「観光客」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 観光客とは

2019-01-22

わざわざ名古屋に来て食べるべき物

anond:20190121151612

風来坊

山ちゃんとかその辺で食えるだろ。限りなく名古屋限定風来坊オススメしておく

好みはあるが、スパイスも含めて自分は好き

山本本店

本家じゃなく本店。総本家東京でも食べれるが、本店愛知県のみ

これも好みだが、こっちの方が好き。漬物は頼んでおけ

寿がきや

ラーメンでもスイーツでも良いから食べて欲しい。ソウルフード

あんかけ鉄板スパ

コイソースはどこでも見るが、大して全国展開してないので食べとけ

ベトコンラーメン

味仙というか台湾ラーメン結構どこでも食べられるので、ここはベトコンラーメン

臭くなるけど、地域B級グルメではある

大須の鳥の丸焼き

全国何処ででも食べれそうだけど、なんとなく

熱田神宮きしめん

新幹線ホームでも良いけど、ここはお参りがてら宮きしめん境内

他にも美味しい店はあるけど、適度な安牌を

ドテ煮、味噌煮込みおでん

錦3丁目に繰り出せるなら食べて欲しい。その辺の名古屋めし居酒屋のとは違う美味しいのが食べられる

郊外モーニング

名駅近所の一日中とかパン食べ放題なんてモーニングじゃないし、コメダレベルトーストゆで卵なんてドトールで充分

是非郊外モーニングを味わってくれ。茶碗蒸しうどん付くレベルのな。トーストホットサンドに力入れる店は微妙かも

あくまで初回な。もっと美味しい店やディープな店は2回目以降だが、大半の観光客はは2回目名古屋に来ないんだな、コレが

2019-01-14

anond:20190113225106

ここまでで自分が納得できる説明は、中国から観光客向けの決済手段提供だけかなあ。

日本に来てすぐSuica買ってもらえば、電車に乗るのは楽になるので、それを押したいけど、衝動買いの高額決済押さえられないのが弱いところ。

ただそうやって普及させた日本QRコード決済が、逆に中国じゃ使えないのは切ない。

あとは国内ニーズがあるのは、やっぱり個人間送金ぐらいかな。

まあ、過渡期と割り切って、手数料無料のうちだけQRコード決済使うのもありか。

QRコード決済もどこかでマネタイズ必要なはずで、中国では金貸しとか信用サービスとかで稼いでるみたいだけど、どっちも日本では流行らなさそうなので、結局手数料取るようになる気がするけど。

でも、それならFelicaを普及させて欲しいなあ。

Felica陣営QRコード決済対抗で手数料少なくするぐらいの体力はあると思うし。

2019-01-12

美術館で抜いちゃいけません!

https://anond.hatelabo.jp/20190110103127

喋るのダメ!だけじゃなくて、

展示室では「壁沿いに行列作って順番に絵を見るもの」だと思ってる人がいて困る。

(定員数のある体験系の展示や、モナリザみたいに1作品大人数が集中している場合は順番の意識必要だけれども)

監視員の人が「列を作らないでください。鑑賞の順番はございません。お好きな作品からご覧ください。」って声かけしてても、なぜか順番に見ようとするのね。

監視員の人も大々的に絶えず言ってるじゃないから全員に伝わってないのかもしれないが。

展示室の入り口すぐ〜3つめぐらいまでの絵が混んでて、あとはガラガラ...とかが多い。並んでるだけで目の前の絵見てなかったりとか。

庭園美術館とか横浜美術館の、メジャーどころ(印象派とか)の展示にそういう人が多い印象。

関係ないが、ビュッフェとかでもぐるっと並ぶ人いるけど、あれ無駄じゃない?全員が全種類を取って食べるわけじゃないのに...)


以前、展示室入ってすぐに空いている奥のものを見に行ったところ、年配の方から「抜かさないでちゃんと並んで!非常識!!」って言われた。

「私は美大卒ですが今までそんなルールは聞いたことがありません。監視員さんに確認されましたか?」って言ったら「!!(プイッ)」だったけど。

※一応書いておくけど、展示全体を逆走したりしたわけじゃなくて、いちエリアである展示"室"の話ね。

わけわかんないルール押し付けてくる人には「美大卒ですが」ってつけるとだいたい黙らせられる。

そんな風に肩書きを使うのは悲しいけど(美大なのは事実)、年配の方に対して「私はあなたよりも多くの展示を経験しています」と暗に伝えるためには致し方ないのかなとも思う。くだらねえ予防線ですまぬ。(にわかは来るな!美術好きしか展示を見るな!と思っているわけではないことを強くお伝えしたい)



ちなみに一番人が少なくてみんな自由作品を見てる、かつ他人の動きが気にならないのは東京都現代美術館。あまりに人が少なくて、しか美術関係しかいなくてびびるけど、素敵な美術館なのでおすすめしたい。ツブレナイデーーーー(追記:今リニューアル中だけど3月に再OPENするよ!)

いつ行っても空いてるし、あの作品をもう一度見たいぞ!ってスタスタ逆走している人がいたりとか。(空いてるので全く邪魔になりません)

わいわい話しながら歩いてきた二人組がこちらの存在に気付いてスッと黙ったりトーンを落とすこともあるけど、それって別に美術館ではしゃべっちゃだめ」って思ってるわけじゃなくて「作品に集中している誰かを邪魔しないため」に過ぎない。

あ、地中美術館とかだと、タレル部屋のベンチでだらだらおしゃべりしているだけの観光客とかがいて、それは流石に不快...作品鑑賞しないならカフェ行ってくれ!って思う。(監視員さんが注意してた。GJ!)


あと、「変な解説つけてる奴ww」って言ってる人がも多いけど、私はあれ逆に好き。

作者の経歴とか作品年代間違っちゃってるのはまあ資料見てるわけじゃないからしゃーないよねって思うのと、作者の意図受け手の感じ方の"齟齬"がアート面白い部分だと思ってるから、その人の解釈なんだな〜程度に思って聞き流してる。

作者はエロティック表現をしているつもりでも、見る側にとってはプラトニックに感じられたり、その逆とか。

私はこう思ったけど、あなたはこうなんだ!みたいな会話が楽しい映画もそうだけど、見終わった後の感想戦が一番好きかもしんない。

いろんな解釈が生まれるてくるからこそ作品鑑賞って楽しいよね!逆に"ただひとつ解釈の正解"があったら、ここまでアートは存続しなかったと思う。

任天堂マリオカート商売するつもりです

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.bengo4.com/internet/n_9085/

なんか知らない人が結構いるみたいだから言うけど。


公道マリオカート危険社会的評価を落とすことに繋がりかねないから、禁止したいってのは合ってると思います

でも一方で上の記事では

「やりたい人がいるんだからインバウンド云々・・・

とかあまーいこと言ってるみたいだけど、任天堂マリオカート商売するつもりありますよ。

https://www.usj.co.jp/company/news/2017/0608.html

まぁ単なるライドアクションなので公道でのカートとは違った体験ではありますけどね。


任天堂自身がこうやって外国人観光客から安全に楽しく遊んでもらって正しくお金を取ろうと頑張ってるわけですよ。

USJという外資系企業とも組んでね。

素晴らしいじゃないですか。グローバルじゃないですか。

でも、いうなればあの人達はそれを掠め取ろうとしてるわけです。

インバウンドが云々とか言う話は通用しませんよ。

こうやって偉い人たち、頭のいい人たちがが外国人あまい面して、結果的地元の人の不満がマグマのように溜まって排外的な人が増えるってのはもう何度も経験してるでしょ。

日本でも世界でも。


いい加減学んでほしいんだよね。

相手を対等な人間ときちんと認識して、ちゃん調和するように努力していこうよ。

「アホな外人から大目に見てあげましょうよ」

みたいな態度が透けて見えてうんざりするんだよね。

心の底でそう思ってるでしょ。

ちゃん相手大人人間として見よう。

2019-01-01

フィンランド英語教育マネできない

なぜなら彼らは本場英語の国であるイギリスが近所にあるから

特にフィンランドイギリス人の観光客豊富だ。

フィンランド人にとってはうんざりするほどイギリス人がやってくる。

そんな環境であれば英語なんて嫌でも身につくという寸法だ。

2018-12-27

ふたつで充分ですよ

デパ地下を歩いてたら「揚げ物ふたつください」「3つがお買い得となっております」「…。じゃあ3つで」というやり取りを聞いた

なんでこんなことが気になるかというと、実は俺も同じ店で先月くらいに同じやり取りをして2つ欲しかったのに3つ買わされたのだ

まあどちらも一人暮らしっぽい外見の男性だったし、家族連れやおひとり様女性デカ揚げ物プラス1個プッシュはさすがに成功しそうにないので理屈としてはわかる

で、おそらくなんだが、口調と表情から察するにその人も俺と同じように面倒だからこの店では二度と買わないと思ったと思うのだ

普通の店なら目先の1個のために客を不快にするかもしれない営業ハイリスクなんだけど、幸か不幸かここは駅前デパ地下新規の客なんていまどき観光客含め山ほど来るのだ

ちまちまリピーターなんぞ作ろうとしなくてもプッシュプッシュでどんどん売りまくればどんどん捌けるのだ

ああ、客を軽視する売りっぱなし商業主義と揚げ物ひとつ断れないコミュ障男子呪いあれ

2018-12-26

anond:20181226161714

君が観光地しか見てないだけ あいつらに言わせると四階建て以上が存在するだけで過密都市だぞ

東京とかよくビル見ただけで気絶する観光客出ないよな

2018-12-24

新しい観光地

近年、マスメデイアやネット口コミなどで話題になり、それ目当てで観光客が訪れるようになった観光地

博物館美術館テーマパークなどの施設廃墟アニメドラマロケ地となった所謂聖地」は除く

タウシュベツ川橋梁

青い池

天に続く道

モネの池

農溝の滝/亀岩の洞窟

他になんかある?

2018-12-21

anond:20181221094041

そういうの「なんでも聞いてくる人が嫌いだから」って、いちいちカドの立つ前置きしないと伝えられないようなことではないと思う。

普通に相手に「ごめん、自分で調べて」って言ってたら、なんでも聞いてくるタイプの人寄ってこなくなった。相手が仲いい人だったら「あんたが持ってるその板で調べろ」とか言ってるし、そういう間柄でない人には「自分が調べた時から情報が変わってる可能性あるから、新しい情報を調べたほうがいい」とか、いくらでも言いようある。ただし、観光客によく道は聞かれる。

まあ、世の中、教えたがりの人もいるから、聞く方もあんまり罪悪感ないんだよね。

2018-12-19

anond:20181219101141

やっぱ沖縄行った事ないんだな。観光ですら。

観光だって空港抜けたら即市街地だとか、高速沿いの土地も平地は家だらけ、とかすぐ気づくはずだしな

道狭くて家ぎっしりでどこもかしこ渋滞だとか、幹線道路外れたら道迷うとかも

anond:20181219100728

横だが沖縄行った事ある?

平地に空きスペースろくに無いの観光客だって分かるぞ?

だだっぴろく見える土地は全部基地よ?

2018-12-17

エレベーターを歩くな」は必ず失敗する1つの事実

最近、どこのさしがねかわからないが、メディアで「エレベーターを歩くな」というアナウンスが強くなってきている(そのわりには駅もデパートもどこもアナウンスしていないので、奇妙だが)。

しかし、こんなのは定着しない、と断言できる。いや、たとえ定着しかけても一瞬で瓦解するだろう。

その理由2020年オリンピックがあることだ。

エレベーターの片側を空ける」は世界的に定着したマナーだ。アメリカフランスロシアも、みんな片側空けだ。

エレベーターを歩くな」とアナウンスを強くしても、すぐに世界から観光客がくるんだから、そんなものは木っ端微塵に破壊される。

国内でもまだ定着の兆しがないのに、「日本ではエレベーターを歩いちゃいけません」なんて今から広報することは不可能だ。いちいち駅に各国語マナーポスターでも貼るのか? 誰が見る、そんなもん。

必死エレベーターを歩くのは危険だ、って主張しているやつら、無駄だよ。そんなマナーが定着している国はないし、今から啓蒙してもオリンピックですべて吹き飛ぶ。

だいたい人間自然発生的な行動には、何かしら合理性があるんだよ。世界中でエレベーターの片側明けは行われているんだから、それが合理的な解答なんだってば。

2018-12-15

anond:20181215062913

もうすぐ死ぬ人を収容する専用施設ができる日は遠くないかもな。

しかもその理由観光客のために治安景観を良くするとかだろうな。

2018-12-07

新大久保に住んでいる

新大久保のど真ん中に長年住んでいる。韓国式チーズドックが並ぶ大久保通りを通って、朝と夕方毎日毎日新大久保駅と家を往復している。

このところの新大久保は賑わいがあって大変良いなと個人的には思ってる。来てる人たちも若い女の子が中心で、特に治安が悪くなるわけでもないし、みんなが新大久保を楽しんでる様子を、毎日微笑ましくみている。

ゴミ問題が取りざたされてるが、毎日みている身としては、そんなにひどいかな?と思うのが本当のところだ。

店舗大きなゴミ箱を設置してるし、列整理やゴミ誘導など、専門のスタッフを置いている店も多い。他の店の前で食べようとする人には注意もしている。

なので、あの人通りの割には大分散らかっていないと感じている。(もちろん綺麗なわけではないが、でもそこまで酷いとも思えない)

とにかく問題だなと思うのが、新大久保キャパの狭さ。

新大久保はとにかくキャパが狭い。まず駅。山手線には珍しくエレベーターもないし(ただ今建設中だが)、山手線駅とは思えないくらいしょぼくて出入り口が狭い。この前急に雨が降ったら、帰ろうとする人でごった返してパニックになって入場規制されてしまった。

さらに道幅の狭さ。3人歩いたらやっとの狭さ。そんな狭いところなので、人がごった返して歩けるものじゃない。もう車道封鎖して歩行者天国にでもしちゃえばいいのにな。

そのような状況なので、もうゴミ箱以前の問題だと思う。大勢の人を受け入れる環境がとにかく今の新大久保にはない。でも観光客は来るななんて、自分は1ミリも思わないし、これだけ人気なんだから整備しないなんてもったいないと思う。(しかしどう整備すればいいのかもはやわからないが…)

若者韓国料理店も、悪いところはそんなにないと思う。地元商店街側が、あまり良い気がしてなくて、迷惑だのなんだの言ってる印象がある。単に全然関係がない韓国人が店を開いてそっちばっかり流行って気に入らないのかなという感じ。ゴミ箱云々の話も難癖にしか思えない。

本当にゴミが嫌で困ってるなら、自分たちでもゴミ箱設置すりゃいいのに。もっとうまく共存できればいいのにな。

2018-12-06

anond:20181206115358

玉ねぎ臭は典型的ワキガです

黒人なら100パー、白人でも70パーわワキガ

まりあなたが言ってるのはワキガ差別です

黒人白人日本で暮らすようになればそれが当たり前になるんだから大人しくなれてくださいね

それとも日本に来てる観光客とお店で隣合わせた時も同じこといいますか?

2018-11-27

anond:20181127161853

築地(いま築地じゃないけど)のすし屋とかは観光客向けだからフラット接客で向いてると思う。味も私はおいしかったと思うよ。

ただ地方から来てるんだとしたら東京寿司を食う意味マジでない。高いだけ。

東京に住んでるなら地元で気の利いた店探すのが一番落ち着けていいよ。

2018-11-26

拾得物を拾う増田届け土と出すマウロ比を津福とウュし(回文

偶然もチャンスに変える生き方が好きよ!

おはようございます

今朝方さ、

Suikaカード拾ったのね。

これってすぐさま交番に届けに行った方がいいのか?

もしかして落とし主が落としたことに気付いて

行った道を探しに再び戻ってくるのを待ってたらいいのか?

うーん悩むわね!

なんか一応金券だし、

いくらチャージは幾ら入ってるかは見てないけど

ここは清く正しく美しく生きている私としては

交番に速やかに届けることにしたわ。

なかなか交番に入る機会もないから、

出頭という意味では緊張感が走るわよね。

別に悪いことしてないんだけど、

車に乗っててパトカーが後ろにたまたま並んで走ってるときの、

なんかそんな緊張感にも似た感じかしら。

拾得物の届けをして、

お礼とかいますか?という質問は全てノーよ。

だってもしSuikaに入ってるマネーが2億ぐらい入ってるとして

マネーロンダリング最中だったとして、

それを手がかりにネコババしただろう!おまえはおまえは!って

マフィア的な人に消されるのだけはゴメンよ。

そんなことを交番本官さんに言うと、

それは映画テレビの見すぎです!ってツッコまれたわ。

拾ったときSuikaがあまりにも重たかったので

少なくとも数千万円は入ってるはずよ!

まあそんな危なっかしいもの

すぐに届けて手から離したいものね。

でさ、

いつも思うんだけど

あいときって、

拾った人の身分証とかは確認したりしないのね。

一応の連絡先とか聞かれて書くんだけど、

交番本官さんたちは

それが本当に私の情報だとかと言うことは

正しいかどうかとかは限らないわけじゃない。

しかしたら、

嘘と最初から偽って名前とか住所を書くとき

本官さんたちは、

文字を書くときの一瞬の筆跡をみて

こっちがドキドキしてるかどうか

嘘を書いているんだとかどうか

見抜いてるんじゃないかしらって?

そう言うことも聞いてみたら、

それも映画テレビの見すぎです!って笑ってたわ。

拾ったもの持ち主に戻るといいわね。

うふふ。


今日朝ご飯

なんか二日酔い高なんだか分からないけど、

頭が痛いわ。

きっと銚子調子に乗って梅酒を飲んだのが行けないのよ。

午後までには回復よ!

デトックスウォーター

なんか最近ドラゴンフルーツがよく近所のスーパーとかで売られてるのをよく見るのよね。

前は百貨店なんかの果物屋さんに行かないと

あんものは置いてなかったりするんだけど、

しかしたら、

アジアから訪日観光客さん達が喜ぶから仕入れてる寸法なのかしらね

よく分からないけど、

私は好きだからよく買えて嬉しいわ。

そんなドラゴンフルーツウォーラー

赤いのはまた食べたことないので

赤いの食べてみたいわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-11-23

anond:20181123114534

それは教養がある上流の人たちだけ。それでも人口が多い分すごい数いるけど

それ以上に多い「普通の」庶民的観光客は安く買い物や食事したいだけ

2018-11-22

[] 2017 台湾旅行記 第三部分

anond:20171012191320






3


3日目 午前


旅先では余り眠れない事が多い。

今日が今回の台湾旅行最後の朝だけど、グッスリはいかず、7時前に目が覚めた。


ボーッと窓の外を眺めていると、部屋の外からオバちゃん2人の声が聞こえて来た。

お客さんかな?ベッドメイクかな?

それにしても、楽しそうによく笑う。



朝食を済ませた後、ホテルのすぐ隣にあるコンビニで、スイカ牛乳japan walker、烏龍茶を買った。

japan walkerは鎌倉特集

昨日も女性誌を買ったけど、現地の雑誌というのは興味を唆られるものだ。

昨日、台北車站の地下街を歩いているとき中山地下書街」という掲示を見たが、午前中の地下街は人の流れもまばらで、場所がよくわからなかった。

わかれば本屋も覗いてみたかったんだけどな。

烏龍茶を飲んで「美味い!」と呟いた。

ペットボトルのものでも、日本のものとは香り全然違う。

あとで再購入したときによく見ると、材料表には「香料」もあったが、それは台湾人の嗜好としてこの香り重要という事だし、美味ければ大きな問題は無い。


ホテルの窓際でこの旅行記を書いていると、ザっと雨が降って来た。

台湾は雨が多いので、雨具を持って来ていたが、旅行を通して行動に困るほどの雨がなかったのは幸運だった。

雨はすぐに小ぶりになったけど、窓の外にはまだ傘の花が咲いている。

あと数時間でチェックアウトだ。



午前9:45分。


雨はとっくに止んでいる。

定刻にはまだ数時間あったけど、チェックアウトする事にした。

空港への送り迎えのため、ここには21:00にまた戻って来る事になる。

ベッドに上に「謝謝」と書いたメモを1枚残してホテルを出た。




3日目 午前


世界に展開するグローバリズム象徴スターバックスはここ台北にもある。

わざわざ海外に来て、世界中にある店に入り、ローカル微妙な違いを見るもの楽しいものだ。

150元を支払い、アイスカフェモカグランサイズを受け取って2階に上がると、そこでは男女がラップトップを開いていた。

世界のどこに行っても、スタバでやる事といえばコレらしい。


スタバで注文するのが苦手な人は一定数いる。

もしあなたがそうでも、安心してほしい。

台北にはドトールもある。

コーヒーを飲んだ直後で大してのども渇いてなかったが、入ってみる事にした。

入り口には行動を禁ずる、べからず集が書いてあり、犬とハンバーガーバツ印が書いてある。

その下に「禁止打牌」。

ペットを連れ込むな、食べ物を持ち込むなはわかるが、「トランプするな」は新鮮だ。


ドトールで頼むものといえば、ミラノサンドのA以外ありえなく、これはスタバドヤリングと同じ様式美なのだが、残念な事に、11:00以降しか頼めないようだった。

少しがっかりして、70元を支払ってアイス紅茶を頼むと、何も入れなくても甘かった。

台湾の人はアイスドリンクをなんでも甘くする。



旅行を通して概ね正しいエリーさんの助言に一つ違を唱えるなら、台湾suica、悠遊卡についてだ。

エリーさん曰く、チャージした金額有効期限は2年だし、デポジット100元が勿体無いので、頻繁に台湾に来るのでなければ購入を勧めないとのことだったが、実際に使ってみると、メチャクチャ便利。

複雑な購入手続き切符を買う必要なく、地下鉄も台鐵もバスもピッとやるだけでOK

交通機関現金決済したのはタクシーだけだった。

多少の損を補って余りある便利さの悠遊卡なので、台湾に来る際は是非購入を勧めたい。


帰りの便までまだまだ時間があるので、悠遊卡に100元チャージして、地下鉄台湾北部の景勝地、淡水に向かった。




3日目 午後


淡水は異国情緒ある海岸の街。

日本でいうところの横浜とか神戸といったところらしい。

駅前を歩けばすぐ海岸で、晴れ渡った空の下、おっちゃん達が釣り糸を垂らしていた。

ふと見ると赤い看板

台湾ではコーションは赤い看板に書かれるらしい。


「本河岸遊客衆多

 為維護遊客安全

 本路段禁止甩竿汉示」


「この海岸には観光客がたくさん来ます

 観光客安全のため、ここでは釣竿は振らないでください。」



さて、初日寧夏夜市で食うつもりで、メモまで描いたが、食えなかったものがある。

千と千尋の神隠し」で、千尋の両親が食って豚になってしまったモノではないか、と言われている謎のプルプル、肉圓だ。

海岸から山の方に上がろうとして通り掛かった海の家で、「肉丸」と書かれた看板が掲げられていた。

昼時で丁度いい、食おう。

おばちゃんに「肉圓 QQ〜」と描いたメモを見せる。40元。

「それだけでは足りない」とエリーさんが言っていた肉圓だが、いざ食って見ると、正体不明のプルプルは意外とお腹にたまり、1杯で小腹を満たすに充分な量だ。

こんなものを大量にガツガツ食えば、それは豚にもなってしまうのかもしれない。


海も見て、肉圓も食って、煉瓦造りのキリスト教会も見た。

歩き疲れたので、台北に戻ろう。



台北についたのは午後14:00過ぎ。

今なら人に流れについていけば「中山地下書街」を見つけられるかもしれない。


地下街中山站方向に歩く。

やがて中山站を過ぎると、右手地下街にそって長い本屋が見えて来た。

中山地下書街」

やった、本屋だ。


「誠品書店」に入って見ると、平積みにされていたのは、謝馬力 著「女子翻轉」

女性生き方に関する本らしい。

台湾Sex and cityか?はたまた中国ジェーン・スーか。


しばらく歩くと、料理本一角

料理本って、みてしまう。

ほとんどの本が何を書かれているか、全くわからないんだけど、1冊、ピクルスの作り方に関する本があった。

美しいイラスト作ってみたくなる写真

これならなんとか分かるかもしれない。

からなくても、開いているだけで楽しそうだ。

買って帰る事にした。300元。



地下街を歩いていると「新光三越」の文字

台湾にも三越はあるらしい。

三越があるなら、正真正銘デパ地下があるはずだ。

これは是非行かないといけない。


新光三越に着くとデパ地下はどうやら地下2階。日本より小ぢんまりとして、お菓子などが中心ではあるが、これぞデパ地下という光景があった。

色々な店が軒を並べる中、お茶の店があり、白磁蓋碗ディスプレイされている。

日本に帰って、同僚とお茶を飲む為に、何か茶器が欲しかたから丁度いい。

560元は、多分日本より安い。




3日目 夕方


あと5時間で迎えが来るが、台湾でやりたい事リスト最後の項目がまだだった。


サツマイモが入った台湾式の清粥を食べる。


台湾で清粥といえば、飲んだ後に食べるものらしく、店が開くのは17:00からだった。

最近アルコールに弱くなったし、台湾では心置きなく食いたかったので、旅行中は一切、酒類は飲んでいなかった。

しかし、別に飲んでなくても問題ないだろう。

17:00ジャストに、「無名子 清粥小菜」に入った。


この店では、ショウウィンドウの中からおかずを選び、それにお粥が付いてくる。

どれにしようか?

ショウウィンドウ越しでハッキリ見えないが、美味そうな炒め物を頼んだ。


席に着くと、鍋一杯のお粥

さあ食うぞ。

しかし、運ばれて来たおかずを見て一瞬たじろぐ。

それは「牡蠣豆豉炒め」だった。

もっとよく見りゃ良かったぜ、ここは屋台ではないが、エリーさんの忠告を思い出す。

これを食えばあとは帰るだけとはいえ、もし飛行機の中で降せば大きな問題を抱える。

最悪当たるにしても、迎えのくる21:00までにスパっと終わるか、自宅に帰り着く翌10:00以降にしてほしい。

恐る恐る口に運んだ牡蠣は、豆豉の風味が効いて美味く、お粥は歩き通しの身体に優しかった。

これで、「台湾でやりたい事リスト」はコンプリートした。



無名子 清粥小菜を出て、おそらくこの旅で最後地下街を乗り継ぎ、ホテルの最寄り駅に出ると、道路しっとり濡れていた。

参ったな、あと一息で雨だ。

でも3日間で学んだのは、台湾の雨はすぐ上がるという事。

意を決して歩き出すと、どうも降っていたのはさっきまでだったらしく、殆ど雨には当たらなかった。

この調子で、願わくば牡蠣にも当たらないでほしい。




3日目 夜


ホテルフロントでこの旅行記を書きながら迎えを待つと、女性2人の親子連れが入って来て、フロントに尋ねた。

「この近くに喫煙所はありますか?」

日本語だ。

そんな基本的な事を聞くって事は、多分今日 このホテルに着いたのだろう。

自分は今夜、日本に帰るが、今日日本からたかもしれない人がいる。

ここでは毎日、入れ違いで人が行き交うのだろう。


しばらく待っていると、また日本から家族連れがフロントにやって来た。

お父さんが、自分の胸を指差して、現地で買ったTシャツになんと書かれているか聞くと、フロント男性は、ちょっと戸惑いながら答えた。

「えっと・・・簡単に言うとですね、『ゴキブリ』です。」


またしばらくすると、20人程の旅行客がやって来た。

話しているのは中国語で、スーツケースの大きさから見ると、多分大陸の人だ。

一団はひっきりなしに喋っていて、声も大きい。

この旅行であった人たちの中で、もっとも賑やかな人たちかもしれなかった。



嵐のような一団がフロントを過ぎると、迎えのツアーガイドがやって来た。

ガイド若い男性で江(チャン)さんという。

英語名はありますか?」と聞くと、「無いですね、僕も英語は喋れませんし」どうもみんなに英語名がある訳では無いらしい。


チャンさんは人当たりが良く、風貌イケメンというか、今風で、ちょっとチャラい感じといえなくも無かった。


空港までの車の中で、たくさん起きたことを話し、少し疑問だった事も答えてくれた。


台湾男性が機内でメガネだったのは、ちょっと上の世代伊達メガネブームがあった事。

台湾男同志性愛を描いた映像作品を観たのは、おそらく同性結婚が法的に認められたのと関係がある事。

ドトールトランプ禁止は、解禁するとギャンブルをやっちゃうからである事。

ついでに、チャンさんは実は以前に日本に来たことがあり、出逢いを求めて相席居酒屋に行ったら、40代以上の女性ばかりで少しがっかりした事も教えてくれた。

やっぱりちょっとチャラかった。


チャラいけれども、仕事をきちんとする好漢のチャンさんは、チェックインまで付き合ってくれると、出国手続きや再両替についても教えてくれた。

台湾出会う人は素晴らしい人たちばかりで、チャンさんもまた例外では無かった。


もう直ぐ台湾を去る。

台湾でしたい事の全てが予定通りに行えて、多くの予想以上があった。

言葉にすると陳腐だけど、これ以上正しい表現が思いつかない。

「全てが掛け替えのない3日間だった。ここに来て本当に良かった。」


チャンさんは日本語が堪能で、何を言っても理解してくれる。

でも、最後は、滞在中に助けられ通しだった方法以外にあり得ない。

「じゃあ、僕はここで」と微笑む彼に、ホテルの部屋で朝に書いた、最後メモを見せた。


「太棒了、台湾

2018-11-21

[]【14】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181121133253





7日目



地獄の老婆と台湾ギャル


アトピー持ちなので、朝方や夜に症状が出た箇所の痒みに悩まされることが多いのだが、温泉の効き目かどうか、この旅行 最後の床では何に煩わされることな眠ることができた。

ホテルの大浴場はどうやら良いものの様だが、帰りの飛行機の予定の時間から逆算すると、別府温泉で湯に浸かる時間が忙しないものになりそうで、ここはスキップする事にして、朝食をいただく事にした。

廊下にでて窓から階下をみれば、乙津川堤防の上を、犬を連れたおじさんがぷらぷらと歩いている。

今日大分は晴れそうだ。


朝食は良くあるビュッフェ形式

しかし、クロワッサンと一緒に盛り付けられたパンケーキや、コンロで再加熱するシシャモ湯豆腐など、工夫のある料理が並ぶ。

朝に冷奴定番だが、これが湯豆腐になっただけで贅沢な感じがする。

ホテルの朝食で、「充分うまい」以上の「ちょっと贅沢」を感じられると思わなかった。


ホテルをチェックアウトして、鶴崎駅へ。

日豊本線上り一旦大分で下車、見目麗しい銘菓雪月花」をお土産に買う。

再び日豊本線に乗り込み別府へ。

別府駅の観光案内所で今日の目当ての明礬温泉へのバス便を聞くと、インフォメーションのご婦人は丁寧に教えてくれた。

明礬停留所バスから降りると、目当ての施設に行くまで歩くので、次の地蔵湯前停留所で降りるのが良いとの事だった。


案内に従い、バスに乗り込み山道を行く。

昼に見る別府は、昨晩と違い、多くの飲食店コンビニが点在する、のどかだが決して寂しくはない風景だった。

バスには自分以外にも台湾人と思しき人々や日本観光客が載っている。

バス停に停車した際、70すぎと見られるご老人が「かまど地獄血の池に行こうと思うんだけど、どのバスには乗り換えればいいの?」といった様な事を聞いている風景はなかなかシュールだった。


「じそうゆまえ?」

女の子バス運転手に特徴的なイントネーションで行き方を訪ねている。

「あー、地蔵湯前ネクスト ツー。」

恐らく台湾人の彼女運転手が答える。

自分明礬を通り過ぎ、地蔵湯前停留所明礬湯の里に向かう。行き先は一緒だ。

彼女が席に戻って友達と談笑しているうちにバスは到着した。

彼女を手招きしてバス電子掲示板を指差す。

地蔵湯前

降り立った地蔵湯前停留所は、紅葉の向こうにアーチ構造の端がかかり、所々で湯気が上がる絶景だった。

少し歩けばこの風景を見ながら温泉に入れる露天風呂だ。

急ごう。

振り返ると、一緒に降りた女の子が微笑みながら礼をした。


【15】2018 晩秋、広島・博多・別府 7日目|別府ん湯って最高やろ? へ >>

京都外国人大杉

先日京都にふらっと遊びに行き市内で晩飯を食おうとしたのだがどこもかしこ外国人観光客で混み合っていて店員はてんてこ舞い店内は荒れ放題でそれはもうひどい有様だった。

京都には昼間に行くことが多くその時はそんな荒れた様子はまったく感じなかったのになぜ夜になるとこんな惨状になるのか不思議で仕方なかった。

京都では昨今ホテルの数が急増している。

昼間に京都大阪等近隣各地の観光名所を巡ってきた観光客たちが夜になると京都市内のホテルに帰ってきてこぞって外へ食事を取りに繰り出すのが原因かな等と考えてみた。いかがなものだろうか。

2018-11-19

[]【4】2018 晩秋広島博多別府

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181119215752





3日目



3日目 ゴジラと朱の大鳥居


移動疲れで早めにベッドに入ったものの、宿の狭さか旅行の緊張か暫く寝付けず、結局睡眠導入剤の手助けを借りる事になった。

まり頼りきりになるのも怖いが、こう言う時には強い味方だ。

おかげで8時間余りの睡眠をとることができた。


7:00

窓の外は雨の気配もない。

今日は歩き回るつもりだったので好都合だ。

先ずはさっぱりと目を覚まそうと入った大浴場は、どうにも洗い場の水捌けが悪く、足元がバシャバシャだったが、いちいち細かいことを気にしていても仕方ない。

広い風呂桶で朝風呂を浴びれるだけで上出来だ。

身体も暖まって目も覚めたので、身支度をしてホテルを出た。

向かうは厳島神社だ。


JR山陰本線で向かう宮島口、車窓の外では緑と褐色、橙が調和を作る斜面にマンションや戸建てが張り付いている。

これから向かう厳島神社英語神社shrine 、祀られる神は deity と言うらしい。god ではない。

日本人自分からすると、神社神様は、いわゆる唯一神と違い、「人間無限の愛を注ぐ父なる存在」ではなく、「自然世界運行を司る人間より上位の存在」であって、「世界運行の都合によっては人命も薙ぎ倒していく、敬うべきだが恐るべき存在」だ。

その恩寵も脅威も本質的には世界のためであって、人を主眼に置いたものではない。

そういった神性をエンタメとして表した代表作が「ゴジラである様に思う。

自然は容赦がないし、脅威は過ぎてもまた必ずやってくる。

広島は近年土砂災害に見舞われたが、斜面に建っている民家を見ていると「これは確かに自然が荒ぶればひとたまりも無い」と思う。

広島駅前には河が流れ、遠くを望めば山が見える。車窓の外では紅葉が彩る高台や斜面の中に家が建つ。

平時の住環境は最高だが、往時の危険もまた強烈だ。

この街に住む人は、自然恩寵と脅威に無関心ではいられないだろう。


厳島神社のある宮島には、宮島口駅で降り、フェリーで向かう。

さすが名だたる観光地なだけあり、観光客でいっぱいだ。

東京よりは少ない」と思っていた外国人も多い。

フェリーに乗り込み、3階展望デッキに座る。

桟橋を出てすぐなのに、デッキの淵には瀬戸内の水面に起立する大鳥居ファインダーに収めようとする観光客で鈴なりだ。

もちろん自分鳥居は撮りたいが、「見えてきてからでいいかなー」と言う感じ。焦ってヘリに長時間陣取れば他の観光客邪魔になってしまう。

腰掛けていたベンチ、隣を見ればスカーフを巻いた外国人女性がいた。

その先に少し覗いてきた大鳥居

教えようと指差す。

「・ー・ー・?」

しかけてきた彼女英語が聞き取れなくて聞き返す。

「How long?」

「あー、about 5minutes.

「5minutes.

「そう。」

休みに入ってから基礎英会話勉強を始めたものの、1日せいぜい2時間で2週間では大きな変化はない。

でも気にせず続ける。

「Where come from?」

Malaysia.」

あ、そのスカーフブルカか。

「Are you?」

彼女は下方向を指差す。

「No, Tokyo.」

「Oh, I go to Tokyo friday.」

「Enjoy Tokyo :) 」

お互い片言にも程があるが、単語をぶつ切りにした様なコミニュケーションでも意外と伝わるし、海外ではコミニュケーション出来ることだけで嬉しいものだ。

昨年から海外旅行で一番役立つ学びは、このコミニュケーションへの意志と気楽さかもしれない。


マレーシアから来たご婦人に5分と答えたが、実際には10分ほど後にフェリー宮島に到着した。

まあ規模感に大きな違いはないし、誤差の範囲だろう。

洋上フェリー展望デッキからも撮れた朱の大鳥居だが、岸からのほうが近かった。

島の其処彼処でノタノタ歩く鹿と共にスマホファインダーに収める。

きちんとしたカメラは携行しているし、それでも撮るのだが、こういったレイドバックな瞬間はスマホで撮るのが丁度いい様に思う。


水面に建つ大鳥居が有名な厳島神社だが、実際に訪れてみると鳥居だけでなく本殿がまた美しかった。

宿願成就を祈るため訪れた訳ではないが、せっかくなので参拝する。

祈りの詳細を明かすべきでないと思うので割愛するが、本殿では少し綺麗事とも思える様な事柄を祈った。

なんとなく、自分独りの事について祈るのが違う気がしたからだった。

まあでも改めて考えれば、金でも何でも、自らに起こる事柄に人と関わりなく起こる事はあまり無いし、誰かの幸福を祈ったとして、その実現は己の幸福でもある。

全ては人との関わりの問題でもあると言えるし、全ては己の為とも言えた。

幸福とは己の内にあるのか、人との間にあるのか。


【5】2018 晩秋、広島・博多・別府 3日目|海の生き物と山の仏 へ >>

2018-10-28

anond:20181028170907

イメージだけど

渋谷ニーズもそんなにないし安かろう悪かろう商売してるところしかない、

秋葉原ニーズ豊富で高級志向かいろんな形態がある

ってとこじゃない?

渋谷って夜まで滞在する観光客は少ないからな

自己責任って言うけど

報道を通して人を助けることをしてるんだから英雄と称えるべきとか、逆に迷惑掛けた奴が偉そうに帰ってくんなとか、いろいろ言われてるけど。

ジャーナリストでも観光客でも、危険地域に行って捕まって死なずに帰ってきた日本人ってだけで、それ以上でもそれ以下でもなくない?

渡航前のツイート帰国後の発言を見てると、責められても仕方がないと思う。

だけど、死んでいい人間もいないと思うな。

極論はやめようよ。

2018-10-22

anond:20181022141750

炭酸せんべいは割と日常的に食べている。「くず」の方だけど。コーンフレークのようにして食べるのが好き。

観光客の皆さんは、どうか割れていない方を食べて下さい。「くず」が売り切れてると悲しいので。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん