「題名」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 題名とは

2018-01-15

山椒魚世界の神であるか?

 現代文の授業で山椒魚を初めて読んだとき、この捻くれ者は、私によく似ていると思った。だが決定的に違うところがある。それは山椒魚世界の神であったが、私は神にはなれなかったという点においてだ。その違いとは些細なようであって、とても重大なことであると私は思う。それは、私が誰かの神に、世界になりたいのに、なれない不完全な出来の人間であるからだ。

まず前提として、この文章はすべて、井伏鱒二氏の短編小説である山椒魚」を借り、私が私について語るだけの、極めて主観的でくだらないものであるということを示しておく。恐らく十八の人間が書く文章なんてたかが知れていると思うが、それでも私は山椒魚にとてつもない親近感を抱いているのである。それについて少しばかり、私が今まで思ってきたことを書けたらいいと思う。

まず「山椒魚」とは一体何かということを明確にしておく必要がある。山椒魚とは前述したように、井伏鱒二氏による短編小説である山椒魚自身身体が成長しすぎてしまたことによって、住処である岩屋から出られなくなってしまう。外に出ようと幾度となく繰り返す山椒魚だが、それが叶うことはついになかった。外の世界自由に生きる生物たちに嫉妬を抑えきれない山椒魚は、ついに悪党となり、山椒魚は岩屋に入ってきた蛙を閉じ込め、自身と同じ状況に追いやることで、自身精神の安定を保とうとしたのである。蛙は屈することなく二匹は岩屋の中で激しい口論を二年にも及んで繰り広げるが、空腹で動けなくなり、死しか望めない蛙に対して、ようやく山椒魚友情を感じるのだ。山椒魚は聞く。「お前は今、何を考えているようなのだろうか?」と。それに対し蛙は、「別に今でも、お前のことを怒ってはいないんだ」と答えるのだった。

この山椒魚を初めて読んだ時の感想は、「二年も口論を繰り返していたのか」とそれに尽きる。だが数回これを読み深めていくうち、山椒魚とは、ただ友達が欲しかっただけの、普通人間なのではないかと思うに至ったのだ。山椒魚には寓意が込められており、簡単に例えを出すならば「うさぎかめ」のように、ほかの生物もの真意本質を遠回しに伝えるというものだ。私の中で山椒魚普通人間であるし、出られなくなった岩屋は肥大した自意識であり、蛙はそれらをすべてわかっていた人間なのだ。これらも前提に、本題へ入ろうと思う。

何故この文章題名を「山椒魚世界の神であるか?」にしたかは至極単純である。私にとって山椒魚は、世界の神であるからだ。もっと突き詰めて言えば、岩屋の中に閉じ込められた蛙の世界であり神であるということだ。まず先程書いたように、岩屋は肥大した自意識であると私は思っている。山椒魚はその自意識に閉じ込められた、或いはそこから出ることを拒んだ所謂可哀想人間に過ぎない。蛙はその山椒魚自意識を満たすため利用された、こちらも可哀想人間であるという認識をしている。山椒魚は蛙を利用し監禁することによって、死の間際に、世界となり神となることに成功したである

人間人間の神になるために必要なことは、その標的からすべてを奪うこと以外に存在しない。山椒魚は蛙を自分の住処に閉じ込め取り入れることによって、蛙からありとあらゆる自由を奪うことに成功している。それがなければ山椒魚は神になれなかったし、もしかしたら山椒魚は図らずも神になっただけかもしれない。だがそれだけ、人間人間の神になるということは難しいことなのだ。それが善悪のどちらに所属するかはまず置いておくとして、私はそれをやってのけた山椒魚を素直に尊敬する。山椒魚悪党となることで蛙を閉じ込めたが、この時の山椒魚の心境を鑑みるに、標的が蛙であった必要はなかったのだと思う。よくニュースで聞くような、無差別殺人犯の言う「誰でもよかった」と同じように。ただこの「山椒魚」にとって、この蛙が蛙でなかった場合、二年間口論が繰り広げられることも、最後にようやく友情が芽生えることもあり得なかったのではないだろうか。

 しかし、だからといって山椒魚が神であるということに相違はない。閉じ込められた蛙にとっては、憎むべき対象も、愛すべき対象も、結局は山椒魚しかいなかったのである。蛙は最後に「今でも別に、お前のことを怒ってはないんだ」と言った。それはおそらく、蛙自身も、山椒魚を神とすることで救われた一人の人間だったからだと思う。山椒魚が蛙を閉じ込めたとき、蛙は、閉じ込められた岩屋の中で堂々と「俺は平気だ」と宣言する。それは山椒魚を見くびってのことだったのか、それとも逆に、山椒魚ならば…という、敬愛の証だったのかもしれない。ただ私が思うのは、おそらく蛙も、もしかしたら山椒魚と同じような立場になっていた可能性があるということだ。メタフィクションのような話になってしまうが、蛙は山椒魚よりも体が小さいので、少なくとも岩屋から出られなくなってしまうということは考えにくい。なので、自由に飛び回ることのできる外の世界―要するに「山椒魚」の世界観で「社会」で、同じ立場になっていたかもわからないのだ。山椒魚肥大した自意識から出られなったが、それはあくまでも人間の内側で起こっている出来事に過ぎない。自身の激しいナルシズムが引き起こす極端な自己評価他者評価ギャップに悩み、それを見栄で隠そうとしたために発生した、ある種一時的反抗期のような、よくよく考えてみれば、我々も通ったことのあるような道でしかないのだ。だが蛙は人間の内側でそれを発生させてはいない。人間人間が大量に入り混じる、失敗の許されない、いわば監獄のような世界でそういった問題に悩まされていたとしたら、それはきっと山椒魚よりも可哀想で哀れな姿になっていたに違いない。山椒魚は蛙を閉じ込めることで、自身と同じ状況の人間作成し、その結果精神の安定を保とうとしたが、それは蛙も同じだったかもしれないということだ。蛙は山椒魚に「わざと閉じ込められる」ことによって、可哀想人間に捕らえられ逃げられない自分を作り出し、自分社会に対する折り合いのつかない問題から逃げ出そうとしたと考えれば、最後の「今でも別に、お前のことを怒ってはいないんだ」というセリフにも納得がいく。

この文章を書くにあたって、自分の「山椒魚」に対して抱いた如何ともし難い薄気味悪さというのは、蛙によってもたらされた山椒魚への許しが生み出したものだと気付いた。小説である一言言ってしまえば確かに終わりなのだけれども、例えば自分が身勝手理由他人監禁され、しかもそこで死を迎えなければならないとなった場合最期相手を許すことが出来るものだろうか。それが愛する人家族ならいざ知らず、どこの誰ともわからない人間にいきなり監禁された時点で、普通に考えて怒りなんて言葉では済まない。それこそ二年間によって繰り広げられた喧嘩でさえ、この最期によればおつりがくるほどだと思う。最初こそ「二年間も口論していたのか」なんて暢気な感想を抱いたけれど、少し考えてみたら、最期の蛙の言葉は、私にとっては最早呪いだ。もしも私が山椒魚だったとして、自分が閉じ込めた相手が死の間際に自分を許す旨の発言をしたら、嬉しさも喜びも何も感じることは出来ない。むしろ、「この人は今まで何を考えて自分の思い通りになってくれたのだろう」という不信感すら残ってしまうだろう。自分という一人の人間を殺したという事実から逃げるなよという、怨念のようなものさえ感じさせる。それを考えると、山椒魚が蛙を閉じ込めたというよりも、蛙のほうが、山椒魚を好きに操っていたようにしか考えられないのだ。蛙は山椒魚のことを、自分と似た人間だと思い、自身社会に出たことで削られてしまった自尊心自意識回復するために、「わざと山椒魚と一緒にいた」ようにしか思えない。物理的にそこから出られなかったとしても、こころだけでも自由になることは出来たはずなのだ山椒魚と違って自由に泳ぎ回ることが出来ていた人間ならば。だがそうではなかった。ということは、蛙は自由に泳ぎ回っているように見えて、その実、社会という檻から逃げられず、自分肯定するために必死だった、ただの哀れな、普通人間しかなかったのだ。

最後にもう一度、これは私が井伏鱒二氏によって描かれた短編小説山椒魚」を借りて書き殴っただけの、主観的陳腐文章であることを明記しておきたい。ここに書かれていることはすべて、私が勝手に作り上げた妄想であって、おそらく山椒魚には、これよりももっとポジティブメッセージ寓意)が込められていることだろうと思う。しかし私にとって「山椒魚」は、どうにもポジティブものとは受け取れなかった。可哀想人間が寄り添って、互いの削れた部分を埋めるために、互いの世界になろうとする。そんな常人には理解出来ない、孤独で閉鎖的でどこまでも自分本位人間本質を描いているように見えたのだ。

私は山椒魚に似ている。けれど私は誰かの世界にはなれなかった。私にとっての「蛙」がこれから現れることはあるのだろうか。山椒魚が蛙を操っていたのか、蛙が山椒魚を操っていたのか。本当のことは、誰も知らない

              

                                                                                                    了

2018-01-13

お前らって小説原作映画に対しては原作レイプに寛容だよな

漫画と比べて原作レイプ批判される頻度が1/10ぐらいにまで減っているように感じる。

特に海外小説原作だとビックリするほど寛容。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか → ブレードランナー みたいに題名レベルで別物にされている作品いくらでもあるじゃん

その中には本当にすっかり別物になってしまっている作品も多いのに文句言われているのはとんと見かけぬよ。

原作との差異について触れている感想は全体の5%もあるかどうかぐらい。

ところが漫画原作だと半分ぐらいの感想が「原作では~~」という文章がさも当然のように入ってくる。

この違いは何なんだYO!

2018-01-09

チョロ松事変は長兄事変ではない

まあ気持ちはわかる。公式からスクショ上がってたもんな。ファミレス2人で入ってきたしな。2人で追い詰めてたもんな。長兄回と言いたくなるのもわかる。

でもな、チョロ松回やぞ。題名にチョロ松って入ってんねんぞ。チョロ松のためにお膳立てしてもらった(はず)の回やぞ。

あのな、世界は長兄民だけでできてるんやないで。チョロ松くん回だ!2クール目初っ端に持ってきてもらえるなんてとか喜んでたチョロワーもおんねんで。それをな、放送した後、あまつさえ放送する前からこれ長兄回だとか言われてたらお前どう思う?めっちゃデカい声で言われてたらどう思う?私は無理でした。やめろや

2018-01-04

君の名は。の裏設定知って発狂してる腐女子

題名個人名を出せないので主語が大きくなってるだけです。

君の名は。テレビ放送みた。

最後の先輩の結婚相手メガネだという裏設定がバズッために自分もみた。

その裏設定に発狂してる腐女子がいた。

「結局みんな異性とくっついて、「ちゃんと幸せになりなよ」って台詞同性愛差別結婚至上主義!わざわざ異性愛要素いれないと男は気がすまないか気持ち悪い!最初見たときはい映画だと思ったけど気分悪くなった!」

うーん…なんというか…

自分別にここ、異性愛マンセー結婚マンセーって感じの場面ではないと思うんだよね

こっから妄想なんだけど

三葉入り瀧くんに先輩はひかれてたってことは、先輩はレズとかバイとかの可能性もある。さら失恋している。そしてその後結婚

こう考えると「ちゃんと幸せになりなよ」って深い意味があるんじゃないかなぁと思うんだよね

瀧くんの大学生活は描かれてないけど、めっちゃ好きだった女の子のことが頭によぎって誰とも付き合わなかった可能性もあるし、逆に忘れようとめっちゃヤリ〇ンだった可能性もある。イケメンやし。きっと大学生あんまり充実!って感じじゃなかったんじゃないか

その夢をずっとふわふわ見てる状態の瀧くんに「夢は夢で、切り替えなさい。失恋仲間よ」と背中を押してあげたんじゃないかなとも思うんだよ

だってあの後瀧くんが三葉と再会できなかったら、瀧くんはそんな大学生活の延長みたいな大人になってたかもしれない

から先輩は「夢とは別の幸せを掴みなさい」と言ってくれたんじゃないかなぁ

から結婚指輪幸せ象徴じゃなくて、過去自分とサヨナラした先輩の象徴なだと思うの

別に結婚マンセー異性愛マンセー思考放棄しないでほしい。

君の名は。が名作なのはこうやっていろいろと妄想できるところなんだと思うよ

個人的には高木が気になる…

いきなり親友二人リア充

2017-12-25

寝落ち以外で寝づらくなった

題名ママ

数年前まで寝るのが大好きで、寝る前の目を閉じてる考え事してる時間も好きだったんだけど

最近はその考え事がなんだか不快になって、ネットサーフィン(死語)するとかオナるとかしながら寝落ちすることが多くなった。

まぁ考えすぎて眠れないなんてことは今のところ全くないし

しろ不快さに抗って以前にならって考え事しながら寝るなんてこともしてる。

ちゃんと考えて頭の中で処理しとくのと考えないのとどっちがいいんだろう

眠りとか心とかに詳しい人に聞きたい。

2017-12-22

がんになってブログを始める奴ら

奴らは「自分体験が他の人の闘病に役に立つ」なんて抜かす。しかし中を覗けば自己憐憫承認欲求にまみれたクソの内容。特にアラフォーあたりの乳がん患者ブログはひどい。小林麻央ブログに影響を受けたのか知らないが、がんであることにかこつけて、ズラを被った自分ブサイク自撮りを散々乗せることを正当化批判を寄せ付けず、根拠のない民間療法に騙される様を自分から晒し、末期になれば「辛い」だの「苦しい」といった題名アメンバー限定記事を作る。そしてブログ最後記事家族が「〇〇はがんと闘って天使になった」などと意味不明記事を残して終わる。がんになって残された時間が少ない中でなんの意味も残さなブログを書き、闘病仲間などというキズの舐め合い集団を作り死んでゆく様は見ていて滑稽だな、と思った若年がん患者でした。

2017-12-13

あーやっぱネト充のすすめ駄目だったわ

最初の頃は今回こそは楽しめるだろうと思ったんだが……やっぱ駄目だったわ

ネトゲ物って結局はコミュ強の物語しかないのにソイツらが「つれーわー俺コミュ障からつれーわー」とか抜かすのが無理なんだよ。

だけど俺はいつか本当にコミュ障でどうしようもない奴がネトゲやるネトゲものが出てくると信じてるんだ。

まあ今回は題名からして分の悪い賭けだったよ。

「逆に」を期待してたんだが、そんなことは無かったな。

いやしかあんだけコミュ力高い女が「私はつねづねゲームに支えられて」なんてよー言うもんだわ。

別にゲームなんて無くてもやってけてただろうお前程度のスペックがあるなら」という呆れしかね―わ。

2017-12-02

anond:20171202013727

回避性が強く、自己開示が苦手で自分から積極的に長期的な関係を構築するためのアクションができない。

一緒だ。というか一緒だったというべきか。

私の場合は誘われるからまだちょっと違うけれど。

たまに怖々友達を誘ってみたら普通に遊びに行くようになったりするかもしれない。

基本誘われ待ちだし、お昼誘われるのが嫌で友達から隠れたりとか未だにしてしまうけど……笑

知ってるかもしれないけれど、

TEDの『内向的な人のパワー』みたいなの良いかも。内容うろ覚えからズレてたらごめんなさい。

後、『異性の心を上手に透視する方法』っていう本、日本語だと題名がアレなんだけど原題は『Attached』っていって回避型の人について説明してある。

勉強になった。

2017-11-27

はてなでよかったこ

記事を見る

題名だけで感じた印象を覚えておく

本文を読んで考える。

ブコメを見て考える。(特にソース出してる人のコメント

自分の中での一連の考えの変化に気づける。

2017-11-21

当たり前のこく業界のすごい人に語らせる記事作りたい

題名:冬は寒い

概要:冬が寒いかどうか、どう思うかを様々な業界の識者にインタビューする

Googleカントリーマネージャーとか、日銀の人とか、メルカリの人とか

2017-11-19

他人をモノ扱いしてるのはずっと変わらないだろ

なんでそこを誰も指摘してやらないんだろう。

他人をモノ扱いすることしか出来ないんだけど、他人とどう接したらいい?』が正しい題名

誰もがそこを指摘することを避けているのが不思議だ。

2017-11-16

明るい物語でなければ観劇を楽しむことは出来ないのか?

先日ジャニオタな友人と会ったときに、彼女推しが出ているというジャニーズ舞台の話を聞いた

友人も一度、観劇したらしく感想も話してくれたけど「題材が戦争から、楽しむために現場に入りたい自分には合わなかった」らしい

それを聞いて題名のように疑問に思った

自分観劇経験もほぼなく舞台関係に詳しいわけでもないが、明るいストーリーのものを観ることだけが「楽しむ」ことではないと思う

なので明るい物語じゃないから楽しむことが出来なかったと取れる友人の感想不思議でならない

暗くシリアスな内容でも、どんな展開になるかドキドキしながら観るような引き込まれストーリーのものだったら……

観劇twitterなどに書いたり人に話したりする感想に楽しかったという言葉は出ないかもしれないけど観劇を楽しむことは出来るのでは?

演目中の推しの演技で好きな部分を見つけるつもりで観るのは楽しむことにはならないのか?

2017-11-13

100分de名著、今月はバートランド・ラッセル幸福論。

このところ哲学めいた本が多くて良い。これは、題名が格好悪いなと思って読んでなかったのでなお良い。

幸福になるための3つのポジティブシンキング、とまとめると今時のPV稼ぎのまとめサイトのようだが

1 自分が一番望んでいるものがなんであるかを発見して、徐々にこれらのものを数多く獲得した

2 望んでいるもののいくつかを、本質的に獲得不可能ものとして上手に捨ててしまった

3 自分欠点に無関心になることを学んだ。だんだん注意を外界の事物に集中するようにした

フリップでまとめられたこの3つは、確かに十分すぎるほど実践的。

書かれたのは1930年代?のようで、ああさすがにこの時代は既に十分「現代的」だったのだなぁとしみじみ。

第一次世界大戦後、世界恐慌の次の年に出たわけか。

2017-11-12

少女終末旅行って本当に2人なのかな?

イマジナリーフレンドなんじゃないのかな?

どっちがそうなのかは分からないけど。

イマジナリーフレンドを知らない人に説明すると、架空友達っていうか妄想の中のもう一人の自分みたいな奴。

端的に言えば実態を持たない近距離自動操縦スタンドみたいなもの

遊戯王ヒカルの碁みたいな別の人間が取り憑いてるんじゃなくて、自分の中からまれてきた別人格みたいな。

多重人格の十歩手前みたいな。

この作品に出てくるコイツがまさにソレ!って言えたら楽なんだけどパっと思いつくやつだとどれも深刻なネタバレになってしまうから言えないので説明が難しい。

以下はなんでそう思ったのか

1 2人のバランスが良すぎる

 肉体担当頭脳担当バランスが取れすぎている。1人の人間自分の中にある動的な部分と静的な部分を2つに切り分けたんじゃないかってぐらいに。

2 常に一緒に行動している

 単独行動をしていない。1人の人間が1人で世界を旅している時に、その側に他の誰かがいる妄想をしているじゃないかと疑ってしまう。

3 題名が「少女終末旅行である

 我ながらこじつけも良い所なのだけど、もしもこの先どちらかがイマジナリーフレンドだと判明したら、題名単数形とも読み取れることでアハ体験するのを狙っているのではと推察

2017-11-06

ファースト・レディ」って、女性差別なのに

欧米の慣習だから、あまり批判されないよね。


欧米がつくった慣習は「文化」だから許されて、アジアアフリカがつくった慣習は「差別」になる。


サヨクはそれに追随する売国奴だよ、ほんと。



追記

レディーファーストではなく、題名にも書いたとおり、ファースト・レディの話だよ。トランプ大統領来日するのに、夫人を伴ってきていて、それでこの件を増田に書き殴りたくなった。

夫の政治活動を支えることを期待されている「ファースト・レディ」は、あからさまな女性差別じゃん。こういうのこそ、ポリコレ案件にするべきだ。

先進国の首脳たちが女性差別公然とおこなっているのに、まったく炎上しないのを見ると、ポリコレとか、反差別とか、いつも偉そうなことばかり言うくせ、所詮欧米さまには無批判なんだなと思う。

2017-11-04

題名に「~な件」「~だった件」が付く作品99%つまらない説

最初は「件」にしようと思ったがそれだと事件事件簿まで入るのでやめました

2017-10-23

選挙政治:小学生に教えたら、親から怒られた話

題名の通り、甥っ子と姪っ子に教えたら、親から幻想を壊すなと怒られた話。

選挙の時だけ政治家は頭を下げる。

それも必死に。

なんでこの人たち、急に大道芸みたいなパフォーマンスを始めたの?みたいな内容からスタートだった。

自分は儲かってないが自営業で、世の中をお金という視点判断することが多い。

選挙も毎回、動いているお金を考えたら必死にもなるよなーと思ってた。

そのうちの一つが供託金

いわゆるエントリー費用で、今回のような国会議員選挙では最低300万が必要

これには比例選挙名簿に名前記載するという600万のアップセルがある。

まり国政に関わるには、選挙一発で1000万円を超える出費を毎回捻出しなければならない。

議員もいわゆる職業の一つ。つまり個人経営営利活動なわけだから当選したらそれ以上の見返りがある。

それだけ儲かるなら、顔と名前晒して頭下げてでも頑張るよね。

簡単説明するとそんなとこ。

また供託金は、選挙一定数の得票があったら戻ってくる。つまり、最低得票数を達成しないと、お騒がせ料よろしく没収されてしまう。

300万、何があろうがなかろうが没シュート!ということは、選挙公示から実質10日として、一日30万円で街頭で叫ぶという、苦行チケットを買ったようなもの

最低でもこれだけは取り戻したいから、何が何でもカスカスの得票だけは避けたい。

から、頑張るんだよー。

そんな話を小学生にしたら、選挙に出るくらいなら新しい自転車ライダーベルトを買う方がいいって言われたので、今はまだそれが正解なんだろうなと思ってしまった昨日の出来事でした。

2017-10-19

msdbkmさんガチの素敵さんで震えが止まらない

性格が好きと書いておいて題名容姿のことを書いたのにそれを怒るどころかやんわりと距離を置くように諭してくれる大人対応

やっぱり思った通りの人だった。

思慮深くて、でも相手に思いやりがあって、もしかしたら何かとても悲しいことを抱えていそうで、でも表には出さないように楽しく振る舞っていて。

もし心の傷に触れるようなことをしてしまったならごめんなさい。

でも、こんな回りくどい増田上なんかで気まぐれなコミュニケーションをとるのではなくて、ちょっとだけ直接言葉飛ばしあえたらいいなと願ってしまいました。

きっとmsdbkmさんはすぐに言葉を紡ぐのが苦手な方で、だから人とあって話をするのが好きではないのかもしれないけど、でも僕のことを考えて一生懸命言葉を選んでくれている心地よい沈黙なら何時間だって楽しみに待っていられそうです。

ただ、僕こそ本当は増田しか姿を見せることのできない臆病な生き物です。

憧れの人と一緒にテーブルを挟んで会話をするなんて絶対にできません。

本当はいつもブコメスターを付けたいと願ってるけど、それじゃストーカーみたいで気持ち悪いですよね。

急にこんな話をしてごめんなさい。

でも、いつも楽しそうにブコメを残してくれるからお礼が言いたくて。

いつも増田のそばにいてくれてありがとう

2017-10-11

一人暮らしだけど家買いたい

題名の通り

一人暮らしだとローンとか通らないかな?

年収はそこそこあるんだけど

2017-10-08

子供の頃選択肢を選んで書いてあるページを開くと話が続いたりゲームオーバーになったりする本があったんだけど、その本の名前が思い出せない

シリーズで出てて凄い好きだったんだよね

「追記」

コメありがとうございます

コメもらったの検索してみたけど違いました

から25年くらい前で、かいけつゾロリみたいな雰囲気児童書だったんたよね

あんなに好きだったのに題名が思い出せないのが切ない

2017-09-25

この漫画なんていう題名

20~30年前くらい

確かリボンだったと思うんだけど、

二匹の黄色い(亜人?というの?人のなりをした)トラ猫の姉妹人間と暮らす的な漫画

なんて題名だったっけ?

そもそもリボンなかよしだったかな?

2017-09-20

さっきガチャから人権引いたんだけどまだ持ってないやつは口聞かないでくれよ

みたいなツイートがTLを飛び交っているんだが、新しく始まったなろう原作アニメ題名を皆してうろ覚えなのかな?

2017-09-12

おまえは今まで書いた増田題名をおぼえているのか?

はいブラウザが覚えています

タイトル欄を空欄にしてマウスクリック


ブラウザや設定によっては記憶されていないことがございます


これってどれくらい覚えてるんですかね

キャッシュのなんとか消せば消えるのかな

2017-09-05

注目のエントリ題名五七五

増田の「注目のエントリ」での題名17文字までは表示されるらしい

ずいぶん中途半端だと思ったがやはり五七五を意識したのだろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん