「現代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現代とは

2018-08-22

anond:20180822121518

流石に小津安二郎は語られていた
そして「万引き家族」が現代東京物語だと書かれてた、ふへぇ

映像美はともかくこの監督「誰も知らない」ってあまりにお綺麗娯楽過ぎてムカムカしたんだが
急に普遍的もの描くようになったのやろか

今の日本人って40歳以上くらいか民度急に下る傾向にある気がするんだけど

まず迷信を平気で信じ、その迷信を平気で押し付ける。これが非常に非常に多すぎる、ありえない。この時点で「人それぞれの価値観」というもの理解してないし、「客観科学」という基本的な考え方も理解していない。これだけでどんだけ話が通じない人になってしまうことか…。アレルギーというもの理解せず、肝臓病というものもわからず、つまらないのに平気で酒を押し付け、『今の若者根性がない』などと古く間違った価値観を未だに正しいと信じていて現代価値観の進展をいつまで経っても理解できず、ひどく主観的説教を繰り出し、枚挙にいとまがないよぉ。

20代になるとだいぶそういう人減ってくるんだよな。ネットで大量の正しさ、論理言語化されて共有されているからかな。もちろんゴミクズも大量にいるけど。

anond:20180822084030

横だけど、1000年前の十字軍の恨みを忘れず今でも西側を「あいつらは現代十字軍だ」と名指しするISとかヒズボラとか他アラブ諸国ってすげえ男らしいよね。

この違いは何なんだろう?

2018-08-21

現代疲れた人たちにublockマイフィルター

! 発言小町遮断
##a[href*="komachi.yomiuri.co.jp"]

みたいにドメインの一部だけ、もしくはそのリンク内のURLに入っているもの例えばジェンダー関係うざいと思えば

##a[href*="ジェンダー"]

でもいけます

これやるとGIGAZINEヘッドラインニュースって本当に内容がないよう

あとはてブも楽しくなりますね。

匿名のアホ記事ストレスマッハになってやばいとか言わなくていいのは大きい。

anond:20180820142528

昔の映画館の汚さは現代公衆トイレを遥かに凌いでいたので、女性はなかなか寄り付かなかっただろうし男性でもよほど映画好きか周りを気にしない人しか行かなかったのでは。

anond:20180821120459

オリンピックに罪はない

この前提からして既に検討余地があるように思う

現代の過度に商業化したオリンピックに関してはね

anond:20180821104711

まあ、精神病院は行ったことない人が大半なのだからこそ締めに精神病院使えばチープになるよな。

なんか「スーパーハッカーキーボード滅茶苦茶叩いてシステムハッキングした」みたいな演出よな。

そこらへんは確かに精神崩壊精神病院作品は今どき見ないわ。

ちゃんとした作品精神崩壊させてもそれっぽいコミュニティかに入れるとか現代ナイズドしてる。

anond:20180821103825

あー、ヤクザものに近い感じの作品で殺せない代わりに精神崩壊とかそんなんか。

最近だと漫画カバチなんかで見たな。それまで矍鑠としていた老人だったのにいろいろ事件が重なった挙句敗北して痴呆老人化…みたいなの。

でもまあ、現代としては寧ろそっちの方がリアリティあるんじゃねえのかなあ。

ウシジマくんの最初エピソードもそうだったやろ。

また繰り返される甲子園の闇

きょうの甲子園大会決勝戦は「金足農業」対「大阪桐蔭」。

金足農業東北地方公立高校で、みんな地元中学校出身。かたや大阪桐蔭は、中学ですでに有名プレーヤーである子どもを全国からスカウトして集める現代高校野球象徴私立高校

そりゃどう考えても金足農業応援したくなるのは理解できます

ピッチャー吉田くんのボールを見てると、惚れ惚れするようなきれいなストレートで、本当にいいチームだなって思いいます

でも、、、でもなんです。

吉田くんは地方大会からずっと一人で投げ続けてます

日本高校生の野球特に夏の甲子園大会において、ずっと『ピッチャー酷使』が問題となってきており、100回のメモリアル大会では延長タイブレーク方式という新ルールも出来ました。

近い将来には、球数や回数などの投球制限もできるかもしれません。それによって「感動が薄れる」とか、「逆に軟弱になる」なんて言われるかもしれませんが、本当に選手の将来を考えての現段階での救済策であると思います

事実日本以外の国からは、日本甲子園大会でのピッチャー起用方法に関して『クレイジーだ』と言われてますピッチャーの肘や肩は消耗品であって、ケアすれば連投しても大丈夫というものではありません。

最近、やっと日本もそういう考えを取り入れるようになってきたのに、100回のメモリアル大会において、旧来の連投によるピッチャー酷使が「ザ甲子園」のような美談で語られ称賛されるのは、どうしても納得がいきません。

そのような矛盾している現状を見ると、正直気持ち悪い国民性だとさえ感じてしまます

吉田くんの体を心配しているスポーツ解説者絶対にいるはずですが、周りの空気に流されて、そのようなネガティブコメントで水を指すようなことをしません。

日本マスコミ責任は大きいですが、それに流される日本人の文化国民性もどうかと思います

『悔いを残さず全力プレー』というのは、将来を犠牲にしてまで行うものではないということを、大人が教えるべき良い機会であると強く思います

2018-08-20

anond:20180820191103

そして大概の演者の表情や抑揚は普通人間よりどこかオーバーものとなってしまう。

平田オリザ現代口語演劇理論を展開するときによく言及してるんだけど、そもそも↑みたいになるのも欧米式の演劇理論咀嚼せず輸入したせいだそうな。

守旧派演劇人的には、現代口語演劇の影響を受けた大学生とか若い劇団員のボソボソしゃべるみたいな演技のほうが大根っぽく見えるらしいけどね。

はてな議論レベル

人間は考える葦である

後白河法皇がハマってたという「今様」、”現代風の流行歌”って意味らしいんだけど今様保存会みたいなのが実演してるのを聴いても普通長唄じゃん?何がちがうの?ってなる。

今そのへんのオタクたちがハマってるアニメも500年後とかに見返されたら、今の我々が能とか神楽を見た時みたいな感覚を覚えるんだろうか?

anond:20180820153150

レディースデーも元は痴漢防止だったらしいね

現代なら女性専用日を用意するんだろうが、昔は流石にそれじゃ採算が取れない(ほどに映画を見る女性は少なかった)、

でも女性が多い日を設定する事で女性安心して映画を見られるように、と言う意図があったそうで

ソースなし

anond:20180820152912

既にレディースデーがあるけどな

レディースデーも元は痴漢防止だったらしいね

現代なら女性専用日を用意するんだろうが、昔は流石にそれじゃ採算が取れない(ほどに映画を見る女性は少なかった)、

でも女性が多い日を設定する事で女性安心して映画を見られるように、と言う意図があったそうで

自動車とか発電用タービンとかの熱効率って理論的上限が決まってて、カルノー定理という熱力学史上に燦然と輝く理論から説明できるんだけど、

カルノーがその定理を著した1824年当時って、まだ現代的な意味での熱の概念が定まってなくてカルノーを含めみんなカロリック説を信じてたんだよね。

そもそも熱と電気って、摩擦熱と摩擦電気(下敷きをセーターで摩擦すると静電気たまる)とか、熱流と電流とか、共通点が多いんだけど、

電気の方は電荷を担う粒子(電子)が存在することがわかったのに、熱の方は熱を担う粒子(カロリック)は存在しないっていうから、当時からその違いを見抜くのはすごく難しかったはず。

この例からも分かるとおり、retrospectには些事なことでも当時としては必ずしも自明ではないし、後から間違っていることがわかった理論でも、それが科学の発展に必ずしもマイナスとなってるわけじゃないんだ。

anond:20180820124912

そういう素朴な疑問や驚きを持つことは、何かを学ぶとき動機付けとしてとても大切なことです。

科学万能主義現代にあっては、科学歴史的に如何に今のような地位を築いてきたか分かりにくくなっているから尚更でしょうね。

個人的には、山本義隆科学史に関する著作(「熱学思想の史的展開」とかあたり)をおすすめします。

熱学思想の史的展開〈1〉熱とエントロピー (ちくま学芸文庫):Amazon.co.jp:本

進歩主義のホイッグ史観いか過去歴史を眼差す視線を曇らせるかが分かると思いますよ。

anond:20180820115448

現代日本人女性を全員産む機械にする」よりは遥かに現実的ですぐ実現可能だぞ

さあやってこい

ネット迷信

検索してはいけない言葉

おじろく おばさ

トミノの地獄

単におかるとちっくなだけ、あと、疎外された人間に対しての哀しみ、同情。

人権問題でもある。現代日本について再検討必要

http://dakahi.com/blog/ojiroku-obasa#comment-14691

詩季織々」という映画

映画単体でみてもそれなりにおもしろいが

仕事中国と関わったり、中国人と深く仕事をした経験があるともっと深く考える映画だと思う

いま、中国企業はすごくパワーがあり、一人ひとりの能力もあがっているし、集団雰囲気もよくなっている

それが、こういう映画製作という文化の面でも現代中国の事を描けたりするように強くなってきているし

こういうのがまた、相乗効果を生んで、強さだけでなく、よりよい中国になっていくうねりがある

中国政府への批判は多いけど、中国人のパワーや中国という土地の魅力はとても強くなってるのを感じる映画

2018-08-19

なんで大河などの昔を日本舞台にしたドラマが嫌いか考えた

ドラマ大好きなんだけど大河とか戦国ものとか水戸黄門系とかがどうしても肌に合わない。

何でだ?って考えてた。

ジェンダー観や価値観現代にそぐわなすぎてイライラするのかも知れん。

あと大河は画面のチープさが気になる。


年配の人が好むものだと思うが年配だとそのあたりの価値観が合うのだろうか?

星の王子さま問題を書きたいのかファシズムを書きたいのか

関係のない話をさも関係がありそうに混ぜるという【宣伝】をする人


https://hbol.jp/172998

ハーバービジネスオンライン > 社会 > 「星の王子さまバオバブ騒動象徴する「モラル劣化

星の王子さまバオバブ騒動象徴する「モラル劣化

主張に賛成するかしないか別にいいんだけど、嫌な記事だなというのが正直なところです。

文体乱暴なのはまだいいです。

最初は「星の王子さまバオバブ」の問題に書いているし、タイトルもそれなので、記事趣旨はこれだと思って読んでいくと。日本におけるファシズムという、星の王子さま関係のない話が始まります

 昨今の日本は、耳を澄ませばファシズム足音が聴こえてきます森友学園加計学園問題代表されるように、総理大臣のやりたい放題が目立つ時代になってきています官僚の人事も自由に決められ、安倍総理を守るために嘘をついた人が露骨出世する時代になっています

ここから、話が続き、LGBT憲法等のキーワードが登場します。

私は星の王子さまを知らないけど、1943年アメリカ出版された小説現代日本社会のことが登場するわけはないし、騒動無関係に単体でオリジナルの中身を論じる必要もないので、関係のない話が記事で書かれているという事ですよね。



このように、あるキーワードを使い、関係のない話をさも関係がありそうに混ぜるという【宣伝】をする人は昔からまれに見かけました。

有名なところでは、朝日新聞2006年の記事にあった、「そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的に増えているという事実も、多少気になるところだが」 が挙げられます

関係のない話を混ぜることで、Aの話題に興味のある人に別のBという話題を読ませることが出来ます

Aの話題投稿するトピックに対してBという話題を一緒に無理矢理投稿できます。無理矢理なので注意を受けることは多いでしょうが


星の王子さま問題日本の情勢についてどのように評価するかは自由ですが、別の話なら記事を分けるべきではないでしょうか。

勿論、他のことに触れたか宣伝だというわけではありません。そんな事を言い出したら、例えも出来ませんし、関連のある事を紹介もできません、読みやす記事が逆に書きにくくなります。関連度や量や触れ方等総合で見る必要があります

今回の例でいえば、現代日本について扱った記事の中で、星の王子さまに触れ、バオバブ木の芽ファシズム象徴である事、星の王子さまが芽を抜いている事に触れ(導入部分なので、もちろんさらっと簡単に。星の王子さま面白さを説きたければまた別の記事で行う)、そこから日本ファシズムの芽抜きに話を展開していけば自然に書けると思います

もう一つの案は、最近筆者の気になることを幾つか挙げるという主旨で一つの記事を書く事です。

1 星の王子さま騒動

2 最近日本ファシズム

3 何々

このように、記事内で見出しを付けて分ける案はどうでしょうか。


少なくとも、今のような書き方は見苦しいと感じます

※このような観点で、話が脱線しないように記事を書いたつもりでしたが、これで読みやすかったでしょうか?

現代慰安婦問題とは何なのか?

想像だが「絶対解決しない問題」だからアレだけ注目されて持て囃されているのではないだろうか

社会問題」というものは、何とは言わないが色々都合がいい存在

しか問題というものはいしか解決してしまもの

その点、現代慰安婦問題デッドロック状態で、無茶をしない限り解決しづらいものになっている

これを用いれば、無限日本政府(や韓国政府すらも)叩けるし、政治的カードになり得る

そういう部分が一部の人らにとって魅力なのではないだろうか

 

類似捕鯨問題

anond:20180819153118

そもそも「ブスと結婚」というのが最悪の未来という時点で現代感覚からすると外れてるよな

anond:20180819151149

東123/456いくつ分か大戦期の正規空母何隻分か現代軽空母何隻分かで表してほしい

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん