「行政」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 行政とは

2020-05-29

増田よ。素人はもう政治を語るのはやめろ

PCR検査数が少ないという医療現場そもそも拒否をしているという現実を知らずアベガーという増田

 

知ったかぶり司法の一部の検察の人事に口出すなと言いながら黒川処分が甘いという、自己矛盾に気づかない増田

 

給付金事業者支援が遅いのを安倍のせいにする、行政政治区別もつかない小学校低学年並み知識増田

 

日本共産党大好きすぎて日本共産党欺瞞北朝鮮帰国事業推進や、独自憲法をもっていながらの日本国憲法護憲ポーズ)にまったく気が付かないサヨク増田

 

小学校5、6年生の社会教科書ちゃんと学びなおしてこい。

anond:20200529113545

左派市民団体労組日弁連などがプライバシーや反監視社会等を理由
国民識別番号などをはじめとするITによる行政効率化や個人行政サービスへのアクセスを容易にしたり平等化するための制度作成に反対してきたおかげです

2020-05-28

anond:20200528233833

行政司法派閥争いに「今後も」いつでも口出しできるようにしようとした

法曹界ガチギレして中止になった

https://anond.hatelabo.jp/20200528211120

  平成18年時点で東京大学法学部は終わっていたし、中身の教授クソカス行政法試験ほとんどの学生

受講しなかったのに、試験問題は厳しかった。

   当時の行政法第一部(行政法総論)と第二部(手続法)を担当した教授は、主として環境行政判例を参考にしているし

現在東大法で行政法を教えている教授も、警察行政に関しては、多額の税金担保されているなどというのみで、警察行政法に関して詳しい講義

展開されていない。

   法学政治学研究科ロースクール法曹になるためにいくところだし、東大法学部から警察官僚になる者は、卒業後に国家試験を受けてなるが

少なくとも私が東大法に在籍していた当時の同級生警視庁警察庁に行った人を知らないし

   現在でも警視庁などのパンフレットをみることがあるが、平成18年前後東大法学部卒業して警察官僚になった者は見たこともないしどこで何をしているか

からない。

   というか基本的東大法学部自体が相当前から終わっているから関わってはならず、現在ロースクール国家試験から先はブラックから日本人は関わってはいけない。

江戸時代行政役職は親から継いだものだよね

江戸時代役人は侍で、その役職は親から継いだものだよね。

なんか、勘定方に有能な人を採用かいう特例もあったみたいだけど。

役人と殿様の関係は代々続く家の主従関係

大失敗をすると引退させられて子が役につく、もっとひどい失敗だと別の家に役職が回されることもあるか。

官僚制ではない。

明治維新で慌てていろいろな制度を表面だけ西洋風にしたけど、

それは表面だけで、実のところ日本には官僚制根付いていないのではないだろうか。

2020-05-27

東京警察官って本当に気持ち悪いな

  まず姿かたちが日本人じゃないし、男だし、膣らしいところがなく、当たり前の話も通用しなさそうなツラをしているのが腹が立つ上

   必死だしうざいししつこいし存在自体気持ち悪い。バカだし人間性は感じられない。

    人の話も聞かないし、話をしても黙っているし、最悪この上ない。

    ああい存在税金担保しているこの法治国家が終わっている上に、ああい警察行政法最高裁形成する社会通念にも従わず

勝手仕事をしているゴミクズは許し難い。

    当然、警察署では行政書類が書かれており、警部補らはそれに基づいて行動しなければならないが、現在都内の警邏の者は行政法に従っていないし

警視総監も知っていて知らんふり。

   ゴミクズ以下だな。

職場で次亜塩素酸水噴霧器を使わせないために

どう説得すればいいか教えてくれ

色々調べてはいるけど、これだ!っていうソースを見つけられない

自分認識

次亜塩素酸ナトリウム溶液と電解によって生成した次亜塩素酸水は違うが、殺菌に作用する成分(HCIO)は同じ

・手指に使うにしても刺激が強く手荒れなどを引き起こす

空間除菌できる濃度の次亜塩素水を噴霧すると人体への悪影響があるかもしれない

塩素濃度が薄すぎても意味がない

・悪影響が無いとしたら除菌効果も無いのではないか

職場について

宿泊業で、もうすぐ営業を再開しようとしている

社長エセ科学を取り込んだ宗教じみたセミナーの影響を受けており、今回噴霧器を持ち込んだ(知り合いに勧められた)のも社長

○現状

社長次亜塩素酸ナトリウム溶液(ハイター溶液)と、生成器で電解された次亜塩素酸水が違うものだということは知っている

・だがその知識は次亜塩素酸水を売り付けたい業者の売り文句構成されており、次亜塩素酸を魔法の消毒液かなにかだと思っている様子

職場内でのコロナ対策会議で噴霧器が採用されてしまい、営業再開の際には館内に設置されようとしている

自分が望む結末

次亜塩素酸水の噴霧には感染症対策として有意とのエビデンスが無いこと、ひいては人体に悪影響を及ぼすか、なにも効果のない水を高い値段で買わされることになることを知って欲しい

○手持ちの材料

厚生労働省リリース

ソースの信頼感としては是非使っていきたいがいまいち決め手に欠ける

例えばこれ

社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について

https://www.mhlw.go.jp/content/000605425.pdf

>なお、次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧につ いては、吸引すると有害であり、効果が不確実であることから行わないこと。

↑の“次亜塩素酸水を含む消毒液”というのが次亜塩素酸ナトリウム溶液を指しているように読める

Twitter

色んな人が噴霧の危険性を訴えているが、ソースとしての信頼感に欠ける

高齢経営者を説得するためにはソースが弱い)

(5/27 13:00 追記

支援ブクマとたくさんのアドバイスありがとうございます

お客様抗議文捏造

これはかなり効果ありそうな気が!w

営業始まったら即やってみます

>わかりやす説明

誰かのブログとかどっかの医者ツイートが幾ら分かりやすくても、うちの社長に辞めさせるまでのパワーは無いと思うんです

やはり行政的なところから表明があれば……

>濃度次第のものを単純に害がある前提で

ホメオパシーと同じとの指摘もあるけど、薬にも毒にもならないものを高い金出して買うのを見てるのが嫌なんです

しかも、害もあるかもしれない、という話

色々意見聞いていくうちに、とりあえず無理矢理やめさせるのじゃなく、自分は反対ですよ〜という表明だけしておこうと思いだした

 平成時代も素晴らしい人が現にいたとき日本人若い子供が察知して大流行したが、お前がクズ気持ちいか日本人はそれを察知して東京から逃げた

   それだけの話。国にゴミクズしかいないのが誰でも分かっているから、若い人は田舎に帰りインターネットに逃げた。

  悪いのは、素晴らしいと子供から察知されないお前だゴミ警察のお前が東京臭いことばっかりしているから誰もいなくなった。

 昔は警察行政みたいなものでも、一発警視総監になってやろうと東大法を経由して霞が関で暴れていた日本人がいた時代もあった。

   今は気持ちいから誰も寄り付かん。

2020-05-26

https://anond.hatelabo.jp/20200526220150

 ひどくないよ、3000万人のニッポンジンが、全員参加して、根底から過激にやってやってやりまくったんだよ。

   区役所行政にしても、大学研究しても、株式会社にしても、あらゆることを盛んにやった

    今はその面影もない。色んな女性器が興奮して色んなことをやった、やってやってやりまくった、楽しかった

    今この社会にそのいいところのどこが残っているのか、何も残っていない

     人もいないそもそも女性器の姿をしていないしいかつい人ばかりだし仕事適当だし何もいいところなし。

     ニッポンジンには理解できない変なガラクタしか残っていない。

anond:20200526132859

そりゃ(なんらかの理屈には基づいて)業界が決めたな計算基準で良いんじゃないですかね?

その理屈の上でその計算根拠おかしいよという話が行政からくれば、初めて補償の適正額なり行政専門家呼べってとこの交渉になるでしょ、ってのが元記事の言いたいことだと思う。

どんなももんでも理屈に基づいている事が交渉する上では重要で、「ぼくのかんがえたさいきょうのガイドライン」じゃ交渉にならない。原発再稼働絶対反対のお花畑連中と一緒。

あと感染者のいる可能性があることは問題ないでしょ。

社会目的としては可能な限り通常営業に近い世の中にしつつ実効再生産数を1以下に保つことで、0にすることは誰も目標としてない。

感染機会をゼロにしなきゃいけないなら中国ロックダウンでも足りないよ。

2020-05-25

警察行政法研究するなら明治帝国憲法警察法と、昭和時代のもの検討しなければ意味がない

 ちなみに昭和時代のものは、戦後20年のものが概ね最高で、それ以降は怪しいものも相当に混ざっているから気を付けなければならない。

   我が国警察行政法完璧だったのは明治時代で、そこから探求しなければ意味がない。

     令和のその辺の警察官は、明治警察法にも、昭和警察行政法も知らないから騙されるな、あいつらは何も考えていない犯罪者だ。

    色々と考えていたのは明治帝国憲法における警察法で、その当時の資料をひっぱり出してきて、どのような職務実施されていたのかを

探求するの要がある。

     いづれにしても、明治と、昭和の一時期以外の行政書類以外は使い物にならない。

東大法学部民法2部でくもえもん事件大審院判決解説を受けたが気持ち悪かった

   なぜに当時の法学部民法教授がこんな明治も終わった頃の大正に出たババアパンツみたいな判決重要判決として紹介したのか分からないが

教授はこの判決を至高の判例かのように解説していたが、カタカナだし、長いし、センスがないし無内容だし、当時の学部生は誰も興味がなかった

   本当に素晴らしい大審院判例は、明治28年頃に、公開されていない無数のテキストの中にあるが、平成18年の法学部がそれを用いて講義をせず

民事でも行政でも刑事でも、もうカスになった頃の判決例を用いて講義をしていたのが問題

 意味のないことをされて多くの平成学部から今でも恨まれているし、現在の新司法試験制度ロースクール制度も、最悪だしで、平成の文才から放火大学院」などと

のしられ、ぶちきれられて消えた。

http://www.sekidou.com/articles/cases/dt030704.shtml

桃中軒雲右衛門事件

大判大3・7・4刑録20輯1360頁, 大正3年(れ)第233號 著作權法違犯竝附帯私訴ノ件

第一審・東京地方裁判所、第二審・東京控訴院

判決

公訴私訴上告人島口與茂作 (當35年)同松村忠三郎 (當48年)同春城源之助 (當44年)同神田新平 (當30年)同板倉五郎 (當39年)同佐藤源七 (當32年)辯護人播磨辰治郎〃長島太郎江木 衷〃松澤九郎〃佐藤重之私訴被上告人リツチヤード、ワダマン

著作權法違犯被告事件竝之レニ附帯セル私訴事件ニ付大正二年十二月日東控訴院ニ於テ言渡シタル判決ニ對シ各被告ハ上告ヲ爲シタリ因テ判決スル左ノ如シ

原院公私訴ノ判決ハ共ニ之ヲ破毀ス

被告與茂作、新五郎、新平、忠三郎、源之助、源七ハ各無罪

押收物件ハ差出人ニ還付ス

私訴被上告人ノ私訴上告人ニ對スル請求ハ之ヲ棄却

私訴費用ハ被上告人ノ負擔トス

anond:20200524233706

知的障害の娘を持つ父親です。

とは言え、わが子は生まれついてのものでしたから、元増田様の心中は察して余りあるものがあります

ですので、あまり無責任なことは言えないのですが、文章を読む限り元増田様なら(今は状況を消化できないでしょうが)いつか動ける日が来ると思っております

そんな日が来たら、まずは行政(都道府県or市町村)に頼ってください。病院でも案内があったかもしれませんが、障害者とその家族支援する制度がなにがしかあるはずです。どこに相談すればいいかからなければ役所総合窓口へ。該当する部署を紹介してくれます

[(隙自語)私は転勤が多く、色々な場所に住んだ経験がありますが(自治体によって違う部分があれど)何も制度がないということはありませんでした。]

とにかく行政と繋がっておくことが重要です。行政に記録が残っていれば、将来的にも支援が受けられやすくなりますし、時には行政から情報が得られます

そして、ぜひ療育施設を利用してください(これも行政から紹介してもらったり、繋いでもらえたりします)。そこでは、同じような境遇一生懸命頑張ってる親御さんと楽しんで頑張ってる子供たちがいます。親同士のつながり、子供同士のつながりは、ともに心の支えになります

[(隙自語)私事でいうと、現在は(前述のとおり転勤のため)療育施設に通っていた頃とは全然違うところに住んでいますが、娘はそろそろ成人するぐらいの歳になっているにもかかわらず、今でも当時一緒に頑張っていた者同士連絡を取り合っていて、数年に一度ぐらいは集まることもありますさながら"戦友"です。]

また、施設に預けている間は少しだけ子育てから解放されます。寝るなり好きなことをするなりして、ちょっとだけでも体や心を休めてください。

お互い、適度にさぼりながら頑張りましょう。

また何かあったら書き込みに来てください。

anond:20200525214559

しらない。行政はもう、不退転の決意で解除するんだろ。それはもうみえてる。

事故が起きても死んでも自己責任

anond:20200524233706

大変な状況が続いて、こうして文章にまとめられるようになっただけでも増田は息子さんと向き合うのに一生懸命だと感じた。

よくテレビで擦られる諦めずに声をかけたら、治っただったり、よく見るにもかかわらず名前を忘れてしまったがアメリカ軍人の父と障がいのある息子がトライアスロンに挑んで、息子さんはサポートを受けながら大学はいり、ひとり暮らしをしてって言うような話もあるから、諦めずに息子さんと増田が向き合っていけたら良いと思う。

ただ、増田ひとりじゃないってことを忘れずに、使える行政サービスや、今はクラウドファンディングなどで支援者を募ることもできるからそういったものを最大限に利用して息子さんと増田人生が潤いのあるものになればと思う。

私は結婚することも子供が欲しいと思うこともなくなって長いが、自分増田立場だったら絶望していたと思う。周りの子供を見てお前は元気でいいな。と思うことなんか当たり前だし。以前、以後と思うのも当たり前だと思う。

それでも、今を受け入れて生きている増田尊敬する。

時には、息子さんのことから少し離れて、増田がのびのびと好きなことに没頭する時間がつくれたらいい。

頑張る増田を私は応援してる。

anond:20200521152746

フェミニズムがやりたいのは宗派ごとにいくつかある。

男女の権利を同等にまで持っていく。義務アンバランスさが原因なら義務も同レベルにする派

歴史を男女の対立闘争解釈して女性男性を打倒すべきと言うシナリオに基づいて革命活動につなげる派

そもそもフェミニズム統一された公式定義がないのだから知的水準が高い人にとっては眉唾物でしかないし、フェミニズムを調べれば調べるだけ本当の敵は行政教育メディアなのは一目瞭然なのにそこも見ようとしない。

そんなふうに感じてる次第です。はい

anond:20200525050523

全くもって同意はてブ他人|会社組織|与党|野党|行政|etcにたいする恨み節を見つけやすサービスになりつつあって、

役立つ|自分に新しい世界観,価値観をもたらす|楽しい情報を見つけるのがやりづらいサービスになりつつあるね。

炎上大好きっ子ならこれは望ましい姿なんだろけどボクは他人が殴り合う様をあんま見たくないのです。だってそんなの見ても自分人生になんの役にも立たないからね。

 

マイホットエントリも昔はワークしてたけど、いまはfollowしてた人がそもそもはてな使わなくなってきてるので微妙タイムライン形成してる。

でもソーシャル(信頼できる人のみのネットワーク)の反応数に応じて興味のある情報提供してくれるウェブサービスって他に代替がないのだよなー。

そういう意味ではRaindrop.ioもちょっと望むものと違う。なにか良いサービスいかねえ。

anond:20200524120605

別に行政がやってもいいと思うけど、たぶん限界まで安全に倒してまともに運営できない結果になるだろうなと

団体がまとめて指針示すの自己防衛手段でもあるけど、普段からまとまって活動してなきゃ難しいよな

2020-05-24

話題郵便局がひどい件

タイムリーレターパック誤配が来た

見た感じたぶん隣の隣ぐらいの住所

こっちになんか責任おっ被されても困るのでポストにポイする予定

人によるんだろうが誤配されまくりでもはや書留じゃない郵便は信じてない

送ったのに届かない他人のが届くは当然何回も経験してる

一番ひどかったのは転居届出して転送されてくるやつの誤配

住所も氏名も全く違う人の郵便物が転送されてきたのは目を疑った

その前に元の宛先がシールで上書きされてるから開けて中を確認するまで気づけないトラップつき

当時まだ若くしかも内容が縁もゆかりもない行政地区からの延滞督促でわけも分からビビった

誤配と気づいたあとも若輩ゆえの無知他人の督促状開けちゃったの絶対まずいと思い更にビビ

ビビりつつも郵便局に持っていき素直に事情を話し謝ると普通に引き取ってくれた上にあとはこちらでやっときます的な感じで終わったから当時ホッとした

でもよく考えたらあの後どうなったのか知らないし謝罪とかもなかったし今思い出すとモヤモヤする

なにはともあれ経験上そんな感じで信用ならないことは身にしみてわかってるよって話をつらつら思い出した

大学理学部数学科特許庁が嫌いだった

  内容が高度すぎて、少なくとも日本人にはできないから。

   東大法学部で開講されていた特許行政判例も読むのが苦痛だった。日本人にはできないことが相当書いてあるから

    少なくとも明治昭和の一時期にはバカ日本人をズタズタにしたらんと思って理学部数学科特許行政流行ったのだろうが

  冷静に考えたら日本人にできるわけがないものを相当含んでいるから嫌いだった。

   

これから東京大学法学部 中央官庁が人気を得るのは厳しい

 なぜなら、今のご時世に、契約書 商法 民事訴訟法 特許行政 といったもの日本人女の子から魅力をもたれるのは難しいからだ

   仮に明治時代最初から始めようとしても、女の子から、無理です、と言われるだろう。

   当然、今はできるわけもないことをやっているから、やらない夫がやっているふりをしているわけだが、やる夫からしたらやらない夫がしていることは

最悪すぎて我慢ができない

   国はやることもできず、やっているふりしかしてないということで、誰からも人気がなくなり、爆発して誰も関わらなくなった

     もう誰も東大法学部が人気があった時代のことを覚えていない

ライブハウス業界のすべきこと、行政のすべきこと

阿部健太郎 @abetokyo さんのツイート

https://twitter.com/abetokyo/status/1264365976834863106

ライブハウスに対する規制緩和基準は、既に職業差別になっていると思うのです。

https://youtu.be/uIp7l6bp-Lg

簡単に言うと

・都から業界感染防止ガイドライン策定してそれに基づいて行動しなさい」というお達しが来た

ガイドライン策定したり、そのための調査レポートを都が我々に送るべきで、それもナシじゃガイドライン決めようがないですよ って意見

・・・なんだけど、

これに対しての反対意見ぽちぽちツイートしてたら長くなってしまったので加筆しつつまとめとく。


ガイドライン策定(そのための調査を含む)が行政ではなくライブハウス業界仕事だ」という行政のお達しは、筋としては合ってるんじゃないかなー。

「まともな補償もないしそんなお金の余裕ないよ!」ってのはありそうで、それはもちろんなんだけど。

調査するからカネだせ、のほうが筋かなぁ。

一般的に、再発を防ぐべき何かについてはその過失主体に関わらず、当事者が再発防止策なりを取りまとめるものなわけで。

業界団体としても休業期間中に綿密な調査しているはずなので、そのデータをだすなり逆に「このデータくれ」って都に言うなり、ってのが建設的なんじゃないのかなぁ。

少なくとも都がイチ業界に対してサーベイランスをして分析レポートを出してエビデンスに基づいてガイドラインを作り、かつ責任を負う・・・ってのはあまり社会通念上ありえないケースだと思うけどな。

ライブハウス行政事業だった場合とか、逆に治療費ライブハウス持ちになってしまう、とかだったらわかるが、今回のケースはどっちでもない。

このガイドラインを作った結果新たに守られる(再開できる)のは「ライブハウス業界商売」だけであって。

そのためのガイドラインになんで行政自発的に行動しなきゃいけないのかっていったら合理性に欠ける。

※守られるのはライブハウス経営者個人、ですらない。彼らに対しては職業選択の自由も、生活保護もあるわけで。むしろ行政としては職業選択の自由をなくさないように景気をどうこうするのが当然最優先課題なわけで。

まあこれでライブハウス業界が、できる限りの範囲2020年2~3月の実態調査、例えば

・どんなスケジュール

・どんな客の入りで

・どんな客の感じで

みたいなアンケートすら取ってない、とかだったらもうサーベイもクソも無いので話にもならないけどね。

店閉めてて生活苦いから金くれ、って話はあんまり金出ないかもしれないですけど、

これこれの調査をこうするからこういう金くれ、データくれ、ってのは案外出たりしますよ。

マスコミ動かすなり議員経由なり、やり方の上手い下手によるけど)

まして結構話題の渦中の商売公共性高い問題なんだしやりやすい方だとは思うんだが、そのへんのトライの状況はどうなんだろう?

そのへん全部八方手詰まりだったら文句も言いたくなるでしょうし、動画のような不満もわかる。

ただ動画見る限り、

こちらが何も言わずとも行政が完全にサーベイを行ってガイドラインを決めるのが当然だろ」

と言ってるようにみえたのでそれはさすがに行政仕事じゃないよ、って話。

変なたとえ話になるけれども、

現在パチンコ賭博罪でしょっぴかれない理由は、

長い年月をかけて業界団体がまずヤーと決別し、

自分たちで検定仕様などの仕組みを作った上で、

行政の指示を仰ぐシステム運営しているからだよ。

(まあ警察利権とかの闇も残っているけどw)

「スロ6号機の出玉制限2500枚」とかを、

射幸性問題だぁ?だったらお前ら行政責任持って決めろや!

って姿勢だったらとっくに潰れてるか、取り潰されてるよ。

コロナ禍は長い年月の話でもないし、

法律とのすり合わせの話でもないんだけど、

業界」ってのにはそのぐらいの自律歩行能力が求められるって話。

このコロナ禍ウンヶ月あったわけで、さすがに第二波どうのとか、自粛解除とか含めて多少の未来予測はできて、それに基づいて各業界は生き残りをかけて必死にアレコレやってるわけで。

もしライブハウス業界が、この数ヶ月で

・休業判断

補償しろ

しかせず、アンケート調査もなにもしてません、ってんだったらさすがに救われないよ。救われるわけがない。

まして行政がなんでガイドラインまで作ってあげないといかんのよ。

暴論、病院電車経済水道ちゃんと動かすことに比べたら、

ライブハウス業界なんてあってもなくても人々の生活は回るんだから、何もしないんじゃ「お前らの業界の行末なんて知らんがな」って話になって当然。

現実論としては、大事なのは定量化しないとカネの話にも交渉の話にもなりゃしない、ってことです。

大人世界の基本。

例えばできる範囲での素人調査をして(アンケート電話でも2週間ありゃできる)、

「このくらいのハコでこのくらいのライブをやるとこのくらいのリスクがあるように思えます、だからこのくらい自粛します」

って定量化に基づいたガイドライン策定した上で、

それに基づいた補償交渉したり、

ガイドライン妥当性に文句がある?じゃあお前ら行政専門家検証しろや!お前らがガイドライン作れて言うたんやんけ!」って言ったり、

だったら話になるんですよ。

しろ都が「ガイドラインをお前らで作れ」って言ってきたのは、その話の取っ掛かりをくれてんだと思いますよ。

なぜならあまり業界が何もしないんで。

しろ今のご時世ってわりとガバガバお金くれる時代なのに、それを超えてライブハウス業界が何もしなすぎ、せめてこんな事から始めなさいね、っていう優しい指導しか見えない。

だいたい税金なわけですよ?

ライブハウスに1mmも興味ない人とかからも集めたお金なんですよ?

それをライブハウス業界側が、

「何もわかりませんがとりあえず閉めました、ただぼさっと閉めて何も調べてませんから開ける基準もわかりませんし、専門家調査して教えて下さい」

じゃあ、行政だって補償調査もどこまでどうカネや人をだしたら良いのか、何を指摘したらいいのか判断しようがないわけでして。

仮にも税金って人様からお預かりしたお金なんだからアラブ金持ちが「よっしゃわかった!音楽業界をワシが救ったる!」で男気マネー出してくれるのと違うわけですよ。

少なくとも色んな人が納得できる手続き必要

あいずれ後世から歴史を振り返ったときに、

コロナで潰れた業界と潰れなかった業界があり、

ライブハウス業界が「あーそりゃ潰れて当然だわ」って言われる側でないことを切に望みたいのである

ってなツイートを書いてたら、ご本人から

https://twitter.com/abetokyo/status/1264378442411241473

というお話があり、正直マジか・・・と思ったけれどもあとはもう努力に期待するしかないなと。

anond:20200523185956

本来UberやGrabがない日本は既に後進国

2010年ぐらいに行政介して実証実験やったけど、既存タクシー業界進出を阻まれ

さすがに2020年には規制緩和でこの手のIT白タク使える時代になってると思ってたわ

2020-05-23

anond:20200523192252

実際に日本地方行ってUberだと儲からないって言ってるの

行政で共有タクシーとかやっても赤字なのを、民営でどうやって運営するのさ

anond:20200523191439

Uber創業メンバーにはロシア系が何人か含まれている。

モスクワタクシー事情はひどいんだ。

認可タクシーはあるんだけど、共産党時代の名残があって料金が安いのでほとんど走ってない。

代りに幅を利かせていたのが白タク

迎えを頼んでない旅行者空港から市内まででかなりぼったくられる。

こういった場所ではUberは歓迎された。

創業の地ベイエリア車社会で、サンフランシスコ市街地はタクシー捕まるけど、橋わたって郊外にでたら自家用車がメイン。

要はニッチITで埋めるビジネスなんだ。

日本田舎だって行政から補助金もらえば結構いけると思うぞ。

まさか海外行ったことないのに、世界の潮流が、とか言ったりしてないよな?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん