「価値観」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 価値観とは

2019-05-20

anond:20190519000428

ネタマジレスすると、自覚があるやつは多分滅多に叩かない。

ワイは体罰当たり前の家に育ったから、自分の子供にも体罰するのではないかと思ってた。

プロチチという漫画を読んで、虐待をする親は虐待が何かをわかっていないからというのを読み、何が虐待になるのかを勉強した。

子どもを一人の人格として認め、公平に扱うという価値観自分になじませていくという過程自分の子育てだと思っている。

もちろん、体罰当たり前の家に育ったか自動運転モードになるとついそっち側になる。

まり子供暴力と恐怖で支配する側のスイッチが入る。

正直、夜中に起きての授乳につかれて、げっぷをさせる手が必要以上に強くなったこともあった。自分嫌悪を覚え、激しく反省した。

自分の親は謝ったら負けだと思っているのか子供に頭を下げることができない人だった。

ワイは自分が間違ったことをしたら子供でも謝ろうと思っている。

実のところ、げっぷのことはずっと心に引っかかっていたので、言葉がわかるようになった子供にわびた。

新しいことを覚えるのと同じで、何かあったら一呼吸おいて手動運転に切り替えることを繰り返していくと、そっちが自動になる。

...という人がある程度いるからか、虐待連鎖は思ったほどないんだな。

まあ、配偶者との関係も良好で、それなりに収入があるのでリスク要因がある程度解消されているからってのはあるけれど。

2019-05-19

anond:20190519221136

それも話し合ったのですが、価値観の違いでした。

ずっと一緒にいたいけど、いつ居なくなるかわからない恐怖が嫌だとのことで。

仕方なく。

数億円の金が無いと自由になれない

幼少期から世の中金が全てという価値観他人を利用し、蹴散らしながら生きて一億くらいの金を手にした二十代です。

自由になるためには最低でもあと三億円は欲しいなと思う。結局金。金さえあれば人は幸せになれる。

金ないなら不幸。あれば幸福資本主義社会シンプル法則でできている。

金儲けに一点集中することが大切。あれも大事これも大事とぶれてはいけない。不必要もの感情を排して切る。これが大事

ったく糞みたいな世界だな。資本家じゃないとこの世界を楽しむことが出来ない。FUCKYOU。

大学院 (特に博士課程) 進学を考えるとき研究室選びのTIPS 2

https://anond.hatelabo.jp/20190519190721 の続き

・その研究室院生と会話をする

首尾よくそこの院生を紹介してもらえたら、教員には聞きづらい研究室生活リアルを存分に聞こう。就活で「残業」について聞くと嫌われるらしいが、研究室見学でこの手のことを聞いても印象が悪くなることはまずないと思う。むしろ、心象を悪くしているようだったら、今すぐ、そこから逃げた方がよい・・・

具体的には次のようなことを聞けばどういう生活になるのか、見当がつくだろう。

(i) 教員とのやりとり

指導教員とはどれくらいの頻度でディスカッションをしていますか」

研究室によっては完全放置というであることがあるため、自分に合ったペースで面談をしているのかを確認しよう。個人的には、二週に一度個別面談、半期に一度くらいに研究室メンバー全員への進捗報告があるとペースがよく感じる。ただし、分野、研究内容、個人性格で変わる部分なので、どの程度がよいペースなのはその人次第だ。まだ研究のペースについてよくわからなければ、「それくらいでちょうどいいですか?まだその辺りよくわかっていないので」と先輩に聞いてしまえばいい。

(ii) 研究の決め方

研究テーマはどうやって決めていますか」

指導教員からかなりトップダウンで降りてくる場合もあるし、ある程度裁量がある場合もあるだろう。これに関しては何が正解というわけではない。私の経験したパターン後者で「まず自分が知りたいことを見つけてこい」と放り出されたところから始まった。あなたにとって納得できる方針であるかを確認しよう。これは教員本人にも聞いた方がよい。

(iii) 労働時間

「平均して何時頃に来て、何時頃に帰っていますか」

「土日はどれくらいの頻度で来ていますか」

ラボコアタイム (必ずいなくてはいけない時間) はありますか」

働きすぎは人生の毒だ。必ず確認しよう。コアタイムが長い (例えば8時間) 研究室であれば、警戒した方がよい。

ただし、8時間研究室にいること自体不思議であるとは思わないし、実験が佳境であったり学会前にはそれ以上いることだってざらだ。大学院生になる以上、それは覚悟しておく必要がある。あくま懸念事項は、「平常時から8時間強要している」という点にある。私が知っているケースだと、就職活動コアタイム中これなくなったことに苦言を呈されるという事態を見たことがある。これはいくら何でも無茶苦茶だ。

どれだけ長く滞在しているのかを誇っている様子だと、やや注意した方がよい。もちろんあなたが、大学院に入ったら研究以外全てを投げ打って働きたいというのなら、それはそれで構わない。しかし、多くの人間にとって研究人生の一部である人生ではない。「これは奴隷の鎖自慢なのでは?」と一歩引いた目で見るようにしておいてほしい。

(iv) 所属メンバー

博士学生ポスドクはいますか」

博士学生ポスドクがいたら、自分よりはるかノウハウがある先輩がいるわけなので、入学後大きな助けになる可能性がある。いる場合、「博士学生ポスドクとは議論したり、一緒に研究をしたりしていますか」と聞いてみるとよいだろう。

(v) 学会出張などへのサポート体制

学会などへの出張費はきちんとカバーしてくれていますか」

信じられないことに、自費で海外学会に行かせる研究室もあるのだ。博士学振研究員に採択されているのならともかく、多くの学生にとっては経済的にこれはかなりきつい。

人件費をどれだけ重視しているのかは教員によってかなり落差があるので、聞いておいた方がよい。

(vi) 学位取得の要件

学位の取得状況はどうですか (博士号は3年で概ね取れているのか)」

学位要件は、実際のところどの程度要求されていますか」

「隠れた要件はあるのか (要綱には書いてないが、実質的要求されること)」

これまた信じられないことに、博士号を頑なに出さな教員というのは実在する。理由は様々だが、中には目を覆うような酷い話もある。だが、理由など知らなくてよい。あなたがすべきなのは人生を棒に振らないためにも学位取得状況は早い段階で知っておくことだ。これは教員本人にも聞いておくとよい。「その人次第」としか返ってこなかったら、黄色信号だ。その人次第な部分が大きいのはその通りなのだが、これでは答えになっていないからだ。

上記にあげた質問に、先輩の博士院生教員が明快に回答できなかったら、要注意だ。

(vii) 学生生活

学生間の仲はどうですか」

「同じ研究科他の研究室との関係は良好ですか」

研究室でのduty (研究以外での義務、例えば掃除) はどれくらいありますか」

快適に研究室ライフを過ごせるかどうかはこの辺にかなり左右される。ただしdutyがあること自体普通なので「あるからダメ」と言いたいわけではない。あなたにとって適切な量と内容なのかが重要なのだ

(viii) 大学院試についての相談

見学して好感度が高い場合、具体的に院試を受ける際の助言も聞いておいた方がよい。どの教科書を使って勉強するのか、講義資料院試過去問はもらえるかといった点だ。

さて、首尾よく研究室見学ができたとする。「もうここしかない」と思うかもしれないし、決めかねて迷っているしれない。が、どちらの場合にせよ、即決するのは性急だ。最終決定するにはまだまだやることがある。

複数大学院見学する

一つだけ見て、そこに決めるのは危険だ。できれば複数研究室見学しよう。

複数研究室比較することで「実はあそこは環境が悪い/良い」ということに改めて気付けるかもしれない。

劣悪な環境研究している院生は、本人たちは「大学院はこういうもの」と思い込んでいることが多い。奴隷はいしか自身を縛る鎖に安心感を抱くものなのだ。そうならないためにも、早い段階で多様な研究者と話すことで、研究に対する価値観養生していった方がよい。

・話せる大学教員研究者にその研究室評価を聞く

「授業を受けていた」程度の間柄でも構わない。「大学院進学をしたくて、○○研究室を考えています」と言えば、よほど酷い人格の持ち主でない限りは何らかの返答はしてくれるだろう。「そこは素晴らしい」だとか、逆に「正直お勧めしない」だとか。もちろん、研究者も人間なので、その人一個人見解だ。なので、全て鵜呑みにする必要はない。例えば、私は知り合いの研究者に「君、そこに進むと厳しいよ?」と諌められたが、(今のところは) 生き延びている。あくまで、考える材料として聞いてみるとよい。

指導教員研究費を取れているかを調べる

研究には金がかかる。指導教員研究費を取れているのかは、自身の学び、研究の質、量、そこから生じる心理的幸福全てに絶大な影響を及ぼす。どのようなテーマ資金を獲得しているのかは、研究室ウェブページに書いてあることもあるし、そうでなくても調べようはある。

科研費データベース

https://kaken.nii.ac.jp/ja/

このウェブページには、 日本学術振興会提供する科学研究補助金 (科研費) の採択リストが載ってある。研究室教員名前を打ち込めば、その人がキャリアを通じて獲得した科研費を全て知ることができる。もちろん、科研費限定なので民間助成金は載っていないが、大きい額の研究資金は概ね科研費なので、これを見ておけば大体の資金獲得状況はわかるだろう。

Researchmap

https://researchmap.jp/

これは、雑に例えると「研究者のFacebook」だ。研究費の獲得歴を記載してある人が多い。自分の興味のある教員名前を打ち込んでみよう。

資金自分入学時も継続している場合は、どのようなテーマ教員資金を得ているのかが、自分研究テーマにも直結するため、必ずチェックしよう。

博士号取得者のその後

その研究室学位を取った人のその後のキャリアを追ってみよう。人によっては研究室ウェブページ掲載している。そうでなくとも、博士取得したであろう過去院生名前検索したり、その後の業績を追いかけるとよい。著者名での論文の調べ方がわからなければ、「Google Scholar 著者名」で検索してみよう。

学振DCPDの採択実績

学振DC、あるいは学振PDとは、日本学術振興会特別研究員という制度だ。簡単に言えば博士課程や、その後のポスドクでもらえる給料研究制度だ。博士課程を希望していてこれを知らないのはもったいないので、知らなければすぐに調べたらよい。

博士に進む場合は、学振採用されることはかなり重要だ。色々問題ある制度であることは否めないが、例えばDC1に採択されれば少なくとも3年間の生活保障されるので、狙わない手はない。

学振に通る研究室は、大体固定化される傾向にある。「結局は知名度」と言われる意見散見されるが、私はそうは思わない。学振に毎年のように通る研究室は、先輩が後輩の申請書を添削したり、後輩が採択された先輩の申請書を丹念に分析して執筆しているものだ。

従って、進学先の研究室の先輩が学振に採択されているのかはしっかりと見ておいた方がよい。学振に通っているのかは、研究室ウェブページ掲載されていることが多い。そうでなくても、学振ウェブページに採択者一覧が載っているので、教員名前で調べるとよいだろう。

https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_saiyoichiran.html

学振に通らなくても研究者として成功している人が大勢いるので、学振に通ることと研究者として成功することはイコール関係ではない。だが、ある程度博士課程学生がいるのに、誰一人通ってない研究室というのは、やや危険かもしれない。個人的にはやめておいた方がよいと思う。学振が通っている研究室は、申請書を見せ合う文化がある。往々にしてそのような環境の方が、平時から学生同士が活発に議論したり、お互い批判的に語りあえる仲であることが多い。

少なくとも、学振が全く通っていない研究室では、質の良い申請書を書くノウハウ指導してもらえることはあまり期待できないだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20190519202206 に続く

ベビーカー増田たち、意見採用されたよ

人気エントリ入りした3人のうち、2人の意見メディア採用されたよ。

「30代男性が1ヵ月ベビーカー通勤をしてみたら」匿名ブログに注目、投げかけられた願い

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00010003-bfj-soci&p=1

5月14日には、「満員電車ベビーカー反対派の意見を少しだけ聞いてほしい」というエントリが「はてな匿名ダイアリー投稿された。

結婚しているが子どもはいないという男性は「満員電車でのベビーカー子どもにとっても、周囲にとっても危険」として、こんな疑問を投げかけている。

子供病院仕事へ行くために保育園に預けなければならないというのが主な理由であるように思う。しかし、私はそれがどうしても満員電車に乗らなければいけない理由とは結び付かないのだ。もっと言うと大切な我が子を危険さらすことと天秤にかけてまでやらなければならないことなのかが疑問なのだ

このエントリに対して投稿されたのが、「ベビーカー通勤を1ヶ月間してわかったこと(都内30代男性の話)」だった。

近所の保育園には空きがなかったために、職場近くの保育園を利用することになったという男性


ただ、こうした呼びかけはなかなか浸透しておらず、すぐに改善されるわけではない。かたや、SNS上では「賛成派」「反対派」で先鋭化した議論がなんども繰り返される。

いったい、どんなことができるのだろうか。先ほどのエントリで、男性はこう結んでいる。

社会みんなで、赤ちゃんを大切にしようよ。」「子育て頑張っている人に、もう少し優しくしようよ。」とは言いたい。ほんのちょっとでいいから。

誰もが自分仕事だけに必死になって“社会”を回していたら、結果赤ちゃん1人すら育てづらい“社会”を作り上げていた。

それは悲劇だし。それは社会矛盾です。少なくとも、自分の出勤の邪魔からベビーカーは乗るな、とふと思ってしまうそんな社会に向かっていたら悲しい。



満員電車ベビーカー反対派の意見を少しだけ聞いてほしい。

anond:20190514225348

おめでとう。

ベビーカー通勤を1ヶ月間してわかったこと(都内30代男性の話)

anond:20190515155913

おめでとう。

自業自得しか思えない 東京みたいな子育てにむかない町で結婚して子供..

anond:20190516073418

今回は残念だったね。

君の意見は多くの人の心を打ったけど、記事採用するには少し過激な内容があった。

はてなユーザだけでなく、広い世の中全体の君と違う価値観の人たちが読むことを予想して書くと、もっと良くなると思う。

今回は残念ながら全員の意見掲載される結果にはならなかったけど、それでも上手く進めば第二の「日本死ね」として行政府を動かす力になりそうだよ。

誠実さ、優しさ はフィクションによって持ち上げられすぎた価値観だと思う

多くの人にウケる、救いになる物語主人公視聴者共感できるものでないといけない

勉強できない力もないのび太の魅力が優しさだったように

優しさは弱い持たざる者でも得ることができる魅力とされた

物語の落とし所としては鉄板になった

その結果、多くの人が優しさを過剰評価するようになった

anond:20190519123609

そんなんだから教育機会平等」や「雇用機会の均等」や「労働条件の均等」などを求めるのも「戦いの場を用意」しようとしてるだけなんだよ

その戦いの場に乗らねえ奴らは擁護する対象じゃない

一種国民皆兵と言ってもかけ離れてはいない考え方が現在リベラルが求めている「平等」だよ

戦う兵隊になろうとしない奴はカスという価値観

まぁこの話をすると「誰しもが戦えるわけじゃない努力できるわけじゃない」とか真意を捉えてないアレな奴が出てくるけど、重要なのは「戦おうとする意思」だ

その意思すら持たん奴らをカス扱いしてるんだよ

anond:20190519111806

介護男性は確かにいかも。知り合う機会がないから想定に無かった。

ただ、介護に向いていなくて辛くて辞めたくて養われたい男性じゃなくて、

介護に向いててやりがいも感じてて続けられる男性を、私のために仕事セーブしてもらうことになりそう…。

あと「遺伝させたくない」「子供が苦手」という理由子供を産みたくないんだけど、理解を得られるか不安だな。

世話好きな人子供を欲しがることが多くて…。(中学時代女友達妊娠熱烈希望

まず会って話して、個人を見ていかないことには仕方がないね

少なくとも複数人介護職の男性と話して、価値観希望を知らないことには。

 

社会運動をしている人は、大学時代に何人か知り合ったけど、正直良いイメージがない。

具体的にミスを防ぐことではなく、自尊心メンタルヘルス関係漠然したことしか関心が無さそうで、

口が達者で、私の助けにはならない。

2019-05-18

デブへの当たりが強すぎてキレそう

私はそうデブである。美味しいものを愛し、美味しいものに愛された女だ。

デブが嫌いって言う人って男女問わず多いけど、何がそんなに気に入らないのかわからないしむかつく。

よく言われるむかつくセリフ

1:デブは不潔だ

デブじゃなくても不潔なやついるし、デブでも清潔な奴もいる。人によるだろ。

2:デブ努力で痩せられるのに痩せようとしない甘さにむかつく

→痩せてる=えらいなの?食べることで幸せを得てるだけじゃないか。なぜ痩せていないといけない風潮なんだ。

3:デブが嫌い

デブもお前が嫌いだし、好かれたいわけじゃない

4:痩せれば可愛いのに/かっこいいのに

→お前に好かれるために痩せねえよ。太ってても恋愛できるわ。

5:デブは暑苦しい

デブも暑苦しい。これは認めるけど、デブは冬あったかいぞ??

6:デブは醜いし可愛そう

→これが一番むかつく。痩せてたら美しいの?多くの人が痩せてる人を好む傾向にあるのはわかってるし、モテたいなら痩せればいいのはわかってる。でも太ってても充実してる人はいるし、お前の価値観押し付けんな

言いたいことは、人の外見にケチつけるな。この多様性時代に、痩せてなきゃいけないという考えを発言すな。デブが嫌いな人は嫌いでいいが、デブをわざわざ傷つけるな。心の中だけにしろよ。というか、デブだけじゃなく、人の外見を見下すような発言はしないでくれ。

お互い好きに生きようぜ。わたしは誇り高きデブ。異性に好かれることより、食べる幸せを取った。たしか全然モテないけど毎日しあわせだよ。美味しいものって無限にあるし。

デブより

anond:20190518183851

世の中には、店員フレンドリーに話すのがかっこいいみたいな価値観の人がけっこういるからな。

2019-05-17

女性に対してAEDを使うと痴漢として訴えられるリスクがどうという話

三十代後半の女です。

AEDを使うために女性の服を脱がせたら痴漢として訴えられる可能性が怖いから~という話題について、常識のある女性ならそんな訴えするわけないだろうと思います

不特定多数に半裸状態を見られたかもしれないことへのストレスはあるだろうけど、それは女性がぐっと飲み込むべきことだろうと私は思う)

こういう話題が出るのであれば、女性から全然気にしない!」と発言していくことは重要だと思います

私は全然気にしないです。

親より先には死にたくないから、私が倒れた時には絶対に使ってほしいです。

医療行為を受けるとき羞恥心というのも面倒くさいものだなと思っています

私は物心つく前にちょっと大きな病気をして、物心つき始める頃には完治したものの経過観察と後遺症治療のためにずっと通院&入院していました。

それで検査とか診察とかで上半身裸になることが小さなから多かったのですが、子供なので恥ずかしいみたいな気持ち全然なかったわけです。

でも、中学生にあがる前後くらいですかね。

気が付いたら自分上半身の形状が女性らしくなっていて、「この状態自分の胸は隠すのが普通なのでは?」とふと思ったのです。

見られることが恥ずかしいわけではなかったのですが(例えば上半身裸でレントゲン室に入るとかずっと普通にしてきたし)、

でも「この年頃で恥ずかしがらない自分は変なのでは?」と思って、私は人と違うことが怖い奴なので「恥ずかしがるふりをしないと!」という変な義務感?が芽生えて手で胸を隠すようになりました。

子供ながら担当先生ものすごい数の手術をこなしているのは知っていたから、「裸とか見慣れたものなんでしょうねえ」と思ってたし、全然気にしてなかったんですよ・・・

おばさんになってもそれが癖になって、人間ドックとかでも何となく恥ずかしい雰囲気を醸しながら検診を受けています

裸になる時間が短くなるように人間ドック職員の方が気を使ってくれますし、なんとなくそれに応えないといけないような気もしますし。

さっさとガバッと脱いできっちり検診してもらう方が効率的なのではなかろうかとは思いつつ、なんとなく恥ずかしい感じのリアクションをとる自分自身も面倒くさいですけど・・・

何が言いたいのかというと、羞恥というのは周囲の価値観とか雰囲気に引きずられる部分があるから、「AEDで服を脱がせるのは普通」という認識をみんなが明確に持つようになればいいなあということです。

ただ、AED使用の様子を傍観者の人がスマホ撮影とかは勘弁です。

ニュース映像として価値があるのかもしれないし(撮影当人は「人助けは大切!」みたいな啓蒙に使えるという善意である可能性もある)、私はAED使用されているところを人に見られるのは仕方ないと思えますけど、撮影はいやです。

例えば、手術映像学術的な目的撮影したいとか事前に交渉あるなら応じるべきか否かちゃんと考えますけど、知らない人のスマホやらクラウドやらの中に自分の半裸写真があるのはすごく気持ち悪く感じます。そんな映像が残っていたらAEDを使ってくださった方に迷惑をかける可能性もありますし。

人に半裸状態を見られて喜ぶ女性は少数だと思いますので、直接救助に関わらない人は見て見ぬふりで立ち去るのも優しさなのかなと思います

男性でも倒れているところを不必要にジロジロ見られるのが嫌だという人はいるでしょうしね。

ソフトドリンク」と「飲料水

多様な価値観否定し「万人受け」を至上価値とするのならならば、

ソフトドリンク(清涼飲料水)」は全面的販売禁止にして

飲料水」だけにすればいい。

『誰かが満足する』ではなく、『誰もが不満を抱かない』への誰得な移行。

2019-05-16

anond:20190516065438

ブコメとかトラバとか読んでて思ったけど上がってくる作品を見るに

フィクションの「ダメなおばさん」が特別そこから抜け出しもせず不幸にもならずダメなまま楽しく生きてて許されるためには

なにか一仕事終わらせたり社会的地位はあったりそれはなくとも

なにかひとつ肉親とのしがらみがあったり自分で作ったお金があったりしないとならないんだなという気がする

そこまでしてやっと「楽しく」の部分がやや成立する作品が多いように思う

ジャンルとしての「ダメなおじさん」作品にみられるようなマジなフーテン(死語)ではだめなんだろうな

というかそれだと物語として成立する前にその女性は死んでいそうだ

元の増田もそのあたりの社会に当たり前にある価値観によってだめなおばさんは許されてない的なこと言いたいのかなって気がしたけど

ブコメで上がってくるような作品のたいていを女性作家が描いていて

実際にはいるだろう人たちの「ダメでもいい」「女も別にこうでいい」的なもの肯定するために意図を持って描いてる気がする

それはそれとして今思い出してみるに入江紀子「のら」はわりとフーテンというか年齢不詳住所不定女の子の話だし

(おばさんではないし周りに気づき的なものを得させるための象徴的な表現だけど)

篠有紀子ななこハウス」は職なし、男なし、家族なしの紛うかたなきダメ女がダメなまま楽しく生きる話だなと思って

まあないこともない、と思った (やっぱりおばさんではないのだが) 

ていうかここまで書いて思ったけどやっぱり全部女性作家だな

anond:20190516155928

女性の方が選択肢があったので価値観の違うコミュニティもあったということじゃないか

最近女性バリバリ働くのが当たり前になり生き方統一されてきつつあるから

そう生きてきた人が歳を取ったときフラットコミュニティが維持できるかは微妙だと思うなぁ

anond:20190516150318

性犯罪セクハラを笑い話で済ませてる漫画を読むやつはレイプ肯定するのと同じ

お前の妄想からくる決めつけ。

覗きや痴漢への制裁がその場限りで終了する微罪であるかのような価値観を流布する漫画悪書

メディア効果論は否定されてんぞ?

みんなお前と違って現実フィクション区別はついてるんですわ

性犯罪セクハラを笑い話で済ませてる漫画を読むやつはレイプ肯定するのと同じ

anond:20190516150124

キモくてもキモくなくてもレイプするのは罪悪感がない男

覗きや痴漢への制裁がその場限りで終了する微罪であるかのような価値観を流布する漫画悪書

悪書追放せよ

anond:20190516093517

国会議員としてふさわしくない」という勝手価値観で職を奪う、言論活動の場も奪う

言論弾圧でしょう。

「ふさわしくない」かどうかは次回の選挙で決まる。

今、丸山穂高議員立場言論活動してるのは、彼と支持者が勝ち取った権利だろ。

マイ英単語帳(たまに再投稿する)

  • Juxtaposition
  • inevitable
    • 避けられない
    • 英検2級らしいが全く覚えてなかった

2019-05-15

anond:20190515155913

結婚をするもしないも個人自由です。

子供を産む産まないも自由ですし、いろんな理由で産めない人もいます

>それは価値観だし、尊重されるべきです。

せやな

>「社会みんなで、赤ちゃんを大切にしようよ。」

>「子育て頑張っている人に、もう少し優しくしようよ。」とは言いたい。

個人自由他人の融通を求めるなよ

類は友を呼ぶ(価値観の相違)

お互い関わり合いをもたない方が幸せでしょう。

あなたにはヤリマン大好きな男がお似合いです。

風俗で働けば客と結婚できるのでは?

anond:20190515171644

>> 個人でどうにかできるレベルはとうに越した。 <<

恐らく一企業でどうにかできるレベルも既に超えている。

料金変動制では恐らく他の企業に客を取られる。

電車の込み具合が深刻なところは、多くの場合他に選択肢となりうる鉄道会社がある。

したがって国主導で「混雑税」「人口密度高い税」みたいなのを作るといいと思ってる。

混雑しすぎる時間帯には運賃税金をかける。これで確かにフレックスタイム導入を企業真剣に考え始めるだろう。

しか24時間コンビニ等の問題が拡大する可能性がある。

そこで私が本当に推したいのは「人口密度高い」税だ。

東京には上級国民しか住めないような税金をかける。大阪名古屋にもまあまあかける。

これで大学卒業後に地元就職する層が増え、地方が生き返る。


一方で日本国際競争力が下がるだろう。でも、それでいいんじゃないか?

関西で生まれ育ち、東京学生生活を送り、地方就職(転勤ではない)した価値観によるものだけど。

ベビーカー通勤を1ヶ月間してわかったこと(都内30代男性の話)

いつもはてブは、見るだけだったのですが、

こんなブログがプチ炎上していたので、初めて書いてみました。

https://anond.hatelabo.jp/20190514225348

「そんな意見おかしい!」という反論や、

「こうした方がいい!」という提案性もない文章ではありますが、

1人のベビーカー通勤者(男性)の視点で、その実態を知ってもらえたら嬉しいです。

自分の状況

自分の住んでいるエリア保育園には入れず途方に暮れていたところ、

会社近くの保育園に空きがあることがわかり、急遽入ることに。

赤ちゃんは0歳児の娘です。

出勤時には父であるぼくが連れて行き、

帰りは時短できる妻がお迎えをしてもらっています

ちなみにぼくは、朝9:30出勤の夜は8:00退社。

ただある程度フレックスで出勤できる日もあります

から会社へは、東横線東京メトロを乗り継ぎ、40分ほど。

それを赤子を連れて、ベビーカーで出勤する生活がはじまりました。

約1ヶ月間やってみて見えてきたことを簡単に綴ってみます

ベビーカー通勤の困難

・超満員電車は乗れない

もはやこれが結論というか日本の実情なのですが、

8〜9時のピークタイムはどうやっても乗れるわけありません。誰も降りてくれないし。

そのため早朝出勤することにしました。

・6時台にピークシフト

まだ眠そうな我が子を起こし、支度して一緒に出勤しています

かなり早く着きますが、会社近くのスタバで1〜2時間仕事して過ごしています

6時台〜7時前半はまあまあ空いていますが、

それでもガラガラではなく(乗客率60%くらい?)

ある程度早朝から出勤通勤している人がいるので、いろんな問題があります

ちなみに早朝眠そうな我が子には、

目が覚めてきた電車の中でこっそりミルクあげていたりします。

(もちろん周りに迷惑からないように・・・

車椅子/ベビーカー優先ゾーンを空けてくれない

つの電車に1〜2車両ほど優先ゾーンが設けられていますメトロ東急には。

その車両に乗るように、何車両目か覚えて乗り込むのですが、

数人必ず陣取っている人たちがいます

彼らに共通性はなくて、

おじさんの時もあるし、OLの方や中高生ときもあります

そしてベビーカーを見て、優先して空けてくれる人は30%前後です。感覚的には。

おそらく車椅子の人が乗り込んできたら、空けてくれる人は多くいるのでしょうが

いまの東京ではベビーカーに対しての意識はそこまで高くないと感じます

ホーム乗り換えエレベーターも満員

東横線から東京メトロに乗り換える時にエレベーターで移動するのですが、

そのエレベーターが、いつも満員です。

もちろんご老人の方や、重いスーツケース持った方がいることもあるのですが、

普通サラリーマンや、大学生っぽい若者学生などなども乗っています

「歩ける奴は頼むからエスカレーターを使ってくれ・・」と

いつも目で訴えかけていますが、

今まで一度もエレベータ優先されたことはありません。

乗り込んでいる全員がベビーカー認識しているくせに、

目を伏せてエレベーターが登っているのを待っています

【お年寄りや、体の不自由な方、ベビーカーの方を優先しましょう】的な張り紙はありますが、だれも見てないですね。

ピークシフトしても満員電車はある。

毎朝6時前に起きて、支度して、電車に乗って、、、と頑張ってはいるのですが、

深夜まで働いた翌日などはちょっと寝坊して、その時間に乗れないこともあります

それでも7時過ぎくらいに電車に乗るのですが、

しかタイミングによっては満員電車が来ることも。

そのときは、とにかく空いている電車が来るまでホームでいくつも見逃します。

数台見送ると、少し空いている電車が来ることがあるので、乗り込みます

結果通常40分の通勤が、1時間くらいかかります。これが地味にイライラします。

・朝からすみません」を10回以上言う。

電車に乗り込み邪魔にならないスペースへ移動する時、

電車から降りるに人の間を通る時、

エレベータに乗る時、開ボタンを押してもらったとき、、、

とにかく「すみません」を何回も言います

こんなことでいちいち落ち込んだりはしない性格なので大丈夫なのですが、

育児疲れたママが、

ベビーカー押しながら「すみません」と

暗い顔で何度も言っているときの心情は理解できます

もちろん人の好意には「ありがとうございます」と返しています

ベビーカーの人がもっと堂々としていて、

すみません」ではなく「ありがとうございます」という

好意が溢れる世の中になれば良いのにと思います

・舌打ち、めっちゃされる。

もうね、これはしょうがないですが、ほんと悲しくなります

ちょっと靴にベビーカータイヤが当たったりしただけで「チッ」みたいな。

こちらも最善の注意を払ってベビーカーを押しているのですが、

それでも当たることはあります。そんなイライラぶつけなくても、、、

いたって普通男性であるぼくでさえ、そんな目にあうと言うことは、

世のママたち女性の方々に向けられる視線や態度は、想像できます

から通勤で、みんなイライラするのはわかるけど、

なぜ他人に当たるのか。

もっと心穏やかにベビーカーの人に接することはできないのだろうか。

◯それでも、良い人もいっぱいいる。

まさに今日

電車を待っていたら、先に並んでいたサラリーマンが道を譲ってくれました。

ある日には。

女子中学生が席を譲ってくれました。

2日に1回は。

おばあちゃんが満面の笑みで娘に話しかけてくれます

最後に思うこと

働くことは、えらいことです。

優秀な人たちが頑張って仕事をすることで、社会が回っています

より便利に、より快適に、世の中が豊かになっています

でも、その社会って誰のためにあるのだろうか、と最近よく考えます

結婚をするもしないも個人自由です。

子供を産む産まないも自由ですし、いろんな理由で産めない人もいます

それは価値観だし、尊重されるべきです。

から「みんな子供産んで、育てよう」とは言いません。

だけども。

社会みんなで、赤ちゃんを大切にしようよ。」

子育て頑張っている人に、もう少し優しくしようよ。」とは言いたい。

ほんのちょっとでいいから。

誰もが自分仕事だけに必死になって“社会”を回していたら、

結果赤ちゃん1人すら育てづらい“社会”を作り上げていた。

それは悲劇だし。それは社会矛盾です。

少なくとも、

自分の出勤の邪魔からベビーカーは乗るな、とふと思ってしま

そんな社会に向かっていたら悲しい。

anond:20190515023457

自分語りスマ

ぼくの場合学生時代まではオタク仲間と群れてたからひどい格好だったと思うけど、会社矯正されたように思う。オタクなのに営業部に配属されたもんだから上司や先輩にあれこれしばき倒された。

お陰で(?)一般人価値観に触れられたし見た目もだいぶ変わった。眉毛髪型を変えたらスーツ効果で別人になっちゃったよ。スーツ効果すごいね

ただオシャレ上級者じゃないから、ちょっといい服をシンプルに着こなす程度。それでも昔と比べて鏡の前の自分に自信が持てるようになったし、何よりお出かけが楽しくなった。オシャレの効果ってすごいよね。

2019-05-14

anond:20190514150432

日本宗教教育がないか

法律倫理個人価値観科学識別ができない

マナーだの常識だのわけのわからない理屈をこねて体系的に議論させずだましてマウンティングしようともくろむ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん