「当人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 当人とは

2018-06-21

[][] 戦後の3S政策痴呆に改造された日本人

SNSを見ると、日本人の知性の低下が観察できる。

当人は楽しんでいるつもりだろうが、「アリとキリギリスよろしく無知貧困自殺or犯罪者コースを突き進んでいる。

「アリとキリギリス」は、イソップ寓話ひとつ

 

夏の間、アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスバイオリンを弾き、歌を歌って過ごす。やがて冬が来て、キリギリス食べ物を探すが見つからず、最後にアリたちに乞い、食べ物を分けてもらおうとするが、アリは「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?」と食べ物を分けることを拒否し、キリギリスは飢え死んでしまう。

 

一方で、アリが慈悲心(哀れみの心)をもって食べ物を分けてあげるという改変が古くからある。食べ物を分けることを拒否し、キリギリスが飢え死ぬのでは残酷だというので、アリは食べ物を恵み、「私は、夏にせっせと働いていた時、あなたに笑われたアリです。あなたは遊び呆けて何のそなえもしなかったから、こうなったのですよ」とキリギリスに告げ、それを機にキリギリスは心を入れ替えて働くようになるなどという展開に改変される場合もある。

 

奴隷地位から脱却できない日本人は哀れだ。

「マジメか!」と馬鹿にされながらも、努力して自由を獲得できた日本人は、賢明→裕福→セミリタイア生活コースを選べる。

 

日本人は、なぜバカになってしまったのか?

戦後の宣撫工作=3S政策で、飼い慣らされているからだ。

 

3S政策(さんエスせいさく)とは、Screenスクリーン映画)、Sportスポーツプロスポーツ)、Sexセックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策であり、そのような政策があったとの主張である

頭の悪い人は、3S政策メリットデメリットを把握することができない。

キリギリスのような連中なのだろう。(残念)

批評家と恋と誤読(早稲田ニュースについて)

大学教授ニュースについて。この人は刺激的な言葉を使って人の反応を愉しむような講義をしていたし、その刺激的な言葉面白さを感じて講義を受ける学生から人気だった。

今回のニュース、つまるところ恋の話なんじゃないかと思っている。

恋に落ちることは、悪いことなのか。自制の働かなかったことが悪いことなのか。

教授女子学生が本当に好きで、きっとこの口説き方ならついてきてくれるんじゃないかと思ったんだろう。その時にはもう恋に落ちていて、批評家だったから、その子文書容姿仕草から自分への好意を読み切ったつもりだったんじゃなかろうか。そしてそれが誤読であって、女子学生は嫌な思いをしてしまった。

時代は変わっている。ハラスメントという言葉、考え方、配慮は当たり前で、その配慮のない人が恐ろしいとされる時代で、いままさに書いているこの言葉だって槍玉にあげられかねないくらいだし、自分でもそう思うくらいだ。

老い批評家はその時代感覚を読み違えたんじゃなかろうか。恋にも落ちていた。時代も変わっている。きっと自分を好きであろうと考えた目の前の相手が、本当は自分が好きなだけであったことに気づけずに口説いてしまった。

しまっただけ、ではない。その読み間違いがひとりの女性を深く傷つける至ったのは事実だ。ただ、師として尊敬していた教授が、自分への想いを誤読していたことへの失望と、いままさに時代のなかで嫌悪されているハラスメントを同時に行っていること。

そして、大学側の対応の不誠実さ。ここにも、事情はあるのだろうけれど、この教授の心を慮ったばかりに、学生へ不誠実な対応となったのじゃないか

批評家は誰よりも客観的に、そこに立ち現れている物語の裏側をひっぺがえしてしまう人だ。言葉遣いに隠された、当の作者でさえ考えてもみなかった意味を、作用を、炙り出してしまう。読者にとってはそんなことどうでもいいよということもあれば、全く新しい思考世界を開かせることもある。人のモノの見方をがらりと変えてしま職業だ。

その批評家が「読み誤る」ことの恐ろしさ。それはプロとしての批評家としての失敗であり、今回に関して言えば権威の失墜であり、何より当人がことの重大さを一番にわかっているのだろう。

そしてそれを引き起こしたのが、恋だ。

問題は多々あるけれど、根幹には、人間の抱えている美しく、罪深い、この恋という厄介な性質がある、ということがこのニュースが伝えていることのひとつなんじゃなかろうか。さびしくて、かなしいニュースだ。女子学生の心がせめてきちんと、救われるような結末になるといい。

2018-06-20

宅間守とか角田美代子みたいなブサイク犯罪者って救いようがないっしょ

愛を与えても自分で醜い自分が嫌いなんだからどうにもならんよ

周りがどんだけ「アリ」だの「セーフ」だの言っても当人自分できちいわって思ってるんだから歪みを矯正する方法ないよ

それこそ薬学的にイジって洗脳するしかないレベル

anond:20180620131125

女性アイドル当人なのにね。

女性アイドルの時も男が叩かれてほしいものだが。

女性アイドル処女性としてのシンボルが強すぎるんだろうな。

2018-06-19

anond:20180619165035

当人が本当に死んだらね。楽しみにしてる。

おまえらって面倒な親戚みたいだよな

他人のことにいちいち首突っ込んで、「ああでもないこうでもない」。当人からしたら「死ね黙れ」だろうよ。

でも、親戚付き合いに荒波立てたくないからとりあえず謝る。で、始まるのは謝り方の論議。いびるのが大好きな姑以上のクソゴミだよおまえら死ねよ。

2018-06-18

シャレで済むと思ってるのはもう当人だけなんだよね

俺も監視委員会ポスト投げてみるわ

2018-06-17

anond:20180617220521

その腐の中ですらリバがどうの地雷がどうの解釈違いがどうのと、外野人間からするとただただくっだらねぇ争いばっかやってっから

もちろん知らない奴にはそう見えても、そこには当人なりのこだわりがあって、好きなものも嫌いなものもあるというのはわかる

ただそこで棲みわけようという発想がない

自分の嫌いなもの世界存在しているだけでもう我慢できないような余裕のない人が多すぎるんよね、あの界隈って

RADWIMPSHINOMARU関連の騒動を一通り傍観して思ったこ

完全な後出しじゃんけん

歌詞自体瑕疵はない(激ウマギャグ

一通り騒動が沈静化したみたいなので初めて歌詞を見たが、軍歌かといわれると違うという結論自分はなった。

なぜなら、軍歌によくある「愛国心」と「自己犠牲」のうち「愛国心しか歌ってないから。

相当気を使ってギリギリラインを攻めてる歌詞だと感じた。

なぜ一部の人過剰反応するのか?

典型的排外思想国粋主義者がよく使う文言が使われているから」だろう。

この歌で多分狙って使われているその手の言葉に、多分狙った通りに反応してしまったんだろう。

一連の騒動を見て残念だと自分が感じた人たち

過剰に反発してしまった人たち

これを軍歌だというのは流石に行きすぎだと思う。

使われてる単語拒否反応が出るのは分からんではないが、

歌や歌手批判するのは行きすぎ。

RADWIMPS音楽業界

大ヒットを飛ばしアーティストでもこんなコスい興味乞食しなきゃ今時音業界ではやっていけないのか、という意味で残念だった。

そこまで音楽業界が追い詰められているという現状がただただ残念だった。

ただ国を愛することを今歌いたいなら、ああい言葉にはならない。

ギリギリを攻めた言葉をわざわざ選んで書かれた歌だと自分には思えた。

当人たちの主義思想はよく知らないけど、ほかの歌もちょっとは聞いたことあるだけの自分には

HINOMARU歌詞RADWIMPS作詞担当の人から自然と出てきたようには思えなかった。

それが何らかの問題への反発心から来たものなのか、もともとの思想をずっと隠してきたのかも分からないが

今までの歌の歌詞とは異質なものが根源にあるように思えた。

この一件だけで彼らを嫌ったりはしない。

ただ、何がきっかけでこの歌を生み出したのかは後ででもいいので明らかになるといいなと思う。

「単に国を愛する思いを歌にしただけだ」と言い張るのなら、それでもいいけど。

LGBTの中でもトランスジェンダーの人の公衆トイレや浴場の利用についてどう折り合いを付けていけばいいのか、というのは今の日本ではまだ難しい話で、しか当人に個室だけを使えと我慢を強いるのも違うし、やはり今からでも議論をしなければならないのだろうけど、議論自体タブーとなってしまうと結局当事者温泉にも入れないという状態がこのまま続いてしまうだろう。支援団体別に議論自体否定しないと思うのだけど、「言い方に気をつけろ」というやり方にも多少は気を遣い、歩み寄りを見せないと当事者こそが不幸になってしまわないだろうか。

個人的にはフィンランドサウナみたいに混浴を「普通」にしてしまってもう区別を無くしちゃえばいいんじゃないの、と思う。一世代分の時間が過ぎれば誰も違和を感じなくなるだろう。

銭湯番頭がTと判断したら入って良しとする、なんて無理筋もいいとこだろうしね。

2018-06-16

トランスジェンダートイレ問題

パッと思いつく提案とそれらの問題を羅列してみました。

戸籍上の性別で分ける

まず戸籍性別を変更するには、いくつかの要件があるけど、

  1. 二人以上の医師により,性同一性障害であることが診断されていること
  2. 20歳以上であること 現に婚姻をしていないこと
  3. 現に未成年の子がいないこと
  4. 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること
  5. 他の性別性器の部分に近似する外観を備えていること

とあります

トランスジェンダーの中にはそもそも診断を受けていない人もいるし、性同一性障害と診断されても、手術や戸籍変更をしない人も多いです。

しない理由は人それぞれですが、する必要性を感じない、お金がない、健康上の問題で手術出来ない、時間がない(いわゆる性転換手術には、まとまった休み必要になるし、術後もすぐに元と同じ生活が出来るわけじゃない)など。

しろトランスジェンダーの中で戸籍性別変更までする人は少数派で、この方法だとトランスジェンダー現在トイレで困ってる人の問題解決されません。

戸籍性別は変えてないけど、社会的性別は変えて上手く社会に溶け込んで生きている人が、戸籍性別トイレを使うと、当人も周りの人も困るでしょうし、

特に20歳未満の当事者は、戸籍性別変更を出来ないので、学校トイレ安全に使えず、学校に通うこと自体が困難なケースも出るでしょう。

具体的にはタレントはるな愛さんのように、服を脱いでも女性しか見えないけど、戸籍上は男性のままって人が男子トイレに入るようになり、

活動家杉山文野さんのような、見た目はひげ面のおじさんだけど、戸籍上は女性の人が女子トイレに入るようになり、かえって混乱を招く事態となるでしょう。

戸籍分けの問題は、NHKでやってたレインボー風呂ジェクトを見ると分かりやすいと思います。あれはトイレじゃなく温泉だったけど、そこそこ問題共通してるので。

https://www.youtube.com/watch?v=slTtgwCSyXI

動画の6分15秒辺りから

生殖器の形で分ける

この場合だと、はるな愛さんのような人は女子トイレに入れるようになりますね。

ただ杉山文野さんは男性ホルモン注射や胸の縮小手術はしても、子宮や卵巣はそのまま、男性器の形成手術もしていないので、女子トイレのままです。

また女→男で戸籍性別変更する場合子宮や卵巣の摘出は必要ですが、男性器の形成必須ではありません。

なので戸籍を男に変えても、男性器は作っていない人も多く(理由は手術代が高い、今の医療技術だと本物の男性器と同じクオリティの見た目や機能のものは作れない等)、こういう人たちは戸籍男性だけど女子トイレを使うべきなのでしょうか。

またトランスジェンダーかどうか関係なく、病気障害、ケガや事故生殖器を切除したりユニークな形の人はどうするんでしょうか。

そして何より、生殖器の形を確かめ方法が難しい。トイレに入る前に下着を下ろして、形を見るのは非現実的ですし、

事前に病院等で発行された男性器、女性認定証を持ってない人はトイレに入れないようにするとかでしょうか。

見た目(客観的)で分ける

これなら杉山文野さんのようなケースも男子トイレに入れます

しかし見た目だけだと、男女どちらとも判別しづらい人はどうするかが難しいです。

戸籍性別変更をしている人でも、見た目の性別も変更出来ているかは人によります日本での戸籍性別変更には、医師の診断や手術してるかが重要で、望みの性別社会通用出来るかは問われません。

なので戸籍性別変更したのに、変更前の性別トイレを使う事態になる可能性もあります

またあくまファッションとして異性装してる人や、ショートヘアで化粧もしなくてよく男性に間違われる女性とか、こういう人たちもどうするのか。

それと外見上、女性に見えない人は女性として扱わないとなると、フェミニストから批判も想定されます

盗撮など性被害心配する意見もありますが、それらは同性間でも起こることですので(女子トイレ盗撮して、映像を売る女性かいますし)、トランスジェンダーだけを排除する理由にはならないでしょう。

しろトランス女性男子トイレを使わせることによる、トランス女性の性被害リスクもあるわけで。

他の利用者理解があれば好きな方を使ってよい

職場学校など、利用者がある程度決まっている場所なら可能選択です。

ただこの場合、他の利用者の反対があれば利用できないこと、新しい人が入ってきたり、トランスジェンダー当人部署移動などしたら、その都度理解を求める必要があること、理解を求める為にはカミングアウトをしなければならないなど問題が多く、安心してトイレが使える環境とは言いづらいです。

自己申告(使いたい方を使う)

トランスジェンダーの側からみると、1番良い選択かと思いますが、問題トランスジェンダーの人とは同じトイレを使いたくないという人との、軋轢が恐らくもっとも深くなる選択肢だと思います

アメリカ2016年、当時のオバマ大統領トランスジェンダーの生徒たちが自分の望む性別トイレ更衣室を使うことを認めるよう公立学校通達しましたが、全米で抗議の声が上がりました。

あと自己申告の都合上、男性(女性)としては社会通用しづらい人が男子(女子)トイレ使用するケースも出てくると想定されます

多目的トイレ、誰でもトイレ、男女両用トイレを使う

数が少ないです。トイレに行きたいのに近くない。あっても使用中で使えないといった事態が起こります

数を増やせば解決しますが、トイレを設置するスペースや費用課題になります

そしてトランスジェンダーであることを明かさずに生活してる人にとっては、多目的トイレを利用することで、トランスジェンダーである不本意な形でバレてしまリスクもあります

またトランスジェンダーの中でも、障害者やベビーカーを押してる人を待たせてまで、多目的トイレを使うのは気が引けるといった意見や、

自分は男(女)なのだから男子(女子)トイレが使いたいのに、これでは隔離されてるようで嫌だという意見もあります

ただ反面、男女で分けられるのが嫌だという当事者もいます。そういう人からすれば、むしろ自己尊重してくれた選択ともとれます




あとは男性用のパウダールームや、男子トイレにサニタリーボックスの設置も検討も。

トランスジェンダートイレで何をしているかと言えば、おしっこやうんちをしたり、ナプキンを変えたり、手を洗ったり、化粧直しをしたり、髪型を整えたり、シスジェンダーの人と同じことをしてるので、

この問題社会個人が、トランスジェンダーを受け入れるか否かという、それだけの話です。

2018-06-14

anond:20180614181820

俺がその発達障害当事者って奴なんだが

まあ、自己肯定感の低さは中々に自信があるよ

特性しかたがないんだけど、努力すら認められないのは虚しいよね

俺はたまたま理想なりやりたいことなりあったから、頑張って乗り切ったけど

そーじゃなかったら、二次障害の鬱とかで病院に縛り付けられてると思う

そういう結果は当人ももちろん、それ以外もハッピーじゃない

単純に医療費掛かるしな、税金的にもアレだろう

大げさに褒めてやれっていうよりも

困難さを抱えてどうにか乗り切ってることを認めてやれってことじゃないかなぁ

褒めずとも努力否定されないだけでも、かなり気は楽になると思う

anond:20180614171052

発達障害なんだろ?

特性上、ハッキリとした極端な物事が好きなんだから、褒めてばかりいるとそれへハマるに決まってるじゃん

どうしても褒めたいなら褒める分野を限定した方が良いぞ

まり得手ばかり褒めて、不得手に関しては「苦手である」ということをしっかりと当人認識させ、苦手であるからこそ慎重に進めるよう教育する

得意なことしかしなくなる可能性もあるから、やっぱりその子にあったカスタマイズ必要だと思う

安楽死について

病気持ちの当人安楽死を〜って言い出すのはわかるけど、迷惑を感じてる他人安楽死を認めろ認めろ言ってるのどうなの?

自分が気に食わない人間合法的に殺せるようにしろって言ってるのと変わらないように見える人多すぎる。

自分では死にたくないと思ってるのに、「安楽死させるべき人」と見なされて殺される人が絶対出てくるよね。

そんでそういう風潮が進むと、病気認定されてなくても生産性が低い奴は安楽死させるべき、となってくるよ。

anond:20180614012438

正論じゃないじゃん

当人尊厳まではく奪するから揉めに揉めるんだろ

何で上から目線なんだ

自分がされたら切れることを何で無条件に相手にやってんだ

2018-06-13

anond:20180613121314

俺は中身があるという意味

中身が何かは当人も知らない

2018-06-12

[] #57-2「ナントカさんはカントカしたい」

ナントカさん「カントカが、カンダイをアブダンすることは説明しましたよね?」

ブラーくん「うん、まあ。でも実際問題どうするの? カントカでどうにかなるイメージが湧かないんだけど」

ナントカさん「そうですねえ、色々なスタイルがありますが、今回は基本的方法でやってみましょうか」

ブラーくんは内心興味がなかったが、熱心に実演する彼女に気を使って言い出せなかった。

ナントカさん「まずカントカの表と裏を把握すること。これを間違えたまま使ってしまうのが初心者あるあるです」

ブラーくん「どこで見分けるの?」

ナントカさん「ここについている、ビクレの皆無で見分けます。ビクレのあるほうが裏です」

ブラーくん「ああ、分かりやすい。つまりビクレのないほうが表か」

ナントカさん「飲み込みが早い。やはり素質がありますね」

露骨おべっかに、よほど勧誘必死なんだとブラーくんは思った。

ナントカさん「最初ゆっくりやりますね。裏側に利き手の指の第一関節を軽く引っ掛けるようにしたら、カンダイのルブカ部分をもう片方の手で持つ。そして捻りを加えながら、カントカを表と裏の両側から交互に引っ張りあげる」

ブラーくん「うわ、そうなるんだ。でも、まだアブダンされてはいいね

ナントカさん「ここからゆっくりやると失敗するので、よく目を凝らしてくださいね。ルブカ部分を持った手を離すと同時に、カントカを回転させて……アブダン!」

ブラーくん「おおっ!」

ブラーくんが感嘆の声をあげたのは、カンダイをアブダンした光景に対してではない。

彼女カントカを使ってカンダイをアブダンする姿が、妙にセクシュアリティであったためだ。

そう、ブラーくんはムッツリスケベだった。

ナントカさん「どう? カントカってすごいでしょ!」

ブラーくん「え、まあ、blah blah blah……」

ナントカさん「気のない返事。じゃあ、実際にブラーくんもやってみましょ!」

ブラーくん「えぇ……と、まずはビクレのある裏側に指を軽く引っ掛けて……カンダイのルブカ部分をもう片方の手で……」

ナントカさん「あ、違う違う! カンダイのルブカ部分はこっち」

そう言ってナントカさんは、ブラーくんの右手に触れる。

ブラーくんは酷く取り乱した。

ブラーくん「ちょっ、近い近い! さっきも思ったけどパーソナルスペース! 個人パーソナルスペースもっと尊重して!」

ムッツリスケベのブラーくんだが、過度な肌接触は刺激が強いのでノーサンキューだった。

ナントカさん「……ほら、これでアブダン。ね、カントカって面白いでしょ?」

ブラーくん「と、とりあえず……仮入部ってことで」

結局、狼狽したブラーくんは、なしくずし的に入部を承諾してしまった。

なあなあに、正式に入部した扱いにされてしまうのだろう、というのを感じつつも……。

ブラーくん「で……カンダイをアブダンした後はどうするの?」

ナントカさん「そこから更にカンダイをアブダンしてもいいし、ラミサやパロニをアブダンしてもいいけど初心者向けじゃないから、また今度」


キャラ紹介

ブラーくん:留学生。どこの国出身かは作中で明言されないが、見た目はハーフハーフっぽい。学校案内の際にナントカさんに目をつけられ、半ば強制的カントカについて関わっていく。ナントカさんの強引なカント講釈のせいで、よく面倒くさいことに巻き込まれる。ラッキースケベにも良く合うが、当人不本意らしい。ややムッツリスケベ。

(#57-3へ続く)

愛することと、差別すること

結論を先に述べると、人にとって分け隔てなく愛するということは不可能で、愛することはすなわち差別することにつながる。

それでもなお、それを理想として追いつづけていくしかない。それが神を捨てた人の宿命

--

愛には、対象特定せずに広く与える愛と、対象を選り好みして特定のものにだけ注ぐ愛とがあるという。

前者の愛は、一神教における全知全能の神が人々に与えるものであるし、日本においては万物に宿る神が織りなす世界から加護、あるいはお天道様が見て下さるという感覚が近いものだろう。

一方で、後者の愛は、よくある狭義の愛である

前者の愛をもたらす対象が人ならざるものであることからも分かるように、物事の如何に区別なく愛情を注ぐというのは、人にとって不可能にも近い不得手なことがらである

人が織りなす愛というのは、何かと何かを区別する、あるいは誰かと誰かを差別することで特定のものに注ぐものである。それは肉欲によるようなものばかりではなく、優れたもの・素晴らしいものを愛でるときにも当てはまる。なぜなら、そのとき人は、劣ったもの・醜いものを選り好みして差別しているからだ。勿論、その選り好みは外見だけの評価とは限らず、内面や行動などで判断される場合もある。

美術美術として評価されるのは、他のものと比べて美しさが秀でているからであって、誰か素人が作った作品よりも他人からの愛を受けているからだ。平等に愛を注ぐのなら、そうした素人作品美術品すら区別なく差別なく、愛を注いでしかるべきだ。残念ながら、選り好みをしてしまうということ自体が、平等に愛を注ぐということに反しており、結果としてそのように世界を愛するというのは一般の人には到底不可能ことなである

それが不可能で、それでいてなおかつ愛を受ける身としては理想的であったからこそ、全知全能の神という概念を人々は作り出したとも言える。なにしろ、どんな存在であっても愛を受ける資格はあるのだから。たとえどんな悪事を働いていたとしても、無為存在であったとしても、そんなことは関係ないというのだから。人々が与える愛は、相対的肯定はあっても、絶対的肯定はありえない。それは秀でたものがより愛され、劣ったものがより愛されないという状態であり、その基準は各々異なっていても、対象によって愛を与える程度が異なるというのは変わらない。その優劣は非常に恣意的で、単に身近にいるかそうでないかという差異であったりもする。親が子を無条件で愛すると言っても、子として存在しているからこそ他人より差別して愛するのであって、どんな人であっても同様に愛するというのとは全く異なっている。そうした相対的な愛ではなく、絶対的な愛を誰も分け隔てなく与えてくれる存在、それこそが理想でなくてなんなのだろうか。

かような神という概念を創出したことで、人々は平等に愛を得ることが可能になった。その愛が空想上のものであったとしても、構わない。重要なのは当人が愛を受けていることを感じているかどうかであって、実体として誰かが愛を与えているかどうかではないのだから

このように考えてみると、万物に対する差別なく区別ない愛というのは、人々の空想上のものに過ぎないと分かる。ただ、それは空想産物であったとしても、非常に賢い発明であったことは確かだ。それに、実体がなかったとしても何の問題があるだろうか。愛を与える存在いるかいないかに関わらず、愛を受けているという感覚があるということこそが重要なのだから

いずれにせよ、これまでの議論から導き出されるのは、人は区別差別することなしに愛することはできない、ということだろう。言い換えると、区別することで初めて愛することができる、とも言える。それは人種国籍身分その他という分け方でなくても、ヒトかヒトでないか動物かそうでないか生物かそうでないか、石ころだって特定の、例えば花崗岩や砂岩などと判別することで初めて対象特定化て愛情を注ぐことができるのではないか。漫然と、自分の子供と野良猫とそのへんの石を全く平等に愛するというのは不可能なのだ。そのへんの石だって、他の石と区別することで初めて愛しうる対象になりうる。区別できなければ、その対象にすらなり得ないのだ。

故に、人を愛するにはその人を他人区別することが必要となり、集団を愛するにはその集団を他のもの区別する必要があり、地域を愛するには他の地域区別する必要が、国を愛するには他国区別する必要が…となっていく。愛国心などと言っても、日本という概念があまり一般的ではなかった江戸時代には、諸藩における郷土愛はあっだだろうけれども日本を愛するという考え方はごく一部の外国認識している人を除いて存在しなかっただろう。列島を束ねる存在日本)が当たり前過ぎて、認識するに至らなかったというほうがより正確なのかも知れない。

--

左翼のというより、人権思想などの近代思想の出発点は、フランス革命自由平等友愛から始まっている。ここで友愛とは博愛とも同胞愛とも訳され、仲間に対する愛を示しているのだけれども、これも特定集団に対する愛を唱うことで他の集団差別している。平等とはあくまでその集団の中だけで適用される概念で、他の集団に対しては平等であることは必要ではないのだ。だからこそ敵であるフランス王家斬首になったし、信条が異なる集団に対してはリンチが横行した。これは左翼思想を発展させた共産主義に引き継がれ、今なお信条正統性を主張する形で争われている。

この近代思想は、神が行ってきた(と人々が空想した)分け隔てない愛を与えるという行為を、人が自らの意志で執り行おうとして産み出したものであろう。それは確かに理想ではあるけれども、実態として分け隔てなく愛するということが不可能であるが故に、とき空想となり、あるいは夢想となって人々を混乱に陥れたようにも思う。

結局、現代人はその理想を、限定して扱うことで現実妥協しているのではないだろうか。

--

人は誰も、差別されることは拒絶するが、他人区別することなしに過ごすことはできない。

基本的人権として求められるべき最低限の平等規定しつつ、それ以上の区別は互いに棍棒で殴り合う、もっと文化的に折り合うなどして勝ち取るものではないだろうか。

それでも、今なお基本的人権すら蹂躙されている場面が見られるのが現実ではあるけれども。

anond:20180612001412

万引き家族の時も思ったんだけど、違う価値観を許せない人たちの攻撃が強すぎて訳わからんことになってるよなあ。

当人たちは攻撃じゃなくて批判だと思ってるんだろうけど、あと相手バカにする言動多すぎる。

2018-06-11

anond:20180611192115

キリスト教教会、わりと高齢独身おじさんに優しいと思う。(そして高齢独身おばさんも結構いる)

当人格難しい人でもそれなりに受け入れてくれる地域コミュニティとして機能してるし、ああいう無害な伝統宗教ってバカにならないよ。

病気になったら教会の人お見舞いに来てくれるし、死んでもちゃんと納骨堂に入れてくれるし。

増田とかTwitterを読んでるとさ

そいつ発達障害なんじゃね?」とかってコメントをよく見るわけさ

まぁ皆は理解してると思うけど、コレね発達障害で困った経験している当人からするとそんなに気持ちが良いもんではない

ただ、だからと言って「発達障害に対する差別だ!」とも実は言い難い

そいつ発達障害なんじゃね?」と言われてる話題の多くは、たいてい「いや発達障害じゃないでしょ。どんなに頑張っても障害3級取れるか怪しい」みたいな評価なっちゃうの

でも稀に怪しいなと感じる話題もあって、そういう話題ときそいつ発達障害なんじゃね?」という意見は、もしかしたら指摘されている人を救う可能性があるから厄介なんだよね

自分発達障害か否か?を把握しておくのは日常生活結構重要ことなんだよ

ふと出そうとした言動に「もしかしたら常識ない言動かも?」という心のブレーキをかけるキッカケになることがある(まぁブレーキ自体ぶっ壊れてるからまらないことが多いんだけどね 苦笑)

そいつ発達障害なんじゃね?」という言葉は辛くもあり嬉しくもある微妙言葉なわけさ

まぁだから出来れば優しく指摘してくれると辛さが軽減されて良いかも知れない多分ね

男はみんな暴力的レイプが大好き。刑罰が怖いか我慢してるだけ。

体中の穴に入れて凌辱したいと君の隣の男も内心では思っている

写生快楽だけでなく女に罵詈雑言をぶちまけ殴って体の心もぼろぼろに犯して尊厳も奪い取りたい

そう内心では思っているのが普通の日本人男性

みんな暴力で弱いものをいたぶるのが好きだろ

学生時代いじめを見て弱者男を笑っていた女の子

派遣村とかも完全にそう

当人に原因があると論破して反論できない弱った相手に追撃を入れるのが人類はみんな大好き

女性乱暴容疑で男8人逮捕の人も8人がかりで輪姦したらきっと俺は自由だと心からそう思えたんだろうなあ

頂きますとは命だけでなくその人の尊厳やすべてをはぎ取る行為

トラ場で分かんないと書いてるやつがいるけどなんでわかる必要があるんだ

疑問を抱えて生きてろよ

anond:20180611160403

anond:20180611111608

今は、その順序の話じゃない。

承認必要になるってとだ。

実際にお姫様でも、周りがお姫様扱いしなければ、当人自分お姫様だと思えない。

お姫様」は「他人対応の結果」でしかないということ。

anond:20180611011239

お姫様になりたい当人がその意思をわかりやすい形で示してくれなきゃ判別しようがない。

でなきゃ周りも「あなたは私のお姫様だ」なんて相手にいえない。

お姫様になりたくない奴にそんなこといったらハラスメントからね。

から増田が言う「周りが認めなきゃお姫様じゃない」を実現するための土台として

お姫様になりたい当人が「本気でお姫様になりたい」って周りにわかやすく示す必要があるんだよ。

男の子だってお姫様になれる」は呪いにはなり得ない。むしろ本気度を測る門番みたいなもんだ。

お姫様になりたいと思う当人がそれを呪いだと感じるなら、自分の「お姫様になりたい」っていう思いと向き合ってどれだけ本気なのか己に問わねばならない。

2018-06-09

anond:20180609015829

それが漫画で描かれてるというところまでは描かれてなかったような

自分の話をせずに描いてれば漫画内では自分との関係希薄化できるけどそれって漫画家の側の表現であって当人意思表明できない状態にあるわけだしさ

まあどこまでを加害者とするかは微妙なところだし因果関係が逆なんでその時点では描けないんだけど

ちな横

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん