「存在」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 存在とは

2017-08-22

コンビニからエロ本が無くなってもいいよ

本屋がちゃんとエロ本売ってくれるならな。

オタクコンビニ売りの雑誌だけでは生きられない。

でも先に本屋からエロ本が消えているのが実態じゃねーか。

近所の本屋エロ本コーナーあるか?近所に本屋が無いなら駅前でもいい。あるか?

無いんだなこれが。

から専門店行くんだよ店頭買いしたいオタクは。

しかしその専門店も品揃えが悪いんだからエロラノベっていうのがどれだけニッチ存在か思い知らされる。

高岡智空のエステ新刊一冊買うのに何軒も梯子させやがって。

2017-08-21

https://anond.hatelabo.jp/20170821232627

意見ありがとう

その感覚は既に満たされている。

すべての場面においてではないが、自分必要としてくれる存在はいて、そのために自分の持てる力を発揮できている実感はあるんだ。

それでも、満たされない大きな何かがある…。

◯◯◯が運ゲーなのはブラフ有効じゃないか

罠とも事故とも取れない行動が行うことによる心理的駆け引きがないか運ゲーしかならない。

素人同士ならブラフとも取れる行動をプロクラス人間が取る理由が99%「そうしておいた方が後々により有利な選択肢を選びやすいからここはグっと我慢した」に収束するのは本当にまずい。

思わせぶりな行動によって相手撹乱する要素が一切ないゲームとは、すなわち心理戦存在しないゲームである

それではゲーム醍醐味は味わえない。

じゃんけんにすらグーグーグーと来たから次はグーが来ないはずレベルの読み合いがある。

それすらなくなったゲームはどう誤魔化しても運ゲーと呼ばれるしか無いんだよ。

コミュニケーショがヘタな人の愛情」〜への疑問

『「コミュニケーションがヘタな人の愛情」は、存在しないと同じなのだろうか?』

http://blog.tinect.jp/?p=42411

を読んで、疑問がわいた。

今の世にあふれているのは「『本当の』愛ではない」「伝わらなければ相手にとってはないのと同じ」といった言い回しであって、全面的存在のもの否定する言説はそこまで多くはないのでは?

それらの言い回しは文中の肉の例えを借りるなら、

生肉も肉ですね。でも、食べたらお腹をこわす危険の高い、まずくて栄養にならない肉ですね。お気持ちはありがたいですが、食べられません。

ということ。筆者自身がくり返している「食えたものじゃない」に近い趣旨だと思う。

「食えたものじゃない」ことを指摘せずに食べてみせなければ、全面否定と受け取られるのだろうか。だとしたら、加工を求めているのはどちらだろうか。

週6で 働いている

連休を取るということは、次の週の休みがなくなることを意味する

有給存在しない そもそもシフト希望を聞かれたことがない

年間休日は60日を割る 給料最低賃金計算される

 

趣味のためにお金を稼いで むかしできなかったことをやろうと思っていた矢先

まさか こんなにも働くことを 苦しく感じるとは思わなかった

 

私は仕事が出来る方ではないし まだ半年しか経っていないので この仕事をやめます と言ったとき

不出来なことを恥じ入ってやめるように見えないだろうか だとか

今まで一生懸命教えてくれた先輩に失礼ではないか だとか

いろいろと考えてしまい 踏ん切りがつかない

 

みんな 苦しいのを我慢しているんだ と言われてしまうと

もう どうしたらいいのか わからない

我慢したところで その「みんな」は 私を救ってくれるのだろうか?

サーモンランが好きだ。

連携も取らずに散り散りに戦い、その結果オオモノシャケの退治が発生に追いつかずコンテナ周りがオオモノシャケしかいなくなるのが好きだ。

誰がグリルに狙われようと気にせず向かっていきコジャケに蹂躙されるのが好きだ。

誰にヒカリバエがついていても気にせず連携のれの字もないまま数の暴力に圧倒されるのが好きだ。

キンシャケを見つけられず、カンケツセンを適当に撃ちまくって時間切れになるのが好きだ。

キャノンをガン無視してドスコイ満員電車される様が好きだ。

みんなあちこちに散った状態でハコビヤにコンテナを空にされて時間切れになるのが好きだ。

霧の中、固まらず声もかけず各個撃破されるのが好きだ。

1戦目が満潮で1個も金イクラをとれずに全滅する様など笑いが止まらない。

 

半ば本音ですが自分技量範囲でブキに応じた仕事はしてます

イチニンマエとジュクレンを行ったり来たりなんで、上にいる人からすればうっかりマッチングしたら踏み台にすらならない核地雷とでも評される程度の存在ですが。

ただ、気持ち的には

俺たちゃ、テンタクルズと手を切って

地獄クマサンの手を取った…

命知らずのバイト部隊

ぐらいの意気込みで。だけど回線切れだけは勘弁な。

アイドルマスターなのか、SideMなのか

私はSideMプロデューサーです。

最初アイマスを知ったのは、アイマス箱でしたが実際にプレイをしたのはSideM最初でした。

女の子が出てくるゲームは好きですが、どちらかというと年上女性好き&当時は別にアイドルに興味がなかったためアイマスにはノータッチ

そして何年も経ち、たまたまモバゲーで見かけたアイドルマスターSideM

アイマス男の子版出たんだ~という軽い気持ちプレイしてみると、プラチナスカウトから出てきてくれた今の担当出会いどっぷりハマってしまいました。

そうしてプレイしている間に担当にも声がつき、運良く中の人も大好きになれたためライブなども遠征するほどにはPとして楽しんでいます

初めて行けたライブ現地は2ndで、男性がとても多かったことには本当に驚きました。

・・・が、驚きはすぐに怒りに変わりました。

「もうゲームはやってないんですけど~」

名刺どうぞ!〇〇(他マス)の呟きばっかりですけど、よかったらツイでお話しましょう!」

自分も××好きです!(多分〇〇というユニットだったんだろうけど読み方が違っている)」

「□□担当です!(他マスのシャツを着て他マスアイドル名前を叫ぶ)」

「△△と〇〇以外の曲曖昧だわ~w」

「ファスライに続いて1枚で当たったんですけど倍率低すぎてちょっと心配ですよねw正直予定あけるの大変でしたw」

毎度二桁CD積んでもリリイベから1度もチケットがご用意されなかった人間が、ようやくご用意されて楽しみにして行ったライブ

こんな会話を間近で聴いてしまった時、私は一体どんな顔をしてしまっていたんだろうと今でも思います

どうして誇らしげにゲームをしていないことを公言するんだろう?

どうしてライブより女性との名刺交換に生き生きとしているんだろう?

どうして好きなはずのユニット名前を間違えて覚えているんだろう?

どうしてSideMライブに他マスのシャツを着て他マスへの愛を叫ぶんだろう?

どうして曲が曖昧ということを大声で話さなくてはいけないんだろう?

どうして毎回ガシャでも2枚取りしている私がご用意されなくて、こんなパネミどころかログインすらしていないようなのにご用意されるんだろう?

そんな「どうして?」で頭がいっぱいになりました。

私自身ずっとチケットが当たらず、こんなひどいことばかり言う人達が現地にいて、同僚の重課金の子が来れなかったこともとても悔しかったし辛かった。

彼等が大なり小なりCDにはお金を払ったから現地にいる、ということは解っていました。

けれど、納得ができなかった。

ただ、「アイマスから」という理由で、惰性で、勝手義務感でゲームもしない人達が来られたのに、

ずっとゲームプレイして声が付く前から応援して愛があってイベにもCDにもお金を沢山費やしてきたのにチケットが取れなかった人達があまりに報われないと思った。

正直、公式を憎みました。

開場して席についてからは折角初めてのライブだし目一杯楽しもう!愚痴は終わったあとに他ジャンルの友人に吐き出しまくろう!と思いました。

そして、ライブが始まる前に曲が流れてとあるユニットの曲になった時に野太くて汚い男性叫び声が聞こえました。

結構な人が笑っていましたが、私はぞっとしてしまいました。

どうして時間お金をかけてきた場所で、こんな汚い声を聴かされなくてはいけないのかわからなかったから。


そうして不安や不満がありつつ始まったライブ

曲の間奏中、そこそこ近くの男性が大声で言った「せーの!」

それだけでも十分不愉快だったのに、担当ユニット歌声に被せられる汚い大音量の客の声。

え?今歌ってるよね?

声優さんたちはこの日のために一生懸命練習したんだよ?

ダンス含め沢山の人達の沢山の努力を、どうして汚い声で邪魔してくるの?

と、また「???」が頭に浮かんだ。


勿論、女性騒音も沢山あった。

担当歌声邪魔されて、同じくらい不愉快だった。

でも、それでも先程まで耳にしていた沢山の男性言葉が許せなくて、

そんな苛立ちで100%ライブを楽しめなかったことも悔しかったし、

なにより初めて担当の晴れ舞台を観られたのに、余計なことを考えていた自分にすごくいら立った。

ライブが終わって、ホテルに戻った。

やっぱり担当が好きだな、これから応援していきたいなと思った。

そして、次の日の帰り道でふと、あの「せーの」とか、歌声に被せてくる声はなんだったんだろう、と思い調べた。

あの騒音はどうやら「コール範疇」で、「アイマスルール特別」だからホモマスコール文化を教えてやった」という投稿を見た。


は?と思った。

コールという文化はなんとなく知っていたけれど、それは合いの手的な意味であって決して演者歌声かぶさって邪魔していいものではないと思っていたから。

つーかホモマスって何?SideMという文字も読めないの?同じ字数エムマス、って呼び方もあるのにそれも頑なにしたくないの?

なんでわざわざCDチケ代・交通費宿泊費を使ってきたライブで一番大切な歌声邪魔されなきゃいけないの?

盛り上げるためのコール演者のひとたちに盛り上がりを届けたいならペンラ振ってあげた方がいいんじゃない

よく歌声を届けるまでに行った努力を踏みにじってドヤ顔できるね?

つーかライビュはともかく現地なんてお前らが来なくても女性Pだけで埋まるから

教えてやった、とかホモマス()とか、その謎の上から目線なんなの?SideMは他マスの子分じゃないし、なによりお前らより下の存在じゃないんだけど。

名刺渡してニヤニヤしてんじゃねーよクソ出会い厨かよ。

もう、そんな怒りが一気にきた。


アイドルマスターSideMは、アイドルマスターシリーズひとつであることは間違いない。

けれど、あくまSideMなのだ

同じバンナムで言うと、「ファンタジアからファン」が「レジェンディアだけのファン」にマウントを取りながらいつまでも暴れているようなものだと思う。

しかテイルズではあるけれど、別に全部のシリーズひとつ物語というわけではないし何作目から始めたって、何作目だけやったって、それはユーザー自由

それすら理解できずに、ホモマスという蔑称を使って何目当てなのかライブにだけは来て騒音と悪意をまき散らして満足して帰っていく。

そういう人達が本当に許せない。

から、「男性Pが増えるの嬉しい~」という同性の声にも「男性の『SideMP』ならね」と思ってしまう。

ライブ勢の男がいたとしても、ゲームでもグッズでもコンテンツお金を落とす客が増えるわけじゃないのに歓迎する意味がわからない。

というか倍率上がるだけだからホント勘弁して。

公式ゲーム課金金額順にチケット当てていって、としかもう思えない。




ここまで、お前ただの男嫌いなんじゃねーの?と思われるようなことを言ってきましたが、

男性にも、ちゃんと担当がいてクソマズガシャにも課金して愛を叫んでいる人がいることは知っています。本当に、本当にごくわずかですが。

そういった人達とは、同僚として仲良くしたりイベで楽しく蹴落としあっています

勿論私の知らない男性SideMPたちも沢山いて、日夜ゼリーとバーをむさぼってメガホン3個を叩き割っているのだと思います

それでも私は2ndでの、「これはアイマスから」「これがアイマス」「SideMである前にアイマス」という声や実際に耳にしてしまった本当にひどい言葉たちが忘れられません。

私は、「SideM」が大好きです。


最後に、

ホモマス、じゃねーよSideMだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

蔑称使ったりにわか知識適当に叩いてんじゃねーよ!!!!!!!!!!!!!触んな!!!!!!!!!!!!!!!!!誰も無理して興味持てなんて言ってねーよ触んな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

JKハルは異世界娼婦になった 千葉についての雑感

千葉気持ちわからんでもないひとりのクソオタとして、千葉についての雑感を以下に記す。

政治的観点から物言いは極力さける予定だが、そう見えるだろうなというところもあるので注意。

また特にオチはなく、そしてネタバレは一切回避していない。未読者は即ブラバされたし。

 

実はハルにマジ惚れしている千葉

実は、ともったいぶる必要もないのだが、実際のところ千葉ハルにマジ惚れしており、それが千葉というキャラクタに深みを与えている点はけっこう興味深い。

千葉は従前にも説明した通り、異世界転生(転移チートハーレム無双モノの主人公メタったキャラだ。

そういう観点に立てば、キヨリも【千年に一人レベル美少女で、主人公千葉)に強く惹かれており、従順性格でもちろん処女(初登場時はフェラすら知らない)】という異世界転生(転移チートハーレム無双モノのヒロインメタったキャラだと言える。

雑に(本当にひどく雑に)ノクタでやる異世界転生(転移チートハーレム無双ネタとしてこれらの要素を考えるなら、前世で陰キャラとして鬱屈した人生を送った千葉は、転生した異世界で成長促進+その他のチートを得ることによって勇者となり、最高の美少女であるキヨリをゲットして男に成り上がる。

ハルも含めた三角関係として見るのであれば、前世象徴するヒロインとしてハルがおり、異世界象徴するヒロインとしてキヨリがいる。そのふたりハーレムの一員としてゲットすることによって千葉前世鬱屈を解消しつつ、異世界でウハウハする――みたいな話になるわけだ。

実際に千葉がそういう見方をしているシーンが4話にあって、

「俺、アイツのことなんて何とも思ってねーから。誤解すんなって」

「誤解って何よ? あたしも知らねーし。断るにしても付き合うにしてもあんたの勝手なんだから、あたしをダシにすんなってムカついてんだよ」

(中略)

「え、いや、なんで怒ってるの? だから俺、ハーレム攻略も順序が大事だと思ってるし、最初の女は元同級生奴隷メイドハルで決まりと思ってるし……」

(チーレム主人公である千葉からは、美少女キヨリの登場に(ツンデレキャラであるハル嫉妬したように見えている(もちろんハルはそんな千葉がただただウザく、そんなこっちの気持ちを解さないことにムカついているだけだが)。

普段はこういうチーレムモノを愛好する)俺は、ある種のお約束を逆手にとる作者一流の諧謔をここに見る。

さて、ここで注目しておきたいのは千葉がキヨリにさほど興味を示さない点だ。彼は明らかにキヨリ<ハル論理で動いており、なんならキヨリがモーションをかけてきたことをネタハルを釣ろうという、キヨリのことをただのエサとしか思ってないフシさえある。そしてそれがまたハルをムカつかせる(ちばはじつにばかだな!(ドラえもんっぽく))。

この傾斜はチーレム主人公メタキャラから明らかに逸脱しており、ある種のご都合主義だと言える(本当にキヨリとくっついてハルの前からいなくなってしまうと話に絡められなくなるという作者の都合)。

ただこれは作内でちゃんとケアされており、それが千葉ハルのことが本当は好き、という点なのだ

もともと千葉ハルがこの異世界にやってきたのは、暴走トラックに揃って轢かれたせいだが、ハル視点から見ると

そのときすぐ教えてくれれば避けれたかもしれないのに、わざわざ私のとこまで走ってきて抱きついてきたせいで、2人とも死んでしまって異世界まで吹っ飛ばされた

となる。

これを千葉視点から見ると、

「俺が、どうして死んでまでおまえを守ったと思うっ。おまえは、もっと俺に感謝しないとおかしいだろっ。(後略)」

となる。

千葉のこの叫びは流れをちゃんと追っていくと中々に壮絶で、初めて読んだ時は、

いやー……。ほんとさー……、千葉さー……、お前さー……、馬鹿だよ。なんでさ、ハルのことを理解しようとして自分のことを理解してもらうようにコミュニケーションとれなかったんだよ、そうしないとわかってもらうなんてできるわけないだろ。でもさー……、俺はお前のその気持ちわかるよ。陰キャだもんなあ、教室の中心で輝いてるようなイケてるJK自分本心なんてなかなか打ち明けられるもんじゃないよなあ、相手自分たちのことキモオタって言ってたんだもんなあ、無理だよなあ、言えないよなあ、ほんとその気持ち、わかるよ。

てなことを思いましたまる

というところで終わらせてもなんなのでもう少し続けると、これは千葉が【俺が生命をかけて守ろうとしたんだからハル感謝すべきだ、そして異世界で成り上がる俺の側にいるべきだ】という子どもじみた欲が破綻した瞬間だ。これによって千葉ハルは決別する。

千葉サイドの論理でこの瞬間を斬るなら、(千葉より圧倒的にコミュニケーション能力に長け、千葉批評するほど状況が見えていた)ハルだって俺(=千葉)の気持ちに気づいてフォローしてくれなかっただろう、となる。

もちろんハルにそんなことをする義理はなく、批判されるいわれはない。けれども千葉がここで暴発してしま論理物語の中にちゃんと担保されており、千葉意味なく怒っているわけではない。千葉理屈感情理解することで共感してやれる余地は残っていて、千葉はただクソミソに叩かれるサンドバッグとしてここに存在するわけではない。

そしてこれは、物語が進むごとに超人になっていくハル(まあもとからそうなんだけど)も聖女でも聖人でもなかった、ただの東京JKにすぎないんだよ、という提示でもある。

JKハル』は、ハルをとにかく称揚し、千葉をとにかく叩くような物語ではないのだ。

 

ルペちゃんに教育調教)されている千葉は救われているか

レベルキャップによってチートに陰りが見え、ハルやキヨリとの関係破綻した千葉はその後、ルペちゃんに教育されるようになる。

「確かに童貞くささはまだ抜けきらないけど、言われたことぐらいはちゃんと出来るようにはなったよ。ハルちゃんもキヨリちゃんも、千葉くんのこと育ててやるつもりなかったからか、自分で工夫するってこと知らなかったんだよね。だから私は、まずは立場から教えてあげたよ。優しくしたり、叱ったり、甘やかしたり。ほんと時々はぶったりもして、それから泣くまで褒めてあげたり。あとセックスの後はだいたい不機嫌になったふりして、自分の何が悪かったのか考えさせたかな。根は真面目だし、一つのことにハマれば熱心になる子なのはわかってたから。今じゃあの子も私のこと『ママ』って呼んで甘えてる。素直にはなったから、最近ちょっと放置無視の期間を設けて、自分もっと工夫して私の気を引けるように様子見してるとこ。お金は持ってるし暇な時間もあるようだから、いろいろ貢いでくれるよ。だけど、私って物よりは愛情が欲しい人だから。お店の前で土下座くらい出来るようになったら、褒めてあげようかなって思ってるんだ。えへ」

土下座のくだりはさすがにどうかと思うが、基本的には泣いてわめく程度のコミュニケーション能力しかない赤ちゃん千葉を、ルペちゃんママ教育してあげている話だと言って良い(「千葉くんのこと育ててやるつもりなかったから」とハルとキヨリが直球で批判されているのも面白い)。

俺はここに救いを見る。

JKハル』は男尊女卑世界で超前向きな東京JKサバイブする話だが、その主要な価値観として、相手コミュニケーションを取ろうとせず自分をおしつけてばかりやつはクソ(男女関係なく)というのがある。コミュニケーションをとって相手のことを思いやりわかり合おうとするのを是とする世界において千葉は圧倒的に弱者であり、それがルペちゃんによって改善されていく。彼は今後、少しずつコミュニケーションが取れるようになって、本当の意味での友人、そして恋人ができるときがくるかもしれない。少なくともその可能性はしっかりと開かれた(番外編ではそんな千葉活躍が描かれた)。

俺はそのことを、【救い】と呼びたいと思う(ただし土下座は勘弁してやってくれマジで)。

はてサって、なんでHatenaを使っているの?

ここって、ネトウヨ存在を許しているWEBサービスだよね?

差別主義者の宣伝活動に手を貸すような悪徳企業じゃんw

岡崎体育感情ピクセル」を首肯する人たちに付随する気色の悪さ

クラスにいませんでした?なんかちょっと変な奴。そしてそれをいぢって笑いにするやつ。ずっと書かなかったこの話題に上記の例を当てはめると、岡崎体育はいぢる側、いぢられるちょっと変な奴っていうのがラウドロックシーンなんじゃないかな、なんて思っている。

いぢるのもいぢられるのもどうでも良い。個人的にこの「感情ピクセル」はおもしろいと思った。横溢するラウドロックの汎用なバンド辟易しているので、岡崎体育もっとやれ!とも思った。しか個人的にこのMVにはそういった悪意というのはやっぱり存在すると思っている。ただそれはロックだとおもうから良い。

しかし、この「感情ピクセル」という作品に憤慨する人がいる。それを「なんで怒ってんの?」というのは、なんだか違う気がする。だってじっさい怒っている人がいるんだもの。それを「岡崎氏に悪意はない。憧憬からやっている」と岡崎体育氏の弁明をそのまま無辜妄信している人たちを見るとイジメイジメラレの関係性の「ぼくたちはなかよくふざけあっていただけです」を素直に受け入れているような錯覚がある。おい、このままだとラウドロックシーン、学校来なくなんじゃねぇの?

たぶん岡崎体育の「感情ピクセル」を首肯する人たちっていうのは人生でいじられたことがないのだと思う。お笑い芸人が路傍で、ちょっと変わった物言いをする人たちを小ばかにして取る笑い、それを素直におもしろいと笑える人なんだと思う。私はあれ笑えない。

自分が素でやっていることを諧謔味をもって転合されるのはけっこうつらい。でもつらくても「あはは…」なんて笑わないとやっていけない。それがわからない人生順調組なんだろうな。家に帰ればごはんとお風呂がまっていて、あったかいふとんで眠る幸せしか得ていない人々なのだろう。でもそれが一般的というもので、だからいままで人にモノマネなんてされたことがない。小ばかにされたことがない。だからそれらがつらいことだとわからないんだろうな。忖度できない無思慮な人類。原始人。幼稚園児以下の馬鹿

記載すると、「勝手に人のことをラベリングするな!」と思う人がいるだろう。しかしこのラベリング話題さらっているのは他ならぬ岡崎体育である。「こんなかんじがラウドロックなんでしょ?あはは、イージーイージー。楽勝だね、ふざけちゃおう」なんてやっているのが氏の「感情ピクセルである。首肯する人たちはこの勝手ラベリングおもしろいんでしょ?どうおもしろいですか?ぼくはおもしろいです。

「曲がいいんだからいいじゃん」なんて言っている人をみると、いぢりいぢられの関係傍観しながら「おもしろいんだからいいじゃん」と言っているような錯覚を催す。いや、それを見て不快に思っている人がいるんだからいくないだろ、と思っている。今後、本気でこういった音楽が好きでラウドロックに傾倒した人がラウドロックをやったときに「うんぱっぱのなんとかじゃん!」となって気色が良いと思うだろうか。岡崎体育氏が本気でラウドロックが好きならば、こんな歌詞、ふざけた展開にしないと思う。

岡崎体育氏は頭が良く、器用な人なんだと思う。そしてなにより時代俯瞰する力がある。だからこそ「あるある」を巧妙に利用して話題になったのだと思う。しかし、彼が本気でミュージシャンを名乗りたいのならば話題先行、炎上型の「MV商法」ではなく、曲だけの良さで勝負すべきではないか

と書くと「岡崎体育、ほかにめっちゃ良い曲作るんだよ!」とおっしゃる方が絶えないと思う。ではなぜ、それでMVを作らなかったのでしょうか。おしえてほしい。

きっと氏は「慙愧に耐えないから」とおっしゃるのだろう。しかしそれを本気のフォーマットとしてやっている人びともいる。そのフォーマットを「恥ずかしいからふざけました」とやるのは、そのフォーマットを本気でやっている人たちに失礼なんじゃないかな、と思う。個人的にそういった時代の風刺は好きですが。

時代の風刺はありだと思う。ふと目に付いたブログで「なぜ岡崎体育は叩かれて、レキシは叩かれないのだろう」なんてやつがあったが、それは過去時代の風刺と、今やっている人たちの風刺からだと思う。「こんな時代あったねぇ」なんて過去を小ばかにするのは共感を生むが、今それを本気でやっているの人たちを模倣したこれは、今それを本気でやっているそれを好きな人を怒らせると思う。

しか音楽の在りかたは変化している。MVありきの音楽は、手元の端末で手軽に視聴できる。よって曲の普遍的実験的な音階の美しさよりも、視覚的なエンターテイメントが優先される時代だと思う。ライブは聴きにいくものではなく、観にいくものです。曲のアレンジに何時間もかけるならば、おもしろいMVを作ったほうが売れる。というのが、いまの日本音楽業界です。

兎角。岡崎体育氏の「感情ピクセル」はおもしろいと思う。しかしそれは音楽としてではなくMVと、通底する悪意と、その諧謔である。それはそれで良い。これを見て「おもしろい」と思うのは良い。しかし対岸で「不謹慎だ!ばかにするな!」と言っている人を「なんでおこってんの?」と言うのはちがうと思う。感じることだけがすべて、感じたことがすべてなのに。

今一度申し上げるが、そういった傲岸な態度をとる人びとには一種の気色の悪さを覚える。たぶんこういった人たちがいるか文化にはイジメがなくならないのだろう。いぢりをイジメだと感じないアパシー状態。でもそれが一般的で、その一般エンターテインメントさせる奴が売れるのです。なんとも。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/konpyu/n/nc0d2f49676ba

FacebookgithubリポジトリでPATENTSファイル存在するリポジトリリスト

./360-Capture-SDK/PATENTS

./BridgeIC/PATENTS

./CParser/PATENTS

./DelegatedRecoveryReferenceImplementation/PATENTS

./FBAllocationTracker/PATENTS

./FBFetchedResultsController/PATENTS

./FBRetainCycleDetector/PATENTS

./FBSimulatorControl/PATENTS

./Haxl/PATENTS

./IT-CPE/PATENTS

./KVOController/PATENTS

./MazeBase/PATENTS

./MemNN/PATENTS

./PathPicker/PATENTS

./Shimmer/PATENTS

./SoLoader/PATENTS

./SocketRocket/PATENTS

./Stack-RNN/PATENTS

./ThreatExchange/PATENTS

./Tweaks/PATENTS

./UETorch/PATENTS

./UdpPinger/PATENTS

./WebDriverAgent/PATENTS

./android-jsc/PATENTS

./augmented-traffic-control/PATENTS

./bistro/PATENTS

./chef-cookbooks/PATENTS

./chisel/PATENTS

./componentkit/PATENTS

./conceal/PATENTS

./dataloader/PATENTS

./device-year-class/PATENTS

./dfuse/PATENTS

./draft-js/PATENTS

./ds2/PATENTS

./emitter/PATENTS

./eyescream/PATENTS

./facebook-clang-plugins/PATENTS

./fatal/PATENTS

./fb-adb/PATENTS

./fb-caffe-exts/PATENTS

./fb-util-for-appx/PATENTS

./fb.resnet.torch/PATENTS

./fbcuda/PATENTS

./fbcunn/PATENTS

./fbjs/packages/eslint-config-fbjs-opensource/PATENTS

./fbjs/packages/eslint-config-fbjs/PATENTS

./fbjs/packages/fbjs-css-vars/PATENTS

./fbjs/packages/fbjs-eslint-utils/PATENTS

./fbjs/packages/fbjs/PATENTS

./fbjs/packages/signedsource/PATENTS

./fbkutils/PATENTS

./fblualib/PATENTS

./fbnn/PATENTS

./fboss/PATENTS

./fbpca/PATENTS

./fbpush/PATENTS

./fbshipit/PATENTS

./fbtftp/PATENTS

./fbtorch/PATENTS

./fbtracert/PATENTS

./fixed-data-table/PATENTS

./flow/PATENTS

./flux/PATENTS

./fresco/PATENTS

./gnlpy/PATENTS

./hhvm/hphp/hack/PATENTS

./iTorch/PATENTS

./immutable-js/PATENTS

./infer/PATENTS

./ios-snapshot-test-case/PATENTS

./jest/PATENTS

./jscodeshift/PATENTS

./learningSimpleAlgorithms/PATENTS

./libafdt/PATENTS

./liblogfaf/PATENTS

./litho/PATENTS

./luaffifb/PATENTS

./mcrouter/PATENTS

./mention-bot/PATENTS

./metro-bundler/PATENTS

./mysql-5.6/fbson/PATENTS

./network-connection-class/PATENTS

./nuclide/modules/atom-ide-ui/PATENTS

./nuclide/modules/big-dig-samples/PATENTS

./nuclide/modules/big-dig/PATENTS

./nuclide/modules/nuclide-commons-atom/PATENTS

./nuclide/modules/nuclide-commons-ui/PATENTS

./nuclide/modules/nuclide-commons/PATENTS

./ocpjbod/PATENTS

./openbmc/common/recipes-connectivity/lldp-util/lldp-util/src/PATENTS

./osquery/PATENTS

./planout/PATENTS

./pop/PATENTS

./pose-aligned-deep-networks/PATENTS

./prepack/PATENTS

./prop-types/PATENTS

./proxygen/PATENTS

./puewue-backend/PATENTS

./puewue-frontend/PATENTS

./react-devtools/PATENTS

./react-native-applinks/PATENTS

./react-native/PATENTS

./react-vr/PATENTS

./react-vr/ReactVR/PATENTS

./react-vr/react-vr-cli/PATENTS

./react/PATENTS

./rebound-js/PATENTS

./rebound/PATENTS

./redex/PATENTS

./regenerator/PATENTS

./relay/PATENTS

./remodel/PATENTS

./screenshot-tests-for-android/PATENTS

./shimmer-android/PATENTS

./sparts/PATENTS

./stetho/PATENTS

./thpp/PATENTS

./treadmill/PATENTS

./wangle/PATENTS

./wdt/PATENTS

./xcbuild/PATENTS

./xhp-lib/PATENTS

./yoga/PATENTS

./ztorch/PATENTS

タルパを創る日記 on 2nd

前の記事 https://anond.hatelabo.jp/20170819172149

昨日はなんか偉そうに精神論をたれてました。今見ると死にたくなります

では今日あたりしてたことと成果・報告を。

夜寝るときに横にアスカがいるイメージをしてみた。

手を握ろうと手を差し出したら、

一瞬だけ手の上に温かみを感じたんですよぉぉぉぉ!

いや、ガチなんですよ。こう、ふわっとした存在感というか、ぽわーんとした感じを。(ガチですよ?)

ただそのあと問題になるのは

・うちはベッド

・つまりずっと添い寝ということはアスカを突き落とす可能性高し

というわけでおやすみって言ったら形を消しました。

どういうことかというと、何となくアスカは僕の中にいて出そうとして初めて物理的に表れるみたいなイメージで、僕の中にいるときは基本会話のみという形態をとっていたので、まあそういうことですね。

あともう一つやったことが、「アスカから会話させる」という練習です。

今までアスカとの会話は基本的こちらが会話を振ってアスカが答えるという方法をとっていたのですが、今日は僕に何か質問をさせました。結構これがカギなのではないでしょうか。

要はアスカの設定とか会話の流れは「○○について質問したい!」という意思にあまりつながらないでしょう。なのでアスカの中に自発的意思を生む必要があるので、なかなかいい訓練になりました。

あと、やはり向こうからも話を振られることでより「会話」に近づいていく気がしてなかなか楽しいです。

ただしま問題もあります特に重要なのは、「意識しないと存在させられない」という点です。

例えば今このダイアリーを書いているときアスカと会話は全く交わしていません。

なので明日からは常にアスカ意識していきます

https://anond.hatelabo.jp/20170821120601

ゼクシィ読まなくても結納やろうって家柄なら結納返し存在くらい知ってるだろ…

結納やる家柄じゃなくても一般常識範疇だと思うぞ…

GPD Pocketに関するMakuakeでの炎上騒ぎについて調べたこと

■はじめに

Makuakeというクラウドファンディングサイトで、

とあるプロジェクト炎上し始めているようだ。

GPD Pocketという小型ノートPC2017年10月中にお届けする。

というプロジェクトがそれだ。

なぜ、2017年10月中にお届け。というプロジェクトが、

今、炎上し始めたのか。

気になったので、調べてみることにした。

■関連する企業

そもそも、GPD Pocketとは、深圳(中国)のGPD社による製品のようだ。

GPD社は超小型ゲームノートPCであるGPD WINなど、

ニッチで独創的な製品の開発を行うベンチャー企業らしい。

また、Makuakeでのプロジェクトは、

エム・シー・エム・ジャパン株式会社実施しているようだ。

この会社は、海外電子機器を主に取り扱う商社らしい。

炎上内容

では、どのようなクレームが発生しているのか、

当該プロジェクトコメント欄から読み解けることは以下だ。

(1)Amazonなどの他店で、安く、既に販売がされている。

(2)他店で販売されている安い商品と、Makuake経由で提供される商品との違いが分からない。

(3)エム・シー・エム・ジャパン株式会社が、コメント欄での質問に全く回答しない。

(1)と(2)については、確かに不思議だ。

クラウドファンディング出資を集め、開発や製造をしているはずなのに、

なぜ、そのクラウドファンディングより先に、しかも安く、他の流通経路で販売されるのだろうか。

そこで、炎上理由となっている「流通経路」「価格」「一般販売との商品の違い」について、調べてみよう。

なお、(3)については、企業姿勢方針問題であろうから、ここでは言及しないでおくが、

火に油を注いでいる行為に見受けられる。

流通経路

調べてみると、多くの流通経路で既に販売されていることが分かる。

海外通販サイトであるAliExpressでは、GPD社のOfficial Storeで、2017年6月から販売がされているようだ。

GearBestやGeekBuyingなどといった、いわゆるデジタルガジェットを取り扱う、海外通販サイトでも販売している。

日本国内に目を向けると、Amazonだけでなく、GPD社の正規代理店と称する複数通販サイト販売を行っている。

秋葉原日本橋といった場所では、既に店頭でも販売されているようだ。

また、ヤフーオークションメルカリといったサイトでも、既に多く出品されている。

結局のところ、既に(早いところでは6月から)一般販売されている。ということは間違いないようだ。

価格

GPD社の公式サイトによると「599ドル」が定価らしい。

GPD社のOfficial Storeや海外通販サイトでも、599ドルを定価とし、

そこから割引したり、ケース等のおまけを付属する。という価格設定をしているようだ。

時期によると思われるが、割引によって概ね500ドル程度(送料は別かもしれない)で購入できそうである

日本国内を見ると、概ね6万円程度から6万5千円程度。といった価格帯で販売されている。

海外通販比較すると少し割高にも見えるが、定価以下の価格であり、

送料などを勘案すると、妥当金額と言えよう。

Makuakeでの価格

これまで言及していなかったが、GPD Pocketという製品について、

Makuakeではこのような価格設定となっている。

定価86,400円(税込)

Makuake特別価格 30%OFFの60,480円(税込)(200名限定)

Makuake特別価格 20%OFFの69,120円(税込)

定価86,400円(税込)というのは、GPD社による定価設定よりもかなり高い。

Makuake特別価格とされている価格でも、安いとは言えないだろう。

もちろん、海外製品が、国内代理店を通すと高くなる。ということは往々にしてよくあることだ。

だが、複数正規代理店存在する中で、1社だけ飛びぬけて高い。ということは珍しいだろう。

しかし、現在はそのような状態となっているようだ。

一般販売との商品の違い

価格が高くとも、商品サービスが異なるのであれば、それは当然であろう。

ということで、エム・シー・エム・ジャパン株式会社が明示している"特有の違い"を列記してみる。

(1)技適マークを取得している

(2)PSEマークACアダプタについている

(3)日本語Windows10を搭載

(4)GPD社の製造委託工場への製造ラインおよび出荷試験への監査実施

(5)日本語でのサポート実施

(6)国内到着後の外観試験サンプリング試験

(7)日本語版導入マニュアルオリジナル)+国内保証

(8)マイクロファイバーポーチ

(9)Makuakeサポーター専用サポートサイト

(1)~(5)が、Makuakeでのプロジェクト開始時(5月)に明示されていたもの

(6)~(9)が、8月9日に追加で公開されたもの

これだけ見ると、多くの違いがあり、価格差も納得できるかもしれない。

しかし、よく確認していくとこんなことが分かる。

(1)技適マーク

6月最初に出荷されたロットから技適マークは全ての製品にある。

(2)PSEマーク

6月最初に出荷されたロットからPSEマークは全ての製品にある。(不備があるとの指摘あり)

(3)日本語Windows10

→多言語対応OSであり、初期セットアップ時に日本語を含む多くの言語選択できる。

まり、(1)から(3)は、他の流通経路で安く販売されている商品と同じであり、

"特有の違い" ではない。

(4)から(9)までの違いが、定価から約2万円も高くなる理由ということだ。

これを高いとみるか安いとみるかは個人差があると思うが、炎上理由の一つとなっているようだ。

Makuakeでのクラウドファンディング

なぜ、このようなことになってしまったのか。

理由として下記が考えられる。

(1)Makuakeでの本プロジェクトは、クラウドファンディングではなく"前払いの予約"であったこと。

(2)色々と勘違いして、Makuakeでの出資(前払いで予約した方)してしまった方がいた。

そもそも、GPD Pocketという製品は、

GPD社がクラウドファンディング(indiegogoとJD Finance)で出資を集め、開発し、販売している製品だ。

GPD社が、クラウドファンディングを始めたのが2017年2月であり、

当初から6月中に出資者配送7月一般販売開始(定価599ドル)」とのスケジュールが公開されていた。

(indiegogoでも、配送が遅れたり、一般販売が先行したりと問題があり、クレームが発生していたがここではその話は省く)

また、当初から技適マークを取得する旨も公表されていた。

では、Makuakeでの本プロジェクトは一体何なのだろうか。

答えはシンプルだ。

クラウドファンディングで作られた製品の、販売代理店による前払いの予約受付」

商社であるエム・シー・エム・ジャパン株式会社は、本業の通り、

海外製品販売代理店として、前払いの予約を受け付けただけなのである

結局のところ、問題の根幹となっているのは、

勘違いして、Makuakeでの出資(前払いで予約した方)してしまった方がいたことだろう。

出資者勘違いミスリード

勘違いしてしまったと思われる内容は以下だ。

(1)Makuake経由で提供される商品は、海外流通している製品とは異なった商品である

(2)Makuake経由で提供される商品は、クラウドファンディングであり、これから開発されるものである

(3)Makuake経由で提供される商品は、エム・シー・エム・ジャパン株式会社以外から購入できない

実際は前述のとおりである

Makuakeでのプロジェクト説明は、このような認識をさせてしまミスリードであった。

と言わざるをを得ないだろう。

(実際、あるブロガー勘違いをし、ブログ謝罪する事態もあったようだ。)

結局のところ、上記のような勘違いをしてしまった方々からすると、

「なぜ、他店で、安く、同じものが売っているのか?」という疑問と、

「他店で、早く安く買えるなら、ここで買いたくなかった。」という意見クレームが出てくるのも、もっともかもしれない

これが炎上騒ぎの原因といったところだろう。

■おわりに

Makuakeを見ると、

クラウドファンディングという名目で「販売代理店による前払いの予約受付を行う行為」が横行しているように見受けられる。

素直に、販売代理店として予約を受け付ければよいのではないだろうか。

今回のような勘違いを招き、炎上騒ぎとなってしまっては、売り手も買い手も損をするだけだろう。

蛇足ではあるが、Makuakeでは、いわゆる出資投資ではなく売買契約となるようだ。

まりMakuake売買契約仲介サイトであり、クラウドファンディングサイトというよりは、

先払いのフリーマーケットという認識の方が適切なのかもしれない。

年齢別浴衣姿のガイドライン個人見解です)

10代前半以前

君達は何をしてても可愛い子供から

10代後半

不思議な程に可愛さしかない。子供っぽい可愛さじゃないのにただひたすら可愛い

着崩れても、丈やおはしょりおかしくても、足元クロックスでもサンダルでも可愛い

慣れてない感じも頑張っておしゃれした感じがあって可愛いし、キッチリ着付けてあっても当然可愛い

洋服だと決して「可愛い」に分類されない子でも断然可愛く見える不思議ゆかたすごい。

髪型もとりあえずまとめてあれば適当なひっつめ髪でも可愛い存在が華やかだからヘアアクセとか無くても支障が無い。

ただスニーカーだけは避けた方がいいと思う……。

20代前半

足元クロックスから卒業してもいい頃合い。下駄にこだわらなくてもいいかサンダルミュールに移行してはどうか。

それでもまだまだ可愛さが勝る。多少おかしくてもそこは愛嬌でやり過ごせる。

小物で遊ぶならこのあたりが一番しっくりきてる気がする。派手なヘアアクセも一番似合うような。

20代後半

悲しい事にこの辺からぐっと粗が目立つようになってくる。

おはしょりは多少ぐちゃっとしててもいい。ただ丈だけは、とにかく丈はくるぶし近くを徹底すべき。もう短い丈が可愛い年じゃない。

まとめ髪は必須だし、そろそろ下駄を買おう。意外と高くもないよ。

若さからくる華やかさは無くなるけど、ポイントを抑えれば別の魅力が出て来る年頃。

30代前半

お遊びは程々にしてセオリーは抑えてもいい年。残酷だけどおしゃれしてる感だけで可愛い年じゃない。

帯締めはまぁやり方次第という事にしても、重ね衿は流石に可愛くない。帯揚げも暑苦しいかな。それやりたいなら夏着物着よう。

浴衣から多少の皺は問題無いとしてもぐっちゃぐちゃのおはしょりもそろそろなんとかしよう。丈が短いなんて論外。

出来ないなら着付けを頼んじゃえ。

20代前半に買った着物はここらが限界のはず。

30代後半

問題無く着れないならいっそ着ない方が好印象。

10代じゃないんだからだって着付けだってお金解決しような。自分でできなくてもどうにかする方法はあるよ。

まとめ

着てるだけで可愛いのは20代まで

若さ尊いミスすら可愛い可愛い正義

30過ぎたら1020代と同じ土俵で戦う事は不可能。別の土俵に上がれ。その道が浴衣にはある。

別に喜んでいるわけではありませんが

気に食わない男の性欲は存在ごと否定してなかったことにしたい、というよりは

性欲の存在を認めてくれるだけほんの少しマシなんですよね

https://anond.hatelabo.jp/20170820022702

下ネタOK→性欲が強い→飢えている→俺でもやれるという発想をする男が一定確率存在するから

しんどい男の前でだけは下ネタNGのふりをして、平気な男や女友達の前では全然OKという女も多い

下ネタ拒否姿勢ばかり見せられてる男という時点で「俺でもやれる」系のしんどいキモ男に分類されてるのだと思う

https://anond.hatelabo.jp/20170821100309

ロン毛が怖いのは顔が隠れるからじゃろ

ロン毛でない怖い存在っていうとトイレの花子さんぐらいじゃない

https://anond.hatelabo.jp/20170821012628

別にフグ毒出す遺伝子組み換え食品なんて存在しないし…

基本的には品種改良して虫害に強い作物になりました、ってのと変わらんぞ。

2017-08-20

推し卒業をすることについて

SKEチームS

大矢真那

推し卒業を、受けて卒業までに何が出来るのか1人考えていました。

私はアイドル卒業はとても大切なものとして扱っています

アイドルという存在でいて、笑顔を見せてくれた、例えば公演に行けなくても、握手に行けない時期があっても、そこで彼女笑顔でいてくれた事はとても大切で尊いことだと思っています

私は山口百恵さんの事が好きだけど、産まれた時に彼女はもうアイドルをやっていなくて、芸能界引退していました。

同じ時代に生きれない。というのは後で延々とCDを回すしかない、ということです。

自分にとって大切な推し卒業する姿を見れるのと、同じ時代を生きている事、見送れることがどれほど貴重で尊い事でしょうか。

AKBGの子の、たくさんの卒業を見てきました。

元祖神7と呼ばれるような子達から研究生の子まで卒業ソングもひと通り聴いていると思います

たくさんのアイドルを見送った事で、私はアイドル卒業する時にとても大切な事がたくさんある事を知りました。

アイドルは、私たち学校に通って友人と遊んだり、はたまた色めいた年頃になってもその時間の全てをアイドル活動に捧げて居ます

それがどれほど尊い時間か、想像に難くないと思います

その煌めきと同じだけの物を貴女は残したのだと、きちんと推しに伝える事、それが卒業までに推しにすべき事だと思っています

その方法として、推し卒業までに出来るだけ多くの機会をあげる事、チャンスを増やすこと。

推し卒業までに、出来るだけたくさんの事をした方がいい、と考えています

残した軌跡は多い方が、アイドル自分意味がわかると思います

卒業ソングを貰い、卒業コンサートをしてファンコールされて、惜しまれて卒業をする事が私はアイドルにとって最高の卒業だと思っています

アイドル多忙だし、なにが、どのくらい自分のうちで残せたのかは、本人からは見えない。

から、オタが言ってあげなきゃ。

今まで笑ってくれていてありがとう。歌もダンスも最高だった、来れない時も画面の中で笑っていてくれたこと、悲しいこともあった、その9年は真那ちゃんのこれから人生もっともっと輝かせる鍵になる。

卒業はそれを示す場所

どのくらいあなたが愛されて必要とされていたか、惜しまれて卒業していくのか。そしてみんなみんながあなた幸せを祈ってる。

3万票は伊達じゃない。あなたの残りの人生の中にも、そのひとつひとつが残っていることを、落ち込んだ時に、あなたを忘れたファンなど1人もいない事を、思い出して、また笑顔で。

まり情報戦で遅れるというのはとても危険であるのだ

もう40代になりつつある。

中学生ときアニソン挿入歌OPED曲を友人からカセットテープダビングしてもらった。

友人はそのCDを持ってるわけではなく従兄弟?の兄者アニメに詳しくCDを持っていたらしい。

ちなみにMP3プレーヤーとかデータCDから抜いて渡すなんてのは当時にはない。

カセットテープという磁気テープCDの音をただ移すだけだ。

で、思ったわけだ。

本を読むこと、情報戦必要であると。

アニメージュとかニュータイプが当時のアニメ書籍だろうか。他にもたくさんあるだろう。

アニメイトとかアニメ専門ショップも当時はあったからそういう場所に通うのも情報収集だ。

それを怠らなければ自分CD存在を知り購入し高音質で聴いていたはずだ。

この悔しさは他でもよく感じる。

そして情報戦を使い勝ち取ったこともある。

ただ私の時代はまだ情報戦ということにたいして疎かった。周囲も、家族環境、すべてにおいてだ。

いまは違う。

そして私も違う。

年代ではPCを使うのも手間がかかるともらす、キーボードも満足に打てない人もいる。

それよりも簡単スマホフリック入力のほうがいいという人もいるが、PCはまったく使えない人もいる。

ともかくだ、

これも情報戦情報収集の術をどう使いこなすかだ。

そして俺は今そのCDを手に入れようとしている。

数十年前のトラウマ、いや思い出をこの手にするために。

https://anond.hatelabo.jp/20170820204415

お前も人を無意識に選別してるよ。

それを否定直視しようとしないことが、人間社会における極悪の存在と言っていい。

醜悪の極み。

https://anond.hatelabo.jp/20170820214833

少なくとも元増田の紹介文読む限りミサンドリー小説なのは間違いないっぽいけど

本当は馬鹿にされるためだけに存在する千葉くんなんてオタクはいないのかな?

https://anond.hatelabo.jp/20170820210716

子供作ったって子孫はそのうち絶えても不思議じゃないし

作品散逸は免れず、いずれ元の形は失われる

悠久の歴史に比べれば一人の人間存在などゴミカスしかない

死んだ後のことなんか、今同じ時代を生きているアフリカと同じ

気にすればキリはないが、気にしなければどうでもいいのだ

https://anond.hatelabo.jp/20170820205401

女に限らず、一つの問題に真面目に取り組める人間なんてこの国に存在しないと思うが

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん