「ニュース」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ニュースとは

2018-10-19

沢田ニュースを聞いて、会社の地下ドルファンの人たちが自分推しは頑張って呼んだ時でも100人なのに…とか悲しんでた

亀を捨てた父

学も教養もない借金しか作らなくて蒸発した父が昔、亀を捨てに行った

私は小学生低学年の頃だったから何も理解できなくてただ捨てに行った父を横で見て泣いてた

当時亀からうつる病気になってしぬとかいニュース流れたんだけど、父は慌てて捨てに行ったんだ

池にぽちゃっと車で捨てに行った父について行ってたけど、あの時の父の行動が未だに理解できない。

まあ、猫とか平気でみんな虐待してそれを自慢してるようなど田舎だったからね

亀で死ぬの?

昭和終わりの頃の話なんだけど誰か知らない?

「え、まさか本気にしてたの?」

ブコメ見てると「怪文書怪文書。本気で信じてる奴なんていないでしょ」っていう奴が多いが、

そりゃ図星食らってるヤツが「図星です、確かに真偽不明でしたね、反省します」なんていうわけがないので、

いきおい懐疑派のブコメしかまらないわけだ。


ただ元増田トラバブクマもあの「怪文書」とやらの方が会社よりも説得力信憑性があるって前提で絡んでるやつらばっかだと思うがね。

そういう連中を無視して「あれはただの怪文書」ってのも通らねえだろ。

っていうか、

つい先日の五輪ボランティアの件を思い出すな。

ボランティアが8万人集まったってニュースに対して、

「え、まさか本気でボランティアまらないと思ってたの?」

なんてブコメ節操なく人気コメントに入ったりしてて。

今まで散々五輪ボランティアふざけんなって文句言ってたのに。

元増田の「怪文書」も、もしこの告発が虚偽だったりしたら、

まさかあの怪文書を本気にしてた奴はいないよね?」なんてブコメトップになったりするんだろう。


anond:20181019095814

anond:20180908121740

また、ブリーフ姿やフンドシ姿の写真投稿はOKなのに、「ある訴訟に関してツイートした」ことが「品位を辱める行状」でアウトというのもおかしな話だ。

知らない人が増田を消していたので、勝手自分が次ごう。

別に100%正義100%悪が争っている訳じゃないし、どっちにも色んな思いがあってわざわざ裁判をしているんだと思うんだけど。直接の担当じゃないにしろ裁判官がニュースとか見て「オレ絶対こっちが悪いと思うわ」みたいな事をネット発言するのって、自分当事者だったら本当にイヤだと思うんだよね。止めてくれるように、下手したら裁判くらいはすると思う。この人にはこの人の言い分があるんだと思うけど。裁判システム側が煙たく思うのはすごく解る。

「その判断が正しいからいいだろ」っていう人が割りといるんだけど。良くないよ。もっと言えば、こういう裁判だって判れば、この裁判官が気に入るような弁護方針とか主張とか、そういうのに阿るようになるよね。勿論、裁判官だから私生活犠牲しろ!とは口が裂けても言えないんだけど、twitterペラペラ信条を書くような裁判官に担当されるのは本当にイヤだと思う。

anond:20181019111815

フェミは興味ねーよ

そういう議論の題材とかではなくてね、

それ以前の話

なんか、ニュース見て

在り来りな感想書いて

定型文みたいな共感コメント

延々と返されるあの茶番とか、

その割には、未確定の人間

犯人と決めつけて叩きまくるし

低能しかいないのかと思いたくなるわ

anond:20181019113210

ニュースに「キモくて金のないおっさん」って書いてあるんだろうか?

労災で亡くなった方をキモくて金のないおっさん認定してるならそれこそ失礼じゃね?

anond:20181019113124

キモくて金のないおっさん労災で死亡したニュース

君の主張はこういったニュース引用などしてすると良いと思うよ。

anond:20181019112558

キモくて金のないおっさん労災で死亡したニュースなどに対するネットの反応などを見れば私一人の問題ではないことが明白でしょう

そのように私個人問題である矮小化するのは差別存在するという認識すらできていない段階なのだと思います

例えば奴隷ではない黒人がいるのだから黒人差別存在しなかったなどといった主張と同等の論外な話です

anond:20181019060214

社会の変革期だし良くも悪くも日本の景気が停滞から抜け出そうとしているので、釧路で出来るビジネスってのはあると思うんだよ。でも、問題はそんなところじゃなくて、その釧路で出来るビジネスってのは、釧路じゃなきゃできないのか? って点にあるんだよね。水産でも恒常でも避暑でも観光でも、釧路以外でもできちゃうってのが、おそらく最大の問題

日本行政制度的にも同調圧力的にも機動力が低く、官僚的で、悪い意味民間にたいして他人事でしょ。釧路で何かビジネスをしようとしても、地方行政からの援護はお定まり書類書いて受け取る補助金以外には期待できないし、それってほとんど全国どこの自治体でも同じ補助を受け取れる。地方行政が何か相談に乗ってくれたり、調整してくれたり、一緒に汗をかいてくれるってことはない。

夕張があのざまになった現在においても、役所危機感がないし、持ち込まれビジネスがあまりにも新規である場合門前払いをしたり、邪魔をしたりしてくることすらありえる。つまりその意味でも釧路でなきゃいけない理由がない。

逆に言えば、腰を据えて協力してくれる行政人間地元商工会だの商店街人間がいれば、それだけで差別化の原資になるということでもあるんだけどね。新聞ニュースになるような地方活性化の事例は、ほぼ例外なく、要するにやる気のあるその個人がその場所たまたまいたってことにすぎない。

笑っちゃうよね。国会総理大臣を始めお歴々が地方創生とか熱弁を振るっていても、結局、周囲の白けムード無視してがむしゃらにマニュアル無しでも体当りしていく個人がその地域いなけりゃ、カタチにならないものを期待してるなんてね。でもそれがおそらく、多くの現場現実だ。

保育園とか障害者施設とかが

近隣住民の反対で建設中止になったというニュースに怒っている人達自分の家の近くに偏差値の低い高校移転してくるとかいう話には猛反対しそう。

キズナアイ杉田水脈左派フェミに叩かれる理由

杉田水脈靖国参拝をしたというニュースを耳にしてなんとなくわかっちゃったんですけど・・・

釧路市の発展の要因をさぐる

本稿では、下記ブログで軽妙に紹介される釧路市の停滞について歴史的経緯から振り返ってみようと思う。

https://www.kansou-blog.jp/entry/2018/10/18/173838

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.kansou-blog.jp/entry/2018/10/18/173838

漁業築港

近世期には、釧路は「クスリ場所」という漁場が設定され、松前藩から委託された業者がそこから利益を独占していた。

そこでは鮭や昆布、鰊などの海産物のほか、内陸やその他獣の毛皮が収集されていた。

釧路には港がある。というか、大きな港を構築できた。これが大きかった。

函館から太平洋側に航路をとると、日高の小さな諸港を数えるばかりで、大きな築港ができない地形が続く。

例えば十勝国広尾港の小港を除けばずっと遠浅の地形が続く。内陸に続く十勝川河口も例外ではなく、ついに十勝では大規模な漁港を構築しえないまま現在に至っている。

苫小牧港は、実は昭和の初めから計画されたもので、陸地を魔改造した港。自然にできたものではない。

立地

釧路道東地域に程良く近い。厚岸にもいけるし、白糠にも近いし、内陸を通って今の北見国にも通ずる。

港を基点に色々なところに行ける。

採炭地と鉄道敷設

近世末~近代初期にかけて、釧路では石炭が取れることがわかってきた。

こうなると船舶だけでなく、鉄道敷設が期待されるようになる。

そもそも北海道鉄道濫觴は、採炭メインで三笠市小樽市とを接続したものファンが多い分野だからあえてここでは雑に触れる)。

っつーことで、明治34年釧路駅ができる。そこから十勝方面鉄路が伸びて、日高山脈と言うでかい山脈越えるのが明治40年

これで札幌小樽函館本州方面鉄路でモノを送れるようになる。

明治40年にここまで行けたのは結構重要結果的に、大正3年~の第一次世界大戦好景気に間に合う形になり、色々な階層を潤わせた。

林産と製紙工場

鉄道ができると、海産物石炭以外にも物資を運べるわけだ。

となりの十勝の連中は昔から今まで農畜産物本州輸送し続けてやがる。

釧路は何を集散したかというと、木材だ。

北海道森林資源豊富だが、でっかいどう過ぎて、山奥から運べないし、そもそも北海道から運べない。

鉄道ができたことで、山奥から何とか駅まで運べば何とかなることになった。

で、木材を運んだ先の釧路製紙工場ができる。

製紙業が発展するのが大正時代第一次世界大戦好景気後に「なんだ? 釧路工場作って船や鉄道で運べば産業になるじゃん」と本州資本が本腰入れ始めるわけだ。

王子製紙富士製紙なんかの巨大企業木材の切り出しか工場生産まで取り仕切るようになる。つまり、カネを投下してゴリゴリ生産し始める。まぁ切出しは下請けに任せるんだが。

また、水産加工業もまた、この時期にこうした大規模化がはかられる。ビートでんぷん工場も本格化する。

観光

昭和の初めになると、全国的観光ブームになる。すごいねJTB(の前身)。

そうなると、阿寒ですよ。成熟した鉄道路線の観光利用が始まる。

こうした中で、食品釧路ブランド化の萌芽が見られる。最近B級グルメブームまで尾を引いている。

まとめ 全て去ってゆく

さて、読んでいてわかる通り、釧路を支えてきた要因が全て転換期を迎えている。あるいは既に転換してしまっている。

魚は食が多様化してしまったし、石炭は使わねえし、紙はIT化で打撃を受けた。阿寒に行きたい? ちょっと一回くらい行きたいかなぁーーーくらいでしょう?

唯一の望みは工場敷設。釧路には、近隣の農水産物を加工する工場があるわけだが、そこも絶対的に振るっているかというとそうでもない。

輸送技術輸送ルート多様化して、釧路固有性が薄れてしまった。この辺りは正直詳しくない。

最近日本製紙釧路工場が規模縮小するというニュースがあった。また人口が減るねえ。

https://www.fukeiki.com/2018/05/nippon-paper-stop-production.html

ただし、釧路が栄えるにも衰えるにも、こうした地勢と歴史的要因にヒントがある。すべては地理とそこでの人の営みだ。

誰かがこうした地勢と歴史的経緯を持つ「クシロ」に、新たなビジネスの種を見出すことがあるかもしれない。

[]2018年10月18日木曜日の増減

サイト\日付2018-10-122018-10-132018-10-142018-10-152018-10-162018-10-172018-10-18合計
共同通信 ttps://this.kiji.is/79332817135674010361247252872
時事通信 ttps://www.jiji.com/1944102429415370357845
AFPBB ttp://www.afpbb.com/426229256445218597562888642
Bloomberg 日本 ttps://www.bloomberg.co.jp/562733931058381177465
Yahoo! Japan Headline ttps://headlines.yahoo.co.jp/97385815001429104290710972986743
Yahoo! Japan News ttps://news.yahoo.co.jp/220363346422330267271467007
Livedoor News ttp://news.livedoor.com/6177071052552455350629959474
マイナビニュース ttps://news.mynavi.jp/46104054765936627328
J-CASTニュース ttps://www.j-cast.com/252122214-4364769
NHK ttps://www3.nhk.or.jp/16751509121212841804123714152269030
読売新聞 ttps://www.yomiuri.co.jp/2421714115956336038711508349
日本経済新聞 ttps://www.nikkei.com/3961463876644344677731451416
毎日新聞 ttps://mainichi.jp/8447715197147518526371665598
朝日新聞 ttps://www.asahi.com/19371879176718592012327229623908813
産経新聞 ttps://www.sankei.com/4151577588245280110587153
東京新聞 ttp://www.tokyo-np.co.jp/74734142594823280485
東洋経済 ttps://toyokeizai.net/224121246466278560389708878
文藝春秋 ttp://bunshun.jp/83132212742218783102045
現代ビジネス ttp://gendai.ismedia.jp/6908113562886171122265519449
日経ビジネス ttps://business.nikkeibp.co.jp9441604143281030118
ダイヤモンド ttps://diamond.jp/1451023512212910190614969
JBPress ttp://jbpress.ismedia.jp/1110-432125266362577
電気新聞 ttps://www.denkishimbun.com/1000010164
Rainbow life ttps://lgbt-life.com/0000000167
GENXY ttps://genxy-net.com/0200000714
日刊ゲンダイ ttps://www.nikkan-gendai.com/6327164953563060495
赤旗 ttps://www.jcp.or.jp/akahata/17221222625028193815
BBC NEWS JAPAN ttps://www.bbc.com/japanese/136222910513018013299570
CNN.co.jp ttps://www.cnn.co.jp/18057114134132301266272333
Wall Street Journal 日本 ttps://jp.wsj.com/281231182132177689
スプートニク日本 ttps://jp.sputniknews.com/10814188111123976
朝鮮日報 日本 ttp://www.chosunonline.com/91910525115245245
ITmedia ttp://www.itmedia.co.jp/919850146317164614606532545298
ねとらぼ ttp://nlab.itmedia.co.jp/153504652633818232238843895
CNET Japan ttps://japan.cnet.com/17914045227298149941292887
TechCrunch JP ttps://jp.techcrunch.com/14524027811818835810261092907
engadget 日本語版 ttps://japanese.engadget.com/772055961684551111234840335
Gigazine ttp://gigazine.net/9013101987576723603772594209
電撃オンライン ttp://dengekionline.com/1249146107985281143692
AUTOMATON ttps://jp.automaton.am/13868125451150137217139728
4gamer.net ttps://www.4gamer.net/26447-16127735095444860
natalie ttps://natalie.mu/93541932029413167483457
オリコンニュース ttps://www.oricon.co.jp/1721131714915118928
lifehacker JP ttps://www.lifehacker.jp/130932203686421837191
ハフポスト JP ttps://www.huffingtonpost.jp/2272656570955387545363
Publickey ttps://www.publickey1.jp/3319955473448168402779
Twitter ttps://twitter.com/29533423266931962874302931053946894
togetter ttps://togetter.com/25012359278033393061277614294230638
Facebook ttps://www.facebook.com/43919089595775376982
Instagram ttps://www.instagram.com/11415513283129116123146117
Qiita ttps://qiita.com/64148813071115118111476111646707
note ttps://note.mu/5941594025371703717499427508
NAVERまとめ ttps://matome.naver.jp/65654778791121032629891
YouTube ttps://www.youtube.com/6485175835705117706722883134
ニコニコ動画 ttps://www.nicovideo.jp/-2256-2716-2683-1638-938-18852887749
Pixiv ttps://www.pixiv.net/1208-151049188717
はてなブックマーク(メタブ) ttp://b.hatena.ne.jp/625436407537382292327902331
増田 ttps://anond.hatelabo.jp/51912603368929874905287925345719571
はてなダイアリー ttp://d.hatena.ne.jp/-793-1602-1073-1812-164139-202-3337406255
Livedoor Blog ttp://blog.livedoor.jp/3582539216057684703918122007
アメーバブログ ttps://ameblo.jp/2091481792015472981672045170
gooブログ ttp://blog.goo.ne.jp/14162148117113140125871815
Yahoo! Japanブログ ttps://blogs.yahoo.co.jp/92601008794134129420310
楽天ブログ ttps://plaza.rakuten.co.jp/8783102651038096209765
Medium ttps://medium.com/1581878877969583199962
Blogos ttp://blogos.com/155351929543173347105
Wikipedia 日本語 ttps://ja.wikipedia.org/151942353873593734531247735
GitHub ttps://github.com/142144143178166349158513538
cookpad ttps://cookpad.com/-950194333940299
食べログ ttp://tabelog.com/25595138231719165468
青空文庫 ttps://www.aozora.gr.jp/311102220450
小説家になろう ttps://ncode.syosetu.com/239888449102
カクヨム ttps://kakuyomu.jp/2612935116933
Amazon.co.jp ttps://www.amazon.co.jp/3524-33678690851478958

2018-10-18

日本では良い仕事に就けない

無能がよく匿名掲示板などで声高々に叫んでいるようだが、こいつらは何か勘違いしてないか

経団連ガー成果主義ガー育てる環境ガーって甘えんなゴミども。

おまえら無能なのがすべての原因だよ。

世の中そんなに厳しくない。

オレだって小学校の頃から自分環境理解してそれなりに頑張ってきた。

周りは好きな服着てお菓子も食べれて、夜には美味しいご飯が待ってて夏休みにはディズニーランド海外にも行ける。

他方、オレはそれを横目に、給食しか食べれない、たまの贅沢はサッポロ一番塩ラーメンっていう日々。もちろんディズニー海外なんて知らない。トラウマになる程貧乏で恥もかいてきたし、心中されそうにもなった。

そんなオレでも、歯を食いしばってそれなりの大学に行き、なんやかんや世界的にも一流と呼ばれる会社に入れた。

そこで待っていたのは、上記無能が足りない頭で絞った妄想よりも、遥かに居心地のいい場所だった。

仕事は教えてもらえる。成果は仕事を覚えてから残業も言うほど。給与ボーナスもしっかり。ご飯も食べれるし、服も買えるし、何より明日の命を心配しなくていい。

オレは正直、中途半端を知らない。明日死ぬか、それとも金なんか考えないほど余裕な生活しか知らない。でもそれは、ある程度頑張ってきたからだと思う。だからこそ言えるけど、人生はちょろい。無能努力もしないでピーピー叫んでるから相対的能力を認められる。

おまえらもなんかしろよ。おまえだよ、いつもネットにかじりつき、いらんニュース見て文句言ってるおまえだよ。一日1時間でいいよ。勉強しろ。それかドラゴン桜ドラマ見ろ。とりあえずなんかしろよ。おまえの人生なんて1円の価値もねーんだから

何かしたやつが勝ちだよ。運とかじゃねーよ。おまえらがいつも見下してる大衆に勝てば勝ちなんだよ。それは、そんなに難しいことじゃないから。

もう一回言うけど、人生はちょろい。

茨城の逃走野郎、とっくに捕まってんじゃん。

ニュース報道される事件って

たいてい、「こういう事件が起きました!」だけで

その後どうなったのかのケアが無いよなぁ

anond:20181018213249

あれ?医学部受験女子はふるわれてるってニュース先日読んだような

話題会社インターンしていたときの話(フィクション

※この話はすべてフィクションです。実在企業人物とは関係ありません。

追記10月19日午後5時

ブクマ数に驚きました。

ブコメもすべて読ませていただいてます

ありがとうございます

いくつか補足させてください。

小上さん(仮名)たちの行動について

本文で書いたとおり、私個人は小上さん(仮名)に対して良い印象がありません。

ただ、今回の小上さん(仮名)たちの行動自体好意的に捉えたいと思ってます

今回の報道がなければ多くの人があの会社のことを知ることはなかったでしょうし、私もOさんの件を耳にしなかったはずです。

これまで私があの会社のことで辛い思い出を抱えつつも発信できなかった理由ひとつに、「自分が感じているほど大した問題ではないんじゃないか?」という疑念があったんだと思います

いわゆる正常化バイアスなんでしょうか。

ただ、今回の件に対する世間の反応をみて、また記事客観的に読んだ私個人感覚としても、やはりあの会社はめちゃくちゃだったんだと、ようやく確信できました。

今回の件、小上さん(仮名)たちが主張している内容が真実かどうかはわかりません。

でも、以下に書いたような私個人体験と照らし合わせると、彼らの主張の多くに真実味が感じられます

それと、社長よりも小上さん(仮名から叱責を受けることのほうが回数としては多かったと書きましたが、心の傷の深さでいえば、社長によって負わされたもののほうがずっと大きいです。

本文にも書いたように、回数こそ数えるほどでしたが、1回1回が大きなトラウマになっています

ネットの関連記事でも小上さん(仮名)の写真は見れても、社長の顔は未だに正視できません。

私はあの会社を離れて以来、関西弁を喋る男性自体に苦手意識が芽生えてしまいました。

関西の人、ごめんなさい)

気持ちが途切れた大きな理由

本文で、辞めた理由気持ちが途切れた理由をいくつか挙げましたが、ひとつ大事なことを忘れてました。

ある営業先の担当者の方と1対1で打ち合わせしていたときのことです。

改まった口調でこう言われました。

あなた方の会社・・・怖いんです。普通私たち担当者と話をしてから順番に進めていくのに、いつもいきなりうちの社長との間で結論を出してしまって、それから私たちのところに話がトップダウンで降りてくる。だから怖い会社って印象なんです」

ショックでした。

業界を良くするための仕事と言われて、それを信じてやってきたのに、実際のところ私たち営業先へだまし討ち同然の行為をしているだけなんじゃないか

営業電話も、ほとんどの相手先で嫌がられながら何十何百件と片っ端からかけている。

(後になって、別の職場営業電話を一日に何度も受けては断る立場経験し、あらためて営業電話の鬱陶しさを実感しました・・・

あのときに言われた言葉が、自分のしている仕事に疑問を抱く大きなきっかけでした。

追記ここまで)

9年前、私がとある会社インターンしていたときの話です。

9年も前なので私の記憶違いもあるでしょうがショッキングなことが多く、その後何度もフラッシュバックしているので大筋は間違っていないと思います

インターンについて

当時、その会社では新卒営業職を募集しており、私を含めた数名が、選考過程で在学中にインターン営業の実務に携わっていました。

インターン自体は珍しくないと思いますが、この会社では「職業体験」ではなく、「採用条件」でしたし事実上の「労働」でした。

採用過程

私のときはこういう過程だったと思います

  1. 説明会エントリーシート持参)
  2. 社長面接
  3. インターン

リーマンショック直後だったので当時の就活はみんな必死でした。

この会社説明会にも大勢集まっていた記憶があります

ただ、ES選考で大半の人がふるい落とされて、面接まで行った人はごく一部だったようです。

面接会社事務所で、社長と一対一でした。

社長は大柄で存在感はありましたが、話してみると関西弁の軽快な口調で物腰柔らかく、第一印象は悪くなかったです。

アニメ漫画雑談が中心で、面接通過の連絡をもらったときは、どこで合格が決まったんだろう?と不思議でした。

 

私の代はインターン制度の2年目だったと思います

私は大学3年の冬にインターン入りしたので、ひとつ上の学年にも4年生で在学中の内定者が3,4人いました。

私の同期は最初6,7人くらいいたと思いますが早い段階で抜けた人もいたので正確な人数は覚えていません。

 

仕事内容

インターンの主な仕事は以下でした。

  1. 営業電話をかける
  2. 会社主催する業界交流会への招待・運営
  3. 業界内の会社同士のマッチング
  4. 求人広告営業

2も3も最終的な目的は4です。

今はわかりませんが、当時の会社事業求人広告がメインだったと記憶しています

(他にもクリエイター支援ゲーム攻略サイトなどもやっていると説明会で聞きましたが、私たちノータッチでした。)

 

営業電話

会社リスト電話マニュアルを手にひたすら電話

1日に数十件かけるのは当たり前でした。

電話個人携帯を使うので、電話代も本人持ち。

電話代は申請すれば出るみたいな話もあった記憶がありますが、(当時はかけ放題プランが無かったので)電話代の請求額に青くなった覚えもあるので、本当に電話代を貰えていたかどうか曖昧です。

事務所から電話することもありましたが、出先でも自宅でもどこからでも電話をかけてました。

初めての会社宛でも社長と知り合いであるような調子でかけるよう指導された覚えがあります

 

業界交流会への招待・運営

上の営業電話の流れで、会社不定期に開催している業界交流会への案内をすることが多かったです。

どこかパーティー会場で交流会をやっていたそうですが、私は運営に参加できなかったので詳細を知りません。

 

業界内の会社同士のマッチング

「こういうことができる会社と知り合いたい」と言っている会社に他の会社を紹介する仕事です。

私自身に何も伝手がなくても、上司には名の知れた会社との付き合いがあったので、このマッチングは喜んでいただけることも多く、やりがいがありました。

 

求人広告営業

一番大事仕事ですが、安くはない金額契約なので一番苦労しました。

ここで成果を上げることが採用の条件でした。

なので、広告を出してもらうことが事実上ノルマだと解釈していました。

 

業務請負契約

インターンは全員、会社業務請負契約を結んでいました。

全員に契約書を渡されてその場で印鑑を押しましたが、ちゃんと読む人はいなかったですし、詳しい説明もなかったと思います

 

条件で覚えているのは、日給+成果報酬制だったことです。

日給はたしか1000~2000円くらいだったと思います

時給ではなく日給です。

成果報酬は、求人広告が成約したときにもらえるものでした。

この当時は貯金がどんどん目減りしていた記憶があります

 

人間関係について

社長

先に書いたように第一印象は悪くなかったです。

私たちに気前よく食事を奢ってくれることも多く、客先に同行してもらうと大抵の交渉も良い方向に進みました。

ただ、気に入らないことがあったときの身内への当たり方はすさまじかったです。

それと、当時から読書量は自慢の種でした。

 

幹部A

社長大学の同期。

当時は会社ナンバー2だったと思います

仮に小上さん(仮名)とします。

私のイメージでは社長とまったく同じ思想・行動原理の人で、社長よりむしろこの人のほうが私たちに厳しく当たることが頻度でいえば多かったです。

当時の印象しかないので、この人が社長反旗を翻すとは思ってもみませんでした。

 

幹部B

社長や小上さん(仮名)よりも数歳年上の男性幹部

先の業務請負契約などはこの人の担当だったと思います

この人も社長同様に激昂型でした。

特に男性に厳しかった印象です。

同期の男性がめちゃくちゃに怒鳴られている現場に何度か居合わせたことがあります

今はこの会社にいないのでしょうか。

 

新卒メンバー

新卒の1つ上の先輩だった人が副社長になっていたので驚きました。

9年前の時点でリーダー立場だった覚えはありましたが、小上さん(仮名)より上になっているとは思いませんでした。

 

同期は良い意味個性的な人が多かったです。

アニメ漫画などの趣味オープンにできる環境だったので、最初から打ち解けやすかったです。

知り合うタイミングが違えば親友になれていたのかもと思う人も多かったです。

なんで辞めたのか

まず、営業電話件数広告の獲得も事実上ノルマがありました。

フルタイムもこなすのが困難なくらいなのに、大学に通いながら達成するのは厳しかったです。

電話代や交通費など金銭的な負担も大きかったです。

 

ただ、それでも同じような趣味をもった同年代の人たちと仕事できるのは楽しかったし、あこがれのアニメを作った会社自力アポをとって行けたときの喜びも大きかったです。

あの会社に入っていった人たちはそういう気持ちが持続したんでしょう。

でも私は途中でその気持ちが途切れました。

 

内定者の先輩の中にいきなりいなくなった人もいました。

「他の仕事に就くため」と説明された気がしますが、入社間際に急にいなくなるなんておかしいと他の人と噂しました。

同期もどんどん減っていきました。

その様子をみて「あの人たちはこの程度で辞めてしまって情けない、私たちはこんなに頑張れているのに」と思ったこともあります

 

私もノルマ達成できずめちゃくちゃに恫喝されました。

 

私の人生であれだけの恐怖を覚えたのは後にも先にもありません。

まず、社長幹部普段と全く違う表情でにらみつけてくる。

その時点でパニックです。

直接的な暴力は振るわれません。

代わりに、わざとらしく大きな音で机や物を叩く。

社長の大柄な姿から威圧感が放たれるので、その拳や脚が自分身体に直接向かってきたら……と思うと頭が回りません。

何を言われたかもよく理解できず、自分罵倒する言葉にただ「はい」としか返事できない。

彼らにとっては日常だったのでしょうが、私にとっては生涯忘れられないトラウマです。

 

これだけ恫喝されても「もっと頑張らなきゃ」と思った人たちもいます

同期は恫喝された後にもっと重いノルマを達成するための誓約書を書かされたそうです。

私には無理でした。

いろいろな負担がかかっていたところに恫喝でとどめを刺されました。

 

なんで今、増田で書いたのか

怪文書の類なら増田かなと。

というのは冗談ですが、前々からこの会社について書こうと思っていました。

いつか書こうと思いつつ自分の中でうまく消化しきれずにいました。

 

私はあの会社に傷つけられましたが、争ったり告発したりすることはしませんでした。

この9年間、彼らと距離を取り続けていただけです。

一種PTSDなんでしょうか、ネット上でたまに彼らの会社名やサイト名を目にすると思考が止まってしまうことがありました。

何かの拍子に当時のことを思い出し、怒りや恐怖が心が満たされることが、9年経った今でも時折あります

 

ただただ、距離をとっていました。

いくらなんでもあの当時よりはまともな会社になっているだろう、と心の隅で期待していました。

私の頃は新卒採用を始めたばかりで、いろいろな仕組みづくりが追いついていないのだろうと好意的解釈していまた。

 

もちろん、今回背中を押されたのはOさんの件がきっかけです。

私はOさんと同期で、もちろん面識もありました。

とてもいい子でした。

 

今回、9年ぶりに彼女名前を目にしたときのショックは言葉にできません。

私もOさんのようになっていたかもしれない、という恐怖よりも、私に何かできたんじゃないか?という悔しさが先にありました。

 

当時、ただ距離をとるのではなく、たとえば労基署とか、駆け込むべきところに駆け込んでいれば少しは彼らのめちゃくちゃな行為に歯止めをかけることができたのかもしれない。Oさんの件も防げたのかもしれない。

たらればの話に過ぎないのはわかっていますが、そう考えると無念でなりません。

 

今回の件がどう展開するにせよ、最終的な結果が出るまでかなりの時間がかかると思います

世の中にはいろいろな事件が起きています

時が経つうちに、今回のニュース自然と忘れられてゆき、彼らはまた何事もなかったかのように誰かを追い詰めてしまうかもしれない。

この件が簡単に風化してほしくありません。

それでこの文章を書いて公開した次第です。

 

記事には目を疑うような記述が多く載っていますが、(あくまで私個人の感想では)いずれもありえる話だと思いました。

 

後になって気づいたことですが、彼(ら)は社内に常にスケープゴート役になる人物を用意して自分たちの怒りのはけ口にしたり、他のメンバー優越感の材料にしていたんじゃないかと感じました。

Oさんの話を読んでいてそのことを思い出しました。

当時の私もそうなっていたのかもしれません。

私自身、いちばん追い詰められたときには自殺を考えました。

 

先に書いたように、私は小上さん(仮名からも厳しい言葉を受けたことがあります

当時の小上さん(仮名)もいわゆる洗脳状態にあったのだとしても、彼に対する個人的な不信感はぬぐえません。

なので、単純にどちらが正しくてどちらが悪いか判断はつきません。

両者の言い分に差異があるようですし、それは今後明らかになってゆくことでしょう。

 

ただ、事実がどうあれ、あの会社の発信しているメッセージ違和感を覚えている人は多いようです。

個人的には、会社側の文章最後に書かれた、実名にせよ匿名にせよ虚偽の情報を流した人物には訴訟を辞さない、という旨の記述に恐怖を覚えました。

この機に乗じて会社のことを告発するなんて許さないぞ、と私たちに向けて恫喝しているように感じました。

彼らは今も自分たちにとって都合のいいスケープゴートを探しているのかもしれません。

 

最初に書いたとおり、この文章フィクションです。実在企業人物とは一切関係ありません。

具体的にどの会社のどの件を指して書いたのかも明言しておりません。

何かあればまた追記します。

女性とのセックスは〜」の追記

女性とのセックス男性の個を承認するものじゃない」

https://anond.hatelabo.jp/20181016023133

ちゃんとした追記を入れたかったんだけど、字数が足りなかったので新規エントリを作ったよ。何度も同じ話題で話してごめんやで。

【ここから追記

ネットスラングが多いと伝わらない部分があるようだから、それらを使わずに書くね。出来れば目を通してほしい。

あの記事からここへ至るまで、私は

警鐘を鳴らしたい」だとか、

セックスについて啓蒙したい」だとか、

そういった論旨の言葉一言も言っていない。

個人的な恨みや怒り、それらに対する認識、同じ被害を減らしたい気持ち以外には何も書いてない。

フェミニズムミソジニーミサンドリーなどの思想に依る議論でさえない。

単語の大きさと言葉の強さで不要な誤解と物議を生んだけど、私の怒りは

自分尊厳意思無視され、傷付けられた事実

にある。そして、それを綴っただけ。

とても些細なトラブルから助けてもらった恩があるとは言え

・知り合ったばかりの男性が、

・私という一個人を「女」という括りの大多数としてその意思無視し、

・「年上の男性」かつ「女性を助けたヒーローである自分」の下位だと認識して、

・その認識を覆す行為に出た私に対して理不尽侮辱と謂われのない罵詈雑言をぶつけてきた、

ということへの個人的な怒りと愚痴しかないの。私が当事者として抱いた気持ちを書いただけのエントリから

おそらくその辺に目がいっていない人がとても多い。まあこれは私の言葉の使い方のせいだね。ごめん。怒りの強さに理性が負けていた。

トラブルの度合いもここに記していないのに、なぜ菓子折では足りないだとか、酒くらい奢ってしかるべきだとか、そういう話になるのかも正直よくわからない。

相手菓子折を受け取ったし、その時は「大変だったな」的な事も言ってくれた。

金銭で無いことを詫びた時、「その代わりと思ってお酒に付き合ってほしい」というような事を言われ、私の誠意がそれに応えるべきだと決めた。

この時点で、私はそのトラブルに関わる恩に足り得る返礼を行ったつもりでいた。相手にとってそれが足りていたかは知らない。語られなかったから。

報酬としてのセックス最初から求められていたなら、それはそれで断ったと思う。

相手

「そんなに急いで帰らなくてもいいだろ」

ホテル行こうよ」

「俺うまいよ」

「色々教えてあげるからさ」

と言った。私は、それが報酬として性的行為を求める言葉だとは思わなかった。

コミュニケーションの末にホテルへ誘われる事が普通にあっても、それに応えるか否かは誘われた側の気持ち次第でしかない。

何度でも言う。

応えるか否かは、誘われた側次第でしかない。

そして誘った側がそれを断られたとしても、断られた事に激昂して相手侮辱していい理由にはならない。

子供のころに「あーそーぼ」って友達から誘われて、「ごめん、今日用事があるから一緒に遊べない」って言われた時、ひどい言葉で罵って絶交するような事はある?そうした場合一般にはどっちが悪いと言われて叱られるの?

応じられない事を謝って、理由も述べている。何が違うのかな。似たようなものではないのかな。

社会通念上の上下関係をここに持ち込んだとしても、上司が部下に「セックスしたい」と迫ったとき恋愛的な信頼関係合意がなければ、立派なセクハラだよね。訴えられたりするし、ニュースで何度も問題になってるよね。

私は性的接触が得意ではないと伝え、謝りつつも断った。これは普通、誰にでもある権利じゃないの?

セックスに応じるよう契約をしたわけでもないし、その義務もないと思うんだけど。違うのかな。

私は自分の事をデブスだと言ったけれど、それで私の尊厳が安くなっていると言った覚えはないよ。

そして、「性」を軽んじているのでもなく、まして「男の性欲」を蔑んでいるのでもない。

その証拠に、「これだから男は」という言葉は使ってない。出来ればこれら一連のエントリ話題にする人にも、「これだから○○は」という言葉は使わないでほしい。そればかりは私の意に反する。

私は、私個人意思尊厳を、「年下の女」や「恩を売った相手」などのレッテルを貼る事で矮小化されたり、無視されたりしたくないだけなんだよ。

から私はその気配を感じて先手を打つべく録音したし、相手言動懺悔に対してとても怒った。一個人である私を前に、自分の都合と立場と性欲を振りかざした事すべてに怒った。

私は今のところ、この音源流出させるような機会に出会っていないし、これで相手から金銭をゆすったりもしてない。今後もその機会は来ないでほしいし、ゆするような真似は絶対にしないよ。録音は、報復ではなく、警告と抑止のため、加害者個人に聞かせたに過ぎない。

これらを「卑怯」だとか、「恩を仇で返した」って言われたら、もう続けるだけの言葉はないし、そう考える男性が少なから存在している現実にこそ悲観を覚えるなあ。

これらは全部、私が自分尊厳を守るために対抗した事と、そこに関わる一連の怒りと愚痴しかない。

誰かを傷つけるためではなく、

性の対立関係へ燃料のような議題を差し込むためでもなく、

私の気持ちをぶちまけただけのエントリたち。

ただそれだけでしかない事、改めて考えてほしい。

大きな主語話題を散漫にさせたり、乱暴言葉をたくさん使ったばっかりに色んな対立を煽ってしまったり、議論を紛糾させてしまった事は私の落ち度だと思う。これは本当にごめんね。

私は誠実な男性も知っているし、全てがこんな人たちだとは思っていない。同じように、女性にもそう思う。

でも、こうして主題エントリを叩いて、火を付けて、全くの想像しかない見解から批判中傷を広げる男性がこれだけいる事も、そのまま事実として認識するよ。

同情してくれたり、色々な慰めや励ましの言葉をかけてくれた増田たち、本当にありがとう

私はこうして怒っていていいんだってわかって嬉しかった。

この追記以降、私は一連のエントリに書き込むことはしないでおくね。これらのエントリへ書き込んだ増田たちにトラバした事もないし、これからもする事はないので、そのつもりでいてほしい。

とても長い愚痴に付き合ってくれてありがとう。今度は面白いエントリで会おうね。

最後に。

うんこ漏らしたパンツリカバリできなかったので捨てました。泣いた。

はてブだと大麻解禁になるじゃん?

大麻関連ニュースが上がると「大麻解禁しろ」「未解禁の日本中世ジャップランド」と盛り上がるじゃん?

オリンピックボランティアのあれこれを見てしまうとこれもはてな村案件なんだろうと疑ってしま

ひとの悪意が怖かった

いじめ+無視+虐待+モラハラなどに取り巻かれて育ったからか、それとも単純に気が小さ過ぎるのかわからないけれど、どうにもひとの悪意に弱かった。自分なかに悪意が生まれないわけではないけれど、そういうものを誰かに向けられるような強い気力が、どうしてもわたしには生まれなかった。

いつもは増田でもほっこりしそうな物とかおもしろそうなタイトルのものばっかり読んでいる。そういう自己管理を心がけているけれど、普段は読まないようなエントリをうっかりタップして読んでしまい、その先のトラバまで見て動悸が止まらなくなった。

怖いくせに先へ進んでしまうあれ、いったい何だろう。自分の心に強く影響するとわかっているのに止められないし、嫌なはずなのに途中で切り上げると気になってしまって、絶対に見てしまう。やめておけばいいのにやめられた試しがない。強迫観念に似ている気がする。自分精神状態が悪い時に多い。

いつもは仲良く話しているだけで楽しい友人が、わたしも知っている人のひどい悪口を言う。体の芯からこまかく震えるし、だんだん心臓のあたりが重くなって、吐き気と胸焼けの間みたいな気持ち悪さが食道から胃にかけてみっちり詰まる感覚がする。ただ大変だったことの愚痴を聞くときには感じないような苦しみが全身に襲ってくる。

わたしにとっては謂れのない、他人への悪意なのに、ぞっとするほど怖い。何でだろうとずっと思っていた。どこかで自分に言われている気分になるからじゃないか最近気付いた。誰かの陰口を聞いて、陰で自分も同じように言われているような気持ちになる。被害妄想も甚だしいのに。共感性羞恥のたぐいかもしれない。ドラマやドッキリの番組などで、明らかに失敗する事がわかるシーンや、理不尽で恥ずかしい目に遭わされてしまうシーンなどが怖くて見られない。半分作りものだとわかっているのに。たぶん、失敗をわざと目立つように取り上げられて、たくさんのひとから笑われてきたことがトラウマなせいだろうな。

そういう悪意に触れるのが怖すぎて、いつのまにか社会生活がまともに送れなくなった。触れた時に体へあらわれる拒否反応もすごい。

ひとを信じるのが下手くそで、誰にもこういう負の気持ちを託せない。なんらかの精神疾患をずっと疑っている。友達からもそれ未満からも、「誰にも言わないよね」と心の重いものを託される聞き役でばかりいる。ひとの気持ちごみばこになっているのかもしれない。自分からは出せないくせに、ひとのものは拒めない。変な話だなあ。ずっとそう思っていた。

なのにきょう、匿名をいいことに、とうとうこんな重苦しい気持ちを並べ立てた。

少し罪悪感があるけれど、文字にして整理してみれば、今までよりずっとすっきりした。

わたしはいま、顔も、名前も、人格も知らない、不特定多数の誰かに見える形で、このシステム自分気持ちを預けている。

今までわたしに色んなものを託したあの子たちは、こういう感覚を求めて、誰かに話して、心のスペースを空けていたんだとわかった気持ちになる。

自分なかに悪感情を留め続けるのが苦しいひとは絶対いて、それを解消する術をわたしが上手く見つけられなかった事がより強い恐怖としてあらわれたんじゃないかと推測できた。たぶん原因の一端でしかないけれど。わたしの心は、ずっと竦んでいたのかもしれない。

ばかだなと自分で思うけれど、たぶんこれからもこういう風に、ひとの悪意を恐れながら生きていく。蓄積されて出てきたアレルギーみたいなものから、今までどおり、自分気持ちリスク管理をするしかない。それこそ、かわいい動物記事や、やさしいニュースを選んで見るように。

これからも出来る限り、自分から出てくる悪意や害意が誰かに触れたりしないように、やさしい無関心を保って生きたい。それがどんなにさみしくても、同じ傷と苦しみを増やすより、ずっとましだと思うから

anond:20181018000929

しかブコメ空気が圧倒的で、自説があまりにも場違いな感じであればわざわざ乗り込んで戦おうとは思わないもんな。俺も都合の悪いニュースぐぬぬって思いながらブクマしない。俺はヘビースモーカーだが、例えば喫煙者叩きに関する話題は読んでも絶対ブコメしようとは思わない。嫌煙者さすがに口が悪すぎるし狭量すぎるとでも言おうものなら焼き討ちにされかねん。

anond:20181018141625

キモくて金のないおっさん労災パワハラで死亡した事件でしたらここまで話題になりませんから

話題になるということは増田氏のような心の優しい方にはきっと辛いニュースでしょう

組体操が崩れて怪我したニュースとかデータみて吹き上がってる人たちに対して「でも学生時代しかったじゃん」とか、逆に「運動会楽しめないタイプだったんだろ」とかいう反応で返す人、意味がわからない

虐めに関する意見ダウンタウン松っちゃんが叩かれてるようだけど

内容云々よりか、叩く人間情報番組というものを、そもそもまったく理解していないよね。

叩く人々はニュース番組などにおける、コメンテーターが何の為に居るのか知っているのだろうか。

あの人たちの役目は単に、ニュースの詳細を解説することじゃない。

解説をするなら専門家を呼べばいいだけの話だから

ではどうして、コメンテーターなるもの存在するのか?

それは、一面的見方排除するために居るのであって、ニュースを見る人々へ多面的にも物事を考えることを促し、熟考してもらうために存在している。

故に本来コメンテーターとは一種天邪鬼役割必然的に背負う必要があって、朝のニュースや昼のワイドショーにおいて、世間一般の声と同様のことを意見しそれで満足しているコメンテーターなどこそ、本来役割果たしていないのであり、存在価値は皆無。己の保身に走って、叩かれ炎上することを恐れて月並みのことを言い、市民感情を我が物顔で代弁する。そんな奴は糞だ。

思考における余裕とゆとりを持たないことは洗脳されていることに変わりなく、自分と違う考えや世間意見との相違には「はいあなたは異常です」なんていう社会ディストピアといって齟齬はない。

例の自殺に関しての、被害者を攻め立てるようも聞こえる松っちゃんの論説は、なるほどなかなか刺激的ではある。

しかしそこには確かに真理性が感じられるし、寧ろ頭の回転がよい彼ならば、このようなことを言って「批判され、炎上するだろうな」ということがわからないはずもなく、当然それがわかった上での発言であるように感じる。

すると炎上も恐れず忌憚なき意見を発したその姿勢こそ、咎めるべきではなく褒めるべきでは?

情報はすぐさま拡散し広まること火の如し。そんな世においては、公の場での発言こそより慎重に成らざるを得ない。

かといって保守的なことばかりを言っては意味がない。

その微妙な按配をつく、実に的確な発言だったように思えるのだけどなあ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん