「女性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女性とは

2018-04-23

anond:20180423113705

ヒス女」は女性の中でもヒステリーを起こすやつだけを指す言葉であり女性全体への蔑視ではないなんて理屈が通じるとでも思ってるのかお前は

えっ

オタク差別」の論点整理

オタク差別存在するか」議論、いくつもの論点ゴッチャになってて混乱するので自分なりの整理をしてみた。

論点a:生得属性ではない集団への不当な扱いは「差別」と呼び得るか

これに関しては、まあまっとうな疑問なんで「オタク差別」論者の分が悪いと思う。

これまで「差別」という語は、民族とか性別とか宗教とか、とにかく生得的な属性後天的に変えることが不可能あるいはきわめて困難な属性に対して適用されてきた。

人はオタクに生まれるのではなくオタクになるのであり、後天的に獲得される「趣味」という属性を共有する集団オタクである以上、それに対する「差別」という語の適用違和感を持つ人が出てくるのは当然だろう。

この点については「オタク差別」論者がもっと理論武装した方がいい。今の論理じゃ多くの人を説得できないと思う。

論点b:オタクへの不当な扱いは存在たか

あったに決まってる。

十万人の宮崎勤虚構だったかもしれないけど、探せばオタクへの不当な扱い、迫害蔑視証拠なんて山ほど出てくる。そもそもオタク自体がもとは侮蔑語として造語されたものだし、オタクであることを理由いじめられた人も自殺した人もいる。

今の20代以下にはそんな実感は薄いかもしれない(それはいいことだ)。でも年長のオタクたちはそれを経験してきてる。なかったなんて言わせない。

論点aにもとづいて「オタク差別」を否定するなら理解するし「オタク差別」論者も真摯に向き合うべきだと思うけど、論点bの否定を始めたら……戦争だろうがっ! 戦争じゃねえのかよっ……!

論点b’:オタクへの不当な扱いは存在しているか

過去迫害対象だったかもしれないけど、今は別に迫害されてないだろ」という議論もある。

かに若い世代だとオタク普通になってきたりするみたいなので、若い人たちにとってはあまり実感のない話かもしれない。これに関しては周囲の環境も大きく影響するので、「別に迫害なんてないじゃん」と思う人がいるのは当たり前っちゃ当たり前なのだろう。いい世の中になったもんだ。

でも議論最中に平気で(自虐ではなく相手への侮蔑として)「キモオタ」とか言う人なんかを見てしまうと、いやいやまだ蔑視は残ってるじゃん、という気になるんだよなぁ。完全に解消された、とするには時期尚早なんじゃないかと思う。

(「キモオタ」はオタクの中でもキモいやつを指しているのであってオタク全体への蔑視ではない、って言う人もいるけど、「ヒス女」は女性の中でもヒステリーを起こすやつだけを指す言葉であり女性全体への蔑視ではないなんて理屈が通じるとでも思ってるのかお前は)

ただ論点b’に関しては、繰り返すけど個々人の置かれた環境問題も大きいから、論点bを否定する人と同列の扱いをするのはよろしくないと思う。論点b’に疑問を呈している人がオタクなら、素直に迫害経験しないオタクが増えたことを祝いでおきましょう。

もちろん論点b’を持ち出す人の中にはそんな言葉を使ってオタク罵倒する人なんていないはずである。いやだな~まさかそんなアホがそうそうその辺にいるわけないじゃないですか~HAHAHAHAHA!

論点c:オタクが別属性差別してきたことについてはどう考えるのか

これは論点がずれている。ある局面被差別側にいた人が別の局面差別側になっていることは、その人に被差別者としての側面があることを否定しない。

オタクの中に、性差別民族差別に加担する人が一定割合いたことは事実で、ネット上で差別カルチャー大手を振ってのさばっていた(そして未だにのさばっている)ことに対しては反省必要だろう。オタク自分たちのなかの差別主義に向き合うべきだ。

でも、だからオタク差別なんてない、とか、オタク差別を言い立てるべきではない、という論理おかしい。

ヘテロセクシュアルシスジェンダー日本人女性の中に同性愛者やトランスジェンダー外国籍者への差別に加担する人が一定数いたとして、それをもって女性差別存在否定するのは違うよね。

パレスチナ人差別するイスラエルユダヤ人や、レバノン人を差別するリベリア黒人(※)も、アメリカヨーロッパではユダヤ人差別黒人差別の標的になるかもしれないし、そういう時には差別被害者として怒っていいよね。彼らが自国に帰ったときには自分差別反省するべき、という話と、それはそれとして彼らはこの局面では被差別側であり彼らへの差別非難に値する、という話は矛盾しないよね。

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43538302

自分たちにも抑圧者としての側面があるから自分たちへの抑圧を言い立てるのはおかしい、とオタクが考える分には倫理的な態度だと思うし、オタクに抑圧された人が被害者面すんなと言いたくなる気持ちはわかるけど、それを認めちゃうと他の差別問題封殺できてしまうので、あんまよろしくない理路だと思う。

まとめ

論点aは「オタク差別」を訴えるならちゃん理論武装してほしい。そこがガバガバからツッコまれまくってるんだよ。

論点b’は個人の実感によるところが大きいから色んな人の話を聞くのが大事だと思う。

論点cは本題にはあまり関係ないがオタクも身を律すべき。女性外国人差別しておいて「自分たちを差別するな」と言っても説得力は薄い。

論点bを持ち出して実際の迫害歴史否定しようとするやつはただのクズなので耳を貸す必要はない。論点bを持ち出して史実否定を始めた段階で、他の点でどれだけ正しいことを言っていようがこの点に関してはまともに取り合うべき相手ではなく、「オタク差別」に関する議論から退場するべき存在

大事なのは、誰が何を言ってるか。論点bに固執する論者に対する反論論点aにこだわってる人に向けても意味がない。無意味に敵を作らないようにしましょう(戒め)

anond:20180420085954

男性には何のメリットもない」は言い過ぎだな。女性専用車両のおかげで安心して乗車できる女性が増えるなら(不安なまま乗車する女性が減るなら)、男性にとってもメリットはある。

anond:20180422105902

女性であるという理由だけで仕事をするのに余計な注文をつけるなんてルールをこのご時世に今更追加するとかいくらなんでもやばいでしょ

anond:20180422233623

厚労省法務省ともに職場におけるセクシャルハラスメントしか定義しておらず、他の局面においては民法刑法など他の法律に委ねられている。

まり今回の福田事務次官女性記者問題においては、倫理的問題はさておき、職場の延長と認定されればセクシャルハラスメント認定されなければそうではない(ただし他の法律抵触するおそれがあり)。

ただ、セクシャルハラスメント認定職場の延長であるとすると、使用者として改善を怠った責任テレビ朝日に生じる。

この事実改善勧告が労機から出る可能性があるほど重いのだが、これもまた圧力とか騒ぐのだろうか?

ブスだってセクハラを受ける

もちろん、男から恋愛対象として誘われるという文脈セクハラではない。

ブスであること自体で、人間扱いされないタイプセクハラのこと。

これは男だけではなく女からもブスであることを批判される。

例の女性記者のようなセクハラよりも、ブスへのセクハラの方が深刻である

今日から)2号車の1号車寄りは自主的男性専用車両

http://b.hatena.ne.jp/entry/362781428/comment/eroyama

実際、嫌だと思えば確かにセクハラ痴漢なので、原理的には全てをセクハラ痴漢にできる。

から原理的には本当に男性専用車両が無いと痴漢せずに乗車することは不可能。だから、それを要求するのもまあ筋が通る部分はあると思う。

しかし、これはおっさんらが自主的ににどこかの号車に固まって乗れば解決できることで、なぜそうしないのか不思議でならない。

思うに、おっさんらの自主性が足りないのだと思う。

からこのeroyamaが示して上げるのだが、今日から「2号車の1号車寄り」は自主的男性専用車両である

痴漢痴漢冤罪を避けたい男性がいれば、そこに集まるべきだし、そこに乗ろうとする女性がいたら、3号車寄りや1号車への乗車をお願いすべきである

(お願いに強制力は無いが、これまで男性ほとんどが女性専用車両に協力してきた以上は、女性がこれを断るのはかなり筋悪だと思う。)


ーーーー

・・・とここまで書いてきたが、これは上手くいかないし、鉄道会社男性専用車両を設けても上手くいかない。

というのも、意図せず痴漢犯になったり痴漢冤罪を受ける確率がとても低く、損害の期待値意図的な痴漢犯罪を受ける女性より遥かに低いため、

わざわざ2号車に集まらないためだ。

しかしながら、「2号車の1号車寄り」を自主的男性専用車両にするのは問題ないし、もしも意図しない痴漢犯罪を恐れたり、痴漢冤罪を恐れる男性がもしいれば、

「2号車の1号車寄り」に集まり女性に3号車寄りや1号車に乗車するようお願いするといい。

原理的には何でもセクハラ痴漢にできる以上は)原理的にはそれらを避けるにはこうするしかないため正当性はあるし、

女性が少し乗車位置を変える不利益も微々たるもので、何より女性専用車両が存在する以上は、問題ない行為だとeroyamaは判断する。

anond:20180422233623

取材対象記者性的発言しました。これは「セクシャルハラスメント」なのでしょうか。

オーケーグーグル セクハラってなに?「あなた質問セクハラです」とは言われなかった。

ウィキペディアによれば、

セクシャルハラスメント英語: sexual harassment)は、日本語で「性的嫌がらせ」という意味で用いられる言葉であり、相手の意に反する「性的言動」によって不利益を受けたり、労働環境などが害されるハラスメントであるセクシュアルハラスメントともいう。日本では、略してセクハラと言われることもある。

とされています

不利益を受けたり、労働環境などが害される」はい、ここ大切ですね。

取材対象と、二人で会食をして、取材をするという方法が、違法ではないが、不適切なんじゃないかなと。

二人で会食をする……男女交際の親密な関係になるの定番ですね。男性だと「同じ釜の飯を食った仲」。そういう親密な関係にあると「誤解」させることで、「秘匿すべき情報を入手しよう」という取材方法

あ~この女性とは性的に親密な関係になったなぁって、もっと親しくなりたいなぁ。無理矢理やっちゃだめだよね。やっていいかきいてみよ。

あ~この記者は、「○○は○○からの直接の指示がありました」ってスクープが欲しいんだよな。いろいろ要求しても大丈夫かな?

記者の「誘導」をかわすために「性的発言ではぐらかした」というのは考えすぎですね。

セクハラではなくて、単に「猥褻なこと言った」だけなんじゃないか

彼氏人妻不倫しています

当人たちにとっては知らぬが仏なのか。

浮気とは、特定の異性と交際しながらも他の異性と交際関係を持つことだそうだ。

体の関係がある=浮気不倫だそうだ。

セフレであろうと本気であろうと体の関係があれば浮気不倫に該当する。

インスタグラム彼氏自慢を投稿している知人がいる。

彼氏かっこいい!

彼氏素敵!

この数ヶ月で急に増えた彼氏自慢投稿写真

お互いに顔を隠した2ショット写真投稿しているの主は30代後半女性だ。

彼氏地元に連れて行ってもらったという投稿には「そろそろ結婚か?」というコメントも多い。

これらの書き込みは全て彼女側の繋がりだ。

一方で彼氏側の繋がりは、彼女のいわゆる私の彼氏かっこいいアピールを痛くも悲しいと感じる。

なぜなら彼女自慢の彼氏には不倫相手がいる。

周囲が知っている限り長い付き合いの浮気相手が1人。

一夜の関係は何人いるのか検討もつかない。

よくある話だが、彼氏側の友人一同はいわゆる第3者の立場になってしまモヤモヤする。

第一恋愛は。

当人同士の問題だ。

他人がとやかく言う問題ではないのが大原則だろう。

結婚したい女と事なかれ主義の男。

誰かが彼女に言うべきなのか。

もしくは現在進行形不倫中を知っている第3者は全員知らぬ存ぜぬを通した方が良いのか。

30代後半未婚女性

SNSからは今の彼氏結婚すべく周りを固めているように見え、周囲から最近投稿が痛ましいと同情に近い声すら上がっている。

もし増田がどこかに流れに流れ心当たりがある女性の目に留まって欲しいと思う。

SNSで自慢中の彼氏は、長年貴方に隠れて人妻不倫していますよ。

https://anond.hatelabo.jp/20180422233623

Wikipedia 見れば何が問題か分かると思う。

環境セクハラ

性的言動により相手環境悪化させるセクハラのことである

妄想セクハラ

厚労省の2つの分類に加え、LINESNSメールなどでの連絡が原因で起こる「妄想セクハラ」も増加している[1]。妄想セクハラは「思い込みセクハラ」や「疑似恋愛セクハラ」とも言われており、主にLINEなどのSNSで連絡を取っているうちに関係性が深まったと思い込みセクハラ発言に至ることである妄想セクハラ場合は、セクハラ加害者にはセクハラ自覚が全くなく、セクハラ被害者拒否や周囲の仲裁が全く聞こえていないことがある。

女性のほうが平均寿命長いのずるい!!

ずるい!ずるい!

長く生きられるなんてずるい!

男女平等! 寿命男女平等にしてくれなきゃやだやだ!

https://anond.hatelabo.jp/20180422233623

例のテレビ朝日女性記者の件については、セクハラというかパワハラがことの本質だけどな。

あの人は、取材から所属会社の両方からパワハラを受けていた。

はいえ、完全に過失がないのかといえばそうではないだろうなあ。

きっと美貌の持ち主で、それが男性に対して武器になることも十分自覚していたはず。

正直、マスコミひとつ権力機関なので、マスコミ志望という時点で一定権力欲はあるはずで。

彼女も単に退社するという選択肢を取らなかったのは、自分特権的地位を失いたくないという気持ちもあっただろう。

もちろん、基本的には財務事務次官が悪いんだけど、他にもいろんな人がそれぞれ反省したほうがいい。

https://anond.hatelabo.jp/20180422233623

例の朝日テレビ女性記者の件については、セクハラというかパワハラがことの本質だけどな。

あの人は、取材から所属会社の両方からパワハラを受けていた。

はいえ、完全に過失がないのかといえばそうではないだろうなあ。

きっと美貌の持ち主で、それが男性に対して武器になることも十分自覚していたはず。

正直、マスコミひとつ権力機関なので、マスコミ志望という時点で一定権力欲はあるはずで。

彼女も単に退社するという選択肢を取らなかったのは、自分特権的地位を失いたくないという気持ちもあっただろう。

もちろん、基本的には財務事務次官が悪いんだけど、他にもいろんな人がそれぞれ反省したほうがいい。

anond:20180423080553

まあこの増田が男だとしたら、

子供だとしてもそういう不満をぶつけるのも

みっともないとされるから

それが女性が羨む男性様の実情

anond:20180423054909

Aさん「もりかけはどうでもいいか働き方改革を進めろ!」→D,E,F「そうだそうだ」

Bさん「セクハラはどうでもいいか北朝鮮問題を」→G,H,I「女性人権無視する行為貴方はどうでもいいっていうんですか?」

Cさん「漫画村はどうでもいいか外交問題を」→J,K,L「クリエイター被害を被っているのに貴方はどうでもいいっていうんですか?」

ツイッターラーのみなさん

もりかけはどうでもいいか働き方改革を進めろ!→そうだそうだ

セクハラはどうでもいいか北朝鮮問題を→女性人権無視する行為貴方はどうでもいいっていうんですか?

漫画村はどうでもいいか外交問題を→クリエイター被害を被っているのに貴方はどうでもいいっていうんですか?

お見事

[]P活

パパ活の意。

女性が年上の男性からお金をもらって食事デートをすること。

行為を前提としない援助交際

男女の謎「インターネット編」

まず前提として、男女共に異性をぶっ叩く人ってインターネット上でかなり見るよね。最近なんて特にフェミだのLGBTだのを争点として、異性を叩いてる人をめっちゃ見るよね。

個人的には異性叩き自体には興味ないんだけど、なんでそんなに異性を敵視してるのかすごく気になるんだよね。それで、異性叩きしてる人を男女共に軽く調べたら謎が生まれた。


女叩きしてる男→女性経験が少なく、パートナーがいないと言ってる人が多い

男叩きしてる女→彼氏だの夫だのパートナーがいるし、それをアピールしてることが多い

あくまで私調べです


なんだこの違い?

男側の方が個人的には理解出来る。酸っぱい葡萄状態か、最初にひっかかった女性が悪かったかはわからないけど、「女が嫌いだから付き合わない」ってのはわかる。


謎なのが女側。なんで男嫌いなのに彼氏とか夫いるの?

結婚とかすると簡単離婚はいかないだろうし、夫への愚痴ツイッターで呟くのはわかる。ガス抜きだよね。

でも一定数いる「彼氏or夫は最高だけど、男はカス!」みたいなこと言ってる人。どういうこと?そういう人は必ずリア充アピいれてくるし。

彼氏とか夫も男じゃん。女叩きの「お母さんは最高だけど、女はカス!」みたいなもん?それとも「男はだいたいカスだけど、激レアないい男を彼氏or夫に出来てる私!」的な遠回しな自分上げなのかなぁ…

anond:20180423014304

あと前いた会社とあるクラブマーケティングしてる女性が居たんだが、

とあるイベントに為の接待で、相手担当のオッサン露出が多い服着せた

ネーチャン2人つけたら終始ニコニコ契約できたわーってガハガハ笑ってたんだよな。

そういう連中はいなくならないんだよ

女性男性浮気されたときに、男性を責める選択をするのか相手女性を責める選択をするのか、果たしてどちらが多いんだろうか

anond:20180422073925

元増田が言う所の「自爆する馬鹿自体がまず一部に過ぎないのではないかという指摘があったが、正直その通りだと思う。

医療界、グラビアアイドル写真業界からmetooホッテントリになっていたが、それらの告発者がその後「私のセクハラパワハラはいセクハラパワハラ

みたいなことを言っていたという記憶はない。

以下は蛇足だが、

そもそもmetoo告発されているセクハラパワハラ被害とは、権力関係上下関係があり逆らえない状態でひどい嫌がらせ犯罪いじめ等の被害に遭う

というものだが、いじめでも犯罪でも被害者に厳しく、性犯罪被害者に厳しく、何かを主張する女性にも厳しい風潮がある中で

metooしようものなら「お前にも非があった」「お前だって今までに悪い事をしてきただろう」と集中攻撃を受けてしまう事は目に見えている。

そんな中で一度「このような目に遭った」と告発するだけではなく、継続して発信し続ける事ができるのは、よほど精神的にタフだったり、

自分にも悪い点があったとしてもそれはそれとして告発し続ける」という、ある意味での面の側の厚さのようなものがある人ではないと

難しいから、「私のセクハラは良いセクハラ」と言っているように見える人が目立つように見える、という点はあるのかもしれない。

元増田は「誰だって過ちはあるから素直にごめんなさいすればいい」と言うが、残念ながら被害を訴える人間

「お前だって悪いだろ、被害者ぶるな」という攻撃をする人間はとても多い。

元増田だってそれがわからいくら馬鹿じゃないだろう?

元増田一人が許しても、他の大多数は許さないどころかよってたかって攻撃をするんだよ、残念ながら。

「素直にごめんなさい」をした所で、「自分が悪いとわかってるなら、まず自分の罪をしっかりつぐなってから自分を加害した人間を責めろ、まず自分からだ」と言われる事も

予想できる。

いじめ被害だっていまだに「いじめられる側にも原因がある」と言われるし、犯罪被害者が金銭的な補償加害者への厳罰やを望めば「金目当てか」「被害感情が強すぎる」と言われ、

パワハラ被害者は場合によっては無能呼ばわりだ。被害者が男性であったり、性被害が絡まない被害者に対してもこの有様だ。

さらに性被害になるとさらに風当たりは強くなる。「しっかり自衛しないからだ」「なんでもかんでもセクハラか」「お前になんぞセクハラするか」「お前だって性的な事を望んでいたんだろう」

というバッシングは、性犯罪被害者に対するお決まりの物と化している。

そして女性が何かを告発する、主張する、しかも「フェミっぽい」事を発言するとなると、どのような反応が返って来るかは火を見るより明らかだろう。

元増田だって増田はてなを使うぐらいなら「フェミっぽい」主張にどんな反応が返って来るか、想像くらいはつくんじゃないか

いや、はてななんて見なくても、ツイッターでも5chでもまとめブログでも何でもいいけど、ネットやってりゃそんな光景、見たことくらいあるだろう。

とにかく被害者の粗を探して攻撃したい、被害者ぶるのは許せない、ずるいという感情を目の当たりにすることは多い。

そもそもmetoo告発されているようなパワハラセクハラをする側も馬鹿じゃないから、「お前にだって落ち度があるだろう」と被害者を責められる状況を作りつつ、

場合によっては被害者を共犯者にしながらセクハラパワハラ継続するという事もよくあることだ。

metooについて「なぜその場で嫌だといわずに後になって言い出すんだ」という批判もあるが、

まさに「自分だって悪い事をしてきたんだから被害に遭ったなんて言う資格は無い」「自分加害者から誤って償わなければ、そんな自分は辛い目に遭っても仕方ない」と思い長い間言い出せなかったと

いう事もよくあるだろう。

metoo告発をしているのは、そのような葛藤を乗り越えて、なんとか声を上げることができた、という状況なのだろう。

2018-04-22

浮かれポンチ喪女

23新卒喪女。先日、友人に紹介された男性初デートしてきた。

友人と飲んでたら、突如「増田に合いそうな人がいるんだけど」と紹介された人。

電話番号を教えてもらって、LINEIDを教えて。相手ランチに誘ってくれて。登録した初日と店決め会話の2日分だけ、LINEを交わして。あとは友人から聞いた紹介だけ、そんな前情報だけで、会ってきた。紹介で初対面デートなんて初めての経験で混乱してた。イタリアンとか小洒落た感じはなんとなく合わない直感がして、評判のいいラーメン屋さんに行ってからお茶することに。

初めてだし、夕方くらいで解散してさくっと切り上げるのがいいのかな、と思ってた。けど、話が弾み、寄り道で時間はどんどん過ぎ、なんだかんだで夜ご飯まで一緒することに。

相手男子校から理系女性慣れしてないんです、と話してくれた人。確かにそんな感じはするけど、むしろ誠実な感じがめちゃくちゃあってよかった。もう少しああしてこうしたら絶対すごくかっこよくなりそう……!って思える感じの、喪女がいうのもおこがましいけど磨いてみたくなる感じの人だった。

帰ったあと、いつもと違う気分だった。温かい重みが心に漂う感覚。人と半日過ごすなんて、今までの自分だったらぐったりして帰宅して即ベッドに倒れ込んでしまう。初対面なんてなおさら。そうだったはずなのに、ああ楽しかったなと、波長合ってた気がするな、という感覚が漂っている。


こういう、恋の片鱗っぽいものに舞い上がるのはいもの悪いクセ。

でも、いつもとは違う舞い上がり方。今まではわりと、ずーっと長く友達でいた人にだんだん惹かれていって舞い上がってたのだけど。こんなほぼ初対面で舞い上がりはちょっと私も理解できない。

また連絡がきて、他愛もない雑談をしあい、返信どうしようなと考えこみ、ああ既読のまま時間が経っていってしまう、と焦り、それでも次の言葉をどうしようかと探してしまう。言葉が見つからないんじゃなくて、背伸びしたくなってしまっているからだ。そんなことしたところで、何ひとつ自分をよく見せるどころかどんどんポンコツなのがバレるだけなのに。

春に浮かされたからなのか、

新社会人という環境の変化に浮かされたからなのか、

ついこの間、1年くらいの片思い玉砕して心を折ってやっと心の整理が突き出した頃合いだからなのか、

それともほんとうに波長が合ってるのか。

そんなふうに、今の心の温かみが信じられず、何か疑りのような、不安のような、そういうものを次々と考えてしまう。それでも打ち消しきれてない感情

これがあと数回会ってやっぱり舞い上がりの勘違いだったと思ったりしたら……と思うと悲しいけど、

勘違いじゃなかった……としたら、その先どうしよう。どうしようね、自分!こんなすぐ舞い上がるから前回だって失敗したんだよ!

そんなわからない感情脳内ループしている。

誰か喝をください。

社食のおばちゃんがご飯を小茶碗でしかくれない

当方女子

社食のおばちゃん男性には大茶碗、女性には小茶碗で盛り分けて提供しているようだ。

自分は大茶碗くらいは食べるんだけどな、と思いながら出された小茶碗を受け取る日々。

大盛りで、と頼む勇気はない。

検診でダイエット必要性説明されており、健康観点からも小茶碗が良いのだろう。

けど毎回 もうちょっと食べれるのに…と思ってしまう。悩ましい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん