「昭和」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 昭和とは

2017-09-25

なぜか3ばっかりある

注目エントリ

3大・すごい発見発明をしたのに名前..

中学3年で初めて彼氏出来て以降わりと..

なぜ 冷蔵庫と 話さない  のか

そういえば切り取り線増田はどこに消..

おばちゃん達の自転車

新人が三つ折りを綺麗にできない

日本三大 昭和に取り残された食べ物

職場徒歩圏内にするデメリット

月蝕歌劇団の公演を見に行った記録

なんかひょんなことから月蝕歌劇団の公演を観てきた。

怪人二十面相 黒蜥蜴復活篇-ガス人間第二号とフランケンシュタイン-』

ピーターパン 月蝕版』

自分にとっては初めての月蝕歌劇団

忘れてしまわないうちに記憶を記録に変えるため、レビューを残しておくことにする。

月蝕歌劇団を知らない人は目の前の箱でググってほしい)

.

■全体として

劇団標榜しているところの“アングラ”とは何か、つかんだ。

マジックリアリズム大衆演劇の合体だ。

これ、過去の演目を見る限り、そう間違ってはいないはず。

自分のボキャブラリでいうと、ボルヘス池澤夏樹イタロ・カルヴィーノ筒井康隆、このあたり(マルケス積ん読状態なので知らん)。

怪人二十面相』やら『ピーターパン』やら、もとからマジカルな舞台設定の既存作品をさらに2つも3つもカットアップマッシュアップして、"魔法世界の中で、さらに有りえねぇ超現実が起きる"ある意味なんでもありの“ごった煮”的な世界設定を作って、舞台の制約が許すかぎり絢爛豪華なスペクタクルに仕立てる。

で、そこに昭和風俗をまぜ込んで(たとえば突然、山口百恵のワンフレーズが出てきたり、吉本新喜劇的なシークエンスが乱入してきたり)、さらに'60年代新宿のアングラシーンの楽屋オチ、「唐十郎李麗仙が~」みたいなネタをチクリ、チクリと混ぜ込めば月蝕歌劇団になる。

.

あと、これはどうかな……はずれてるかもしれないけど。

60年安保、70年安保的な新左翼臭いと、その文化の“祭りの終わり”みたいな寂寥感が通底しているような気がする。

自分が当時のアングラシーンの空気と政治的な空気を混同しているだけかもしれないけど。

でも、“岸信介”とか、“ロシア革命”とか、そういうワードはちらほら出てくる。

2演目とも、終盤クライマックスマシンガンの乱射をきっかけに急速に話が収束するところも、かならず流血をみるところも、まあ、ほら、いろいろと。

.

ともかく自分にとっての月蝕歌劇団はそんな感じ。

.

あと、演目の間に『詩劇ライブ』というのがあって、基本は歌唱ショー。短い芝居と群舞。

キャストの紹介も兼ねている、のかな?

.

良かったかって? うん、良かった。

ただね。

大正末期(1910年代)の冒険小説明智小五郎シリーズが戦後(1945年~)に伝奇ロマン化したものアングラ時代(1960年代)の空気感舞台化しようとして、当時の若手(高取英1985年)が古豪となって2017年に上演した作品世界に、どの時代の気分で接すればいいのか、混乱するところはあった。

寺山修司とかが登場する楽屋オチに、どの時代の気分で笑えばいいのやら。

.

良かったところは……、

舞台は超現実的なんだけどプロット自体は、なんというか、それぞれの人物群が自分たちの課題の解決を目指して動くような、破綻も不条理も無いオーソドックスな作り。

ときどき舞台袖で狐舞が始まったりとか、解釈に困るような隠喩的な演出が入るほかには、ストーリーを楽しむのに支障はない。

.

くわえて、これは自分が舞台観劇初心者だからだろうけど、衣装舞台と演技と、つまり色々と作りこんだ箱庭を見ているような感覚

これが新鮮。

そりゃ、どんな超現実もCGでリアルに作ってしまハリウッド映画はすごいけど、いっぽうで、いろいろと“作りもの感”のある世界を、19世紀見世物小屋パノラマのぞき窓みたいに見ている感覚が良い。

(どうしても想像できない人は、映画でいうと

 『バロン』(テリー・ギリアム)、

 『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』(ティム・バートン)、

 『落下の王国』(ターセム・シン

 あたりを思い浮かべてください)

同じビジュアルスペクタクルでも、モデリングレンダリングが古びてしまったら一気に観る価値がなくなってしまうVFXではなくて、どんなに古びても観ていたくなる、吊り操演とミニチュアと火薬の特撮みたいな。

.

で、そこに少女歌劇団(厳密には若手女性主体の歌劇団)の、なんというか、キャッキャウフフ感がのっかってくる。

実際、終演後にはチェキ時間があったりと、アイドル公演的な。

(昨年だか一昨年だかに『アリスインデッドリースクール』を観たときにはチェキ握手会があったけど、そういうのって少女演劇のスタンダードなのか?)

というわけで、全体として

.

 1)呪術的なストーリーテリング

 2)箱庭的な幻想感

 3)若い娘さんたちが頑張ってる感

.

が、それぞれX軸、Y軸、Z軸に広がって立体的にホンワカした気分になってくる。

これで役満。いい気分。

.

以下は、キャスト演出について。

.

■岬花音

歌、ダンス、芝居、3枚そろって超人。

もともと彼女アンテナに引っかかったか舞台を観に行ったわけで。

行く前は「ひょっとしたら芝居が弱いかなー」と思ってたけど、そんなことはなかった。

純朴ショタ(少年探偵団の小林少年)からガラッパチ女子高生まで演じ分けていた。

いま確認したら、全体の振り付けもやってる。スゲェよこの人。

.

白永歩美

上に書いた岬花音菜嬢がトップか一枚看板かと思ったら、すごい人がいた。

白永歩美

OG客演なのか、現役トップなのか、よくわからん。(そもそも一般的な意味でのトップと、月蝕歌劇団の“ヒロイン”とか“トップ”の意味が違うのかもわからんが)

動いて良し、喋って良し、歌って良し。加えて舞台向きの強力な眼と唇、長い手足その他ビジュアル

ピーターパンになって最後は飛ぶ(榊原郁恵ばりとは行かないけど)。

普段は何やってる人だ? 専属か?

.

白川沙夜

コメディアクションストーリーテリング、怪盗紅あざみのパートほとんど彼女一人で回していた。

アンサンブル彼女が周囲をブン回している感じ。(いや、周りが抑制しているのか? そこまでの鑑賞眼は俺にはない)

イヤそりゃ紅あさみ役なんだから当然といえば当然なんだけど、そういう長時間の高負荷に耐えられるキャストなんだから、信頼性の高い人なんだろう。

.

新大久保

どうしても必要なサポートには男優さんも入る。

で、この人。

発声から演技まで、一人レベルが違った。

いや、レベルというのとは違うな。

キャラクターの性格と感情と現在の意図がわかりやすい、演劇らしい演劇をしていた。

キャリアの違いか。

.

■河合瑞恵

この人というか、この人を見て思ったことを書く。

河合瑞恵さん、男役として帝国軍人とラスプーチンを好演。なんだけど、それとは別に幕間のライブで『夢は夜ひらく』(藤圭子)を歌っていて、これが実に良かった。

宝塚OG的な妖艶な雰囲気が出ていて。

そこで気が付いた。

「この劇団、成熟した大人の女性の出番がない」

いや、大人の女性キャラクターは出てくるのよ。でも、『二十面相』の誘拐少女の母親にしても、『ピーターパン』のアレクサンドラ皇后にしても、設定上の年齢よりは10歳か20歳は若いキャストが演じてる。黒蜥蜴も紅アザミも、おそらく。

少女ショタと男役とサポート男優だけで構成されていて、大人の女性存在がすっぽり抜け落ちてる、この劇団

いつもそうなのか? そういうコンセプトなんだろうな。暗黒タカラヅカだし。

.

■嘴音杏

タイガーリリー役はさておき。詩劇ライブ歌唱

上手い、凄い、空気も変わる。専業で本業なんだから当然か。

声量といいキャラクターといい、どれをとってもレベルが違う。

ただ、ほかのキャストが黒を基調にした演出で、おそらく劇団ストック音源をバックにJ・A・シーザーの幻想世界や女心とかを切々と歌ってるところに、パーソナルカラーの赤コルセットと赤ドレスで生バンドの高音質2MIXをバックにブルースゴリゴリ歌って月蝕歌劇団を3分間だけ痴人倶楽部にしてしまった感じがする。

良いか悪いかは別として。

芝居は。んー、良しあしが言えるようなキャラクターじゃなかった。

政治的に正しくない、だけど、ある意味では由緒正しい戯画化された“インディアン”だったので。

.

■江花実里(と高畑亜美

明智小五郎+α役。オフの顔を見たら、アラかわいいお嬢さんベテラン主体の劇団だったら、小林少年をやっててもおかしくない。

客演らしい。

「美丈夫ですか? やりますよー」といってこなせる彼女みたいな人が、実は隠れた高能力者なのかもしれない。

だってあれよ? 明智小五郎と黒蜥蜴といったら、つまり天地茂と丸山明宏よ? そういうダークで苦みのあるキャラを演じて象徴的にせよベッドシーンまでこなす。役者ってすごい。

そういえば高畑亜美さん。一緒に観劇した元同僚が「あの黒ボンデージの人は役者魂を感じる」と言っていた。

.

■北條華生

緊縛師をエキストラで連れてきたのかと思ったら、そのままシレっと芝居を初めて、V・フランケンシュタイン博士を演じきってしまった。しかもうまい

調べたら緊縛師ではなくて緊縛もこなす役者さんだった。みんな多芸なのね。

吊るしのとき、役者の影で見えなかったけど、1/2なり1/3なりのプルアップ・システム(滑車みたいに距離2倍、荷重1/2にするロープワーク)をやってるはずで、一瞬、芝居が停滞したように見えたけど、あれでも相当手際が良かったんだなと後から思った。

.

はるのうらこ

北條さんのロープワークもさることながら、吊るしというのは吊るされる方にも技量がいるわけで、ハーネスガッチリつかんだまま気絶するという難しいことをやっていた。

男役。

悩める青年将校をきっちり演じきっていたけれど、華奢なのはいかんともしがたい。女性役であらためて見てみたいと思った。

.

中村ナツ子

な!に!も!の!だ!? こ!の!ひ!と!

Web/エディトリアルデザイナーライターイラストレーター、Photoshopper。

チャラっと調べてみたけれど、原稿(というか体当たりルポ)もロゴデザインも依頼主のテイストに合わせて手堅くこなす。

役者で声優。前説もこなす。となりの知乃さんにも目配りしながら観客席と当意即妙のやり取り。

舞台にも立つ。しかも端役じゃなくてしっかりスポットのあたる役どころ。

これでJavescriptとSQLが書けたらホンマモンの超人や。

こういう人が一番まぶしい、そして怖い。

.

プロップ舞台

足りぬ足りぬは工夫が足りぬ。いやそうなんだけど、せめて南部十四年式拳銃は用意してほしかった。ポスターにもあるんだし。

ネバーランドの崩落シーン。大道具の意地と苦労がしのばれる。というか、そのための柱だったのね。

周囲の柱といい、中央の小部屋といい、随所に設けられたピットといい、演目に合わせて必要十分な空間の設計がなされていることに、いまさら感心する。

意地と苦労といえば、ピーターパンの飛行シーンも、無くても成立するだけに、「これをいれねば!」とウィンチを仕込んだ意地と心意気がうかがえるよなぁ。

ところで、いま調べたら、中央の小部屋は常設みたい。

なるほど、上手と下手のほかに中手があると、バーン! と登場するシーンとかに便利だよね。

.

J・A・シーザー(と音響

絶対運命黙示録』『私の中の古生代』(←だったっけ?)しか知らなかったんだけど、「ほかにどんな曲があるんだろ」と思ってたところ、つまりはこれこそがシーザー節だった。

主旋律の音域を広く取ってロングトーン多用おまけに変拍子の幻惑的なスタイル

これがそのまま歌手泣かせの難易度となって跳ね返ってくるわけで。ノリで合わせていたら絶対にロストする、ブレスで死ぬ、超絶覚えゲーみたいな世界

こりゃ役者さんが大変だろうと思った。

あと音でいえば、既成の歌謡曲のダビングものJ・A・シーザー氏の打ち込み音源、ボーカル無しで舞台で歌うものボーカルありの既成曲で舞台でも歌うものマイクあり、マイク無し、古いローファイ音源と新しいハイファイ音源、とバラバラのチグハグだったのが気になった。

歴史の長い劇団だから地層のように多種多様な音源が混ざってるんだろうと想像するけど、どこかで専門家がDAWで新録して整理しないと、大変なことになると思う。

あとマシンガン銃声のポン出し、キャストトリガーを渡せるような仕組みはないものか?

.

……んー、こんなところか。

機会があったら、一度は観てみても良いと思います。そこでハマるかハマらないかは、あなた次第。

自分? チャンスがあったら、もう何回か行こうと思ってる。

anond:20170925005031

・将来やりたい仕事で選ぶ

  ITで物を(日本でも)小売りしたり監視したりしたければ中国語よさげ

・やりたい仕事がなければ習得人口

  まあ公的文書翻訳グーグル翻訳がやるけど文化翻訳解説まではまだできない

 

かてきょバイトで「なんで受験英語」とか

理系で「なんで受験数学」とかを

さんざんいわれてきた昭和世代

もうはいはいみたいな感じ。

しろなんでやらないの?

結局「なんで」はどういおうと単なる愚痴です。

「愚かな自分を納得させてみせろ」っていう脅迫にすぎないけど、

しょうたちゃんは自分で納得するまで納得するつもりもないんでしょ J(^^)し

漢検一級を習得した(日本語以外学ばないつもりで)」って書くことができるまでネットにもどってくるな。

昭和漫画編集者がガラが悪い

車田正美とか平松伸二自叙伝漫画を呼んだら登場する編集者チンピラ風。

ネットでちらっと見ただけだけど、チャンピオン手塚治虫の伝記漫画とか、吾妻ひでおのやつに登場する編集もひどいし。

面白くするために大げさに書いてるんだろうけど、まあ、あんな実際にあんな感じだったんだろうな。

平松伸二漫画アデランス中野がちらっと出てて、あれは面白かった。

2017-09-24

anond:20170920162338

過去戦争だって原因は中国満州鉄道爆破して火種を作ったり

アメリカ真珠湾に奇襲しかけたり

日本平和暮らしてただけなのに外人戦争したがるんだよ

安倍総理平和民族日本人からこっちから戦争をすることはあり得ない

明治大正昭和歴史を見ても明らかだ

近所の公園に行ったら、ベテラン昭和仮面ライダーさんがソロで歩いていた。今日キャラクターショーでもやってるのかと思ったけど、公園入り口掲示板には何も書いてなかった。コスプレかい流行りの仮装大会でもやっているのかと周囲を見回したのだが、ベテラン昭和仮面ライダーさん一人しかいなかった。平和を守るパトロール中だったか。近所の公園平和は守られたのか!しばらくすると二輪車駐車場に行儀良く止めた緑色バイクに乗って、模範的安全運転公園を去っていった。次の公園パトロールに向かったのであろう。お勤めご苦労さまである

2017-09-23

子供を産まないのは働かないのと同じ位恥ずかしい?

昭和時代子供を産まない人は死ぬほど責められた

子供を産むのは人間として当然のことであり

質的に産めない人すら責められたのだから

自分意志で産まない人は悪魔のように責められた

今は体質的に産めない人を責めるのはハラスメントだし

自分意志で産まない人は抑圧に抵抗する戦士として褒められる

今は働かない人のほうが責められる

働くのは人間として当然のことであり

能力的に働けない人ですら責められるのだから

自分意志で働かない人は悪魔のように責められる

多分昭和時代の子どもを産まないことは

今の働かないことと同じくらいの恥ずかしいことだったのだろう

最近のあれこれが昭和の終わりと対比されているけど

色々な人が亡くなることで昭和が終わっていくと感じていたらしいけど(まあ後付けの記憶改ざんも多そうですけども)、平成引退によって終わるというのは、ちょっといかなと思った。死ぬまで働く必要なんてないんだ。

安室奈美恵

眉毛がもう少し今風にナチュラル眉なら完璧だった。

もうあの手の細眉とか、昭和っぽすぎてマイナス

ただ浜豚には圧勝している。

2017-09-21

雪玉を車に当てる遊びクラス全員でやるくらい流行ってたんだけど昭和から許されてたんだと思う。

拝啓 市役所

無駄税金を使う割に一向にセキュリティ関連が杜撰で素晴らしい建物の中でお仕事をなされていますね。

フリーWi-Fiでもあるのですか?と聞きましたが職員様は誰一人あるとお答えになりませんでしたが、

市役所内のWi-Fiダダ漏れになっておりますよ。

私のスマホ勝手接続されてしまい、驚きを隠すことができませんでした。

しか市役所のものだと分かりやすく、ルーター名前を入れるのはおやめになられたほうがよろしいかと思われます

また、自動交付機のOSWinXPで驚きを隠せません。聞けば、管轄内の役所は全てWinXPだそうですね。

他にも、市民向けに開放している駐車場職員の車で埋まっているのはいかがでしょうか。

自動交付機が営業時間開始になるのを駐車場で待っていましたら、次々と職員市民用の駐車場に駐車していく姿を見て

なんでしょうか?これは。と疑問に感じたものです。

職員入り口自動交付機の場所が同じじゃなければ、このような疑問は感じませんでしたが

私が自動交付機に向かった際に、私より先に入った人が誰一人そこにおりませんでした。

職員様だったのですね。

もう少し考えたほうがよろしいでは?と思うのですが、このまま昭和テイストを残した杜撰セキュリティを続けられるのでしょうか?

2017-09-20

女性管理職をやっかむ、ズレているオジサン


女の先輩がマネージャーになった

今日女性の先輩がマネージャー職になることが通達された。

社会営業部門では初めてのことだ。

僕はまだぺーぺーだから

出世争いに加わるのは先の話だけど

うちの会社も、やっと古くさい昭和の皮を1枚脱いだのだと喜ばしかった。


先輩は任された係で新しい取組をどんどん仕掛けて実績をあげていた。

他の部門との連携でもうまく調整していた。

彼女が抜擢された役職は、それまで他のマネージャー兼務していたか

ポストのものも長らく空いていたんだと思う。

実力と環境とがいいタイミングで重なった人事だと感じた。


それでも、前世から抜け出せない、ひねくれた見方をするオジサンがいた。

「〇〇さんは産休で休んでたのに、なんでこんなに早くマネージャーになれるんだろう。俺もあの部門に行きたいよ」


先輩は確かに産休・育休を取得していたけれど、

それはもう大分前のことで、ここ数年は出産前と同じようにフルタイムで勤務していた。

「俺の方が彼女より実績をあげている」とか「もっと会社に貢献している適任者がいる」とか

先輩の実績を見て人事に文句をつけるならまだしも、

産休で休んでいたことは先輩が出世することを否定する理由にはならない。

しろ産休で休んでいた間のGAPを乗り越え

家に子どもを抱えながら、

より効率よく、なるべく残業せずに成果をあげていたことは

先輩が有能であることの証明だと思う。

文句をつけたオジサンは、仕事人間だけれど

所謂セ・パ両リーグ制覇((セクハラパワハラ両方すること))の人。

僕も、オジサンの心無い発言を受けた同期の女の子に泣きつかれたことがある。

どんなにその人自身が実績をあげていても、

会社という組織の中で

わざわざ目下の人を踏みにじって余計な軋轢を生む人は

採用コスト教育コストを積み増す生産性の低い人だと思う。


限られた時間で成果をあげていた先輩が、他人気持ちが思いやれないオジサンより先に出世したことはとても良いことだ。


僕が子ども妊娠することはないけれど、

まれてきた子ども身体が弱くて、時間お金がたくさんかかるかもしれないし

いつ実家の親が倒れるか、いつ自分自身病気になるかもわからない。

ライフステージの変化があっても、

限られた時間で大きな成果を上げられる人になりたいし

置かれた立場で最大限の力を発揮する人を評価する会社でいてほしいと思った。

anond:20170919223856

昭和舞台とするドラマ、の件、かくして戦前日本はかく素晴らしかった、と美化されるのだろう。もちろん素晴らしいものごとも沢山あったこととは思うがね、地方ではおしんあゝ野麦峠ありさまだったのだろ。。

2017-09-19

嫌いなあれこれ

書き途中の増田が出てきたか投稿するわ。多分10の嫌いなこと、に便乗しようとした投稿で、7つしかないけど。


NHKのある種の番組

NHK権威のようなもの担保された番組が嫌い。

具体的にはテレビ番組で言うと「鶴瓶の家族に乾杯」、ラジオ番組の「昼のいこい」とかのノリが許せない。

鶴瓶」では、特にゲストがそうなんだけれど、「今、家族に乾杯で来てます~」と連呼して一般の人が驚いて色々リアクション取るのが番組の主軸になっている。これがクソ。

NHKを有難がる人がいるのはいいんだけれど、NHK自らがそれを主軸に据えて番組作るなよ。自画自賛だし、人々がNHKの威光みたいなのにひれ伏してるように感じる。

昼のいこいもそうで、一般の人々の季節の変化の投稿を厳かに読み上げるだけ。一般の人々の投稿に、我々が厳かさを付与してますよ、みたいな構成が大嫌い。

同時に、大河ドラマが終わった後とかに、アナウンサーとかが出てきて「このあとどんな展開になるんですかねー、楽しみですね」とか振り返るのもかなり不快。自らの番組ブランド化をするような番組公共放送には不要だし、コンテンツのもの勝負してほしい。

まとめると、人々が想像する「NHK権威(みたいなもの)」に腰掛けるような番組NHKが自らをブランド化するような(価値再生産するような)番組が嫌い。



昭和舞台とするドラマ

一般になつかしい、と言われる高度経済成長前後ドラマが気に食わない。

連続テレビ小説ひよっこ」とか見ててもそうなんだけれど、昭和の人はあんなふるまいしないじゃん。それに、昭和あんなんじゃなかったじゃん。

もっとタバコ吸ってたしタンは吐いてたし、道端で立ち小便してたし。暴力も身近で、野犬がいたし、雑草も生えてたし。夏は汗だくだったし、もっと衣服は粗野だった。

一番気になるのは、今よりも男主導の社会だったのを上手くドラマの中で消化できていない作品が多いことだ。そんな時代女性活躍するにしても、その活躍の仕方があまり現代なのだ

社会問題を少しずつ改善して今に至るのに、その昭和時代を今風の人間関係で描くのが気に食わないというか、時代表現限界を感じる。

もちろん、当時のままに社会を描いたドラマ放送しても人気でないだろうし文句言われるし、多分面白くならないはわかってる。

だが、そこにこそ昭和舞台現代ドラマを作る際の限界があるように思う。



フェチ臭いフェチ区別が付いていないAV

少しは考えてほしい。足フェチ臭いフェチは異なるってことを。

現今の足フェチ臭いフェチビデオは、それがあまり未分化悄然となる。

私はどっちかというと足フェチ守備範囲があるんだけれど、「蒸れたブーツを……」的な文脈AVが多すぎる。

論文とか書いててもそーだが、論旨が二つあるんだったら論文を二つに分けるだろ。あるいは章を二つに分けるだろ。それとおんなじだろ! 絶対おかしい。許せん。

臭いフェチは、別に足だけでなくてもいい。腋とか髪とか、良いにおいしそうなところはたくさんあるんだから、それで作ればいい。

でも足は足しかねーだろ。足は手じゃないし腋じゃない。

それとSMっぽくなるのも同じ理由おかしいと思う。俺は足フェチだっつーの! なにも女性に攻められたいわけじゃない。


噂話

例えば、狭い業界にいると、誰誰さんがどうなる、とか噂話が多く飛び交う。馬鹿くせーわ。

人事なんて、正式に決まってから周囲にアナウンスすればいいだろ。組織でも個人でも。

それがよー試験前後から、誰誰が書類を送付したとか、誰が試験を受けに来ていたとか、誰が受かりそうだとか……馬鹿くせーわ。

そんな人がどうしたのか気になるの? まーわかる。良いポストだったり新しいところだったりしたら、気にはなる。嫉妬とか、羨ましいとか、あるいはあそこの先生のお弟子さんだ、とか、色々あるのはわかる。

だがなぁ、そういうのは心に留めておくのが大人なんじゃないかね。君はサルかね? と思う。

そういう噂が、現場当事者たちの足を引っ張ったりパフォーマンスを悪くすることが連綿と繰り返されている。

仕事に就くということは、成果を出すために就くわけだ。周りの噂が、その成果をすり減らしている。そんな事例が多すぎる。



文章ルール固執する人

文章書いてて、「?」の後に一文字あけるとか、「……」のように三点リーダーを用いるとか、まー細かい謎の誰か決めたルールみたいなのがある。

私はこの細かいルール自体はそれなりに遵守するべきと思う。なぜなら、気にする人がそれなりにいるからだ。

問題は、こんな風な細かいルールばかりがルールだと思っているやつだ。

もっと文章を書く際には決まりごとがあるし、論文でも小説でも訴えたいことを訴えるための手段テクニック構成があるだろう。

そして何本も文章を書いて、ルールが馴染むか研鑽を積んでいかないと、文字を書くこと・文章を書くことが自分のモノにならない。

そういう訓練を全く積まずに、誰でもわかる細かなルールだけに固執するというか、そこしか理解できない人が、文章ルールとか語るなよ。


初等教育を軽んじる人

よく、体育や音楽国語初等教育を軽んずる人がいる。大人になれば、そりゃあ集団生活集団での規律みたいなのは充分に備わっていて、小学校での集団運動みたいなのを軽視したくなるのはわかる。

だけれど、子供ってのは身近にいる人なら解るが何もしなければ何に対しても馴致しないのだ。基礎的な身体の動かし方や基礎的な音や基礎的な論理・読み書き。

体罰強制人間ピラミッドなんかの時代遅れのやりくちはもちろんあってはならないが、ある程度は集団に馴致させるシステムメリットを見てもいいのではないか

家庭教師にそれぞれが初等教育を一任させるシステムがいいとか言い出す人がたまにいるけど、そうじゃないでしょ。



新聞読まない人

新聞、明らかにメリットあるだろ。あえて煽り気味に書くけど、それが解らないのなら、あるいは、そのメリットメリット足り得ないと言うなら、それまでだということ。

2017-09-18

お見合いで決まりやすい男というのは

一言で言えば昭和脳、ぶっちゃけ

「俺は他の男より、1円でも多くのカネを家に入れるのが男の甲斐性だと思ってるから、それ以外の家の事は全部任せる」

と明言する高収入男が筆頭になるのかな。

だって仕事が嫌になって専業主婦になれるなら願ったり叶ったりという女性はいくらでもいるでしょ。

要するに、お見合いほど条件と契約だけで決まる仕組みもないと。

しかもそうやってドライに決めたほうが、多分恋愛結婚よりも長続きしそうまであるし。

部屋に勝手に入る母親

私は現在22才の実家住みで、社会人2年目

にも関わらず母親が部屋にズカズカと勝手に入る。

を何とかして止めさせたいが、全然止めてくれない。

 

こう言っては失礼だとわかっているが年々と母親性格が面倒くさく変化してくる。

昔はもっと人が迷惑に感じる行為に敏感だったし寛容な性格だったのに、最近母親はどうも私をお人形の用に扱うだ。

実家に残ったのが私だけだからなのか、昔から親の言うことにあまり反対しなかったからか理由は定かじゃないけど

勝手に私の服を買ってきては衣装棚に勝手しまわれ、母の趣味に合わない服を発見した際はいちいち指摘してくる。

その指摘というのも、「肌の露出が多い」とか「キャピキャピしすぎ」とか昭和っぽいというか時代錯誤な感じが多くて本当にイライラする。

 

部屋の奥までズカズカと侵入して、

棚に整理していた書籍漫画映画パンフレット等の内容がオタクっぽいものを見つけると異常に嫌悪感を示す。

オタクっぽいと言ってもマニアックな物はなく、ONE PIECEナルトしか置いてなかったんだけど

貴女ってオタクなのね、何処で育て方を間違ったのかな……」とグズグズ泣き出す始末。

因みに少女漫画はセーフ、何故なら母親は超がつくほどの少女漫画マニアから

 

昔はとても寛容だった母親ヒステリーをよく起こすようになるさまを見るのは、母がどんどん崩れていくみたいで辛いし、

何よりプライベートを土足で踏みつけられてるようで本当にイライラすることこの上ない。

「ウチの夫は仕事ができない」とか、「結婚できない男」とかそういうのに男性差別だーって言ってる人を見た。そういう風に「男性ステレオタイプ押し付け差別的表現だ」と声をあげる事、そしてあげられる様になったことは良いことだと思う。

けど、「女がそういう風になったらすぐ炎上するくせに」「女がそういう風に叩かれたの見たことない」と、女性を下げる発言をくっつけるのは良くないと思う。大嫌いな「クソフェミ」と同じ土俵に立ってるよと言いたくなる。同じ土俵でいたいのかもしれないけど。

それに、そういう「らしさを実現できない事への批判視線」を女性に向けて込められた作品は、もうとっくの昔に沢山あるんじゃないかと思う。古くは「おてんば」「じゃじゃ馬」と言った言葉なんて正しくその為の言葉であるし、料理掃除裁縫が出来ない事を「どうしていい歳の女なのに◯◯もできないんだ、ヤレヤレ」という視点が、空気の様に盛り込まれてる事なんて、ちょっと前ならよくありそうなもんだ。とはいえ、例に出した「おてんば」「じゃじゃ馬」という言葉自体昭和臭がヤバイ事を考えると、もうそういう考え方自体が古いのはわかりやすいと思う。

「ウチの夫は仕事ができない」という言葉自体もそうだが、草食系男子(もう古い)等も、男性に男らしさを押し付け表現行為を、男性に男らしさを求める面を持ちながらもそれを薄めていく作用も持つという、過渡期に当たるのだと思う。「おてんば」や「じゃじゃ馬」が、少女漫画で敢えて「おてんばで何が悪い!」という自称テンプレとして使われた事あったように。

逆張り”というともっとわかりやすいだろうか?

では、”逆張り”が廃れたらどうなるだろうか。それはもう、「おてんば」や「じゃじゃ馬」と同じく、言葉と共に思想概念も廃れていく。男性もやっと、「ウチの夫は仕事ができない」とわざわざ言葉にして「逆張り」されるところまで、やっと来たんだ。

いい時代はもうすぐそこだと、自分は思っている。

2017-09-17

anond:20170917154525

大正昭和では、朝鮮半島サハリン日本の一部だったんだ。だけど、統治仕切れなかったね。豊臣も挑戦したが失敗した、朝鮮出兵

2017-09-16

アチャラナータで見た素敵女子

台風が過ぎようとしている9月連休、所用があって有給を1日とったので、今日から4連休だ。


連休初日洗濯などして過ごすつもりだが、コインランドリー洗濯機を回している間、どこかで昼食を取る事にした。


ふと思い出すのが、職場近くで頂いたスリランカカレー

あれは美味かった。

そうだ、近くにあるじゃないかスリランカカレーの店が。


中野アチャラナータ。

カレーマニアにも一目置かれる名店である

身近であったが、まだ行った事はなかった。

連休初日ブランチはここだ。


怪しい雑居ビル階段を上がり、扉を開けると、ビルの古めかしさに負けない昭和空間に、マスターと思しきハ・・・禿頭の紳士

・・・怪しい。


しかしそれより目に飛び込んで来たのは、その異次元空間に似つかわしくない、まるでrayの紙面から飛び出して来たような素敵女子であった。


・・・なぜこのスリランカ空間赤文字系女子・・・


いや見た目に騙されてはいけない。

彼女はああ見えてディープカレーマニアであって、あの着回し特集にでて来そうなファッション擬態なのだ

よくよく考えれば、赤文字系ファッション誌はオタク女子擬態に好適な情報の宝庫じゃないか


すれば、街の素敵女子にも、どれだけの擬態女子が紛れている事だろう。


と言った事を考えていると、話好きのマスター彼女に話しかけた。

今日はお休みですか?」

はい旅行なんです。車で。主人ときたんですが、別行動で。」


なるほど!そういう事だったか

彼女は元からオタク性を赤文字系ファッション擬態したのではなかったのだ。

ご主人がカレーマニアで、カレーバージンだった彼女は、ご主人とデートカレーを食する内に、スパイスに魅了されたのだ。

これは世のカレー男子の夢ではないか


彼女はお会計を済ませて、おそらくはご主人の元に帰っていった。


世界には夢が溢れている。

そんな事を感じた4連休初日であった。

2017-09-15

こち亀昭和庶民レストランの話で

両津コロッケは平べったく潰してソースびしょびしょにして味を濃くして一個で何杯もご飯を食べるんだと説教しているところに、それはあなた家だけの話じゃないのと突っ込まれる回好き

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん