「文章」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文章とは

2020-01-18

MacWindows

八年位前にWindowsからMacに自宅パソコンを変更し、iMacを使い続けてきたのだけど、intel core i5 + 8GBメモリではとうとうパフォーマンスが不満になることが多くなり、昨年年末に思い切ってMacBooKPro 16インチ版(intel core i9 + 16GBメモリ)をポチった。

おおおお、すげぇとまだまだその快適極まりないパフォーマンスに感激する毎日を過ごしているわけだが、それまで無視していたWindows10を思い切って導入してみることにしたのである

もう10年以上、Windowsなんかインストールしたことないので、まさかまさか、たったの三千円しかからないなんて感動だった。もっと安く1000円というのもあったのだけど、ちょっと安過ぎて危険判断し三千円としたわけである

いずれにしても、二万円くらいかかると思い込んでいたので導入を躊躇ってきたのが悔やまれた。何故かというと、Microsoft Officeである。そのofficeサブスクリプションを五年くらい前に購入してMacOS上にOffice入れて使っていたのだけれど、これが重いのだ。また、仕事で使っていたVBA互換性がなく、ファイルを自宅では使えないという問題が頻発した。

まったく、もっと前に気付くべきだった。OfficeパフォーマンスだけはWindows上が最高であった。

しかし二つの異なった環境とは言え同じパソコン上にあるのに、何故だか最新のBootCampでは互いのディスク上を共有することは出来なくなっているのは結構な不満。

クラウドに置いておけば済むのではあるけど、めんどくさい話でもある。

あと、妙な話なのだが、Windowsの性能は100%出ていると思うのだけど、めっちゃ音質のいいはずのスピーカー音が何故かWindows上では音質が落ちる。MacBookPro2019モデルはめちゃくちゃ音質が良くて、少なくともMacOS上での音楽再生は感動レベルなのだけど…。それに音楽再生していると何分かに一回「ブチっ」と雑音が入るのも不思議デジタル再生で雑音が入るって聞いたことがないんだけど?

タッチパッドの使い勝手いくら調整してもMacOSと同等というわけにはいかないのも若干不満。でもWindowsってそんなもんだよな。

仮想環境Windows10という考えもあったけど、特に必要性は感じなかったので安直BootCampとした。

 

という文章を書いて増田への投稿テスト

anond:20200118182011

文章の長さを無駄な量と考えてしまうのが現代の悪い癖ではないかなと思う。

そりゃ多すぎても困るけど、必要ものには必要な量の文は付き物でしょう。

長すぎると読む気にならないというのは、結局の所知識として得たいのではなくて、単純に怠けたいから答えだけ教えろとワガママを言っているだけではないかなと。

anond:20200118174734

会話では「そうなんだー」と同意はさいしょにしますけど

Webでそれやってたら、文章無駄な量が多すぎてくどくなりませんか。

(長文増田とかあんまり読む気になれない)

質問されて増田さんが「イラっと」しちゃってるの。

それじゃ相手に判っちゃいます

それでも聞いてくる人は、

☑ 増田さんが答える立場にいる

☑ 質問者と、回答者は対等だという認識をもっているのでしょう。

私だったらそんな態度(考え方)が、相手に片鱗でもみえたら、

その方には質問せず、スルーするか、他の人に質問します。

anond:20200116222707

発音の違いもあるけど、あえて話し言葉書き言葉の違いを考えてみた。

1 英語話し言葉

追記コメントも最もだと思う。つまり逆に言えば英語文学は、話し言葉に近いスタイルで書かれているということ。三人称作品であっても、ときおり筆者自身一人称で呟きを入れたりして、朗読向きに書いているときもある。

2 外国文学口承性格

から聖書物語を聞いたり聖歌を歌ったりコーランの暗唱をしたりしている、小説家自作朗読会をする文化がある。盲人の人への優しさも伺える。声や耳や頭を使うことは例えばボケ防止にもなる。

で、そういう話はいわゆる5W1Hが割と明瞭。朝昼晩など時間帯もよく記載されている。日本語でも口承文学民話などは割とそうだろう。

3 短文による構成

翻訳文学書き言葉に変換されていることが多いから、元の英文話し言葉だというのは、分かりにくいかもしれない。元の英文はいくつかの短文が関係詞で繋げてあるだけなのに、日本語では関係詞で繋ぐために後ろの短文から訳されていたりして。もし桃太郎翻訳文学だったら、

「むかしあるところで毎日芝刈りに行くお爺さんと一緒に住んでいた毎日川に洗濯しにいくお婆さんが、いつも洗濯しにいく川に行って洗濯をしていたとき、大きな桃がドンブラコドンブラコと川の上流から流れてくるのを見つけました」

みたいな書き言葉になってしまうかもしれない。当然長くて順番がへんてこな文章意味が把握しにくい。

4 日本語表現の含むあいまいさ、矛盾など

それと、日本語文学あいまいさや矛盾放置してる場合がある。その場合朗読向きとは言えないように思う。

例えば漱石の「吾輩は猫である」。「どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめめした所でニャーニャー泣いていた…聞くとそれは書生という…」 頓と見当がつかぬ、というのは地名のことかも知れない。でも少なくとも書生のところだって分かってるじゃないか、と。こういうのはストレスになりがちだ。筆者は読者の同情をを引くために「見当がつかぬ」と嘘をついた、と裏読みする人もいるかもしれない。

5 話し言葉こそ論理の建て付けが必要

書いた文章飛ばし読みができる。だから長くても矛盾があっても読めてしまう。でもそれは耳で聞くには耐えない場合がある。聞くときは話を飛ばせないから。

結論としては、オーディオブックとか朗読用の文章は、各文の短さと論理の緻密さが必要なんだと思いますよ。

D〇NAだっけ、ずさんな医療情報を載せまくって炎上して閉鎖したの。

あのとき文章だったけども。いわば今回はそれが映像になって対象歴史になったバージョンだよね。

YouTube時代になっても人類本質的に同じ問題排除できていないのだねー。

メディアがなんであれ。

anond:20200117215607

子供部屋おじさんが、この文章を書いていると思う。

何度も子供部屋狭い狭い言ってるし。

建築士資格取れる、

インテリア学科の大半は女性ですよ。

Abema prime所詮朝日ってるな

文章不法投棄

Abema prime

https://news-prime.abema.tv/

しかし昨日のabemaのゲーム障害規制条例番組構成は割と酷かったよね。

まだ藤末議員規制に対して割と慎重で今回の条例にも反対するのが理由としても判る事や大阪松井市長の件も煽ってはいもの産経記事が酷い点について最初に触れていた点はマシであるものオタクに限らず、保護者付近の人から結構拒否反応が多くて、明らかに拒否反応の方が上回っているにも関わらず、まるで賛否両論されている様な相変わらずの番組構成をしていたしね。

そして相も変わらずゲーム障害に対して、WHOとか前面に押し出し外圧悪用しているのもいつもの事だと思った。

ゲーム障害に関しては山田太郎議員も指摘しているが、所詮名称だけ決まったものに過ぎず、因果関係はおろか定義すら決まっていない代物にすぎないと言う物なのにね。

所詮朝日系列放送している番組だと思った。

朝日赤十字の件でもネットでは反対の方が多いにも関わらず、賛否両論あり、またポスター規制が正しい様な記事を書いていたし、著作権DL規制でもネット上でも反対が多いのにまるで賛否両論あるかのように書き、明らかに業界寄りな規制賛同した記事ばかり書いていたしな。

著作権の事に関しては山田太郎議員にすら、朝日新聞の内容が不確実と普通に指摘されていたからな。

また朝日に関しては報ステ世耕議員の悪質な発言編集した件もあるしな。

いつもながらマスメディアの進めたがる規制に世の中が反対で不利だったならば、まるで世間では賛否両論あり、規制がただしいみたいな記事番組構成をするのがこいつらのやり方。

こんな悪質な印象操作ばかりしているから、新聞社報道が世の中からの信用を無くすんだよ。

それと出演していたエロ漫画家がこの条例安易に賛成していた事には本気で呆れ果てたよ。

スト2バーチャ大会に出てたか知らんし、どうせこれも脚本だろうけど、6時間つの間にかゲームをしていたとか単にお前が自制できていないだけじゃんとしか思えなかった。

ゲームがなくなれば仕事に集中するしかないと言うのもお前の感想しかないだろうと。

しか漫画家なんて、過去には児童ポルノ禁止法やら都条例やらで表現規制に晒され続けたのだから特に表現規制には本来シビアでなければいけないのにここ最近特に漫画家は昨今本当の意味で図に乗りすぎたからか、赤松日本漫画家協会海賊版を盾にして、関係ないネットユーザーに対して、DL違法化拡大と言う規制で殴りかかっている事と言い、自身危険に晒されない関係ない規制には安易賛同したり、推し進めようとする馬鹿共が余りにも多すぎる様な気がするよ。

ただ思い返してみても当時の児童ポルノ禁止法や都条例でも反対していたのは主にオタクやよくて同人屋位で、こいつら漫画家は当時最終的にお気持ちを表明する程度で殆ど何もしていなかったし、国連児童ポルノガイドラインの一件でも動いたのは山田太郎議員オタクとかであり、こいつらは海賊版と称し、自身利益の確保に熱をばかりあげていて、ガイドラインの件には何もしなかった連中だしな。

流石にたまたま目についている連中がこんな酷い人間的に最低な奴等ばかりで、多くの漫画家がまともだと信じたいけどね。

ただ流石にこいつらみていると私はフェミカルトの行う児童ポルノ方面赤十字みたいな一件だと漫画家以外のネット規制表現言論の自由、そして場合によっては生命にかかわる問題なので、これからも反対はするだろうけど、こいつら漫画家業界的、経済的文化的死ぬ分にはもはや残当だとしか思えなかったりするね。

しか漫画が注目されたのは他の日本産業がそれこそ短絡的なお気持ち規制で沈んだ結果、相対的熱狂的なファンに支えられていて、まだシェアとして成り立っていたからこそ、漫画が注目された経緯があるのにそれを当事者勘違いして、この様な軽率規制賛同する発言をしたり、権力と結びついた途端、関係ないインターネットユーザー規制しようとするのだから救いようがないよ。

本当に日本人は調子が良くなるとすぐに図に乗るし、安易悪者を作りたがって何でも規制したがる悪い習性があるよね。

しかしここ最近綺麗事ばかり言い、規制を押し進める事に熱心な赤松や昨日のabemaみたいな奴の様な漫画家増長しているのを見ているとこいつらどうしようもないとしか思えないからな。

本当にフェミリベラルあいトリでは表現の自由を言っていたのに赤十字を叩いていた件や漫画家普段表現の自由を言う癖に自身関係ない問題だと途端に規制賛同しだしたり、関係ない第三者規制しだしたりする事やマスメディア普段言論報道の自由を言う癖に相も変わらずこの様なネット規制を推進しようとする事を見ているとどいつもこいつも自身表現言論の自由を言う癖に全く関係ない第三者に対しては安易且つ短絡的に規制しようとするダブスタ野郎馬鹿共が余りにも多すぎるとしか思えないね

それとこの手の規制を進める理由にどんな形であれ、子供を利用する奴は十中八九碌でも無い人間しかいない事はこれまでの規制歴史を見ていても断言できることだしな。

児童ポルノ禁止法の時でも進めていたフェミキリストカルトはそれこそ子供規制にばかり利用して、反対派から厚労省予算を指摘されてもガン無視していた経緯があるし、都条例しろこの香川の件にしろ子供教育病気とやらを盾にして、子供自体の行動を制限しようと言う最低な行動をとっているからな。

往々にしてこの手の規制子供理由に挙げ、盾にする連中程、子供を便利なツール程度にしか考えていないよ。

こんな短絡的に何でもかんでも規制し続けたから、日本と言う国自体がここまで沈んだのだよ。

何も規制けが日本が沈んだ原因ではないけど、一因としては大きいだろうよ。

2020-01-17

anond:20200116222707

そういうの全然関係いか

もとより耳で文章聞こうってやついないか

文字の本読むのより楽な方選ばれてるだけ

日本語文字の方が便利だってだけ

anond:20200117213724

元増田意味不明なことを書こうと思って書いている文章だろ。

それを素直に読んで疑問を感じている時点で文盲だよ。

anond:20200117212821

イギリスアメリカ英語流行っている=英語がカッコイから

と言う文章構造意味自体は分かるが全く同意できず、そもそも言語学観点から考えても非論理的である

どういう思考回路でこのような考えを持つようになったのかいささか疑問であった。

よって”意味不明で草”と書いた。

それを読み取れないお前が文盲だろアホ

閉鎖病棟って何のために存在してんの

最近自殺に失敗して「精神がまだ落ち着いていない」という理由で県立の精神系の閉鎖病棟に入れられて最近やっと退院できた。

最初入院した時は自殺企図可能性があるという理由隔離用の部屋に入れられてた。

隔離だけなら良いんだけど物を持ち込むことが出来ない(電子機器はもちろん筆記用具、本とかもダメ)からただ寝るか起きてボーっとしてるかの二択を迫られる。

食事時間通りに来るし、トイレとかは室内にあるから最低限生きる事は問題ないんだけど、あの何も出来ない時間が本当に苦しかった。(これでも閉鎖病棟の中では規則はまだ緩い方だと聞いた時は驚いた)

自分入院してる中では比較精神が安定してた事もあって、隔離部屋はかなり早く出れたし、本とか雑誌とかテレビとかも早い段階でOKが貰えたから良かったんだけど、入院してる人の中には何度も入退院を繰り返してる人(あるいは症状が良くならず長らく入院している人)が存在していて、そういう人達は定期的に行動を制限されて隔離されているけれど、この行為は「治療行為」というより「罰則」として処理されているようでならない。

自分の様に症状が軽い人間もあの人達みたいに症状が重い人間もこの閉鎖病棟という空間で本当に「治療」されてるの?という疑問がある。

極端に言えばただの精神病になった人間罰則を与えるための施設なんじゃないかという思いでもやもやしている。

あの施設って何のために存在してるのか、知ってたら誰か教えて欲しい。

何か個人的な恨み辛みが外に出て纏まりのない文章になったのは許してくれ。

anond:20200117174636

文章時間掛かるけど、

何度も推敲して誤解の生じない丁寧な書き方で要点をまとめて書けるので、

饒舌みえるだけというのはあるなぁ

anond:20200117174245

コミュ障の人って文章は生き生きと書くような偏見があるが、SNSだと人が変わったように書くのかしら

anond:20200117171315

日本語場合「聞かせる文章」はきちんと練らなくちゃいけなくて作るのは大変

英語場合普通に作ってもお手軽にそこそこのクオリティのものが用意できる

みたいな感じに受け取ってるんだが

まあ日本語文章より箇条書きにしてくれたほうが内容はわかりやす

日本語文体の美しさみたいのはあると思うけどあくまでそっちは楽しむものであって

anond:20200116222707

もっと単純な理由だろ

「私はあなたの事を格好いいと思いません」

「I don't think you look cool

英語場合、「I don't think」から入るから、思わんのだなってなるけど

日本語場合最後の「ません」を聞かないと文章の中身が確定しない

ちゃんと「聞こう」と思ってないと、文意が読み取りづらい言語からだろ


もちろん、欧米人間ならもっとはっきりと言うだろうけれど

基本的文章構成として、日本語はわかりにくい

[]王様たちのヴァイキング

セキュリティーの脆弱性っていうのは、これは客からの依頼じゃないと追加できない。

坊主覚えておけ、警察からの依頼でも、コードの変更はできない。

かならず、警察から客へ 客から文章で、変更依頼をもらって、脆弱性を盛り込む。

 

訓練用とはいえ企業に勤めている以上、ハッキングは必ず競技のようにルールの中でやる。俺たちがやってるのは、競技ハッキングであって、ハッキングじゃねーんだ。好き勝手はできない。

自分ハゲタカドキュメント書いておきながら「池井戸潤みたいな展開」とか言うな

池井戸潤に影響されて自分現実ドラマに仕立てただけに読めちゃうので、もし本当にそう感じていたり事実そうだったとしても文章の中にそういうワードを混ぜるな。

フィクション純度が落ちるやろが。

anond:20200117103823

なんか頭悪すぎて、文章全然入ってこない

anond:20200117103340

意見を言ったりバッシングをしたいなら明確に齟齬がないように言わないとバカがなんか言ってるって思われるだけになるぞ。

けがわかんないのは「『反対したら戦争全般がなくせる』」とかい認識のほう。

戦争反対」とか言ってる連中ってのは「反対したら戦争全般がなくせると思ってる」連中とはぜんぜん違う

愛国精神」持ってる連中と「愛国心があれば北東アジア人を殺して良いと思ってる」連中くらい違うから、そこらへんを伝える努力ちゃんとしないと、それに誤解を与える文章を書いたならそれを謝らないと。

時の権力者無意味な参戦しようとするのに反対するのはいいよ。

軍備の存在自体とか抵抗の戦いに反対するのは意味わからんだろ。

歴史に学んでいたら、戦わなかった国家がどうなったか知っているはずなんだ。

誰が「軍備の存在自体とか抵抗の戦いに反対」してんだ

「何の抵抗もせずに」ってのは事実と違うって言ってるし、戦果の出ないことがわかっていた特攻攻撃肯定するために「抵抗のための戦い」を理由にするのはナンセンス過ぎるよね。

指摘をするとすれば「シベリア抑留など奴隷にされた例はいくらでもある」とかだよね。

例のごとく英語学習がまたブクマされまくってるが

どうせお前ら英語使わねーじゃん

生活必要ならもうすでに英語喋れるだろ

どうせロクなモチベーションもないのに喋れたら、読めたらいいなぐらいの気持ち

とりあえずブクマしてるだけじゃん

うそんなのやめろよ

機械翻訳に任せろよ

ゴミみたいな訳しか返ってこないって?

英語学習3日で飽きるお前が辞書使って長時間かけた訳よりマシだろ

少なくとも一瞬で訳が得られる

翻訳文章意味不明だって

前後文脈からしろ

それでもダメなら読まなくていいよ

お前はその文章を読まなくても死なない

何の影響もない

お前にとってその文章は無価値文章だった

それだけだ

あと5年10年すれば違和感のない日本語翻訳できるようになるだろ

ゴミクズのお前が無駄努力をするより優秀な人間に任せろ

お前はそれまでシコってろ

anond:20200116133650

元増田です。

この枝の議論自分にとってとても大切な観点が書かれていたのでここメインで書き込みます

ファスナー

増田の方はかなり私の考え方に寄り添って書いていただきました。

またその方とやりとりしている方も「ファスナーは常に閉めるべき状態なのだ」と考えるあり方を提示されており、私のこだわりに添いつつ新しい考え方をもたらしてくれました。

この枝のさらに枝の増田さんが書いている、何か事態が起こった場合反省して切り替えていくという姿勢は私のような人間には極めて重要です。

人の意見を素直に受け止めないと苦手なものは一生そのままになってしまう。何が苦手かはおそらく元の文章読んだ方ならなんとなくわかるかと思います

私は例えば人より0.7倍スキル習得速度、物事への認知速度が遅いとしても、その分できないかもしれないけど頑張って、人より劣るけれどもスキル経験値入れ続けることは大切だと思っています自分のやってることに半分自信があり半分は全くないので、冗談ぽく周囲に話して、それでちょっとずつ直したり考え直したりしてます

元の増田もそんな気持ち議論になりそうなこだわりをヤバそうなものから共感を得られそうなものまでグラデーションピックアップして書きました。

あとは個別ポイント言及します。

皿を洗うことについて

ということで、お皿はもう少しちゃんとやってみようと思います

もう少し、と書いたのはいきなり完璧にやろうとすると失敗するからです。

それなら息や食事をするべきでないのでは、という理論に対して

これについてはhttps://anond.hatelabo.jp/20200116111422の指摘があたります

除雪について

これは完全に私の書き方が不十分で申し訳なかったのですが、元増田で「必要以上に」と書いてある通り除雪します。私はかなりちゃんとやる方で、ネット積雪予報と自分睡眠時間を考えて、時間を定めて適切な範囲除雪します。融雪の時期は当然朝晩の融解と氷結を見越して除雪しています。変なタイミングでちょこちょこ除雪したり、大した積雪でないのに除雪機出したり、そういうのはよくないと思うのです。田舎だとマンション管理会社建設業で、ユンボ除雪してもらえるのですが、その時に自家用車駐車場にあると除雪に支障をきたすので、来そうな場合は出かける用事を作ります。一軒家の場合はお隣の除雪ペースを心に留めて動きます

ズボラだ、ものぐさだ、という指摘について

あれこれ理由をつけているだけで、自分のだらしなさを正当化しているという指摘が結構ありました。

その通りです。ただそれはいけないことなのでしょうか? ちょっと言葉は強いですがhttps://anond.hatelabo.jp/20200116133818意見に近いです。

で、日常のいろいろなことに過度に囚われず、思考したり実践したり、あるいはだらだら休み増田も書く。動静どっちもやる。

ただし、人の意見をしっかりきいてこだわりを相対化するのは大切。

こんな人間なのでお察しかもですが小学校から中学校時代はかなりいじめというか孤立しましたが、中学2年生の時以来つるんでくれるメンバーがいて、とっても、助かりました。そのメンバー達のおかげでこだわりの相対化へのこだわりが始まりました。

消しゴム

消しゴムを拾わないのは、その時間は書いたり黒板見たり集中して物事を覚える時間からです。

物を覚えているのに消しゴムを拾うと物を覚えられない。テストで点数取れません。

誤字をすると、物を覚えるのは一時中断します。そして消しゴムの出番です。

席変えの際に周囲に説明して、俺のは拾わなくていいということを伝えるようにしてました。

あと消しゴムは常に8個くらい持つようにしています

なお私は上半身前後させながら授業を聞くと覚えが体感1.8倍くらい(2倍行かないくらい)よくなります

ただこれをあまりにひどくしすぎると周りの人に迷惑なので、その感覚をより小さな動作で得られるように中学生くらいからしています

ちょっとだけ貧乏ゆすりする、あるいはつま先をゆっくりトントンする、左手を鼻筋に当てる、ペン回しをする(はじめ右手でやっていたのですが右手でやるとノート差し障りが出るので、左手ペン回しすることにしています)などです。

自分でもこれヤバイと思うのですが、良い成績取るためには仕方がない。あるいは学会発表とかで論旨を掴むためには仕方がない。消しゴムもこれとおんなじです。

増田にあった指摘で、傘もささなそうというものがありました。

ご指摘の通りで、過度の雨(濡れすぎて外出先や職場迷惑になる時)以外は差しません。お分かりかと思うのですが、傘は雨が止むと差さなくなるからです。

小雨の時はもちろんささないのですが、常に傘は持っています。なぜなら本降りになるかもしれないからです。

雨降ってるのに傘ささないで持って移動していることが多いです。

一人暮らししかできなさそう

かなりそう思います恋人の家でご飯作るときとかは実践の場で、自分おかしなところを修正していく良い機会だと思いながら、ちょっとずつ自分の変なところを説明したり出したり、そして直したりしながら、かつ楽しくデートするようにしています

ある種の虚無主義ではないか

ブコメありました。とってもかっこよく言うとそうだと思います自分の性分は、性分ゆえに理由くそであると自信がある一方で、子供の頃から否定され続けてきたので全く自信がない。ただ修正しながらやってきて自分の性分を生かせる仕事しているだけ。アンビバレントに割り切っています

ノスタルジー狂想

 先日、某ネトゲイベント期間終盤に徹夜かまししまった。三連休の出口のことである。それで頭のネジが一個外れた。

 朝日が上るのとほぼ同時にイベントクリアし、その後短い睡眠を取り、目覚めると直後にシャワーを浴びて仕事へと出掛けた。起床時点で既に微かな違和感には気付いていた。認識のほんのちょっとのズレ、普段との差異。当初ささやかものであったのだけれど、それは時が経つにつれ、僅かに角度の異なる二直線のように決定的なものとなっていく。

 懐かしいのである

 一切のものが懐かしいのである

 変な話、ついこの間購入した一本百円強のボールペンにさえ懐かしさを覚えた。あるいは道行く人とか、地面とか、壁とか、床とか。何物に対してであれ何者に対してであれ、そこから何かしらの懐かしさを――つまりはこの場合ノスタルジーを――覚えないわけにはいかなかったのである

 何たる異変か、と当初は思った。頭が変になってしまったのだ、という自覚は一応あった。何はともあれ、仕事をしないわけにはいかなかったので、その日は奇妙にふわふわとした気分のまま、過ぎ去っていく出来事をまとめたり受け流したりしながら一日を過ごした。その日の仕事を終え、電車で最寄り駅に着いた頃には多少なりともの冷静さを取り戻すことができており、まあ一晩寝れば元の通りに戻っているだろう、と目算を立てつつ帰宅した。その後、シャワーを浴び床に就いた。


 翌日、何も元通りになどなってはいなかった。


 起きた瞬間から空気が懐かしく、枕が懐かしく、部屋の壁と天井が懐かしかった。それどころか、時間の経過と共にこの狂想は加速していくこととなる。

 出かけるなり気付いた。地面が懐かしい。昨日に増して懐かしく感じられる。何よりも空が懐かしかった。それは、地面に増して強烈に懐かしかった。

 何でそんなことを思ったのだろう? 俺は電車に乗り込み、ヘミングウェイの『武器よさらば』をリュックから取り出しながらに考える。二十分足らずの乗車時間の中、割に結論が出るのは早かった。

 つまり、それはこういうことになる。


 生命は海から吐き出された。ずっと昔に。我々は吐き出され、陸(おか)に打ち上げられ、そして地面での生活余儀なくされた。

 その時、既にして海は母であった。しかも些か問題のある母であった(何せ我々を吐き出してしまったのだ)。

 ――また、海の母は星であった。

 星もまた、問題を抱えた母親である

 今日もまた、彼女身体の上では無思慮な問題児達が跳梁跋扈している。

 ――では星の母は?

 すなわち宇宙(そら)である

 星は生命を育み、宇宙は星を育む大いなる生と死の結合である。我々は生命起源を海に求める。しかし我々は海の中で生きることはできない――いわんや宇宙でをや。我々においては、海や宇宙は生よりもまず死なのである。それらは、率直に言って単純に生存可能環境ではない。それでも、海が我々の母であるのと同様に、宇宙は我々の母であり星の母なのである。そこには生と死が同時に存立する。

 つまり、地面は我々にとって懐かしむべき存在なのだ。それは無論のことだ。我々はみな等しく星の子供たちなのだから

 そのことから必然的に導出されるのは、星が宇宙の子であり、宇宙は星の母なのであるといった事実である

 そう、宇宙は地面よりも上位系統過去に――いわば原過去に――属している。

 地面に増して、空のことを懐かしむべき存在であると捉えることには、一定理由が存するのである

 その日、帰宅後就寝した。起きて後この文章を書いている。

 大方ノスタルジーは抜けたが、まるで傷痕のように残滓が留まっている。壁に、空気に、地面に。

 海よ、星よ、空よ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん