「しま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: しまとは

2017-12-14

anond:20171213221302

1ヶ月もあるなら趣味しまくるな…

いつも15分単位とかでしか時間取れないか作業が進まないんだ

anond:20171214182801

それだと、金王朝崩壊した後の北朝鮮本土内が「権力の空白地帯になってしまうよね。

一体誰が支配するというのだろうか。アメリカでも中国でもない。

韓国が北進して南北統一するとしても、中国が嫌がるだろうし。

GoogleDriveのよく分からん

複数アカウント持ってて、ログインしている状態

 

権限必要です、ログインして下さい → ログインする → 権限必要です、ログインして下さい

 

結局ログアウトしてからログインし直さないといけない

ログアウトしますか?」とか「アカウントを切り替えますか?」とか言えないのか?

anond:20171214181012

処女厨の近縁種で、素人厨 というのが居るんだよ。

相手セックスに不慣れで初々しさを感じるところに欲情してしまうの。

じゃあ辺野古だと言ってしま理由

中国が怖いか

漁船衝突、珊瑚乱獲、チベット侵攻言論統制香港支配領海侵犯日常

あとあの鳩山元首相で県外が無理だったから駄目なんだろうというあきらめ

IVの不自然表現もっと進んでいる

乳袋を「不自然現実味がない」って言う人もいるけど、あんなのまだまだ秩序があるほうだと思う。

IV(イメージビデオ)の世界では、もっと露骨物理法則破壊が進んでいる。

実写作品であるにもかかわらず、ニュートン力学無視した現象が頻々と、そしてかなり堂々と発生する。

乳首両面テープを貼っている」とでも解釈しないと合理的説明がつけられない現象ばかり巻き起こる。

IV内で物理法則が崩れ始めたのはわりと最近で、ここ数年といったところ。十年はたってない気がする。

それまでは、見せ場となるギリギリシーンでも「物理法則確率論の枠内で説明できる演出」が中心だった。かろうじて着衣が引っかかっている。いかにもあやういが、惜しいところで肝心の部分は見えない。偶然隠れている。っていうあの演出

しかしある時期からそれが変わった。おそらく業界で何か物理学上の大発見があったのだろう、何もしなくても着衣が胸部に吸着するようになったのである

ひらひらした生地の小さな薄い服を着ているのに、モデルが動こうが走ろうが暴れようが、果ては四つん這いになろうが、乳首だけは洋服がくっついたまま離れないのである。四つん這いになったときなど、まるで「乳首から洋服が垂れ下がっている」ような按配になる。

もちろん両面テープなんだけど、リャンメンで貼ってることを隠さない。万が一にも見せないための予防措置ではなく、積極的に貼っていくスタイル。今やIV界ではこれはかなり定番化した表現で、すっかり当たり前になってしまった。

僕ねえ、これはもっと賛否を論じられていい問題だと思うんですよ。

https://anond.hatelabo.jp/20171213224507

どうしたら数字を気にしすぎなくなる?

最近順位とかそういった数字を気にしてしまう。

ずっとそわそわしてる。でも辛いから治したい。

anond:20171214170217

例えとして変かもしれないけど、エロ本見てるところを見てしまった位の気持ちでいーんじゃねえか?

さらっと切り替えられるといーね。

好きな人キャラ悪口を見るのが好きだ

好きな人キャラ悪口を見るのが好きだ。

「○○(好きな人キャラ名前) 嫌い」「○○ ウザい」などで検索するのが好きだ。

出てくる悪口を見ているとニヤニヤしてしまう。

抱く感想は大きく分けて三種類。

「えーそう?全然そんなことないのに、分かってないなぁ」

「うんうんそうだよね。それがいいんだよ!分かってないなぁ」

「あー、それはぶっちゃけ認めるわ…(それでも好きだけど)」

そして「こんな嫌われてる○○を私は好きなんだ。私は○○の味方だ」と謎の優越感を抱く。

好きな人キャラが愛されたり褒められたりするのも好きだが、悪口を見る快感はまるで種類が違う。

どこか倒錯してるんだろうな。

anond:20171214172344

結局どうしたいのか分からん

仕事結婚育児をすべてうまくやっていくなんて難しいことだと思う

なら、子供を産むなら仕事は辞めたいという事だろうか。

だとするとそもそも子供を望んでいない彼氏に、子供だけではなく増田も養わせる事になるし

彼氏がそれを認めるとは思えないが。

あと博士課程ってのがどういう分野か、卒業後どうするのか分からないけど

企業就職せず研究者になるなら、知り合いの研究者は大体留学したりポスト求めて遠方の大学行ったりしてるもんだけど、その辺はどうなの?

結婚してもいずれ増田仕事辞めてついていくか、別居婚になってしまうのでは?

前者だと子なし専業主婦ってのは立場的にも精神的にも辛いものだと思う。

おっさん避けコミュニケーション

水商売指名が取れない会話というのがあるんですけど、相手の自慢話とか愚痴に対して

「知ってる」「やったことある」「こうすればできる」を投げていくと、だいたい萎えてくれるようです。

効果的なワード
  • 「私もそうでした」→「でもこう解決しました」
  • 「うちにもあります」→「こう使うといいですよ」
  • 「行ったことあります」→「とっておきのお店あるんですよ」
  • 「懐かしいですね」→「そういうのが好きなら最近ならこれがおすすめですよ」
  • 「あれはつらいですよね」→「私はこうやってますよ」

水商売ではない一般人対話であれば、あくまニコニコ共感ベースでおしゃべりしてるだけであり、別に失礼というわけではないので、怒られることはないです。サシ飲みでも、こういう対話を続けてる限りは、絶対に変な雰囲気になりません。一般女性は博識になればだいたいモテなくなり、友達は増えます

しかし、よく「女性愚痴解決策を求めてない」といわれるけど、男性女性に対してこぼす愚痴だって解決策は求めてないですね。

罵って下さい

興奮します。

anond:20171214164349

ねこ「ぬこ」と呼ぶようになった発祥は「ねこきっさ」(掲載2002年~)という漫画関係している。

この漫画本来ねこきっさ」と書くところを主人公が「ぬこきっさ」と間違って書いてしまエピソードが登場する。(単行本では第一巻のP.94)

だってさ。

anond:20171214154809

利益率の高い不動産金融に行ってしまうのを避けるために国が需要を作ることとクソな零細を倒産させることは別。大企業でも問題になるから

人件費設備投資に金を回させるために法人税は上げるべき。中小補助金政策は別。

社会貢献でもなんでもない人質クソ零細を一刻も早くつぶさなければヒューマンリソースが浪費されてしまう。

人殺し零細を早くつぶさなければならない。

今買おうと思ったゲームダウンロード版よりCD-ROMパッケージ版のほうが安いんだが

どうせパッケージはすぐ捨てるので資源無駄っぽくて買いたくないし

からといって割高料金払いたくないしなんかゲーム自体買う気が失せてしまった

キュレーションメディアの件で出てきたインターネット真実性みたいな話

そもそもインターネット真実が転がっていると思う方がおかしいと思うんだが。

キュレーションメディアだろうが個人ブログだろうがtwitterだろうが基本的には全部膨張されて主観の入った記事しかない。

百科事典のようなwikipediaは誰でも編集できてしまうし、Google Mapだって荒らされたこともある。

インターネットに転がっている情報善意ばかりではない。

デマが表立ってしまたことで真実記事が見つからないという主張を何度か見たことがあるが、インターネットは万能な百科事典でもなんでもない。

人の善意と悪意が混じった混沌である

anond:20171214155925

独身彼女なし給料安いのアラフォーだが、まずその諦めに至るのが第一段階で、そこからが新しい始まりやで。

人によっては第一段階で幕を閉じてしまうが、差し当たり病気だとか失業だとか大きな苦があるわけではないなら、いつでも死ねると思って生きるのをオススメする。

相変わらず独身彼女はいなくて給料は安いが、人生で今が一番充実している。恋愛とか、色々諦めたことで、何か吹っ切れた感じがする。

anond:20171213221302

部屋の掃除かな……w

しかし俺も前に転職時休暇が多くあったが、「何かしなきゃ」と思っている間に過ぎ去ってしまったな……。

思いつきでいいから、「やりたいな」と思ったこからどんどんやっていくといいと思う。

先日あわよくばちょっとイイ感じの雰囲気になってしまった女性がいて(自分相手結婚してるので何かあればW不倫

やっぱり奥さんのこととか考えてしまって結局何もなかった。向こうもそんな感じ。ふいに二人きりになってちょっといい感じにってだけで。もう会わないし。

まぁそれはいいんだ。いいの。で、何が言いたいかってーとW不倫ってのは相当ハードルが高いってこと。

男がクズだとか女がクズだとかよくあるけど、両方がクズってことなんだよね。どっちかじゃなく。

から山尾志桜里さんってほんとすごくて、こんな罪悪感とか全く感じず子供をほったらかしてホテルに行ったり向こうの家にいったり

国会議員としてママ代表みたいな顔して子育てとか語れるって、ネジがぶっとんでんのか心からクズなのか、すごすぎる。

なんかさ、頭よぎったりしないのかな?って。男の方もたいがいだけどさ。奥さん病気なんでしょ。すごいよ。

どっちかに良心ちょっとあったら出来ないわけだし。

しかったなとかうらやましいとかじゃないよ!すごいなぁって。俺は奥さん第一だし!ほんと!

幼稚園受験予備校が怖かった

から数年前の話なので今はちょっと違うかもしれんけど。

夫側の家庭がものすごく教育熱心で、当時都内に住んでたこともあって某有名幼稚園への入学を強烈に勧められた。

お金もある程度援助してくれるというので話を聞いてみると、その幼稚園に入るためには試験があるのでその対策のために塾に入る必要があるのだという。

そこで合格率が非常に高いと評判の幼稚園受験予備校体験に行ってみてところ、かなりゾッとするお話を聞けた。

その塾では試験でよくある「子供自主性」をアピールするための方法を学ばせてくれるそうで、集団で遊んでいるときはどういうおもちゃを手に取り、他の子供にどういう態度で話しかけるかというようなことを模擬練習させていた。

子供はその先生がたの言うことをよく聞き、言われたことを繰り返し言える練習をしていた。

お話によると、実際に幼稚園採用に携わったことがある人が開いた塾だそうで、どういう行動をとると大人の目によく映るかということを長年研究してそれを実践しているという。

見ているうちにふと「これってどういう子供教育になるんですか?」と疑問がわいたので尋ねてみたところ、

都内では公立学校に入ったら落ちこぼれになるしかない。早いうちから有名幼稚園に入らないと将来がダメになる。そのために最も適した訓練をしている」ということだった。

端的にまとめると子供自分言動意味がわかっていてもわかってなくても、それをすることで高い評価が得られるのだからそれを覚え込ませることが一番大事ということらしい。

結局怖くなってしまい、なんとか夫を説得してその塾はやめさせた。

今は立派な落ちこぼれコース(笑)子育てをしてる。

でも、そういう教育をされてきた子供大人になったら「正解以外の行動はしてはいけない」と思うようになるのだろうなと思ってしまった。

海外通?と留学生

普段から海外賛美日本批判してる海外は素晴らしい系の人が

留学生日本語完璧でなかったことが許容できずにキレるという場面に遭遇してとてもびびったんだが

普段から海外要素を崇める人間も、まあ日本に来てしまうような外国人は認められんってことなのだろうか。

プログラマーだけどデザイン仕事を請けてしまってつらい

ちょっとだけデザイン(web)の仕事をしていて、

ここ数年はずっとプログラマーをやっています

ひょんなことからちょっとしたWebページのデザインを頼まれたのですがデザインが出来なくて困ってます

当時もそんなにデザインデザインたことをはやっていなかったので基本的デザイナーとしての力量はないです。

私が良いと思って見せても「ちょっと違うんですよね〜」といった具合で、よくわかりません・・。

自分が良いと思ったものが先方の良いでは無いという状況はたぶんデザイナーなら何度も経験していることだと思います

その度に、ではどうすれば先方の要望に答えれるか?を考えながらデザイナーとして成長していくのかなと想像しています

つらいのはそこなんです。

私はプログラマーデザイナーではないので別にデザイナーとして成長したいモチベーションはありません。

そんなことに時間を使うならプログラマーとしての勉強時間を使いたいのです。

からこの目の前の仕事

「よ〜し何とかこれを乗り越えてスキルアップしてやるぞ〜〜」

という気持ちになりません。

早く終わって欲しいのですが終わらす技量もないですし、その技量を上げる気力もありません。

困ったものです。。

すでにそう育ってしまった人を救済する手段がないことこそが、人間社会に厳然たる正解と不正解存在するなによりもの肯定になっている。

「正解だけが許される」世界線を生きている子がそのまま社会に出ると困っちゃう、というお話

https://togetter.com/li/1180814

こうして個々人がどれだけ真剣に考えても、結局はそれが個人の納得止まりの話になっていて、その状態がすでに十何年も続いている。

その事実のものが、つまりは失敗作はどこまでいっても失敗作に過ぎず、どれだけ優しい言葉をかけられても、それは紛れもない正解と不正解存在していることの証明になっている。

このようにして失敗の原因を論じられる人間と、上手く育った成功作として比較に出される人間がいて、それを今の子供たちはネットを通じて見続けている。

どれだけ同情されても、結局はその失敗作たちのその後の様子は語られないし、日々の情報洪水に押し流されてしまい、結局はそういった存在は知ることもできない暗闇そのものだ。

個々人の人生を隅々まで知ることなんてできないことを大人は知っているが、今の情報社会に生まれて、なにかしらで常に繋がっている子供にとっては、逆にそれは不安要素でしかない。

からこそ、比較安全自分の周囲で過剰な承認を得ることで、自分存在を保とうとするし、安全でない場所ではリスクを最小限に抑えて、必要である判断すれば何を言われても押し黙る。

まあ、これはもうどうしようもないことだし、とても悲しいことだとは思うけど、時代の流れとしては極めて正常に事は進んでいるように個人的には感じる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん