「文学部」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文学部とは

2018-05-21

https://anond.hatelabo.jp/20180521200020

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

https://anond.hatelabo.jp/20180521194448

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

https://anond.hatelabo.jp/20180521193627

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

このコピペ流行

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

https://anond.hatelabo.jp/20180521192509

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

https://anond.hatelabo.jp/20180521191301

要は人文・文学部地頭が悪いとか成績に比べて印象としてコミュ力臨機応変の反応がきかないって実質的には言われ続けてきたものなんだよな

アスペガイジって要は 「問題解決必要問題・遊びの知能テストパズル戦略ゲーム数学空間認識とんちetc」が苦手

言語IQが高く読解や語学は得意な反面、動作性のWAISの積み木模様やGATBの空間判断問題が出来ない

資料解釈行列推理コーディングは出来るつもりだけど

知覚推理能力や処理速度が低い理由数学の成績も悪く文系

思考能力=流動的推論能力推理力=動作性知能が低いか空気気持ち理解出来ないし

起業も実務も無能高卒Fラン駅弁法私文文学部就職も失敗するゴミ

子供の頃から英単語や暗記しか出来ないガイジといじめられ貧乏馬鹿にされても自覚出来ない

語彙力や社会的知識数学関係ないのだから逆説的にそれ以外の知能因子で数学は決まる

論理的な推論能力とは相関するらしいが

2018-05-18

切実に単位が欲しかったあの頃

目名近代文学の達成B 1

レポート名称講義全体の感想

 私はもともと自ら進んで本を読むタイプではなく、現代文の授業も退屈に全く聞いていなかったので、何だか難しそうである日本近代文学というものも全く知らずに生きてきました。文学部とは反対に、実益価値を置く商学部においてこのような人は多いと思います。それにも関わらず本講義を受講したのは、就活という制約のために労力をそれほどかけることができないという条件に合致し、次に近代文学に触れる可能性のない人生というのは少々勿体無いのものではないかと考え、何か読み始めるためのきっかけになるかもと興味が得られたためです。

 この授業はそういう文学初心者には丁度いいものだったように感じます。扱う題材も文豪たちの探偵小説からということで、ある程度プロットがしっかりしていて初心者にもとっつきやすものでした。また先生もそういう人たちに配慮して少しでも興味を持てるように工夫して授業を行なっていたように思います。大量のパワポの準備や、足を使って村を訪れるなど、手を抜かないところも好印象でした。作品や作者に対する解説解釈も一歩踏み込んだものが多く、ここまで深い読みがあるのかと感心することも多かったです。

 そのおかげか、小中高とあれだけ現代文の授業を毛嫌いしていた私にとっても、この講義面白く興味深いものとなりました。と同時に、ある小説の一篇を長時間かけて解説させられる普遍的現代文の授業スタイルますます害悪のように思えてきました。

 またレポートを提出させ、優秀なものプリントにして共有するというのも良かったです。私の字数を埋めただけのようなレポートに比べて、同じ学生でもなんて中身のあるレポートを書くのかと刺激を受けることもありました。特に氾の妻についてのプロ顔負けの自作小説には驚きました。私も一度くらいプリントに載るようなレポートを書いてみたい気持ちもあったように思いますが、そもそもこれまで二回しかレポートを提出できていないので気のせいだったかもしれません。

 そういえば最近、私は講義を受けていなかったらまず読んでいなかった春琴抄を非常に面白く読み進めています。どうやら講義を受けるにあたって近代文学を知るきっかけにしたいという思いは気のせいではなかったようです。あとは単位さえ得られれば当初の目標をほぼ完璧に達成することができそうです。よろしくお願いいたします。

提出日時:2012/01/30 00:27

2018-05-16

文学部人間を育てると言うなら

刑務所文学部にしてはどうか。囚人たちは人文科目を学び、素晴らしい人間となって社会に復帰できるだろう。再犯率ゼロとなるに違いない。

2018-05-11

anond:20180511035020

主張はわかるけど、さすがに、昔の旧帝大文学部哲学科みたいに「卒業しても、就職先と無縁だけど、ここでは、きちんと勉強できるぞ」

と言われて、「そうなんだ、純粋世俗出世無関係勉強のための存在なんだね」と納得できる人って、少ないだろ

まあ、仕方ないのかもしれないけど

2018-05-05

ひとつ本屋で起きたこと。」はここ10年で割とよく見てきたはなし

https://nyawaraban2014.amebaownd.com/posts/4135126

自分も数年前に大学内の類似施設で似たような問題に直面して数年解決を試みたけど

自分の実力だけでは解決は難しいなと思ったので、諦めて業種替えした。

最初転職活動年収が100万円近く上がったのには唖然としたけど。

自分が好きになったことにつけ込まれ業界で働くより、自分評価してくれる業界で働いた方が金銭的には

幸せになれると思います

委託元としての大学

業務発注するには業務内容の把握と評価を適切にできる必要があるが、大学側に書店運営

評価できる人材がいることは期待できない。

誰もが(財務課が)納得する「委託費用」に評価の重きが置かれることになりがち。

大学全体として正規職員以外の職位者には歪んだ指定制度の名残か最低賃金(以下)で雇いたい傾向が強い。

非常勤教職員ポスドク委託スタッフ、下手すれば実質労働時間で割ると最低賃金下回るのでは?

私は文中のクレーム入れてくる教授を「書店に関心があり心身になってくれる良いお客」というよりは

ベテランが積み上げてきた取り組みにフリーライドする組織無意識ブラックカスタマーに思えてくる。

取り組みを評価はしても金は出してくれないもの教授大学運営に強く関わる一員ですから

毎年の委託費を「管理コストは毎年下がっているはず」で委託費用値下げを強行してくるとこも当然ある。

あと、大学事務職の傍流には残念の最先鋭な人たちが集まりがちよね。介護手数料委託費に上乗せしてほしいわ、大学上司氏。

受託企業

大学内の図書販売図書サービス受託する大手書店系や何とか流通センター

契約の獲得にあたり、独自性や高レベルサービスではなく、低価格で何でもやります路線

契約を勝ち取り続けてきた。大学側に価格以外の評価が持ててないことが一因ではある。

契約価格が上昇したのは最低賃金の上昇分と委託価格にかかる消費税増税したときくらい。

それでも利益確保をしようとすると、しわ寄せを現場におしつけがち。

受託企業からみた大学書店運営

書籍販売再販制度があるとは言え、万引きで吹けば飛ぶような利益

コンシュルジュやセレクトショップ形態独自性を出したところで本の価格に上乗せはできない。

必然的に一番高価な維持費である人件費を削減していく傾向は避けられない。

ましてや大学書店生協加入者に1割引きで販売しているので尚更。

維持運営させていくには人を最小人員、最低賃金昇給なしでは事足りず、場合によっては

フルタイムを減らして週20時間以下スタッフ割合を増やし、かつ売り場面積縮小で賃貸料削減も検討する。

教科書・参考図書発注もこれまでの発注履歴からある程度システム化して、業務効率化で乗り切ればよい。

買切りは高リスクなのでできる限り避ける。

あとは現場スタッフでやれるでしょ。

あいつら突っ立って、いらっしゃいませ言って品出しすれば良いんだから、たまには苦労して成長しろ

ちっ、せっかく成長の機会与えてやったら粘りがないから辞めるとか言い出した。

好みで発注しやがって。

せめてリニューアル初期の立ち上げ時にベテランが面倒見てやるのは最低限の義理だろ。とかね。

残念ながらよく聞くはなし。なんか悪い宗教にでもはいっているのかしら。

雇用環境

これまでの日本社会結婚出産正規雇用退職せざるをえなかった女性が非常に多く、一度退職すると

再度の正規雇用はおろか、30代を超えてからフルタイムパートですら見つけるのに苦労する状況があった。

そのため、最低賃金であろうが文化的匂いのする図書販売図書スタッフは大変人気があり、早稲田大学文学部卒や

数十人規模のチームマネジメントをそつなくこなす女性を掃いて捨てるように扱っても応募が絶えない状況が続いてきた。

本を扱う会社文化的であるというより、文化的であることを取り繕える場所って言ったほうが適切な気はする。

ベテラン店員のお役立ち度

ベテラン書店員が高待遇を得るためには店の売上に常に貢献し続けていく必要があるかと思います

長年の経験による発注スキル取材されるレベルの高クオリティフリーペーパーは一体どれだけ

売上に貢献できたか広報活動たりえたか。そして本社大学でその経済価値を共有されていたか

ベテラン店員の「こだわり」が店舗運営上の障害になりうる場合もあります

買切商品を100冊独断発注して1割引きの条件下で販売し「ほとんど売り切れた」として利益でましたか

売れ残ったわずかな冊数で利益つぶしていませんか?

海外文学の棚は売り場面積あたりの売上を従来からどれだけ上げる見込みですか?

フリーペーパーについても頒布コスト書店大学持ちの同人創作活動になってませんか?

文化的評価が高くとも経済的な実績を明示化できないと従業員としての評価には繋がりにくいと思います

書店創作活動継続した利益確保がないと維持できません。

さいごに

今回のような話は「なんとかぜんゆうなんとかどう」で働いていたスタッフから類似した話をよく聞いてきました。

他の大手書店系でもちらほら聞きます。それでも自分が関わっていた頃よりもクソっぷりの純度が上がっていて

開いた口が塞がりませんでした。ベテラン店員の皆様は大学企業のクソさを濃縮して飲まされているようで

胸が締め付けられる思いです。これからのご多幸をお祈りいたします。

2018-05-04

八方塞がり

32歳。男。結婚3年目。子はなし。

仕事は、自分の特技で日銭を稼いで、月に20〜30ないくらい。

正直、もう人生詰んでるって思ってる。

GMARCH大学文学部卒業して、

社会人8年目だけど、

大企業でも中小企業でも、月収30越えるとこなんかなかった。

スーパー前向きな人間から

毎日なんだかんだ楽しく生きてるし、

なんとか希望を持って生きようとしているけど、

一瞬で死ねるなら死んでしまった方が楽だなって思う。

借金税金ヤバい

奥さんには本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、

子どもなんか到底育てられる自信がない。

毎日毎日インスタやFBで見る、

知人たちの子もの成長記録は、

別世界出来事しか見えない。

20前後収入で、

借金(あとで内訳と理由書く)の支払いが10万越え、

税金国保が月に7万、

家賃が奥さんと割って7万、

光熱費食費通信費とかで5万、

もうすでに生活破綻している。

こんな中でどうやって、

子ども生んで、育てられるんだ。

借金がある。

正直、自分責任だと思ってはいる。

ただ、

きっかけは母親だ。

借金の中身は、

奨学金

学資保険

銀行カードローン

だ。

うちは中学の時に親が離婚した。

まり記憶はないが、その時から

市役所面接に行き、学資保険の借り入れをしていたらしい。

面接書類サインもしたらしい。

全然覚えていない。

ただ、大学の時に母親が、提出用の書類学校からもらって来いと言ってきて、拒否したらキチガイなブチ切れ方をしたので、書類を渡したのは覚えていて、

それも結局これの借り入れのためだったらしい。

それは700万円程残っている。

続いて奨学金

これも、母親に借りろと言われて申し込みした。

4年で500万近く。(これは残債だから借り入れは400万くらいか?こんなのもわからいくらい俺は借り入れに無頓着だった)

そしてカードローン

これは、

俺の母親が付き合っていた男(バツ2)が、

その男名義で家を買い、おかんが金を払っていたのだが、

途中で前妻と再婚し、あげく突然死をした。

それで、家の権利は前妻のものだと、前妻から申し入れがあり、

母親自分のものにするために裁判費用として、俺が借りさせられたものだ。

結局、遺書も何も残してなかったので、母親のものになることはなかった。

その借金200万くらい。

(ちなみに俺は、その男が生きている時に、遺書を書いてもらえと散々助言していた。いつ何があるかわからいから、と。なのに、それを母親無視していた。そして、結果がこれだ。)

常識的な人たちは言うだろう。

「まともな仕事につけ」と。

だけど、俺は7年はまともな会社で働いた。それぞれ2年半、半年、3年半。

どこも、月収が30万越えることはなかったし、副業ダメだし、5年後も10年後も給料1020万上がる可能性は感じられなかった。

から今は、自分の好きなことで、日銭を稼いで生きている。

それはとても幸せなことだし、

奥さんともとてもうまくいっている。

だけど、奥さんはそろそろ子どもを作るにはリミットが来てしまう。

そんな中、こんな生活をしていて、

どうしたら子どもを作れるだろうか。

贅沢な悩みかもしれない。

だけど、本当に悩んでいる。

どうすれば、未来希望を持てるのか。

こんな借金だらけの人間自業自得から希望を持つ権利なんかないのか。

誰か教えてください。

2018-04-29

まれ仕事は断ってはいけない

就業規則じゃないけど職場ルールで決まってて

次々仕事投げられるけど他の人に再委託するのも禁止からパンク寸前になってる

で、同じ新人文書作成仕事任されそうになってたんだけど、増田さん文学部から作文得意だと思いますよつってこっちにパスしてきた

あぁ、断るのはダメだけどパスはいいんだ、って目から鱗だった

2018-04-22

anond:20180422045123

もちろん「博士歴史学)」を授与してる大学もあるけど、伝統ある大学では「博士文学)」をまだ授与してるところも多かったはず。早稲田文学部は確か今もそうじゃなかったっけ? 青山学院は「博士歴史学)」をくれるらしいけれど。駒場だと一律「博士学術)」になるしな。

2018-04-21

法律に詳しくない法学博士別におかしなことではない

三浦瑠麗の件。

https://buzzap.jp/news/20180420-lullymiura-law-knowledge/

東京大学大学院法学政治学研究科 総合法政専攻博士課程を修了し、法学博士を取得しているものの、三浦瑠麗さんは農学部出身で自らの肩書きも「国際政治学者」。実は政治学が主分野で、法律についてさほど知識がないのかもしれません。

なんか「法学博士なのに法律知識がないの?」って言ってる人がそこそこいて、Buzzap! までその認識なのは流石にどうなの、って思ったのでちょっと書いてみる。

まず、日本大学の多くでは政治学法学部で教えられている早稲田大学明治大学には政治経済学部があるが、東京大学京都大学慶應義塾大学北海道大学名古屋大学、など有名どころの大学はたいてい法学部の中に政治学科あるいはそれに準ずるものを持っている。

まりそれらの大学政治学を専攻した人は、法学について詳しい知識がなくても「法学部卒」になる学位も「博士法学)」とかになる。そういうところは学部の内側で法学専攻と政治学専攻に分かれていると思うので、法学部に入学たからといって法律教育を受けているとは限らない。

なので、法学」の学位を持っている人が全て法律専門家とは限らない。ひょっとしたらアメリカ政治研究者かもしれないし、ドイツ近代史研究者かもしれない。あるいは政治哲学を講じているかもしれない。そういった人たちが日本実定法について一般人よりは多少詳しいよね程度の知識しか持っていなかったとして、それはまったく不思議ではない。

学部学位名称と専門分野がリンケージしないというのは割と多い。たとえば歴史学哲学心理学なんかは多くの大学では文学部で教えられている(社会学なんかもここに入るかな)。結果として、博士文学)」(ただし文学のことはよく知らない歴史学者)なんてものが量産される。文学知識がないのに「博士文学)」を名乗っているのは別に彼らの責任ではなく、日本大学学位授与のシステムがそうなっているんだとしか言いようがないし、三浦瑠麗の「博士法学)」も同じことだ。

もちろん、デタラメな法知識知ったかぶってひけらかすのは恥ずかしいことだし、著名人twitterでそんなことをやったら炎上するのはしごく当然であり、その点で三浦瑠麗擁護余地はまったくない。存分に恥をかくべきだ。

だが、法学博士なのに法律について無知なのか、というような責め方あるいはあげつらい方をするのはおかしい。東大政治学を専門に学んだ者の学位が「法学」になるのは彼女責任ではなく単にそういうシステムだというだけの話であり、政治学について多少なりとも学術書を読んだことのある者なら経験的に知っている知識のはずである。そのような責め方は許容することができない。

あと農学部卒なことをあげつらうと小熊英二に返ってくるぞ。彼も学部農学部出で修士から文系の院に入り、現在ではちゃんとその分野の学者として認知されている。学部まで理系として過ごしても、その後文転して良い業績を挙げているのなら何ら問題はないはずだ。もちろん学部教育というのは専門知のベースになるものであるから、「違う学部だったの? ああ、道理で……」みたいな事例が多々あることは否定しないが、三浦瑠麗憎しのあまり理系から文系に移ってきたという経歴を叩くなら反対する。似たような経歴を持つ別の学者のために。

なんというかもう、お前ら、流れ弾やめーや。

anond:20180421004452

研究だって正直学部の専攻と隣接ではあるけど専攻そのものではないことやってる先生方とか普通にいるしなあ……

例えば文学部卒なら、社会学系統との関わりで経済や法方面いけないこともないだろうし

anond:20180420150852

文学部に行った時点で産業の先兵になることは拒否する心構えなんだろうから

学問を究めて教員になり研究で食っていくか、

日本より豊かに暮らせる国に行くかだな。

anond:20180420150852

研究職とかは別として、大学で何してたかなんて採用担当者が気にするのは第二新卒までだよ。社会で何年か経験積んで転職する時にはもう大学学歴や、ましてや出身学部なんかまったく関係いか安心して。

俺は文学部中退+四十代後半だけど楽しくWebフロントエンドで働いてるしまだ当分は食いっぱぐれなさそうな雰囲気だよ。景気がいいからかもしらんけど。

2018-04-20

anond:20180420150852

文学部以外の学部行ったからって、みんながみんな大学で学んだ専門を活かして仕事しているわけではない。だいたい普通企業就職して普通サラリーマンになるだけ。

文系大学生人生プランが見えてこない

東京大学偏差値60くらい)の文学部なんだけど将来が見えてこない

自分だけじゃなく文系のみんなはだいたいそうみたい

弁護士会計士はもうオワコンとかサークル仲間の子たちは言っている

銀行も死にそう、テレビも死にそう、出版業界はもう死んでるし

文系職業がことごとく死んでる

菓子メーカーの安定さはいいよねとかそういう話はしている

メーカーめくらしか選択肢がない

ただなんていうんだろう人生プランのようなものが見えてこない


40とか50くらいの自分がその業界で働いている姿が見えてこない

じつはひっそり夜間のプログラミングスクールに通ってたりするんだけど

WEBしかないんじゃないかなんて思ってたり(はてなブックマークの影響です)

WEBって40とか50でも働けるんだろうか

検索してると35歳定年説とかあったりするし

フロントエンド地獄なんだなとか

そういう耳年増になってばかりだ

  • 追記

お返事ありがとう

なんで文系いってんだみたいな意見があります

いける学部行ったみたいな、そんな感じですし、私はそうです

東大とかは知りませんが、うちの大学の連中なんてこんなもんですよ、ほんとよくないですよね

とりあえず大学はいけみたいな事いわれて、やりたいこともないけどとりあえずそこそこ勉強してきたみたいな感じです

そんな吹き溜まりですようちの大学


文理の区切りにこだわるなとかはもっともな話ですが

それは我々が気にしてるというか、世間が気にしてるというか人事のおじ様が気にしてるわけで、そこにビビってる部分はあります

人生ゲームの当たり判定を一大学生がきにせず特攻しても砕けるだけじゃないでしょうか

もちろん気にしてない判定人も世間には多くいることは認識できますけど、おでこに書いてるわけでもないし

WEB上で意見されてるのを見るだけで心細いですよ実際は

例えにならないかもですけど、セクハラとかLGBT問題とかと似てる気がします、だれが自分と同じ価値観もってるか可視化されない恐怖です

私というか、学生という存在は、評価する側ではなくされる側なのに、ある時点から急に評価しろ自分価値を見直せなんて言われて戸惑います

高校までは恋愛禁止だったのに、急に自由恋愛とか言われて子供作れとか言われること似ています


圧倒的に数と地位名誉お金で優位にあるオトナたちが評価をする人生ゲームのなかで

唯一まともそうだったのが上で上げてた職業だったんだと思います

いまは全部がガチャ化してるというかガチャ回してなんとかマシなの引けたらOKな感じですよね

AKBとたいして違わないんじゃないかって気がしま

選択肢が渡されないなかで、個性せとか言われるわけです


そういったなかでWEB比較的文理にこだわらない業界だと感じたことが、気になってる理由だったりしま

そもそもオトナがいないですよね

子供のころホリエモンが旧来の産業からつぶされそうになってるのは見てましたが

2018-04-19

anond:20180419232111


教員養成課程の教育学部で行われてること全般

教員になるためのだけのくせに余計なことやってる!、場合によっては教員になるのが当然とか言われる

法学部政治学を専攻

法学部なのに法律が専門じゃないとか・・、

スポーツ科学部でスポーツ文化論を専攻

運動するためだけの以下略

東京工業大学に入る

高校で遊んじゃったんだね

ざっと記憶にあるだけでもまあ名前からイメージで過った事柄から非難飛ばしてくるってのはこれぐらいあるものだし

文学部けがそういう被害を受けてるんだってのもちょっと違うのでは

文学部的な話で思うこと

文学部批判的と言うかなんかそういう話は定期的に盛り上がるし、この前もtogetterで一悶着あったみたいだけど

なんで文学部って「小説家小説評論家になるための訓練所」みたいに思ってる人が一定数いるんだろ

そういう考え方そのものじゃなくても、文学部では実際には歴史とか哲学とか言語とかもやるのに、なぜか小説のことだけって思ってるっぽい言説はよく見る。

やっぱり「文学」っていう単語がそういう理由での評判の悪さに一役買ってるんじゃないかって気がする

2018-04-17

anond:20180416213505

昨日この増田見たが、時間経ってからtogetterの方で溜まったコメントを見てみた。

もう見てるかどうかしらんけどこういう展開になってるぞ

おまえ、典型的な悪しき文学部だな。おめえみてえなクズをぶちのめすためにおれはいろいろ書いているんだよ。そのランキングにある文学作品ほとんどが読む価値のないゴミ作品ばかり。こんなものを読んでたらバカになって洗脳されるぞ。文学部洗脳教団だといわれてるからな。叩きつぶして再構築する。おまえ、そのランキングにある小説作品読んでるんだよ。ゴミばかりだと気づかないクズがうるせえんだよ。

その下は引用するだけでも不味そうなアレになってるし、まあそういうことなんだろう。

なんで元増田はこんなのを文学部一般的に嫌わてるのかどうかと質問する根拠にしようとしたのか全く意味がわからない。

なんというか、色んな意味で大差ないのでは

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん