「現代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現代とは

2017-10-22

他者のモノ化」における他者支配・非支配人間関係について

https://anond.hatelabo.jp/20171022215710

更に追記

この記事をみて、何となく感想

現代の対人関係においては、人間関係が対等なものから支配・被支配的な関係シフトしつつあるのではないだろうか

かつて、家父長主義が敷かれていた我が国では

家長がその家庭を所有し、全権を担っていた

時は流れ、男女差別撤廃とともに、夫婦は同権ということになった

しかし、現代においても人間関係には他者をモノ化する性質が依然として残存しているのではないだろうか

誰かを飼育したり、奴隷として所有したり、異世界に行って他者自分賞賛する機能として所有したり

そうした創作が持て囃されるのは、未だに日本人碇シンジ的な心性から抜け出せていないことの現れだろうか

https://anond.hatelabo.jp/20171022214742

追記の追記

他者とのつながりが自我の基盤だった時代など、当の昔に終わっている。誰もがシステムに見守られ、システム規範に沿って生きる社会では、人の輪なんて必要ない。皆小さな独房の中で、自分だけの安らぎに飼いならされているだけだ。

PSYCHO-PASS」の世界観現代日本で受けたのは

そのストーリにおいて「自己決断機械(シビュラシステム)に任せ、自己に決定・決断放棄した時に何が起こるのか」というテーマ

一見すると思考実験的な仮想性を持ちつつも

その実、現代社会における個人主体性問題と深くリンクしていたがために現代オタクの興味関心を惹いたのだろうという自己的な指摘をしておきたい

結局、現代においては「透明な存在であることが求められてしま

人は人と付き合うのではなく、機能と付き合うようになる

「”運命果実を一緒に食べよう”と言ってくれる誰か」はこの世界には存在しない

からこそ、僕らは「落とし穴の中で幸せそうにしている人が描かれた物語」を読みたくなる

狭い二者関係の中で起こるテンプレート化された会話劇ですら、この世界には実在しないのだから

僕らが求める対人関係という“真理”は実在しない

それは吊るされたニンジンに過ぎず、世界神様人間に興味がない

アニメシリアスがあると見たくなくなる人々」について

寓話理想郷ユートピア)」

神様は、一部の人間に理想郷を与えることにしました。

まずは、外の世界から隔離した場所を造り、そこへ人間達を住まわせます

人間食べ物不自由しないよう、

飲むだけで空腹が満たされ、若さを保ち、健康でいられる”湖”をつくりました。

その水は、人間だけでなく、植物を潤し、空気もきれいします。

身体にかけるだけで、汚れが取れ、傷が治り、とても良い香りに包まれます

また、法律を無くし、自由に生きられるようにしました。

気候は常に心地よく、衣服必要ありません。

働く必要も無く、病気にもならず、男女は誰とでも交われます

人々は、この理想郷感謝し、生きることを楽しみました。

しかし、何ヶ月か過ぎると、人間達は不満を持つようになりました。

それは、人間が持つ、妬みや嫉妬からまれ感情でした。

神様は、人間から男女の種別を無くし、その原因を取り除きます

そして子孫を残せない代わりに、永遠の命を与えました。

暫くすると、また人間から不満の感情が現れます

調べてみると、綺麗な者が醜い者を虐げていました。

神様は、表面の差異を無くし、人間の形状を均一化します。

これでやっと、人々から不満の感情が消えました。

暫くして神様理想郷を眺めると、人々は皆、あの湖にプカプカと浮き、じっとしていました。

それは神様にとって、とても綺麗で完璧理想郷でした。

出典:StudioGIW「VAZIAL SAGA」より


https://anond.hatelabo.jp/20171022210553

少し追記する

人間歴史自然の克服である、と誰かが言った

それはつまり効率への志向である

人を鍛えるよりも、道具を作る方に人間進化してきた

人間の英知とは、自身で出来ることの増加ではなく、環境を変えることへの志向からまれ

「誰が行っても同じ結果が出る」は科学原則である

それは裏を返せば、個人でできることの減少である

はいくらでもある

利便性効率の追求によって、職人は消え、仕事は消え、人は人と仕事をしなくなる

人は欲求阻止体験を抱え込むことから解放されつつある。しかし苦悩場面を体験しないで済むということは当然その時発動される自我防衛・工夫などの鍛錬をしないことに通じる。

人は言葉を使って考えることで世界を内的に再構成すると言われるが、欲求満足や快感保証される社会では、個人はそうした作業負担を免れる。人格はその構成拡散させたままでも生存できる方向に向かっており、人は欲求とその満足というパターンを得ているうちは良いが、そうでない時には著しく脆弱な反応を見せる、「考えない」存在になっていくことが懸念されるのである

事実、対人関係だけはこうした欲求一満足という即物性を欠いている(人をモノ化した際には成立するが)。

現代人に残された難物がコフートの言うように周囲の人間との関係性に悩むことであるかもしれず、またそれも情報機器の助けによって容易に自己完結的な引きこもりへの道が用意されていると言えよう。

出典


この「人をモノ化した際には成立する」というのが、今の日本で行われつつあるのではないだろうか

「現代のオタクは少女をどこまで「破壊」すれば安心するのだろうか」で書いたように

キャラクターとはそもそも人間性破壊しモノ化した対象を指す

また、現代における現実人間関係そもそも葛藤回避である印象もある

お互いに不快な思いをさせないよう、生ぬるい表面的な関係とやり取りに終始する傾向にあるのではないだろうか

その反動としての「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」や「とらドラ!」の存在が持て囃される一方で

アニメシリアスがあると見たくなくなる人々」が居るわけで

彼らの世界には葛藤はなく、それを表現した作品への希求はなく、ただただ苦痛体験アニメ媒体を通して追体験させられているように感じられるのではないだろうか

そこにきて「Re:ゼロから始める異世界生活」において主人公が陥るような自己肥大自己嫌悪といった葛藤に直面化させられると

主人公気持ち悪い」「かっこ悪い、見てて苦痛」という感想しか持ちにくく、自分と相対化してみることができなくなる

ネットにおいて「自分がその段階を通過していないから、スバルに対して"ああ、自分もこういう時期あったな"とみることができない」という指摘がしばしばみられるが

これもやはり葛藤を持つことの不慣れからくる保持能力の欠如に対してのしてきであると捉えられるだろうか

結論:兎にも角にも、サーバルちゃんの全肯定現代オタク希求する

痴漢」と「48時間チャレンジ」にみる「葛藤を抱えられない心性」について

そういうなかから、行動化を防衛機制の一つとする見方も出てきています

本来防衛というのは、そういう「不適応行動」をしないための手段であって、その主たる目的は「自分内面平穏にする」「自分の中で葛藤が起こらないようにする」「自分内面葛藤を抑えてもっていられる」ということなのです。

もっていられる能力は人によってかなり違いますけれども、もっていられないものをなんとか始末してしま方法というのが防衛機制であるわけです。

(中略)

まり、行動で発散してしまうので自分の中で葛藤を溜め込んでもっていないで済む。

それから欲求を即充足してしまうこともできる。

防衛的な観点から言えば、そのやり方によって自分内面葛藤状態を予防している、または解消しているといえるわけで、

そういう味方をすれば、行動化は防衛でもある、という見方ができるわけです。

引用:「馬場禮子(1999),精神分析心理療法実践,岩崎学術出版


この記事およびこの記事を読んでの雑感

現代において、精神医学もしくは臨床心理学対象が「葛藤を抱えていられない」になりつつあることは諸家が指摘する通りだと思う

社会的に「自由」というものが認められず、人々が単一規律常識などに従わなければ生きられなかった時代においては

治療者の対象は「自分を抑えてしまう」ことが成因になるような病理対象であった

一方、現代においては「自由であること」が病理の成因となる

利便性選択肢の増加は、欲求葛藤の解消をインスタントものへと変化させた

「辛くなればやめても良い」「苦労しなくても退屈は紛れる」「ネット越しなら誰かを批判しても、見なければ反論は来ないし直接的な被害はない」「自分の歪んだ欲望も受け入れ、肯定し、賛同共感してくれる場所がすぐにみつかる」

しかしその一方で、いざ職場に行けば規律を守ることを要求され、規定時間以上の労働に駆り立てられ、下手をすれば休日返上して出勤する

私生活における幼児的万能感の世界と一転して、社会生活要求される自己への規制は非常に強いものとなっている

このアンバランスさは、時として人を分裂させる

私生活としての私」と「社会に生きる者としての私」は、かつてないほどに乖離し始める

もはや、「社会人としての私」は「本来自分から離れ、自我親和的はいえない

反動形成に近い防衛機制が働くこととなる


48時間チャレンジ記事を見て、「これ、ボーダーの子の試し行為じゃん」と思った人もいるだろうか

素直に甘えを表現することへの葛藤も処理できず、かといって甘えたい欲求を別の形で処理することも出来ず

明らかに不適応な形で自らの親密・依存欲求を満たす行為のように見える

自立と依存葛藤を維持し、家族ではなく他者に親密さと依存対象を広げていく過程にある青年期において

家族依存欲求失踪という試し行為の形で達成するのは、どこか歪んでいるようにみえ

満員電車というのは、名前も勤め先も知らない人々が密着した状態で、強制的一定時間を過ごします。辛いから何も感じないように、大抵は自分感情スイッチオフにした無の状態になる。そんな異常な空間の中で、ふいに女性に触れてしまうと、それが予想もしないくらいの衝撃的な体験になってしまう。

私はこれまで200人以上の痴漢常習者をヒアリングしてきましたが、彼らの多くはその最初感覚を『身体に電撃が走った』と言います。本人が意図せずに触ってしまって、そこから『あ、こんな柔らかい感触があるんだ』と衝撃を覚えてしまう。少し言葉は悪いですが、痴漢の始まり方はこの“ビギナーズラック”のパターンが一番多いんです



公私での混同を許さなくなった社会では、時として人格の解離が状態化する

「辛いから何も感じないように、大抵は自分感情スイッチオフにした“無”の状態になる」という一文は示唆に富む

私では過剰に発散し、公ではひたすらに抑圧し何も感じないようにする

自我自体脆弱なままなのに、その空間他者の柔らかい感触侵入してくる

そうすると、脆弱自我はもはや「触りたいけど触ってはいけない」という葛藤を維持できず、行動化に移る

現代においては、そうした前エディプス的な段階での病理が多いように思える

物質的に富、自由と自立が個人裁量で賄われるこの時代においては

社会的規律によって自我機能が助けられていた時代より、葛藤処理が個人自助努力にのみ任ぜられるために、かえってバランスを欠いた人間性が生じやすいのかもしれない

葛藤を抱えられない心性」は、社会システム変遷から生じた病理である

次の時代において、子の心性はいかなる形で変容するのかが気になる所である

パクリとかパクリじゃないとか

ここ数年いわゆるパクリ炎上しているコンテンツ複数みてきた

そのたびにオマージュとかパロディだとか黒だとか白だとか出てくる

かに「巨大ロボット」も「密室トリック」もどこからか発想を得ているんだろう。

創作物なんてギリシャ神話とか古事記とかが全部元なんだろう。

から現代に氾濫している創作物は全てなんらかのパクリでありオマージュでありパロディなんだろう。

創作して飯を食っている人間がそうツイートしたり、RTしてたりするのだから間違いないのだろう。

けど、それでも言いたい。

プロならば隠してくれ。

ちゃんとしてくれ。

上手に消費者をだましてくれ。

この物語はこの創作者の唯一無二のものなんだと思わせてくれ。

パクリじゃパクリじゃないかなんて消費者に考えさせないでくれ。

私たちが目にしてるもの世界で一番輝いている宝石なんだと思わせてくれ。例えそれが模造品のおもちゃでもいいんだ。

最期までそれが本物だって思って死ねたら消費者としては幸せなんだ。

お願いだよ。

頼むよ。

もう疲れたよ。

「この作品がすきなんだ!世界にたった一つのものなんだ」って胸を張らせてくれ。

好きなものが何かの模造品だったなんて知りたくないんだよ。

裏で嘲笑っても構わないから、ちょろい奴らだって思っても構わないから、プロならば消費者最後までちゃんとだましてください。

anond:20171022084721

男に押し付ければいいけど既婚男性やらせると家事をしない夫と呼ばれるので独身キモくて金のないおっさんを生贄にするしかない

キモカネ男は現代の罪を一身に背負い極楽にて往生す

ありがたいありがたい

anond:20171022083613

書いた者です

私も現代の諸問題が複雑になっていて、且つ右左のような立場では割り切れなくなっていると思い、このようなことを書きました。

いっきり整理して、経験主義に基づくか基づかないか、それのみを分類に採用しようと思います

なせならば、教会権威知を否定し、知識を疑いながら信じ、その手法を自ら所有するという科学思考と営みは、経験主義に基づくものであり

敵味方ではなく、個物と普遍眼差しを向けるのは、このような思考からです。理屈っぽく言うと。なお、私は聖書所有主義のようなプロテスタント宗教こちらに含めます

庶民への啓蒙机上の空論、などと言わず科学思考、というか敵味方で善悪判断してしまう傾向論と、個物つまり個人をちゃんと区別すること、などといった根本的なことを疎かにしてはいけないのではないか、と思います

anond:20171022081356

書いた者です

現代科学特に経済学が近似だらけ、モデル可能なのか、検証も難しいというか不可能だろ、というのも分かります

分かりますが、それでも経済学に根差してやらなけれないけないのです。なぜならば、現代私たちはどうしようもなく科学価値観の中に生きて思考しているからです。

その意味では私達は骨までリベラリ的価値観に浸かっているとも言えます

完全に科学に基づいた経済政策原理的に不可能であっても、科学的知見に基づくと主張しなければ、そのような現代国民からは支持されないのです。科学裏付け(不完全でも)が何かしらないと不安なのです。

このような政治的問題でもあります

リベラリズムって、単に経験主義や「科学主義」のことなんじゃないの

昨今、議論するほど取っ散らかって、結局ちっともまとまらないリベラルとは何か、ということについて

皆さん自由はもちろん、権利や、公正や、分配のことだと言うんですよ。でもね、それって本当にそうですか?そもそもなんでそんな考えが出てきたんですか?

遡るとリベラリズムジョン・ロックという人に行き着きます。ここまでは普通です。彼はイギリス経験論の人でした。そう、この時代までに経験哲学が生まれ、同時にそこから近代科学誕生したのです。

ロック氏は経験論を根拠に、国王統治権王権は“神”に与えられたものではなく、各人の持つ自然権を守るために委任されたものだ、という思想発明します。これがリベラリズム誕生です。本当です。

これってさ、科学じゃん。観測に基づいた帰納と仮説じゃん。リベラリズム自由の生みの親は、経験主義科学思考方法論なのです。

ブコメなどから社会契約説元ネタ聖書である、だから信仰一種である科学ではない)とのご指摘がありました。

私はこの時代科学宗教を、そんなに区別していませんでした。ガリレイキリスト教の“異説”を唱えたキリスト教徒であり科学者です。経験主義の祖のベーコンキリスト教徒です。

なので、ロックプロテスタント(だから王権神授説の異説を唱えた)であり社会科学者のプロトタイプなのではないでしょうか。

(続き)ロックから始まるリベラリズムは、この仮説をもとにして以後、市場経済功利主義ロールズ正義や公正などを発明していきます。また、自由科学知識をもった者は産業革命を担い、社会そして個人生活科学技術的に豊な方へと変えいきました。

でも私は思うんです。いつの間にが、現代リベラリズムからは「科学主義」が失われているんじゃないか自由のための公正や分配もいいけど、まずそれらを科学的に考えることがリベラルなんじゃないか

リベラリズムの遠戚である共産主義には、最初科学がありました。そしてその頃までは栄えていました(笑) これはリベラリズムにも言えて、現在低調と言われたりするのは、科学手法科学技術を援用し政治することが足りてないからなのではないのか!?

翻って日本リベラルを見てみると、どう思いますか。あれ、自民党の方が「現代経済学に根差し金融政策」してませんか?なんで理系ギーク系が自民党支持なんてすか?自民党リベラルと言うのは、なしです(笑)

日本、または世界リベラルが低調なのは、きっと保守科学手法を上手く使われているかなのだと、私は思いますリベラル革新的な利点そのものが無くなりますからね。必ずしもナショナリズム感情時代から、ではないのです。マイナンバー制度の根幹はIT技術です。IT技術であるツイッター世界でも保守言論がよく使っています

からリベラルは、ごちゃごちゃとリベラルとは何だなどと議論する前に、現代科学議論に基づいた政策と、科学技術振興策を取ってください。

そして物理科学社会科学者と科学技術者の信頼を取り戻し、本来科学進歩的リベラルに戻っていただきたい。 枝野さん、お願いしますよ。

ただ者ではないハゲ

おっさんの手習いの語学学習小説読み練習のためにハックルベリーフィン冒険を原文で読んでいたが

訛り(特に黒人奴隷ジム)にお手上げになって全40章ほどの13章で辞め、現代英語版で読むことにした

 

訛りの他に執筆当時(1885年)の身の回り品などの名詞、人々の行動様式もきつかった

 

そういう体験を踏まえるとロバートキャンベルはすごいわ

 

我々が西洋ちょっとのものを読むとき西洋文明の中での近代化現代化による変化に戸惑うだけだが

あのハゲ日本近代化とともに西洋化するというダブルの大パラダイム転換を消化してんだから

そりゃあ禿げ上がるわ

 

ってことは、ドナルド・キーンの毛根は金属でできているのかもしれない

2017-10-21

酒が有害な薬物とか言う奴は教養が足りん

ギリシャ哲学今日おおよそ学問と言われてるもの全ての源流は、

酩酊の神、ディオニュソス信仰する人々からまれてきてるんだ。

ぶどう酒の酔いにある種の神性を感じた人たち、

その人たちの功績の上に現代の我々はあるんだぞ。

日産自動車

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000090-asahi-bus_all

日産現場不手際」苦しい釈明 「法令軽視」浮き彫り

 

日産自動車無資格者に車を検査させた件だけど、20年くらいそんなことやってて、それでとくに問題が起きたわけじゃないじゃん?

法令軽視っていうか、そもそも法令にする意味あるのかっておもう。

 

25年とか50年くらい前だと意味はあったのかもしれない。

けど、いまどき、なんらか欠陥があったとき/みつかったときダメージいかに重大なものになるかかは 世界中クルマ売ってるメーカーのがよくわかってるだろう。

メーカーだってそんな変な検査をするわけがない。

 

さらにいえば、現代工場で、現代品質で、人の目でチェックすることにどれだけの意味があるのか。

検査機械に任せた方がよほど安心だろう。

人間ミスをするが機械ミスをしない。

資格者どころか人間に任せること自体安全性を落とすことになるかもしれない。

 

資格なんか本当に必要なの?

受験料とか更新料とか、それ自体政府権益になってるからやめられない、ってことない?

どこがその資格を扱ってるかしらないけど、理事長国交省天下りじゃないだろうな。

海外メーカー日本向けには日本資格取らせてやってるの?

非関税障壁になってない?

海外製品なら不要、とかだったら大穴すぎて失笑するしかないんだが。

2017-10-20

ブレードランナー2049を難じる

リドリースコットがエイリアンとかブレードランナーとかで汚しや暗いシーンや煙を好んで使用したのは、結局のところ当時の技術では美術のアラをそのようにして隠さなければならないからだった。

この為、技術進歩した現代ではリドリー・スコットはそういう技をもう使っていない。プロメテウスエイリアン コヴェナントを見ればよい。あるいは、キングダム・オブ・ヘブンを見ればよい。キングダム・オブ・ヘブンでは砂漠のごちゃごちゃした街(イスラエル)を舞台としており、夕日と砂塵でごまかすなんてことは簡単だっただろうが、それをしていない。

そういう点でリドリー・スコットノスタルジーとは無縁だった。結果として現代リドリー・スコット映画ビジュアルについてファンから決して最高の評価が得られているとは言いづらい。しかし、彼は現代技術自分の力量のなかで最高のビジュアルを目指し続けている。

一方ドゥニ・ヴィルヌーヴのあれは単なるノスタルジーに過ぎないし、評価興行収入があのようなことになるのも当然なのではないだろうか。

anond:20171020133852

別に現代規範に反するロリコン擁護するつもりは無いが、日本人祖先ほぼ全てをロリコンとして断罪すべきだとは思わないんだけど、そこはどう?

遡って祖先ロリコンが居る奴は責任取らせるべきかな?

anond:20171020124510

多分タイトルセンスは良いんだよ。思わず手に取りたくなるから現代無常観に通じるものがある。

でも内容が伴ってない。

anond:20171020123402

AIが得意なのはお前の言ってる通りスケールを活かした膨大なデータの整理と抽出。そこから得られたデータ解釈するのが人間。例を出すまでもなく今だってAI士会話させたら新言語作っちゃって人間には理解出来なくなってるってのも有るぐらい。だから間にアウトプットされた物を読み解く人間必要なんだが、AI絶対神と崇めるとそれが預言者なっちまうってんだよ。現代ムハンマドでも蘇らせる…程度なら良いんだが、NHK見てるともっと酷くなるな

自分残酷かもしれない

病院に行ってわけのわからない年寄りを見ると、しばしばその人たちを薬漬けで生かす意味があるのか考えてしまう。

それでなくても年金介護費用なんかで財政が切迫している現代だし、そこにお金ガンガンまわす必要性が疑問だ。

しかし、誰が得をするのか考えたときに、真っ先に出てくるのは病院側とか政治家なわけで。

生かされている老人たちが退屈しのぎに選挙に行って入れる票で政治家当選するのだから政治家は彼らを厚遇しなければならないし、国として変わることも当分ないだろうという気がする。

そもそも老人を生かす意味ある?とかいう問いか自体タブー現代ではもう詰んでるんだろうなぁ。

そして自分祖父母、あるいは両親のことを考えた時にこんな考え方をする自分残酷さにも悲しくなる。

から高速道路制限速度を引き下げて、速度違反徹底取り締まりして、安全に停止できる環境を整えるべし。

https://anond.hatelabo.jp/20171019171002

から高速道路制限速度を引き下げて、速度違反徹底取り締まりして、安全に停止できる環境を整えるべしなんだよね。

「停止していたほうが悪い」なんてのはキチガイじみた論法である、という事実をきちんと私達は周知していきたい。

こうやってエンジントラブルタイヤトラブルドライバーの不調等でのトラブルでの停止は"あり得ること"なのだから、それすらを責めるというのはあまり狂気なのだからね。

私達は停車車両安全を守る為にも、後続車両安全に停止できる速度で走らせるために下記を警察議員要請し続けていきたい。

高速道路を含めたすべて公道での制限速度引き下げ

・移動式オービス覆面パトカー白バイ覆面バイク等での速度違反徹底取り締まり

・車間距離不保持違反、車間距離保持義務違反等、通称あおり運転煽り運転)の徹底取り締まり

これらが実現されれば、先日おきた高速道路少女の両親が後続車両からの激突加害により人命が奪われる惨事も防ぐ事ができたのだから

更にいえば、交通事故根本から激減させたいならばクルマ離れはを進めるのが特効薬になる。

統計を見ても、人々の移動が徒歩、自転車公共交通時代、今よりも遥かに交通死者は少なかった。現代は、年間約1300人も自動車運転手及び同乗者が死亡している(自転車より遥かに多い死者数)。

そして交通刑務所懲役囚人のほぼ全員は自動車運転手。重大事故を起こした加害者実名顔面が全国に報道され、ネットでその犯歴が永遠に残り続ける。

2017-10-19

anond:20171019101544

魔法モンスター素材なんてなくても現代でも通用する強度のカゴとかはきちんと作れるんだよね

現生動植物鉱物素材の日用品製作はもうちょっと注目されていい

いくらピンポイントエンタメのなろう系だからってなんでもかんでも魔法魔物で片付けなくてもよかろう

anond:20171019103558

原始時代、便の匂いは周囲の外敵に自分の居場所を知らせる危険があったので、

便の扱いには慎重にならざるを得なかったんだ。

野生動物が糞に土を掛けたり、自身生活から離れた場所に糞をする習性があるのもこれが理由

その名残が、現代人類遺伝子にも残っているので、

自分のカラダから便の匂い漏れ出ていないか、何度も確認してしまうのだろう。

そして、便を漏らしたときに激しく動揺してしまうのも、

いつ外敵に襲われるか分からないという危険を感じているからに違いない。

2017-10-18

創価学会員だが、公明党を支持できない

理由簡単で、あまりにも簡単に他党を批判…というよりも誹謗バッシングをするから

例えば、日本共産党に対して「実績の横取り」「公安調査庁監視対象」、希望の党に対しては「自分のためならどんなことでもする人たち」、立憲民主党に対して「民主党政権下の失政を思い出せ」「枝野代表は筋を通していない」などなど。

こうやって外部に敵を作らなければ、組織を維持できないからだ。

「奴らは嘘つきだ」

「奴らは敵だ」

「奴らを潰せ」

たったこれだけのことで、組織は驚くほど簡単にまとまることができる。

だが、そうして外部に敵を作り続けることは、現代政治ではNGだ。

異なる価値観の衝突を、なんとか調整して落としどころを見つけるのが政治の大きな役割だ。

から自分対立する価値観を「敵だ」と切って捨てるような政党には、到底信頼を置くことはできない。

宗教ならば独善でも構わないが、まつりごとに携わる者が独善に陥るのは怠慢でしかない。

それに、「是々非々」と言いながら、実態は「唯々諾々」だ。

安全保障法制共謀罪ときも、深刻な懸念を打ち消すことはできていないにもかかわらず、採決は丸呑み。

悲しいけれども、山口代表の姿は自民党…というよりも安倍首相に喜んで尻尾を振っているようにしか見えない。

から、今回の選挙では公明党には投票しないことにした。

どうせ「師敵対だ」「破和合僧だ」と言われるだろう。

別に構わない。

敵対、破和合僧をしたのは誰か、いずれ時間が明らかにするだろう。

その時に後悔したのでは遅い。

振り返ったときに、今が「暗黒の時代の始まり」となっていないことを、祈るばかりだ。

がっこーのせんせーです2

朝の日記に予想外にコメントがついていて驚きました。

個人の雑感に反応していただいてありがとうございます

拝見していていくつか気になった事を。

高校の少人数化について

現在高校進学率は100パーセントに近い状況ですが、

正直なところ、教員からしてみても高校の授業内容は万人に必要ものではありません。

しろ中学レベルのことがしっかりできていれば社会に出ても困らないと思います

しかし、現状では中学レベルのこともままならないまま高校に進学し、

高校の内容などとてもついていけないという状況が、下位校といわず中堅校でもままあります

個人的には中学留年制度を設けて、中卒認定統一試験を設ける方が

学力向上には効果的だと思っており、高校大学の進学率も今の半分でいいと思います

そうすれば、高校大学はおのずと淘汰され、そこに投下される予算

高校の少人数化や高等教育無償化などに回すことができるでしょう。

また、中卒で働くことが一般化すれば、労働力不足の解消にも寄与すると思います

ただ、そうなっていくと、戦前旧制高校のような超エリート養成コース

義務教育修了コースの間で格差が生じるので、その点、給与体系などに一考の余地があります

教員待遇について

冗談だとは思いますが一応(苦笑

修学旅行は言い方が悪いですが最も憂鬱行事の一つです。

もちろん、生徒たちにとっては最大の行事ですが、

それだけに教員の緊張感は並々ならぬものがあります

昨今はホテルの予約合戦も熾烈で、生徒の入学時には動き出さないと間に合いません。

業者見積もりをとり、行程を精査し、事前学習の準備だけでも重い負担です。

また、現地に行くにも教員の集合時間は早いので自腹で駅や空港に前泊することもあります

いざ現地に行けば、生徒の体調不良や負傷、他校や現地の方とのトラブルに神経をすり減らします。

私の学校の生徒は聞きわけが良くて手がかからない方ですが、

現地で他校の先生方を見ると大変苦労されているご様子です。

また、以前は夜の飲酒くらいは認められていたようですが、昨今は深夜の体調不良対応などもあり、

飲酒禁止です。24時間体制での勤務が4日、5日続いて本当に辛いです(苦笑

昔の感覚ですと楽そうな仕事ですが、昨今は一般企業出張よりも厳しいでしょう。

また、給与に関してですが、基本的残業代は発生しません。

休日の出勤には手当が出ることもありますが、1日勤務して2~3000円程度です。

以前、私よりも給与の高い管理職冗談半分で時給換算したら1カ月平均が時給300円ということもありました(苦笑

>授業の動画

これは簡単なことではありません。

最難関校から指導困難校まで同じ教科書を使っていても指導内容はまったく異なります

また、同じ学校の中でも習熟度が必要なくらい授業内容は異なってきます

そうなると、授業動画10段階や20段階の世界では無く相当細分化して制作する必要があります

例えば私は社会科教員ですが、私大志望者と国立志望者では授業内容を大幅に変えています

また、年度によって生徒のレベルにも差があるので、その都度、レベルを調整したり、

映像教材や演習、雑談比率まで変えてカリキュラムを組みます

それから指導要領が大幅に変わることは頻繁では無いですが、

教科書記述は思っている以上にコロコロ変わります

そうなってくると教科書会社統一動画と言うのはかなり非現実的になってきます

蛇足ですが教科書会社というのは大手でも本当に少人数でやっていますし、

執筆している大学教授の方はあくま研究者なので授業がうまいというわけではありません(苦笑

このあたりを踏まえると実現は難しいかもしれません。

また、これは現代日本ではあまり考えられませんが、

時の政権意向で全国の学校の授業内容をすべて統制できるというのは極めて危険です。

右でも左でも偏った考え方の授業が全国で画一的に行われるとしたらそれは民主主義国家の根幹にかかわると思います

長くなりましたがご意見を拝見した上で私見を述べさせていただきました。

もし、ご不明な点や指摘事項がございましたら是非拝見して、今後の仕事に生かしていきたいと思っております

長文失礼いたしました。

部室芸と平和

時代遅れの笑い」という批判もあるけど、たけしに「こんなネタは他の国なら、ただ事じゃないんだぞ」と言わせたこから企画側がポリティカリコレクトネス自覚的であることは伺われる。自覚の上で放映したという文脈から企画側はポリティカリコレクトネスに(挑戦しながらも)反する意図がないことを読み取らなければならない。

スポンサー降板もあったから局側は問答無用で、おそらく反射神経で謝罪したんだろう。しか企画意図説明を完全に封殺してなんの掘り下げもなく、謝罪して片付けてしまったのはちょっと放っておき難い。

そもそも保毛尾田保毛男というキャラクターの強烈さは、彼がセクシュアルマイノリティであるからではない。30 年経っても忘れられない強烈さの本体は、彼の「得体の知れなさ」である

当時ですら時代錯誤の、ポマードで塗り固められた髪。石橋貴明無駄に良いガタイで派手なスーツをちゃっかり着こなすところから経済力のある人物であることが仄めかされる(御曹司みたいな設定のようだ)。そして青ヒゲ男性であることを強調しつつ、話し始めるとこれが歯を見せずに上品お姉様言葉。あらゆる特徴がちぐはぐで、掴みどころがない。

さら言動から同性愛であることは明白なのに本人に問いただせば「それはただの噂ですから」と言って否定する、(視聴者は心の中で「そんな訳あるかいな」と毎度ツッコミを入れる、)というのがこのコントのヤマである

少なくとも視聴者には彼が男色であることが明示されているから、この「ただの噂」という台詞は嘘。つまり素性を明かすつもりのない人物なのだという印象を与えられるため、ますます正体不明の不気味な存在となっていく。

わたしたちはその不気味さと、しかしどうにも悪者には見えないそのチャーミングさとのギャップに可笑しさを覚えていた。この笑いの構造自体はほかのキャラクターにも代替可能もので、同性愛者の揶揄がこのコントの主旨ではなかった。

主旨ではなかったはずだが、30 年前当時にはポリコレなんて概念はなくて、制作者および視聴者の「同性愛者への無理解」がツカミとして機能していたことも確かである

偏見差別はあってならないが、一方で多様なセクシュアリティーの存在認識し、共存できることを確認する視点公共電波に課せられた同等に重要な使命ではなかろうか。その視点に座すれば 30 年前には異形扱いだった保毛尾田が、時を経て鬼瓦権蔵(←しかも他ならぬ、こんな昔気質オヤジ権化である…)に扮した業界ドン:たけしとふざけ合いながら銀座を飲み歩くなんて、むしろそれこそ現代差別のない世界に近づいていることを確認する幸福な画面だった。

ところが今回の説明のない謝罪は、あの銀座の一夜を否定し「今後、セクシュアルマイノリティには特殊配慮します。安易に画面に映しません」=転じて、テレビ局が頭を下げて「ホモを映したのはダメだった。これからはちゃんと差別します」と宣言するみたいなおかしなことになってしまっている。チャンチャン、まさにお笑いである。30 年を費やした、巨大なコントオチが局の謝罪で完成してしまった。これでよいのか。

「部室芸」という表現もあるが、芸もなく、技巧もなく、思想もない。ただ笑わせて、笑った方が強い。それがとんねるず世界観であるフジテレビ謝罪した日は、ポリコレが部室芸に殴られて「お笑い」になった日として大衆記憶に留まる。

現代アニメ劣化している

魔法陣グルグルアニメがやってるんだが

これ昔のグルグルのほうがアニメとしては凝ってた気がする

今のアニメって背景とか細かいところがいろいろ省略されてるんだな

まら

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん