「労働力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 労働力とは

2022-05-28

anond:20220528172409

どっちかっつーと

自分の体調の都合で離職を強いられる」ってのは、裏を返せば

他人の都合(育児介護、夫の意向職場労働力調整等)で離職させられずに仕事を続けられる」かつ

自分の体調の都合で離職させて貰える(体調が悪くても無理してでも働き続けないといけない訳ではない)」人に限った話で

そもそもそれが許されない女性が世の中の大多数だったかニッチ過ぎて語られなかっただけだと思う

大多数の女性はそれを語る以前の状況、つまり

他人の都合で離職を強いられる」

自分の体調が悪くても離職できない、家事育児介護も休めない」状況だったわけで

更年期離職の話は、それを語れるくらい「その状況にある(昔であれば「恵まれた」)女性が増えてニッチ存在ではなくなった」と言う事なわけで

ある意味女性の置かれている状況が昔より遥かに改善している事の現れではあるんだよね

勿論だからと言って無視しては良い問題ではないんだけど

2022-05-27

anond:20220527223025

新自由主義者論破していって、マイルドインフレで軽い財サービス労働力が不足している状態を作ることだな。財サービスが足りないから新しい産業が起きる。労働力が足りないか賃金待遇が上がる。

anond:20220527084854

全員が救われる道はないんじゃないか最近は思ってるな

そもそもベーシックインカムしてもインフレが起きてベーシックインカムの額で生活できない上に、賃金ベーシックインカム分下降圧力がかかりさらなる低賃金労働になるんだけどな

MMT勉強して思ったのは結局、経済成長するために失業者を増やすか、失業者増やさず低賃金労働という奴隷を量産するかの2択が現状の選択肢になっていて、この解決策が存在してないんじゃないか?って事なんだわ

普通の人はなんか景気が良くなればみんなが幸せになるって勘違いしてるけど、経済学経済学者でも分かってない奴ら多いんだが)では、景気良くなるとインフレになって、インフレ抑制するために失業者を調整弁にして、そうやって失業者という犠牲を払って物価を安定させていて、この問題解決ができないという課題認識してるわけ

で、日本ってのは失業者を出さない代わりに派遣やら非正規やらで低賃金労働者を出す事で、常に物価ある意味安定させてるわけだ。デフレだ、なんだ言われてるけどな

MMTなんかはJGPという失業者を全員雇用する政策を導入する事で、賃金の底(要は失業者を出さないし、賃金を設定した金額に上げられる。失業者がいる場合賃金の底は0円という考え)が出来るし、物価も安定するとしてるわけだが、そうそう上手くいかねーんじゃねーかなと思ってる

上手くいったとしても今の日本より少しマシ程度だろうな

ブラック企業我慢して勤めなくても良いとなるとは思うけど、でも、それで海外との関係競争がどうなるんだろうとは思う

結局、今よりさら競争力が落ちて、他国から絶対に買わないといけない資源を手に入れるために、より多くの貿易赤字をするハメになるんじゃねーかな?と

結局、MMTの考える中で、現状でマシな国ってどこなの?って疑問もあるし

MMTでは経済成長ってのは失業者という犠牲を出してるからダメだって言ってるんだが、じゃあ、日本の方が良い国なのか。まあ、治安良いし、良い国だと思うけど、でもそれでも苦しんでる人はいるわけで、全員が救われる道なくね?

こうして、日本ダメだと思い、リフレMMTに手を出した俺は、この世には救いがないんじゃないか?という結論に至ってる

そもそも政治とかだとこういう考えにさえ達せず、くだらねー政局に終始したり、意味わからん陰謀論展開する政党がいたりで、もう全く政治に期待していないんだがな


追記

あと、MMTって貨幣ってのは色んなことを誤魔化してて、実物ベースで考えるのが大事的な事を言ってる感じなのよね

からMMT知った当初は実物ベースで考えて、全人類生活できるだけの資源存在してるけど、それが上手く分配できていないだけだと俺は思ってたわけ

でも、なんかウクライナ情勢とかの影響とかみると、あれ?全人類救うくらいの資源なんか存在してないんじゃねーの?って実感したのよな

結局、競争力の差で、経済が強い国が弱い国から資源を奪って、弱い国の国民犠牲にして、労働力を使って、そうやって世の中成り立ってんじゃねーの?とね。そういう残酷現実を誤魔化す役割数字やら貨幣やら担ってるんだよな

数字としてこんな大金を貧しい国に支援してるとかいうけど、結局、それ以上の実物ベース貿易やら経済競争で貧しい国から奪ってんだよな

競争に勝ってるから正当な報酬だって感じでみんな考えちゃうんだよな

MMTJGPが成立するには結局、全部の国で導入して経済成長をやめないと効果出ないんじゃね?なんて事も思う

結局、共産主義的だよな。理想論しかないんじゃねーかな?

囚人のジレンマ的にどこかの国が他国を出し抜いて競争に勝とうとしちゃうから成り立たないんだよな。人類がお互い信じ合うことは難しい

2022-05-26

働くことの無意味さを伝えたい

今の日本社会は終わってる。

頑張って働いても給料は上がらず、税金けが増え続ける。

過酷労働を苦に自殺してしまう人が後をたたない。

なぜ日本はこんなことになってしまったのか、考えたい。

 

日本不景気理由

まず日本不景気理由から話したい。

なぜ日本の景気はいつまで経っても良くならないのか。

その理由日本人が真面目に長時間働いているからだ。

実はこの長時間労働こそが不景気を生み出している。

今の社会の仕組みだと働けば働くほど景気は悪くなってしまう。

普通、働けば景気が良くなるように思えるが、現代社会は非常に複雑になっていてそう単純にいかない。

 

生産と消費のバランス

長時間労働の何が問題なのか。

それは生産量が消費量を大幅に超えてしまうことにある。

ここで言う生産とは労働によって生み出される物やサービスのこと。

そして消費とはその生産された物を購入する行為のこと。

良い社会を維持するためにはこの生産と消費のバランスが非常に重要になる。

当然働くことによって生産が増える。

そしてこの生産と消費のバランスが悪くなることによって不景気を引き起こす。

 

まず社会全体の生産量と消費量がほぼ同じ状態について考えたい。

生産量と消費量が同じ、これはつまり市場で売られている物の量と買われている物の量が同じということ。

企業からしたら販売している商品が全て売れていることになる。

物を作れば作った分だけ売れるという企業からしたら夢のような状態になる。

当然企業は儲かるのでその分労働者の給料も高くなる。

労働者は生産である一方、消費者でもあるので稼いだ給料は消費に回る。

すると企業さらに儲かるので、労働者の給料もまた増える。

このような好循環が起こると、好景気と呼ばれる状態になる。

 

では生産量が消費量を大幅に上回るとどうなるだろうか。

実はこれが非常に困った状態になる。

生産が多いのだから一見良いことのように思える。

かに消費者からすればありがたいことではあるが生産者側からすれば苦しい状態だ。

生産量が消費量より多いということは、売られている物の量よりも買われている物の量の方が少ないということになる。

まり必ず売れ残りが発生する。

販売している商品が売れなければ当然その分は損失になってしまう。

企業からしたらそれだけは絶対に避けたい。

 

売れ残りを阻止するために企業が取る策は主に2つある。

まず一つ目が生産を減らすこと。

そして2つ目が商品を売るためのマーケティング活動を行うこと。

例えば商品価格を下げたり、品質を高めたり、宣伝を行うなどがある。

しかしこのどちらの策も企業にとって大きな負担となる。

商品生産を減らしたり、価格を下げれば当然売上も落ちる。

品質を高めたり、宣伝を行うにも高い費用がかかる。

これらによって企業利益は大幅に減少し、それに伴って労働者の給料も下がる。

 

商品価格が下がったり、品質が上がるため消費者からしたら恩恵を受けることができる。

しか消費者もまた労働者であって、商品が売れないことにより給料が下げられるため、お金がない。

せっかく市場に質のいい商品が出回っていても、お金がないのであれば買うことができない。

これによりますます商品は売れなくなり、企業利益は減っていく。

このような悪循環が起こると、不景気と呼ばれる状態になる。

まり生産量と消費量の差が大きいほど景気は悪くなる。

 

働けば働くほど景気が悪くなる

生産量と消費量の差が大きくなるほど景気が悪くなると話したが、では現代社会はどうなっているのかというと圧倒的に生産が消費を上回っている状況にある。

まり超がつくほど不景気状態

現代はとにかく生産量が凄まじく多い。

これは少し考えれば簡単にわかる。

現代は昔に比べたら遥かに生産能力が高い。

昔は全て手作業仕事をしていたのに対して、今は大部分が機械による生産を行っている。

現代生産能力は昔に比べたら何十倍、何百倍といったレベルで向上している。

 

それにも関わらず労働時間が昔と比べてもほとんど変わっていない。

日本で言うなら一般的会社員は週に40時間、それに加えてさら残業までしている。

この労働時間はおそらく昔からほとんど減っていない。

それどころか下手したら増えている。

これは非常におかしなことだ。

生産能力が向上したのだからその分労働時間が減らなければおかしい。

 

労働時間が減らない理由

それは現代社会では人は働かなくては生きていくことができないからだろう。

生きていくためにはお金必要で、お金を得るためには働く必要がある。

成人していてまだ年金をもらえる年齢に達していなければ働かなくては生きていけない。

生活保護という手段があるものの、若くて健康人間では申請が通らない。

それに生活保護受給している人に対して世間からの風当たりは強い。

親に養ってもらえば働かなくても生きていくことはできるものの、そのような無職ニートと呼ばれる生き方世間から非常に軽蔑される傾向にある。

から少なくとも日本においては経済面世間体的に働かざるをえない。

 

そしてこの働かなくては生きていけないという状態が非常にまずい問題を生み出している。

生産能力科学進歩とともに上がり続けている。

それなのに労働時間が減っていない。

これによって必要以上の異常なほどの生産を行っている。

前述したように生産と消費の差が大きくなるほど景気は悪化してしまう。

現代はこの異常なまでの生産により世界中不景気引き起こしている。

生産が多いのが問題なのだから本当は生産を減らさなくてはいけない。

生産を減らすということは労働を減らすといことだ。

しかし働かなくては生きていけない、仕事尊いものだといった価値観によりみんな長い時間働き、生産を増やし続けてしまっている。

現代のような供給過剰な時代においては、働けば働くほど景気は悪くなり、労働環境悪化してしまう。

から現代において働くこと、正確には長時間働くことは社会を蝕む害悪行為しかない。

 

消費が増えることは絶対にない

生産量が消費量を超過していることが問題なら消費を増やせば良いんじゃないか

そもそも生産が増えればその分消費も増えるんじゃないか?といった意見もあると思う。

実際に日本の政治家や資本家達は消費を増やそうと必死になっている。

しかし残念ながら消費がこれ以上増えることは絶対にありえない。

なぜなら消費をするためにも時間欲求必要からだ。

 

食料を例にすると、人が一日に食べられる量は限られている。

食料の生産が増えたところで人間の食べられる限界量が変わるわけではない。

食糧難が当たり前であった昔であれば、確かに生産が増えれば食べる量も増えたかもしれない。

しか現代肥満に悩んでいる人が多いことからもわかるように、ほとんどの人が食欲の限界まで腹を満たしている。

まりいくら食料の生産が増えたところで消費が増えることはない。

 

例えば町に大きなレストランが出来て、その店がものすごい繁盛したとする。

これだけ見ると消費が増えているように思えるが、実際には増えていない。

このレストランに来た人達レストラン食事をした分、食事の回数が一回減っているわけである

もしこのレストランがなかったとしたら、その人達は自宅や他の飲食店食事をしていたはずだ。

もし自宅で食事をしていたとしたら、そのための食材スーパーなどで購入していることになる。

まりこのレストランができたことによって、他の飲食店食品販売店の売上が減っている。

新しい店ができて儲かったとしても、その分他の店の売上が減るだけであって、全体としては一切消費は増えていない。

 

これは他の業種にも言えることで、例えばある人物旅行に行って、その旅先でたくさん買い物をしたとする。

するとその地域では消費が増えて、お店の売上が増える。

しかしその地域旅行している間、その人が元々住んでいる地域では消費をしないことになる。

もし旅行に行っていなかったとしたら、その人は地元で消費をしていたはずである

仮にずっと家の中にいたとしても、ゲームをするでも本を読むでもテレビを見るでもスマホをいじるでも、何かしらの消費活動をしていたはずだ。

旅行に行ったことによって、これらの消費がなくなっている。

から結局どこかの地域企業の消費が増えたとしても、別のどこかの消費が減っているだけであって、全体としての消費は全く増えていない。

 

かに昔であれば生産が増えればそれに伴って消費も増えた。

昔はとにかく生産能力が低かったので、圧倒的に物が足りていなかった。

生きるのに必要な食料を生産するのに精一杯で、他の物を作る余裕がなかった。

から技術が向上して生産が増えれば、それに伴って消費も増加した。

しか産業革命以降の爆発的な生産能力の向上により、ついに生産量が人々の需要を超えてしまった。

そうなるといくら生産が増えたところで、消費が増えることはなくなる。

 

ここまで消費が増えることはないと書いてきたが、実は増えないどころか消費は今後減り続ける。

その理由は世の中が便利になっているからだ。

最もな代表例はスマートフォンだろう。

スマートフォンはたった一台で数多くの機能を持っている。

電話パソコンゲームカメラ音楽プレーヤー地図、本、辞書新聞

たった一台のスマートフォンでこれら全ての代わりが出来てしまう。

まり買う必要がなくなる。

実際にスマートフォンの登場により多くの産業の消費が落ち込んだ。

もちろんスマーフォンの登場により増加した消費もあるとは思うが、明らかに減少した消費の方が多いだろう。

 

それと製品品質の向上も消費が減少する要因だ。

技術の向上により製品耐久性は上がっている。

まり壊れにくくなっていて、そうなると買い換える頻度が減り、消費が減少することになる。

これらの要因によって消費は増えないどころか、今後減り続ける傾向にある。

 

この「消費が増えることはない」という事実経済対策をする上で絶対に頭に入れておかなくてはならないことだ。

しか日本の政治家達はこの事実に気づいているのか気づいていないのかは不明であるが、とにかく消費を増やすことしか頭にない。

絶対に増えることのない消費を増やすために莫大な税金労働力を投入している。

このままの状態が続くと社会はどんどん歪になり、やがて崩壊してしまう。

 

不毛な消費の奪い合い

現代生産量が爆発的に増え続けている。

しかし消費が増えることはない。

まり圧倒的に供給過剰の状態にあり、消費が不足している。

現代はこの不足している消費を世界中企業が奪い合っている状況だ。

そしてこの消費の奪い合いはあまり無意味で、不毛しか言いようがない。

 

わかりやすいように一つ例え話をする。

業績不振に苦しむ食品会社Aがあった。

A社は現状を打開するためにコストカットを行って商品価格を下げ、積極的宣伝活動を行った。

これらの企業努力が実り、A社は売上を伸ばすことができた。

しかしこうなると困るのがA社と同じ食品を扱っているB社である

A社の商品が人気になったことにより、B社の商品は売れなくなってしまった。

このままではまずいのでB社はA社と同じように商品価格を下げ、積極的宣伝活動を行った。

これによりB社は売上を元に戻すことができた。

しかしこれによってまたA社の売上が落ちてしまった。

 

こうなると結局元の状況に戻ってしまい、A社とB社が行ったマーケティングが完全に無駄ものになっている。

当然これらのマーケティングにはコストがかかっている。

価格を下げるために従業員給料を抑えたり、宣伝するためにも多額の費用がかかる。

しかしこれだけコストをかけたにも関わらず何の成果も出ていない。

このような無意味不毛競争世界中のあらゆる企業間で行われている。

 

そしてこの消費の奪い合いの犠牲になるのが労働者だ。

企業ライバル企業に勝つために労働者に負担を強いる。

顧客に対して過剰なサービス要求したり、長時間残業をさせたり。

これらによって労働者はどんどん疲弊していく。

そして一番悲しいことがこれらの働きにって労働者が報われることはなく、それどころかさらに悪い状況に陥ってしまう。

社会全体として消費が増えない以上、一つの企業努力により売上を増やしたとしても、その分他の企業の売上が落ちる。

売上の落ちた企業社員さらに厳しい労働要求するようになる。

このように苦労して働けば働くほど労働環境悪化していく。

 

熾烈な企業競争メリットがないわけではない。

製品サービスの質が高くなるので、当然消費者からすれば恩恵を受けることができる。

しかし多くの消費者労働者でもある。

多くの労働者は企業競争により給料を下げられ、長時間労働を強いられているため、金も時間もない。

せっかく質の良い商品が売られていても、それを買うための金と時間がない。

 

このような悪循環が今の日本で起こっている。

そしてこのまま何の策も打たないとさらに状況は悪化していき、取り返しのつかないことになってしまう。

 

労働時間の短縮が不可欠

ここまで現代社会問題点について話したので、ここから改善策についにて話したい。

働きすぎによって生産が増えすぎているのが問題

そして消費が増えることは絶対にない。

となれば取るべき方法は一つしかない。

生産を減らすこと、これが唯一の解決策だ。

生産を減らすということはつまり労働力を減らすということである

労働力を減らすためには主に2つの策が考えられる。

 

まず一つ目が法律によって労働時間規制すること。

今の日本でも法定労働時間が決まっており、週に40時間までしか働けないと法律で決まっている。

しかしこの週40時間労働というのが現代生産能力を考えると異常なほどに多い。

現代科学進歩により昔とは比べ物にならない生産能力を持っている。

にも関わらず労働時間が昔とほとんど変わっていない。

これがどれくらい異常なことか言うまでもない。

これに加えて日本人の多くは長時間残業をしているのだから目も当てられない。

 

では現代ではどれくらいの労働時間が適正なのか。

これは非常に難しい問題なので正確には言えないが、現代生産能力を考えれば半分の20時間にしても多いと思う。

週に10~15時間くらいの労働時間が適正なんじゃないかと思う。

そんな短い労働時間社会が回るはずがない、と思われるかもしれないが何とかなるんじゃないかと思う。

その理由については後述する。

 

2つ目の方法が毎月国民全員に定額の給付金を与えて、働かなくても生きていける環境を作ること。

この方法は近年話題になっているベーシックインカムという制度だ。

例えば月6万円などの人間ギリギリ生きていける金額を毎月国民全員に支給する。

これによって人々は生きていくために無理して働かなくてもよくなる。

 

これらの策によって労働力が減り、生産と消費のバランスが緩和され、景気が良くなり、労働環境改善されることが期待できる。

https://anond.hatelabo.jp/20220527000129

に続く。

転職できない。もう疲れた

コロナになって非正規仕事しながら就活をしている。かれこれ90社くらい落ちている。もう疲れた。吐き出させてほしい。

スペックと背景、今やっていること

40代の女だ。

これまではほぼ正社員だったが、リストラ家族引越しなんかの理由も含め、転職回数は多いほう。今は「辛うじて収入ゼロではない状態であり、薄給貯金を食いつぶしてどうにか生きている。当然リミットはある。最近持病で入院したりもして、空白期間である始末だ。今後の医療費も稼がないとならない。

ハロワも行って担当さんについて貰って定期相談している。応募書類見直して貰った。転職サイトも複数登録した。そこから求人メルマガにも目を通している。隙あらば普通に検索して求人を探している。友人知人にも仕事探していると伝えている。

エージェント派遣会社登録したけど無理そうなので放置。年齢が高い、経歴が多いと歯牙にも掛けられないからだ。

公的氷河期支援正社員経験者だと受けられなかったりする。氷河期対象公務員試験は受けたが、自分のような無能が上位極少数の上澄みになど残れるはずがなかった。

今のスキルだけではどうにもならないので、別分野の勉強もしている。ただし習得には年単位がかかる。学んだところで高齢業界経験者が出来上がるだけかもしれない。面接では「向上心があるのは結構なことですが…」などと皮肉を言われたりする。よく言われる「意欲があれば年齢なんて」など、ただの美談に過ぎない。現実はこんなものだ。キャリア一貫性とやらから見ると邪道なのだろう。が、スキルひとつでは現に食い詰めているのだ。

企業の反応

やれる仕事はなくはないが、生活出来る給与水準仕事につけない。食べていけなければ現状と同じなので、こなせるだけではダメなのだ。歓迎されるのは、今までのスキルを安い労働力として使いたい企業だけ。「この分野には投資してないんで」とか「複数職種正社員募集ですがあなたの応募したこ職種だけはまず非正規です。正社員登用制度はありますよ(ただし条件無理ゲー)」とかさ。未経験は応募しても全く通らない。年齢だろうな。

悩み

あと何をすれば世間に認めて貰えるのだろう。何をしなかったら良いのだろう。わからいか自分ダメなのだろう。

生きてるだけで年齢と職歴という罪状が積み上がっていく。自分は悪いことをしたんだろうか。どうして他の人は生きられるのだろうか。その差は何だったのか。考えても答えはない。疲れた

更に生きているだけで損失も膨らむ。新卒時に入った生命保険の死亡保険金、この先自分が生きても同額稼げる気がしない。「死んだ方がマシとはこのことか」と絶望している。いっそ病で死んでいればこの苦しみも家族への迷惑もなかったのではないか。なぜ治療してしまったのだろうと後悔することがある。

ほんと消えてなくなってしまいたくなるが、そんな勇気もないから生きている。

メンタルは病んでいるのかもしれない。「しばらく休んだら」だと? 現状が改善されない限り治らない。もう休息や空白は作れない。これ以上不利になりたくない。金もない。

もう友人知人に愚痴も言えない。ずっと同じこと言い尽くしているから。「悩み過ぎじゃねえの」とかウザがられている。知ったこっちゃないよな、そうだよな。

誰にも言えない。だからここで言わせてほしい。つらいんだ。疲れたんだ。どうにもならないんだ。

2022-05-24

心身共に健康だった奴が老人になって金がないか生活保護ってなんか納得できないところがある。

大病患っていたとか

自然災害資産がなくなったとか

平均余命を大きく超えてしまい金が尽きたとかならわかるけど

70歳とかで金が尽きることがわかっててなぜ貯めておかないんだろう?

労働力不足でどこも人手が足りず選り好みせず働こうと思えば働き口自体はあるはずなのに。

育児義務である理由、「労働力確保」以外にあるの?

子どものいる女性のほうが、幸福度が低い」少子化が加速するシンプル理由

https://president.jp/articles/-/45525

幸福度ランキング

1位 子供なし無職女性

2位 子供なし有職女性

3位 子供あり無職女性

4位 子供あり有職女性

ということで、共働き子持ちの女性」が最も不幸であることが分かりました。

そして2位と3位の順番から仕事負担」よりも「育児負担」のほうが、より女性を不幸にしていることも分かりました。

 

子ども3人いる女性が一番不幸「産むほど幸福度が下がる」育児リアル

https://president.jp/articles/-/46613

幸福度ランキング

1位 子供0人女性

2位 子供1人女性

3位 子供2人女性

4位 子供3人以上女性

子どもの数が増えるほど、女性は不幸になることが分かりました。

女性の年齢、世帯所得夫婦学歴就業形態といった要因の影響を統計的に除去しても、

子どもの数が増えるほど、女性は不幸になる」という結論は変わりませんでした。

 

これだけ子供が不幸の原因であることが分かっているのに、少子化が「問題」とされていて、

子供を作らなければならないという社会圧がある理由は、「将来の納税者労働者がいなくなるから」ですよね。

今の現役世代が、老い年金暮らしになり、要介護になり、現役労働者の足を引っ張るだけの存在になるころ、

現役労働者の数が少ないと、労働力需要に対して労働力供給が足りなくなるからですよね。

 

ネットミソジニスト専業主婦寄生虫。外で働け。2人以上産み育てない女は社会フリーライダーから、外で働きながら2人産み育てろ」攻撃します。

ネット弱者男性女性弱者男性結婚して弱者男性の子供を産め。弱者男性専業主夫にしないのは男性差別と主張します。

経団連賃上げする気はないらしく、弱者男性放置しながら、女性意識改革を行い、弱者男性結婚させ弱者男性を支えさせ、労働出産育児を全部させる必要がある」という姿勢ですよね。

しかしこれらの罵倒ポジショントークに従い、弱者男性の子供を2人産んで、子供2人と弱者男性1人を養いながら、

労働家事育児無賃セックスワークを一手に担うと、確実に不幸になるんですよね。

まり「国のために不幸になれ」って言ってるのと同じです。育てた子供も「納税介護奴隷として国に差し出せ」って言ってるのと同じです。

将来の納税者労働者が足りなくならないよう、女性を再奴隷化して納税者労働者生産無賃であたらせようとしているだけです。

ポジショントークに従っても、弱者男性ATM兼飯炊き女となり、

更に育てた子供も「強者男性×強者女性夫婦からまれ子供たちとの環境格差遺伝子格差は広がるばかりなので、

ガチャに勝った子供たちの「踏み台用の、NPCみたいな子供」にされるだけです。

anond:20220524102020

豊かさの問題かなぁ

貧乏な国じゃあ子どもの時から労働力として使われるし、使えない子は間引かれるし、売られるし

anond:20220524092213

労働力はいくらでも安価に捻出できるって考えて実践ちゃうから労働価値とか生産性なんかが瀑下がりしてる

anond:20220524024830

根本解決にはならないのはそう

コストがかからない労働力として子供を売ったり労役に使ったりできれば昔のように増えるんだろうが

しかし産みたい層すら貧困化させたまま放置し続けて産めない状態と、産みたい層が産める社会保障があるのとでは、天地の差だぞ

2022-05-23

はてブってそういう場所だったの!?はてフェミってそういう人たちだったの!?

”ゼレンスキー氏、男性出国求める請願書に「故郷守ろうとしてない」”のブコメ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASQ5R1SQ2Q5RUHBI001.html

 

zyzy まぁ古来から出産兵役は対なんでこの性的役割にはなってる。何故かと言うと国土は極論そこに属する母体とそこから発生する子孫を国土に属する男性保有する権利の為にあったから。女性には国土を守るメリットない

他、同趣旨ブコメ複数

他、「やむを得ない」「仕方ない」「きれいごとは言えない」等、男性出国(脱出)禁止措置消極的肯定するブコメ多数。

 

戦地ではない安全場所避難して安全に生き続けたい、死にたくない、ていう「自己生命」「自己保存本能」を制約する国家措置って、これ以上ない究極の人権侵害だと思うのだけど、そう捉えない人もいるんだ。

国家がなくなっても人は生きていけて、個人にとっては「死んでしまえばその後に国家がどれだけ永らえようが栄えようが、死んでしまえばそれで終わり。だから俺にとって国家価値は俺の命の価値より軽い。とにかく俺は死にたくない」という人がいてもいいし、俺自身がそういう思想なんだけど、それは認められず「国家を永らえるためには国家権力による個人男性)への死の強要も仕方ない。男は甘んじて受け入れろ。命をかけて国を護れ」て考えの人が、はてブにこれだけ多かったんだ。全体主義のものじゃないか

 

「外部からとやかく言えない」?いや、同じ人間だろ。当事者が「国(戦場から逃れさせてくれ」と要望してるだろ。

ウクライナ人である前に人間だろ。なんで同じ人間としてでなく「あいウクライナ人男性、ワタシ日本人、チガウネ。ワタシ何モ言エナイ」と思考放棄してんのよ。人権てそんなものじゃないだろ。

国家存続の危機の前に国家が取る手段に対して、外国から何も言えない」ならアメリカからいつイラクのように攻撃されるかビクビクしてハリネズミになってる北朝鮮国内全体主義にも何も言えなくなっちゃうだろ。

ウクライナは良い人権侵害北朝鮮は悪い人権侵害か?その違いは何なんだよ。

 

出産兵役が対」で、かつ「兵役強制徴兵制)も仕方ない」のなら、

ウクライナ政府が「女性は国に残って、国家が指示した強い男性兵士と性行して子を産み次世代兵士として育てよ」と徴妊制を導入して妊娠出産罰則つきで強制したとしても、今回と同様に「やむを得ない」「仕方ない」「きれいごとは言えない」て反応になるのかよ。

不妊症子供産む可能性がない女性だけ徴兵されて戦場に送られて「なぜ私たちだけ!」と嘆いても「兵役の対になる出産ができないから仕方ない」で済ませるのかよ。

そんな反応は想像できないんだけど…絶対はてブ批判非難だらけになるよね。

(あと「重度の障碍児や障碍者は、国を護ることができず生産もできず、国家存続の前に負担しかならない。国がなくなれば終わりだから緊急避難として全員強制収容する。生かすのに人手がかかるから少しでも兵士を確保するため労働力にならない者から処分する。」も「やむを得ない」になっちゃうよね。ナチスのように。)

 

徴兵制」と「徴妊制」のどちらも肯定するか、どちらも反対するなら筋が通ってるけど、前者に賛成しつつ後者の導入となると「それは酷い、女性産む機械いか、やめろ」と思っちゃうでしょ。いや、男性だって「戦う機械」じゃないから。死にたくない一人の人間から

結局のところ、女性貞操性的自由よりも、男性の命のほうが軽いと。

そうでないと今回の反応の理由説明できないよね。

「徴妊制」まで行くと極端な考えだけど、「出産兵役が対」なのであれば、

「男女ともに徴兵前線に行かせる。ただし妊娠している女性だけは、子を出産し立派な兵士に育てあげるまでの期間は徴兵猶予する」て制度くらいは導入しないと「平等でない」と思うけどな。

さらに言えば、生まれた子を優秀な兵士にするため、ポルポトのように親元から引き離して集団兵士として育てることだって国家滅亡の前ではやむを得ない」「仕方ない」「きれいごとは言えない」で肯定できちゃうよね。)

片方の性にだけ命の危険強制することを是認して、もう片方の性には何も強制しないのを良しとするって、結局は性差別主義者だよね。

 

国家滅亡の危機からといって、女性強制的に妊娠出産させて兵士生産装置にするのは許せない、ひどい人権侵害だ。

戦力や労働力にならない障碍者絶滅収容所に入れるのも許せない、ひどい人権侵害だ。

優秀な兵士を増やすため子を強制隔離して国家洗脳教育ポルポト集団養育するのも許せない、ひどい人権侵害だ。

だけど成人男性安全地帯へ逃げたいと言っても避難禁止したり、成人男性だけを本人の意思に反して強制的に軍隊に入れ戦場に送って人を撃ち殺させたり、撃ち殺されたりさせるのは「仕方ない」「やむを得ない」「きれいごとは言えない」だって

こうやって並べてみると、どれだけ「男性生命に関わる事だけが"仕方ない"で切り捨てられ、男性人権が軽視されてるか」がよくわかるね。それをやってるのがはてフェミなのよ。

  

人権軽視の全体主義者で性差別主義者、最低やん…

anond:20220523021840

論理的なことを言えないから、今度は個人への八つ当たりに切り替えた?

上限関係とか下請けとかの話ししていないのに、わざと逸しているのウケる

その理屈は、ファストファッションブランドが遠い異国の地の子供による安価労働力故に成り立っていることを批判してから言えよな

日本は満足に飯が食えないけどギリギリ低賃金で働いている子供若い労働力搾取して、自分たちのために安い製品を大量に作っている事実を知っているか

産休育休がどうのってはそういう大きな問題解決してからいいなよ

いまの君の理屈だと「俺は結婚大企業に入る能力もないか産休育休に入ってる連中が妬ましい」としか聞こえない


君の個人的な感情をぶつけるならキャバ嬢にでもいえばいい

職場に、外国人実習生がいる。外国人実習生が配属されている係の係長が、「日本語を学びに来たというより出稼ぎに来たみたいだ」と言っていた。

さらそれを言うかい外国人技能実習制度は、正面から移民を受け入れたくない日本政府が、それでもほしい外国人労働力を得るために作った裏口。最初から出稼ぎ目的の人が来るに決まってるじゃない。ニュース見てなかったの?本当に「実習」目的だと思ってるならおめでたすぎる。

2022-05-22

弱者男性少子化を盾にするのをやめろ

少子化を盾にあてがえ論を展開する弱者男性がいるけど、強者男性別に少子化になっても困らないのよ。

将来真っ先に切り捨てられるのは弱者男性から

それに労働力不足は移民解決するしね。

少子化うんぬんで始まる話は1から100まで弱者男性ポジショントークなんだよね。

興味ないのでもう話さないでください。

2022-05-21

日本労働賃金が上がらないワケ

俺は製造業自動車メーカー下請け)の管理職

ウクライナ上海ロックダウンなんかで、自動車メーカーが稼働を止める。

その影響で我が社も稼働を停止するから、売上減はもちろんの事、給与を削らざるを得ない。

一定の国から助成金活用するが、全体的に給与も落ちる。

一番、びっくりしたのが、社員文句を言わない事だ、少しは愚痴るが、以前の様に詰めてこない。

景気が良かった時には、もっと給与を上げろと声を荒げる人間もいたが、今はあんまり言ってこない。’

なんで?おまえら、これじゃ生活出来ないって愚痴ってたんじゃないか

まぁ良いんだけど、あんまり言って来ないから、お客(自動車メーカー)にも競業他社も値上げ要求はしていない様だ。

俺は思った。切られる事が怖いんだと。だから賃上げや値上げ要求をしないんだと。

けどね、労働力は足りてないし、人が居なくなったら困るんだ。

アメリカでは労働者賃上げ要求をするから資源費、人件費インフレ率が凄いが、日本資源費だけしか値上げしない。

もうこれは国民性なんだろうな。もっと我が国民は声を荒げて企業賃上げ要求をするべきなんだよ。

国じゃない。みんなの意識だよ。

益々、海外と差が開いて、資源高に我々の生活が追いつかなくなる。

なんで、政治家とか論客の人は、その事を声高々に言わない。NHK社会の仕組みを伝えないんだろう。

バカなんかな、日本人。

anond:20220521062202

そういう人には「それならあなたが雇えば良い、使いこなして労働力にしてみんしゃい」と言いたくなる。

一緒に働いてるともう労働というより介護に近い状態になるのにね。

ていうか結局病んで障害年金やら生活保護やら受給することになるんだから税金は使われるんだけどね。

anond:20220521062010

税金無駄遣いするなと怒る人が多く出てくる

そんなやつらでも労働力になる場所があるはず、自活させろと

2022-05-20

国民に余計な知識はいらない政治家 VS ジェネラリスト国民がほしい政治家

三角関数なんかいらないってタイプ政治家いれば、三角関数ひいては統計プログラミング英語文系でも理科2科目出来るジェネラリストとなり、知的成熟度が高い労働力提供してほしくて共通テストに詰め込みまくっている政治家

対立があるよね。どっちも国民には安くて使える人材に育ってほしい〜って気持ち共通してるんだろうけど、出てくるもの真逆

2022-05-19

anond:20220519101536

昔は核家族母親専業主婦がいるのが当たり前

今は低学年は学童、高学年は塾行くのが当たり前

でもブクマカ内だと昔は祖父母同居で祖父母が家にいるのが当たり前だったらしいよ?って話だろ

しか母親専業主婦当たり前、らしいんだよな

実際はそんな家昔だってかなり少なかったと思うんだが

突っ込んでる人もどっかにいたけど、兄弟多い昔は親と同居出来るのはそのうちの一人だけで残りは核家族形成してたし

専業主婦ってのは核家族が多い(共働きだと子供の世話する人がいないが子供放置生活はしたくない、となると必然的専業主婦になる)都会の中流以上に多い形態

地方や下層だと嫁は労働力扱い(かつ子供放置)だったし

2022-05-18

anond:20220518225426

英雄ジレンマってのがあるから人手は大正義なんやで。

ググってもページを出せなかったのでざっくり説明すると、100人分働ける超人1人が居たところで、食事睡眠などの働けない時間や移動してる時間にはどんな超人労働力ゼロになってしまうというのと、そもそもその超人が動くと10人分働けば済むというシーンでも100人分のリソースを投じることになるんや。

じゃあその10人は別に雇えって考えも出るかもしれんが、それでは110人分のコストが要る。(賃金能力から換算される年俸制だとでもして考えてくれ)

なら始めっから100人分の超人なんかより凡人100人の方がよくね?って事になる。

まぁ長くなったが、要するに代替不可能超人より代替可能大勢の凡人の方が安定するしアーマードコアの新作が出るって話だ。

2022-05-17

anond:20220517233329

結婚お金持ちだけの特権しま貧乏人は労働力としてだけ生きてくださいって方が差別から、そこを気にかけたほうがいいのでは?

anond:20220517233329

結婚お金持ちだけの特権しま貧乏人は労働力としてだけ生きてくださいって方が差別から、そこを気にかけたほうがいいのでは?

2022-05-16

一人で歩いている中年おっさんには近づかないのが常識護身法になっていくだろう

氷河期就職難、未婚の40−50代、30年間のデフレ給料も上がらず

質素に生きてきたおっさんたちが

ここから10年くらいは

年代労働力不足とインフレに引っ張られて

どんどん給料が上がっていく20代とかを見て過ごすことになるだろう。

物価が物凄いスピードで上がるから

「え、お前のところ新卒で40万しか貰えないの?」みたいな会話も遠からず出てくる。

なんかやばいおっさんが各地で大量発生しそうだよね。



追:誤字修正

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん