「女性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女性とは

2018-10-21

anond:20181021151930

海外女性日常的に痴漢盗撮にあってる国を教えてください

インド痴漢どころかレイプ事件がおこることすらありますが男女完全別の路線があります

男の脱毛

この間、女子会に行った時の話だ。

変な話、女性はつまらない話とつまらないの共感が好きだ。

私の気持ちに棘を刺したのは

『男の脱毛について』の議題だった。

ありえない。男らしくない。

意識が高すぎると少し気味が悪い。

そんな話だった。彼女たちは共感が得たくてこんな話をしているんだろうと、私はあまり興味深く話はしなかった。

きっと彼女たちは表面的意識で『男の脱毛』は『過剰な美意識』に繋がっているのだと思う。

私に兄がいる。

兄は、お金を貯め、最近脱毛に行くようになったという。

私は、よかったとさえ思った。

皮膚の弱い兄は剃刀にも弱く、濃い体毛に悩まされていた。

そんな兄が脱毛を始めた。もう剃刀にまけて、皮膚をボロボロにすることがない。

本当によかったと思った。

そういう選択肢もあるんだと、兄が気付いてくれたことが嬉しかった。

男の脱毛は、恥ずかしいことではなかった。

anond:20181021150053

洗脳性さえなければ、そんな薬できたらようやく女性が男の暴力性に怯える日々から開放されるしで社会にとってはいい事ずくめ

anond:20181021143130

年代性別が分かりませんが40代からそれ以上の女性だったら更年期障害じゃないですかね。

私もそういう世代なんだけど、母があまり更年期で苦労していなかったのでその体質を受け継いでいれば大丈夫らしい。

症状が重かったら医者に行ってホルモン補充療法とか受ければ良いと思うけど、自分が想定しているのと全然違う年代男性とかだったらすごく大きなお世話だな。

anond:20181020130536

社会学学問ではありません。まずそこを履き違えないでください。単純に興味を引いて金になるからあるだけです。

これは、先ほどのフェミニズム議論が役に立ちますお茶くみとかの補助業務に当たっていたということは、先の説明でもしましたが、今日でも、「相づち」をする役割は、女性となっていることが多いです。例えば、新春の、一体誰がみるのかよく分からない県知事が語る!みたいな番組がありますが、あのとき大抵女性アナウンサーが話を聞いたりしていないでしょうか。このとき女性アナウンサーは、多くは男性である知事に対して、その発言がしやすいようさまざまな配慮をしながら、質問を重ねていきます

まず、県知事男性、としているのが、(社会学者らしい)頭がおかし典型例です。社会学者は、これが学問だ!とか言いながら「歴史的経緯」とか説明します。女性参政権取得からもう何世代立ちましたか再現性のない記述学問とは言いません。少しぐらい頭を使ってください。

結局、別に女性参政権があろうとなかろうと、ほとんどの女性政治に参加しないし、ノーベル賞も取りません。これがずぅ~~~~っと再現され続けています。この再現無視して、自分妄想を「学問だ」などという人間学問的ではありません。

anond:20181020144825

あ ほ く さ

とはいえ、若く綺麗な女性ノーブラで街を歩いていて、性的に見ないでいられる男性はどのくらいいるだろうか、と考えると今の日本では実際難しい問題だとは思う。

ふーん日本だけなんだ。すごいね。なら日本語つかって主張するのやめたら?今の「見ないでいられる」国の人になってくださいねー^^さようならー^^

"子供女性性を見て加害するのがロリコン" site:anond.hatelabo.jp

約 348 件 (0.30 秒)

よっぽどお気に入りフレーズなんだな

anond:20181021000021

おかしい。法律問題じゃなく、人権問題だということすら理解できないのか。こいつは。さすが「フェミニズム」の名のもとに人の人権否定しまくってきただけのことはある。

子供女性性を見て加害するのがロリコン

子供男性性を見て加害するのがフェミニスト、だ。覚えとけ。

獣になれない私たち(けもなれ)は「新垣結衣」のドラマ

「獣になれない私たち」を2話まで観た。脚本家野木さんは新垣結衣が本当に好きなんだな~と思った。

「獣になれない私たち」は、新垣結衣演じる深海昌が主人公ドラマ。「常に笑顔」、「仕事完璧」で誰からも好かれ、愛されている女性だ。でもそれは、彼女の身を削る努力で成り立っている。みんなに気を遣い、我慢し続けていたら、次から次に仕事を任され身も心もすり減る様子が1話では描かれていた。

営業アシスタント」の仕事範囲を超えて、辞めた秘書の代わりにパワハラ社長無理難題に答え、自分仕事責任が持てない若手社員ミス必死カバーし、顧客の前で靴を脱いで土下座までする昌。(「女の子困らせるの趣味じゃないんだけどな~ごめんね~」と言って土下座している新垣結衣の頭を撫でた奴の気色悪い顔と声を俺は忘れない)

このドラマでは「獣」と「獣になれない人」二つの相反するキャラクターが描かれている。昌はもちろん後者だ。「獣」とは強い人。自分が着たい服を人目も気にせず着られて、本能直観で動いて、恋に落ちることが出来る人。菊池凛子演じる橘呉羽がその典型例だ。ブランドデザイナー彼女生き方自由のもの交際0日で結婚も決めてしまう。

自称簡単に人を好きになれない」昌はそんな呉羽に憧れる。一時は仕事で身も心もすり減り、線路に飛び込んで自殺しかけた彼女だったが、呉羽デザインするブランドの服(昌の言う「強そうな服」)を身に纏い、社長業務改善要求を出して抵抗する。

脚本家野木さんは、どんな日本社会コミュニティ存在する、昌のような「獣になれない人」に向けてこのドラマを作ったのだろう。3話からも「獣になれない人」がどう生きるべきか教えてくれるはず。


前置きが長くなったが、このドラマで何といっても重要なのは新垣結衣」の存在だ。

主人公の昌を演じる新垣結衣がなんというかもう、めちゃくちゃはまっているのだ。

1話でドキッとするシーンがある。

クラフトビール店「5tap」で松田龍平演じる根元は、昌をこう評する。

あの女がキモい。前から思ってたんだよね。なんかお綺麗だけど嘘っぽくない?あの完璧笑顔がなんかキモい。俺ああい人形みたいな女だめだわ。


それを後ろで昌は聞いている、けど聞いていないフリをするというシーン。もちろん昌に対しての根元の意見なのだが、「新垣結衣」に対して言われるように感じて視聴者はドキッとする。

女優界の「華の88年組」と言えば、新垣結衣戸田恵梨香堀北真希吉高由里子だ。新垣結衣は他の三人に比べて、知名度の割に作品の受賞歴や出演数は少ない。「同世代女優さんが実力派として認められているのに、私はいつまでも変われない」と本人も言ったとか言わなかったとか。確かにインターネットでは「ガッキーはどの作品に出てもガッキー」、「かわいいだけの演技」等、彼女の演技自体を褒める意見は少ない。

ガッキーかわいい」は日本国民の総意であり、この欺瞞偽証が渦巻く社会の中で唯一正しいと信じられる、決定的な事実であるしかし、私たち国民それを彼女に背負わせてはいなかっただろうか。彼女私たちが作り出した「新垣結衣イメージ」を崩さないよう必死に生きていたのではないか

新垣結衣ダンスについて、実は苦手だと語ったインタビューがある。

可愛すぎる新垣結衣 実は苦手「なのに、なんでいつも踊ってるんだろう」

グリコポッキー」のCM逃げ恥等、ダンスイメージが強い彼女だが、「ダンスは習ったことがないし、どちらかといえば苦手分野。なのに、なんでいつも踊ってるんだろうなあと思います」。と語る。周りの期待に応えるため、苦手なことでも受け入れて笑顔で楽しむ。出来てしまうからやってしまう。周囲もそれに甘える。まさに昌ではないか

脚本家野木さんは、日本社会コミュニティ存在する、昌のような「獣になれない人」に向けてこのドラマを作った。そして、それは昌を演じる「新垣結衣」にも向けられている。

決定的なのは新垣結衣がブーツ(しかもかなり高い)を履いたシーンである新垣結衣は実は身長が高い、というのは有名である公表では169cmだが、もう少し高いのでは?という意見もある。しかし、「かわいい」というイメージを守るため、共演者が厚底の革靴を履いたりして、彼女を小さく見せる工夫をするケースがこれまで何度かあった。脚本家野木さんはそんな彼女にブーツを履かせた。しかも前述した呉羽デザインするブランドの服(昌の言う「強そうな服」)としてだ。これは、野木さんから新垣結衣への「ありのままでいいんだよ」という愛あるメッセージに他ならない、と私は思う。



でも結局ガッキーかわいいから!!!

「お風呂入ろ~」って彼氏に言うとことかやばいから!!!

みんな見てね!!!

「若おかみは小学生」を褒めてる奴はネトウヨアンチフェミ

最後の方で宿を移ろうとしてる客を引き止めるシーンがあまりにもひどい軍国主義美的描写で私にはダメだった

あの「私は若おかみですから」という宣言主人公自我を殺してしま他者への奉仕を優先するということであって、戦中に少女小説が軍国少女生産に一役買っていた歴史を思い起こさせる

>>天使のごとく麗わしい女性と化す秘訣は、その女性芸術オブジェになろうと聖者になろうと、とにかくそ自我を、個人の喜びを、そして個人欲望を、あるいはそのすべてを放棄することである。それはまさに、その女性に死と、天国約束した犠牲意味する。無私ということは高貴であるというだけでなく、死んでしまっているということでもあるからである

サンドラギルバート/スーザン・グーバー屋根裏の狂女」<<

あのシーンで泣く観客は主人公実質的に「命」を差し出す自己犠牲精神に感動して泣いているということ

戦争美的で、反フェミニズム

きっとアベに投票してるような層が感動しているのだろう

占い師女性と仲良くなるのも気持ち悪い

「女は非科学的」というジェンダーロールの再生産になっている

女性科学者にすればよかったのに

anond:20181021000021

これ乗客女性ジャンパー男達を女性専用車両から追い出しに掛かって、裁判で正当と認められる判決を勝ち取るしかないと思う。

以後は判決根拠に駅員が男達に同じ対応ができるようになる。

現状、増田のような論拠で鉄道会社が彼らを追い出すアクションを取るのは無理。

少なくともジャンパーを着て大人しく乗っている限りは。

ジャンパー男の暴力世間体も恐れない女性たちの決起に期待する。

この際、キズナアイはどうでもいいので元増田に教えてほしい

https://anond.hatelabo.jp/20181020130536

元増田ありがとう

まず、元増田解説感謝を示したい。

この問題について、自分はずっと論点がつかめずに長い間モヤモヤしていた。

元増田解説によって、やっと何が論点なのか分かってきた。ありがとう

その上で、元増田好意に期待してさら質問したい事がある。

私の質問

元増田マルクス主義フェミニズム立場を全面肯定している訳ではないので、より正確には「そこにはどんな正当性があると(マルクス主義フェミニズムでは考えられている)のか?」になるかな。

あと、キズナアイも誰か1人の意思のもとに行動しているとは限らないが、少なくともキズナアイを演じる1人の個人がおり、その個人自発的意志を持って活動しているのは、まあ確かだろう。

議論の前提

元増田千田氏の問題提起を以下の4点に要約した。

一旦、この4点はすべて真実だと仮定して話を進めよう。

(1) キズナアイNHK解説記事において「相づち」をする役割となっている

(2) 「相づち」をする役割は、従来から女性が担ってきた役割である

(3) 従ってキズナアイ解説記事における役割は、従来の女性が担ってきた役割を担っていることになる

(4) そのことは、理系と呼ばれる分野で活躍する女性などに対して、好ましい状況を生むようなものになっていないのではないか

今私は、キズナアイ論争ではなく、キズナアイ論争を通じて解説された「役割再生産」というコンセプトについて聞きたいので、一旦、この4点が事実かどうかの確認は横に置いておきたい。だから、これらが真実なのかは誰にも断定する事は出来ないが、事実だと「仮定」して議論を進めたい。

個人自由

誰かの自由意志、例えば、キズナアイが「NHKノーベル賞解説動画に出演する」という自由意志を、制限する事が正当化されるとしたら、それはどんな理由によってだろうか?

色んな立場がありえるが、私は、この立場に立ちたい。

十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命自由及び幸福追求に対する国民権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重必要とする。(日本国憲法より)

もし、この立場に立つ事に同意して貰えるのであれば、キズナアイが「ノーベル賞受賞者のうなずき役として、NHKに出演したい」という自由意志制限できるのは「公共の福祉に反するから」という理由以外にはありえない事になるだろう。

公共の福祉

ひるがえって、「役割再生産を防ぐ」というある種の「公共の福祉」には、個人自由制限できる程の論拠が足りているのだろうか?

先程私は、(1)〜(4)の要約をすべて事実だと仮定すると言った。私はそれは議論関係無いことだと思った。だけど違った。

それは今やこの議論に致命的に重要になった。

だって根拠が無い事によって最大限尊重されるべき個人自由が制約される事に正当性などある分けがいから。

個人自由制限しうるほど確固たる根拠になりえるのか?」という視点で見た時「会話実験」というどうとでも解釈できそうなアプローチは十分な証拠たりえるのか?

再び質問

以上の私の立場を踏まえてもう一度聞きたい。

基本的フェミニストと呼ばれる人にはなんの感情も持たないけど

二次元海外ドラマ役者の男のセクシーものを見てエロいって言ってる人が

二次元アイドル女性セクシーものを見て苦言を洩らしていると

え…女の体にエロスを見出すのはダメで男の体にエロスを見出すのはいいの…?

男性女性すべからく性的消費?だっけ?されるべきではないって考えじゃないの…?女だけ守れればいいの…?

となってしま

四大Web小説投稿サイト(+二次創作SSサイト)まとめ

小説家になろう

https://syosetu.com

SimilarWeb 合計訪問数 164.09M

押しも押されもせぬ最大手。脅威の月間10PV

とにかく読者が多いので「とりあえず誰かに読んでもらいたい」「反応が欲しい」という人に最適。

二次創作SSコミュニティが源流ということもあり、特定ジャンルに人気が集中する傾向にあるが、

ランキングにこだわりさえしなければ、全体の作品数が多いぶん裾野は圧倒的に広い。

そのぶん競争が激しいことも確かだが。

サイトの作りが古く、機能的には低レベルアプリもない。

カクヨム

https://kakuyomu.jp

SimilarWeb 合計訪問数 6.96M

大手出版社KADOKAWA運営する投稿サイト

新しいだけあって「なろう」にはない機能が多いのが特徴。

ただし読者は少ない。

お膝元ということでKADOKAWAレーベルの目に止まりやすく、

差別化を図るためか「なろう系」とは異なる傾向の作品書籍化されることも多い。

はてなコミュニティとも親和性が高いためか、「なろう」とはまた違った雰囲気ができている。

特定作品に限ってだが二次創作公式許可されているのも特徴。

アルファポリス

https://www.alphapolis.co.jp

SimilarWeb 合計訪問数 13.85M

Web小説書籍化に関しては老舗の出版社アルファポリス直営サイト

「なろう」よりも遥かに競争相手が少なく、書籍化までのルートも整備されている。

書籍化するだけなら最もハードルが低いとも言われる。

ただし出版社としてのアルファポリスの評判は悪い。

人気作品の傾向としては「なろう」に近いが、やや女性けが強い。

アクセス数に応じてAmazonギフト券などに交換できるポイント付与されるインセンティブシステムがある。

ブリス

https://estar.jp

SimilarWeb 合計訪問10.05M

ケータイ小説の流れを汲むDeNA傘下の投稿サイト

そのため「なろう系」とはかなり異なる文化圏を作り上げている。

出版社ではないが編集部を抱え、人気のある作家へのアドバイスや、他の出版社へのアプローチなどもしているらしい。

ケータイ小説前提のためかサイトは見づらい。

また、サイト上で作品の有料販売ができる。

ハーメルン

SimilarWeb 合計訪問数 49.64M

「なろう」で二次創作SS禁止されたときに、その受け皿として作られたサイトである

二次創作SSでは国内最大規模のサイトであり、アクセス数でも何気に「なろう」に次ぐ規模を誇る。

Pixiv

SimilarWeb 合計訪問数 206.02M

言わずと知れた国内大手イラストSNS

小説投稿サイトとしての存在感は薄いが、特に女性向けの二次創作SSが多い。

学者オタク業界における女性活躍度がキズナアイへのずれを生んでいるのでは?

ここでいうオタク業界とは

漫画アニメなどオタクが好きな業界のこと

オタク業界女性活躍が目覚ましい

特に漫画では半々だとおもうし、同人にいたっては女性のほうが活発だ

https://www.comiket.co.jp/info-a/C81/C81Ctlg35AnqReprot.pdf

ぎゃくに教授はどうだろうかを調べてみたら

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-07-06.html

http://www8.cao.go.jp/cstp/stsonota/katudocyosa/h27/innovation8.pdf

結構ひどいもんだ

オタク産業は学者界隈にくらべて女性活躍してるから

いちいちたまにいる聞き役なんてもので騒がない

anond:20181021100914

マンガ小説男性主人公版と女性主人公版を用意しろみたいなことは言わないのになんでゲームにだけ難癖付けるんだろうな

主人公も選べるゲーム増えて欲しい

ペルソナとか、P3Pで念願の女主人公出来たけどその後継承されず。労力の割に女性購入者増えなかったのだろうな。

オタク見てると、BL的に楽しみたいから女じゃなくて男主人公を選ぶ人が結構多い。そりゃ、作っても選んでもらえないんじゃゲーム会社も作らないわな……でも女性主人公でやりたいんですよ……(泣)

最近欧米ゲーム女性も選べるのが増えてきて嬉しい。日本製ゲームでも女性でやりたい。はあ。

キズナアイ問題に思うオタク達の意識の変化(なのか?)

キズナアイ問題エンタメとして軽く消費しているオタクだけど、フワッと思ったことがあるので書く。

散々出尽くしてる意見かもだけど許して下さい。

ただの所感だけど、

キズナアイを初めとした2次元女性キャラクターって、3次元の女の二次創作物なんだろうなと思っている。

(同じく男キャラ3次元の男の二次創作)

公式キャラ設定を自分好みに改変してホモに仕立てあげてる、女性向けBLとかと同じ存在というか。

元ネタが生身、かつ不特定多数である事を考えると、国の擬人化とかそういう感覚に近いのかもしれない。

そういう認識で考えた時に、何かこう、

公式からは隠れて活動しようよ」

みたいなオタク根性が染み付いている自分としては、こう大々的に二次創作物を持ち上げられると「

はわわ~…」みたいな感じでソワソワしてしまう。

オタクが昔から日陰者だったのは、迫害されてたからとかそういう理由だけじゃく、恥の意識から自発的にそうしてたんじゃないかと思うところもある。

ちょっと話が逸れました。

まあそういう文脈キズナアイを見ていると「そりゃ叩かれるよね…」という気持ちになるので、

キズナアイが叩かれるのはおかしい、みたいな論調を見ると、ちょっと面食らってしまう。

二次創作だけど、自分欲望出ちゃってるやつだけど、公に認められたい批難される言われは無い!って気運が主流なのかしらね

個人的にはやっぱり、叩かれたくないのでそっと日陰でオタ活してたいなと思うんですが。

とはいえ、そういう主張をしたい人達の足を引っ張りたくないので、公では何も言わないのだけど。

コソコソしなくていいならそれが1番いいわけだし。こういう暗部?を皆がさらけ出せる世の中なら今より生きやすい世の中になるのかもしれないし。

また話が飛躍したけども。

そんな1オタクの雑感でした。

anond:20181021075045

ジブリの時に間違った事を言ってないのにとか、こう答えるしかない質問をされて記者にはめられたとかが目立って

彼が一緒に仕事をした女性原作者に失礼と言う意見が無かったのよね

そこに思い当たる男性が居ない様子だった

監督等が女性ファンを歓迎しない発言をしてるのも度々見るし何なんだろうなと度々思う

「俺はまともなオタクだがアイツラはクソだ。オタクを守るためにクソオタクを弾劾しよう」みたいこと言い出す人に名前つけてほしい

キズナアイの件、千田さんにしても宇野さんにしても、過剰に批判してた人たちってみんなオタク自称してるんだよね。

自分たちオタクだが、自分きれいなオタクなのにあいつらのせいでオタクイメージが下がるから叩くって論調の人しかいない。

違ったのは言い出しっぺの太田啓子さんくらい。

あの少年なんちゃらでさえ俺はオタクだが、オタクからこそお前らを叩くっていう言い方をする。

シュナおじやマルクスおじが俺は男だからこそ男を叩くって鼻息を荒くしてるのと同じ現象

そしてまたオタクだけどオタク叩くわ病に感染した人が。



ホントにすごいな、最近ブコメ論調。いつからこんなに被害者意識に凝り固まってマトモに話もできないクソオタが多くなったんだ。

・知性のカケラもないブコメが多くて唖然とするな。俺もオタクだし、記事異論がないわけではないではないが、ジャポニスムメディアによる女性像の変化に関してガチ研究者バカ扱いはできんわ。よーやる。

多分これから1週間後くらいに完全にオタク叩きマシーンに変身する。こういう人何人も見た。


こういうのが許されるなら、フェミニズムの方だってクソフェミ切断処理したっていいじゃん。

なんでフェミニズムの方は一人でも狂った人がいたら全体が批判されなきゃいけないの。

わたしだってはてなで暴れてるような人たちは頭がおかしいと思ってるよ。怖いから直接言わないだけだよ。

俺は女性の体形には興味があるが下着にはほとんど興味がないので、

フォトカノ2ch書き込みで、

もし下着が撮れなかったらクソみたいな意見ちょっと驚いた。

キズナアイに関連して女性女性らしくあることについて書いてるのを読んで、

むかしフォトカノラジオパッケージヒロインについて話しているときに、

伊勢さんが、女性は〔ヒロインみたいな理想女性らしくあるために?〕

頑張ってるのを分かってほしいみたいなことを言ってたのを思い出した。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん