「卒業」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 卒業とは

2018-01-20

まらない人生を楽しくするにはくだらないことをいかに楽しむかということ

inoue311です。

冒頭から極論になりますが、つまらない人生を楽しくするにはくだらないことをいかに楽しむかということ。

タイトルにもある通り、今の人生がどうしてもつまらないのであれば、くだらないことを楽しむことを心掛けましょう。

別にくだらないことをしたからといって、他人の目を気にする必要はありません。

もちろん、犯罪になることはダメですが、それ以外のくだらないことで人生を楽しめれば幸せです。

まらない人生を楽しくするには、一体どのようなくだらないことをすればいいのでしょうか。

まらない人生を楽しくするには?

まらない人生を楽しくするにはくだらないことをすればいい。

くだらないことというのは、自分自身にとって本当に楽しければどのようなことでもいいのです。

将来に繋がらなくてもいいですし、お金にならなくても構いません。心の底から楽しめることがある人生幸せです。

なんだかんだ言っても人生は楽しまなければ意味がありません。

毎日のように口癖が、「疲れた」「もうどうでもいい」などと呟く人生から早く卒業したいものです。


幸せ人生は本当に人それぞれ

別に結婚たからといって、幸せ人生を歩めるかはまた違います

逆もまたしかりで、幸せ人生は本当に人それぞれということ。美味しい御飯を毎日食べられるだけで幸せな人もいれば、今している仕事が楽しくて仕方のない人もいます

とにかく幸せなりたければ、人生を思いっ切り楽しむこと。

さなことでもできる限り楽しむことで人生ドンドンと楽しくなっていきますからね。ポイントしては、つまらない人やくだらないと感じる人間と付き合わないこと。

自分自身がくだらないことをして楽しむのはいいのですが、くだらないと感じる人と付き合う必要はありません。

ここを同じようにしてしまうと、人生が途端につまらなくなるので気をつけていきましょう。



くだらないことでも楽しんだもの勝ちでいく

人生というのは本当に楽しんだもの勝ち。

人生を心の底から楽しんでいる人には、同じような人間が集まってくるもの

もちろん、人生を楽しめていない人の周りにも同じような人間が集まってきます。どちらの人生選択するかは自分しだいですが、当然ながら人生楽しい方が良いに決まっています

からこそ、くだらないことでも楽しんだもの勝ちでいくこと。

何ごともゲーム感覚で楽しむことで、人生の大半はどうにかなるものですからね。むしろ、このように楽観的に考えることが人生を楽しむ秘訣です。



まらない人生を楽しくするにはくだらないことをいかに楽しむかということのまとめ

今の人生がどうしてもつまらないのであれば、ブログを書くことをお勧めします。

このようなブログ記事でもいいので、ドンドンと好きなことを書いていきましょう。文章を書くのが下手だからという理由で、ブログを書かないのは非常にもったいないこと。

ブログコンクールでもなければ、何かの評価を定めるテストでもありません。

自由に感じたことを書くだけでストレス解消にもなりますし、何よりも人生が楽しくなってきますからね。

嘘だと思うのなら、ぜひブログ自分だけの視点で書いてみて下さい。



ブログを書くと人生が180度変わっていくのが体感できますよ!

anond:20180115013925

Q3 一度高等学校卒業している場合には、他の高等学校入学することはできないのでしょうか。

A3 法令上、一度高等学校卒業した者の再入学禁止する規定はなく、一度高等学校卒業たことをもって、高等学校入学資格が無くなるものではありません。例えば、高等学校普通科卒業した者が、工業学科等の他の学科入学することが考えられます

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/sikaku/1311012.htm

ありなのか!

2018-01-19

anond:20180115013925

昼間定時制高校はどう?

私の通っていた昼間定時制はこんな感じでした。

・通ってる人は、不登校だった人、高校をやめた人、スポーツ選手になろうとして高校に行かなかったが怪我等でリタイアした人。

・年齢層は15歳~22歳くらいが多かった。

単位制だった。好きな授業を大学のように自分で決めて学習できる。

時間割自由に組めたため、週4で通い、週3でフルタイムバイトすることができた。

文化祭運動会はなかった。修学旅行任意で参加率10%程度。

定時制なので大学入学資格検定(今はなく高等学校卒業程度認定試験に変わっている)を受験することが出来た。

大検合格科目を高校単位に読み替えできたし、高校単位大検免除科目とすることも出来た。

・昼間通えるので、夜時給の高い仕事ができた。

・男女比率とんとん結構可愛い子も多かったし、イケメンも多かった。もちろんアキバ系も。

運動部は1,2勝すれば全国大会へ行ける世界

・私から見てもバカが多かった。英語アルファベット26文字書く授業から。なお、書けない人もいる・・・

・それでも、数学3Cとか、保育とか、商業工業プログラミングなどなど、特化したければ難易度の高い授業も取れるし、その授業に来る生徒はガチで頭いい。

・3年間で卒業できる(大体の定時制は4年)

願書は余裕で間に合うよ。

でも、君、高校卒業してるんだよね。

はっきり言って大学のほうが楽しいぞw

俺は22歳で入学したし、大学2回目という人も同期にいた。

年齢隠してなかったけど、年齢を知ると、ストレート大学へ来てる人たちは急に敬語になるし、

先輩ですら、敬語になったりするものから必要なければ言わないようになった。

合コンしまくったし、いろんなイベントサークルに顔出したし。

そんでもって、高校時代とは違って、みんな頭いいんだよな。

高校と違って、今から大学受験とか、手遅れ感あるし、

いい大学狙えなさそうだから、1年予備校いくとか。

私は2回目の高校休学して、1年予備校通って、大検使って大学進んだけど、

1年で中高6年分の勉強は大変だったけど、予備校前と大学入学後の学力は段違い。

21歳も22歳も変わらないし、一度真面目に学力上げて、できるだけ上の大学狙ってみるのもいいと思うよ。

正直、大卒ってだけで、日本じゃ大分楽になれるからどこでもいいっちゃいいのかもしれないけど、

つのラベリング効果受けるから偏差値高い大学のほうが気分も待遇大分違うはず。

人生、やりなおすのに遅すぎるということは絶対ないんで、

本当に高校行きたいと思ってるなら、迷わず行くべし。

先のこと考えて生きてる人間なんて1割もいないんじゃないかと。

もちろん、考えて生きてる人たちは、ほとんど成功してる人たちだけど。

少なくとも、匿名掲示板でぼやいて、匿名で煽る人たちのネタになって、嫌な思いしてるよりは、

かに有意義だと思うよw

高校受験してみて、失敗したらそれはそれ。

2回目の高校に無事通うことになって、やっぱり気が変わったとしてもそれはそれ。

やって後悔するほうが遥かに有意義

もちろん、やってよかったと思えたら、大勝利

とらわれていることがあると人は成長が止まる気がしてる。

まずは、君の視界を晴らそう。

高校受験するんだ。そして、通うんだ。

予備校はいつでも受け入れてくれるよ。営利目的でやってる会社なのだから

大学行きたくなったら、高校辞めて予備校行けばいい。

21歳で生きてる意味・・・とか早すぎない?

とりあえず、10人恋人作ってから考え直してw

東光寺電車15時間立ち往生から一週間たったわけだが

まだ雪は残っている。

1月12日新潟積雪について)

---

新潟と言うと、あなたはどんなイメージを持つだろうか。

イナヅマの形をした島、佐渡島

あの対岸あたりに位置するのが、我らが新潟県である

斜めにぐにっと伸びている、あの県。

米どころ。スキー日本酒、雪の国。


私は生まれから25年間、ずっとこの新潟の地に住んでいる。

自分が使っている新潟弁(※1)ですら、方言として認識できない。

そういう地方田舎もの人間だ。


さて、新潟県一口に言ってもその特性は様々である

何せ縦に長いし、標高にもかなり差異がある。

故に、新潟積雪量は地域によって様々だ。


意外かもしれないが、新潟県県庁所在地新潟市」に雪はほとんど降らない。

ちなみに新潟言葉で「ほとんど振らない」というのは

「多くても20cmぐらい積もる」という意味である


さて、そんな新潟市に、一晩で70cmの雪が積もった。


阿鼻叫喚である

いくら新潟人間といえども、新潟市人間は「ほとんど雪が降らない」地域人間だ。

除雪装備もしっかりしていない。

豪雪地域なら必需品の、スノーダンプ(※2)は、持ってる人間のほうが少ない。

だってふきっさらしの平原に駐車してある。車庫のある所なんてほとんどない。


2018年1月12日新潟市麻痺した。

車は既に雪で埋まっている。

無理やり発進できるレベルのものではない。まず車のドアが開けられない。

開いたとしても、ガードレールほどの高さのある雪山に突っ込んでいく馬鹿はいないだろう。(※6)


朝5時。かねてより、こんな時が来るのを理解していた私は、

一年以上はいていないロングブーツを装備し、徒歩で、車道を歩いて職場へと向かうことにした。

本当なら、スキー用の下半身を覆うスノーウェアも欲しかった。

が、そんなものは持っていない。

普通な必要いからだ。普通新潟市に一晩で70cmなんて積もらない。


外に出ると、世界は真っ白になっていた。

雪原の地平線。雪の降り続ける空。そして、目の前の雪の山。

車はのろのろと車道をよろめいて進んでいる。

たまに雪にハマって、動けなくなっている車を何台か見かけながら、私はひたすら歩き続けた。


もし、新潟に色を塗るとしたら、白だろう。

米の色。トキの色。そして、雪の色。

新潟は米どころで、いたるところに田んぼがたくさんある。


街の中に田んぼがあるのではない。

田んぼの中に街がある。

田んぼを縫うように中を道が走ったり、高速が走ったり、電車路線が敷かれているのだ。


私は、新潟東光寺駅を思った。

昨日のニュースは見た。電車が15時間立ち往生。頷ける。

あそこは、信越本線の中でも、群を抜いて何もない駅だ。

学生時代、私は信越本線を数え切れないほど利用したが、

東光寺には本当に何もない。ガチで何もない。田んぼしかない。

はいつも、この駅で人が降りるのを見るたび、

「この人達はどこに行くのだろう?」と思ったほどだ。

本当に、何もない。(※3)


ミネヤ屋で「電車が15時間立ち往生」みたいなニュースがやっていたようだ。

とんちんかんコメンテーター言葉に私は少し怒りを覚えもした。

が、しばらくたつと、東京人達は気楽でいいな、と苦笑いに変わった。

JR東日本は、三条見附あたりの都会(※4)で電車を止めるべきだったのだろうか?

だが、それでも非難は噴出しただろう。


こんな考え事をしている間にも、私はずっと雪道を歩いていた。

雪道を歩くときのコツは、1つ。

ただ、次の1歩を考えて歩くこと。

次の足の着地地点の雪の深さは。雪の硬さは。その先に、先人が通った足跡はあるか。


雪道を歩くときは、先を見て絶望してはいけない。

ただ、次の1歩を考えて歩くこと。

たとえ私の目的地が、田んぼのど真ん中の職場であっても。

それが500Mぐらい先であろうとも。

除雪車おろか、車の通った後がなくとも。

というか、人が歩いた痕跡さえなくとも。

その道が、私の腰ほどまで積もっているとしても。


白い雪原を一歩一歩、踏みしめて歩くしかないのだ。


もはや周りに生き物の気配はない。

新潟象徴である、稲たちは命を駆られた後。

雪の下の水田は、次なる春を待っている。


私の耳はどんどん遠くなる。

雪を踏みしめる音と、自分息遣いと、カバンのかすれる音しかしない。

私が歩きつかれて歩みを止めると、世界からは音が消える。


足先は冷たくなってくる。どんどん感覚がなくなってくる。

背中を愛撫されたように、汗が伝う。気持ちが悪い。

外は寒いのに、服の中は暑い


そうして、やっと私は会社にたどり着いたのだった。


……私の午前中の業務内容は

「欠勤連絡電話応対」「雪かき」「弁当屋の配達不能連絡」で終わった。

誰もいない会社内の暖房は壊れた。外気温、-3度。

それでも室内にいれば6度ぐらいにはなるから、死にはしない。

私は室内でもコートマフラーを脱がなかった。


しばらくたつと、同僚の数人(歩いてきた)が会社にやってくる。

そうして、やっとやってきた社長から「退勤」命令が下った。



さて、先週の金曜日はこんな感じだった。

今週、新潟市内に雪は降らなかった。気温も高く、雪も大半が溶けた。

だけれども、歩道や、除雪のあと(※5)や、日陰にはまだまだたくさんの雪が残っている。


そうして今週末、また雪が降るという。



新潟はこんな国である

東京バラエティ番組が騒いでも、騒がなくても、

ニュースになろうとも、ならなくても、

いままでも、これからも、新潟には雪が降り続ける。


それでも私は、雪は美しいと思う。






---

※1 新潟

「おめさん、そげんこっちゃだみらっこって」 (あなた、そんなことではダメですよ)

私は幼少時代長岡高校卒業後を新潟で過ごしているので、長岡弁と新潟弁がMIXされている

※2 スノーダンプ

雪かき用の道具。台車スコップが一体になったような形状をしている。形状はぐぐって、どうぞ。

※3 東光寺駅には何もない

電車の中から見ると、ガチ田んぼしか見えない。(Googlemapで見ると、近くに集落はあるようだが)

※4 三条見附あたりの都会

なんとこの駅は有人駅であり、コンビニ自販機タクシー乗り場があるのだ。超都会。

※5 除雪の後

砂をダンプカーで運ぶところを想像して欲しい。山ができるだろう?あそこの部分の雪はとけきれずに残る。

※6 車で雪山に突っ込んでいく馬鹿はいないだろう

いた。でもその後行動不能になってた。ばっかでーーーwwwwww


---

ブログとかたまにやってるけど

ローカルねたで身バレが怖いのでこちらに書かせてもらいました。

ここまで読んでくださりありがとうございます

めも:身バレしなので、ある程度脚色を加えております

(腰まで積もった道を歩いていったのは本当だよ)

めもめも:立ち往生した東光寺三条市だった気がする

---

アイドルが死ななかったら

年末、ひとりのアイドル自殺をした。

それ自体別にどうでもいいことで、どうでもいいと言ったらファンからは怒られるだろうが、ここではその出来事自体重要ではない。

アイドルが死んでからしばらくして、

友達から絶縁されてしまった。

彼女とはもともとインターネットで知り合った。お互い同じアイドルが好きだった。

時期は忘れたが、いつのまにかツイッター上で相互フォローになり、リプを飛ばしあうようになっていた。

ある時開かれたコンサートで「せっかくなので会いましょう!」とDMから誘ったら、彼女は快く会ってくれた。

アイコン画像に似た、とても綺麗な人だった。

そこからコンサートの度にカフェや会場で会うようになり、ツイッターDM卒業して、LINEを交換した。

インターネットで知り合った人とのひとつの「壁」でもある、本名普段仕事

も教えてもらった。「実はこういう仕事してるんです」と恐る恐る話しを切り出すと、とても近くに住んでいて、かつ同業者であることが判明した。

そこから距離が縮まるのはぐっと早かった。オタ活動の話はもちろん、仕事恋愛についても話した。

いつだって気さくに何でも相談にのってくれた。無駄な話も同じくらい沢山した。毎日LINEを送って、たまに電話もした。

遠征先のホテルで語りあって、朝日が昇るまでコンサート映像を見続けたり、「打ち上げ」と称して高級料理を食べにいったり。

お泊りだって何度もした。実際、彼女から連絡が来なくなるついちょっと前も、一緒に旅行に行っていた。

もうただの「普通」の友達だった。

アイドル自殺したその日夜、一報を受けて送りあったLINE最後に、彼女から連絡がぱたりと来なくなった。

様子が気になって彼女ツイートを見ていた限り、すごくすごく落ち込んで、ショックを受けているのはわかっていた。

自分もそのニュースにはひどく驚き、悲しい気持ちになったが、正直彼女ほどではなかった。

それから何日か経ってからツイッターフォローが外されていることに気付いた。リプも読まれていなかった。

そういう結果になったことに、思い当たるふしが全くないようで、あったといえばあった。

例えばニュースが飛び込んで来た夜の自分ツイート彼女に送ったLINE

どんな風に声をかけていいかからず、かけた言葉すべてが彼女を傷つけてしまったのかもしれない。

今となっては言い訳しかならないが、彼女が悲しんでいる姿を見るのが辛くて、ただ元気になって欲しかった。

その気持ちは嘘ではない。

年末に会う約束は、丁重お断りの連絡が届いた。会いたくないとか嫌いとかそういう内容ではなかった。

「色々考えたけど、やっぱり今回は遠慮します」ということが書かれていた。それっきり。

インターネット出会った人と、ここまで仲良くなれるのかとずっと浮かれていた。つかの間だったが、一番の友達が出来て嬉しかった。

でも終わりは何ともあっけなかった。これが学生時代の友人であれば、嫌でも顔を付き合わせ、彼女の反応も何となくわかるものだが。

時間解決してくれるかもしれない。でも何となくもう彼女と会うことはない気がする。

アイドルが死んでしまたことより遥かに重大ではないけれど、でもよっぽど現実的で切実な問題である

あの人が死ななければ、私はまだ今でも彼女友達だったのだろうか。

先日、彼女アカウントミュートした。

フォローそのままである。

京大卒業した者達の実態

入る前は、

60%……大企業 20%……有名なベンチャーとか 19%……研究者など(D進) 1%……その他

ぐらいの進路なのかなあとぼんやり思っていたが、実際には、

20%……大企業 40%……(アレな表現を許せば)隠れ優良企業 10%……ベンチャーなど 15%……研究者など(D進) 15%……失踪

ぐらいの勢いで(思っていたより)10倍ぐらい失踪者がいる気がする。

失踪者の中にはただひたすらに学費を払って失踪しているものや、BやMの学位だけは取って失踪するもの、退学するものなど色々いる。

anond:20180119142558

なるほど。当事者意見はありがたいな。

卒業する目的か、たしかに。ひとつひとつハードル飛んできた最後にはゴールがあるけど、ゴールすることが目的ならどうやって飛んできたか関係ないもんな。

自分は飛び方にこだわりたい、みたいになってるのかも。ガチ趣味っぽい、お年寄り生涯学習に近いのかもしれんな。

放送大学の科目履修生、1科目なら費用も微々たるものだし、とりあえず何か履修してみることにするよ。

アイドルが死んで

年末、ひとりのアイドル自殺をした。

それ自体別にどうでもいいことだ。

どうでもいいと言ったらファンからは怒られるだろうが、

ここではその出来事自体重要ではない。それはあくまきっかけでしかない。

アイドルが死んでからしばらくして、

友達から絶縁された。

彼女とはもともとインターネットで知り合った。お互い同じアイドルが好きだった。

時期は忘れたが、いつのまにかツイッター上で相互フォローになり、リプを飛ばしあうようになっていた。

ある時開かれたコンサートで「せっかくなので会いましょう!」とDMから誘ったら、彼女は快く会ってくれた。

アイコン画像に似た、とても綺麗な人だった。

そこからコンサートの度にカフェや会場で会うようになり、ツイッターDM卒業して、LINEを交換した。

インターネットで知り合った人とのひとつの「壁」でもある、本名普段仕事

も教えてもらった。「実はこういう仕事してるんです」と恐る恐る話しを切り出すと、とても近くに住んでいて、かつ同業者であることが判明した。

そこから距離が縮まるのはぐっと早かった。オタ活動の話はもちろん、仕事恋愛についても話した。

いつだって気さくに何でも相談にのってくれた。無駄な話も同じくらい沢山した。毎日LINEを送って、たまに電話もした。

遠征先のホテルで語りあって、朝日が昇るまでコンサート映像を見続けたり、「打ち上げ」と称して高級料理を食べにいったり。

お泊りだって何度もした。実際、彼女から連絡が来なくなるついちょっと前も、一緒に旅行に行っていた。

もうただの「普通」の友達だった。

アイドル自殺したその日夜、一報を受けて送りあったLINE最後に、彼女から連絡がぱたりと来なくなった。

様子が気になって彼女ツイートを見ていた限り、すごくすごく落ち込んで、ショックを受けているのはわかっていた。

自分もそのニュースにはひどく驚き、悲しい気持ちになったが、正直彼女ほどではなかった。

それから何日か経ってからツイッターフォローが外されていることに気付いた。リプも読まれていなかった。

そういう結果になったことに、思い当たるふしが全くないようで、あったといえばあった。

例えばニュースが飛び込んで来た夜の自分ツイート彼女に送ったLINE

どんな風に声をかけていいかからず、かけた言葉すべてが彼女を傷つけてしまったのかもしれない。

今となっては言い訳しかならないが、彼女が悲しんでいる姿を見るのが辛くて、ただ元気になって欲しかった。

その気持ちは嘘ではない。

年末に会う約束は、丁重お断りの連絡が届いた。会いたくないとか嫌いとかそういう内容ではなかった。

「色々考えたけど、やっぱり今回は遠慮します」ということが書かれていた。それっきり。

インターネット出会った人と、ここまで仲良くなれるのかとずっと浮かれていた。つかの間だったが、一番の友達が出来て嬉しかった。

でも終わりは何ともあっけなかった。これが学生時代の友人であれば、嫌でも顔を付き合わせ、彼女の反応も何となくわかるものだが。

時間解決してくれるかもしれない。でも何となくもう彼女と会うことはない気がする。

アイドルが死んでしまたことより遥かに重大ではないけれど、でもよっぽど現実的で切実な問題である

あの人が死ななければ、私はまだ今でも彼女友達だったのだろうか。

先日、彼女アカウントミュートした。

フォローそのままである。

anond:20180119140500

現在放送大学受講生でもある自分感覚として、単純にその単位取る為だけの勉強と、取った科目をある程度理解するのとは高い壁がある感じがするので、そこでジレンマを感じないでもない。卒業目的になると、単位取る為だけ試験を通過するためだけの勉強になりがち。

放送みて興味がある科目があったら、科目履修してみるといいかも。

anond:20180119111747

卒業するころには50近くだよね。

その歳で(体力知力的に)卒業して国試受かって研修医出来るんだろうか。

自分より遥か年下の先輩医師に顎で使われる屈辱に耐えられるんだろうか。

あとその間の生活費はどうするんだろうか。まさか親に養って貰える歳じゃないだろうし。

今までの貯金OKってくらい今まで稼いでるなら、普通にそのまま塾続けた方が収入多そう。

いじめを乗り越えた「3つの掟」

これは俺の体験談だ。

俺は中学生の頃、いじめられていた。

殴られたり金を取られたり、物を捨てられたりしたわけではない。ある出来事きっかけで、友人グループから仲間はずれにされた。そこにいるのに無視された。聞こえるところで、でも直接ではなく、悪口を言われることが増えた。不名誉あだ名を付けられ、近くを通るたびにそのあだ名でヒソヒソ呼ばれたりもした。

そんなのいじめじゃないという意見もあるかもしれないが、当時の俺にはつらかった。もしかたらこのまま学校に行けなくなるかと思った。


だが俺にはそうすることはできなかった。

代わりにいじめを乗り越える3つの掟を決めた。それを心の中で唱えながら残りの中学生活を耐える道を選んだ。


1. 「人の悪口を言わない」

2. 「いじめてくる相手をとにかく避ける」

3. 「ひたすら勉強する」


1. 人の悪口を言わない

いじめてくる相手と同じことをしても意味がないと思った。悪口をこぼした人から噂が伝わって、またいじめられるかもしれない。絶対いじめてくる相手への不平を漏らさないことにした。いじめの原因となった出来事は、俺にも悪いところがないわけじゃなかった。だからそんなことをしたら余計に火がつくと思った。誰にも、何も言わなかった。親や教師相談するなんて言語道断だった。

2. いじめてくる相手をとにかく避ける

相手全員の行動パターンを調べ抜いた。どこを通って登校してくるか。昼休みはどこにいるか部活にはどのルートを通っていくか。それらを全て避けるようにして動いた。遠目に相手の顔が見えると血流がサッと冷たくなり、バレないようにこっそりきびすを返して別ルートに行く。そんな生活だった。とにかく逃げた。そして逃げていることがバレてはいけなかった。おかげで悪口を聞くことが減った。言われることが減ったわけではない。悪口不名誉なあのあだ名も、聞こえなければ言われていないのと一緒だと必死に思い込んだ。


3. ひたすら勉強する

義務教育学生最後に残されたもの勉強だと思った。他の全てを捨てたから、時間だけはたくさんあった。学校の授業を一言も聞き漏らさずに受けた。学校が終わると家でずっとずっと勉強していた。登下校以外家から出たくない。勉強だけしていたい。中学範囲をやり尽くし、高校問題集に手を出した。幸福なことに勉強の内容だけは先が見えないくらいたくさんあった。何も知らない親は、俺が急に勉強するようになったと無邪気に喜んでいた。ほどなく当たり前に成績が付いてきた。それでも心は重たいまま、頭脳けがキリキリ研がれていった。




始業前の教室で手持ち無沙汰の時間が嫌で、でも遅刻寸前になると逆に目立つから、と開始5分前に登校した。休み時間は全て寝たふりで乗り切った。始業のチャイムで目覚めるふりが上手くなった。授業が終わるとすぐに、でも目立たないようにそっと帰った。家に帰ると猛勉強した。そんな生活が続いた。

学校祭や体育祭は裏方役を選んだ。欠席すると余計に目立つからだ。同じように修学旅行も息を殺して参加した。行かなかったら負けだと思った。ただ、所属していたバスケ部は誰にも言わずにすぐ辞めた。狂ったように勉強ばかりしていたので、成績だけは相変わらず伸びていった。幸い試験の結果を貼り出すような学校ではなかったから、誰にもバレなかった。

おかげでその中学からでは考えられないような私立高校に余裕で合格した。だけど目立ちたくなかった。教師絶対秘密にしてくれと頼み込んだ。理由は言えなかった。教師は進学実績に匿名で加えるなら、と約束してくれた。

卒業式。開始5分前に行き、証書を受け取って式を終え、アルバムをもらって最後ホームルームが終わるとバレないようにそっと抜け出してそのまますぐに家に帰った。感慨はなかった。これでやっと中学生活を終えられた。いじめを耐え抜いた達成感ではなく、安堵の気持ちけがそこにあった。


高校では、1つめの掟「人の悪口を言わない」だけ守った。中学の同期が誰もいない環境で、久しぶりに仲の良い友人ができた。嬉しかった。いじめられることももうない。だけどもそんなとき中学時代自分が頭の中に呼びかける。調子に乗るな。人と関わるな。心に刻みつけた掟は、大学に行ってもなかなか消えてくれなかった。


実家の整理を手伝っていたら中学卒業アルバムが出てきて、いろいろ思い出しながら書いたら量の加減がわからず長くなってしまった。これが今いじめられている誰かの助けや参考になるとも思えない。俺も、俺をいじめていた相手も、もう大学もとっくに卒業して普通のオッサンになり働いている。別に今更復讐しようなんて思っていない。あのときひたすらに勉強たから今があると思えば感謝できるくらいだ。だけど俺は、久しぶりに集まった中学同期と「あのときは楽しかったなあ」って言いながら酒を飲むことはできない。それだけだ。

普通女子みたいな生活がしたいって、もっとましな説明をしてくれよ

これはただのぐちです。

有安さんがももクロ卒業するってこと自体は、まったく違和感がない。

昨年の武道館でのソロコンを観た人ならわkると思うけれど、

有安さんが実現したい音楽世界って、ももクロとはまったく違うものだってことがよく分かったから。

コンサートの帰り道、ももクロを辞めるっていわなければいいけどって思ったほどだ。

からソロ活動するからももクロ卒業するっていうのなら理解できる。

最近ももクロ現場には行かなくったけれども、有安さんの現場には行っていたから、むしろ大歓迎だ。

でも、ふつう女子生活がしたいからって、それはいくらなんでも説得力がない。

往年のピンクレディーのように寝る間もないほど忙しかったのならともかく、

ももクロスケジュールは、昔のアイドルに比べればはるかに緩やかだ。

最近仕事してしないじゃんって思うこともよくあるし。

から、早退することは何度もあっただろうが、高校は3年で卒業したし、

大学に推薦してもらえるほどの成績をおさめることもできた。

その大学も4年で卒業できた。

有安さんの努力があったにせよ、けっこう普通女子生活はしていたはず。

まぁ、学校の成績がいいわりには、一般教養がないのは確かではあるけれど。

それなのに普通女子生活がしたいかももクロ卒業するっていわれても、

ももクロが嫌になったとしか思えないわけだ。

ももクロを脱けるだけではなく、事務所との契約も切れたにもかかわらず、

引退ではなく、卒業という言葉を使っているのは、含みがあるのだろうとは思う。

一般に、アイドル卒業するっていうのは、不祥事でもない限り、数カ月前には告知される。

それが1週間前っていうのは、事務所といろいろあったんだろうなと勘ぐってしまう。

ソロ活動したいっていう有安さんと、ももクロを続けさせたいスターダスト

事務所からすれば、何度もソロコンやらせてあげて、ソロアルバムも出してやって、

たくさん希望をかなえてやったのに、辞めるとは何事だ、どうしても辞めるなら事務所も辞めろっていう感じになったのかなとか。

有安さんは、「歌いたい。握ったマイク、もう離さない」と歌った。

その彼女が歌を辞めるとは思えない。

事務所も、その当たりをいくら配慮して、引退ではなく、卒業という言葉を使ったのではないか

ただの、想像なんだけれど、もやもやする。

ようは、返って来て欲しいだけなんだけどね。

今まで必死に打ち込んだことが大学受験しかない

独学で必死に打ち込んだからこそ結構覚えてることが多くて、

大学卒業した今でも科目別の出題傾向とか参考書とか覚えてる。

科目によってはセンター試験の点数まで覚えてる。

でも普通の人からしたらこんなん気持ち悪いよな。

過去の栄光にしがみついてるようにしか見えないよなぁ。

20半ばにもなって1年半程度の経験をこんな覚えてるのってなんだかなぁっておもっちゃう。

必死に打ち込んだことが受験しかいからこうなってしまうんだろうな。

「親御さんもあなたのことを愛しているのよ」と言われるのがしんどい

親が許せないと言うと、善良な方々は口を揃えてこう言ってくるが、洗脳でもされてるんだろうか。

私や兄弟ネグレクトして食事もろくに与えない幼少期を過ごさせた挙句GPS付き携帯高校卒業しても監視し続け少しでも18時の門限を過ぎたら鬼電して家から締め出すような親を許さないと言って何が悪いんだろう。

「曲がりなりにも育ててもらった恩が」とか、じゃあ私と同じ目にあいながら育ってみればいいと思うんだけれども。

常に親のサンドバッグ(物理)にされて、人間性否定され続け、暴力に怯えて生活しなきゃいけなかった人生を歩んでみればいいのに。

そうやって子供自分の道具扱いしながら育てるのが愛だというなら私は愛されたくなんてない。

そんなの当たり前だとか許さない私が悪いとか、当事者じゃなければいくらでも言えるよね。死ねばいいのに

2018-01-18

卒業するからって旅行行く大学生

何の意味あんの?

海外に5泊とか6泊とかして何十万も使ってよー。

その金貯めて今後に生かそうとは思わんのか。

卒業旅行海外に行くことに魅力を感じない

現在大学四年生、あと二ヶ月ほどで卒業だ。

どうやら卒業旅行にみんなヨーロッパとか東南アジアとか周遊するみたいだ。

一応自分友達マレーシアリゾート数万円で少しだけ滞在して終わる。お手頃価格だし、仲良いし別にそこがいいわけではなく、丁度良かったからそこにした。

なぜだか海外に全く魅力を感じない。正確にはめっきり感じなくなった。

よくある日本バンザイ的なやつじゃなくて、海外へ行ってもいいし行かなくてもいいみたいな。

例えば、靴を右から履こうが左から履こうがどうでもいい、気にする人は気にするし、気にならない人は気にならない。その程度。

多分これって知的好奇心が確実になくなった、歳をとったのだと思う。

それを知覚してからというもの毎日が怖い。

あぁまた無為に過ごしてしまった、今日何かワクワクしただろうか、そんなことばかり考えてしまう。弾力のない日々が続く。

仕事を始めたらきっと仕事仕事になって多分すぐ老いしまう。どうすればいい?同じ気持ち増田はいない?

意識高い系って、要は中二病の流れでしょ?

中二病

高二病

大二病

社二病

 

中二の頃に黒歴史ノートだったのが、社二になったら僕の考えた最強のイノベーションになる

一度は多くの人が掛かるやつで、問題卒業していない人

そういう意味で、20代意識が高いのはそっとしといてやれよと思う

anond:20180118090002

俺も男だからフラれた当初はむやみに筋トレしたり走ってみたりしたよ。でもなかなか発散されなかった。運動モヤモヤ昇華するなんて嘘かもしれん。

早くサークル引退して大学卒業して、一切の関わりを断って知人が誰もいないところで働きたいとも思うよ。

でも表向きは元カノとも爽やかに別れてて、就職サークルOBのツテで考えるような雑魚から、そこまでの勇気が出せないんだ。

元カノを殴りたい」って気持ち内面に抱えながら表面だけ取り繕うような、卑屈な生き方しかできないような気がしてる。

アドバイスありがとう。もうちょっとバイト増やしてうまいもん食ってみる。

22歳だけど、もう人生いかなって気がしてきた

高校卒業後、本当に何もしたくなくて1年ほど引きこもった時期があった。死んでいる様な生活だったし、劣等感も凄かった。

結局そのままじゃ人生詰むってわかってたしあんまり親を悲しませるのも嫌だったからその生活は1年で切り上げた。

その後学校に通い始めてバイトも始めてその両方でそれなりに良い人間関係を築けて、自分がまともな人間になれたような気がして少し嬉しかった。最低限のコミュ力くらいは普通にあったから、そこはそんなに苦労しなかった。

でも今になって思うのは、結局のところ引きこもり時代自分本質だったということ。

何もしたくないとか、1人で静かにしていたいというのが自分の1番の望みだったのだ。

自分冗談を言うのも好きだし、外に出れば面白いはいろいろある。

でも、何よりも自分が求めているのは何も考えずに静かな時間を過ごすことだった。

本当に仲の良い友人や親とでさえも一緒の空間にいるだけで疲れる。

誰かと話して面白くて笑っているはずなのに、どこかで虚無感の様なものを感じる様になった。

何のために生きればいいのか。

欲しい物や知りたいこともあんまり無い。

22だし、これからどうにかすればどうにでもなる年齢なのかもしれないけど、自分に対して期待できることがもう無い。

こんな考えに至ってしまっているという事実が何よりも自信を失わせているのかもしれない。

今は生きててもただ疲れて行くだけ。

でもずっと何もせずにいるなんて自分自身も周りも許さない。

怖いし何かもったいない気もするから生きているだけで、死んでいる状態に近い。

一体自分はどこへいけばいいのか。

anond:20180118001230

おつかれ

とにかく卒業しないことにはどうしようもない

ゴミを生成した

具体的には修士論文の草稿

何もないよりはマシなのかもしれないけどこれはゴミなのでは???

ゴミでは???

っていうかゴミを生成して卒業ってどうなのよ

明日教授から言動で)ボコボコにされる未来しか見えない

2018-01-17

弟が好きだ(長い)

私には弟が2人いて、どちらも大好きだ。もちろん恋愛的な意味じゃなくて家族として。

上の弟は今高校三年生で、この間センター試験を受けた受験生でもある。

7歳から剣道をやっていて、小柄で痩せすぎな体格を逆に生かして先鋒としてすばしっこく活躍する姿は、姉としてのひいき目を無しにしてもかっこいいと思う。

中学でいろんな大会やらで結構いいとこまで行って、その結果を持って高校で推薦をもらったスポーツ少年(剣道スポーツと呼ぶのはどうかというのはあるが)なのである

下の弟は今小学六年生で、こちらも6歳から剣道をやっている。先鋒を務めることが多い上の弟とは対照的に、主に大将をやることが多い、体格がいい少年だ。相手の動きを見切り、堂々とした動きで相手を確実に仕留める戦い方は、もうすでに上級生をも上回る貫禄を見せていて、これからに強く期待が持てる。中学九州剣道強豪校からスカウトをもらっていて、親元から離れてそちらの寮に入ることが決まっている。

話が変わるが、私の家は、母親バツ3で、今の父親は4人目になる。

そして、私、弟1、弟2という兄弟構成なのだが、全員父親が違う。

私の実父はクソ男で、マルチをやってたらしくて豚箱に入ったりしたと親戚から聞いたが、顔も覚えていないし私が2歳の時に離婚したようだった。私はその父親認知されてることを18歳の時免許を取ろうとして戸籍謄本を取得した時初めて知った。ちなみにその次の父親とは子供を作っていないが、私に性的虐待をしていたことがバレて離婚した。

現在はマシだが上の弟がまだ乳児で、私が小学生だった頃、私と上の弟はネグレクト被害に遭っていた。

上の弟の父親借金を抱えてしまったせいで母親が心を病んでしまって、私たちの世話をしなくなった。前々から結構な量の家事をやらされていたので、少しやることが増えたなくらいにしか思っていなくて、弟の世話をしながら家事をする日々が中学卒業するまで続いた。

その頃は新しい父親もいて、下の弟も生まれていて、母親もだいぶマシになった。ネグレクトからひどい過干渉(私にだけ)になっただけだけど、私たち食事を用意するようになったからマシになったと思う。

けれど、親の代わりに授業参観避難訓練の引き取りに中学生を行かせたり、学校結構な回数休ませて弟を病院に連れて行ってあげたりするのはやっぱりおかしいと今でも思う。

もちろん下の弟の保育園の送り迎えもやっていたし、熱が出ると親ではなく私の携帯に連絡が行くようになってて(親に連絡しても出ないので)、私は仮病で早退しては弟を保育園に迎えに行っていた。

とにかく、そんな経緯もあって私は弟が好きだ。これは育児をしたことがある親御さんが聞いたら怒るかもしれないが、私が半分は育てたようなものからなのかもしれない。

ろくに友達と遊ばないで(遊ぶ時間がなかった)、毎日学校から走って保育園に向かった。

中学の時は下の弟と手を繋いで小学校学童保育に向かって上の弟を迎えに行ってから家に帰り、高校の時はママチャリで通学していたので、下の弟をチャリに乗せて学童保育向かってから帰宅した。帰り道に、2人に今日は何があったの?と聞くのが大好きだった。

19の時に私は家出をした。

私は大学でやりたいことが見つからなくて、それなら就職して家出資金貯めるか〜という気持ち高卒就職をした。

就職しても母親の過干渉はなくならず、むしろひどくなって、色々我慢できなかったことが多すぎた。さすがに自分携帯代を支払っているのに携帯GPSで居場所がわかるキッズケータイなのは我慢ができなかった。

何より、上の弟の大学進学の話で、「弟の大学進学の資金あんたも出してよ。ボーナス入るでしょ」と上の弟の前で言い放ったことが本当に我慢できなかった。

その話の後、上の弟はこっそり「姉貴は払わなくてもいいからな。ごめんな。」と言ってくれた。こんなこと高校生男子に言わせて恥ずかしくないのかと憤慨した。こんな家には居られないと、頭に血が上った結果だった。

結果的に私は家出した3ヶ月後に父親から一人暮らしをしてもいい。保証人になるから一度帰ってきてくれ」と連絡が来て、3ヶ月間働きながらネカフェ生活をしていた私はちゃんとした家に住むことになった。

それから四年経った現在実家との関係はまあ悪くはないが私は母親のことは許していない。時たま贖罪のつもりなのか母親から食料が送りつけられてくることがあるが、許せないことは許せない。

年末年始お盆には実家に帰ることにしている。もちろん弟の顔を見に帰るためだ。父親にも、まあ、元気ですかくらいは言う。母親は知らん。

会うたびに小遣いを渡そうとしても、上の弟は「姉貴も生活しんどいだろ。無理すんなよ」と言ってくれるし、下の弟は、「お金よりお姉ちゃんが家に来てくれる方が嬉しいからいらない」と言ってくれる。泣けてくる。

2人の誕生日は毎回奮発する。PS4京都友禅染の財布、ちりめん細工の飾りが付いている斜めがけバッグ、switch本体、他にも本人が欲しいと言ってくれたものたち。LINEタイムラインとかで「姉にもらった」と言ってくれたり、ふとした時に使ってくれてたりするのを見ると本当に嬉しい。

普段はツンケンしてるしラインもたまにしかくれない上の弟も、私が元彼に暴力を振るわれていたと知った時はひどく怒ってくれたし、殴り込む勢いだったのを止めたことがある。

下の弟はいつも、次はいつ来るの?と懐いてくれて、覚えたてのSMSでたまにメッセージをくれたりして(内容が、テストで100点だったとか、いい試合動画が撮れたとかでかわいい)とってもうれしい。

私は弟が大好きだ。誰かに理解されなくても、きっと、2人がいなかったらあの家で私は潰れてしまっていただろうから

脱退=不仲、と外野が言うこと

アイドルグループから脱退のニュースが続く。

アイドルオタクとして、ファン気持ち想像するだけで辛い。だけど私はそのアイドルをよく知らない。何があって脱退になったのか、本当の理由なんて本人にしかからない。だから脱退したことに対してきっとこうだったから、ああだったから、なんて言えない。

国民的なアイドル解散ときだってそうだった。

でも「名前だけ知っている」「メンバーのことはよく知らない」ていどの人間は、こういったニュース流れるたび「不仲だったから脱退するの?」「仲悪いか解散すると思ってた」などと、自分には全く悲しみなんてないからこんな極端な言葉を口にする。そういう人がめちゃくちゃいる。野次馬みたいな感じで一言添えたいのかもしれないけど、

私は自分推し卒業するときがきたとしてなんにも知らない奴に「仲良くなかったから?」なんてわざわざグループごと下げるようなことを言われると悲しいか、悔しいか、そんな気持ちが混ざって怒りになると思う。何にも知らないくせにと思う。何にも知らないからそんなこと言ってるとわかってる。じゃあわざわざ言うな。

ファン気持ちを考えろと言いたくなるけどこんなこと強制できない。ずっと予測に「不仲」なんて出てくるのは、野次馬のせいもあるんだろうな。

脱退も解散卒業も、アイドルじゃなくて1人の人間決断と思う。

不仲だからなんて理由だったらとっとと辞めてるんじゃないか。不仲だからという理由だけではなくて色々重なった結果とは思わないのか。

人がずっと思い悩んで出した答えが、世の中にはこんなに簡単バカみたいな単純な言葉に変えられるのが悔しい。

中学校って卒業してしばらくたつけど

流石に授業とかって進化してるんだろうな。

教科書朗読して、書いてあることをそのまま黒板に写してなんてクソみたいな授業は死滅して

学習意欲が湧くような素晴らしい仕組みが採用されているんだろうな

anond:20180117152801

かに人生色々、人それぞれだわ。

でも、意地悪な言い方をすれば、あなたはこれまでに高校で習ったことを何一つ覚えていないわけでしょう。

高校卒業試験があったら確実に落第する。

そんなあなた卒業後の進路のことを考えてる場合ではないと思うわけ。

もちろん勉強人生の全てではない。でも、平日の昼間っからこんな所にいる人間からかわれてるのはあまりにも不憫だわ。

このまま行けば、あなた低能を嘲って安心するような哀れな大人なっちまうんだよ。

そんなのはまりももったいない。

下を見始めたらキリがない。

から、どうかもう少し勉強してくれ。

ほんのちょっとやったら、センター試験で60点は当たり前に取れるから

よろしくお願いいたします。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん