「マリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マリとは

2018-09-23

デッドオアアライブエロ画像探してて思うのは

マリローズじゃない金髪の女、あいつも外人には人気あるんだなってこと

日本だと全然人気ないイメージだけど、やっぱ外人には外人ビジュアルがすくなくとも 日本人以上には需要あんだなって

2018-09-20

psp

サカつく6 ドハマリして1週間ゲームしてた。

まあ そんなときがあってもいいのかね。

いま旦那喧嘩状態

私は自分の非を認めて謝りましたが、旦那は「うん」というだけでずっとダンマリです。

こう思ったからこうした、自分のここが悪かったと思う、という説明をしても、基本的に受け流されます

へぇ、とか、ふぅん、みたいな。

喧嘩となるといつもこんな感じで、いつの間にか普通にしかけてくるので元通りになってるって感じ。

謝っても説明してもこんな対応されるので、もう知らん!という気分にもなる。

しろみたいな態度にしか思えないんだけど、これっていい大人がすること?

ディードリット

子供の頃ロードス島戦記にドハマリして、中でもパーンとディードが無事結ばれたことに喜びを感じた。

でも、人間であるパーンに対しエルフであるディードは長生きで見た目も全然変わらない。

老いたパーンを看取る若々しい(見た目)ディードの姿を想像すると未だに胸が苦しくなる。

それでも人を愛することを選ぶディード尊い

最近でもないが、狼と香辛料ロレンス

ホロにも同じ感情を抱いた。

こちらはミューリ?という娘が出来て成長したコルとの話が新作として出ていたりする。

なにはともあれ片方が年を取らず最終的に看取るであろう関係に弱い。

そんな人達がでてくる作品教えて下さい。

ベストアンサーには100マスダあげちゃう

2018-09-17

ドラマ版「この世界の片隅に」素晴らしい作品でした...「この世界の片隅に」でさえなければ

この世界の片隅に」のドラマ版が今週日曜最終回を迎えた。自分にとっては呉旅行に行く前日に見てドハマリし道すがら原作コミックも買い、舞台となった街を散策できた思い出深い作品だった。

 映画版では尺の都合から削除せざるを得なかったリンさんとの物語もしっかり描かれ、さら原作であまり描写されなかった近所の人々にもしっかり焦点が当てられ、よりボリュームのある物語に仕上がっていたと思う

 各話も緩急を付けて見どころを設けすずさんと周作さん、二人の関係性も深く描くことに成功していた

 アイスクリームのシーンは二人の仲睦まじさが伝わり絆が深まる姿を丁寧に描いていて「砂糖の配給が停止になって、闇市で配給の50倍の金額取引されてる時期にアイス食うのはいくらなんでも不自然すぎる」という違和感もまぁ気にならないレベルに収まっていたと思う

 いままで現代編については否定的意見もあったが、最終的には今現在そこにいるすずさんを描く形に集約し映画とは違った余韻のある良い最終回を迎えたと思う

 途中どうしても見ることができなかった回はあったが

 概ねドラマとして大成功の部類だろう。ネットでの評判も上々でツイッタで感想検索しても「泣いた!」「感動して目が腫れ上がった」「ラストにはほっこりした」と大絶賛だ

 実に素晴らしい作品になったと思う

…これが「この世界の片隅に」でなければ

実のところ第一話が始まってから猛烈な違和感を感じてこれは本当に「この世界の片隅に」なのか疑うくらいだった

最初違和感は兄洋一の出兵が決まったシーンでの家族のやり取りで母親であるキセノが涙を流したことだった、ここで泣くのは「この世界の片隅に」としては違和感があった 

それ以降でも北條家へ嫁ぐことが決まった前日に不安母親に漏らし泣き始めるすず

2話以降でも、広島産業奨励会館前で周作が子供の頃ばけもんに誘拐されたとき一緒にいた少年だったことに気がついてすずは涙を流し

それ以降も母親との別れを告げるすずの甥に当たる久夫が帰り道涙を流し、洋一の戦死の報を受けて石一つしか入ってない骨壷を抱きかかえて母親号泣

毎話毎話何かにつけて涙を流していた

自分にはこれが猛烈に違和感に移り最終話前の話まで見るのを止めてしまった

原作で涙を流したシーンはギャグとしてオチに使った空襲で義父円太郎がすずさんと晴美さんを庇ってそのまま寝てしまった回を除けば

晴美さんが亡くなった時限爆弾の回と終戦ときだけでそれは意図的にそうしているのだ

戦中においては、自分たちが正しいことをやってるからこそ理不尽暴力には屈しないって共通した考えがあったからこそ人前で泣くことはせず(時代的に人前で泣くと反戦を疑われてしまうって事情もあった)

その日常を支えていた信念が飛び去ってしまい、自分たちの耐えてきた日々が誰かを犠牲にした上に成り立っていたことに気がついてしまたからそこで涙を流し

戦後は居なくなっていった人たち会えない人のために自分笑顔の入れ物になりたい、なによりも泣いたら勿体無いという気持ちから泣くことを止めるのだ

それは作中物交で漁村に向かう帰りの道すがら刈谷さんと話す中で

「生きとろうが死んどろうが もう会えん人が居って ものがあって うちしか持っとらんそれの記憶がある

うちはその記憶の器としてこの世界にあり続けるしかない」

「晴美さんとは一緒に笑った記憶しかない じゃけえ笑うたびに思い出します」

「泣いてばっかりじゃもったいない 塩分がね」

という会話でも明らかで

このセリフは「この世界の片隅に」のテーマだと思う

辛い時代の中戦中耐えてきた理由、それが飛び去った後また泣くのを止めた理由

そこは物語を描く上でいちばん重要ポイント原作を読んだ人や映画を見た人なら違えることはない

翻ってドラマ版だ

ドラマは泣く、事あるごとに泣く、誰もが皆辛い時には涙を流す

ドラマで泣いて泣いて泣く理由一般視聴者向けにわかやす表現にしたから、とか実写にするにあたって原作映画の通りだと不自然に見えるからという改変なら良かった

脚本担当原作をあまり理解していなくて、分かりやすドラマに組み直した結果だったのなら許せたかもしれない

脚本家は原作の内容を理解してそのテーマもわかった上でそれに対してダメ出しして改変したのだ

最終回をすずさんと義母のやり取りでこんなセリフがあった

「泣いてええよ、我慢せんでええ、ここはあんたの家なんじゃけえ、我慢したらおかしくなるよ」

原作のやり取りとは真逆セリフ

ここで理解った

脚本家はテーマを違えてたわけでも、分かりやす安易な改変をしたわけでもない

テーマについて理解したうえでそのテーマに、「この世界の片隅に」が「この世界の片隅にである根幹にノーを叩きつけてるのだ

はっきり言えば脚本家は「この世界の片隅に」が嫌いだったのでは無いかとさえ思う、少なくとも作品重要ファクターの一つについて否定的だったのは間違いないだろう

結果的に見ればドラマ大成功の部類で多くの人の心に残る名作となった

でもこれは「この世界の片隅に」ではないし、「この世界の片隅に」を否定する物語

もちろんそれが必ずしも悪いわけではないし原作好きな人にもドラマ版に満足してる人もいるだろう

ひょっとしたら原作が嫌いだったかドラマ版の改変でようやく自分の求めてるものが出てきたって人もいる

少なくとも真逆のことをやって多くの人の心をうった名作を作った脚本家の実力は極めて高い

からこそ原作否定するのならオリジナル戦争ドラマ勝負すればよかったと残念でならない

おそらくそちらのほうがずっと名作になったのだろうから

2018-09-14

ラノベ擁護の為にそれらしい哲学学術用語並べてもさ

とどのつまりオタクセンズリする自由を守るためだけにしかならんのよね

こいつら、ジャーナリストとかの他の表現の自由にはダンマリだし

ロシア活動家が毒盛られても「おそロシアw」とか茶化すだけだし

 

表現の自由聖戦士」というより

「性欲の自由聖戦士」に改名した方がいいなw

2018-09-13

DOA5の好みの変遷

マリローズほのか→女天狗

なんかマリローズ飽きてきた

ほのかはまだいける

ももっぱら女天狗がビンビン来てる

混黒マリット

複数会社合併し、社内政治がドロドロになっていくこと

2018-09-07

anond:20180907115252

関空従業員の訴えに怒り狂ってたはてなーがこれにはダンマリなの何で?ねえ何で?w

発達障害の診断も出ない単なる無能wププッw←こう笑い者にする戦略

この戦略取ってる奴ってかなりいるけど、彼らを見ると本当に何が何でも誰かを嘲笑差別したくてたまらないんだろうなあとゾッとする。

陰キャみたいな腰抜けの無能通り魔なんて大それたマネできるわけねえだろ!!www」

とか

独身者なんて宅間守以下やん。宅間守結婚してるやん。死刑囚以下やん」

とかケタケタ言う人とかもそうだけど。

発達障害普段徹底的に汚物視してボロっカスサンドバッグと見なして好き放題中傷してるのにもかかわらず、

誰かが発達障害診断を能動的に受けもうとしていると知るやいなや「発達障害ですらない無能!wプギャーwww」みたいなスタンスに切り替えるのは本当に精神底辺極まってると思う。怖い。

「こいつ自分の生きにくさの理由を解明したがってるな。ということは理由を知れたら少しはモヤモヤが晴れてしまうな…気に食わない。

もっと苦しんでほしい。どうしよ…発達障害はもうすでにエタヒニン扱いして思う存分叩いてるし。

そうだ!!『発達障害の診断すらもらえないやつ』っていう新たな差別階級を作ってしまおう!!健常者ってニュアンスを消し尽くすためにこいつらこそ得体のしれない最悪の無能ってことにすればいい!!」

一番悪質で卑怯な連中だと思う。

こいつらとりあえず相手が少しでも前向きになったり、生存戦略練ろうとしたりすると邪魔したくてたまらないんだよ。

なんJ民なんかにこの「絶対に逃さな差別戦略」はドハマリして大喜びで「発達障害ですらない無能www」みたいに喚き散らす奴めちゃくちゃいるけど、進歩的自称するはてな民なんかに結構いるよね??

2018-09-05

anond:20180905181647

あ、そりゃすまんかった

最近ソースもなしに下方婚増田を叩きたいだけ叩く下衆が多くてさ

で、見兼ねて俺がソース出したらダンマリなんだよ

2018-09-03

失恋が終わらない

少し前に、片思いしてた相手に実は婚約者がいた(というか結婚報告された)という失恋したんだけど、夢にその失恋相手が出てきてデートしてた。

夢の中の私は浮かれて気張って、普段絶対買わないけど初給料が嬉しくて買った高めのかわいいワンピ―スを着てて(現実では買ったものの一度も着て出かけたことがない)、失恋相手と並んで何故か地元近くの景色がきれいで有名なスポットを歩いていた。

あれ?でもコイツそういえば既婚者になったんじゃん、と思って「奥さんいいの?」と聞いたら相手はきょとんとした顔して、「いないっすよ~」と笑うから、あ、そうなんだ、いないんだ、わたし勘違いか。じゃあいいじゃん!とテンション上がって手をつなごうかつながまいか悩んでいたら目が覚めた。

失恋相手職場の同期だから今日は顔合わせたくないな、と思ってたら定時過ぎてもやってこない。「今日●●くんって休みでしたっけ」って先輩にきいたら「休みだよ~、奥さんと式場の見学行くんだって~」といらん情報まで知らされてしまった。

結構いい感じにきれいな失恋できそうだったのにかさぶたはがされた気分、いや自分勝手に見た夢なんだけど。

業務上伝達しとかなきゃいけないことがあったかLINEして、ついでに「みんな働いてる平日に優雅に休む気持ちはいかがですか」って言ってみたら「最高」という返事と共においしそうなランチ写真送ってきたんだけど、その奥にぼやけて写る奥さんと思しき手と、ぼやけながらも存在を主張してくるマリッジリングさらに私のライフを削る。明日休みたい。そろそろ前向きに立ち直りたい。

愚痴ごめんなさい。

価値のない人間人権未満の人生を送ることについて左翼の皆さんはみんなダンマリ

彼らは、そういう人間人間と見做していないからできるんだよね?

2018-08-30

ホリエモン

ホリエモンって今も裸の王様で偉そうなこと言ってるけど、ライブドア時代野口さんの死にはダンマリだし、多動力かに騙されて就職せず、フリーターになるような馬鹿を量産しているだけ害悪のものだと思う。

2018-08-26

反省文】scopedog氏はじめはてサの皆さん、「ダンマリ」などと言ってすみませんでした

http://scopedog.hatenablog.com/entry/2018/08/25/230000

このようなエクストリーム擁護を満を持して公表し、

そしてこのエクストリーム擁護に対して名だたるはてサの人々が満目に渡り居並びはてサスターが飛び交っている。

http://b.hatena.ne.jp/entry/scopedog.hatenablog.com/entry/2018/08/25/230000


以前増田で「どうせはてサ朝日メタタブ隠蔽事件華麗にスルーするのだろう」と挑発した私は完全に誤りであり敗北であり、

ここに反省謝罪の意を表したいと思います

誠に申し訳ありませんでした。

anond:20180821135157





  • さて。

ところで発端となったtogetterブクマを見ると、

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1258512

やっぱりはてサの人々はコメントしてない。

scopedog氏の妄想ブログにはコメントスターを大々的に付けているのに。


いろいろ忖度してみると、

初報の時点でははてサの人々は迂闊にコメントができなかったのではないか

というのは、「擁護の指針」がまだ示されていなかったから。

ここでscoedog氏の妄想ブログにおいて「擁護方針公式発表」がなされることによって、

雪崩を打ったかのように「方針に従った」擁護が一斉濫発された。

サヨク系の人々って「統制」が大好きだから

はてなサヨク界隈でもそういった「統制」があるのかもね。

妄想ブログに対する感想だけに、妄想もはかどりましたとサ(←サヨクのサw)

2018-08-24

マリアントワネット「本文が読まれないならタイトルに言いたいことを全部ぶち込めばいいじゃない」 全くその通りであるマリアントワネット言葉は常に世の真理を突き、我々平民共の方向性を指し示してくれる。ラノベとかAVで矢鱈長いタイトル作品があるが何かしら関連した事象に違いない。ひょっとしたら近い未来長編小説レベルタイトルが現れるかもしれない。しかし、それはみんなが望んだ世界なんだ。喜んで受け入れよう。タイトルのこれからと、これからタイトルを。

クーポン」のことを「クポーン」って言ってみてよ!

2018-08-22

相続税100%とか言ってたヤツはどこ行ったんだろ、或いは架空ダブスタはてなー存在論について

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/green-online.jp/inheritance-procedure

今度は相続税高すぎるというコメトップに。

まあこれを十把一絡げに「はてなーダブスタ」とするのは正しくはないが、さりとて間違いともいい切れない。

実際真っ向から対立する意見を持つ「はてなーたち」がいるはずなのだが、

そこから建設的で活発な議論が生まれることはまずゼロで、

いわゆる「反対意見ダンマリ」か、「idコール反対論者を罵倒しかない。


まあ100文字の言いっぱなし上等SNSで活発な議論(笑)って話だろうし、

双方向対話ができたところで不毛罵倒合戦とその野次馬がでてくるだけだろうとはリクツではわかるのだが。

しかしこういう真反対の意見が、まともに交わりもせずに単なる言いっぱなしで終わって調和のかけらも見当たらない、というのは

2018-08-15

旅館朝ご飯お替わり増田自由ユジ出すマリ若音は誤差アノンかょリ(回文

武田久美子さんが

北海道紋別市ホタテキャンペーンガール

就任していたのはめちゃ有名な話だけど、

あのホタテビキニって現場の悪ふざけでやっちゃったのかな?

よくわからないけど、

今やったら絶対面白なっちゃパターンなっちゃうわよね!

と言うか流行りのグラビアアイドルがそれやったら、

完全にいじりになっちゃってるわよね。

なにかホタテを越えるものってないかしら?

ワカメって思ったけど、

あなたそれ地で行けるじゃないって

すでに見えてはいけないところが見えちゃうわけで、

やっぱりそのホタテ最強説は

安岡力也さんをやすやすと越えてしまっているわ。

おはようございます

旅館朝ご飯

ご飯おかわり自由ということで張り切って食べるものの、

おかずのバリエーションが多くて、

ご飯とおかずの食べるペース配分がおかしなっちゃうのよね。

旅館朝ご飯食べ過ぎちゃう現象

で食べすぎて動けくなっちゃ現象

いろいろと名称をつけたい現象目白押しね。

うふふ。


今日朝ご飯

それこそ、納豆玉子明太子、お味噌汁、だし巻き、焼鮭。

盛りだくさん感満載。

ついつい食べ過ぎちゃうわ。

デトックスウォーター

そこで飲んだルイボスティー茶、

もはやお茶ね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2018-08-14

結婚してるんなら公表してね。

シンママさんたちに人気のその指にマリッジリングはめろよ。

独身ぶって、色目使ってるとしたら女の敵認定しちゃいますよ。

誠実なあなたなら「発表」しますよね。


バイバイ

xevra「日本なんか5年後から子供達がバタバタ白血病で多量に死に出す

b:id:xevra 日本なんか5年後から子供達がバタバタ白血病で多量に死に出す。30年後、全員死んだ頃に政府フクシマが原因だと認めるだろう。人類史上最悪の放射能汚染国で生き延びるには頭オカシイ奴らの攻撃スルー力必須

http://b.hatena.ne.jp/xevra/20111230

魚拓 https://megalodon.jp/2018-0814-1403-41/b.hatena.ne.jp/xevra/20111230


7年近く経ってるが、白血病で多量に死に出してる統計とかあるのか?

ほんと人間のクズだよなこいつ


======追記======


b:id:TakahashiMasaki id:xevraくそゴミ虫え●非●なのは事実だが 匿名ダイアリー卑怯攻撃するのも最低である

b:id:kote2kote2 匿名特定の人を叩くのとどっちがクズなのかな

白血病だの何だのでデマ流す方がクズに決まってるだろう

言わなきゃ分からないことか?

当のxevraはバカみてーな言い訳してて笑うが

b:id:xevra 被害が少なかったのは放射能の飛散量が予想よりかなり抑えられたというのが大きい。でもこれはたまたま4号機プールの冷却に失敗してたら日本全滅だった。最悪の事態を想定しておくのは重要ゆっくりしていってね

今後コレのことは「白血病日本の子供はバタバタ死ぬというデマを流して訂正も謝罪もしない真正カスのxevra」でいいと思う

先生とか言ってカス調子に乗らせた連中の罪は重いと思うよ

はっきり言うけどもう退場しろよ、大脳が壊れてるxevra


======追記2======

b:id:xevra 今日名言「ぜひ一緒に死んでください!」5年後福島の子供達が白血病で次々死んだら福島安全厨どもは全員腹切って死ね。死んでも許されないが/敵は東電経産省である事を国民全員が理解しないと悲劇が止まらない

http://b.hatena.ne.jp/entry/70391057/comment/xevra

魚拓 https://megalodon.jp/2018-0814-1828-13/b.hatena.ne.jp/entry/70391057/comment/xevra


腹切って死ねだの威勢がいいことだな

貴様自身妄言責任をどう取るんだ?

相手には腹切って死ねと言うのに自分はしないのか?


======追記3======

おい、xevraのコメントに星付けてる以下のIDはどういう見解なんだ?

xevraに賛成ってことか? 言ってみろよ

言っておくが俺は福島を蔑んだxevraを許すつもりは毛頭無いぞ


b:id:inferio

b:id:murasakizarumurasakizaru

b:id:c1rcc1rc

b:id:takayoztakayoz

b:id:arearekorekorearearekorekore

b:id:since164since164

b:id:sisoptsisopt


非表示しろと言っているやつに聞きたいんだが、俺がxevraを非表示にしたらxevraのヘイト発言世界から消えて無くなるのか? 違うだろ

あいつの発言の誤りを指摘したら某先生のようになる? そこまで俺が知るかよ ヘイト発言撒き散らしておきながら批判は受け付けないって何様だ

単に非表示にして自分の目に入らないようにすればいい!っていうスタンスなら、同じ口で二度と他人政治家学者作家企業人・etc)の発言批判するなよ?


b:id:humid あの収束前の専門家さえ先行きが見えない抜き差しならない状況で様々な機材や物資を船で届ける作戦に志願してくれた私の弟を含む自衛隊米軍の方々は一生尊敬するわ。でもxevra先生道化師から別にええんでない?

貴様が「道化師から別にええ」と思うのは勝手だが、そのクソ見解を俺が受け入れなければならない理由は無い

それこそ誰かが言っていたが杉田水脈発言を「あれはああいう人だから〜」と擁護する自民議員と1ミリも変わらんな


b:id:masumizaru なら運営違反報告すればいいじゃん。はてな利用規約迷惑行為誹謗中傷を明確に禁止してるんだから。俺はしたことあるよ(対応されなかったけど)

貴様ヘイト発言への抗議に対して「なら裁判所申し立てればいいじゃん。日本国の法律侮辱名誉毀損を明確に禁止してるんだから」というクソ理屈を受け入れるのか?

これに限らず、他のことに置き換えてみればいかに狂ったことをほざいてxevraを擁護してるか分かるだろう… というコメント散見されるな


b:id:j3q この人が責任とって腹切らなきゃいけないんだとしたら、国会官公庁から人がいなくなりそうだな。目くそ鼻くそ攻撃する風景お盆ならでわ

俺の発言がどう「目くそ鼻くそ」なのか、どう「お盆」と関係あるのか抜かしてみろよカス

盆じゃなかったらxevraのヘイト発言が正しくなるのか? 口からクソ垂れるのは自分の家のトイレだけにしとけ


b:id:flowing_chocolate 5年後の推測を外したらクズ呼ばわりされるのは解せない。

お前には上記引用のxevraのコメントと今現在の態度が「5年後の推測を外しただけ」に見えてるのか? 眼球と視神経と大脳のどこに異常があるんだ?


b:id:yamatedolphin xevra氏を弁護する訳じゃないけど、当時はこういうコメが受け入れられる状況にあったわけで、氏のみの罪とするのはどうか、と。(放射能など関係ない地域ガレキの移動すら反対運動にあってたからねえ。)

本当に「同じ派閥政党政治家発言かば政治家」と全く同じ物言いだね

百歩譲って当時そういう空気だったとして、今も当時の誤った発言を訂正も謝罪もしていない点についてはどうお考えなんですかねぇ〜


======で、結局======


個別の糞ブクマに返信するのはキリが無いので今日はいったんやめるが

当のxevra大先生はご自分発言に対して訂正も謝罪もしないんですかね?

もっともご本人は他人に対して

全員腹切って死ね。死んでも許されないが

と仰ってるので、まさか自分だけは訂正したり謝ったりした程度で許されるとは思っていないでしょうがねえ〜

口先だけは達者で自分責任は一切取らずにダンマリ決め込む、本当に恥知らずゴミだということは無いですよねえ?

しっかり運動瞑想睡眠して野菜350グラム食ってから考えてくださいな

2018-08-13

ほもだちんこ

20年前の話だ。

マカオリズボアホテルは、確か中央カジノがあり、

外周が円形の通路になっていた。

通路の外側は洒落ブランドの小店舗質屋だったかな。

その通路をぐるぐる歩いていると、耳の後ろから女性に声をかけられたり、

手を軽く繋がれたりする。娼婦の人だ。

んで、簡単に言うと国境隣の中国珠海から週末、

女子が友人と連れ立って外貨を稼ぎに来てるんだけど、

リズボアで部屋をとるのはその通りだとして、

二人で来てダブルの部屋を借りるのも致し方ない。

小柄でキッチュな小娘に、ほいほいついて部屋に行くと、小太りで目が細くまっすぐ中身を刈り上げた、

いかにもなおじさんがバスタオル巻いて立っていた。

シャワー浴びてベッドの枕にもたれるとひんやりして、小娘の肌もひんやりしていた。

んで、おちんちんおっきしたときに片方が浴室に行って、電話かなにかかな、

こっちの娘も「Wait.」と言って浴室に行って、

手持ち無沙汰に半立のちんこを横にぶるんぶるん振ってたら、

横のおじさんもだった。

いま思い出してみたら、それはまるで「ホモビデオ」のようだと気付いて、益田投稿

おじさんに「After, Exchange.」って言ったら「OK. OK.」とニンマリとしてくれた。

相手の娘は田舎臭い娘だったけど、Hentai日本風俗店のように遊んでやった(ふつー海外ではそっけなく、して終わり)。

おしっこにとトイレに行くと、「私も」と、小娘と並んで立ちションをした。

中国小娘は洋式トイレ立ちションをする。脇毛は剃らない。

2020年のオリンピックはさておき、

仕切り壁のないソープランドとか無いかな。

ハプニングバーは違う。24会館も違う。

爪を噛むな、手を洗え、パンツは替えたのか。

2018-08-09

医者増田を書いてわかったこ

東京医大の女子減点問題について、いち小児科医が思うこと

優秀な医者とそうでない医者の違い

を書いた増田です。すいません、この2つですが、書いたのは実は同じ増田です。


どのくらい反響があるかを前の増田の影響がない状態で見てみたかったので、2つめはあえて文体を変えて書いてみました。

ばれるかなと思ってドキドキしていたので、今のところ同一人物じゃないかという指摘がなくて良かったです。


今回、東京医大事件によって、医療界が抱えている大きな歪みが一般の人の前にも明るみに出たので、いい機会だと思って普段なんとなく考えていることを文章化してみました。

読み返してみると2つとも無駄に長いですね。

現代医者の性かもしれませんが、できるだけ状況を丁寧に説明して相手選択してもらうような考えが染みついてしまっているので、ぐずぐずまとまりのない文章になってしまいました。

まぁ、もともとまどろっこしい性格なのですが。

こんな長い文章なのに、多くの人に読んでブックマークしてもらってうれしかったです。

あんなにたくさんの増田がある中で拾われるなんて、増田ウォッチャーの方は本当にすごいですね。


たくさんいただいたブックマークコメントを読んで感じたのは、やはり医療現場の外にいる人に医療現場のことをわかってもらうのは難しいということです。

別にすべての人にわかって欲しくて書いた訳ではないですが、中にいる人間としては、そんなに単純な話ではないんですと思うコメントもたくさんありました。単純に私の伝える力がヘボいだけかもしれませんが。

その現場の中にいる人にしかからない空気感があるというのはどの分野でもある程度同じだとは思いますが、病院はどうしても病気の人と病気を治す人という特殊かつ閉じられた環境になってしまうので難しいです。

風通しを良くするために、他力本願で大変申し訳ないですが、こうすればいいという考えを持たれている、他の分野、特にはてなユーザーに多数いらっしゃるであろうITエンジニアの皆様におかれましては、ぜひ病院という環境に飛び込んで、自分の分野を活かした医療環境改善プラン提案していただきたいものです。

ニーズは非常に高いので、ビジネスチャンスはたくさん転がっていると思いますし、なにより実際に環境改善されれば現場人間に非常に喜ばれると思います

さらに、現場環境改善はそのまま患者さんに提供する医療の質の向上につながります

みんな大喜びです。

可能であれば医師から何か提案したいところなのですが、医師特にマネージメントに関わるような立場にある医師は、結局その技術で何ができるのかと言うことまでキャッチアップできていないことが多いので、そもそも活用法を思いつきません。「IT活用して何とかして」とか言われたらみんな困るでしょう。

医療者がAIも含めたITリテラシーを高めるのと合わせて、IT側もビジネスチャンスと考えて積極的医療に関わり、その高い技術力を活かしてもらいたいものです。


偉そうなこと言ってないでお前も何とかしろよと言われそうですが、卒後10年弱で中堅に入りかかった程度の小児科医としては、増田を書いて少しでも理解裾野を広げることと、自分の周りの環境を何とか良くする程度しかできることがないのがつらいところです。

早く偉くなって自分の影響力が及ぶ範囲を広げたい。


最後に、前2つの記事ではできるだけフラット立場で読んで欲しかったので、自分の考えをあまり書きませんでしたが、「結局増田解決法についてどう考えるの?」というコメントをいくつかいただいていましたので、自分の考えを書いておきます

前もって断っておきますが、例のごとく非常に長いです。すいません。


医学部入試について>

今回の事件に限らず医学部入試に黒い噂がつきものなのは大学医学部医学科に入学した人のほとんどが医者になるという現状が原因で、これが諸悪の根源です。

まり入試不正をなくすためには、ほぼ入学ゴールという現状を変えなければいけません。

すなわち、医学部入学者を増やして医師教育入り口である医学部入学の門戸を広げて、代わりに国家試験という出口で医師の数を調整する、という方法です。

大学医学部に入れたところで医師になれるかどうかはその後の自分次第なので、不正をしてまで入学するメリットは大幅に減ります

出口を国家試験にしてしまえば試験による不正基本的には起こらないはずです。(このご時世なので何があるかはわかりませんが)

現行のペーパーテストのみの国家試験をより実践的なものに変更する改革と合わせれば、現場に出る医師レベルもある程度保証できるはずです。

国家試験受験者の大多数が合格できる試験でなくなり、さらにより実践的なものになれば、各大学間で合格率に大きな差が出ることになると思いますし、大学間での競争活性化されて問題のある大学は淘汰されていく流れになるかもしれません。学生競争さらされてしっかり勉強するようになるでしょう。

さらに、医学教育の出口で医師の人数を調整することにより、入り口で調整している現在より速いスピード医師需要の増減に対応できるようになります


問題点としては、医師になる教育を受けたのに医師になれない人が多く発生することです。タイミングによっては、氷河期みたいな現象が起きてしまうかもしれません。

医学生にとっては、大学に入ってしまえばほぼ医者になれる現状に比べてかなり厳しい状況ですが、世の大学生や大学院生たちは、就職においてかなり熾烈な競争を行っているようですので、現状が甘やかされすぎです。

ただ、医師になれなかった学生の受け皿は必要です。医師に準ずる知識技術を持った非医療職というのはある程度の需要があるとは思いますが、どこまで一般企業などがそういった人材を、しか国家試験に落ちてしまった人材を欲してくれるかは疑問です。

医師みたいな資格を作って病院で働くというのも一つかもしれませんが、どういった制度設計にするかは十分な議論必要です。

とにかく、国家試験に落ちてしまってもすべて自己責任としてしまうのは今の日本ではちょっと受け入れ難いと思いますし、この辺りは検討余地が多数残っています

他の問題点としては、やはり大学負担が増えることでしょうか。

大学時代によく言われたことですが、医者を一人育てるのにはお金を含めた莫大なコストがかかっているそうです。

国公立大学言わずもがなで多大な税金が投入されていますし、私立大学でもある程度は学生授業料でまかなわれているものの、少なくない税金が投入されています

その税金を、医師教育として医者にならない(なれない)人のために払うべきなのかというのは議論が分かれるところだと思います

国公立大学でも学生負担を増やすのは一案だと思いますが、結局お金持ちしか医師になれなくなっては本末転倒ですし、アメリカのように借金してでも大学に入ったのはいものの、最終的に医者になれなかったのでは救いのかけらもありません。

つの時代お金の話は悩ましいものです。

また、お金だけでなく人的なコストも増大します。

現状では大学教員診療教育研究を一手に引き受けており、学会活動なども含めて多忙を極めています

ただでさえ手薄な教育なのに、これ以上にリソースを割けと言われると行き着く先は地獄です。

解決策は大学教員を増員して診療教育研究のうち得意な分野に専念させることですが、そんなことができるお金のある大学日本には存在しないでしょう。

やっぱり先立つものは金です。

国民の皆さんに納得していただいて増税するしかありません。


医師労働環境改善について>

最初増田に書いたように、医師労働環境改善女性だけの問題でなく、今後は男性医師にとっても重要問題となってきます

特別女性が働きやす環境を作る必要はなく、性別関係なく医師が働きやす環境を作れば、その結果として女性もあまり無理なく働ける環境になると私は考えています

そのためには、賢明なるはてなユーザー諸氏と同様に、医師の数を増やし、医師業務を他の職種移譲できるもの移譲し、病棟業務については複数主治医制にすることが基本的には必要だと思っています


この3つのうち根本的かつ最も強力な改善策は医師の増員だと思うのですが、いかんせん現在制度では増やそうと思ってもどうしても10年近いタイムラグが生じてしまます

軍隊みたいに予備役みたいな制度があればいいんですが、医師に関してそんなバッファーを用意できるほどこの世の中に余裕はありません。

増えた頃にはAI進歩によって劇的に医師業務スリム化されていて、既に多くの医師が用なしになっているという未来も想定しておかなければいけないことを考えると、現実的には、今から医師を増やすよりはAI進歩を待つ方が良いのではないか個人的には思います。非常に悩ましいところです。

また、医師を増員する場合は、増員した医師診療科と勤務先が偏ってしまうと増やす意味がないので、国家試験の成績など何らかの形でそれらを制限する仕組みが必須です。

しろ医師を増やさな場合でも、今後の医療においてこの仕組みは必須になってくる可能性が高いでしょう。

これから医師を目指す学生諸君にとってはこれも厳しい話ですが、医者が好きなように診療科と勤務地を選べる時代は終わったと諦めるしかありません。


医師の増員についての問題点は、やはり人件費です。

業務量の減少に合わせて個々の医師給与は減ることになると思いますが、総量規制で「人数を倍にしてやるから給料半分な」というのはさすがに厳しいですし、それなりの人件費の増加は免れないでしょう。

また、上にも書いたように医師を増やすことで大学の育成のコストも増加します。

やっぱり先立つものは金です。

私の給料が減ることについては生活に困らない程度までは我慢しますので、国民の皆さんにも納得していただいて、増税のうえ健康保険料の値上げと医療費の自己負担割合を上げさせてもらうしかありません。


医師業務を他の職種移譲することについては、現在も徐々に進んできていると思いますが、現在既に忙しく働いている医療者に業務移譲しても仕方ないので、やはり追加の人員を確保することが問題となります

医師を雇うよりは人件費は抑えられると思いますが、日本全体で考えれば結構人件費の増加になるでしょう。

また、処置にせよ事務仕事にせよ、医師負担を減らせる程度までの業務移譲するためには、相手にもそれ相応の医療知識技術必要です。

その教育や育成にも金銭的・人的コストがかかります。やはり先立つものは金ですね。

カネカネ言い過ぎて、賢明なるはてなユーザー諸氏に「医療現場問題は放っておこう」と思われないか心配になってきました。

とは言え、退院マリを書けるくらいの医療知識と高い事務能力を備えた人材がいれば、病院においては引く手数多だと思うので、そういった人材を育成して派遣する会社を作れば儲かりそうです。実はビジネスチャンスなのかもしれません。


複数主治医制についても基本的に賛成です。医師がある程度安心して病院を離れるためには必要制度だと思います

ただ、患者さん側の理解必須です。

主治医団のメンバーすべてが同様の能力を持っている訳ではないこと」、「チームのメンバーのうちA医師にはできることがB医師やC医師にはできないこともあること」、「緊急時を始めとして常に望む相手診療が受けられるわけではないこと」。

理性的はてなユーザーの皆様には理解しがたいことかもしれませんが、この当たり前とも思えることを納得して受け入れてもらうことすら難しいのが医療現場の現状です。

2つめの増田に書いたシチュエーションはほぼ実話で、同じようなことは重症度は違えど年に数回は起こります複数主治医制での別の主治医とではなく、当直医との間においてですが。

もちろん、実際の状況はあんなに単純ではないので、自分主治医側の場合もあれば当直医側のこともあります

私は小児科医なので、実際に起こっていると言うことは、あの場で急変しているのは子どもです。生後1ヶ月に満たない赤ちゃんのこともありますし、中学生のこともあります

いずれにせよ、急変した我が子を見て、このまま我が子が死んでしまうかもしれないと言う状況で「これも運だから仕方ない」と冷静でいられる人はいません。A医師を呼んで状況が改善する可能性があるのだったら「A先生を呼んで!」と言わない親は現実はいません。そんな親はみたことがありません。

別にそれが悪いと言っている訳ではありません。自分がその親の立場だったら言ってしまうと思います

ただ、その希望が常に叶えられるものではないことくらいは理解して受け入れてもらうのが、複数主治医制が根付くために必要な前提条件だと思っています

簡単そうに思えるかもしれませんが、現場においては本当に難しいことです。

患者さんやその家族が、多くのはてなユーザーの皆さんのように、正しさのためならC先生我慢するか、と思える方ばかりならいいのですが。

この前提条件が成り立たない状態複数主治医制を実施すると、前の増田に書いたようなことになって、優秀な医師病院を離れられない空気感ができあがりA医師疲弊するだけです。

また、複数主治医制を機能させるためには、どうしても1つの医療機関にそれなりの数の医師を集めなければいけません。

上にも書いたように、医師の増員にはどうしても時間がかかるので、さし当たっては医療機関の集約化を行うしかありません。

中規模の病院を中心に統廃合が行われた結果、中規模以上の医療機関へのアクセス悪化し、患者さん側にはご負担をおかけすることになると思います


医師労働環境改善のための患者さん側の理解という点では、医師時間外の仕事を増やさないように協力していただくことも重要です。

夜間・休日不要不急の受診を控える、平日の日中以外に病状説明求めない、この2点で小児科医の労働環境結構改善すると思います

子ども医療費の自己負担額は多くの自治体でただ同然なので、その受診人件費を含めてどれくらいのコストがかかっているか無頓着な方が少なからずおられます

金銭的・時間的にアクセスが容易だから夜間・休日でもとりあえず受診しておこうという姿勢は、上に書いたように医療費の高騰や医療機関の集約化を通してその容易なアクセス崩壊させ、結果的に自らの首を絞めます

もちろんどうしようか非常に迷った上で受診して、ひどく申し訳なさそうに診察室に入ってこられる保護者の方もたくさんいますし、小児科に関しては子どもことなので、もちろん心配であれば夜間でも日曜でも受診してもらったらいいのですけどね。


AIについて>

AIは将来的に医療の様々な分野において医師業務を助けてくれる存在になると思いますしかAIの素晴らしいところは、いったん開発してしまえば計算機電気さえ食べさせていれば文句を言わずに働いてくれるところです。もちろんメンテナンス必要ですが。

上に何度も書いたように、先立つものは金というこの世知辛い世の中において、人件費がネックにならないのは非常にありがたい存在です。

咽頭画像撮影して、その画像からインフルエンザかどうかを診断するAIを作っているベンチャー記事をどこかで読んだ気がしますが、そういった特定の疾患かどうかを診断するようなAIは実現が間近のようです。

一方で、多くの人がAI診療と言われて思い浮かべるような、患者情報インプットすることで自動的に診断や治療法などをアウトプットしてくれる夢のようなAIはまだまだ実現は遠そうです。

そういったAIを実現するための最大の課題は、我々医師が診察の現場において収集している情報のうち数値化や言語化が難しい情報を、どのように計算機 このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん