「ボール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボールとは

2018-07-18

誰も詭弁を知らない

ストローマン論法と呼ばれるそれを宇多田ヒカルが「マスコミとかで叩かれるとき実態のないアレに名前ないの?」と聞いていた。

私も同様の類で、「またマスコミやら議員やらがもっともらしく物を抜かしとるわ、こんなこと言うから人気が出ないんだよなぁ」と思いながら見ていた。

それでも騙されて更に怒る人は現れるというのになぁという気持ちを抱きながら、それに名前がついてることすら知らずに生きていた。

ストローマン論法詭弁一種だ。

誰かが何気無しに出した話題自分の言い返せる部分だけ自分勝手な解釈をして切り出して返答をしてくるそれだ。

道路ボール投げするのは危ないという話なのに、子供に外で遊ぶなというのかとか言い出してくるそれだ。

勿論そんなことを言って暴れる人は哀れなので普通の人は触らない。本人も困惑はすれど触れることはない。

酔っ払い相手をしている方がマシである

勿論、これは論法。対人であった場合の話である

マスコミは多数を扇動し、アフィブログインフルエンサーたちは流行りを追い、その情報センセーショナルな部分に感銘を受け多数に発信する。

それが誤情報であっても、真実ではあるがたった一つの現象を見て騒いでることに過ぎなくても。

アイドル世界を救っても、アイドルの股からたらりと雫が流れただけで世界は大騒ぎする。

過ちに気付いて冷静に返答してくれる方も居るには居るが、その多くは専門家やその道の人、事件関係者もしくは当事者本人であり、その指摘が為されるまでに時間がかかったりもする。

その間、我々は誰かが作り出した当事者という名前藁人形に火を投げ込まされる。まぁ、投げ込む人は誤解込み恨み込み込みで投げ込んでいるんだろうけれど。

それでも藁人形燃える、それがウィッカーマンだと知られないまま燃やされる。知っていても燃やす。仄暗い顔をして燃やす

誰もそれを藁人形だと思っていない。世界を救ったアイドルの燃やせる部分を勢いよく燃やすのだ。

感覚的に気付いてる人は多いだろうし、論理学の人は「何を今更」と笑うだろう。まさか「え?!あのことを指して言えるの?!対象デカすぎないか!」なんて言う人は少ないだろう。

けれど、私はそれに名前が付いていたことも、論理学関連であったことも、詭弁を弄されていたことも理解していなかった。

あそこまででかくなってしまったもの対話が主な論法という単語に委ねてしまっていいのかもわからない。対話にならない衆愚に呼びかけて騙された集団によって成り立つものから、最早現象と呼んでも良いのではないか

から、そうならないように個々で理解して警戒して、それこそストローマン論法揶揄して主語をでかくしすぎないようにしなければならない。

匿名掲示板ですら人気が微妙時代論理破綻してしまった姿を名前付きで晒ししまうだろうが、そんな時は間違いがあれば謝ること、その周知に努めること。

そうやっていけば衆愚からは脱却できるようになるのではないかと目論んでいる。

anond:20180718115250

なるほど。

まあ最初絶対マンツーマンレッスンがいいよな。

グループだと、基本的ボールの扱いのレベルで置いてけぼり食らいそうだからな。

店でやっているのなら、近場にそういう店がないか探してみるわ。

anond:20180718114803

6歳までにボール遊びをしてないと一生できるようにはならないか安心して余生を送ってください。

暑い日が続いております。どうぞご自愛のうえお元気でお過ごしください。

2018-07-16

ワールドカップWBCフィギュアオリンピック。 結局のとこ「パンとサーカス」では?

どの大会もさ

スポーツ外国人と仲良くなろう!」どころか

スポーツで内政から目を背け、外人を打ちのめそう!」って感じになってんじゃん

ワールドカップも今大会話題になったのって

日VSポのクソ試合ネイマールチャレンジとか負の側面持つネタばっかだし

プーチン安倍もこっそり重大な法案通そうとするしよ

 

から俺、体育会系嫌いなんだよな

非モテとかオタクとか以前に、コイツ先天的他人を害したいだけ

バカなくせにリベラル面して「スポーツで仲良く!」言って

その実、国民の目を政治から反らして、自分らはサルのように騒ぎまくって

いい大人ボールを転がした転がさないで人生論を語る愚の骨頂

上級国民ラジコンとして申し分ないクソ脳みそしてやがる

 

ギリシャローマ歴史見たってよ、みんな薄々分かり切ってるだろ?

スポーツで融和は無理」ってこと

いつまで上級国民のクソ茶番に付き合う必要あるんだよ

 

いい加減目を覚ませや

2018-07-13

サッカーボールに関わらないで参加しないようにしてればいいけど

野球守備を必ずしないといけないし、打席で晒し者にされる

これが運動音痴はてなー野球を憎んでいる理由

2018-07-12

甲子園男女共同参画にしようとしたら

審判員困惑よそに珍事、革靴スカート女子部員が伝令

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00265421-nksports-base

下手したらグリッドガールみたいな役職が新たに爆誕するリスクはないの?

女人禁制時代遅れなので、女子男子と全く同じように甲子園に参加する。

しかし(フェミニストも認めるように)平均的には肉体面で男女には埋めがたい差があるので、男女混合チームでも活躍するのは男子ばかりになってしまう。

しか男子ばかりに活躍の場が与えられると結局元の甲子園と変わらないので、女子でもなんとか活躍できるポジションを準備する。

しかボール拾いやチームの雑用を任せるのはあまり選手との落差が激しいので、性役割が分かれてしまうことを覚悟で、目立つ機会の多い応援ポジション女子に割り当てる。

2018-07-11

anond:20180711100709

見えないからっていないと考えるのは間違い。

愛や勇気希望だって目には見えない。

しかし、増田にはもしかしたらそれらは無いのかもしれないけど増田以外のみんなには見えないけれども必ず「ある」。

上位存在も、そう。我々の目には見えない、観測できないだけでいる可能性はゼロではない

テレビの中で動く俳優さんにはテレビを見る我々の姿が感知できないように、何かしらカメラのような情報を歪める装置なりで上位存在存在を隠ぺいしているのかもしれない。

世の中は、全ての物理現象は非決定的であるシュレディンガーというおじさんが言っていたことは増田記憶にも新しい所だと思う。

ということは、ボールを落としても必ず地面にぶつかる訳ではなく、地表を貫通してマントルまで到達する可能だってあるんだよ。

もし本当に地面に落としたはずのボールマントルにまで到達したとするならば、それは実はトンネル効果によるものという言葉説明はされているけれども「神の御業」だったりするのかもしれないぜ。

何が起こってもおかしくはないんだ。だが、通常考えうること以上の奇跡が起きたのならば、それは神の采配でもあるんではないだろうか?

テニス試合ボール拾いの人

奴隷みたい

結論から言うとそう思った

試合中は常に異常な程にキリッとした気をつけを強いられボールが転がれば全力で追いかける

選手試合に集中しているからいらないボールを目も合わせずに受け渡す

同じ人間なのにプレイヤーボール拾いの人と言うだけであまりにも惨めな光景に見えた

もっとラフボール拾いをしたっていいんではないだろうか

審判だってそんなに背筋は伸びていないよ

仮にボール拾いの人が憧れの選手ボール拾いを任されてウキウキなんだとしたら

そんな人生選んだお前はそれでいいのかと思ってしま

憧れるべきは同じステージじゃないのかと

どう思いますか?

2018-07-07

男の生理痛

昨日、男女で飲んでいたときに出た「女は生理があるからつらい」発言

「男には生理痛なんでわからない」当然である。なのになぜかどれだけ辛いかアピールしてくる。

ただし、いくら言われようとも、ないものはわかるはずがないのである

お腹を何度も殴られるような痛み…針のボールお腹を回っているような痛み…。

うそである。腹を殴られたことも無い、お腹の中に針のボールが回ってたこともないのに、そんなもので例えられてもわかるわけがない。

では、男側からしたら理解できるが女性には全くわからないことはなんだろうかと男チームで真剣議論した結果、下記に決まった。

「男というものは見たいもみたい吸い付きたいの三原則我慢して生き抜かねばならない(塩田)」である

男ならわかるであろう常に湧き上がる劣情。社会的地位のあるものでさえ、我慢できずに公序に反して追っかけ回したり全裸になってみたりするのだ。

生理痛が原因で犯罪なんて聞いたことがない、男のほうがもっと大変だ!!!

すげー怒られました。

スポーツルールちょい足しして考えて欲しい

例えば、バスケで3回だけ好きなだけトラベリングしてボールを持ち運んでいいとか

サッカーキーパー廃止する代わりにゴールを小さくするとか

W杯くらいしかサッカーをみないにわかによる感想

日本代表は毎回強くはなってるんじゃない?

昔はさ、それこそフランス大会の時あたりは、戦術以前だった記憶があるよ。

ドリブルしてる相手フォワードより追う守備のほうが遅え、ボール持ってる相手よりチャージした側がふらつく、もうねって感じで。

それから比べたらね。

それはさておき、アジア勢はもうちょっと勝たないと、ダメなんじゃないの?

アジア枠は4.5だっけ?

ワールドカップって建てつけ上、ほかの区域で予選敗退してる国より、明らかに弱いとまずいでしょ。

そんなわけで、提案なんだけど、ワールドカップだけ特別ルールとかダメなんかね?

番狂わせが起こりやすいような特別ルールを導入して、アジア勢も勝てるように。

単純に世界一の闘いを見たいんなら、チャンピオンズリーグでも見りゃいいわけだし。

ワールドカップなんて、金ヅルの日本韓国と、将来の金ヅルの中国から金を巻き上げる地方巡業でしょ?

ちゃんと盛り上げないと。

2018-07-06

anond:20180706134534

勘違いしている人が多いけど

基本は反則したらファールで相手ボールになる。

審判はこれ以上エスカレートしないように、当該選手に注意を伝える。

カードはその後も反省の意がない場合だ。

熱くなってる選手を落ち着かせるのが

審判本来役割

カードを出して退場にするのは

ゲームコントロール出来ていない下手な審判

これから熱狂ファンを生み出すスポーツ

そんな新しいスポーツが、今自分が知らない所で盛り上がりつつあるのか?

それともこれから新しく生まれるのか?

野球サッカーバスケラグビーとかが今後廃れて誰もやらなくなる、なんてことは無さそう。

からといって新しいスポーツが生まれ、それが世界的に浸透して100年以上の歴史を持つなんてのもなかなか想像がつかない。

VRが浸透すればスマブラスプラトゥーンみたいなゲームスポーツとして認められたりしてね。

年々eスポーツとしてゲームは盛り上がってきているし。

体を動かす新しいチーム制のスポーツ。出来るかな。

ちなみに私が考えた新しいスポーツは、スーパボールを地面に叩きつけて一番高い所へ達した辺りで別のボールを浮いているスーパボールにぶつけて飛ばして飛距離を競う競技

どう?

2018-07-03

劇場3期開始。

ラスト唐突なちひろさんもまたよしサッカーボール洗濯物にぶつかる展開をちらっと思い浮かべたが別にそんなことはなかったぜ。

本編終了直後のミリシタCM自分の嫌いな人間上位ランカーが出ていたので一気にテンション下がるも直後のサイキックバリアに癒される。

ハリル解任でデータが取れなくなった、積み上げが無くなったとかいってたやつ

 そんなことなかったよね。 

ハリルだったら結果はどうだったか議論するのは無意味

 ハリルホジッチがどういうメンツでどういうサッカーをしようとしてたかはもう謎としか言えないけど、基本的にはサイドからの組み立てが中心で、ボランチは組み立てをせずトランジションフィルター機能が求められていたので、全然違うことをやっていたのだけは確かだろう。柴崎はおそらくインサイドハーフとして、香川プランによっては使われるかどうか、というところで、勝手に基本スタメンを予想すると

GK川島

DF:宏樹、吉田、槙野、長友

MF山口長谷部大島

FW久保、大迫、原口

というような感じだったんじゃないかなと思うけど、まぁただの妄想だし、結果が西野と比べてどうだったかは知りようがない。一つ言えるのはハリルホジッチはもう少し若い選手を多く連れて行っていたではないかということ。これは西野に若手を連れて行く意思がなかったわけではなく、西野ポリバレントと言っていたように、短い期間の中で、最適なセットを探せるように、いろいろなことができる選手を選びたかったということではなかったかと思う。田嶋がハリルを切るという決断をするのが遅かったというのは間違いない。私個人ハリルホジッチを切るなら韓国戦ラストチャンスだっただろうとは思っている。田嶋、西野選択肢がなかったの、お前のせいだぞ?

 

ハリルホジッチ解任で彼の積み上げは無くなったのか

 これはノーと言えると思う。ハリルホジッチは、ボール保持はあくま手段である、ということを、ポゼッション状態だった日本に思い出させてくれたことは間違いないし、ハリルが重用した原口インテンシティの高さは間違いなくチームに必要不可欠なものになっていたと思う。ハリルを切った時に大騒ぎしていた、3年間の積み上げがパーだとか、データが取れなくなったとかいう話はありえんと思う。そもそも代表監督によるW杯の結果というのは、本当の最下流の話で、日本育成方針が正しかったのかどうかといった、言わば上流での出来事評価は、監督の手腕、戦術と別のところで行われるべきことだろう。

 例えば対戦相手ベルギールカクデブイネクルトワらを輩出しているのだからベルギーリーグの育成リーグとしての割り切りからの、クラブ間での4−3−3モデルの導入などは、個人能力を育てるという意味成功したとは言えるかもしれない。しかし今大会ベルギー守備は明らかに不安定だし、ネット戦術家たちが愛してやまないクラブチームのような代表チーム、プレーモデルの共有などはされていたかというと怪しいと言わざるを得ない。ロベルトマルティネスが、ベルギーの育成段階からコミットしていた監督かといえば明らかにNoだし、黄金世代の晴れ舞台采配を振るう監督として十分な時間が与えられたかといえばNoだろう。バックボーン多様性からもめまくった末に、自国英雄ヴィルモッツに頼ってグダグダやっていたのは遠い昔の話じゃない。

 クラブチームのような代表チームとして絶賛されていた二大優勝候補ドイツスペインは揃って早期に敗退してしまった。ドイツだって最後マリオ・ゴメスに放り込め、と誰もが思う展開でU字型のパスワークでコネコネコネコネ選手たちが監督意図を共有して、選手交代に機敏に反応していたかといえば怪しい。しかドイツの育成が失敗だったかと言って、失敗だったという人は少数派だろう。ドラクスラー、キミッヒ、ヴェルナーと若い選手はその才能を示していた。

日本の育成、Jリーグでの競争が上手くいっているか評価はできただろう

 ハリルホジッチは基本リアクション型の監督だったことは間違いない。彼が、どのようなメンバーを選んでいたかはわからないが、彼が日本に合ったプレーモデル提示するような監督ではなく、ボール保持はせず速攻を基本として、4−3−3、4−2−3−1システムを使い分けるタイプ監督だったのではないか。彼が采配をとっていたとして、結果が出たとしても出なかったとしても、個人による打開、あるいは速攻が日本人にあったサッカーかどうかといった評価ができたとはとても思えない。それはロベルトマルティネスルカクデブイネアザールらの共存に苦労して、フェルトンゲンアルデルヴァイレルトコンパニらの優れたCB台無しにするバイルスカスカ、超人たちの個人技による打開に頼った攻撃をしている現状がベルギーにふさわしいサッカーかどうかを議論できないのと全く同様だと思う。

 今回のチームで、酒井宏樹吉田麻也を除けば、日本選手は体格に特に優れているわけではなかったし、かつての中田英寿本田圭佑のような強靭な体でガッツリぶつかってボールキープするような選手は誰もいなかった。異常にボールを収めていた大迫にしても、サンチェスやクリバリからプレッシャーの中で平然とやっていた体の使い方は非凡ものだとして、ポジション取り、ボールの置き所など随所に工夫を凝らした技術の粋のようなプレーを数多く見せた。香川のスモールスペースの支配力は彼の特異な才能だとしても、ボール非保持の時のパスコース作り、ファーストディフェンダーとしてパスコースを制限するポジション取りなど随所にインテリジェンス技術を示した。柴崎の超正確なロングフィードマークを一瞬引き剥がす細かなフェイクは真似できなくても、彼がボールをもらう前に、状況を把握するためにやっている細かな首振り、ポジションの細かな修正は、技術だ。真似できる。乾のカットインからシュートは素晴らしかったが、あれ自体宇佐美もできるはずだ。乾が宇佐美に比べて明らかに優れていたのは、相手ビルドアップが3枚になった時、ハーフポジションからサイドへのボール制限しつつCBボランチプレスにいけるかどうかだっただろう。これも技術だ。

 これらの選手Jリーグにずっといたとして果たしてそういう技術を身につけられただろうか。これは欧州トップリーグ切磋琢磨する中で身についたものではないのか。欧州に言っても宇佐美山口のようにうまく行かなかった選手もいる。特に監督との出会い大事なんだろう。個人的には大島が見れなかったのだけが残念だ。昌司はただ一人の純Jリーグ産として立派にやっていた。個人的には大島僚太も、十分にやれたのではないかと思っているので、それが確認できなかったのは残念だが、日本が目指すべきものは明らかになったと思う。真正からガチムチにぶつかるのではない、インテリジェンスのある守備リスク管理ができる、判断力のある選手をきちんと評価し、彼らに技術を身につけさせ、フィジカルを身につけさせることではないか日本からフェライニルカクに競り勝つガチムチを探し出し、戦術を教え込むよりは難易度は低いのではないか香川、乾、柴崎のような、ガチムチではない、インテリジェンスのある選手ポジショニングや適切なアプローチの仕方を身につけることで、きちんと相手ビルドアップを阻害し、ボールの狩場を決めて刈り込んだり、セカンドボールを丁寧に拾えることを示したのは大きかったのではないかと思う。

田嶋、勇退しろ

 とはいえ、ハリルホジッチギリギリの段階で切ったことは、西野選手選考においても害が出まくったわけで、彼の育成等への貢献や、JリーグへのDAZNの参入などにどれほどの貢献をしているのかは知らないが、サッカーファンが選手罵詈雑言を浴びせる環境を作ってしまったという、その一点で田嶋、辞めよう。お疲れ様。 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん