「シーラ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シーラとは

2020-08-10

anond:20200810215109

ちょっと前に「シーライオニング」なんて言葉が出てきて、その目的がまさに「論敵を疲弊させること」だったけど、

そんなの適切なQ&Aを用意しとけばいいだけの話で(用意できないなら説明が足りなかったという事)、無限に出てくる「一人一派」のほうがはるか迷惑だよな。

2020-08-08

アクタージュは終わるとは思うけど、デマ画像作ったエンドハシーラーとか言う奴、アカ消ししても貴様がクソ人間だという事実は消えない。

つーか1000以上フォローしてんのに、フォロワーが100程度な時点で色々お察しな奴だがな。

2020-08-06

anond:20200806070112

読む価値のない駄文で「読んでないだろマウント」してくるバカ

実にシーライオニング的

2020-08-04

小沢健二に対する反論を見ていて思ったが

差別主義者側は思いつきで適当なことを無限に言ってくるのに対して、反論する側は当事者迷惑がかかってはいけないから(そして差別野郎に負ける訳にはいかないから)、言語法律歴史などミリも間違わぬよう事実確認をいちいちしながら慎重に反論しなければならず、小沢別に質問してきてるわけじゃないか意味が違うのだけど、ヘラヘラしたトロールにひたすら疲弊させられるという意味で「シーライオニング」の悪質さってこんな感じなのかとようやく分かってきた気がする。

2020-07-31

anond:20200731013307

質問に対してちゃんと答える気もないのに不誠実な回答を繰り返して質問者を議論の中で疲弊させる行為シーライオニングに近そうだけどシーライオニングではないんだろうな?なんて言うんだろう。

2020-07-27

はてサってもうWhataboutism()とかいうのはどうでもよくなったの?

quick_past 案の定調子乗って「左」叩きの材料にしてる人が居ますけど、じゃああなたたち高橋高須三浦百田あたりをこれくらい批判してきたのかね?人材不足も自浄作用不足も人の事いえないのでは?



いっきり使っちゃってますけど・・・

彗星のごとく現れたシーライオニングに夢中でもう忘れちゃったのかな?

2020-07-21

anond:20200721153951

記者相手を怒らせて本音を引き出すのが仕事なので、これをシーライオニングなどと非難するのは言論の自由制限する行為だね

anond:20200721154211

しろ伝家の宝刀・秘伝のタレ的な手法として口伝してるってきいたことある

シーラいおニングという名前ではないけどね

日本報道ってだから質が低いっていわれる

批判」もたいていこれ

相手のこと理解できない自分の無努力肉弾でぶつけるだけ

理解できる翻訳者しか話す気がなくなるやつ

シーライオニングはDoS攻撃

一つ一つはまともな質問(まともじゃないこともあり)でも、執拗に繰り返し、相手が回答すればまた別の質問を繰り出す。

相手が答えられなかったり、うんざりして答えるのをやめれば勝利宣言

本当に質問の答えを知りたいわけではく、論敵を疲弊させ、あわよくばそいつ意見ネガティブな印象をつけるための論法

それがシーライオニング。

質問者と回答者にかかる負担格差を利用したDoS攻撃である

はてなー諸君ならニセ科学界隈あたりで見たこともあるんじゃないか

件の漫画で、やれ「アシカの言ってることは正しい」だの、やれ「夫人発言ヘイト」だの、的外れにもほどがある。

ずっと付きまとい、寝室にまで侵入し、朝食の邪魔さえする、その粘着行為こそがテリブルであり、シーライオニングの問題点なのだ

例:

HPVワクチン副作用はあるのですか?教えてください」

「(HPVワクチンの接種後に)歩けなくなった患者の話も聞きますが、どう思われますか?」

HPVワクチン効果はあるのですか?教えてください」

MMRワクチン自閉症になるという研究についてはどう思われますか?」

製薬会社医師癒着副作用が隠ぺいされることはないのですか?教えてください」

↑のような質問いくら回答されても気にせず繰り返す(ループもあり)のがシーライオニング。

ちなみに、上記質問者が本当に「HPVワクチン副作用について知りたい人」だと思う方、いらっしゃる

増田を見てりゃ「質問を繰り返して相手負担押し付ける」戦法ことシーライオニングの実例いくらでも見られるだろうにな。青識も実戦経験が足りんな。

シーライオニング漫画アシカレス乞食に置換

マンガ揶揄されているシーライオニングの異常性が理解できない人のために:

オープンカーで移動中の会話)

婦人「他の種類の人々は気にならないのだけど,レス乞食? — レス乞食とは関わりたくないわ.」

紳士「そんなことを大きな声で言うもんじゃない!」

レス乞食「失礼します,小耳に挟んでしまったもので……」

紳士「ああ,やってしまった.」

レス乞食あなた声明に関して建設的な話し合いをさせてください.レス乞食が今まであなたしたこと不利益を蒙った証拠を示していただけませんか?」

紳士婦人の自宅)

婦人「どっか行って.」

レス乞食「大きな声をあげなくても結構です.私はここにいますあなた意見の裏づけになるソースをお持ちになるのか,関心があるだけです.」

(夜,ベッドルーム)

婦人あなた,私の家にあがりこんでいるんですけど.」

レス乞食あなたは万人が聞くことができる公衆で主張をされました.あなたがされた主張を弁護できないと言うことでしょうか?それとも単純に筋の通った議論を望まないという事でしょうか?」

(朝,食卓

紳士「ほら言わんこっちゃない,レス乞食だ,おまえ.」

レス乞食「私は一貫して礼儀正しくしてきましたが,お二人は無礼しか言いようがないです.」

婦人「これから朝食をとるところなの.」

レス乞食「分かりました.一時間後に議論を再開しましょう.」

雑に訳したのでニュアンス違いはあるかも。

2020-07-20

シーライオニングと対話拒否

 人間コミュニケーションをするさいに、主に言語メッセージ視覚メッセージ(表情やジェスチャー、図解など)を用いる。同じ言葉でも発言者の表情やジェスチャー、声色などでメッセージは大きく変わってくるが、SNSメールなど、視覚メッセージを得にくい状況では言語メッセージ文字比重が偏るため、より誤解を与えないための言葉選びが大事になってくる。

 また、日夜あらゆる議論戦場となっているツイッター場合、それに140文字という文字制限が加わる。日常ツイートなら十分かもしれないが、異なる価値観同士をすり合わせるにはあまりにもシビア数字であり、苦労している方も多いだろう。


 文字数に制限がかかるとなると、できるだけ文章を簡略化させるようになるのは自然な考えだ。一般的名詞定義などは省かないと、あっという間に140を超えてしまう(それを逆手にとって、「リンゴは赤いといいましたが、青いリンゴもありますよね?」「車はタイヤが4つといいましたが、トラックは6つですよ!」と揚げ足を取る戦術がある)。

 また、なかなか決着のつかない話し合いは、参加者を心身ともに疲弊させる。その粘り勝ちを目指して、向こうの質問に答えず、質問文の揚げ足取りや「(一般名詞)って何ですか?」と質問質問で返す、シーライオニングと呼ばれる行為インターネット・蛮族の間で共有されている……らしい。

 しかしこのシーライオニングという呼称は、主にツイッター上で活発に行動されているフェミニストの方々が好まれているのだが、これの使い方がどうにも間違っているような気がしてならないのだ。

 某有名ツイッターフェミニストのひとりは、「フェミニズム一人一派」とおっしゃった。つまり人それぞれ持ちうる解釈定義が異なるということであり、一般名詞に見えても全く違う使い方をしている可能性があるのだ。


 ある程度まともな議論したことがある方ならわざわざ言うまでもないことではあるが、議論というものはまず、前提知識の共有・すり合わせから始まる。これをしなければいつまでも議論がすれ違う危険性があるし、時間も勿体ない。

 話し合いの最中でも、疑問に思ったことはできるだけ相手確認し、とにかく前提条件や言葉定義をすり合わせる必要がある。結論が出かけた段階で、実はとっても重要な前提知識を間違えて捉えていました、なんてわかってしまえば、話し合いは振出しに戻るしかなくなる。

 ところが、ある議論で前提のすり合わせをしようとしたところ、そんなのググればわかるだろう、と返ってきてしまうことがある。こちらは相手定義を知りたかったのだが、拒絶されたために仕方なくググって出てきた情報を前提として話を進めていくと、私はそんな解釈をしていない、と返ってくる。よく見かける光景である

 実に理不尽で不誠実に思えるが、彼・彼女らに言わせればそもそも前提のすり合わせのための質問シーライオニングにあたるようで、つまり彼らは質問のものを拒絶している。前提知識を共有できてない議論など、議論になるはずがないので、ひいては対話のもの拒否していることになる。

 まあもちろん、クソオスやキモオタ名誉男性とは会話などしたくないと思うのは自由なのだが、だったら議論を名乗らないでほしいなあ……と思うキモオタであった。

雑な横文字ワード引っ張って来てろくろ回しする人達

ほらもうシーライオニングが自分トーンポリシングしたいとき理由に使い出されているでしょ

シーライオニングはアシカ強者弱者かによって善悪が変わるなら、その強弱をどう決めるかが問題

京太郎っつー人が、シーライオニングというのは修辞疑問文による悪質な攻撃のことであり、問題視するに値する、みたいなブログを書いて、それに対してブコメ賛否がよせられてる。

まあ七割くらいが否かな。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/tatsumi-kyotaro.hatenablog.com/entry/2020/07/18/231036

たださぁ、このブクマカから京太郎への批判が、なんかズレてんのが多いんだよな。

ヘイトを口にしてる婦人が悪いだろ」とか、「『修辞疑問文攻撃性があるからダメ』は、普段キミらが批判する、トーンポリシングによる対抗言論封殺だろ」とかが多いしスターも集めてるけど、そこじゃなくない?

記事を読めば、京太郎はこの辺の批判は既に想定済みだろうことがわかる。

以下の部分だ。

無論、シーライオニングをしたからと言って即座に倫理的批判されるべきだというわけでもないのでここに関しては注意しなければならない。シーライオニングを行うことそれ自体は如何なる場合においても正当化できない行為というわけではない。

これは例えばシーライオニングを行う者が社会的マイノリティ被差別者だった場合を考えれば十分だろう。あの漫画で描かれていたのがアシカではなく黒人だった場合婦人発言は単なる個人的趣味趣向の域から逸脱してしまう。

言葉は常にそれが発せられた文脈と共に理解されるからだ。

その場合シーライオニングは正当化不可能と言い切れないだろう

念のため、別の言葉でも言い換えよう。(言い換えが間違っていると京太郎氏に指摘されれば撤回する)

婦人強者アシカ弱者である場合は、婦人発言は同じでもヘイト差別となるので、ヘイトへの弱者抵抗として、アシカ修辞疑問文戦法をとることは正しい行いとなる」と書かれてるわけだ。

はい、こう言い換えれば、ポリコレ疑義を持つはてブァーのみなさんは猛烈に反論が浮かんだだろう。

とかが浮かんだだろう。

ブコメ批判するなら、それを書いてくれや……。

少なくとも京太郎は、状況や文脈によるという条件付きだが、婦人発言ヘイトになることもあるとわかってるし、シーライオニングすんなって言うのはトーンポリシングによる弱者黙らせになることもあると、わかって書いているわけでね。

まるで京太郎がそこにノータッチかのような批判はピントがズレててほとんど無駄からさ、貴重な100字を大切にしてくれ。

2020-07-19

結局「シーライオニング」ってどんな行為を指すのか

あのマンガに正解があるのか分からんけども、自分なりの解釈を書いてみたい。

なおアシカ発言内容には全く触れません。

『The Terrible Sea Lion』はSNS上でよく見かけるやり取りを揶揄したものであり、その本質ネットユーザーの公私に関する意識の差を描いている。

というわけで、マンガにおいては現実世界のものとして描かれているけど、これらはすべてネット上でのやり取りであると考えられる。

コマ目は特に示唆的なコマだと思う。

女性が屋外で不穏当な発言をし、それを相手方がたしなめている。これをSNSに当てはめるなら、パブリック上で問題発言をしている図となるだろう。それだけでなく、このコマからはそういった行為を犯す人間意識まで読み取れる。

背景に注目してほしい。

そこに人はいるだろうか。あるいは、人の気のあるような場所だろうか。

否、だ。

これはSNSを(特に身内で使っている)人間に陥りやす心理状態だ。

そこがパブリック場所であっても、見えている世界自分と知り合いだけの空間だと脳はプライベート場所だと錯覚する。それが現実でのことなら、そこまでおかしものではない。しかネット上においては、ひとっこ一人いないように見えても、そこには無数のネットユーザーがいるのだ。そして、それを可視化する方法はない。

故にアザラシは2コマ目で唐突に現れる。

何気なく呟いたら、見知らぬアカウントからメンションが飛んできた時のそれだ。

ネット上には物理的な距離はない。遠くからこちらに向かってきて、気さくな返事と共に「失礼ですが…」と話しかけてくるようなことはない。話しかけられてから、それが何者であるか知る、というのがネットにおけるコミュニケーションの始まりだ。

とはいえ女性にとってアシカ行為は、自分の家に土足で上がり込んでくるようなものに感じるのだろう。FFから失礼…するな! というヤツだ。3コマ目以降の背景が屋内となっているのは、つまりそういうことだ。プライベートモードにしたのに、どうやってか入り込んできたスーパーハカー描写ではない。

女性アシカ。両者はどうしてここまで話がかみ合わないのか。それがネットリテラシーの差であり、ネット上での公私の捉え方の違いなのだろう。

で、どちらが悪いのかという話なら、個人的にはアシカだ。

自分発言責任を持つことは重要ではあるが、はたしてそれは無制限に拡大していいものか。見知らぬ相手自分発言説明する義務があるのか。あるいは赤の他人発言に対して説明させる権利はあるのか。全くないとは言い切れないが、『The Terrible Sea Lion』のようなシチュエーション場合はどうだろうか。

個人的にはないと思う。責任を感じた時だけ行動すればそれでいい、とも。

それでもしつこく食い下がる行為は、もはや嫌がらせの域だ。

アシカが就寝中や食事中にやってくるのは大袈裟表現ではない。今や現代人にとってスマホ必須であり、そのスマホからは常にSNSの通知が届いている。つまりこれはそういう表現だろう。

インターネットによって生活時間が違う人どうしでも気軽にコミュニケーションがとれるようになった、と言えば聞こえはいいが、このマンガにおいてはそれが地獄にもなることを描いている。

まあぶっちゃけ、さっさとブロックしてしまえばいいんじゃね? とも思うんだけど、このアシカが単体である保証がないところがザ・インターネットなのだ

自分なりの結論として、シーライオニングがどういった行為を指すのかと言えば、相手議論を嫌がってるのにしつこく議論を吹っかけてくる行為、あるいは、ソフトネット付き纏い行為って感じになるだろうか。

(しょーもない結論になってしまった)

トーンポリシングで言い方は問題ではない議論しろって言ってんのに

シーライオニングでお前は議論に値しないは通らねえだろ

どっちかにしろ

2020-07-15

シーライオニング

やたら基礎的なことを逐一確認してきてちょっとでも曖昧な返しをするとニチャアって顔してネチネチ詰めてマウント取りたがるおじさんを思い出した

2020-07-14

シーライオニングって言葉アニマルライツ的には問題ないの?

元ネタと使われ方を見てて思った。

あれってアシカに対してのアニマルライツ活動の人がいうところの種差別にならないのかな。

便利な道具こしらえちまってまあ

これからフェミがなんかガタガタ言い出したら何も内容に言及なしでシーライオニングやめてくださいとだけ返せばよい

フェミニズムをもっと勉強しろとか言い出したらフェミプレイニングやめてくださいと返せばよい

そんな言い方ってないとか言い方が悪いとか暴言がひどいとか言われたらトーンポリシングするなと返せばよい

淡々と潰せばよい

2020-07-13

シーライオニング」でツイート検索しようとしたらサジェストに「青識」って出てくるの流石に笑っちゃうんだけど

2020-07-12

ググればわかるライン

シーライオニングについての話を見ていたら、あるツイートで例として「(グーグルすればわかることを)質問です」があがっていた。

引用元https://twitter.com/AkashicAkemi/status/1066853113951211520

ここからシーライオニングの話ではなく検索の話になるが、ググればわかるというラインはどこなのだろう。

結果が1つの事例ならともかく、思想意見などの場合ではググれと言った側の想定は違う結果に納得してしまうこともあるだろうし。

検索のうまさ(検索ワードの選び方や区切り方、検索オプションなど)、グーグル側のパーソナライズ、検索結果を何件まで見るか。

検索に対して一部のみ開かれたサイト(会員登録すればより詳細を知れる、など)の中身は検索して知るうちに入るのか?

そういったことを色々と考えてしまった。

それとときどき話題になる「スマホ世代グーグル検索しない」問題

個人的にはこれは個人環境依存が大きすぎると思っているけど、仮にググらない人に検索しろって言って「(SNSで)検索しましたが見つかりません」みたいなやりとりが発生したら不毛すぎる。

最初シーライオニングに戻ると、元ネタ漫画質問どうこうより2人が話しているときに突然アシカ乱入するのがよくないと思った。

誰だよお前、って。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん