「出会い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 出会いとは

2017-11-24

姉の結婚

明日、姉が結婚する。

その相手狩野英孝神木隆之介を足して2で割ったような好青年。(想像しづいかもしれない)素直でいい人というのが見た目ですぐわかる人だ。

地元宮城就職した姉は趣味サークル旦那さんと出会い健全なお付き合いを経て27歳の誕生日プロポーズされ、結婚に至ったとのこと。

両家、私以外は全員宮城まれ宮城在住。お手本にしたいような地元結婚だ。

姉は地元で有名な美人だった。

そして2つ年齢差のある2人姉妹私たちは、常に容姿学歴、進路、運動能力毎日毎日比べられてきた。

私は姉よりブスだ。

小学生の頃「お母さんとお父さんの顔のいいところ、全部お姉ちゃんに持っていかれちゃったねえ〜!」と知らないおばさんに言われたことは忘れられない。(今でもたまに思い出しては凹む。)

姉は、身内目線でも、本当に美しかった。そのくっきりとした二重に黒目がちな瞳、小さく卵型の顔と形のいい鼻に憧れては同じ顔に産んでくれなかった母親を恨んだ。

更に色白でツヤツヤの肌と一度も染めたことのない黒髪田舎を歩くもんだから、小中ずっと学校のマドンナとして君臨していた。

私は、両親ともに二重なのになぜか一重で生まれ落ち、加えて、父親のエラ張り顔と母親の丸い鼻という悪いパーツだけがピンポイントで似てしまった。

漫画のようなことだけど、中学入学した時は中3の男の先輩が私の顔を見に来た。

「あの美人の妹だから、さぞや美少女だろう……」という期待をもって私の顔を見た瞬間、なんとも言えない顔をする。

そのあと、含み笑いをしながら「妹はブスだな」と。こんなことが日常茶飯事だった。

そんなこんなで鮮やかに容姿コンプレックスを患った私は、死ぬほど姉を羨ましく思い、自分を呪った。

その上、姉は心から優しく性格が良いのでコンプレックスからどんどん性格が歪む一方の私には、何ひとつとして勝てることがなかった…。

どうしても姉に勝ちたい。親に、周りに自分価値を認めさせたい。だから容姿で勝てないならと容姿以外の全てで姉に勝つべ努力を重ねた。

まずは運動部レギュラーを勝ち獲り、周りを見返したい一心で狂ったように勉強した結果高校県内トップ大学国立へ無事いくことができた。

就職も、姉の年収の倍を超える東京IT企業から内定をもらうことができた。

社会人になって3年の25歳。元はブスでも稼いだお金美容にこだわれば、東京カレンダーに載ってる店に誘われるくらいの、そこそこの美人になることもできたと思う。

私が努力している最中

ロクに勉強もせず地元私立大学に通い呑気な大学生活を過ごし、

田舎にあるテキトーな小売り企業社員をしていた姉に、もはやかつての輝くような魅力は薄れていた。

半年前、結納式のタイミングで会った姉は相変わらず綺麗なことには綺麗なのだが、

服も髪もメイク地元イオンモールに馴染む田舎臭さがあり、体型は少しぽちゃっとしてきたように見えた。

そして今日東京から実家へ向かう新幹線に乗るために家を出ようとすると、姉から突然電話がきた。

東京はたのしい?」

「今度遊びに行ったらおすすめのお店を教えてね」

結婚式直前の相当忙しい日にする電話とは思えないような他愛ない会話が続いたあと、自信のない声で

「ねえ、私明日結婚するよ。一生宮城から離れられない。東京で楽しそうなあなたが羨ましいよ……」


弱々しく薄れていく姉の声を聞いて、完全にこの女に勝ったという気持ちが湧き上がるのと同時に

結婚式の前夜に妹に電話するようなつまらない女。こんな人間に長年コンプレックスを持ち続けてきた自分人生をしょうもなく感じた。

結婚式を前にして、自分がこれから送るであろう田舎での平凡な生活を選んだことが不安になったのか何なのかはわからない。

ただ、今まで何をするにもチラついた姉の影を、この電話で完全に払拭できたと実感している。

明日は姉より自信のある満ち足りた顔で振袖を着てやろう。

粉をかけられたか拒否った人のツイッターを見たらもう次の女に口説かれてるっぽいことを書いててほんと不思議

どこにそんなに出会いがあるの?

こちとらモテなさすぎて男性相手不審な態度取りまくりなのに。

"女性専用車両男性の目がない分、"に続く文章を考えよう

女性同性愛者の出会いの場として使われ、先進的な渋谷区感謝する女性声優も多い。

2017-11-23

前川って出会いバー買春疑惑の時真摯な人だと擁護されてたけど

今の政権批判に明け暮れる姿を見たらとてもそうは思えんね

童貞の人が気になってる

アラサー女。

同じ職場童貞の人がちょっと気になってる。

童貞かどうか知ってる理由は、前に同期だけの飲み会で「彼女いない歴=年齢だよ!」って言ってたのを聞いてたから。

いまの仕事は悲しいほど出会いがなくて、彼氏と別れてからの期間も長い。

そんな中同じアニメが好きだったりして仲がいい彼のことが少し気になっているのだけれど、正直、寂しさに負けてるだけなんじゃないかという気もしなくはなく。

浮ついた気持ちで、彼の「はじめて」を簡単に奪ってしまっていいのか、というところで踏みとどまっている。

デートとかそれ以上のこととか、もっと彼が本気で好きになった女の子としたほうがいいんじゃないかって。

2017-11-22

anond:20171122231623

病で辛いからという前提は見失わないようにしたいけど、

他人依存したり助けてもらうのが上手い人たちだよ。

いろんな面で自立していないとやってもらうことに慣れてるから、そんなこと他人に頼まないだろ、ということも普通に頼んでくるし、相手も選ばない。

からメンヘラも手を差し伸べさせる術は持ってる(術を持ってるつうか、価値観というか……)

健常で特に問題のない、だがハイスペックでもない中間層が一番結婚しにくいのは男女どちらも同じではないだろうか?

出会いがない。他者と深く関わる機会がない。依存しあう機会がない。メンヘラにはそれらが揃ってる。

https://anond.hatelabo.jp/20171122143222

世界がおわりにむかっているように見えるのは 世界をみている二つの眼があなたのものからということに気がついちゃったか

ほかの人の眼にも同じ広告みえているといいよね

きっと同じ広告をみている人どおしの出会いとかあるとおもうのでクリックしてね

anond:20171122143222

普段から出会いとかマッチングとか書いてるからそういうのが出るのよ。

IT系転職のとか出るけどな。

2017-11-21

anond:20171120124737

まず、人生設計とかあるかな

30歳までに結婚して、35歳までに子どもを2人作る、とか。

それがあると、例えば、20代後半から出会相手は、結婚できるかどうか?という視点で見るようになる。

それでうまく付き合えたら、付き合ってる期間は、「長く一緒に入れるか」、という観点関係性を評価する。

そしたら、1年もしたらプロポーズすべきかどうか、なんてジャッジできる。

実際付き合ってみて、こりゃ価値観あわないわ、、という感じの相手は1ヶ月もすればわかる。

自分経験からポイントだったなぁと思うのは、

相手も適齢期だから申し訳ないと思いつつも、結構早めにお別れを言うことが大事だと思う。お互いのために。

・このトライアンドエラーをまわすために、結構たくさん出会いの場には行って「付き合えるようにアプローチする」数を増やすこと。

白馬王子様(お姫様)は現れない。自分出会えた人の中から選ぶ、と考える。

このプロセスは、恋愛結婚の体をとっているが、実態は若かりし頃にした恋愛とは違う感覚だった。

パートナー探し、に近い。

恋愛 VS パートナー探しの重みを評価すると、若ければ若いほど恋愛に重みがあり、年を重ねるほどにパートナー探しの重みが増えたと感じる。

この2つのバランスは、どちらかの二択ではなく、自分のコンディションや相手との相性如何で分散される感じ。

それで結婚してみて、3年たって子どももできた。

子ども想像を絶するほどにかわいくて、あー家族を持つ幸せってこういうことかーと思ってる。

結婚して、初めて分かった相手のいい面も、嫌な面もあるけど、非常に納得して結婚してるので基本的に前向きにいられる。

子どもができて、恋愛してる感はさらに減ってしまったけど、パートナーとは根本のところでずれてないから、まぁ多分、離婚せずにいられると思う。

我ながら機械的かもしれないけど、運命とやらを口を開けて待ってるより、自分から手にしていくには、限られたチャンスで最適な判断をするしかない。時間って進んじゃうからね!

全ての男女比を五分五分にしてみたら

何日か前もおんなじ内容書き殴ったけど、もうちょい整理して再投稿

こんだけ男女平等が叫ばれる世の中だ。

社会実験としてどこかの街で学校職場サービスに消費など

社会生活のあらゆるものの男女比を全部五分五分にしてみたら良いと思う。

そもそもの男女の数の差があるから男:女が6:4まではギリOK

これを守れぬ場合は即座に是正勧告罰則を与える。

現状、議員総合職など見栄え良い社会の上澄みだけ

男女平等になりつつあるから社会の隅々まで徹底する。

日雇い土方も運ちゃんも、風俗もコルセンも完全に男女五分五分

整備士大工保育士看護師プログラマにデザイナ、消防士役場受付、ぜんぶだ。

体力差や適正が・・・伝統的価値観が・・・、なんてカビ臭い横槍は一旦無視

今までやったことないんだから実態はやってみにゃ分からん

学校なら、先生も生徒もクラス野球部吹奏楽部も綺麗に男女五分五分

選手マネージャーも男女半々。競技性差ハンデも基本的には無し。

工業高校女子大学も男女半々だ。てか「女子大」という枕は外させる。

レディースデーは、メンズデーを作るか撤廃女性専用車両は、男性専用車両を作るか撤廃

神事相撲土俵など伝統的とされる場所での女人禁制なども撤廃

ここで勘違いして欲しくないのはいわゆる「下駄を履かせる」、ってのは絶対に無しな。

法律ならしょうがいから実力ない男or女をその場しのぎで採用し頭数合わせる」は駄目。

採用したもの仕事与えずに最低賃金飼い殺し」とかも勿論NG。あとルッキズムNG

これやると全てが台無し。異性側から反感を買ってしまうのでね。ちゃんと実力や資格を重視だ。

あと「男or女が自分仕事横取りした」と喚く無能底辺が出てくると思うので、

そいつらは最低限度の社会保障を咥えさせて黙らせる。男女みんなで働けば税収で賄える。

性別に左右されず、真に仕事の出来る人間評価される社会

パートナーとの出会いも増えるだろう。少子化にも効くかも。

どっかのめちゃくちゃリベラル中核市とかが試しにやってくんねえかな。

何年か社会実験して成功なら万々歳、失敗ならそこでやめちゃえば良いからさ。

多分「これやった反動トランプ大統領だぞ!」という反論が来るだろうけどNE!

2017-11-20

anond:20171120011823

こういうのを見ると、やっぱり20代前半でそこそこに遊んできた子じゃないと結婚リアルじゃないって思っちゃうんだよなぁ

壮絶な過去を共有しているとか、よほど運命的な出会いだったりしない限り、やっぱりある程度の経験積んでる人じゃないと信用できない。

結婚してからなにかのきっかけでそういうのに目覚めたら最悪。

自分も然りで、やはりある程度経験を積まないと、本当にその人を好きだって言えない気がする。

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-19

丸ごと受け入れて

自分のことを丸ごと受け入れてほしいタイプ男の子と数ヶ月だけ付き合ってたことがあった。大学の時の話。

*妹に欲情してる

*出席してるのに単位取れなさすぎて退学した

*下着を欲しがる

学術的なことを匂わす話をすると不機嫌になる(本の感想とかも)

Twitterでの他の異性(地元の友人)との会話とかを監視してるし、フォローする

ここら辺が気持ち悪いなって思って適当理由つけて別れた。嫉妬深いとか単位のこととか。

別れたあとに、周りの人から「もう少し支えてあげなよ」「薄情だよ」って叩かれた。

その後、

彼は「中身を受け入れてくれる人と出会いたい」とか「お母さんが孫は諦めるって言ってた(わたしと別れたから)」だとかTwitterで呟いてた。

あと、フォロワーの妹さんが生理の血で汚した座布団を、「譲ってもらえませんか」とか交渉してた。

いや、無理でしょ。

追記

コメントが嬉しくてついついお返事しちゃいました。叩かれると思ったのですが、そんなこともなく、安心しました。何年か前の話なので、いまは割とネタにしてます

2017-11-16

お前が結婚できないのは!!!

出会いがないとか理想が高いとかそんな理由じゃなくて!!!

容姿が並未満で!!性格がクソで!!社会的にも存在価値のないゴミからだよ!!!!!!

2017-11-15

Boとの出会い

Boは両親の離婚後、弟と母親と一緒に暮らしていた。

Bo母親は、仕事から帰るとすぐに、ゲーム世界に逃げていた。そして、ある日、Bo母親は、ゲームで知り合った人と暮らすと言って、弟だけを連れて出て行ってしまった。

Boは、わたし再婚をして一緒に暮らしている父親のところにやってきた。

こうして、わたしBoは一緒に暮らすことになった。

こう書くと、まるでBo母親がとんでもない親に見える。

でも、実態は、かなり違う。

なぜなら、この頃のBoは、もうとっくに成人した社会人から。。。。。

わたしBoと初めて会ったのは、Bo小学生の時。一緒に暮らし始める10年以上昔のことだ。

Boは、わたしボランティアで手伝っていた子ども英会話教室にきていた。

とてもおとなしくて、おだやかで、優しい子だった。が、なぜか彼の席の隣に座ろうとする子がいなかった。

しばらく観察していると、理由が分かった。すぐ隣に座っている人がいるのに、大きく手を振り回したり、突然、椅子を大きく動かして立ち上がったり、と周囲にぶつかるのだ。

Boと同じ学校から来ている女の子に、学校の様子を聞いてみると、「Boは突然、殴ってくる。にらみつける。だから学校でもいじめられている。」とのことだった。

しばらくするとBo英会話教室に来なくなった。

気になって家に連絡をしてみた。

両親が離婚をして、母親と遠くに引っ越して行ったか教室はやめますとのことだった。

数年後、SNSBo父親を見つけた。Boの近況が気になって、連絡を取ってみた。

月1回程度、面会している。面会のたびに、一緒にゲームをして過ごしている。とてもゲームが上手で、強くて、元気だ、とのことだった。

ああ、じゃあ、英会話教室に来ていた時は、両親の離婚精神的に不安定だったのかな、杞憂だったのかな。

そう思った。

そんなこんなで、Bo父親交際を始めて、Boとも年に数回会うようになった。

会ってみて、すぐに、やっぱり何かがおかしいと感じた。

だけど、当時は遠慮もあって、Bo父親にははっきりと言えなかった。

その後、Boは進学や就職等の節目のたびに、いろいろとつまづき、わたしと夫がサポートをする、というようにかかわり続けた。

Bo高校生になったころには、わたしは、明らかにBoには何かの障害があると確信していた。

だけど、夫はわたし意見に一切耳を傾けなかった。

だけど、一緒に暮らし始めてしばらくして、夫も、Boは何かがおかしいと認めて、ようやく病院に連れていくことができた。

こうして、21歳のBoに、ようやく病名がついた。

ADD+軽度知能障害、俗にいう「発達障害」だ。

いいないいな 学生時代から付き合ってた子と結婚できた人いいな

からのことを知り合ってる安心感に これから一緒に頑張っていこうっていう期待感

明るい未来が待ってるだろな

ぼくも帰ろ

おうちへ帰ろ

でんでんでんぐりがえって

出会い が ねえ!

2017-11-14

だったらもういっそ出さないでほしかった

これ、ほんと頭においておいてほしいんだけどさ。

こちとらアイドル恋愛したいわけじゃないんだよ。ましてセクハラしたいなんて思ったこともない。

の子アイドルにしたいと本気で思った子を立派に育てて、トップアイドルになる姿を後ろから眺めていたいだけなんですよ。

で、アイマス比較的その欲求が満たされるんだろうなと思ってやってたんですけど。

デレステアイドルごとのコミュひどくない?

デレステのPあまりにもクソ野郎すぎて見ていられなくてコミュ開かなくなっちまった

いまめちゃくちゃ溜まってる。

アイテムほしいときに開いて、見ずにタップだけして終わるものになってる。

セクハラがひどすぎる。あと奇行といって差し支えない言動の数々。

Pがクソ野郎なのにも耐えられないんだけど、そんなクソ野郎にほいほいついていくような子じゃねーんだようちの担当!!!という怒りがすごい。

担当だけじゃない、みんなそうだよ。こんなチョロいわけねーだろ!!なめてんじゃねーぞ!!!!!馬鹿にしてんのか!!!!!!という憤りで一杯です。

そういえばどなたかもこういうこと書いておられたような……そのときデレステやってなかったから実感としてなかったんだけど、いざ目の当たりにすると本当にひどいね!!

アイドルとの出会いのシーンや成長のシーンか…それはとても大切なエピソードだな…と思って見始めたらクソPがセクハラをかます図を見せられるって何?こっちはアイドルのことめちゃくちゃ大事に思っているんですけれども??

選択肢のないセリフをわざわざタップさせる必要があるならせめて本当に選択肢設けて普通のとセクハラのに分けろ。

そういうアプローチしたい人がいることは分かってるしそれを否定するつもりはないさ。個人自由だ。

ただ自分はそんなの選びたくないのに選ばされるのが嫌なんだよ。

苦痛ならコミュ見なきゃいいというのはそうですよ。実際見なくなったからね。

でもさ、自分大事アイドルとの出会いや思い出がこれ、というのは避けられない事実なわけですよ。納得できる?できるわけねーだろ!!!





聞くところによると、アイドルによってはめちゃくちゃよいとのことなので、自分担当運営大事にされてないんだなと思い知った。

もうデレステはやらない。

anond:20171113175227

料理趣味なんて素敵じゃん。

はてな価値観合致しそうな相手との出会いに向いてそうだけどそういうサービスないの?オフ会みたいな

2017-11-13

anond:20171113172651

思ってるならしたらいいじゃない

そうやってまごついてるってことはこういうヌル関係も悪くないと思ってたりするんじゃないの

いっそその友達に「このままじゃ彼女できないし余所出会いを求めようかなあ」とか言ってみたら

向こうが焦ってモーション仕掛けるかもしれないし呆れて絶縁されて後腐れなく余所に行けるかもしれない

32の時に婚約破棄した

今は36歳。

きっかけは些細な事だったと思う。

当初新居探しをしており、

・お互いに通勤やす

賃貸

・1、2年住んで貯金し、身の丈に合ったマンションを買う

という事を2人で話し、不動産屋に通っていた。

ある日、自分会社社員旅行があり、土日が潰れることになった。

日曜日に自宅に戻ると、彼女から連絡があった

「いい新築マンション見つけたか内覧に行こう。既に親と見てきたから」

自分は「マンション?」と思いながら、了承して電話を切った。

内覧当日に話を聞くと、マンションはこっちが全額負担で購入するということになっていた。

意味がわからず、親と内覧に行ったことも事前に伝えてくれなかったことも含めて文句を言った。

彼女としては、良かれと思ってとのことだったらしい。 彼女希望からと言い聞かせて内覧したが、ほとんど頭に入らなかった。

内覧を終えて帰ろうとすると、目の前に車が止まった。彼女の両親だった。彼女が良かれと思って迎えに来てくれるよう頼んでおいたらしい。自分は何も聞いていなかった。

相手の両親だ、相応に緊張もする。

一言伝えておいてくれるだけで心づもりもできたのに。

モヤモヤしながら過ごし、自分の親を連れて彼女実家挨拶に行った。

釣書のやり取りもそこそこに、彼女母親マンションの話をしてきた。「私たちの老後はよろしく」と言われたことが印象に残っている。

自分マンション購入を辞退した。

その後、彼女マンション購入は母親の入れ知恵ではないかとやんわり聞いてみた。

すると、彼女は「母は激怒しているから謝りに行け」と言いつつ、自分悪口が沢山書かれたメールを見せてきた。

この時点で、彼女自分問題解決する気はない事が分かった。親依りな彼女と、独立してる自分とでは合わなかったんだ。

こちらの事を何一つ考えてくれないと感じ、婚約破棄を申し出た。

そしたら泣きながらも了承された。抵抗せずに。

本当に何だったんだろう。

それから4年間、出会いはあったが長続きしない。

毎朝あの時結婚していればどうなっていたか考え、鬱になる。

カウンセリングにも行ったけど、事の顛末を話せるあなたうつ病ではないと言われ、その後行っていない。

最近料理に興味を持った。

休日に作る肉じゃがを一人で食べながら、一緒に料理できる人と出会えないかなと考えている。

anond:20171113172202

しかしですね。

自身彼女がほしいなあと思ってるのも確かで…。こんなことしてる暇あったら、違うところで出会い広げた方がええんじゃないかなんて思ってます

うつヌケがお下劣サイテーパロディ漫画より危険理由

話題の「うつヌケ」はお下劣サイテーパロディ漫画より危険だ。

理由はこれを読んだ患者治療拒否する可能性が高いからだ。


うつになった原因は「自分キライになったこと」

うつを克服できたきっかけは「自分を好きになったこと」

科学的根拠が全く見えない言葉とともに、通院や投薬の無意味さを主張する。これがこの漫画の正体といっても過言ではない。

から見ればあの近藤誠医師書籍と同じである


第2話において、うつ病治療を始めたが効果が見えず、薬が増えていくことに恐怖を覚えたこと、そしてドクターショッピングに至ったことが描かれている。

精神医療失望し始めたころに「薬では『うつ』は治らない。なぜなら…」という本に出会い、そこからアファメーション」に傾倒する。


まず「アファメーション」が何なのかをググってみるといい。大半の人が目を覚ますだろう。

このアファメーションは一部で有名な苫米地英人日本に持ち込んだものである詐欺的な自己啓発集団商品化しているケースがあまりにも多い。

ドクターショッピング対象自己啓発ショッピングに切り替わっただけと考えてほぼ間違いないだろう。同じ罠にはまる精神疾患患者はそう珍しくないかである

田中圭一はもちろん医療専門家ではない。それゆえに精神病理について全く無頓着である

脳の器質的な疾患であるとか、そういったことを無視してメンタルヘルスを語っている。

その結果


うつになった原因は「自分キライになったこと」

うつを克服できたきっかけは「自分を好きになったこと」


という非科学的なセリフが登場するのである。いうまでもなく、これらはうつ病の発生原因や回復要因としてまったく因果関係が判明していない。

メンタルヘルス回復の補助としてある程度役に立つかもしれないが、あくま治療のメインは投薬治療である

ストレスで胃に空いた穴は、ストレスを解消するだけではふさがらない。精神疾患もそれと同じだ。


まりこの漫画一見精神病患者の心に寄り添うように見えて、言っていることはマイルド根性論なのだ

うつなんて甘えだ。気合で治せ」というのと

自分キライになったかうつになった。自分を好きになればうつは治る」

というのは、理屈としてはほぼ同じである

うつ病というのは自分の気の持ちようで治る病気なんだ、という、多くの精神科医師が解きたくてたまらない誤解をますます深めているのだ。


うつ病患者をはじめとした精神病患者は、長患いの結果、病院医師に対する信頼を完全に失っている。

そんな折に「薬ではうつは治らない」「アファメーションで治る」と書かれた本を手にしたらどうなるだろうか。

すべてに絶望した末期がん患者が「抗がん剤ではがんは治らない」「手術も抗がん剤も無しでがんは治る」と書かれた本を手にした時と同じことになるのではないだろうか。


最後に。著者も含め、世の中の精神病患者はあまりにも「薬を飲み続ける」ということをネガティブにとらえすぎていないだろうか?

「一生薬漬けの体になってしまった」と嘆く人がいるが、よく考えてほしい。

健康人間でも食べ物を食べ、水を飲み、空気を吸わなければあっという間に干からびて死ぬ

薬がないと生きられない人間と、健康人間には大して差は無い。


まれから生薬を飲まなければいけない人。自分自分注射を打たなければいけない人。

自分意志では歩くことができず、たくさんのチューブにつながれた人…

「生きている人間」のうち、彼らが占める割合はあまりにも大きい。

だが彼らは果たしてみじめなのだろうか。

「一生薬漬けの体になった」と人目もはばからず嘆き、薬を飲まない人生こそを至上とする精神病患者は、彼らの生き方否定している可能性に気付かないのだろうか?


治療のゴールは薬を飲まないことではない。治ったといわれたいために治療放棄するのは絶対に間違っている。

第三者に害を与えかねない病気からこそ、スタンダード治療重要性を常に心に留めてほしい。

2017-11-12

あぁ、私あの人のこと好きだ。

考えたらワクワクするもん。

29歳、向こうは32歳。

お互いいい歳ですし、出会いマッチングアプリですが、うん、好きだわ。

どうしよ!

男目当て

昨日のチーム練習マネージャー志望の人が来た。

30歳超えてそうで職業看護師

ここ2、3年でプロ野球ファンになったらしく好きな選手を聞いたら今年から活躍し始めた微妙な若手選手名前を挙げた。

話聞いた感じ、にわかファンっぽい。

マネージャーになりたいってのは男目当てだろうなぁーって思う。

マネージャーってほぼ100パーセント、男好きって言われるのを防ぐためにいか仕事が大変かアピったり、練習中、球飛んで来てたりして危険伴うしよっぽど覚悟ないとできないよ〜とか言う。

個人的には「出会いがあればなぁってちょっと思って…笑」って言われた方がまだ清々しいのに皆こぞって隠す。

球飛んで来てピーピー言ってるマネージャーとかうざい。

運動神経いからか簡単な球も避けられないやつとか。

なのにプレーヤーに接近するんだよね。邪魔

練習後にマネージャーに気遣えみたいな発言とか依頼を口にするんだけど、じゃあ辞めればってかんじ。

プレーヤーはいつも通りプレーしてるだけのところを「マネージャーグラウンドに入れてあげてお手伝いさせてあげてる」状態なわけだけど、そういう感覚は一切ないらしい。

本当、邪魔

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん