「最近」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最近とは

2017-08-18

EDの原因が分かった

EDなんて無縁と思っていたのだが、ちょっとストレスを伴う乱雑なセックスが続いたりしたのもあって、7割方EDしか言えない状況に。

胃や腸などお腹関係が原因な気がして、満腹になりすぎないようにしたりお腹を下さないように気を付けていたりしたのだが、全く違った。

原因はたぶん痔だ。

もともと切れ痔になりやすく、よくトイレ出血したりしていたのだが、よく観察してみるとかなり腫れ上がっており、括約筋に力が入りにくい状況になっていた。

正常位や座位は、股関節が柔軟な人ほどお尻がシーツに擦れる。

最近はまあ広義のスローセックス気味で、そんな感じで入れっぱなしで2時間とかやっていたので、肛門悲鳴を上げたのだろう。

というわけでボラギノール注入軟膏を買いに行く。

憎しみが消えない

どうしても許せない奴がいる。僕はそいつのせいで、一時期、頭がおかしくなりそうだった。いや、実際におかしくなっていたし、今でもそいつを思い出すと、正気を失う。

当時、僕は新卒で某映像制作会社に入り、ADをやっていた。そいつは先輩で、ディレクターだった。

覇気がない」と、何度もそいつに言われた。

確かに僕は明るいタイプではなかった。それに加えて、当時は新人だったし、いつも緊張していた。そのせいで、萎縮して、覇気がないように見えていたかもしれない。その点は反省している。でも、仕事は真面目に頑張っていたし、やるべきことはきちんとやっていた。

そいつは、ことあるごとに、僕の悪口を名指しでツイッターに書き込んだ。

無気力AD○○君」

「○○君は残念ながら映像業界に向いてない。いつまで続けるつもりかな?」

今日も○○君と同じ現場。相変わらず無気力で、仕事を教える気になれない」

「やる気がないなら、もう教えないよと○○君に言ってやった」

こんなことを散々書かれた。勝手に僕の写真を撮り、悪口を添えてアップすることもあった。

仕事上の至らない部分は認め、改善しようと努めた。でも、それとは別に本名写真付きでツイッター悪口を書かれるのは許せなかった。

そいつ社長の親戚だった。縁故で入り、ふんぞり返っていた。きついテレビ仕事他人任せにして、企業研修ビデオとか、楽な仕事ばかり選んでやっていた。そういうところも、嫌いだった。

いちど、プライベート彼女と歩いているときに、そいつとばったり会った。僕の先輩ということで、彼女丁重挨拶していた。

後日、そいつは社内で僕の彼女悪口を触れ回った。ここに書くのもためらわれるような悪口だった。ある種の障害を抱える人々を引き合いに出し、僕の彼女の顔を「~っぽい顔」と言ったのだ。どちらにも失礼だ。僕は怒りで震えが止まらなくなった。

親の仕事バカにされることもあった。僕の父は塗装業だ。それを教えたら、ことあるごとにネタにされるようになった。汚い壁を見つけると、指さして「○○君、大至急、お父さんに塗ってもらってw」などと言った。

僕が仕事ミスをすると、子供の頃にシンナー塗料を吸いすぎたせいだと言った。

そいつ父親は一流大学を出て、一流企業に勤めていたらしい。いつもそれを自慢していた。その自慢話のオチに、よく僕の父が使われた。

「ちなみにこいつの親父はペンキ屋なんですけどねw」

仲の良い親友同士なら、こういうやり取りもアリなのかもしれない。でも、そいつ上司という立場で、僕と仲が良いわけでもないのだ。ただただ不快だった。

世の中には、こんなに嫌な奴がいる。僕はそれを初めて知った。子供の頃から学校を出るまで、ここまで嫌な奴に遭遇したことが無かった。社会というものが恐ろしくなった。

どうしてもそいつに耐えられなくて、会社を辞めた。

僕の訴えが通用するような環境ではなかった。その会社は、社長を頂点としたカルト組織みたいな気風の職場だった。しかそいつは、社長の親戚なのだ。僕が留まって戦ったところで、勝ち目は無かった。

僕は最後の頃には神経科に通うようになっていた。安定剤を飲み、ふらふらになりながら働いていた(この時に飲み始めたデパスを止めるのに、数年を要した)。

会社を辞めたあとは、しばらくバイトで食いつないで、別の制作会社転職した。

今は某バラエティ番組チーフディレクターとして、充実した日々を送っている。

何が怖いって、あの時の自分と、今の自分が、まるで別人のように感じられることだ。あいつの下にいた頃、僕は自分に自信が無かったし、世の中にも絶望しかけていた。でも、よくよく考えてみると、単にあいつひとりに悩まされていただけなのだ

たった一人の影響で、ここまで世界が違って見えることが怖いと思った。たしかに、僕自身若さや、視野の狭さや、能力の低さも、あったと思う。そこは認めないわけにはいかない。でも、根本的にはあいつのせいだ。あいつのせいで、俺の人生は暗かった。

今は十数人の部下を持つ身だが、あいつは永遠反面教師だと思っている。あんな風に若い人間を潰すような奴にだけはならない。絶対に。

最近、ある情報が入ってきた。あいつが、事業を起こすために会社を辞め、それが失敗したらしい。クーデターのような目に遭い、孤立し、今は落ち込んで引き込もっているという。

当然だと思った。あんな歪んだ性格の奴は、どこかでボロを出すに決まってる。

まあみろ、と溜飲を下げたかった。でも、そうは思えなかった。僕が抱いたのは、もっと黒い感情だった。

とどめを刺したい。

今度は僕があいつに「覇気がない」と言ってやりたい。本気でそう思った。

もう二度と会うこともないのに、僕はまだあいつを憎んでいる。そんな自分に怯えた。

こんな気持ちが一生続くのだろうか。憎しみを抱えながら生きてる人って、けっこういるのだろうか。

僕は、人一倍執念深くて、ねちねちした、嫌なやつだ。

あいつのことを考えてると、巡りめぐって、自分のことまで嫌いになってくる。早く忘れたい。

最近テンパってくると「直也!直也!直也!直也!」

というシュプレヒコール脳内に充満してきて、

古館「伊○直也の入場です」

とか脳内再生されて、ひとりで戦意高揚させらているんだが、

なんかの病気なんだろうか

○藤直也みたいな人生を送りたい人生だった

女性声優さんを好きになるのが怖い

最近、某女性声優さんを知った。

決して美人ではないけど笑顔トークステキで心から明るい子なんだろうなと思う。

背が低いのもすごく可愛らしい。

友達100人いて男友達もいっぱいいるタイプに見える。

とても興味はあるけど好きになるのが怖い。

パブサをするとあのとき彼女はどうだったとかそういうイベントでの報告が上がってくる、本当にしんどい。

好きになってもイベント日本各地で開かれるし、ついて行ける自信がない。

手紙プレゼントやフラスタイベント毎に送るようなモチベもない。

でも、そうしないとこれから三次関数的に増えていく彼女ファンの中で頭角を現すことはできない。

そもそもそこまでやったところで、せいぜい大舞台最前より前には進めない。

正直彼女であったらどんなに素晴らしいかと考えるけど、そういう可能性が限りなく低いこと、自分みたいな人間彼氏になれないことも、

まして結婚して彼女幸せにすることをできないことも全部分かる。

それでも彼女についてもっと知りたい、彼女が活き活きとしてる姿に癒やされたい。

でも、好きになっても、先は見えている。

48グループファンとの繋がりが発覚したメンバーが何人かいるけど、声優に関してはまだ前例はないし、自分以外の人間が繋がる可能性を考えたら状況はますます絶望的だ。

声優オタク希望なんてない。

必死に追いかけるために使ったお金彼女にはほとんど行き渡らないことも知ってる。

日々モチベがすり切れるまで円盤を積んで日本全国(時には海外も)を飛び回って各地の旅客鉄道に金を落とすだけだ。

イベント参加のための購入資金バンダイビジュアルとかランティスとか博報堂に流れ込むことも知っている。

ものによってはチケキャンヤフオクがこれで金を稼いでいることも知ってる。

一体ファンとは何を支えるために存在してるのかよく分からない。

会社つとめだけして社蓄としての障害が嫌だから声優オタクになった、しかしその結果はエンタメ業界を支えるためのはぐるまにすぎないのかも知れない。

からせめて女性声優さんはValueとかを始めてオタクの金が直接流れ込むようになったら嬉しい、セキュリティの高いマンションに引っ越すとかバイトしなくても済むとかそういうの始めて欲しい。

もちろんValue優待でお渡し会もやってくれたら嬉しい。

ポエム能力

最近、明らかに怪しい奴らが、ちょっとポエム能力を発揮することでまるでそいつらが、素晴らしい人たちのように

拡散し続ける人たちがいて頭が痛い。。。。。

ちょっとオブラートを剥いだら、「俺のショバ荒らしてんじゃねえぞ」ってだけのポエムがなぜか「ご意見番」の

素晴らしい意見!みたいになってて、もうちょっと皆、首から上の機能を使うべきだと思うの

また本文読まずにコメントする馬鹿id:kimitama74 id:morimori_68

韓国領事館前に外山恒一氏が「ベトナム反戦像」を設置、韓国反省を促す | Select:Japan

http://www.sejp.net/archives/554

kimitama74 そこはまずアメリカ領事館からじゃないのか 政治

morimori_68 アメリカ領事館の前でないのはなぜか。 ふむ




何故今回、アメリカでも日本でもなく韓国なのかは外山は明確に説明している

自虐史観が主流なわけですが(中略)先進国共通現象なんですね。ところが韓国には、そのように自国歴史反省するという機運がない

実際には、韓国にも外国に対して酷いことをしたという歴史的実績があります。それがベトナム戦争です。

韓国アメリカの手先となってベトナム侵略し、ベトナム人虐殺しました。韓国人はそのことを全く反省していません。

韓国人にも自虐史観を持ってもらって、先進国の仲間入りをしてもらおうと思い、領事館前にベトナム反戦像を設置することにしました」

「この像は、ベトナム反戦運動を行う日大全共闘を表しています。手に持っているのは火炎瓶で、反戦運動弾圧する機動隊に向けて放擲しようとしているところです。ベトナム戦争ベトナム勝利で終わるわけですが、戦後ベトナム人先進国ベトナム反戦運動のおかげで勝てた、と感謝を表しているんですね。日本においてベトナム反戦運動に立ち上がったのは日大全共闘学生諸君でした」

ベトナム戦争への協力については、派兵した韓国も、基地提供した日本も同じくらい貢献しています。一方で、先進国では学生を中心にベトナム反戦運動が盛り上がった。しか韓国ではどうだったのか。この点を反省してもらう意味で、日大全共闘の像にしました。最近では全共闘といえば東大全共闘と思われていますが、実際に最も頑張ったのは日大全共闘でした」




この外山の主張やアクションに反対するなら好きにすればいいけど

id:kimitama74 id:morimori_68 両名のコメントは明かに主張自体読んでない。

若しくは知能が低すぎて読んだけど理解できなかったか


本分読んでないアホコメントに星を付けるアホ共のリスト

(こいつらも本文読んでない)

yoko-hiromさんアメリカ領事館じゃないのを引用してスターを付けました。

morimori_68さん がスターを付けました。

David334さん がスターを付けました。

d0iさん がスターを付けました。

aopisさんスターを付けました。

IkaMaruさん がスターを付けました。

aopisさんスターを付けました。

scopedogさん がスターを付けました。

haruhiwai18さん がスターを付けました。

wkatuさん がスターを付けました。




要するに「自分の敵」とみなしたら言い分も読まずに頓珍漢な反論もどきつけて満足してる。

これは知能の劣化というほかなくないか

おこたえください

クレーマーは先に説明書を読んで

https://anond.hatelabo.jp/20170817185242

https://anond.hatelabo.jp/20170816202927

おっしゃりたいことはわかりますしかしその前にそもそも、あの動画炎上が先にあって、そのバイアスからそういう解釈をする人が出てきたのだと思っています。「不穏な割に~」ももちろん理解できますが、炎上バイアスがなければもっと違った反応だったのではないかとも思います

まり馬鹿馬鹿しいと思ったので書きませんでしたが、あの動画には、「あらすじ、簡単説明文章で書かれている」のです。

説明文と映像本編を理解する手間をすっ飛ばして、出来もしない下手な考察や、裏の読み取りや妄想披露していた人の言葉などに価値があるとは一切思いません。説明書無視して騒ぐクレーマーとまったく同じですよね。勘違いさせる方が悪いのだ、というのがそういう人の論理しょうが果たしてそれだけでしょうか。

普通説明文と実際自分が手にしたもの、見た物が違うと思えば、まず照らし合わせて考えてみるのではないでしょうか。そういう目で見れば、あの映像簡単にわかるようによく作られているよ、というのがあの増田でした。そもそもわかりやすい=よくできている映像、でもありませんよね。(CMなのでそこは難しいところですが)

疑問の声を上げる人の気持ちもわかりますが、一足飛びに妄想押し付け強い言葉で罵り拡散することを正しいとは思いません。(もちろん、あの動画に一切問題が含まれていないとは思いませんが)

今回は、多くの人にとって炎上が先にあって、そこでの非難の内容がバイアスになって、動画おかしミスリードが「加えられた」のだと思っています。「動画主人公いかに『家族思いのパパ』だと勘違いしてる酷いCMか、見て!しかもみんなが好きにヘイトをぶつけても許される電通だよ!叩く要素はばっちりだよ!」という意味拡散がされているのです。

公式説明より先に、こういう感情的で刺激の強い表現を見てしまえば、そちらに何らかの形で引きずられるのも当然だと思います。だからそういうバイアスの影響下で見てしまった人に、少しでも伝わればと詳しく説明してみました。あの文章が嫌味ったらしいのは、あんなくだらないバイアス簡単に引っかかるなよというイラ立ちからです。

また、あの増田は長い割にわかりにくくてすみませんが、「誕生日=生まれ変わり」はわかって当然、などということではなかったです。他にもオープニングとエンディングで同じ状況を見せていたり、映像を見れば主人公の変化を描いている、その詳細もわかる箇所はたくさんあるよ、誕生日はその一つだよという説明でした。

一見して内容がわからなくても、あの構成なら普通ラストで変わった箇所がどこなのかをちょっと考えますよね。序章と終章が対になっている小説と同じです。もちろん考えなくても全然いいです。しかし、映像が描いていることを無視して、僅かな箇所から自分に都合のいい要素を拡大し、違うメッセージ本来自分の中にある思想のためのスケープゴートにして叩く、またそれを拡散するというのは、非常に嫌な嫌な行為だと思います

ジェンダーロールなどは社会的問題だと思いますが、なぜわざわざ物凄く個人的内面わずかな変化を追った、一企業作品槍玉にあげるのかがわかりません。代理店がらみの問題など、最近CMを叩くと炎上させやす簡単正義を気取れるからだと思いますが。あの話は一貫して主人公視点です。「主人公の目からそう見えている」という作品なので、歪みがあるのは当然です。そしてそれを克服するストーリーです。一人称個人的内面の変化を描く小説と同じです。攻撃対象としてそもそも正しいのでしょうか。

しかしそうは言っても商品CMなので、策に溺れた感がある点などは、個人的同意します。

https://anond.hatelabo.jp/20170818053646

あんたら、と言われるのは心外ですが、確かに他者プライベート問題について差別ロジックを用いて指弾するものはたくさんいます

例えば欧米ではジェンダーに対する差別是正の為に、街中やネットテレビ広告の中にジェンダーロールを強化するような思想を入れ込んではいけない、と言う考え方が最近とても根強いようです。女性は痩せていてかつグラマーでなければならない、男性は勉学に励んで要職に就く努力をすべきだ、そのようなストーリー内包する広告は全く歓迎されず、場合によっては規制されます

そういう話を聞くと我々などはあまり過激だと思うものですが、これもパブリックプライベート問題なのです。広告というのは黙っていても目に飛び込んでくるものでしょう? その様に個人意志選択ができない情報なので、これは大いに公共的な性質のものだとされています、この様な性質情報push型の情報と言います自分から好んで選択しなければ行きあたらない例えば書籍などのpull型情報とは違うという事ですね。ゾーニング問題というのも実にこの様な話と関わるものです。

はいえ先にも述べた様に、どこまでがパブリックでどこからプライベートと言えるかは難しい問題になります映画パブリックプライベートか? 大々的に公開されるビックバジェット映画パブリックで、細々とした単館上映はプライベートかもしれません。でもどこで線引き出来るかは決めきるのは無理でしょうね。曖昧さはどうしても残ります

しかどうでしょう?公私の線引きをしようという努力はなされるべきで、それは正当だと思いませんか?そして公私の線引きのない差別根絶の指摘はそれ自体無意味だというのは前のエントリでもしていますし、貴方同意見かと思います。とかく日本人は何が"公共"なのかという事に対する意識が著しく低いのだと思います。それには様々な理由もあるのだろうと思いますが、しか差別というロジックをこの社会インストールしなければならない以上、それについてをこそ考えなければならないという主張に、元増田反論できますか?特に反感を覚えるところはないと思いますけどね。

そうして元増田差別差別と喧しく他者を指弾するヒステリックプライベート侵害野郎とは決別して、決然と賢くなる道を歩み始めることができるのでした。めでたしめでたし

最近マイブームですか?コーヒーの2番煎じ(ああ焙煎などしてないので正しくは2度出し)です薄くてとろっとしておいしいですよ(貧乏アッピール)

時流に乗ってインパール作戦顛末をまとめてみた

ブラック指揮官ブラック作戦顛末

      昭和18年12月下旬 第15軍司令部において、インパール作戦の兵棋演習を実施

第15師団 岡田参謀長

 「まだよくわからぬが、今回の演習で受けた感じでは、この作戦は無理なように思われる」

ビルマ方面軍 中参謀長

 「軍の作戦構想はいかにも危険性が多いと思われる。再考余地はないか

南方総軍後方主任 今岡参謀

 「軍司令官が主張されているように、一ヶ月以内にインパール攻略できるということであれば、いま軍が考

 えている補給計画でなんとか追随できると思う。しか作戦のものが途中で頓挫すれば話は別である。突進

 戦法が失敗すれば補給は続かないし、軍の補給計画全面的に崩れる」

南方総軍作戦主任 山田参謀

 「わたし自身もこの作戦危険だと考える。補給問題一つを取りあげても、随分無理なところが多い。要する

 にこの作戦は中止すべきだと思う」

                       ↓

牟田大言壮語廉也

 「イギリス軍なんか弱いんだからさ、補給心配なんかする必要ねえって。インパールコヒマも天長節まで

 には占領してやるぜ、ガッハッハッハッハ!!」

                       ↓

ビルマ方面軍司令官 河辺中

 「いやあ、牟田口にお願いされると俺としては弱いんだよねえ~。よーし、やっちゃえやっちゃえ!」

                       ↓

南方総司令官 寺内元帥

 「最近ウチのほうの戦局もパっとしねえし、一か八かでもこの大作戦成功すりゃ大手柄だな。

 次期参謀総長俺様に決まり!ってかぁ。よーし、やっちゃえやっちゃえ!」

                       ↓

         昭和19年1月4日 インパール作戦計画案、大本営に提出

                       ↓

大本営作戦部長 真田少将

 「自動車飛行機もない状態では絶対に反対である

     ↓↑

参謀総長 杉山元

 「いやあ、でも、ほらさあ、寺内ちゃんのたっての希望でさ、俺も断りづらいわけよ。無理ッポイのはわかっ

 てんだけどさ、そこをなんとか曲げてくんない?頼むよ、真田ちゃん」

                       ↓

           1月7日 大本営インパール作戦実施を認可

                       ↓

牟田アントワネット廉也

 「日本人は、もともと農耕民族草食動物なのだ。食い物が無ければジャングルの草を食えばよいではないか

 ガッハッハッハッハ!!」

                       ↓

                3月中旬 各部隊、作戦発起

                       ↓

5月 牟田責任転嫁廉也

 「いや俺だってね、インパール作戦が失敗だってことぐらい、4月の終わりにはわかってたけどさ、ほら、

 河辺のやつが早期撤退渋るもんだから、俺はあいつの命令に従うしかなかったんだよね」

                       ↓

         昭和19年5月 参謀本部において、現地視察団による報告

大本営 秦参謀次長

 「作戦成功の公算低下しつつあり」

     ↓↑

東條英樹 参謀総長

 「どこが不成功なのか!何か悲観すべきことがあるのか!」

                       ↓

5月16日 東條英樹上奏

 「作戦は、一応大きな不安はない状況ですので剛毅不屈、既定方針の貫徹に努力いたします」

5月 牟田メイミョウで芸者遊び廉也

 「よし、雨期になりゃこっちのもんだ。てめえらしっかり戦えよ!」

                       ↓

5月? 第15師団長 山内中将

 「撃つに弾なく今や豪雨と泥濘の中に傷病と飢餓の為に戦闘力を失うに至れり。第一部隊をして、此に立ち

 至らしめたるものは実に軍と牟田口の無能の為なり」

5月 第31師団長 佐藤中将

 「弾一発、米一粒も補給なし。敵の弾、敵の糧秣を奪って攻撃を続行中。今やたのみとするは空中よりの補給

 のみ、敵は、糧秣弾薬はもとより、武装兵員まで空中輸送するを眼の前に見て、ただただ慨嘆す」

                       ↓

            第31師団長 佐藤中将死刑覚悟独断撤退

 「師団はウクルルで何らの補給をも受けることを得ず。久野村参謀長以下幕僚能力は、正に士官候補生以下

 なり。しか第一線の状況に無知なり。従って軍の作戦指導支離滅裂、食うに糧なく、うつに弾なく、戦力

 尽き果てた師団を、再び駆ってインパール攻略に向かわしめんとする軍命令たるや、全くおどろくのほかなし。

 師団は戦力を回復するため確実に補給を受け得る地点に移動するに決す」

                       ↓

牟田口半狂乱廉也

 「なにを~っ、この臆病どもが!!おまえら根性が足りん!解任じゃ~~~~~!!」

牟田神がかり廉也

 「諸君佐藤バカは俺の命令に逆らってコヒマを放棄しやがった。食うモンねえから戦が出来ねえだとおぉ~?

 これが皇軍か。皇軍は食いモン無くったって戦争やんだよ!兵器ねえとか弾丸ねえとか食いモンねえとか、んな

 甘ったれたこと言って戦闘やめてんじゃねえよ!弾丸なかったら銃剣あんだろ!銃剣なくなりゃ腕があんだろ!

 腕もなくなったら足で蹴れや!足もやられたら口で噛みつけ!日本男子にゃ大和魂ってもんがあんだろ!!

 日本神州なんだから神様が守ってくれんだよ!!かんながら~かんながら~かんながら~」

           6月5日 ビルマ方面軍司令官河辺中将来訪

牟田甘ったれ廉也

 「俺の口から作戦中止なんて言えるわけねえだろ。顔色で察しろよ、ったく河辺の鈍感野郎はよ」

ビルマ方面軍司令官 河辺中

 「牟田口はなんか言いたそうだったけど、俺のほうから作戦中止言いだすのもなんだしなあ、ま、いっかぁ」

                       ↓

6月末 第33師団長 田中信男中将柳田中将後任)

 「わしもここへきてみて、こう、手をひろげすぎてはいかん、と思った。わずかな兵力で、戦線を拡大したっ

 て、どうもならんよ。兵力だけの問題ではない。わが軍のやり方は、まったく時代遅れだ。大陸でやった戦術

 をそのままくり返している。ところが戦争の形はまったく変わっているし、その上、連合軍は一日一日と戦術

 を改良発展させている。大本営あたりでは、これを物量の差だときめこんでいるが、とんでもない。こりゃ頭

 の違いだよ。民族能力の差だ」

                       ↓

7月1日 東條英樹上奏

 「局所的には、我に利あらざる戦況も発生し作戦を中止します」

                       ↓

              7月2日 インパール作戦、中止命令

                       ↓

              アラカン山系に白骨街道が出来上がる

                       ↓

牟田猿芝居廉也

 「このような時、牟田軍司令官が、藤原参謀の机の所へやって来て、私達部付将校の前でこんな事を言った。

  「藤原、これだけ多くの部下を殺し、多くの兵器を失った事は、司令官としての責任上、私は腹を切ってお

 詫びしなければ、上御一人や、将兵の霊に相済まんと思っとるが、貴官の腹蔵ない意見を聞きたい」

  と、いとも弱々しい口調で藤原参謀に話しかけた。私達は仕事の手を休め、この興味深い話に耳を傾けた。

 彼は本当に責任を感じ、心底からこんな事をいい出したものだろうか。自分自害を人に相談する者があるだ

 ろうか。彼の言葉形式的な辞句に過ぎないものではなかろうか。言葉の裏に隠された生への執着が、言外に

 あふれているような疑いが、だれしもの脳裏にピンと来た。藤原参謀はと見ると、仕事の手を一瞬もとめよう

 とはせず、作戦命令の起案の鉛筆を走らせていた。司令官には一瞥もくれようとせず、表情すら動かさず、次

 のようなことを激しい口調で言われた。

 「昔から死ぬ死ぬと言った人に死んだためしがありません。司令官から私は切腹するから相談を持ち掛け

 られたら、幕僚としての責任上、一応形式的にも止めない訳には参りません。司令官としての責任真実感じ

 ておられるなら黙って腹を切って下さい。だれも邪魔したり止めたりは致しません。心置きなく腹を切って下

 さい。今度の作戦の失敗はそれ以上の価値があります

 と言って相も変らず仕事を続けている。取りつくしまもなくなった司令官は「そうか、良くわかった」と消え

 入りそうな、ファッファッと、どこか気の抜けた笑い声とも自嘲ともつかない声を残して、参謀の机の前から

 去っていった。私達は何事もなかったように各自仕事を再開しながら心の中で思った。司令官死ぬ積りは

 毛頭ないのだ。大勢将校のいる前で参謀相談し、参謀から切腹を思い止まるよう忠告する言葉を期待して

 いたのだ。そしてこの寸劇により、司令部内外への宣伝効果をねらったのに違いない。ところが案に相違した

 参謀言葉に、この演出は失敗に終ったのだ。卑怯卑劣という言葉が、この場の司令官言動に最も適した言

 葉であった」 (高木俊郎『抗命』文春文庫 より)

                       ↓

           8月 帰国する牟田口のために慰労会が催される

牟田ポジティブシンキング廉也

 「インパール作戦は失敗じゃねえぞ。俺がインパールやったから、ビルマとられずに済んだんだからな、

 ガッハッハッハッハ!!」

                       ↓

                     その後・・・

参謀総長 杉山元元帥        →小磯内閣陸軍大臣

南方総司令官 寺内壽一元帥    →終戦まで現職

ビルマ方面軍司令官 河辺正三中将  →大将に昇進 第一軍司令官

第15軍司令官 牟田口廉也中将   →陸軍予科士官学校

第15師団長 山内正文中将昭和19年6月 解任)→メイミョウにて病死

第31師団長 佐藤幸徳中将昭和19年6月 解任)→ビルマ方面軍附 東北軍附 ジャワにて終戦

第33師団長 柳田元三中将昭和19年5月 解任)→関東州防衛司令官 後、ソ連抑留病死

                       ↓

佐藤幸徳

 「結局、大本営、総軍、方面軍、15軍という馬鹿の4乗が、インパール悲劇を招来したのである

                     おしまい

(参考文献・高木俊郎『抗命』文春文庫 その他)

「見せる」という娯楽を楽しめない人間

最近エンタメ業界に入りたいと研究をしている。

エンタメWeb利益率が高いというのがやりたくなる理由だ。

最近感じるのは、「見せる」という娯楽が存在するということだ。

靖国神社日本軍コスプレをするというものや、宗教信者間の称号などもそうだろう。

Instagramナイトプールかいうのもそうだろう。

しかし、大抵は容姿が良くないと楽しめないものだ。

美容整形女性の間で爆発的に広がっているのは中身というよく分からないものよりも、簡単に明らかなものを手に入れようとしているものからだろう。

「見せる」という娯楽は容姿やらの自分の確実性を確かめソーシャルものなのだ

夏だから感じるが、終戦後の日本軍の高官の無責任さなどをみると信じることができるのは金と容姿などだろうから当然のことだろう。

しかし、「見せる」を行えない人間がいる。

自分もその一人なのだろう。

2017-08-17

いまさら見たゾ! 『君の名は

やっと、盆休みで「君の名は」を見られた

見終わった感想としては、一度見れば十分で、もう見返すことはないと思った

正直に言うと、これだけ売れている映画を高評価できない自分が悔しくもある

確かに、背景は美麗でリバーサルフィルム(今の若者は知ってますか?)のような発色が印象的だった

他の作画は流石劇場版というだけあって、きめ細かな絵面に見とれたよ

まり、いい言葉が思いつかないんだけど構図の見せ方も奥行きがあって開放感と爽快感は感じたね

でも、ストーリーにはあまり惹かれなかったなあ

映画全体が「滝君の三葉の2人が出会うためだけのストーリー」という感じがして、それ以外の彗星過去を書き換えることもすべて添え物のような感じがして盛り上がれなかった

物語の中に爆発もあった、疾走絶景もあった

それなのになぜか躍動感が足りない、「軽い」と感じてしま

から映像時間がとても長く感じてしまったのかな

今更だと思うかもしれないが、このアニメをみてどこを愉しめばよいのか教えてほしいと強く願う







ところで、口かみ酒エロいね、すっごーいエロいね、どう見ても精子だよね

そんで、瀧くんが3年後しに口かみ酒を飲むのは凄くフェティシズムだね



あと、後半のシーンで三葉が髪をバッサリと切ってそれから頭に赤いリボンを巻いたシーンがありましたね

自分はあの髪型のほうがくぁあいいぞと感じた

あの髪型リボン制服の組み合わせが最近アニメで見た気がする

あー思い出せない、思い出せない

確かロボットアニメだったような

セーフサーチ切ってるせいもあるんだけど最近グーグル動画検索するとなんかアウトっぽいのがひっかかる

三上悠亜とか

人形が怖い

幼い頃、祖父母が人形を買ってくれた。女の子から喜ぶはずという訳である。まだ自分他人との区別もつかない頃の私は、その人形が生きていると思い、手を掴んだ。

しかし、その手は冷たく、硬く、少しビニール匂いがした。

その時のトラウマか、大人になった今でも人形が怖い。絶対近くには寄らないし、さわらない。ロボットダメだ。人間の形をしているのに人間でないものに不気味さを感じてしまう。

そういう人が他にもいることを最近知って、少し安心した。貰った人形は、祖父母には申し訳ないけど供養に出した。

発達障害者は外出してはいけないのか

こんな記事話題になっているそうだ。

最近、客に媚びる店が多いなか、ドン玄関先にこんなに張り紙をしてるこの店が好きだ」

https://1kando.com/68271

「躾が全くできていない騒々しい子供さん」というのはどうやって判断するのだろう。うちの子場合発達障害でどうしても騒がしくなってしまうことがある。赤ちゃんでなくても、成長しても完全にはおとなしくはならない。こういう障害児は「騒々しい子供さん」とみなされて、この店主に追い出されてしまうのだろうか。公共交通機関でも、周囲から冷たい視線を感じる日も多く、普段から「躾が全くできていない」と思われているのだろう。

障害者ことな一言も言っていない、などと反論する方もあろうが、見た目は全く分かりませんからね。身長が極端に高いわけでも低いわけでも、顔立ちが変わっているわけでも、臭いがするわけでもない。障害児の集まりに行ったって、保護者の目から見ても、みんな一見普通。でも騒いでしまう。

発達障害は、保護者努力で症状が改善する場合もある。ただし、障害の程度が重い場合にはそれにも限度がある。そのようなお子さんをお持ちの保護者の方は、外食・外出などしてはいけないのだろうか。声を出してしまう、立ち上がったり動き出してしま子供は、障害だろうがなんだろうが、親の責任で静かにさせよとのことなのだろうか。もちろん障害の程度にもよるので、怒鳴り散らしたり他のお客さんに危害を加えてしまうような場合保護者が控えるべきだろう。ただ、元になったtweetの反応を見てもほとんどの方が障害者のことを想定せずに共感されているのは心配だ。

偏食について

自分は偏食が激しい。

詳しくは書かないが一般的料理によく使われるような食材でも食べられないものが多い。

「食べられない」というのは飲み込もうとするとえずく、最悪後で吐いてしまレベルの「食べられない」だ。

特にアレルギー等といった診断は受けていないが、幼少期からずっとそう。

よく子供好き嫌いは親の躾けが悪いという意見も聞くが、

別段甘やかされたとも厳しくされたとも思っていない。

母親料理が好きだったので食卓に並ぶ食材レパートリー豊富だったし、

基本的料理を残すのはやはりNGだったので嫌いな食材があっても頑張って食べていた。

ただ、母親の方も嫌々食べているのを見るのは辛かったらしく、

中学に上がる頃には自分の分の食事から特定食材だけ予め抜かれるようになった。

この時点で頑張って苦手なものを食べ続けることを辞めなければ、

今では好き嫌いのない立派な大人になれていたのだろうか。

ちなみに離乳食の段階で色々なものを食べさせるのが重要という説もあるが

現在苦手な食材離乳食でもよく食べさせられていたらしい。

そういうわけで、どうも理由が分からないまま

結構な偏食家として大人になってしまった。

料理を残したり、選り好みすることが人を不快にさせるのは

理解しているので、極力他人との食事は避けているし、

苦手な食べ物を人に教えることはあまりしない。

ある時は「頑張って克服しよう」と言われ、

どうにか数ヶ月ほど食べ続けたこともあったが、全く克服出来なかったので諦めた。


色々と思い悩んでいたんだけど、最近になって、食事好き嫌いってそこまで悪いことなんだろうか?と思う。

よく偏食の人間に対する意見として「わがまま」というのがある。

食事にありつけるのは有り難いことであるという前提がまずあって、

それを蔑ろにしているから「わがまま」なんだろう。

自分も流石に飢餓状態であれば目の前にあるのが苦手な食材であっても迷わず齧りつくと思う。

こういう都合の良さが「わがまま」なんだろうということは、理解できる。

要するに、食物に対する不誠実さ。感謝の足りなさ。

その前提を理解した上で、これは現代社会に対して、

食べ物がいつでも手に入る恵まれ環境で育った生っちょろい贅沢な若者意見だけど、

味覚って、視力とか、嗅覚とか、聴力に並ぶほど千差万別もので、

しか眼鏡みたいに矯正する術がほとんどない。

目が悪くても、耳が悪くても「親の教育が悪い」という人は偏食に比べたらあまりいないだろう。

(たまにいるんだろうけど)

味覚に関することだけ、家庭環境否定人格否定が当たり前になってくるの、結構辛いと思う。

好き嫌いのない人が羨ましい。


余談だけど、偏食の人間が疎まれ理由として、

人が美味しいと思っているものに対して平気で

「それ嫌い」「よく食べられるね」という言葉を投げつける人が

結構いるっていうのもあると思う。

自分たちの首を絞めているから、やめような!!

砂の惑星」の端っこのドロドロ(消滅済み)

または砂の惑星に関するわずかな気に入らなさと、それがひょんなことから消滅したという、徹頭徹尾勝手な一視聴者のおはなし。


最近ネット上で砂の惑星云々という話を見かけ、はてデューンがどうしたのか(リンチホドロフスキー原作?)、と思ったらボカロ曲だった。

[niconico:sm31606995]

増田ってはてな記法ニコニコ記法ダメでしたっけ?一応直URL

http://www.nicovideo.jp/watch/sm31606995

そもそも私はここ数年ずっとニコニコ動画から離れており、なんとなく退会していなかったなー、というレベルだった。また当時から自分自身ボカロ創作DTMをやったことは一度もない、ただのイナゴめいた消費者である。そういうわけで、砂の惑星キャッチするのもこのように出遅れたわけだが、一度聴いてはしばらく延々ローテしていた。

エントリでは別に砂の惑星に関する解釈は扱わない。ただ聴いていて一箇所、「メルトショックで生まれ生命」というくだりに引っかかるものがあった、という話がしたい。また先に結論を書いてしまうが、下記リンクインタビューを読んでたらその引っかかりがなくなっちゃった、という話でもある。

http://natalie.mu/music/pp/hachi_ryo

なんのことだ具体的に、と言われると、まあボカロ曲メルト」に関する揉め事の話だ。当時を覚えている方なら「ああその件か」「今更その話をするのか」と一発で分かるし呆れるだろう。作り手側でない私が書く権利もないのだが、どうかご容赦を。

(ルシフェル指パッチン)老害チックな話をしよう。あれは9年…いや10年前の話だ。当時ニコニコ動画ボーカロイド初音ミクの来訪に沸いていた。私もその場に居合わせていた。つまり、「メルトショックで生命が生まれる前に」初音ミクと会っていた。

メルトショックとは…いや、別にここで長々と書く必要はないのか。知らない方は、丸投げになってしまうが、ニコニコ大百科で「初音ミク」「メルト」「メルトショック」を引いて見てほしい。

しかし、あの時の燃え上がり方というか、燃えていた側の感情はどう表現すればいいのだろう。実のところあれは「解釈違い」に近い感覚だったようにも思う。ボカロキャラクターであり、自分自身について歌うのがメジャーだった(という意識があった)。そこにそうではない曲がやってきて流行した。そこの不気味さと、不気味だと勝手に感じてしま偏見さは説明が難しい。

またメルトショックには、歌ってみた流行も大きな要素としてある。メルト自体流行することがショックだった、流行の中に歌ってみたが入っていた。分かりづらいがメルトショックはそのような二重構造だった。本エントリ後者関係ないが…と最初は思ったのだが、冷静に考えるとあるかもしれない。メルト歌ってみた勢に(それまで以上に)好評を博す要素があった。それ以前の曲は(メルトほど極端なレベルでは)なかった。その要素とは、恐らくは前述した不気味さのことである

まりこういうことだ。1000年草も生えない砂の惑星には違和感がある。こちらとしては1001年草が生えてなかったイメージなのだ。…もちろんこれは悪質な冗談だし、言い過ぎだし、事実ではないし、あと1年は長過ぎなんだが(3ヶ月ぐらい?)。

また流石に「メルト以降こそが枯らしておいて、今更砂まみれとは、まさしく草も生えないわい!!」とも言わない。そこまで歴史修正する気は流石にない。流石に。流石ですお兄様(殴)。それでも違和感がある、と言ってしまうのは、まあまあ私の性根が捻じ曲がっているせいであり(というより私一人が勝手に言っているだけであり)、いかなる創作者・消費者責任でもない。

その違和感が、上記URLインタビューを読んで消えたのだ。理由は…自分でもよく分からない。

不当な理由勝手逆恨みしておいて、意味不明理由勝手に許すとは何様だ手前、しかも許すって上から目線でよぉ、と怒られればもう平身低頭するしかない。あと一番申し訳ないのは、曲そのものではなく、関連する別情報を知ったことによって感想が変わるというなんか現代芸術みたいなダサい真似をしてしまったことである。これ本当にすみません(ハイコンテクストっていうんだっけ)。曲(動画)の話は曲を聴く(見る)ことのみで語れよってね…。

一つ考えられるとすれば、これはある意味人種的かつ気分的な問題だったのかもしれない。めちゃくちゃ頭のおかしい話なのだが、メルトという曲に罪はなく、作った側と受け入れている側の気持ちがよく分からない、的な。ここで側、側、と言っているのは、つまりそれまでのボカロ「層」とは違うんじゃないか、という偏見があったということなのだ。「クズたちの受け皿として機能していた」。その皿に以前は何が入っていただろうという。居場所がないというと言い過ぎだが、ボカロボカロオタクのものだった。そこにメルトである。居場所のないヤツらAの居場所に居場所のないヤツらBがやってきて、同じ穴の中でムジナが金網デスマッチというイメージ別にボカロボカロオタのもんじゃねーとか、こういう人種イメージ自体が誤解だとか間違いだという正論は、実はあまり重要ではなく、デスマッチ存在こそが大事だった。もちろん、インタビューを読んだだけでその間違いを訂正するのもそこそこ下品申し訳ないのだが。作った人がどういう人だったのか、10年弱も経ってようやくわかったわけだ。これは向こうも居場所のない弱者っぽいか安心した、という意味では決してない。ムジナ穴の取り合いにおいては相手の強弱などどうでもよく、相手がいることそのもの重要なのに、相手の顔をよく知らなかった(また、たかが知る・知らないの差だけで問題解決した気になってしまう)ことが問題なのだ

ところで、ニコ動全面の砂漠化についてはよく分からない。パンツレスリングが大量削除されて淫夢が台頭し始めたのは覚えてるが。衰退したとかなんとか聞くが、黎明期の未成熟時代、まるでシリア民兵でっち上げ鉄板シマテクニカルのような状態を見てきた老害にとっては「ニコ動に一体何を期待しているのか」「無残さこそニコ動よ」という底意地の腐った感覚もなくはない。いやIFの改悪とかは当時からあったし流石に嫌だったが…。なんとなく、生放送と超会議をやり始めた(ことを重視する価値観シフトした)のが悪いきっかけだったような印象があるのだが、まあこれも無根拠世代差別なのであろう。

これから砂の惑星にどんな植物が生えるのかは分からない。生えた植物が我々や向こう(あえて主語を大きくしてみた)に都合の良い植物かもわからない。トリフィドビオランテかもしれないし、最新のゴジラかもしれない。違う惑星に生えて、結局ニコ動砂漠のままかもしれない。

ただ、全く生えない、ということはないような気がするのだ。



余談

砂の惑星MV、途中で座ってる初音ミクの「あーかったりぃ…」って表情が素敵。

「助けてほしいと正確に叫ぶことができる人が助かる」

本当にそうだと思う。

最近できた友人が、したいことをひた隠しにして自分苦痛を感じる方向へ走ったり、何事も起きないようにと人を近づかないように過ごしている傾向があることが分かってきた。

プライドがあって人に頼めないとか、謝罪できないとか。

本人が本当にそれ(私が友人の望み通りに友人と距離を置いたり)を望んでないことは、私に対して「なんであの時ああしてくれなかったの?」と後から言ってくることでわかる。

かといって、私が手を差し伸べても何が目論見だと言わんばかりの態度。

なのに結局は、「私と友人でありたい」し、「友達が欲しい」し、「幸せになりたい」し「助けられたい」のだ。

それを正直に伝えたりすればいいのに、まどろっこしい伝え方や感謝謝罪もないとこちらも全然やる気をなくしてしまう。

プライドやそういった邪魔なく、自分がそうしてほしいから、そう生きたいからという理由でいいから、何かしらのアクションを起こしたり助けを求めることは大事だ。

誰かに助けを求めたり、相手幸せにしたりするためのわずかな努力を怠ったら、たちまち人は不幸になるのだと思う。私も、不幸だ。

(追記)

私はこの友人に、短期間ながら酷く傷つけられ、向き合う余裕が持てていない。

それはともかくとして、この話で伝えたいのは誰もが幸福になることを目指してよい、ということであって決して可哀想人間ランキングをつけろって話ではない。

幸福になる為の努力を惜しんでおいて不幸さを喚き散らすなという厳しさでもあるけれど。ただ、それは赤ん坊のように泣きわめいてただ助けを待つことを大人がやるというのが許せない私のわがままかもしれない。

友人へ、ごめんね。

https://anond.hatelabo.jp/20170817155221

世界転生・転移ものが出始めた頃って男主人公ものと女主人公ものは半々くらいだったんじゃないかな?

多分これらは女性主人公だよね

最近作品ブックオフがまとめたページで見てみたけれど、映像化こそされてないけれど女主人公モノも多いんだな。

ぱっと目に付いたところを挙げると

男性主人公のほうが多そうではあるけれど、女性主人公も数えられないほどある。

どうもイボ痔になったぽい

痔とうんこ漏らすのを比べると、はてな的にはどっちが重大事なのかなあ。

本人的にはけっこうへこんでる。

なお、まだ漏らしたことはない。

追記。

状態は出口からなんか見えるくらいで、飛び出してきてはいない。痛くもないけど違和感無視できないってとこかな。

座りすぎなのと、最近お腹の具合が良くなくてトイレにこもる時間が長かったせいかなーという自覚はある。

ブコメ心配してくれてありがとう。土曜に病院行ってくる。。

もうイボ痔の空耳は気軽に歌えないな…

あとトラバ増田へ。実はうちも家族大腸ガンで手術してる。腹腔鏡手術で済んだけど、当時は大騒ぎだったよ。予後が良い方じゃない部位だからね。

トラバ増田もしかしてストマなのか。気分を悪くさせたならすまなかった。

個人的には重大じゃないけど無視もできなかったので、増田愚痴をこぼしただけなんだ。

何もできないけど、せめて増田自身が命のあることに意味を感じられる日が来ることを祈ってるよ。

ドラクエ11のあの展開について(ネタバレあり)

何とかネタバレを踏まずにクリアにこぎ着けた。所要90時間

もっとゆっくり遊びたかったけど、ネタバレが怖くておちおち増田も読めなかったからね。

全体的には大満足。

途中までは完全一本道シナリオや、一部オーブの雑な入手、船で上陸できる場所が限られてる等で「やっぱDQ3は越えられないか」という感じだったが、ベロニカがああなって全て吹っ飛んだ。

ドラクエでここまでショックを受けたのは初めてだよ…。

でも話としては筋が通ってるし、エアリスみたいに何のために死んだのかよく分からないのよりはずっと良い。

そしてエンディング後のおまけでベロニカ復活かと思いきや、おまけってレベルじゃないボリューム冒険が待っていた。

ありがとうスクエニ! ロリ姉最高や!

遡行後は各町のイベント攻略自由で、一本道感がなくなったのも高評価

んで感想見て回ると、時間遡行について賛否両論なのな。

パラレルワールドとしたら残された人たちが可哀想パラレルじゃないなら崩壊後の感動展開が全部なかったことになる、と。

プレイ中は「うるせーそんな事よりベロニカだ!」という感じだったけど、改めて考えてもやっぱりベロニカ優先だな!

まず別れ際の会話からして、俺は普通にパラレルだと思った。

マルティナは「残されるイシの村は私たちに任せて」とか言うしね。あっちの世界パラレルとして続く前提でしょ。

そして上のセリフ通り、仲間たちは主人公選択を受け入れてる。

セーニャは姉も主人公も失ったって言われてるけど、あの世界ではどうあってもベロニカは生き返らないんだし、たとえ別世界でも姉(と別世界自分)が主人公と元気に暮らしてるならセーニャ的には救いじゃねーの?

エマと母ちゃんは…描写はないけどたぶん挨拶くらいしたよ! 別に急いで過去に行かなきゃいけない状況でもないし。

世界を見捨てた? 一応魔王は倒したんだからいつまでも勇者に頼るなよ。

てかダイの大冒険じゃないけど、平和になった世界勇者不要なんじゃないかとも思う。

お前を倒してこの時間軸を去る…!

ダイと違って王族から迫害こそされないだろうが、あの強大な力は良かれ悪しかれ注目を集めるじゃん。

結果的世界崩壊きっかけを作ったのも事実なので、遺族の中には恨んでる人もいるかもしれない。

あの主人公政治なんてできなさそうだし…。

その点、遡行世界住民魔王邪神も知らず、最近魔物が強くなったな程度の認識で終わったから、主人公も村で平和に暮らせるんじゃなかろうか。

聖竜からまた戦えって言われた?

あれはメタ的にDLDQ1とか次回作とかをやってねって意味だよ!

基本的ドラクエ主人公目的を達成すれば、その後戦いに駆り出されることはないよね。

そう考えるとDQ10主人公だけ不憫やな。

オンゲとしてサービス続ける上で仕方ないけど、次から次へと世界危機が襲ってくるもんな。

話を戻して、ベロニカの死による感動と、ベロニカと一緒に旅ができる喜び、両方のいいとこ取りができたので俺は全く不満はない。

単にご都合主義で生き返るのと違い、そのために失ったものもある点で良バランスだったと思う。

ここ最近炎上で判明した、ま~ん(笑)思考パターン

マトリクスで表します。

その男イケメン金持ち地位名誉持ちなど、他人に誇れるか?→はいならA、いいえならB

その男自分に興味があるか?→はいなら1、いいえなら2

A1

私は彼を好意的に思っているが、決して決して決して決して金や顔で選んだのではなく人間性で選んだのだ

A2

彼は私を選ばない=私の女性らしさを劣っているとみなしている=女性らしさで判断するクズ

結論、男はクズ

B1

金無キモが興味を持ってこられるといい迷惑

結論、男はクズ

B2

金無キモが私に興味を持たないはずはないのでコミュ障なのだろう。

結論、男はクズ

え?エマ・ワトソンは違うじゃないかって?あれは女性じゃなくて天使から

大学辞めた石田祐希ってブロガーどうしたんだろう?

大学辞めて起業しま~すって記事上げたら1000ブックマークついた人ね。

最近思い出した。

名前あやふやだったから、けんすうの対談みつけてすっきり。

ブログを探したんだけど見つからない。

ツイッター更新停止。

ブログツイッターはお休みするそうな。

1言でいうと

「親かわいそう」

レールに乗った人生やだーっていって

起業して頑張ってくれるのかと思いきや何もせず。

入学金返して!!って叫びたくなるだろ。

いや、ネットから消えただけで頑張ってるんだよ、彼は!!

という話を聞きたい。

起業できたのかなあ。

何したかったんだかわかんなかったのが残念。

増田が伸びなくなってきたのだが俺のウンコは枯れたのかも知れない

増田で伸びる記事が書けなくなってきた

前は50ブクマ/エントリーほどのそこそこな増田だったのだが最近10ブクマ/エントリー脆弱増田になってきた

本当に伸びない

伸びても大抵50ぐらいで終わる

たまに300ぐらい伸びるのだがそれも50エントリーに一度ぐらい

かなり弱っている

俺にはもう増田でやっていく力はないのかも知れない

伸ばそうと試行錯誤してみても全部滑る

無理に伸ばそうとしているのが見え見えで自分でも寒い

増田という環境に出力できるものが俺の人生冷蔵庫から全部使われきったという感覚すらある

必死に踏ん張っても踏ん張っても食うものを食ってないかウンコが出せないような状態

北朝鮮と手を結んで韓国攻撃したらどう?

最近韓国反日から北朝鮮と手を結んで韓国挟み撃ちしたらどう?

釜山とかの朝鮮半島南の都市日本アメリカ統治して、日本海日本支配する。ソウルとか韓国北部北鮮中国に渡そう。

今の韓国大統領なら喜んで北鮮に行くぞ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん