「確変」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 確変とは

2019-08-14

anond:20190726094830

うーん、なんと言えばいいのかよくわかんないけど、

変革って自分の中でのものと外から見たものがあると思う。

自分の中のものだったら、

ダイエットを始めた

ペットを飼い始めた

転職した

・新しい趣味にはまった

とか。

これまでの生活とはガラッと変わって気持ち一新、これまでの自分とは違う、みたいな意識がわいてきたりする。

でも外から見たらその人のカテゴリは変わらないと思う。

「外から評価されるカテゴリ」ってのは、一瞬では、昨日と今日では、変わらない。

若いころからの「こうなりたい自分」への意識必要だと思う。

女の場合は、ある分野のカテゴリを目指すなら40からじゃ遅いかもよ、というのが言いたい。

私は今の生活から確変する気はないんで、確かにそんな立場から断定するのは浅慮かもしれないけどね。

2019-07-15

経年

・30歳 子供産んだ。人によるだろうけどホルモン関係か体調がすごくよくなる。冷え性が治り、つねにぽかぽかしてて動きやすい。生理も軽くなった。子供のお世話でなんだかんだと寝不足でもすぐに持ち直せる体力があった。でも肌は下り坂だなーって思った。若い頃の艶はない。

・35歳 子育ても一段落してパートに戻った。そしたら自分めっちゃおばさん扱いされてるのに気付いた。そりゃ、退職した27歳くらいの頃とはもう違うもんね。

社員さんは若い子にあれこれ話しかけてからかってあだ名つけてキャッキャしようとしてるけど、私にはすごく丁寧に接してくるw

「あーそうかあの頃とは違うもんな」と気付かされた。

もう結婚して子供いたら「飲み会行くー!?」「行くー!」なんてノリは無理だもんね。

肌質はなんかザラザラしてきたw シミやイボがぽつぽつ出てくる。徹夜はもうできない。

40歳

このころぐらいから、周囲の同級生の「自分は何になったのか」っていう答えみたいなものが見えてくる。

ひたすら仕事に生きる人。離婚した人。結婚して家建てた人。早めの介護に入った人。

いわゆる「アラフォー」って世代突入して結婚した人は、みなお相手男性は一回り年上になっている。

子供産めなくても容認してくれる」のが、もう、一回り年上の男性になるからなんだろうね。

アラフォー男性だったら、まだ子供が欲しい願望から、同じ年代女性は選ばない。

シミやイボはほんとにひどくなってきた。最近水虫になったw あと治癒能力が衰えてきた。かさぶたが長く残ってるよなんだこれ。

私は何になったんだろうなー。分からない。ただのおばさん?お母さんかな。

追記

そうなんだよね。結局、女は出産と年齢が関係するから「何者になるのか」ってのが男よりは早く見えてくるんだと思う。

若いうちは自覚して「自分は何者になるのか」ては思わないけど、女性だったら、ずっと若い気分のままでいたらだめだ。

とくに、30までには「何」になるのかを意識して行動しないとただのおばさんになる。気を付けて。

なんでこんなこと言ってるかというと、アラフォーになっても独り身の女性の友人が周囲に多いんだよ…。

結婚しても離婚したり、子供ができなかったりとかいろいろある。

「独り身が悪いのか」つったらそういうわけじゃないけどさ、

女性アラフォーになったら「何者になったのか」という答えが出てるから

これから確変は起こらないんだよ。

2019-07-08

anond:20190708092148

その陰にどれだけ鳴かず飛ばずで終わる人がいると思ってんだ

お前それ人気声優見て声優目指す高校生と同じレベル視野やぞ


ついでにいえば僕だけがの人はキャリア長い

チーフアシずっとやっててやめて漫画描いたら突然成功、なんてチョロい話じゃない

しろ超つまんない人がバタバタ死ぬパニック系の漫画とか下手くそなお色気漫画とか売れないクソ漫画ばっかり描いてて

僕だけが居ない町一本が突然売れたんや

メシ漫画ミステリ漫画確変が起きやす

2019-06-24

anond:20190624110854

本能をあまくみてはいけない。

例えば,生存必要リソース限定されているような状況だと,全体で平等に配布するなんてもってのほかで一部で独占することが必須になる。なので群れに序列をつけて,上が下を威嚇して不平等を受け入れさせるような性質が有利に働く。

ところが生存リソースば十分にあって全員の知的アクティティの総和を最大化しよう,というような状況だと,この性質邪魔しかならない。だが,人の本能10年や100年では変わらない。平気で部下を怒鳴りつけるような人間が上に立ってしまう。そういうのに従いたい,という本能もまた人間には備わっている。だが,支配を受け入れた人間は,節約モードともいうべき状態になって,パフォーマンスが下がる。

これから解放し,心理的安定性が高い状態におくと,人間確変モードみたいになって性能が上がる,というのがGoogle発見だ。実際,外資系企業ではこれは常識になっている。部下に怒鳴る上司イジメ放置する上司は,少なくとも中間管理職であれば,無能烙印を押される。

2019-05-31

anond:20190530193051

パチンコお疲れ様って言ってくれない

うるさい音と確変演出で脳を麻痺させるだけだ

2019-05-17

anond:20190517165104

出版社立場ではそうだけど小説ライター業をしてる人は確変来るまで(来ない人の方が多いけど)撃ち続けなくちゃいかからつらいよね… って話しちゃう

2019-04-12

自分にとって幸せ状態は大体わかってる

でもどうしても、それが手に入りそうにないので、バグらせてバグらせて、確変待ちしてる人生

2019-03-07

ブクマへの熱意を取り戻したい

このところ、ブクマへの熱意が目に見えて減少している。

そんな中で、kido-ariさんの理由を明らかにしないブクマBANを見て

今まで熱を入れていたコメント郡も運営解釈次第で無になるんだな、と思い。

そしてこのエントリを呼んで改めて思った。

あぁ、自分は星取りゲームとしてのブクマに憑かれていたんだな、と。


はてブ引退にあたって、はてなスターを稼ぐ方法全部書く

http://kido-ari.hatenablog.com/entry/2019/03/07/172525

これらのテクニックを駆使すれば、大概は星がつくし

タイミングが合えば人気のコメントトップブコメに行くのも難しくない。

そして、このところはそういうゲームとしてブコメを書いていたように思える。

また、狙い通りに星が刻々とついていく様は確かに承認欲求が満たされる感じで楽しかった。

が、それがある程度定型化された星取りゲームに見えてから、少し熱が冷めてきた。

ブクマのはじめはメモがわりで、ちょっとコメントに凝りだしてから

初めて人気のコメントに入ったときの喜びは今でも覚えている。

そこからまり星がつかなく、またたまに確変トップブコメに入る、なんてのを繰り返すうちに

夢中になった。夢中になると同時にある程度のテクニック自然と学び

小器用に星は取れるようになった。

このところまで、それが楽しくて、コメントを放り込んだ後に来る通知にわくわくしていたんだ。

テクニック意識しつつも、大喜利での会心の一撃が出せたときは嬉しくてたまらなかった。

まじめに考えたコメントに星を一杯もらったときは、それはもう自分自分を褒めたくなった。

だけど、最近はそれをテクニック化している節があり、ちょっとさめてしまった。

ブコメを星前提で考えるようになってしまたからだ。

100user超えたからもう難しいかな、とか

このコメントは、星がつかないだろうなと思ってブクマをやめるとか。

星を意識しすぎてブクマを楽しめていない自分が居た。

ブクマの楽しさって何だろう。何が楽しいんだろう、ちょっとからなくなった。

2019-02-09

関ジュメイン4人についての覚書のようなもの

流行りのはてブするまでの長さまで溜められなかったのでつらつらとついったーの下書きに残ってたやつを流す

もしどっかで纏まったらはてブにするかも知らんが



メイン4人時代ってなんだったんだろうな

西畑さんが何回か言ってるけど15年に4人がメインに選ばれてその後個人戦でってどういう事なんだろ

じゃあ17年の東西は?あれは選抜ってこと?ユニットではないと?どういう心持ちでストと向き合ってたんだろ(自分のあたった資料量が極端に足りないので分析ができてない部分もある)

衣装も揃いとかいっぱいあったけどあれはどう解釈したらいいんだろうか(春松竹からの揃い衣装2着だけ紫にわざわざカラチェンしたの永遠に恨むからな)

あいうて結構な期間まで3+1って感じだしメインを3人認識してるって人もいるので(最後まで龍太くんまいジャニレギュラー表記つかなかったの何なん)(話ちょっとそれるけどシネマスクエアの関西プロフィール内のまいジャニの扱いを見てほしい)

各々が個人戦という認識だったからか別になにわができてメインが死んだ時も何も遺言もなかったし メインという歴史自体が消えたし(だから極少数だけどこんなめんどくさい亡霊がついたのかもしれん)

ただ、それでも謎なのは歌割り立ち位置とか(特に梅芸のハチャメチャ)あれは何?

なぜメインだけ(衣装は違うにせよ)一段高く区切られたところにいた?(まああの1曲だけだったので改変前から決まっていた誤差という可能性も捨てきれない)

解釈するとしたらハチャメチャ音頭だけ夏松竹周辺に作られてレコもしてたのかなって思う

クリパポスターも夏松竹中に撮影したって言ってるし

なにわ結成は夏終わってすぐだったからその後レコーディングしてたらあんな歌割りにはならないよな

なにわ結成後の例としてあげるとMy dreamsの歌割りとかね

梅芸クリパあけおめあけおめはとりあえず置いといて)でメイン時代の曲が少なかったのは出番の兼ね合いの関係で4人揃わせるのが難しかたからってこと?

クリパとか関西オリ曲無さすぎてオリ曲担ワイはビビった

事務所ちゃんはメインを推していこうとは思ってなかったのか 彼らのことをどう認識していたのかよくわからないんだよな

3人(4人)で括るくせになにかそのメンツとして未来に繋がることを与えてくれたわけではないし

推して無いんだったらじゃあなんで他の子たちの出番が少なかったのか(じゃあリューンが確変の始まり?)

ユニット名さえついてればって思ってしまったりもした

だってメイン時代ってなんて呼べばいいのさ こんな検索に引っかかりづらいありきたりなワードじゃ何も資料が残らないよ

なにきんみたいな明確に彼らを表すワードが欲しかったな

彼らにこのメンツで括られていると言う認識が足りなかったからか?

人のせいにするのはよしとくわ

関西に残っていかい組担当だったからこんなに執着してるのかはわからん 多分そうだけど

ROTは梅芸後からからきっとメインちゃんについては無いだろな

メイン時代について彼らがどう思ってたのか永遠にからないまま新しいページを開くのがとても寂しい

2019-02-04

確変中はどの方角を向いて食べても吉方位ボーナスが入るので積極的恵方巻を食べよう

2018-12-02

anond:20181202024721

逆に努力を幻扱いするほうがぬるま湯だよ。

運はね、努力でたくさん回ってくるんだよ。

努力確変させるんだよ。なにも努力しないでただ運を待ってたら一生最低の確率しか運が巡ってこないっての

2018-11-30

ソシャゲー紹介:はてブはてスタ

今回紹介するのは、課金要素がほぼなく、

無課金でも承認欲求を大いに満たすことのできるソシャゲー「はてブはてスタ」。

プレイスタイルには主に3系統があり、途中から系統はいつでも変更可能だ。

このソシャゲは星をいかに集めるか、

また集めた星でいか自己承認欲求を満たすか、が鍵となる。

以下ではこの3系統について説明していく。

1)はてブはてスタ二刀流

スタンダード系統で、初心者にはこのスタイルオススメする。

はてブをしつつ、はてスタもする、シンプルながら手堅いスタイルだ。

このスタイル初心者オススメするのは、星獲得のみを考えれば

最良のスタイルからだ。

スタート時は、はてスタを重点的にやるといい。

ブックマークで星の多いコメントを見つつ、すべてのコメント

良いなと少しでも思ったら躊躇なく星をつける。

これに慣れてくると「星が取れそうなコメント」というものをつかむことができる。

そうなってくると、はてブもやりだすと良い。

ただ、星が取れそうなコメント正論、極論、大喜利ダジャレ系など属性があるので

得意なものを中心に攻めるのがオススメだ。

近道をしたい人は、

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20181128162410

この攻略記事を見ると良い。

また、はてブの星取りで忘れてはいけない究極の法則は「速さは正義」だ。

100文字を精査している間に、そのエントリーブックマーカー100人通り過ぎれば、時既にお寿司だ。

ここからの巻き返しは正直しんどい

伸びる、と直感が言うのであれば一言、「これは酷い」など心からの一声を

ブックマーク数一桁の時に投稿すると、先行者利益を獲得できる。

短文かつ共感やすい内容でブックマーク集団の先頭につくことができると、星がつきやすい。

これは、はてブ界の星獲得における鉄板法則だ。

また、富が富を呼ぶように、星が星を呼ぶという法則がある。

おおよそ10以上の星を早期に獲得すると、人気のコメントとして悪目立ちすることができ、

星をさらに獲得できる状態を作ることができる。

さらに、後半のはてスタ組は星が多いとこにとりあえず乗る、という傾向があるので

ここからの星獲得はそれこそ星振るごとくだ。


さてここで、はてブに注力しすぎて、はてスタを忘れてはいけない。

これも、従前のとおり続けることが肝要だ。

返報性の原理有象無象ブックマーカーに植えつけるのだ。

「こいつは俺に星をくれた。そしてまたくれた。」

と、有象無象ブックマーカーの心にコツコツと星を植えつけるのだ。

いわゆる、薄皮の互助会に参画するのだ。

そうすると、彼ら彼女らは君へ星付けのハードル無意識のうちに数段下げてくれる。

そうして、1ブクマの度に都度星を獲得し、自分は認められてもらってる感を充足する。

時に確変で、2桁、3桁の星を受ければ、承認欲求をドバドバ満たすことができる。

これほどまでに承認欲求を満たせるソシャゲは、他にないと断言できる。

ぜひ、はじめてみて欲しい。

さて、残りの2系統については疲れたので次回説明することとする。

2018-11-24

食パンうめー

普段は食べないけどふと買った食パンが案外ウマくて以来毎朝、時には夜にも食パンたべてる。

PASCOの超熟はもちもちしていてウマい。

フジパンの本仕込みは耳に小麦の旨味があってウマい。

このまえハナマサで98円で買った業務用は甘味があってあっさりしててウマい。

食パンうめー。朝の確変やでー。

2018-10-10

機能確変入ってて恐ろしい

これ真剣な悩みなんだよ。ちんちんって一回抜くとしばらく痛いじゃん。でも、ここ1週間、全く痛くならない。抜いてもちんちん気持ちいい状態が続行されて、すぐに完全勃起する。しかも、本日一発目のシコでございます!と言わんばかりに気持ちいいの。

で、賢者タイムもないの。エロいことをずっと考え続けられる。また抜いて、また本日一発目のシコでちんちん気持ちいい状態で、また抜いて……

明らかに確変入ってるじゃん。1億匹の魚群が絶えないのよ。俺の傍に積み上がるシコティッシュの山なのよ。今26だけど、中3の夏よりも大量生産体制に入ってんの。

死の間際って性欲凄いことになるって言うじゃん。これ、俺の死が目前に迫ってるってことなんじゃねえの?っていうか、シコりすぎてテクノブレイクで死にそう。日付変わってからもう4回抜いてるからね。エロい考えが止まらない。俺という個体が完全にエロ支配されてしまった。このままだと死ぬ。どこに相談に行けばいいの?どこに行けば致死率下がりそう?

2018-08-28

パチンコ屋でおっさんずラブ 始まる

まさかこんな展開になるなんて思ってもいなかった。彼氏いない歴10年。親の介護に明け暮れてもう咲かす花もなくこのまま人生終わると思ってた。

最初に彼にこのパチンコ屋で出会ったのはかれこれ5年くらい?もっとあんまり覚えていない。だって全然タイプじゃなかったんだもん。

でも、凄く目立つ人ではあった。豪快なのだシマの大半は彼のことを知っていて、彼もシマの大半の客を知っていた。そしてよくしゃべる人だった。誰とでも。

僕も知人は多い方だけど、彼ほどではない。

彼は頭の低い人だった。なんで僕みたいな人間に頭を下げるのだろうと思っていた。身なりはいつもキチンとしていたし、髪も小奇麗にカットしていた。そしてなにより貫禄があったし、賢そうだった。

はじめて会話したときのことを思い出した。向こうから声をかけてきたのだ。自分が単発当たりでガックリして打っていたときに彼は僕の台を覗き込み「入ってるよ」と教えてくれた。

そう、ゼグが当たっていることを教えてくれたのだ。「あっ、そうなんですか?」と半信半疑で打っているとパールフラッシュが眩しく光り、キュインキュイン鳴リ響いて確変に変わった。

「あっ、どうも」「でも凄いですね。全部覚えてるんですか?」と訊いたら彼はにっこり笑ってうなづいた。

これが1年以上前の話。このころから既に狙われてたのかな?

今年に入ってから彼はレインボー(出玉が5万円以上になると出玉レベルの色がレインボーに変わる)になることが多くて、目立っていた。

「おじさん、最近調子いいですね」「今日はいくら勝ったんですか?」と訊くと

当り前のように「今日は今のところ8万くらいかな?」「この前は12万勝ったよ」と教えてくれた。

パチンコが傾斜産業になって久しいことは誰もが知ってる。この店が遠隔、ホルコンなんでもありな店なのもみんな知ってる。みんな知ってて来てる。(だって田舎地域密着型のホールってどこもそんな感じでしょ?)

はは~~ん。このオヤジさんサクラなのかも、と思っていた。でも違った。負けも凄かったから。

そんなこんなで、羨ましさと妬ましさで「今日も凄いですね~」なんて言いながら首筋あたりや肩らへんをボディタッチしていたら「肩もんでくれたら嬉しいなぁ」なんて言われたりして。

でもまだ好きという感情はなかった。でも惹かれていくのをなんとなく感じた。

そして決定的な事件が起こった。

彼は僕の左横の台で打っていた。そして気付いたときは、彼の右手が僕の股間にあった。ギョッ!!!

彼は僕のコカンをまさぐってつまらなさそうに笑ってこう言った。

「なーんだ。立ってないじゃん」「立ってると思ったのに~」

僕はノンケを装いその日はなにもなく終わった。

え~このオヤジなに、なに?ホモなの?でもこんなところで触る?普通じゃないよ?ここはハッテン映画館じゃないし、第一暗くないし...

少し警戒した。頭おかしい人?でも会えばいつもどおりに会話する。

二週間くらいしてからまたタッチしてきた。今度は少し長い。「あれ~?、また立ってない...(笑)

僕はノンケを装いその日もなにもなく終わった。

どうしよう?と思った。恋が始まるかもしれないと焦った。

しばらく経ったある日、僕がパチンコ屋に到着したときに帰る彼とバッタリ会った。彼は車を停めた場所が分からなくなってしまって、困っていた。(それが本当か嘘かは知らない。ただ一緒に車を探して、運が良ければホテルしけこむつもりだったのかもしれない。)

僕がホールに入ると、いつの間にか彼もホールに戻り打っていた。

「車の場所分かりましたか?」と訊いたら

「打ちながら考え中」と笑った。当たりに夢中になってるといつの間にか彼は帰っていた。

翌日、「お父さん、認知症になったんじゃないよね?」と訊いたら

真剣な顔して「脳動脈瘤があるんだ。あと5年って医者から言われてる」と沈んだ声で答えた。

三回目のとき僕は訊いた。「おとうさん、チンコ好きなの?」

そしたら彼は恥ずかしそうにくしゃくしゃに笑いながら頷いて遠くの台に移動していった。

彼の意思表示ははっきりと分かった。僕のことが好きで僕とエッチしたい。

今度は僕が答えなければ。

このまま何もない人生よりも何かある人生の方がいいよね?つぼみのまま朽ち果てるより小さな花でもいいから咲かせた人生がいいよね?

彼はほぼ毎日パチンコしてる。その理由も分かった。いつ破裂するか分からない動脈瘤。いつ終わってしまうかもしれない人生。考えれば息が詰まってしまうよね。悩んでたら頭がおかしくなりそうだよね。だからパチンコで紛らわせてるんだ。

そして、思い切った行動を取ってしまった。思い切ってアタックしてしまった。

僕の答は

YES

僕で良ければ、よろしくお願いします。お父さんの人生最後が少しでも明るく悔いのないものになりますように。

ああ生まれて来て良かったと思える日々になりますように。

2018-06-26

anond:20180626022350

やばい奴でも突き抜ければカリスマさ。

バットマンジョーカーしかり、麻原彰晃しかり。

揃いも揃ってイケメンでも無いのに美人の嫁さんもらえとるんだぞ。

KKOが辿り着けるだろう唯一の「確変」がそのフロンティアじゃねえか。

半端に狂うんじゃねえ。もっとヤバくなるんだよ。

その領域に達すれば、自然そいつを讃える奴は湧いて来るぜ。

低能先生ハードルを一つ乗り越えた。

お前はいくつハードルを潜った?

2018-06-25

anond:20180625104125

しろ確変可能性すらあるぞ。

一部のネット民にとって、彼らは救いであり「神」となったのかもしれない。

アマレンドラ・バーフバリのようにな。

彼が姿かたちそのままで民のもとに戻ってきた時、人々は彼をどう迎えるかな?

2018-06-08

第二次世界大戦後のアメリカ中国韓国に挟まれていた地政学上のメリット

人口ボーナス

・当時は発展途上国だったので、世界工場的なポジションを得ることができた

これらのたまたまもらえた確変経済が成長しただけで、実質的には国民能力は低く国土は貧しく、今の衰退も起こるべくして起こってるってことかなあ


まあ歴史上三等国だった時代の方が長いんだし、こんなもの

2018-05-29

ATM運が無いと思っていた

銀行ATMお金を下ろそうとする時、使っている人が大体長い。

単純に運が無いと思っていたが、今年に入ってから銀行ATMに行った曜日時間帯をメモしたところ、あることに気が付いた。

金曜日に集中しているわけではなかったか曜日関係無し。

問題時間帯。大体13-15時の間だった。

おじちゃんおばちゃん会社員等々が一番使う時間帯、というだけだった。

はいえこ時間にどうしても下ろさないといけないこともある。

さっきだって自分の前にATMを使っていたお婆ちゃんはやたら長かった。

そしてATMからいたことのない音が鳴り始め、ボーナスステージ突入した。

どうやったらあんな音出せるんだよ。

結局銀行で下ろせなかったので、職場の近くのコンビニに行ったら、今度はおっちゃんがATMで遊んでいた。

なんだかんだお金下ろせなかったから、ご飯カードで払いました。

カード嫌いなんだよ。

帰りに銀行の前を通ると、お婆ちゃんが使っていたATM確変突入したようで、職員の人と警備員の人がフィーバーしていた。

2018-02-15

SCP風のやつ 書き掛け

極部不可侵地域略称極侵帯は通常いしと呼ばれ太陽系外縁部より飛来したとされる相互環境改変機構の影響下にある区域であり

その一帯はいしの構成要素と成り自己確変因子へ組み込まれ著しい変質が進んでいる

地球上でいしの存在確認された地域は3箇所である

1919年2月某日にいしが飛来したことによりパッシェンデール近郊に異変が生じた

偶然、飛来の瞬間をを天体観測趣味としていたアーダルベルト・ゼールバッハが目撃していた

証言によればいしは赤々と燃えながら速い速度で落下していたその物体は奇妙なことに小刻みに振動しているように見えたそうだ

そして調度、物体が地上と空の中ごろに差し掛かったところで急停止し針路を大きく変え南方へ方向転換し徐々に速度を落としながらパッシェンデール方面へ落ちたということであった

パッシェンデール近郊は第一次世界大戦の激戦地であり長らく無人であったまた惨禍によって大量の有害物質が残っており特異な環境存在していた

2月中旬人も生物も寄り付かないこの地にに突如として生物の大移動が始まる周辺住民野生動物の移動を訝しがっていたが3月初旬にはその列に彼らも加わった

この時点でパッシェンデール近郊において何らかの異変が生じたことが公のものとになる

地元警察と行動心理学生物学など様々な分野の研究者らが協力しパッシェンデールへ調査へ向かう

その日のうちに様々な報告が入る……

翌朝、音信は途絶し彼らは2度と帰ることはなかった

2018-01-08

モテ

増田見てるとモテない系嘆いてる人が多いから、斧が多数飛んでくるの承知で書いてみる。当方30ちょいのおっさん

幼稚園

モテ始めたのは幼稚園までに遡る。すでに毎日5人くらいから追いかけられ、キスを迫られていた。天然バカだった俺は、これが鬼ごっこだと思い、楽しく逃げていた。

この時、すでにキスは奪われている。

小学校

突然、自分お笑い方面(天然ボケ)に転向したので違うモテ方になる。

ただし、よくある男子小学生のいたずらで女の子たちが困っている時、逃げてくるのは自分背中の後ろだった。

この頃は毎日方面が同じ女の子と一緒に帰っていた。その子には結婚したいと週に一度くらい言われていた。俺は天然バカだったので良く分からなかった。

中学

確変始まる。引越しをした。転校生という属性が追加された訳だ。

ほぼ毎日告白される。手紙どころじゃない。教室女の子が走ってきて、そのまま好きだと言われたことも何度か。

当然、男子からはいじめられそうになるが、やり返したのでいじめ対象からは逸れる。

学校に行くと、マンガみたいに女の子体育館やら校門から校舎までの道に鈴なりになっていて、満面の笑顔挨拶される。30人くらい。

ラブコメお決まりの、なんだかよく分からない理由で、女の子密室に入ったりとか、女番長が俺を好きになって改心とか、そういうのをリアル体験。逆に自分にフラれて、不良になってしまう子もいた。

俺はこの頃、1つ上の先輩に恋をしていた。ガキだったので、何もできなかった。

今考えると、よく殺傷沙汰にならなかったものだと思う。

この頃からスカウトされるようになる。冗談じゃない。普段生活でもう辟易している。

高校

自分入学する、ということで入学式からえっらいギャラリーができる。上級生まで総出。100人越えてた。正直怖い。

入学後、授業中とかも気が抜けない。隙あらば寝たふりをして寄りかかってくる隣の席の女の子クラス内でバチバチ女の火花が散る。

休み時間の不自然ギャラリーラブレレター

「これ以上、好きにさせないで!!!」と知らない女の子に目の前で突然泣かれたこともある。

親友同士の女の子が、俺で揉めて壊れる。などなど。

自身は、意中の女の子告白成就する。これも周囲のやっかみがひどかった。

相変わらず映画に出ませんか、とかスーツの人に呼び止められる。マジで嫌すぎる。

大学

ほとほと地元に嫌気がさしたので、県外の大学へ。地元を離れればもう安心だぜ!と思っていた俺が甘かった。

毎日、また通学路に50人くらいいる…。挨拶してくる。こいつら何がしたいんだ?

ガチ理系だったので、クラスには女子も少なめ。普段学生生活平和になった。サークル実験毎日だぜ。

しかし、教養科目とか、昼休みとかは相変わらず気を使う事案が発生しまくる。数回ストーカー被害に遭う。

知らない子にえらく好かれたらしく、その子とくっつかない事で、別学部のやつからまれる。知らんがな。

お前がなんで好かれるのか分からん!と、別学部男子に面と向かって言われる。

「俺も知らんがな。目と鼻と口があるだけだよな!」と言ったらそいつ和解できた。

実はこの頃、別の大学の子と淡い恋をしていた。

まだスカウトが来る。「歌をやってもいいし、舞台でもなんでもできるよ」とか。勘弁してくれ。

就職

これで俺も社会人だぜ。もうおっさんだぜ。甘いんだなこれが。

通勤電車職場。大変。書く気が失せてきた。

ただ女の子に好かれること自体は嫌ではない。女の子から腹いせに、ちょっとした嫌がらせをされても「ういやつよ」としか思わなくなっていた。経験値のなせる技だな。

社会に出た結果、好かれる年齢層が広がる。またストーカーされる。

彼女には「増田くんはすぐに勘違いされるから女性に対して何もしないで。何かのお礼とか、旅のお土産ダメ。」と釘を刺される。

まだスカウトの声がかかる。お前らは何なのだ

現在

30こえたし安泰だろ、と思ったら甘かった。

相変わらず、女子高生からおばさま、果てはお婆様と言って差し支えない方からアプローチがある。

頻度は減ったが、スカウトもされてる。応じる気は無い。

これで女性不信とか、男性の方に行かなかったのは、親や周りの女性に対して、子供の頃に抱けた信頼感なんだろうなと思う。

どこかで無条件に女性を信頼してる。

逆ハーレムに憧れてるやつ、実際はマジで地獄だぞ。漫画アニメだけにしておけ!

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん