「文章」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文章とは

2018-12-15

男の自己実現とかどうでもいいよ

からすれば男なんて稼いでくれればいいとしか思ってないよ。

男の言う「本当の自分」とかほんとどうでもいい。

ちやほやされるために金稼ぐ男の方が、女からすればいい男だよ。

って言うのは私の偽らざる本心なんだけど、こういう言い方するとまるで男性蔑視みたいだよね。

でもそうじゃないんだよ。私の中じゃ、これこそ男女平等だよ。

女は皆、金に寄っていくんだよ。

そんでその金の部分を取り除けば、男も女も同じ性別がどうこう言う前に一人の人間なんだよ。

そして基本的に、女は?あるいは人間は?、関係ない他人がどう生きるかとかどうでもいいんだよ。

自分にとってメリットのある人間が良き他人であり、デメリットしかない人間が悪しき他人なのさ。

なんて、まとまらないことをこの本の説明欄を読んで考えていました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MXSWJT8/

つーか読み返してみると文章としてまるで繋がってない…

あー金くれ。

anond:20181215112252

女の自己実現とかどうでもいいよ

からすれば女なんてヤれればいいとしか思ってないよ。

女の言う「本当の自分」とかほんとどうでもいい。

ちやほやされるために股開く女の方が、男からすればいい女だよ。

って言うのは僕の偽らざる本心なんだけど、こういう言い方するとまるで女性蔑視みたいだよね。

でもそうじゃないんだよ。僕の中じゃ、これこそ男女平等だよ。

男は皆、女という性に寄っていくんだよ。

そんでその性の部分を取り除けば、男も女も同じ性別がどうこう言う前に一人の人間なんだよ。

そして基本的に、男は?あるいは人間は?、関係ない他人がどう生きるかとかどうでもいいんだよ。

自分にとってメリットのある人間が良き他人であり、デメリットしかない人間が悪しき他人なのさ。

なんて、まとまらないことをこの本の説明欄を読んで考えていました。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MXSWJT8/

つーか読み返してみると文章としてまるで繋がってない…

あーセックスしてー。

恋愛で卑屈にならないための覚書。

最近恋愛系の本とか記事ばっか読み漁ってモチベーション上げてマッチングアプリしこしこやってたんだけど、普通に疲れた

誘う時間とかご飯場所とかもろもろ設定して無難な服着て無難な会話して、、、って繰り返すのクソだるい

少し前のマッチングアプリ増田で、デート相手からメールが来なかったのでそのままフェードアウトって、書いてたの見て、いやいやお前から感想メール送ってたらまた違う結果になるだろうと思ったけど、あれ正しいわ。

ということで、卑屈になりがちな自分鼓舞する意味でこれから文章は書かれます

そもそも、誘ってくれた相手に対してお礼のメール送ってこない相手に脈なんてないんだから、次行ったほうがいい。自分から誘い続けてクソめんどくさいデートのセッティングしてクソ面白くないデート重ねるのは無駄。1回目で楽しくなかった会話が2回目で急に楽しくなるなんてことは、ほぼ無い。

自分コミュニケーション問題が……奢らなかったことに問題が……なんて長々と考える必要なし。相手を楽しませるためだけの会話なんて考えるだけ時間無駄。だいたい、自分が楽しくない関係性なんて続かない。

恋愛指南書に殴られ続けてるととこんな簡単なことにすら気づかなくなるからな。

非モテだろうがなんだろうが、「俺なんて頭おかしくなるくらいの数の女性にサムズアップしないと女性言葉を交わすことすらできないほぼ価値なんてない存在」とか「恋愛市場において女の方が希少価値が圧倒的に高く、おれはその女の前に流れてくるたくさんの回転寿司ネタの一つなんだから美味しいと思ってもらえるよう頑張らないと!!」とか思うのをやめよう。

別に奢る気もない相手に奢らなくていいんだ。端金じゃないんだよ、化粧をして小綺麗な格好をしてきてくれた女性に対して当然払うべき金、じゃないんだよ。自分が働いて稼いだ金くらい自分で考えて使うんだ。払わないと悪いかなと思いながら何となくで出すべき金じゃないんだよ。

ご飯を食べる場所時間もセッティングさせて頂いてるんじゃないんだよ、セッティングしてやってるんだよ。自分がやったことに誇りを持て。自分一生懸命選んだ店だ。運ばれてくる料理に自信を持て。相手の舌に合うかなんて考えなくていい、相手が美味しいと感じてるか反応なんて窺わなくていい。自分が美味しいと思えるかがまず先。

自分ばかり話して自己中なやつと思われないようにしなきゃ、じゃないんだよ。目の前の女が話さないなら、自分が話すしかないんだよ。話が弾まないのは会話を引き出せない自分のせいじゃない。相手が興味のある話題を振れない自分が悪いんじゃない。

自分が話してることに対して、興味を持つそぶりすら見せないやつにそんなこと考えなくていい。

気に入ってもらえるように無理して頑張るのをやめろ。紳士を気取るな。紳士を気取ったとこでつまら草食男子になるのがオチだ。

好きならぐいぐい行くのみ。それで反応が芳しくないなら次に行く。その繰り返し。

以上。

2018-12-14

anond:20181214221304

もう少し長めで上手に文章書かないと

キチガイつぶやきなのか、愉快犯面白がっての投稿なのかすらわからないぞ

インスタおばさん「おはようデス❤」

更年期ブサイクババアに限ってキャピキャピした文章だ。まるで老化した肌を厚化粧で誤魔化すかのよう。カワイイ絵文字はもはや痛々しく、コメント欄は傷の舐め合いバーゲンセールである

ところが時々「昔は可愛かったんだろうな」というババアがいて、熟女好きの俺は非常に興奮する。光でシワを飛ばし、垂れた胸を引き上げ、上目遣いでシャッターを切る。女を忘れていないババアなのだ。誰にも見向きされなくなった年齢だけど、そのババアはインスタなら女になれるのだ。とてつもなく興奮する。そんなババアセックスに誘ったら、きっと乱れ飛んでTwitterで裏垢女子を始めるに違いない。

anond:20181214205650

そんな面倒なことするなら、出会い系サイト登録して、「奇跡の1枚」をプロフィール写真にした方が早いだろ。

フォロワー増やして絵と文章投稿して・・・って、好きならともかく、そうでもなきゃ労力かけすぎだろ。

anond:20181214152446

絵や文章が書けるなら、流行りのアニメ見て感想とかイラストとか小噺ツイッターかいフォロー増やしまくったら

オタク達がチヤホヤしてくれるよ

週に数時間で済む趣味なので、時間がないけど褒められたいお母さんお父さんにもオススメ

出会いを探すなら登山サークルがいいと思うの

■書いた人は誰?

都市圏在住

・30代後半

男性

登山サークルは2つ経験

サークル出会って結婚

・入ったサークル初心者歓迎だが、出会いにフォーカスしたところではない

N数も少なく、バイアスがかかってる場合

ありますが、周囲で登山つながりで結婚した人も多いので、ひとつの参考になればと。

■すすめる理由

1. 男女比にあまり偏りがない

おおよそ、半々〜女性が少し多いくら

2. マウント取る人がいない

スポーツとしては、個人競技ですし、

トレッキングレベルだと、あんまり競技性もないので、俺スゲーって人は、ほとんど居ない印象。

(山岳会寄りのとこは、わからないですが)

3. 存在アピールできるシーンが多い

・休憩のときお菓子を配る

写真を撮る

レジャーシートを持ってくる

など。細かいですが、こうした積み重ねが大事だと思います

4. 次の展開がしやす

写真シェアするとかの理由で、LINEグループを作りましょう。

何回かサークルで一緒になって仲良くなったら、次は、サークル活動とは別に

グループ内の何人かで登山に行く。

この「グループ内で登山に行く」というのが、非常に大事です。

企画する人は好かれるので、頑張って企画しましょう。

一足飛びには行きませんが、「登山へのお誘い」は大義名分が立ちやすいです。

5. 仮に出会いがなくても登山の楽しさに出会える

この文章の核心です。

■着ていく服がない

トレッキングくらいなら、ワークマンで一式揃えられます

ワークマン 登山」で調べてください。

ちょっと派手めな色合いくらいの物がいいと思います

あとは、リュック可愛いアクセサリーをつけていると、話のきっかけなるかもしれません。

■話をしたいけれど、野暮な性格がばれちゃマズい?

登山中は、基本的に一列で歩くので、前後の人とは、話がしやすいです。

途中、滑りやすい箇所などがあれば

「ここ、滑りやすいですよ」とか話して、会話の糸口を見つけるのが良いかと。

道中で、なかなか話せなくても、休憩のときおやつタイムがチャンスです。

おやつを配るタイミングで話しましょう。

塩味のアメとかでいいです。

チョコ系の場合は、しみチョコベタつかなくて、おすすめです。

しんどいんじゃないの?

はじめての登山は、しんどいです。

でも、月一ペースで参加してれば、慣れてきます

暑い時期は、しんどいので3月4月くらいから参加するのがいいと思います

友達として登って、恋人として下りて来れれば最高ですね!

anond:20181214193631

ほっときいいね

どーせ成熟たらみんな読まねーし

文章読む訓練にちょうどいいと割り切ればいい

anond:20181214164107

最近「なろう」が台頭して来てる現状、嫌だなぁ・・・

文章ベースコミカルな内容をやるの(=多くのラノベ)が元々好きじゃないのに、更にそこに「素人が幾らでも参入できるプラットフォームで、異世界転生ものばっか量産されてる」っていう気持ち悪い体制が出来上がってしまったのがなんとも。で、アニメファンコミュニティに行くと、「異世界転生ものが好きです!」みたいな量産型がうじゃうじゃいてなんとも・・・

異世界転生もの自体普通に好きだし、コミカルな内容はコミックスアニメでやって欲しいって思ってるだけだからコミカライズ版とかアニメ普通に好きだけど(好きなものは。)

anond:20181214170313

お祈りメールの原因が年齢にあるような書き方だけど、

単純にスキル不足、己の能力問題があるかもとする文章がないのが、お察し……。

高校で今短歌してるんだけど大昔の人間が詠んだ歌、面白すぎる

イチオシ

梅の花 におひをうつす袖の上に 軒もる月の影ぞあらそふ」

これ要は「袖に移った梅の花匂いと、袖に落ちてる月の光が争ってるわ……😉✨」って言ってんだけど、なんでそういう話になんの?って感じが最高

言ってることが滅茶苦茶なのに美しくて笑っちゃう

月の光も梅の匂いもなんかワビ・サビ・ビューティって感じするし。

なんで戦ってんのかもわからんけど、現代オタクもなんか急に優勝!!!って叫んでることよくあるし、そういうテンションだと思う。

で、大事な話なんだけど、なんか昔の人って「袖に恋の涙が溜まるとそこに月が宿るの✨💞💋 ✨」(どういう理屈?)っていうのが流行ってたらしいのね。

えっ!?じゃあわざわざ平仮名で書かれた「うつす」は宿った月光香りダブルミーニングってワケ!?!?

まりこの人も、好きな人のこと考えて泣いてんの!!?

てことは……………………泣いてるから………………………涙をぬぐうから…………………………袖に移った梅の花香りが………………………………するんジャン…………………………

みたいなのを全ての短歌に対してやっている。馬鹿丸出しの文章だな。お察しのとおり馬鹿が書きました。

anond:20181214105841

お前の文章

不要ってことになりましたのでご報告いたします」しか残らなそう

anond:20181214074917

実際あの文章女性自由に任せていたらいつまでも女性が取り分けないといけなくなるから政治的正しさのためなら女性自由を抑圧するのもやむを得ない」という趣旨

ある意味正直というか徹底していて逆に好感が持てる

しかしこれを言ってる教授は男。

あれ?「男性による女性自由の抑圧」って誰かさんが反対してたような...

anond:20181214063239

若くとも30代以上(多分40代以上)の文章しか見えなくて、

今の大学生に向けた話であってあんたはお呼びじゃないよ…と言いたくなる

anond:20181214070827

実際あの文章女性自由に任せていたらいつまでも女性が取り分けないといけなくなるから政治的正しさのためなら女性自由を抑圧するのもやむを得ない」という趣旨

ある意味正直というか徹底していて逆に好感が持てる

これがツイフェミなら女に都合のいい状況や相手なら媚びてもいいだろみたいなダブスタかますとこだ

女性自由より自分理想が上という本音にきちんと向き合っている

学歴厨は俺だった

 周りの人間高学歴すぎて勝手コンプレックスを覚えていたのだが、高学歴をひけらかすようなクズは居なかったし、俺も対等に渡り合えているように思っていた。俺が大学に行かなかったのはめぐり合わせの問題であり、平均以上に稼いでいて知的な会話の楽しめる友人がいる以上、コンプレックスを持つ必要は全くないのだ。

 だが増田を見返していて驚いた。学歴に関するエントリが半数近くを占めている。大半は怨嗟だ。日常ではほとんど話題にもならないというのに、俺は一人でコンプレックスを抱えていたらしい。

 こうして他人事のように語れているのは、俺は今大学であるからだ。もちろん大した大学じゃない。文字通りに誰でも入れる通信制大学だ。対面での講義はなく、講評を得られるのはレポート試験についてのみ。だが、入ってみて良かったと思う。大学での学び、考え方とはこうしたものか、ということの何割かが知れただけでも学費を払った甲斐はあったと感じる。

 結局のところ、正体が分からいかコンプレックスを覚えていたのだと思う。恐怖や不安が湧き上がる構造と一緒だろう。

 大学生活的へのコンプレックスも持っていたのだが、学生たちの動向を観察する限り、どうやら俺は大人になってから大学生のように遊んでいる存在であるらしい。モラトリアムのような仕事をしているしな。

 正体を知ってしまったところで、今後も学業継続すべきだろうか。知らなかったことを知り、考えを巡らせ、文章にするのは楽しいしかし、俺本来の興味の方向と、ここで学べることとは少しだけズレているような気もする。まあ改めて別の大学に入り直してみたって良いだろう。4年くらい仕事を休んだところで貧乏学生よりも金はあるし、仕事に復帰することになっても困らないという自信はある。しかし、そこまでするほどにはコンプレックスは強くないんだよな。もう少し続けた上で、何かどうしても研究したいことができたら、例えば編入検討しても良いだろうし、在野のまま研究する方法も、今はきっと沢山あるだろう。

 あるいは俺は近い将来に、またどこから高学歴との違いを見出しコンプレックスを形作り始めるのかもしれない。それでも一時的にでも気持ちが開放されたこと、新しい可能性が拓けたことを、とても嬉しく思う。

anond:20181214013735

ふぁー?煽るけど意味わっかりにくい例えだなー。下手くそ

ゆるふわなままニュアンスで主張を飲ませる文章こそあまちゃんだと思うが、

コック家庭に相当する(とこの場では思われる)、性的マイノリティカップルの子供への何らかの教育はすっ飛ばして、「両親をお手本に出来ない両親と性的立ち位置が異なる子供 がAVアニメで誤った性知識を吸収するのは良くない」つう結論でいいのか?

そ、ソウデスネ…。

2018-12-13

anond:20181213181314

その特定増田文章のクセが強いだろ? 俺は自由戦士を思い出すな。

 

同一人物かどうか知らないが、同一人物なら自由戦士のころから変わらない特徴

自分気持ちよくなるための論理しか組み立てられないし、新聞に載るような情報さえろくに調べてない」ので

結局ガンジー派のKKOさんに後ろ足で砂かけまくってる

・・・・・・という気がするな。ま、どっちもソースはないか

 

こういうの昔は「虎の威を借る狐」っていってたんだよなー。

今はソーシャルジャスティスウォリアー社会正義戦士、SJW)っていうんだけど

結局他人の悩みを好きにいじくって楽しみたいだけのクズなんだよな。

である必要がある?

こう思ってからサイト運営する情熱が冷めていった。

5年間運営したサイトだけど悔いはない。

あ、悔いはある。ネットの海に私が書いたとわかる私の文章が泳いでいる点だ。これを完全に抹消することは今のネットでは難しい。

君の文章の中に答えがある。

昔だけが好き、今はそんなに好きじゃないって開き直ればいい

今もそのバンドが好きという話を周りにすると、「懐かしい〜前好きだったな〜」とか、「あのバンドまだ活動してたんだ?。

今もいい曲を作っているのに。

から好きな曲をたまに聴き返して、やっぱりこの頃の曲はいいなあと懐古したりもした。

それを言われた時、最初はそんなことない、曲が好きだからいかけているんだ、と思ったけれど、改めて振り返ると人柄込みでの好きだったのかもしれないと気づいた。

昔だけが好き、今はそんなに好きじゃないって開き直ればいいのかな。

https://www.qhapaq.org/imakita/call_imakita

 

(なお本文は読んでいないw)

anond:20181213210033

その記述は誤解を招くね。

増田理解できないのも当然だろう。

まず、全く売れなかった場合の損失を考えよう。

(A)20ギルダーオプション料を買ったが権利を使わなかった場合、失うのは20ギルダー

(B)100ギルダーで球根を買い、全く売れなかった場合、失うのは100ギルダー

次に、100ギルダーの球根が200ギルダーで売れた場合利益を考えると

(A) 20ギルダーオプションを買い、球根が200ギルダーになった時点で、球根を100ギルダーで買いすぐ200ギルダーで売った。利益は80ドル

(B) 100ギルダーで球根を買い、しばらく待ち、球根が200ギルダーになった時点で売った。利益は100ドル

となる。

(A)では、20ギルダーを失うリスクを負った上で、80ドル儲けた。つまり儲けは4倍

(B)では、100ギルダーを失うリスクを負った上で、100ドル儲けた。つまり儲けは1倍

解釈するのが庶民感覚では分かりやすい。

これを

(A)を20ギルダー払って、100ギルダー得た。もうけは5倍

(B)を100ギルダー払って、200ギルダー得た。もうけは2倍

というカタチで書いたのが元の文章なのだ

ちなみに、実際の取引では、「球根を100ギルダーで買いすぐ200ギルダーで売った」

の部分では100ギルダーを払うことなく、差額の利益である100ギルダーをもらうだけで済む場合が多い。

その場合ホント20ギルダーしか払ってないことになるんだ。

anond:20181208022115

サクラじゃないけど出合い系きっかけで結婚しました。

増田やるような人(しかもこんだけ文章書ける人)ならタップルとかの写真で手早くマッチングするタイプより、手間だけど文章のやり取りメインのサービスの方がいいと思うなー。

日記があるとこだったので、相手趣味とか普段考えてることとか分かったし、文体でなんとなくの人柄も想像できたし。

二年半後。旦那同人活動をしてみようとした結果。

https://anond.hatelabo.jp/20160622100234

また昔書いた記事が取り沙汰されているのに気付いてしまいました。

上げられるたびに背中にじわりと嫌な汗をかきます

この記事自分人生の写し鏡のようです。事実を曲げず素直に書いた分、読んだ感想として幸せ結婚もあるよ書き手クズだよとマウントを取られたり叩かれることには結構ダメージを受けます。著書買ってるような名のある作家さまにまで叩かれてたときはさすがに少し泣きました。でも大ファンです。人生の内に貴殿文章を読んで貰えて光栄でした…といきなり誰ともなく私信失礼。

ただ、部分部分では共感して頂けたり、書いてくれてありがとうと仰ってくれる方もいることを考えると、決して書いたこ自体無駄ではなかったのだと、一旦は縮み上がった心臓の辺りを撫で下ろしています

そんな筆者のそれから二年半後の話です。

この旦那とは別れることなく続いています

金銭感覚に関しては自分がだいぶまともになったため、小遣い制も続行ではありますがその範囲内で収められるようになりました。

同人活動に関してですが、これも公認の上続けております

完全なる理解を得ることに成功しました。

やはり私の人生から絵を描く、文章を書くということを取り上げることは難しく、どれだけそれが大切なことであったかを話し、どうしてもやめられないのだと謝罪しました。出会ってから丸4年かけて。何かあるたび、ことあるごとに。離婚の話も時々しながら、それでも私は彼と分かり合いたかったのです。

旦那守銭奴でもあるので、イベントの度に黒字を出さないと、というプレッシャーはないことはないですが、趣味なのにかけたお金にリターンがあることがプラスに働き、その点でも理解を得るのに成功しました。私は少しずつ趣味で得た収入活動を回し、今では毎回イベント黒字を出せる位までになりました。(家計電気代、通信費自分持ちで、税金もペイしてます)

とそんなある日に、旦那が突然こんな事を言い出しました。

「俺も同人活動やってみようかな」

どうやら、私の活動を観察し続けた結果、副収入になりえる趣味があるのを羨ましく思ったようです。原作はお前と一緒に観ていたのでわかるし、文章ならば俺も書けると。同カップリングで書けば私の取ったスペースに置いて貰えるのでわざわざ旦那が申し込む必要はない。萌えいるかどうかは微妙なところであるが、金になるならやってみたいとの事でした。

私は大賛成でした。収入を得るのはとても難しいことだけど、世の中に自カプの本が増えるのは喜ばしいことだ。自分活動を見ていて刺激になったのならばこれほど嬉しいことはない。是非私のオススメ同人誌も見てくれと、旦那相手に全力で布教しました。旦那はとりあえずそれを全部読んでくれましたが、わかりやすく絵がきれいエロい内容の物を良いと言うタイプで、個性的な絵柄、作り込んだ話の物はぴんときていなかったようです。ロム専の心理の参考になるな…と思いながら布教を続けました。

「これ全部プロじゃない人が書いたのか?」と彼はとてもびっくりしていました。プロも含むけど、大体の方がアマチュアで、カップリング萌えた結果本を出さずにはいられないで書いたものだよ、と教えると彼は随分悩んだような顔をしていました。

しばらくそのままほっておいて、創作をするかどうか様子を見ていましたが、その後も別に忙しいというわけではないのに書き始める様子が全くありませんでした。気になって聞いてみると、やっぱやめたとの事。

私は旦那が書く自カプの小説がどうしても読みたくてリアル土下座してお願いしたのですが、言い分を聞いてそれ以上何も言えなくなりました。

「正直舐めてた。でもやってみようと思って触れてみて初めてわかった。これは、俺のような半端な好きじゃ出来る物じゃない」

彼は、打ちのめされていました。その気持ち、私もわかります。好きだという想いが強く、愛の伝わる同人誌との出会いで、如何に自分表現力が拙いか、愛し抜き方が足りないか、実感するんですよね〜。

「お前よくこんな趣味で心折れずにやってるね?辛くない?」

「辛いよ。誰よりも自分が下手で情けなくて嫌になる夜もある。でも何百回そういう思いしたとこで、結局書くのが好きって気持ちが強くて次回作を書いてしまうんだ」

そんな会話を交わすと、彼はふっと笑い、急に昔話を始めてくれました。

それはまだ出会って間もない頃、私がまだ嬢で向こうが客のとき。私はてっきり容姿に惚れたのかと思ってたのですが、もっと何気ない、私が発した一言に彼は惹かれたんだそうです。

「私ねー、この仕事やってんのには目的があるんだ。やりたいことやるためにやってる。だから全然仕事が苦じゃない」

このセリフを聞いて、彼は雷が落ちたような衝撃を受けたらしいんです。なんでも、その頃の彼は何もやりたいことがなく、ただ漠然仕事をし、婚活をし、人生の空しさを埋めるためだけに風俗に通っていた。だから、その私の発言が輝いて見えた。その輝きをずっと傍で感じていたいと思ったんだそうです。(とはいえ同人活動のことだとは露ほども思ってなかったらしいですが)(なんせ同居してからはしばらくやめてしまってたので)(よってあの輝きはなんだったのかしばらく悩んでいたらしいです)

「俺と一緒にいるということはあなた自由度を下げてしま人生幸福度を下げているのかもしれない。だってあなたは形に残るほどすごいものを作れる人なのだから。それでも俺は好きな物を作って輝いてるあなたが魅力的だと思う。やってみてはじめてわかった。もっと自信を持っていいよ」

…まー、これを言われたとき号泣しました。私は旦那センスを信頼してるので是非自カプ小説を書いて貰えたらなと思ってたのは事実ですが、それを差し置くくらい嬉しかったです。わりとこのときはじめて「この人に私をわかってもらえた」という感覚になりました。

世の中には色んな夫婦がいると思います。お互いの人格の完成度が高く、なんでも尊重し、協力しあえる夫婦趣味価値観は会わなくても、子供架け橋努力している夫婦。互いの趣味嗜好には立ち入らない距離感を正しく保てる夫婦最初からそうだった人たちからすれば、最初エントリー私たちなんて機能不全夫婦もいいとこで、嬢をやってた社会不適合者とドケチ旦那のギスギス話なんて叩いてなんぼ、まともな人間もっとまともな夫婦関係歩めるからね〜ウチみたいに…と、酒の肴に楽しむ人の不幸扱いされても仕方ないなと本気で思います。(傷付いてないわけではないのですこーしだけ悪意込めてしまいました、すみません)

私の想いは文章として私の手を離れた瞬間からのものになります。その文章に記したドラマがどう思われるか、どう受け止められるかは受け取り手次第になる。たぶんあのころの私はとにかく辛くて、そんなことまで考えられないくらい捨て身で文章を書いた。だからこそこう何年経っても読まれてはバズってしまうような文章になったんだろうなと思います。誰かを気遣わない文章からこそ、あの文章のなかの二年半前の私は時を経た今でも生々しく悩み、精神DVを受け続けています

受け取る側の精神状態にまで気を遣えるようになった私の今の気持ちは、分かり合えるか合えないか自分の頑張りもあるけど、旦那も歩み寄るかどうかにかかってるから正解なんてないのだよ、ということです。

あの文章を読んだ人の中ではその後の私のの人生はあそこで止まってあとはただの評価場となりますが、あの文章を書いた私の人生はその後も続きます

そこでどんな努力をするか、どう生き方を変えるか、パートナーを諦めるという選択肢もありました。人生自体を終わらせる選択肢だって。全部選んだのは私です。

その結果、私の「好き」は正しく相手に伝わりました。四年くらいかけてようやく届いた。それでよかったなぁと心から思います

ちなみに、私が彼を好きだった理由は、名前で呼んでくれることと同人活動気持ち悪がらなかったことでした。でも今ではそこに、私を正しく理解してくれることが加わりました。

彼は私の全てを知ってもなお好きでいてくれます。なんだかんだで、私の神様なのです。愛を持って私をある程度正しい人間へと導いてくれました。彼が完璧人間かと言えばそうじゃないですが、私にとってはこの上なく必要な人だったのだと自信を持って思います

また、最初エントリーも私にとって大きな転機になりました。自分人生一般的でなかったことに気付くきっかけになり、びっくりする位批判マウントをとられ、本当にショックでした。でもその悔しさは逆に、二度とあの世界に戻らないという誓いにもなりました。堕落した生活を送った過去は変えられないからこそ、正しく幸せを手に入れた人に叩かれたからこそ、何がなんでも幸せになってやると思いました。

今、自分がまともな人生を歩んでいるとも、素敵な旦那に恵まれて楽しく同人活動継続できてますよとも言うつもりはありません。ここに至るまではご覧の通りです。沢山の苦しみや痛み、驕りや嫉妬、あと絶望がありますもっと器用に生きれるなら生きたかった。でもその度に私は自分でなんとかして生きてきました。だからこそこれだけは自信を持って言います

自分好きな物を諦めなければ、いくらでも人生は変わります絶対

同人活動結婚なんて多分天秤にかけるものじゃなかった。

好きを貫いたら、好きなことができるようになるのが人生

結婚生活破綻するかどうかはそれに付随する事象しかなかったんです。

から結婚生活を無理に続ける必要もないし、同人の優先度が下がればやめてもいい。人生ってもっと気楽に、好きな物に忠実に生きて良いんだと思います。どうせ死ぬまで続くんだし。

努力したら分かり合える人もいるけど、努力してもわかり合えない人もいて、袖すり合いつつ生きていく。

結婚同人も全部自分人生の一部。どれが欠けても終わっても続いても、自分人生自体は続いていくんだから大丈夫

そう思うことで、とても楽になりました。

こういうこと書くと、また同人に対する重さとかのほうが取り沙汰されそうで心境的にはちょっと嫌だな。

あんまり深く考えないで、いかれた生き方している一個人日記程度に留めてほしい。間違っても同人女の一般化なんかしようとは思ってないから。結婚こわくないよ。でも結果として別れるかどうかは運次第みたいなとこあるよ。

自分にとって何が一番人生を豊かにしてくれるのか、ぶれずに行動すれば必ず思ったように人生は回っていくと、それだけは言わせてください!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん