「労働力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 労働力とは

2018-11-17

死を忌むのはなぜなの?

世間のみなさんが、それほど生きる喜びに満ち溢れてるようにも見えないんだけどな

政府ポジションなら税収低下を忌むし、経営者ポジションなら労働力低下を忌む、というのは理解できる

ただ、一般市民の皆様にとって、日々の生命活動希求するほどの価値を置いているように見えない

にもかかわらず、なぜ死を忌むのは一般化しているの?

anond:20181117122031

人身売買っぽすぎるのと、最低賃金割るの、あと帰国できないのはNG

最低賃金割るのは舐めてるよな

外国から労働力入れたいならちゃんとした移民政策をとって、新たな日本人として迎え入れる覚悟は欲しい

2018-11-12

死にたい」にどう対処しますか?

率直に言って、死にたいです。

こう言うと深刻だろうとお思いになるでしょうが

これを読んでいるみなさんも程度の差はあれど死にたみを抱えて生きていると思います

私は数ヶ月前に仕事を辞めました。会社のお偉方は取引先への背信行為を平気で行い、内部告発をした私を追い詰めました。

上司はもれなく全員保身を選び、人としての正しさよりヒラメ社員であることを選びました。近くで一緒に頑張ってきた係長のあの人も。(私は一般社員でした)

何年も勤めた会社は、自分から「ごめんなさい」が言えない集団だったんです。ひどい話です。

自分も見て見ぬふりをしていれば仕事を続けられたでしょうが、そんなふうに鈍感な人間に成り下がるなんて御免こうむる!

そう思い、急いで会社を離れました。

そんなふうに絶望しながら無職になった結果、社会への不信感が確固たるものとして私の心をえぐりました。

生活を立て直そうと就職活動をしてみますが、前職での経験を振り返らざるをえず、その度に体を流れる水が濁るイメージでいっぱいになります

(また就職しても、他人が傷つくことを何とも思わない人間のための労働力になるだけなのでは…)

(また働いても、そういった輩の思惑にはまらなければ権力を振りかざした人間一方的排除されるのではないか…)

そんなことばかり考え、思い悩み、就職活動は捗りません。アルバイトを始めることすらできません。

そうして時間ばかりが過ぎてゆき、少ない貯金がジリジリとなくなってゆく現実を前に心が憔悴しているのです。

また就職をして前の会社で私のことをおとしめたやつらのような人間奉仕して日銭を稼ぐことが生活を続けるということであるのなら、死んで誰の助けにもならない結末を選んだ方がいいのではないかと考えるようになりました。

努めて客観的に見れば極端な考え方だというのは分かっています。でも、そういった考えを払拭できないほど「死んだ方がいい=死にたい」という気持ち脳みそに強く根づいてしまっています

これが、私の「死にたい」です。

はじめに述べたように、誰でもある程度の死にたみを抱えていると思います

から問いたい。

みなさん、「死にたい」にどう対処していますか?

ひどく落ち込んでいる人に「頑張れ」が基本NGワードなのは広く浸透したように感じます

学校いじめを受けた人に「逃げてもいい」「無理して学校に行かなくてもいい」という価値観を持って接することについても同様だと感じます

そういうふうに、死んでしまいたいと思うほど病んでしまった人に、どう接してあげたらいいんでしょうか。

私は、私にどう接してあげたらいいのか分かりません。

深夜に↑の書き込みをしたけど、「君は分かっていないだろうが、自分は分かっている(気付いている)」というスタンスで私のことを変に分析したコメントを投げる人が多くて反吐が出て消してしまった。心から好意コメントした人もいたかもしれないのにごめんなさい、という気持ちで再掲です

結婚に向いていない男性に向けたメッセージ

「夫が定年したら離婚を考えています。夫の年金って、妻が半分もらえるんですよね?」 https://precious.jp/articles/-/8510

人気のブコメをいくつか抽出:

でもまあ、時代的にも事実上旦那さんが仕事に集中できたのは奥さん内助の功みたいだし(奥さん談ではあるが)妥当では?

まあ子育てのためのプロジェクトチームプロジェクト終わって解散したと考えると妥当

労働力再生産や育児を妻に任せきりで働けていたのに「年金横取りとかちゃんちゃらおかしい。

あなた価値観がどうであれ、世の価値観はこのような感じなのだ。これに反発を覚える男性結婚に向いていない。幸い 結婚させようとする社会的圧力は低下傾向にあり、家事労働も道具の発達で軽減されているので、生涯未婚という選択肢も十分現実的だ。かくいう私もその一人に挙げられる。

ミソジニーをこじらせるのも結構だが、価値観対立する場面は 視野が広がるチャンスだ。少しだけ冷静になって自分生き方・考え方をよい方向にできないかを考えよう。

役割分担と謙虚

「二人とも働いて、家事も半々で」みたいなノリは必ず破綻する。家事育児に関連するあれこれを完全に半々にすることなんてできっこいからだ。「どっちかが得しないように全部半々。これで公平でしょ」という価値観対立を生むだけだし、均衡する領域が非常に狭く、環境の変化に対して脆弱な かりそめの安定をもたらすだけだ。

そこで、二人の間で役割を決めるという発想になる。昭和的な価値観では「猛烈リーマンの夫&専業主婦の妻」という役割分担があり、最近価値観では「共働き夫婦家事育児を分担」という分担が一般的になっている。程度の差こそあれ、役割分担を選択するということは、数あるタスクへのコミットメント具合が夫婦間で異なることを意味する。「お金を稼ぐ」というタスクに対して夫が400万円のコミットメントをし、妻が200万円のコミットメントをするという事態は不当ではないのだ。同じく、「幼稚園児の送迎」というタスクに対して、夫が週 1回のコミットメントをし、妻が週 4回のコミットメントをするという事態は不当ではない。

タスクごとに夫婦間でコミットメント具合が異なることを受け入れ、安定した共同生活を営むために必要なことは何か?もちろん、不公平がないようコミットメントの総量が同程度になるよう調整することは大事だが、どうせ、そんなことはできっこない。一番大切なのは、お互いを信頼し、尊重することだ。「確かに俺の方が稼いでいるけど、奥さんはその分面倒な町内会活動をやってくれているし、俺より生鮮食品を安く手に入れる術を持っている」とか、「夫は送り迎えをしてくれないけど、買い出しの際や終電を逃したときにすぐに車を出してくれる」とか。

それでは、このように、お互いを尊重することを阻害している要因はなんだろうか?そのうちの一つとして、価値観の狭さがあげられよう。自分コミット過大評価し、相手コミット過小評価する。「俺は稼いでやっているのに」とか「家事の大変さがわかってないでしょ」などの典型的夫婦喧嘩はこれに起因する。もちろん、価値観の近い相手パートナーに選ぶことはこの問題を軽減させることに寄与するだろう。しかし、このズレは累積して破滅的な結末を迎えることも少なくない。

結局、謙虚精神必要なのだろう。「自分には価値が見いだせないがあの人は一生懸命やっている。きっと私にはまだ十分感じることができない価値があるのだろう。その判断尊重して、今ある不満をぶつけるより事態の推移を見守ろう」。男性には結構独善的な人が多いので、いか謙虚になれるかというのは一つのカギだろう。自分のモノサシを絶対化せずに、相手のモノサシの価値を認めるということだ。

幸せになるということ

あなた幸せになる権利がある。だがその一方、幸せとは何かについて深く考えているだろうか?

日々の仕事忙殺されると、「とりあえず金稼ぎたい。稼げれば幸せになれるっしょ。」「この金をどう使えば楽しいだろ。旅行?メシ?ゲーム?」といった短絡的な思考に陥りやすい。まあそれを否定するわけでもないが、その価値観いつまでも続けられる?とは問いたい。自分幸せになるという課題に対してもう少しの熟慮してもよいとは思わないだろうか。そして、「普通の」人間にとって幸せ生活には結婚という家族形態が伴うことが多いのも事実だ。

あなた、本当に結婚しなくていいの?結婚をしなくて幸せになれますか?

結婚に向いていない男性に向けて

私は、仕事が嫌いで、自分が一番頭がいいと思っていて、社会性を獲得しきれずにおり、お金が一番好きで、家事になんの価値も見出さず、子供が嫌いだ。若いころは性欲ドリブンで結婚をしようかと思ったこともあったが、30も半ばを過ぎて落ち着いた今は結婚をしていなくて本当に良かったと思っている(もし結婚していたら、相手も全く同じことを思っていただろう)。

だが、それとこれとは話が別だ。結婚に向いている男性というのは、同時に対人関係が良好な男性という側面もある。結婚しなくていーや、という単純な話ではなく、社会で上手くやっていくために、結婚に向いている価値観を身に着けたり、身に着いているフリをすることは大事だと強調したい。

2018-11-11

anond:20181109132226

労働力が足りなければ、賃金が上昇する。あるいは、設備投資をして、労働力代替にする。それによって好景気の循環を作っていくのが正道。

宅配便も単価を上げて高い給料にしてのサイクルが生まれ解決しつつあるじゃない。

外国人労働者を入れたらせっかくの労働賃金が上がるサイクルや、設備投資して生産性のいい機械を入れる循環が潰れてしまう。

景気の上でも害悪

2018-11-09

anond:20181109131831

ワーキングホリデーとかシンガポール外国人労働者みたいに期間区切って血も涙も無い追い出しをやらざるを得ないと思うけど、そういう厳しい政策は現状日本では不可能なので、なし崩しは絶対ダメだろう。

労働力不足は解決しても、他の問題は山積するし。

2018-11-08

外国人労働者ってどこの国から何万人くらい輸入してくる予定なんだろう

衣食住をまとめて管理しないと安い労働力にならないと思うんだけどどうやって運用活用していくんだろう

野放しだと危険性も高いかちゃん管理してほしいよね

使えなくなったら返品できるんかな

性能が悪いからと交換できるんかな

あと一応生き物だから最後まで面倒を見る人が必要だと思うけどそのへんも大丈夫なんだろうか

2018-11-07

anond:20181107211829

男性労働力や戦力、或いは単に筋力さらには社会の主導者の役割押し付けられてずっと搾取されてましたが?

anond:20181107002003

で、この国で、いざ児童労働合法化されたら

企業はこぞって児童労働力として使いまくるだろう。

奴らには人間良心なんてない。

違法でさえなければ何だってやる。

最近外国人奴隷扱いにお墨付きが付いた。

今後もっとエスカレートするだろう。

だがそれも長くはない。

外国人日本でまともな暮らしが出来ないとわかればみんな帰っていくからだ。

そうなれば次のターゲット国内児童だろう。

児童学校にも行けずに道路工事コンビニ店員に駆り出される。それもただみたいな報酬で。

狂ってる。全く、なんて国なんだ!

日本をむしばむ醜い差別一覧

年齢差別

能力ポテンシャル関係なく年次や年齢で処遇が決まる。能力があっても若ければダメだったり、ポテンシャルがあっても年食ってたらダメだったりする。また、年金問題代表されるように世代間の不公平がシャレにならないレベルに達している。寿命が近い老人の延命のために法外な費用を国は肩代わりし続けているが、その一方でこれからまれ子供、その子供をつくる男女、生まれてきた子供のための費用を出すことには渋る渋る。

入口差別

どのルートから入ってきたかで、その後のルートの大部分が最初から決まっている。同じ能力人間でも新卒時に正社員入社するか、既卒派遣社員から入社するかで天と地ほどの待遇の差がある。そして、その差を入社後に解消するチャンスは乏しく、基本的に差は一層開いていく。そういうキャリアパスが初めから敷かれている。

身分差別

解雇規制があるため、無能正社員がのうのうと茶をすすりながら高給を食んでいる傍らで、有能な非正規社員が馬車馬のように働いていたりする。最近ではこれに外国人差別が加わった。

外国人差別

技能実習生代表されるが、非熟練労働外国の人たちを奴隷扱い。彼ら彼女らも人である。まず同一労働同一賃金であるべきだ。それから外国から来た人も数年日本に住めばコミュニティも作るし子供も作る。一時的労働力のつもりであっても、いったん受け入れたなら、相応の福祉提供して融和しなければ必ず将来に禍根を残すのだが。

能力差別

能力のある人間に相応の報いを与えない。人より成果を出しても給料は同じ。ポジションも変わらない。最近では転職が昔ほど異常視されなくなったので、能力や成果に報いない企業から人材流出するようになりつつあるが、それは正社員の話。年齢差別入口差別身分差別外国人差別とのコンボで割を食っている人間日本にはごまんといる。

男女差別医学部入試の件が記憶に新しい。あれは男女差別と年齢差別ダブルパンチで、日本の醜さを煮詰めたような事件だ。根本的な問題医学部の定員を増やさないことにあるが、そこを解決しないまま上っ面かつ非倫理的解決策に飛びつく怠慢が問題を深刻化させている。

他にも何かある?

anond:20181106132747

ブコメとかも馬鹿ばっかりでマジで日本は終わっているなあ、と感慨深いのだけれど、とりあえず納得のいく説明をしてあげるね。

まず元増田認識がずれている部分がひとつあります児童は性を売ってはいけないのではなく、労働力を売ってはいけないのだよ。

児童でも簡単かつ高く売れるのが性的サービスなので、目立つというだけの話。

この背景には、児童というものが親の奴隷として働いてきた、という歴史があるわけ。

衣食住を握られ、頭も体も敵わず洗脳状態で働かされていた。これはいかんよね。児童にも人権があります

ということで、児童労働させるのはやめようね。という国際的条約があるわけです。

そこらへんの法律やらが児童を何から守っているかというと、見知らぬ悪い大人ではなく、親から守っているの。

法律禁止されていてすら、そのもの行為やまがいの行為(Jrアイドルとかね)をさせる親がいる現状で

タガが外れたらどうなるかなんて想像に難くないよね。

ブコメとかで娘がいるから許せない、とか子供は未熟だからーとか言ってる脳が空っぽのクソどもがいてほんと吐き気を催すわ。

脳みそが未熟なお前ら親から児童を守ってんだよ。勘違いすんな。

2018-11-06

anond:20181106151024

金と労働力の交換もないのに

わざわざ結婚してどっちかが名字変えてまで

ストレスの生じやす他人と同居生活する意味なくね?

本人たちが子なしでいいといっても周囲からはいらん探りとプレッシャーくるだろうし。

親戚づきあいとかしんどいし。

将来的に配偶者介護リスクも出てくるし。

からって自分が倒れたとして介護してもらえる保障があるかっつったらそうでもないし。

生活費浮かすために金で買えない自由売り渡すかね?

なんでそんなに結婚推しなのか意味わからんマジで

2018-11-05

anond:20181105224853

たぶんここの話だと思うけど

http://b.hatena.ne.jp/entry/b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1285014

kamezokamezo 「なにがなんでもロスジェネ救済には反対」みたいなブコメが人気でビビる。これも北米の話でよく見る「弱者救済論がオレたちの仕事生活を奪う」系の反応なのだろうか。 12 clicks

2018/11/05 リンク Add Starfukkenn2su-linakadaizentarouribotcitron_908kuwa-naikiseven_cz

QJV97FCrQJV97FCr 私が見えてないだけかも知れないけど、外国人労働力を見込んでる仕事ロスジェネを当て込んでも救済にはならないという話だと思う

2018/11/05 リンク Add Starinherentvicetnakamuradc42jkrdetfhkujap_genocidewatapocohate_L

y-mat2006y-mat2006 自己責任オンパレードで国はこうやって滅んでいくのだなあと言う感想メタ 15 clicks

2018/11/05 リンク Add Starnakadaikuzumajicessribothanamizuruzurucorydalis

kitakokomokitakokomo ロスジェネは「単身年収500万」「世帯年収計500万」「年収200万」「無職10年超」が入り混じってるので話がめんどくさい / ヤバいくらい無職な人が一般統計に出るのなら若年無業者なんてわざわざ調べなかったと思う

2018/11/05 リンク Add Starsennchoujap_genocidepacha_09pacha_09natu3kan

u-liu-li “未経験OK年齢制限なしの求人?そりゃあるけど、ロスジェネなんて雇われる訳ないだろ 建前信じちゃう馬鹿なの? ” 仕事 政治 海外

2018/11/05 リンク Add Starbehuckleberry02nakadairibotwatapoco



ロスジェネ救済を唱えて自己責任論を非難するまともなブコメ人気順独占してるよ

その中にはてサはいないっていうだけ

2018-11-04

anond:20181104094123

目先の小銭目当てで自己責任論を蔓延させて、

非正規転々とした低スキル中年を大量に発生させた挙句に、

今更になって労働力不足とか言ってるんだから日本人って頭悪いよね

マクロ経済とか、未来とか、スケールデカ事柄を考えるのが苦手なのだと思う

2018-11-02

韓国徴用工に関する整理

50年前に定められた日韓基本条約に反するから韓国大法院の判決おかしい、という簡単な話ではありません。時系列で流れを整理します。

徴用問題の始まり

労働力の不足を補うため、昭和19年朝鮮総督が、朝鮮在住の朝鮮人に労働を命じました。正当な理由がなくこれを拒絶すると懲役刑を科される、国家による強制的労働です。その後の日本国内裁判で「徴用に応じなければ家族逮捕される」と脅迫されたことや、「寮は有刺鉄線で囲まれ12 畳の部屋に12 人が収容された」「食事は粗末で量も少なく休日も月1、2 回しか与えられなかった」「こん棒で腰部を20 回殴打された」などの事実も認められており、その当時の基準に照らしても安全配慮義務に反する不法労働日本裁判所で認定されています

日韓請求権協定で定められたことと定められていないこと

日本連合国サンフランシスコ平和条約を結び国際社会に復帰しましたが、韓国は「日本戦争をしていない」という理由サンフランシスコ平和条約に入りませんでした。

その後、日韓請求権協定が結ばれ、「両締約国及びその国民財産権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、完全かつ最終的に解決された」と定められ、特に、「被徴用韓国人の未収金補償金及びその他請求権の弁済請求」は「日韓請求権協定によって完全かつ最終的に解決された」とされました。

ただし、これは、日本政府は「外交保護権を相互放棄したものであって個人請求権のもの国内法的な意味消滅させたものではない」という公式解釈をしています。つまり韓国内の日本国民資産韓国から取り戻したかったら、ご自由にどうぞ、でも、日本政府は手伝わないよ、という意味です。

このわかりづらい解釈には理由がありますもっと自然な、「朝鮮人の日本人への請求権韓国政府が放棄し、朝鮮にあった日本人の資産請求権日本政府が放棄した」という解釈にしてしまうと、韓国内の日本資産放棄に対して、日本政府が賠償責任を負うことになってしまうからです。

慰安婦に関してはまた別の話があるのですが、本題でないので触れません。)

個人請求権についての確定

平和条約のあとでも宙に浮いていた個人請求権ですが、連合軍捕虜への損害賠償を求める米国最高裁判決で、「サンフランシスコ平和条約第14条によって、戦争遂行中に日本国およびその国民が取った行動から生じた連合国及びその国民の他の請求権放棄されている」という判決2003年に確定し、話が動き出しました。

2007年には、日本最高裁が、「サンフランシスコ平和条約当事者以外の国や地域との間で戦後処理をするにあたっても、(...)条約の枠組みに従う」という判断を示し、サンフランシスコ平和条約に含まれない韓国中国フィリピン等の国民から訴訟も、原告敗訴が決定づけられることになりました。

ただし、最高裁判決には「個別具体的な請求権について債務者側において任意自発的対応をすることは妨げられない」と述べ、「被害者らの被った精神的・肉体的苦痛が極めて大きかった一方、上告人(被告企業)は中国労働者らを強制労働従事させて相応の利益を受けるなどの諸般の事情にかんがみると、上告人を含む関係者において、本件被害者らの被害の救済に向けた努力をすることが期待される」という「付言」が付きました。

それを受け、西松建設中国当事者らの間で、2億5000万円を支払い、補償や未判明者の調査記念碑の建立、慰霊のための費用などに充てるという和解が成立しました。

2012年の韓国大法院判決

三菱重工業に対する訴訟で、韓国大法院は、朝鮮徴用戦争にかかわるものではなくて、植民地支配にかかわるものからサンフランシスコ平和条約とか日韓請求権協定とかとは関係なく、韓国人の請求権は残る、と判示しました。サンフランシスコ平和条約から日本最高裁判決に至る流れをひっくり返すものになります

この判決が確定した以上、先日の損害賠償を命じる判決必然でした。

個人的な感想

法律の話で言えば、日本および日本企業請求権が生じる、というのは疑わしいとは思いますが、一部の日本メディアがいうように韓国司法おかしい、とまでは思いません。韓国徴用日本過酷労働をさせたという事例に対して、日本最高裁が独占的な管轄権を持つ、というのは自明ではないし、個人請求権サンフランシスコ平和条約の枠組みに従う、というのもそもそも07年まで不確定だったわけで、議論余地はあるところだと思います。ただ、韓国の主張は、植民地支配に関して請求権が残っていて、元植民地側の裁判請求ができるという話なので、これを認めると植民地支配していた欧米諸国がすごく困ります慰安婦みたいに国際的な広がりを持つことなく、国際法的には日本が勝つのだろうな、と予想しています

道義の話で言うと、徴用工に関して日本の様々な裁判所が繰り返し不法行為を認めているのが印象的です(例:01年東京地裁、01年京都地裁、03年東京高裁、96年富山地裁、98年山口地裁、01年大阪地裁、02年大阪高裁、07年名古屋高裁、05年東京高裁、02年福岡地裁、04年福岡高裁、02年広島地裁、04年広島高裁、09年最高裁)。最高裁については先ほど述べましたが、それ以外にも多数の裁判官が自発的な救済を推奨しており、おそらく基金などを作って、アジア中の徴用工に対して日本自発的補償すべきものなのであろうな、と個人的には思います基金を作るのがスムーズに進んでくれたら、と思います

最後に、判決をいくつか引用します。

歴史的事実真摯に受け止め、犠牲になった中国労働者についての問題解決するよう努力していくべき」(宮崎地裁07 年3 月26 日)

被害の救済に向け自発的関係者による適切な救済が期待される」(前橋地裁07 年8 月29 日)

任意被害救済が図られることが望ましく、これに向けた関係者真摯努力が強く期待される」(仙台高裁09 年1120 日)

「ひとりの人間としては、救済しなければならない事件だと思う。心情的には勝たせたいと思っているが、最高裁判決がある場合には従わざるを得ない。本件のような戦争被害は、裁判以外の方法解決できたらと思う」(長野地裁06年3月10日

被害者らの被った精神的・肉体的苦痛が極めて大きかった一方、被告企業中国労働者らを強制労働従事させて相応の利益を受けるなどの諸般の事情にかんがみると、上告人を含む関係者において、本件被害者らの被害の救済に向けた努力をすることが期待される」(最高裁07 年4 月27日)

参考文献

http://www.ackj.org/wp/wp-content/uploads/2017/12/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%A0%94%E7%A9%B615_%E7%89%B9%E9%9B%8641.pdf

2018-11-01

戦前日本朝鮮の人々を労働力として強制動員した、いわゆる「徴用工」問題

日本が悪いのに何でマスコミ韓国が悪いと言ってるんだ

anond:20181101152921

公費で全人類矯正ふたなり化手術しま

逆らう人は子宮摘出or去勢などで生殖機能を完全に奪います

ふたなり上流階級ふたなり化を望まない人間労働力としてモノと等しい扱いになります

2018-10-31

もし本当に「外国人労働者賃金日本人労働者より安くて良い」となれば

経営者は今以上に喜んで外国人労働者採用するだろう

経営者はいだって安い労働力を求めている

もし経営者外国人労働者を雇うことを阻止したいなら

外国人労働者賃金日本人労働者より著しく高くするよう義務付ければいい

メルカリとかクラウドワークスみたいな

経営者エンジニアブログセミナーで超意識高い組織論とか最先端技術について語るのに、出てくるプロダクトが貧乏人の労働力搾取してゴミ生産するとかネット西成とか射幸心を煽るガチャゲーのような、社会にとって害悪しかないサービス、という現象あるいはそういう企業群に、そろそろ名前をつけたい。

貧テック」は良いと思うんだけど、プロダクト側に寄りすぎていて、経営者エンジニア無駄意識の高さを表現しきれてない。

「○○系企業」みたいな感じでずばっと言い表せないかな。

王様乞食企業

泥棒紳士企業

ハーメルン企業

ぜんぜん思いつかない。

2018-10-28

anond:20181023112949

経済学の入門授業では扱いにくい最低賃金はあまり出てこないので嘘松感が激しいが、

もし出てくるにしても最低賃金って普通は寡占独占のところだろ?

労働力の買い手としての独占的な企業という形。

そして独占的な価格付けをされると経済効率的にならないか

最低賃金で独占的な価格付けを防ぐことで経済効率性が改善するって話。

2018-10-24

anond:20181024192608

社会は要らないと言ってる人間なのに、忌み嫌われてる人間なのに、実際には十分価値があるということ、自分にはその価値がないことが立証されてしまって、要らない人間なのだという実感を強めるんですよね。

自分人間としては要らない存在で、ただ機械より安価で潰しの利く労働力として生かされてるに過ぎないというのが明白になってしまって、自分精神否定されているような気がしてくるのです。

2018-10-23

anond:20181023130056

男がそう言うキツい仕事をしようとするのは、自分自身に内在的な価値はなくて、労働力として役に立たなければ存在価値否定されるように感じるからなんだよな。

女は何もしなくてももともと価値があるからそこまでの危機感は持たない。

田舎なんてぜんぜん好きになれないと思いながら、妻の実家に住むようになって5年。家は農家をやっているので、この季節になると米の収穫にまつわるイベントが次から次へとやってくる。

とうぜん自分労働力カウントされてるので、この週末も籾摺りという米作りの最後工程徴集された。何だかんだと人手がいるので、妻の妹とその義理の父母も呼ばれてるんだけど、ほかに男手もなく、普段プログラマーとして座ってるばかりの生活をしてるだけの自分がそこそこ主力の戦力になってる事態おもしろい。というか過疎と若い担い手不足ってやつなんだろうな。

籾摺りというのは籾殻つきの米をナントカして玄米にする工程で、収穫して乾燥させた米が材料になる。夜じゅう乾燥機がぐわんぐわん立てる音と灯油臭いも好きなんだけど、いまは籾摺りの話。文字どおり山のようになった米を籾摺り機? に供給し、計量機で計量された玄米を30kgずつ袋に詰めていく作業だ。

義父はさしずめプロジェクトオーナーといったところで、籾摺り機や計量器から出る米を随時チェックしつつ、大量に排出された籾殻の袋を次々取り替える。おれは最後の袋詰め係で、出来上がった米袋の口を縛っては積み並べていく。いちおうペア作業なんだけど、相手還暦こえているので、途中から作業を少し休んでもらった。次回はもうちょい若い人連れてこないといつか破綻するのだろうと思うが、義父は作業を知ってる人じゃないと呼ぶのが面倒なのらしく、ジリ貧だなあと思う。

自分は袋に定量が溜まるまでは空き時間なので、ほかのパートを手伝ったりする余裕がある。(おそらく大きさや重みが足りない)くず米として別に出た米を運んだり、籾摺り機に米を供給したりするわけだけど、見たところこの供給部分がボトルネックになっていた。籾摺り機のキューというのかバッファというのか、原材料を受ける口になっている部分が小さくて、米を運ぶ人間のほうが、それが捌けるのを待つのにかなりの時間を使ってしまっていたのだ。籾摺り機の設定を変えれば処理速度は上げられたはずなのだけど、義父はそのボトルネックに気づかないのか、そもそもその設定を変える気がないのか(たとえば供給がだぶつくことよりも足りなくなることのほうが致命的であるとか)、設定を知らないのか、というのが分からなかったし、機械は轟音を上げているので会話のコストが高かったし、何よりもこの作業自体当事者意識をまるで持っていなかったので、何の改善提案もする気が起きなかった。そういうのは平日職場でやるだけで十分だ。……と思っていたけど、書いてたら気が変わってきたので、来年は言ってみよう。覚えてたら。

仕事が終わって、数えてみると1トン近くの米を運んだことになっていて、これは去年も思ったことだけど、トンなんて単位にこの身が直接関わることがあるのはこんな時だけである。義父は何十本できたということは何石やな、とか言ってて、はーこれが一石か、加賀百万石とは大したもんだな、と思ったのでもあった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん