「プランテーション」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プランテーションとは

2019-04-14

時代性という話

アメリカ合衆国初代大統領ジョージ・ワシントンインディアンに対する差別黒人奴隷プランテーションを大々的に行ったから、建国の父として讃えられることは間違っていると主張するニュース記事を見た。

個人的にはアメリカにもワシントンにも思い入れはないので、別に彼を擁護するわけではないのだが、このような考え方には違和感を覚える。あなたが彼だったとして、あの時代に生きて、奴隷制に反対という立場を取るだけの勇気があったのか?と偉そうなことをいってみたくなるのである。よく言う、時代性を考えれば妥当じゃないかというやつである

どうして時代性という考えが生まれるのか。我々の倫理観はどうして進歩するのか。

人は、環境によってその生き方を変える。アイヒマンという有名なナチ高官がいた。彼はもともとは穏健派でマジメな公務員タイプ人間で、ユダヤ人はアーリア(ドイツ)人と隔離して生活させるべきという思想こそ持っていたが、虐殺することはやりすぎだと当初は考えていた。しかし、他のカリスマある過激派幹部党員たちと討論を重ねた結果、ユダヤ人はやはり根絶やしにするべきだと意見を翻す。

結果としてユダヤ人虐殺する命令書にサインした彼は、当然のことながら裁判にて死刑を言い渡されるが、のちに、彼と同じような圧迫状態に置かれたとき人間倫理にもとる行動を取るかを調べた、いわゆるミルグラム実験において、人間の多くは道徳より権威安全・保身を優先することがわかった。

人を、倫理を、道徳規定するのは環境だ。では環境規定するのは何か?一体何が奴隷という怖ろしい制度肯定する道徳を生むに至ったのか?

ワシントン時代奴隷労働による大規模なプランテーションなしにはアメリカ工業化は支えられなかっただろう。リンカンによる奴隷解放だって北部工業化が十分に進んだ結果、奴隷需要が薄くなったのが原因のひとつだとされている。

彼らは、奴隷労働なしには生きられなかったのだ。少なくとも、奴隷労働なしにはアメリカ今日のような巨大工業国に育つことはなく、このグローバルな科学社会もいまほど繁栄することはなかったであろう。

環境規定するのは科学技術だ。人類の知恵だ。我々の需要を、その時代科学技術が満たしきれないとき、我々は一部の社会的弱者に負担押し付けてやり過ごそうとする。これは時代を超えて起こってきたことだ。日本国内を見ても穢多非人部落など枚挙に暇はない。

奴隷労働という『悪徳』の恩恵享受した我々が、そのことによって得た新たな道徳観で彼らを批判するとはなんだか皮肉だ。回顧主義によって昔の人の悪徳批判するのもいいが、むしろ未来人間批判されるべき悪徳が自らに備わっていないか、我々はもっと考えるべきではないか

非正規雇用労働者医学部不正入試問題保育士看護師と言った一部の職業常軌を逸した低賃金労働、過密環境下での畜養エトセトラエトセトラ……これらは、数十年後科学技術進歩したときにはおそらくほぼ解決されるだろうと私は考えているし、その暁には未来運動家たちの回顧的な批判さらされるだろうとも、私は考えている。

貧困にあえぐ非正規雇用労働者労働者全体の数十パーセントまでをも占めるのはなぜか。会社正規雇用者を雇って保険料その他の経費を払うだけの経営的体力がないからだ。会社流動性の高い人手を求めているからだ。正社員がその要件を満たすようにするための仕組みがないからだ。それらの問題解決し、全ての雇用者たちに十分な生活物資を与えるだけの生産技術を我々が持っていないからだ。

犬や猫といった一部の哺乳類動物愛護法で手厚く守られているにも拘らず、同じ哺乳類でも豚や牛は毎日おびただしい数が動物愛護という概念につばを吐きかけるような環境で肥育され屠畜され死んでいくのはなぜか。そうしないと我々は良質かつ大量の動物性蛋白質を手に入れることができず、そして動物性蛋白質を手に入れなければ人は健全に成長することが難しいからだ。

女性医者になることが嫌われるのはなぜか。女性妊娠したときに、医療という絶対に穴を開けてはならない業務にできる巨大な穴を埋める方法現在見つかっていないからだ。そもそも女性妊娠したときに長期に渡って休職しなければならないほど、医療技術リモートワークが進歩していないからだ。

話はそれるが、医学部不正入試の際に、この問題を提起した人が炎上していた。女性が多くなると、その分医療従事者に負担が増えることになり、システム全体が崩れかねないと。日本に生きている以上、誰しもこの構造的な問題恩恵を受けているはずなのだが、これを一方的に叩いていた人は一体何様のつもりなのか。さぞ時代を先行きする高い道徳心をお持ちなんだろうな、と思いながら見ていた。

もっと直接的な話をしよう。石油資源を燃やさないため、トウモロコシなんかの生物資源から取り出した燃料を使おうという動きはかなり昔からある。だが、もし今すべての車がバイオエタノールを使いだしたら何が起こるか。全ての森林トウモロコシ畑にしたとしても、我々の消費しているエネルギー生産するにはとうてい足りないのだ。つまりバイオエタノール生物燃料という考え方は(少なくとも現行の技術では)人類を支えるだけの力を持っていない。現在の我々は自らの使うエネルギー自己生産することすらできないのである。そして、そのつけを払わされる社会的弱者とは、未来人たちだ。彼らは、化石燃料は燃やし尽くされ、大気汚染され尽くした地球という大きな負担押し付けられるのだ。

この我々の巨大な『悪徳』に対して、我々は未来人になんと言われるのだろうか。呪詛を投げつけられるのだろうか。それとも、時代性という言葉とともに、やんちゃをしてしまった子供を見るような目で許してくれるのだろうか。いずれにせよ、今のところは物言わぬ存在である彼らから批判されないのを良いことに、彼らに莫大な負債押し付けていることは間違いない。

我々は皆、生きていくために必死だということを言い訳に、平気で他者を踏みにじる、巨大な業を背負った罪人なのだ。そして、そうである以上批判されることはあるし、完全に正しく生きてかつみんな幸せにしようなどという幻想は捨てねばならない。様々な意見を取り入れ、熟慮し苦悩した末の自らの選択批判されないと思ったら大間いである。皆あなたと同じように苦しんで、罪を背負って生きているのだ。むしろ、我々の権利とは、自由とは、選択とは、もらった批判を受け入れるか、心の中でくさすか、そこにこそあるのだ。

理想論を語るにしろ現実論を語るにしろ、それを受け入れるところから始めなくては、現代社会問題に関する議論的外れものになってしまうだろう。

2019-03-14

anond:20190314211707

とりあえず、"アメリカ 奴隷制映画"で検索してみよう。この3作品が腐るほど出てくる。どれも面白いから、そりゃまとめられちゃうよ。でもこれじゃ増田で聞く意味がないよねえ。

てなわけでアメリカ奴隷制度に限定せず、プランテーションという視点で考えてみた。

アメリカ奴隷制から着想を得て、この二つに行き着くまとめはあまりないと思う。

2019-01-29

奴隷制の是非

19世紀アメリカ南部プランテーション調査した研究で、奴隷労働によるプランテーション賃金労働によるプランテーション比較した論文がある。調査対象サンプル数はたしか2〜3にすぎなかったが、分析結果として奴隷労働の方が賃金労働より生産性が高く、効率が良いという結論を導き出していた。ビジネス世界では「効率的」ということばはいわば殺し文句グローバル企業本音奴隷制を望んでいるのかも。

2018-11-25

anond:20181125201509

下請けの頭叩いて価格下げてるからプランテーションみたいなもんだろ。あまり正義に基づいた儲け方ではない。スタグフ加速するしな。

2018-10-25

イギリスでの黒人奴隷解放きっかけって

プランテーション奴隷を働かせるよりも

工場機械相手単純作業させる方が儲かるやん!

っつう、資本家意向で決まったわけでさ

フランスみたいに決して善意な訳じゃ無いんだよな

 

から現代の我々の労働が酷いのは当然っつうか

黒人奴隷上位互換版ってだけなんだよ

そもそも我々が奴隷でないという事自体幻想

 

 

っつうことでゆとりかつ日本版ニガーな君らは

ぐちぐち言わずに働いて一家を養いなさい

2018-02-08

anond:20180208192635

古今東西どんな国だろうが

外資お上に居座って経営改善されても

底辺労働者恩恵を受ける事はありえないっつう

ましてや米企業じゃね

 

どんぶり勘定家族経営アホ日本人から

米国式合理的搾取プランテーションに変わるだけ

 

ただ、アホみたいな萌えアニメ駆逐されて

SFアクションスタジオリソース割かれるだろうし

俺はネトフリさま万歳派だけどね

2017-07-31

https://anond.hatelabo.jp/20170731154239

奴隷解放なんて非文化的機械的で冷酷

今我々が黒人奴隷解放するなんて無責任!そんな非人道的なことできません!みたいな意見などが当時の南部穏健派意見

一度飼ったペットを主人の勝手で捨てるなんて、というニュアンス

現実派は、奴隷労働なしにプランテーション農業は成立しえないので奴隷解放破産という恐怖がベース

南北戦争は色々本を読むと面白い

2015-12-11

日本人はなぜプロ技能に金を払いたがらないか、という話。

演奏に代金は払いたくないのか(一部のコメントに対して。最初の文章から変わっています)|ソプラノ川上真澄の音楽とバラがいっぱい、時々子育てブログへようこそ!


 約めて言えば、会社における社員教育のせいだ。それと「仕事」に対する意識の違いだ。

 アメリカ会社大手であればあるほどいわゆる「即戦力」を取りたがる。何かしらの技能資格、実績を有している人々をリクルートするのだ。だから、しぜん中途採用が多くなる。つまり最初からプロ」として雇われるわけだ。

 対して日本会社はいわゆる新卒一括採用を行う。たいして技能も実績も持たない純真無垢な新人社員OJTで実地教育していく。このとき社員たちは様々な分野の部署たらい回しにされる。どの部署についても一定の知識を得られるように、よくいわれる「ジェネラリスト教育ってやつ。

 しかし、このジェネラリスト教育に罠がある。というか、教育後の人材の使い方に罠がある。

 アメリカ会社員プロフェッショナルなので、基本的自分の分野外の仕事はできないし、仮にできたとしてもしない。日本ではよくある「君、◯◯もできるって言ってたよね? ちょっと助けてよ」が通用しない。なぜなら、それは契約にないから。もしその人から助けを借りたければ、金を払って雇い直すしかない。

 一方で、(まあ企業にもよるけど)日本社員はそのへんかなりユルユルだ。極端な話、全然自分とは関係ない他部署特別技能を発揮して手伝ったところで、お礼なんて感謝言葉と、よくて飲み代のおごりくらいだろう。「会社は仲間なんだから家族なんだから、親切(ただばたらき、と読む)にするのがあたりまえじゃん?」という意識だ。持ちつ持たれつってやつ(自分のほうが持つとは言わない)。

 それだけじゃない。こうした仕事における「境界のゆるさ」はどんどん拡大されていく。

 まず日本人仕事とそれ以外の時間をあまりわけない。国勢調査かなんかのアンケートに出ているが、日本人人生優先順位トップにくるのは「仕事」だ。その意識トリクルダウンを起こした結果、「仕事外の時間仕事の話をしてもいい」という変な慣例ができる。

 たとえば、「飲みニケーション」といわれるものがそれだ。日本企業で働く外国人はよく「ニホンジンは飲み会業務に関する重要情報交換を行うカラずるいデース」と愚痴る。そう、業務時間外に仕事の話をしあうのは彼らにとって「ずるい」のだ。一時期の喫煙室なんかもそうした役割を担っていた。

 そして残業サービス残業。これについての説明不要だろう。文字通り、自分時間会社のために捧げているのだ。タダで。

 

 

 こうした仕事人生、公私の境界線がゆるゆるになっていった結果、さらりまんたちの倫理メルトダウンしてくる。

 彼らはニコニコ動画youtube にあげられているちょっと面白い専門技術を持った面白い人々の動画を見て、あるいは pixivイラストなどを見てこう思う。

「この人たちは『親切で』こういう面白いものを公開してるんだ。良い人たちだなあ」

 そこに奴隷収奪するプランテーションオーナーのような攻撃意識はない。むしろ、彼らはプロフェッショナルに「好意」を持って「讃えて」いるのだ。

そこには「この人たちは『たまたま特別な才能や技能を持っていて、そういうものがあるんだから当然『親切』で芸を提供してくれるよな」という考えが底流にある。「尊敬」などはない。あったとしても「技能」ではなく、「態度」や「生き様」などといったその人自身人間性に対する部分への尊敬だ。

 日本の「芸」は大道芸人から〜「芸」は自分でも習えるから「芸」なのだ〜などというなまっちょろい歴史解釈説明づけなど及びもつかない残酷さがここにはある。日本人の「プロに金を払わない主義」は間違いなく近代日本社会が、私達が作り上げ是認してきた監獄なのだ

 私たち根本的な錯誤をしている。プロは「誰にでもできること」を「助け合い」のために使う人間ではない。「誰にでもできるわけじゃないこと」を「報酬」のために行使する人間のことだ。言葉で言えばまるで簡単だし、誰でも表面上は「そりゃそうだ」と思うかもしれない。でも、日常的に誰しもがプロプロとして扱えるように振る舞えるわけではない。わかっているはずなのに。わかっているはずなのに。わかっているはずなのに。なぜだろう。なぜそうできないんだろう。

 社員教育システム、そして仕事に対する倫理観根底から変えないかぎりこういう悲劇は今後も続くし、「プロ」は永遠に軽視されつづける。そしてこの国において「◯◯しないかぎり」という言葉は暗に「未来永劫実現しない」という意味を含んでいる。つまり、これが日本だ。がんばってはたらいていこうな!

2015-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20150909223315

サンクチュアリ記事読みたい、どれ?

クレイジー渡海が好きだった。

まあ、搾取され続けた人生か。

もし、難民社会に浸透すると緩やかに最下層に組み込まれるのかと思うけど、搾取したらいいじゃない。

かつて、大航海時代列強諸国がやったような徹底的な収奪、やってみれば人生変わるかもよ。

奴隷労働でも、プランテーション産業でも先人がやったような悪逆無道なやつ。

人道的に受け入れるべき、とは言っていない。

紛争を逃れた難民地獄に逃げ込む事はあり得る。

もはや、難民救済を謳った奴隷収集的な社会政策も有りだと思うよ。

その結果が、鬱屈とした社会を滅ぼすなり、それも楽しいでしょ。

2015-05-17

女性社会進出と比較生産費説のお話の謎

id:blueboy さんがこんなブコメを書いていた。

女性の社会進出はだいたいどこも男より能力が高い高学歴女性が声を上げ始..

増田馬鹿すぎて話にならないから比較生産費の概念勉強しろ。男と比較するんじゃない。女が働くかどうかが大事。女が働かなければ、男が二人分働いて、ブラック労働環境になるしかないんだよ。それは日本だけ。2015/05/17 22:13

<script src="https://b.st-hatena.com/js/comment-widget.js" charset="utf-8" async></script>


それで疑問に思ったのだけれど、比較生産費説を用いれば女性社会進出で労働環境改善され、少子化などの影響は無いのだろうか。

まず比較生産費説というのを再確認すると、比較優位に特化して全体最適を図りましょうというのが比較生産費説。

簡単なモデルを使って、2つのパターンを考えてみたのだけれど、どうも分からない。

1つ目は社会仕事の量が不変の場合、4人の人がいる。労働比較優位がある男女1人ずつと、育児比較優位がある男女が1人ずつ。

このときに、本当は前者の人が労働を、後者の人が育児をすればいいわけだけど、社会進出が進まない場合労働優位の女性育児に、育児優位の男性労働に行くことになる。

仕事の量が不変であれば、女性社会進出が進んだ社会は進んでいない社会よりも労働時間は減少する。

この場合問題は、労働育児を足した全体での生産効率化されるが、その内訳は分からない。

理想的な例で言えば、労働優位と育児優位の両者がくっつけばいいが、労働優位と労働優位、育児優位と育児優位がくっついた場合、誰が育児優位の家庭の生活費を見るのか。


そして二つ目の例は、社会仕事の量が可変である場合。つまり効率化した仕事分は無限に増え続ける場合

この場合労働環境改善はなされない。50年前よりもGDPが増えたにも関わらず、仕事量が減っていない。

仕事無限に増え続けるが、育児の量が無限に増え続けることはなく、両者の間で労働量に差が生まれる。

この場合では労働優位の女性男性に変わってブラック労働をしているだけなので、労働優位の女性の分の出産が減ることになる。


なんだか雑な感じになってしまったけど、比較優位社会がよくわからないので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

馬鹿でごめんね。

追記

比較生産費説の問題点ってのは2つあって

社会必要量が不変であれば、効率化したぶん失業者が出るということ。

社会必要量が増え続ける場合でも、アフリカプランテーション経済みたいに経済二極化してしまうということ。

この2つに共通してるのは、全体で見れば最適化されているけれど、個別にみると他の問題が発生するよということ。

http://anond.hatelabo.jp/20150517135048

2013-08-05

劇場版 アンパンマンよみがえれバナナ島 感想

アンパンマンって、通常回を2回使って劇場版をながすんやね。

ところで、この映画は相当不穏。

オープニングで、長距離を飛んで来た巨大なバナナオブジェが、パン工場に打ち込まれるところから話が始まる。

危うく名犬チーズが死にそうになったが、どうやらこれはバナナ島の郵便らしい。中にはお祭りへの招待状が一枚。

住民総出で遊びに行くことになるのだが、一行はお祭りの準備を手伝うため、先行する。

そのころ、バナナ島では沢山の人に来てほしいことから世界中ドンドコ大砲を撃つ。もちろん招待状付オブジェだ。

ちょっと待て、当たり前に流すな。

他国に向かって大砲を撃てば、十分な開戦の理由になる。でも、作中はみんな気にしない。

でも、バナナ島には遠距離攻撃能力があるってことだろう。

さて、このバナナ島、住民は腰蓑まいた裸のバナナ人間なのだけど、どうも裕福には見えない。

この辺り、トロピコというか、バナナ共和国としてちょっとリアル

名産品はバナナ、というかバナナ以外の産業は皆無らしく、工業力も(住民の生活に関しては)低い。

プランテーションというか、モノカルチャーというか、経済的にはあまりよろしくない。

作中、バナナ島に急激な冷気が流れ込み、バナナが軒並み枯れてしまう。

唯一の産業、輸出品目が壊滅してバナナ島は大混乱。

その後、紆余曲折を経て、冷気の元凶は氷鬼という巨大な怪物だと判明。

バナナ島の住民は大砲バナナの巨大オブジェ爆弾(!)を発射。

それは、島外の人間の前では駄目だろ。

名目上、郵便伝達システム兵器転用可)でドンドコ攻撃。

いろいろあってフレイザードに似た感じの氷鬼を撃破して島は(一度枯死したバナナの森がなぜか)元通りになりました。メデタシメデタシ。

ううん、通常回の方がよかったな。

2013-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20130426212312

東京都の20代人口は約165万人。半分が女、そのうち2割が売春婦だとすると1割になるから約16万5千人。

こんなに売春婦いるか?それどこの統計だ? 池袋人口でも30万人くらいなのだが。

お前貧しい農民の立場になんぞ立ってねえだろ。黒人奴隷を働かせてたプランテーション農場主のポジだろ。レッドネックが。

http://anond.hatelabo.jp/20130426211454

君は日本の伝統に則ってるつもりなんだろうと思うのだが、農業へのスタンスアメリカ南北戦争時代南部にそっくりなのだがw

仕事の見つからない若いもん村に閉じ込めてプランテーション農業でもやってろレッドネックが。

2012-10-10

巨大なワカメプランテーション食料自給率100%

あたし、凄いこと思いついた。

巨大なワカメ養殖場つくる → 食料自給率 100% → 他国に食料依存しないで生きていける

これ、すごくね?

日本EEZ全てを使いきって

ワカメ養殖場にしてしまえば食料自給率 100% いくよね。

国は農協への補助金をやめて、ワカメ業界投資すべき。

----

反論、追加要望、かかってこい!

論破してやんよ!

----

くいたくない?

わず餓死してください

消化能? 

がんばれ、消化しろ

カロリーがない?

嘘をつくな、カロリーくらいあるだろ

微生物とかワカメを食べてる生物がいるし

漁協

じゃあ、農協から漁協お金をまわそう

カロリー少ない?

 日本人は体が小さいから1日1000kcal で十分だろ、ワカメと後は魚をちょっと食べとけば余裕。

2012-02-08

http://anond.hatelabo.jp/20120208111352

事実真実ですれ違っているというが、そもそもの命題の設定の仕方が間違っているとしか思えん。

例題の「ワシントンの斧」に関して言うならば、

命題を「ワシントンの斧という寓話は真実であるか否か」とするなら、

アメリカに桜が上陸したのは1909年12月。ただし、この時は害虫被害が懸念されてすべて焼却されており、現在DCとかニューヨークで見られる桜は1912年3月に運ばれたものワシントン幼少時(1730~40年代)には桜の木は当然無い。
これを根拠に否定する輩もいるのだが、英文では"English cherry tree"となっている物があるのでおそらく、桜桃だと思われ、これなら17世紀にはイギリスからアメリカに持ち込まれている。
ワシントンの家は黒人奴隷プランテーション経営していたので、桃桜があっても格段不思議ではない。
また、海外挿絵等では背景が農場に見えるものも多く日本翻訳した時点で相当意訳されてしまっており日本語訳を元に審議を見定めるのは難しい

となるわけで、これは事実の積み重ねだから認識の違いは起こらないと思われる。

また、「これが子供の思想形成にどのように影響していくか?」という命題に関しても、

寓話を読み聞かせるのは容易いが、子供は大人の行動から物を学ぶのであり、実際の大人が寓話に反した行為を行っている場合には悪い影響を与えるだろう。
事実アメリカにおいても、"George Washington's axe"は、先祖代々伝わる由緒ある斧だが、刃は錆びたので交換し、柄は古くなったので交換した。
というジョークとなり、「あれこれ取り替えて元が残ってない様子」を示す慣用句として使われてしまっている。
また、「正直に物事を話した方が良い」という事を説明するための寓話は他にも多くあり、「ワシントンの斧」は内容の短さ、状況の簡潔さから反論性が高いため、他の寓話を選択した方が効果はあるように思える。

と、相手に状況を確認してもらって進めれば、一方的な擦れ違いは起きないだろう。

命題をきちんと設定して会話するのであれば、命題からずれても対応できるし、ずれが大きくなったら命題を変えればいい。

単に、お前さんが自分命題に固執しているか、相手の提示した命題が把握できてないかじゃないの?

2011-04-22

ブコメキレイゴトイイスギダロJK

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/ikedanob/status/60707908484214785

お前らブチキレしてるが、実際先進国はこれまでもそういうことをしてきたし、これからもそういう事し続けるよ?

君らの怒りはエクスキューズはならないんだけど、わかってるのかなあ?

「今まで知りませんでした」も免罪符はならないし、君らは途上国森林を焼き払って作ったプランテーションで栽培された食べ物を口にするだろ?

ホント笑っちゃうよ君たちの偽善は。池田信夫は今回に限ってはデマでも何でもなく真実を口にしたんだけど、鹿目まどかなみなさんには厳しい現実だったかな?ww

2009-02-12

http://anond.hatelabo.jp/20090212182832

ダイヤでも、そんなコピペがあるよね。

しかしだなぁ、いわゆる「先進国」に生きている以上、

何を買っても、何をしても、どうやったって同じことだよ。

私たちはそういう犠牲の上に豊かな生活をしているという感謝を忘れてはいけないけれど、

しかしそれを避ける生活は、もはやできない。

いま、あなたが飲んでいるコーヒーには、プランテーションで働く子供たちの汗と涙が、

いま、あなたが飲んでいる紅茶には、プランテーションで働く子供たちの汗と涙が、

いま、あなたが食べているカップヌードルエビには、養殖場&皮むき場で働く子供たちの血と涙が、

いま、あなたが使っているマウスには、東南アジアの向上で働く娘さんたちの涙と汗が、

・・・

この辺でやめておこう。

あなたのバレンタインチョコで涙を流す子供達が居ます。

http://www.youtube.com/watch?v=BfB3ZTL3RTw

http://acejapan.org/modules/tinyd8/

http://mscience.jp/cocoa.htm

子供奴隷が作るチョコレート

フェアトレードカカオで防ぐ貧困と環境破壊

チョコレートを知らない子供たち~

「殴られるのは生活の一部。ココアの袋を担がされて、落としてしまっても、

誰も助けてくれない。もう一度担ぎ直すまで殴られ続ける。」

以前、カカオプランテーションで、奴隷として働かされていた少年言葉です。

あなたの愛はチョコレートを渡さなければ伝えられないものなのですか?

そもそも甘いものが好きではない人も多い男性に増してバレンタインチョコレート

を渡すのは企業戦略です。

あなたは企業戦略に乗せられて子供達の犠牲のもとに愛を甘受するのですか?

それは子供達を殴ってる農場主と同じことをしています。

バレンタインデーからチョコを撤廃、渡すなら相手の好きなものを!

2007-11-20

誰かが社会を通して俺らにバナナ!と言っている

王の中の王、バナナの中のバナナ

聖地フィリピンプランテーションで栽培されたバナナには魂が宿る。

彼らが俺らにささやいてくるのさ。

「力が欲しいか?ならばくれてやる。私を食べなさい!」

黄色い皮の向こうに、大地が人類に与えたもうた力が眠っている

いつしか自分が戻る永遠の大地。

大地は私に生きていくための糧を与えた。

目の前にバナナある限り、私は生きていられる。

そこに誰の許しも乞う必要はない。

目の前のバナナが私に生きる力を与えてくれる。

「生きろ」と叫ぶ必要はない。

死にたい」と叫ぶ必要もない。

あるがままの自分を受け入れればいい。

自らの命を悩んでいい。

バナナは全てを受け入れた上で君に力を与える。

2007-11-18

http://anond.hatelabo.jp/20071118202523

フィリピン民謡『おれがバナナバナナがおれで』より

バナナ

好きだァー! バナナ! 愛しているんだ! バナナァー!

食べる前から好きだったんだ!

好きなんてもんじゃない

バナナの事はもっと知りたいんだ!

バナナの事はみんな、ぜーんぶ知っておきたい!

バナナを抱き締めたいんだァ!

潰しちゃうくらい抱き締めたーい!

心の声は心の叫びでかき消してやる! バナナッ! 好きだ!

バナナーッ! 愛しているんだよ!

ぼくのこの心のうちの叫びを聞いてくれー! バナナさーん!

八百屋で見かけてから、バナナを知ってから、僕は君の虜になってしまったんだ!

愛してるってこと! 好きだってこと! ぼくに振り向いて!

バナナが僕に振り向いてくれれば、ぼくはこんなに苦しまなくってすむんです。

優しい君なら、ぼくの心のうちを知ってくれて、ぼくに応えてくれるでしょう

ぼくは君をぼくのものにしたいんだ! その美しい皮と美しい中身を!

誰が邪魔をしようとも奪ってみせる!

害虫がいるなら、今すぐ出てこい! 相手になってやる!

でもバナナさんがぼくの愛に応えてくれれば戦いません

ぼくはバナナを抱きしめるだけです! 君の果肉の奥底にまでキスをします!

力一杯のキスをどこにもここにもしてみせます!

キスだけじゃない! 心から君に尽くします! それが僕の喜びなんだから

喜びを分かち合えるのなら、もっとふかいキスを、どこまでも、どこまでも、させてもらいます!

バナナ! 君がプランテーションの中に素っ裸で出ろというのなら、やってもみせる!

2007-06-03

http://anond.hatelabo.jp/20070601161520

便乗するよ。

1999年に、コーヒー価格が大暴落して、現地の生産者は今かなり生活が苦しいらしい。

バールコーヒーイタリア人』(isbn:9784334033965)第8章「コーヒー経済学」より引用すると、

これは過去30年で最低の相場価格で、生産者たちにとっては、これでは、とてもではないが食べていけないというぎりぎりの価格だった。

世界中に警告が発せられ、フェアトレードなど草の根運動も活発になったが、現在まで、この状態はほとんど回復していないという。(上掲 p176より)

コーヒー豆の生産量の約7割は、巨大なプランテーションではなく、10ヘクタール以下の小さな農家の手になるもので、ほとんどが1-5ヘクタール家族経営だという。

世界中に2500万人ともいわれる、そのような小さなコーヒー生産者たちの悪夢は、1999年相場価格の大暴落によって、いっそう深刻なものとなった。

ニカラグアでは、農夫たちがプランテーションを追われ、グアテマラでは、男たちがメキシコなどに出稼ぎに出たため、家庭崩壊を招き、子どもたちが学校に通えなくなった。

また、コロンビアペルーなどアンデス山脈の地域では、コーヒー栽培からまったく収益が見込めないことから、密かにコカ(南米原産のコカの木。高山病効用があり、地元では茶として親しまれているが、葉からコカインがとれるため輸出は合法化されていない)の栽培に切り替える農家が増えているという。

さらにコーヒー原産国といわれるエチオピアでは、コーヒー危機によって、世界最貧国としての地位が確固たるものになり、医療費不足から、エイズマラリアが蔓延した。(上掲 p177より)

なぜコーヒー豆の大暴落が起きたかについては、説明が難しいの引用元の本を読んで欲しい。問題は、この状況が今もって回復しきっていないということ。

こういう問題をコーヒー愛好家は見過ごしてはならないと思う。俺は経済学に詳しくないからどうすれば生産者たちの生活を助けられるか分からない(教えて、増田民!)けれど、自分が今飲んでいるコーヒーは彼らの苦しい生活に支えられているんだということはいつも忘れないようにしている。そして、いつか彼らの生活を助けるような活動に参加したいと考えている。

それが本当にコーヒーを愛するということだと思う。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん