「課題」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 課題とは

2017-11-25

アンパンじゃなくジュース買ってあげれば良かった」

長年連れ添った夫婦生活苦理由に、夫が妻を殺害した事件が発生。

裁判で争われた論点は、「同意殺人か否か」である

妻の「殺してください」と殺害を依頼された夫が、妻を絞殺した。

夫婦会社倒産、知人の借金連帯保証人による借金、妻の脳梗塞など不幸が重なっていた。

再就職が決まっていたが、手違いで他の人を雇ってしまったため職に就くことができなかった。

食うや食わず生活が続き、衰弱しきった妻が夫に殺人を依頼するに至った。

逮捕時の夫の所持金は100円に満たなく、アンパンを購入したレシートを所持していた。

司法修習生Aは、夫が妻にアンパンを買ってあげたと考えた。

司法修習生Bは、アンパンは夫が一人で食べたと考えた。

取調べは全て夫から証言で成り立っており目撃情報がない。

アンパンは誰が食べたのか

裁判最後裁判官が夫に対して何か言いたいことがあるかと尋ねた。

夫は語る。

妻は甘いものが好きだった。

妻が死にたいと言うようになり、最後に何か食べさせてあげたかった。

妻にアンパンを食べさせようとしたが、食べる元気がなく食べることができなかった。

妻は喉が渇いたと言った。

裁判中、終始無表情で魂が抜けていた表情の夫であったが、泣きながら言う。

アンパンじゃなくジュース買ってあげれば良かった、アンパンじゃなく、ジュース買ってあげればよかった」

泣きながら繰り返し言う姿に裁判官は涙を堪えていた。

裁判官として研修中のAも涙を堪えていた。

誰よりも優しく弱者立場物事を考えるAとは違って、Bは冷静沈着のエリートであった。

しかし、Bは泣いていた。その姿がとても印象的であった。

Aは課題として判決を提出する必要があった。

Aは泣きながら判決を書いていた。

夫婦には同情すべき不幸な状況が重なった。

しかし、公共機関に助けを求めるなど救済手段がなかったとは言えない。

夫の行動は無知で短絡的な犯行である

妻は極度の衰弱状態にありそこに同意があったとは言えない。

---

というドラマのシーンで毎回泣いてしまう。

このドラマは、司法試験合格した司法修習生が様々な事件課題として議論する内容で構成されている。

課題脚本も素晴らしい内容だった。

でも、一番心に刺さるのはエンディングだ。

8人の主人公たちが司法試験勉強をしている過去シーンが流れる

休み勉強するOL

独学で勉強する中卒元不良

交通整理のアルバイトをしながら勉強する18年選手

社会から取り残された主婦

在学中に合格するサラブレット

誰もが共感する部分を持っているんじゃないだろうか。

私も新人ときに難関試験に挑戦していたので、そのときを思い出す。

人生で最も辛い時期だった。

あれから10年たった。

エンディングを久しぶりに見た。

また何かに挑戦しよう。

拉致問題解決策をXプライズ財団がコンペで募集したらいいんじゃね?

イノベーションだのソリューションだの言ってるような世界中のあらゆる課題解決プロが集まって、

誰も思いつかなかったようなスーパーアイデアを出してくれる気がする。

現状完全に手詰まりだし、横田夫妻いつまでも元気じゃないし、従来の常識の枠外の作戦が欲しいよね

高校中退しようかと

今は高校3年の少年です。3年前にプログラミングにハマって2年前からハッカソンとかコンテストで受賞しまくっていろんな企業から仕事をもらうようになった。

今年に入ってからは多くのベンチャー企業新規事業にも携わったりして、新卒以上の月収はある。放課後や土日で仕事を熟してる。

学校ではどうかというと小学校の頃から勉強の才能はあって授業を一切聞かないでも定期テストでは高得点を取れていた。

しか中学の頃から荒れ初めて中高は問題児扱い。勉強はできるので留年はしなかった。

そして先月、教師に蹴られたので軽くやり返したら対教師暴力として扱われた。

自主退学か処分を受けるか選べ」と言われ迷っている。

処分を受けるとしたら恐らく謹慎数ヶ月。うちの高校基本的に登校謹慎なのでこれを受けると卒業まで別室に監禁されて謹慎課題をやることになる。

自主退学をしようと考えたが、高校中退による青春コンプレクスを抱えそうで怖い。

どうしよう。

2017-11-24

anond:20171124090918

LINEのスタンプは? プレステトロフィーは? twitterのFavやfacebookいいね!も同じだよね。

 色々あるけど、実はこういうサービスでほぼ最初期に始めたって点では『はてな』を評価してもいいと思うよ。

vote的なコメントへのポイントは多分もう少し前からあって、それを一歩進めて、遊び半分でお金を出してまで評価するってスタートだったと思う。

 評価にムキになり過ぎるのはみっともないけど、運営への感謝も込めて、良い情報意見思想、討論による情報の質の向上を目指した、かな?

どんなに黄色スターが増えても、緑や赤とは価値が違うし、そこまでして評価してくれるって嬉しいでしょ?

 スター合戦が加熱した時はそれはそれは酷く醜い争いがあったけど、スターランキングをしたり目立つ扱いをしないところもはてな良心みたいな部分があって、今は業者に頭を悩ませているのか取り込まれているのか分からないけど、子供が頑張ったご褒美のバッヂのように、教室の壁に張り出された課題をこなした子の名前に貼るシールのや、ラジオ体操スタンプのように、ひっそり「がんばってね」ってつけるんだよ。まだ広告が少なくて、お金を使って名前を売ったり炎上ビジネスをしたりなんか考えなかった頃の名残りでもある、かな。

 だからスターを気にし過ぎる必要はないけどバカにはしないで上げて欲しいな。

さな星だけど、よく見ると輝いてるでしょ?(笑)

2017-11-23

UXとかデータ分析とかその辺の勉強の仕方

仕事柄、UXとかデータ分析とか、その辺が少し強いと思われているらしい。

職場の人からその辺の勉強の仕方を聞かれたので答えようとしたら、意外と長くなりそうだったのでメモがわりに書く。

これを書いている人のスペック

UX勉強方法とかの話

そもそもUXという言葉流行りだしたのは最近の話だと理解していて、バズワードに近いと思っている。概念自体は遥か昔からあるものだし、何を今更世の中がUXというワードを使いたがっているのかが良くわからない。(が、ここでは面倒くさいので、定義曖昧UXという言葉で色々お茶を濁す

また、UX勉強するという言葉も、正直なところ違和感がある。

というのも、具体的なケースと紐づいて考えない限りは意味がない気がするからだ。文章批評ばかりしていても小説家になれないのと一緒で、UXについて本や講義だけで勉強していても、UXに強くなることはないと思っている。つまり自分たちが作っている(関わっている)サービスの中でUXを考えつくすこと自体が、一番の勉強なんじゃないかと思っているので、UXを本や何かで勉強するというのは効果は薄いんじゃないかと思っている。

はいえ、体系化出来るメタスキル的なものがあるのは事実だし、その部分の話を書いてみる。

UXを良くするって何にきちんと答えられるようになる

UXを良くしたい」という話をよく相談されるのだが、そもそもとして、UXが良くなった後の世界をちゃんと考えられていないことが多い。

「そのサービスを使ってユーザ幸せになるの?」という問いにきちんと答えられない場合黄色信号という印象。

UXUXってバカみたいに唱えている人はたくさんいるけど、自分たちサービスUXが良くなることでこんな世界が実現できるよっていう話を、具体的に、鮮明に、誰が聞いても腹落ちする形で話せる人ってどれだけいるのかな。UXを良くしたいと言っているのに、良くした後の先世界イメージできていなくて、どうやって良くしていくのか甚だ疑問なんだよね。

なので、UXを考えるにあたっては、「自分たちがどうしても叶えたい世界」があって、それが叶うことによって「世の中の誰かがすごく幸せになる」という確信必要条件だと思ってる。なので、そこがない時点でUX改善どころかサービスを作ること自体をやめた方がいい。

もし、そんな感じの祈りにも似た思いが少しでもある場合は、自分たちが作りたい世界についてしっかりと考えて、そしてそれらを検証して確信に変え、具体的な言葉に落とし込むというプロセスを徹底的に行うことを、UX改善の前に行なった方が良い。そうやって生み出された言葉が、UXを考えるにあたっての拠り所になる部分になっていくから

ユーザを観察して想像し、検証する

自分たちが作りたい世界言語化できた後は、ユーザの観察と妄想に尽きる。

課題解決系のサービスなら、ユーザに当たる人が本当に困っているのか、何に困っているのかを見極めるために観察すべきだし、何らかのバリューを付加するサービスなら、「このサービスを使ってもらうことで幸せになるのかという妄想」をいかに具体的にできるかが鍵になる。

これらの観察および、具体的な妄想をしていくこと自体UXを考えることである

炊飯器が目に入ったので炊飯器UXを考えるとした時の例で話す。

多分、こんな妄想をする。

炊飯器とか既に他の製品存在するものは、ユーザの行動もだいたい想像できるし、何より自分が使うものから妄想やすい。

逆に、全く新しいものを作ろうとする時なんかは、妄想も中々大変だと思う。バイアウトして話題CASHとかは、その辺りの参考になるものが中々なく、妄想もやり辛かったと思うので、それを形にできたUXデザイナーの人はすごいなと思う。会ってみたい。

もちろん妄想だけだとダメで、そのあとに検証が入る。

これはかなり適当に書いたが、自分たちが行なった観察に基づく妄想に対して、それらが意味のあるものかどうかを見極めていく必要がある。これがいわゆる価値仮説の検証と呼ばれるもので、妄想が本当に必要とされるものなのかを見極めるフェーズである必要とされないものなんて作っても意味がないから、この段階できちんと仮説の検証をしておく。検証については対象によって全く異なるため、都度考える必要があるので割愛

例はかなり適当に書いたが、ユーザをしっかり観察して、その上でどうやったら幸せになるかを妄想して、それらを検証していくというフェーズを、手抜きせず行うことが大事だ。これが業務系のサービスだと、業務フローを作ったりするのだろうし、C向けサービスだとカスタマージャーニーなんかを作ったりすることになる。その辺りの手法は色々あるが、ユーザを見て、考えて、検証してという基本はどれも変わらない。

観察結果をもとに解決策を生み出す

ユーザをひたすら観察したあとに、初めて解決策を考えるフェーズに移る。

解決策ありきのプロダクトだと(昔の技術先行型の日本家電だけど)、あまりいい感じにはならない。

あくまでも、ユーザの観察が先にあって、それに対する「解」としてプロダクトを作っていく。

この、課題に対して適切な解を出していくこと自体が、UXの磨き込みに当たるという理解をしている。

そして、それらが部分最適にならないよう、全体最適意識しながら解決策を考え、プロダクトに落とし込んでいく。

「ご飯は1分で炊けるけど、風呂釜より大きい炊飯器」とか、誰も必要としないよね。だけど、部分最適だけを考えるとそんなことになりがちである。そのためにも、部分を考えたら、全体を見るということを繰り返し行なっていくことが大切だと感じている。その意味では、捨てるべき部分と、活かすべき部分のバランスをどう取るかが大切になる。ここも結局ユーザが教えてくれるので、事前にしっかり観察できていれば、勝手に答えが出る。

小括

長々と書いたが、自分たちが作るサービスを使ってくれる人たちが、「どうやったら素敵な感じになるかを考え尽くすこと」が最高の勉強方法だと思っている。なので頑張って考えると良いと思う。

はいえ、何を考えればいいかからないということもありそうなので、その時は

・誰のためのデザイン

・複雑さと共に暮らす

・融けるデザイン

あたりを読んでみるのは良いかもしれない。少なくとも、何かを考えるにあたっての視野は広がるような気がする。

また、解決策を生み出していくにあたっては、ロジカルシンキングが出来るに越したことはないので、

・考える技術・書く技術

ライト、ついてますか

あたりを読んで見るのも良いかもしれない。後者は分類的にはロジカルシンキングの本ではないのだが、ロジカルに考えた時の解決策って一つだけじゃないよねということを身を以て知るためには良い本だと思う。

また、散々書いたが、UX云々の前に、自分たちが作っているサービス(だったり、炊飯器だったり椅子だったり)で「何を届けたいか」という部分が一番大事だと思う。それ抜きにはUXがどうとか議論するのは無駄というか、意味がないので、しっかり考え抜いてほしい。

データ分析勉強方法とかの話

なんかめっちゃ長くなったが、続いてデータ分析の話を書く。

データ分析というと、Pythonごにょごにょやるのがそれだと思われがちだが、一部のデータサイエンティストを除いては、基本的スプレッドシートで十分なんじゃないかと思っている。むしろ電卓レベルでも足りるんじゃないかという気がしている。(ここで話しているのは一般的インターネットサービス運営していくときの話で、気象予報とか経済予測とかそんな感じの難しいデータ分析の話ではない)

というのも、多くの場合において、四則演算以上のことをしなくてもなんとかなるからだ。

どちらかといえば

といったことの方が大事だし、そもそも「何のために分析するか」が抜け落ちていることが多い。

whyの部分が明確でない分析そもそも意味がないので、まずはなぜ分析するのかを考えるところから始める方が良い。

データ分析ときいて「統計学」や「Python」を勉強すること自体は悪くないのだが、それよりもまず先に、「なぜ分析するのか」「どんなデータ自分たちサービスキモになるのか」といった分析の前提になる部分をまずはしっかり見極めることの方が、統計学勉強よりも優先されるべきだ。それらがハッキリすれば、手法はいくらでもあるし、だいたいはスプレッドシート関数でなんとかなるので、難しい計算特に必要ない。

実務でよく使うデータなんて、売上、利益利益率、ARPUCPACTRCVCVRとかくらいだし、これら全て四則演算のみで出せる。分析といっても、平均だったりそれらをユーザ属性で割り振ったりするだけだし、中学生でも問題なく出来ると思う。ただ、重ね重ねになるが、whyの部分がない場合はいくら分析しても何も生まないので、まずはそこを見極めることに重点をおいた方が良い。

まとめ

長くなったので無理やりまとめる。

勉強<<<<<実務であることは間違いないので、まずは自分が関わっているサービスについて真剣に考えたり、真剣に考える上で必要数字が何かを自分の頭で考えることが、最高の勉強だと思う。教材とか、具体的なHowを期待していた人、ごめんなさい。でも、Howの意味で見ても、実践に勝るものはないと思っている。

https://anond.hatelabo.jp/20171006181835

自己愛ではなさそう。むしろ嫁の方が自己愛っぽい印象すらある。

ただ

・見下さない、駄目出ししない、こき下ろさない →これはダメ出し問題点抽出)も禁止なの?ある程度必要でしょ?問題解決のために。悪意は抜きで。

は、言い方工夫した方がいいかも。

断定・指示・助言・ダメ出ししないで、質問するだけにした方がいいと思う。

揉めてる事柄については、嫁と自分領域(なるべく役割権限作業責任が一致するように)分けて、

相手領域には一切口出ししない(頼まれない限り助けない。アドラー心理学でいう「課題の分離」)。

してみてはどうでしょうか。

2017-11-22

バカ教師の叩き方

TL; DR

先に答えを書いとくと、「お前の実績は何?」と聞けばいい。

公立の小中学校教師なら実績なんて呼べるものは持ってない。勤続○○年とか言ったら指差して笑えばいい。

これが予備校講師だったら以下の式で実績を算出される。

受講者数 ✕ 受講者の合格

という具合に。

実績がないということはプロではない。

プロというのは評価されてなんぼの世界なので、実績がないということはアマチュア以下ということだ。

アマチュアでも実績出す人はいる。

そもそも何が問題

指導要領にも書かれていない、掛け算の順序とか、ゼロ除算の答えを0にするとか、教えていない数式使ってバツにするとか。

後、無茶苦茶組体操とか。

別にこれ全部塾で起きたことならここまで騒ぎになってないわけよ。(組体操は無いだろうけど)

バカ教師公立にも、私立にも、塾にもいる。

問題なのは公立だと教師を選べないことだ。塾ならやめて別のところに行けばいい。選べないから大騒ぎをする。

でどうすればいい?

教師の叩き方といったけど、結局重要なのは引きこもるという選択肢しかないので、じゃあ引きこもってどうする? が課題

親としてすべきことは小中学校レベルのなら教科書を読み解いて親自身子供に教えられるようにするとかね。

それほど難しいことだとは思ってない。なんなら一緒に教科書を読むくらいでもいいかも。

重要なのはコミュニケーション

バカ教師そもそもこのコミュニケーションが終わってるから尚更問題なんだけども。

anond:20171121095552

他でも言われているだろうけど、経験者として。

リワークプログラム的なのをやってくれてる病院連携カウンセリングルーム的な所探すのはマストではないけれど、かなり優先度高いと思う。

リワーク

9時とかから12時とかぐらいまで、平日の毎日うつ病うつ状態回復期にある人が集まって、単純作業塗り絵とか)とかディスカッションとか、論理クイズとかする会。

料金を抑制するためか、医者でもカウンセラー臨床心理士)でもない、良くわからない人が仕切って4~6人ぐらいで。

うちのところでは100マス計算とか毎日やってて、決められたノルマ達成、頭の回転のリハビリ、対人能力の復帰みたいなのがバランス良く振り分けられてた気がする。

デメリット

うつが快方に向かってないと参加すること自体がかなり負担になる。

 実際に復職に向けてリワークに通い出したはいいけれど、悪化している人が結構居た。

 人との接触が嫌、毎朝の起床が辛いなど理由はそれぞれっぽいけれど。(こう書くと朝起きれないダメ人間みたいだけど、動き出すのにめっちゃパワー要る)

金銭にしんどい。

 確か、補助出て、1日1500円ぐらいだったよーな。(場所によると思うけど)

・午前と午後の落差が酷い

 これは、午前だけのリワークからだったかもしれない。

 午前中我慢して、午後はリラックスできてる環境から復職したら、午後がきつくて死んだ。

メリット

規則正しい生活習慣が戻って来る

 朝起きるって本当に大事

 それほど嫌でもない一日が想像できるときに、朝から動き出せるのは復職への希望

コミュニケーションが取れる

 無理やりグループで話し合って結論を出さないといけない課題とかある。

・頭が回り出す

 これ意外と大事散歩小説ブログだけでは実務に戻ったとき思考力というか頭の回転? 落ちてるので結構ダメージ食らうと思う。

あいつよりマシと思える

 いろんな人が参加してる。時には鬱になったきっかけとか語らされる(多分、微妙にそっち方向にも答えられる議題とかで誘導してたりするんだろう。話したくなければ離さないでもよかった)

 だから、あのおっさんよりはよっぽど仕事できるし、対人能力もあるなとか思えて自信に繋がる

・似たような境遇の人と知り合える

 仕切る人も参加してる人もだいたい優しい。


自分だけかも知れないけれど、一時はノルマ的なものに向き合うのがとても辛かった。

散歩は体にも頭にもいいので、3時間でも5時間でも平気で歩けたけど。

なので、散歩は良い事なんだけれども、制約ではない。

読書だったら、面白い面白くないかからない本を絶対に何ページ読むとか、ブログも一日3記事とか(雉数は徐々に増やすテーマはあらかじめきめとくとか)

そういう、訓練が必要じゃないかなと思いました。


ちなみに私は、軽度のうつ状態だったので、1か月休んで、1か月リワークに通って、医師からOKでたので復職して2か月でダメになりました。

から思うと、朝はリワークに通って行ける気になってたけど、午後から寝るまで、ストレスフリー環境にしてしまっていたので、復職後のブラック環境で耐えることができませんでした。

残業ほぼほぼ無しだったけど、ノルマ的なのと先輩からプレッシャー納期


復職前に、中期ってほどでもないけれど、1週間とか2週間とか気にしないといけないノルマ的なのを課してみておいたほうが良いかもしれない。

あくまで、快方に向かってからのことだけれども。

中途半端状態で、なにか背負うとめっちゃしんどいし、背負うことに慣れてない状態では復職しても再度潰れるというジレンマ

会社配慮してくれればいいのだけれど、なかなかうまいこといかない。

2017-11-21

駄目サラリーマンですが、つらいです。楽しくなる方法を教えてください

とにかく、毎朝起きるのがつらい。会社に行かなきゃいけないと気付いた時はつらいです。

起きてから電車に乗って会社に着くまでは、仕事のことはなるべく考えないようにします。

つらい時間をなるべく短くしようと思うので、直面してから考えるようにしています

2chのまとめとかを見ながら紛らわします。

会社ビルに入ったとき覚悟を決めますまな板の上の鯉になります

あとは時の流れに身を任せます。その場その場で自分資質を頼りに対応します。

吉と出るか凶と出るか、どうなるかは分かりません。

自分なりに、その時のベストな解を考えます

長期的な視点を考えることがないので、蛇行します。

とにかく余裕がありません。

年々、仕事密度が増してきています

長期的な構想を考える余裕がありません。とにかく1つでも2つでも目の前の処理をこなすことが最優先となっています

ストップウォッチ左手に持ちながら、この事務的な処理をいかに早くこなすか、こんな意識です。ヘトヘトです。神経レッドゾーン付近まで回しているので。

人を削ると、その分の雑用っぽいこともやらなきゃいけないです。いかに素早く処理できるかです。

課題は積み重なり、毎日積もっていきます

いろいろ問題が、がんがん降ってきます。それをベストエフォートでこなしてます

上はサマリーと見通しを求めてきます。サマリーと見通しと見解を出す余裕がありません。寝る時間と、自分だけの少しの時間は欲しいです。

体力的にはヘトヘトではないですが、脳をフル稼働も、これまた頭がヘトヘト。

こんな状況というか、気持ちを吹き飛ばすような名言をくださいませんでしょうか。

anond:20171121162849

だなー、芯はブレさせずにどこまですんなり諦められるかが今後の課題。ありがたいお言葉です。身に染みる。

FPSにアンロック制度必要だよ派の意見』を読んだFPSにアンロック制度不要だよ派の意見

FPSにアンロック制度必要だよ派の意見

https://togetter.com/li/1173613

以下の文章において、アンロック制度とは武器や装備などゲームプレイに直接影響を及ぼすもの使用する権利一定タスク消化等によって獲得するシステムである、という定義を用いている
(つまり、外観の変わるスキンなどはアンロック制度として扱わない)。
また、FPSゲームという表題ではあるがTPSゲームも同様のゲームとして扱う。
なお、「FPSにアンロック制度不要だよ派の意見」としたが、不要だよ派に属する一個人見解であり、
不要だよ派を代表するものではないことを予めお断りしておく。

  • 強さがそれほどでもない武器や装備であればアンロック制度の下に置かれていてもよいという指摘については、
    強さ自体問題にしているのではなく、それが強いかどうかをすぐに自分で試す機会が得られないことが問題であると考える。

ここまで書いて推敲していく中で、要するにマッチングシステムが適正であれば文句はないのではないか、という止揚を得た。
アンロック進捗度が同程度のプレイヤーと対戦する場合においては公平であり、アンロック制度必要だよ派が提唱するメリットも得られる。
しかしそこで新たに問題となるのは、同程度のプレイヤーが十分な数存在するのか、そのようなマッチング現実的時間内に達成されうるかということである
が、これは別途考えるべき課題であるとして、いったん議論を区切る。


*1: 成功例として挙げたOverwatchであるが、アンロック制度とは別の話ではあるものの、同じチーム内で同じキャラを選べないという制約により、使いたいキャラを使えない場合があるという点において問題がある。あらかじめ希望するキャラを設定して被らないようにマッチングするシステムが導入され機能すれば、その問題解決されるであろう。

追記1: 改行を加えて視認性を改善した。

営業に異動させられそうだ

愚痴ポエムを書き散らして頭を整理する。

プログラマー(SEとは名乗らない)から営業への異動を説得されている。

やりたくない。

若手の頃からたびたび目をつけられていた。今までは運良くタイミングが合わず、なんとか躱してきたが…中堅になった今、上の方で「そろそろどうだ?」という話になっているらしい。

やりたくない。

技術職で食っていきたいのだ。手を動かして何か作りたい。より良い設計に頭を捻りたい。コードに没入したい。ついでに世の中が少し良くなりゃそれでいい。

新卒経験就職したが、業務内外問わずそれなりに研鑽を積んできたし、日頃から技術志向であることはアピールしてきた。趣味で学んでた技術が実案件にハマって脳汁たこともあった。ほぼ最速で昇進できたのも、そこが評価されてのことだと思っていた。

でも違うようだ。その辺のスキルがようやく脂乗ってきたと思ってたのに、それを捨てろと。

つーか同年代他にもいるのになんで俺なんだ。喋れなくはないし酒の席も好きな方だが、真の意味でのコミュ力には自信ない。たまに口も滑る。外ヅラだけそれなりに良いだけの真面目系クズだしズボラだしガチ寝坊もしばしばやらかしてて絶対営業なんて向いてない。

以下説得文句

営業やると視点が広がる」

顧客課題解決により密接に(ry

「開発より自由に動けるよ?」

「開発のまま、っていうけどあと5年10年したら管理側だよ?後進もいるし」

「開発としてこれ以上成長できる案件が今ないんだよ」

「動向は知ってなきゃいけないから、技術から離れるわけじゃない」

開発一通りやっただろ?次行けよ。ってことらしいんだけど、一通りやったつもりなんて全然ないんだよ。35歳定年説かよ。あれ絶滅したと思ってたぞ?

そんなん言ったらちょい上の中堅どころとか同期とか同じ条件でいっぱいいるじゃんか。つーかその話のとき目指してる先輩方が暗にdisられててムッとした。

視点が広がるというのはあるだろう。広がった視点を持って開発に戻る、というのはちょっと魅力ある。けど営業行って開発に戻った人いないじゃんか。行ったっきりになるのが目に見えてるから嫌なんだよ。今後はローテーションも考えてるとか言ってたけど全く確証なし。

呼び出し食らってそんな話をグダグダ平行線のまま続けたのち、ひとまずは解放された。

節目節目でやる気はないと何度も念押ししたが、今回は簡単に折れてくれない。

開発のままでいたい、だけだとどうも弱くて、俺が開発から抜けることの損失を説明できないと勝てない予感。そうなると自信がなくなってくる…

あと営業が嫌な理由も強化しないと。だがそもそも営業が何やってんのかちゃんと語れないのよな。「顧客と開発の橋渡し。スタイルは人それぞれ」とか回答されてもな。

相手をよく知るため、とかで営業チームに話聞きに行ったら逆に絡め取られかねない。

あー憂鬱

あー憂鬱

ガチ抵抗しないと次年度には営業なっちまって戻れなくなる。

あるいは転職か。こんな形での転職は望んでいなかった。

あー。

似たような経験ある諸氏いたら、飛び込んでみろ意外といいぞとか絶対やめとけとか、あるいは甘ったれんな小童系の手斧でも何でもいいから投げてくれさい。

2017-11-20

anond:20171120175819

日本では、何故か、合計特殊出生率はもう40年以上、ずーっと減り続けている。

一人の女が産む子供の数ね。この数字は2以上ないと人口が減るよという数、あくまでも理論値だが。

合計特殊出生率って、実は、BB2世代ですら実は2.14。母数(団塊の世代)が多いせいで子の頭数も多かったわけだが、

これらの世代が「産み終わった」た直後から2人以下になって、実は最近になってちょっと持ち直してはいるんだけど、

まだ、人口が増える「夢の2.08人」には程遠い。

一つ一つの個人や家庭に、サポートが無いとか教育費を考えるととか、仕事辞めなきゃいけないとか、

具体的なハードルはあったんだと思うけど、こういうプライベートで具体的で、かつ小さい問題

「家庭の問題」「女の責任」に押し込んで、社会課題化せず、ずーっと放置してきたからというのは

小さくない要素ではあると思う。

それを40年続けてきた結果、「なんとなく」という空気が出来上がったのかも、とか。

それとは別に、単純な「量の問題」もあって、BB2世代氷河期世代=今40代前半の、年齢別の人口が多い世代

まともな仕事を与えなかったせいで、人口を盛り返させるラストチャンスが無くなったのはある。

これ、よく考えると、かわいそうな氷河期世代の親にあたる世代で、すでに、特殊出生率が低下してたんだなーと思うと

日本社会って…としみじみウンザリできたりもする。

ちなみに、「女が社会進出たから産まなくなった論」については、女性就業率と重ねてもいまいち積極的有為な傾向がみえないし、

しろこの10年で合計特殊出生率に若干のの改善が見えることを考えると、産んだ女でも仕事辞めなくてオケー、な空気がある方が

良さそうという感触もあるし。「うーん、気持ちは分かるけど、なんか違う気がする」という感じ。

2017-11-19

anond:20171119141720

はぁ?

今まで嘘で塗り固めたなら、その課題も嘘でつきとおせよ

おまえ、嘘つくの得意だろ?

適当会社勤めにでもしといて、テキトーレポート書いとけよ

なんで、そこだけ糞真面目なんだよ

anond:20171119141720

あるいは教師に直接言うのがいいかもな

うちは貧乏で親の話はしたくない

別の課題をくださいと直談判しろ

その教師へのインタビューでもいいなw

高校生だけどありえない課題が出た

親の職業についてインタビューして将来の職業選択に役立てましょう。

だって

うちめちゃくちゃ貧乏で両親どっちもアルバイトなことをなんでクラスメイトの前で発表しなきゃいけないの?小学生なの?

家も廃墟みたいな所だから絶対友達をこさせないし、いろいろ隠すためにこっちは努力してんだよ

親には感謝してるがそれとこれとは話が違う

見えないものを見せてあげようお前の魂と引き換えに。

分野によるよ。自分が取り扱えるより大きな額、期間が必要であれば、

事業ハンドルを手放して、それでも自分のなすべきものを目指さないとならないという側面はある。

組む会社も、ベンチャーキャピタルも結局は「売れて儲けるか」こそが最大の課題

いい人と組めればいいんだろうが、そんなの誰だって初対面ではいい人に見せかける。

本当に自分ハンドリングしようと思えば、自分のためた金と、数カ月で売りが始められ、銀行から借りられるというスモールビジネスしかできない。

それでも「何か今までに足りなかったものが充足されるようになった」であればイノベーションだろうけどね。

それをこえるようになれば、悪魔に転じるかもしれない組会社ベンチャーキャピタルにそこまで自分の一部を切り渡すか?という話になって金を集める必要がある。

出資って、まさに自分の一部を切り渡すってことだから

オレはそれでも上等だとは思う。やはり、一番の専門家社長自身だ。

小さくてもきちんと売って利益を稼ぎ続けないとならない。売って利益を稼ぎ続けている事こそが

悪魔自分の一部を切り渡しつつも、ハンドルを握っているための術だ。

誰しも金を出したからにはそれで儲け続けてほしい。

anond:20171119050829

お疲れさま。

少々説教臭いですが、あなたは今大学生とのこと。今まで問題はすべて与えられてきて、それにこたえられてきた立場でしょう。で、これからは「課題を見つけたうえで」解決する立場になっていくのです。

塾講師としての課題は「教えること」もありますが、それ以上に「子供がわからない部分を見つけたうえで、解決させること」なのです。

良い講師というのは、そのどこが躓きやすいかというのを過去試行錯誤から知っていて、把握してそこを重点的に丁寧にやれてるのです。

いままで、割とすんなりといろいろ進んできたから「子供の躓くところがわからない」のかもしれません。教科書通りにやるのが講師役割のように見えるのですが。実は違うのです。

おそらくしばらくしたら就職活動が始まるでしょう。そこでも大事なのは問題を見つけたうえで解決していったという経験を書けるようにしていくことです。

2017-11-18

何もできない自分

最近ある仕事を始めたがこれが考えていた以上にうまくいかない。これほど仕事ができないと自信をなくし自分の全てがダメなように感じてしまう。だが、それは一時の気の迷いである。これまでの人生でいろんな経験を積んできたのだから自分の全てがダメということはない。焦らず一つずつ課題に取り組めば必ずできるようになるはずである。まずはハードルを下げてできることから始めようと思う。

森次慶子は「性格は悪いが "天才的に絵が上手"」なのか?

下手糞プロ絵師です。

以下を読んだので意見を述べたい

https://togetter.com/li/1172284

https://togetter.com/li/1172310

私はアニメーターではないが商業イラストレーターだ。

この記事を書く目的クリエイターに関する理解を深めて欲しいかである

件に関しては二つの意見に集約されると思う

①発議者は業界賃金問題の話なのに「お前は下手、私は上手い」とクソリプとばしている森次は論旨を理解してない

しかし森次の絵は実際上手い。ポケモンメインキャラクターデザインしているようだ。絵描きとしては天才だけど性格が壊滅的に悪い人なのだろう

①については特に異論はない。しかし②について、つまり森次氏の実力については意見を挟ませて欲しい。

私の結論として森次氏の表面的な作画能力天才的なレベルはいえず、業界基準でいうなら凡庸程度。過去仕事をいくつか検索させてもらったがカードイラストに関しては良くて「まあまあ」、絵画作品は「少し下手」という評価をしている。絵が上手いか、下手か、という話は抽象的な議論に聞こえるが、プロ作家編集からみると顕著に評価がわかれる。もちろん理由セットで。プログラミングが分からない人に “Hello World” を表示させるコードを見せたら、さも難解なことをしているのだと思われるのと同じことだと思う。要するに無理解から来る尊敬だ。

以下、発言プロフィールなどへの突っ込み

エビの絵は「模写」である

特に話題になってたのが高校生の時に描いたというエビの絵だ。10代でここまで描けるなんて天才だろうという意見が多く出ていた。これは本人も言っているが模写である。「模写だったとしてもすごい」という人もいるかもしれないが、美大受験レベル高校生であればざらにいるレベルである。上位20-30%には入っているかもしれない。ただ模写はやってみるとわかるが想像以上に上手にかけるので、あの絵を正しく評価するには現物をみるしかない。多摩美芸大油絵科の学生に、この絵を見せても「天才」と思う人はおろか「なんで学生時代課題を公の場に晒しちゃったのかな…^^;」という反応が来ると予想する。ただ素人目にみるとすごく見えちゃうので、そこを堂々と出してくるのが逆にすごいというか、まともな神経なら恥ずかしくてできないんだけど。

ポケモンのNは多人数でデザインされている

これはゲーフリの開発体制を知らないか想像しかないのだけど、恐らく一人のスタッフキャラクターデザインピンからキリまでやらされることはないし、何を持ってして「デザイン」と呼ぶかにもよる。大げさにいうなら「髪は緑」というコメントを出してそれが採用されるだけでも「デザインをした」という実績といえる。さすがにそのレベルの実績をプロフィールに書かないだろ!と思いもしたがエビの件をみるとあり得るのではと勘ぐってしまう。

美術予備校飛び級

気になった言葉なのでプロフィールから抜粋した。そもそも予備校飛び級意味がわからないが、言い方の問題で、浪人生クラスに混じって高校の頃から授業を受けていた、ということなのではないか。これは本人が希望して時間の折り合いがつけば普通にできる。私も美大浪人したがクラスに1〜2人は高校生がいた。

森次氏自身アニメ制作に携わってた

自分アニメーションに関わってるから適当発言しているんじゃないよ?」アピールが入っている。映像仕事アニメ3DCG技能ツールも全く異なる。自分仕事領域を明確にしてないので色々謎。発議者は「自分仕事動画」だと明言しているのでこの話はフェアじゃない。この件がどうだかわからないが、大して重要ポジションコミットしているわけでもないのに「私は〇〇の仕事をした!(実際にはデバッグをやっただけ)」というクリエイターは珍しくない。

細かく突っ込むと他もいくつかあるがとりあえずはこんな感じでしょうか。なにか質問あれば追記します。

普通美大ゲーム会社で育つとまわりに上手い人いっぱいいるので「いや〜私なんてまだまだですよ…」となるのだが。本当にものっっっそい上手な人でも謙遜するくらい化け物クリエイターばかりの世界なのだが。彼女場合、そういうのをみじんも感じないので素で自分の実力がわかってないのかもしれないし、そういうロールなのかもしれない。しかし周りもその自信に怖じ気づいて「天才なんだな」って同調しているのがわりとつらい。

twitterを見ていると美少女イラストに対してのリテラシー可愛いor可愛くない)はとても高くて私も嬉しいのだけど、少しジャンルはずれると(特にリアル描写系)「よくわからないけどすごい」のような評価になってしまうのが少し残念に感じる。あと森次氏の比較対象としてあきまん氏が挙げられてたけどあきまん氏の方が性格の悪さも技術力も万倍は上だろう。それくらい差がある。

2017-11-17

勉強もろくにしなかったやつが多すぎ

答えのない問題にどう対峙するかが人生では大事

そういうことは学校では教えてくれない!

みたいなことを言うひとは結構いると思うんだけど

いまの日本人はだいたい半分くらい大学に行ってるわけで

大学ってそういう答えのない課題に立ち向かうための鍛錬と

答えのない課題研究役割だろうが

お前らは学校で何をしてたんだ

2017-11-15

やっぱ面接って人柄だけ見とけばいいな

そもそも技術学力がない奴は前もって落とすとしてさ。

人柄と言っても「昔こんなすげー事してよー」とかモリモリする感じじゃなくて、実際に配属される課の人間とちゃんと会話できるかって部分でな。

そういう意味ではインターンとかがやっぱいいな。

どうやっても人にやり方聞かなきゃいけない課題を与えて、ちゃんと質問できるか、技術的な会話はどの程度成立したか技術関係のない会話はできていたかとかみたいね

でもそれやるには時間がねえわ。

理想論で終わっちまう。

中小企業に入るために2週間かけて面接させてくれなんてこっちも言えないし、そんな余力が現場にもないしな。

一月半ぶりのお返事。届いてくれれば嬉しい。

https://anond.hatelabo.jp/20170930153952

沢山の意見の中で直感的に

喫緊課題だなと感じたのがこのレスでした

  

  

見せ方の問題

経験に基づく技量限界もあるので、言ってもらったこと全てに応えるのは不可能だけど

見せゴマを描く時の指針にさせてもらってます

  

・第四話冒頭タイトル下の2コマ、強いコントラストの絵の中でまだ陰の場所に居るチカが光に向かって進みながら自分の古傷を振り返る→内面描写が始まる雰囲気を出す

・中盤チカの索敵シーン、パルス状の魔法ブーストする前触れに水面に映る波紋を描く→流れを整える

・足元の索敵を始めた直後に黒ベタの大ゴマを入れる→読者のスクロールの手を止めさせる

  

上記は特に意識的演出です

上手く行ってるかどうかはまた誰かの意見を聞かなきゃわからないけど

  

他のシーンでも見せ方考えなら演出しようと頑張ったけど、まだまだ自分自身でしっくりきていないところが多いです

これから勉強しながら経験積んでいきます

  

  

現行クエストが一段落付いたら加筆した高解像度版を有料配信する予定ですが

その際は1話2話を大きく変更するつもりです

それまでに売り物として通用するレベルまでスキルを高めるのが今の目標です

  

  

とても役立つ指摘ありがとうございました

応援よろしくおねがいいたしますm(_ _)m

https://anond.hatelabo.jp/20171115092232

家で勉強できるなら、通信制高校目指すのがよさそう。中学時代学習って、量より習慣なので、自宅で1時間やってるなら問題いかと思います

たぶん、今焦って塾とか習い事とかさせると、同じ学校クラスメイトに会って気まずいはずなので、割り切って、自宅学習から通信制高校って決めたほうが楽ではないかと。

通信制高校最近不登校も増えてるからいろいろな学校があるけど、自律的勉強できて将来進学も考えてるなら、公立通信制予備校の現役クラスの組み合わせがいいです。ちなみに、公立通信制定時制と同様にもともとは中卒で高校に行けなかった人のための福祉施策なので学費はタダ同然です。4年制のようなイメージありますが、実は、きちんと勉強に専念して課題テストをこなしてたら3年で卒業できます

おそらくだけど、姪御さん、勉強は嫌いじゃないけど、学校行事とかクラスのチームワーク強制させる仲良しごっこがダメなのではないかと思うんですよ。で、私立通信制って、制服が可愛かったり、豪華な修学旅行だったり、そういういたれりつくせり青春イベントがいろいろあって、たぶんしんどいです。お金もかかるし。あれは、本当は仲良しごっこ大好きだけど、いじめられてて中学行けなかった子向けだと思う。フリースクールとかも良し悪しで、発達障害持ちも含めて学校よりもっと面倒くさい人間が集まるコミュニティなので、人間関係わずらわしさがダメな人にはダメかと思います

まあ、勉強して社会に出れば、仲良しごっこなんてやらなくても働いてお金もらえる職場あるし、というか、昨今の企業ではほとんど仲良しごっこなんてないので、早めに将来の仕事意識できれば良いですね。

もし、そこまで偏差値的に強くないタイプなら、同じく公立通信制日中アルバイトするのもおすすめです。決まった時間に出勤して地道に仕事をすることができるかできないか早めに見極める試金石になるので。きちんとアルバイトができるなら就職を早めに考えて将来設計できるし、もしできないなら、もう少し軌道修正必要ということになるかと。

まあ、誰にしても、人間、できることとできないことがあるので、中学生という早い時期にできないことが明らかになった以上、できることを早めに見つけて、そこにステ振りして生きるよう腹をくくったほうがいいかと思います勉強できて良い大学を出ても組織で働くことがダメドロップアウトする社会人も多いわけだし、自分特性を早めに知れてむしろラッキーかもね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん