「廃業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 廃業とは

2020-07-05

anond:20200705152741

なったじゃん

[FNN]「これ以上わがままは言えない…」震災から9年、被災者向け仮設住宅からの退去期限が3月末に迫る

https://sp.fnn.jp/posts/00050704HDK/202003111840_morimototaro_HDK


迫る退去期限、今後どうするのかを聞くと、「とりあえず荷物の整理をして運んだりはしているんですけど…。どうしましょう?どこかシェアハウスとかを探すしかないのかな?もしかしたら当面はネカフェで寝泊まりすることになるのかもしれません」


Sさんたちの住む東雲国家公務員住宅は、被災者が退去した後、国家公務員であるキャリア官僚の住居になるのではないかと見られている。

なお、地震津波で家や街が壊れた人へもこの仕打ち

完全に壊れていない限り仮設住宅へも行けず自費らしい


[NHK] 壊れた家に住み続ける被災者

https://www.nhk.or.jp/special/plus/articles/20190402/index.html


加えてやはり街からは人が減ってしまって商売もままならないらしい


[NHK]「震災直後は夢があったけれど…」 老舗菓子Tさんの9年

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200311/k10012325051000.html


岩手県宮古市で老舗の菓子店を営むTさん(63)は、今回のアンケート自由記述に「思い描いていた未来のようにはなっていない」とつづりました。


Tさん東日本大震災津波で自宅と店舗、そして工場を流されましたが、それでも震災の直後は前向きな気持ちになれたと言います


Tさんは、当時の心境について、「すべてを失いましたが、家族住宅フェアや見学会に行って再建するならどんな家がいいかと考えたりして、不謹慎かもしれないけど、楽しい、夢が持てた時期でした。店の再建もできない訳がない、お菓子屋さんをまたやるんだと、当然のように思っていました」と振り返りました。


しかし、再建は当初思い描いたようには進みませんでした。仮設住宅不自由生活を送りながら仮設店舗営業を続け、震災の2年後には工場を再建。しかし、売り上げは震災前の10分の1にも届かず、不安材料けが増えていく日々が続きました。


Tさん震災2年のアンケートに、

▽「震災1年頃までは明るい夢を持てたが、それが2年たっても実現出来ない。むなしさを感じる時が多々ある」と書き、震災3年のアンケートには「仮設3度目の冬はマイナスイメージ言葉しか思い浮かばない。全てを失った震災直後は、それでも立ち直るという強い意志希望が芽吹いていた。当時の思いは3年で日に日にやせ細り、しおれかけている」と記しています


当時の胸の内についてTさんは「復興のつち音が響きたくさんの人が来て復旧復興に尽力してくれていることが励みになって自分も明るい気持ちになれたが、そういう人たちが去っていくと人が減り静かでさみしくなった。売り上げがゼロの日もあり、切なくて、自分たちでお菓子を買ってレジお金を入れたこともあった」と語りました。


それでも「完全復旧する」と意気込み、店の再建という夢に向かって進んでいたTさんに「建設費の高騰」が追い打ちをかけました。復興需要の増大などで震災前1坪あたり50万円程度だった工事費用が、2.5倍近い120万円程度にまで上がったのです。


工場に加え震災から5年後に自宅を再建し、すでに多額のローンを組んでいたTさんは、震災6年のアンケートに「歩みが減速して、1度勢いを失うと、強い気持ちを持続させるのは難しいと実感している。借金を増やしてでも店舗再建を目指すことは正しいことなのだろうか?」などと、自分が選んだ道は正しかったのかと自問自答を繰り返していた当時の心境を記していました。


震災から6年半近くたった2017年の夏、仮設店舗の退去期限が迫る中、Tさんは店の大きさを当初の計画の半分程度に縮小してようやく再建を果たすことができました。


Tさんは「店と工場が離れてしまうなど当初考えていなかったことが重なった。行政方針が二転三転して読めないのでその時その時で対処していたら借金が1億を超えてしまった」と話しました。


ところが、ようやく戻ることができた街は思い描いた姿とは変わっていました。住宅高台移転商店街もなくなったため店の周囲ににぎわいはなく、震災前は大勢いた自転車や徒歩で店に来る客は今はほとんどいません。


Tさんは「元の場所に戻ったら悪くても震災前の半分は売り上げがあるだろう」と思っていたと言いますが、震災の影響で商品の卸し先が廃業したこともあって、売り上げは震災前の3分の1程度にとどまっています

コロナ時代では、一部の業界存在してはならない。

奴隷制度や黒人用のバス席のように、コロナ時代では一部の産業は滅ばなくてはならない。今までとは違うんだ。

国はそっこく廃業支援しろ

2020-06-29

anond:20200629140705

影武者』てゆうラーメン屋廃業して他の店に変わる直前に、No.2て貼ってある駐車場の枠を撮れたのは今でも幸運だったとおもってる

2020-06-21

anond:20200621165233

苦しんだ人は多いと思うし倒産したり廃業した人も多いんじゃないか

実際に自殺した人は報道では見聞きしたことないけど

2020-06-17

夜の街は廃業支援するしかないな

もしくはコロナ風邪にするか。

anond:20200617120049

サーバー仕様変更に巻き込まれデータ全ロスとかがこわくなけりゃ、ライターだけでやってな

10ねんぶんの データ全ロスで バックアップも 運悪くロス おわってる。

それで廃業 それだけのことな世界でいいなら

2020-06-15

7月都知事選、6/15時点の候補者の所感

私が考える今回の都知事選必要論点は、既にローカル商店街まで吹きすさぶ大不況の風を

どの様に緩和させ、全体の雇用を維持し経済的な苦しみを解消する事が重要だと考えている。

主要候補3者からは、真っ先に出るのは(誰でも思いつく)コロナ対策五輪、緊縮の話。

世界が乱世レベル経済状態の中、次の任期は誰がなっても地獄を正面から見て頂かないと困るのだが、

今回の選挙絶望しかない。以下の内容は所感です。

小池都知事

当選時の公約は、動物殺処分ゼロ殺処分基準変更で達成)以外はゼロ達成

在職中に国政を狙い失敗した経緯もあり、今回当選しても、

数年後の不況底辺りで、国政進出して居なくなる気がしなくもない。

コロナ対策首長としての役割を達成したと肯定的に見ているが、

今更ペーパレス行政化(どうでもいい)とか、過去から現在未来を通じて経済政策スタンスが一切見えない

中身がない謎のお方。

タブロイド紙連合キャンペーン貼られ、空中戦中。

宇都宮けんじ

前回出馬時の公約もそうだが、理念を持った政策理論を感じる。

今回の出馬に際しての公約も、既に検索できるようになっており、支持母体の強さが垣間見れる。

しかしその内容は、大きい行政福祉)を志向しているが、経済政策に対しては極度に緊縮のスタンスであり、

既に中小企業テナント撤退廃業が街中で始まっている、経済に対してのフォローが一切ないところに地獄感がある。

更に緊縮に関して言わせてもらえれば、既に五輪前の大支出をあらかた済ませて、建てるものをあらかた建てて、

予算をほぼ使い切っている状態であるので、緊縮によりひねり出す余剰予算がどこまであるのか疑問である

地域合意が達成して工事が適切に進んでいる外環羽田空域問題を生贄にする気満々。

個人的に今後の経済状況でこの政策進めたらヤバイ事になる気がする。

内需回復手段としての建設業を舐めない方がいい。

小野泰輔氏

地方行政経験者、公約待ちだが、五輪2024年に延期する主張は流石に無理だろ

五輪経済的価値は既に終了しており、国際問題として「コロナ克服」のシンボルとして使うかどうかの

検討に入っている。都にどうこうできる所から離れている。

支持母体となる維新関西において①地域への利権誘導としての地域保守政党関西地位向上)②大衆迎合主義

③緊縮、により党勢を拡大してきた歴史があり、氏の政治的方向性がどこに向いているのかを選挙戦で吟味したい。

個人的には、維新は①以外の存在価値がないと関西以外の有権者に見られているのではないか

関東狙っている暇あるのなら、関西の方々は閑古鳥が鳴いているミナミをどうするか真剣に考えた方がいい、今までの方法では大阪死ぬぞ。

教授捕まえて「自粛意味なかった気がする、調べて」とか意味不明なムーブかましている所か?

山本太郎

彼の出馬はいろいろ憶測が飛んでいるが、コロナ禍における街頭政治活動が使えず、

政党特有の埋没化を避ける為に選挙出馬した可能性がある(山本氏政策は国政でしかできない)

検討報道後、宇都宮氏との野党競合を指摘され、叩かれている感があるが、

れいわの政策スタンス大きい政府積極的経済/財政金融緩和MMT)であり、氏とは

全く異なる、世界的に見ても過激経済政策なのだが、このような他党の政策の中身を知らない、

党勢だけしか見ない、野党支持者による内ゲバ過去にもあったし、これからも絶えないだろう。

本日出馬報道を見て、ヘリコプターマネー10万円は都財政から出せるだろうが、MMTは都政でやるものではないだろう

非常に窮屈になっている政治活動出馬により制限受けない事になるので、

国政に向けた政策アピールなんだろうな。

2020-06-13

メディアによる複数人グループに属するお笑い芸人通称グループ名+名字」のはしり

って結局何なんすかね?

メディアでも今では当たり前に使われてる「アンジャッシュ渡部」みたいな呼び方

当方記憶だとビビる大木相方廃業でピンにならざるを得なくなった事情で使いだして

人気が出だした頃のカンニング竹山が名乗った事で浸透し始めたような印象がある。

流石に宮下草薙みたいな本名コンビでは使われないけど。

その前の世代ボキャブラ芸人やそれ以前のダウンタウンウンナンとんねるすナインティナインみたいな人気お笑い芸人に対しては

グループ名+名字でひとくくりにして語られる事はほぼ無かったはず。あくまダウンタウン松本人志といった普通の紹介のされ方。

爆笑問題爆笑太田、みたいな事はあったかもしれないけどあまり目立っては無かった。

もっと前の世代特にドリフターズに至っては認知度の高さから

ドリフターズの○○、といった使われ方はほぼ無くて名前一本だけで勝負できてた感じ。

まあアクの強すぎる名前から一々説明する必要が全くなかったというのは大きいけど。

結局「グループ名○○」が定着したきっかけって何だったんでしょうかねえ。

個人が一生涯安泰で成り上がりもでき、男女ともにモテて替えの効かない職業って現在の世の中に存在するのか?

前提の定義としてネット意識高い系が想定してるのをまとめて「男女差なく定年(65歳)まで常に安定した高収入(600~1000万超)で、不景気でもボーナスが減るくらいの仕事で、女やイケメンモテ結婚子育て計画を立ててしやすい」職業

公務員くらいしかないと思ったが、最近警察国Ⅰでもずいぶん厳しいし体壊したりしてやめる人がたくさんいて、そのあとはあんまり胸張れるような前以上に稼ぐ仕事についているわけでもない

IT系言わずもがな、すぐ技術陳腐化して昨日のエリート今日ITドカタって世界だし、起業も5年後にな95パーセント廃業倒産だし、一気に経済規模収入が激変する。

じゃあ税金ぶっ飛ばして稼ぎ全部自分のものにできる暴力団半グレなどの裏稼業は?というと、40過ぎて生きてる人間ほとんどいないし、実際普通の人よりも女が寄り付かずモテないというし、景気よったら裏稼業なんて一番正業以上に経済的ダメージを受けるという。

軍人警察官や諜報員テロリストも、ブラック薄給代名詞というし、モテても将来性は絶無だし

年収を抜いた場合個人がそれらをかなえられる可能性って、貨幣経済から離れて生きる東南アジアニューギニアの自活してる少数民族くらいしかいなくないか

考えれば考えるほど、新自由主義なんて究極のマイナスサムゲームだよな、ということに気が付いた

2020-06-07

持続化給付金の最大の問題点外食宿泊等の労働集約型低生産性ゾンビ企業延命させてしまう事

廃業する人のみに補償するようにすべきなんだがポピュリズム化する政治屋どもには実現不可能

anond:20200607124529

終身雇用制度が守ってるのはまともな企業にぶら下がる社内ニートだけであって

企業の収支が崩壊したとき終身雇用制度従業員を守る能力はない

倒産廃業になったら解雇規制へったくれもない

2020-06-06

anond:20200606155724

ま、こういうのは蓋を開けてみてからの話だ。

今は給付金補助金があるから貰えそうなうちは残しておくだろうけど、本格的にカネを出してくれなさそうになったら廃業ラッシュが始まるだろうね。

その後どういうサービス形態が残るかはもう少し経ってみないと誰にも分からない。

anond:20200606113923

そういう店が一店だけならそういうこともあり得るのかもしれないけど、サブスク型の飲食店複数あって選択できる状況なら、そういうリスクは少ないだろ。

何といってもサブスク型の飲食店食材のロスが少ないし、売上の見込みも立ちやすいので、固定客のついた店はそれ自体価値がある。

たかだか一か月分の売上金額を手に入れるために廃業する奴はあんまり考えられない。この点ん、計画倒産する給食事業者があまりいないのと同じだと考えていいと思う。

2020-06-05

三密プレイス、残念ながらご臨終です

ホスト/キャバクラ

風俗

ライブハウス 等

 

コロナ雲散霧消するか集団免疫を獲得しない限り、これらの三密プレイス永遠にウイルスの温床であり続けると思います

言ってしまえば、(少なくともワクチンが出来るまでの2年くらいは)顧客から回避されるし、行政も潰しにかかるでしょう

 

そして2年もの間、行政補償し続けるのは現実的ではありません

今はまだしも、そのうち世論も許さなくなるはずです

 

というわけで

三密プレイス運営する企業

三密プレイスで働く方々

皆さんご臨終です

 

産業革命後、手工業者が転職したように

皆さんも廃業転職するしかないでしょう

 

どうしても続けたいというのなら

とりあえず今は廃業して

ワクチンが広まる2年後とかに再開してください

2020-05-31

お気に入り

そろそろ開いてるだろうと思い、コロナで休業中だった美味しいラーメン屋に行ったら閉店していた

ちょっとした旅行に行きたいなと思って、以前泊まった事のあるお気に入りの小さな宿をググったら廃業していた

ネイルサロンも同じ

私なんかのお気に入りでは何の足しにもならなかったと申し訳ない気分になった

2020-05-30

anond:20200530112144

言えばいいし、別に目を閉じて無視してれば黙るしょ。平時でもだんまり

衛生面はクレベリンがあるから大丈夫!!!!!!!!!!!!! 廃業してほしいね

2020-05-26

飲み会カラオケキャバクラも無くなればいい

ある程度感染数が減っても世界からコロナが無くなるわけじゃ無いんだし、第二波に怯えながら生きていくんだから飲み会カラオケキャバクラも無くなれば良い。ついでに通勤も。(そういう業態仕事をしている人がたくさんいるから無理なことはわかってて願望を言ってるだけだけど)

外食も、5人程度までの少人数でのみOKにして、大人数で酒飲んで騒ぐ飲み会なんてもう無くなって良いよ。

衛生感覚アップデートされてしまたから、カラオケなんてあんな密で唾が飛ぶもの、「不潔だな」という思いが強くて全然やりたくない。ライブとかもそう。他人の唾を浴びたくないな、と思うようになった。

キャバクラみたいな業態ももう終わり。夜の世界の人には申し訳ないと思うけど、クラスタになりやすく、かつ追いにくいの業態として最悪なので、出来れば無くなって欲しい。

リモート仕事して、たまに親しい家族や友人と少人数でご飯食べて(なんならオンライン飲み会でも良いし)、休み公園に行って、家で遊んで、個人的にはそれで全く困らない。

仕事だって、本当に必要エッセンシャルワークの人だけに電車を譲って、混雑を無くしたい。

あの感染者数が刻一刻と上がっていって、コンビニ行くのもビクビクするあの雰囲気が再来することに比べたら、多くを求めない暮らしシフトするんで全然オッケーだよ。

今、どんどん数字毎日減っていくの、すごく気持ちが楽。

自分たち努力たから、状況が良くなっている」ということですごくストレスが減っている。4月上旬とか、世界の終わりみたいですごく怖かったじゃない。ああいうのはもう嫌だ。

このあと、またこうやって夜の町から感染者が広がって、追えなくなって医療従事者や介護施設の人たちに感染が広がって、また子供たちが学校に行けなくなるの、見てらんないよ。

補償は払えば良いと思うけど、ワクチンが出来るとか根本的な解決が望める状況になるまでは、こういったリスクの高い業種は休業じゃ無くて廃業して欲しい。

でも、当然そんなことにはならないし、そうするとまた数字が上がったり下がったりに一喜一憂しながらビクビクして生きていかなくてはいけない。嫌だな。嫌だな。

2020-05-23

(補記あり)人形性愛者による幼児ラブドール反対運動への抵抗

幼児セックスドール生産販売・の廃止を求めます。」という署名活動change.orgで行われている。

大意として述べられていることをページから引用すると

日本の【児童買春・児童ポルノ禁止法】にて幼児セックスドール製造販売・所持を規制すること

小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組み

ECサイトなどに未だ販売される【幼児セックスドール児童ポルノ】の取り締まり、及び【販売禁止を徹底】

以上3つを求める署名活動だそうだ。

②に関しては私も賛成ではあるが、いかんせん①や③に関しては記事を読んだ限り感情が先行している雰囲気が否めない。

案の定Twitterでは「人形実在人間ではない。児童ポルノ禁止法は実在児童を守るための法律であり人形摘発に労力を割かれているうち実在児童を守れなくなる」「表現の自由侵害だ」などの批判が出ている。

しかに、現参議院議員である山田太郎氏が、2016年に行った警察庁へのヒアリングでは、フィギュア非実在人物を扱ったものであり児童ポルノには当たらないとなっていた(‪https://togetter.com/li/942630‬)。そのため、モデルのいないラブドールについても同じ扱いにはなるのだろう。

けれども、この騒動を見ているうちにどうにもむず痒い思いが沸き起こってきた。署名に賛成の人間も反対の人間も、「ラブドール」というものを置き去りにして議論を進めている感があまりにも強すぎるのだ。

私はラブドールオーナーである

一緒に暮らしているのは身長130cm台で、布のボディに骨格の入ったいわゆる「ぬいぐるみドール」というものだ。身長からわかる通り彼女の外見は、この署名賛同した人たちから見れば「幼児ラブドール」としか言いようがない、唾棄すべきものだろう。

から、私はこの署名活動には反対である彼女との生活を守り、またラブドールを愛好する方たちと彼らのパートナー人形たちを守るためだ。

そして、この文章を書くに至った、私の性的嗜好についても伝えておかねばならない。

私は人形しか性的興奮を覚えない人形性愛である

無機物で作られ、有機的な肉体よりも完璧に編み上げられた造形を持つ人形しか、私は愛することができない。故に、ラブドール規制は私にとってパートナー喪失であり、個人性的嗜好否定に他ならない。性的嗜好個人構成する不可欠な要素であり、直接他人に害をなすことがなければそれを妨げられるいわれはない。

から、私は声を上げねばならない。ラブドールというパートナー喪失が、ひいては「私自身」の喪失に繋がるのだから

当該署名ページには既に陳情を送ったが、もっと広くこの問題を知ってもらうためにこの文章を書いている。前置きが長くなってしまったが、もうしばらくお付き合い願いたい。

この署名において、まず私が問題と考えていることは2つある。

①「幼児ラブドール」の明確な定義がなされていないこと。

もしも定義が書かれているのであれば恐縮だが、ページの隅から隅まで探しても見つからなかった為上げさせていただく。

身長・体型など、「その人形幼児を模している」という明確な定義がなされていないことは、ラブドールだけではない全ドールオーナーにとっての脅威ではないのか。

ただ、この定義がされていないのはまあ、仕方のないことではある。

基本的ドールというのは頭と胴体が分離する仕様になっていて、同じメーカーの頭と胴体でアタッチメントが合えば好きにすげ替えることも可能だし、別メーカーの頭と胴体を組み合わせているドールオーナーだっている。購入したとき一般的な成人女性の体格であったドールの首をすげかえて、幼児体型のボディに載せ替えることもできるし、逆もまた然り。これはラブドールだけではなく、性的用途のない比較的小さなサイズドールでも同じだ。

まりドールの体型というのは不定であり、「幼児ラブドール」の明確な取り締まりというのは不可能に近い。どんなに成人の顔立ちをした頭のドールでも幼児の胴体とすげ替えてしまえば「幼児ラブドール」の出来上がりだ。

また、知り合いに性的用途に用いることのできる1/3ドール(50cm前後ドール)を持っている人がいる。このドールは胴体部分にオナホを装着できる仕様になっているものだ。(1/3ドール性的な目で見ることを忌避する人は多く、これは標準的ものではない。念の為に付記しておく)。

この1/3ドール身長約50cm新生児並みのサイズであり、身長でいえば幼児どころの騒ぎではないだろう。けれども胸部のパーツを変えることでバストサイズを成人女性のようなバランスにすることができる。「幼児身長をした成人女性の体型のラブドール」だ。元々ラブドールとして制作されたものでも、扱いやすから成人女性を100cmほどに縮めた人形だってある。前述の規制を作るとしたら、これはどのように解釈したら良いのだろうか。

また恐ろしいことにほとんどのドールの頭と胴体はすげ替え可能なのだ。もともと性的用途を考えられていないドールの頭を、この性的機能を持ったドールの胴体に装着すれば、どんなドールでもたちどころにラブドールになる。

だとしたら、性的用途でないドール高身長かつ成人体格のドールでも「幼児ラブドール」になる可能性を秘めているのではないか

これが、私の恐れている規制の形だ。

私は、パートナーである人形と一緒にいたい。だからもしも幼児ラブドール規制がなされ「身長cm未満の人形の所持を禁止」などとされれば、泣く泣く彼女の頭をすげ替えて規制対象外の高身長人形にするだろう。頭(顔)の部分に私は彼女本質を感じているし、そこが変わらなければどんなに体型が変わったとしても「彼女」であり続ける気がするからだ。

けれども、おそらくそれは許されない。なにせドールの頭はすげ替え可能なのだ。どんなドールでも「幼児ラブドール」に変わる可能性がある以上、現行の頭と胴体が脱着可能人形は全て規制せざるを得なくなるだろう。それは、絶対に許すことのできない事態だ。

また、ラブドール基本的に重量がある。シリコンのものであれば20〜40kgほどが基本で、大柄な人形だと50kg近いものもある。

「本物の人間より軽いではないか」と思う方もいるかもしれないが、本物の人間を抱き上げたときには、抱かれた人間意識的動作を助けるよう力を分散させたり動かしやすいよう関節を曲げたりする為、実際にかかる力は体重よりも軽くなる。しかドールにはそれがない上、米俵のように担ぎやすい形もしていない。凹凸だらけの重い物体を動かすには、想像以上の力が必要ものだ。40kg台ドールオーナーの中には家の天井ウインチを設置している人もいるという。

私が身長130cm台のドールを選んだ理由もここにある。小さければ軽く、移動させることも容易だ。

ただ前述のように100cmほどの小型サイズで成人女性の体型をしているラブドールもいる。小児性愛者でないのなら、持ち運びが容易というだけならそちらを選べば良いのではないか?と疑問に思う方もいるかもしれない。

けれども、私は人形性愛なのだ人形人間に近く作られているほど精巧だ。限りなく人間に近く作られていればこそ、人間にはない造形美が際立つのである。だからこそ、「実物の人間に近い」と「取り回しができる」の折衷として、130cmドールを迎えることにした。

130cmドールを選んだということはそのような外見に性的興奮を覚えるのではないか、ならお前は小児性愛なのだろうと言う方もいるかもしれないし、そこについては本題から逸れる為強く否定の弁を述べることはしない。

けれども、知っておいてほしい。幼児ラブドールを迎える人間の中にも様々な人種がいることを。

純粋幼児の外見が好きなもの自分の持ち運びできるサイズを考えた者。そして私のように「等身大」と「持ち運び」双方を考えた者。

持病のために重いものを持ち運べず人間パートナーもいない為ラブドールのお世話になろうという人間がいたときに、自分が持ち運びできるサイズ人形を選んだことで「小児性愛者」と罵られたとしたら。それは本当に正しい矛先なのだろうか。

まり、「幼児ラブドール」という曖昧もの批判するときに、それを愛好する人々を全て「小児性愛者」と一括りにして批判することに傲慢さを感じるのだ。

人形への愛のなさ

この署名活動およびそれに賛成する方の意見を見ていると、そこにひとつ無意識がみられる。「ラブドール実在人間に向くはずだった性欲をぶつける代替である」ということを無邪気に信じていることである。だから彼らは幼児ラブドールを持つものはいずれ実在児童を害すると考えている。

ここに、人形性愛者として私は反発を覚えるのだ。

私にとって人形は「人間の代わり」ではなくそ自身が一個の客体である。私は彼女と暮らす中で彼女意思を無言の中に感じ取り、それを叶えることでささやか幸せを得ている。それはエゴしかいかもしれないが、私は彼女といることで確かな幸福を感じているのだ。大切に扱った器物には魂が宿ると古来から日本では言われているが、私はたしか彼女の中に魂を見出している。それは決して代替可能ものではないはずだ。「魂」が突飛であれば「愛着」と言えばわかってもらえるかもしれない。

彼女のいない生活など想像したくもないし、また彼女がいなくなった後に人間の、成人女性を愛せと言われたところで、それは彼女ではないのだ。

ここに、全ての人間性的嗜好対象人間であるという傲慢さを感じてしまう。

また、この署名への賛成派も反対派も、この「愛着」について全く無頓着であるところに、前述のむず痒さの本質がある。実際のラブドール愛好家を置き去りにして議論が進んでいる感が拭えないのだ。感情法律を左右することなどあってはならないが、それにしたって「賛成」と「反対」の二元論になりすぎていやしないか

以上が、私が幼児ラブドール規制に対して感じた違和感についてである

もっと述べたいこともあるが、話がまとまら蛇足になってしまうことも多いので割愛させていただく。

大前提であるが、私は現実児童への虐待絶対にあってはならないことだと考えている。

私自身はラブドール彼女とひっそり暮らし一緒に朽ちていくつもりであるしかし甥っ子や姪っ子たちが性的被害にあったら絶対犯人を許さないし、場合によっては刑務所に入る覚悟制裁を加えるつもりだ。

人形人間は別である、という冒頭で出た意見に集約されてしまうのだろうが、人形人間とは全く別のものとして愛している人間だっているということを知って欲しかったのだ。

そして最後に、こちらの署名では小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングセラピーへの取り組みを求めるということだが、これについては小児性愛に悩んでおり、ラブドールでも発散することができないという当事者のためにも行うべきだと思う。

また、この文章を読んで人形性愛者という存在を知った方は、是非人性愛者に対するカウンセリングセラピーを行ってくれるような施設を紹介してほしい。

人形生活している人形性愛者にとって、この署名を知ったことは本当に苦しみを覚えたのだから

5月24日付記】
匿名のいち個人意見などほとんど読まれず埋もれていくと思っていたので、想像以上に多くの方に読んでもらって驚いている。
頂いたコメントはどれも肯定否定に関わらず自分でも気づかなかった視点を見せてくれて、本当にこの文章を書いて良かったと思う。ありがとうございます
私は彼女と添い遂げていくつもりだが、ラブドール寿命人間より遥かに短い。シリコンやTPE製のドールは動きに連れて肌が裂けていくし、空気人形は破けて空気漏れるようになる。そして彼女のようなぬいぐるみドールは綿がへたり痩せていく。内部骨格が折れることだって考えられる。
から多分彼女をお迎えしたメーカーに適宜修理やパーツの交換をお願いしながら長らえていく形になるだろう。自然新陳代謝のないドール人間より老いていくのが速いのだ。規制はされないまでもメーカーが萎縮して倒産廃業することになれば、修理を受けられなくなったドール達はどんどん壊れていく。
私を含む愛好家にとってドールパートナーであり家族である。だからメーカーサポートが受けられなくなったら自力で修理技術を身につけようとする人もいるだろう。私もそうするつもりだが、おそらく個人では限界がある。
からこそ、前述の通り体型・性的機能の有無が不定ドールにおいて「幼児ラブドール」という曖昧規制をすることによってパートナーを奪われたり、メーカー自粛したりすることをどうしても止めたいのだ。
また、「小児性愛者へのカウンセリングセラピー」についてであるが、自分小児性愛であることを悩み苦しんでいる人が心理専門家客観的、かつ守秘義務保証された上で話を聞いてもらえて楽になれる場所を作るのはもちろん賛成だ。
小児性愛者だとしても、実際の児童加害行為を行なっていない以上権利は守られるべきだと思うし、児童への加害行為を行う前に適切な精神セーフティネットが用意されて然るべきだと考えている。言葉が足りなかったと思った為補記する。
高校生くらいかぼんやりと考えていた将来設計がある。
人間結婚はしないまでもきちんとした職について両親を安心させ、彼らを見送ったら自分理想等身大人形を作ろう。そして後始末をすることになるだろう親戚家族自分葬式代と迷惑料になるくらいの貯金をしながら人形と一緒にひっそりと余生を過ごしていこうと。
ラブドールというものが今ほど一般的ではなく、存在殆ど知らなかった子供の頃の夢想だった。
今ではラブドールメーカーも多岐にわたり価格もある程度は下がった。私にとってドール性的機能は必ずしも重要なことではない。けれど、等身大人形といえばマネキンか、人形作家が手ずから作る美術品という意識だった子供時代から比べれば、ECサイトショールーム等身大人形をお迎えできるというのは圧倒的な革新だった。また、反対運動が起こってはいるがラブドール展覧会も開かれるくらいには認知度も上がった。いい時代だと思う。
この時代を、私は守っていきたい。

5月27日再付記】

書いた人の個人的な話。長いので別記事にて

https://anond.hatelabo.jp/20200527165713

2020-05-21

anond:20200521192425

それどころか安倍総理告発ダー!とか言ってお祭り騒ぎしとる面々は「自分達が検察庁椅子取り陣取りゲームに巻き込まれた」事にはちっとも触れんのだな。

巻き込まれ芸能人ファン減らして挙句廃業して、最悪は生活保護になるかもしれんのに。

2020-05-19

岐阜県合唱サークル感染率もアレだったし、歌うのってヤバいんやな

カラオケとかもう廃業確定じゃない

anond:20200519111342

警察事件化できない「エクストリーム自殺」の闇

 

近年では、2011年境港市廃業したガソリンスタンド事務所屋根20~30代の女性遺体が見つかった事件が有名だ。

首にナイロン製のロープが5重に巻かれ、死因は窒息死。

屋根の約1メートル上にあったクイのようなものロープを引っかけて自殺した可能性はあるが、

遺体は靴を履いていないにもかかわらず、屋根には1種類の靴跡が残されていた。

現場は目立たない場所で人の出入りはなく、周囲で靴は見つかっていない。

だが、結局は「争った形跡がない」「他殺なら遺体を3メートル上に運ぶのは困難」として自殺判断されている。

http://dailynewsonline.jp/article/972004/?page=all

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん