「無視」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無視とは

2021-11-30

anond:20211130151206

リスクの種類が違うことは存在無視していい理由にはならんぞ

anond:20211130150304

何の面でのリスクかが違う話を無理矢理ぶっこんでるからじゃねーの

意図的無視してるんだとしたらタチ悪いね

まさにお前が言うな案件。完全なる上級老害。福沢諭吉の大学の一派と同じ

組織代表職業人として世の中へ意見思想を発表・共有する、ビジネスで使うのであればバックグラウンドの開示は必要ですが

プライベート活動と称しながら聞いてもいない所属職業を積極公開してる人たちっていますよね?

まぁ貴方ことなんですけど茂木健一郎先生😥

 

一般的社会人組織不利益を与えぬため、TwitterのようなSNS私事の発信する際に

わざわざ所属組織職業の開示はしません。外資などでは明示的にHR禁止されている場合があります

 

茂木先生事件関係ないバックグラウンドを公開するのは何故?と思ってらっしゃるように

少なからぬ人たちが、大学教授や一部の国政関係者などの不必要バックグラウンドの開示に疑問を感じています

Twitter本来バックボーン無視した気分の共有をするツールです

わざわざ職業所属名乗らずとも気分やはつぶやけますよね?なぜわざわざ公開するのですか?それを見て何を思って欲しいのですか?

そしてそれをありがたがってフォローする人たち(おそらく先生の本読んじゃいない)に対しても疑問を感じています

 

ここまで書けばフツーは言わんとしていることは伝わると思いますが、

世の中には嫌味の通じない人たちがいるので一応最後まで書いておきます

 

事件などの被害者の方を報じるときに、いちいち職業を伝えるのもなぞの奇習。その方の人生と、その職業関係ないと思う。新聞に限らず、日本メディアは実質を考えずに思考停止形式主義が目立つ。どうせかわらないと諦めているから書くことも減ったが、鬼束ちひろさんの件で久しぶりに思い出した。

午前7:25 · 2021年11月29日·Twitter Web App

https://twitter.com/kenichiromogi/status/1465084445623414789?s=21

 

日本メディアは実質を考えずに思考停止形式主義が目立つ。どうせかわらないと諦めているから書くことも減ったが、鬼束ちひろさんの件で久しぶりに思い出した。

 

いいえ。"権威主義パーソナリティ"の誤りです。マスメディア限定した話ではなく、茂木健一郎先生自身・そのフォロワー含めて、です

 

事件などの被害者の方を報じるとき
鬼束ちひろさん

 

鬼束ちひろ氏は救急車を蹴飛ばした件に関しては被害者ではなく加害者です

  

 

▼関連増田:
- 茂木健一郎先生DaiGo氏と仲良しなばかりか古市憲寿氏とも仲良し。茂木先生脳科学に対する姿勢職業倫理はひかめえめに言ってもかなり疑わしい(anond:20210825091159)
- 福沢諭吉が1万円札で無くなって心底良かったと思う (anond:20210911095702)

察して野郎めんどい

多分何かの仕事をやってもらいたいんだろうけど

絶対自分からは頼まずに仕事存在必死で匂わせ

気付いた人に自主的に(←ここ重要)引き受けさせようという手口を取る奴が職場にいて

非常にウザすぎる

人の席の周りをぐるぐる回りながら「あーあの仕事どうしたら良いんかなーどうしたら良いんかなー」とチラッチラッする

無視してたり全く通じないと分かると別の人の席の周りを同じようにぐるぐるする

鬱陶しくなって「すみません、さっきから何が言いたいんですか?」と聞いたりすると

回りくどいマンの頭の中では何故か「断られた!」ということになってるらしく

「アッごめん嫌だよな……なんでもないから…」と引き下がるのだが

この傷付いた被害者のような素振りさらカンに触る

嫌だよな…って言われてもYESかNOか以前の問題なんだよ

「何が言いたいんですか?」の質問に答えろと

お前の用件を寄越せと

あとウロウロしてないでさっさと仕事しろ

コイツ自分の行動が人をイライラさせている自覚は無いようで

誰かが少しでもイラついたような物言いをするとびびってより一層ひどくなるので頭が痛い

会社潰れたのでそのへんの知らん猫100匹に声をかけた

anond:20211130084513

結果:

触れた:14人。

触れなかった:86人。

 

触れなかった理由

1位 用事がある:41人

2位 無理:17人

3位 無視:8人

 

食べ物

要求された:5人

要求されなかった:7人

実際に食べ物をあげた:2人

 

会話した

した:5人

しなかった:9人

 

連絡

取り合ってる:1人

取り合ってない:4人

 

爆サイに晒された

3回

 

飼い主と鉢合わせ

2回(事情説明したら許してもらえた)

 

結果:童貞

 

雑感:

最近野良猫が減った

・当たり前だけど首輪を付けてる猫は飼われている。

・意外と無視されない。

・意外と食べ物要求してくる。

・触れた率は後半になるほど上がった。

保護活動頑張る。

anond:20211130084513

無視したらぶん殴られるかもしれないのに簡単無視もできないだろ

会社クビになったのでそのへんの知らん女100人に「お茶しませんか」と声をかけた

ワイなりの無敵の人や。

 

結果:

お茶した:14人。

しなかった:86人。

 

しなかった理由

1位 用事がある:41人

2位 無理:17人

3位 無視:8人

 

割り勘:

持ちかけてきた:5人

持ちかけてこなかった:7人

実際に割り勘にした:2人

 

LINE交換した

した:5人

しなかった:9人

 

LINEで連絡

取り合ってる:1人

取り合ってない:4人

 

爆サイに晒された

3回

 

彼氏鉢合わせ

2回(事情説明したら許してもらえた)

 

結果:童貞

 

雑感:

・その日の1回目は毎回緊張するけど2回目以降は作業

・当たり前だけど誰かを待ってる風の女は用事がある。

・意外と無視されない。

・意外と割り勘にしようと言ってくる。

お茶した率は後半になるほど上がった。

再就職頑張る。

anond:20211129190033

他人が振られたり好きな奴に相手にされなかったり、痛い言動をしてネットで叩かれるのがメッチャ面白いから俺は好き。

誹謗中傷で病んで死んだ自殺者が出たら最高の気分になる。他人の不幸は蜜の味だしな。

恋愛リアリティーショーは最高のエンタメだよ。これからノイジーマイノリティの声なんか無視して番組を作り続けて欲しい。

ソースとかデータが無いとか根拠を言えとか言う奴は9割ケンカしたいだけのクソレス野郎から無視して良いよ

2021-11-29

anond:20211129205456

それは今現在ある程度の自力を抱えてるデレとの比較じゃ話にならないと思うが

シャニマス一年赤字スタートなんだし基本的には火の車でしょ

仮に今の規模が継続するなら普通に続くだろうけど

ここからどれだけ勢いを落とすかといったら今現在かなり危ういと思うぞ

そもそもリプ欄の荒れ具合はちょうど例の配信者が配信した直後に糞ほど人数が増えてるのは無視しちゃいけないし、誘導意識してるかどうかはわからないが)は成功したとみていいでしょ

しかシャニマスは横の繋がりがSNS以外に無いって事実からもめちゃくちゃ人口落とすことになるだろうよ

全てシャニマスが悪いと言うわけではないってのは本文でも述べたし、人口落とした後で残るのは5〜6年目の新規バイバイシナリオゲー

上がる要素あるか?って話

なぜ君らは与党になれないのか ~立憲民主党代表選に寄せて

立憲民主党代表選開票日を明日に控えているっての言うのに、これが全くと言っていい程盛り上がってない。

とは言え、野党第一党代表が誰になるのか?という結果は無視できないので、俺個人立憲民主党公式チャンネルを始め、動画で見れるものはおおよそ半分程度は観た。

その中で、単純に総理大臣を決める総裁選ではないからという言い逃れはあり得る一方で、単純に盛り上げようがないという理由も強く感じている。

立憲民主党代表選から垣間見える、立憲民主党問題とは何だろうか?

勝つ気がない(としか見えない)候補たち

大前提となる問題は、おそらく候補者のうちの複数名は勝つ気がない。あるいは勝てない事を前提とした口調、論調が目立つということ。

自民党総裁選候補序列に置き換えた場合、岸田=泉、河野小川高市逢坂野田西村 くらいの序列であると思う。

だが、立憲民主党候補のうちで、逢坂小川は勝つ気がないというよりも、勝ちたい(または勝ち目がある)と思ってないのでは?と感じる。

理由としてはシンプル

自分政策を強く主張できるタイミングで、西村アシストをしたり、自分には分からないと無知であることを告げたりするのだ。

立憲民主党党員の考えは分からんが、勝利を望まない様な言動をする議員を、熱烈なファンであったとしても政党代表に選べるとは思えない。

あの中に「俺が勝たなければ日本立憲民主党)は終わる」それくらいの言葉を言える議員は居ない。

この譲り合いの精神からは、「この代表選は、貧乏くじの押し付け合いなのだ」としか見えないから、見てるだけで何とも萎えてくる。

プロレスのような討論会

立憲民主党討論会は多くの場合議員から議員への質問に答える、という形式で行われる(自民党は、党員司会者から質問に答える形が多かった)。NNN番組で50分取り上げられた時ですら、その形式だった。

議員複数名が勝ちたくないという前提で出ているのだから、当然と言えば当然かもしれないが、この質問と言うのが予定調和なのだ

予定調和であるとはどういうことか?

質問の内容が、現在最も重要経済外交安保エネルギー政策コロナ対策といった質問ではない、なんとも答えやすイデオロギーに沿った質問に終始しているということ。

まだコロナが終息したわけでもないのに、テレビ局に取り上げられてアピールできるタイミングで、コロナ対策については議員から主張の機会を作らず、外国人実習生問題に焦点を当てるのは「温い」と言うしかない。

彼らの間では、これは外国人人権問題という、誰も反対しないし結論共通している幸せテーマについて質問したって、討論会をやる意味がない。予定調和的だ。

些末な問題とは言わないが、優先順位を考えれば、まず語るべきことがあるだろう?と言いたくなる議論をしているのでは、視聴者の関心と支持を得られないだろう。

更に問題なのは司会者コメンテーターの厳しい質問には真っ当な回答ができないことだ。

例えば、志位が毎日のように「共闘は間違いじゃない」「これしかない」「共闘公約」と援護射撃を続けるので代表選の焦点が共闘になっていく中で、

当然だが視聴者が強く関心を持っている「共産党との野党共闘は失敗だったと結論される事も多いが、やめるのか?」という問いが司会者からは出てくる。

それに対して、「失敗と言われるのは野党に対して厳しい(小選挙制度の事も理解してよ・・・)」と答えてしまうのが彼ら候補者だ。

候補の一本化は戦術的に重要である共産党との政策合意は破棄する、その上で戦術的に候補の一本化で相互の利害が一致するのであれば検討する」くらいの事が言えればいいのだけれど

共闘しないと戦えないことを理解して欲しい」という泣き言を言ってる様では、共産党との限定的な閣外協力とやらも、実質的には主従関係化するのでは?って不安は消えない。

他にも「原発再稼働するのか?」と言う司会からの問いに対して、「エネルギーの安定供給を考えれば、原発は予備電源として必要だが、でも再稼働とは言わない」という主張を苦し紛れにしている。

再生可能エネルギーで十分だなんてお花畑な事を言う西村候補のような人もいるんだろうが、現時点では再生可能エネルギー計算できるものではないし、原発火力発電の発電量は賄えない事は否定しようがない。

故に、「再生可能エネルギーの開発推進は行うが、現時点では十分な供給計算できるエネルギーではない、だが2050年カーボンニュートラルと言う目標重要だ、故に原発再稼働という選択肢は維持する」

と主張していた自民党の各候補の主張は妥当だし、立民も苦し紛れであっても否定しなかったのは立派だと思う。というか、立憲民主党委員会原発選択肢として必要結論していることが意外だった。

だが、従来の原発即時ゼロ強硬に求めて来た党の主張があるからだろう、小川などはかなり苦しそうに答えていた訳だ。

こんな風に彼らにとって聞かれると苦しくなってしま質問相互には行わず、温い質問をして和気あいあい対話しているから、予定調和であると感じるわけだ。

なぜ君らは与党になれないのか

選挙惨敗した後で変化を印象付けたいはずの代表選という絶好のアピールチャンスに、貧乏くじの押し付け合いを和やかに行っている事が、その象徴であると思う。

追求が大好きな立憲民主党ではあるけれど、厳しい問いを投げかけられれば「それは野党には厳しい」と言ってみたりする。

原発ゼロのような如何にも綺麗な主張をしながらも、実際に問題対処するに当たっては「原発廃止する事は出来ない」と言う事実を認めたりもする。

この代表選においても、街頭演説となると自民党への批判を威勢よく繰り返してきているのだが、彼らの強気言葉は、実際に責任を負う立場になれば原発ゼロの様に儚くも消えるものであることを随所に感じさせるのですよ。

なんというか、子供部屋おばさんの様な、甘えた大人集団なんだなって、そう感じられる事が与党になれない理由なのではないかと思う。

個人としては、立憲民主党ってのを改めてよく理解する機会になったので、代表選討論会を見て良かったとは思うが、敢えて時間を割いて見るようなものではないよ。

から、盛り上がらないのだろう。これはとても簡単な話だね。

あの中では一番マシな大人だし、おそらくは泉が勝つのだろうけど、彼も結局は大したことないなということが良く分かった2週間ではあった。まぁ立憲民主党はこれから地獄だね。

追記

ashigaru 俺はTBS Sessionの論戦で荻上氏がわざわざ参考にしている経済学者を訊いているのに小川氏以外はほとんど名前を挙げられていないのが気になった。数日後の玉木代表インタビューはすぐイエレンの高圧経済の話が出来た。

まさに、こういう能力不足の実例はキリがないくらいあるのは問題だ。玉木の株だけが近頃は上がり続けているように思う。

例えば、酷い質問ではあるのだが、ある女性党員が「女性議員比率が低い、女性議員を増やすために比例1位を女性にする考えはあるか?」と問うた時の逢坂の解答はこんな感じ

「私はかつて素晴らしい女性議員出会たか女性議員能力はしってるつもりだ。女性議員は増えて欲しいが、立候補を促してもしてくれない事が多い。比例1位は、これまで努力してきた男性議員はどうなるのかという問題もある。」

これでは、答えになってない。曖昧発言もこうして要約するとある程度理路整然とはしてしまうのだが、実際の逢坂発言は思い出話8割といったところで酷さがが際立つ印象が残るはずだ。同じ質問に対して泉の場合

「まず執行部の男女比率を半々にする。これは私が代表になれば実行する。能力のある女性活躍する事で議員になりたい女性を増やすことが大事だ。比例位については問題があると思う。」

これであれば、出来ないが、他のアプローチジェンダー問題対応したいという意思表示にはなっているだろう。

このまともな回答をした泉であっても他の問題では、逢坂の様な回答をしている。立憲の候補者が能力がないのか勝ちたくないか韜晦してるのか良く分からないが、表に見えてる姿は決して見栄えのいい物ではないし、有権者が呆れるだけだろうと思う。

anond:20211129130904

風俗嬢管理能力がない割にペット飼う。働いていると人間不信になるような仕事をしているからだろう。

あと貧しい高齢者管理能力がない割にペット飼う。人間無視されるようになるからだろう。

anond:20211129065007

おっちゃんは、車のこない横断歩道信号待ちしている歩行者の前を

堂々と赤信号無視して横断するのが好きや。

ワイが歩き始めると、まるで悪魔に唆されたように誘惑に負けた歩行者が歩き始めてしまう。

たとえ車が一台も来ない横断歩道でも、交通法規は守らないといけないという善の心が

いとも簡単に負けてしまう現状をみると、日本人民度はまだまだ低いのだなぁといつも思う。

女を無視して長生きしよう

俺たちはもう女とは縁はない。

それを認めることからはじめましょう。

そうすることによって次に向かうことができます

2次元の女はOK。できれば風俗も避けたい。オナホにこだわってみよう。とりあえず性欲はそれで適宜解消。

さて次です。

まず身近の女を視界にいれないように努力しましょう。どうしても見てしまますからね。そういうアプリプリインストールされてるから。ただそのアプリを起動すると昨今では性的消費ということになるらしいです。だから見ないようにしましょう。

職場など身近な生活圏に女がいないなら幸いではありますが、そこに女がいるなら極力見ないようにしましょう。

ただ問題が起こる。

女に限った話ではないがあからさまに人間無視する態度を示すと評判が悪くなる。

かつて利用したこともないし利用する予定もない温泉キャラ批判殺到して炎上してしまう世の中なのです。

から彼女らを視界に置きつつ彼女らを透過させ遠くにピントを合わせるようにしましょう。これが基本です。できるようになれるまで訓練しましょう。でもその訓練でバレては元も子もないので緊張してやりましょう。

1番難易度が高いのは女としゃべる機会が起こった場合です。

彼女らにサービスするの1番ダメです。10求められていることを「そのほうが親切だから」と13でも15でも披露しようとするのが1番よくない。

俺たちは女とは縁がないのです。

10からはみ出す分は漏れなく相手には負担だし、それは転じてマイナス評価へとつながります

そうです。彼女からは0点評価を目指すのです。彼女らにとっていてもいなくても関係ない。これを目指しましょう。

ここでどうしてもプラスを目指したくなるのが世の常ですが、それで俺たちはずっと失敗してきたことを忘れないでください。

マイナスを0にするのはできる。CANです。でも、0からプラスにするのはCAN NOTです。無理なのです。残念ですが受け入れましょう。

そこで女からの冷たい視線をあまり感じなくなってきたら挨拶にも目を向ける余裕を持ってみましょう。

おはようございます」「ありがとうございます」「お先に失礼します」

これは実は0点を保持するために必要です。

なぜなら、これらで意思表示しないと、「いつかおまえらを背後から刺す」という可能性を残し続けてますから

俺たちは気持ちいからこそ女に縁がないとしぶしぶ認めたわけです。

なぜあなた気持ちいかというとなにを考えてるかわからいからです。なぜなにを考えてるのかわからないのかというと意思表示してないからです。

からこその挨拶です。

「ウス(おはようございます)」「ウィッス(ありがとうございます)」「ウース(お先に失礼します)」で」からでもいいんです。「誰も刺しませんよ」と挨拶で伝えましょう。

もちろん、誰にも目線を合わせなくていいです。誰かに向かっていわなくてもいいんです。

そこからはじめましょう。

何度もいいますが欲をかいはいけません。0にしましょう。俺たちは人生の分たくさんの負債を抱えて生きているんです。

それを0にして余生を穏やかに過ごしましょう。それを目標しましょう。みんなが望んでますし。

仮に女性仕事以外のことを話しかけてきてもそれは動物園で「これ食べるかな?」と鉄格子の向こうの猛獣ペットボトルキャップを食べさせてみるのと同じです。好奇心からくる実験です。そこで喜んだり怒ったりすると隔離されて殺処分されます。なんの比喩表現でもありません。本当に死にます

から、ほかに生きがいを見つけましょうよ。女を無視して長生しましょうよ。なるべくならネットでも同じにしてたほうがいいですよ。

anond:20211129090550

エボラは恐れる意味があって、現在進行形医療に過度な負担を全世界的にかけているコロナ無視できる論理的理由って何?

anond:20211129044314

軽く調べたが前例はないらしい。

前例はないが自分最初の一例にならない保障もない。

から女が倒れても無視が一番なことには変わらない。

夫の連れ子に「お母さん」って呼ばせる展開が嫌い

和風の話でも全くの創作物でもどっちでも嫌い

子供の本当の母が死別してる展開の場合もっと嫌い

夫がお母さんと呼ぶことを促すのは本当に最悪

まだ育ててもない段階で、母を失ったばかりの子供に「お母さん」と呼ぶことを求めるの、強要でなくても提案するだけで人間所業とは思えない

「新しいお母さんだよ」という言葉も嫌い

前妻が悪人場合でもそうやって呼ばせるのゾワゾワする

ハートフルでしょ?ってゴリ押してくる展開は本当に嫌

子供視点を完全に無視したご都合展開にしか見えない

これが義理の父だと、呼び方訂正したりハートフルゴリ押しはそこまで多くないように思える

最近読んだ(非)BLと、BL雑記

 少ないお小遣いで何買って読もうかなってしばらく考えた。来月の二日に『その花の名を知らず』(長野まゆみ)が発売されるというので、もう何も買わずに来月末まで待って、またお給料が出たら我慢して貯めた千円に新たなお小遣いの千円をプラスして買おうかなと思ったけど、やっぱり後回しにすることにした。なお、『その花の名を知らず』は『左近の桜』シリーズの第四弾である。二年くらい連載されていたらしいので、1冊で二巻ぶんあるはず。

 ついでだから最近読んだ訳ではないが『左近の桜』を紹介しておこう。

左近の桜』(長野まゆみ

あらすじ

 左近桜蔵(さこん さくら)は、武蔵野とある旅館女将の息子である。彼の家の生業は、実は男性専用の連れ込み宿だ。

 ある日の夕方、桜蔵は番頭の代わりに客を迎えに出て、間違えてこの世ならざる者を拾って来てしまった。その一件以来、桜蔵はしばしば謎の引寄せ体質により、亡霊を拾って来るようになる。そんな桜蔵のことを父の柾(まさき)はそれはお前が「女」だからだと言うのだが……。


ざっくりと解説

 舞台現代東京ながら、江戸情緒の僅かに残る世界観主人公の桜蔵が己の変わった体質により事件に巻き込まれ、毎度「アッー!」なことになる、短編連作集。また、桜蔵の出生の秘密を解くミステリー要素ありいの、桜蔵と父柾とのBL要素ありいの、読み応えがあるシリーズ作品だ。


増田感想

 個人的に気になるのは柾×桜蔵あるいは柾←桜蔵のほんのりBLがこれからどうなっていくかだなぁ。柾に対する桜蔵の思いはうっすら恋情もありつつ父への慕情とか憧れ。作中時間が経つごとに着々と老いていく柾と成長していく桜蔵。いずれ桜蔵が父を超えていく父子相剋物語になるのか、それとも桜蔵が成熟した「女」となって柾に抱かれるかなんかするのかっていう。

 柾と桜蔵の本当の父親がどういう関係だったのか、過去の話もいつか明かされるのか、たのしみ。

 



さて、結局『その花の名を知らず』を買うのを見送って買ったBL……というか、非BLはこれ↓


『日々、君』(小池定路

あらすじ

 脚本家の蓮野は仕事が忙しくなり、ただでさえ苦手な家事が回らなくなってしまった。そこで、前からちょっと気になっていた後輩の日暮を呼び出し、家事手伝いのバイトを頼むことにした。

 苦もなく家事をこなし、頼めば一緒にご飯も食べてくれる日暮に対し、蓮野は感謝以上のなんとも形容しがたい思いをつのらせていき、やがて日々を日暮のことばかり考えてしまうようになる。

増田感想

 前におすすめされてpixivで読めるぶんだけ読んだんだけど、一巻まとめて読んで、すごいなと思った。

 何がすごいって、四コマ形式コマ割で描かれていること。一ページ8コマの配分なんだけれども、ちゃん四コマごとに軽くオチのようなものがついているというか、そこで一区切りがついているということ。四コマをはみ出して半端なコマ数で一旦途切れるということがない。そして、8コマぶんで一回り大きな一区切りだし、数ページで「1話」として綺麗に完結している。そして1冊の漫画として綺麗に終わっている。(全2巻らしいんだけどね。)

 す、すごい……作者は四コマを描くために生まれた、四コマの神なのか? BLとしてどうこうという以前に漫画が上手すぎてこわい。絵も可愛いしなぁ……あぁ、すごい……。

BLなのに「非BL」とは。

 作者自ら本作を「BL」と明言しており、編集部BLとして売り出したようなのだが、本作は某BLレビューサイトには「非BL作品に分類されている。何故なのかというと、単にBLレーベル作品ではないからだと思う。だが、レビューを見てみると、本作が「非BL」に分類される理由レーベル問題以外にもあると思う読者もいるのがわかる。

男×男=BL ではない。

 実は商業BLにはけっこう厳しめのルールがあって、それを満たさなものBLとは見なさないようなのだ。私の知っている限りでは、以下のルールがあるっぽい。

 そんな感じなので、セックスどころかキスハグもしない『日々、君』はBLではないと言われてしまう訳だ。けれども、恋愛になりそうでならない感じでもだもだしつつ、着実に互いの距離感を縮めていく描写は、恋愛ものの基本かつ根幹って感じがするよなぁ。

 なお、上記で紹介した『左近の桜』もレーベル問題で非BLなんだけど、亡霊達×桜蔵という、桜蔵総受けBL状態でありながら本命のカプと見なされる柾×桜蔵はずっとノータッチ状態なのがまた非BLとされる一要素かもしれない。

 はぁ……、商業BL(とそのファン)って面倒臭いな。以下、BL雑記

BLというジャンル確立されたせいで行き場を無くす表現もある。

 商業BLにはルールがあるが、個人で書いているぶんにはそこまで厳格にこれはBLだがあれはBLではないとかやらなくていいはずだ。

 ところが、Web投稿サイト投稿するとなれば話が微妙になってくる。中にはBLガチ勢字書きや商業で食っていきたいセミプロBL書きとかも混ざっている。読み手にしても、漠然BLっていうのは男同士でヤってればいいんでしょと思ってるだけの人から商業BL同等の物を読みたい人もいる。

 私個人感覚では、BLを書いて投稿サイト投稿し、多くの人に読まれたいと思ったら、商業BLルールに則った物を書くのが無難なのかなって感じる。人類の半分が女だからって登場人物の半数が女だったりとか、攻めが浮気しまくりとか、カプ離別バッドエンドとかは書かない方がいいんじゃないかと……。ただ無視されるだけならまだしも、「それはBLではないです」って苦情が来たらつらいし。

 じゃあ、そんなBLルールは窮屈だからってBLタグを外して「ヒューマンドラマ」だの「サスペンス」「学園ドラマetcタグだけ着けて投稿すれば、後から親切な読者に「BLタグを追加されるとか、「腐媚びキメェ」と苦情が来るかもしれない……。なまじっか面白い物を書いてしまった場合BLと明記しなければ人はそれを一般向けとして読む……ばかりか、何となく男性向け」に近いものと読んでしまい、後から「なんだよ女向けじゃねえかよ」とか「もっと男が喜ぶようなこと書けよ」って苦情も来るかもしれない。

 ……とかいう話を、最近とあるBL字書きコミュニティで話し合ったのだった。BLというジャンルがあるせいで、BLではない男×男の作品って行き場がなくない? と。

 で、どうする? って話で。対話相手は、そんなら仕方ないか腐女子から顰蹙買ってもいいかBLと言い張って書くよ、とのこと。一般向けと見られて、もっと人気を出すために男向けの表現……たとえば従順可愛い巨乳の女を書くくらいなら、生意気で男の言うことをきかない女の登場する「BL」を書きたい、と。なるほど。

 プロ世界なら、純文学とかエンタメ系という性別どっち向けとかないジャンルで書いていけるけど、Web素人小説書きはどっち着かずではやっていけないんだよね……という話。

 それとは別に、私が思うBL不自由で厄介だと思う点は、BLは男同士の関係恋愛帰結するということ。虐待も執念も「愛ゆえ」ということになってしまうので、へたに男→男の性犯罪から復讐譚みたいなものを書いてしまって、それをBLとしてWeb投稿しちゃったりすると、暴力描写が「癖」とみなされ一部の読者がたいそう喜ぶ……かもしれない。というのは、よろしくないよなぁと思う。たとえば殺意殺意なのだが、BLマジックがかかると恋情や愛情になってしまう。という歪さかげんにむずむずする時がある。

 だからってBLなんて無くなれと思ってる訳ではないのだが。

2021-11-28

春画引退した春画師・ナミンの前に稀代の男色家・スンホが現れた。

BLレビュー増田、どこ行った。

そろそろレビューする頃かと探したが見つからない。

表題BL漫画は読んだのか。

いや、BL増田のことだからもう読んだものだと思う。

 

 

夜画帳。

1990年代エロゲ彷彿とさせるセックスバイオレンスの濃厚なBLだ。

悲惨エログロで救いがあんまりない。

世界BL大人気だそうだ。

 

 

 

いつもコミカルレビューを書いてるBL増田はこれを読んでどう思っただろうか。

BL増田レビューが読みたい。

過去に書いたことがあるなら教えてくれ。

見つけられない。

まだ書いてないのなら一話だけでもいいので読んでみてレビュー書いてみてくれないか

読みたくない書きたくないなら無視よろ

スキップローファー読んで死にそう

Kindleで一巻無料だったら読んでみたんだけど、なんかもうこんな高校生活したかったっていうコンプ刺されまくりしんどい。つらい。

先に書いておくけど漫画内容自体はすごくいい。

自分高校入学時、カースト底辺のブスで、あんなふうに陽キャ隠キャまざって映画見たりカフェ行ったりカラオケ行ったりとかなかった。平日も土日も、同級生遊んだ記憶ほとんどない。部活動入ったあとかろうじて友人ができてなんとかなったけど、最初クラス内での人間関係構築は全然うまくできなくて、クラス替えまでの一年間非常にしんどかった。

漫画、生々しすぎてしんどいクラストップの美男美女はわりと分け隔てないんだよね、ブスや隠キャにも。そのすぐ下あたりの、顔は普通だけどおしゃれで気が強い子たち、あの層はあからさまに馬鹿にしたり無視してきたり。

漫画漫画から、隠キャ女子クラス一の美女友達になったり、芋女子がクラス一のイケメンに好かれたりするけどさ、現実はそうはならないじゃん。なんかあっったりまえのことなのに、久しぶりに漫画読んだのもあって妙にダメージを受けてしまった。

大人になった今の生活いくらよくなっても、思春期の頃のコンプレックスが忘れられない。

何度も書くが漫画めっちゃよかったです。続きも買うと思う。おすすめ

中3刺殺の件、かなり報道を慎重にしてるね。でも被害生徒はそんなドラマみたいな「大人の前でだけ良い子の皮を被った極悪人」なんてことはなくて、きっと加害生徒が「少しバカにされてる・少し蔑ろにされてる」と感じたそんなすれ違いが何年も積りに積もってこうなっちゃったのかな…と勝手に思ってる

「アイツには頼みやすいから」「あの人は文句言わないだろうし」「あの子の分は要らないんじゃない?」

こういう無意識のうちに「ナメてる人」、自分にもいない?

加害生徒を過剰に擁護してる人、なんなら応援してる人、いつか自分が刺殺される側になっても文句言わないでね

自分いじめられていたから加害生徒の気持ちが分かる」「殺されて当然」という人、今回の加害生徒は貴方じゃないし被害生徒は貴方いじめていた人じゃないですよ。自分過去投影して、自分がやれなかったことを代わりにやってくれたと思うのは危険だと思います

これは超個人的見解だけど、ほとんどの人が(積極性の有無や程度の差こそあれど)「いじめる・いじめられる」の両方を経験してると思ってる。無視する/された、悪口言った/言われた。そんなに皆が皆風早くんのような聖人なわけないと思うんだけど、なんで自分清廉潔白だと信じて疑ってないの…?

ネタかもしれませんが、一部の「よくやった!もっとやれ!」というような過剰な加害生徒の擁護、また「いじめたなら殺されて当然」という自分が殺される可能性(誰かを不快にした経験)を1ミリも疑っていないようなツイートを見た後だったので、それを念頭に置いた上での 投稿でした

死にたい

少々過干渉かもしれないが毒親とは言えないあたたかい親の元に産まれ

やや身勝手性格ではあるが風俗に行くでもギャンブルをするでも暴力をふるうわけでもない夫に養ってもらい

働く勇気もないまま家で最小限の家事をして生き

遊びに行くこともないが話しかけたら返事をしてくれる友達がいて

特別お金に困ってるわけでもなく

先は見えないが怠惰にしているだけで1日が平和に過ぎる環境

そんなに悲惨でも波乱万丈でもない人生


どうしてこんなにも死にたいのか

どうしてこんなにも孤独を感じるのか


死にたいと言える場所もなく

Google検索窓に入れる事しか出来ず

ヒットした記事共感できず

こんな所に書いたって

じゃあ死んだらいいじゃんって

思われるだけなのも分かってるのに


------------------------------

11/29追記


初めての書き込みマナー仕様も分かってなくて申し訳ないが追記という形で続きを書く

ほとんど精神状態メモ

こんな読みにくい文章を誰かが読んでくれて考えてコメントをくれる事に少し感動した

しかしたらネットの海で無視される事に慣れていたかもしれない


1日経って少しだけ気持ちが落ち着いた

食欲もないし気力もないし何も解決したわけではないが

昨日は冷たい空気の中で何十メートル下のアスファルトをただ見つめていたから良くなったとは言えるだろう

時間の経過で心が麻痺している

私は死ぬ必要について考えるのを中断した

ここで心の声を漏らした後ネット精神科のレビューをあさっていた

何となく気は紛れた

以前にも探した事はあるのだが両極端なレビューや予約の難しさを前に行動する事も出来ずに挫けていた

今もそうなる一途を辿ってはいるが…

『大崩落の前に──精神科を受診しようとした私に立ちはだかった4つの壁』という記事でだいたい私がぶつかっている壁の話をしていた

電話が苦手なのだ

ついでに言うと自分の話をするのも苦手だ

ここに書くことで少しは整理できたらいいのだが…

いつか予約の電話をかける勇気を持てたらいいなと思った

とにかく元気がないのだ


今のWeb開発に対する思うところ

これからCDNのエッジで何でもやるぞ!という流れになりつつある。

そうなればレスポンスが上がりユーザー体験が良くなる。結構なことだと思う。

 

でもさ、今まで散々レスポンス無視する方向に進化してきたじゃん。

大量の依存関係で生成されるJavascriptは巨大に膨れ上がり、メインコンテンツを遅延読み込みさせてユーザー待たせたり。

いや分かるよ。生産性を上げるには仕方なかったんだよね。今はその反省から多少改善されてるのも分かるよ。

画面を埋め尽くす広告も、トラッキング用のスクリプトも、続きを読むボタンビジネス上仕方ないよね。分かるよ。

 

でもそれでいきなりEdge Computingと言い出すってのは、何かモヤッとする。

いじめっ子社会活動を始めてキラキラしたこと言ってるような感じというか、

大量消費社会の申し子がいきなりSDGsとか言い出す感じというか。

 

いや内申書(Core Web Vitals)目当てでしょ?先生分かるよ。

本心ではユーザー体験のことどうでも良いと思ってるよね。

受験就活がなければそういうこと絶対してなかったよね。

そういう子だよね。君は。

anond:20211128132130

最後まで読めば分かるけど保身なんだよこれ。

キモオタ美人という組み合わせから

キモオタは「対処を間違えたら加害者にされる」「そうなったら一切の弁解は無視される」と予感し、

そしてその予感は事実だったことが職場のオバチャン社員証言から判明する。

これは「隣に美人が座ったドキドエピソード」ではなく、

「突然隣に不発弾を置かれたハラハラエピソード」だ。

元増田は正しい爆弾処理ができたので

無事でいられてめでたしめでたしという、そういう話なんだよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん