼ100%嘘は分かるし、査読を通ればほぼ正解。

これね。


まり社会学場合は、査読も行われているけど、市場があることが理由で、無査読の著書が出版されているし、別の理由で無査読の招待論文が発表されているよね。それは社会学研究者が仰ってた事だね。

https://anond.hatelabo.jp/20181011160144

以上の事から社会学において無査読の著書と論文が当然のように出ている事は、学問信頼性を下げてはいいか?という問題提起がされてきたんだよ・・・

それが、この記事( http://www.afpbb.com/articles/-/3193041 )の様な結果を招いている理由の一つではないのですか?と問題提起されてきたんだよ・・・

この増田が、俺から君に説明できる決定稿なので、これが分からいか論点をずらすようなら、ちょっともう会話にならないと思うんだよね。。。

anond:20181013035457

査読のない論文でも、編集者による「明らかな間違い」のチェックはある程度機能してる

そもそも、これはダブルブラインドではないか価値は低い。

査読には無論、再検証機能を持たせてない以上は、完全な証明ができないという問題がある。けど、完全に査読がない場合、いい論文も悪い論文再検証すべき対象になってしまうし、質の低い論文が質のいい論文を圧倒する量で出てくるのは明らかな事。レベルの高い査読があれば、事前に質の悪い論文は、低ランク会議雑誌しか発表が出来ず、誰かが研究を開始する時に、よりレベルの高い会議の先行研究があれば、質の低い研究再検証必要がない論文として捨てることが出来る。この差が、学問としての信頼度と発展の速さの差になると言ってるだけ。

研究者間の相互検証によって、再現性検査される点が、分野によって手法の差こそあれ同じである事には異論はないよ。ただ、査読がない分野で、どれを検証するの?という所で、前述の理由で指摘されてきているだけ。

いい加減、これくらいの理屈は分かって。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん