「アイドルグループ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アイドルグループとは

2017-08-07

https://anond.hatelabo.jp/20170807214105

あえてスカートにしたのはオッサンのスケベ心を感じる

そんなもん女性アイドルグループ提供する歌詞なんだから常識なの

入れないほうが逆におかしいの

それをタイトルに持ってきていかに「釣る」かがビジネスなの

で、グループのコンセプトも曲の中身もそこにはフォーカスしてませんよとしらばっくれるのがファンを増やしたり繋ぎとめたりする手段なの

アイドルグループで1人だけ脱退する奴って

大体主力だよね

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/ameblo.jp/mogatanpe/entry-12299302982.html



エビ中:1番ルックスがよくてなんでもそつなく出来た鈴木裕乃が1抜け

ももクロ:1番ルックスがよくて1人だけ女優モデルでもやっていけそうなあかりが脱退

でんぱ組そもそも最上もが以外知名度が絶無


千年様もなんかのアイドルグループ在籍だった筈なのに

その過去はもう誰にも顧みられないし、その後のグループがどうなったのかもコアドルオタじゃなきゃ知らないレベル


こういう主力がグループ見限って脱退するの専門用語とかないのかな

2017-08-06

https://anond.hatelabo.jp/20170806084754

からカバンでも男性の服でも自転車サドルでも同じなの

スカートが用いられたのはそこに性的意味を込めたのではなく女性アイドルグループの曲として自然であることと言葉のチョイス(作詞家としてのセンス)であって

性的被害を暗示してるものではないの(そう受け止めたいならご自由にだしその意図が当初からあるかどうかなんてわからないけど少なくとも表向きにはオブラートで包まれているのにスカートを切るから性的だと想像できるからと結び付けて考えるのはその可能性を言及したら何とでも言えるでしょ)

わざわざスカートなんだから性的なはずだ(少なくとも可能性は排除できない)と言うならそらそうですよ

ただ描かれていることは「八つ当たりによる破壊暴力行為」であって「えっちぃ気分でパンツ見たろ」ではないことが読み取れてないならそれはもう国語能力の話に収束しますよ

2017-07-29

どーでもいいと思うけど、、、

けやき坂46ってアイドルグループ知ってる?

曲の歌詞が反大人みたいな歌詞が多いんだけど、

センターの子歌詞に感化されちゃって、笑顔が素敵だったんだけど

大人信じねえ」ッてなってるのね。

歌詞から影響されてその子性格が出来てしまって、大丈夫かな?と思ったね。

ショービジネスだよ。演じてるうちに入ってきちゃったかな。

よくない感化だなと思う。めっちゃ売れてるけどね。

2017-07-19

歌がうまいという二次元アイドル

好きな二次元アイドルグループがいる。

そのうちの一人(推しではない)が「すごい歌声」「こんな歌聞いたことない」という設定。

でもめっちゃ普通うまいか下手かでいうと普通

そりゃあ一般人よりはうまいけど、そのグループの中ではめちゃくちゃ普通

しろクセのある歌い方をしてる他メンの方が目立ってる。

その設定さえなければ全く気にならない普通キャラだったのに、歌を聞くたび「この歌のどこにみんな感動したの…?」ってなってしまう。

でもその設定がなければ全くストーリーが盛り上がらないし、仕方ないとは思うんだけど、みんながみんな褒め過ぎて引っかかってしまうんだ。

2017-07-17

箱推しドルオタ現場をやめた話。

アイドルグループファンには箱推し単推しが居て、

箱推しグループ全体をまとめて推している人、単推しグループの中の個人を推す人です。

私は箱推しでした。

彼らがみんなで仲良くしていればとても幸せですし、全員の事をそれぞれ好きでした。

現場にも必ず足を運び、グループ全体のコンサートは勿論ソロイベントにも必ず足を運びました。

どの現場自分チケットを取り、抽選に当たり、当たり前ですが至極真っ当な正規方法で参加していました。

毎回とても楽しく、帰る頃には幸せ気持ちに満たされて「ああ〜やっぱりこのグループが好きだなあ」と

噛み締めながら過ごしていました。

SNSで行ったイベントの素晴らしさやグループへの愛を独り言のように語っていると、

同じような方々と仲良くなる事が出来ました。そのうち現場でもその方々と会うようになり、

普通友達にはこのグループを好きな子が居なかった私は誰かと好きを共有出来る楽しさに嬉しくなりました。

そういう繋がりを続けつつ現場に行く日々を過ごしていたある日、メンバーソロイベントが発表され、

私は喜んで応募しました。激戦だったようなのですが、有り難い事にチケットがご用意されたのです。

でもこれが私が現場をやめたきっかけになってしまいました。

間内チケット確認をし合っていた時、チケットが当たったのは私だけでした。

すると今まで仲のよかった方々が一変、私を攻撃してくるようになりました。

色々と言われました…

箱推しとか節操ない

何で何枚もCD買って応募してる私達じゃなくて1枚だけ買ってるあんたなの

個人推してる私がSNSでも一番愛が強いのに何で

間内箱推しは私だけで、現場に行く数が多く金銭的に何枚も買ったりする事は出来ない私でしたが、

それでもメンバー一人ひとりへの愛は強いつもりでした。

そんな一人ひとりが集まった家族のような彼らが大好きだったのに、この件で私のファン活動の全てを

根本から否定された気持ちになりました。

裏切られた気持ちになった私でしたが、チケットを譲ったりするのは悔しかったので意地でもソロイベントには行きました。

でも折角のイベントなのに楽しめなくて、周りに居る彼のファン全員が私のような箱推しの事を軽蔑しているのではないか

という気持ちにすらなりました。

ソロイベントをした彼は相変わらず素敵で彼を好きな気持ちに変わりはないけれど、でも帰る道すがら、これから毎回こんな

気持ちにならなければならないのかと切なくなり、泣きながら今後ソロ現場に行くのをやめる決意をしました。

SNSも苦しくてもうやめたし、

もう二度と同じ趣味の人を信用するのはやめようと思いました。

今でもグループ全体のコンサートにはこっそり行っていますが、誰とも仲良くしていないし、毎回一人ぼっちで参加しています

ソロイベントには行っていません。

どす黒い気持ちを吐き出すなら、私は思います

チケットは欲しいと思ってきちんと正規方法お金を払った人には、平等に与えられる権利だと思っています

その権利の上で、抽選ならあとは運です。

私を軽蔑した人たちは言葉を選ばずに言えば、そんな精神からチケット運も巡って来なかったのだと思います

自分が一番愛が強いから私に用意されないなんておかしい、あの子は私より応募した枚数が少ないのに、

の子はこの間も当たっていたのに…

そんな気持ちを持つなとは言いません。人間ですから、好きだからそそういう気持ちになるのも分かります

けれどそれをその当人に伝えたり差別するのはどうでしょうファンとしての行動と言えますか?

ちなみに今回の事で出て来た人間は皆分別のあるであろういい大人達ばかりです。

私も成人式なんてとっくの昔に終えた大の大人ですが、

私を攻撃して来た人は私が尊敬するべき立場であろう私より年上の人間でした。

私はあの人達のようなモンスターになりたくないし、

私に幸せが巡って来たら誰かの幸せも寝返るようになろうと、心から思いました。

そうしないとこんな人が沢山増えるから

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170705192741

それはないわー

お前ちゃんと見てないだろ

だったらなんで特定俳優ドラマ流行るんだよ

アイドルグループのだれそれが主演!

ウォンビン主演!

チェジウ主演!で人気出てるのにさ

2017-06-29

「お前が好きになってんじゃねぇよ」という呪い

小学生の頃、Jリーグの話をしようとすると、サッカー部の人たちから「お前みたいにサッカー普段からやってない奴が語ってんじゃねぇよ」と言われ、大人になった今でも「サッカーを実際にやっていた、やっている人じゃないと、Jリーグとか海外サッカーとか代表戦で楽しんではいけない」と思っている。

中学生の頃、好きなアイドルグループバンドがいた。それを知った不良や一部の女子が「お前みたいな奴が聴いてんじゃねぇよ。」と言ってきた。今思い返すと意味が分からないけれど、それ以来心の底に「僕みたいなクソ人間アイドルとかを応援する、好きと公言するのは良くない(相手に失礼)なことだ」というのが刻まれた。なので、最近アイドルの子、みんなかわいいと思うけど、僕が、かわいい、なんて言う資格はないと、思っている。意味からないけど。

他の人は、こんな心の古傷、無いの?

2017-06-24

アイドルエピソードがつまらなさすぎる

俺はラジオが聞くのが好きで、特にTBSラジオが好き。

で、TBSはある特定の分野に詳しい人がよく出演して、それについて熱弁する番組が多いのだが

それまで全く興味のなかった分野がテーマでも熱がある分、聞いていてすごく面白い

俺はスポーツ音楽にまるで興味が無かったのだが、

野球でこんな伝説試合があったとか、昔のプロレスはこうだから面白かったんだよとか、それまでダサい馬鹿にされていた日本語ラップはこうやって根付いたとか、

話が面白いので、それまで全く興味が無かったのに聞き終わった後は少し好きになっているくらいだ。

だが、ことアイドルの話になると一気につまんなくなってしまう。

TBSラジオ出演者アイドルファンが多く、どの番組でもよくアイドルの話になちがちなのだが、どれもまあ面白くない。

熱弁はしているのだが、なにか外している感が否めない。

アイドルグループ伝説ライブの話になり、

「野外ステージでのライブだったんですけど、あいにくの雨で…それでもファンは雨に打たれながら待っていたんですよ。

そして、そのアイドルステージに出てきた瞬間、嘘のように雨があがって晴れたんです!」

はぁ?何それ?って思うよね。

その話の何が面白いのか…

あとは、芸能人の裏の顔みたいな話をするコーナーで、某大物俳優が裏では金の話しかしねえ汚い奴だったとか、某大物司会者は片っ端から共演者の女に手を出してるとかの話を普段しているのに、

ある週はアイドルテーマになり、出てきた話が

「某アイドルグループ女の子楽屋で輪ゴム飛ばして無邪気に遊んでいる」

何それ?って思うよね。そんなショボい話は喋るべきではなかったよね。

ラジオやるくらいの喋りのプロが、俺の興味のない話をしてもとても面白いんだけど、

そんなプロですらアイドルの話はつまんなくなってしまう。

おそらくそアイドルファンなら面白いんだろうけど、アイドルに興味のない人からすれば、「だから何なんだよ」としか思えない話しかしないんだよね。

TBSラジオって、どの番組面白いのに、どの番組アイドルの話をしがちで

しかもそれが頻繁なので、アイドルの話になったら「またか~」と思って聞くのをやめてしまう。

やっぱ、アイドルって何が面白いのかわかんないわー

2017-06-19

ちやほやされたくてアイドルを目指し、落ち目ながらも現在国内人気最高の恋愛禁止アイドルグループに入って

直前まで自分に金を使うように散々ファン煽り

そして当日に結婚報告。すごい。すごすぎる。これから文春も待ってるし。

しか20歳って。お前の精神力すごすぎるよ。

俺なんか小心者すぎて10000分の1でいいからあの子の胆力を分けてほしいよ。

そしたらもうちょい出世できるかもなー。

https://anond.hatelabo.jp/20170619135745

アホか。ミッキー暗黙の了解だけど、例のアイドルグループは「恋愛禁止」をテレビで大々的に言ってるんだぞ。

ホワイト経営目指してます」っていう会社が内部ブラックで「日本のために身を粉にして働く労働者素晴らしい」っていうのか?

2017-06-18

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1121279

中指立てるべき相手恋愛禁止なんてルールを作った奴だってのに、「私がつらい思いして我慢してきたんだから後輩がそうしないのはズルい」って、まさに日本社会生産性を低くしてる人達みたいな意見よな。

いやいや、アイドル業において恋愛禁止ルールはむしろ生産性高いだろ。メンバーが次々と寿引退してくアイドルグループ貢ぐつがいるか。

アイドル結婚宣言は本当に正しいことだ

まあ、彼女結婚生活がどれくらい続くかは知らないけど。

ぶっちゃけいって、今、某グループだけでなく女性アイドルグループ全体を縛っている「恋愛禁止」なんて、真面目にやれば女性を苦しめるだけだし、適当にすれば人前でに嘘をつく茶番にすぎなくて、ファン幻想無駄に加熱する明けのクソルールにすぎない。

少し前にジャニーズと付き合っていた某女性アイドル違反があったとかで解雇されるものの、ジャニーズ誰かさんは平気な顔してテレビでてる。結局女性けが損をするのが今の芸能界なんだよ。それに対してNOといって見せたことは本当に正しい。

例の元某グループの元鬼頭が、名前を変えてぐちゃぐちゃ楽しそうにやっているのをみても、「恋愛禁止」なんて真に受けるだけバカを見る。いつまでも女性に対してだけ奴隷契約をする慣行を改めて、さっさと次のステージに進みなさい。それが進歩ってもんです。今回の件で「ファンに対して...」なんていうけど、こんな茶番を信じるファンの方がよっぽど時代に乗り遅れている。

クソはクソ。それを言うことはとても正しい。

秋元自らがそれをクソと認めたのだから、今後はどこも恋愛禁止なんて言わなくなるだろうね。

2017-06-15

[]平尾アウリ推し武道館いってくれたら死ぬ」3巻まで

美女だけど熱狂アイドルオタのフリーター女性と、トップオタと呼ばれるアイドルオタのおっさんが、

おなじアイドルグループを追うオタ仲間としてだべったり仲良くしてる

おっさんは一番人気のある子が好き

女性グループの中でも一番人気のない子が一番好き

でも女性ファンっぷりが常軌を逸してて他のファンは引いてる

肝心の人気のない子自身は、人気ない自分を一番に思ってくれる女性のことがすごく好きで友達になりたい・もっと仲良くしたいと思ってるんだけど、それをうまく表現できないし、そもそもアイドルファンから一線も越えられないし・・・でもどかしく思っている

人気のない子は女性をあまりに想うばかりにファンサービス客観的に見ると塩対応といわれるレベルの冷たいものになってしまっていることに気づいていない

そのせいで女性との間に行き違いがあったり誤解が生まれたりしてしまって、女性はその子から塩対応されていると思ってしまっている

(でも繰り返すけどその子女性が好きすぎてうまくファンサできないだけ)

ファンからしたら塩対応され続けていてよくファン続けられるねといわれるレベル対応しかされなくても、それでも人気のない子が好きで応援し続けているのがその女性

見所は女性アイドルオタのおっさんとかのオタ話(エロやシモはない)だったり、

女性とその子百合っぽいけどそうじゃないような関係だったり、

アイドルグループの中にある百合だったりというところ

女性のノリは、ねこぐるいのねこアイドルになったような感じ

ファン活動お金使いすぎて金ないか普段着ジャージ(どこにいくときも)

パンを裏返すバイトをしてる

絵がかなり好み

女性の顔の書き分けはできてないし表情も乏しいかキャラ区別がなかなかつかないけどみんなかわいい

なんとなく絵柄とギャグのノリがオジロマコトっぽいなと思った

あれほど、というか全然エロくはないけど

でもマンガ方向性がいまだに見えない

どういう終わり方にするつもりなんだろう・・・

あいつ終わってもいい内容ではあるけど・・・

2017-06-09

中学生エロい

それは私が中二で性に目覚め始めた頃。

当時ネットとかは無く、エロいものを得るには、道に落ちているエロ本を拾うか、ヌードが載っている一般誌を買うか、危険を冒して自販機の成人雑誌を買うしか方法がなかった。

しか本屋一般誌を買うのは恥ずかしいし、ましてや人に見られない様に夜中に外出して自販機本を購入する事なんて出来なかった。

そういう事でムラムラした日々を送っていたのだが、ある日学校の昼休みに衝撃的な光景を目にしてしまった。

クラス美少女(俺基準)2人が机一つに向かい合って座り、互いの肩に顎をのせて、眠っていたのだ。

更に2人がキスをしていたという噂も耳にした。

まあ今にしてみれば、10代の女の子同士がベタベタする事に特別意味はないらしいし、噂は噂に過ぎないのだが、非常に興奮した私は帰宅後、2人のあられのない姿を想像した。

だが、そもそも知識は無いし、興奮しているから考えがまとまらない。

そこで2人がどんなことをしているのかを紙に書き出してみる事にした。

いわば自家製エロ小説である

小説は満足する出来で(俺基準)、調子にのった私は、他にもアイドルグループメンバー同士が色んな事になってしま小説などなども書いたりした。

しかし私は迂闊な事にそのアイドル小説を机の上に放置していて、親に見つかってしまった。

親には注意され、その小説が戻って来ることはなかったが、その後も見つからない様にして、小説は書き続けた。

しかし、それは中三のある日、突然止まったのである

開き直った私がヌードグラビアが載った一般誌を購入したかである

妄想産物よりも現実ヌード

かくして小説家(?)生活は終わった。

でも原体験である百合思考現在も続いている。

やっぱ原体験って大切だね!!


追記:

>それだけの百合原体験をしておきながら、なぜヌードグラビア如きで創作をやめたのか。そこが理解できない

中学生の書いた文章ゆえ、想像力貧困稚拙だったので、ヌードグラビアに負けたのです^^;

なお、ネット時代になって、芸能人エロ小説を扱ったサイトが出来たので、そこに百合系のを3,4本投稿したことがあります

どういうシチュエーションでどういう風に絡むかというのを考えるのは考えるのは楽しいので、機会があったらまた書いてみたいけど、今のネット上に発表するのは無理ですね^^;

叙述トリック申し訳ないけど、考えてません。

最初から男子中学生を前提に書いてます

×あられのない

あられもない

申し訳ない。

2017-05-24

体育会系女子無視しないでほしい

先日、カード会社女性社員を起用してアイドルグループを作ったニュースがあったけど、ブコメでは「パワハラセクハラが横行してるキモい企業忘年会ノリが外部に露出した感じで不快」というコメントが一番支持を集めていてなんだかもやっとしてしまった。なぜあれが「ハラスメント」になると断定するのだろう。

はてなーはいつも「女性男性強要されたことを嫌々やらされている」ってスタンスを取ってるけど、そうではない女性もたくさんいることを忘れていると思う。学生時代体育会系女子とそうじゃない女子ではノリが全然違ったことを覚えていないのだろうか。世の中には、積極的忘年会の出し物に参加したい女子だって大勢いる。積極的会社の人と呑みに行きたい女子だってたくさんいる。なぜその存在を、まるで無いもののように扱うのだろう。普段あんなに多様性多様性言っているのに。

確かにはてなには体育会系女子ほとんどいないとは思う。でも、はてなーが「嫌々やらされている」と思っていることを自ら進んでやりたがる女子がいることも忘れないで欲しい。

2017-05-15

[] #24-5「あの音楽歌詞

「この曲は流行ったこともあって、広く普及しているものらしいじゃないか

「そうらしいな。それがなんだ」

「つまり歌詞意味が分からなくても、この曲の良さを感じ取っているってことだよね。でも、それは歌詞意味を知っても不変たりえるものかい?」

ガイドがまだるっこしい言い回しをしてくる。

「なんだ? 実は酷い歌詞ってことか?」

「いや、全部しっかりとは聞いていないから、これからさ。けど、もし鬼が出ても蛇が出ても問題はないのか、確認はしておくべきだと思ってね」

未来人のくせに随分とナンセンスなことを言うんだな。そんなの“やってみなくちゃ分からない”だろ」

弟たちの意志は揺らがない。

ここにたどり着くまで散々遠回りをした。

さら、うやむやにするというのは、弟たちの答えではないのだ。

「……じゃあ、翻訳してみるよ」


こうして書き起こされた歌詞だったが、弟たちの予想を悪い意味で裏切った。

やたらと詩的で難解というわけでも、かといって下品低俗歌詞でもなかった。

何というか……すごく単純というか、月並みな、淡々とした。

有り体に言えば下らない、とても陳腐歌詞だ。

「これは翻訳問題とかではないの?」

「フュ○メッ△ゲ語は覚えやすく、分かりやすく、使いやすいよう開発された共通言語だ。故に構造も非常にシンプルになっている。だから誰が翻訳しても、ほぼ同じになるよ」

「凡百のJポップでも、もう少しマシな表現で取り繕っているぞ」

「あと、ボーカルは恐らく合成音声だね。それにイントネーションが、ボクの時代のフュ○メッ△ゲ語の教材映像のように忠実だ」

まり棒読みってことらしい。

「一応フォローしておくと、コード自体はとてもキャッチーだよ。フュ○メッ△ゲ語は覚えやすいための一環として、非常に小気味よい単語が多いし」

いや、それは多分、みんな何となく分かってる。

「まあ、歌詞意味なんて分からなくても、音楽は聴けるよ」

ガイド発言は、ここまで探し求めてきた弟たちにとっては無神経なものではあったが、俺は何も言う気にはなれなかった。

弟たちにとっては待望の知見であったが、その後で仲間たちと話し合った結果、この音楽歌詞秘密にしようということになったらしい。

この曲はそれでいい、と弟たちは思ったのだろうか。


それから数日が経ち、俺たちの世界は何事もなく進行している。

俺はタイナイを自宅に招き、課題遂行にいそしんでいた。

はいってもタイナイはスマホ片手に雑談を交えてという、ほとんど遊びにきたようなものであったが。

「『人気アイドルグループ世界へ』かあ」

どうやら、どこぞのネットニュースを眺めているようだった。

「このアイドルグループ歌詞って、正直つまらいからなあ。世界ウケるもんなのかなあ」

「へー、ほーん」

この一丁噛みはタイナイの十八番である

なので、俺もいつもの調子で応対する。

だが、同じ部屋にいた弟の癇にさわったようで、タイナイが続けて語ろうとするのをぶった切るようにして話に入ってくる。

あんたの気にしている“世界”ってのは、一体どこの“世界”なんだよ」

そう吐き捨てるように言うと、弟は部屋から出て行ってしまった。

突然の横槍にタイナイは、それを呆然と見つめていることしかできなった。

そして戸惑いながら、なぜか俺に尋ねだす。

「え? え? どういうこと?」

「“分かるからこそ見える世界”があるように、“分からいからこそ見える世界”ってのもあるんだろう。たぶん」

「うーん?……」

「まあ分からないなら、それはそれでいいんじゃないか。そういう話だ」

俺はそれっぽく答えるが、タイナイは要領を得ないといった様子だった(もとから理解させるつもりがない前提で言ったので当たり前なのだが)。

「じゃあ……君はどうなの、マスダ」

「どうもこうもねえよ。是非もなし、だ」

音楽に何を求めるかってのは様々だが、それらを深く考えないまま享受する人間だって勿論いるのである

(おわり)

2017-05-07

ワガママ独り言

つい数時間前にこの匿名はてなダイアリーというサービスを見つけ、

ブログも初めてで日本語力もないし

自分が今から書くことはワガママだと分かっていながら書くから

イラっとしたらすぐ引き返してほしい。

私は北陸の某県に住む高3女子だ。

県内ではトップ10くらいに入る謂わば進学校に通っている。つまり受験生だ。関東大学第一志望で、滑り止めも関東大学にする予定だ。

家族構成は父、母、兄、私の4人家族だ。

兄は東京専門学校に通っていて、某大手企業内定が決まっている。長期休暇には必ずうちに帰ってくる。

我が家は私が幼い頃から仲が悪かった。

私が小2か小3の時は離婚しかけた。

父と母は見合い結婚で、周りの友達の両親の様に恋愛結婚じゃないから、元から愛なんてものはなかった(と思っている)。見合い結婚全てが愛がないと思ってるのではない。

離婚しかけた時はまだ私にとっては家族は大切な存在で、離婚してほしくなかった。兄と私がいるからということで離婚はせずに済んだ。

小6くらいから少しずつ嫌な場所になりつつあったけど、中2くらいまでは家は好きな場所だった。中3からは完全に嫌な場所になった。

兄が高校入学した小6の時から、母が兄を甘やかす様になった。周りの大人にそれを言うと、そんな事ないと言うが、今でもそう思っている。

小6の最後の方〜中2の間に、父もよく分からないことで機嫌が悪くなるようになり、私や母の悪口を大声で、目の前ではないけど聞こえる様に言うことが目立ってきて、父も母もだんだん嫌いになり、中3で完全に家が嫌いになった。

えこひいきや怒られることだけで家族が嫌になったのではない。

私はライブ参戦、観劇イベント参加が趣味で、アニメ女性アイドルグループ舞台俳優も好きなオタクである

両親が典型的昭和人間なので、オタクは歩く公害ライブ舞台等の形の残らないものお金無駄アニメマンガ子供の見るもの という考えだから、私とは本当に考え方が合わない。

ライブ観劇イベントも何回か行ったけど全然回数的に満足していない。

こんな田舎に住んでるから私自身が田舎者からライブ等に満足に行けなかった。

からえこひいきする母を、怒って一人で騒ぐ父を、自由にさせてくれないしこんな場所に生んだ両親を、自分の生まれ場所を、憎んでいる。

中3の高校受験の時、今通っている高校に入りたかったので、それを両親に言うと、父は好きにしろと言ったが、母は距離問題や私が合格しないだろうと思って、兄が通った高校を勧めた。

兄の母校は、正直に言うと私が通っている高校よりレベルが一つ下で、センター試験は学年の半分くらいしか受けないし、専門学校に行く人もそれなりにいる。そういう高校やそういう進路が悪いのではない。けれど私は可能性があるのに安全からと一つ下のレベル高校に行くのは嫌だった。厳しい世界だけど頑張っていこうと思って今通っている高校受験した。

成績が芳しくなくても、私は中3の時の決断は間違ってないと思っている。楽しい仲間、憧れの先輩、課題の量は鬼だけど親身になってくれる先生…どれを取っても私は私の意志を貫いて良かったと確信している。

今に至る経緯がとても長くなってしまったが、ここからが本題だ。

GW中に母は実家(県内)に帰り、父は稼ぎどき、兄は帰省してきてうちにいる。

GW前に母からスタバを奢ってもらい、父から直接「稼ぎどきだから協力してくれ」と言われていて、家事を頑張るつもりだった。勉強もそれなりに頑張るつもりだった。

五月病もあって、こころが少ししんどかった。

そんな時に不慣れな家事。でも一つ疑問があった。

なぜ帰省してきている兄は家事をしなくて良いのか?

これを父に尋ねたら、女だからと言われた。戦前かよ。男尊女卑かよ。

確かに不慣れだからやる必要はあるのだけれど、それなりに出来るし、兄がやらなくていい理論は成り立たない。私だって受験生だし勉強したい。成績悪いからそれなりに焦りだってある。

時間ないのに家事やって、でも文句言われて…少ししんどかったこころがどんどんボロボロになって…家事やらないと誰もやらないからやるしかないし…

こんなことを考えて、少し家事ストライキしたら兄から「おい、家事やれ」と言われた。私はおいなんていう名前じゃないし、兄がやればいい。そう思ったが口にしなかった。

家事ボロボロになった私のこころ勉強する元気はなかった。この気持ち家族全員に理解してもらえないのだが、家事がいい気分でできていたなら勉強もいい気分で始められた。確かに私は段取りが悪くて、家事時間かかるし勉強家事の前に済ませておけば良いのに、昼間はゆっくり寝てダラダラしていた。でも、メンタルボロボロの時に早く起きて勉強しようという気分になれない。新しい一日が始まってしまった、また連休無駄にしてしまった、また家事をしなければいけない…こう考えたら現実逃避としてまだ寝ていたくなる。だから昼頃まで寝た。昼からでも勉強すれば良かったのだが、憂鬱すぎてそんな気分ではなかった。そしてまた家事を嫌々やり、また一日を無駄にした。

やっと母が家に戻ってきた。私は全てに投げやりになって、居間で寝ていた。昨晩の洗濯物が洗濯機の中に入ったまま、干していなかった。母が兄にそれを言うと、「いや、妹がやらなかったし…」と言った。私は昨晩、兄に洗濯機を回す様に頼んだ。心の中で、兄が干してくれるか試していた。干してくれなかったし、私のせいにした。どうして全て私がやらなければいけないのだろう。ここで私は怒りを我慢できなくなり、掃除中の母に当たってしまった。

受験生の娘を置いて実家に帰るなんてひどい。なぜ兄は好きな時に出ていって好きな時間に帰ってきて、家事もやらなくて良くて、どうして周りもそういう空気を作るのか。どうして私のことは誰も考えてくれないのか。私だって忙しい。家事していた時間を返してほしい。

こう母に言った。

母は、何が受験生だ。自立するのに家事必要だ。お前の学力で受かる大学なんてない。もう遅い。私のありがたみを感じろ。お前は段取りが悪い。

と言った。

母にはありがたいと思っている。だが、大学受験経験したことのない人にもう遅いなんて言われたくなかった。まだまだ伸び代はある。これから頑張れば絶対第一志望は受かる。私はこう信じて勉強している。

やはり母も兄が家事をしなくて良いと言い、受験についても口を突っ込まれて、私は爆発した。勢いで食器棚ガラスを割った。私はもう家事なんて一切しねえよ!飯もいらねえ!と言い捨てて自分の部屋に行った。

からこの時から家事を一切していないし、ご飯も食べていない。あほらしいのは分かっているけど、食べたら負けだと思っている。私は絶対に負けない。どうなるか知らないけど絶対に食べない。

兄が私の部屋に勝手に入ってきて、勝手にべらべら何かを喋っていった。その中で私は不幸せだと言った。私は自分意思で不幸せになっているのではない。家族全員が私を不幸せにしている。そう言ったら、いつか俺の言った事が分かる日が来るよと言って私の部屋を出て行った。いつまでも勝手な人で本当に腹が立つ。

父は何も言わなかった。居間では何か言っていたのだが、聞きたくなかったから聞かなかった。私のことは本当に呆れたのだと思う。

母も何も言わなくなった。

すごくワガママだと思うが、これからどうしたら良いのだろう。

何も食べていないから頭が痛くて、文章書くのもやっとだ。だからご飯を食べたら絶対楽になれる。

でもあんなことをして、あんなことを言ったのだから食べる資格なんてないと思っている。

本当にどうすればいいかからない。

これ以上のことばが思い浮かばない。どうすればいいのだろう。

乱文失礼しました。

どんな批判のことばでもいいので、何かコメントもらえたら幸いです。

2017-05-06

私たち障がい者をどこまで許せば良いのか?

昔、何年か前に私は家族と某男性アイドルグループコンサートに行った。

私はそのアイドルの大ファンで、今までに何度かコンサートに行っている。

私たちファンコンサートライブに行く目的は、どんなアーティストだろうとおそらく共通して

『好きなアーティストを直に見て、生歌を聴き、そこでしか味わえない楽しさ』を感じることだと思う。

きっとそれは相手アイドルだろうが、バンドだろうが、ソロ活動している歌手だろうが、変わらないことではないだろうか。

前置きはさておき、私が行ったコンサートでは席があらかじめチケットに書いてある、席移動不可の会場だった。

アイドルが出てくるまでのドキドキ感、何が起こるのかわからない、あの時間は本当に他では味わえないものだ。

ファンはいだってコンサートを、ライブを、全力で楽しむ準備をしてから会場に向かっている。

そしてついにアイドルが会場に出て、大きな歓声の中歌いだした。

私はもちろん興奮しながら大きな声で彼らを呼んだ。

周りも黄色い声をあげて彼らの登場を喜んだ。

会場はどんどん盛り上がり、曲に合わせてペンライトを振り、定番コール&レスポンスをして楽しみだす。

でも、私の耳には大好きなアイドルの声以外に耳につくものがあった。

後ろの席の人が歌っていた。

これは、他のアーティストでもそうなのかはわからないけれど、少なくとも私が今まで行ったコンサートライブでは、アーティストが歌っている間自分たちが歌うのはマナー違反だ。

当然、最初にも書いたがファンは『好きなアーティストの生歌』を聞きに来ているわけで、他のファンが歌う声なんて雑音でしかない。

(もちろんアーティストが『みんなも歌って!』と言ってマイクを向けるときなんかは別だけれど)

個人的には耐えられないことだった。

私はアイドルの歌が聞きたくてここまで来たのに、なぜお前の歌を聞かなければならないのだ。

気にしなければいいだろうと思うかもしれない。

音楽の方が音が大きいんだから、そんなに耳に入らないだろうと思うかもしれない。

これは体験した人ならわかるかもしれないが、どんなに大きい音で音楽がなっていても、すぐ後ろにいる人の声が意外と耳に入ってくるものだ。


ここでタイトルの回収になるが、恐らく後ろの席の人は障がい者だったと思う。

歌っている声の出し方というか、しゃべり方というか、なんとなく(あぁ、普通に話せる人ではないだろうな)と思った。

通常周りで歌っている人がいたら注意するだろう。持ち込み禁止のものを持っていたら注意するだろう。

マナー違反ファン同士が注意し合って改善し、アーティストや他のファン迷惑にならないようするものだ。

でも、私たちは注意できなかった。

私だけではなく、後ろの席で歌っている人の周りは誰も注意できなかった。

だって彼は障がい者から

彼はずっと歌い続けた。おそらく自分が歌える曲は全部歌っていた。

私たちは何も言えなかった。

ずっと彼の歌声が私の耳に入り続けた。

決して上手くはない、しっかりと発音できないあの声を聞き続けた。


今思うと注意するべきだったのだろうか。おそらく彼の横にいたのは彼の保護者で、その人に向かって「歌うのをやめさせてください」と言うべきだったのだろうか。

誰かが注意してそれを理解し、歌うのをやめられる人だったんだろうか。

彼が障がい者だったから、私たちは(なら仕方ないか)と思って我慢した。

それは本当に仕方ないことだったんだろうか。

多分いろいろな意見があると思う。

どれが正解だなんてないのだと思う。


でも、私はあのコンサートを全力で楽しめたのかと問われれば、言葉に詰まってしまうかもしれない。

帰り際、一緒に隣で見ていた母親に「後ろの人、障がい持ってる人だったね」と言われた。

私は「そうだね」と返すことしかできなかった。

ルックス至上主義が大嫌い。

ここ数年来の、声優ルックス至上主義がほんと大嫌い。

声優って声質と演技力勝負する世界だと思うし、これをないがしろにしてルックス偏重露出を決めてるようでは、本当に特徴ある上手な人が埋もれてしまい、業界として没落する一方だと思う。

これにとどまらず、女優歌手アイドルグループじゃなくて)、手品師医師弁護士女流棋士アスリート高学歴大学生、はては政治家にいたるまで

美人かどうか、おっぱいが大きいかどうかで優劣を判断するような風潮・論調が多くて辟易する。

2017-04-23

ドッペルゲンガーを生み出してしまった

某SNSで、身バレ予防のためにちょくちょく架空個人情報を織り混ぜている

たとえば、行ったこともない場所ニュース引用しながら「もう何年も帰ってないなあ」とコメントしてみたり、俺が生まれるよりも前の出来事を懐かしんでみせたり、持ってないものを壊れてしまったと言ってみたり、大して興味のないアイドルグループファン自称してみたり、といった具合

最近些末なことでネットである人と口論になったのだが、相手がいきなり「お前、○○だろ?」と言い出してぽかんとしてしまった

もちろん○○は俺の本名とは全く違うし、相手が続けて指摘した職業家族構成も全く違うものだった

しかし妙に具体的なので気になって調べてみたら、今まで俺がでっち上げ個人情報に偶然にもピタリ合致する人物実在していることが判明した

エキサイトした相手は「お前の家が××付近なのは知ってるんだぞ。そのうち直接出向いて、付近の家の表札をしらみつぶしに調べあげてやる」などと言い出してきた

なんということだ、俺は意図せずして○○氏のドッペルゲンガーを生み出してしまっていたのだ

2017-04-02

アイドルグループの何某が好きで、お金を払って応援していた。

何某は、愛想がないことがキャラというか、それができないアイドルだった。特に容姿が優れているわけでも、パフォーマンスが優れている訳でもない。ごくたまに、アイドルらしさを見せるから、どうしてこんな奴好きなんだろう、と思ってはいても応援していた。それでも応援する自分、というのが好きだったのか。

何某は、恋人がいた。それは発覚という形で知ることとなった。私は心底嫌な気持ちになった。ゲロしたい気持ちだ。私はどこかで、こんなしょうも無い人間応援してやってるんだ、報われてもいいはずだ、と思っていた。報いとは、例えば何某のファンへのサービスが充実するとか、何某自身が華々しい活躍をし、ファン冥利に尽きるという充実感を味わう、などだ。何某は、ファンサービスもできないし、仕事の結果も出せなかった。今後もきっと、できないだろう。

私は、はっきりと思った。こんな最低な奴になにお金を払って応援してるんだ、と。バカなのか、と。

私は、現実の異性の好みも何某のような人間が好きだったが、それも同時に、バカなのか、と思った。頭がイカれてる。

目覚めさせてくれてありがとう。お前もがんばれよ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん