「感覚」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 感覚とは

2017-09-24

anond:20170416161449

初めて自分と似たような人を見つけて嬉しい。

自分場合貧困地域ってわけでもなかったけど、小中と公立校同級生に妬まれて虐められた。

しか問題だったのは当時の自分には裕福であるという自覚がまったくなかったこと。「ハンバーグが好き」くらいの感覚で高級食材の話とか平気でしてたと思う。何にも考えずブランドの服とかも着てた。

なぜ嫌われるのか当時は分からなかったけど、自分で働くようになってから実家が相当裕福であることを自覚した。そして当時の同級生発言の裏はそういうことだったのかと気がついた。

裕福の自覚がなかったから、お金が勿体無いとか言って高校公立校に進んだ。クラスメイトにはお嬢されたけど、何かの冗談だと本気で思っていた。虐められなかったし友達ができたのは本当にありがたかった。

我が家場合、親はサラリーマンじゃないからこれまた非常識で、彼らに至っては自分たちが相当裕福だということに今でも気付いていない。子供が虐められたことも勿論知らないから、玉石混交公立校に通わせて良かったと言ってくる。

ちなみに自分普通会社員になったから、実家に帰ると生活レベルの差に仰天するし、惨めにもなる。食生活から家具選択から全て違う。親と経済格差があるのも惨めさがある。

付き合って2か月で別れてしまいそう

2017 夏に出会って、夏に結ばれた私たち

お互いクリエイティブものに興味があるので美術展や映画音楽などの好みが一致して意気投合

同い年なので、同年代トークも弾む。

彼は真面目な人で、なかなか手すら繋げないような状態が続いていたが、私が少し押したら簡単に引っかかってくれた。

私は、賢くて女性観がまともで、時間も守れて立派に一人暮らしをしてる大企業に勤める社会性のある彼氏しかクリエイティブ彼氏が出来て大いに喜んだ、というか私には勿体無いと思っていた。

なぜなら趣味人間、カルチャー野郎文科系男性は何かと女関係金銭感覚時間感覚ルーズさが付き物だからだ。

結婚を考えられる!と思った。そして相手もそう思ってくれていた。

結婚願望がある人と出会えなかったから、それはもう、歓喜した。

彼はプロデザイナーで、とても感受性が豊かだった。

付き合っておよそ一週間で、わたしの鈍感さや無神経さに度々忠告してくるようになった。

わたしは割と思ったことをポロっと口に出してしまう方なので、気をつけるように努力をしていたが、気をつけても気をつけても、度々地雷を踏んではチクチクと不満を言われていた。普通はこんなこと言わない、みんなやってるよ、倫理観が欠如している、などなど。(不倫浮気セフレなどのワード地雷らしく、たとえ友人の笑い話でも激しい嫌悪感をあらわにする。知ってからは、私からその手のすべらない話などはしなくなった)

私たちは、趣味は合うけど性格は全く合わなかった。

言い方ひとつに関しても、驚くほどすれ違っていた。

私は細かいこと(例えばLINEの返信が遅いとか、服がいつも同じとか、直しても直さなくてもどうでもいいこと)に気がついても、言わない。言ったとしても、きみって〇〇だよねー、って『新しく気づいたよ』みたいな感じでいう。LINEの返事にしても個人差があるっていうのは、たくさんの人間と人付き合いしてれば自然理解するものだと思っていた。

一方彼は、『全然気にしてないから直さなくてもいいんだけどきみって〇〇なところがあるよね、出来たら〇〇してほしいけど、無理だったら全然無理しなくていいよ』と言葉を尽くして伝えてくれる。

残念ながらこれは私の感覚では『本当はめっちゃ不満だけどストレートに言ったら傷つくであろうと気を遣って伝えてきてるけど重く受け止めないといけない忠告』という受け止め方だ。

何度かこういう指摘があり(彼としては指摘のつもりはないらしい)重く受け止めてキャパオーバーした私に『全然気にしてないから!直さなくていいからやんわり伝えたんだよ!』と仰っていた。わたし感覚だったら、『直さなくていいんならわざわざ指摘しなくてよくね?』ってなってしまうのだ。

それを伝えると『分かった。伝えずに胸にしまっておく』と言っていた。

多分、彼にとっては伝えないことがストレスになるし、わたしにとっては言い方ひとつストレスになる。いちいち『我慢する』と言ってくるからだ。でもそれ、ストレスでになるしょ?と言うと、顔を曇らせる彼。二言目には「でも君の事が好きだから大丈夫である

思い返せば、付き合って一週間で彼はわたし

『君は思ったことをすぐ口にするけど、もう少し相手がどう思うか考えてから言ってほしい、俺は君の軽はずみな言葉で傷つくことがある』

と不満を伝えてきて、深く反省した。かなり自覚があるから。気にするようにしてからは、多分だけどあんまり傷つけるようなことは言わなくなったと思う。多分…。

彼の場合は、考えに考えてから発言したことがわたしにとっての『思ったことを口にしないでほしい』なのだ。これ、私たち今後上手くいかないんじゃないかな…と感じている。

しかしわたしが心折れそうになって『もうしんどい、気が合わないからもうやめたほうがいいと思う』と言うと、彼は『君と今後も長く付き合っていきたいか自分が変わる』と言うのだ。

こういう問答は何度もした。でも何度も、自分が変わるから大丈夫、と言うのだ。

変われる自信があるらしく、自分は何度も変わってきたそうだ。(彼は嫌われる勇気という本を愛読書にしている)

恋人付き合いに、摩擦が起きるのは当たり前だし仕方ないことだけど、私は彼に対しての愛情が徐々に減ってきている。

指摘をされればされるほど、落ち込んでしまうのだ。

自分自分を嫌いになってしまうのだ。

だけど、こんなに自分のために頑張ってくれる人を捨ててしまって後悔しないのか、今後こんなに自分を好いてくれる人が現れるのかと不安でなかなか別れを切り出せない。

やや愛想尽かしてるとはいえ、やっぱり会えばそれなりに楽しいのだ。でも、会いたくて仕方ないとか会えないと寂しいという気持ちほとんど無い。

わたしはただなんとなく付き合っている。

そして彼は過去に鬱になったことがあり、とにかく生真面目なのだ

何が心配かって言ったら、この先わたしとの関係が安定して、私への愛が情になったときに、続けていけるのかということだ。


最近、彼とは食事感覚も違うことが分かった。

彼はデートでも富士そば吉野家でかまわない、私はデート特別ものという認識なので美味しい食事をとりたい(別に高いものを食べたいわけではなく、ゆっくりと顔を合わせて、何が美味しいか、どんなものが好きか語り合いたい、それだけだ。だから気になったお店に一緒に入ってみるなどの冒険をしてみたいのだ)

最近、そのことで喧嘩になった。

デート中の食事をどうするという話だった。

結局わたしわがままが通った。

彼は夕飯はコンビニ弁当(もしくは適当な総菜)でもよくて、わたしはそれは嫌、という内容だった。

デート中、私は『(コンビニ弁当はやだ、まだ時間もあるし店なら探せるからA店かB店あたりがいい』と言った。

週に一度のデート、まだ付き合って間もない。まだたっぷり時間があるのにホテル弁当…?嫌です!というわけだ。

すると彼は、俺の意見をつぶさないでほしい、と怒った。

正直、こだわりがないなら譲ってくれよ、と思った。

「今後、意見の違いがあったときに、意見をつぶすような通され方をすると困るから今後はきちんと話し合いがしたい」

と言われ、お互いの気持ちを話した。(個人的には、意見を言っている時点で話し合いをしているつもりでいた。話し合いをしないというのは「なんでもいいよ」と伝えることだと思っている)

結局彼は、食事無頓着という事実が分かった。コンビニ弁当店舗を構えるそこそこなお店も、彼にとっては同じなんだそうだ。わたし愕然とした。

今までわたしが彼のためにプレゼンしてきた安くてうまい飯屋は、コンビニ弁当吉野家と同レベルだったそうだ。こんなに悲しいことはない。

今回自分わがままが通った通らないではなく、自分と彼の過去コミュニーケーションのすれ違いを悲しんだ。

そして、こんなことで、ここまで真剣に語り合わないと理解してもらえないのかと落胆した。

だって普通なら「デートコンビニ弁当は嫌!」という意見があれば「そうなのか、それなら今後はできるだけやめておこう」となる。私なら。もしくは予算を決めるなりなんなりして、互いが納得するような打開策を提案する。いちいち10代喋り場みたいな討論なんかしたくないのだ。

だけども彼は、「話し合い」をしないと嫌だというのだ。どちらかが飲む、ということができないのだろうか。。

わたしはいちいち言い争いになっているような気がしてストレスだった(これも伝えたが、そんなに重く受け止めないでほしいと言われた。軽い意見交換のつもりらしい)

彼は努力をしてくれている。

この一件の後、食事に関しても興味を持とうと努力すると言っていた。

この喧嘩をした次の日には、美味しいお店があるらしいとLINEURLを送ってくれた。なんともいじらしいと思って涙が出た。

でも彼はこのお店に行って、自分も美味しいと感じて満足するかは分からない、ただわたしに喜んでほしいだけなのだ

寿司屋に行けば迷わずエビフライが挟まった太巻きをとるのだ。魚はサーモンしかからないらしい。

自分が鍛えてあげよう、とも思ったが、なかなか険しい道のりな気がする。

彼が頑張っていけるなら私も頑張りたい。

けれどもどうか、ストレスに感じないでほしい。そればかりが心配だ。

わたしはあまり彼に心強さを感じていない。

頼りすぎてはいけないと思っているが、時には頼りたい。でも頼もしさを感じないのだ。

鬱も、繊細な心も、私が守ってあげないといけないかのような気がしている。

少なくとも、私も彼と同じように、小さな言葉を重く受け止めてしまうほど「打たれ弱い」のだ。

相性が悪すぎる気がしている。

anond:20170924023251

‪なろう系の作品にしばしば見られる特徴として「展開のスパンが長すぎる」というものがあり、もともとアニメ化に向かないのではないか危惧されていたけど、「展開があっさりしすぎる」「どこに向かっているのか分からない」と言われるのは、やはりそれが悪い方向に出ているのかと思う。‬

‪たとえば、なろう系の特徴とされる「俺TUEEE」について、過剰なまでに展開を盛り上げて主人公の強さを強調するような想像をする人も多いと思うが、実際に見てみると分かるように、特に起伏なく淡々イベントをこなしていくような作品のほうが多いんだよね。‬

Web小説執筆するにあたって文字数や巻数という制限が薄く、読む側も数十話数百話を一気読みするのが前提なので、一話一話は薄味でさっくり作り、それをひたすら積み重ねて大きな物語を作る、という作劇になりがちだ。‬

漫画雑誌で細切れに読むか単行本で一気読みするかという感覚に近いかもしれない(超長期連載ほど展開が遅くなって週刊だと耐えられないけどコミックスで一気に読むと面白いみたいな)。‬

‪そしてこれは、一週間単位で細切れに放送され、たった三ヶ月全12話で起伏を作る「(深夜)アニメ」という媒体とは致命的に相性が悪い。‬

なろうのランキング総合一位の「無職転生」などでも下手したら最序盤のターニングポイントで1クールが終わってしまうのではないだろうか(アニメ化されないのはそれが理由だと思っている)。

今後、なろう発の作品アニメ化がいくつも控えているわけだけど、こういった問題解決するために構成を大胆にいじっていくのか、それともアニメ化しづらい作品は避けていくようになるのか、アニメ制作側の手腕が問われると言える。

最近趣味

たまに上がってくる典型的互助会アフィブログの、参考になりました! や、メモメモ…等のブコメ群を片っ端から非表示にするのが最近趣味だ。プチプチを潰すような感覚に近い。あと高確率はてなブログプロを使っているので、暇な時はわざわざブロググーグルブロックしにいく。ここまでやるとゴミ捨て程度の達成感は得られる。

2017-09-23

anond:20170923213420

ありがとー。

考えすぎて言えなくなるって感覚自分にはあんまりわかんないんだけど、そういう人もいるんだろうなーと理解してはいるかな。結果としては「言ってない」だから、どうでもいいんだろうなって卑屈になっちゃうんだけどねー、はは。

言ってくれてありがとう。嬉しかったです。

70年代日本って本当に日本なの?

wikipediaで調べ物をしてるうちに何故か70年代事件のページに迷い込んでしまい、幾つか読んでしまったんだけど怖すぎる。

あさま山荘とかよど号ぐらいは知ってたけど、中隊規模の武装テロ集団機動隊がぶつかり合ったり爆破したりって西部警察じゃねーんだぞ。

朝霞自衛官殺害事件(1971)

幹部自衛官制服着ただけで侵入されたのもアホかと思うが、そもそも自衛官を襲って武器を奪うって発想がヤバい

連続企業爆破事件(1974)

神社本庁爆破事件(1977)

三菱三井帝人鹿島といった企業を爆破とかこれ本当にドラマじゃないの?と思ったが神社本庁まで標的とか本気すぎでしょ。

八鹿高校事件(1974)

政治的には社会党共産党対立があるようだけど、むしろ怖いのはこれだけの大事件を警察は見て見ぬ振り、マスコミは(すぐに)報じず。闇が深すぎる。

東京高裁長官乱入事件(1974)

東京高裁判事襲撃事件(1976)

いずれも狭山事件絡み。気に入らない判決が出たら襲撃って法治国家を何だと思ってるんだ。

東峰十字路事件(1971)

芝山町長宅前臨時派出所襲撃事件(1977)

成田空港管制塔占拠事件(1978)

成田関係東峰十字路事件とか完全に戦争だし、派出所襲撃とか文字通りテロだし、管制塔占拠とかなろう小説じゃねーんだぞ。



こんなのが終戦直後のドサクサでもなく、当時産まれた人がまだ生きてるぐらいに近い時代出来事って信じられる?

毎年のようにこんな事件が当たり前のように起きてたらそりゃ感覚は鈍ると思うが、当時の人はよく明日死ぬ不安を抱かずにいられたな。

こういうの、ちゃんと教科書に書いて近現代史として教えなきゃ駄目じゃないの?

右とか左とか興味なかったけど右傾化してるって言ってる人達が正しいのはよく分かった。

左寄り過ぎてこんな世紀末な状況なら、せめて中央寄りにしなきゃダメでしょ。

痛い

気を逸らそうと思ってテレビを見る。

その時は楽しいけど、少し期待しながら携帯を見るとなんの連絡も来ていない。

どうせ自分なんてどうでもいい存在なんだろうなと思う。

こんなに苦しんでるのにどうして誰も気にかけてくれないんだろう。

人と関わりたかったらSNSをするのがスタンダードみたいになってるけど、いざ開くと元気自慢大会から参加もできない。

毎日病気の人はどうしたらいいんだろう。

あなた方にとっては元気が当たり前かもしれないけど、こちらにとっては痛いのが当たり前なんだよ。

まあイイネとも言いづらいのかもしれないけど。

本当にはみ出してしまったなと感じる。

小林麻央さんは全くの他人なのにあんなにたくさんの人から心配されてた。

でも身近な人間である自分は腫れ物にされてる。

見て見ぬふりというか、存在してはいけないものみたいな感じ。

その感覚がわからない。わからないよー

しあわせ荘の管理人さん。とは何だったのか

背景

https://www.d3p.co.jp/HappyManager/

D3パブリッシャーから発売予定の恋愛アドベンチャーゲーム

プライヤーはしあわせ荘というマンション管理人になり、マンション管理業務を通じて住人である女の子たちとコミュニケーションをはかったり、彼女たちの生活垣間見る事ができる・・・という内容である

最大のウリはVR。VRでリアル管理人体験ができるらしい。

一部で期待されていたものの、初報から音沙汰のないまま、数日前には発売時のVR対応を断念して発売後のアップデートで"VR一部対応"と言うかたちのリリースがあった。しかし、今回の東京ゲームショウ2017のビジネスデイの取材で、ゲームメディアIGNが残酷な形で現状を記した。

http://jp.ign.com/happy-manager/17618/preview/ps-vr

現状は一体どうなっているのか?試遊してきた。ビジネスデイの時点でTwitter等で若干(悪い意味で)話題になっていたが、実際にプレイしてみると多くの知見を得られた。

しかった点

部屋の様子

例えば女の子の部屋の本棚にある本はちゃんとタイトルがあり、部屋はぬいぐるみがおいてあるとか、そういった点から女の子キャラクター性を想像させる様にできている。

顔のモデリングは意外に良い

色々と言われてはいるが、インパクトのあるモデル人間認知で最も優先度の高い要素は顔、とくに目。そういう意味では目力が強いモデル視線を感じさせられたし、目が合うと恥ずかしいという感覚はもてた。

・・・以上。

気になった点

試遊させる気が感じられない

これに尽きる。

そもそもデモコンテンツとしての体をなしているとは言い難い。想像するに現在開発できている限りのプロトタイプの冒頭部分をただ遊ばせているだけではないか

15分程度のTGS最短の待ち時間で並び始め、順番になると係のお姉さんから『15分程度です』と言われおもむろにコントローラーを渡されるが何をすればいいのかわからない。

ちなみに15分のうち、起動時の読込から操作できるようになるまでに3分程度はかかる。その後オープニングムービー流れるが、貴重な試遊時間が削られるのでスキップしたので内容は不明

"はじめから" "つづきから" というスタート画面が表示されるがどちらで始めればいいのかわからない。

自分は続きからで始めた。が、それまでのプレイヤーセーブデータ(おそらくオートセーブ)が3つくらい残っており、とりあえず一番上をえらんだ。

試遊の各回が終わるごとにPS4の"アプリケーションを終了する"からルートメニューに戻るのだけれど、その際に画面左上にPS4ストレージ容量やメモリ使用量等のPS4デバッグ情報らしきものが出力されている。これはもしかして開発機で動作している?(ゲームショウは開発機で出展するのも普通なんだろうか)

VR対応を断念した感丸出し

UI、見た目のクオリティ操作感。全てVR対応させようとしていた名残がそのままでボロボロ

VRでいうところの頭を動かしての視点操作FPS的に右スティックで行う。

移動の操作が厄介。マップ内に点々とポイント存在する。そこに右スティック視点フォーカスすると、そのポイントまでワープして場所が切り替わる。左スティックでは移動できない。左スティックを倒すとその方向に視界がスライドする。自分立ち位置が同じまま、急に身長が高くなったり低くなったり、左右に動く。これを女の子との会話中に駆使すれば、女の子の前で一人Choo Choo TRAIN披露できる。意味はない。

ある作業を実行する際には画面内にコントローラーを握ったプレイヤーの手が表示される。HMDかぶっているときに手元が把握できるようにする配慮だろうか。

会話のテンポが悪い

女の子とのコミュニケーションがメインのゲームなのに会話にストレスを感じる。会話の最中も音声データの読み込みのためか?いちいち時間がかかる。会話に対する選択肢を決定してから相手女の子が喋るまでに5秒くらいかかる。

女の子の反応がないし、何かしないといけないのかもしれないな。と思ってあたりを探るため見回していると「人と話すときは目を見てください!」と怒られる(でもちょっとかわいい

ゲームエンジン技術不足?

全体的にUnrealエンジンチューニングができていない。

というか、エンジン自体の使い方を勉強しながら作っているのか?

UnrealエンジンはVRにネイティブ対応してるから労力かけずに行けるっしょ!から炎上プロジェクトな感じが否めない。

根本的なクオリティが低い

究極的にはこれ。

VRを断念したせいでいろいろな歪が発生しているとはいえ、では逆にここから想像され得る、VR対応もできた時の本ゲーム本来理想の形とは一体?VR対応も含めて完成されたところで、実はゲーム体験レベルとしては現状とあまり変わらないのでは?という恐怖。

まとめ

・・・というような惨状。さすが、前述のIGN記事で"ふしあわせ荘を名乗れ"と指摘されただけのことはある。

ちなみにブースで配布されているうちわ、オモテ地球防衛軍ウラバレットガールファンタジア。しあわせ荘は、ない。さらTGSが始まって以来、しあわせ荘の管理人公式アカウントはD3P公式リツイートをするばかりで発言なし。沈黙を守っている。このままでは、しあわせ荘は公式からも無かったことにされるのではないかという不安感。

ある意味Simple1500時代の古き良きD3Pを思い出させるこのゲームであり、たった15分の体験で良くも悪くも心を奪われた。しかしこのままお蔵入りするなら幻のゲームとなってしまうし、ここから発売にこぎつけるなら今のクオリティではなくもう少し立派なゲームになるだろう。恐らくこのゲームを今の状態プレイするならTGSに行くしかない、チャンスは明日しかないのです。

待ち時間TGS最短クラスの15分。そしてプレイも15分。一周たったの30分。何度でも遊べる。今日は同社の地球防衛軍に比べてあまりに過疎だった本ゲームTGS二日目では一人でも多くの管理人さんが集うことを願ってやまない。

短足で細い女性を見ると不安になる

フェチから無意識に脚を見てしまうんだが

お陰で短足女性を見つけることが多い

 

短足って言うと、太くて短い短足想像すると思う

ドワーフのようなガッチリした骨太体型だ

個人的にアレは不安にならない

ただの体型パターンの一つだと思う(自分骨太だし)

 

だが、意外と世の中には短足で細脚の女性が居る

私は細い脚が好きなので、おっと思うのだが

よく見るとお尻の位置違和感がある、そして腰を見て、膝を見て、何とも言えないゾッとした感覚に襲われる

その脚で本当に大丈夫なのか?病気なのか? と、自分容姿を棚に上げて心配になって苦しくなる

なぜか知らないが、細短足女性は高確率美人

そして高いヒールを履いて、腰の位置が隠れるような服を着ている

脚が短いのに凄いヒールを履いてるので、大体歩きもフラフラになる

ちょこちょこ、フラフラ歩く

それで目が離せなくなる

細脚好き → ゾットする → 心配になる → でも細足好き この繰り返し

 

あれ、多分だけど短足じゃなくて胴長なんじゃないかな? 胃下垂とか?

直立した猫みたいな感じ

https://anond.hatelabo.jp/20170923121244

結局のところ「うちの子に声ください」って言いたいだけなんですよね

感覚理解できない」って書いてるけど、その感覚だけならまぁ理解できるんじゃないでしょうか

理屈の方は主張ありきででっち上げてるようなもんだから、その理屈理解できないってのは自然なことだし、

デレP同士でもその辺は適当に受け流すことでやり過ごしてるところはある

何時の時代感覚になるとそうなるのかはまったくもってわからないけど、

大学生バイトしてることを特殊だとか本来ありえないとかそういうことだという前提で大学を語る人ってのはなんなの?

たびたび俺が学生の時は自分バイト学費を~って(現在学費の高騰を知らずに、つまり結構上の世代)言う人がいるんだから

昔の人でも学生バイトぐらいわりとありえることだったんだろうなあって思ってたんだけど

実際大学生になってみて説教とかしてくる大人の話しぶりを聞くとその認識があまかったっていうことなんだろうか。

シンデレラPの感覚理解できないという話

アイマスの完全新作シリーズが発表され、現在声優オーディション中とのこと。

で、その発表があってから

「新作に声つけてる暇があるなら、シンデレラに声つけろ!」

という意見をよく見かけるのだが、自分シンデレラPではないせいか

どういう思考を経てこの発想が出てくるのかがよくわからない。

これはつまり彼らは

シンデレラに全員声が付くまで、アイマスは一切ボイス付き新作を出してはならん!」

と言っていることに等しいわけだが、それが彼らの間では割りと一般的認識のようなのだ

(昨日今日Twitterなりを「アイマス オーディション」等で検索すればチラホラ出てくると思う)

そうはいっても、シンデレラCV無しアイドルはいまだ100人以上いるわけで

その全てに声を付けるまで他は待て、というのは正直現実的ではないと思うのだが

何故か「それが筋である」とばかりに訴えている意見が多いようだ。

自分にはその正当性根拠がわからず、困惑してしまった。

それこそ、運営側が「シンデレラに全ボイス付けるまでは、他のシリーズオーディションやりません!」

宣言でもしていたのなら話はわかるのだが……近いことを言ってたのだろうか?

しかしたら、まさにその100人以上CV無しが残っている、ということが

彼らにその意見を言わせたのかもしれない。


  いつまで経ってもCVが付かない

   ↓

  CVが付かないのは運営がサボっているか

   ↓

  ボイス付き新作を出すのはサボりである


うーん、さすがにこれは違うか……? わからん

よく考えたら、そもそもシンデレラPではない自分には

CVが付くのが遅いという実感がなかったので、そこからして認識がズレている気がする。

「あー、またシンデレラPが悲喜こもごもして楽しそうだな」と

しろ頻繁に声がついてるように思っていたくらいなのだから

現在6周年でCV付きアイドルが約70人。

ということは計算上は、1ヶ月に1人くらいのペース。

そう悪くないように思える。

オーディションだって、そんな簡単にぽんぽんできるものでもないのだろうし。

来た人の中から10人、20人どんどん受からせて声さえ付けば良い、

という方式で良いのならまた違うのだろうけども。

まぁ、初期からやっているCV無しアイドル担当は、

もう6年待っているということだから、そう考えると確かに遅い。

残り100人以上で1ヶ月1人ペースだと全員にCVが付くのは……うん、こりゃ遅いわ。

からなくはない。

からなくはないが、それはシンデレラ自体の人数の多さの問題であって

新作にCV付けることに文句をいうのは、自分にしてみると筋の通らない話に思える。

あくまで外から見ての疑問なので、おそらく自分にはわからない

シンデレラP特有の要因や事情があるのだろうが……なかなか難しいね

anond:20170923041037

その感覚ちょっと分かります

日常的な風景とか景色とかが急に特別に見える瞬間ってありますよね

自分は感じるだけで書きとめたりもしないから、投稿者さんのそれを表現したいって気持ちがすごいなって思うし、好きな文章です

その歌聞いてみます

2017-09-22

anond:20170922230653

お前のほうがすげーよ

それだけ支離滅裂なのに一切その自覚がなく他人に絡みまくってるんだから

薬物治療して病識が出てくれば少しは「恥」という感覚も出てくるだろうよ

もう嫌だ隣の席にしないでほしい

どうしてもこの人が隣の席になると調子が狂う

隣じゃなければ問題ない

隣の席だとその人の管理者である以上一寸のミスもすべきではないって圧がすごすぎて感覚おかしくなる

しないはずのミスもしてしま

本当に嫌だ

隣にするのだけはやめてくれ

痛風が現時点で発症しかけてて困ってる

うんこ漏らしたい

子供の頃に味わったあの感覚を今再び

anond:20170922122331

ランドセルごと忘れた事もある元忘れ物常習女子です。

忘れ物常習犯としては、物は「消える」感覚

入れても入れても消える毎日を送ると、「お母さんと確認した」という記憶があっても、それが本当のことかわかんなくなってくる。

だって入れた記憶が本当なら、物はそこにあるはずなんだから。でも実際今ここに物はないんだから

その状態先生に「忘れたの?」と聞かれたら「忘れた(って事だと思います)」と言っちゃう

もし「無くした」って言ってクラス中大捜索とかになったら、家に帰って物があった時みんなに怒られるから

それで家に帰る。

するとお母さんに「入れたでしょ」って言われる。顔も怒ってる。実際物もない。

それで改めて「ああーやっぱりお母さんと確認したあの記憶事実だったのかー」と反省して

「入れたけど無くした」と言いなおす。

言いなおすけど、本当にどっちだったかは、自分ではわかんない。マジでごめんなさい。

解決策】

大人になったらだいぶ改善されたけど、それまでに一番役だったのは

「全部紐でつなぐ」作戦

「部屋を出るとき(電車を降りる時)は必ず振り返る」作戦

紐でつなぐのは今でも手袋の左右とか、財布と鍵とかやってる。

ちょっと恥ずかしいけど、繋ぐと消えなくなった。つないだもの丸ごとなくす事もない。ふしぎ。

部屋を出る時振り返るのは、

部屋を出る時に、部屋を入る時何を持っていたか忘れていても

「振り向いてそこに自分のものが残っていれば自分忘れ物」というシンプル法則でチェックできるから

そんなかんじの、記憶力と注意力に一切頼らない(←重要)予防と事後チェックで防ぐ感じです。

今の時代なら荷物を用意した時点でスマホ写真撮っておけば、入れ忘れか紛失かの切り分け自体学校でもできると思ったけど

小学校スマホはむりか…

【お母さん増田さんへ】

小さい頃は親にすっごい怒られたし、すごく悲しかったし

自分のことは出来損ないだと思えてとっても辛かった。ぶっちゃけ自分のことは人に迷惑をかけるために生まれ邪悪な何かだと思っていた。

昔は発達障害っていう概念もなかったし。私の母も苦労したと思う。

でも悪かったのは私じゃなくて私の脳みそADHD傾向)って分かって吹っ切れたし

今は上記の解決策も得て何とかやってます

ま、何とかなりますって!

でもせっかく今の時代なんだし、吹っ切れるの大事だし、発達障害の診断うけさせてあげてほしいです!!!

違ったら違ったでまた手の打ちようがあるだろうし!!!

しかしあの頃無くしたものはどこいったんだろうか…

https://anond.hatelabo.jp/20170922174920

○んでほしい。

いや、なんか、久々にすごいレベルの高いのろけを見せつけられて、久しく忘れていた憎悪感覚が全身を駆け巡っている。

書く事の効用

オンラインオフラインわず自分が考えてる事を書いておくってやっぱ大事だね

文章にする過程自分の考えが纏まっていく感覚があるし、後でこの時の自分はこういう考え方してたんだなぁと振り返る事もできる

変わっていないと自分では思っていても気付かないうちに少しずつ考え方が変わっている事を実感できる

ネットに上げた文章に反応が付くことは稀だけど、付いた時は賛同であれ批判であれ色々と参考になる

自分が見落としていた視点に気付くこともあれば、どう考えても自分では理解できない思考をしている人がいるという事を知る事もある

リアクションを返してくれる人達はそれがどういうリアクションでもありがたいもの

anond:20170922134040

俺の記憶だと2010年あたりからアメリカ企業でなぜか本名個人情報オープンの流れがきはじめたね

それでユーザーの反発を受けると非公開設定できるようになったり

個人情報を公開しないと使えなかった機能が非公開でも使えるようになったりするみたいな騒動が色んなとこで起きてた

多分フェイスブック提携して何かするための布石としてこういうことが行われていたんじゃないかって思うけど

日本人的なネットに対する感覚だとかなり奇異な現象に映るよね

教育への公的支出をして欲しくない人もいるんじゃないか

要は公的支出って税金投入でしょ

お金持ちにとっては元々自前で高いお金払って子供に良い教育を受けさせてる人が多いだろうから感覚的には余所の家の子供の教育費を払うってことになる

外国は知らないけど日本だとお金持ちほど保育園とかも含めて子供育てる際の優遇措置を受けられない傾向にあると思う

当たり前のことだけど貧乏人とお金持ちなら間違いなくお金持ちの方が税金をたくさん払ってる

節税しようが脱税しようがそれは変わらない

お金持ちにとってはなんで貧乏人の為に税金(=自分達の金)を使わないといけないのかという感覚の人が結構いるんじゃなかろうか

アメリカだとそういうのが原因でお金持ちだけが住める街を作ったって話があったよね?

程度の差はあれど日本もそういうところはあると思う

税金が広い範囲の人に使われる事によるメリットは確実にあると思うんだけど、実感を得にくい人がいるのも確かだと思う

たくさん従業員を雇ってる会社社長さんなら公的教育の質≒社員の質ってところがあるから多少実感はあると思う

でも投資や株で大儲けしてお金持ちになった人は公的教育の質を上げる事のメリットって実感しにくいと思うんだ

だって直接自分利益に繋がるような話じゃないし、こういう人は日本ダメになったら外国にいけばいいやって思ってると思う

実際はそういう人達だって教育インフラといった税金恩恵は受けているし、外国に逃げるってそこまで簡単じゃないと思うけどね

貧乏人でも公的教育の充実に批判的な人もいると思う

自分経験から高度な教育生活に役に立たない、生活に直結する技術知識を学ぶ事が良い教育でそれ以外は枝葉って思ってるタイプ人達

それとは別に高等教育メリット理解していて、高度な教育を受けた若者社会に出てくることで自分達の席が奪われるんじゃないかという危惧を持ってる人もいると思う

前者にとっては税金公的教育投資するくらいならもっと自分達の生活向上に使って欲しいだろうし、後者にとっては自分が払った税金自分を追いやる人材を育てているという感覚になるだろう

こういう人達視野が狭いと批判するのは簡単だけど、人間って誰しも自分が見える範囲の事しかからない

から公的教育の充実させたいのであればそのメリットもっと積極的に訴えていく必要がある

この手の問題解決必要なのは批判ではなく説得だと思う

大半の人は税金の使い道を自分で決めたいのではなく、使われ方を納得できる理由が欲しいのだと思うから

彼女にフラれた

彼女にフラれた。

先月21歳になった僕は、誕生日を迎える2日前に「別れよう」といった旨の長文メッセージを受け取った。そして今日、"正式別離"が相互に了承された。以下は、別れを告げられてから今日までの鬱々とした日々に散々思考し散らかした自己分析を綴る、ただのマスターベーション日記である

---

友人の友人から繋がり、遠距離恋愛での付き合いを始めたのは去年の冬頃だった。社会人一年目の彼女は、ある程度の遊びは経てきたという大人の余裕を匂わせつつ、一方では学生感が抜けきらないのか、社会翻弄されつつも理想を見つめる、等身大の素朴さを感じさせた。友人宅の飲み会出会った彼女の、その妖艶な魅力と純真さのバランスが僕にとってドンピシャだったようで、出会って数日で告白をした。最初ネタだと思われてサラリと流されていたのだが、その熱意が本物だと伝わるには一ヶ月もかからなかった。

東京大学に通う私と、大阪企業に勤める彼女の間に広がる"距離問題"を解決するには、ライン電話を多用することとなった。毎日連絡するなど今までの付き合いでは考えられなかった僕だったが、現実問題として立ちはだかる"距離"を目前にして、情報距離圧縮する手段に頼らざるを得なかった。しかし思ったよりそれは苦ではなく、バイトからの帰路の20分に電話をしたり、帰宅したらゴロゴロしながらラインを打ったりなど、段々と生活の中に溶け込んでいく感覚があった。最初20分だった電話も、敢えて遠回りして1時間にしたり、朝までラインが続いて翌日死にかけながら学校に行ったり、コミュニケーションを取る時間けが指標たるべきではないのだが、それは僕らに確実に愛を感じさせていた。

また、直接に会う機会も月に一度は必ず設けていた。どちらかがどちらかの場所へ。次の月は逆方向で。と、よくある遠距離恋愛パターンである。金のない僕らは夜行バスを使ってお互いの家を行き来した。8時間眠ることが出来なければ非常に辛い環境の中、互いのことを思ってバスに揺られるのであった。その時間さえ、貴重に思えたのだった。

とある夜、彼女東京に来た日だった。自宅周辺の飲み屋を何件かハシゴし、ある程度知性が無くなりかけた頃合い、彼女帰宅早々布団に潜り込んで寝始めた。片道8時間の移動に疲れていたのだろう。僕はなんとなくぼーっと起きていて、眠くなるのを待っていた。少し経つと、突然彼女携帯が鳴り響いた。男性名前での着信だった。酔いに任せて、というと自己弁護臭くなってしまうのだが、いいやーと思ってそのまま電話をとってしまったことが、全てを狂わす元凶となったのだと、今になって思う。

もしもし?」

電話の向こうの男性が声を発した。彼以外にも何人か後ろにいるようで、様々な雑音が聞こえる。

それに対して僕は黙って耳を澄ませていた。

「今から○○と家いっていい?」

僕は黙る。向こうも酔っている。却って冷静になる。

「あれ、なんも聞こえねー。もしもし?」

「男といるんじゃねーの?」

「じゃあなんで出たんだよww」

「…」

電話こちから切った。会話を聞くのがしんどくなったから。

男たちは彼女のどういう関係なのだろう?

男たちはあの子彼氏がいるという事実を知らないのだろうか?

彼女の家には頻繁に男が出入りしているのだろうか?

僕は彼女私生活を全てを知っていると思っていた。何故なら、毎日連絡を取り合っているから。しかし今まで男が出入りしているなんてことは一度も聞かなかったし、疑ってすらいなかった。この時から彼女に対する猜疑心が少しずつ芽生えるのを、それを認めたくない気持ち拮抗しつつ、感じ始めていた。

その日のことは彼女には告げなかった。彼女は全て開示しているようで、そうではなかったからだ。心の最終的なパーソナルエリアまで僕が触れることは、ついになかった。そして電話に出たという事実彼女のその領域を侵すことになると、僕はどこかで気づいていたようなのだ

しか猜疑心侵食は止まらなかった。連絡を取るときはどこか監視的な意味合いを込めた言葉をつかったし、何をしているのか、何処にいるのか、誰といるのかが気になって仕方が無くなった。夜に突然連絡が途絶えると不安になった。そんな日の翌日には、連絡をしなかったことを咎めた。友人と遊んでいるなら遊ぶ前に連絡をしてくれ、と。彼女はごめんと言いつつも、最終的には同意をしなかった。それに対しても、謝るなら直せ。納得できないなら言うな。といった言葉を浴びせ続けた。そんな状況で彼女が怒ることは稀だったが、その時には信頼されていないのが辛いと訴えていた。自由を得るにはまず信頼を勝ち取らなければならないと、私は信じているのだが、その順序の認識が僕らの間では相違していた。しかしこの時点で既に僕が彼女を信頼することは、支配すること以外には不可能だっただろう。

私の未熟は、幾つもあるだろうが特記すべきは、支配することで人間関係コントロールしようとしたことだ。今までの彼女との付き合いを考えると、支配的な関係を築いてきたように思える。

しか彼女は違った。彼女にとって、人に支配、被支配は無いのだ。だからこそ無条件に信頼してほしいと訴えていた。そんな彼女の"素朴さ・純真さ"に惹かれたのは、僕自身支配的でありながらも本当は"非支配"を望んでいるからなのかもしれない。僕の続けてきた俗な人間関係よりも、彼女のような純粋な付き合いを求めていたのかもしれない。

それに気づいた時、涙が止まらなくなってしまった。単純に惜しいという気持ちと、僕のわがままに長く耐えた彼女のことを思ってだ。

しかし僕がそれに気づけたのも、彼女が耐えかねた瞬間の感情の発露によってだった。すでに、手遅れであった。

---

男は元カノの成分で出来ている、といった記事が少し前に話題になっていたが、僕にとって彼女は紛れもなく僕の一部になった。滅茶苦茶に傷つけておいて、学びになったというのもおこがましい限りであるが、僕は彼女にフラれて、一つ大人に近づいた。

福島風評悪化させているのはマスコミでもデマでもなく廃炉問題

坂村健の目:被ばく影響、科学界の結論」という記事はてブでは人気のようだがこれはそんなに良い記事だろうか?

福島について人々が不安を口にするのは「一部の専門家といわれる人」や「マスコミ」に責任があるというきわめて乱暴な論であり、「ネットでは、この報道の少なさに違和感を覚えるという多くの書き込みがされている」という詭弁テンプレのような表現まで使われている。

震災から6年半を経てなお福島に対する悪印象が消えないのは、廃炉問題が定期的に悪いニュース提供し続けているからだろう。

期間は何十年、費用は何十兆円かかるかもはっきりせず、震災当日はおろか現在の炉の内部の状況すら完全には把握されていない。メルトダウンした核燃料の取り出しはおろか、凍土壁による汚染水の閉じ込めすらうまくいっているか不明という状況だ。

防護服を来た作業員映像を見るたびに、我々は今現在自分たち国土には汚染された部分があるのだということをはっきり自覚させられるし、数々の報道は現地の労働環境下請け構造が決して健全ものではないことを物語っている。

日本の誇りであるとされたロボット技術も炉内の過酷環境下では通用せず、投入されたロボットたちは次々と倒れていった。

アンダーコントロール」や「東北でよかった」といった政治家たちの失言も、福島に残された廃炉という課題日本指導層がいかに軽視しているか強烈に印象づけた。

こうした福島に関する報道を目にするたびに、私たちは自らの恥部を大写しにして見せつけられているような気分になるのだ。安全対策提言企業組織無視しなければ防げた事故、二転三転する廃炉プロジェクト管理汚染された国土労働の不健全な受注構造科学技術大国日本凋落言葉の重みを理解しない政治家、こういった日本という国の恥部の数々を凝縮して次々と我々の前に突き出してくるのが福島廃炉問題なのだ

フクシマ」というカタカナ表記が気に入らない人々が多いようだが、英語で fukushima と検索すればトップに出てくるのは街についてではなく事故についてだ。日本国外では福島はもはや地名としてではなく、チェルノブイリスリマイルと並んで原子力事故を表す固有名詞としての意味合いの方が強くなっているのである日本語での表記を行う場合に、通常の意味での「福島」と、特に汚染された地域を表す「フクシマ」を使い分ける意味があるのかは書き手読み手感覚問題として残るが、後者の方がより意味が絞られ情報量の多い単語であるということもまた事実である

どれだけデマが流れ、マスコミ誤報を流そうが、仮に現在福島に何も問題が残っていなかったとすればそれは時間解決する問題である。どれだけ時間がかかろうが事故歴史の一部となり、人々は福島についていたずらに不安を口にすることもなくなるだろう。

しか現在も我々の国土には回収不能な核燃料の塊を内部に抱えた福島第一原発が依然として存在している。福島について人々が口にする不安は、6年前の記憶に基づいたものではない。それは今起こっている出来事についての不安なのである

anond:20170922002457

貴方は全く異常では有りません。極々普通女性感覚をお持ちです。

彼氏が欲しい」「結婚したい」と女性が言っているのは、社会から圧力の結果でしかありません。本当に内的欲求に基づいて男性を求めてる人なんてめっっったに居ません。

あなたは「女性若いうちの結婚を求めるべし」という空気に負けず、自分幸せを掴んでください。

2017-09-21

カチカチ山ってほのぼの絵本テイストで語って

いい内容なの?

強盗殺人犯罪人の隠喩と思わしき猟奇的性質のタヌキの存在

油断によりタヌキに欺かれ結果お婆さんが殺害される凄惨悲劇

全く利害関係がないのにただただお爺さんと正義のために危ない復讐行為に身をていす勇気あるウサギ

もっと内容にふさわしいハードテイスト

たとえば映画グラディエーターくらいの感覚演出されるべき作品じゃないのこれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん