「マネキン人形」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マネキン人形とは

2019-04-11

anond:20190411135145

ここからは参考文献程度で、urlばかりたくさんでコメント少なめなんだが大丈夫だろうか??

https://item.rakuten.co.jp/book/14796325/ ツイッターで健常の人にもおすすめされていた。

https://books.rakuten.co.jp/rb/15433910/ 借金玉は有名ブロガー。 この二冊とも細かい生活ノウハウ大人版。自立できた場合には役に立つがうちの場合はまだうつ病が治っていないので全部は必要がない。ただ、カレンダーの使い方などは家族で工夫するようになった。

https://item.rakuten.co.jp/book/11476781/ 医者がわりと根幹をなす解釈を教えてくれてたと思う。まとまったキーワードがでてきていい本。・・

https://books.rakuten.co.jp/rb/11721907/ アスペルガー漫画家さん。よんだことなかった・・勘違いしてた

https://www.amazon.co.jp/dp/4054045847/ こっちだ。こちらはコンピューター業についたりしててわりと身近な感じで読めた

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N9SHVRJ/ うつぬけ、有名 この本でおすすめされていたのが↓

https://www.amazon.co.jp/dp/B01HTJ5WDE/ 自分うつ病をなおした精神科医 

うつ治療の指針にはなったが、全部ではなく、雰囲気を掴む感じ。生活全般をゆるやかに立て直すつもりでないと結局は治らないんだなと。

 

以上です

 

 

追記

わたしのーためにーあらそわーないでー (増田へ)

追記

結局5年くらい「病人の親」をやっているので以前必死に買い集めて読んだ本は中身をかなり忘れていてすみません

役所の人や学校先生がたと会ったり話したり、特に精神科医先生になんども同じことを尋ねて答えてもらったです。

別の病気解釈できるので別の医者にもいくつもつれていってます

(たとえば甲状腺ホルモン異常によるうつ状態もあるので、

そちらの検査医者の指示で数度うけてます

 

それと、本人とも「結論方針だけを話させる」「どうしたいのかだけを聞く」のではなく

元気のあるときをつかまえて、世界への感じ方を中心にゆっくり話をして、

いつでも相談に乗れるくらいに相手理解しておかないとですね。

その状態からだと本人が最終的に絶対ぶつかる壁だが今はまだ気がついていない障害

いち早くフラグ立てしてなんとか避けるように言い聞かせられます

そういうので、本当になんとかここまできたとおもいます

 

(知らないのならしょうがないですが、一度痛い目にあったことを

二度目は用心して避ける要領の良さがASの子たちには全くないように思います

思い切りがよいとか度胸があるとか正義感があるとか誤解されがちですが、

そうではなくびっくりするくらい全く予想ができない。

例えばミニスカートを履いて混雑する列車にのったら痴漢にあってわあわあ泣くくらいイヤだった。

忘れたころにまた電車で出かけるという。

ならどうすればいいと思う?と本人にたずねると本人なりに考えても

ミニスカートではなくホットパンツならいいはずだ、

くらいのトンチンカン結論を導いてしまう感じです。

絶対にそれは優先度が違うんだと言い聞かせるのに親として苦慮します。

あなたものすごく泣いて旅行中止になったじゃないですかと。

絶対旅行成功させたいならまずその時間帯のその電車にのプランもやめとけば、

指定席とればと。

それで余分に必要になるお金は親が出すことになるけど、

子供の側ではまずその必要お金を考えついて親にねだるということを

全く想定もできないわけです。(お金には敏感すぎ、社会状況には鈍感すぎ)

 

過敏と鈍感のまざりぐあいおかしすぎるし、

うつ病普通人生経験がつめていないのでもっとおかしい。

予想最高気温が一桁でもシャツ1枚で

でかけそうになるのは最近は繰り返し失敗したのでようやく改善されてきました。

一事が万事そういう感じ。

 

一病息災といいますが、

誰に見せても優秀といわれてそれを自分で信じてしまって

一人でつっぱしろうとしていた子供が、一度折れたことで

他人よりゆっくり成長するんだなと今は思っています

うつ病が軽くなったから言えることですけどね

未成年のため薬がのめず、うつ病の重いまま放置するしかない時期には

本当に一日16時間くらいいびきかいて寝る、ただのマネキン人形のようでした。

抗うつ剤は本当に日常を取り戻すのに役に立ちました)

奇妙で自分とは全く違う娘の本質

うけいれつつ仲良くなれた気がします。

 

以上

2016-04-23

http://anond.hatelabo.jp/20160423202132

どうしてもその絵面を使いたいのであれば、それとわかる性別がないマネキン人形を座らせて上から機械のアームが布団を下ろしてるような絵にすればよかったのにね

2014-09-24

大学時代アルバイトで一番身になったアルバイトについて

それはズバリ試食販売員」のアルバイトである

単発、週払いというのに惹かれて始めたバイトだが、

他にバイトした飲食やイベントと比べ学びが大きかったので書いてみる。

モデルとしては、まずメーカー側がスーパー(小売)に対して

「新商品リニューアル商品このくらい仕入れていただければ、販売員を付けますよ!」と営業をかける。

スーパー側が「そういうことなら…」とめでたく契約成立すると

今度はメーカー試食販売員派遣会社に「この商品ここのスーパーに何名販売員派遣して欲しい」と伝えて仕事が発生する。

仕事の流れとして、まずバイト試食販売員派遣会社事務所において販売にあたって必要な知識を学ぶ。

販売する商品についてだけでなく、他社の似たような商品との違いや、必要であればメーカーについても教えてもらう。

他に、当日必要もの調理器具などは基本的に持ち込む。費用会社から出る。)の確認などを行う。

これにも給与は発生するが、1回事務所に来て説明聞くといくら、だったので何回かの分をまとめて説明を聞いていた。

時給が欲しいな、と考えたことはあったが、発売前の試供品などももらえるので(自分で売る商品は必ず自分も試す)私はまぁまぁ納得していた。

当日はメーカー人間として振る舞う。裏の従業員入り口から入り、メーカー名を名乗る。

が、もちろんスーパーの人は派遣バイトだということは知っている。試食販売員スーパーで「マネキンさん」と呼ばれていた。

はじめて聞いた時には私はなんつー呼称だ、差別用語じゃないのか!?とびっくりしたがすぐに慣れた。

スーパーでは売り場を作り、商品試食させお客様に勧める

・・・だけでなく、お客さんの反応や、売り場の観察なども行う。

販売後にはシートを提出するのだがそこには、そのスーパーの客層で多いのはどんな人か

お客さんはどんなことを言っていたか、買った人、試食したけど買わなかった人、試食しなかった人

年齢性別などわけてけっこう細かく記入する欄がある。

他に、他社の商品で何が売れていたのか、なども書いていた。いわゆるマーケティングである

考えてみれば新商品ひとつとってもメーカーには、企画から開発、デザイン宣伝などを行った多くの人がいる。

その多くの人達ひとつの「作品」がこの商品なのだ、と、

私はそういう人たちの思いを(勝手に)背負って、仕事をしていた。

どのような言葉をかけると「売れる」のかについてもよく考察し、

南極で氷を売る方法、みたいな本も読んだ。

時期も場所ドンピシャさらテレビCM投入中の大企業の新商品を売るのだから南極で氷を売るよりも何倍も簡単そうだけれど

これが意外と難しかった。

勉強したら即結果が出るはペーパー試験のみという現実を向き合いながら仕事をした。

売れっ子試食販売員に教わったり、参考になるかわからなかったが柳原可奈子コントも見た。

そのかいあってか私の販売成績は、「てんでダメ」なとこから「平均よりちょい、上」ぐらいまで成長した。

このように試食販売員は、

メーカー側、小売側の両方の視点から商品を見ることができ、

お客さんと直に会話を交わすことで営業の訓練にもなり、

マーケティングはもちろん、業界企業研究まで幅広く行うことができる職業なのであった。

それだけに数々のデメリットとして

丸一日拘束されて日給が7500円なことと、

とにかくスーパーは寒く、真夏でもタイツ着用必須にもかかわらず冷え性悪化するため女性には辛い

7時間半にもわたり、スーパーの一画で笑顔で大きな声を出し、ヒールスニーカー不可)で立ちっぱなしがきつい

何度も試食する子ども浮浪者への対応が大変

同じ派遣会社女の子フリーター勢のなんとも言えない空気感

などの「あっ、これは長く続ける仕事じゃねーな」感が非常に残念でもあった。

まぁ、これだけ考えて勉強しても、売上は売れっ子にかなわず(完全に自分力不足

マーケティング分析はとても楽しいけれど自分は営業は向いてないなーということも痛感し、就活の際は営業は除外した。

そのため就活に対しても役に立ったと言えるし、今後の仕事についても、役立てられるアルバイトだったと思う。

【追記】

もともと販売員のことをマネキンと言う、という事実を知りませんでした。

マネキンマネキン人形」のことだと思っていたので、

当時は「販売員なんてメーカーから派遣されるお人形さんのようなもの」というニュアンスで「マネキンさん」と呼ばれていると思い、

人間のことを人形扱いなんて!」と差別的意味を含む言葉勘違いしていました。

ご指摘ありがとうございます

販売員にはおばちゃんが多い、というブクマに関して

これは派遣会社によりますね。自社で販売員を持ってるスーパーもありますし、

おばちゃんが多いところはおばちゃんにメリットのある会社があると思うので。近場でコンスタント仕事ができるとか。

私のいたところは本当に自由仕事したいなーってとき、入れるときだけ仕事ができる代わり派遣先結構範囲でしたので若い女の子が多かったです。

学生や、夢追いフリーター若い主婦など。

都内だし、割のいいアルバイトは他にもたくさんありましたが、大学のこともあり、時間に融通の聞くこの仕事をしていました。

学びは付加価値としての魅力で「単発、週払い」がいちばんの魅力でしたね笑

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん