「陳腐」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 陳腐とは

2018-06-17

無防備女子力」の引っ掛かりポイント

https://www.asahi.com/articles/ASL6H63FTL6HUTIL04M.html

無防備力も女子力だと思います」というコピーとともに幼い女の子写真が掲げられた西日本鉄道広告が、批判が多かったということで撤去になったというニュースを見ました。

広告はしばしば炎上してるの見ますが、打ち切りまでしなくても…買わないけどさ…と思うこともありますが今回のコレはもうアウトでしょ。

言及するという時点でだいぶフィルターがかかってるにせよ私のツイッター観測範囲では「広告としても意味不明だし、アウトな点があり過ぎ」「どうして誰も止めなかった」という論調が多いですが、

「なぜ性犯罪の話が出てくるのかわからない」「そんなに言うほど?」「こじつけしか思えない」という人という人もいるので

暇な私は書き出してあげましたよ!!!

個人の感想だーっと書いただけなので穴はいっぱいあると思います

で、私があの広告から受け取ったメッセージをざっくりいうと

「幼い女の子みたいに性犯罪無防備になったほうがモテるよ!」です。

これをストレートに書いてあったとしたらマズイのはいくらなんでも誰でもわかりますよね。

では私が何故そのように読み取ったか細かく行ってみましょうー。

無防備力」はよくわからないので「無防備さ」として考えました。

広告としての意味全然からないです。広告としての強いメッセージが読み取れないから余計な連想を呼んでしまうのはあると思います。たくさんある広告ひとつらしいので、イメージ広告みたいだったり女性をことさらに取り上げるのはいいとしても、やっぱり意味がわからない。

女子力というワードが既に陳腐だし、広告に使うには危険炎上覚悟ワード。「男性目線女性への恋愛対象性的対象としてこうあるべきという価値」の言い換えとも言える言葉

特にSNS界隈では女性への一方的ジャッジや抑圧の言葉と取られます揶揄自虐、軽いノリで使うこともありますが、場面と発言者発言先によって意味合いが全然変わってくる取り扱い注意の言葉だと思います

この言葉を使う以上「男性目線の、女性へのジャッジ言葉」という前提は必ずあり、扱い方によってそのままの意味だったりアンチテーゼだったりするんでしょうけども、この広告後者をやろうとして失敗したという印象です。

女性性的魅力を含意させて使われがちな「女子力」を「無防備」と合わせることで「無防備であるのが魅力的で好ましく価値が高い」という意味に取りました。

女性性的魅力を含意させて使われがちな「女子力」を「幼い女の子写真」と合わせることで、幼い女の子もその評価対象であり、しかも他の見本となるほど性的価値が高いという意味に取りました。

⑤「無防備」というワード痴漢をはじめとする性犯罪被害者側が責められる時に使われることが多く、しかもこれは痴漢が多く発生すると言われる鉄道広告連想するなと言う方が無理な話。無防備にするなと責め立てられた挙句無防備なのがいいとか言われんの??痴漢やすしろってこと?鉄道会社がそれ言う?ちょっとふすまから虎出してくれない?

⑥④と⑤を合わせると、幼い女の子性犯罪対象となる危険性が際立って見えてくる。子供まで巻き込むのほんとやめて。最近そういうニュースもあったのに。

ちょっと話がずれるし意味はないんだろうけど、何故Tシャツ星条旗政治的意図がないなら地方都市ローカル企業広告にしても軽率すぎないですか。

政治的意図があるとしたら余計まずいし余計に意味がわからないけど。

つの要素だけならそんな過剰反応せんでもいいのにと思いますが、まあよくもこんなにコンパクトに的確にポイント押さえてきたなというのが個人的感想です。

他にも「どうせ無防備って"ぼくのかんがえたさいきょうのむぼうび"的なやつだろう」とか「思います、ってお前誰だよ」とかあったけど長くなるしちょっとこじつけっぽくなるのでやめました。

大人の女の人が自分意思でいわゆる女子力的なことが好きだったりアピールしたり無防備に振舞ったりするのは個人自由だし、それに魅力を感じる人がいてももちろんいいと思います

それを全年齢対象性別対象公共の場所の広告でやるなよ、その思惑にまみれた概念子供にも適用するなよってこと。

広告主の意図としては「幼い頃のように肩の力を抜いて無邪気で飾らない姿が本当の自分らしさかも」ということらしいですが、それを聞いてもわからんね。

無防備さが女子力ならおじさんの女子力誰よりも高いで。

映画ドラマ小説理解できるのにある程度の文化理解教養必要なように、炎上差別的表現理解にも一定感受性や訓練がいるのかもしれません。

過敏すぎる人と鈍感すぎる人はどこにでもいて、どのライン世間OKとするのかめちゃ難しいなおい。

2018-06-16

anond:20180616165019

登場人物内面葛藤も何もかもお話の都合ありきで薄っぺらいことこの上ない。

最後はどっかで聞いたような陳腐人生訓垂れたら都合よく問題解決

2時間サスペンスの崖のしょうもないやり取りレベル

2018-06-13

定義」を絶対視するラノベオタク陳腐科学主義に染まっている

 アフィカスがまとめたくだらないまとめをまた読んでしまった http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1236466

 ラノベオタクはすぐにラノベの「定義」がどうのと言うけど、このことこそ彼らがいかに無教養かということを示している。「定義」を絶対視し厳密に議論しようという科学的態度の自分たちこそ教養ある人間だと思っているかもしれないが、実はそれは単なる盲目的な科学主義にすぎず、文学(もちろんラノベも含まれる)という現場とは相性が良くない。いかにも中途半端理系が多そうな発言ではある。

 本来言葉定義というもの存在しない。辞書に書かれてあるのは編纂者が勝手にまとめたものにすぎない。彼らは神ではない。権威ある辞書存在しない時代にも言葉はすでに存在したなんてことは誰にとっても明らかだろう。

 言葉というのは使い方によって意味が決まってくる。言語使用こそがすべてである辞書に書かれた定義という閉鎖的な意味だけを持つのではなく、言葉というのはもっと開放的自由ものだ。もっといえば創造的なものだ。それこそが詩というものであるわけだし。極端なことを言えば、同じ言葉でも発されるたびにすべて意味的にも差異がある。本質的言葉というのはいつもアドホック意味を持っている。辞書定義のもので厳密に語られるということは実はそれほど多くない。

 文脈を共有し言葉アドホック意味を込める、そしてその意味を共有しあう、そういうのが人間同士のコミュニケーションだ。定義通りにやり取りするのはAに対してはBという動作で確実に反応するようにプログラムされたロボットだろう。ラノベオタクはこういうロボット的なコミュニケーションこそ科学的で崇高で尊敬されるべきだと考えているのかもしれない。しか現実はそうではない。むしろ逆だ。冗談を言い合うとき無意識のうちに通常の辞書言語使用とはずれた使い方をするし、そういうずれをお互いがすぐに理解して笑いあう。そんなことは日常生活に当たり前に存在する。「定義」がどうのと言っているのはそれこそ文字通りにしか文章を読めない人たちであり、彼らはたしか科学者ではあろうが、文学者ではない。ラノベオタクにはそういう科学者的態度の人が多いというのが不思議だ。彼らは文学愛好家ではないのか。

 件のまとめも、定義がどうのと言わず意図を読み取ろうとすれば読み取れるわけで、またつまらない揚げ足をとって、他者発言理解しようとしていないではないかラノベオタクというのは基本的他者に対する興味が乏しい。世間の人々は平凡な言葉アドホック意味を込めて使うが、ラノベオタクはそういった辞書定義から外れた言語使用嘲笑して、そんなものは厳密な言語ではないからと認めようとしない。これは他者理解しようという意志がないということを意味する。要するにラノベオタクにとって世界他者存在せず、自分しかいない。だから自分攻撃性には無自覚で、簡単に人を傷つけ、ひどい差別語で罵るようなことを毎日やっている。

 ラノベオタクはたくさん読書をしているのに、想像力貧困で、人文科学蔑視し、科学主義に凝り固まっている堅物でしかない。そして彼らは自分たちこそ真に教養ある知識人だと思っていて、自分たちのやり方以外のもの自分たち思考様式を外れたもの非科学的で嘲笑すべきと思っている。これによって出来上がるのは他者に対して不寛容な厄介なおっさんなのである

2018-06-12

ラノベ読んでる40代おっさんは、すぐ他人に「死ね」という。40代おっさんが「死ね」ってどうなんだ。幼稚すぎるというか、あまりにもグロテスクじゃないですか。

しょうもない青春小説もどきを読んで「いい話だなあ」とか言ってるんですよ、彼ら。萌えラノベバカにしながら、そういう似非青春小説がすごい文学だとでも思っているみたい。感動が好きなんだよね。ピュアなんだよね。40代になっても。でもそんなピュアおじさんたちが「死ね」という。自分の好きなもの批判されると「死ね」という。自分の大好きな感動できるラノベは崇高なものなので批判など死に値するというわけ。このピュアさ。ろくに人生経験読書経験もないから本当にいいものがわからない。陳腐で幼稚な感動ストーリーを本物だと思い込んでるんだよね。そんなの普通の人は20代のうちに卒業するんだけど。

まあラノベ読んでる40代おっさんピュアなのはいいや。そういう人はまあ見下される対象なのかもしれないし、個人的にもグロテスク存在だとは思うけど、まあそこはいい。とにかく他人に「死ね」とか簡単に言わないでほしいね。きみたちが「死ね」と言ってしまうのは単に想像力がないからだ。きみらはラノベ読んでる俺たちは想像力が豊かと思っているだろう。でも実は逆なんだよ。

anond:20180612032633

勝つ事が少ないのもこの漫画の特徴で、主人公たちが負けることばかりなのである。だから誰かが死ぬこともあるし、裏切ることもある。天に任せているような展開は巷の御都合主義ストーリーにはない魅力である進撃の巨人が与える若者への影響。それは負けることもあるという戦わなければ勝てない残酷現実世界を教えてくれる所にある。

勝てないことを前提として「戦いながら逃げる」という発想は、陳腐だが、3.11以前に登場できるはずはなかったし世に出たとしてもここまで支持されることはなかったと思う。

パソコンiPadがほしいのだ

パソコンは7万から9万の間くらいてで8世代i5のやつ

iPadならiPad Pro10.5インチApple pencilつけて

何がしたいってわけでもないけど持ってるパソコンタブレット陳腐化して起動するのが億劫になり始めてきたから新調したい

パソコンとある程度幸せになれるのはわかってるんだけど最近iPhoneばっかり使っててパソコン使う機会がめっきり減っているので買ったとしても本当に使うのか心配

iPad選ぶと今までパソコンでやってた作業を全て置き換える事は出来なさそうなので[例えば円盤メディアが絡む作業とか)結局ポンコツパソコンをまだ使わないといけない

妻は「おしごと頑張ってるし、好きなの買っていいんじゃない?」と言ってくれているが自分必要としているものがはっきりしないので踏ん切りがつかない

Switch をもう一台買って妻と一緒に遊ぶという選択肢もあるのだがそれはそれで創作性が全くないのでちょっと納得いかない

早く決めたいんだけどなぁ

2018-06-11

別に現実にはゴミ屋敷に住んでる禿げたおっさんでもVRなら姫とか今でも実現できるしただの陳腐ネタだろ

デジタルアートへの素直な感想

チームラボのやってるデジタルアートだけどみんなどう思う?

はいまいちだなあと思ってる

まずデザイン的に全然刺激的じゃないし、むしろダサい

加えて、プロジェクションマッピングって映像としての解像度が高くはないから質が低い

さら技術的にもインタラクティブプロジェクションマッピングリアルタイムですで行き詰ってる

いや、スマホはよ、VRはよ?という印象。

体験重視はリアル重視だし、デジタルである意味が薄れると思うんだが。

だいたいが、芸術の今までの流れからかけはなれた根無し草なんだよね

写実と技術をつきつめ、宗教から人間発見に至り、人間感覚を重視した印象派が生まれ

そこから抽象画によって批評性と偶然性により超然とした現代アートが生まれていく

この流れのどこもつきつめてなくて「なんか技術使って、テーマっぽいものを持ったきれいなやつやります」でしかない

チームラボデジタルアートアピールし始めたことは「陳腐だけど、これから研ぎ澄まされていくんだろう」と思ってたけど

まさかこんなにはやく低いところで行き詰まりコネごり押ししてアピールするようになるとはね。


俺がデジタルアートやるなら、例えばタイムライン流れる情報の量やタイプから

そその瞬間にしかまれない抽象画が瞬時に生成されるアプリを作るし

それを発表できるイベントサイトを作って

「この人のこの瞬間が最も美しかった」という評価をつけていくなあ

タイムラインの中でだらだら流れている時間のようでも

あなた人生の一瞬は、かけがえがない、美しいものだってことに気づいてほしかった」とか

そういうそれっぽいメッセージつければいいだろう

今日のお昼はご馳走

たまには奮発してお昼はご馳走だ!

でもご馳走ってなんだろう?

自分の頭の中に先ず思い浮かんだのはステーキとお寿司

なんて陳腐

もっとあるだろう?

おばあちゃんの家で食べためんめの煮付けとか。

いいね。めんめの煮付けはかなりのご馳走だ。

しか職場の近くでめんめを食える場所が無いので、今日ステーキにしよう。

最後自分の中のご馳走を。

・お寿司(非開店)

ステーキ(非いきなり)

チャーシュー麺(非日高屋)

ピザ

・めんめの煮付け

いくら丼

辛子明太子パスタ(自分明太子を買って作る)

こごみ醤油漬け

・ふぐ刺

しゃぶしゃぶ

・おばあちゃんが作ってくれた夏野菜たっぷりのお味噌汁

・おばあちゃんが作ってくれたベーコンキノコの炊き込み御飯

おばあちゃんが作ってくれたものが、一番のご馳走かも。

2018-06-10

すっごい昔の青年劇画みたいな

マニュアルバブルっぽい恋愛もどきをしてる増田さんがいて

まり陳腐でみてて恥ずかしい。


ただ遊びたいだけとしなさだめみたいなのに、

恋愛じゃなく欲望しか見えないのに

そんなのに女は喜んでひっかかるのね。

2018-06-07

4コマ漫画の作者もネトウヨらしいという噂を見た。たしかにあの漫画を読んだとき古き日本的保守的思想でなんか嫌だなとは感じた。とくに会社上下関係などが気持ち悪かった。キャラクターかわいいけど、どうにも滲み出る思想気持ち悪くて1巻で挫折。まあ作品思想は滲み出てくるものだよな。

ネトウヨ作品共通してあるのは現状肯定自己肯定と思われる。批判的な視点存在しない。これは多くの日本人習性でもある。戦争責任と向き合わず日本スゲー、俺スゲーを言い続けてきた。だが日本はそうやって大きくなってきたのも事実で、だからこそ日本戦後とは一種カルトだったと思われる。

そしてもうそんな気の狂った夢も終わりの時期が来ているのかもしれないということ。目を覚まして現実と向き合うんだ。

日本芸術が育たなかったのもこうしたカルトの影響もあるかもしれない。エンタメ作品はそのほとんどがネトウヨ的要素すなわち現状肯定自己肯定を持っている。エンタメ作品に触れる客はそれを見て気持ち良くなるわけだ。自分肯定してくれて元気がもらえる、感動できるというわけだ。これは甘っちょろい幻想にすぎない。しかし客はそういったものを欲していた。だから制作者はどんどん飴を与え続けて愛撫しつづけた。甘えてくる客に優しく親切にできるだけ彼らが気持ち良くなれるようなものを作ってきた。

甘ったるいエンタメで育った人間自分肯定してくれないものを受け入れられない。幼稚なまま大人になってしまう。自己批判せず、現実を受け入れず、ただ「俺らは間違っていない。正しい。正義だ。批判するやつは差別主義者だ」と唱えていればよいということになる。現状肯定がすべてで、これ以上の改善など必要ない。すべては完璧で、穏やかで整っていて、甘く心地よい世界から、それを批判することなど許せないというわけだ。自分の完全な世界が少しでも動揺することを恐れている。だから批判は受け入れられない。現在ある完全な世界に浸かりきっていたいから。不完全な現実を指摘されるのは彼らには苦痛すぎるのだ。

たかラノベ批判されたくらいで40代おっさんたちが顔を真っ赤にしてぎゃーぎゃー喚く。これは一体なんなんだ? あまりにもグロテスクじゃないか。きみらはラノベ依存しすぎている。依存しすぎていてラノベ=俺になっているからこんなに必死なんだろう。自分アイデンティティなんだろう。いい年したおっさん中高生向けのエンタメ小説が少し批判されたくらいでブチ切れてしまう。完全にどうかしている。

はてなには目立つラノベオタクが30人程度はいるらしく、いつも固定メンバーが集まってブクマしている。彼らの中で批判精神を持つ者は存在しないから、いつもの固定メンバーが集まって、自己肯定しあっている。またやってるのかと呆れて観察させてもらっているが、ほとんどカルトのようだ。全員同じことを言っていて、自分意思なんかないようだ。ネット受け売りしか語れず、自分言葉を持たない人たち。

彼らを救うことなんてもう誰にもできない。40代にもなって中高生向けの陳腐エンタメ作品擁護でブチ切れしちゃう連中なんてどうやったって話が通じるわけないだろう。ネットde真実の層ともかぶるだろう。何が彼らをそうさせるのか。彼らの中でラノベとは一体なんなのか。「ラノベ定義できない」と言いつつ、ラノベ批判されるとキレるのはよくわからないことだ。結局自分の中でも「ラノベ」という単語の指示範囲がなんとなくあって、それが否定されたと思うからブチ切れてるわけだろう? そしてラノベ否定されるということは、自分自身が否定されたということとほとんど同じようなことなのだろう、彼らの中では。なんでそこまで依存してるんだ? そんなのラノベ依存症だろう。ラノベはきみらを救わない。きみらが50代60代になってもラノベを読み続けることは自由だ。しかしそのときにはラノベ否定されたくらいでブチ切れたりしないような精神的な成熟がほしい。まあむしろ60代になったらさらに厄介な人間になってそうなのがあれだが。

頑張ってほしい。

anond:20180607000040

普段本を読まない人が「日本人血統まじ世界一!」という思いに浸るためだけに手に取るのが百田さんの本なんだろうな。他の作品に触れてないから内容の陳腐さ、薄さとかに気づかなくて支持してしまう。売れるから映像化もされる。でもいい加減その醜悪さもバレてきているよね。

2018-06-05

何事にも多分ある、ブームの話

物事にはブームの移り変わりが必ずある、と思う。

ポケモンがやりたいときはひたすらポケモンがやりたい。しばらくして飽きたらドラクエがやりたい、ひたすらやりたい。

でも、「やりたい」と思ったことがやれなかった時、ブームは去らない。

それどころか、「やりたいのにやれない時間」が伸びれば伸びるほど、「やりたい」という気持ちが強くなる。

ことが多いと思う。

自分は、中学生のころからギャルゲーにドハマりしていた。ハマりにハマった。

ヒロインと共に笑い、共に泣き、画面の向こうのいるはずもない存在感情を共有していた。

でもある日 飽きてしまった ギャルゲーに(川柳

自分の中の、長いギャルゲーブームが終わってしまった。

画面の向こうにいる主人公自身を重ね合わせることが出来なくなった。面白くなくなった。辛え。

何が辛いって今まで心動かされて来たシナリオが、キャラ達が、全て陳腐に見えてしまったのだ。

しかし、恋に飢えていた。胸焦がれる恋をしたかった。ゲームがなくなった分余計に。

現実で恋をしたかった。 憧れる異性だっていた。

でも、「ギャルゲーがあるからいいや」と異性との交流おざなりにした日々を送り、ここに残ったのは異性とコミュニケーションの取れないゴミだった。

冗談でも女に触ることができない。自分から話せない。話せないので、慣れることもない。

タオルとって」と言われても、雑巾のようにつまんで渡してしまう。

雑巾自分だ。おそろしい。

したくても恋が出来ない現実につられるように、時間をおいてもギャルゲー感情移入は出来なくなった。

「やりたい」と思ったことがやれなかった時、ブームは去らない。

それどころか、「やりたいのにやれない時間」が伸びれば伸びるほど、「やりたい」という気持ちが強くなる。

未だに自分は、恋に恋い焦がれるギャルゲーに飽きたゴミのままだ。

ゲームがあるからいいやなんて思うのは、思っている時だけだなと感じた。

anond:20180605142629

アップル技術陳腐化により業績悪化で18年後に普通に倒産する。

Google中国でのエネルギー事業でむしり取られて撤退後、業績不振食糧事業エネルギー事業を手放す。潰れはしないがただの銀行になってしまう。

2018-06-03

[]

今回はモアイ

標本教室四季賞2017冬 佳作)

要人である生物教師と、転校生女子は、それぞれ独自性癖を持っている。

この二人が出会い、“独特な対話”を繰り広げることで、互いの漠然とした疑問や悩みが収束していく、みたいな話。

生物教師の語る独自生命哲学、それによって少しだけ救われる女子の、“皮”を介した抽象的な心理描写には拘りを感じる。

時折、骨を愛好する生物教師目線によって、生命に対する視覚表現曖昧にさせる演出も利いていると思う。

ただ、話を混乱させるデメリットもあるから、このあたりは良くも悪くも、だね。

ストーリーは、大半は生物教師の語りで持たせているだけで、やってることの割に盛り上がりがないというのも気になる。

そのせいで、メタ的に見れば作品内における解答を、漫然と羅列しただけにも見えたかな。

亀は空を飛ぶ(四季賞2017冬 佳作)

主人公は「空を飛ぶ巨大な亀」が見えるのだが、これは彼にしか見えない。

そんな主人公の半生が描かれるのだけれども、ある意味では展開に驚くね。

話はミステリー方向には行かず、あくま主人公個人問題終結している。

あの手の、あっと驚く系のストーリー漫画に耐性ができてきた身としては、変に読者を騙してやろう、驚かしてやろうみたいな姿勢で描いていないのは個人的には好感持てる。

「空を飛ぶ巨大な亀」が妙に写実的デザインだけれども、かえって浮いているか存在感が増しているのもいいね

作中の「空を飛ぶ巨大な亀」が何を暗喩した存在なのかは明言されていないけれども、漠然とは理解できる範疇だと思う。

本作は「空を飛ぶ巨大な亀」を「他人理解されないが、自身だけ執着している何らかのもの」に置き換えても話はほぼ成立するから、要はそういう感じの話なんだろう。

逆にいえば「空を飛ぶ巨大な亀」に大した理由はなく、話としてはちょっと解体すれば全容がほとんど見えてしまうので話作りとしては肩透かしというか、陳腐な印象を与えるかな。

Google先生がどんどん役立たずになっていく

はいえ、まだまだ分からないことがあれば、Google先生にたずねる習慣がなくなるほどではないよ。

ただ、ジャンルによってはね、もうね、閑職のBing先生にたずねるほうがよほどマシ。

たとえば、新作エロゲーレビューとか攻略ググる

Google先生はなぜか、体験版レビューとか、中国系掲示板転載された攻略チャートを一番によこしてくるの。

ほかの検索結果は、公式サイト通販サイトリンク集

タイトルだけでコンテンツがないゴミ公式サイト画像やアフィ画像転載しただけのゴミばっかり。

ちゃんとした製品版のレビューとか攻略は、その時点でそれが存在していたとしても一切検索結果に返ってこない。

そういうのがまともに引っかかるまでには、記事公開日からかなり時間がかかるっていうね。

でも、その頃にはもうそんな情報陳腐化してるから。残念だね。

近頃のGoogle先生は、メジャージャンルはともかく、マイナージャンルに弱すぎるんだよね。

よくバズられるジャンルには強くても、まるでバズられないジャンルにはどうしていいのか分からない感じ。

から記事の数だけは多いサイトとか身元だけは確かな商業サイト検索意図無視して上げてくるんだろうね。

Google先生も増え続けるスパマー相手で疲れてるんだろうけどさ、いいかげん正気に戻ってほしいね

読書について

ショウペンハウエルの『読書について』をサッと読む。

読書とは他人ものを考えてもらうことである。1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分もの考える力を失ってゆく。」

とある

おや、今まで幾度となく本を買いだめ、積読積読、で知識肥溜めを豊かにしてきたつもりが、

自身脳みそスカスカにしてきたと言うのは、驚きだ。

セネカ人生の短さについて』に並ぶ、警句が光る本を見つけられた。

一方、読書巨人知の巨人松岡正剛さんは読書をとかく推奨している。

ただ、ショウペンハウエルの主張と相容れないものではなく、いかに鋭く独自の読みをしていくのかが重要と説いている。

ただただ同化し、筆者の主張が脳内こだまする構造は悪である

私自身、自分自身の読みを、いかに本に対して差し込んでいくか、切り込んでいくかが、重要な読みであり、

読書によって陳腐化する自己を防ぐ唯一の方法と言っていいだろう。

2018-05-28

年上のカミングアウト経験者には近寄るな

これは今日カミングアウトして話題の方のことを言ってるわけではないことはあらかじめ断っておきたいんだけど、

たぶんセクシャリティに関しては45歳~50歳くらいが世代的な分岐点

これより上だと「ひそかに悩んでたけど、いっさい誰にもカミングアウトせずに、異性と付き合い、異性と結婚し、子供を作って生きてきた」みたいな人がガチでいるんだよね。

これより下だと、さすがにカミングアウト経験という人は少ない。

カミングアウトするということは、自分セクシャリティのありかたを、他者(=社会)との関係性のなかで見つめ、考えるということ。

考えた結果、異性愛者的な生き方を選ぶ人も多いけど、ちゃんと世の中と自分とのありかたを考えた末の選択からあんがい後悔はなかったりする。

前者の人ってそういう「見つめ、考える」経験がない。

悩んではいるけど、思春期的な性の悩みにとどまっていて、ちゃん大人として考えたことがない。目をそらしたまま年をとっちゃった。

しかも結局、異性愛者としての人生もうまくいってなかったりして。離婚したり。メンタル病んだり。

そういう人にも、これだけ世の中が変わると、カミングアウトの機会がひょんなことからやってくることがあるわけです。

で、たいがい、カミングアウト相手は年下なのね。

ひとまわりくらい年下の、セクシャリティについてきちんと考えてきていて、オープンにしていて、安定したパートナーがいる、

要はちゃんとした人。

まあ、好きになっちゃうわけです。

気持ち自体は止められないから、しょうがないけど。

でも、カミングアウトはっちゃけ反動からか、平然とグイグイ迫って、盗っちゃうんですよね。

大人の男女の関係ならちょっとありえないような盗り方をするわけ。頭の中は思春期と変わらないから、おかまいなし。

おまけにまだセクシャルマイノリティへの偏見から抜けきれてもないから、男女の略奪と比べたら同性同士ならたいして罪がないと思ってる。

で、性的思考力は未熟でも、なんやかんや年上なりの巧みさもあるから、落とすのに成功しちゃったりもする。

ひとつの安定したパートナー関係を壊して。

年下の側からしたら、年上の人に「打ち明けたのはあなたがはじめて」といわれたら結構ショックなもんだし、話をきいてあげたりしてたらいつの間にか術中にハマってたりするんだよね。

まあ陳腐相談女の手法ですけど。こっちも、モテる男性ほどにそういうことに慣れてるわけじゃないし。

自分もそういう目に遭ったことあるけど、当事者界隈だとわりとよく聞く話。

年上のカミングアウト経験者には近寄るな、っていうの、わりと自分の教訓です。

30代のレズビアンより。

anond:20180528113759

本文に、

上級生たちは、態度を一変させ、カジュアルな態度で、みんなを集め、「お疲れさまでした」といって、自己紹介を始めた。それが終わると、ようやく帰された。」

とあるよ。意図は生徒には分かっていないし、説明すると陳腐化しちゃうから先生も言わないだけだよ。

anond:20180527212910 「異常な風習」は大した話じゃない。

増田より、救急車が出るレベルだという補足がありました。それであれば、その風習は何らかの改善か、廃止必要だと思います。以下は「怪我暴力は無かったけど、怖かったし理不尽だった」筆者の高校の話と、大学生になってから解釈です。

(ここから

予防接種が痛かった、とか獅子舞に噛まれて怖かった、に近い話。

あとからきっと健康とかのご利益があるよ。

※最下部に「体育会系」と何が違うのか、如何ににメジャーイベントか、を追記しました。

https://anond.hatelabo.jp/20180527212910

この記事について思ったこと。

私も埼玉県の某校で同様の体験をしており、体験直後には増田と同じことを思いました。

が、これが「興奮した当事者」と「何も知らない部外者」によって考察なく語られることに危険を感じたので書きます

※筆者はこの風習肯定的評価していますが、「ネトウヨ」「セクハラ」「体育会系」は嫌悪しておりますあしからず

◎この「異常な風習」はお化け屋敷ドッキリでしかない

⇒誰しもドッキリの直後には怒りを覚える。筆者の義憤は間違っていない。

しかし仕掛ける側は、このお化け屋敷安全で、後々は楽しい思い出になることを知っている。

経験者の大半は、この風習は負の連鎖ではなく、正の連鎖と思ってる。だから続いている。

⇒1週間、おそくとも1年後には、この筆者も仕掛ける側を楽しんでいる。それでいい。

お化け屋敷は巧妙にコントロールされている

⇒こういうのが苦手な子は、事前に中学校先生から高校先生に申し送りが言っていて、個別ネタバレがされているか、当日こっそり欠席している。

主催側(応援団生徒会等)にも、「N組の●●君にはやらないで」や、「M組の彼はお兄さんから聞いてるからサクラができる」という情報が回っている。

⇒数年に一度、これらのセーフティーネットから漏れる子もいる。そこについては心から謝罪し、救済を行わなければならない。

軍隊ブラック企業とは同じようで、違う

⇒この風習の隠れたカリキュラムは「お化け屋敷陳腐な作り物で、お化けはいない」と学習することだ。

⇒一方、カルト軍隊ブラック企業のやってることは、実際の存在が見えない「お化け(敵国、弱い自分、無収入の恐怖)を倒せ」であり、アトラクションを本物と騙し続けることだ。

⇒(ちなみに表のカリキュラムは極限状態の共有による仲間意識の醸成と集団への歓迎だ。ここは軍隊共通している)

◎この風習ワクチン接種と同じ。

⇒これを体験した大半の生徒たちは、次に出会った「お化け」に対して、「ただのお化け屋敷かも?」と疑うことができる。

⇒この感覚は、カルトブラック企業洗脳に対する強力なワクチンである

ワクチンなので、副反応が出てしまう生徒もいる。ここに対する振る舞いは、確かに難しい。

⇒なので、いわゆるリベ・サヨの人は少しこの風習に対して寛容になってほしい。

◎この記事の筆者も実は途中から構造」に気づいている。

風習最中に、感情が「恐怖」から「怒り」に遷移した時点で彼は被害者ではない。ことに、みんな気付いた?

⇒(まあ強いて言えば、大きい声出させられ晒されたことは被害といえなくもないが・・・

⇒彼の、恐怖を感じるかもしれない同級生や将来の後輩のための義憤は間違いではない。

⇒が、果たして半年後も同じ感想だろうか。いまの感情のままネットで突っ走るのが正解か。

部外者は黙っていてほしい

客観的に見れば明らかに蛮習であることは2,3年生もOBOGも先生も、みんな分かっている。

⇒なんなら地域の人も割と知ってる。

⇒が、その上でなお、それにプラス価値を感じているから続いている。

◎まとめ

・これは、「安全に」「犯罪性がなく」「コントロールされた」極限状態未成年のうちに体験させるイベントだ。

・このイベントワクチンであり、ブラック企業研修カルト洗脳を「鼻で笑いながら脱出できる」耐性を獲得できる。

一見軍隊的なものであるが、しかし実は強烈な皮肉として機能しているので、リベサヨは少し冷静に。

・この隠れたカリキュラムに気づけるのは、体験した者だけで、しかもしばらく時間をおかなければいけない。

◎その他

・これを体験したのは各県の名門校出身証明から大学とか社会に出たときには共通話題になるよ。

男子校だけでなく、共学校でもこういう風習はあるよ。

・むかしは1週間これをやる、って感じだったから、実はかなり現代風にライトにはなってきてるよ。

大学で「異様な飲み会」とかに出くわしたとき雰囲気に飲まれ被害者になってるのは、これを体験してない人たちだよ。

・「こんな体験しなくても、口で説明すればいいじゃん」という人とは議論をする気はないよ。そう賢くないのが人間だと思うよ。

お祭りなどのコントロールされた汚れ、がこの世から減ってると思う。それで、カルトブラック企業など、ホントの汚れに出会ったとき、逃げ出せるのかな。

(追記部分)

・「体育会系」の関係は、「上下関係が、法・正義・実力よりも優先される理不尽世界」が、在学中はもちろん、卒業後も延々強要されるものです。

・この「異常な風習」は、入学後の1日(1週間)だけの通過イベントで、その後の関係性は1~3年生までフラットに「同窓生」です。

⇒なぜなら、仲間を迎え入れるための儀式儀礼であり、上下関係を植え付けることが目的ではないからです。

・「バンカラ 応援歌」等で検索してください。NHK映像が出てこないので、地元放送局か何かのをご参考に。(https://youtu.be/3MUCktbO0uQ

2018-05-26

今の時代って新規コンテンツ陳腐化するサイクル早いか

例えば誰かが

「女嫌だから男だけのコンテンツ作ろう!」っつっても

ものの数年で侵食されちゃうよね

 

VRチャットも明らかに社会なのに

リアル女も既に参戦し始めてるし

FPSオーバーウォッチみたいな作品が契機になって流入し始め

BF5で更に加速しそう

 

逆に伸びしろの大してないコンテンツ

例えば将棋とかクラシック電車とかの世界は男社会のままだったりする

2018-05-25

anond:20180525184256

凡庸な悪

第二次大戦中に起きたナチスによるユダヤ人迫害のような悪は、根源的・悪魔的なものではなく、思考判断を停止し外的規範に盲従した人々によって行われた陳腐ものだが、表層的な悪であるからこそ、社会蔓延世界を荒廃させうる、という考え方。

はてぶで見た気はするが、ブログなどではみかけないね

2018-05-22

anond:20180522201154

予算のせいで陳腐な展開になるから「安いドラマ」かと思ったけど、そもそもそんな言い回しはないのか。三文芝居はあるけど。

2018-05-17

anond:20180517214356

これ書いた増田だけど×「陳腐」◯「安易」。

アラサー呪い解けた人のTwitterホーム見て自意識が死んでしまった。

金があれば安定もできるし結婚もできるし呪いも解ける、としか読めなかった。

こういう読み取りしか出来ないか自分人生がクソなのか

人生がクソだからこうなったのか

アラサーになって「何者にもなれない」呪いが解けた人

アラサーって言っても25だし

働いても頼れる実家もあって

何者にもなれない とか うらやましいなー

結婚して趣味に金使って

「何者にもなれないって思ってたけど、やっぱ自分にはライブ観劇しかなかった♪呪いが解けた♪」

って言ってみたい人生だったなー

「いい話。」とか言われたかったなー

呪いって言葉陳腐に使ってみたかったなー

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん