「最後」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最後とは

2017-07-25

どこにでもあるような話

※この話は作り話です

20代若い頃、不倫をしていた。相手は30代後半のおじさん。今思うと、あんなおじさんのために若い頃の時間を使うのは本当にもったいなかったと思っている。

あのおじさんはいつも奥さんの愚痴ばかりを言っていた。そして、奥さんと比べて私がいかに素晴らしいのかを滔々と説いて、最後に寂しい子供のような顔をした。

それで私はその気になってしまった。この人の孤独を救うのは私なのだと思い込んだ。そうして、不倫関係が始まった。本当にあの頃の私の頭をぶん殴ってやりたい。

私は、あのおじさんがいつか奥さんと別れて私と結婚してくれるのだと願っていた。おじさんの口から聞く奥さんとの関係はすでに破綻していたし、おじさんは私に夢中だと思っていた。愛があるのだから結婚できるということを疑っていなかった。

けれども、おじさんの身辺から不倫が奥さんにばれた。そして、話し合いの場に私も呼び出された。

私はそれならそれで奥さんに逆三行半を突きつけるチャンスだと思っていた。当然、これからおじさんと私で一緒に生きていくので離婚しましょう、という話になるものだと思っていた。

しか現実真逆だった。

おじさんは奥さんにものすごい勢いで謝り始めた。出来心だった、遊びだった、一度も本気になったことはない、許してくれ、そんな言葉オンパレードとともに、私のことを下げることを山ほど言った。私を口説いたとき、奥さんを下げて私を上げてその気にさせた時とは正反対だった。

そこで私は、自分がとんでもない見込み違いと勘違いをしていたということにようやく気づき、急に恥ずかしくなった。

奥さんはやたら喋るおじさんに少し静かにしていて、と言って、私に向き合ってきた。

奥さんは静かに言った。

まず、自分は夫を許す気は無いということ。そして、だからこそ離婚はしないということ。離婚はしないしあなたはまだ若いからこんな男に引っかかったのだろうから慰謝料請求はしないということ、ただし関係をすっぱり切ってもらうことが条件だということ。

そうしたことを静かに話す奥さんを見て、私は、ああ、この人にはかなわない、と思った。だから、その条件を素直に飲んだ。

あのおじさんは離婚はしないと言った奥さんに対して、ありがとうありがとうと何度も言っていたけれど、きっと奥さんの言っていることの意味がわかってないんだな、と思った。

とにかく、あの奥さんには今でも感謝しかできない。

そしてその日以降おじさんとは連絡を取っていない。おじさんの方からは何度かコンタクトがあったけれど、全て無視した。というか、ここまで頭の悪い男だとは思ってなかったので本当に幻滅したし、そんなおじさんに夢中になっていた自分ラリアットをくらわせたい。

そして後悔としては、あの物静かで強い奥さんに修羅の道を歩ませることになってしまったことだ。いや、その道を選んだのは奥さんなんだけど、その道に続く扉を開いたのはあのおじさんだけではなく私も一緒だったのだ。

本当にこの点は後悔しているけれど、それを償おうとすることもまた罪なのはわかっているので、私はこの後悔を一生抱えて生きていくことになるだろう。

それがせめてもの償いのような何かになることを、今は信じるしか無い。

しょうもない嘘をついてしま

かなり真面目な相談なんだけど。

「お正月に近所の餅つきに参加したんだけど、つきたての餅って超うまいのね。きな粉とか醤油とかもそりゃいいんだけど、意外とキムチが美味しかった」

「昨日、パン焼くときトースターの熱いところ触っちゃって「あつ!」ってなった拍子にマーマーレードのビンを割っちゃってさあ」

「さっき、コンビニでお釣りが五円多くてちゃんと返したんだけど、よく考えると別に多くなかったんだよ」

こういう、もう本気でどうでもいい話を作ってしまう。

嘘松とかハゲックスみたいな面白い長文ネタを作れば、まだ自己顕示欲とかが満たされるのかもだけど、

もうなんか、年取って来るとああいう濃い味のネタダメなんだよね。

こうさ、若いころって、蕎麦屋行っても「天ぷらそば」とか「とろろそば」とか「鴨南蛮」みたいな、盛り盛りのを頼んじゃうじゃないですか。

もうね、歳だから、おいら歳だから、もりそばだけで十分なのよ。

それも、ワサビはもちろん、汁すら使わないからね。

塩。

そばを手の上にちょこんと乗せて、塩をもう二粒から三粒。

これだけで、美味しいから。

あー、そばの味!

ってなるから

はーーーー、セックスしてええええなああああああ。

うそうそ、ぜーんぶうそ、濃い味大好き、さっき天一唐揚げと、こってり食べて来たからね。

もうね、80kg〜100kgぐらいの脇毛剃らない派の女の脇を舐めながら正常位ではめたいね

チンコはもちろん、もろちん、玉もアナルもしっかり舐められてえなあ。

「ふははは、無様だな増田!」

な、なに、この声は……

もしや、貴様は!

「そう! とめきちだよ!」

とめきち先生お疲れ様です!

「すわっぷ⇔すわっぷ、連載中です」

とめきち先生今日は何をしにこちらへ?

「もうさあ、増田くんちょっと、最近濃い味が好きすぎない?」

そんなことないですよお(へごりながら)

「じゃあ、昨日のオナニーのおかずは?」

椎名波わたしたちのひりだす快楽ですけど?

「ほらもう、濃すぎるよ、そんなの中学生が見たらシコらず射精できちゃうよ」

そ、そ、そんなことないやろ!

もっとこう、薄い味で満足しようよ。重度の素人童貞なんだから

ど、ど、童貞ちゃうわ!

だいたい、薄味のエロ漫画ってなんですのん

遊人とか」

水やんけ!

糖尿病患者でも、もっと味のあるもん食べとるわ!

「はあああああ???? 味するんですけど! 校内写生ピザデリバリーの回とかちょう味するんですけどおおおおお!!!

「ふはははは、無様だな、とめきち

「そ、その声は! 貴様は!」

「そうだ! 黒田bbだよ!」

あーもう、めちゃくちゃだよ。

そもそも、これ男の娘漫画つながりで展開していくんじゃなかったの?

きゃらっとつながりじゃん。

女性声優温泉行くのたのしいいいい!!!

くそおお!! 私も、私も女性声優と遊びたい!!!!」

ぴんぽんぱんぽーん。

ぴんぽんぱんぽーん。

ぴっぴっ!

ここで番組の途中ですが、僕の考えた、ちょぼうらにょぽみと女性声優百合ックスシチュエーションベスト3を発表します。

1位「子供が寝てる横であやねるとずこばこ」

2位「まれいたそに水素水を浴びせながらのメッシープレイ

3位「天津向LINEで会話している三上枝織を後ろからいじり倒す」

です!!!

完璧ロジックを元に導き出したので異論はないはずです。

それでは、最後世界で一番可愛い女性声優名前を書いて終わります







井上喜久子

今日会社最後だった

病欠以外、ほぼ皆勤だった

色々あった、ムカつく事があればここの日記

書いてストレス発散してきた

振り返るといい思い出かもしれない

お疲れ様でした、自分

明日から無職

今度はどんな職種に就こうか

naoyaはてなダイア...

2017-07-25 09:32

■ A さんの件についてAdd Starnetcraft3 (blue)gorilla-boots (green)s-wool (green)karma_tengu51ochikobore1234

以下、A さんとします。

A さんとは 2015年終わりくらいから徐々に、本格的な交際関係に発展していきました。それまでも A さんとは体の関係はありましたが、都度の関係性で、まだ交際関係にはありませんでした。当時 A さんが何度かプライベートのことで落ち込み、死にたいということも含めて私に相談することがあり、それをケアするようになってから関係が深くなっていったように思います彼女は非常に知性的で、私の仕事の話もよく理解してくれることに魅力を感じていました。

しかし既婚者であり離婚は考えてはいなかった私は、彼女人生責任を取ることができないとわかっていました。それにも関わらず関係を深めてしまったことが、最終的に A さんを大きく傷つける結果を招きました。本当に申し訳ないことをしました。

私は A さんに好意を持っていたもの離婚は考えていなかったため、A さんから自分たち関係は何なのかを質問されるようになっても、よくはぐらかしていました。2016年 2月頃、その私の態度に悲しんだ A さんがリストカットを行ったため、私は慌てて、私たち交際関係にあると伝えました。自分精神面で支えてあげなければいけない、そう思って交際することにしました。今思えば、この頃自分がそれ以上踏み込むことをしなければ、A さんをここまで傷つけることにはならなかったのではないかと思います

婚姻関係にありながら A さんと交際する中、私は A さんにお酒の席や LINE などで、家庭の悩みや愚痴を打ち明ける機会が増えました。その愚痴には誇張も多数含まれています。今回 A さんが書かれたブログには、その打ち明け話を元にした妻の姿も記載されていますが、それらは実際の妻とは異なります。私は、私が原因でうまくいってない家庭の悩みを妻のせいにして、それを A さんに伝えてしまっていました。その話が膨らんで、妻の虚像の元になってしまっています。妻はクレジットカードブラックリストにも入っていませんし、浪費癖もありません。自分で働いてコツコツと貯めたお金開業資金に、最近起業したばかりです。私の放言が A さんに妻を悪く思わせてしまっただけでなく、起業したばかりの妻のパブリックイメージも大きく傷つけることになってしまいました。自分自身の失敗をきちんと見つめることができず他責にしてしまう、私の人間としての未熟さが出てしまったと思います

A さんと私が以前から体の関係があったことは先に記したとおりです。当初は A さんも私も双方で避妊をしていました。そのうち、Aさんが避妊しているので私の方は避妊をせずに性交渉をするようになりました。A さんはちょうど私と関係が深まったころに、Aさんの避妊を止めました。私はそれを知りながら、かつ妊娠可能性もわかっていながら避妊なしでの性交渉に及びました。何度か避妊をしたいと A さんに伝えたこともあったのですが、日頃 A さんの申し出を否定すると A さんがリストカットに走ったり、ネットに私のことを公にすると迫ることがあり、それが怖かったこともあって結局は避妊せずに性交渉を続けてしまいまいした。

2016年9月ころ、A さんは妊娠して中絶しました。この妊娠中絶事実を私はその後もしばらく知りませんでした。A さんは私を制裁するためにブログを以前から用意していて、喧嘩になるとそのブログを公開すると私に迫るようになっていたのですが、後の 2016 年12月に、会食で私が A さんの LINE に応答せずにいたことで私がいなくなると恐怖した A さんがブログ公開しました。それを読んだことで妊娠中絶のことも知りました。本当にブログを公開されたことは怖かったですが、それ以上に、妊娠中絶のことにとても驚き、後悔の念でいっぱいになりました。A さんに謝罪をし、二度と同じことを起こしてはならないと考えそれからしばらくは、性交渉もつことをやめ、A さんと会う際はお茶食事のみに留めるようにしました。

しばらくして、再び A さんと性交渉に及ぶ機会になった際、私は避妊したい意思を申し出ました。しかし A さんは、再び子供妊娠して次は中絶せずに生むことを決心していたため喧嘩になりました。このとき妥協案として、せめていつまでか時期を決めてほしいと問われたので、私は A さんが就職する 4月までは少なくとも避妊しようと打診しました。この会話が A さんにとっては 4月になったらまた子供を作ろうと約束した、という認識になったようです。約束できないなら約束できないで、はっきり NO と述べれば良かったものを、ここでもまた相手の反応を恐れて曖昧な返事をしてしまう私の悪い癖が出てしまいました。

この当時には、私は A さんとの関係を今後どうしていくか悩んでいました。A さんのことを支えたい気持ちはありつつ、離婚することは考えていない。その中途半端な態度が A さんを傷つけ、A さんに私を制裁したいという感情を抱かせて喧嘩になってしまう。これの繰り返しでした。

やや話は前後しますが同じ頃、2016年10月に、私と A さんが外で会っているところを盗撮した数十枚の写真が妻の元に届きました。その送付先は、すでに退職済みであった妻の元職場でした。元同僚が中身をみて驚き妻に転送したようでした。妻は狼狽していました。予想外のこと驚き、怖くなった私は、この件をきっかけに区の相談所などに相談をはじめました。その勧めで、警察相談することになりました。

警察では、A さんとの関係解消をするに伴う制裁が怖いなら、警察彼女を連れてきてその場で警察官立ち会いのもと話をすれば良い、とアドバイスされました。これが後に、私が彼女警察に連れて行く動機になりました。

A さんをすぐに警察につれて行かなかったのは、私の中でも本当にそれをしていいのかと、ずっと躊躇があったからです。被害届を私が出すことで、警察は警告を含め動くことができると言われましたが、それをしたときに何が起こるか想像すると怖くて、すぐには決心できませんでした。結果、警察相談したにもかかわらず軟着陸できないものかと、ずるずると関係を続けました。

2016年年末には、A さんから指輪を買ってほしいとせがまれました。それまで A さんには、生活費と称してほぼ毎月、いくばくかのお金を渡していました。12月はそのお金はいらないから、それを指輪に回してほしいとお願いされました。このとき買った指輪を、A さんは婚約指輪だと認識したようでした。これは最近、初めて知ったことでした。離婚はしないことは何度も伝えていたつもりでしたが、やはり日頃の私の曖昧な態度が、A さんにそう誤解させてしまったのだと思います

2017年1月頃になると、A さんとの会話はよくトラブルになることが多くなりました。それでもなお、私は自分意思をはっきりと A さんに伝えることができず、A さんはそれに傷つき関係性は悪化していました。そのうち A さんは私だけでなく妻にも関心を持つようになり、妻を殺害するなどの発言をするようになってしまいました。

状況を危惧して、私と A さんはふたりカウンセリングを受けることにしました。カウンセラーは A さんが探してくれました。カウンセラー先生出会ったことで、非常に安堵して、1 on 1 のカウンセリング号泣してしまったのを今でもよく思い出します。

しかし、このカウンセリングをもってしても、関係自体はそれほど改善しませんでした。

A さんとの LINE電話でのやりとりが昼夜問わず頻繁に交わされるようになり、仕事だけでなく、頭痛吐き気、不眠などの鬱症状が出始めるなど私の体調にも影響が出てきました。体調が優れないときにやりとりをすると、A さんに優しくすることができずに喧嘩になる。悪循環でした。

避妊をしないという約束をした4月も近づき、それまでにはなんとかしないとと思っている中、心身共に限界を感じたため、2017年2月に、六本木麻布警察署の向かいレストランで A さんに関係を解消したい意思を伝えました。もしそこで、何かあった場合は、警察場所を移動するために選んだ場所でした。結局この日は、警察には行きませんでした。

話し合いが別れたい、別れたくないと平行線になるとどうしても、A さんは「じゃあブログに公開して死ぬ」、私は「それだと警察に行くしかないじゃないか」という言い合いになりました。そこで私から「じゃあ、一切そういうことはしないと約束する代わりに 1,000万円を慰謝料として用意する」という提案しました。しかしそれも実現には至りませんでした。結局、その 2/13 日から一週間ほど後に A さんが看護師試験を控えている、それを乗り越えるためにも、その日は結論は保留することにしました。

私は以前から、A さんが看護師になることを楽しみにしていました。A さんは大学卒業後、自分でお店を経営したり、たくさんのバイトをしたりとで非常に苦労してきたあと、3年間学費自分で出して看護学校に通い、就職先の病院も決まりようやく看護師になるという道が見えてきたところでした。その道を卒業間近のいま駄目にしてしまうことは、全く望んでいませんでした。

このとき判断は保留にする、別れるとは言わない代わりに、私から、じゃあこれから先、脅迫行為は一切しないで欲しいと本人に約束してもらいました。

この約束甲斐もあって、それまで毎日のようにあったいざこざが無くなって、A さんとは仲良く会話ができるようになりました。それからの一ヶ月は、多少の喧嘩はありましたが以前ほどは深刻ではなく過ごすことができました。

しかし、A さんが看護学校卒業式を終えた翌日、仕事中の私に LINE が来てまた以前と同じようないざこざが始まってしまいました。その間、一ヶ月間が経っていたためか、なかなかその会話は良い方向へ向かわずネットへの公開や妻の殺害など脅迫行為もまだ始まってしまいました。限界でした。私は意を決して、再度 A さんに関係解消を伝えようと A さんの自宅へ向かいました。

自宅へ着くなり、A さんには関係解消の意思を伝えました。予想通り、揉めました。私はこれ以上私を脅迫するなら警察に行こうと伝え、A さんは別れたくない、別れるなら死ぬという言い合いになりました。そして A さんが窓から飛び降り自殺を図ろうとしたため、私は A さんを力任せで無理矢理窓から引きはがし、そのままマンションエレベータまで引っ張りだしました。近所に交番があることは知っていたため、なんとかすれば交番の人たちに気づいてもらえるだろうと言う意図がありました。このとき力づくで A さんを引っ張ったことで、怪我をさせてしまいました。

交番の方々が駆けつけ、事情説明すると私と A さんは警察署に移動することになり、その警察署内で、A さんには私に二度と近づいてはならいという接近禁止警告がなされました。署内で最後に A さんに直接、これまでの謝罪意思を伝えて、朝方その場をあとにしました。

その直後から、A さんは私のことを書いたブログを公開し Twitter にも交際中の写真などをアップロードしはじめました。それらは警察からの警告などもあってすぐに取り下げられ、今回ほど騒ぎにはならずに済みましたが、私にはとてもそれが怖かった。

いま思えば、私のやり方は非常に良くなかったと思っています。後に A さんも、もっとちゃんと話し合いたかった、突然警察に連れて行かれて何が何だかからなかったと言っていました。私は、自分脅迫されているという恐怖心と被害者意識が非常に強くなっていたため、A さんとじっくり話すということよりも、関係を解消するということに焦ったんだと思います。そして、私はそもそも既婚者であったり、A さんの申し出に曖昧な返事しかしてこず状況を悪化させたり、妊娠中絶の件であったり、そして妻を深く傷つけていることな自分にたくさん取り返しのつかない非があることも内心わかっていました。しかし、自分脅迫されていた、こうするしか方法がなかったという被害者意識に逃げ込み、それら自分の非を認めることができていませんでした。

きちんと自分の非を認め、A さんに謝罪をし、A さんから制裁を恐れることなく誠意をもって向き合っていればもっと違った結果になったかもしれません。

それから先は、双方弁護士を通じて会話をするようになりました。

弁護士を交えての話し合いは、当初は比較的穏やかに進んでいました。私も徐々に反省できるようになり、謝罪意思がありました。しかし、時間が経ってくると、A さんから弁護士を交えずに会話したい、もっと早くに会いたい。また元の関係に戻りたい、子供を作る約束を守ってほしい、それができないならネットですべてを公にするなど、Twitter 上での脅迫が始まってしまいました。途中、私の性行為中の画像が公開されたりということもありました。

ネット上での緊張したやりとりが続いたことで、私もだんだんと態度を硬直化させてしまい、結果、芽生えていた謝罪意識が、ここでまた被害者意識に反転していまいました。慰謝料を払う意思もありましたが、どんどん「何でこんな目に遭っているのに・・・」という気持ちと共に、薄れていきました。面会は本来自分の侵した罪の償いのためでもあったのですが、暴露などが何度か続くうち、私にとっては、被害を最小に抑えるという目的にいつのまにか変わっていました。

6月7月と二度弁護士同席のもとでの面会がありましたが、そこでは謝罪するではなく、言い合いになってしまいました。

こうしてなかなか終着点が見えない中、A さんが意を決して、ブログの公開に踏み切ったのが先週水曜日です。A さんから見ると、なかなか自分の非を認めない、謝罪もない、あげくお金も払おうとしない私の対応が許せなかったんだと思います

今回こうして騒ぎになったことで、私も一人で自分自身を見つめ直すことになりました。責任をとれるわけでもなく A さんとの関係性を深めてしまったことがそもそもの私の間違いですが、より大きかったのは被害者意識を盾に、自分の間違いを認めることから逃げてしまったことです。A さんはそれによって傷つけられたのではないかと思います。また同じ自分の未熟さが、同時に妻をも傷つけました。

今回こうして、あえて公のブログに書いたのは、私自身の間違いをきちんと公の場で認めること。そしてそれをもって、A さんに謝罪すること。妻に謝罪することです。

読んでくださった方に一点だけお願いがあります。ここに私が書いたことは A さんがブログに書かれたことと、矛盾していることも多数あるとは思いますしかし、A さんがブログにかかれたことは A さんにとっては事実だったんだと思っています事実そう思わせてしまったことは、私に非があります。ですので、もしこのブログを読んでそう思ったとしても A さんを責めることはしないでください。これだけはお願いします。

A さんには今後、直接面会しその場で改めて謝罪をしたいと思っていますしかし、A さんは今、今回捨て身でブログ公開に踏み切ったため自分が表に出ると逮捕されしまうことを危惧されています。私は、私の過ちを認めるつもりです。A さんを今回のことで刑事告訴することは考えていません。これもまた公の場で宣言することで、A さんにそれを信じていただきたい、そういう気持ちです。お金約束通りお支払いしようと準備しています

自分の浅はかさ、未熟さにより A さんを深く傷つけてしまったことを非常に後悔し、反省しています。また妻にも申し訳ないことをしました。会社の同僚や、私をこれまで信頼していた周りのみなさんをも裏切ることになりました。大変、申し訳ありませんでした。

マスコミが左に振り切った理由をちゃんとわかってるの?

民進党はもちろん、NHKマスコミ各社に潜入済みの共産党革命烈士どもが、共謀罪でしょっぴかれるまえに、もう一度政権交代して、共謀罪を葬り去るための最後闘争を開始したということやで。ま、断末魔叫び、だな

母を亡くした話

先月、母が亡くなった。

母を亡くしてからとても寂しくて時々私も死にたくなる。

早く死んでしまいたい。

私には父がいない。いないというより、いるにはいるが私が生まれる頃から別々に暮らしていて、あまり面識がない。あまり会ったことのない人を父親だと思えないので、父がいないということにしている。

から、私の家族は母と姉の2人だ。

私は昔から内弁慶で外では大人しく良い子のように振る舞うのに家ではワガママ自己中だ。母には何度もワガママを言った。母が私を生んだ歳は初老に近い歳と言ってもいいと思う。その為、私が小学生に上がる頃には母は子育てだけではなく、更年期とも戦っていた。更年期で気分の下がる中、私のワガママはうっとおしかっただろう。更に気分の下がった母はよく、「死ぬ」ということを口にしていた。その母の口癖がうつったのか、中学に上がる前には「死にたい」とよく言う子供になっていた。

小学校高学年のとき、私はいじめにあった。今思うと、いじめではないのかもしれない。ただ、「からかい」の延長線なのかもしれない。クラス男の子から見た目のことをよくからかわれ、それが嫌で嫌でたまらなく、自殺をした。「死ぬ」という言葉が身近だったからつらいことがあれば死ねばいいのだと思った。でも自殺は失敗した。遺書まで書いたのに、首を吊ろうとしたロープは途中で千切れ、ただ首に痣を残しただけだった。死ねなかったことがあまりにも惨めで寂しく感じ、母に、男子いじめられてること、自殺しようとしたことを伝えたら母は泣いた。「気付いてあげられなくてごめんね」と言いながら泣いた。なんだか余計に自分が惨めだと感じた。

中学の頃もいじめられた。これももしかしたらいじめられてはないのかもしれない。ただ、私は人付き合いが苦手で上手くクラスの子と話せず、完全にクラスで浮いてた。親友だった子は他の子といっぱい喋っていた。親友を取られたように感じた。

私は被害妄想が激しい方なのでもしかしたらそれは妄想かもしれない。でも、私を菌扱いしてる男子いたことは事実だし妄想じゃないことははっきりしている。

この時も死にたくなった。でももう失敗はしたくないし、あんな惨めな思いはしたくなくて、なんとか学校に行って生きてた。

学校から帰ってきて、家の庭で何度も泣いた。家の中で泣いたらいじめられてることが母や姉にバレるから。なぜか家族にバレたくなかった。理由はよく覚えてないけど、とにかくバレたくなかった。

でも精神不安定から家の中で横暴な態度を取り続け、母に当たっていた。何かを察した母は「またいじめられたの?」と聞いてきた。私が母に当たる度に母はそれを聞いてきた。私はそれに腹がたって更に母に強く当たった。

そんなことが続いて、ある日母と大げんかをした。私は何かを言った。言った内容は覚えてないけど、何か、母をとても傷付けることを言った。それを聞いて母は私に「あんたなんか産まなきゃ良かった」と言った。私は泣いた。産まなきゃ良かったと言われたことではなく、母にそんなことを言わせてしまったことに泣いた。私があの時母に言った言葉は覚えていないが、私が母に「産まなきゃ良かった」と言わせるような、誘導するような言葉を言った気がする。私は母をすごく傷つけただろう。

私が高校にあがり、しばらく経った時、母は癌になった。家族でいっぱい泣いた。みんなで頑張ろうと言いながら泣いた。

何度か入退院を繰り返し、発症から約1年後、母は頑張って癌を治した。

それで安心したのも束の間、私が高校卒業する頃には母の癌が再発した。脳腫瘍だった。

私は高校卒業した後、短大に通うために少し遠くで一人暮らしをした。母が再び闘病する姿は近くでは見ていない。姉や母がたまにかけてくる電話で母の様子を知っていた。

私が短大卒業し、地元に戻って来る頃、二度目の闘病を母は乗り越えた。

でも、後遺症は残っていた。

身体の左半分は思うように動かないし、少し認知症のような感じの言動も見られた。

母の闘病を間近で見ていない私は認知症のように幼児退行した言動を時々起こしたり、理不尽なことを言う母を自分の母と思えなかった。

別人のように感じた。

どうしても受け入れられず、また、キツく当たってしまった。

最低だ。恥ずかしい。そんな思いはあったが、気付くとキツく当たっていた。本当にバカだと思う。

私がバカから、母はとても辛かっただろう。

母の脳腫瘍はまた再発したのだ。

もうこれで三度目の闘病だ。担当医は「もうダメだ」というようなことを言った。

そのことは母には伝えなかった。だからなのかわからないが、母は、担当医が予想するよりも長く生きた。最後の方は意識ほとんどなかったがそれでも生きていた。

それでも私はバカから母との残された時間大事にしていなかった。

母が死んだのは朝方だった。病院は家から車で1時間ほどかかるところにある。寝起きの姉と私は母の最後に間に合わず、看取ることができなかった。私達が病室に着いた時、母はもう冷たかった。

「なんで私達のことを待ってくれなかったんだろう」そう思ったとき、母の「あんたなんか産まなきゃ良かった」という声が頭の中に響いた。

姉は献身的に母のことを見てたが、私は違う。バカから母を沢山傷付けたし、悲しませた。

しかしたら母は死に際に私の顔なんて見たくなかったのかもしれない。

通夜葬式で沢山泣いた。

一番泣いたのは火葬場で母を焼くときだ。声をあげて泣いた。

周りの、親戚や母の知り合いはそんな私のことを慰めた。

「お母さんはあんたたちのような娘がいて幸せだっただろう」

ありがたい言葉だ。でも、そんなの他人の予想でしかない。母の本心はわからない。私にあんなに傷付けられ、本当に幸せだったのだろうか。自分が授けた命を無駄にしようとし、酷い言葉を投げるような娘など本当は大嫌いなのかもしれない。

だって、「あんたなんか産まなきゃ良かった」と言わせてしまった。

母の本心が知りたい。

私はバカからまた、母を傷付けるようなことを口にしてしまう。死にたい

また命を無駄にしたいと思っている。

でも痛いのや苦しいのは嫌だから楽をして死にたい

今夜眠りに着いたら明日の朝、目が覚めなければいいのにと思う。

死んで、母に会いたい。母に会って母に謝りたい。沢山傷付けた分、沢山沢山謝りたい。

そして母の本心を知りたい。私のことを許さなくてもいい。私のことが嫌いなら罵倒されたって構わない。「あんたなんか産まなきゃ良かった」ともう一度言ってくれたっていい。なんで私達を待たずに死んでしまったのか聞きたい。

母の本心を聞いたら私のこの不安定気持ちは落ち着く気がする。早く死にたいという漠然とした不安も無くなる気がする。

さっさと死んで、母に会いたい。

明日の朝、目が覚めなきゃいいのに。

ポケモンGOシカゴイベントに行ってきた。その日に起こった事。

結論から言うと、災難だった。

その日に起こったことを順番に書く。

1. 開場1時間である9時に入れる特典を提携ホテル宿泊でゲット、8:30に並んで結局入れたのは11:00時近く。すんごい列だった。最後尾までたどり着くのに30分くらい歩いたもん。入り口一つしかなかったし、ディズニーランドみたいな持ち物検査セキュリティーチェックあったし。列が長くなるのはしょうがなかった。

2. 会場に入れても、アプリが落ちまくってゲームができない。会場でゲットしたポケモンゼロレイド?なにそれ状態ポケストップは2つくらいスピンできた。

3. インフォメーションセンターテントに長蛇の列。ログインできない、繋がらない、もしくはイベント専用QRコードが読み込めないなどの苦情専用窓口となってた。(フードのテントガラガラだったから、食に困ることはなかった)

4. ゲーム開発会社CEO、メインステージに登場。ブーイングを受ける。このゲームなんとかしろ、みたいなチャントが。健気にハイテンションで進める司会の女性ペットボトルが飛んで行った。当たらなかったけど、これはいけない。

5. 入場して1時間くらいで諦めて会場を出た。近くのデリみたいなところでWifiをゲット、それでもアプリは落ちまくる。それでも会場にいる時よりはマシだった。

6. 午後2時くらい?、ホテルに戻って、Youtubeで会場のライブストリームを見ていた。運営元のスタッフが出てきて、チケット金プラ100ドル分のポケコイン参加者全員に配るとアナウンス。観衆から喜びのイエーイみたいなどよめきが。全然嬉しくないわ。

7. ホテルの部屋になんとアンノーンが湧いた。ヘラクロスも。イベント会場でしかゲットできないレアポケモンが会場半径2マイルまで解放されたことを知る。

8. 午後4時以降、会場から離れたところであれば、なんとかプレイできるような状態にはなってた。街中を歩きまわっていくつかアンノーンヘラクロスゲット。

9. 19時、会場でイベント終了。ミステリーチャレンジキャンセルされたみたい。ただそんなのはもうどうでもよくなってた。

10. 会場から半径2マイル内であれば、シカゴイベント終了後(終わってから48時間?どのくらい続いたのかは知らない)も会場と同等の特典(アンノーンヘラクロススペシャル2玉)が続いた。

11. 伝説ポケモンレイド始まる。ジムにすごい人だかり。アプリクラッシュに苦しみながらも、なんとかフリーザーゲット。イベント参加者は、100%捕獲率。緑の輪っかで一発でゲット。

色々端折ったところ、書き損じてるところが多いと思うけど、こんな感じでした。

一言で言えば、災難。初めからフェンスで囲われた公園なんかでイベントやんないで、街全体でやればよかったのになぁと。

今までいろんな野外イベントフェスに参加したけど、こんなことに遭遇したのは初めてでした。

これって、ホテル代くらいは請求できのかな? いい勉強にはなったけど、授業料高すぎ。

https://anond.hatelabo.jp/20150511022554

この日記を読みながら、トルストイ懺悔読んでみればと思っていたら、日記最後の方で出てきましたね。

生きる意味、難しい内容です。考えても考えても分からないし、他人に聞いても尚更で、的外れなことを言われたり、変な人扱いされてしまう。だから自分で考えなければいけないけど分からないという、ループが続く(まあ、ちゃんとした考察は、懺悔に記されてますね)。

あなたは私に経緯や考え方等色々似ています勝手に思っているだけかもですがそれでもお許しを。

思考と行動が矛盾しまくるのが人間なのに、それを理解できてない人(考えがそこまで至らない人)ばかりだと思ってしまう。そんな人たちに、相談真剣質問なんて出来る訳がない。

兄妹和解したい

30を過ぎた妹とは、もう10年近く会話がない。

幸か不幸か、自分はすでに家を出ている身なので、帰省したときでもなければ、実家住まい彼女と話す機会がない。

たとえば、朝に「おはよう」と言っても返事はなく、あるいは彼女が親と談笑しているところに自分が通りがかれば、嫌そうな顔をして部屋を出て行く。

あちらからしかけてくれた最後の思い出は、かつて誕生日ipodをあげたときの「返品してくるからレシート頂戴」の一言

 

 

数年前、どうして私を憎んでいるのかを母親経由で聞き出してもらった。

どうやら、彼女地元私大入学した直後、仮面浪人して上京したいという希望に対して「(すでに私大に入れたのに)そんなお金はない」と言った親の意見同調した私が憎いらしい。

「意地になって今更謝れなくなってるんだよ」と親は言うけど、これからもずっとこのままなのだろうか。

元々彼女には、家の中で嫌なこと(⇒TVを見ているときに話しかけられた時、脱いだ服を片付けるよう言われた時)があるとすぐ激高して部屋に引き籠もるような振る舞いを常としているので、自分の件なんて尚更どうにもならない気はしている。もしこちから出来ることがあるなら譲歩するつもりだけれど、下手に刺激しないようにする以上のことが思いつかない。

時が解決してくれるなら良いのだけど、10年の歳月で足りない時間は、あとどれだけ必要なのか。

和解なんて贅沢は言わないから、せめて、いつか親がいなくなったときに話し合いができる程度になりたい。

2017-07-24

片栗粉のとろとろが食べてるうちになくなる

あんかけものが好きだ。

天津飯天津麺、酸辣湯麺、五目あんかけ麺、麻婆麺、麻婆豆腐、かに玉、とにかくとろとろすればするほど好きだ。特に酸辣湯麺は目尻が下がる。

しかしとろみはすぐ無くなる。食べているうちにふつうさらさらスープに戻る。とろみがないの全く意味がない。自分あんかけ作っても二口までしかとろみがもたない。工夫して食べてもどうしてもなくなる。

でも、とろみがなくならないのが中国の方が経営してる個人店の中華料理屋さんのメシ。いくらガツガツもぐもぐ食べてもとろみが消えない。最後までとろんとろん。先日食べた酸辣湯麺はなんなら食べ始めから麺にスープっていうかあんからみまくつて最後までからんだまんまとろとろアツアツ…はぁ、美味しかったあの酸辣湯麺…。

あれは片栗粉ではないなにかなの?なんであんなに最後までとろんとろんになるの?

かほ里の高度なTwitterの使い分け

数か月前までは

Twitter for iPhone

最近の数日は

Twitter Web Client

たまに

Twitter Lite

直前の数回のつぶやき

Twittbot

iPhoneを持っていたが、この数日は石川台の自宅にもどれず、携帯からアクセスすると場所特定されるのでネカフェブラウザからつぶやき

そして最後メッセージBot

これが意味することは?

https://anond.hatelabo.jp/20170724080818

自分から口説いて専属にした嬢なんだから、お払い箱にするにしても恨まれないやりかたってもんがあるだろう

土下座して手切れ金をケチらず払う、新橋でも祇園でもまともな男は妾とも綺麗に切れる

京都東山下町には、若かりし妓だったころ旦那に落籍されてから妾として暮らし最後旦那ににまとまった金をもらってマンションアパート大家におさまっている老婆が数多くいる

若い女の美しい時期を独占するならそのくらいの覚悟甲斐性持てよ

このヘタレ男はあろうことか途中で音信不通にしてあわよくばフェードアウトしようとした

で、彼女がキレて脅迫すると表向きはヘラヘラしてデート、裏では警察に足繁く通って相談実績作りとか

本当にダサすぎる

姑と夫の仲が良すぎて、嫁の私、すごく邪魔者である

亡き舅代わりの夫と、母親を支えたい夫。姑、息子である夫のことを呼ぶとき、間違えて舅の名前を呼んだりする。別にビョーキでもなんでもない。一人で生きていけないだけ。

夫は姑が怖いのか、同情的なのか、献身的に支えている。夫はとにかく姑をお姫様扱いして、お姫様のご機嫌を損ねないように行動する。私にも強要するし、私が行動を誤るとキレる。

こんな家で子どもなんて産みたくない。みんな「子ども産めば姑さんだって夫さんだって変わるよ~」なんて言う。家族構成が変わって孫が増えれば、私も夫の嫁扱いしてもらえるそうな。

でも、どうも私は変わるように見えない。むしろ、産んだ瞬間に子どもをかっさらわれて、姑と夫の子にされると思う。私はますます邪魔者になりそうだ。

とらドラ見ても、最後萎えしまった。

やっちゃんはいい姑になるかもしれないし、大河家族を求めていて、竜児はどちらとも居たいからwinwinなんだと思うけど、共依存家族共依存したくない一人が入るのってつらい。

「パパ役ママ子供役」というのは、竜児・みのり大河ではなく、竜児・康子・大河のことも指していると思う。

3人仲良し。それでいい家族もいる。でも、そうじゃない人間だっている。

[]ペルソナ5 92hくらい

10月半ばのオクムラパレス期限ちょい前

薄い本の作者が100hでクリアしたってあとがきかいたか自分もそれくらいだと思ってたけど全然おわんねーわこれ

つまんねーことで何度もやりなおししたりしてたからまあしゃーないっちゃしゃーない

攻略見ながらこれだから自力でやったらもっと大変だなこれ・・・

単純計算だとゲーム内時間半年で100hだから残り半年で100hで1週200hかかんのかよと思ったけど、

コミュイベントとかもう12月いっぱいで終わるってどっかでみた気がするから実質的に忙しかったりプレイ時間がかかるのは12月くらいまでで、1~3月はもう消化試合って感じでさくさく日数進むかんじになるのかな?

いやーしかしハマるなあ

千早たんがかわいすぎる・・・声優松来さんだったのか・・・

声もかわいいキャラ性格可愛いし絵もかわいい笑顔めっちゃかわいいマジでほれるわ・・・

ずきゅーんってきたね

でもリアルにつきあったら持ち前のセンスで余計な詮索というかつっこみしてきてうざそうとも

思ってしまう心の汚れた自分・・・

川上イベントもよかった

ダンガンロンパぺるそナってキャラキャラにまつわるストーリー面白くてめっちゃ好きだわ・・・

うーん1週目でコミュ全部MAXできるかな・・・けっこうぎりぎりっぽいんだよな・・・

二学期試験とかでつぶれるのが痛い!

操作しなかったとき主人公福山順)の声で「うーん」みたいなのがときどき出るんだけどこれがうざくて消したい・・・

りゅうじがバカすぎて不快

声優不快名前ぱっとでてこんけど声優の顔が浮かぶ。あい人間的にキライなんだよ

リザルト画面で敵をバカにするような発言するもの不快になる

りゅうじがばかすぎて墓穴ほりすぎでこんなんもっと早い段階で周りの人間に怪盗だってばれてるだろって感じ

杏は百合だし

真の告白イベント唐突すぎてぶっちゃけ微妙だったし

メインキャラ告白が総じて微妙ってどうなのよ・・・

サブキャラnほうがよっぽど感情移入できたわ

しかキャライベントでの選択肢、ひたすら相手に合わせた返答選ばないといけないのが苦痛だなあ

別に選ばなくてもいいけど効率悪くなるし・・・

主人公しゃべらないかほとんどのキャラが、自分の期待してる答えだけを主人公に求めて、最後勝手自己解決してる印象が強い

カバーはいいけど遮蔽物と敵までの距離が遠いときに待つのめんどいから工学明細みたいなのもほしかったな

時間制限ありでさ

プレイしたのがP3Pだったから、いろんなバリエーションあるダンジョン楽しい

でも結局のところ見た目とかやることがだいたい同じになっちゃってるのが残念だけど

P3Pみたいなかわりばえしないダンジョンひたすらもぐってくニーズメメントスでおさえてるしね

ただメメントスはBGMだ陰気だから時間やるのに嫌気さすんだよなあ・・・

BGM変更できればいいのに・・・

好きなBGMたくさんあるから

途中から夜寝る前のBGMに歌がつくけどあれリラックスできて好き

双子が笑うのもかわいい

うーん楽しい

もう人間パラメータMAXにしたから後はめっちゃがんばってコミュMAXにするだけだ

間に合うかなー・・・

人間パラ数値で表示してほしいなと思ってふと思いついたのが、ペルソナ5ってガンパレに似てるなってこと

あれほど自由度はないけど、なんとなくより一般向けにガンパレを洗練させたのが昨今のペルソナって気がした

あとモルガかわいいわー

p4やってないけどアニメだけは見てて、クマかわいいけど声がかっぺーなのがどうにも抵抗拭えなかったけどこれでいいんだよ

可愛いキャラ可愛い声!

ただ真のサトリナはちょっとお姉さんちっくすぎるかなとは思ったけど

あと仲間たちとの絆っつーか仲のよさがあんま感じられなくて、なんか他人の集まりって感じがするのもさびしい

初めてオタ街コンに行ってきた

最後部屋を出るとき顔面偏差値70越えのものすごくかわいい女の子に「最初部屋に入った時からしかけようと思ってたんです〜!」って言われて溶けるかと思った

の子もみんな平均値より全然かわいくて溶けるかと思った

の子たちとカラオケなだれ込んで2時間ぶっ通しで何も歌わずに喋り倒した

笑いすぎて声が枯れたけれどすっごく楽しかった

結論 : めちゃくちゃかわいい腐女子仲間がたくさんできた!!!!!!!!!!!!!!!!!!

東京の人は増田洗練してる手信連せ出す魔は戸肥のうょ祈雨と(回文

東京に行くとさ、

なんか知らない人ばかりだらけじゃない、

みんながみんな洗練されているお洒落な人に見えるのよね。

この謎の現象

テスト受けに行って周りは全員賢く見える現象のそれに似ているわ。

でね、

そういった人がたくさんいるってことは、

バカ一定量いるわけでしょ?

いやだなぁ、私バカな風に見られてたら嫌だなぁ。とか。

中央線JR電車

最終間際なのになんでこんなにギュウギュウ超満員なの?

モー半端ないわ。

あと、ホームに入ってくるときの速さにビビる

!?普通電車だけど、その速さで入ってきてホームまれるの?

渋谷から青山までどうやっていったらいいの?

道ぜんぜん歩いてる人がいないのよ。

ファーストフード店に行ったら

お客さん父娘の二人組。とても優雅標準語

だよねーとか言ってるのよ。

月9ロケかと思っちゃうくらい。

もう月9とかって言ってる時点でダサいわよね。

完全お上りさんだわ。

など、とか。

それはさておき、

ジャズライブに行ってきたのよ。

今回のドレスコード浴衣東京のお客さんはお洒落よ。

浴衣だとサマーカクテルサービスで1杯頂けるの。

最後演奏が終わると

パッと立ってスタンディングオベーションよ。

大阪名古屋とはちょっと違って

そこら辺お客さん洗練されてるのよねー。

なんかそのお洒落なのに慣れてるというか。

スタンディングオベーションって

ぼんやりしてると

マスターベーション空目してしまいそうだけど、

いやだわ、こういうこと言ってるから

バカに見られるのよっ!

富士そばは、

いつも地方からの私を優しく迎え入れてくれるわっ!

いま大盛り無料キャンペーンやってたわよ。

ラッキー

そんな冷や盛りのお蕎麦

富士そば演歌に包まれながらすすったお蕎麦の味は忘れないわ。

キラリ

あ!流れ星

東京の夜でもお星様が見えるのね。


今日朝ご飯

しばらくは質素に暮らすわ。

おにぎり2つ最初の1つ目は好きなの、

次の1つ選ぶとき製品選んじゃう率高いわよね。

安牌と変化球ね。

よく分からないけど。

とりあえず私は赤飯おにぎりが大好き!

デトックスウォーター

スイカやっぱりこの時期はそのまま食べた方が美味しいわよね。

そのことは内緒ね。

カッツスイカ買ってきたので、

カッツスイカウォーラーよ。

作り方は割愛

なんちゃって


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

この前まで支持率50%前後だったと思ってたけど

今朝の新聞見たら27%くらいまで落ちててすごくびっくりした

自民党じゃなかったら経済はまた落ち込むんじゃないかという不安があるので

自身はこのまま最後までちゃんと走りきってほしいけど

この落ち込みようはすごいな

ある人への昨今の疑問

ある共通物事に対するファンがいる。面識はない。交流も無い。

ある日、ツイッターブログについて怒られた。直接では無く(フォローされていないので)。

相手アカウントを作ったばかりの自分と比べて昔からその事柄について語っているので、フォロワーもその界隈ではかなり多くその人の認識は一気に共通認識になる。

まぁいい。その界隈には関わらないようにすればいい。

その人が怒った理由は考えるが、少しは自分も悪かったかもしれない。そんな怒る?ってほどなので悪いとは思ってないが。

しかしずっと粘着される危険性を感じたのでまた別アカウントと別ブログを作った。界隈は広い。同じファンにも優しい人は結構居たのでその人の発言など気にしてない感じだった。

バレたら別ブログを作った意味が無いので、その話題はてな匿名ダイアリー増田として投稿するようになった。

別にフォロワーを増やしいわけでもなく(別の事柄アカウントでその人のフォロワーの倍を保持しているので)

ひっそりツイッターをしたかったわけで、有名になりたくも無いか増田でちょうどよかった。

ある日、増田に書いたことがその人に絶賛された。「あら~…」と思った。

そして大まかな話題テーマが同じことと、文章の書き癖だろうか。どうも特定されてその人に毎回絶賛されるのだ。

「こんなこと書く人好き」「この増田好き」と。

そしてその人は「○○みたいなことを書いてた人は死ねばいい」的なことを書くのだ。残念、それも増田である

なので文章の書き方を手を替え品を替えでやっている。ある日は男として、ある日は女として、なんJ民風、意識高い系、頭悪い系……面倒だが、増田からできるのだと割り切る。

ブログだと文体がいきなり変わったら違和感があるが、これは増田の良いところだ。

創作を書けばなにかキャラクターの心情を上手く描ける効果が表れるかもしれない。

最近増田投稿増えたよね~増田○○好きだよね~ww」残念、ほぼ全部一人の増田である

で。まぁ、この人に対して毎回、「なんなんだろうなぁ…」と思ってたが

反面教師として「なにかを批判するときには人格攻撃をしない。人格攻撃をしたら最後、すり寄られても嫌悪感しか抱かない」ということを学んだので

増田、その人の人格否定なんかしませんよ。

ある界隈っていうのは有名フィクションファンってぐらいしか書きませんけど

こないだ作者から増田への反応らしきものいただきしかったです。有意義ファン生活を送っています

2017-07-23

https://anond.hatelabo.jp/20170723202510

たのむよー二期見たいよー

気が早いよー

まだやっと1巻分が終わったところだよ。

一期で5巻最後まで行って、きれいに一区切りついて(まさか4巻最後で区切ることはないだろう・・・)、

原作ストックができるまでしばらくかかるだろうから、二期は当分後なんじゃないかな?

ふと思い出したので書く。

今は体を壊してナマポ生活だが、10年ほど社会人をやってきた。

その時、散々言われてきて、最後まで結局その意味理解できなかった言葉がある。


「お前の報告書稟議書には心がない」



この言葉意味が結局最後まで理解できなかった。

なんだよ、心って。

このキャンペーンにこれだけの予算を突っ込めば、最低これだけ、最大でこれだけのリターンが見込める。

月間の売上予算目標がこれだけだから、最大の6割の結果がでれば予算達成できる可能性が高い。

俺はそう言う理屈過去数年と直近数ヶ月の売上動向とその変動を見て妥当と思われる数字を出すことを心がけた。

だがそれを見た上司言葉はいつも一緒だった。

「お前の文章数字ばっかり」

「お前の思いが伝わってこない」

分析はできてるがそれだけ」

参考に他の人間書類を見せてもらったが、違いは分からなかった。

しろそうやって見せてもらった他人書類は、理屈根拠となる数字が薄く希望的観測に頼ったものばかりだった。

心?心ってなんだ?

ワードでそつなく文章にまとめたものには心がないのか?

手書きの汚い字で書けば心がこもるのか?

最後の方になると読まれもしなくなった。

一枚目最初の部分みて突っ返されるようになった。

何が悪いのかも指摘されない。

最後には「お前が何かやるとイライラする」とまで言われた。

結局、人格否定人生否定までにいたり、俺の脳みそはぶっ壊れた。

心、心ってなんだ?手書き稟議書上げりゃ心がこもってるのか?

根拠のない数字を勢いのいい言葉でまくし立てるのが心がこもってるのか?

売上計画に心が必要なのか?

熱意があろうがなかろうが、筋が通って客の心をつかめばそれを理論化していけば売上の上がる理論ができるのではないのか?

そこに心が必要なのか?



俺には会社が求める心が理解できない。

アリエルに恋をした

先日、数年ぶりに友達に誘われて東京ディズニーシーに行った。

最後に行ったのは数年前の夏前か、関東ITソフトウェア保険組合福利厚生の一環で安くディズニーに行けたので毎年行っていた。

今は転職しているので、それ以来行っていなかった。

自分東京出身東京育ちなので、物心ついた頃からよく家族ディズニーに行っていた。初めて彼女が出来た時に行ったのもディズニーだった。

そんなわけでディズニーランドもシーも両方それなりに行ってきたのでアトラクションは制覇していると思っていたが、唯一シーで行っていない場所があった。リトルマーメイドテーマにした『マーメイドラグーン』の『アンダー・ザ・シー』である

屋内に色んな小型アトラクションが入っていて、まるで海の底のような演出がされている。

いつも、立ち寄って「ふーん」という程度に思ってそのまま他のところに行っていたのだが、

「そういえば、マーメイドラグーンシアターとかいうのあるよね?あれって行ったこと無いんだけど」と言って

「じゃあぜひ行くべきだ」と言われたので並んで参加してみた。

3Dメガネとかかけてリトルマーメイドキャラクターとかが踊ったりするんだろうかと思っていたが、そういうものは渡されず、スクリーンも無くかなり広く、天井ものすごく高い円柱型のホールになっていた。

上演が始まった時、リトルマーメイドの2匹のキャラクターがやってきた。皆が知ってる黄色い魚のフレンズとカニのフレンズフランダーとセバスチャン……のパペットである

映像かなにかかと思いきや、人形を持った黒子が走ってやってきて、喋りに合わせて人形の手足を動かしている。イメージとしては阿波人形浄瑠璃が近い。

セバスチャン

「本番なのにアリエルが居ない、やべえ」的なことを騒いでいる。正確にはセバスチャンパペットが。

「なめとんのか」素直にそのときそう思った。

そしてアリエルがやってきた。曲が始まる。

アリエルは上からやってきた。ワイヤーに吊るされて。

海底を模した場所なので、自分の頭上でワイヤーに吊るされて文字通りホール内を縦横無尽に魚のように舞い、回転し、歌っている。さすがに歌と音声は別撮りだが。

随分精巧オーディオアニマトロニクスだなと思い、こっちに飛んできたアリエルを見て気がついた。

違う、生身の人間だ。

生身の人間がワイヤーに下がって魚のように勢い良く縦横無尽に飛び回っている。

人魚なので両足ではなくヒレを使い、自由自在に宙返りもしている。

そう、自分想像していたのは映像の中でキャラクターが動き回るようなものだと思っていたが、これは最初から最後まで生身の人間によるショーなのである(一部を除く)

そう、フランダーもセバスチャンも、下の人(中の人)が必死になりきっている。いやなりきってるのではない、もう完全に魚とカニである下の人も歌ってるし。捕獲すれば下の人も一緒に食えるだろう。

それがわかった瞬間、自分に電撃が走った。ディズニーアトラクションでここまで衝撃を受けたのは初めてだ。

この人達ものすごい熟練者だ。自分たちはとんでもない熟練職人の技を目の前で見せつけられている。

皆は手を振ったりしているが、自分はそのあまりにすごいプロフェッショナルぶりに心からリスペクトでもってひれ伏したくなるぐらいだった。このショーだけ別料金でいいんじゃないのか。そう思った。

歌っている間、俺は

「きっとアリエルは良いものを見せたいという思いでものすごい血の滲むような練習トレーニングを重ねてきてるんだろうな、土日も頑張ってるんだろうな、高所作業手当とか出るのかな、ちゃんとご飯食べてるかな、寝れてるかな」と考えていた。

そう考えている中、誰もが知ってる曲「アンダー・ザ・シー」に乗ってアリエルが飛んできた。

飛んできたアリエルから2,3メートルぐらい真下で座っていた俺の目が合った。

アリエルが俺に手を笑顔で振った。控えめに言って美人だった。

俺はその瞬間、アリエルに恋をした。

俺はただ、控えめに照れ気味に手を振ることしかできなかった。

終わった後、本当に凄いものを見た時や、美味しいものを食べた後のなんとも言葉には表せられない圧倒された気持ちと、

なぜ今までこのアトラクション敬遠してきたのかという後悔の念や、

ただ手を振ることしかできなかったという一種の敗北感というか失恋に似た気持ちになりつつ、一緒に居た友達

「すごかった。次はおひねり投げたい。ダメだろうか、ダメだよね」と言うことしかできなかった。

俺達はその後、ファストパス時間が来たセンター・オブ・ジ・アースに向かった。

センター・オブ・ジ・アースシステム調整だった。

https://anond.hatelabo.jp/20170723193640

またおかし屁理屈こねて。無理やり線引きしようとして。しかも全部主観

横断歩道のないところを渡るのが看過できるマナー違反だなんて、それで死亡事故が起きた関係者の前で言えんの?一方、喫煙マナー違反で誰かを殺したりしない。こっちの方が看過できるって言い方ができそうだ。

結局、自分で都合よく解釈してることを自分文章の中で証明してる。

最後には、マナーの良い喫煙者とそうじゃない喫煙者を持ち出してるけど、その認識も間違えてる。交通ルールを一度も破ったことのない人がいないように、マナーを一度も破ったことのない喫煙者もいない。そんな当たり前のことも気づけないから、無理やり線引きしようとしておかし屁理屈持ち出すって言ってんの。

https://anond.hatelabo.jp/20170723064204

申し訳ないけどそちらの言う「公害問題と同じ」とか「この問題本質」ってのは正直言ってよくわからない

ニホンウナギ絶滅漁業資源の枯渇は公害問題のように地方僻地に住まう少数市民犠牲だけで成り立つものではないし、それ以前に漁業資源保護議論日本一国だけで行われるものではなく、クロマグロ保全のためのWCPFCのように国際規模で行われてるもので、「公害問題と同じ」ってのは見方として乱暴すぎでは

消費者消費者立場意思を表明すること自体はかまわないし、まったく結構なことだと思うけど、「悪は**で我々は被害者である」みたいに話を矮小化するのは議論を反って混乱させるだけでしょ

ましてや最後

被害者が立ち上がらなかったら、営利を優先する企業は行動を改めませんし、政府も本気で規制に動きません。

そういう歴史のある国に生まれたことを自覚してください。

なんてのはまったく見当違いで、そもそもあらゆる国家元首権力者は常に市民を虐げてきたし、そうした圧力者に対応しうる力として市民たちによる一般意志機能しなかったことなんてないから。

市民市民立場で主張すべきことを主張すればいい。ただ、そこに劇画的な善悪加害者被害者関係性は必要ない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん