「の子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: の子とは

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818223924

あの年齢の子供がたかケーキプレゼントが遅れそうってだけで親がなだめなきゃいけない状態になるなんてないとはいわないけど可能性は低いですね

そして子供の登場シーンはわずかですが元気よく駆け寄ってくるだけで拗ねたりしてる様子は一切描写されてませんね

https://anond.hatelabo.jp/20170818222236

ケーキの保冷剤の限界が2時間

会社帰りに買って飲んで帰宅したらよほど近所じゃないと限界を超えてクリームが溶けて味と形が崩れる

ケーキ普通買ったらすぐに持ち帰らないと危険生物商品

誕生日ケーキプレゼントを買った父親がなぜかいつまでも帰って来ずパーティーが出来ない状況の子供が機嫌がいいと考えるのは無理がある

これが誕生日の親子程の重さが無い、友達同士程度でも約束破って相手からの連絡無視していつまでも待たせて飲んで相手の機嫌がいいのは無いだろ

なんで子供のしでかしたことで親がしばかれるのが道理みたいになって

じっとしていられない、騒ぎたい子供そもそも静かな店になんか行きたいと思わない。よって子供店長の利害は一致している。

問題子供の親。

からこれは「発達障害は静かな店に行ってはいけないのか」ではなくて「発達障害の子供を持つ親は静かな店でくつろぐ権利は無いのか」「発達障害の子供を持つ親は子供の養育に全責任を負わなくてはいけないのか」問題だと思ったほうがすっきりする。

発達障害の子供を持つ親は静かな店でくつろぐ権利は無いのか」

奴隷じゃあるまいし、どんな子がいたってくつろぐ権利くらいあるだろうよ。

 ただワンオペ育児しなければいけない状況がそれを許さない現状が異常なだけ。

 だいたい、子供につきっきりでなければ親失格というめちゃくちゃ高いハードルを当たり前のように押し付けてくるのが親も子供も不幸にしている。

 子供子供勝手に好きなところに行って、親は親で静かな店でくつろげるような社会資本があればそれで万事解決

 

発達障害の子供を持つ親は子供の養育に全責任を負わなくてはいけないのか」

→そういうアホなことを言う無責任野郎のことは無視するのがお互いのため。

 子供社会全体で育てるものです。そもそも子供のこと子供自身責任を負うべきであって親ができることは限られている。

 気に食わないことがあるなら親ではなくて子供本人と交渉すればいいのに、みんなすぐ「親がなんとかしろ」って押し付けんのは社会的責任放棄してるだけ。

現在社会では親(特に母親)だけが子育ての責務を負っていて、それ以外の無責任他人がごちゃごちゃ文句言ってくるのがきついんだよね。

文句言うんだったらお前が育てろっつの。面倒ごとは孤独な親に丸投げしてメリットだけは享受したい子無しと行政が悪い。

結論として、現状の社会はクソなので愚痴ったり罵倒したりしつつ上手い具合に手を抜いてくのが現実的解決策ではないでしょうか。

https://anond.hatelabo.jp/20170817232049

https://anond.hatelabo.jp/20170818161613

まあ、街中の子供を見る限りだととても二人真っ当に育てられる気はしない。

日経った今、変に思い出すんだよ。真意は何なのか。もう長い付き合いだから縁は切れない。というか、相手任せなので大した縁でも無いが。

なんだかなあw

「極論に極論で返すのはどっちもどっちの極論家」というとんでもない詭弁を言う馬鹿が居たか

詭弁ばっかだなお前」って俺が煽ってたら、

つの間にか馬鹿意味もわからず「詭弁」と言う言葉だけ覚えて

差別心を持ちながら差別否定するのは詭弁」とか言うよくわからないスローガンキーワードにしちゃってる。

シュールどころの話じゃないぞこれ。言葉を覚えたての子供かなんかかよ。

パパイヤ

娘(2歳)がパパイヤで全部ママがいいと言う。服を着せるのも髪を乾かすのもご飯を食べさせるのも全部パパは嫌でママがいいと泣いて主張する。

別に夫婦仲は良いし会話も沢山しているし娘に夫の悪口を吹き込んだりなんてしたことないのに。どの子にもそういう時期があるらしい。

私は娘の世話を全部自分がしなくちゃいけなくてイライラしてるし、今朝はとうとう娘が「パパ嫌い」と言い放ち夫はショックを受けてるし、やれやれ

石鹸CMキーキーしてる人を見ながら鼻ホジしたい

なぜか誰も言及しないけど、誕生日の主役って息子だよね。

だいたい、幼くても7歳からターゲット10歳くらい。

それくらいの歳で「きょうはぼくのおたんじょうびなのにまだパパがかえってきません」みたいな幼稚な子供っている?

普通の子供なら、今日はお父さん遅いな、ぐらいなもの

誕生日特別感は少しはあるかもしれない。でも、今日タイミング悪いみたいだからケーキプレゼント明日ねって言われれば普通に喜ぶじゃん。何だったら週末でもいい。

これで怒ってるのって、息子の誕生日にかこつけて『トクベツな日を味わいたい母親』だよね。


そこでタイトルに戻るのだけど、このCMで鼻の穴を広げてる人たちって心のキャパがちっちゃいのよね。

いや、いいんすよ。自分キャパちっちゃいから。

あーでも、なんかフガフガ鳴いてるわー、この程度のことで(笑)

大人になっても結婚して子供ができて、人の親になっても、やっぱりちっちゃい人ってちっちゃいことでフガフガするんだなーと(笑)

それを見て癒されたい。


関係ないけど、お父さん座って職場までバス通勤なんすよ。うらやましい。石鹸だけにバス、というオヤジ向けオチ

https://anond.hatelabo.jp/20170817232049

私、発達障害だけど

発達障害特性感覚過敏のせいで騒ぐ子供が大嫌い。

子供の頃騒いだことなかったし、厳しくしつけられた。

ADHD自閉症スペクトラム併発してる。

発達障害を盾にどうしてもこの子は騒いじゃうんですじっとしてられないんですっていうなら

私の「発達障害でどうしても我慢できないんですうろうろされると集中力が全部そっちに持って行かれるし

子供の声が耳を刺すように痛くて動悸までしてくるんです静かにして下さい(耳栓は声を通すし咀嚼音が響いて使えない)」っていうのもあなたに聞いてほしい。

外食で払ってるのは食べ物だけの料金じゃないの。ゆっくり安心して食べられる空間雰囲気代も込みなんだよ。

その場の客は内心損をしたと思うし次回の行き先リストから外すんだよ。迷惑かけてるのは店主や店員だけじゃない。

ちゃんと薬飲ませて厳しく躾けてよ。

痛い思いすれば犬だって学習するんだよ。発達障害者への偏見も増すし迷惑なんだよ。

2017-08-17

https://anond.hatelabo.jp/20170817232049

客に店を選択する自由があるのと同様に、店も客を選ぶ自由がある。

発達障害を持ち出すんなら、それを配慮する店を選択すれば良いだけの話

「ウチの子発達障害!だから騒いでも仕方ない!!」ってのはどうだろうね。

店側が危惧してんのは、発達障害の子供が周りの客に迷惑をかけることで客足が途絶えてしまうこと。

周りが迷惑だと感じるのは、それこそ発達障害への配慮が足りないからだろう。

から、店をどうこうしたいんなら世間をどうこうしないとダメなんだよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170817005344

男性経験夫一人、年齢差も同じぐらいで親近感沸いたので私の経験を。

やっぱり、精神的なものが影響してるんじゃないかな。

産後は、産まれたばかりの赤ちゃんを置いて何てことをしてるんだろうという罪悪感とか、最中赤ちゃんが泣き出して中断されたりとか、しっかりとした母親にならなきゃいけないって必死だったりして、セックス楽しめなかった。

自分や、人間として自立してる夫より、自分が常に見てなきゃ死ぬかもしれない赤ちゃんのほうが最重要になってるから

から、そろそろ卒乳しても大丈夫、次の子供が出来ても大丈夫って状態になったら気持ちよくなったよ。

私は二年かかった。

生理一年以上戻らなかったし、まず身体が無理だったんだと思う。それくらいまではよく寝てる子供心音確認したりしてビクビクしてたしね。

まだ痛むとか、生理が再開してないとか安定してないとか、卒乳しても大丈夫なくらい成長してないとか、状態の違いはあるかも知れないけど、参考になれば幸いです。

発達障害者は外出してはいけないのか

こんな記事話題になっているそうだ。

最近、客に媚びる店が多いなか、ドン玄関先にこんなに張り紙をしてるこの店が好きだ」

https://1kando.com/68271

「躾が全くできていない騒々しい子供さん」というのはどうやって判断するのだろう。うちの子場合発達障害でどうしても騒がしくなってしまうことがある。赤ちゃんでなくても、成長しても完全にはおとなしくはならない。こういう障害児は「騒々しい子供さん」とみなされて、この店主に追い出されてしまうのだろうか。公共交通機関でも、周囲から冷たい視線を感じる日も多く、普段から「躾が全くできていない」と思われているのだろう。

障害者ことな一言も言っていない、などと反論する方もあろうが、見た目は全く分かりませんからね。身長が極端に高いわけでも低いわけでも、顔立ちが変わっているわけでも、臭いがするわけでもない。障害児の集まりに行ったって、保護者の目から見ても、みんな一見普通。でも騒いでしまう。

発達障害は、保護者努力で症状が改善する場合もある。ただし、障害の程度が重い場合にはそれにも限度がある。そのようなお子さんをお持ちの保護者の方は、外食・外出などしてはいけないのだろうか。声を出してしまう、立ち上がったり動き出してしま子供は、障害だろうがなんだろうが、親の責任で静かにさせよとのことなのだろうか。もちろん障害の程度にもよるので、怒鳴り散らしたり他のお客さんに危害を加えてしまうような場合保護者が控えるべきだろう。ただ、元になったtweetの反応を見てもほとんどの方が障害者のことを想定せずに共感されているのは心配だ。

人殺しの子

終戦日に

「結局、俺たちって人殺しの直系子孫なわけじゃん?

 戦争行って人殺してきた奴らの孫だったりひ孫だったりなんだよね」

と方々で言っていたら、

「うちの父方の祖父地主戦地に行っていない」

「うちは医者家系だったので戦争に行かなかった」

といった反応があった。

「ふーん、殺人幇助者だったんだね。

 そもそも「殺させてた」時点でもっとたち悪いんじゃないの?

 自分の手を汚さな卑怯者?」

というと沈黙が帰ってきた。

https://anond.hatelabo.jp/20170817203727

すまんね例えがわるかったか

相手シングルマザーの子持ち

仲良くなったがskypeログインしなくなった

ある行き着けのサイトで知り合ったのだが

よくみるとそこには精力的に書き込みをしている

まぁ、俺が無視されているということなのだろうけど

なにかと調子がいい女だし(シングルから逞しいってか)

知ってはいたがね

ただこういう八方美人自分の意のままに扱う女が嫌いになってきたんで

(好きは嫌いの裏返し)

ぎゃふんと言わせたいんだけどね

聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる安倍自民党今井絵理子不倫問題

聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる今井絵理子参院議員33)は昨年の参院選当選を果たした。

そんな彼女が熱愛の相手に選んだのは、妻子のある橋本健神戸市議会議員だった。

今井議員のウリは「子育てである議員になって、彼女の忙しさは格段に増したはず。

これまでと比べ、息子と触れ合う機会は数段減ったであろう。

ならば、わずかな時間でもできれば、子どもと会おうというのが人情というもの

まして、子育ての苦労譚で票を取った彼女ならなおさら、だ。

ところが、

橋本不倫するようになって以来、絵理子はそっちに夢中で、子どものことはお母さんにまかせることが増えたという印象です」(今井議員とごく親しい芸能関係者

 実際、お泊りデートの際もそうだ。

今井議員そもそもの自宅は、国分寺市にあり、そこで母や息子と暮らしている。

議員になった後、朝早い会議などもあるため、セカンドハウスとして千代田区三番町マンションを借りた。

しかし、それは建前なのか先の7月16日橋本を招き入れている。

これでは、仕事のためというより、橋本氏と会うための部屋と勘繰られても仕方ないのだ。

橋本健神戸市議(37)との「略奪不倫」が週刊新潮に報じられた今井絵理子参院議員33)は「一線は越えていない」旨を強調している。橋本氏は妻子持ちだ。

橋本氏は会見を開き「4~5年前から事実上婚姻関係は破たん」「離婚調停中」と明かし、これを背景に「略奪」や「不倫」という表現否定した。

ところが、橋本議員の妻はこれに猛反論

1⃣ 4~5年前から婚姻関係破綻していたという事実はない。

2⃣ 妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは極めて不誠実な釈明だ。

3⃣ 去年8月一方的離婚して欲しいと言ってきた後、9月から妻と二人の子供を残して自宅に戻らなくなった。生活費についても大幅に減額された。

かなり食い違う。安倍自民党はこの奥さんの反論について一切コメントしていない。妻側が正しいのか。橋本氏はマスコミ取材陣に首を振って否定とも取れる態度を示したが、こちらもマスコミから逃げ回っている形だ。

豊田真由子議員の両親を直撃! 淡々と話す父、それにイラだち激しい口調で割り込む母

週刊女性2017年7月18日号2017/7/3

豊田真由子議員の両親を直撃! 淡々と話す父、それにイラだち激しい口調で割り込む母

豊田議員選挙区はいたるところに彼女ポスター

 暴言劇場はまだ終わっていなかった……。豊田真由子衆院議員の「このハゲぇーーっ!」という怒声には度肝を抜かれたが、さらに衝撃的な音声が公開されたのだ。

運転中に道を間違えた秘書に対して“豊田真由子様に向かって、お前のやっていることは違うっていうわけ!?”と激怒自分名前に“様”をつけて威嚇していたことが明らかになりました。 “死ねば? 生きてる価値ないだろ”と耳を疑う暴言も」(ワイドショースタッフ

 報道以来、すっかり行方くらましている豊田議員選挙区埼玉県新座市)にあるマンションには寄りつかず、住んでいるのは湾岸地区タワーマンションだという。

「いつもピンクスーツを着ているから目立つんですが、騒動からは見かけていませんね。2人いるお子さんはとても優秀で、上の子模擬試験トップクラスだそうですよ」(マンションの住人)

 取材を進めていくと、どうやら彼女は、現在マンションでも住人とトラブルを起こしていたようだ。

マンションの前でお母さんたちが日焼け止めスプレーを使っていたんですが、近づいてくるなり“におうし、煙たいからやめなさいよ!”と怒鳴られたんです。周りのお母さんたちも驚いていましたね。近くの薬局で偶然見かけたときも、リップクリームを買おうとしていたのですが“陳列がわかりにくい”とキツい口調でクレームをつけていました……」(前出・住人)

 明らかに常軌を逸しているが、そもそも豊田議員の両親は、この騒動をどのようにとらえているのだろうか。彼女が生まれ育った千葉県内の実家を訪ねてみた。

午後4時を過ぎたころ、車で両親が帰ってきたため「娘さんの件で……」と父親を直撃すると、記者の声をさえぎるように話し始めた。

「その件はいま話しても意味はないでしょう。君たちは結論が決まっとるから。いずれ山ほど話すことはあるよ。約束はできないけど……」

 白髪ヒゲをたくわえており、話し方は落ち着いている。

─娘さんがこのようになる兆候は、小さいこからありましたか

「君に幼い娘がいたとして、今の段階でそういった兆候が見えると思うかい? 見えないだろう。子どもというのはそういうものだ」

暴言を吐いたときは機嫌が悪かったんでしょうか?

「なにか事情があったんだと思いますよ」

 娘の心情を必死理解しようとするあたり、父親としては何があっても信じてあげたいのだろう。ここで母親が現れ、苛立った様子で割り込んできた。

マスコミ相手しませんので…」

 続けて激しい口調で、「もう、いいから早く家に入んな!」と夫にまくしたてると、こちらの取材には答えてくれなかった。所作や話し方が豊田議員とそっくりだ。

 近所の住民によると、

「あの家は父親東大母親東京外語大出で、娘3人も高学歴。長女は医者、三女は弁護士から、次女の豊田議員東大卒はいえ、四方八方からプレッシャーを感じながら育ったんでしょうね」

 父は“山ほど話すことがある”と語っていたが、その中身が明らかになることは、この先あるのだろうか……。

意識高い友人が車メーカー調達職で悪魔に魂を売っていた

もう何年か前の話になるけど,とりあえず書き出してみる.

ある程度脚色があるけど,どうせ増田だし皆さんの信じたいところまでお読み下さい.

あらまし


新卒就職して1年位たったある日,学生時代の同期たちと飲み会があった.

そこに,世間一般にいうところの意識高い系学生生活を送った文系女の子がいた.

の子は,国内自動車メーカーで,国内の協力会社相手とする調達職をしていた.

 

 

飲み会の途中で,各自が今やっている仕事の話になった

の子は,調達価格を下げて事業に貢献していると言っていた.

「今年は去年よりも値下げ率上げられたの?」と聞いてみると

「下げられた.下請けに買わないよって言うと下げてくれる」と.

 

 

下請企業の存続を左右できるほどの発注量のある企業が,

発注の停止を提示して値下げ要求することは,買い叩きとして下請法で禁じられている.

「以前から継続して発注してる部材を一方的に買い叩くのは違法じゃなかったっけ?」

「えーそんなことないよー,だってあの人達ウチらいるからやってけてるんじゃないの?」

 

 

自分は車に対しては下位サプライヤーとなる,基幹部品寄りの企業に勤めている.

『そういう立場にある発注元が,値下げを強要するのが違法だ』という言葉を飲み込み,

その日の会は和やかにお開きとなった.

この日感じた違和感


自動車メーカー調達にちゃんとした教育をしないのかよ」といった思いよりも,

彼女がとても生き生きと,下請けの値下げの話をしていた事が気になった.

 

 

しかしたら,彼女は,「下位カースト人間」を

与えられたから,あんなに生き生きしていたのではないだろうか. 

意識高い系努力教産業構造の融合

 

努力教人間は,「努力をしてこなかった人たち」に対しては,いくらでも残酷になれる.

彼らにとって,海外の貧しい人たちは,めぐり合わせの悪かった「施すべき人たち」だが,

国内にいる下位カースト人間は「努力をしてこなかった人たち」だ.

 

 

もちろん,努力教自己意識が有ることと,自分が実際に努力してきたことは別問題である

まれ環境によって,満たされた地位にある大学生は,学生活動()等を通じて,

互いに努力しあっている(切磋琢磨している!)集団演出し,自分以外の学生や,

他の集団に対する優越感を得ているように感じる.

 

 

彼女は,海外留学経験もあり,国際理解が深く,それなりに教養もある.

それは,現在日本では,恵まれ環境に生まれ育たなければ,与えられないものではあるのだが,

彼女は現状を「自分努力で獲得した」と思いたかったのではないか

   

  

そして彼女は,下請けに対して「努力をしてこなかった人間自分らが施している」と認識したのではないか

零細のサプライヤは,努力をして来なかったから現状があると思っているのではないか

そして自動車メーカーは,彼女自意識を見抜いて,現状を肯定してやり調達職として利用したのではないか

そんな疑問が,年月のたった現在でも,湧き上がってくる.

 

 

意識の高い若者が,得られなかった優越感,選民意識を,下請けと言う名の「下位カースト」を与えてやる事で満たしてやる,

これは,自動車に限らずサプライチェーン上位のメーカーとしては,全く適材適所の采配だ.

きっと,下請けに対していくらでも残酷になれると思う.薄ら寒い

牛乳石鹸

当日に言われて子ども誕生日を思い出したし、共働きなのに連絡無しで予定の時間に帰らなくて平気だったってことは、普段から奥さんに子育て丸投げってことじゃん。

実際自分が帰らなくても確実に奥さんが子どもの世話してるって分かってないと出来ないことだから

それで「家族思いの優しい父親」を自称してるのがやべえ。

頭の中で思うだけなら簡単だし優しくいられていいですね。

実際の子育ては自分がやらないと子ども死ぬという必要に迫られて日常をこなすことで、思ってるとかいう「優しいお気持ち」なんかクソの足しにもならんわ。戦力になる気もないなら避妊しろこの無責任ゲボ野郎

俺のオヤジ育児放棄しながら堂々としてたな〜今思うと羨ましいな〜俺も育児放棄していいよってお墨付きもらいたいな〜じゃねえよ。

なんで99%の子育てを担ってる人の前で1%やっただけのお前がグッタリみたいな顔してんだよ。

差別の習慣って親から子に伝わる部分もある?

自然日常生活で部分が多いだろうけど

白人だったら親から黒人アジア人は物を盗るから信用したらダメよ」とか教えたりもするのかな

日本でも「団地の子と遊ぶな」とか教えてたらしいけど

臆病な祖母

ここ数日、祖父母の戦争体験を語るエントリが多くあったので私も思い出した。

こわがりな祖母が聞かせてくれた沖縄戦の話

祖母沖縄県中部農村に生まれた。物心つく頃には労働力として畑にかり出され、毎日サトウキビの世話をさせられたらしい。

毎日畑と学校と家の往復で忙しかったけれど、それなりに楽しい幼少期を過ごしたそうだ。

だが中学入学したあたりでそれまでの環境が一変した。

突然学校ウチナーグチ沖縄方言)を話すことを全面的禁止されたのだ。ウチナーグチ本土人間からすれば全く何を言ってるのか分からない未知の言語であるため、

こんなもの日本語と認めるわけにはいかん、正しい日本語を身につけさせお国に尽くす青少年を育成せよとのお達しが来たのだ。

日常会話の全てをウチナーグチに頼ってきた当時の子供たちはかなり戸惑ったそうだ。ウチナーグチポロっと出ただけで教師に襟首を掴まれ

ほかの生徒たちが見守る中で厳しい体罰を食らわされた。三度の飯よりお友達とのおしゃべりが大好きだった祖母もこれには相当参ったらしい。

祖母は本人曰く「とてもこわがりな性格」で、痛い思いをしておまけにみんなの前で恥をかかされることが本当に恐ろしかったんだそうだ。(ほとんど毎晩うっかり方言を喋ってしまいみんなの前で叩かれる悪夢にうなされるレベルで)

そんなこわがりな祖母一生懸命練った苦肉の策が「学校では必要最低限の返事しかしない」というもので、なんと「ハイ」「イイエ」「ドウモアリガトウ」の三語だけでどうにか一年乗り切ったというから驚いた。

しかしそんなしみったれ学校生活も長くは続かなかった。ついに米軍沖縄本島上陸する。

祖母家族とともに近所のお墓(沖縄のお墓はむちゃくちゃデカい。納骨のスペースが6畳くらいある)に逃げ込み、息をつめながら爆撃が早く止むようひたすら祈ったそうだ。

毎日「悪いようにはしない、県民大人しく投降せよ」という米兵のつたない日本語が遠くから聞こえてきたが、それだけはすまいというのが狭い墓で身を寄せ合う家族の総意だった。

米兵捕虜になれば男子死ぬまで肉体を酷使され、女子は野獣のごとき米兵に陵辱され、妊婦は腹を八つ裂きにされて殺されるという噂が流れていたかである

現在であれば噂の発生源を辿って真相を確かめ手段いくらでもあるが、当時は噂の真偽を確かめる術がなかったため、「米軍に捕まったら死ぬより恐ろしい目に遭う」という噂は共通認識となって島中に広がった。

毎日から何千発もの爆弾を投下し、無抵抗な島民を次々に殺戮する米兵の姿は噂の信憑性を補うのに十分だったことだろう。

ガマ(洞窟)や墓には日本兵も隠れていた。

米兵はまず、人が潜んでそうな場所を見つけると、外から拡声器を使って投降を呼びかける。

しばらく待っても返事がない場合手榴弾を投げるか、火炎放射器を使って中を丸焼きにする。わざわざ日本兵が潜伏しているかもしれない場所に入って危険をおかす必要はないというわけだ。

この方法で多くのガマに逃れた民間人が殺された。「こわがり」な祖母は、この火炎放射器がとにかく、とにかく恐ろしかったらしい。狭く蒸し暑い空間家族ごと炙り焼きにされる恐怖というのは、想像を絶する。

このまま墓にずっと身を潜めていてはいずれ火炎放射器で焼き殺される。かと言って捕まれ死ぬより恐ろしい目に遭う。自決が一番マシな選択に思えた。

米兵が墓の前まで来たら自決しよう」家族は話し合って決めた。

何日か経ってとうとう米兵が墓の付近うろつきはじめた。

ここから驚愕の展開なのだが、なんと祖母は「おーい!」と叫んで外の米兵に助けを求めたそうである

死ぬ覚悟はとうに出来てたはずなのに、なんであの場で声を上げたのか自分でも皆目分からないけれど、強いて言うなら「土壇場で死ぬのが怖くなった」らしい。

もうほとんど無意識だったに違いない。頭が真っ白になって、気付いたら家族と一緒に米軍バンに乗せられていたらしい。

祖母が声を上げたおかげで結果的家族自決を免れたわけで、収容所でしばらく荷物運びやら農作業やらやってるうちに気づいたらなんか終戦を迎えていたらしいのだ。

このへんは祖母も笑い話として語っていた。「私がこわがりだったお陰であんたたちがここにいるんだ」とコロコロ可笑しそうに笑っていた。

私も家族と大爆笑したものだが、歳をとるにつれ、祖母は本当にこわがりだったのかと疑問に思うようになった。

真っ暗な墓の中で凄絶な選択を迫られて、それでも尚土壇場で生にしがみつくことが出来るだろうか。

祖母が亡くなって10年余。この時期になると、毎年こわがりな祖母勇気を思う。

※補足※

ブコメで以下のようなご指摘を頂戴しました。

>些細なことだし、現代の人にわかやすいように書いたのかと思うが、次の箇所気になる。>だが中学入学したあたりでそれまでの環境が一変した。

ご指摘されて初めて気がつきました。詳細を失念していて申し訳ないのですが、当時の年齢を現代義務教育と照らして分かりやすいように祖母説明してくれたのだと思います

紛らわしくて申し訳ございません。ご指摘ありがとうございました。

最近わりと話題になっている不倫

そろそろ3年くらい経つの自分の話。

前提として。

結婚して1年くらい。嫁はかなり淡々としていて、あまりあまり気持ちを口にしない。

感謝はしっかりしてくれる。掃除したときとか、なにか買ってきたりしたときとか。でも好きとかほぼ言わない。べたべたもしない。

共働きから平日は朝ちょこっとと夜くらいしか顔合わせないし、お互いに相手趣味干渉しないから、休日完全別行動のことも多く。

嫁の方は友達舞台とかライブを見に、自分は引きこもってゲーム、とか、嫁は買い物、自分友達野球観戦とか。

ゲームしてる間は話しかけられたりするのやだから放っておいてくれてありがたいし、嫁は嫁で家にずっといるのが耐えられないらしく、急に散歩に行って本買ってきたり、鎌倉行ってきたとか横浜行ってきたとか博物館行ってきたとか超アクティブ

自分基本的には引きこもり、時々ナイターもしくはドームなら野球見に行ったり、飲みに誘われたら行ったり、みたいな。

平日はお互い忙しいから帰ってくると21時とか22時とかだから夜とかすぐ寝るし、休みの日はそんな感じだからレスっちゃレスだけど誘ったときに嫌がられるほどではなかった。



実際不倫にいたった理由というか、発端というか。

なんというか、既婚者だと女の子の方も安心するみたいなんだよな。

相手がいる人だから大丈夫だろ、みたいな。

あと、結婚してると頼りがいがありそうに見えるのかなんなのか、独身時よりモテる。いやモテるというのはちょっと違うか。女の子からアタリが変わる。明らかに柔らかくなる。

飲み会とかでもそう。

相手いるからこそかもだけど、恋愛相談とかされたり。

彼氏と別れたほうが良いかな~とかみたいな。

からちょっとなんか勘違いするんだよなー

まーそれでちょろっとね、魔が差したといいますか。

飲んで朝帰りなんて月2くらいであことなので特に不審がられたりもせず、結果味を占めたといいますか。

しかし、職場に嫁と交流ある人がいたのが運の尽き。普通にばれまして。

とりあえず謝り倒した。別れる気はなかったので。

嫁は「ふーん。まぁ魔が差したっていうなら」くらいの淡々とした感じで、逆にびっくりした。さすがに怒られるかと思っていたので。

ただ気まずいのでレスは加速した。

で、職場でバレたのはどうやら相手の子が周囲の人にペロっと言っちゃったかららしく、同僚数名から「お前何してんだよ」といわれる羽目になった。

あと、その職場にいる嫁の知り合いが「なんで嫁さんが怒らないのか分からない」と憤慨していたのもあって、結構出回ってしまい、結局転職することにした。

そうしたら逆に、相手の子からアプローチが加速し、とはいえさすがにちょっと無理ですって言ったら相手の子が「奥さん怒らなかったんでしょ?愛がないんじゃないんですか?私だったら絶対嫌なんですけど」と言われて、まぁそうかもなぁ…と思ったり。

にしてもさすがに無理ですとお断りした。

そんな最中に、新しい職場飲み会でなんとなく結婚生活の話になったとき、「うちの嫁はめっちゃ嫉妬いか携帯チェックされたりする」とか「飲み会?誰と?職場の?とか聞かれる」とか「休みの日は嫁の買い物に付き合わされる」とか愚痴を言われて、ははぁうちはホントレアケースだなと。

自分のとこの話をしたらうらやましいの声多数の中にちらちらと「それホント結婚してんの?友達ルームシェアかよ?」とか「逆に寂しくないの?」というのもあった。

確かに寂しかったのかもしれない。でも今このスタンスで来てるわけで、今更もっと一緒の時間作りたいとか言えないし。とはいえ1人の時間もほしいってのは事実だし。

なんかいろいろごちゃごちゃ考えてたタイミングで、相手の子が、「私も転職したのでもう誰にもばれないからお願い」的なことを言ってきて、結局また会うようになってしまった。



で、当然隠してたし相手の子にも口止めしてたんだけど、なんなんでしょうね、女性の勘みたいなの。4回目くらいのとき離婚届突きつけられた。

ん、って紙差し出されて、さすがに絶句した。

怒るでもなく、問い詰めるでもなく、いきなり離婚届出された。

「え?なにこれ…」って戸惑ってたら、「え、だっての子関係続いてるんでしょ?あの子結婚したらいいじゃん」とな。

離婚届には既にきっちり記入されている。

「いやでも離婚は…」と言おうとしたら、「私が離婚したいからしてって言ってる」と言われ、結局離婚した。

特に慰謝料とかもなく、普通にホントにただ別れた。子供生もうと思ってなかったこともあって、口座も元々別で、お互い自分給料から同額の生活費を出し合ってたので、趣味の分とか貯金とかは自分でしてたし。

はい生活費のやりくりは嫁だったからへそくりしてたりとかあるかもしれないけどそこまでみみっちいことは言わなかった。

最後に嫁から

「ご両親に報告するとき嘘は言わないように。私もそのままうちの両親に話すから。とはいえ両親に手出しはさせないのでそこはご心配なく。あと、良くして頂いたのに申し訳ありませんって伝えといて」

と言われた。

両親同士も多少交流があったっぽいから変にごまかすとそれはそれで問題になりそうだし、なにせ自分が悪いから、さすがに自分不倫離婚しましたと両親に伝えた。父親に殴られ、母親には泣かれた。

親はもしかしたら何かこう、うちの息子がすみませんでしたとかしたのかもしれないけれど、その先は特に何もなく。

本当にきれいさっぱり離婚してしまい、いつの間にか彼女携帯の番号とかも全部変えてしまったらしく、音信不通

一応お互いのfacebook知ってるけど、元々彼女はとりあえずアカウント取っただけって感じで最初の3回くらいしか投稿してなかったし、今も全くログインすらしていない様子。

不倫相手だった子とは半年くらい続いたけど、なんかこう、やっぱり違うなと思って別れた。

相手も、あれほどアプローチしてきたのはなんだったのかってくらい、あっさりと終わった。

なんとなく詮索されるのもしんどかったので、離婚したタイミングでまた転職した。

結果、まぁ友人がいるからいいけれど、なんかこう、1人になったなって感じ。



確かに不倫した自分が悪い。

悪いんだけど、でも、そんなに怒ってたんなら言ってくれればよかったのに。

気付いてるそぶりもなかったし。さすがに気付かれるくらいならしなかった。

調子こいた自分が悪いんだけどさ。もっとこう、好きって言ってほしかったし、もっと一緒にいたかった。

自分で飯作っても、彼女の味が時々恋しくなる。

結局のところ、自分は元嫁のことが好きだったんだと思う。

元嫁はそうでもなかったのかもしれないけれど。

高校生ときキモい思い出

選択科目で俺は別の教室で授業受ける

その間自分の席に学年一可愛い子Aが座る

それを俺は知っていたから、わざと机表面のはしっこに歌の歌詞をこっそり落書きしておいた

授業から戻ってきて机みたら「←いい歌だね♪」みたいに書いてあった

俺はめちゃくちゃうしかった

の子はかわいくて天然という最強キャラだった

今日スパッツはいてきた」と言いながら教室スカートをたくしあげて友達に見せるタイプ(共学なのに)

Aは顔も性格イケメンなやつと付き合ってた

そいつならしょうがないとみんなが思うようなやつ

結婚したりしてるのかな

https://anond.hatelabo.jp/20170817033705

Twitterクソリプ真面目に反論したりしてて見た感じメンタルが相当弱いのとクソ真面目で「あーこの子生きるの不器用そうだな…」みたいな感じだったし

楽曲が「えっこのBPMで歌ってダンスするの」みたいな曲ばっかだから体調面で無理だったっていう説明でわりと納得したけどなー

電車内でのマナーの悪さ

近頃電車マナーが悪い人が多すぎる気がしています

無理やりの割り込み、満員なのにスマートフォンをいじって肩にぶつけてくる人、傘を腕にかけたままスマホに夢中になって人にガツガツぶつけてくる人。

別に満員電車自体は苦じゃないのだけれど、満員になればなるほどマナーが問われると思うんです。

スマホにばかり集中しないでまわりを見る」

「足を広げて座らない」

「車内で化粧はしない」

カバンはなるべく網棚にあげ、まわりにぶつからないよう配慮する」

匂いのきつい香水コロンは控える」

「傘は思いのほか水滴が他人にかかることがあるので気を付ける」

「狭い中で無理やり新聞を読んだり、スマホをいじらない」

こんな小学生でもわかりそうなことを

できない大人の多いこと多いこと。

特に、いい歳した中高年の方のマナーが本当にひどくて驚きます。(もちろん、中高年できちんとした方もいますが)

今朝がたですが、こんなトラブルがありました。

乗り換える乗客が多い駅にて、私の隣以外にも空きはあったはずなのに

無理やり私の隣におばさんが入ってきました。

まずびっくりしたのが足。

私の右足をぐいぐいぐいぐい左足で押してきます

びっくりした顔で見ても知らんぷり。

腹が立つからもう寝ようと思って、立ちながら静かに目を瞑りましたが

その後は肩やら腰やらで体を押してきます

逆側に避けるとそっちの人を私が押さなくてはならないなーと思い

押し返さない程度に耐えてました。

しかし、しばらくすると状態悪化

反対隣りにスペースがあるというのになぜか私の側にだけぐいぐい押してくるのは

まりに悪意があると判断し意を決して声をかけました。

すみません

するとおばさんんがイライラした声で、こっちを見ずに「はい」と言ってきたので

「押さないでもらってもいいですか?」

なるべくイライラがでないよう、落ち着いた声で言いました。

しかし驚いたことにおばさんは臆することな

「押してないわよ!混んでるからでしょ!?!?」と逆上。

揉める気もなかったので私は言い返さずまたイヤホンをして目を瞑りました。

まあさっきよりはマシになったから許そう。

そう思っていたのですがしばらくすると

すみませんけど、もっと左よってくれる!?足の踏み場がないのよ!?

と反撃に出てきました。

反対隣りに寄ればいいだけなのに、なぜこのおばさんは私の側に足を置きたいのか。

なんだか朝からこんなくだらないことで声を荒げてバカみたいと思ってしま

ついつい笑ってしまいましたが、

「笑ってんじゃないわよ…ぶつぶつ…」とお怒りの様子でした。

もともと私の立っていたところの横に無理やり入りこんだくせに

立ち位置文句つけることがおかしいとは思わないのかな。

私は一歩も動いていないのに。

その後、お互い降りる駅が一緒でしたが

向こうは威勢よく怒ったわりにそそくさと去っていきましたとさ。

なんだったんだおばさん。

たまーにこういう人いますね。なにがなんでも己の気に入る場所で気に入る空間を確保したい人。

つくづく頭がおかしい…

本当に混みあっていて、向こうがすみませんって感じで小さなスペースに身を寄せてたら

こっちも「いえいえとんでもないです」ってできる限り身を縮めるのに。

今は確かに若者がインスタ映えを考えすぎて

マナーを守らないとかそんなのよく見るし

の子は、若いやつは、っていう人の気持ちもわかります

本当に公共交通機関での中高年の方のマナーが目に余る…。

一度中高年の方に対して電車マナー講座とかやってほしいです。


回りをよく見る、譲り合いをする、人に迷惑をかけない。

もしそれでもトラブルになってしまったら、落ち着いて話す。

こんなことくらい当たり前にやってください。


先日Twitterで親子連れの方のファミレスでのマナーについて話題になっていましたが

あれも読んでて恥ずかしいくらい当たり前のことでした。

当たり前のことが当たり前でなくなってしまう、

自分さえよければいいという人が増えてしまうことが本当に怖いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん