「ママ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ママとは

2018-08-15

anond:20180815193313

子供を、遊び相手ファッション小物にしないならいいよね。

👨今日は何してあそびまちゅかー?

👶…寝たいんですけど、助けてママ

👩あ、可愛い天使のような困った顔!スマホで撮ったろ!フィルターかけまくりで盛った私の写真と合成してInstagramあげたろ!

増えるPVフォロワー

👶こまった親の相手は疲れるよぅ、早く大人になって独立したい。

anond:20180815145540

近所のコンビニの上にあった塾、いつも終了の時間近くのパーキングはお迎えのママ運転する車で溢れてた。

パパはお仕事でしょうから、お迎えは(やや仕事早く帰れるのかな)ママしかたことないです。

小学校あがってからも、大変そうです。でも、塾のお迎えママグループがありそう。

わりと前の話なので、今ならもっと男性が増えたりしているのかも知れません。

2018-08-14

anond:20180814105906

実際のところその辺はママさんたちの方がすごくシビアに見ていて、そういう部分で気の合うママさん同士がグループになる傾向があるのは端から見てておもしろい。そこら辺を“ちゃんとしたい”と考えているグループと“あまり気にせず自由奔放に”というグループがあって、その2つはたぶん仲が悪い。

そうじゃなくて、育てにくい子のママ大人しい子のママグループには入りにくいんだよ。

自分けが迷惑を掛ける事になってしまうから

から似たような育てにくい子と繋がる。それならお互い様から

発達障害児なんかもろそう。発達障害の子ファミレスの他の客は勿論、子育て支援施設ですら他の親から排除されがちだから

施設側がそういうママ孤立しないようにと障害オンリーデーを作ってたりするよ。

「2歳児はどうぶつ」「だから親でもどうにもできない」←は?

anond:20180813145826

元増田言葉ピーキーから反感を集めてるようだけど、しかし集まってるぶコメが “弱者に寄り添いたい症候群” のオンパレードでなんだかなあと思う

当方、9歳6歳の父親

まずね、2歳児というとだいたい歩き始めて少したっていて、歩き方もちょっとしっかりしてきて、食べ物ミルク離乳食卒業普通のものを食べてる頃あい言葉も少しずつ喋るし数もちょっと数えられる、親の言うこともなんとなくわかってる感じが出てくるけど、“魔の2歳児”という言葉存在するように時にはアンコントローラブルになる事もある、そんな感じの時期。

もちろん個人差はあるしADHDなどを持ち出すとそりゃいろいろあるわけなんだけど、一般的な話として「2歳児にはしつけも効かないし親は何もできない、だから外で子供が騒ぐのは仕方ない、親は悪くない」というのはぜったい違うと思うんだよね。

まず、子どもについて。

子供学習能力を甘く見ちゃいけません。彼らにもしっかり環境適応能力は備わっている。当然だよね、生物として環境適応できなければ死ぬんだから。ただ幼い頃はまだ身体的制約が大きいのでその適応力は弱い、だから親のサポート必要

俺が大事だと思うのは、彼らは一生懸命環境適応しようとしているのだから、親が根気強く粘り強く環境への適応の仕方を教えたり、サポートしたり、促したり、環境のものを調整してやることだと思うんだよね。子どもにとって不適切場所には行かないようにするとか、その環境に適さない行動をしたときに都度、注意をするとか。

例えば、子供が騒いじゃいけない場所、騒がない方がいい場所で奇声を発したとき、親が毎回毎回人差し指を口にあてて「しーっ!」とやる。当然彼らは最初、その仕草意味理解しないので効き目はないが、その仕草のあとたまたまかにしたら誉められた、なんか「しっ!」の後に黙るとよくわかんないけど誉められるなあ、という成功体験が続けば次第にそれを理解し始めて、やがては「こういう場所では母ちゃんに「しっ!」ってやられる事が多い気がする!」と予測を立てられるようになる。これこそが学習能力であり環境適応能力でしょう。

個人的な経験からすると、騒がしい子どもの親はその「しっ!」をほとんどやらないんだよね。諦めてるのか必要ないと思ってるのか、いや俺はおそらく「判定が甘い」んだと思ってるんだけど。

群衆の中に自分がいるという意識が低くて、周囲と自分の間の境界の判定が甘いから、あまり気にしてない、気にならないんだろうなあと思う。ものすごい香水臭い人とか、イヤホン音漏れすごい人とか、電車の中で飲食する人とか、、、明確に悪いことではないけど周囲との距離感意識できてたら普通はしないでしょってことでも平気でできる人は判定が甘いんだと思う。どの声の大きさなら“うるさい”レベルなのかっていう判定が甘い親はほとんど「しっ!」とやらない。子供と親の性格には確実に相関関係があると思う。

実際のところその辺はママさんたちの方がすごくシビアに見ていて、そういう部分で気の合うママさん同士がグループになる傾向があるのは端から見てておもしろい。そこら辺を“ちゃんとしたい”と考えているグループと“あまり気にせず自由奔放に”というグループがあって、その2つはたぶん仲が悪い。女性特有の“笑顔で殴りあう”、みたいな恐ろしい世界

ちょっと脱線したが話を戻すと、子供環境という部分に関しては親にできることはたくさんある。

そりゃね、世の中のお店は売り上げが欲しいから「子どもOK!おいしいお子さまランチあるよ!おいでおいで!」とやるんですけども、当然だけど別にそこに行かなくてもいいわけです。外食しなくていいように予定を組むとか、子供が寝てる隙にさっと食事を済ますとか、親が交代で食事をとるとか、、、 ぶっちゃけ、「泣き止まないか放置」とかい選択が一番理解できない しか母親1人かと思ったらまさか父親登場、ふたりいるんかい!と笑

あいろいろゆーとりますけども、言いたいのは、別にムチでビシバシやるようなしつけじゃなくて、どんなに小さな事でも細かいことでも、やんわりとしかしながら根気強く子どもを促していると、子どもはそれにすぐに適応する ということです。

騒がない子ども環境適応した結果そうなった。個人差の部分はゼロではないと思うが、それは実際かなり小さい、親の影響の方が遥かに強大。

から環境適応のヒントを与えられ続けた子どもは、行動の判定基準に「騒ぐと周囲に迷惑がかかる」といった“大人感覚”が加味されていて(その意味が分かってなくても)、逆に親からヒントを十分もらえてない子ども独自解釈環境適応した結果、騒ぐことが周囲に与える影響が加味されていない判定基準によって行動するようになる。ということ。

まあ、考えすぎて根詰めるのも良くないとは思うけど、親にできることはかなりあるとおもいます。工夫をしましょう。

2018-08-13

騒ぐ子供を許容したら故意犯を防げない

騒ぐ子供を許容したら、子供(達)が騒ぐまま、暴れるままにして自分たちママ友集会のおしゃべりに興じるような故意犯を防げなくなる。

から騒ぐ子供がいたら一律注意するというのは基準として明確だし公正。

恨むんならそういう子供より自分優先のママを恨むんだな

そういうママ友の間で保育園入園許可がもらえるような作文例、いわゆる過去問流通してるぞ

試験下駄履いてるぞ

anond:20180813204114

午後にランチママが集うお店は

お互い様だよねー」みたいなふいんき場合がある

anond:20180813120212

自分家族が人様に迷惑をかけておいて一言も謝らないとはほんと図々しいな

さすがママ様は違いますなぁ

anond:20180813120212

初めてお店でギャン泣きに遭遇した時、私は耐えられなかった。

学生だったか20,21歳の時。

大人のマナーとして、これに耐えなきゃいけないのか」

「親は慣れてるだろうけど、初めてこうやって聞くとすごい」

結局、30分ちょいのランチ友達と会話もあんまりできなくて、大音量に耐えながら食べた。

楽しくなかった。

増田も、最初から耐えれたの?

無関係の子供が泣いてても、

子供泣いてるな〜」ってその場でずっと楽しい時間過ごせた?

子供泣いてても、自分ご飯食べるの?

外で両親交代しながらあやそう、とかになんないの?

最初から周りが全員耐えられて当たり前なの?

私は自分が親だったら、外に連れ出そうって思った。

私はあの声に周りが全員耐えろって思わない。

自分の子が、ちゃん言葉がわかるようになって来たら、ちゃんと話す。

お店で大声だしたら、周りの人に、嫌な気持ちが伝わって、みんな楽しくなくなってしまうよって。

から、泣きたいなら、ママを外に連れ出してねって。

最初ダメかもしんないけど、何回も子供にお願いしたい。

ママ気持ちが伝わるといいなって。

そんなのできるわけないっていうなら、子育てってそんなものなのかと諦める。

子育てする人たちはホントすごい。

子供が口につけたものを食べたり、ああやってイヤイヤしたりギャン泣きしたりする子を育ててる。

正直私はできる気がしない。

でもいずれ親になったら、女王さま気分で子育てするんじゃなく、最低限の気は使って子育てしたい。

ツイッターでいわゆるママさんのアカウントフォローしてて、よく義家族への不満がわんさか出てきて

それだけ見てるとこんなおかしな人が、世の中にこんなにたくさんいるか?って思うわけよ。

まあ実際おかしい人もいるんだろうけど、結局、義家族との付き合いは面倒くさいものという先入観

正当な評価ができなくなってるんじゃないかと思うよね。

anond:20180813120212

食事を中断して子供を店の外に連れて行ってあやしたりしていない段階でこの親の擁護はできん。

なぜそれくらいのことができないの?

泣いてる子を泣かせたママ食事するより落ち着いてから食事させたほうがいいに決まってるじゃん。

anond:20180813015830

夜な夜なコソコソ?ああ、自己紹介ありがとな。

俺は今もう眠くてハナクソいじるのもしんどいんだわー。

つか、お前も早く寝ないとママに怒られるぞ?

2018-08-12

はてなーが綺麗に食べられなさそうな食べ物

https://anond.hatelabo.jp/20180812081156

なんとなく「育ち」に関わりそうなトピックには妙に食いつきがよい。ここら辺、はてなーに拘わらずネット住民琴線に触れまくって、ビクンビクンいっちゃうポイントなんだろう。

そんなビクンビクンいっちゃって腰がガクガクで立つこともママならないはてなー

が上手に食べられない食べ物を調べてみたので参考にしていただけたら幸いである。

ゆでたまご

鍋物の斜めに切った長葱

心太

・棒アイス

手羽先

フランスパン

ハンバーグに添えてあるミックスベジ

チーズおかき

味噌汁シジミ

トウモロコシ

オートミール

チキチキボーン(骨付き)

ミルフィーユ

かき揚げ

葡萄(種有り)

などなど、ちょっと調べただけでもコンナニ見つかってしまうなんて、はてなーの闇は深い。

ちなみに私は全て綺麗に食べることができる。まあ、それはそれでどうかと思いますけどね。

先生遠藤さんの上履きがありません! 8

前話:anond:20180811045820

第一話:anond:20160131184041

なろう版(同一内容):https://ncode.syosetu.com/n0012dq/

ヒロミ

遠藤さん。僕は、先週の水曜日に、遠藤弘美さんの上履き下駄から抜き取り、廊下の角の水槽の中に隠しました。そして、自分でやったことなのに、誰か他の人がやったふりをして、自分でその上履きを見つけました。ごめんなさい。もうしません」

 気持ち悪かった。男子なんてこんなもん、って思ってたけど、実際に自分がやられてみると、『こんなもん』じゃ到底気が済まない。私の上履きを、私が見ていないところで下駄からとって、それを水槽の中に入れた? こいつが? 自分が目の前にしているものを、到底受け入れられなかった。

 でも、こう言わなければならないんだろう。

「いいよ」

 せめて、ケン君に軽蔑気持ちが伝わるように、自分にできる限り最大の軽蔑を込めた声色で、私はそう言った。でも、どうせ『素っ気ない』くらいにしか思わない。男子はそんなもの。まして、こんな変態に、私の気持ちがわかるわけがない。

 お決まり儀式が終わると、私はできるだけ無表情を保ったまま、席についた。

園田君は、勇気を出して自分がやったことを告白して、三人にきちんと謝ってくれました。間違いは誰にでもあります。でも、間違いを認めて謝るのは、誰にでもできることではありません。園田君、ありがとう。そして、高橋さん広瀬さん、そして遠藤さんの三人も、園田君の話をきちんと聞いて、許してくれてありがとう。人を許すのも誰にでもできることではありません。みなさんも、間違いを犯したり、悪いことをしたりして、だれかを傷つけたり、また誰かに傷つけられたりすることが、これからたくさんあると思います。そういうときは、高橋さん広瀬さん、遠藤さん、そして園田君のように、間違いを認め、きちんと謝り、そして、誰かが謝ろうとしているときは、きちんとその話を聞いて、できれば許してあげてください」

 くだらない。先生だって、「ごめん」の一言で許せることと許せないことがあるのはわかってるだろう。ただ自分クラスを指揮したいから、こんな風にしているんだ。

園田君、こんなことをしたのは、理由があるんですよね? それをみんなの前で話してくれますか?」

クラスのみなさん、僕は、高橋さん広瀬さんと遠藤さんの上履きを隠して、それを自分で見つけてヒーローになったつもりで楽しんでいました。豊島さんの上履きがなくなって、それを山崎君が見つけたとき山崎君がみんなに褒められて、豊島さんに喜んでもらっていたのが羨ましくて、自分もああなりたいと思って、やってしまいました。みなさんを騙して、不安にさせて、それを今まで黙っていて、本当にごめんなさい」

「みなさん、園田君のことを許してあげられますか?」

 どうして当事者じゃない他のみんなが、「いいよ」、「いいよ」と言っているのか。本当にくだらない。迷惑をかけたというけど、だったらそれは、当事者問題クラスみんなの問題に仕立て上げた浦木のせいだ。『先生』という立ち位置は、そんなに気持ちいいんだろうか。

 周りのみんなを見渡して見ても、本心で「いいよ」なんて言っているやつはいないだろう。いや、ひょっとしたら、ケン君と仲良しのタッ君くらいは、本心かもしれない。

 そう思って彼の方に目をやった時、私は自分の耳を疑った。

ケンジ君は犯人じゃありません」

 アヤちゃんだ。ケン君が犯人じゃない? アヤちゃんは、何かを知っているの? 

 次の瞬間、タッ君が立ち上がって叫ぶ。

「僕じゃない!」

 状況が理解できなかった。

犯人は……」

「だから僕じゃないって言ってるだろ!!」

「黙って。タカヒロ君疑ってな……」

「黙るのはそっちだ!」

「だからそうじゃないって言って……」

「うるさい!」

「私はケンジ君じゃないって……」

「違う、違う、違う! 犯人ケンジなんだ。それでいいんだ。ほら、本人がそう言ったじゃないか! あいつは、アヤネの上履きが隠された日の放課後、それを見つけたユウヤを羨ましいって言ったんだ! 『ヒーローだぜ?』って言ったんだ! あいつは、みんなに褒められて、女子感謝されるのが羨ましくて、自分上履きを隠したのに、それをまるで、『俺は頭が良いから見つけられるんです』って言うみたいに、わざと知らないふりをして、自分で隠したのを自分で見つけて、自慢げに『先生、あった!』なんて言ってたやつだ! あいつは、表では優等生ぶって、裏では女子上履きを盗む変態だ!」

 そんな言い方しなくても、と心の中で言いかけた時、自分もそう考えていたことに気づいて、ゾッとした。でも、タッ君のいうことは間違ってない……はず。じゃあアヤちゃんはなんでケン君をかばうの?

園田君待ちなさい!」

 割って入るように先生が叫ぶ。思わず教壇に向き直ると、ケン君がいなくなっていた。状況に耐えられなくなって、逃げ出したのかもしれない。弱い奴。あいつは私の上履きが隠された日もこうだった。いや、隠された、じゃなくて、あいつが隠したんだ———アヤちゃんの言うことが、本当でなければ。

「みんなは静かに待ってて」

 先生はそういうと、教室から出て廊下を走って行った。

 その時、『パンッ!』と乾いた音が教室に響いた。

 音の方に向き直ると、涙目のアヤちゃんがタッ君を睨みつけ、タッ君はほっぺを抑えて俯いていた。

上履きを隠したのは、私なの!」

 アヤちゃんだとは思えないくらい大きな声で彼女は叫んだ。

「マジかよ」

「嘘だろ。ケンジをかばってるんじゃねーの?」

「でもあいユウヤが好きなんじゃなかった?」

 バカ男子が口々に言う。

 私にだってにわかには信じられない。アヤちゃん私たち上履きを隠した? ケン君がやったって、さっき言ったばかりなのに。

 私はあの時、ユッちゃんアユちゃんと一緒に、体育館で遊んでいて、上履き体育館下駄箱に置いたままだった。アヤちゃんは、いつも一緒に遊ぶのに、あの時はいなくて、私が上履きがなくなっていることに気づいて、二人と一緒にギリギリまで探した後教室に戻ったら、自分の席に座ってた……ような気がする。だから、アヤちゃんアリバイは、ない……の、かな。でも、アリバイがないのはケンだって一緒……。

「私は、ユカちゃんと、アユちゃんと、ヒロミちゃん上履きを隠しました。でもそれは、三人が私の上履きを隠したからです」

 はっとした。アヤちゃんまさかあの時のこと……。でも、それは違う。

「アヤちゃんそれは違うよ」

 私の思ったことをそのまま言ったのは、私の口ではなくユッちゃんのそれだった。

「何が違うの!? あの時私の上履き袋を持ってたのはあんたたちじゃん!」

 そうだけど、と私が言う間も無く、口の早いユッちゃんが続ける。

「アヤちゃんが途中でいなくなっちゃうから私たち、ずっと体育館で待ってたんだよ。でも、用具のおばさんがもう体育館閉めるよって言うから、仕方なく、アヤちゃん上履き袋も一緒に持って出たんだけど、アヤちゃん戻ってくると思って、用具のおばさんに言って、上履き袋を体育館入り口のところにおいておいたの」

 体育館普段、授業とか式典で使う時以外は閉まってるけど、昼休みに校庭が使えないときは、昼休みが終わる10分前まで解放してくれる。その日はちょうど、光化学スモッグ警報が出ていて、校庭が使えなかった。

「でも私、体育館に戻ってきたら、もう閉まってて、入り口上履き袋なんてなかった」

 アヤちゃんが嘘をついているとは思えなかった。でも、ユッちゃんのいうとおり、私たちは確かに、アヤちゃん上履き袋を体育館入り口に置いて教室に戻った。あとでユウ君がそれを見つけたのは、体育館そばにある、西校舎の給食エレベーターの脇だ。だから、アヤちゃん上履きを隠したのは、私たちじゃない。

私たち体育館入り口に置いたんだから、アヤちゃんが戻ってくるまでに、誰かが移動させたんだよ」

「じゃあ誰が!?

 まるで私たちを責めるみたいにアヤちゃんが言う。

 教室が静かになった。

 ……

「俺なんだ」

 沈黙を破ったのは、ユウ君だった。

「は?」

「お前、自分が見つけたって言っといて、隠したのも自分だったの?」

「こいつがほんとのジサクジエンかよ」

 ユウヤは立ち上がって言った。

「俺、アヤネさんに、良いとこ見せたくて……ごめんなさい」

 信じられない。こいつがアヤちゃんのこと好きなのは薄々知ってたけど、上履き隠して見つけたふりしてポイント稼ごうとするなんて。

「ヘーンータイ! ヘーンータイ!」

 男子が囃し立てる。ユウヤは俯いている。

「ヘーンータイ! ヘーンータイ!」

「ヘーンータイ! ヘーンータイ!」

「ヘーンータイ! ヘーンータイ!」

「ヘーンータイ! ヘーンータイ!」

 ……

「黙って!」

 アヤちゃんの声。

「へーんたい……」

 急にトーンダウンする男子たち。

「私、嬉しかったのに……」

 アヤちゃんはそれっきり黙ってしまった。

 教室先生が戻ってきてからは、みんな何も言わなかった。先生がいない間にわかたことは、アヤちゃん上履きを隠したのがユウ君だったってこと、ユウ君はアヤちゃんの気をひくために、自作自演をしたと言うこと、私とユッちゃんアユちゃん上履きを隠したのは、アヤちゃんだったってこと、アヤちゃんは、自分上履きを隠したのが私たちだと思い込んで、仕返しのつもりでそれをやったこと。わからないことは、どうしてケン君と仲良しのタッ君が、ケン君を犯人だと言ってあんなにキツく罵っていたのかと言うこと。

 先生はそのままホームルーム解散して、放課になった。ケン君が犯人じゃないってアヤちゃんが叫ぶのを、先生は確かに聞いていたはずなのに、何も言わない。結局先生は、偉そうなことを言って私たちを指揮することにしか興味ないんだ。

 放課後、アヤちゃんと話がしたかったけど、ユウ君と何か話してたから、また今度にすることにした。アヤちゃんだって被害者なのはわかる。でも、自分思い込み私たちを一週間も振り回しておいて、まるで自分ばっかりが悲劇のヒロインみたいなあの態度は、ちょっとムカついた。何も水槽に入れなくたって良いのに。自分のは、上履き袋に入って出てきたくせに。

 ユッちゃんアユちゃんバイバイした後、駅の近くの電話ボックスに向かった。ケン君にはちゃんと伝えておかないといけない。ママにもらったテレホンカードは、まだまだ度数が残ってたはず。ママの前じゃなく、落ち着いて話がしたかった。

2018-08-09

anond:20180809083739

買い物しててもママ女の子からピンク好きでしょとピンク持ってないのに決めつけてきて押し付けようとするからウゼえよ

君もずっとくっつかれてこんなんやられて趣味じゃないもん押し付けられたらウザいと思うよ

穏やかに説明しても解らんみたいだしウザ過ぎる

子供ジェンダー観がおかし

最近子供男の子女の子区別にうるさくなってきた。

私のどうぶつの森を覗いて

ママ女の子なのに髪が短くてズボンなのおかしいよ」

「私ショートカットだし、ズボンよく履くよねキャラも一緒にしてるだけよ」

ママ女の子なのにロボット置いてるのおかしいよ女の子可愛いのが好きなの片付けてもっと可愛くして」

「私ロボット好きでしょ、それに君もプリキュアきじゃん、そんな事を言ったらそれもおかしなっちゃうよ」

「何で?」

「へ?だって男の子女の子でうるさいから」

「何で?」

そもそもプリキュア女の子向けアニメだと気がついてないのに騒いでいた様子で、現実ママ女の子らしくないのにどこで女の子男の子とか覚えてくるんだろ。

2018-08-08

anond:20180808235038

ママのまんまんから出てきたんだからある意味お前も童貞卒業してるのかもな

生きる意味

生きる意味がない。

誰にも好かれない。でも誰かに好かれるための気遣いが私にはない。

圧倒的に気がつかない。存在理解しているけれど、行動が追いつかない。

死にたい。もう、死にたいです。つらいです。誰にも好かれないのきついです。

社会に対して何もできなかった。私には家族もいる。でも私が育てるよりいい人がいる。

このまま子供に嫌われたら怖い。

小さい頃の大好きなママのまま消えたい。

ごめんなさい。

anond:20180808150111

ワンオペ育児疲弊してる医者の嫁が「平和暮らし」ねえ…

しか専業主婦だと元高卒フリーターママなんかと一緒にされて見下されて

努力して医学部に入ったプライドもズダズダにされるわけだし

そこで「私は元医者なのよっ!」とか周りに言いふらしたら痛い人だしねえ…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん