「なす」を含む日記 RSS

はてなキーワード: なすとは

2020-06-03

ラインスタンプ売れなすワロタ

わろえない

1)数万払って作って貰って、50個も売れず

 1000円ちょっとしか返ってきてないが、凄く気に入ってるスタンプなので後悔はしていない

 心折れそうになったが二桁は売れたので、次なるスタンプ制作を試みる

2)費用を抑えるために見積もりが安かった人に頼んだ

 途中で連絡とれなくなってしまった。(お金は支払い済み)

 そこで3年ほど停滞。ふとしたきっかけで制作再開を試みる。

 ある程度は完成してたので残りをなんとか自分で作った。(元々シンプルヘタウマというかぶっちゃけ下手なイラストというコンセプト)

 自分で買ったのと、友達に送ったので計3個で他は一切売れてない


寂しいけど、くじけずまだ作り続ける。儲けたいというよりも作りたいスタンプがあるから

人に頼むのはやめて、絵の練習を始めた。スタンプとかのデフォルメキャラならなんとかなりそうかと思って。

そしたら1円もかからいから、趣味としてやってける。

ただ、無料画像編集ソフトだと効率が悪いというかできないことがあったりするので、数千円のソフト買おうかと思ってる。

まあ、他でも使うし、必要経費だと割り切って。

5万円ぐらいは投資してるから、1000~1500個ぐらいうれたらトントンになるんだけどなぁ

魚屋弁当は魚はうまいがそれ以外がまずい

先日から私が愛用している弁当屋が復活した。

そこの弁当は品数が多く、一品一品が丁寧でフライ系を除いたら大体どれも美味しくて

社内で食べる必要性を感じるときはそこを利用することが多い。

しかコロナ対策の影響で、しばらくの間閉まり、数日はコンビニパンで過ごしていた。

セブンイレブンコロッケパンコンビニパンの中でも至高といえる。

あくる日いつも通らない通りからコンビニに向かうと、そこには魚屋があり、弁当があった。

その弁当はほっけがドン効果音が付くような分厚さで、弁当の半分以上を占めている。

弁当恋しさと縁を感じ購入を決意。少々値は張るが、炭火で焼いているらしく、少し気分は高揚。

社内に戻り、弁当をあけると確かにはいものだと主張するにおいが立ち込め、気分が高揚。

食してみるとほっけは脂が乗り切った状態冷凍保存していたらしく、非常に美味。炭火で皮の可食部が少ないのは残念だがそれを差し引いてもおいしい。

しかし気分が高揚したのもこのほっけだけで、それ以外があまりよろしくない。まず漬物は安物と一目でわかるつけ具合で

なおかつ、量が少なすぎる。付け合わせの総菜は私の記憶が正しければ業務スーパーのやつだ。気づきたくない事実というものはどこにでもある。

そしていただけないのが白米だ。私的表現使用すると人間味がないのである

この味には覚えがある。デイリーヤマザキおにぎりだ。これはただの勘だが古米を洗浄しすぎるとこういった味になるのだろうか。

米を大事にしている私は少々残念ながらあの道を通り、あの魚屋弁当を買うことはない。

米をついばむうちに、気がかりが生まれた。ほかの魚屋弁当はどうなのだろうか。もしくは肉屋弁当も同じく米がいただけないのだろうか

気もそぞろに仕事が片付け、家近くの商店街にいき、専門店弁当を買いそろえる。

まずはスーパーの中にある魚屋が出しているお寿司。ここはスーパー改装を行う際に遠方から移転してもらっただけに

魚の品質が高いので愛用している店だ。愛用しているがここも魚は美味しい。が米はいただけない。

どうも魚屋弁当の米はまずいということは確定してもよさそうである

次に口直しにお寿司屋さんで買ってきた弁当を食べてみる。うまいシャリという違いがあるにせよ。雲泥の差は間違いなくあり、食べてみるだけで幸福である

次は肉屋弁当を食べてみる。ここのトンカツは遠方の友人が来るたびにお土産に買う一品で肉はだいたい美味しい。

しか専門店からと期待していなかったが、期待に反して魚屋よりは味があった。なんとも言えない気分になった。

最後オーガニック野菜専門店弁当で占めにする。野菜は甘みをあまり感じられず、野趣あふれる弁当なのだ

肝心の米がいまいちである。完全に予想外だが、これは察するに炊飯器古いのを使用している。変ににおいがついている

米そのものはたぶんきっとオーガニック故に質は悪くないはずだと思いたい。少なくとも魚屋よりはマシだ。ずっとずっとマシだ。

弁当を食べきり、私の中の結論は「魚屋弁当は魚がうまいがそれ以外がまずい」

ほっけは美味しかった。だから今度帰りに単品で買っていこう。

anond:20200603103746

会議室の机の裏に鼻くそなすりつける

電話のフックボタンをセロテープでとめる

洋式トイレの貯水タンクに赤い絵の具をいれる

anond:20200603023300

IT業界には「奥が深い症候群」って言葉があってな

使いにくいシステムを使いこなすことに喜びを感じて、使いこなせない人間を見ると罵倒する

そういう人が幅を利かせていつまでも改善がされない

そんな症状だ

元ネタ: [B! バッドノウハウ] バッドノウハウと「奥が深い症候群」

2020-06-02

職場ってすげーな

コロナが落ち着いてきて6/1から出社勤務がOKになった。

正直なところGWからこっちまともに仕事をしていない。

在宅で最低限の仕事は進めてきたが、

リモート会議では存在感を消してできるだけ新しい仕事がふってこないようになりをひそめ、

持っている仕事うまいこと間延びさせ、

すぐ終わることを上手に延期させながら『延期させるという作業』を仕事にしてきた。

youtubeを大量に見て、WEB小説を大量に読み

PCだけは常にON状態オンラインでのやり取りには速やかに反応することでどうにでも誤魔化せた。

6/1の出勤は憂鬱以外の何物でもなかったが、

初日は多くの人が集まることでややお祭り感もあり、そこまで切迫して仕事をする感じでもなかったが

『出社した』という行動だけ疲れ果てた。


あけて二日目の今日

リモートでの業務の許されているが、クライアントとの打ち合わせもあったため朝から出社した。

社員の半分以上はリモート仕事をしているようで、人は少ない。


打合せだけはこなすつもりだったが、やる気は全くない。

それでも自分の席に座っていると、なぜか仕事が進む。

『最低限これだけは』と思ったものを一つずつ片づけていくと、意外と仕事が進んでいく。


職場』という環境で刷り込まれ思考と行動が、徐々に加速をつけながら自分を動かしているのがわかる

それでも息切れをする感じはあるが、自宅にいるよりもはるかに集中して仕事ができている自分がいた。

このまま1週間ぐらい出勤を継続していれば、元のペースに戻れそうな感覚はある。

職場仕事をするための環境になっているということをあらためて実感した。


いや、自宅が仕事をする環境になってないと言うことだろうか。

リモートに合わせて机やモニタなどいろいろな機器をそろえたが、遊びにフル活用している感じだ。


何にせよ、今日がんばったことで仕事感覚は取り戻せそうなことが分かった。

直近の片付けるべき作業も目処がついた。

今週中にやるべきことも見えたし、作業見積も目処が付いた

人に依頼することも依頼がすんだ。


これで明日リモートゆっくりできそうだ。

コロナなんてすぐ忘れられると思う

チェルノブイリ福島放射能はすぐ気にしなくなったし、今、狂牛病の全頭検査しろなんていう人いないし。

来年にはみんなすっかりなれてオリンピックは開催されると思うよ。

エンジニアが書いてる技術記事レベル低いを一旦整理するわ

最近エンジニア界隈で話題な話の1つとして「レベルが低い記事を書くな」「初心者活動を阻害するな」といったやり取りがある。エンジニアの幅が広がってきたのもあるが、色んな視点から分化せずに語られすぎてキツいので、一旦整理する。

大きな軸は3つ考えていて「エンジニア力の高さ」「謙虚さ」「量と質」。ここで「エンジニア力の高さ」とは、分解すれば「コンピュータ科学への理解」「プログラミングアルゴリズムに対する広く深い知識」「エンジニアリングコミュニティへの理解」「職業エンジニアとしての意識」辺りになる(もちろんこれがエンジニアの全てではないけど技術記事執筆に関連して絞って考えてる)。あと、「謙虚さ」「量と質」は人となりの側面になるけど、技術記事執筆の分類では必要なので用意する。

 

 

本当はもっとグラデーションになってるはず。

ただ、これらをひとまとめに「品質の低い記事を書くな」だとか「初心者の発信を阻害するな」だとか「検索技術の発展で解決する」だとか言っても仕方ない。

技術記事だって、良い記事謙虚さを失ってアフィリエイト貼りまくれば情報商材になり得るし、誰かにとっての素晴らしい記事が誰かにとって品質の低い記事と感じる場合もある。

初心者の発信だって、質や量を改善する気なしに書いてる場合があって「初心者億劫になってしまう」とか言って規制や指摘し合う環境がなくなったら、それこそ誰も見なくなるだけ。

検索技術だって万能にはなり得ない。経歴が長くSEO力も持ち合わせたエンジニア力高い人が突発的に書いたクソ記事を判定出来る訳がない。

落ち着いて整理して話をしようじゃないか

2020-06-01

地獄 あるいは『100日後に打ち切られる漫画家』の感想

100日後に打ち切られる漫画家』というツイッターの連載ものが完結した。

作者は浦田カズヒロ、かつて週刊少年チャンピオンで『JINBA』という漫画を連載し、打ち切られた漫画家である

本作は、タイトルから分かる通り、ワニの便乗作。

あの作品の連載開始から星の数ほどの便乗作が出たわけだが、100日完走したという意味で、その中でもかなり特異な存在であるといえよう。

かつて週刊少年漫画誌に連載を持っていて、打ち切られた経験がある作者がこんなタイトルの連載をしているということで、それなりに話題になっていたので知っている人も多いと思う。

筆者も、ちょっと話題になったから読んでみた一人だ。

で、これが、凄かった。

ここには、地獄がある。

はっきりと一言感想を言うと「どんな気持ちで読めば良いのかわからない」。

それが『100日後に打ち切られる漫画家』という作品だ。

優れたフィクション作品というのは、作者が読者の感情ちゃんコントロールできている作品だと思う。

「ここで笑ってほしい」「ここで泣いてほしい」……そういう、感情の導線がちゃんと引かれていて、読者はそれに身をゆだねていれば良い。

ONE PIECE』なんてわかりやすいだろう。

個人的に好きかどうかはともかくとして、あの漫画は「ここで盛り上がってくれ!」という作者の意思がはっきりと感じられる漫画だ。そりゃあ、人気になる。

で、『100日後に打ち切られる漫画家』は、とことん、作者が読者にどう思ってほしいのかが分からないのだ。

最初、私は「調子に乗ってる漫画家が痛い目にあうのをスカッジャパン式に楽しむ漫画か」と思って読み始めた。

それらしい要素はたくさんある。

本編の主人公は、とことん愚かに描かれていて、その所業ざっとまとめると下記の感じだ。

・俺は年収千万以上の漫画家様だと通勤するサラリーマン嘲笑う。

・女アシスタントに手を出す。

雑誌アンケート家族複数枚書かせる。

皮算用調子に乗って車を買ったり服を買ったり無駄遣いをする。

そもそも主人公の絵が「かわいい」とも「かっこいい」とも思えない、どっちかというと不快になるタイプの顔

・「あの漫画家は実は親子で…」とかの個人情報を友人との飲み会で話す。

ネットに書かれている批判を「嫉妬乙」といって、SNSアカウントブロックする

・描いている漫画うんこ(本当にうんこの絵を描いてるだけ)

これらの要素は、控えめに見ても、まあ、好感が持てるものではない。

こういう風に主人公ヘイトを集めて最後に爆発させる。そういう話か、と思う。

けど、読み進めていくと、違和感が出てくるのだ。

もしかして作者、この主人公を「可哀想」「がんばれ」と思ってほしい、と描いてないか?となる描写が一方で沢山ある。

たとえば、こんな具合だ。

・憧れだった漫画雑誌作品が載って感動する。

漫画に打ち込む熱血漫画家アピール

嫉妬に狂う友人

無能編集路線変更のせいで人気が落ちる

応援してくれるピュア家族アピール

読みながら「えーっと、好感を持ってほしいのかな?そうじゃないのかな?」と困惑してしまう。

しかしたら、作者は、良い面も悪い面も持った愛すべきキャラクターとして彼のことを描いたつもりなのかもしれないが、はっきり言って、そういう深みを出すには四コマ100連発はページ数が少なすぎるし、

何よりも上記で彼に対し読者が感じるヘイト尋常ものではないので、むしろ良い奴、可哀想な奴アピールされても、ただ、不愉快なだけなのである

その上、物語としても特に面白くない。

それは元ネタのワニからしてそうでは…と思う人がいるかもしれないが、実のところ、そんなことはない。

ワニは確かに派手なストーリー展開がある作品ではないが、「毒にも薬にもならない日常」を一本筋を通してしっかりと描けている。

ワニ君の友人たちの話であったり、女ワニさんへの恋であったり、一日ごとに進行する話としてのストーリーが地味ながらも用意されていて「明日も読んでやろうかな」という気分にさせる。

100日後に打ち切られる漫画家』では、そういう、一本筋がない。

思いついたように調子に乗ったり、真面目な漫画家アピールをしたり、ゲス顔をしたりで、一日一日が繋がっていないのだ。

(それが上で言ったような主人公に対してどう思ってほしいかが見えてこないチグハグさに繋がっている)

そもそも100日のリアルタイム進行という枠すら守れていない。

主人公の連載が開始するのは30日目だ。

物語は、主人公が描いていた漫画最終回雑誌に載った日で終わるので、10打ち切りである

まり10打ち切りの突き抜け。

作中では人気が落ちたどうこう路線変更がどうこうと言っているが、10打ち切りでそんなわけはない。

たとえば48日目に主人公カラー原稿を描いている描写がある。

場合にもよるだろうが、普通、連載開始前に数話書き溜めているだろうから、連載開始二週間ちょっとカラー原稿がくるということは、第七話とか、第八話とかの原稿を書いているタイミングだろう。

このタイミングカラーページをもらえる漫画が、10打ち切りになるだろうか?

100日は一日一日をかみしめて過ごすと確かに長い日数だが、リアルでのことを考えるなら

ちゃんと考えるならただつまらなくて、人気がなくて、連載終了したというだけのストーリーしかできない日数だ。

このへんの日数のコントロールが、全くもってできていない。

(ちなみに路線変更を促した編集者が登場したのが68日目。打ち切り宣告が79日目。

 路線変更した回は、どう考えても打ち切り宣告時にまだ発売されていない)

登場人物キャラクターも、ストーリーも、何もかもがガタガタ。

あえて打ち切り漫画家の悲哀を描くために酷いものにしたんです、ということかもしれない。だったら素直に拍手する。

しかし、私はここに地獄しか見えない。

かつて週刊少年誌で連載を持った漫画家が、こうもガタガタの漫画ツイッターに放り投げて、一瞬チヤホヤされる。

なんというか、辛い。ただただ、辛い。

凄い漫画だ。

親が太いかどうか

年収開示でザワついたけど、今の年収構成している大きな要素に親が太いかどうかはあると思うんだ。

ガキの頃から不自由なく過ごせる、つまり教育投資体験に惜しみなく資金投入された子供は、それなりの

レールにのって、平均以上の生活価値観を手に入れてる。

自分を振り返ってみても親は田舎自営業だけど地主みたいな感じで十分に投資してくれた気がする。

からこそ自分が親になったいま、子どもたちには自分と同じ体験選択肢提供したい。

数年前に一本は超えてるけど、GUワークマンを着こなす上級IT土方です。

今日怨嗟にみちたどうぶつの森

虫唾が走るほど大嫌いなアルパカップルを罵倒しながらウェディング撮影をこなす

適当に置いて撮影したらダメ出しをされたので罵倒して電源を切った。

前よりアルパカが嫌いになった。

HPVワクチン推進について思うこと

HPVワクチンの話では

報道されてる人たち全員が“ワクチンの”重い副作用が起こってるのではない。

HPVワクチン副作用だと言われてる人たち全員が本当にHPVワクチン副作用を患ってるわけではない

は言えても

HPVワクチン副作用が起こった人数は地球ゼロ人です

とは言えないはずだと私は考えている。

極限的に考えて、副作用が出てない集団と比べてほとんど0%の割合だとしてもそれは、統計的マクロ視点の話であって、個々人に視点を当てたミクロ視点の話ではない。つまり副作用ゼロ人ということとは結びつかない。

科学的に証明されてることというのは、

HPVワクチン副作用が起こった人数は地球ゼロ人という個を指したものではなくて、母集団から統計して、副作用はそれほど起こっていないはず

ということであると考える。

科学証明されなかったらその時点ではなかったこととするという体制をとっている。アイデア無限にそこらへんに転がってるからだ。於保方さん事件がわかりやすいが、発明の案を出した人ではなく、発明証明までできた人が評価される仕組みを現代科学界ではとっている。

まり、今科学証明されていることというのは、「HPVワクチン特有副作用がある」ことが証明できなかったという事実から副作用は(ほとんど)ないはず」という事実を導いたことであって、「副作用がなかった」証明をしたわけではない。背理法的な導き方だ。

言葉の揚げ足取るようで悪いが「HPVワクチン副作用が起こることはない」とまで完全に言い切ってしまっているのは非科学であると思う。

科学を盾にしてるのだから、様々な背景や前提を取っ払って必要な修飾まで捨てた文章を使わないで欲しい。とてもデリケート話題であるということを胸に刻んで言葉の端々まで気を使っていただきたい。

あと、副作用証明というのはわかりやすバイオマーカーがあるわけではなく、患者ワクチンを打った前後の状況(社会的背景も含めて)、ワクチンを打った時の反応などを総合的に加味して診断されているものであり、副作用と診断する体系的な指針があったとしてもかなり不確かさを含んでしまものであると言えよう。

100%それが正しいなんて言える段階まで医学進歩していないと思う。

ここまで何が言いたいのかというと、

マクロ視点的にHPVワクチンほとんどないと科学的に締められたのは間違ってるとは言えないだろう

・ただ、それはマクロな話であって、ミクロゼロ人だと言ってるわけではないか病院に行った全員が副作用被害者可能性はないとしても、目の前の患者個人100%副作用がないとまで断言できるものではないはずだ。

100%副作用がないと断言できない、つまり100%副作用があるとは誰も一患者に対して断言できないということは、万一副作用が(本当に)起こってしまっている人は極めて不利な立場に立たされてしまうのだけど、このことを認識してない推進派が多いと感じる。

まり、本当に副作用を受けた人は完全ゼロとは言えないはずなのに、副作用集団的にほとんどないという方針が打ち出されると、副作用を受けた人が副作用被害だと認定されて補償される可能性はゼロに近くなる。

そもそも、その方針が打ち出されなかったとしても補償を受けられるほどの証拠証明するのが難しいが、逆に証明を求めている側も補償が受けられない証明をしているわけではなく背理法的に導いているだけだ。

からワクチン補償ってかなり不確定だし、制度として現行あっても信用できるものじゃない。だから安心して受けられるっていうものじゃない。

もし、HPVワクチン接種を推し進めるなら、この完全に片側が不利な状況をきちんと把握した上で、自身の行動がマイノリティ無視しているがマジョリティにとっては利益になるものだという現実をきちんと認識して、活動してほしいと思う。

わたしは、この非対称性についてはどうしようもないと思っており、ただどうしようもないからといってそれを完全に無視されるのには怒りを覚える。

どうしようもないけど、統計的にはこっちの方が多くの人を救えるからということでワクチン摂取推し進めるのに反対はしないが、そのどうしようもなさと向き合おうとせず認識すらしないのはどうかと思う。(もしかして認識しながら公共の福祉のために黙ってる?それはある意味肝座ってるわ…)

被害者一言どうしようもないだけでは終わらせられないか自分たちのことを主張するのは当然だ。

わたしは思うのだが、HPVワクチン副作用だと言われてる人たちが副作用が原因でないというなら、その本当の原因をつきとめ症状を治してあげたら良いと思う。

その症状が、副作用副作用じゃないかに関わらず治療は適切にされるべきだ。ただ、これを適切にできる医者は、ほとんどいないだろう。これも副作用被害者が大きく声をあげる一因になっていると思う。

こういった人たちをきちんと救う方向へはま動かず、ワクチン推進を推し進めてたら副作用被害者(だと思っている)の人たちはそりゃ反対する。ガン無視と同じだものね。副作用被害ないっていうなら困ってる人たちが副作用被害でないならないなりに治療を受けられるような活動も並行しないと正直都合いいなと思う。

副作用被害者の一部の集団に新種の自己免疫疾患かもしれない結果が出ている。

まだまだ、医学進歩途中であり、すべてがわかっているわけではないはずだ。それをきちんと認識してほしい。(だからもちろんこの新種の自己免疫副作用由来かどうかも本当に体に悪影響を及ぼしてるかもなにもかもまだ断言できるものではないという前提である)

過去有名な自己免疫疾患である多発性硬化症や今は認められているその他の病気ヒステリー扱いされていた歴史があったことなどを踏まえて、今一度自分の行動を振り返ってほしい。

自分のわからないことを患者が悪いとしてなすりつけるのではなく、己の限界認識し、わからないことはわからないときちんと言ってほしい。

自分のわからないことを心因性などとさも原因が分かったように言うのではなく、現在自分のところでできる検査では原因が見つかりませんでしたとただ起こった事実だけを言えばいい。

科学基準と照らし合わせて患者心因性って診断つけてる人っているの?原因が見つからなかった→心因性っていう自分世界の全てをわかってます的飛躍的論理医者それなりにいない??

科学を盾にするのはいいが、盾にするならするなりに論理を通してください。大事な前提や修飾を省いたバズりやす文章で人を惹きつけるようなことはしないでください。









あとこれは個人的な意見だけどワクチンって体質的ワクチン無理な人除いて全員に受けさせることによって集団を守るってものだと思うから個人選択責任をそこにそんなに問わず、起こったリスクコストのうちだと精算できるくらいの仕組みでいてほしいと思います個人個人治療選択に関しては患者に多少の責任があっても、できるだけ多くの人が打った方が効果が出て更に進学や渡航の際に聞かれる類のもの個人責じゃないっしょー

医薬品のPL適用範囲難しいと思うけど

anond:20200601094820

それが通用しないってのは初耳。

少なくとも毎年申告しているのなら、後出しはできないはずだけど?

それに、これを定期贈与と見なすなら、20年以上前に発生したことになって納税の義務は無くなってない?

はてな寡兵!w

Twitterの誰かのツイートに300くらいブクマがついてて、おっ伸びとるやんと思って見に行ったら1万リツイート3万いいねとかなのねん

ファーwwwwwwwwはてな、人少なすぎーーーッッッッッ!!!!!!!!何分の1だよ あまり雑魚すぎる

いや、待てよ 数が少ないってことが必ずしも弱いことを意味するわけではなかったな 少数精鋭のインテリがあつまるはてブなんだから、300の選良で3万のいいねを超える価値を生み出せているのかもしれない…!

→(ダジャレ)(読んだとは思えないゴミみたいなコメント)(偏った意見)(見るに耐えない罵倒)

ウワーーーーッゴミやんけ!!!

「賢い人とバカがどちらもたくさんいるサービス」ではなく、「賢い人だけがちょっといるサービス」ですらなく、「バカちょっといるサービス」ってなんなんだよ 一体なんの価値があるんだ????本当にカスだよ、カス

 

それなのに、どうしてこんなに居心地がいいんだ……?

anond:20200601131646

男優はどうかんがえてもAV男優しか使われてないだろ・・・

話にならなすぎる。

ハラスメントって罵倒リプライと同じでやってる本人にはすこぶる快感から、そして大抵は社会的に優位な立場からやるせいで止める人間が現れにくいから(さらには「教育」だとか「評価」だとかの何らかの大義名分がくっついていることもあるから)、当事者による自浄作用が最も期待できないタイプの愚行で、それを根絶したければ法なり内規なりで制度的に介入してハラスメント当事者社会的地位を剥奪するしかない。

これはハラスメント被害者がかわいそうだから剥奪するというよりも、放置するとあちこちで同じことを繰り返してその社会(コミュニティ)の存在価値を低下させるから剥奪すると考えるべき。

そして当事者快楽を求めて加虐行為に走っていて、それは依存症みたいなものなので、普通人間対処すべき相手ではない。

ハラスメント当事者は薬物依存症患者と同レベルかそれ未満だとみなす必要がある。

ヤク中の中にはお部屋で一人でラリってるだけの者もいるのだろうが、ハラスメント人間例外なく他人攻撃しているので、後者のほうがより有害なのは明らか。

2020-05-31

別に金持ってる人でも安い店使うことなんて普通にあることを

こうやって書かれないとわからないってのは

世間知らなすぎなんじゃって思うけどなあ

仕事ができなすぎる

まりにも仕事ができないので、仕事を任せてもらえなくなってしまった。やろうとしても「俺/私がやっとくからいいよ」と言われてしまう。

会社に行っても、ただ座ってるだけで死にそう。針のむしろ。どこの職場行ってもこんな感じで、メンタルやられて辞めてしまう。つらい。

追記

あっ、やっぱこれだけできないのは迷惑なのか。それすらわからないんです、当事者には。生活保護検討します〜。

かばんがでかい女はモテない

女性誌に「バッグが大きい女はモテない。デート合コンの時は小さいバッグが正義」と書いてあったので必死荷物を精査していたが、同じ雑誌スタイリスト素人女性の化粧ポーチを採点する企画がありスタイリスト女性の化粧ポーチの中身が少なすぎることをめちゃくちゃ怒ってて「かばんが大きくても怒られるのに化粧道具が少なくても怒られるのかよ女ハードモードすぎワロタ」と思った

そもそもちょっとしたとき裁縫道具やら絆創膏をサッと出せたりポケットティッシュをきちんとティッシュカバーに入れていたりすると「女性らしい」と褒められるのにかばんは小さくしろとか無理ゲーすぎる、四次元ポケット開発してから言ってほしい

年収1000万円が普通暮らしだと主張するなら、なぜ普通暮らし年収である年収350万円の仕事転職しないのですか?

この質問意味がわからな過ぎて考えていたが

これは、自分立場相手立場がごっちゃになった文章なんだ

「1000万が普通」と思ってる人にとっては、350万は少なすぎて成り立たない。

逆に「1000万で普通なのに、なんでみんな350万に甘んじていられるの?」という気持ちになる

「350万が普通」と思ってる人にとっては、1000万は十分に多く、普通ではない

「1000万は普通ではないから本当の普通である350万を体験しろ」という気持ちになる

これがそれぞれの立場なのに、元の文章は「1000万が普通の人の立場なら、350万にするべき」と混ざってしまっている

からからない

もっと単純に「人は中央値生活をすべき」みたいな宗教の人で、1000万稼げるとしても350万の仕事をするべきっていう教義を広めているだけなのかもしれないが

2020-05-30

片付けられない系の人はこれをやると楽になる

いい年して片付けられない人はこれからどう努力しても「片付けられる人」の生活に変えていくことは不可能

10年以上一人暮らししてきて悟った。

頑張ってもただストレスためるだけでどこかで爆発して元通りになる。

片付けるのではなく管理するものを減らす方向にすれば、比較ストレスなく片付けが下手なまま今の問題点(不潔、必要ものがどこにあるのかわからない等)を解決することができる。

具体的には、以下を試してみてほしい。

敷地ゴミ捨て場がある家に住む

住んでいる地域予算の都合によりこの選択肢を取ることが難しい人もいるかもしれないが、これが一番重要

片付けられないような奴は、まず朝のゴミ出しに失敗しているパターンが多いのではないか

ゴミ出しに失敗するということは不要ものがどんどん自宅内にたまっていくということである

多少住居費の割合を増やしてでも、深夜でもゴミ出しできるような住居を選んだほうがよい。

ゴミ分別が甘い地域に住む

こういうところに住もう。

片付けられないような奴は、ゴミ分別を細かくするなんてことは不可能

私は一時的横浜市内に住んでいたことがあるが、そこは最悪だった。

ゴミ分別が細かく、回収業者判断ゴミ袋をゴミ捨て場放置される場合があった。

近所のゴミ捨て場には毎朝近所のおばさんがうろついていて、どの住民放置されるようなゴミを捨てているのか監視していた。

これは片付けられない自分にとって大きなプレッシャーとなり、ゴミ捨てまでに異様に時間をかけたりゴミ捨て自体できなくなって部屋が荒れた。

今は別の地域引っ越しており、住居も専用のゴミ捨て場があるので決まった曜日ゴミを出さなくてもよくなった。

いつでもゴミを出してもよいという状況になったことによって、自分の気が向いたときものを捨てられるようになり

部屋にものがあふれることはなくなった。

不要分別するのではなく、決まった場所に入りきらなくなった段階でゴミ袋に入れる

使えなくなったから捨てるのではなく、自分の持っている収納領域に入らなくなったタイミングゴミ袋をもってきてそこに放り込む。

そのついでに周辺の最近使っていないもの(不要ものではなく、いるけど使っていないもの。ここが大事)も一緒にゴミ袋に放り込む。一袋たまったらゴミ捨てに持っていく。

例えば、あなた衣装ケースを持っていてそこに持っている衣類を収納しているとする。

年に数点、新しい衣類が増える。何年か経つと衣装ケースが窮屈になってくる。

ここで、破れたとか縮んだとかそういう理由がなくても、「なんか入れ物が窮屈だな」と思ったタイミングごみ袋を持ってくる。

そして、1年間使っていないようなものを何も考えずにごみ袋にどんどん入れる。

もったいない」「売れる」とか考えない

片付けられないような奴は

  • 人にあげる
  • 売る

必要プロセスをこなすことができない。

いらないと思ったらゴミ袋に入れる。

例えば、不用品メルカリで売るとして

これだけの作業必要。片付けられないような奴にこれらを丁寧にこなすことは不可能。買いかぶり過ぎ。

売ろうという気持ち、売れたとき妄想けが浮かんでくるだけで、実際にはその不用品はこの先10年売られることはなく、死んだとき業者に捨てられるだけ。

まとめ

いろいろ書いたが、

ことに気をつければ部屋の秩序が保たれるはず。

できない片付けはあきらめて、どんどん捨てよう。

たなかゆうみはるありさ

みたいなすげー名前キャラがいなかったっけ

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴いたり、そこに土足で踏み入るような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

大学卒業しておよそ10年くらい経った

新しい付き合いもたくさんできたし、共通趣味の友人もできた

だけどやはりなにかしっくりこないというか、見えない壁のようなものを感じる

それぞれに話題や付き合いのできる領域があり、限定的な「この人とはこういう付き合い」(たとえば特定ジャンルの話を飲み屋でする、とか)の範囲から越えられない

もちろん本当はもっと広げられる可能性があることはわかっているし、相手が悪いとかじゃないこともわかってる

だけど大学生くらいまでの、くだらなすぎることで笑ったり、落ちこんだ夜に真面目な話ができた関係にあった安心感は得られていない

どうも必要以上に遠慮が出てしまうというか、個人個人ではなく何かに属した人と付き合っている感覚が拭えない

楽しく盛り上がっているときも、ふっと我にかえって何か違和感や寂しさのようなものを覚えてしま

腹七分の付き合い、とでも言おうか

時間が作る関係というものはあるが、それには自覚できる打算があってはいけない気がしている

もちろんこれまでの友達との間に育った仲には代えられないのだけど、これから付き合いのできる人と出会うことはあるのだろうか

夜長はこんなこと考えてしまうね

2020-05-29

九州出身芸能人が語る「東京の人はみんな同じ様な顔に見える」

中島美嘉"「(上京してきたばかりの頃) 最初の何ヶ月かの間だけど、街歩いてる人が同じ顔ばっかりに見えて、気持ち悪くてコンビニとかも夜しか行かないようにしてて、、」"

"「上京して5日目ぐらいに東横線に乗ったんですけど、、 ちょうど朝で、乗ってきてた中学生の子とかが何十人もいて、

ふっと見たら男子女子もみんな同じ顔に見えて(笑)の子たちみんな兄弟なの!?とか思って、、」"

"「東京来る前は福岡にいたんですけど、あそこではそんなことは、、一回もなかったですね」"

ラジオFMO LOVE FLAPゲスト出演時

浜崎あゆみ"「(東京では)どうしてみんな下を向いて歩いてるの?っていうのが不思議でした。あとなんか、おんなじ顔の人ばかりに見えて、とか(笑)ごめんなさい」"

おしゃれカンケイ1999年4月11日 出演時

橘慶太"「(上京して世田谷中学校転入した時) クラスの人たちみんな小学生に見えてびびった(中略) 中3なのに、なんかみんなすごい顔が幼いっていうか、小学生ぐらいの子供に見えて、、

あと、みんな顔が似てると思った。でも中身は結構、、成熟っていうか、立派っぽい人が多いと思った」"

RKBラジオ 2006年4月16日 ゲスト出演時

北村一輝"「あ~、確かに、おまえ外人みたいだな、とか、東京ではよく言われてきましたね。僕地元大阪で、両親の実家沖縄鹿児島にあるんですけども、

ガキの頃はそっちによく遊びに行ってたんです。そっちではぜんぜん、なんというか、そんなことはなかったんですけども・・・」"

"「東京に来たばっかりの頃なんかは、よくありましたね。東京のほうは、基本の顔みたいなのがあるみたいで、・・・

結構同じような顔されてる方が多くて、そこから外れてる僕みたいなのは異端視?というか・・・難しいですね(笑)」"

徹子の部屋出演時

"伴都美子:(専門学校に入るのと同時に上京した、という会話の流れ)「たまに周りの人の区別がつかなくなることとか。顔とかが同じ人に見えたり・・・

福山雅治:「まああれだな、九州から上京した奴は大概が最初経験することだよな、それな(笑)」"

タデスペシャル 2004年1月17日 200回特録

都市工場物流に支えられて手にしたテントと携行食でちょっと山にいったくらいで簡易なすみかと食料があれば人間生活できるとか思い上がりも甚だしいだろ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん