「デブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デブとは

2017-10-23

中学から友達フレネミーだった話

 「フレネミー」という言葉をご存知だろうか。

アメリカ大人TVシリーズセックスアンドザティ」などにも登場し、「フレンド(友達)」と「エネミー(敵)」から作られた造語で、いわば友達の顔をしながらも実は敵である人を指す言葉だ。

かげながら悪口を言ったり、マウンティングしてくる人などを思い浮かべる人もいるだろうが、フレネミーのなかでも厄介なのが「居場所をとる」「対象と成り代わる」人たちだ。

 私は最近中学時代からの友人Aをこれを理由音信不通にした。

Aと友達であった時は、得体の知れないモヤモヤを感じながらも「私の心が狭いのかも」とあまり考えないようにしていた。

ある日「フレネミー」とい言葉を知りぐぐると、ネットにかかれた説明はまさにAそのものだった。

そして多くの人、とくに女性で悩んでいる人が多いこともビックリした。

私のように長年「なにかおかしい、でもなにがおかしいんだろう?」とモヤモヤストレスをためながら、でもどうしていいかからない人たちの少しでも助けになればと思って書こうと思う。

 初めに結論を述べるとフレネミーへの対処法は「距離をとる」というのが一番効果的だ。

穏便に済ませたい人には申し訳ないが、フレネミー普通関係を築くのはほぼ無理だと思ったほうが良い。

 Aとの付き合いは長い。中学高校と一緒で、よく遊んでいたし連絡も取り合っていた。

大学は私は東京、Aは地元大学へいき少し間疎遠になった。

ある日、中学同窓会があった。そこでAと2年ぶりに再会しまた連絡を取り合うようになった。

専攻が近いためレポート前などはお互いスカイプしながら徹夜したり、彼女東京へ遊びに来ることもあった。この頃のAは私にとって何でも話せる気の合う友人だった。

 大学卒業後、Aは地元社会人になり、私は地元にはもどらず東京フリーターをしながら資格勉強をしていた。

Aは志望していた業界が人気だからと諦め、近いけど違う業界就職した。お互い新生活に追われながらも時々連絡をとりあっていた。

私が資格をとってやっと社会人になれたのがそれから3年後の春、ある日Aから東京で改めて学生をすることにした、初上京から色々よろしくー!不安がいっぱいだー!」とラインがきた。

私は嬉しかった。中学からの友人が近くに住むぞ!と意気揚々東京で仲良くなった友人達にAを紹介しようと飲み会などをセッティングした。

 夏にAが上京しまカフェで会うことにした。

私の電車人身事故で遅延し走ってカフェへいくとAが店前で待っていた。そのとき「あれ?」と思った。

彼女が着ているスカートが私がお気に入りのものだとSNSに何回かあげているものと全く一緒だった。

でもブランド品だしかぶることだってあるかな、とその時は何も言わずそのスカートについても触れなかった。

 諦めた業界へ30歳までにもう一度挑戦したい、と専門学校へ入りなおすことを決めたA。

夢を語る彼女の姿に私も嬉しくなったが、Aがふとカフェ内のすみの方で手を握り合っているカップルに対して「あんな顔でよく人前でいちゃつけるよねー気持ち悪くない?年齢考えてって感じ!」と周りに聞こえる声で言った。

私は突然のことにビックリしたし隣の席にいたおじさんたちは怪訝な顔をしていた。

 この頃はAのこういう行動に対して「東京生活ストレスが溜まっているのかも」「環境がかわって神経がたっているのかな」と思っていた。

これは私に非があるが、あまり深く考えないようにしていた。同級生の悪い方向への変化を認められるほど私自大人になっていなかった。正直このとき違和感を信じていれば、と今でも思う。

 私はAをよく遊ぶグループ趣味グループ習い事や同僚など様々な自分が属するコミュニティの人たちに紹介した。

Aは少しシャイだが、私の長くからの友人ということもあり私をネタにしつつ徐々に皆と仲良くなった。

18歳で上京したとき友達ができるか、親元を離れて生活できるか不安だった自分を思い出し、なるべく彼女孤独を感じないよう色々なイベントにも呼んだ。

春はお花見、夏はバーベキュー、秋はおうちパーティー、冬はスキークリスマスパーティー忘年会などなど、私が今まで毎年していたことにAが加わった。

 冬のある日、お台場イベント大人数で遊びにいくことになった。

駅で合流し、Aもそこにいた。私と全く同じコートを着て、同じカバンをもってそこにいた。

周りは「おおおーさすが中学からの仲だね!」「おそろい可愛い!」と盛り上がり、Aは「私このブランド大好きだからなあ~」と何食わぬ顔で話している。

このときもしかして真似されてる?」と、前のスカートの件とあわせて疑うようになった。

その日はあまりAと話さないようにした、なんだか話す内容から次なにか真似されたら嫌だな、となんとなく思った。

 そのあとも真似は続いた。一度違う友達に「真似されるのってちょっと辛い」と漏らしたときに「あなたのことは大好きなのよ」「そんな真似とかなんとか中学生みたいな悩みもつなんて」と笑われた。

なんだか自分の心が狭く子供っぽいことで愚痴ってるように感じてその後、このことは誰にも言わないようにした。

新しい服やアクセサリーをつけて次にあったら彼女が同じものを持っている、それについて特に触れるわけでもなく、周りも「おそろいだ~」と笑うのみ。そのたびにちょっともやっとしてる自分人間として未熟なんだと落ち込んだ。

 その後、Aの真似はファッションだけでなく趣味や考え・意見にも及んだ。

私が軽い気持ちで参加したボランティアで関わったスウェーデン伝統工芸に惚れ込み、実際にスウェーデンへいったり友人にも「本当に好きなんだね、いつかスウェーデン人結婚したりして」と笑われるレベルにその話をしていた。

Aは最初興味がなさそうにしていたが、「最近スウェーデンに興味がある」に始まりあたか自分はずっと前からスウェーデンが好きというような態度をとるようになった。

私が参加しているボランティアにも来て「私の友人なんです~」と色々な人たちと仲良くなっていった。

この頃になるとAの髪型服装は後ろからみれば私と区別つかないレベルに一緒になっていた。

 私はこの頃には彼女のまるで私の居場所というかコミュニティ内のポジションに居座るかのような、私の成り代わりになるかのような態度にかなりイライラしていた。

しかし、最初に色々な自分コミュニティにAを紹介したこからどのコミュニティで遊んでも彼女がいる状態になっていた。

どのコミュニティでも私が誰かと話していたらAが寄ってきて、いつのまにか私が話していた人とAが話し、私が傍観者のような立ち位置になることが繰り返された。

 Aの他者に対する暴言ますますひどくなり道端で「あんデブでよくあんな服着れるね」「ババアのくせにあの髪型痛い!」と言ったりしていた。

私はそういう言葉をきくたびに疲れるようになっていった。

 この頃一度ネットで「友達に居場所を奪われる」「友達コミュニティを乗っ取られる」と検索たことがあった。

ヒットしたのはほぼほぼ中高生の悩みで、それに対して「人をとるとかとらないとかものじゃないんだから」「まねしたっていうけど自意識過剰では?」という意見を読み、自分モヤモヤしていること自体が間違っているように感じた。自分性格が悪い心の狭い人間だといわれてるような気持ちだった。

 段々私はAに限らず友人たちと会うのが億劫になっていった。

何か買ってもそれを着たり使ったりするのが怖くなり、何か新しいことに興味がわいてもそれを人に話すのが嫌いなった。集めたスウェーデン工芸品も全部売り払った。

不思議なことに私が中々イベントなどに顔をださなくあると毎日あったAからラインはパッタリと途切れた。

 Aに真似されるというのが、大げさだが自分アイデンティティをどんどん奪われていくような感覚だった。

同じ趣味教室に通う同僚が心配して声をかけてくれた時、いっそぶちまけてラクになろうと思ったときに「Aも心配してたよー!」と言われ何ともいえない脱力感に襲われた。

 Aはその後も私の友人達遊んだ様子などをSNSにアップしていた。

最初は同郷の長い付き合いの友人が自分の友人達と仲良くなっていくのが楽しかったし嬉しかった。

なのに私はなぜか友人達と会いにくくなり、孤独を感じるようになっていた。

28歳にして人間関係を丸ごとAにもっていかれたような感覚だった。

 春先に会社帰りにバーへ立ち寄った。

久々にお酒が飲みたくなったけど誰かを誘うのも面倒だし、誘って「Aも呼ぼう」ってなるのが怖かったので一人だった。

しばらくぼんやり飲んでると隣に40代くらいの女性が座った。とても身なりが綺麗な人、仮にBとする。

マスターを介してBさんが話しかけてきた、彼女大手アパレル企画をしている人でいわゆるキャリウーマンだ。

しばらく他愛もない話をしてたが、私はふとAのこと、今の自分の現状を話したくなった。

バーで会った私のことを今日知った人、私の属しているコミュニティのどこにも属していない「他人」だから話せると思った。

 ポツポツと話し出しBさんは真剣な顔で聞いていた。

私は「子供ぽいんですが」「本当こんな悩み馬鹿馬鹿しいんですけど」「自分の心が狭いのはわかっているんですが」「女子中学生みたいですよね、ほんとしょうもないんですが」とそういう前置きを何度も使った。

話している最中に、自分が寂しいと思っていることをやっと受け入れられるような不思議感覚だった。

 18歳で初めてきた東京最初友達も知り合いもいなかった。

大学でできた友達大学の外でできた友達フリーター時代にであった人たち、就職してから一緒に働いている同僚、ボランティアで一緒に一生懸命になった仲間…それまで考えたこともなかったけど、人間関係というのは自分が築き上げてきた財産だ。

それが、その財産が急に人の手に渡ってしまったような感覚、Aに対する不信感とそれを誰にも相談できない孤独さ、私がいた場所に私と同じ服やアクセサリーカバンをもっているAがいる違和感

 話しながら涙と鼻水がでていた。Bさんがティッシュをくれたけどたりなくてマスターが箱ティッシュをくれた。

Aとの楽しかった思い出がいっぱい頭をかけめぐった。でもAが東京にきてからは辛い思い出の方が多くなった。

Bさんは「それってフレネミーってやつよ、辛かったね」といってお酒を一杯奢ってくれた。

 「年齢の話はしたくないんだけど」と前置きしてBさんが話してくれた。

人間は年齢と共に人格が少しずつ変わること、それがいい方向に変わる人もいれば悪い方向に変わる人もいる。私はながいAとの付き合いのなかで無意識にAの味方をして自分直感違和感を信じずそれでストレスが溜まっていること。

子供っぽいというが誰だって自分が見つけたものや持っているものを真似されたら気分が悪いこと。自分テリトリー必要以上に入ってくる人間には注意しなきゃいけないこと。

そして、Aは私がいたポジションにおさまることで優越感や承認欲求を満たしているのだから、それはもう友人とはいえない、と。人との関係には寿命があるということ。

 決定的だったのは「あなたはAさんを色んなコミュニティに紹介したけど、Aさんはあなを彼女コミュニティに紹介はしてくれた?」という質問だった。

私はハッとした。Aは学校での友人の話やイベントの話をしてくれるが私をその人たちにあわせたり、イベントに呼んでくれたことは一度としてなかった。

 Aは他の友人たちに悪口を吹き込んだりはしてない(と思う)が、なんというか私と他の友人達遮断する影のようだった。

私の前にAがいて私は彼女の影のなかにいるような、段々彼女が私のオリジナルで、私がコピーのような感覚というか、成り代わられるというのは自分を消されるような恐怖感があった。

今でも何でAがそういうことをしだしたのかはわからない。私は真似されるような魅力のある人間ではない、もしかしたらAはAで寂しくて必死だったのかもしれない。

決定的なことをしたわけじゃないが徐々に食い込んでくるあの不気味さから、私はもうAに会うのはやめようと決意した。

 Bさんは別れ際少しこわばった顔で「彼氏旦那ができたときに、彼女に紹介しちゃダメよ」と言った。

私は帰って「フレネミー」で検索をかけた。冒頭にのべた通り、多くの人々がこの厄介な存在に悩んでいることを知って、不謹慎ながら少しホッとしてしまった。

 Aとの関係は綺麗には切れない。

自分所属しているコミュニティ彼女もまたしっかり根を下ろしているか共通の友人が多い。

でも、Aとは今では全く会っていない。何度か会う機会はあったが私がそういう場には絶対に行かないようにしている。

友達結婚式などどうしても会わざるえない事で今後会う可能性はあるが…。

そういう制限のなかでなかなか会えない人もできてしまったが、前より心が平穏だ。

周りは不思議がっている人もいるし、友人伝手にAの話も聞くことがあるが、それはもうあまり気にしないようにしている。

 夏になって私は新しい趣味に手を出しそのつながりで新しい友人ができた。

前に比べ人に警戒心を抱くようになったけど、やはり人との繋がりから得るものは大きい。

自分が着たい服、身につけたいもので遊びに行き、好きな話をしても真似される心配がないのが嬉しい。

ずっと付きまとっていた違和感がなくなって、孤独感が消えた。

 「フレネミー」は十人十色、Aのように真似をしてポジションをとろうとする人や、マウンティングしてくる人、心配するふりして不安を煽ってくる人…色々いるみたいだ。

今もし、友達のことでしんどい思いをしている人がいたら、一旦冷静になって考えて欲しい。その人は本当に友達なのかどうかを。

「そんなことぐらいで」と他人が言う事でも自分しんどいのなら、それは「そんなことぐらい」じゃないのだ。

 時々Aと過ごす時間が多かった十代を思い出し少し悲しくなったりもする。

しかしたらずっと先の将来でまた友達になっているかもしれないし、もうこのまま会わずに終わるかもしれない。

 長文&駄文失礼しました。

anond:20171023010716

自身の体力作りと愛の天秤かな


俺も病み上がりの体力作りのために、運動する必要がある。

はいえ、ニートデブ彼女よりはハイスペックになってしまうため、同種目だと、差がついてしまう。

から、二人ともサイクリングは無理。

最近リュックに10kgくらい水を入れる試みはしている

これが上手くいけば、トラバ様の提案のように二人でダイエット兼・体力作りはできるだろう。

ただ、北国だからもう直ぐ全てが雪に覆われて、サイクリング不可能になる。

どれが誰だよ?

俺=

メンヘラ快復中,転職活動,セックスに自信なくす,ED,幼児プレイ楽しい,体力低い

彼女

デブ,マグロ,ネトゲオタ,不感症,減量捗らない,幼児プレイ楽しい

こう読めるんだがあってる? 自信ない

あと、「もし転職先が遠方になったら、(減量関係なく)彼女との交際を続けるのは難しい」みたいなことも言ってる?

anond:20171022222116

2017-10-22

anond:20171022222955

正直、内心の一番の別れたい理由彼女マグロであること。

デブでも反応がよければまだ我慢できると思う。

その上で、マグロでも共通の友人に紹介してくれればまだ耐えられる。

それは、俺の分析ではマグロデブニートが続いたによる神経伝達の劣化だと思っている。

でも世間的に女がマグロ理由は男の前戯テク不足といわれている。

この辺はとても頑張ったと思っているんだけど、客観的評価が難しい。

彼女と別れようか迷っている

「にゃあにゃあ」「にゃあにゃあにゃあ」

で会話が通じる

俺、メンヘラから立ち直りつつあり、難関資格をゲットしたばかり。転職活動スタート

彼女デブになった

付き合ってから、よく分からない理由共通の友人に俺のことを紹介してくれない

体重やばいくらいに重くなって、セックスマグロになってからやっと俺に媚びるようになった。

それまではネトゲオタで、一人でネトゲやりたいから俺は帰れが常套句

もう痩せる目途が立たなくなって、やっと共通の友人に俺との交際を公開しだす。

頑張って痩せると言うが、痩せるペースは非常に遅い(週0.5kgくらい)

俺はこれから日本全国場所を問わず転職活動開始。

この彼女どうしよう。不感症で自信なくして、ED気味なんだけど

相互幼児退行プレイ楽しいんだよな。

体力が低くて、これから新天地で生きるにあたって、彼女介護社会生活は両立できなさそう。

2017-10-21

男性向けランニングウェア

最近体重が気になりランニングを始めたデブ中年だけど。

まずは形から入ろうとネットランニングウェアを検索していて気がついたことが一つ。

男性向けのウェアはかなりピチピチなものが多いということ。

販促カタログ写真で実際にアスリートが着用してるものを見るのだけど、正直アレの形がもろにくっきりはっきり見えるもの結構よくある。

竿もタマもどう収まっているか想像する余地なくはっきり見えるので、ゲイ向けのポルノ写真かよと思うレベル

自分デブなのでとてもそんなのは着れないけど、モデルになってるアスリートとか、実際にそれ買ってる人とかは股間のサイズがモロバレでも抵抗感ないのだろうかと思ってしまう。

ランナー女性はそれを見ても露出痴漢と思わないか心配だ。

2017-10-20

こいつ馬鹿なんじゃないの

仕事上のミス指摘して、「こうした方がいいよ」って言うじゃん

「でも、増田さんも新人の頃はできなかったですよね」とか言うの馬鹿じゃないの

殺すぞあのデブ

anond:20171020113150

別にハゲデブチビネタにしてないお笑い芸人なんて普通にいるだろ

なんでそいつらの為に差別をありにするんだよ?

anond:20171020112653

勘違いすら正されてない

単にこっちの思い込み相手を傷つけることがあるんだから一切差別はすべきではないってスタンスでいいんだよ

俺はアメリカしか知らんが、ハゲデブチビを指摘するなんてこと許されてない

実際どうかは別にして、それが社会通念になってるのは間違いない

それを言えば相手侮辱してるとみなされて殴られてもおかしくない

そうすればいいだけ

今夜は1ヶ月ぶりに彼女に会える

1ヶ月分の鬱憤、悲しみ、希望絶望、何もかもを彼女の膣内に叩きつけて吐き出せる

楽しみでしょうがない

デブスだけど、すごくいい子なんだ

制服着てた頃からぼくの捌け口になってくれてる

なんの役にも立たないのに、医療事務資格とるぞ!などとのたまう頭の弱い子だけど

とってもいい子なんだなあ

最初はされるがままだったのに、近頃ゴム付けてとか、外に出してとか言うようになったけど

シカトして全部中に流し込むのが僕の唯一の趣味なんだ

ちゃんと殺精子剤使ってるのに、いくら説明しても頭悪いからよくわかってないんだよなあ

この気持ちって愛なのかなあ

それとも、ただ情が沸いただけなのかなあ

anond:20171020103824

彼らだってセーテキシコー以外は他の人と変わりなくバラバラなんだから

選り好みもしたいだろうし、チビデブハゲおっさん気持ち悪いと思うのもまあ自由だろう

それは否定しないけど、叩いていい属性の選り分けしてる感というのはどうしても出てくるよね

anond:20171020103824

横だけど

はげ、チビデブ社会的に克服されてるとか完全に私見以外のなにものでもなくてワロタ

タイトル死にたいなんて言わないで

さっき死にたいって投稿トラバしたけど、

ちゃんと投稿するね

死にたいって言ってる人みんなに言いたいことだから

死にたいって、本当ですか?

私の気持ちを伝えたいです

少しでも元気になってほしい

あなたに笑ってほしい

本当は歌にしたいんだけど作曲ができないか作詞だけしました

リズムよく声に出して読んでつかあさい

 

 

タイトル死にたいなんて言わないで

作詞流浪増田28女性

 

死にたい!?本気で!?口だけだよねーウソだよねー!?

ハイハイハイハイハイ🎵

本気で死ぬ気はありません~~~

死にたいしか言うことがない~~~

ない、ない、ないないないない

ないないないないナイアガラ~~~~~🎵

生きてりゃそのうちなんとかなるよ!!!!!!

がんばってーがんばってーがんばらなくてもいいけれどっ!!!!!!!!

ハゲでもデブでも生きている🎵

歯並び悪いが笑ってる🎵

ほいほいほいほいほいほほ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!!!!!!!!!!!

これをー全部ー声にー出して―!!!!!!!!!!!

読んで―お願いーリズム良くー読んで―!!!!!!!!!!!!!!!

死にたいなんて~言わないで🎵!!!!!!!!!!!!

明日も元気にがんばるゾイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

anond:20171019235610

死にたい!?本気で!?口だけだよねーウソだよねー!?

ハイハイハイハイハイ🎵

本気で死ぬ気はありません~~~

死にたいしか言うことがない~~~

ない、ない、ないないないない

ないないないないナイアガラ~~~~~🎵

生きてりゃそのうちなんとかなるよ!!!!!!

がんばってーがんばってーがんばらなくてもいいけれどっ!!!!!!!!

ハゲでもデブでも生きている🎵

歯並び悪いが笑ってる🎵

ほいほいほいほいほいほほ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い!!!!!!!!!!!

これをー全部ー声にー出して―!!!!!!!!!!!

読んで―お願いーリズム良くー読んで―!!!!!!!!!!!!!!!

死にたいなんて~言わないで🎵!!!!!!!!!!!!

明日も元気にがんばるゾイ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2017-10-19

欲しくない情報AIカットするブラウザ(サービス)

もちろんこのブラウザ発信の広告は除外して

これ開発したらめっちゃからない?

例えばネタバレとか

嫌いな国の情報とか

暗いニュースとか

これで全部カットできんの

人々が真実じゃなくて信じたいものを信じたがるっていうのは

宗教でもフェイクニュースでもとっくに証明されてる

なら情報自体自分の好きな情報しか入ってこないように

嫌いな情報は入ってこないようにすればいいんじゃないだろうか?

 

何が良いのか?

それはネット社会ブロック機能を作れるということ

元々リアル宗教の違い、民族文化低所得と高所得の住む場所が違うように

物理的なブロック存在して無用な接触を避けた

そうすることで不毛な争いは避けることができたし

お互いの得にもなっていた

 

ところがネット社会にはそれがない

グローバル、垣根が無い、フリー一見聞こえはいいけど実際は紛争火種だらけだ

リベラル気取ったLGBTからハゲバカ貧乏、ブス、デブ差別してもいいが、

ホモ差別してはいけないなんてトンチンカンな回答も出てくる

要するにKKOはどんな理由があろうとも馬鹿にされ差別され弱者で居続けろってことらしい

現実社会でもあることで

イギリスでは、上流階級市民貧困層を「チャヴ」と言われる蔑称で呼んでいる

そしてパーティではチャヴ恰好をして…

だぶだぶの服に『金ピカのアクセサリー』、そして必須の『斜にかぶった野球帽』という恰好で…

彼らの真似をして仮装パーティを開いている、これがチャヴ・ボップという催しだ

 

まあ、とにかく馬鹿にし合うわけよ

からブロックしてお互いを認識するのやめたらいいんじゃないかと

いがみ合うのにはなんのメリットもない

最初からフィルタリングした情報だけ食って生きていけばいいでしょう

2017-10-18

ただしデブは除く

ただしイケメンに限る」程には普及していないものの、使う場面は多い。

大喜利とかできるし、こっちの方がおもしろいのに普及率が低い。。。と思うデブであった。


ラーメンランチサービス、麺大盛にライス一杯サービスです、いやそんなに食えないよー(ただしデブは除く)みたいな

やっぱり早起きすると気分がいいよ?(ただしデブのぞく)みたいな

2017-10-17

ソシャゲ廃人

言い換えってないかな?

デブに対する「親しみの持てる体型」みたいなやつ。

保毛尾田保毛男についての私見

保毛尾田保毛男でぎゃーぎゃー言ってる人はクソフェミニストと同じだと思います

で、今回またぎゃーぎゃー騒ぐ人は自ら生き辛く、生き辛いままにしようとしているのだと思います

主に怒ってる人は自分ゲイで、そのゲイであることがコンプレックスで、

それが笑いの対象になってるのが気に入らないのかなと思うんですが、

(ゲイじゃない、中立的な?正義的な?人もいるかと思いますが。)

人のコンプレックスが笑いになってるものなんて世の中にいくらでもあると思うんですよ。

デブであれハゲであれ出っ歯であれ運動音痴であれみんなそうだと思うんです。

からゲイが真に世間に馴染むにはこれらと同じ道を行くしかないと思うんです。

それ以外の道は望むべくもない特別扱いだと思うんです。そういう意味くそフェミニストと同じだなと。

そんなにあちこちに過剰に配慮する世界になったら、拒食症の人の事を考えたらグルメ番組なんてできないし、

貧乏な人の事を考えたら車とか旅行とかの番組もできないですし、有名大学なんて放送禁止になると思うんです。

で、今回ぎゃーぎゃー言ってる人も、普段の行動から人類相手に考えてるかというと、そうじゃないと思うんです。

じゃないと何か食べておいしいとも言えないですし、旅行行って楽しーとも言えないですし、

生きてるだけで幸せとかすら言えないんじゃないかと思うんですよ。極論ですけど。

から、怒ってもいいんですよ、怒るなとは言わないんですけど、怒れば怒るだけ、

ハゲとかデブとかチビを過剰に気にしてるみたいな、扱いにくい冗談通じない人にしかならないと思うんです。

で、それを面白がってからかう人も絶えないと思うんです。

気持ちはわかるけど相手にすんなよ無視しとけよって言いたいんです。

じゃあどうすればいいかっていうと、やっぱそれ自体を、

他愛ない、ありふれたもの、っていうところまで世間意識を持っていくべきだと思うんです。

うざい女定員とか、バイトリーダーとか、気持ち悪いオタクとか、すぐキレる教師とか、

そういうお笑い芸人ネタになるようなのと同列に保毛尾田保毛男を扱うべきだと思うんですよ。

ゲイだかLGBTにおける一種ステレオタイプとしての保毛尾田保毛男として扱うべきだと思うんです。

じゃないと、いつまで経っても世間的に異物で、普通の人から距離があって、物珍しい存在から脱却できないと思うんです。

「こんないかにもな奴いねーよwww」って笑えるくらいじゃないと、

ゲイであるという事が一個性であるというところまで永遠に辿り着けないのではないかと思うんです。

そりゃ人が嫌がることをする奴は怒られるべきだっていうのはわかります

でもそれは理想論というか、一般論というか、あくまでも「論」を出ないわけで。

現実的暮らしやす世界を作ろうとするなら、ぎゃーぎゃー騒いで謝罪させるみたいな対応は頭悪いなと思うんです。

今回はその機会を無駄にしたなとすら思うんです。

結婚できない女の特徴が分かった

当方30代の男性・既婚。

最近結婚できなくてほんとに焦ってる知り合いの女性たちを見て、共通項を発見したので共有させて下さい。

女A40歳…元々ぽっちゃり目ではあったが、それでも背が低くて可愛くて巨乳

数年前当時は、話の半分は海外ドラマ、もう半分は職場の同僚の悪口かうわさ話。せっかく可愛くて巨乳なのに、話を聞きたくないので、エッチはしても付き合う気はなくす。

ひどい職場だったのかも知れないが、人の悪口ばっかりだと、こちらはコミュニケーションしたくなくなる。相づちしか打てない。結果、好きになれない。

何年か会わない間に、デブと言っても差し支えないほどに太っていた。彼氏にふられて仕事に打ち込んだせいらしい。ただ、元彼とエッチはしてる。性欲は強い。

ジムに通った経験はあるが長続きせず、今は痩せる気は無い。

結婚をしたくてしたくて、近年ついにお見合い会社登録した。会社から紹介された男性と会った話も、9割は愚痴悪口自分のことは棚に上げている。どんな人と結婚したいかたずねると「ハワイ結婚式をしたい」と答える。

結論として、Aは自分でも男性になにを求めているのか分からないうえに、内面からモテようという努力をしていない。オススメするのは、食事でも飲み会でも、自分の喋ったことを録音ないしは録画すること。そしてできれば字起こしすること。自分が何を喋って、それが人にどんな感情を抱かせるかを実感して欲しい。


女B37才…ぽっちゃり目で巨乳。性欲強い。高学歴なのに職を転々。長く続かない。酒癖が悪く、飲むと人の話を聞かず延々としゃべる。周りがドン引きなのに気づかない。美容などに関心は高い。ジムに通った経験はあるが、「トレーナーと合わない」などの理由で通うのをやめる。今は痩せる気は無い。

喋りはうまく社交性はあり、友達も多いので合コン参加も多くて出会いも多い。しかし付き合うより前に性交してしまうことが多いので、付き合うのに至らなかったり浮気されたりするらしい。

結婚して子供も欲しいがなかなかい相手が見つからない。

結論として、まず、人が喋るのを最後まで聞くこと。聞いてからリアクションすること。自分の話を3割、相手の話を7割くらいの意識にすること。

2人(本当は他にもいるが、眠たいので2人にする)の共通項としては、ぽっちゃりなことと、コミュニケーションに何があるということ。

ぽっちゃりなのは、もしかしたら、自分に甘い、我慢ができないという性格生活習慣に具現化したのかも知れない。食べるの、飲むのを我慢できない、喋りたいのを我慢できない、セックスしたいのを我慢できない、などなど。

そしてコミュニケーション。Aについて。人の悪口は言ってもいいと思う。それでガス抜きになるのなら。ただ、程度の問題と、それを聞き続けている人の表情を読み取れないのが問題。読み取れれば、話題を変えるなりなんなりできるはず。読み取れているのに人の悪口を言い続けるのはもう救いようがない。

自分の話しばっかりで人の話を聞かないBも、それで人がどう思うか、というのが分からないのが問題。因みにBは自分が話を遮られると、即キレます自分他人を置き換えることができない問題とも言える。

こな2人には忠告はしたかったが、結局はできなかった。だってあなたもっと人の話を聞いた方がいいですよ」とか「あなたは人の悪口あんまり言わないほうがいいですよ」なんて言ったら機嫌を悪くするのは目に見えるから。言ったらセックスできなくなっちゃうし。同僚とか親しい同性の友人とかは注意してあげないんだろうか。

ちなみに今回は2人を紹介したが、皆さんの周りにも同じような人がたくさん居ると思う。

一時的にはこれで良くても、アラフォーになる頃に治ってないと、手遅れになる好例でした。

2017-10-16

anond:20171016224628

キモいって具体的にどこがキモいのか分かりかねるんだけども。

自分中学生のころまでは、根暗オタクで小デブ自分の外見やファッション無頓着で、ぶっちゃけキモかったと思う。

それで15歳のときに一念発起してダイエット筋トレを始めて痩せ型まで体重を落とした。

まれてはじめて美容院に行ったのもこのころ(吐きそうになるくらい緊張したw)。

化粧とファッション勉強も始めた。

とにかく大嫌いだったキモい根暗オタク自分から変わりたくて必死努力したな。

鼻が低いのがコンプレックスで整形もしたかったけど、周りから止められて思いとどまった。

整形までしないとキモさが抜けないってよっぽどだと思うけど(醜形恐怖症ではないんだよね?)、整形したら人生変わる人も世の中にはいるんだし、整形したければ止めないよ。

でも普通レベルキモさであれば、整形までしなくても是正できると思う。

金がないことに関しては、アルバイトするなり副業するなり、地に足をつけた収入アップの方法があるでしょ。

宝クジって基本的に当たらないから。そんな一攫千金を夢見るんじゃなくて、もっと地道に考えたほうがいいと思う。

まず等身大自分を見据えて、そこから努力大事だと思うなー。

anond:20171016201630

そいつらが殴り返さないか調子に乗ってるだけ

まれ持った気質でいじるのがダメ論法なら食いすぎのデブはともかくだいたいアウトだろうが

男性へのセクハラって嫌がってないの?

精神科入院中。

病棟内で、毎週「社会技能訓練」というものがあって、今日見学に行ってきた。

司会進行をしてる作業療法士の方(Aさん、男性)が、「僕に聞きたいことあります?」って言ったら、他の職員の方が「Aさんがいつから太り始めたのか知りたいです!」って言って、一同笑う場面があったんだが、これAさんが女性だったら絶対言われてないよなーと思った。

女性への年齢、容姿へのツッコミは割とタブー視されてると思うんだが、男性デブとかハゲとかは笑いになっている気がする。

男性の方、言われて本当は嫌な人いないのかな?

顔がダメなら、声で頑張ればいいじゃない。

デブスのアニメ声の男版が、イケボかー。

イケメンボイスも努力次第?

男の容姿はそんなに変わらないだろ、っと思ったけど、デブ場合ハゲ場合があるか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん