「ジブリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ジブリとは

2017-06-25

アニメ業界労働環境改善された未来で作られるアニメ

劇場アニメジブリレベルブランド力と質のものけが残る。

TVスポンサーを増やし予算を増やすために劇中にスポンサー商品などが多々登場。

一週間に30分はどうしても無理があるので、東映アニメのように枚数制限をかけるか、一話につき5~15分のものが主流。

そもそもTVアニメの本数が激減しており、アニメ製作会社仕事の多くはPVCMがメインになっている。

たまに気合の入ったアニメがあるが、殆ど場合製作委員会中国企業が入っており、原作にはない中国要素が足されていたりする。

多分今から2、3週間後に、

「『メアリと魔女の花』がジェネリックジブリだと話題に」

みたいなタイトルTogetterまとめがはてブ100users越えして

ジェネリックとは何か?」みたいなブクコメがトップになるって

イタコが言ってた。

2017-06-20

https://anond.hatelabo.jp/20170620122616

いや普通に「なるべく多くの人が認める名作」くらいに受け取ってるけど、それだとジブリとかになるだろ。

でも元増田セレクトは「マニアから人気のある名作」という感じなので矛盾が生じている。

前者を優先するならスレイヤーズハルヒが挙がるし、

後者を優先するならイリヤクオリアが挙がる。

https://anond.hatelabo.jp/20170620122446

それを言い出したら、本当に「誰もが」認める名作なんて存在しないだろ。

ジブリを出したところでアンチが居ることには変わりないので、その水準での話なら、お題自体が成立せんわ。

https://anond.hatelabo.jp/20170620113416

この場合ジブリを入れると大衆受けの文脈混同されてしまいかねないから、攻殻AKIRAを入れてきたんだろ。

問われているのは名作としての評価があるかどうかなので、勝ち負けを言う必要がない。

問われるのは、挙げたときに「何でこれ?」という疑義をもたれないことだ。

攻殻AKIRAジブリ方向性として被りがないし、一時でもジャパニメーション代名詞として用いられてきたもので、これを名作と呼ぶことに疑義を唱えるやつなんて、ほとんどいねぇよ。

https://anond.hatelabo.jp/20170620105546

手塚はされてる。そこで火の鳥を選ぶかどうかは(未完だし)微妙なところだがまあ分からんでもない。

攻殻AKIRA微妙。「ジャパニメーション」の文脈で出てきたこともあったけど、やっぱりジブリブランドには勝てんよ。

昔「ジブリ」って言葉がすげー違和感あった

濁点が多すぎるという違和感

ブリかジフリのほうがしっくりくるのにと思ってた

今は思わなくなったけど

https://anond.hatelabo.jp/20170620084444

攻殻AKIRA・沙耶って「誰もが認める」じゃなくて「マニアも唸る」という感じで、大衆向けにはジブリAIRには劣るでしょ。

そういうマニア受けの良いラノベということなイリヤ砂糖菓子・AYNIK・クオリアヴァンサマあたりじゃないか

日清17JK魔女の宅急便かいうやつ

そりゃ確かに原作児童文学だけどさあ。

原作挿絵は長髪だし、キャラクターデザインはまんまジブリ版を想起させるものになってるよなあ。

実写版ときにも思ったけど、知名度は高いけど版権は安い「お得物件」として原作小説が扱われてるようで悲しくなってくるわ。

こういうこと考えるクリエイターは死んで欲しい。

2017-06-19

https://anond.hatelabo.jp/20170619104209

かぐや姫の物語レッドタートルを「やーいジブリのくせにコケコケた」とメディアがはやし立てたりしたのもそういう世間意識によるところがありそう。

映画祭って商業要素の少ない鑑賞会っていう役割ビジネスとしての見本市っていう役割が表裏一体になってるけど、

鑑賞会で褒めてもらったっていうのをビジネス的なセールスポイントにするっていうことに違和感が出てきてるのかもね。

審査員は娯楽作の売り込みをしようと思ってるわけじゃなくて良いと思ったもの推挙してるだけだし。(いろいろあるのかもしれないけど建前ではね)

映画批評がちゃんと機能してれば日本でも他人の推薦するものを見に行くスタイルができてたのかもしれないけど、

批評家が信頼されてないから、なんとなくすごい賞とったか野次馬根性でみんな見に来いみたいなプロモーションなっちゃうんじゃないだろうか。

世界三大ファンタスティック映画祭存在意義をわかってくれる人とか今の日本でそんないないのかもしれない。

2017-06-18

今日1日、外に出なかったので悟ったことを書いていこう

今日自宅警備員として24時間働いた。

わんわんを飼っていて仕事の取り合いになった結果、わんわんは1階(主にリビング)、僕は2階(主に自分部屋)を警備することにした。

業務内容はいたって簡単。なんとなくの1日を過ごすだけである

そんな自宅警備をしていて悟ったことを書いていこう。

本を読むことに意味はない。経験こそ全てである。ただ読むべきものもある。それは「読みたいもの」だけである。読まなければいけない本は存在しない。あるとすれば自伝

世の中には2種類の人間がいる。ジブリ鈴木氏曰く、

・将来に夢を抱いて突き進む人

自分に与えられた仕事をコツコツと積み重ねていく人

である

なぜ、この2種類がいるかからないが、わかれているのだ。

やりたいことやりたくないこと問題

自分のできないことをやりたくないからと投げ出す人がいる。端から見れば、傲慢自己中心的人間であるし到底理解できない。だがしかし、やりたくないという人は存在する。やりたいと言ったから、やらせたのにやっぱりやりたくないという人もいる。それは実際やってみたら思っていたのと違っていたかであるだがしかし、見えない責任のようなものを投げられる。

その責任を投げているのは他人ではなく、自分である

人間は1種類である

自分とは違うという人も、同じである。とても冷酷であるという人も。あなたもその立場なら同じことを考える。何を思うかは、その人の立場と状況だけによるものである

人は他人のことを思う人に寄せられる。なぜならば、自分のことを知ってほしいかである他人のことを考える人が好きとうのはつまり自分のことを考えてくれる人であって、極めて自己中心的である

男は強さを求め、女は美しさを求める。そして、それを得られぬものは優しさが与えられる。それはあくまでも、手に入れたものでなく与えられたものであって、何の価値もない。

手に入れたもの価値があり、与えられたもの価値がないのは、能動的か受動的ということである能動的に得たものとは自分の欲しいものである受動的に与えられたものは望んでいないものである。欲しいものにこそ価値がる。なぜならば潜在意識意識距離が近づくからでる。自分というもの出会きっかである

だがしかし、ここで得られた価値のある自分は本当の自分ではないため、価値はあるが意味はない。

受動的に得られた、価値のない自分こそが意味のある本当の自分である

自分には価値はないが、生きてることにどれだけ意味を見出すかが人生である

今日もわんわんは1階を警備してくれているので、僕は2階を責任をもって警備する。

海外では絶対受けないと思ってたんだけど

夜明けを告げるルーのうた。これはもう発表された段階で海外視野は見えていた。

多分日本では厳しいが、きっと海外とくにヨーロッパ圏では受けるだろうなと。ただし脚本に一抹の不安はあったが杞憂だったようだ。

エイプリルフール公式利用されたうえにちょっと滑ってしまったルー大柴も喜んでいるだろう。

ただしやはり日本での評価は厳しくなると思う。どんな世界映画でも国内国外評価は分かれるものだ。その国の気質があるのだから邦画に限ったことではない。

結果的湯浅監督次回作が見られる(しか予算あがる)ということだけで嬉しいものがある。

驚いたのが「この世界の片隅に」で、エンタメ色はあるといえばあると思うが無いと言えば無いし、日本の歴史にある程度精通してないと理解できない部分も多い。

今回の公式上映中も「盛り上がるクライマックスはどこ?」という質問監督に飛んでいた。(国内外アニメファンがその質問同意したり失笑していたが、エンドロールだと監督は答えていた)

あとWW2の日本映画というのも不利だ。

例えば「火垂るの墓」なんかは国外アニメファンジブリブランドも手伝って多くの人が見ているらしいのだが

海外評価されたかというと、時代もあるが一部の無名賞でしか評価されていない。

出来が気に入らなかったのか、といえば多分違っており、昨今では見ておくべきアニメ映画の一つとして海外に広がっている。

これはなにを意味するかというと「賞を与えるべきでは無い」という心理があるからだ。

実際「この世界の片隅に」もアジアからの反応は複雑なものが時折見受けられている。どこまで理解しているのかは謎だが、のんさん効果映画祭りには呼ばれているようだ(のんさんアジア人気あるわ)

が、しかし今回のアヌシーでは発表前の予想段階からレビューサイトの点数を見ても有力候補だった。(ゴッホアニメとの競合。多分ルーは観客賞の雰囲気だったが、これはサプライズ

次点という扱いだが審査員賞というと百日紅もとっているので、国外に出ると知識を持ったちょっとインテリ向けなのは否定しないし

オープニング作品にも選ばれていたので、審査員に本作激押しの人が居たのかもしれないと睨んでいるのだが

個人的サプライズだった。日本的であり日本人が好んだストーリー極右極左は嫌ってたの笑ったが)であまりにも日本人が辛いだけの映画

外国人に届く。というのは、作品構成だったり熱意だったり出来だったりが良かったのは間違いないし

火垂るの墓以降20数年経って、「日本」の印象が少し変わっているというのも分かる。

アニメだけではなく、実写も舞台も本も漫画も、この先きっともっと自由に作って海外の人に届く日が来るのかもしれない。

この世界の片隅にはこのあとそのままLA映画祭に行くようだけど(監督スケジュールめちゃくちゃ大変だな?)

断言しよう。ギブミーチョコレート批判があるから受賞しない!

2017-06-08

アニメ製作会社労働環境改善案

クローズアップ現代+放送見ましたよぉ。

まぁ既出ネタばかりだし、後半部分は典型的ブラック企業の発想だったけど。

NHKであそこまでやるとだいぶ実態は知れ渡るね。

知れ渡った分、改善に向かわずに志望者が減るだけかもしれんが。

今のところネットの声とかでも採用できそうなのは以下の案くらいしかない。


製作会社自体が2次利用の権利を握れるようにする(下請けから脱出

労働組合などで制作費を上げるように交渉する(どこと?

税制優遇措置

デジタル製作3DCG使用して効率化を図る


④の単独実施ぶっちゃけありえないと思ってる。

やったところで効率化ができたら制作費下げられるのが目に見えてるので(実施できても結局、最終的にははもっと安くできるよね?と言われるのが関の山


③みたいなコンテンツ制作優遇に関しては主要なコンテンツ輸出国家はどこもやってるみたいなのでもうやらないとまずいと思う(別に税制優遇とは限らないけど

それどころか先進国ではないところも手をつけ始めてるみたいだし(ナイジェリアとか

日本だけ飛車角落ちで将棋やってるようなもん。

基礎体力があったかギリギリやってこれたけどもう限界に近い。

中国アニメが台頭してきてるし。

実現できるかどうかはまた別の話だけどね。


方向性が難しいのは①及び②。

もしうまく行ったら当然メリットはあるんだろうけどデメリットはなんだろう。

失敗すると産業のものが消え去る気がする。

まぁ結局そこに付け込まれてのかもしれんけどなぁ。

ジブリカラーコミックス・ウェーブ・フィルム京アニ

と酷い労働環境の中でも"相対的"にいい噂を聞くのはやっぱり製作会社自身がなんらかの権利を持ってる場合が多い。

そして大抵質(話の内容とかじゃなくて絵のレベルにはっきり出てる)もそこそこ高い。

やっぱこの方向性しかいかなぁ。

シャフトが自社サイトショップ)を作ったみたいだけどどうなるかねぇ。

でもサンライズとか東映動画とかも製作会社だけどそんなに良い待遇だとは聞かないよねぇ。

2017-06-02

政治力とは

ワイドナショーで、ジブリネタ報道されて問題になったらしい。

今週末のワイドナショー松本人志さんは謝らないだろう。

ここで、政治力とは何かと考える。

それは王様が裸になっても、誰にも文句を言わせないという力だろう。

逆に言えば、あの王様政治力は大したものである金正恩でさえ、裸で公衆面前に踏ん反り返ったり出来ない。

から間違えを素直に認めるような人にはそもそも政治家資格はない。

裏を返せば政治家権力者とは、その程度、というか何も真実を持たないという限りにおいて優秀であり得る。

政治家が言ったことが真実だとするのが政治力のものからだ。

これはそして、なぜ一般政治が男によって行われたかにも関係してくる。

2017-06-01

ジブリパーク

ジャパリパークってブコメみて、ジブリからジャブリパーク→しゃぶりパーク!?なんて下品!!!!と一人でぷんぷんしてた

http://anond.hatelabo.jp/20170601135051

それだ!

ポケモン』は子供人気だし『もののけ姫』はジブリ映画から別物、『エヴァンゲリオンはいいとこ行くような気もするんだけど、結局社会現象なっちゃってオタク以外も見とかなきゃ、みたいな雰囲気だった気がする。

カウボーイビバップ』はある意味では『スレイヤーズ』に一番近い気がするんだけど、規模では当時、一大金字塔に対してただの1アニメで話にならなかった。

これはまあ、矛盾があるのを承知で言うんだけど「『スレイヤーズ』とか好きな人を母数として、『スレイヤーズ』以上に広く愛された作品というか、そもそも母集団の条件付けを変えてしまうような作品を、もし忘れているのなら思い出したいのです。

ちょっと、一緒に考えてよ。

古臭さを感じさせない普遍的なかわいさ、萌えがある絵柄好き

ジブリとかハウス名作劇場とかプリキュアとか

逆に古臭くて時代を感じる絵柄も好き

ダーティペアとかくりいむれもんとか

2017-05-28

ジブリの月給の批判とか、もう呆れ返りすぎて本当にうんざりする。

これに乗じて、宮崎駿批判する人は宮崎駿映画をどんだけ理解しようとしたんだろうか。

ひとつだけ言えるのは、こんな奴らと一緒の世界で、少なくとも真面目にちゃんとした仕事をしようとは思えないという事だ。

金の為に労働をする家畜と魂を賭けて不朽の仕事を成し遂げようとする人は、決して同列のカテゴリーとして扱われるべきではない。

少なくとも私は過去に偉大な仕事をした偉人たちを批判する人を好まないばかりか、もし自分理解がその批判と同程度だった場合直ちに自分理解の方を疑うだろう。

アニメーター初任給20

ジブリ20万で露わになった問題は、

日本でもトップと言われているスタジオでもこれぐらいしか出せないので、数字だけで見てしまえば日本という国は職場として全然魅力的じゃなくなったところと、

実は元から魅力度低かったはずなのに、全員がそれから目を背けていたのが分かっちゃったところだと思う。

こういうことを言うと必ず日本独自文化がどうのとか理屈をこね始める人がいるけど、

中国韓国に負けたくないのはわかるが、実際数字にした時に負けているもの伝統とか文化がどうのでごまかしているといつか本当に追い抜かれる(もう追い抜かれ始めている)し、そのまま埋めようの無い差がつくぞ。

2017-05-25

夜明け告げるルーのうた ☆☆

重大なネタバレ

ルー大柴は出てこない

解説

予告編では結構激しく崩れた作画サブカル系映画っぽさを際立たせていたが、実際のところは色数が少ないだけの細田守作画ジブリっぽいかい背景を加えた映像だった。

ただしものっそいウニウニョ動く。

CG作画も混在はするみたいだがほぼ全カット使い回し無し作画アニメーション

これ、下手したらかぐや姫の物語以上に動画枚数無いか

そして、内容はといえば「崖の上のポニョ」「となりのトトロ」「耳をすませば」といった往年の名作ジブリ作品を豪華にもミックスしたもの

一応音楽と恋がテーマからね!

テーマ曲は、齋藤和義の『歌うたいのバラッド』。スローテンポバラードだけれども、割とあってたんじゃないだろうか。

ファンタジー成分もあるが基本は青春ジュブナイルムービーである

客の入りはどうだったの?

ワイ含めて5人。今週公開の映画です。

ジブリオマージュ映画で全く客が入らなかったアニメ映画が他にもあったような……

その映画の名は。

ヒロインは?

ルーちゃんは人魚女の子ポニョと同じくまともなセリフは喋らない。繰り言を言うだけ。そして声もポニョとほぼ一緒。

可愛いかな? どう見ても化け物系のデザインだけれども。

しかし、彼女人魚の癖してワカメで出来たワンピースを身につけている。

ということは、下着が?

評価

パンツが見えないので星二つです。

ルーちゃんなんとパンツ履いてない。

しかもそのパンツ履いてない画像がモロでスクリーンに出て来るし作中ソレをビデオに撮られてyoutubeうpされちゃう

とんでもねえ破廉恥映画です、はい

2017-05-20

ジブリと他アニメ制作会社におけるアニメーター求人内容

一応すべて新卒経験で応募可能求人のはず

ちなみに出来高制は動画1枚=200~250円位が相場

新人は月に500枚かければ優秀な方なので出来高のみの場合一年目の月給は10万円以下がほとんど


ジブリ

http://www.ghibli.jp/info/011243/

職種動画

給与:月額20万円以上

   賞与年2回

   交通費全額支給(上限有り)

福利:社会保険完備

形態契約社員

休暇:週休2日制 ※ただし制作スケジュールにより変更有り。

   夏季休暇、年末年始休暇、有給休暇制度


東映アニメーション代表作:ワンピースプリキュアシリーズなど)

http://corp.toei-anim.co.jp/recruit/production_staff/index

職種演出助手アニメーター美術デザイナー(背景)、色彩設計製作進行、記録

給与:月額226,100円

   住宅手当、通勤手当 等

   賞与年2回(6月12月

   交通費全額支給(上限有り)

福利:社会保険完備(健康厚生年金雇用労災)、保養所共済制度、厚生貸付金、従業員持株会、育児介護休職制度

形態契約社員

休暇:週休2日制(土日)、祝日労働祭、会社設立記念日夏季年末年始有給(初年度10日、次年度18日、最高22日)・慶弔・特別休暇

注:めちゃくちゃホワイトに見えるが、東映アニメーターを年に一人取るか取らないかの超狭き門といわれている


OLM代表作:ポケットモンスター妖怪ウォッチなど)

https://olm.co.jp/recruit/new/sakuga/doga/

職種デジタル動画

給与出来高インセンティブ有(ただし、未経験者等は2か月間を研修期間とし、月150,000円)

   交通費支給(規程有・上限月5万円)

福利:記載なし

形態業務委託

休暇:日曜・土曜・年末年始夏季


株式会社MAPPA代表作:この世界の片隅にユーリ!!! on ICEなど)

http://www.kurihaku.jp/2018/recruitment/show/id/1085

職種動画マン

給与出来高

   入社3ヶ月間:研修費60,000円+交通費

   3ヶ月目以降:出来高動画補助20,000円(1年目のみ)+交通費

   通勤手当研修後に目標枚数に応じて、別途達成補助あり】

福利:記載なし

形態業務委託フリー

休暇:週休2日


J.C.STAFF代表作:少女革命ウテナとある魔術の禁書目録など)

http://www.jcstaff.co.jp/kyujin/sp/06_sakuga_sinsotsu.htm

職種作画

給与:最低保障制 月額 5万・8万・11万円 ( 技量による )

   正社員登用時 : 14万円~ スタート

   交通費は月額上限10000円まで支給

福利:正社員登用時加入

形態正社員登用を前提とした契約社員

休暇:日曜日 / 祝祭日 / 夏季 / 年末年始


タツノコプロ代表作:ガッチャマンプリティーリズムシリーズなど)

http://www.tatsunoko.co.jp/recruit/newgraduate2018pre

職種作画

給与最初の2ヶ月(研修期間:70,000円(源泉所得税復興税込、消費税別)+作画単価×出来高

   3ヶ月目以降(動画、二原期間):50,000円(源泉所得税復興税込、消費税別)+作画単価×出来高

   通勤定期券支給(上限あり)

福利:記載なし

形態業務委託契約

休暇:記載なし

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん