「無駄」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無駄とは

2017-07-22

FF5で、例えばモンクのアビリティをすべてマスターしたあと、すっぴんジョブチェンジしたとき最大HPが30%上がる(モンク時と同等になる)じゃないですか。

あの現象って、実生活でも起こるよね?

何が言いたいかっつうと、10代、20代の頃に昼夜を忘れて没頭した趣味によって身についたスキル同人活動なら原稿作成から印刷屋への手配とかイベントスペースでの机上レイアウトとか、バンド活動なら楽器演奏とかライブハウスとの交渉とかチケット売りとか)が、その活動自体をやめてもその後の人生のあらゆるところで役に立つような現象のこと。

自分自身はまあわりと恵まれていて、一生懸命やってきたことをほとんど後悔することなくそこそこいろいろ身について仕事にも生活にも役立っているんだけど、それを実感するのはだいたい5年から10年後なんだよな。

から自分のまわりの若い人には「長い目で見れば一生懸命やったことは無駄にならないんだよ」「一生懸命やりなさい」といつも言うんだけれど、周りの同年代以上の人はあんまりそういう感覚で生きてないようで、無駄に熱血な痛い人みたいに扱われるのが地味につらい。

で、今度子供が生まれるんだが、「ある程度の期間を一生懸命やれば何かがちゃんと身についていい感じに生きられる可能性が上がる」を教えても嘘にならないか、かえって子供を苦しめる結果にならないか、みんなの意見を聞いてみたい。

そういう風に親から言われたせいで、かえってどん詰まりになってしまったパターンがあれば詳しく教えてほしい。

ちなみに自分自身基本的に「お前みたいなやつはろくなものにならない」とかばっかり言われて育った感じ。

あと、「お前はやればできるんだからコツコツ努力しなさい」とも言われてたけど、ADHDっぽくてすぐ飽きちゃうし、小中高と宿題とかほとんどちゃんとできなかった。

小学校の高学年くらいから「自分はだめな奴だから、せめて得意なことで何とかやっていくしかない」と思いはじめて、興味のあることをエサにその周辺のことを一生懸命やってるうちに今は何とかやっていけてるけど、それはほとんど運がよかったおかげだと思ってる。

そもそも自分にとっての「一生懸命」って、ただの過集中の症状だったのではとすら思えてきて、それを定型発達の人に期待するのは土台無理なことなのかもしれない。

せめて自分の子供には「自分はだめな奴」とか思ってほしくないなあ。

https://anond.hatelabo.jp/20170722074823

お前が徹底して裏を取って証拠突き付けていけばいいんじゃね?それが無駄ではなく楽しいんだったら。

https://anond.hatelabo.jp/20170722072052

裏取り作業楽しいから無駄じゃないわ

それより間違った認識蔓延したら取り除くのはほぼ不可能すぎて無駄以上に害悪すぎる

https://anond.hatelabo.jp/20170722071459

間違った認識かどうかを常々疑って裏を取る作業ほど無駄ではない。

https://anond.hatelabo.jp/20170722070720

間違った認識のまま何十年も生き続ける方がよっぽど時間無駄だぞ

かんなぎOP曲を聴くと泣いてしま

最近、色々あって友人と徹夜カラオケに行った。

その御蔭かレポート提出の期限が迫りきているのに、微塵も進んでいなくて切羽詰まっている。

同時に親が買った京都中心のマンションへの引越し作業で目が回りそうだ。

様々な事象が絡んでいて将来への不安を感じて、目の前のレポートやらに専念出来ない。

かんなぎ』のmotto☆派手にね!!を聴いていると色々とこみ上げてくるものがある。

カラオケでも歌った。

この曲を聞くと。小学生とき内臓の持病が悪化していない状態を思い出していつも泣くのだ。

あぁ、あの頃は肌が綺麗だった。

夢もあったのかもしれない。

熱い中、脂やらでドロドロになった大量に抉れている赤い皮膚の顔で歩いている自分なんか想像できなかった。

頭や顔がでかく異型だ。

あぁ、自分はこんなに容姿が醜くなるとは思わなかった。

とにかく、あと3日しかないレポートを書き上げなければならない。

ただ、一生醜いのだと思うと何をやっても無駄気持ちしかならない。

それと同時に、様々な事柄への不安が襲う。

美容整形やらで良くなる気もしないが、やらないといけないと不安とともに感じる。

色々と不安なのだ

二世帯つらい

風呂シャワー蛇口が壊れてる。

原因は、母と妹が「強い水圧じゃなきゃシャワーを浴びた気がしない」という理由で毎回お湯の蛇口限界まで捻ることにあると思っている。

限界まで捻らなくても、途中からもう水圧は変わらなくなると思うんだけど…

で、限界まで捻るから閉めるのがめんどうくさくなるのか、いつも蛇口を全開にしたまま手前のシャワー蛇口だけとめてお風呂から出てくる。

いよいよ水圧に耐えきれなくなって、蛇口の根元が壁から浮いてきてしまい、お湯がダラダラこぼれてくる。

ここ一年ほどは蛇口を開けると「ボー」という音が出るようになり、夜は特にその音が響くのが気になる。

もう何年も母に「水道屋さん呼ぼうよ」と頼んでいるのだが、その度喧嘩。今夜もそれでマジギレ。

限界まで開けるから水圧がかかるんだよ」っていうと「私たちのことを責めてる!!」ってキレられる。「あんだって洗面所蛇口ちゃんとしめてない」とすり替えてきたりとか。私はしめてる。大体は妹だ。でもこういう話が始まると無言で部屋に消える。私がその手を使うと母は私を部屋から引きずり出すというのに。

他にも、家の機能で完全に壊れてるところがあって、常識的に考えてそれは一刻も早く直した方がいい!と思うんだけど、それも言うたび母逆ギレ

でも、つらさの本質は、結局家の決定権は祖父母にあるということなんだ。母方の祖父母と一緒に住んでるんだけど、母も祖父母も親離れ子離れできてない。もちろん母の言うことは聞き入れてもらえない。

私は壊れてるのが気になるし、そういうのを直して維持しながら暮らすためにお金があるんじゃん、と思う。

から「おじいちゃんとおばあちゃんに言って」って言われるからちょくちょく訴えかけてるんだけど「お金がかかるのよ」って言われる。そりゃかかるよ!!!!!

母と祖父母は自分たちの考える理想の豊かな生活のために無駄遣いしてばっかり。

都内に家がある、土地がある」ということだけが自分たちの誇りだからマジで勘弁してってときがけっこうある。

墓参りの帰りに揃って鰻食べるの一回控えたら、それで水道直せるんじゃないかなあ。

家の壊れてるとこ直さないことのほうがよっぽど変だよ。

祖父母は自分たちではなんにもしなくて、友達全然いない。そのくせ親戚か知り合いの話ばっかりしてる。夏は避暑地にたてた別荘にいって孫たちの自慢。よその本当のお金持ちのひとたちに恥ずかしげもなくマウンティングしてる。数年ぶりについていってあげたら、行きつけのごはんやさんの人が私のことすごい知っててめちゃくちゃ恥ずかしかった。大学のこととか、高校部活のこととか。やめてほしい。お店の人にも、祖父母のつまらない自慢話に付き合わせてしまって申し訳ないと思う。

はやく家から出たいんだけど、私は第一子長女で下に男の子もいない。

母もそうだった。「家を継ぐ」ことだけを求められてきた、かわいそうな人だ。

祖父から「家を継ぐ気はあるのか」って言われる。拒否したらどうなんのさ?

つーかなに名家気取ってんだよ。マジ大した事ない普通の家だろ。

ホントちょっとした不動産があるだけで、ただの成金なんだ。しか最近知ったんだけど、別に先祖から代々受け継がれたものというわけでもない。え?そんなもんだったの?って思った。そんなもののために私たちはこんなに縛られているの?

あるだけですごいのも、ありがたみも、よく分かるけど、身の程を知ったほうがいい。

墓参り行く度に「あなたもこのお墓を守るのよ」って言われてきた。正直もうたくさんだ。

おかげさまで大学まで行かせてもらえて何不自由ない暮らしもさせてもらえてるけど、それ以外の精神的な安らぎみたいなものはまったくない。とにかくつらい。

就職が決まって、人事の人からも「最初の1〜2年は実家にいたほうがいいよ、都内ならなおさらだよ」と言われるけど、私はとにかく自分自分らしく生きていけるように、自由を手にするためだけにここまで頑張ってきた。

中学の頃から「家を出て一人で長く暮らしていくための様々な力をつける」ことを目標にして、大学受験就活も乗り越えた。

それでも家での私の評価はとても低い。

根暗とか元気がないとか生活力が低いとかやたらガミガミ言われるけど、勉強だけしてればいいっていってたのはどこの誰なんだよ。

それでも一歩家から外に出れば、そんな私を良いと思ってくれてる人がたくさんいるんだ。

なんで自分たちの死んだあとのことばかり気にしているの?

はやくお金をためて実家距離を置きたい。

こんな気持ちは本当にもうたくさんだ。

2017-07-21

「気が付かなかった…」突然の肌荒れ地獄を救ったおばあちゃん医師

化粧品なんてなんでもいい。正直そう思っていた。



肌が強かったのか、これまで肌の悩みはなかったし、口コミサイトで人気の化粧品を使っておけばいいや。そう思っていた。



そもそも化粧品なんて男性みたいなもので、本当の意味自分に合っているかどうかなんて絶対にわからないし、一生懸命探せば確実に見つかるものでもない。



評判が良くても使ってみなければわからないし、それもある程度の期間を経なければ真価なんてわからない。



からあんまり気にする必要はない。そう思っていた。



でも全然そうじゃなかった。

化粧品の正しい知識選択女性にとって人生の質に関わってくる。



肌の悩みは女性にとって人生の質にかなり関わってくる。



肌に問題があると心に余裕がなくなり、外部との接触も減って自分世界が小さくなってしまう。



職場人間関係もぎくしゃく、友人が減り、彼との関係も悪くなっていく。



私はそれに気が付かず大変な苦労をしてしまった。



大げさに聞こえるかもしれないが、私は化粧品選択違いで、肌荒れ、ニキビ、最終的にはシミ。肌の悩みで長い期間苦しんだ。



死に物狂いで解決しようとも、方法を見いだせず、ノイローゼ寸前、そして金銭的にも危機的状況にまで追い込まれた。



肌に関して悩みに、悩みに、悩んだ結果、幸運出会いもあって、今は奇跡的に肌の悩みが全くない状態人生を前向きに楽しむことができている。



もっと早く気がついていれば、知っていれば」



今の肌にはもちろん満足しているが、ちょっとばかり吹き出物のあとが残ってしまった部分をみると、この後悔が湧いてくる。



基礎化粧品についての体験談なんて、あまり多く出るものではないと思うけど、私と同じく「根本的な間違い」によって多くの人が肌トラブルを抱えて苦しんでいるんじゃないかと思って、私の経験を伝えてみたいと思った。



今の基礎化粧品が合ってないと思う人、長年肌トラブルで悩んでいる人、最近になって肌質が変わったなと思う人は参考になると思う。



興味があったら読んでみてください。

普通の私の唯一の「自慢」



私は特に美人というわけではない。
学生時代も注目をあびることなく平凡に過ごしてきた。



30歳になればそのくらいはもう痛いほど自覚している。
美人生き方は到底できない。



からまり目立つことはせず、「普通女性」として生きて来た。普通大学を出て、普通に就職をした。



そんな私だが顔もスタイルも平凡な割には昔から男性受けは良い方だった。性格特別に良いわけではない。



ただ、肌だけには自信があった。



色の白いは七難隠すとは良く言ったもので、男性は本当の私の見た目以上に私を評価してくれているようだった。



「美香ちゃん肌キレイだね。」



というのが男性からもらえる唯一の褒め言葉だった。



肌こそが私の女としての価値



他になんの取り柄がない。



そう思っていた私は、いつしかこんな考えに取り憑かれていたのかもしれない。。。

■突然訪れた絶望の序章



そんな私に突然変化が訪れたのは30歳時、冬に差し掛かる頃だった。



朝起きて顔を洗うとフェイスラインの部分に違和感があった。



「ん??なんだろう・・・」



そう思ってもう一度触ると、フェイスラインにそって大きな吹き出物が一つ出来ていた。



肌が強いといっても生理前などには吹き出物ができることはあった。



少し大きいから嫌だなと思いながらも、メイクで隠せばいいやと気にせずに放置していた。



いつもはこれでOK。忘れたころには治っていた。



しかし、この時は違った。ここから悲劇の始まりだったのだ。。



翌朝、気になってフェイスラインを見てみると、



「もう一つできている。。。」



フェイスライン上にもう一つ大きな吹き出物ができていた。これだけではない。



よく見ると鼻の頭にもニキビができていた。赤く腫れ上がった鼻は触ると痛みもあった。



初めての経験。



そして、見た目にかなり影響のあるその赤さに軽いパニックに陥った。



化粧水を塗る手が汚れていた?」


「昨日食べた揚げ物が悪かった?」


「枕カバーを洗ってなかったから?」


寝不足が原因?」


「なんで?なんで?」



化粧品食べ物生活スタイル、何かを変えたわけではない。



年齢によるホルモンバランスの変化なのだろうか。



考えうる原因が多すぎて対策が全くわからない。



肌になんて一度も悩んだことになかった私の頭の中は肌の悩みで一瞬にして埋め尽くされた。



ネットで肌の悩みを検索するが何が原因かなんてわからない。私はたまたま目にしたキュレーションメディアの「化粧品が合ってないのでは」といったトピック記事を読んで、それを鵜呑みにした。

化粧品甘い罠



まずは化粧品を変えてみよう。



肌は1日2日で改善するものではないが、一度荒れ始めると特効薬がどこかにあるのではとそれを探すようになる。



私は「高い化粧品こそは特効薬」と浅はかな意見に取り憑かれ百貨店に急いだ。



冷静な判断力を失っていた私はとにかくネット情報鵜呑みにした。



口コミサイト上位の化粧水美容液ニキビ対策化粧品、これらを探して店を回った。



美容部員アドバイスも受けず、ほしいものだけを提示し、購入した。



化粧水8000円


美容液:12000円


ニキビ対策美容液10000円



正直とんでもなく高い。


以前の私なら絶対に手を出さな金額であったが、悩みがあると不思議と安く感じてしまう。



高い=良い=効くはず



という思い込みも強くなる。



「これで開放されるんだ・・・」



この全く根拠のない安心感に包まれたのを覚えている。



早速家に帰り、使用量よりも多めに使って、翌朝には治っているかのような期待感で眠りに就く。



当然1日で肌が改善するわけはないのだが、現状維持をしているだけで、改善しているように感じる。

1週間くらいは荒れた状態ではあるが、その状態は維持できていた。



しかし8日目、また新たな吹き出物が発生した。



「どうして・・・」



高くて評判の化粧品、足りないものがないようセットで揃えたのになぜ?



信じたくないその事実にまたも混乱をした私は



もっといいもの必要なのか?」



とより良い化粧品を探しに走った。

いわゆる最高級化粧品だ。



今まで目にも入らなかったので気が付かなかったが、化粧品というのは実に多様で、高いもの美容液10万円なんてものである



何とかしたい。その一心で私はフランス最上級ブランド美容液にすがることになった。



一本40,000円の美容液、吹き出物対策のジェルで25,000円、UVも吹き出物に影響するとのことでUVクリーム22,000円



結局10万円に近づいてしまった。それでも私は



「今度こそ救われる・・・」



と素晴らしい安心感に包まれていた。

今思えばこれは完全に化粧品依存症だった。


当然ながらこれも根本的な対策とはならず、数日間肌が改善したようには思われたが、またフェイスラインと鼻に新たなニキビができてきた。



「ここまでやってもだめなのか・・・

噂の人たちはどうだ??



肌問題解決人生の全てになっていた私は新たにインターネット情報を探し、最終手段としてテレビなどでも度々話題になる有名美容皮膚科に足を運んだ。



予約の電話を入れると、1週間先なら空いているとのこと。その人気振りに「ここなら何とかしてくれるかも」という期待感が芽生えた。



そして診察当日、中世ヨーロッパのような豪華な内装に驚きつつ、診察室に入ると、テレビで見たことがある先生看護師を背後に2人も携えて登場した。



私は、



突然肌が荒れるようになったこと



化粧品を色々と試し、


食事野菜中心にした


カバー毎日洗っている



これらの対策をしても改善せず定期的に吹き出物ができてしまうこと

を伝えた。

それを受けて先生は何やら色々と説明をしてくれた。対症療法としては吹き出物はレーザーで焼く、食事面は糖質を減らしていく。そして食事で補えない栄養素はサプリメント補給するとのことだった。



正直ウルトラCを期待してしまっていた私はあまり新鮮味のない回答に拍子抜けしてしまった。



ただ、先生権威もあったので、勧められるまま、試してみることに。



しかレーザーで焼いた部分はかさぶたになってメイクでも隠しきれない状態になった。また糖質制限をするにしてもどの程度までやっていいかからず、かえってストレスが溜まった。



当然吹き出物もまた出来た。



翌週の診察であまり改善しない旨を先生に伝えると今度はサプリメントによる栄養補助を進められた。ビタミン剤が30日分9,000円程度と非常に高くびっくりしたが、藁にもすがる気持ちで私はそれに飛びついてしまった。

安らぎの「代償」



それでも一向に状況が改善はしなかった私はとうとう何をしていいかからなくなってしまった。そんな私に追い打ちをかけるようにクレジットカード請求書が届いた。



請求金額:368,781円・・・



殆ど化粧品美容皮膚科自由診療費、そしてサプリメント費用だ。



私は肌荒れの苦痛から逃れることに必死になりすぎて後先考えずに行動を取ってしまっていた。



幸い何とか支払いをすることが出来たが、一般OLの私のなけなしの貯金の大半を取り崩すことになってしまった。



ほんの些細なトラブルから私は精神的にも肉体的にも、そして金銭的には追い込まれしまったのだ。



もはやお金もかけられない。でも肌トラブルは治まらない。解決策も見いだせないけど、症状を受け入れて生活することもできない。



徐々に私は精神的にも不安定になり、外に出るのが怖くなった。会社休みがちになっていた。

カミングアウトそして意外な展開


そんな私の様子を感じ取ったのであろうか。実家の母が突然私に電話をしてきた。近くにくる用があるので、家に立ち寄るという。



あってすぐ私の様子が違うことがひと目でわかったのだろう。母は大事のようには言わないが落ち着いたトーンで



「どうしたの?」



と一言だけ聞いてくれた。



傍からみればたかが肌荒れ、でも私に取っては存在に関わる大きな問題。友人にすら言いにくい悩みをやっと打ち明けることができると思った途端、安堵感から涙がこぼれた。



母には率直に



「急に肌が荒れはじめて、原因も対策もわからない。自分に自信がなくなって、人に合うのも怖くなって精神的に辛くなっている」



と伝えた。



母は、「全然気にすることないのにねー」というが、私は



「みんなそう言うんだよ・・・」



と心の中で思う。



すると母が、「じゃあ、肌がキレイに戻ったら元気がでるの?それならカンタンよ。」



「え??」



私は思いもよらない母の言葉に耳を疑った。



「私が昔から行ってる皮膚科先生相談すれば一発よ」



「何!?魔法の薬でもあるの??」



そう思いながら翌日すぐに母の紹介で実家付近皮膚科に行った。

おばあちゃん医師の知恵?



クリニックは現在風の要素は皆無。マッチ箱のような規模感の古びた建物にひっそりと存在していた。以前にいった美容皮膚科の豪華絢爛さとは全く違う。その外観に私は失望を隠せなかった。



「でもここまで来たのだから診察は受けておこう。」



受付を済ませるとすぐに診察室に呼ばれた。



中に入ると小太りのおばあちゃんが座っている。



「こりゃだめだ」



私は心の中でつぶやいた。するとおばあちゃん先生は



あんた飯村さんちの娘さんね。肌が荒れてるんだって?」



「はい・・・



私は既に期待もなにもないので適当に返答をした。



すると先生は、



「私の肌見て、はいキレイでしょ。私80歳ね。」



「早く診察してくれよ」

と思ったけど、確かに80歳には見えない。肌だけみたら60台前半には見える。何より肌のキメが細かくシミ・シワが異常に少ない。



「私は化粧品使ってないの。保湿剤だけ。今の若い子はほとんど保湿が出来てないから、肌が荒れるのよ。はい。保湿剤あげるからこれを朝晩ちゃんと塗ってね。」



診察はわずか1分。薬などは一切なし。プロペトという保湿剤を処方されただけ。
あまりのあっけなさに怒りすら感じ、母に連絡をした。すると



「なんでもいいか先生の言うとおり保湿に注意してみなって。」

と突き放す。

意外な効果、あの肌を再び



まあお金もかからないし、やってみることに。夜寝る前と朝に塗れとのことなので、貰ったプロペトという保湿剤を風呂上がりに塗って試してみることにした。。



顔がすごくベタベタになるのが本当に嫌だったが確かに顔を守られているような感覚はあった。



ベタつく感覚違和感を覚えながらも、そのまま眠りついた。翌朝、意外にも早速効果が現れてきた。吹き出物が少し小さくなったような気がするのに加え、乾燥する感じは全くなく、もちもち肌になっていた。



「これはいいかもしれないぞ・・・

そう思う気持ちもあったが、シンプルすぎる対策に疑問を隠せないこともあり、もう少し様子を見ることに。



様子を見ること1週間。



新たな吹き出物は一切できない。



その間付き合いで少し脂っこいものを食べようが、夜更かしをしようが寝る前に保湿剤をきっちり塗るだけで一切肌が荒れなかった。



「え??もしかして私が悩んでたのってすごく単純なことだったの??」



きちんと肌を保湿をする。



そんな単純なことが出来ていなかったために私はこんなに苦しんだのだ。



肌に塗るもの第一優先は保湿なのだ。肌の水分を減らさないために保湿をする。それが一番大事あくまでその他の効果は2の次なのだ。



保湿をすることで肌本来機能を発揮してもらうことの方が、新たな成分を肌に付加し、浸透させようすることよりもよほど重要だと今では思う。



この経験を元に、保湿を中心とした化粧品選びを行った結果、今では昔と同等もしくはそれ以上の肌を取り戻すことが出来た。



始めて合う人からも「肌が綺麗ですね」と言われることが増えてきた。



吹き出物が多く出来た時期に跡が少し残ってしまったのだけが後悔だが、今は自分の肌に満足できて、自信も取り戻すことができた。

あなたに伝えたいこと



今まで化粧品に費やしてきた多くの金額無駄なのではないかと今は思っている。



もちろん身だしなみとしてのメイクファッションと同じで好みに応じてお金をかけてもいいと思うけれど、



基礎化粧品に関しては月に数万~数十万は掛ける必要はないと思う。



保湿力の高い基剤を使った基礎化粧品を一個使っていればいい。



私は最初病院で処方されたプロペトという保湿剤を使っていたけど、これだとベタつきすぎてメイクができないので今は月に4000-5000円のオールインワンジェルを使っている。



もし、あなたが肌の問題で悩んでいるのであれば、使うもの別に何でもいい。ただ、他の成分は無視して、まずは保湿力の高い化粧品だけを使ってみて欲しい。



高級化粧品なんて決していらない。



もちろん高級化粧品は素晴らしい製品だとは思うし、私達女性にとっては見ているだけで楽しい一種エンターテイメントだ。



だがそれによって本来の悩みを解決できず、むしろ更にあおり金銭面でも追いつめられてしまうこともある。



重ね重ねになるが。肌に悩みがあるならまず保湿。これをやってみて欲しい。



その効果にきっと驚くはずだから

。

私のような経験者の話が少しでも役に立てば嬉しいです。




魔法言葉「人それぞれ」

何につけても

「それは人それぞれだからね~」

「人それぞれ思ってること違うから何言っても無駄だよ~」

「人それぞれなんだからそれでいいじゃ~~ん」

多様性を認める時代

https://anond.hatelabo.jp/20170721202459

マイクロソフトサポートなんて、あって無いようなもんだよ。自分とこがユーザーに送りつけた更新プログラムトラブル起こしてても、何日も対応しないような会社よ?マイクロソフト側に期待すること自体無駄だと思ってるよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170721162607

そいつから倫理観が壊れている増田名物キチガイから相手するだけ無駄だよ

福島県民は強者でありゴミクズなので、その被害者である反原発の人々は多少の復讐をしても許される」とかいう謎の主張を続けていることで有名

https://anond.hatelabo.jp/20170721094355

その姿を側で見られてどう思われるかってことを想像できないような奴なんだ

話すだけ無駄だろそんな頭回らない奴とさ

https://anond.hatelabo.jp/20170720200234

正義などない(キリッ」

こういう意見ブコメ集めちまうからいつまでたっても増田はてなーことニッポンジンはいつまで経っても土人なんだよ

まぢ太平洋戦争で死に絶えてれば良かったな

 

損益的に考えろ

もう一度いう

損益的に考えろ

 

うわーん難しいよー

 

頭つかいたくないよー

 

じゃねえよ

 

何度でもいう

 

損益的に考えろ

 

例え行動がネトウヨ的であっても自民党損益的に自分の利になると判断するならそれに従えばいいわけ

もし民進党損益的に自分に利するなら売国でも応援すればいいわけ

もちろんアカ朝日新聞日本共産党応援してもいいし

宗教法人公明党応援してもいいわけ

損益的に自分に利する組織正義としたらいいわけ

それに対して第三者がとやかく言う資格はない、飯を食わせてるならともかく

 

この辺りがジャップたちはできてなさすぎ

自分の味方に贔屓になればいいのに

そうでなくイデオロギーとか糞つまら宗教とかに肩入れして

金銭的・権利的な利を追求しようとしない

から経済対策が弱い政治ばかりになってしま

正直経済個人の台所がよくなれば誰が政治しても幸福感は得られるんだよ

ただし今の政治家のものスペックが低すぎるせいで

何党が政権握っても無駄なのが実状

から腐敗政治万歳自民でド安定になっちまうんだろ

たまに民主党とか都民フとか勝たせてお灸を添える、あほ

民主党政権の前と何1つ変わってねーだろ

 

ネトウヨダメならブサヨか!いや、民主党か!ダメか!都民フか!→ダメか!(予定)

もーこの繰り返し

そんな勝ち馬探そうとしても根本的なジャップ脳を変えない限りは良くならんから

金と女と時間不自由しなくなってしまった

なぜ35歳を超えると頑張らなくなるのか。それはロールプレイングゲームの終盤と同じだから。 | Books&Apps

この記事を読んで身につまされてる。俺はまだ30代前半だけど、欲しかったものは全部手に入ってしまった。

金は今のペースで生活する限り75歳くらいまでは給与収入なしでもやっていける。大きな病気にかかるとか予定外の出費がかさめば別だろうけど、それでもたぶん60歳くらいまでは仕事をせずに暮らせるだろう。趣味といっても読書とか散歩とかネットくらいで金のかかるようなものではないし、意識して無駄遣いする理由もない。たまに気が向いたらwikipediaクラウドファンディング寄付くらいはしてるし、ふらっと旅行に行くくらいのことはしてる。

女についても、若いころは女心と呼ばれるものがわからなかったりして、遠い世界の住人みたいな考えでいた。童貞を捨てることになった相手に振られてからは、なるべく近づいてみたいと思って、研究というと大袈裟だがまあそんなようなことを続けた。そのうちなんとなく波長のようなものがわかるようになってきて、今ではむしろセクハラに勤しむおっさん気持ちのほうがわからなくなってきたくらいだ。今すぐセックスしたいみたいなのとか、特殊プレイをやってみたいっていうようなのは風俗に行くのがもっとも手っ取り早くて後腐れもないことに気づいたので、今でもたまにお世話になってる。エロマンガとかAVに金を落とすこともある。ナンパしまくるとかキャバクラで豪遊みたいなのには興味が持てない。性的にもたぶんノーマルで、ロリコンとかではないため叶わぬ夢みたいなのもない。これから性欲が増進していくとも思えないので、まあ順調に枯れていくんだろう。

仕事をしなくても食っていけるし、そのことに不安もないので、24時間すべてが自分自由になる。ニートに向いてるやつと向いてないやつが居るとされるが、俺は明らかに向いている。時間がありあまっても苦にならないし、運動不足が続くと体がなんとなくだるくなるのでわざわざ散歩したりして体調を整えてる。持続可能ニート生活になってしまっている。

友達にはまだ仕事を辞めたこととかは秘密にしているが、わざわざ白状する動機がないだけで、なんとなくそのままにしてる。それが知られて金をせびられるようになったり僻みをぶつけられるようになったら、まあ、所詮それまでの関係だ。

俺は何の心配もせず安楽に安心して暮らしたかった。それは叶った。残りの数十年も退屈せずにやっていけるだろう。でも金や女や時間を欲していたころの情熱はもう蘇らないし、寂しく思うこともあるが、戻りたいとは思わない。情熱自家中毒みたいな状態幸せだとも、自分が望んでいるとも思えない。

すべての欠落が埋まった人間狂人だけだというが、我が家家庭菜園トマトの出来が気になっているので、それを確認するまでは死ねないし、たぶん狂いもしないだろう。呆けるのは早いかもしれないけど。

2017-07-20

苦手ということ

自分気持ち言葉にできないって、何なの?

あなた言葉にしなければ、だれがあなた気持ちを読み取るの??

旦那が、怒ると無視してくる。

最初のうちは何で無視するの?何か怒っているの?と聞いていたが

最近無駄だと悟ったのでこちらも話しかけないが、そうするとずっと会話がない。

例えば、旦那100%悪いだろうという喧嘩

私は極力感情的に、怒鳴ったりしないように気を付ける。

過去のこともほじくり返さないように気を付ける。

それで「あなたの、こういう行動が嫌だった。私はこう思った。あなたはどう?」と聞いてみる。

何も言わない。

考えているのかな、と深呼吸しながら5分ほど待つが、何も言わない。

さすがに「無視しないでよこっちが真剣に話しているのに!!」と怒る。

やる気なさそうに「なんて言ったらいいかからない」と答える。

「じゃあ、何を考えてたの?この5分の間」と聞くと…

「何も考えていなかった」だってさ!!

もう、本当コイツばかじゃないの?と思ったよね。

何なんだろう??

怒られている→心を無にすることで自分の心の平穏を保っているのか?

じゃあ私の心の平穏はどうなる??

一生、自分の悪いところを改善しないの?あなたは。

物事を考えることが苦手。考えて、文章にすることが苦手。

相手に口に出して伝えることが苦手。

苦手ばっかりじゃん。

それは甘えじゃないの??

言わなくてもわかってほしい、わかってくれなきゃまあ別にいかっていう甘え。

どうにかならないんですかね??

幸せ仕事じゃない

フリーランスになって5年がたった。法人化もした。いまは月140万でとある大手インターネットサービス業務委託してる。

最近、同時期にフリーになった知り合いとあうと、まだ人月で働いているのかと言われた。

同時期に企業した知り合いのところに遊びにいくとフロアが2倍になっていて、前職の知り合いを何人かやとっていた。

そういうのを見て、俺はなにしてるんだろうと思う。

知り合いで話を聞くとビッグデータまわりで1週間で300万みたいな商売をしてるらしい。

人月商売をやめようと営業かけてみたけど、特殊能力があるわけではないので、そう簡単案件はとれない。

なんか辛い。

頭も重いし、フクロハギも重いし、肩も痛い。

口癖は「死にたい」。

フリーにならずのほほんと生きればよかったなと思う。

そしたらこんな無駄に辛い思いをせずに済んだのに。

ほんと、幸せ仕事からこないなと痛感する。痛感するけど、はじめてしまたからには仕事でも幸せになりたい。どんだけ苦しくても仕事幸せになりたい。そんな時は永久にこないんだろうけど・・・

Chrome広告ブロック拡張機能入れたら生きるの嫌になった

いいサイト広告費を得るべきだと思うし

宗教上の理由でこういうのは避けてたんだけど

めちゃくちゃ軽くなって笑った

どんなにハイスペックPCを使おうとも

どんなにGoogleが頑張ってChromeを改良しようとも

全部無駄

広告貼りすぎ、または広告システムが低レベルなせいでサイトがあり得ないぐらい重くなってる

広告ブロック使うしかないんじゃん

自分自分の首を絞めてるじゃん

悲しいなぁ・・・

https://anond.hatelabo.jp/20170720083650

そもそも体調を崩しやす生産性の低いような奴は結婚率も低いと考えられるので

未婚の奴を見渡せばそういう風に見えてしまうだけ

収入幸福感・平均寿命あたりでも似たようなことはよく言われるけど、全部因果が逆

「成績のいい子は朝飯食ってる」みたいなもんで、朝飯だけ食っても無駄ということ

独自用語が多すぎるプロジェクトアサインされた

わけわかんね。。。エクセル用語集とかあるし。

なんでこうなってしまうんだろう

無駄じゃん

むだ

2017-07-19

ガンホーが遂に滅びるのか

苦節15年

プロテラデモ活動をし続けた成果が遂に出るのか。

あの戦いは無駄ではなかった。

あの旅は無駄ではなかった。

テロ、油テロモンスタートレイン、数々の手段新規プレイヤーを泥沼から追い返してきたあの日々。

懐かしい。

目を閉じれば思い出す。

熱中しすぎて大学留年した奴、会社を辞めた奴、いつの間にかFF11の方に移った奴。

オレはずっと考えてたんだ……

上手くいかなかったデモ意味はあるのかなって

消えていってしまった時間

無かったものと同じなのかなって

今ならわかる

意味はある

意味はあったんだよ

ここに

ナックたん

君を好きになってよかった……

急に昔の事を思い出して死にたくなる

今更後悔したって不安に思ったって無駄な事だとは分かってるのに不安になるのが止まらない

どうしたらいいの

失恋後に新しい恋を見つけるとか無理ゲーすぎる

ほかのひとを好きになれない。

好意を向けられても、なんでこの人は私が好きだった人じゃないんだろうって思ってしまうし、そう思うことへの罪悪感で逃げ出したくなる。

ほかのひとを好きになりたい。もう足掛け3年くらい無駄な恋をもてあましている。

集中できない

仕事マジで集中できない

あれやこれや気になってインターネットちゃう

結局解決できないんだけど

この時間無駄にせずに仕事に回せてたら、出世だって早かろう

勉強だってできるし

と思いながら1分ほどサボって仕事に戻るを繰り返している

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん