「公費」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 公費とは

2019-10-13

anond:20191013143040

ゆず路上ライブなら勘違いして公費投入しちゃうんじゃない。まさにそういうことなんじゃない。

いまもやってんのか知らんし興味もないけど。

2019-10-12

anond:20191012135156

から金のあるやつがパトロンになればいいだけであって日本のために使われるべき公費日本バッシングをする意味がわからない

表現不自由展がどうみても表現不自由に対する戦いではないのがそもそもの出発点だけどね

anond:20191012060522

小難しいこと書いて誤魔化そうとしてるけど

表現不自由展みたい反日本みたいななのは政府が金を出して奨励するのはおかしい行動でしょ

政府禁止するならそれはみんなで反対すべきことだけど、そうはいってないし

朝日新聞社毎日新聞社が後援、協賛となって金をだして展示会をやったらいいだけなのに

今回、あの展示に県や市は1億7000万円も支出するんだけど、そんなことが当然なんだろうかね

日本を揺るがすような問題になっているならああいう主張も公費でやるべきだと思うけど

かなり特殊アーチストオナニーをどうして公費でやらないといけないんだろうか

古美術世界各地の美術館、著名な芸術家作品など、もっと公費でやってほしい芸術展なんかやまほどあるのになんであれなんだ感は強いよね

2019-10-05

親が子どもを育てている限り自殺家族責任

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.yomiuri.co.jp/national/20191004-OYT1T50386/

相続だの言ってる人は本質的矛盾がわかっていない。

親が子どもを育てるというエゴを解消しなければ、自殺責任家族連座するのは当たり前だ。

自殺者の遺体収容費用公費とし、自殺社会問題とするなら、

まずは親子の解体必要

2019-09-22

anond:20190922010507

そう言う不満を持つ有権者がたくさんいる→共産党が躍進する→与党危機感を感じて教育公費負担を増やす

…となるのが普通先進国だと思うんだけど、結局みんなブーブー言いつつ、選挙権を得たら自民党にいれちゃうんでしょ。だからだよ。

2019-08-18

「どうして障害者のことをかわいそうだと思ってはダメなのですか?」という問いに答えられなかった話

「どうして障害者のことをかわいそうだと思ってはダメなのですか?」

私が参加していたアクセシビリティの授業で、こう問いを発した学生がいた。

そのとき現場には衝撃が走った。問われた講師も、明確に答えられてはいなかった。確かに、なんとなくそう思ってはダメなことは知っているが、なぜだろうか。

私は障害当事者なので、密かにその言葉にショックを受け、なんとなく見下されていると感じた。そのことを悶々と考えた軌跡を忘れないうちに書いておこうと思う。

その思考きっかけとして、24時間テレビから始めてみた。

今年も24時間テレビが始まる。障害者の方がなにがしかチャレンジし、芸能人24時間走るらしい。毎年のことで、私のTwitterのTLには良い反応は流れてこない。当事者の間で、この番組が好きだという人はあまりたことがない。かくいう私も好きではない。当事者でなくても、批判している人は多い。NHKでは「バリバラ」という裏番組放送し、それが24時間テレビ揶揄したような内容で話題になった。

障害」のことを知ってもらうという役割はあるかもしれないけど、それにしたって切り取り方があまり一面的であるもっと理解につながる番組だったらいいのに。

私もそう思う。でもそうならない。なぜ?たぶん、それがウケるからで、視聴率が取れるから

私が24時間テレビ良く思っていないのは、この構図をまざまざと見せつけられるからだ、と気づいた。障害者ががんばる、それを見て感動する。だけどそこに、私や私の大切な人がああならなくてよかったという感情がないと言い切れるか。私の人生はそんなにいいものじゃないけど、下には下がいる。その人たちが頑張っている!私はまだマシだ、明日から頑張ろう。そう思ってなんかいないと言い切れるか?

障害者を取り巻く「上下」の構図を「感動」というもので見せつけられている気がしてならない。もっと悪く言えば、感動のための道具で、人間扱いされていない。そういう番組世間ウケる

その構図を突き付けられる事件は、ここ最近頻発しているように見える。おそらくSNSの台頭がきっかである視聴率というオブラートにまだ包まれていた刃よりも、個人意見という生身の刃があちらこちらに存在している。相模原障害者施設殺傷事件ときの、あのしらけた雰囲気京アニ事件との反応の差を指摘した意見もあった。参院選での、れいわの舩後靖彦さん、木村英子さんの当選公費負担に対して巻き起こる議論。信じられない…と思わざるを得ないツイートに何万件ものいいね

障害者のことを人間扱いしないということが、時には感動として、かわいそうだとして、反応の差として、議論として、いいねの数として現れてくる。それは結構辛い。自分はその世界に生きていることが、恐ろしく思えてくる。エグい現実だ。結局、差別用語禁止なんかで見た目はそれらしく変わったように見えても、障害者積極的排除してきた頃から根っこは何も変わっていないのじゃないか

だけど、ちょっとした希望もある。それは、れいわのお二人が当選して、参議院の改修や制度検討についてすごいスピードで進められていったこと。知人と、当事者がいるとあんなに早く進むんだねという話もした。現場にいると分かるが、変化というものはそんなにすぐは訪れない。前例が、予算が、人手が、時間が無いといって。その間に私の時間はどんどん減っていくのだけれど。まあそれはおいといて、変化は起こせるものなのだということを実感できたことはすごく勇気づけられた。

問いに自分なりに答えてみる。

なぜかわいそうと言ってはいけないのか?かわいそうという言葉がまずどこから来ているのか考えたほうがよい。たとえ何もやましい気持ちがないという結論になっても、その言葉当事者を下に見る、人間として対等に扱っていませんという文脈を予想させる。それで世の中は溢れている。それが君個人言葉として、より鋭利に変化して当事者を刺すこともある。障害を「欠落」としてみるのではなく、「異なる」部分を持つ人として見てほしい。

2019-08-16

anond:20190815200249

元々日本国内ヤンヤ言ってた問題らしいよ

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE%E5%95%8F%E9%A1%8C

 

公人における公私の区別

公人においても公私を区別するべきだという論点がある。これは第66代総理であった三木武夫1975年昭和50年8月15日総理としては初めて終戦記念日に参拝した際に、私的参拝4条件(公用車使用玉串料私費支出肩書きを付けない、公職者を随行させない)による「私人」としての参拝を行った。これに対し靖国神社法案を断念した神社本庁および日本遺族会は、「英霊にこたえる会」を結成して、「首相閣僚による公式参拝」を要請する運動を展開する。靖国神社に対して玉串料などを公費支出した参拝は、第72代総理であった中曽根康弘による1985年昭和60年)の参拝が訴訟対象となり(後述)、1992年平成4年)の2つの高等裁判所判決憲法の定める政教分離原則に反する公式参拝認定され、これらが判例として確定、明確に違憲とされており、これ以降の議論は「私人」としての参拝が許容されるものであるかどうかを巡っての解釈問題となっている。

「国政上の要職にある者であっても私人・一個人として参拝するなら政教分離原則には抵触せず問題がない」という意見がある。これは、公人であっても人権的な観点から私人の側面を強調視するもので、「首相個人信仰や信念も尊重されるべきであり、参拝は私人とし行われているものであるならば問題がない」という立場をとっている。「アメリカのように政教分離をうたっていながら、大統領知事就任式のとき聖書に手をのせ神に誓いをたてることは問題になったことは一度もない」ということも論拠の一つに挙げられている。

一方、「公用車を用い、側近・護衛官を従え、閣僚が連れ立って参拝し、職業欄に『内閣総理大臣』などと記帳するという行為公人としてのそれであり、政教分離原則抵触する」という意見がある。こちらは、実効的な観点を重く取り上げ、「首相が在職中に行う行為私的であっても、多少の差はあれ、全て政治的実効性を持つため、私的参拝であっても靖国神社実質的利益を与えるものだ」として問題があるとしている。

第87 - 89代総理小泉純一郎は、2001年平成13年8月13日首相就任最初の参拝をした後、公私の別についての質問に対し「公的とか私的とか私はこだわりません。総理大臣である小泉純一郎が心を込めて参拝した」と述べた。これ以降、特にこの論点が大きくクローズアップされている。但し福岡地裁判決後は私的参拝であると表明している。 小泉純一郎首相による参拝以降、参拝客が急増した現象についてはマスメディア報道が大きく影響しているとの意見もある[18]。

2019-08-14

anond:20190810200347

とても共感します。はてなで初めてのコメントなので失礼があったらすみません

私も、今回の脅迫事件を受け入れるオタク愕然しました。京アニあんな悲しいことになって、しか模倣犯のような奴がでたのに、犯罪をなぜ擁護するのか。

トリエンナーレの件でも、ニコニコ超会議自衛隊ブースだって税金使われてましたし、こっちは良くてこれはダメなんてないと思います

どちらの作品活動も守って公費使わせるのが憲法表現の自由にあるんだし。

あと、よく引き合いにだされてる公共の福祉は、人権同士の衝突だから本人じゃなきゃ意味不明だし。

正直、周りのオタク絶望しかないです。

2019-08-11

表現不自由」についての整理

ポジトークではない、普遍的正義を求めて整理します。

結局全部だいたい「自由」じゃん。よかったよかった。これからもどんどん殴りあってくれw

2019-08-09

anond:20190809200720

政治問題以前に費用対効果が見合ってないと思うんだが。50年前の東京オリンピックは、巨額の公費を注ぎ込んででも、社会的インフラを整え、アジア地位を上げるという意義があったと思うけど、今は欲の皮の突っ張った連中があちこちから首を突っ込んできて美味しいところだけ持って行こうとしているように見える。

いっそ東京都税金役人使うのは止めて、電通スポンサー企業だけで運営してほしい。放映権料とかチケットの売り上げとか持って行って良いか開会式閉会式の経費も全部彼ら持ちってことで。

2019-08-07

慰安婦像の展示も慰安婦像に精液ぶっかける展示も表現の自由でしょ

どちらの表現自由であり、暴力脅迫ガソリン撒くぞ)で制限されてはならないと、リバタリアンである私は当然考える。

ただし、リバタリアンから芸術税金を使うことには反対するので、あの慰安婦像の展示が100%私費だったら100%私は擁護できたのに、と少々残念ではある。

次は公費からの援助無しで、筒井康隆が溶いた片栗粉ぶっかけ慰安婦像を展示して欲しい。

anond:20190807213458

俺も一貫性大事だと思うけれど、エロ漫画家公費つかってるわけじゃないよね? そこをしれっとなかったコトにして一貫性要求するのってたちがわるくね? くだんの展示会も私費とか企業協賛でやればよかったんじゃね?

2019-08-06

anond:20190806095515

一緒に韓国人トンスルとか日本介入前の土着民族的画像とか飾って、日本から韓国へのヘイトも表明したらよかったね。

ただの韓国による日本アメリカ叩き展示会なのに、表現の自由っていうもっともな理由つけて被害者ぶりしているからだよ。

昔、生のお魚凍らしてスケートリンクに埋めたレジャーランドバッシング食らって潰れたように、不快もの不快なんだし、それを表明する自由だって民衆に与えられるべきなんだよ。これは公費で、税金でやってる展示会なんだしね。

そもそも論で、韓国からヘイトスピーチまがいの展示会は公にやって許されるのに、逆は取り締まられるって、変だと思わない?しか日本の中でだよ。そもそも平等じゃないんだよ。

からって爆破だから火をつけるだかの予告をしたっていうのは、どう考えてもNGだし、韓国からマッチポンプじゃないことの証明をするなら全力で逮捕すべきだとは思うけどね。

2019-08-05

anond:20190805101922

公費使わないで勝手クラウドファンディングしてやってれば、勝手に騒いでるだけになる。

こんなのに血税を使うな。

表現不自由展はサヨの醜悪挑発展に改名したら

まぁ改名するまでもなくそうなってると思うけど。

明らかに偏った政治的主張しかないものを、芸術表現の自由を盾にして炎上狙いなんて

醜悪すぎて公費でやるようなものじゃない

芸術定義は難しいにしても、

どうみても偏ったただの政治的主張による挑発しかみえないものなら場所が選ばれるのは妥当

表現の自由なんて大きすぎる看板がなければ成り立たない程度のものなら

サヨの醜悪挑発展とでもしたほうが大きさも過不足なくて芸術性や説得力も多少はでるんじゃないの。

2019-08-04

anond:20190804003018

展示内容や県市の公費による開催の決定プロセスなど事実関係を見極める” 表現規制みがある

表現不自由展のまずいところと改善案

名前

表現不自由展」と包括的な展示を予想させる名前なのに実際の展示内容が偏りすぎていた

誤解を招かないためにも表現不自由展・反日編」等の名前で内容を明確にすれば良かった

入場時や告知時に十分な説明を行っていれば圧力を受けたとしても反論可能である

時期

現在日韓関係が最悪の状況

こうしたセンシティブな内容であれば過剰反応を予防するため延期すべきだった

これはアニメ等のほかの表現媒体でも良くやっていることで、社会の情勢を機敏に察知しつつ動く必要があった

資金

国家に反する内容を公費である税金でやれるはずはない

パトロン意向に逆らうような行動は芸術家生存戦略としてかなりの悪手である

理解のある別のパトロンを探すか、自費で行えば良かった

2019-08-03

anond:20190803125525

ただでさえムカつくのに公費投入されてこれかよって怒るだろ普通に考えて

anond:20190803133234

まだほんの僅かかも知れないけど、これからきっと増えていくよ。

国も出勤時の介護公費負担を認めることになりそうだし。

2019-08-02

公金の支給が認められないのであれば表現の自由侵害ってことになると

リベラルな方々の主張する数多の「公費削減策」をも表現の自由観点から叩かれそうなんだけど、それでいいんだろうか。

なんか自然感情としてそれはちょっとちがくね?とか思ってしまうとまた無知からとか言われるやつなんだろうか。

2019-08-01

anond:20190801142311

人権感覚皆無な馬鹿なのはそっちだろ。

障碍者」という乞食のために、健常者に無償かつ莫大な奉仕要求する差別主義者。

障碍者だけの国でも作って好きなだけ奉仕しろよ。

てか、バリアなんて誰しも少なからず持ってるモノ。

特定人間のソレだけを公費やら協力の強要でなくすとか、差別以外の何物でもない。

山小屋=💩 はてなー=💩 どっちも💩

小屋側の主張

2019年7月下旬現在、多くの山小屋現場で重大な異変が起こっている。営業物資生活物資が突如として届かなくなったのだ。数年前から主要なヘリコプター会社のA社やN社が山小屋物資輸送から事実上撤退示唆し、大幅値上げや契約拒否などに踏み切っていることは問題として顕在化していたが、


相応の金を払え。

おわり


はてなーの主張

keshitai これに関しては受益者負担だろうから入山料(税)徴収しかないのでは。

その徴収をする人を雇うお金で帳消しだと思います

utorigen "離島フェリー便と同じ構図かと思う" 生活と娯楽を同じにしないでほしい。やりたい人たちで金を出しあえばいいよ。

一般人山登りは娯楽かも知れないが、様々な調査で登る人もいるのは忘れないように

deztecjp 私は公費の投入には明確に反対だ。登山文化私費で守れ。私は登山文化が滅びても一向に構わない。

こういう奴に限って自分の好きなものピンチになると公費投入を叫ぶ(偏見)興味のある人は過去発言を漁ってみたら面白いと思う

shinagaki 鍋割山荘方式で、物資icタグつけたのを登山口に置いておいて、登山客に運んでもらう、売れたらレベニューシェアを分配とか

そのシステムを維持するお金で帳消しだと思います

QJV97FCr 一部の小屋は過剰なサービスに対して料金が安すぎるからな。しっかり取るべきものを取れば半端な高齢者も寄り付かず遭難も減るんじゃなかろうか。

サービスが安すぎるからな←うん 取るべきものを取れば半端な高齢者も寄り付かず←金のない高齢者は半端な高齢者だった?!

booskanoriri 山小屋への荷揚げヘリ事実上、もう東邦航空さんだけになっちゃってるんだよね。

いるよなー人が伏せ字にしているもの勝手に穴埋めしちゃうやつ。


うーn

これは

💩

vs

💩

出典

[B! 登山] 【拡散希望】登山文化の危機! 山小屋ヘリコプター問題 | 雲ノ平山荘

2019-07-30

[] #76-3「車道シャドー

≪ 前

結局、HR時間になってもツクヒは現れない。

そして、その理由はすぐに分かった。

「先ほどツクヒ君のご両親から連絡がありまして……登校中に車に轢かれたようです」

突如、担任の口から告げられた出来事に、俺たちまで交通事故に遭ったような衝撃を受けた。


両親によると、その日ツクヒは寝坊してしまったらしく、慌てていたらしい。

急いで登校していたため、危機管理能力が散漫になっていた。

しかも車が滅多にこない場所なのもあって、油断していたのだろう。

そのせいで車道を横断するとき確認を怠り、良くない結果に繋がったというわけだ。

それでも軽い打撲と捻挫だけで済んだのは、不幸中の幸いというべきか。

運転手側は逃げたようで、まだ判明していません」

担任はそう言っていたが、「逃げる」と表現するのも変な話だと思った。

話を聞く限り、運転手側に非はない。

寝坊したせいで急ぐ必要があったのも、歩道もない場所に突っ込むなんていう危険行為選択したのもツクヒだ。

贔屓目に見ても、大きな落ち度のある人物は明らかに思えた。

起きるべくして起きた、難しく考える余地なんてない出来事だ。

俺も仲間も、いや、クラスの皆がそう思っていた。


だけど大人世界では、そういうことを複雑にするのが流行っているらしい。

「今回、事故が起きてしまったわけですが……何か改善案があれば意見をどうぞ」

この交通事故は町の人々に瞬く間に広がり、ここ最近トレンドになった。

そして数日後、この町にいる色んな市民団体が一同に介し、今回の件について議論することになる。

「こういった事故が起きた際、迅速に対応できるよう窓口を用意しましょう」

「車が危険だってことを伝える啓蒙活動もしていきますか」

交通量の調査バイトをしていた兄貴はそこに居合わせていた。

曰く「意味があるようで、実際は大して意味のないやり取りばかりしていた」だったという。

「その子供が急いでいたせいで起きたことを考慮するなら、登校時間もっと余裕のあるよう設定すべきでは?」

「いや、それよりも通学路に配備する役員を増やすべき。そのためにも公費を増やしましょ」

「あの役員たちはボランティアでやってるのでは?」

ボランティア無償って決まりはありません。働く人間には相応の賃金を与えるべきでしょ」

「その主張、いま交通事故関係あります?」

「少しはあるでしょ!」

今回の件にかこつけて、自分たち要求を通したい。

或いはどこかの誰かに責任を追及して、押さえつけたい。

各々の、そんな思惑が見え隠れしていた。

そもそも学校側が通学路をしっかりと定めるなり、スクールバスなり用意すれば、こんなことにならなかったのでは?」

「あと、未だ犯人を捕まえてない警察無能っぷりも問題ですよね。やっぱり自警団を作りましょう」

そうして各々が言いたいことを一通り言い終わると、いよいよ交差し意見の中心点を決める段階に入った。

「それで、よさそうかな」

「そう、ですね」

それは件の道路に、信号機を設置するという案だった。

「一応、君の意見も聞きたい。確か弟さん、事故に遭った子と同じくらいの歳でしょ」

大人たちは兄貴にも意見を仰いだ。

「うーん、そうですね……」

調べた交通量を見る限り、信号機をつける意味はないと兄貴は内心感じていた。

だけど現に事故が起き、雇ってる側に詰問されている手前、下手なことは言えない。

「まあ、信号機があることで事故可能性が減るなら、あるに越したことはないと思いますけど」

小銭稼ぎでやっていただけの兄貴は、無難な答えを返すしかなかった。

「よし、彼もこう言ってるし、この方向で進めていきます

「そうですね。折衷案といきましょう」

何をどう折衷した案なのかは分からないが、ひとまず反対意見がでてこなかったので善しとなった。

次 ≫

2019-06-29

ある自治体精神病患者コンサータやらストラテラやらの処方代を助成する仕事をしている。自立支援医療助成(精神)というやつだ。

受給者証を渡すための申請書を書かせる仕事を窓口でしている程度だが、色々と思うところがあるので綴りたい。

1 助成される人の多くは…

窓口は平日だから助成される人は高齢者パートタイマー、被生活保護者などだ。リーマンは少ない。非政令市という土地柄もあるけど。

2 精神病そもそも完治しなさそう

一般的精神病(統合失調症躁鬱病発達障害等)は思考の癖みたいなのも影響していて慢性的ものだと理解される傾向があり、自分もそう思っている。いわゆる、鬱は逃げ、という考えもここから出る発想だろう。確かに、このご時世若者ほど自殺願望抱くだろうし、4人に一人は希死念慮どころじゃないと思う。マジ鬱ーとかよく聞くし。じゃなぜそんな一般的なことを病気としてしまい、税金使って(年収400万程度なら月の自己負担額が公費助成で5000円に抑えられる)しまうの?

3 精神病薬の性質

コンサータからそういうのは麻薬一種だという見方がある。脳の活動に対する影響を考慮して製造されたものからあながち間違いとも言い切れない。だから服用しても麻薬として一時的効果を得られるだけだろ、と。ここで思う。麻薬税金使うの?おかしくない?

4 なんで国はそんなことに税金を使っているのか

ひとつ福祉政策としてだ。こういう世相でこれから患者が増えるだろうことから、本人の健康のためにも社会平和のためにも治療必要だ。

また、産業政策という見方もできるだろう。日本の製薬業界競争力が高い。その業界に対する需要を国費で支えるのは問題ないだろう。

更に労働政策として、少子高齢化の中飽和市場希望無き戦いを強いられているため、異常な労働環境を誇る日本を支えるためには、ヒロポン必要だ。インターンとかで学徒総動員の様相を呈しているし、それでGDPが支えられるなら問題ない。例えヤク中になったとしてもだ。もちろんこの政策頓挫する可能性はある訳だけれども。

何が言いたいかというと、もっと気軽に鬱病になって合法麻薬決めて人生を楽しもう。一億総躁鬱病だと自虐で笑えるくらいに。生活保護者みたいなクズ高齢者のような役立たずばかりにこの制度を使ってほしくない。以上、現場からのお願いでした。

2019-06-28

ある自治体精神病患者コンサータやらストラテラやらの処方代を助成する仕事をしている。自立支援医療助成(精神)というやつだ。

受給者証を渡すための申請書を書かせる仕事を窓口でしている程度だが、色々と思うところがあるので綴りたい。

1 助成される人の多くは…

窓口は平日だから助成される人は高齢者パートタイマー、被生活保護者などだ。リーマンは少ない。非政令市という土地柄もあるけど。

2 精神病そもそも完治しなさそう

一般的精神病(統合失調症躁鬱病発達障害等)は思考の癖みたいなのも影響していて慢性的ものだと理解される傾向があり、自分もそう思っている。いわゆる、鬱は逃げ、という考えもここから出る発想だろう。確かに、このご時世若者ほど自殺願望抱くだろうし、4人に一人は希死念慮どころじゃないと思う。マジ鬱ーとかよく聞くし。じゃなぜそんな一般的なことを病気としてしまい、税金使って(年収400万程度なら月の自己負担額が公費助成で5000円に抑えられる)しまうの?

3 精神病薬の性質

コンサータからそういうのは麻薬一種だという見方がある。脳の活動に対する影響を考慮して製造されたものからあながち間違いとも言い切れない。だから服用しても麻薬として一時的効果を得られるだけだろ、と。ここで思う。麻薬税金使うの?おかしくない?

4 なんで国はそんなことに税金を使っているのか

ひとつ福祉政策としてだ。こういう世相でこれから患者が増えるだろうことから、本人の健康のためにも社会平和のためにも治療必要だ。

また、産業政策という見方もできるだろう。日本の製薬業界競争力が高い。その業界に対する需要を国費で支えるのは問題ないだろう。

更に労働政策として、少子高齢化の中飽和市場希望無き戦いを強いられているため、異常な労働環境を誇る日本を支えるためには、ヒロポン必要だ。インターンとかで学徒総動員の様相を呈しているし、それでGDPが支えられるなら問題ない。例えヤク中になったとしてもだ。もちろんこの政策頓挫する可能性はある訳だけれども。

何が言いたいかというと、もっと気軽に鬱病になって合法麻薬決めて人生を楽しもう。一億総躁鬱病だと自虐で笑えるくらいに。生活保護者みたいなクズ高齢者のような役立たずばかりにこの制度を使ってほしくない。以上、現場からのお願いでした。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん