「感覚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感覚とは

2018-07-22

anond:20180722095912

阿蘇は昔、友達草千里に行ったの覚えてる。原っぱに霧が出てたので調子に乗ってわーーと突っ込んでいったら四方を霧に囲まれて完全に方向感覚なくなって楽しかった。

仕事がらみの飲み会があって、偶然、参加者が私以外みんな東大卒だった。

私は東大滑って超自由でおなじみの私大。まあ仮に受かったとしてもそこで学力気力ともに尽きてたと思うので

別に後悔もしてないつもりだったけど(そもそも学生だったのずいぶん昔だし)、

今、この場でそんなこと気にしてるの私だけかーと思うと、やや気が遠くるような感覚を得た。

受験でがんばると学歴を気にしないでよくなるってわけなんだな。

2018-07-21

韓国から義捐金はもらわないほうがいい

豪雨 韓国から義援金100万ドル | NHKニュース

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011541781000.html

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011541781000.html


yas-mal ↓東日本大震災では、日本赤十字大韓赤十字から受けとった分だけで32億円の義援金/救援金をもらったらしいのだけど、それで何か恩着せがましいこと言われたっけ?

2018/07/21

この方は純粋にご存じなくて善意で言ってるのだろうけど、残念ながら恩着せがましいことは言いまくっている。

具体的に言えば竹島の件なんだけれども、東日本大震災韓国からどんな支援があっても日本立場として竹島日本領土であり、震災以降もことごとにその主張はしている。

けれども韓国の人たちにそういうことは理解出来ない。

震災ではあれだけ支援をしてやったのに島国の猿たちは」

「猿達は殴りまくってこそ精神がまともになる」

感謝を知らない猿達」

という声が韓国ネット横溢してきた。

これは本当だよ。


注意して欲しいのは、これは韓国の先鋭化した一部の人ではないということ。

韓国のごくごく一般的な人がこのレベル

(ちなみに日本人を「猿」と呼ぶのもネットの狭い界隈の悪習とかではなく韓国一般に伝わるニュアンスで、

 「殴りまくってこそ精神がまともになる」も対象日本だけとは限らない慣用句的な言い回し。)


まり韓国から義捐金はもらわないほうがいい。

何故もらわないほうがいいかと言うと、事実として彼等は滅茶苦茶恩に着せるから


「仮に恩に着せててもそんな言葉自分は聞いてないし、言ってても無視すりゃいい」って思った?

そうじゃないんだよなー。

義捐金韓国の人たちの中でつまりますます日本を憎み差別しまくるための大義名分」として作用ちゃうの。

ヘイト差別両国分断に資するわけ。

からもらわないほうがいい。

(とは言ってもお断りも出来ないのが難しいんだけど)


「それを言ったら日本こそ韓国をたくさん支援してきた面もあるじゃないか」って思った?

韓国の人はそれを知らないし、知ってる人も認めない。

たまに韓国人の中でそれを言う人がいたら「植民地史観に毒されている売国奴」って罵られる。

事実かどうかで反論されるんじゃなくて、「モラルがない」っていう責め方をされるから反論不能

そもそもネットならまだしもリアルでそんなこという韓国はいない。社会抹殺されるから。)


事実事実として認めてもいいじゃんて思った?

韓国ではそれはだめなんだよ。

支援を受けて恩がある」っていうのは危険状態なわけ。

そういう韓国が、大っ嫌いな日本世論調査ダントツで「嫌いな国1位の日本」)に支援をするのはどういう意味が含まれるかな?

単純な「善意」だと思う人はどうかしてるよ。

というより見たい側面だけ見て現実逃避してるよね。


あと実際

東日本大震災支援をしてやったにもかかわらず竹島領有権を取り下げず韓国にひれ伏しもしない日本人」

への反発といっそうのヘイト韓国ネットでは高まってるのね。

そういう意味民間義捐金は減ってる。(けどこれは期せずしていいことだと思う。理由は前述のとおり。)


から今回は政府から1億円ていう支援になったわけ。

隣国として体面・義理の額とわかる公的な一億円。

(これですら危ないんだよ。大きな額だとムンジェイ政権が叩かれるからね。)


あと韓国ネットでは日本地震災害が起きるたびにお祭り騒ぎ狂喜乱舞してることももっと知ったほうがいいと思う。

いわゆる「ネトウヨ」みたいな一部じゃないからね、何度も言うけど。

彼らの国では「反日無罪」ではなく「反日正義」なの。

あとこれは謎なんだけど、「災害=悪への天の裁き」みたいな感覚冗談ネタではなく素朴にある。

まり日本災害が起きるたびに日本が悪い国であることの証明になり自国正義証明になってるっぽい。

シャーマニズムなのかキリスト教(どっちも韓国では盛んです)なのかわからない。

ウチの会社の俺がいる部署は、例え私用でも携帯ゲームスマホゲーム禁止している

社則では無く部署ローカルルールなんだが、この前それを知らなかったのか

新人が昼休みにやってたので注意したところ、「プライベート・・・から・・」などと

ゴニョゴニョ小声で反論してきたので、休み説教した後帰らせた

(更に上の上司には一連の流れを報告した後「あいつは勝手に帰った」と言っておいたw)

その後は居づらくなったのか新人は自ら辞めていったが、たかゲームで職を失って

人生台無しにする感覚理解出来なかった

何も人に語れる趣味がない

家で本当にやっていること

えっち動画を見てソロ活動

下らない芸能ネタサイト巡回

某巨大匿名掲示板でのレスバトル

下らないyoutube動画巡回

30後半の男で人と話せるネタがありません

こんなこと本当にやっていることを言ったら話し掛けられなくなる

どうすれば人間らしい感覚になれるでしょうか

今度整形するんだけど

今度二重にするプチ整形をする。自分をより好きになるための単なる自己満なんだけど、整形反対派が多くてびっくり。親からもらった体を傷つけるなんてとか、今のままでも魅力的とか整形することをいうと止められる。私は今の自分が好きだけどもっと目がぱっちりしたらより可愛いな〜と思ってメイク感覚でやるんだけれど、、、。もちろん色々リスクがあるのは承知の上です。人生は一回だからやりたいことぐらいやっちゃダメなの?親友がっかりしたと言われてショックだった。

FGO 2部2章 Lostbelt No.2 ゲッテルデメルング 備忘録および考察

・はじめに

 この記事は、ゲッテルデメルングをプレイした感想考察備忘録的に書いていくものです。

 要は吐き出したいから吐き出しています

 取り立てて深いものはありませんが、追体験や、他の人の感想を知りたい、という人にはいいかもしれません。

 また、知識が完全に詳しく、また正しいわけでもありません。

ラストについて

 印象的だったもの、期待しているところ。

 やはり彼女シオンの登場でしょう。月姫格闘ゲームで登場してくる、アトラス出身であり、アトラス院と敵対別世界では行っていたシオン。詳しくはType moon wikiを参照されるのがよろしいかと。

 彷徨海について、最初、「結局もったいぶるのかよ!」とオフェリアのロストベルトが障害となって訪れることができませんでした。

 訪れるためにはロストベルトを物理的に、虚数空間を通らずに、突破するしかない、ということで、そこを乗り越えたラスト彷徨海。

 その実態・・・結局もったいぶりやがった!

 シオンという爆弾を投下してきましたが、それにしても彷徨海、謎が多すぎるというより明かされる情報が少ない。結局、事前にわかっていた情報を超える何か、は明かされませんでした。衝撃的だったのはシオンの登場のみですね。ひょっとするとシオンの名を騙る別人、ってこともあるかもしれませんが、とりあえず本人、ということで話を進めます

 本人であった場合アトラス院を出奔したのは間違いないでしょう。その放浪の結果、シオン彷徨海にたどりつくに至った。

 1部で伏線があっただけにアトラス院はきな臭いですね。その出身者でもある以上、シオン重要な何か知っていることがありうる。

・クリプターについて

 本格的に登場したクリプターはふたりカドック、そしてオフェリア。

 カドックの処遇で、今後のクリプターの行く末が決まると思ってましたが、まあ死にますよね、と。カドックは拘束が何者かによって解かれ、逃げ出し、言峰によって「大令呪」のために連れ去られた。大令呪が2章で明かされたように命を捧げるものであるなら、それは大令呪だけはぎとるわけにはいきません。いくら令呪の移植スキルがある言峰といっても、大令呪はわけが違うでしょうし。

 もうひとりのクリプター、オフェリアも、その苦悩と葛藤を超えて、体を酷使し、死ぬ結果にいたりました。

 おそらくクリプターが仲間になる展開はなく、これからもばしばし死んでいくのでしょう。

 一時的に仲間になる、ということはあるんでしょうけど。

 今回、クリプターとは何か、簡単に明かされました。「秘匿者」です。

 魔術師神秘の秘匿を義務します。そことの符号もあるんでしょうか。

 また、神降ろし、新たなる歴史編纂目的であるとも明かされました。

 どの歴史が一番、地球歴史にふさわしいか勝負しようぜ!がキリシュタリア目的でもあるっぽいです。

 序章や1章で前フリのあった、「もっとうまくやれた」「ぐだを恨んでいる」というのは、カドック限定だったようですね。

 関連して、空想樹が種子を飛ばす性質がある、ということも明らかになりました。

 種子との戦闘もありましたしね。

 で、これが何を意味するかというと、魔神柱と似たようなことが起こりそう、ということです。

 あるいはラフムと似たようなことが。

 つまり大量発生、一秒間に一億本切除しないと間に合わないとか、起こりそうです。

 こういう種子の何が厄介って、「切除したつもりでもまた別の樹が育つ」「また別の樹が育って、敵がコンティニューする」です。

ゲルダの「将来」について

 ゲッテルデメルングでは、およそ1万人の人間しか生きることができません。それは、リソース問題大本ですが、そのシステムは「間引き」です。14歳から15歳で子供を産み、育て、25歳には巨人に踏み潰されるか食べられる。こうして1万人という数を維持していく。25歳で死ぬことが決まっている、それは100歳まで生きるような現実世界と比べると悲しいものに、一見、感じられます。ぐだたちもそのように思い、物語上もおおよそそのように処理されます

 が、物語上でも、ただそれが間違っている、と否定するべきだと描かれたわけではないと思ってます

 25歳以降の将来を描けない。一般的感覚では間違いですが、それを正すことも正解なのでしょうか。

 生きていても幸せが待っているとは限らない。世界を作り変える方法リソースを確保する方法も持たない。また自由による苦しみだって世界にはあります

 スカサハ=スカディのシステムを頭から否定することはできないよなあ、とストーリーを追いながら考えていました。

 もちろん、第1部では、苦しくとも、結果がマイナスでも、生きること、生き抜くことは是なのだと、描かれました。

 ですからきっと、世界同士の生存競争という理屈抜きに、肯定できない世界だったと、ゲッテルデメルングはそうだったのだと、言わざるを得ません。

 とりあえずこんなところで。書きたいところは書きつくしたので。

 また何かあれば追記していきたいと思います

anond:20180721120218

新聞ラジオ情報源だった時代

テレビは深く考えなくても見るだけで情報が入ってくるからテレビを見続けたらバカになる。」

テレビゲームパソコンが登場した時代

「本も読まずに、ゲームピコピコやってたらバカになる。」

あちこちスマフォを触る風景が当たり前になりつつある今は

「一日中あんな小さな画面と向き合ってたらバカになる。」

こういう感覚が50~70代の田舎おっちゃんにはホントにある。

俺は40で父が60なんだが、

数年前に父が法事上京して、電車内のお客がみんなスマフォ操作してる様子にびっくりしたんだ。

それで、俺に言ったのが「スマフォは持つな。」だもん^^;

anond:20180719174909

嫌いなミリオン1周年でやたらと盛り上がってるのが目についちゃったんだろうけど、

別に君の嫌いなミリオンでみんなが盛り上がってても、

君の価値観存在否定してるわけじゃないか勘違いしないようにね

オタク気質のある人は、自分の好きなもの否定される、自分の嫌いなものが称賛される、

共に自分価値観否定されるような感覚を覚えるようだが・・

あなたのことは全く関係いから、気にせず自分の好きなものに邁進してどうぞ

anond:20180721014629

そもそもタイラーザクリエイターみたいのが出てきたあたりから

ライムの内容だけ切り取って短絡的にホモフォビア女性蔑視者扱いする感覚すら揺らいできていないか

わかっちゃいるけど覆面

タイマーズ忌野清志郎)とかオリヴィアニュートン=ジョンとかABBAとか流れていて、わかる人がどのくらいいるんだろうか。近年の社会風潮からするとなかなか反体制的なんだけど、そういう感覚は抱かないのだろうか。他意のある選曲なんだと思う。

2018-07-20

anond:20180720204044

自分の心の衝撃吸収装置は他の人より収まるまで時間がかかるみたいな感覚ならもったことはある。

ポンコツ俺が父親になり、クズ野郎になった日

どうでもいいことだが、俺はまさにポンコツ

20代ももう後半に差し掛かっているがニート

母子家庭発達障害勉強もできず高校中退

なんと言っても笑えるのが、顔の表情筋をうまく動かせない病気があるということだ

顔の片側だけが奇妙に動かせないというか、引くつく感じで知らない人から見たらすごく怖い人に見えるだろう

こづかいのために週2ほどのバイトをしていることと、コンビニ以外ではほとんど外に出ない

そんなこんなで、本当にクソみたいな初期ステータスを持って生まれた俺はポンコツ以外の何者でもないだろう

身体は置いといても、本当にポンコツなのはこの性格

何もなしえず、何もやる気がしない。ズルズルと時を過ごし努力すらしない

俺の性格ポンコツゴミクズなのだ

とりあえずそれは頭に入れておいてくれ

とにかく、俺はそんなふうに無為無策に過ごした

ウィスキーが好きなので一日中ウィスキーを飲みながらSwitchゲームをしていた

ある対戦ゲームを遊んでいたとき

やたらプレイの波長が合うプレイヤーが居た

相手もそれを感じ取ったようで、俺達は毎日のように2人で協力プレイをした

そのゲームコミュニケーションが命取りなので、LINE通話しながらしたほうが勝率がいい

そういったゲームには慣れていたので今更人と電話口で話すことには緊張しなかった

彼は20代の前半の大学生で、よく喋る人だった

俺は自身ニートであることを自虐ネタにし、受けをとっていたので笑いは絶えなかった。普通にしかった

やがて彼がこのゲームをやるコミュニティーを作り出した

当然俺もそこに入り、一緒にコミュニティの一員になった

気付けばそのゲーム流行りも過ぎ始めていたが、その頃になって俺たちのコミュニティはかなりの規模になっていた

彼がリーダー、俺が副リーダー。みたいな感じになっていたと思う

現実でやることと言ったらバイトぐらいしかないので、このゲームの副リーダーというのは俺にとったらちょうどいい責任感だった

やめたければやめればいいという感覚が俺のゴミクズ根性によく合っていたのである

そういったコミュニティにつきものなのは恋愛問題だろう。以外にも、糞ニートの俺がそれを起こしたのだった

そのコミュニティにふらりと加入してきた女性がいた

女性メンバーは割と珍しくないが、俺は彼女ツイッターを見て驚愕した

虐待。薬。リスカ自殺未遂男性依存……

こんな世界があるものなのか、と。俺は極力彼女に注意を向け、優しくした

やがて彼女個人的通話するようになった

周りのメンバー達は俺に「ヤれよ」と茶化したが、当然俺とそのつもりだった

これでも女性経験がないわけじゃない。これは千載一遇のチャンスだ。遊んでやろう、そして捨ててやろう

こんなことを思って彼女に近づいた

例えば、俺が今から過去に戻ってもそう思っただろう。何度だって同じことをしただろう。俺はそういう人間なんだ

彼女は俺に心を開いた。クソッタレ父親虐待されている。死にたいけど死ねない。そうか、そうか……

同情した。俺は理解するフリをして彼女に会うことになっま

あとは火を見るより明らかだろう。彼女妊娠し、絶望した。俺に助けを求めた

しかし俺がしたことコミュニティを脱退し、関係者の連絡先をすべて断って消えることだった

勘違いしてほしくないのは、これについては俺も悩んだ。やるべきじゃないと思った。

しかし、俺にそんな責任は取れないんだよ、無理なんだよ。無理

から逃げた

それだけ。オチもクソもない。Twitterをこっそり見たら一番最初リーダーの彼が、彼女を励ましていた。中絶したらしい

それを見て俺は何も思わなかった。コンビニバイトへ行くだけだ

から、とりあえず謝ったほうがいいんだよな?ごめん、美香

ごめん。ごめんな。でも、ムリだよ俺には

1人で背負うのもムリだ。だからこれをここに書いておく

なんかブクマカが元気にブクマしてると安心するね

孫みたいな感覚ですよ。

毎週金曜日ラーメンの日です。

月曜日祝日三連休だったせいか、まだ木曜日みたいな感覚でした。

危うくラーメンの日を間違えるところだった。。。。。

あぶないあぶない。

それにしてもこの時間になるとおなかが空いてしょうがない。

あー楽しみ。

今日は、あの話題で持ちきりだったのでにんにくラーメンチャーシュー抜きでも食べようかと思ったのですが、

チャーシューも大好きなのでそれはできません!

逆にチャーシューメン食べちゃおうかな

これが過集中か。

何だかやってることが、ぶつ切りだ。衝動的に行動することは出来ても、継続して計画通りにやれない。。

上手く出来るときは3日ぐらいから一カ月ぐらいまでテーマを決めて何かやれるが。

ぐったりして、何も出来ないときは何も出来ない。

1日で長くても4時間ぐらいしか、集中できない感覚だ。それがハタチから20年ぐらい続いている訳だから改善のしようもないのか。

発達障害?ああ、そうだ、そのように診断されたが。

  

なんか、普通に働いてもいじめられているように思うし。

学生時代友達とも、疎遠になっている。

  

なんか、月に1度の風俗、ぐらいが生きがいなのか。

手先が不器用からパチンコにハマることはなかったし、アルコール依存父親身体を壊してメンタルも病んだ様子をみたので、あれだが。

  

お金払って性的サービス受けて、一時の快楽に身を委ねる以外に救いがない。

運動は、今熱中症の恐れがあるのでやれないでしょ。

瞑想?うーん、今日は気分が乗らない。

野菜今日は、乾燥ワカメコンビニパスタサラダビタミン剤を摂ったかな。

食欲もない。

  

睡眠、うなされる。働いていた時の人間関係やら親子関係やら、充分に眠れない。悪い夢をみて疲れが取れない。

  

通院?服薬?コンサータも、話だけ聞いて終わった。。睡眠導入剤は手放せない。

  

うーん。どーすりゃいいんだよー。

家族?仲間?カウンセリング?どれも、ピンとこない。話してみてもイマイチだった。

いや、なんか、自分には救われる資格なんてないのか。

からない。。

このまま何もスキルも上がらないまま50才を迎えてしまうのか。

  

なかなか、簡単には伸びない。。  

anond:20180720132609

結局印象論ってことでしょ?

その辺の感覚が良くわからないんだよね。

どういう理屈認定してんのかぜんぜんわかんない。


俺たちは雰囲気党派を決めている


みたいな状態じゃん。

桜井誠チャンネル2018年に削除されたとか遅すぎだろ。

これで差別に厳しい態度とか馬鹿じゃねーのか。

人生で一番やりたくないこと=「妊娠出産育児」(追記

anond:20180719112635


まさかこんなにたくさんコメントをいただけるとは思っていませんでした。

みなさんありがとうございます

有休消化して身体を休めているうちに、母親に泣かれたことをふと思い出して、

どうにもならなくなって書き込んだ次第でした。

なるべく返信していましたが、いちいち返信するのは変だと思われることもあるのですね。

さすがに全部返すのは難しかったです。すみません


どなたかコメントくださっていましたが、

自分と血の繋がった子ども気持ち悪いのでいらない」なんて、

自分を産んでくれた母親の前で言うべきことではなかったと反省しました。

そして、馬鹿正直に自分気持ちをぶつけてしまうのは、昔からの悪い癖だとも思い至りました。

人の気持ちを考えられない、どうしようもない人間です。

母親はいつでも、そんな私を受け容れてくれていました。

から私自身、尚更ショックだったのだと思います

甘えているにも程がありますね。

母親には、折を見て謝ります


恋人には、子どもが欲しくないという気持ちや考えについて、よく話してきました。

子どもがいてもいなくても、どちらでも構わないか結婚したい」と言ってくれています

ただ、「気持ち悪い」という感覚については、カウンセリング相談してみようと思います

出産歴史についても調べてみます

そうしたら、気持ちや考えが変わるかもしれませんし、

変わらなくとも、気持ちの整理がつくかもしれません。


自分と似た気持ちを抱いている方もいらっしゃるようで、嬉しかったです。

また、自分とは全く異なる考えの方の意見も、興味深く読ませていただきました。

書いて良かった。

ありがとうございました。

我が家がバズっていたので

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/feature/1014

寮生は情報発信が苦手だから、誤解されがちなことや誤解じゃないことについて勝手に書いてくよ

そこまで深く運営に携わってるわけじゃないか勘違いや誤りがあるかもしれないけど、自分理解してる範囲無責任に書いてくよ

匿名掲示板SNSなんかで寮に関わる都市伝説的な話がまことしやかに語られるのは遠巻きに見てる分には愉快だけど

ブコメを見て思い込みベースバッシングされるのはなんか悲しいなーっと思ったので

ボンボン道楽貧乏暮らししてんの

部分的にはyes

明らかに裕福そうな家の人もいるにはいるし、寮に来なくても暮らしていけそうな人で言えば多分結構いるし自分もそう

はいえ素知らぬ顔で一緒に暮らしながら、仲良くなって家庭環境を知ってみると結構壮絶で

授業料免除と寮暮らしアルバイトでどうにか通ってるような人も一人二人とは言えないくらいには知ってるから

あくまで印象だけど、学生全体の平均と比べてみても割合的にはやっぱ低所得層の家の人たちが多いんじゃないかなって

あと、アジアから留学生も多い

中○とか民○みたいな活動家巣窟なの/入寮したらオルグされるの

寮生は多分300人近くいるはずなので、一人一人の政治的信条について断言はできないけど

少なくとも自分が住んでる数年間の観測範囲では、そういう人達が寮内で大手を振って活動したり、運営に首を突っ込んでる姿は見たことない

というか今時、ああいう連中の妄言にまともに付き合う人っているんかな?(大学構内ではやたら元気に活動してるけど)

一方でマイノリティ権利なんかにセンシティブ人達はいたりはするけど、そういう人たちは勝手にやっててるし無理やり勧誘してくるようなことはないので...

入寮してから表には一切姿を見せず研究室と寮の往復しかしない院生なんかもざらにいるので、寮で付き合いを強制されることはそんなに多くないと言えるんじゃないか

上下関係ないって嘘でしょ

これはマジ

はいえそのこと自体強制されるわけでもないし(嘘か誠か昔は強制されてて、『敬語を使うんじゃねえ!』と先輩に殴られたとかいう笑えない話がある)

普通に上下関係を気にする人もいないことはないよ

自分なんかは入寮するまでの人生年功序列制を十分すぎるほど内面化していたし、人見知りなので入ったばっかの頃は同級生にすら敬語だったよ

いざ敬語を使わないのに慣れてみると年齢の感覚曖昧になって、干支ひとまわりくらい離れてるおっさんとも普通に友達になれるようになったし

立場の違いを必要以上に気にすることがなくなってフラットな人付き合いが出来るようになったよ

向き不向きはあると思うけど、自分にとってはこれが一番好きな部分かもしれない

もちろん、寮の外ではちゃん敬語を使っています

汚くて臭いんでしょ

ブコメの人は修正してたけど、多分臭いと思う

長いこと住んで感覚麻痺しててしまっている自分ですら、今のような湿度の高いじめめした季節には廊下の饐えた臭いが鼻につくし

実家に帰ると親類から臭いと言われるので...

汚さに関していえば共有スペースはともかく、個々の住人の部屋に関して言えば綺麗な人はどこのモデルハウスだってくらい綺麗なので千差万別

サブカル個性派気取り野郎の天下なの

写真で見ると不思議イカニモな感じに見えてしまうけど、変な人もいるにはいるが大半は普通大学生なので

当たり前にサブカルに興味ある人もいれば、そうじゃない人も多い

寮にサブカル的な価値見出したり、挙句自分いかに変わっているかアピールし出すのはむしろ訪問者側の人たちに多い印象かな

というのも良くも悪くも、住人にとっては寮はまず第一に家であるし、一緒に暮らす住人に自身の特異性を必要以上にアピールしたって遅かれ早かれ化けの皮がはがれるだけなので...


気が向いたら増やす

あなるせっくすが完成した。

なんか夜中に裸で1km見つからずに完走した感覚に似てるな。

2018-07-19

anond:20180719220651

耳垢のいたずら?で耳の中になんか虫入ってるような気色悪い感覚になることがあるよ。そこから連想ならあり得る

anond:20180719160812

こういうのが叶うのは一部のセレブだけで、

一般人労働者になるべく古式ゆかしい生殖活動なんじゃない?

セレブは人工子宮で、Designされた、欠点のない遺伝子の子育て、そしてアンチエイジング長生いつまでも美しく、

一般人暮らしはただの労働力なので、これまでと変わらない気がする。

飼い猫(セレブ)と野良猫一般人)みたいな感覚かなー。

寿命も見かけもなにもかも、元は同じと思えないような、そんなガタカ世界が来そうな気がする。



キリスト教的な考え方ならもっと優しい世界になるかもしれないけれど。(少しは希望を残しておこう)

生活水準は一度上がると下げられない」は人間関係も同じ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56585

教授は初対面の相手趣味全否定して、出会い頭にショック療法を施しているようだが、要はハッタリ的なマウンティングをカマしているようにしか思えない。

そういう人は、コミュニケーションというもの相手価値観格下げすることだと思っていて、折伏とか洗脳目的地に設定しているので、食事中であれば飯や酒がマズくなる。

特定の〈親しい学生〉の前で「俺様」として振舞うのは、ある種の甘えだ。その甘えは、〈親しい学生〉でない「学生一般」への恐れと表裏一体だったのだろう。初対面で相手価値否定するのは、それを乗り越えて自分承認してくれる人を見出すための篩(ふるい)にすぎない。

ハラスメント加害者には〈他者自分に対する評価を気にして、自分の持っている優越感が損なわれることを恐れる「超過敏」と呼ばれる感覚〉があり、〈自分の有能さや重要さ(自分が思っているだけかもしれませんが……)が損なわれることを非常に恐れている〉という。

すごくわかるし、記事中では「文学アート世界には」と書かれていたけれども、文学アート無関係人生でもこの手のものには散々遭遇してきた。

大学卒業してA社→B社→C社と渡り歩いてきたが、A社を辞めるまでは目上の人間から価値観全否定されて洗脳を受けるのが当たり前だと思っていた。

B社が変わり者の雇用主による零細企業で、雇用からとにかくマウントを取られないし価値観否定をされないという特殊で快適な2年間を経験したことにより、

A社と似たような環境であるC社に在籍している今、昔はスルー出来ていたマウント否定に引っ掛かりをおぼえるようになり、正直なところ苦痛だ。

なんでB社辞めたんだって話だが、廃業しちゃったんだよ。

雇用主の伯父さんがやっている会社顧客受託会社だったんだけど、伯父さんの会社が傾いたことにより解散になってしまった。

B社のような天国のようにハラスメントのない会社は少ない。しかしB社の人間関係を知ったことで、当然と思う人間関係のレベルが上がってしまった。

家賃25万の部屋から、3万の部屋に引っ越したような気分だ。仕方ないから受け入れているが、25万の暮らしを知らないほうが体感は楽なんだ。

加害者の側に、そもそも謂れのない恐れがあった、という視角は、いま被害に会っている、あるいはかつての被害の傷がまだ痛み続けているみなさんには、なにかの足しになるのではないか、と思う。

パワハラモラハラ被害を受けている人は、相手自分を恐れているのだということを意識すると、事態改善のヒントに繋がるかもしれない。

そうだろうか。まったく先が見えないんだが…。

花火が好きで嫌い

最近花火大会の話をよく聞く、忙しいし誘うような相手もいないから行っていないんだけども

毎年一回は行ってるし見るのも屋台もとても楽しいんだけど、それと同時に悲しくて、寂しくて涙が出てしまうからつらい 別にトラウマとかがあるわけじゃなくてなんとなく物悲しいだけ

夏の風物詩のはずなのに夏の楽しい時間の終わり、儚さを感じる たぶん一瞬開いて消える刹那的な感じがなせる業なんだと思う 現実に戻らなきゃいけない虚無感も相俟って

周りに聞いても花火は綺麗なもの楽しいものという認識しかないみたいで自分おかしいんじゃないか

でも連歌とかで秋の季語だったりするらしいし、お盆送り火を思わせるものもあって 一部なりとも同じ感覚を持っている人もいるのかもね

思った事支離滅裂に書いたらイタいポエムみたいになった恥ずかし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん