「ブーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブームとは

2018-10-16

anond:20181016142719

でも、「初代別に面白くねーわ」ってなったやつに「富野節が理解出来ていない」とか「当時はガンプラブームがすごかった」とか言わずに「まだ早かったか」としか言わんでしょ。

ドラゴンボール好きは、なんというか、絶対ドラゴンボールがいいもので万人に受ける正義コンテンツだと思ってるのはあるとおもうわ。

ネットの一部でにわか将太の寿司ブームしている

読んでた当時はそんなに変だと思わなかったんだけど、

今読んでみると大分頭がおかしいな……

2018-10-13

anond:20181013195309

100年前もメイドインジャパン安かろう悪かろう代名詞だったらしいが先人の努力でここまでの地位になったそうだな

最近日本人は先人の努力結晶を捨てようとしてないか

リコールといいパカ弁ブームといい

そもそもキズナアイってオタクに受けてはいなくない?

エロイラストミライアカリとか輝夜月の方がよく見る印象だし、

単純にキャラの人気としてものじゃロリおじさんとか委員長とかの方が人気で

VTuberブーム彼女?らが牽引してきた印象。

キズナアイアーリーアダプターってことで殿堂入りみたいな存在ではあるけど

オタクキズナアイが大好きみたいな前提で語られると違和感ある。

バカな振りをするとモテるって男もそうだよね

真面目で論理的な考えを述べるよりも、ノリと空気を読んでとにかく明るいキャラを演じないといけない。

お笑いブームと言われて何年経ってるんだろう。

anond:20181013083312

ミスコン批判って昔のほうが活発だった気がするんだけど

最近ミスコンブームみたいになってない?

慶應うまいことやってるのを見てあれに学んでるのかねえ

2018-10-12

anond:20181011093225

まあその辺もアレだけど、もっと問題なのは科学ブーム」ってやつな

原発なんかも含まれるが、政治的ブームに乗っかって莫大な国費を費やしてるのは文型よりも理系なんだわな

https://www.shiminkagaku.org/30301020161012/

anond:20181012215202

横だけど、今TRPGは再ブームなんで普通の人~パリピの間で人気です

人気の配信者がどんどんやってる

TRPGオタクって思ってる人のほうがオタクなのでは

anond:20181012141207

1週間経ったらもう忘れて次にいけ

今はキズナアイお気持ち表明ブームだが

来週はまたなんか次のことやればいいのさ

2018-10-11

anond:20181011204101

起きねえよ

既にAIブームなんて終わりかけだ

あんなもんホリエとか落合陽一とかその他有象無象

ちょっとIT屋に片足突っ込んだメディアピエロが、自分らの露出やすために煽ってただけ

今だに煽られてるやついたらバカ

研究事情増田ブーム

スケールの大きい「見当外れの主張をすると知見が集まってくる」メソッドのような気がしてきた。

2018-10-10

うそろそろキズナアイの下らない論戦が終わってハロウィン叩きが始まりそう。

ブームは尽きない。

Vチューバーオタクがイキるほど流行ってない件

Vチューバーっていうほど流行ってないよな

件のキズナアイも平均再生10万くらい

一番人気の輝夜月は50万再生ってとこか

人の悪口いうだけおじさんことシバター

ビジホで他のユーチューバー悪口いうだけで50万再生ってこと考えると

Vチューバーオタクがイキるほど流行っているのか

すごく怪しいよな

キズナアイ海外大人気とかいうけど

その割に再生数しょぼいよ!

海外大人気いうならKPOPくらい

驚異の再生数叩き出してくれよう…

Vチューバー技術結晶とかバビ肉とかAIがどうこういってるけどさ

見た目がしょぼいんだよ!乳がでかいわりに揺れねえし

長髪の割には髪の毛バリバリで揺れないし

おまけに喋っている内容に中身ねえしな

さっさとこんなブームは終わってほしいよ

anond:20181010164338

ていうか、ある種の前提、ないしは背景になったんだろう

ゲーム自体ブームと呼ばれなくなって久しい、みたいなのと同じような

anond:20181010165855

萌えルーツの一つが80年代ロリコンブームで、

90年代エロゲブームのあたりで萌え純愛←→陵辱みたいな雰囲気になって、

そこから2000年代にまた「萌エロ」として統合されて、みたいな。

ジェンダーロールの解体によってオタクが増殖する

男らしさや女らしさというのは父親らしさ、母親らしさとあまり変わらない。

そのジェンダーロールが解体するとどうなるかというと、子ども大人役割

演じるのを強制されなくなり、いつまでも子どもで構わなくなる。

そのおかげで子どもの時に好きだったコトやモノを大人になっても愛好し続けてもよくなる。

オタク一般ブームになったのは10年以上前で、オタクであることは普通のことになった。

子どものまま年を取ったオタク女性子どものことを考えることをしないので、

現在ネットで見られるような社会との軋轢を生んでいる。

その軋轢を生むオタク批判する父親らしさを持った男性女性から支持されている。

ジェンダーロールの解体という発想は共同体自然に維持されると楽観視していたのが

間違いだったのだ。

anond:20181010102626

正直あのフェミ人達をそんな叩かなくってもって思うわ

叩かれたから反撃してるだけ。

覚悟もないのにオタクを叩いてるの?

お気持ちがどうたら言ってる人もいるけど

擁護してる人たちもほぼお気持ち擁護してんじゃんって

表現の自由侵害する理由お気持ちでいいと思ってんの?

誰かが言ってたけど、日本人あい表現に慣れてしまって

麻痺してるだけって本当その通りだと思う

キズナアイ海外フォロワーが多いんですが...ブーム海外スタートですが...


何よりtwitterでの男オタの批判者への粘着マジで目に余る

一部の~とか言いたいけど、ああい粘着ツイートが万超えイイネされてる

のを見るともう一部とか言ってられないのではと

いつまでもオタク粘着してる批判者に言ってやってくれる?

オタクは反撃してるだけ。叩かれなければ反撃もない。

攻撃してきて被害者ぶるなカス

anond:20181010093136

SEED普通におもしろいしガンプラブームを再燃させたかビルドダイバーがあるんだぞ。

SEED DESTINYは…バンク使い回しと、主人公がいきなり入れ替わるのと、脚本以外は…つまりモビルスーツデザインはいいから…

2018-10-09

AV浮気か?

んなもん浮気なわけないだろ。勝手いくらでも見るわ。

そう思っていたんだ、つい昨日までは。

最近彼女エロいランジェリーとかコスプレ衣装とかなんかの服とかを着せるブームが到来してて、色々試してる。いくらでもありそうな透けてるやつとか、チャイナドレスとか、メイド服とか、もっといかにもコスプレなやつとか。

その中に自分相手もすごく気に入ったやつがあって、これはもうすごかった。超よかった。最高。人生が楽しくなるよね。

までは良かったんだけど、なんとなく某サービスAVの新作を眺めてたら、おいおい、そのランジェリーそのまんま、全く同じのを着てるのがあるんだよ。本当にそのものヤバい

何がヤバいって、いやすげー見てみたいんだけど、これ見てすごい興奮しちゃったらそれはなんか浮気っぽくない? ってうっかり思いついちゃったことで、そのせいで無邪気に見てみることもできなくなってしまった。

真剣に悩んでる。どうしよう。

2018-10-08

anond:20181008233054

怒り自身不寛容内包されているからなあ

ネット荒らし愉快犯が多いので相手境遇を思いやることが無意味になるので怒り、ヘイトになりやすいが

そういう人でも現実では優しい聡明な人だったりする

やはりネット現実には乖離があり、日本死ねが一時期のブームで終わったのはそういうところだろうなあ

推し宗教に仕立て上げた話

推しが神ってよく言うけどね、私にとっちゃ推しマジで宗教なんです。人生を生きる道しるべなんです。私の辿った道は絶対よいこはマネしない方がいいやつだから自戒もこめてここで一つ纏めてるんですけどね。脈絡もないか絶対すごい分かりづらいし、めっちゃ重いけど、こんな人間もいるんだ、程度に流し見しといて。

まり小学生の頃。

小さい頃から親の転勤がさかんで、引っ越しばかりではあったけど、とうとう海外転勤になった。言語が通じなくて、文化生活習慣も違くて、それでも勉強はしなくちゃいけないし、友達はつくらなきゃいけないし、死ぬほど頑張った。そもそもそれまでは幼かった私は日本で一生過ごすもんだと思ってたから、何の心の準備も無かったし、本当に地獄だった。その頃のことが実をいうとあんまりよく思い出せない。思い出せるほど何か考えてなかったからだ。毎日毎日必死勉強して、それでだましだまし、何とか現地の子と同レベルになった私は、本当にあの頃よく頑張ったなと思う。もしも日本に残れていたら、の事を考えるたびに泣いていたから、そのうち考えないようになった。

そんな時に、アニメにドはまりした。

それまでは特にアニメ漫画に興味があるわけでなかったけど、小説は好きで図書室に一生籠もりたいと考えていたくらいだったので素質はあったんだと思う。

おおげさだと思うかもしれないけど、あんまりいきなりの事だったから、引っ越しても、現地の学校に通っても、友達を作っても、始終私には現実味が無かった。本当に、何だか悪い夢を見ているような毎日で、だからまり思い出が無いのかもしれない。そんな私にとって、パソコンを開ければスクリーンの向こうにいつでも広がる日本語のアニメ漫画は、唯一現実繋ぎ止めてくれる依代みたいな物だった。んな大げさな、って思うでしょ。実際に体験してみ、私があそこで心折れなかったのはひとえに推しと優しい家族のお陰だから。あそこで生きることを放棄しなくてよかったよほんとに。推しに会えたからね。

そんなこんなだから推しにどっぷり。腐り始めたのもネット違法アップロードされてた同人誌をみちゃったのがきっかけ。ごめんなさい、今はもうそんなことしません。推しお金貢ぐのがいいんだよね。話それたけど、とにかく検索能力を駆使してサイトを駆け巡った。全然未成年だけど十八禁の小説も読みまくった。本当にごめん。結局サイトのどこかに隠されたパスワードを見つけられなかったこともしょっちゅうあったわ。その頃から特定作家さんの存在認識して、「同人作家」という概念も覚えた。最近ツイッター等で作品投稿する作家さんが多くて、「その作品を作ってるのはロボットじゃなくて一人の人間だという認識がしにくい」なんて言われてるけど、サイト時代も割とそういうの難しかったと思ってる。似たようなサイト毎日、毎週、毎月ひたすら検索かけて飛び回っていたから。

私の場合は、綺麗なデザインホームページで、特徴的な絵柄で、日常的なお絵かきログ以外にも「何これ欲しい」って思えるようなハイクオリティ同人誌サンプル等を綺麗に纏めて陳列してくれる作家さんがいて初めて、「このサイトを作ってくれてる、こんな推し作品を作ってくれる特定人間がいる」って認識できた。

支部存在を知ったときも、正直「何だこれ胡散臭いな」って思った。皆そんなこと無かった?私はそんなことあったか支部存在を知ってから登録するまで半年かかった。でも前述した綺麗なホームページ作家さんが支部を使ってて、サイトで見たのと同じ同人誌サンプルが上がってて、初めて支部はまともな交流フォーラムなんだって認識できた。今まで見てきた沢山のサイト支部が初めて繋がった感じ。その作家さんとは今は推しカプもジャンルも違うけどずっとフォローしてる。推しカプとは関係ない、推し作家なんだよ。本当にありがとう、つらい日々に貴女の綺麗な水彩絵や、幸せそうに体を寄せ合って笑う推しを見てると、それだけで救われた。生きていけると思った。

支部は本当に神だったね。推しが、色んな人の推しが、簡単に手に入る。神っつーかドラッグだったわ。ほらよくあるじゃん、神と交信する為にドラッグ使ってトランス状態に陥るやつ。私にとっては完全にあれだったわ。支部を通して推し交信してた。

最初年齢制限とか全然分かんなかったから単純に十八禁作品アップロードできないのかと思って、「支部はいいけど十八禁の作品無いのが難点だよね~~~」とか思ってた。ある日とあるシリーズものの中に不自然に一話かけているのに気づくまでは。皆、シリーズ物の中に十八禁の作品がある時は、キャプションにその作品リンクを貼っちゃだめだよ。私みたいな、支部管理下に置かれていた駄目な未成年年齢制限に気づいて誕生日を変えに行っちゃうからマジで本当にごめんなさい。懺悔懺悔推し懺悔

あと、小さい頃からパソコンネット環境は惜しみなく提供してくれた親に感謝

新しい学校では言語スキルの上達もあって、もう少し親しい友達が出来た。日本に比べてオープンオタクや腐文化には優しいところだったから割とオープンにいけた。某巨人ブームも良くなかったよね、今までアニメなんかドラえもんくらいしか見た事なかった学級委員長が一夜にして腐るとは誰も思わないじゃないか。あのブームは本当にやばかった。もう、何か、やばかった。察してくれ。

でも成績は下がった。みるみる内に下がった。もともとだましだましやってきたもので、周りの子は塾に通ったり、来年の内容まで予習してるのに、私はその日その日を食いつなぐのに精いっぱいだったから、まあ普通に考えてそう簡単に差が埋まる訳ないんだ。新しい学校は優秀で頭のいい子が多かったし。私は焦ったけど、焦れば焦るほど悪化していく気さえした。あの頃が一番鬱だったかもしれない。中二病だったし。どんどん、自分が生きる意味存在価値が分からなくなって、とにかく死にたいと思った。もともと勉強は得意な方で、読書が一番の趣味みたいな子だったから、海外引っ越してそのどちらも取り上げられてしって、更に悩みを共有したり一緒に遊んだりする友達もいなくなると、存在価値が本当に揺らぐんだ。ついでに言うと、私の夢は言語に、もっと言うと日本語に関わる物だったから、母国語義務教育を受けきれなかった私にとって、希望に満ちた夢は一瞬で絶望になった。日に日に日本語に変なアクセントがかかるのが分かって、辛かった。(大事な事(日本語)は全部二次創作に教わった。支部駐屯する野生のプロ先生方、本当にありがとうございましたあなた達に救われた人間は、確かにます)思い描いていた輝かしい理想に私はきっといない。もっと何か、別の道を探さなきゃいけない。でもどうして?その道を進みたい訳ではないのに?私にはどうしようもなかった理不尽に進みたかった道を閉ざされたのに?私の生きる意味って何だろう、どうして私こんなところにいるんだろう。私はここで一体何をしてるの?私がここにいる意味とは??

がむしゃらな努力は報われない。方向がちがけりゃどんなに頑張っても目標には届かないからね。その日その日を生きてきた私には、目標努力意味も分からなくて、次第に疲れて、やる気をなくした。ふさぎこむようになって、私のこと心配する家族とも喋りたくなくなった。反抗期だったしね。とにかく放っておいてほしかったし、何も考えたくなかった。

比例するように、推しへの依存は強まっていった。毎日推しカプの小説を読んだ。それが無いと落ち着かなかったし、不安だった。息をするように支部ログインして、慣れた手つきで推しカプの検索をして、新しい作品が無いかチェックして、無ければ過去作品を繰り返し繰り返し読んだ。推しを見ている間は自分ことなんて忘れられたし、何も他の事は考えなくて良くて、ただ推しのことを考えていられたから、本当に幸せだった。要するに推しを使って現実逃避をしていただけなんだけど、でも推しはそれを咎めてこないでしょ。上手くいかなくてむしゃくしゃして、どうすればいいのかも分からなくて、楽しいことが無かった訳ではないけど、それでも辛い私を推しが受け止めてくれた。

別に推しやその生き様から希望を貰ったとか、頑張ろうと思えたとか、そんないい話じゃない。ただそこにいてくれるだけで良かった。何があっても、変わらず推しがそこにいてくれるのが心の支えだった。ただそこに推しがいてくれるだけで、生きていけた。それで、生きていたから、次の一歩を踏み出せた。

そんな日々を何年か続けて、やっと心の整理が出来て、ちょっとずつ、自分と向き合おうと思えるようになった。そういう時の心のワンクッションに、推しはなってくれた。重点を置くジャンルを移動するとほぼ同時期に、また親の転勤で、私はまた荷物を片付けて、また仲良くなった友達空っぽになった自分の部屋と家にお別れをして、引っ越した。

推しとはお別れなんてしないけど。好きな作品はいつまでも好き、好きなカプはいつまでも好き、好きなキャラはいつまでも推しのまま。ずっと私を支えてきてくれた、大事推しから。弊社は推し殿堂入りシステム採用しております

ここらへんでさ、推しに対する思いがなんか重いなって察しのいい皆さんは気づくでしょう。そうこれ、私にとっての推しが「不変の何か」「道しるべ」「希望であるんですよ。何かを思い出させません?宗教ですよ。神。絶対不変の神。人が神に縋るのは、神なら不変を貫きつつ全ての不安煩悩幻想、全部纏めて受け止めてくれるからですよ。生きるって本当に難しくて大変な事だから、皆ぶれない信念に縋って生きていこうとするんですよ。生きている人間からは得られない、あの絶対的な安心感。私は無神教だから~とか言ってたこともあったけど、あんなの嘘っぱちでしたよ。私の宗教推しだったんです、この頃から

新しい環境、新しい学校。ここは前にいた所より社交性を求められた。そして勘の良い皆さんなら気づくと思うけど、そう、ここまで勉強に精一杯で、時間があれば推しをキメて精神安定を図っていた私は、社交性を一切高めてこなかったんですよ。簡単に言えばコミュ障そもそも海外に来た時点で言語が通じなくて性格一転したからね。人と会話して意思疎通図るのがいつの間にか苦手になってた。それだけの言語スキルを手に入れてからも社交に対する苦手意識はぬぐえなかった。

それでも、割といけた方だと思う。苦手でも、人と関わるのが嫌いなわけではなかったから。新しい学校は、私と似たような人生辿ってきた子が結構たから、それもあってか、割と簡単に馴染めた。

いや実はそんなことなかったかも。友達関係でいっぱいトラブルも起こしたし、悩みもいっぱいあった。でもそれ以上に楽しい思い出があったから、嫌なことは簡単に上書きされちゃったんだと思う。勉強も楽しかった。成績も上がった。新しいことにも沢山挑戦できた。心残りや後悔はやっぱりあるけど、ホンマに何でもかんでも楽しかった~~~

でもね恐ろしいことにね、楽しい時間はね、続かないんだよ。おっそろしいわ。

大好きな学校はね、卒業しなきゃいけないし、大学ね、受験しないとアカンのよ。おっそろしい。私の場合大学でまた海を渡って、まら違う国に渡る計画をなんとなく建てていたから、今まで何だかんだずっと一緒にいた家族とも離れなきゃいけない。また違う環境、また違う言語。(いや言語は前の時より準備あったけどさ、それでも外国語ってことには変わりないじゃん)どうすんねんマジで大学受験でもれなく鬱になった。人間身体って割と簡単限界が来るんだよ。だから皆本当に、睡眠食べ物ちゃんと取らなきゃだめだよ。一日八時間寝て。家族友達に沢山迷惑心配をかけた。もう二度と救急車の厄介になりたくない。

ここでもやっぱり、未来についても目標とかなかったんだよね。私には推しがいればそれで良かったからさ。大学に行こうと思ったのも、流されて、なんとなく。っていう部分が多くてさ。私にとってはまだ、日本にあのままいられなかったその時から、どの道を進んでも同じような気がしてた。

一方で相変わらず、推しへの愛を募らせ、イベントの度に支部に上がるサンプルに歯をぎりぎり言わせてた。ついったで作家さんをフォローするようになったのもこの頃。凄いよね、雲の上の存在だと思ってた作家さんにマシュマロ感想送れちゃったりするんだよ、しかもその感想に返事が返ってくるんだよ。やばいでしょ。マジやばいイベントなんか参加したことないし、多分これからもそうなんだろうけど、作家さんと交流できるって本当に画期的だよ。自分作品を書くようにもなった。日本語変じゃないかな、文法おかしくないかなって、不安になりながら上げた作品に、反応が返ってくる。ブックマークされる。見てくれる人がいる。感想を送ってくれる人までいる。嘘でしょ。やばい、好き。推しが好き。こんなに幸せな気分にさせてくれる推しが好き。

そうやって毎日毎日最低3時間支部とついった巡りに時間をかけてたから、睡眠時間を削るしかなくて、それで生活リズム体内時計狂い始めたんだよね。笑えねえ。絵や文だけじゃなくて動画にも手出しちゃったんだよね。えむえむでー、人力、偽実況。たま~に夜更かしするならいいけどさ、もともと身体強い方じゃなかったから、毎日2、3時に寝る生活は三年も持たなった。あとあと簡単に鬱になったのも、身体を壊したのも、完全にそういう無理な生活習慣が祟ったなって思ってる。周りの人は私が勉強頑張りすぎて身体壊したんだって思ってるけど、もうマジで全然そんなことない。推しに会いたくて会いたくてどんなに忙しい時でも推しに会う時間確保しようとして身体壊した、ただの馬鹿。皆は絶対真似しちゃだめだよ。寝てねマジで

家族の話、ちらほら出てきたでしょ。小さい頃から国を離れたわたしは、「国がない」人間なんです。そりゃ法律的に言えば日本人だけどさ、故郷と言われてピンとくる場所も無い、地元ってどこだか分かんない、自分の国がない。私みたいな子に結構会ってきたけど、私らみたいな人は、結局どこ行っても余所者なんですよ。それが何年もかけて向き合ってきた私のアイデンティティから、今更どうこうは言わないけど、でもそういう根本的な寂しさはやっぱりあるんです。いつだって、そんな私の帰る場所は、私の家、家族がいる場所で。でもそんな家を、家族を私は、離れなきゃいけない。一人で生きていかなくちゃいけない。何にだって終わりがある、別れはいつかくる、それを十分に分かっていた気でいたけど、全然分かってなかった。私の家は、絶対安全シェルターは期限付きだったんだ、いつまでもそこにある訳じゃなかったんだ。それがなくなったら、私は本当に何処にも属さない、この世界余所者になってしまう。いざそんな現実に直面して、そんな底なし不安を感じて、辛くなりました。

またも不安に比例するように、夜更かしして推しに会いにいくようになりました。寝るのが怖かったんです。だからぎりぎりまで起きていて、推しに慰めてもらってた。寝たら、明日が来てしまう。明日なんて来なくたってよかった。ずっとこのままでいたかった。どこにも行きたくない、どこにも行きたくない。そう考えるうちに足はすくんで、本当にどこにも行けないような気さえしてきた。

この頃から親が趣味に物申すようになってきてたんですよね。前は私の精神状態が良くなかったから目瞑ってもらってたようなもんで。結局その頃も変わらず、推しに縋って現実逃避をしてただけだった。そろそろ社会に独りで出る私が相変わらず逃避し続けるのを心配に思ってくれたんでしょう。「もっと他に、するべきことがあるんじゃないの」って口を酸っぱくして言われました。

そうこのとき、私は推し依存してはいけないと自覚しました。こんなんじゃ推しに私の人生狂わされるだけだって。前までは、推し人生狂わされても、それでいいかって何となくなげやりに考えてたんですよね。でも違うんです。推しに縋って生きてきたのはいいけど、これで廃人になってしまったらそれは推しのせいになってしまう。これまで私を生かしてくれた推しにそんな迷惑をかける訳には絶対いかないんだ。バランスを、妥協点を探さなきゃいけない。これからもずっと推しに会いたいのなら、推しに縋っていただけの不健康関係じゃなくて、ちゃんと一人で前向きに生きていけるようになって、推しに何かを貰いながら何かを返せるような、そんな健康的な関係を築いていかなきゃいけない。推しに貰った希望を、何らかの形で推し社会還元しなきゃ。そう思ったから、何となく頑張って、ここまでこれました。今はとにかく就職して推しに貢ぎたい。推しが私に善行しろと言っている。

......いやこれ、話飛びすぎだろって思うでしょ。ごめん、ここ本当は間の3000文字くらい推しと私に関する話あったんだけど、簡単身バレする内容だったので削るしかなかった。とにかく、本当にそういう人生の細かい、肝心なところまで推しが絡まってくるんです。推しがいてくれたから。推しがただ、そこにいてくれたから、あとは私が勝手に進んだ、進むことが出来た。私みたいな何においても中途半端な半端者でも受け入れてくれて、ずっと変わらずそこにいてくれるんですよ。振り返ればいつも、そこには推しがいたんです。推しいるか世界平和を願える。推しが私をまともな人間にしてくれた。

やばいでしょ。推しが情操教育に良すぎる。いや私はどちらかと言えば悪い例なんだけどさ。これからもきっと私は推しに縋って生きていきます。本当はね、推し申し訳ないと思ってる。私の身勝手な都合で、推し勝手神様祭り上げてしまった。私が生きる上での寂しさや不安一方的にぶつけて、一方的に縋っていく、不変の存在に、勝手に仕立て上げてしまった。でも今更改宗なんてできないんですよ。心にいつも推しがいて、そのスポットは最早ぽっと出の何かが簡単に成り代われる物じゃないんです。そして心にいつも推しいるから、今日希望を持って、人に優しくしようって思えるし、今の道を進んでみようと思えるし、例え命の果てに、私の存在の果てに何も無かったとしても、それでも歩んでいこうって思えるんです。生きて、いけるんです。

だいぶ端折ったけど、大体そんな人生歩んできました。これから

2018-10-07

anond:20181007224758

1990年社会学ブームになって以来日本において目新しいものは出てないらしいぞ。

海外でもいったらどうだ?

日本社会学やろうってのは随分変わってるな。他にも面白いものいっぱいありそうなのに

anond:20181007154940

VtuberブームVtuberの数が増えるブームであって

Vtuberから見るブームはのじゃおじの記事から2、3ヵ月で終わってたからな

今となってはボイスロイドと一緒で表現方法の内の一つって感じだし

推されてたVRチャットも敷居が高くて極一部の人しかやってないだろう

anond:20181007152952

のじゃおじの登場によるvtuberブームと呼ばれるものが起きてから一年近く経とうとしてるが

登録者20万人超えるvtuberってわずか9人しかいない

のじゃおじを見て「これなら自分にもできるかも」「ブームっぽいから儲かるかも」

勘違いしたバカけが群がって、流行ってる感出そうと頑張ってるが

実際はたいして流行ってないんだなこれが

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん