「しま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しまとは

2018-08-17

陳腐な既婚者の片思い

配偶者がいるのに、人を好きになってしまった。相手10歳下の子自分にこんな趣味があるなんてと我ながら引く。でも好きになってしまった。苦しい。容易に会えないのですごく苦しい。もちろん態度には出さないし連絡先も聞いてない。聞いたら最後だと思う。

相手自身がすごく好きだが、加えて外見が初恋の人に似ている。SNS写真をひたすら見る日々。知り合いですか?と表示され、とても焦った。

配偶者のことが嫌いになったわけでも、無関心になったわけでもない。ものすごく感謝しているし、悲しませることは絶対にできない。だから一生片思い。ひどい時には1ヶ月くらい会えないのに、不自然ではない程度に挨拶も相当控えめにしている。相手は多分全然思ってもみないだろうし、配偶者絶対に気がつかない。

それでも罪悪感が酷いし、好きな人には会いたいし。離婚する、不倫する、なんてことをしたら全てが台無しになる、それでは意味がない。というか、そもそも相手自分恋愛対象とはみてくれないだろう。辛いけど現実しか相手恋人ができることが到底受け入れられない。

何とかして気のいいお隣さん、たまにあう飲み友達、くらいの気持ち関係性になれないだろうか。毎日必死で堪えている。

死んだら

今まで認識してきたものも消えてしま

みたいな考えをどうにか良い方向に(負の思いが出てこないような)

捉えたいんだけど、みんなどうしてる?

anond:20180816234311

1記事100円でも、100円払うってことは、その人のことを少し応援してあげるってことですよね。

人間、嫌いな奴には1円も払わないわけで。

ほんと、noteってよく出来てますね。センスの良さと頭の良さと実行力があるんですね尊敬します。

VTuber失望論の滑稽さ

バーチャルユーチューバー(VTuber)のブームが落ち着きつつある。

最近だとGREEVTuber関連の大きめの事業を展開したりしていて、まだまだ金のにおいはするみたいだが、

ともあれネット文化としての勢いは確実に落ちてきた。

で、落ち着いてくると、「あれだけ新しい文化みたいに喧伝しておいてそれだけかよ」という

VTuber失望論みたいなものTwitterや5chで散見されるようになった。

彼らの多くは元VTuberファンで、自分の期待を裏切られたのが気に食わないようだ。

かにブーム初期の、

これは全く斬新で、VRが充実した今だからできる最先端文化で、VRから世界の縛りにとらわれず何でもできちゃう!!

というのじゃおじことねこますあたりの文言を真に受けてしまうと、

現在生主主体で、機材は貧弱で、VRらしさなんてみじんもないVTuber界隈は失望ものだろう。

でも、そんなこと、目に見えてただろう。

VTuberが注目されたのが「ガワを被ればアニメキャラのように振る舞え、扱われる」点だった時点で、こうなるのは決定事項だった。

シロ・アカリキズナアイキャラビジネスモデルに注目したし、ねこますはこの辺とは全く無関係モチベーションから動画を上げていたので、

四天王とか言われている時期は今の兆候は表れなかったけれど。

でも世間の印象は完全に「ガワを被って人気者!」で、生主が興味を持つには十分だったし、視聴者側もそれを受け入れる土壌が出来上がっていた。

まりVTuberがやたら注目され期待された時、この時に界隈の将来が定まった。

VTuberが新しい文化だなんて感じたのはブームの波に乗ってやってきた人たちだろうが、

その時期からレールの上を走ってるだけのVTuber界を見て「こんなはずじゃない!」と嘆くのはちょっと滑稽に感じる。

痴漢に対して「露出してる女の方が悪い」「無意識挑発してる自覚を持つべき」って発言する人を初めて見たけど、本当にいるんだ、女叩きのフィクションじゃなかったのかとびっくりしてしまった。

かに自己防衛はしないよりかはした方がいいとは思うけど、それって「日常生活を営んでてムラっとしたら手を出しても致し方ない」と言わんばかりのコメントだよな…

自分から「女の露出を見ると痴漢したくなる衝動に駆られます」ってゲロってるようなもんじゃないのか。びっくりした。

比較性善説を信じてるけど、そればっかじゃいけないなと思ってしまった。世知辛い

ありがとう

初めて彼氏実家にお泊りすることになった。

特にこれからの話は何もしていないが、私の母には挨拶済みなので、これでお互いの親に紹介された状態にはなる。

出会い合コンだった。終了後に向こうから連絡が来て会うことになったが、あまりにも印象が薄く、5対5の会だったにもかかわらず私は彼の顔を覚えていなかった。

駅で待ち合わせする時に顔が分からないとは口が裂けても言えないので、

「人が多すぎて見つけられないから服の色を教えて」

と言ってなんとか合流した。

私は病的に自分のことが嫌いだ。

嫌い過ぎて、たまに発作のように死んでしまいたい衝動に駆られる時もある。

父には物心ついた頃から容姿について色々と言われた。妹と比較してブス、ブスは髪を伸ばすな、頭が悪いから大人になってもどこにも雇ってもらえない、ニートになる前には死ね

そうやって言われ続けて育った私には自尊心のかけらもない。

男性にどれだけ褒められても嫌味か機嫌取りの嘘にしか聞こえなかった。不愉快だった。

人より小さな胸やガタイの良い上半身、"エラ"の大きさや足の短さ、二の腕の太さ、偏差値の低さ…

自分短所しか目が行かず、コンプレックスの塊。周りの人間に嫌われて当たり前だと思い込む。この闇で独りもがき続けるのが辛くて、早く死んで消えたかった。

そんな私にアタックしてきた彼を、とりあえずオッケーしたものの心の中では全く受け入れられなかった。

こんな自分を好きになったのが本当なら、趣味が悪すぎる。気持ち悪い。とりあえず彼女作りたかっただけなんじゃないか

(もし、私がここまで自分拒否する感覚が分からないという方がいたら、どうしても好きになれないものに置き換えて考えてみてほしい。たまにトイレに入った時に見つけてしまう前の人の流し損ねた排泄物みたいな。私は自分自身がそれと同じぐらい好きになれない。)

本当に失礼なのでこういう思いを当初抱いていたとは彼には今でも言えない。

何年も受け入れられないまま過ごしたせいで、遂に私は、彼は惰性で私と一緒にいるのだとまで被害妄想を抱くようになった。

それがきっかけで私が色々と彼を傷付けるようになり、一度別れたが、数日後すぐに彼の方からよりを戻したいと言ってくれた。

「○○(私)がいない生活が辛くてご飯が喉を通らず痩せた」

あんなことをされて、何で今でも好きなのか分からないけど、一緒にいるのは○○じゃないと嫌だと思った」

彼のこの言葉に衝撃を受けた。もしかしたら彼は本当に私の事を愛しているかもしれない。

涙が止まらなかった。

こんなに遠回りをして、あんなに彼を傷付けて、やっと他人からの愛を実感した。

そんな自分性質に心底腹が立って、悲しかったが、ちゃんと誰かに愛されるという安心が勝った。

彼は私のことを愛している。

私も彼のことを愛している。

それが分かったのは、彼と交際を始めて2年が経った頃だった。

4年前、顔が覚えられなかったなんて信じられないくらい、今ならどんなに遠くから彼が歩いて来ても見つけられる。

外に出るときには必ず手を繋ぐし、部屋の中では常にくっついている。

ここまで心地良い関係になれたのは彼だけだ。

家族も含め全ての人間から嫌われている気がするし、自分自分が大嫌いでずっと苦しかった。

そんな私を気長に愛してくれるあなた

私のわがままを髪を撫でながら笑って聞いてくれるあなた

私はまだ自分のことが一切愛せないし許せないけれど、あなたのことは愛おしくて仕方がないです。

これからもずっと一緒にいてください。

あーセックスしてぇ

彼氏明日朝早いから、私を自宅まで送り届けて早々に別れた

今日彼氏も可愛かった

待ち合わせ場所で私が近づいてることに気づいてるのにわざと気付かないふりして至近距離に来ても知らん振りして私がそれで軽くつつくとごめんごめんって感じで笑うし、「お店はあっちだよ、着いてきて」って言いながらもすぐにGoogleマップ見てるし、お酒弱くてグラス半分飲んだだけでお冷もらうし、ニコニコしながらシェアしてた料理を「これ多めにもらっていい?」とか聞くからそんなんあげるしか選択肢ないし、荷物もってくれるし、別れ際に玄関で何回もキスするし

ラムラするしかないじゃん

しかし、彼氏はすぐ帰ってしまった

あー彼氏セックスしてぇ

昔はインターネットがなかった

代わりに本があった

当たり前だが、本の方が良質なコンテンツが多かった

テキストサイト2chニコニコ増田

庶民がやる分にはい

問題インテリ

インテリ層は、自らの殻に籠もらず対話を試みるようになった

テレビも見る、面白いものをみる、これら正義とされるものに敏感になって、変な人は少なくなった

だいたい何かを作る人は、余裕がある偏った人だ。満ち足りた生活エネルギーが出るか?

無理だね。インテリははやくはてななんかやめろ!もうこれは庶民ツールになりつつある!うまく染まってしまって、エネルギーが吸い取られて、くそ平準化された人生で終わるぞ!

もっと殻にこもれ!内燃機関ねじ曲がった思いを育てて、射出しろ!!

「あの夏」の終わり方

“あの夏”、から一年唐突ですが、どういう思いを抱いて彼らを応援しているのか、を自分語りとして綴ることにします。(お友達は一部既出ですが・・自分なりに整理をしました)いろんな巡り合わせだったり偶然を運命を呼ぶことにしたわたしは、森田美勇人Love-tuneTravis Japan)出の美勇人なのだな、と思います

2016年出会いの春、それはLove-tuneが結成された季節です。少クラガムシャラ、そして兄ガチャに嵐バック。2014年からあらちかを筆頭に、まがいなりにもTravis Japan意識していた人間としては、みゅうとくんが公式グループ兼任することも、顕嵐くんがいつのまにかそこでマイクを持っていたことも、待って待って…と思うばかりだった。

だけど顕嵐くんが、輝くべき場所で輝けるのならそれは素敵だよとなぜか腑に落ちていて。目線を合わせずに背中を委ねる宮近くんとはもう長い付き合いだったこと、骨折しながら青山劇場に通ってTravis Japanで居てくれたこと、「やっとA・RA・SHIを歌えました」と言ってくれたこと、グループの顔として存在しようとしてくれたこと。だいすきな顕嵐くんがいくつもあるけれど、アイドル阿部顕嵐”としての最善の道を邁進しようとする生き様が、彼らしいなんてふうに思った。“あらちか”が隣同士でなくなってしまうのにはどこかズキッとして、終わりを迎える日を「宮近ももってけドロボー!」なんてまだまだ傷心を誤魔化すように、それっぽく野次をとばしてみたりした。2016年を振り返る際に、意思を持ってトラジャへ合いの手を入れる顕嵐くんが瞬間咎められる姿に、心のめそめそは止まらなかったけれど、それぞれのファンとの関係大事にする彼らの優しさだったんだろうなあ、と思う。(銀河劇場でコンテを狂舞する顕嵐くんを、博品館Shall we dance?する宮近くんを、同時に観れちゃうんだ あらちかはず〜っとドリームだよ!)

そんな事実が対比として、8人になったTravis Japanを引っ張ろうとさらに踊りだしたみんなのみゅうとくんに、どうしてもTravis Japanでいてほしくて、青山劇場さよならをして終わりかにみえTravis Japanが、兄組・弟組別から改めてグループとして動きだしたTravis Japanに、そのままのグループでいてほしくて、そんな勝手な願掛けでブーメラン呪いをかけはじめた。

両方の登場場面で現れた出ずっぱりな少クラ美勇人くん、嵐についたら翌日はえびバック、ドリボに出たら幕間で稽古、次はえび座で…、DIGITAL BOYSセンターで笑って、アイランドゲストガチャも最もバック選抜される名実休みのなかった美勇人くん。木星から金星へ、その場でジャケット羽織ってTravis JapanからLove-tuneへ変幻する美勇人くんにハートは奪われたし、仮面ライダーって実在するんだ、と思った。精神的な切迫を考え出すとキリがなかったのに、呼ばれるうちが華、なんてやっとのお休みダンス留学なんてしちゃう。誰よりアイドルをして、歌って奏でて踊りまくる美勇人くんがいて、もう充分すぎるほど君を見つめていたし、たくさんの衣装を着まわす姿を思わず数え「今はどっち?」と離れて行きそうな彼への、典型的な重い女な執着心を抱き“リア恋枠”を称したのは、心の奥底でこうなる「いつか」を恐れて、1mm責任や傷を負わないよう距離を図っていたのだろう。「いつか」来る「いつか」を知ってしまったとき自分を最大限傷つけないよう「担当」と呼ばない逃げ道に立って、大好きなのにすべてを100%応援できない、身勝手自分肯定していた。それでも、2つの顔を邁進する美勇人くんのやさしさや強さが憎いくらい眩しくって憎むことなんて滅相もなくて、ほんとうはずっと、「いってきます」を言うと「いってらっしゃい」を「ただいま」に「おかえり」を返してくれる、Love-tuneというTravis Japanという君だけの特等席はあたたかすぎるほど輝きに満ちていたのに。

2017年ジャニーズJr.祭り、会いにいったTravis Japanは7人になっていた。アイランドで氷のような張り詰めた美麗さを纏った宮近くんはだからだったと合点してしまうことが切なくて、“兄組”という4人の青春尊大だったし、僅か数ヶ月前「やる気スイッチTravis Japan」だとメンバーの顔を振り返っては破顔するキングオブTravis Japanな最年長が、今「なんで?」とついつい息巻いた。それでも彼は過去否定することなく夢を夢のままにせず歩みだしたし、親友たちは今でも存在をたくさん生かしてくれるのに、今も昔も変わらず己を武器にするところ本当に拡輝でヒロキだね〜。舞台の上で、今も踊る姿を演じる姿を大きな笑顔をみつけられること、希望しかないよ。

ユニットと肩を並べたこステージで、魅せようと一体に燃え盛るTravis Japanは7人でも最高に情熱的だった。唯一オリ曲を持っていないのが切なくて虚しくてたまらなかったけれど、「本物のアーティスト」になるべく温存された玉虫衣装を纏ってソークレ・スパノバを踊る彼らのため心臓は動いたし、『山の手外回り』を選曲して、大阪では2番の「御堂筋線」を歌う姿はなんの誇張もなく天才的で愛くるしかった。

Love-tuneでありTravis Japanである森田美勇人は、キレッキレのNaFで世界観に引き込んだと思ったら、マスピではセンターをぶっちぎって腰を回すし、パリマニで花道闊歩してCha-Cha-Chaで低音ラップする人一倍な出演に膝から崩れ落ちてしまう。そんなふうにTravis Japanへの信奉と美勇人くんへの好きが目の前に打ち寄せる。ついつい神経質になる私を宥めるかのように、トラジャのジャケットのうえにらぶのジャケット羽織ったり、らぶのジャケットのうえにトラジャのそれを羽織ったり、同じくらいの交互にする美勇人くんはとてもやさしくて。横アリラスト開演前、早売りとして流れてきた「どちらも100%」「最後の一人になってもTravis Japan」の言葉と、そう言ってくれた事実、今となっては真偽は分からないけれど、心のやらかいところお陰で君に染まっていて、ただ単純に嬉しくて愛しくて天日干ししたお布団みたいにあったかかった。

ジャニーズJr.なのに」と卑下せず、「ジャニーズJr.から努力を選んだ。ベースラップダンスも、誰よりカッコいい美勇人くん。両グループのまんなかを歩いては、どちらでも0番になれた美勇人くん。ほんとうに最後まで、どちらも100%だった、美勇人くん。衣装を変える度、曲が変わる度、変身する美勇人くんは、ほんとうのみんなのスーパーヒーローで、仮面ライダーだった。ジャニーズ銀座では、森田美勇人Love-tune)と森田美勇人Travis Japan)のフォトセットが別々に発売されたこと。グレちゃってたくせに、「もりたさんきょうだいでまわしてる」なんてひらがなで言うこと。出演公演数を知っても、昔の方が、なんて何食わない顔をすること。トラジャを引っ張って、らぶを底上げして、全部を抱きながらアイドルで居てくれて、本当にほんとうに凄い美勇人くん。トラジャが冬の帝劇に呼ばれたこと、ついにオリジナル衣装オリジナルの曲をもらったこと。多分、あと寸前のところで、影に覆われてしまわなかったのは、舞台班だったはずが、毎週の少クラコンサートに、やっとおんなじ土俵に立てたのは、美勇人くんが、Love-tuneTravis Japanでいてくれたおかげなのかな、と。そういう、守り抜き方をしてくれたんだ、と思いたくて。美化しすぎだと怒られてしまいそうだけど、もう大丈夫なところまで、守ってくれたんだ、と思えて。

あの夏、つまりはキントレトラジャ単独公演。美勇人くんのために悪戯っ子みたいに踊った弟組、美勇人くんのために揺れる最後の“白”、涙を包み隠すような如恵留くんの『時を刻もう』。雨が降り続けた六本木で、“今さら「なんで?」ってなんて言わないよ”なんて、まさになしめちゃんの『雨』。「最後はこれしかないだろー!」なSupernova。“明日になれば全てが嘘だとしても i wanna rock your world” 。泣いちゃった宮近くんと、「そのままでいてくれーー!」なうちゃんあんなに泣きじゃくったのは最初最後の夜だったし、すべてのエネルギーが注がれた救世主は、それでも逞しく踊り続けるから、強くて儚くてそして美しかった。「お仕事がんばって!」と笑っていうアイドルないつも通りすぎる美勇人くんは6人へ拍手をしたし、体力の限界まで踊りきるTravis Japanはただ格好よくて前しか向いていない、宇宙で一番熱いグループだった。6人の『夢のハリウッド』をお披露目したのに「オリジナル曲」と言わず、命の限り7人だったジャニーズJr.アイドル森田美勇人くんとTravis Japanと“あの夏”、がずるすぎるくらいに愛しくて愛しくて大大だーいすきなんだ!『夢のハリウッド』は間違いなく、7人のTravis Japanが掴み取った曲だったし、今も7人のための曲だね。

翌日からの、Love-tuneTravis Japan合同公演に当たり前のように森田美勇人Love-tune/Travis Japan)でいたことが当たり前だけどカッコよすぎて、やり抜いたオーラスCan do! Can go!でEXシアターを一周する姿は、やっぱりファンのためにしか生きていなかった。帰路にて不意に、「あっちの立場じゃなくてよかった」と聞こえてしまたことが悲しくて、そしてひどく羨ましかった。嫌いになれればどんなに楽か、なんて思ってしまうけれど、みゅうとくんは最後最後まで一途に筋を通し続けちゃうから、誰よりファンのためのそんな生き方から、嫌いになれるわけなんてないよ〜〜。

立ち会うことになった『Love-tune Live 2017』、後ろのカッコの中身が減ってしまってもキラキラに輝いて「好きなんだよ」「泣かないで」と恋させてくれる罪なアイドル森田美勇人くんが、たしかに泣けるくらい好きだった。デザインしたネイビーとホワイトTシャツを、半分ずつに繋いで着こなすみゅうとくんは、誰のことも置いていかない100%アイドルでさー!

Love-tuneは、完璧すぎるからずるい。熱を呼応させる高い求心力も、まんなかで指揮する最小最年長を含め、もはや二次元バランス個性も、魂から魂へ奏でる音色も。なのに努力できる才能、幸せを作る力と信念と、思わず恋する運命共同体な笑顔バンドだけじゃないダンスだけじゃない、7人じゃなきゃLove-tuneじゃないLove-tuneに、ときめかないわけがないし、勝ち負けではないと言いながら私自身が完敗だった。出会う順番やこんな欠点のなさにも理由をつけて、「私なんか応援しなくたって完成されているじゃん」と卑屈になったり、当たり前ながら当たり前に「ファン」する方に引け目を感じて縮こまったり、羨んでしま自分がどうしても存在してしまったけど、そんなどうしようもない気持ちも、好きを表す賞賛ひとつにしていいのかな、なんて。

そんな頂点で、アクセントになればとなにより踊って奏でる素晴らしいみゅうとくんは、お茶目に熱い愛を沸かすし、使命を果たしてくれたみゅうとくんによって、どこかで「言ってはいけないこと」と決め込んでいた無意識解放され、言っていい言葉になった。「Love-tuneが好き」を、わたしも言うことができる!Travis Japanで魅せる美しい美勇人くんも、Love-tuneで魂をぶつける勇ましい美勇人くんも、ほんとうのほんとうは、ちゃんと大好きだった。それ以上にも歴史のある人だけど、語らずにも区切りをつけて、今をありったけ生きてくれている今の美勇人くんを、「好き」だと言っていたい。

Love-tune Liveから約一週間後の『ABCジャニーズ伝説2017』。日生劇場客席には、みゅうとくんが見学にいた。ステージにいるTravis Japanは5人になっていた。アグレッシブダンスとお顔を一目見れば、“気になる存在”になってしまう最年少。笑いをとりにいく姿勢も、軽快にMCを回すキーマンだったのも、突然いなくなったのも、こっちが「オマエのそーいうとこ嫌い」だもう!!!大嘘)夢ハリの増えたパート自分のものにする宮近くんやうみちゃんTravis Japanのまっすぐな瞳を見ては、涙が溢れてしまうばかりだったけど、“5人でも大丈夫”なことを高らかに宣言するように、透明な空気を纏いピカピカと輝きを魅せるそこはまさにハリウッドだった。見せ場のアドリブ、ここぞとばかりなのえしめを呼んでひっちゃかめっちゃかするうみちゃんはよくぞやってくれただし、ショータイム完璧美勇人くんへ指差しウィンク・指の隙間から時を超え5starsする宮近くんは客席一番後ろへ目配せをして、楽しそうに嬉しそうにこれでもかと“Dance for you”するTravis Japanがたまらなく愛おしかった。

命が減っても不死鳥のように生き続け、魂を磨き上げるTravis Japanは、真っ先に火を灯したい至高のエンターティナーだ。悔しい悲しい切ないでドロドロになってしまうのに、一瞬でその汗と笑顔に魅了されてしまうから、嬉しくて楽しくて最高の「生きる」をもらってしまう。わんぱくどろんこはちゃめちゃなのに、パフォーマンスとなるとキリッとお澄ましをして曲の世界へ誘う青年たち。どうしようもなく愛おしくなるし、彼らのパフォーマンスになにより心が揺れ動いて、ドクドクと血は巡り、体温が何度だって上がる。誰もわるくなくってどうしようもできなくって、それでもちゃんと、彼らは幸せを描いていた。

「報われてほしい」と言われることも少なくないけれど、過去もずっと今もずっと、“誰も歩いたことない道を歩く”Travis Japanは、出会った私はしあわせだったんだよ〜。Love-tune美勇人くんを、100%好きだと言い切れない自分が負い目のままだったけど、美勇人くんを好きなTravis Japanを、Travis Japanを好きな美勇人くんを、まだずっと、好きでいいんだ、と幸せの渦に巻き込まれているようで。

そうして美勇人くんの誕生日更新されたジャニーズWebボイスは、数ヶ月前に私もリクエストした、ちゃんTravis Japanだった証をプレゼントしてくれたみたいなあの一言だった。

それからというもの、季節はすぐにめぐり巡ってしまうけれど、思えばしあわせなことしかなかった。何かが幕を開ける始まりの度、いつかまた、戻ってくれるんじゃないか…また誰かを失ってしまうんじゃないか…と淡い期待や不安を抱いてしまうはずが、Travis Japanは、一生一緒の最強シンメを迎えて7人になった。大事記憶や脆さに蓋をしながら、ファン確認をしながら、颯爽と次のステージにいるらしい。もう彼の戻れる場所はなくて、探すのはやめようと誓った晩秋自分場所自分でつかみ取れ、帝国劇場Travis Payneの構成振付を高らかに踊りつづけた新春。Endless SHOCKカンパニーの一員、豹変したように踊るこの2人がメンバーだなんて恐ろしい程だとまるで裏切られた立春横アリドリームステージ、「オレたちの第2幕」。7人の新生Travis Japanの汗と笑顔しあわせの鐘に涙・始まりまりの春。初めての7人でのツアー双眼鏡の中でISNを踊る宮近くんがやっぱり宝石みたい、電光石火3年前を思い出した初夏。

今までのわたしは結局自分のしあわせしか考えていなかったけれど、ジャニーズJr.祭り2018を通して、ちょっとみゅうとくんのしあわせを考えられる大人になったんじゃないかなぁ。みゅうとくんを抱きしめ迎えてくれるLove-tuneがいることが嬉しくて嬉しくて、マジパネェ太郎さんがとなりにいるなんてめちゃくちゃ心強くて。見学席へみゅーと!みゅーと!とピーチクパーチクするトラジャは変わらずでなんだか懐かしくなって、YouTubeに連載にセルフィーに…。彼らにとっても私にとっても“初めて”を大事に育むれっきとしたグループトラジャがもうとびきりな非日常を運んでくれているし、代わり映えしない毎日から救ってくれるのはLove-tuneなんだよ。長い長い春休みだけど、わたしTravis Japanを好きなこと、Love-tuneを好きでいられること、みゅうとくんがアイドルを生きた最高の証で、大事ギフトだって思います

こうも好きだと、1週間後には誰かトラジャの担当となる可能性が大いにあってしまうけれど・・(笑)今度は私が信じる番、天下無敵な最強スーパーアイドル美勇人くんがステージで輝ける日、心の底から願って信じて待ってます!!!ダンスバンド中途半端でいたくないという美勇人くん、どうかたくさんの努力と才能、大輪笑顔を咲かすことができますように。平成最後のこの夏、Travis Japan世界で一番熱く平和に夢へと駆け抜けられますように。諸君最高で最強なドキドキわくわくを今年、これでもかと両手に抱えられたらなあと思うよ。

Travis Japanだった9人も、8人も、7人も、6人も、5人も。そして、Travis Japanが、森田美勇人くんが、大大大好きだ!世界中の愛を届けられるように、踊りつづけるDancerでね。上書きするわけではないけれど、長かった“あの夏”をついに終えれる気がしている。今年は、どんな夏がどんな君たちが待っているんだろう。絶対絶対、楽しもう!ね〜〜!(賛成〜〜!)

いやーさー与党野党もどっちもいやだけど

サマータイムだの裁量労働制だの高プロだの同性愛自殺率高いだのボランティアという名でただ働きだの無茶苦茶からもう次の選挙野党に入れるわ

与党めだからって民主党選挙で勝って民主党政権生まれてひどいことになり民主党に票を入れてしまたことを悔やんで今与党支持する人は世の中に結構いるんだろうけど働きすぎで肉体も精神も壊される動きを推進されるのは本当つらい

つぶグミを一気に全部食べた

俺は大人なので「つぶグミ」を一気に全部食ってしまっても大丈夫

また明日買えばいいのだから

別に一気に食ったからといって美味しくなるわけじゃないけど、満足感はあるぞ。

anond:20180817003118

政治ジェンダー系の記事は50人ほどの常連客が回してる感じ。

嫌でも名前を覚えてしまう人もいるぐらい。

でも娯楽や雑ネタ記事はけっこうブコメが集まるたびに人が違ってて、潜在的ユーザは多いのかなと思う。

youtubeと比べたらあかんけどね。

anond:20180817003405

アベノミクスが適切な政策だったとは思ってないよ

もっと金融緩和すべきだし、財政出動もロクにしてない

成長戦略に至っては要らんことするなとすら思ってる

じゃあ、他に誰が金融緩和してくれますか?という話

もっとアベノミクス路線を徹底強化します。という人がいれば、アベなんかいらないと思うよ

初音ミク結婚

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1808/16/news022.html

コメントにあった点で気になったことを書いていく。

肯定派と否定派がかなり半々になっているのだが、その中でも更に分類されているのが面白い

それぞれ論点となる起点が違うのだ。

肯定

・本人が好きならいいじゃん

2次元最高

2次元との結婚で思うところはあるが結婚したというのは愛でたい

3次元絶望した理由もわかるししょうがない

初音ミク複数いるか問題ない

否定派(一部疑問派)

生産性がない

・ただの逃げだろ

オタクキモイ

初音ミク2次元キャラ)にだって人権がある

・この初音ミク果たして1人なのかどうか

・こんな人生でいいのか?

LGBT問題と一緒にするな

だいたいこういう感想が多く見受けられ、特に結婚は良いと思うが相手同意を得ていないことに怒っている人(ネタ?)や

LGBT問題と一緒にするな(正直これが一番糞だと思う)と憤る人。

リアルから逃げているだの書く人はお前は何様だろうって思うけどここで言っても仕方ない。

LGBT問題は、多様な愛の形を認めようっていう趣旨が本題のはずで認めようっていう上から目線も若干言葉として違うのだが

要は直訳していくとそういうことなわけで。

LGBT問題を一緒にして頭おかしいとか書いてる人は貴方のほうが分離出来てなくて頭おかしいですよ、と。

2次元から一緒にするなとか、オタクから気持ち悪いっていう意思がひしひしと伝わってくる、実際にこのブクマカブクマを見ると

そういうコメントブクマが多い、推して知るべし

そして肯定派同士でも若干火種になっているのが「同意を得ていない、一方的な愛や結婚

まぁこればっかりはどうしようもないなと。

言ってしまえばドラえもんのような完璧な応答が出来る存在は今の所存在しないわけで。

更に恋愛感情プログラム(≒乙女プラグイン)みたいなものは搭載されていないので

反応が出来たとしてもそれは恋愛感情なのかという根深問題がある。

数年も前からこういった事例はあったにもかかわらず話題になるということは、それだけよりリアルに感じられる程度にはなってきたということだろう。

携帯ゲームでの結婚新婚旅行システムなどは当時斬新だったが、時代を先取りしすぎたと言わざるをえない。

それでもここで私達がするべき行動は否定したり冷ややかな目で見るのではなく、非実在存在結婚というシステム

どのように受け入れていくのか、という点に尽きると思っている。

[] ハイスクール・フリート感想

 盆暮正月アニメ一気見。これがあるから仕事を続けられる。

 今回はハイスクール・フリートはいふり)を視聴した。視聴後の満足感は高く、その理由登場人物がみんなかわいいし、手に汗握るアクションにドキドキしたしまあ最高なんだよ。



 このアニメでは海保海自養成機関異世界にぶっ飛ばしたような高校美少女たちが艦艇にのって航海実習するお話。艦砲や魚雷爆雷バンバン打ちまくって、潜水艦や大型艦艇を沈めたり、タービンのお守りしながら最大戦速で相手攻撃回避しながら大海原を駆け巡ったりで、そーいうのが好きな人にはテンションMAXになるわけです。ソマリア海賊ビックリ戦艦への潜入作戦を敢行したり、まあ細かいことは気にしちゃイケないんだよ。

 このアニメの特徴は「徹底したリアリズム排除」だ。ツッコミどころは多いが、突っ込んだら負けなのだ少女たちが水鉄砲感覚で艦砲や魚雷をバシバシ撃って沈めていく快感美少女の可愛さが合わさって、細けえこあいいんだよ! と叫びながら拍手を送りたい傑作だ。

 一点だけ、リアル描写がある。機関長はたいていちょっと変なヤツ。

 まあ、晴風実習生たちが砲撃を食らって四肢が爆砕したり、

水密区画を閉鎖するために仲間を内部に残したまま泣く泣く扉をロックするとか、

艦長に不満を持つ副長が船内でクーデターを起こすとか、

みゆ艦艇で総員退去を命じた艦長が自室にもどり船と運命を共にするとか、

そういうアニメも見たい気もするが、女の子がかわいくてバンバン撃ち合いしてれば、それは満足というものでしょう?

 あ、ちなみに、自分が一番かわいいと思ったのは艦橋にいる褐色の娘ね。

このアニメ2016年アニメだったんだ。2016年僕だけがいない街終末のイゼッタくまみこなどほんとに面白いアニメの多い年だったんだなあ。

やりたいことは沢山あるが、時間がない

例えば、今流行りの人工知能。これは人間認知のしくみと関係が深いので時間をかけて研究したい。しかし、今から科学計算機科学の基礎を学び人工知能がなんであるかを理解しようとするとそれだけで時間を使い果たし人生が終わってしまう。このようなことは若い時にしかできないのだ。くだらないテレビ番組ゲームに興じていた自分が情けない。若さが羨ましい。

2018-08-16

anond:20180816212913

それではまるで、左翼法律関係なく自分好き嫌い他人権利を縛ろうとする人のように聞こえてしまうじゃないか

妊活中のセックスの回数が月3回って少なすぎじゃね?

妊活中の人を悲しい気持ちにさせたらごめん。純粋に疑問がわいたので誰か教えて。

ルナルナユーザーアンケート調査「みんなの声」Vol.22によると、「月3~4回」が36.9%と一番多く、次いで「月5~6回」が21.6%、「月1~2回」が21.5%。「月7回以上」という回答が17.7%。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000262.000002943.html

月3~4回って少なすぎじゃね?週に1回じゃん。1週間は生理があるから仕方ないにしても、休日に1回しかしないってこと?

本気で妊娠しようと思うなら、金、土、日で週3回=月9回はできるような気がするんだけど…

週1日しか休めなくても、土、日で週2回=月6回はできる。

そもそも月3~4回とか絶対旦那さん側はオナニー無駄うちしてんじゃん、と思って男性オナニー回数も調べてみた。

TENGA「全国男性自慰行為調査2017」をもとに計算すると月12回程度だった。

TENGAアンケートに答える読者層と妊活で答える読者層の違いは考えるべきなのかもしれないけど、やっぱり無駄うちしている気がする。

https://tengahealthcare.com/special/report/

妊活中のセックスっていうのはそんなにプレッシャーがかかるものなの?

義務的セックス、というけども月3回じゃ旦那側はオナニーするくらい性欲が余っているしそんなに気分が盛り上がらないものなの?

旦那性癖特殊で、それを打ち明けられないのではないかと思ってしまう。

それにセックスってそこまで疲れる?たしかに終わったら眠くなるけど、「疲れるからセックスしたくない」なんて思うことがあるのが不思議。むしろ寝つきが良くならない?

遅漏の人だと疲れるのかな?早漏からからない。

とにかくセックス月3回という少なさに驚きすぎて、疑問がわいて仕方ない。

anond:20180816232710

一部で言う人がいた「子どもネットを触らせるな」みたいなものなのかね。

どうにもならない大衆とどうやって距離を置くか。

そのとき俺もフィルタリングされてしま対象かもしれない。

anond:20180816154415

大阪人は頑なに訛りを使おうとする。やめたら自分が無くなってしまうのかのように。そんな空虚を守っても仕方あるまい。

見出しに「!」や「?」があったら

少し頭が弱い人が書いていると思ってしまうのは何故だろうか。

新聞にはないからなんだろうか。いや、新聞もびっくりするぐらい内容の薄い記事もあるし・・・

からない。

タイミングに嘆く

タイミングを測るというのは重要で、ここぞ!と言うときに飛び出した時良いが、時間が経つと失敗だったな。。。という事は多々ある。

どうしても、後からくる波の方が良い条件になるのはしょうがないのか?

しょうがないの一言で済ませられる事柄であれば良いのだが、なかなか諦めがつかないことが多いのも事実

いっそうリセットや、巻き戻しが効かないかと思ってしまうほどの事もある。

ただ、その当時のタイミングで出たとき経験があるからこそ、後の波の評価ができているということもある。

タイミングは難しい。

anond:20180816225607

うちの会社は、不正を働いた社員は事例の紹介って格好で、さらし者にするんだよね。

でもって、結構多いのが利益ノルマを達成するために不正をしてしまうケース。

毎年多くの社員処罰されてさらし者にされてるけど、一向に減らない。

これって、不正を行う社員が悪いのかね? 不正をしなきゃならない位、ノルマ

達成を追い込む会社の仕組みに問題があるんじゃねーか?

発生した問題対策が、末端社員さらし者にして問題解決とするなら、経営者マジでアホだわ。

anond:20180816211320

まーポリティカル・コレクトネス活動のうち、法的にグレーどころか何の問題がない対象大勢サンクションを加えて中止に追い込むもの自警団と呼べるな。

今年もいろんな企画作品批判されてきたけど、「あたしおかあさんだから」、「HINOMARU」あたりの批判はかなり危なっかしかった。

どう危なっかしいかというと、自警団人達応援している作家達の作品も、敵の実力次第では同じ論理で容易に追い込まれしまうであろう論理を無邪気に武器として使っていたところ。

積極的安倍政権支持者

安倍政権消極的支持者が多いと言われているが、積極的支持者もいる。

以下のような人々だ。

まあ改元先送りやサマータイムはこれぞ安倍政権といった政策なわけで、そういう政権若いIT屋さんはせっせと応援してきたのだから

せいぜい休日返上サービス残業で頑張ってくださいや。あなたたちが望んだことなんだから責任とってね、としか思わない。

https://twitter.com/hokusyu82/status/1026386196887306240

彼らは安倍政権支持者を衆愚とみなし、自分達は「愚かな民衆とは違う」ために野党を支持する。

彼らは「愚かな民衆とは違う」ことが大事なので、野党の支持者が増えることを望んでいない。

安倍政権が大多数の支持を集め続け、自分達が特別な少数派であることを望んでいる。

彼らこそ安倍政権積極的支持者だ。

5秒考えれば、上記のような相手バカにした発言が、自分の支持者を増やすことはありえないとわかるはずだ。

こんな風に書かれて、書かれた側が「すみませんあなたの言う通りです、僕がバカでした」なんて思うわけがない。

彼らも勿論それは分かっていて、あえてこんな発言の仕方をしているのだ。

まともな安倍政権批判が増えて安倍政権が支持を失うと、自分達が特別ではなくなってしまうから

民主主義の世の中で意見を通すためには、自らの思想理解してくれる人を増やし、支持者を集めることが肝要である

そして自分思想の別の側に居る人間こそ、実は最も説得しやすい。政治に興味を持っているからだ。

世の殆どの人は政治になど興味がないので、どれだけ熱意をもって話しても伝わらない。

自分と対極にいるということは、実は少なくとも同じ線の上にいるということなのだ。

今回のサマータイムの件は、(少なくともはてな界隈では)ほぼ全員が反対するという、千載一遇の機会である

自民支持者の中でも「え、これはちょっと……」と思う人が多いはずだ。

まり安倍反自民勢力が話を聞いてもらい、自分達側に引き込む絶好の機会なのである

なのにこうした状況において汚い言葉相手を罵ったり、相手小馬鹿にしたりして機会を逃しているのを見ると絶望する。

攻撃的な言動思考しない信者を増やすには都合が良いが、理解者を増やすことはない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん