「民主的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 民主的とは

2020-05-24

anond:20200524222442

殺したら安倍有意立場から安倍扱き下ろすボロい立場を失ってしまうからだよ

今の席の居心地が彼らにとって最高なんだ

何もしなくても相手を事あるごとに叩き支持を得るだけでボロ儲けなんだから

仮にアベを殺した奴がいたらそいつを称賛・英雄化するどころか罵倒するだろうね

民主的でない」「こんな改閣は求めていない」って

anond:20200524191120

お前は個人的な美意識社会全体に押しつけて何とも思わないファシスト

民主的国家の敵。

よってお前のいうことは社会的に無視されるべき。

はい、次。

2020-05-23

絶対王制批判

安倍「私は、民主的選挙を経て選ばれた国会議員の多数に選出され、ここに(首相として)立っている」

 

まぁ王制かどうかはともかく、ヒトラー民主的選挙で選ばれていたような。。。

 

ブラジル方式が本当に間違っているといえるのか。

政府に指示されないと、自粛ができないとかマスクが着けられないとか、

そっちのほうがどうかしてると思うんだよね。

政府仕事っていうのは、現在感染拡大状況を隠すことなく発表することであって、

その情報をもとにどう行動するかは国民自身に決める権利がある。

リスクを取ってでも遊びたい人は遊ぶ自由があるべきだし、経済活動したい人、せざるを得ない人は自由にやっていい。

家にこもりたい人も好きなだけこもっていればいい。

それこそが国民主権であり、民主的自由な国と言えるんじゃないか

2020-05-22

anond:20200522150007

黒川辞任前後与党の変わり身は微笑ましいよね

黒川辞任前「政府は、検事総長の任命にさらなる権限必要! 民主的統制を強めろ! ワーワー」

 ↓

黒川辞任後「政府は、検事総長の任命とは関係ない! 責任をとる必要はない! ワーワー」

無邪気な幼稚園児みたいで見てて楽しいよ。

2020-05-21

anond:20200521113551

検察民主的統制が〜って言ってたのに

任命責任は無いとか言い出してる人いて草

2020-05-18

検察庁法改正見送りになったそうだ

今後はもう政策議論は全部twitter上ですれば良いね

盛り上がった方が勝ち。

民主的

2020-05-13

ハンガリーなど名指し、「もはや民主主義国でない」 人権報告書

 特にハンガリーではオルバン・ビクトル首相の強権的な「体制」により、民主主義国としての地位が「急激に」失われたと指摘。「現在ハンガリーはもはや、民主主義国とはみなせない」「民主主義純粋独裁政治の間の『グレーゾーン』に位置する(中略)ハイブリッド体制だ」と評した。

 報告書はオルバン政権について、「民主的制度尊重するふりを一切放棄した」とも述べている。

へー、どんなことやっとるんやろ。

と思ってググってみたら、

オルバーン・ヴィクトル - Wikipedia

2003年にフィデス党首に復帰したが、2006年総選挙でも社会党に敗れた。しかし、その後の経済危機左派連立政権崩壊するなど混乱があり、2010年4月総選挙でフィデスは議会3分の2の議席数を確保する地滑り勝利を収めた。同年5月29日に、8年ぶりに首相就任した。

2014年4月6日の国民議会選挙において、フィデスは圧勝し、オルバーン首相に再選された。2018年4月8日の国民議会選挙英語版)でも圧勝して3選した。

公共事業の多くがオルバーンに近い企業発注され、金額の一部がフィデスへの裏金になっていると報道されている。欧州不正対策局(OLAF)が不正を指摘したケースもあるが、検事総長政府に任命されるハンガリー検察捜査ほとんど行っていない。

これは大草原。

名前入れ替えても気付かんやろ。

2020-05-12

anond:20200512112611

手厳しい意見だ。どうだろうか、たとえば侵略されつつあるビルマインドネシア国民が、イギリス人オランダ人国籍を与えるのはよそう、なんて議論できただろうか。したかも知れないが、無意味だったろう。

重要な点は版図を広げることでなく、外国侵略を防ぐことだ。民主的方法は良い。平和的な方法も良い。有効かどうかは、歴史証明している。

前線をどこに設定するかという視点で見れば、日本以外を希望したい。具体的には朝鮮半島台湾がありがたいのであって、一足跳びに日本が陥落することは好ましくない。

私の意見は、端的には、北朝鮮に侵攻することで韓国を元気づけようというものだ。韓国前線がある限りは、私自身はピンフだ。

ヨーロッパ連合は、他国人に一部人権相互に認める試みだった。あれをモデルにするのがいいと思うが、中国主導の一帯一路とは相容れないなぁ。

anond:20200512021208

同感で、政治主導を掲げる限り変わらないと思う

つけくわえていえば、

選挙で選ばれた与党による内閣が、官僚に対して優位である現状は民主的ともいえる

2020-05-10

検察庁法改正されても別に構わない

まず検察庁司法機関ではなく行政機関から三権分立問題ではない。起訴権を独占しているか政府から独立しているべき、というが、そもそも法相指揮権がある以上独立できないのだから、定年延長が大して影響するとも思えない。

しろ検察政府から独立して誰から監督もなく起訴権を振りかざす事態の方が危険であり、選挙を経た国会から選出された内閣によって監督された方が、国民主権観点から見ると安全と思える。

検察政府の顔色を伺って政府要人犯罪が見過ごされる」というが、逆に検察が薄弱な容疑で与党要人とその側近を捜査して追い落としたのが陸山会事件であり、検察民主的政権交代を阻害した実例。こんなことを許容するくらいなら、政権交代のたびに検察官が入れ替わる方がよっぽどいい。

検察庁法改正に反対してる人たちは、政府から独立していれば公正中立判断ができると思ってるんだろうか。民意無関係検察組織独自倫理観判断される危険性が高くなるだけだと思うんだが。

2020-05-06

「もし有名な映画評論家が、匿名サブ垢で政治的発言をしたら」

に対するこのツッコミがキレッキレで好き。

tetora2 町山氏に限らず左右両陣営に居るが、専門家として集めた名声でド素人分野に発信するのやめて欲しいね。本アカじゃなくて匿名サブ垢でやったら現実がわかるよ。

そういう小説を、岩崎夏海さんが書いてほしい。自分映画評論以外でもちやほやされてると勘違いした人が、サブ垢で政治的発言をしてみた時の物語を。

「もしBBCに取り上げられて飛ぶ鳥落とす勢いだった日本人フェミニストが、twitter捏造したクソリプ本を出版したら」でもいいよ

2020-04-25

anond:20200424194511

民主主義の国に生まれて育って、現政権にも最低限の民主的政治を求めたら擁護から怒られて、挙句クーデター強要されるのか。

末期の国がどうなるか教科書も教えてくれなかったな。

2020-04-24

日本人=毎回ノーガード戦法で自滅する民族?🤔

コロナ後の世界 - 内田樹研究室 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html

 

■「独裁か、民主主義か」という歴史的分岐点

コロナ以前」と「コロナ以後」では世界政治体制経済体制は別のものになるでしょう。

 

最も危惧しているのは、新型コロナウイルス民主主義を殺すかもしれない」ということです。

こういう危機に際しては民主国家よりも独裁国家の方が適切に対処できるのではないか・・・と人々が思い始めるリスクがある。

 

今回は中国都市閉鎖や「一夜城」的な病院建設医療資源の集中という、民主国家ではまず実施できない政策を強権的に下して、結果的感染抑制成功しました。

中国他国支援に乗り出した。どの国も喉から手が出るほど欲しがっているもの国内で潤沢に生産できる。このアドバンテージを利用して、習近平医療支援する側に回った。

 

今後、コロナ禍が終息して、危機を総括する段階になったところで、「米中の明暗を分けたのは政治システムの違いではないか」という議論が出て来るはずです。

少なくとも現時点では、アメリカンデモクラシーよりも、中国独裁制の方が成功しているように見える。

欧州日本でも、コロナに懲りて、「民主制制限すべきだ」と言い出す人が必ず出てきます

 

中国はすでに顔認証システムなど網羅的な国民監視システムを開発して、これをアフリカシンガポール中南米独裁国家に輸出しています

そういう抑圧的な統治機構に親近感を感じる人は自民党にもいますから、彼らは遠からず「中国に学べ」と言い始めるでしょう。

 

 

■なぜ安倍政権には危機管理能力がなかったのか

東アジアでは、ほぼ同時に、中国台湾韓国日本の4か国がコロナ問題に取り組みました。

中国はほぼ感染を抑え込みました。

台湾韓国は初動の動きが鮮やかで、すでにピークアウトしました。

その中で、日本けが感染が広まる前の段階で中国韓国ヨーロッパ情報が入っているというアドバンテージがありながら、検査体制治療体制も整備しないで、無為のうちに二カ月を空費した。

準備の時間的余裕がありながら、それをまったく活用しないまま感染拡大を迎えてしまった。

 

―― なぜ日本は失敗したのですか。

 

内田 為政者無能だったということに尽きます

これだけ危機的状況にあるなかで、安倍首相官僚の書いた作文を読み上げることしかできない。

ドイツメルケル首相イギリスボリス・ジョンソン首相ニューヨークアンドリュー・クオモ州知事まこと説得力のあるメッセージを発信しました。

それには比すべくもない。

 

一つには、東京オリンピックを予定通り開催したいという願望に取り憑かれていたからです。

そのために「日本では感染は広がっていない。防疫体制完璧で、すべてはアンダーコントロールだ」と言い続ける必要があった。

から検査もしなかったし、感染拡大に備えた医療資源の確保も病床の増設もしなかった。

最悪の事態に備えてしまうと最悪の事態を招待するかも知れないから、何もしないことによって最悪の事態の到来を防ごうとしたのです。

これは日本人に固有な民族誌的奇習です。

気持ちはわからないでもありませんが、そういう呪術的な思考をする人間近代国家危機管理に当るべきではない。

 

「準備したが使用しなかった資源」のことを経済学ではスラック(余裕、遊び)」と呼びます

スラックのあるシステム危機耐性が強い。スラックのないシステムは弱い。

 

東京五輪については「予定通りに開催される準備」と「五輪が中止されるほどのパンデミックに備えた防疫対策の準備」の二つを同時並行的に行うというのが常識的リスクヘッジです。

五輪準備と防疫体制のいずれかが「スラック」になる。でも、どちらに転んでも対応できた。

しかし、安倍政権は「五輪開催」の一点張りに賭けた。それを誰も止めなかった。

それは今の日本政治家や官僚の中にリスクヘッジというアイディア理解している人間ほとんどいないということです。

久しく費用対効果だとか「ジャストインタイム」だとか「在庫ゼロ」だとかいうことばかり言ってきたせいで、「危機に備えるためには、スラックが要る」ということの意味がもう理解できなくなった。

感染症の場合、専門的な医療器具や病床は、パンデミックが起きないときにはほとんど使い道がありません。

から、「医療資源効率的活用」とか「病床稼働率の向上」とかいうことを医療の最優先課題だと思っている政治家や役人感染症用の医療準備を無駄だと思って、カットします。

そして、何年かに一度パンデミックが起きて、ばたばた人が死ぬのを見て、「どうして備えがないんだ?」とびっくりする。

 

 

コロナ危機中産階級が没落する

―― 日本が失敗したからこそ、独裁化の流れが生まれてくる。どういうことですか。

 

われわれに出来るのは、これからその失敗をどう総括し、どこを補正するかということです。

本来なら「愚かな為政者を選んだせいで失敗した。これからもっと賢い為政者を選びましょう」という簡単な話です。でも、そうはゆかない。

 

コロナ終息後、自民党は「憲法のせいで必要施策が実行できなかった」と総括すると思います。必ずそうします。

コロナ対応に失敗したのは、国民基本的人権配慮し過ぎたせいだ」と言って、自分たちの失敗の責任憲法瑕疵転嫁しようとする。

右派論壇からは、改憲して非常事態条項を新設せよとか、教育制度を変えて滅私奉公愛国精神を涵養せよとか言い出す連中が湧いて出て来るでしょう。

 

コロナ後には「すべて憲法のせい」「民主制は非効率だ」という言説が必ず湧き出てきます

これとどう立ち向かうか、それがコロナ後の最優先課題だと思います

心あるメディアは今こそ民主主義を守り、言論の自由を守るための論陣を張るべきだと思います

 

―― 安倍政権コロナ対策だけでなく、国民生活を守る経済政策にも失敗しています

 

内田 コロナ禍がもたらした最大の社会的影響中間層の没落」が決定づけられたということでしょう。

民主主義の土台になるのは「分厚い中産階級です。

しかし、新自由主義的な経済政策によって、世界的に階級二極化が進み、中産階級がどんどん痩せ細って、貧困化している。

 

ささやかながら自立した資本家であった市民たちが、労働以外に売るものを持たない無産階級に没落する。

このままゆくと、日本社会は「一握りの富裕層」と「圧倒的多数貧困層」に二極化する。

それは亡国のシナリオです。

 

―― 中産階級が没落して民主主義形骸化してしまったら、日本政治はどういうものになるのですか。

 

内田 階層二極化が進行すれば、さら後進国すると思います

ネポティズム縁故主義がはびこり、わずかな国富を少数の支配階層排他的に独占するという、これまで開発独裁国や、後進国しか見られなかったような政体になるだろうと思います

森友問題加計問題桜を見る会などの露骨ネポティズム事例を見ると、これは安倍政権本質だと思います

独裁者とその一族権力国富を独占し、そのおこぼれに与ろうとする人々がそのまわりに群がる。

そういう近代以前への退行が日本ではすでに始まっている。

 

 

民主主義遂行する「大人」であれ!

―― 今後、日本でも強権的な国家への誘惑が強まるかもしれませんが、それは亡国への道だという事実を肝に銘じなければならない。

 

内田 確かに短期的なスパンで見れば、中国のような独裁国家のほうが効率的運営されているように見えます民主主義合意形成時間がかかるし、作業効率が悪い。

でも、長期的には民主的国家のほうがよいものなんです。

 

それは、民主主義は、市民の相当数が「成熟した市民」、つまり大人」でなければ機能しないシステムからです。

少なくとも市民の7%くらいが「大人」でないと、民主主義システムは回らない。一定数の「大人」がいないと動かないという民主主義脆弱性が裏から見ると民主主義遂行的な強みなんです。

 

民主主義市民たちに成熟を促します。王政貴族政はそうではありません。少数の為政者が賢ければ、残りの国民はどれほど愚鈍でも未熟でも構わない。

国民が全員「子ども」でも、独裁者ひとりが賢者であれば、国は適切に統治できる。むしろ独裁制では集団成員が「子どもである方がうまく機能する。

から独裁制は成員たちの市民成熟求めない。「何も考えないでいい」と甘やかす。

その結果、自分もの考える力のない、使い物にならない国民ばかりになって、国力が衰微、国運が尽きる。

その点、民主主義国民に対して「注文が多い」システムなんです。でも、そのおかげで復元力の強い、創造的な政体ができる。

 

民主主義が生き延びるために、やることは簡単と言えば簡単なんです。システムとしてはもう出来上がっているんですから

後は「大人」の頭数を増やすことだけです。やることはそれだけです。

 

―― カミュは有名な小説ペスト』のなかで、最終的に「ペスト他人に移さな紳士」の存在希望見出しています。ここに、いま私たちが何をなすべきかのヒントがあると思います

 

内田 『ペスト』では、猛威を振るうペストに対して、市民たち有志が保健隊組織します。

これはナチズム抵抗したレジスタンス比喩とされています

いま私たち新型コロナウイルスという「ペスト」に対抗しながら、同時に独裁化という「ペスト」にも対抗しなければならない。

その意味で、『ペスト』は現在日本危機的状況を寓話的に描いたものとして読むこともできます

  

ペスト』の中で最も印象的な登場人物の一人は、下級役人グランです。それがカミュにとっての理想的市民としての「紳士」だったんだろうと思います

紳士」にヒロイズムは要りません。過剰に意気込んだり、使命感に緊張したりすると、気長に戦い続けることができませんから日常生活を穏やかに過ごしながらでなければ、持続した戦いを続けることはできない。

コロナ以後」の日本民主主義を守るためには、私たち一人ひとりが「大人」に、でき得るならば「紳士」にならなけらばならない。私はそう思います

2020-04-13

anond:20200413084222

決断の遅い民主的政府失策欧米以上の大惨事になってくれないと困るのがはてサなんだよなぁ

2020-04-12

anond:20200412045457

2月末からわかっちゃいた話なんでちゃんとやってたらもうおわってたんだよな

ほんとにコロナに適度に水をやって育成でもしたいのかくらいのペースで後手後手だ

まあ専門病院設置のための農地接収住民説明会、といった民主的手続きをすっ飛ばし徴兵医療徴用制度だってできない非権威主義国ならしょうがないっちゃしょうがないな

2020-04-02

anond:20200402182544

そういう民度からこそまともにやると政権が取れないのでは

民主的プロセスよりも血縁による世襲制のほうが大事だと思う

2020-03-29

anond:20200329152355

まぁこからそうなるよ

民主的にそうなるといいけど

職業転換を迫られるやろな

2020-03-22

anond:20200322093742

2001年炭疽菌テロを受け

2002年米国でジョン・ホプキンス市民生体防御戦略センター(CCBS)や戦略国際​​問題研究センターCSIS)が主導、

軍司令官ジャーナリスト大統領顧問FDA委員CIA上級職員などが参加した

高伝染性病原菌を用いたバイオテロ攻撃シミュレーションオペレーションダークウィンター」の結果によって

・大規模な民間人の死傷者の可能性に加えて、政府への信頼の喪失、それに続く市民の混乱、および秩序を回復しようとする当局による民主的プロセス違反、不可欠な制度崩壊可能性があること

政府のさまざまなレベル連邦、州、および地方)の間、政府民間セクターの間、さまざまな機関機関の間、および官民セクター内に主要な「障害」が存在すること

・十分な準備がない場合病気拡散蔓延を防ぐための十分な薬物や機材の欠如が政府選択肢を著しく制限すること

情報管理コミュニケーション(たとえば、報道機関への効果的な対処市民とのコミュニケーション、あらゆる組織レベルでの指揮統制に必要情報フローの維持)が危機/結果管理重要な要素になること

・高伝染性病原体の拡散蔓延の防止には、倫理的政治的文化的政府運営上、および法的重大な課題存在すること

が明らかになりました。

高伝染性病原体の拡散蔓延独裁的強権による即断即決のみが有効手段であり民主的プロセスによる決定を待ちません。

2020-03-15

新型インフル対策特措法改正案に反対した山尾しおり氏をなぜ批判

立憲主義」とは”政府統治憲法に基づき行う原理で、政府権威合法性が憲法制限下に置かれていることに依拠するという考え方。”(wikipediaとある

では、今回の新型インフルエンザ対策特措法は立憲主義に即しているだろうか?

答えは、否である

山尾志桜里氏は、Twitterでこのように指摘している。

『報告さえすれば、宣言も延長もし放題。宣言や期間や措置根拠を正すための市民イベントも開催禁止できる。外出自要請も、保育園老人ホーム使用禁止も指示できる。

これが、国会承認までは不要国会報告で足りる「抑制的な私権制限」なんですか?私はそう思わない。』

https://twitter.com/ShioriYamao/status/1236832421967888384

しかもこの特措法の発動要件は「新型インフルエンザ等の感染が拡大していると疑うに足りる正当な理由」という極めて解釈余地が広いものです。

パンデミック抑止のため初動の柔軟性を重視してこの要件を維持するなら、入り口が広い分だけ民主的統制や期間制限が強く要請されるはず。』

https://twitter.com/ShioriYamao/status/1236832502951510016

また、山尾氏は私案の骨子として、

① 緊急事態措置を行う期間(現行法は2年)と延長の上限(同1年)を6か月する。

② 緊急事態宣言する前に、国会承認必要とする。

③ 延長する場合国会承認必要とする。

④ 実施区域の変更も速やかに国会承認必要とする。

⑤ ④に関して国会不承認議決があった場合、効力を失う。

⑥ 実施状況を国会に報告する義務

を出している。

https://twitter.com/ShioriYamao/status/1235845649779707906

まりは、政府の行動を監視し、チェックできる機能を強化する方向性だ。

これは、立憲主義的と言える。

山尾氏は問題点をこう指摘する。

『「危機管理法制法律で十分。憲法緊急事態条項は不要野党の多くはそう主張してきた。

その法律国会統制や説明責任ゆるゆるだったら、説得力なくすでしょう。

昨日枝野代表は、安倍総理に対し国会質疑の確保などを求めたけれど、言質をとるだけじゃ足りないから「法」がある。』

https://twitter.com/ShioriYamao/status/1235449170598617089

『ましてや強力な私権制限を伴う法案事実上の歯止めでは全く不十分。

民主党政権法律だって言われたら、だからこそ足りなかった部分が分かると返せばよい。すぐさま具体的な改善策を提示すればよい。そんなに複雑な作業じゃない。

時間切れの妥協を待つより、私は法案つくります。』

https://twitter.com/ShioriYamao/status/1235449306477285378

また、3月11日には「総理民放放送内容変更・差し替え可能。」という政府側の答弁が出てきた(3月13日撤回)。もはや異常である

解釈次第でテレビ局放送内容を指示できてしまうようなものを、出来ないよう明記して防ぐべきではないか政府解釈わずか二日でまるっきり変わってしまうような状況。であればこそ、法律内で明文化することが大事であり、それが出来ていない法律は許さない、というのが立憲主義的ではないだろうか。

必要なのは権力側が”やろうと思えばできてしまう”ものを、明確に禁止出来るようにすることなのだと思う。そのことを山尾しおりさんはずっと訴え続けてきた。枝野代表ツイッターにも間違いがあると指摘し続けてきた。

また、異常だと思うのは、異論を言うのを認めない空気だ。ある野党支持者は山尾氏の行動が「野党バラバラな印象を与える」などと言っていた。ならば、野党議員は党執行部のゆうことを聞くロボットほうが良いのだろうか?おかしいことを自分政党がやっているのに、何も言わないことが正しいというのだろうか。問題点の指摘、さらには改正案の私案まで出し、発言を続けてきた人に対して、口を塞ごうとするのは、同調圧力しかない。

今回の場合、山尾氏の主張自体に反対する意見は少ない。であれば、どうしてこれほどにまで拙速に審議と成立を目指す必要があるのか?政府与党の出した法案に対して、審議を通じて、良くない点を指摘し、改善し、出来る限りの努力を行うことが野党議員責任ではないだろうか。安倍首相も「今すぐ緊急事態を出す状況ではない」と発言している。審議を伸ばす時間はあったはずだ。

成立した改正法には、付帯決議がつけられたが、付帯決議があったとしても、それは努力義務以上の何の意味も持たない。立憲主義に鑑みれば、明文化して権力を縛るもの法案のものに書き込むべきではないだろうか。それが出来ないのなら、反対の意思を示すべきだ。

将来、時の政権解釈を変更し「テレビ局に指示できる」としたらどうするのか。その時「当時の野党法案に賛成したじゃないか」と言われれば、何も反論できない。法案に反対をすることは、”おかしなことがある”という意思を示すことになる。賛成をすることは、その意思を示すことを放棄している。立憲主義に反する法案に反対せず、事実上白紙委任に等しい賛成を行うことは、立憲主義を捨てたに等しい。

そんな野党は、”立憲野党”とは言えないし、政府与党の出す法案白紙委任をする野党は、存在価値のない、それこそ「いても仕方がない」存在しかない。

山尾氏を批判する、立憲支持者たちにとっては、立憲主義などどうでもいいのだろうか。立憲主義は、”立憲野党”にとって絶対に譲ってはならないものだし、”一度妥協したら死んだも同然”ではないだろうか。

特措法の問題点を指摘し続けた山尾しおりさんや、反対の意志を貫いた議員の方々に敬意を表したい。

2020-03-08

動物倫理相対主義

https://t.co/pxPyAmUEtN?amp=1

『講座 あにまるえしっくす』 第2回「道徳なんて人それぞれ?」へのリプライ

漫画のページを5pのように表します。また、漫画中のセリフを二重カギカッコ『』内に引用して、続く地の文で私の意見を書きます

5p『唯一 確実な正解を導きだせなくても、「これは絶対ちがうよね」っていう間違った答えを排除することはできるんだよ』

絶対○○だよねとは日常的にも口にされる言葉ですが、例えば絶対ためになるからと勧められた漫画がまるで期待はずれなんてよくあることです。そしてそれは絶対主義者しか言わないようなことでもありません。ここでもその日常的な意味で使われているのでしょうか。今回のテーマ相対主義である以上、絶対主義にコミットした発言なのかそうでないのかは曖昧にすべきではないです。

仮に、絶対主義的な意味で「これは絶対ちがうよね」と言っているのだとして、このときヴィーガン自分たちの主張を論破されて「これは絶対ちがうよね」と敗北する可能性を認めることになります。それとも、論破されたら(そこまでいかなくても強い批判に答えきれていなかったら)道徳に唯一確実な正解はないと逃げるのでしょうか。私にはそのような態度は、まさにここで漫画の筆者(原作者)が批判しようとしている相対主義的な逃げ口上に見えます。言い方を変えると、ヴィーガンの主張には道徳的に唯一の正解がないからと相対的正当性を確保しつつ、アンチヴィーガン反論には絶対誤謬があると前提しているように見えます絶対主義にコミットしようとしまいと、これは一貫性に欠けるのではないでしょうか。

12p『極端な相対主義者はこのように主張するのよ 「善悪や正しさの基準は人によってそれぞれ異なる相対的もの絶対的な基準などない したがって自分基準他人意見や行動を批判したり干渉したりするべきではない」』

相対主義規定は(X)何が(Y)何によって相対的か、という点でいくつかのヴァリエーションがあります。「人によってそれぞれ異なる」という規定が極端な相対主義であることにはある程度まで同意します。(Xが「善悪や正しさ」なら極端に違いないのですが、もしXが趣味や嗜好なら人それぞれでも極端ではないです。)

異議があるのは、「したがって」以降の規定です。この「したがって」はヒューム法則違反していますヒューム法則とは、「○○だ」から「△△すべきだ」を導けない、というものです。原作者はもちろんヒューム法則を知っているはずですが、なぜその点は批判していないのでしょうか。たんに気づかなかっただけなのか、疑問があっても教科書的な紹介に徹したのかはっきりしません。少なくとも賢明相対主義者はヒューム法則違反に気づいており、「したがって」以降の規定相対主義とは無関係の内容と考えて受け入れません。

14p『「他人意見や行動を批判したり干渉したりしてはいけない」という正しさの基準も 「他人意見や行動を批判したり干渉したりしてもいい」という正しさの基準も どちらも対等なものであって結局どちらを選んでもよい』

相対主義に反対する立場も 相対主義と同様に妥当立場だと認めなきゃいけないことになるわけ』

先の私の説明からすると、相対主義者は他人批判干渉してもよいことになります。(もちろんしなくたっていいです。)批判干渉の是非を問うのは寛容の問題であり、相対主義道徳的・現実的問題と密接に関わってくるものの、相対主義とは切り離すべきです。原作者の紹介のように癒着させるのは、相変わらずヒューム法則違反しています

相対主義に反対する立場とは絶対主義ですが、相対主義絶対主義あるいは絶対的なものを認めるかどうかは、こみいった議論必要になります。それは相対主義の専門書や論文に譲ることにして、「相対主義に反対する立場」として「批判したり干渉したりしてもよい(すべきだ)」という倫理的判断を持ってくるのは誤りです。繰り返しになりますが、この倫理的判断相対主義問題ではなく寛容の問題からです。

24p『確かに地域時代による慣習やルールの違いはある でも慣習やルールの違いを課題評価すると 根底にある共通価値観を見落としてしまうんだ』

相対主義あくまでXがYによって相対的だ、と主張しているにすぎません。つまりある種の絶対的なもの否定しているだけであって、普遍的ものは受け入れてもいいのです。(そしてもちろん、受け入れなくてもいいです。)絶対的なものはすべて普遍的である、という議論があるなら話は違ってきますが、そうでないなら、相対主義者は普遍的もの共通価値観を見落としているじゃないかと言われても、見当違いな批判しかありません。見識の狭い相対主義者は確かに共通価値観を見落としているでしょうけれども、相対主義への批判であるなら、せいぜいでも藁人形論法です。

33p『「文化」は魔法言葉じゃない 「これは文化なのだから」という言葉で どんな悪習でも正当化することはできないんじゃないかな』

その通りです。悪習を文化から正当化すべきではないです。文化相対主義はXが文化によって異なる、と主張します。またそれか、と言われそうですが、ヒューム法則違反するので「したがってどんな文化でも尊重すべきだ」なんて主張は含意しないわけです。もし文化相対主義が「どんな文化でも尊重すべきだ。ということは文明からすれば悪習と言える文化であっても、文化から尊重すべきだ」と主張していたら、それはもはや文化相対主義規定を超えていますとはいえここは慎重に議論すべきところで、まさにこれが道徳的・現実的な寛容の問題からです。例えばの話、欧米人から見て野蛮な文化なら寛容にならなくてよい、という倫理的判断をどう考えるか、深刻な問題であるのは間違いないです。突っ込んだ議論は専門書に譲らざるをえません。

34p『あの時代倫理観よりこの時代倫理観の方が「より善い」と判断する基準は 文化相対主義によれば存在しない』

これまたその通りです。絶対的な善に向かって進歩する、なんて文化相対主義は認めません。ただし、AよりBの方がいいだろう、という議論を重ねることはできます民主的議論のすえに実際にAからBになったとしましょう。絶対主義者ならそれをAからBへの進歩と呼び、相対主義者はAからBへの変化と呼びます進歩否定したとしても、相対主義者は変化を望むことができ、理性的議論することができ、ときに実現することができます

44p『肉食という慣習や狩猟文化 動物を利用した伝統なんかについては結局どう考えればいいんだ もしそれらが善くも悪くもないただの慣習に過ぎないのならば 「肉を食べるべきではない」という倫理的判断はやっぱり偏見なんじゃないのか』

人間尊厳と同じように 動物尊厳普遍的妥当する考え方なんです』

相対主義者であり、かつヴィーガンであることには、なんらの論理的矛盾もありません。つまり相対主義擁護賛同しながら、種差別に反対することはできます。それはこれまでの説明から明らかであると思います

人権絶対的なものと考えなくても、普遍的に実現されるべきものと考えることができます異文化にむりやり介入して非寛容な手段によって実現するか、あくまで寛容に実現するか、その重要な違いはあるにしても。動物尊厳もまた同様です。(もちろん、種差別にある程度まで賛成したっていいわけですが)

2020-02-29

一方、左派理想の国は

韓国のように男性がたくましく鍛えられ

中国のように領土的野心がなく

朝鮮民主主義人民共和国のように民主的政治が行われ

ドイツのように戦後賠償

オーストラリアのように少数民族尊重

スイスのように武器を持たず

スウェーデンのように税金が安く

アメリカのように医療費が安く

フランスのように若者に夢があり

コスタリカのようにアメリカから自立した外交政策をとる

そんな国です

anond:20200229121058

2020-02-24

anond:20200224223903

ぶっちゃけ、誰が当選しても特に不満も不安もないなら行く必要はない。

ただ、人類民主的現代的な選挙制度を手に入れるまで、どれほどの血を流してきたのかということは頭の片隅に置いといてくれ。

2020-01-30

anond:20200130110507

自由民主党自由もなければ民主的でもないってことか。

そういうや自民党には夫婦別姓賛成派の人とかいないのかな。お口チャックしてるのかな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん